恒例のおくりもの展ご案内。

今年もいつもお世話になっている世田谷のギャラリーにて恒例のおくりもの展に参加します。
(最新の記事はこの下にあります)

fc2blog_201611262115414c2.jpg

会期:12月3日(土)から12月11日(日)(会期中無休)
時間:12時~18時 ただし、初日17時オープン。最終日17時まで
場所:Garage-Bをご参照ください。
小田急線 経堂駅北口から徒歩7分くらいです。

今年は石彫の大先生が初参加、癒し効果の石彫は本当にお楽しみでございます。

初日のオープンは午後5時。
オープニングパーティーは18:00〜20:00
飲み物持参で参加費1000円。(予約は不要です)
是非お出かけください。

わたしは初日から4日の二日間在廊です。
ご来廊の予定がわかれば事前に右下のメールフォームよりお知らせ下さればフラフラと遊びに出かけたりしないようにいたします。

DMご希望の方は右下のメールフォームからお名前、郵便番号、ご住所お知らせ下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
11月27日(日)魚のベンガル料理かな?
平日は11月お休みです。御免なさい。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

リネンのガムチャ(手ぬぐい)まさかの完売につき、追加生産中。

リネンというのは日本語では亜麻(あま)という草の繊維で、ヨーロッパ原産。ヨーロッパにはウールと亜麻とイラクサくらいしかなかったから、亜麻が下着や寝具などに使われてたんですね。木綿や絹がなかった世界ってのはなんか大変だったに違いありません。

草から繊維をとって衣料に使えるものは、苧麻(ラミー)、大麻(ヘンプ)が一般的で、他には芭蕉(バナナ)藤、クズ、とだんだん樹皮布っぽくなってくる。

こうやって考えたら、木綿は「私は糸になりたい〜」と全身で表現しているように思えます。

わたしは主にウールを紡いで作品を作っていますが、糸から作るので小さなものでもちょっとお付き合いで買うには高すぎるため、何かもうちょっと手に取りやすくて良いものは出来ないかなぁ〜と考え、リネンのクロスなどを作るようになりました。

何と言っても、リネンは吸水が素晴らしく、乾くのも早い。一度リネンの布巾で茶碗を拭くと、もう木綿の布巾には戻れません。洗面所やお手洗いのタオルもリネンがいいし、スポーツクラブに行く時もバスタオルは重いけど、リネンだったら荷物も少ないし、すぐ乾くから臭くならない。

色々なタイプを織っていますが、単糸の細い糸でざっくりした感じで織ったものを「ガムチャ」と言って、日帰り温泉やタオルのついてないホテルに泊まるような時のタオルに持ち歩きます。

これが、農作業や出張サラリーマンに結構喜ばれて、今年何枚も作ったら、姫路の展で完売してしまいました。お買い上げくださったみなさま、ありがとうございます。作家と違って布は働き者なので、たっぷり使ってください。

という訳で追加で鋭意製作中なんだけど、世田谷の展に間に合うか?!

fc2blog_20161201195931372.jpg

まずは糸巻きをして、整経。

fc2blog_2016120120093238a.jpg
筬通しをして、

fc2blog_201612012024117d6.jpg
綜絖(そうこう)通しをして、後ろを結んで・・

fc2blog_2016120120094938d.jpg

前を結んで、織り始めた。
織物は織り始めるまでが大変で、ここまで出来たらあとは手足をバタバタ動かして織ればいつのまにか布になる。

展覧会の終わる頃には何枚か織りあがっているかもしれませんが、アク抜きしてから発送したいです。

麻と一言で言うと、リネンかラミーかヘンプかわからないので一緒くたにするのはどうか?と思うのだけど、染織家の感覚として、ラミーやヘンプは放熱性が優れていて涼しいけれど、リネンはそれほどでもない。寒いところの繊維なので、日本の夏にはもう一つだと思う。
夏の服にはリネンよりラミーがいい。

そして、布巾やタオルなどの働く布にはリネンがいい。使い古した布はまたなんとも良い。

fc2blog_2016120120315743a.jpg

白い方は長年使っているリネンのガムチャ、下は織りあがった状態の同じもの。

と言う訳で、鋭意製作中です。今なら長さ注文にもお応え出来ますのでご相談ください。
展覧会のお知らせはこちら→

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
12月、日曜日は25日、羊料理
平日コース日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「食と農の映画祭2016」で「360日のシンプルライフ」。

展覧会シーズンに毎年やってくれる「食と農の映画祭」
fc2blog_2016112821501105f.jpg

料理教室をやったので、最初の2日は出遅れてしまったけれど、行ってきた。

何と言っても映画館がマルシェになってるのが楽しい。今年はちょっとお店少なめ?
お昼時の映画でお弁当が売っているのだけれど、このお弁当がまた素晴らしい。

fc2blog_20161128215028ce0.jpg

わたしの嫌いな化学調味料が入ってない。
fc2blog_20161128215044116.jpg

そして、たったの500円。本当に500円でいいの?ありがたくいただきます。いつもありがとう。

映画は「365日のシンプルライフ」広島初公開なのね。

フィンランドの青年が失恋をきっかけにモノで溢れかえったアパートに嫌気が差して、荷物を全部一度倉庫に預け、1年間、1日ひとつだけ倉庫から持ってくる。何も買わない。というルールで実験を始める。

最初は・・・パンツも靴もない。ベッドも毛布もコップも歯ブラシも、ほ〜んとに何にもない。

マッパなので夜になるのを待って全裸でアパートを飛び出す。外は雪。道路はカチカチ。途中ゴミ捨て場から新聞紙を拾って、それを股間に当てて倉庫まで走る走る。

んで、最初のアイテムは・・・コート。
コートに裸足でまたアパートまで戻って、コートに包まって1日目終了。
裸足にコートで何もないアパートで過ごしていると、弟が食べ物を持ってきてくれる。
二日目は、夜中の12時に倉庫に行けば2つのアイテムを持ってこれる、と考えて、靴と毛布。
靴下とか、パンツとかはずーっと後。その前にマットレスやなぜか帽子。

十日くらい過ぎると「別になくてもいいやぁ〜」と何日も倉庫に取りに行かなくなる。パソコンは1ヶ月くらいだったかな?携帯は4ヶ月で「なくてもいいのがわかった」と取りに行く。

結局、そのうちにベッドもソファーも机も椅子も冷蔵庫も洗濯機も取りに行くのだけれど、モノがあれば管理が必要で壊れてトラブったりして便利なんだか不便なんだかわからない。

だけど、服に身を包むのはとても良い気分だし、マットレスは抱きしめてキスしてしまうくらい素敵なものだ(枕はどうでもいいみたい)

別に禁欲的に暮らしてるわけじゃなくて、「ばかな実験はいい加減にしろよ」など友達に言われながらも一緒にごはん食べたり、荷物を運ぶのを手伝ってもらったりして、楽しく暮らしているし、ちゃっかり恋もしている。


結局、生活に本当に必要なものは、パンツや靴下も含めて100個。楽しみのために必要なものが100個。モノがあればそれに対して責任が生じてしまう。モノでは幸せにはならない、というのが実験から得られた結論みたいなものかしら。

日本に比べたら、汚部屋というほどの部屋じゃないし、広いし、フィンランドの若者の何とリッチなことよ!とびっくりする。映画の中ででおばあちゃんが「女性はものがたくさんいるからね」と言ってるけれど、おばあちゃんは可愛くてスッキリ整った家で暮らしていた。実験の最中にこのおばあちゃんが怪我をして、家を引き払って老人ホームに行くことになるところは、物と人との関係を象徴している。

つまり、あの世には何も持っていけない、ってこと。

の映画が気持ちいいのは、物が多いから捨てる!じゃなくて、「倉庫に預けて必要なものを持ってくる」っていうところだなぁ。捨てて買ってたら一緒だもんね。

さぁて、着物を着るには、一週間じゃ足りないくらい掛かるなぁ〜などと思ったのでした。女の人は物が多いとはいえ、ちょっと服減らそう。

fc2blog_20161128215110a34.jpg

庶民のワタクシがタンスいっぱいに絹の着物を持っていて、捨てるとか、整理するとか悩むわけです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
12月、日曜日は25日、羊料理
平日コース日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


木綿・紬・柔らか物

料理教室の時はいつも着物を着ています。
昨日の教室では雨だったので久しぶりに木綿の久留米絣を着た。

fc2blog_2016112720244814a.jpg

割烹着は織物学校時代に着尺(着物用の生地)の練習で織った木綿。長さが着物には足りない6メートルなので長い間丸めて置いてあったものを着物を着始めたことをきっかけに割烹着にしたのです。だから手織り木綿の割烹着という贅沢なもの。
http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-1825.html

このところ、お出かけの時には柔らかい着物を着ていたので、着心地が色々比較できて面白い。

木綿の着物って、身体に巻きつけて、腰紐締めて、おはしょりを整えたところでかなりカタチができている。手で押さえてなくてもシュルシュルと胸紐を締めたらもうどこも動かない。腰紐を支点にして身体に沿って折りたたんだ形のまま身体の動きに合わせて布が動いてくれる感じ。

その点、柔らかい着物は布同士が密着しないで動くので、身体の動きに連れて独特のドレープができる、というか、動いているうちに着物も動くので、それなりにしっかり紐を締めて着物を身体に固定しないといけない。

つまり、木綿の着物は紐をゆるく結んでおけば着崩れない。

紬はどうかというと・・・単のものは木綿の着心地に近いけど、やっぱり布は動くのでそれなりに締めないといけない。袷だと裏地は滑りがいいので、はやり胸紐で衿を抑えないといけないし、帯も落ちないように締めないといけない。

木綿の着物って楽なのは、紐もゆるいし、帯もゆるゆるで着物が崩れない。

しかも、裏が付いてないのに暖かい。帯を巻くと腎臓を帯が温めてくれるので、胴体がとても暖かい。

木綿やウールの着物をくるぶし丈で着て、割烹着で袖を抑えたら、洋装の部屋着と変わらないくらいに動けるし(タイトなロングスカートなので何かを乗り越えるとかはだめだけど)、スネがスースーするくらいで身体は本当に温かい。

腕周りや肩周りはゆったりスカスカしてるので、腕を動かすのが楽な分、洋装よりも楽かもしれない。

なんとなく、昔の人が洋装で出かけても、家に帰って着たら着物に着替えて寛いでいた、という気分がちょっとわかるような気がしました。木綿の着物は裏が付いてないのにあったかいんだねえ。
生地が厚いらしい備後がすりとか探してみようかしら。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
12月、日曜日は25日に忘年会かな?
平日コース日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

レモンと魚のベンガル料理。

今日の料理教室はベンガル料理研究会。

日頃の研究を教室で皆様にご披露いたします。スパイスのベールに隠れたベンガル料理の真髄、ベンガル人のハートに触れる料理を作って食べて、バングラデシュの人たちの叡智を学ぼうという会。

本格カレーといえば、スパイスを何種類も使って、とても手順の多い複雑な料理のように思われがちですが、さらっと作った日本のお惣菜が美味しいのと同じように、ベンガル料理もそんなカレーがございます。

今柑橘が美味しい季節ですから、いろんな柑橘を使って皮の苦味や渋みと酸味、辛さとスパイスの風味溢れる魚の料理を作ってみました。

魚はサゴシ(サワラの小さいの)。身が柔らかく香り高い美味しい魚。青魚の女王様。

fc2blog_20161127152122250.jpg

fc2blog_20161127152102251.jpg

人参のバジ。人参の甘みとからし油の香りと青唐辛子の香りと唐辛子の辛さのコンビネーションが素晴らしいのです。人参の美味しい食べ方ベスト3に入る。

fc2blog_2016112715215383c.jpg
魚のレモン煮は辛くないバージョンと

fc2blog_2016112715213765a.jpg
辛いバージョンを作ったのに、みんな辛いバージョンばっかり食べるんかい?庭の唐辛子を8本くらい入れてあって、唐辛子の香りが素晴らしい。

fc2blog_20161127152213923.jpg
人参と

fc2blog_20161127152230b86.jpg

カブのサラダ。今カブが美味しいねぇ〜。このサラダでご飯がお茶碗一杯食べられます。

今日は圧力鍋で白米をあっという間に炊く、というおまけレシピも。ご飯がない!でも圧力鍋なら本当にすぐ炊けちゃいます。知っておくと便利だよね。

fc2blog_20161127152245916.jpg

さて、庭の香り高い青唐辛子を齧りながらいただくベンガル料理は最高に美味しいのです。

皆様、魚とレモンのカレー、いろんなレモン、いろんな魚で作ってみてください。背越しに切るので魚も無駄なく食べられて、お魚ありがとう〜美味しく食べるよ〜美味しいよ〜なのです。

今日はからし油を取り寄せて、ベンガル度アップいたしましたがいかがだったでしょうか?
ご参加くださった皆様、遠いところ、貴重なお時間をありがとうございました。
今日の料理が一つでもレパートリーに加えていただいて、日々の生活の潤いになれば幸いです。

12月は25日のみ可能です。教室じゃなくて羊で忘年会でもいいかもしれません。ご意見ご希望ありましたらお知らせください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村