FC2ブログ

雨の中遊び呆ける。宮島編

某伝統武道には海外の門人の方もおられて、今回、長期滞在しているアメリカ人のAさんに「もし広島に来るんなら、うちに泊まったらいいよ」と軽く言ったら、んじゃ〜、とスケジュール表をチェックして、「んじゃ、明後日行ってもいい?んで、土曜日に帰る感じで〜」となった。

「あらま、そりゃ急だけど、別にいいよ。一応、連れ合いには言っておくし・・・あ、彼ね、いつも私が変な人連れてくるの慣れてるから、大丈夫。英語も喋るし」

で、初日はうちに来る前に広島市内の原爆関係やらお城やらを自力で見学してもらって、翌日、久しぶりだから私も宮島に一緒に行った。

fc2blog_201906181943314d1.jpg


やっぱりこの鳥居はインパクトあるよね〜。写真撮りまくってます。
弥山に登る気満々だったのだけど、大聖院を見ているうちに雨が降り始めて、弥山は諦める。

宮島水族館いいんだよ〜、瀬戸内の生き物がいるの。牡蠣筏もあるんだよ〜、と事前に伝えておいたら、彼女は海洋学者だそうで、水族館大好きな方でした。

専門家の解説付きの水族館見学は初体験。お魚大好きな人だから、解説に嫌味がなくて、「あ〜、可愛いね〜。元気〜?」ってな感じなので楽しかった。

宮島水族館はどうしたことか、カープ&サンフレッチェ展示のコーナーがあって、ちょっと無理矢理感があるけど、なんか笑える。

fc2blog_20190618194401bb3.jpg

もちろん、ペンギンもいてる。

fc2blog_20190618194423185.jpg

水族館をゆっくり見るとかなり時間がかかります。

結局、雨だし、干潮だし、人も多いし、で厳島神社には行かず(私はほぼ行かないね、厳島神社)サラスヴァティーでカプチーノを飲んで、
fc2blog_20190618195805dc0.jpg

焼き牡蠣食べて、帰ったのでした。

fc2blog_20190618195823cea.jpg

四年ほど前にギャラリーのオーナーが東京から来た時もすごい雨で、水族館に行ったな。

雨がひどくなった午後は観光客も少なくて、シットリとナイスな宮島でした。

弥山に登る気満々で、足元はアーシングサンダルだったので、雨降りで裸足になったけど、このところのWHMの成果か、裸足で雨に濡れても寒くなくて良かった。

アーシングといえば、大聖院の階段を登っていた時、上から弥山の帰りらしい男性が、草鞋で降りてこられて、ワラジもええなぁ〜、と密かに共感したのでありました。 雨で濡れたら、ワラジよりアーシングサンダルの方が重くならなくていいぞ。

Aさんも大満足。厳島神社は行かなかったけど、大元神社(宮島で一番古い神社)は行ったし、大聖院では見るだけで悟りを得るというチベットの仏像も見たし、雨の宮島ツアーで雑念が3個くらいは洗われたような気がしました。

6時くらいに帰って、それからキチュリ(豆入り炊き込みご飯)とアチャールとキュウリのサラダで晩ご飯。
ピーラーの形状について、日本の現状を説明するのでありました。

そして、翌日も続けて遊び呆けた。

いつも応援ありがとうございます。
新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月23日(日)ビリヤニ、梅のアチャール
6月27日(木)豆板醤と回鍋肉

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

呼吸はまず吸うことから。

意外としつこく食い下がっているヴィム・ホフ・メソッド、修行中も細々と続けて、まだまだ続いております。
このメソッドは呼吸法と冷水浴がセットなのですが、それに加えて、意識の使い方があります。

しかし、何より大事なのは呼吸法でございます。

普通、ヨガでも瞑想でも、「心を落ち着けて、深呼吸してください」というと吐く方、吸う方、どちらに意識を向けますか?

私は吐く方に意識を向けていました。
曰く、「人間の肺の中にはオギャーと生まれて来た時に吸った空気がまだ残っている。だから吐ききってしまわなければいけない。深く吐いたら自然に空気は吸える」

曰く、「呼吸という字からわかるように、吐くのが先です」

等々、吐くことに意識が向いてました。そして、ヨガをやっても吐くばかりで浅い呼吸しかできなかったし、瞑想の時もふぅ〜と吐いて、吸う方はいい加減。これじゃ頭が酸欠になって妄想に振り回されていたわけです。

そして、過呼吸というと、パニック障害みたいなヤバい状況が思われて、吸う方に一生懸命になる呼吸法というのはクンダリーニヨガとかWHMとか、かなり特殊なものばかり。

しかし、考えてみてください。酸素、必要だったんですよ。酸素をたくさん取り込んだらカラダがアルカリ性になって、すごいパワーが出るんです。痛みも感じないらしい。

ところが、吐いてばかりで吸う方を熱心にしない人生を送って来たので、いきなり「吸って〜もっと吸って〜頭まで吸って〜」と言われてもそれを30回とかなかなか出来ないわけです。

最初の一ヶ月くらいは、深い呼吸ができるカラダを作るために費やした気がします。今でもうっかりすると息を止めてて(長い時間息が止めれるようになるけど、息を止めてるとまたカラダが酸性になる)呼吸が浅くなってしまいますが、まずは深く吸う。

教室の生徒さんのお連れ合い、H氏という好青年がいらっしゃいます。彼は特に日頃走ってるわけではないのに、友達に誘われたとかいうノリでフルマラソンを走るような人です。

その彼に何時ぞや熱心に行じていたマフェトンメソッドを教えたら、水の飲み方とかを参考にして、自己ベストを出した上にレース後の痛みなどがなかったというスーパーマンです。

そのH氏が夫婦で枇杷を持って遊びに来てくれたので、ちょっとWHMの呼吸法を試してもらったんです。

すると、彼は「あの〜、僕ね、中学生くらいの時に走る時にたくさん息吸うと楽に走れるって発見して、それやってたんですけど、それは正しかったんですね!!」。

試しにプッシュアップ(腕立て伏せ)を30回呼吸した後にやってもらったら、32回。
前屈なんて、人生で最高に柔らかい状態(普通は膝くらいまでしか届かなかったのに、足先に触れるまでの柔軟性!!)になったと感動しておりました。

いや〜、息はまず吸おう。酸素でカラダを満たそう。

fc2blog_201906122122041fb.jpg

普段は水シャワーだけど、時々氷バケツもやる。
これも空腹時がいい。呼吸法をしてから、氷水に手を漬ける。本当に痛いけど、氷から手を出したら、その後ずっとポカポカしてる。一度だけ2分つけられたけど、その後は30秒くらい。

冷水シャワーで褐色脂肪が増えたかどうかはまだわかりませんが、血流はきっと良くなってるはず。

息、深く吸いましょう。

いつも応援ありがとうございます。
新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月23日(日)ビリヤニ、梅のアチャール
6月27日(木)豆板醤と回鍋肉

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

修行に行ってました。

しばらくブログを怠けて、某伝統武道の修行に行ってました。

こんな季節に修行があるのは珍しく、気持ちのいい風に吹かれてゆったりしたプログラムで、「リトリート」って感じの修行。

ひょんなことからこの某伝統武道に迷い込み2年数ヶ月。入門してから1年になります。
入門して1年経った現在の心境は、入門状態に自分が慣れて、場違い感、アウェイ感が減って、その集団の中にいることへの気不味さというか、遠慮がなくなって来ました。

まぁ、これは自分が勝手にそう感じているだけで、自分の心持ちの問題なんですが、どこか小さくなっていたところがあったというわけです。

某伝統武道についても、やっていることに慣れて来たので、恐る恐る感が減って、起こることを受け入れる精神的な余裕のようなものが生まれました。

まぁ、それも自分の中で勝手に作り上げた苦手意識な訳で、考えようによっては、「ダメダメ、無理無理!」と思っていると自分自身が変化する必要がないというエゴの戦略に引っかかっていただけなのかも知れません。

自分が変化して行った先の世界に何があるか、なんてのは分からないわけで、自分だけの新しい世界が待っているのに、現状維持をしているのはおかしいのですね。

自分の世界に安住するのは楽だけど面白くないのですが、某伝統武道に限らず、目の開いた先生がいるところで何かを行じていると、先生によって新しい世界に導かれるわけで、道を逸れたら先生や仲間が知らせてくれて、自分さえその気なら正しい道へと連れ戻してもらえるのだから、コンダクター付きの冒険旅行のようなものかも知れないなぁ。

最近のWHMの成果か、腕に力がついて来たのか、道具の強さを感じなくなって、これはいいのか悪いのかわかりませんが、そんなところも心に余裕が表れて来ました。

冬の修行の時に「怖いをやめる」をやってみて、いろいろな体感を得ることができたのですが、今回まだ最後の局面で恐怖が残っていることに気づいて、それを手放すように意識したり、修行できることは幸せだなぁ〜という気持ちを自分の中心において行じてみたり、とまたいろいろな挑戦(小手先だけど)をしてみまして・・・

大した進捗はないのですが、エネルギーの動きはいつも感じていて、それが「詰まってる」のもよくわかりました。

出来ないなぁ〜、どうしたらいいのかなぁ〜?と分からないことが相変わらず楽しい変な修行であります。

こうしたら、とか、どうしたら、というのではなくて、ある時に気づいたら出来ていた、成っていた、という世界らしい。

ついね、「どうしたらいいんですか?」と聞いてしまうのですが、頭の理解で実際にできるもんじゃない、というのが新しいというか、面白いのです。

修行の朝ごはん用にパンを持っていった。
fc2blog_201906112047079db.jpg

自分用の道具のために師範に型を取っていただいて、やっと師範からも「続ける決心ができましたね」と認めて頂いたように感じて嬉しいのでした。

なんか、嬉しい、楽しいことばっかりだな。

いつも応援ありがとうございます。
新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月23日(日)ビリヤニ、梅のアチャール
6月27日(木)豆板醤と回鍋肉

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「喜びから人生を生きる」。生きているうちに読むべき一冊!!

大事に大事に読んでいて、レビューが遅くなってしまった。

いつぞやたこさんがブログで紹介してくださった本、読み終えて、長く余韻を味わっておりました。

fc2blog_201906052031419a7.jpg

え〜、この方、香港で生まれ育ったヒンドゥー教徒のインド人。
ヒンドゥー教って、すごい女性に抑圧的で、良き妻、良き母になって、男の子を産むのが女性最高の幸せと定義されている。経典に書かれてるのだから、あれ?それってちょっと違うかも・・・って思ってしまう女の子にとってはどれほど息苦しいか知れません。

この方も自分の人生を生きたい!世界中を回って活躍したい!という心の声と、ふさわしい家庭の男性と結婚して子供を産まねば!よき妻よき母にならねば!という葛藤に苦しめられていたようです。

香港で育ったのだから、数少ないインド人社会の息の詰まるような相互監視や噂の拡散も気を使ったに違いありません。

運のいいことに、この方、理想の男性が現れて、その男性はインド人社会的にもOK、つまり家庭的、宗教の決まり的にも相応しい相手で、幸せな結婚をします。

ところが、その後ガンを発病し、インドの民間療法、中国式の民間療法などいろいろ試すも悪化してしまい、多臓器不全で死ぬところまで行ってしまいます。

そして、臨死体験なさるのですが、ガンの末期で多臓器不全でもう死ぬところなので、カラダはもうボロボロなので、普通の臨死体験とちょっと違うわけです。

この死んでる時間の話も大変に興味深いのですが、死んでいるときの拡大した意識で、どうして自分が病気になったかわかったそうです。

そして、病気になった理由がわかったから、体を治すのも簡単だし、体に帰れる、とボロボロの体に戻ってきて・・・

体の方はみるみる良くなって、ガンがすっかり消えて、医者もびっくり!!

肉体の死というのを私たちは非常に重要に考えてしまって、肉体の中に入っているだけがその人の命だ、死んでしまった人とは永遠のお別れだ、などと考えてしまいますが、どうやら、あちらの世界が本来の居場所で、私たちはカラダをいただいてこの世を遊んでいるのだそうです。

そして、何を遊んでいるか、というと、「私は完全だった。どこも欠けてない、足りないものは何もない」ということを思い出すための遊びなんだそうです。

私だけが完全なのではなく、あの人もこの人も全部完全で、ダメな人など誰もない。それぞれ違いがあって、個性があって、その違いを楽しんで経験しているのだそうです。

著者がガンを悪化させてしまったのは、自分を愛せず、受け入れられず、いつも自分を苛めていたからだそうで、臨死体験以降、自分は完全で人生は喜びだ、という風に変わったらしい。

自分が完全で、他の人もすべて完全だ、という観点から世界を眺めれば、恐れも不安もなくなってしまいます。ただ完全な魂たちが完全なアバターの中で遊んでいるだけなんだから。

最後の章にQ&Aがあって、そこでエゴについて書かれているところが深く印象に残りました。

Q:エゴがスピリチュアルな成長の足を引っ張るから、エゴを追い払うべきだと信じている人が多いですが、そのように主張しないのはどうしてですか?

A:もしエゴを否定すれうばそれはもっと強く押し返してくるからです。何かを拒絶すればするほどそれは生き延びるためにもっと反撃してくるでしょう。でも無条件に自分のエゴを愛し、この人生で自分を表現するための一部だと受け入れることができれば、もはやエゴは問題ではなくなります。それはあなたの成長を邪魔するどころか役に立ってくれるのです。
(中略)死んだ時、私たちはエゴから完全に解放されますが、生きている間はエゴと戦うほど自己批判に苦しむでしょう。


もうちょっと続くのですが、つまり、何かを否定して拒絶してしまうと、自分自身を拒絶することになってしまうから、全てをそのまま受け入れてしまえば障害はなくなるのだ、ということらしいです。

まあ、他にはカルマとか、悪人とか、いろんな話が出てきます。

私たちは今のこの肉体では死んだ経験がないので、死ぬことをとておも恐れてしまいますが、あちらの世界の方がここよりずっと良いところなのだそうで、残念ながら死んだらお仕舞いというわけではないそうです。

肉体を持って今この世で生きているのだから、自分を否定したり、いじめたりせずに、自分であることを喜んで生きていれば良いのだそうです。

なんかね、深すぎてすごいわ。



いつも応援ありがとうございます。
新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月23日(日)ビリヤニ、梅のアチャール
6月27日(木)豆板醤と回鍋肉

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

プレッシャー、ストレスへの対処法

順調に前進しているヴィム・ホフ・メソッド(以下WHM)ファンダメンタルコース。
ついに7週目に入りまして、テーマは

Under pressure.

ストレス環境をどう乗り越えるか、というのがテーマですが、ここでやるのはやっぱり呼吸なんですね。

説明を聞いてると、禅的というか、マインドフルというか・・・

まぁ、身体的に危険な状況にあったり、税金の請求があったり、物理的、心理的な強いストレス、強いプレッシャーを受けた時、

深く呼吸する。

すると、脳が静まって、「今」にいるようになって、気持ちが落ち着く。

すると、打開策がやってくる。

それを肉体を使ってヨガマットの上で実践するのがこのレッスンです。
危険なところに出かけなくても、ヨガマットの上でプレッシャーを作って、呼吸にフォーカスすることで乗り越える、っていうレッスンをするんですね。

すると、例えば、ヨガの変なポーズとか、腹筋や腕立て伏せみたいな筋肉的に無理!な運動を乗り越えることができる。

マインドはいつも「俺、この辺で限界だから」と制限を掛けるのですが、そこで呼吸をしてマインドを黙らせると、簡単に自分の限界を突破できるよ、というのを体操でやるのです。

ホォ、そうか。

私はスロージョギングはやってるけど、すぐにしんどくなっちゃって、ペースを落としたり、角度を下げたりしちゃうけど、ちょっと試してみよう、と思った。

いつもよりちょっと早いペースで、角度もちょっとつけて、15分走ってみた。
あ〜もう無理。→呼吸呼吸。
あ〜、もうあかん。→呼吸呼吸。

こうやって呼吸で自分を励ましたら、走れたやんか!

といっても、普通の人にはなんでもないスピードなんだけどね。
やっぱり最初の15分くらいはすぐにしんどくなってしまうけど、15分越えるとカラダが走るのになれるのか、ちょっと楽になるような気がします。

あ〜、もうしんどい、というときに呼吸に意識を向けると、「もうあかん。しんどい。苦しい」と考えているマインドから意識が離れるのです。

で、意識が離れると、「しんどい、苦しい」を感じなくなる。

まぁ、あんまりこれをやりすぎて体を壊したらいけませんが、強く呼吸をして、体をアルカリ性に傾けていたら怪我はない、という理屈がWHMのいいところです。

ビデオの中でヴィムさんがおっしゃってるけど、彼は走るのは嫌いで、マラソンなんか走ったことなかったそうですが、北極圏を短パンで走るチャレンジをして成功したそうな。

それもプレッシャー環境で呼吸にフォーカスすることで、「苦手、嫌い」というマインドを鎮めて成したわけで、それを私はトレッドミルの上でちょっと体験したわけです。

「あぁ大変!どうしよう」と思っていたら、「ああ大変」を作り出してしまうけど、その時に呼吸に意識を向けたら、何も起こっていない状況へとシフトするわけで、その結果現実世界も何かが起こらない、三次元的な視点からいうと解決策を見出す結果になるわけです。

WHMの冷水シャワーもプレッシャー環境を作り出してるのですが、メンタル的には「寒い痛い」から離れて呼吸を意識することで、身体的には、冷水によって全身の血流を活性化するとか、他にもよくわからないけど、いろいろな作用を起こして、身体の能力を開花させるわけで、呼吸とメンタルの使い方とコールドセラピーもセットなんですね。

fc2blog_20190604222144e9e.jpg

マインド、エゴ、同じものかどうかわからないけれど、呼吸に集中して、「出来る」と意図することで、カラダの機能が変わるのかどうかはわかりませんが、マインドが「それ、無理だから。」と制限をかけていることがものすごく多くて、自分の可能性をたくさん奪っているのだなぁ、とちょっと感じました。

だってさ、私は健康でどこも悪くないのに、走れないっておかしいじゃない?

多分、メンタルで我慢して無理していることがたくさんあったので、カラダまで我慢できなくて「あれも無理、これもいや。もう体は動きません。飛べません。走れません」ってなったのかなぁ、などと思いながら呼吸していたのでした。

いつも応援ありがとうございます。
新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月23日(日)ビリヤニ、梅のアチャール
6月27日(木)豆板醤と回鍋肉

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。