決断すること。

生きていると、毎日決断の連続です。

朝、あ〜、トイレ行きたい。でももうちょっと寝てたい。いや、トイレ行かなきゃ!

と起きるのも決断。っていうか、起きてトイレ行けよ!という感じ。

今日は何食べよかな〜。とりあえず青泥だな〜。ご飯も食べよ〜。

も決断っちゃ決断だけど、ちょっと流されてる感じ。

今日は図書館に寄ろうか、それとも買い物にしておこうか。スロージョグは30分にしようか、40分にしようか。お風呂の中で顔のマッサージをしようか、それとも早く切り上げてさっさと帰ろうか。
 
毎日毎日あらゆるシーンで決断してるわけですが、そんな小さな決断だけじゃなくて、時には人生を左右するような大きな決断を迫られる時があります。

もう私はそんな時期を通り過ぎてきたように思いますが、若い人は無限の可能性を持っているだけに決断の如何によってその後の結果が大きく違ってきます。

本当に大事なことを、なんとなく流されて〜、とか、勢いで〜とかってことがありますが、そんな時は後でちょっと厄介なことになったりするわけで、良く失敗したなぁ〜。あの頃は決断はとても怖かったし、生きていることも辛かったよなぁ〜。

何しろ、選択肢は無限にあるのです。若いのですから、可能性もすごいのです。しかも、若いので人生経験が少ないから、選択するったって何を基準に選べばいいかも分からない。特別にやりたいことがなかったら、その時の流行りとか、勢いとか、人に言われてとか、ちょっといい人ぶってみたりして〜、本心とは違う選択をしちゃったりするわけです。

まぁ、大抵のことは後で「あ、あれは失敗だったな。次、がんばろ〜」とリカバーできたり、失敗のおかげで新しい道が開けたりするから、悪いことばかりではありません。

だけど、大事なことは、どんな選択をしたとしても、その時には自分でちゃんと「決断」することだと思うのです。

決断するってのは、ハッキリ決めるわけですが、これって、

「その選択による結果には責任をもつ覚悟があります」

ということだと思うのです。

その覚悟もなく、ズルズルと人生を生きることも出来るし、そんな人は山ほどいらっしゃいますが、あまり幸福なことにはなったいないように見えます。はたから見たらなんの不満がある人生なのか分からないのに、不満ばかりを口にしたりするもんです。

選択することは難しいし、とても恐ろしいですよね。だって、将来のことはわからないんですもの。
占いに頼るのも面白いですが、人生の分かれ道を迎えた時は、自分の心とよくよく向き合って、自分が本当は何を望んでいるのか?どんなふうに生きるのか?そんな機会を与えてもらったと思って、自分と向かい合うと良いのですが、それもなかなか難しい。

でもね、結局は自分しか自分の人生を生きられないのだから、自分が望む道を選べばいいし、自分が犠牲になる道を選んでも、そこに「決断」があればその後もちゃんと展開するのだと思います。

何がどうなるかなんて、神様にだって分からないものね。

若い人はこれからまだまだ長い人生を生きなければいけないのだから、相談相手がいるならば相談してみるのもいいし、自分で調べるのもいいし、とにかく、納得するまで考えて、先に進めばいいのです。

大事なことは、自分のことをいじめず、自分をちゃんと大事にして、自分を丸ごと受け入れた状態で決断できれば、悪い結果にはなりません。

なんていうかな、自分の力ってのはすごいのよ。

わたしも迷いが多い方ですし、決断するのもグズグズしますが、結果に責任もつ覚悟をすれば、どんな結果がやってきても怖いことはありません。だって、しょーがないじゃん。自分で決めたんだから。

というわけで、投票日近いですが、台風?期日前投票は近所の区役所や出張所でもできますから投票行きましょう。

わたし一人が投票したところで〜、とか、入れたいような立派な人がいない〜とか言って棄権したり、白票を入れることは、現状に一票投じていることと同じです。

投票率あげて決断を見せよう!

あ、ほんとはね、選挙の話じゃなくて、今ちょっと難しい状況になっている若い子にエールね。どっちを選んでもいいから、自分を信じていたらいいんだよ、ってことを書きたかったのです。

では!投票行こうね。

fc2blog_20171017210702653.jpg

写真は全然関係ないけど、カボチャプリンを作ったのはいいけど、こんなにたくさん、誰が食べるねん?と思ってたら、友達が遊びにきたりするわけで、「カボチャプリンの試作をする」という決断をしたら、食べる手伝いがちゃんと現れて結果オーライとなるわけだ。

なんか、話を矮小化してしまったけれど、つまり、こ〜ゆ〜ことなのだっ!
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月19日(木)やっぱピザかな?
11月5日(日)かぼちゃ料理。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。




樋口健二さんの講演会に行ってきた。

写真家の方って、学者やジャーナリストと違って、お話しが独特なのですが、樋口健二さんはもう本当に引き込まれます。

樋口さんの講演会一度ライブで拝見したいと思っていたら、やっとチャンスが回ってきた。

オペレーションがイマイチで、金が足りないからカンパしてほしいとか、おいおい?でしたが、そんなドタバタ感も樋口さんだから許してしまおう。

なんか二時間超えの映画を見せられて、樋口さんの話は1時間くらい。

fc2blog_20171011205345410.jpg


硬い椅子で二時間の映画は辛かったので、樋口さんのお話が始まる頃にはかなり「早くお家帰りたい〜」モードになってしまった。

たっぷり8時過ぎまでかかって、晩ご飯。

久しぶりに白島のイタリアンに入ったら、メインとパスタが一緒になったメニュがあったので、つい頼んでしまった。

fc2blog_20171011205258834.jpg

パスタも、焼いただけのチキンも、家で食べた方が大体美味しいのだった、と思い出した。

この日は村山大島の単衣に遠州椿の型染めの帯。なんか帯揚げの結び目が真ん中じゃないね。
fc2blog_2017101120522192b.jpg

ま、着物で出かけたからいいことにしよう。

話は全然変わるけど、「早くお家帰りたい〜」って思うようになったのは、結婚してからだな、と思い出した。
家最高〜!よく寝れるし、ほんとお家大好き。
お家、ありがとう。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月15日(日)季節柄、かぼちゃ料理ですね。
10月19日(木)内容未定

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


日本語難しいね。

すっかりブログをさぼってしまいました。
読みに来てくださる方、ごめんなさい。

よく聞かれる質問。

「ぺんぎんさんは普通のカレー召し上がることあるんですか?」

某伝統武術の方からもこの質問がありました。

「ありますよ〜。グリーンコープのカレー美味しいんです。今度差し上げますね。中辛がいいですよね。」

「はい、中辛くらいが・・・・」

そして、次の稽古の日、しっかり持っていくのを忘れて・・・

「あ〜、ごめんなさい。次来る時持って来ますね。」

そして、当日。
「今日カレー持って来てくださるんですか?」

「はいはい、忘れずに持って来ましたよ」

なんでそんなこと確認するんかな?そんなに楽しみにしてるんやろか?カレー・・・

と思っていたら、ご飯をたくさん炊いてお待ちになっておりました。

え〜・・・っと。鍋で広島から持って来るわけないじゃないですかぁ!!

と言ったけど、この人たちには通じないのでした。


稽古や作務が終わって、帰る準備をしていたら、ご飯に塩をかけて食べている方がいたりして、良心がちょっとチクチク。あれれ、みんなカレー待ってたの?

お台所になぜか菊の助さんのナスとピーマンとにんにくがあるので、「それ使っていいですよ〜」と言われ、お台所にある調味料で味噌炒めでも作ろうか?などと思っていて・・・

あ、カレーにしたらええやん。


ということで、ナスとピーマンのカレーを作ったら、皆さん、「うわ〜、美味しい〜〜」と召し上がってくださいました。

fc2blog_20171009204651025.jpg

グリーンコープのカレーは美味しいけれど、やっぱり菊の助さんの野菜の力ってすごいな、と思ったのでした。

しかし、広島から鍋でカレー持って来ると思ったのかな?日本語難しいね。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月15日(日)内容未定
10月19日(木)内容未定

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

解いた着物であれこれ作る。

練習が全然足りてない某伝統武道、足りない練習の埋め合わせをするように、お借りしている道具を家に持って帰ってきた。

持って帰ってきたのはいいけれど、問題の部分だけあれこれ練習してみるだけで、これが実際に道場でちゃんとできるかどうか・・・なんか役に立つのかしら、この練習?

道具を持ち帰るために親切な門人の方が道具を包む布やら何やらをお貸しくださった。

この伝統武道は布系の小物があれこれあって、布フェチには結構楽しめるポイントがたくさんある。
包む布やらはお返ししないといけないので、それを見本に同じようなものを作ることにしたが、さて、どの布を使おう・・・

細くて長いものなので、着物の布がいい。そうだ、あの叔母さんからもらってアクだらけで解いた縮緬の紅型で作ろう〜。身頃の布で足りるかしら?と測ってみたら、ちょうどいい感じ。

というわけで、裏地はこれも何時ぞや京都の北野天満宮の市で購入して、夏用の稽古着に仕立て直した残り布を使うことにした。裏地だから継ぎ目があってもいいよね。

fc2blog_20170928221829020.jpg

長くてまっすぐなものを切ったり縫ったりするのって結構大変。ずれるし。なんだかんだと2日も掛かったのでした。

表は絹のちりめんの型染め、裏は手績みのヘンプという豪勢なカバーが出来たのでした。
ちゃんと巻けるかな。

こうやってあの伝統武道へとズブズブしていくのかしら・・・

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月15日(日)内容未定
10月19日(木)内容未定

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


サンデー・モーニング。ヒッチハイクの子を拾う。

実家で母お瘴気に当たったのか、ぼんやりしていたらもう水曜日になってしまってびっくり。

日曜日、早く目が覚めて、クラブでまたジョグしてからダラダラとしたした1日を過ごすよりは、早起きしたから車を走らせて今日の稽古に行けばいい、と思いつき、姫路まで日帰りしてきた。

思い立ったらなんでもできる。
ダラダラグダグダ考えていても何も起こらないけど、一つのことを決断すれば、歯車がガチッと噛み合ったようにあとはオートマティックに物事が進むなぁ。

広島最寄りのサービスエリアはアンデルセン運営でとても充実している上に、スターバックスまであるのだ。

fc2blog_20170927125520162.jpg

うちから約40キロくらいで、普通だったら近すぎて寄らないのだけど、朝は西式健康法の朝食抜きのおかげで身体がデトックスモードなのでトイレ休憩が必要。コーヒーも飲めるというわけです。

アンデルセンのカフェが入ってるんだから、ここにスタバいらないと思うんだけどなぁ。スタバが岡山の上り線SAにあればいいのに。

カフェインもキメて、iPodに入ってたアースのサンデー・モーニングを聴きながら、快適なドライブ。


う〜!日曜日の朝〜!日曜日の朝〜!う〜!日曜日の朝〜!!
めっちゃご機嫌だぜ〜いえいえいえい〜(モーリス・ホワイトさん風にグルーブしてるつもり)

2度目に岡山のSAでトイレ休憩をして、車に乗ったら、男の子が「加古川」と書いたスケッチブックを抱えて左右をキョロキョロしている。

う〜ん、加古川まではいかないけど、目的地にはJRの駅も近いし、車から降りて青年に声をかけた。

「え〜、兵庫県まで行くんですか?本当?いいですか?ありがとうございます〜」

というわけで、ヒッチハイクの青年を拾って、あとは一路目的地まで。
青年は岡山のSAに来るまで苦労したそう。一般道じゃ乗せてくれる人いないよねえ。

大学生だとかで、まだ授業は始まってないとか、どんな人がヒッチハイクを乗せてくれる、とか、そんな話をしながら目的地まで行ったのでした。

青年は電車で行くのかと思ったら、「あ〜、ここから歩いていこ〜」。

いいねえ、楽しいねえ。お金もないんだろうけど、若い子には無限の可能性があるよなあ。しっかり生きてちゃんと大人になれよ!

さて、肝心の某伝統武術系稽古ですが、師範から「圧倒的に練習が足りません。もっと練習してください。」と指摘されました。
いや、練習ったってできないんですが・・・

「その部分だけでいいから、色々試してみてください。」

はい。わかりました。

なんか、めっちゃ初歩的で根源的な質問を皆さんの前でしてしまったらしく、門人の皆さんが微妙に動揺しておられました。
みんないい人だなぁ〜。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月15日(日)内容未定
10月19日(木)内容未定

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

広島はカープ優勝で大騒ぎ。市民球団の優勝は踏み絵の様相。

広島はカープリーグ優勝で大変な浮かれよう。
まさか2年連続リーグ優勝するなんて誰も考えてなかったんじゃないでしょうか?

実家に行くためにJRに乗ったら、電光掲示板がカープ坊や

fc2blog_20170922215116aaf.jpg

例えば、阪神タイガースが優勝したら、阪神デパートが優勝セールをして、あとは個人的に嬉しい人たちが優勝セールをするように思うのですが、カープの場合、マツダが親会社なのですが、マツダがカープ優勝セール、新車半額!とか、アクセサリー福袋!とか、ロータリーエンジン大放出!なんてことはなくて、親会社関係なしに町中で優勝セールなのよ。

お好み焼き屋さんがビール百円とか、産直市で新米2キロ880円!とか、チェーンのイタリアンレストランでパスタ800円とか。
もちろん、スーパーもデパートも系列関係なしに優勝セール。

個人営業の飲食店もカープ優勝セールをしないと広島市民にあらず!みたいな雰囲気なのだ。

これって・・・踏み絵なんじゃないの?とこちらが心配になってくる。

野暮用でとても疲れて、用事が終わってとっとと広島に戻ってきて、疲れた心と身体を癒すのはお好み焼き&漫画。

fc2blog_20170922215934087.jpg

この店は去年も今年も優勝セールやってない。いい店だなぁ〜。

セリーグはこれからクライマックスシリーズをやって、そして日本シリーズ。クライマックスシリーズって中途半端だからやめたらいいのにって思うんですが、どうなん?巨人一強の時は意味があったかも知らんけど・・・どうなんでしょう?

スロージョグは実家に行ったり、クラブ定休日だったりで休んでしまいましたが、「身体動かしてないから気持ち悪い」なんてことは全くない。運動が習慣になるまでまだまだ掛かりそうです。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月15日(日)内容未定
平日コースは木曜日で日程調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。



坊さんが来るとお茶をこぼす不思議。

なんだかなぁ〜と思う。

世間体のために仏壇導入した母はお供え物をする気がほぼない。
日蓮宗なので、日蓮聖人がいてくださるのに、日蓮聖人のためお水は「関係ない」とばかりにほったらかしで、わたしが行ったらいつもお水が乾いているので洗うのが一手間かかるという素晴らしさ。

お仏壇の開眼法要のためにお坊さんが二人来てくださった時には、母は黒い服に着替えるのも「寒いから嫌!」と嫌がったし(世間体が気になるので、結局着替えたが、なんでそんなことで抵抗するのか分からない)、お寺&仏壇屋さんのインストラクション通りに供物や御膳・それにお茶の用意をしたのはわたしだった。

わたしだって仏壇のお供えもしたことないんだから、どうすればいいかなんて分からないんだけどさぁ・・・

で、準備が押して、いつも遅れて来るお坊さんが割と時間キッチリにいらっしゃったので、自分の着替えが間に合わず、とりあえず湯気のたつ熱いお茶をお仏壇に置こうとして・・・


衆人環視の元で日蓮聖人の前に置くお茶をひっくり返した。正確には、お茶を置く茶托みたいなのが置いてあったのが見えなくて、茶托の縁にお茶を置いたのでひっくり返った。

母は鬼の首を取ったように「あ〜、あんた、何してるの!本当に!全く!」と大喜びであった。

わたしはなぜ茶托が全く見えなかったのか不思議でしょうがないけれど、とりあえず、タオルを持って来て、仏壇やら日蓮聖人やらを拭いて、お茶の追加を持って来てお供えして、自分の着替えをして・・・とかなり大変だった。

あの母の嬉しそうなこと・・・  わたしのヘマがとても楽しかったらしい。まぁ、楽しんでもらえてよかったよ。


さて、お盆でお坊さんはいつに増して、2時間遅れでいらっしゃった。

冷たいお茶と、冷たいお手拭きを用意して、お坊さんに差し出した時に、なぜか手が斜めって・・・お茶がすぱ〜んと溢れる。

また母大喜び「あ〜、何やってるの!あんたは全く〜」
と言いながら、お手拭きでお茶を拭いちゃうのだ。

あ〜あ、お手拭きもう一枚用意してたからいいけどさ、お手拭きで吹かないでよねえ・・・

幸いお坊さんの袈裟が濡れることはなく、畳に染み込むこともない不思議なこぼれ方。
タオルを持って来て、畳を拭いて、お茶とお手拭きをまた用意して、母を喜ばして・・・・

お勤め。今回は二人だけなので、経本を持って読むのが結構大変だ。お坊さんは時々息継ぎと休憩を兼ねて声が消えるので(ついでに発音もかなり独自の進化が)まるでちゃんと読めてるかテストされている気分。

無事にお勤めも終わり、母と雑談をしてお見送り。

しかし、なぜにお茶が溢れるんだろう?ま、わたしが粗忽なことは否定しないけれど・・・と思いながら、夕方仏壇のお水を玄関先にこぼして、ご飯も施餓鬼をしていてふと思った。

この家は父がなくなるまで盆行事はおろか、お供えのようなことをやっていなかったので、お茶を求めるあれこれがいらっしゃったんじゃなかろうか?だからお茶がこぼれたのかしら?

まぁ、妄想ですが、そう考えるとなんか妙に腑に落ちる。

母のためにパラフィンでできた仏壇ご飯とか、パラフィンの御膳セットとか買おうかしら?世間体が気になる母にはピッタリのアイテムだと思う。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
8月27日(日)ザワークラウトと菌活料理。
平日コースは日程調整中。お盆休み以降だね。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


滑り込みその2。出雲に展覧会2つ。

出雲民芸館の舩木研兒展があらら、最終日だわ!と気がついたのがその日の10時くらい。
ここから出雲までは二時間ちょっとかしら?ねえ行かない?

ついでに伝承館の木彫も見てこようよ、ついでだしぃ〜と言うことで思い立って家を出たのが11時くらい。

広島から山陰地方に高速道路が繋がってちょっと便利になったけど、味気なくなったようにも思います。高速道路って寄り道する楽しみがないもんね。

三次東インターからの無料区間はもちろん乗り降り自由で、サービスエリアなどがない代わりに道の駅の近くにインターチェンジがある。

お昼ご飯の関係で、まずは伝承館。

fc2blog_201707092048417b1.jpg
なんかすごいお屋敷だ。
大阪生まれでニュータウン育ちのわたしには、こんな戦災で焼けてないお屋敷がそのまま残ってるのをみるだけで感動してしまいます。維持管理たいへんだろうなぁ。ま、ここは個人宅じゃないけど。

fc2blog_201707092048585ba.jpg
伝承館の中にある出雲そばの名店でお昼。 
定食のお味噌汁に入っているシジミが身がぷっくりしてとっても美味しくて感動するも、殻の数の半分くらいしか身がなくて、ちょっと残念。しかし、この定食で1000円なのだから恐れ入る。お蕎麦も美味しゅうございました。

fc2blog_20170709204916385.jpg

特別展を見て、伝承館のお庭拝見。いや〜、着物できたらよかった←コスプレかい?

さて、本命の出雲民芸館。

fc2blog_2017070920494945e.jpg

fc2blog_20170709204933165.jpg

駐車場の脇に蓮が咲いている。やっぱりこの花は仏教な感じがします。午後なので開いてなくて残念。

焼き物の展も楽しく拝見して。しかし、民芸館といい、伝承館といい、地元のお金持ちが文化伝統のパトロンとなっているところがすごいなぁ、と妙に感動してしまいました。

舩木さんの作品は個人蔵が多くてこれだけの作品が集まることはないんだそうです。

民芸運動の作家だけあって、どの作品も日常使いにすると楽しいだろうなぁ、ちょっと一枚欲しいなぁ、と言うようなものばかりでした。

fc2blog_20170709205006423.jpg

あ〜、楽しかった。

出雲まで行って温泉にも入らず、大社にもお参りせず帰って来たら往復350キロくらい。
次回出雲方面に行く時は一泊してのんびりすることにしよう。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
7月16日(日)人参ラペとそれを使ってローフード色々
7月27日(木)人参ラペとローフード

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


家族の人間関係あれこれ考える。

家とか家族ってのはいくつもないわけで、まずは自分が育った家庭。母方の兄弟姉妹、父方の兄弟姉妹の兄弟姉妹間の人間関係、親しいイトコから垣間見る親子関係など極わずかですが、その極限られた関係から「家とは」「家族とは」というイメージを植え付けられるのか、自分で構築するのかわからないけれど・・・・

とにかく、人間関係の核を形成すると思われる「家族」という経験は、極々限られた特殊な例から、さも普遍的な真実のように自分を縛ってしまうように思う。

友達と家族について話していても家族関係や人間同士の微妙な緊張感や上下関係、見える見えない支配の関係などは雑談や世間話、ちょっとした相談ごとなどを通しても自分の中の「家族」のイメージから遠く離れないので多分理解しきらないと思う。

だから結婚すると強烈な異文化体験をするのですが、それを「家族というごく限られた経験」を普遍的なものだと勘違いすることで耐え難い苦痛になったりするわけです。

現実には「あなたの家変わってるわね。ま、うちもかなりだけどさ。」という程度なのですが・・・

わたしの父方の家族はとても緊張した関係で、見栄は張るが本音は言わないようなところがあって、基本意地悪で、先制攻撃命!みたいなギスギスさがある。もちろん実際のバトルをするわけじゃなくて、神経戦なのだから厄介だった。

それに比べて母の家の人間関係はもっとマッタリしている。関係の基本は信頼と愛で成り立っているようで、とりあえず一本取っておこう、という戦闘的なところはない。

昔はその差を、母の家は“田舎だから”だと思っていたけれど、母の実家は都会ではないけれど、田舎というほど田舎じゃない。何より平地だし、大阪や東京じゃない、というだけのことだ。

おかしいのは父方の人たちで、母方の家のマッタリした関係こそが正常なんだ、ということに気がついたのは大人になって自分が結婚してからだったように思う。

母方の人たちの関係を知っていて自分の人生にどれだけ助けになったかわからない。

そんなことを考えたのは昔のことだけど、叔母の葬儀の帰り道、新幹線の中で弟が同じことを言っていたのでびっくりした。

fc2blog_201707062140203a8.jpg

東京駅でオサレなドリンクを買って母と弟と3人で新幹線。

母方のイトコたちの中でも“大阪のおばちゃんちの子”は浮いた存在だったと思うけど、私たちはハラスメントを受けずに自由にしているイトコたちが羨ましかった。
夏休みには母の実家にみんなで大集合して、たくさん遊んだことは楽しい思い出だ。

なんかね、おじさん、おばさん、イトコたち、ありがとう。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月26日(月) ニンニクのプレザーブとアクアパッツア
7月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


叔母を見送る。

上尾に住む母の妹が亡くなった。
横浜経由で埼玉の山奥の医大病院まで見舞いに行って10日だった。
叔母は家に帰りたい、せめて上尾の病院に移りたい、と盛んに言ってた。見舞った翌日に転院したけれど、そのあとはほとんど話しもできなかったらしい。

大阪の実家でまずは一泊。

fc2blog_201707062041166f9.jpg

家でまったりスイカをやっつけようと思ってスイカの皮を絞っていたので、スイカの皮ジュースを持って行くことになる。新幹線の中で怪しいドリンクを飲む怪しい人。

実家最寄駅で母と落ち合って、上尾までの切符を予約。母はジパング割引を愛用しているので、時刻表から時間を検索しないといけなくて面倒この上ない。

母は電車の乗り換えに自信がなくて一人で出かけるのが億劫なのだ。ついでに乗り換え検索などもしないので、母がどこか遠くに行く時はわたしが全部乗り換え検索をして、電車の時間をメモしなくてはいけない。甘えているだけなんだと思う。面倒なのだよね、自分で考えたり決めたりするのは。

叔母は邦楽の師範として一門を率いていたし、学校でも教えていたので、お通夜は会葬者が多く、香炉が6つも並んでいた。
叔母は息子が二人なので、男性に囲まれて暮らしていたわけだが、自分はお琴が忙しくて子育ても家事も最低限の範囲でやっていただろうと思う。二人の息子は母親が手をかけなかったからスクスクと育って、すっかりいい男になって、家族を大事にしている。

お連れ合いは優しい人で、おばさんに先立たれてこの先どうするんだろう?長い間歩くのも不自由な叔母を支えていたからホッとしているのだろうか?

おばさん、素晴らしいねえ。これだけ家族に愛されていたら幸せだろう、と思っていたら、邦楽関係の人たちとの繋がりも素晴らしくて、お葬式と言えば親族だけ特別扱いされるけれど、実は親族以上に叔母に付き添っていたのが門人の皆さんだったんだろう。

おばさん、高校生くらいの頃に「わたしはお琴でやって行く!」と志をして、人並み、世間並みに結婚も子育てもしたけれど、お琴が叔母の人生の柱だった。結婚だって「わたしはお琴をするから、ちゃんと支えてよ!」くらいのことは言っただろう。(お見合い結婚でした)

女だから適当にやる、とか、家事や育児に逃げるなんてことをせず、全部やったところがすごい。
晩年は本当に忙しくて充実していたんだろうなぁ。

お葬式って亡き人が親族に贈るファミリー・リユニオンだ。
久しぶりに親戚やいとこたちが集まって、いとこの配偶者や子供達と「初めまして〜、わたしは大阪のおばさんちの子です〜」などと挨拶したりして、おばさんのおかげでみんなに会えて、弟ともゆっくり会えて、近況報告などしながら親睦するんだなぁ。

おばさん、こんなにたくさん集まって、おばさんに可愛がってもらったっていう子ばっかりだよ。織物を続けるわたしをおばさんは応援してくれた。

人の世話をたくさんしたんだねえ。今は不自由な身体から抜け出て中有の旅を楽しんでいるかしら?真言宗のお葬式だったので、弘法大師がちゃんと連れて行ってくれるよね。

おばさん、ありがとう。

fc2blog_20170706204035e82.jpg

こんな賞もらって、ほんと、よくやったね。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月26日(月) ニンニクのプレザーブとアクアパッツア
7月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。