昨日は楽しい料理教室〜

昨日は楽しい料理教室〜♪

新しいメンバーを迎えて、刺激の多いセッションになりました。

fc2blog_20170627200554d39.jpg

お料理自体は健康とか、養生とは関係のない油で煮る料理でしたが、お楽しみいただけてよかったです。

fc2blog_20170627200628a1c.jpg

きのこのアヒージョは、いろんな種類のきのこを入れて。この料理は油がたくさん残るけど、残った油で無限アヒージョ地獄が楽しめます。この料理は人数の多い時など材料代も安くて美味しくて、便利だよね。

fc2blog_201706272006121c9.jpg

野菜のオイル煮。それほど油ギッチョンじゃなくて普通に美味しいのだ。芋入りが好きだわ、わたし。
普通の人には付け合わせに、そうでない人にはメインディッシュになるお料理ですね。作り方も簡単で、家にあるお野菜でできるところも素敵です。

fc2blog_201706272005363eb.jpg

メインはチヌのアクアパッツァ。魚が新しくて身が爆ぜてて素敵です。
え〜、こんなんでちゃんと煮えるの?魚ばっかり固くなっちゃうんじゃないの?と思うけど、ちゃんと出来るのよね。油で煮ると白身の魚もボソボソにならなくて、魚のゼラチンで油とスープが見事なソースになるところも素晴らしい。
これ、魚とアサリが必要ですが、豪華で美味しい割に作るのは簡単で失敗がないんですよね。

油で煮るという調理法は日本にはありませんが、世界の料理を見てみると、油で煮る料理が結構あります。ベンガル料理も油で煮る料理ですね。

油で煮る料理がない日本はどれだけ水に恵まれているか、というのがよくわかるように思うのです。水がよくないと日本料理は美味しくできません。水こそが日本料理の基本だなぁと改めて思うのです。

そして、今回のメインは、今旬のにんにくを一年分すぐに使える状態で保存する方法でした。わたしはこの方法で2シーズン過ごして使いやすかったのでお伝えしましたが、皆さんの生活にもお役に立てると嬉しいです。

fc2blog_201706272006533fa.jpg

普段油ギッチョンなお料理ばかりを食べるということはないと思いますが、これらの料理のどれか一つでもレパートリーに加えていただけると嬉しいです。


この度も皆さま、遠いところ貴重な時間をありがとうございました。

七月の日程は調整中です。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
7月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

油で煮る!

今日は楽しい料理教室〜♪

今日は紬の単を着てみました。単の着物の軽さとか、生地感とか、大好きだなぁ〜。

fc2blog_20170611153039a7f.jpg

今はニンニクの旬でしょ〜。
今のうちに一年分のニンニクをすぐに使える状態にしておいたらいいよね。
いろんな方法をやりました。油につけたり、醤油漬けにしたり・・・

すぐに使えないと結局使わないし、いろんな料理に使えないと、結局は生のニンニクを買ってくることになって、なんだかな〜もっといい方法ないかしら〜?と思って試したのが2年前。

2シーズンを今の方法でやってみたら、あら、ニンニクもう買わなくていいじゃない。一年分の消費量もだいたいわかったし、使い勝手も保存方法ももうノウハウができました。

今年こそは教室の皆さんにも「ニンニクは一年分を今の季節に準備しましょうね〜」とアナウンスできます。

というわけで、ニンニクのプレザーブを作ったら、日本人の発想にはないけれど、多分世界の料理のスタンダードな調理法、「油で煮る」という観点から料理を組み立てを考えてみよう、というセッションです。

まずはラタトゥイユ。野菜の水分だけで作るシチューですが、これは油で煮る料理です。
あえて、水の出ない野菜ばかりでやってもできます。

fc2blog_20170611153204252.jpg

味付けは塩胡椒だけですが、食べ飽きないサイドディッシュです。

油で煮るといえば、アヒージョですね。

fc2blog_20170611153144ec9.jpg

これはたくさん作っておいて、いろんな料理に足したり、パスタソースにしたり、余った油でまた違うものをアヒージョしたり、無限アヒージョ地獄が楽しめます。

そして、イタリア料理の華、アクアパッツアも油で煮る料理。

fc2blog_20170611153103a93.jpg

魚はチヌ。チヌはちょっとニオイがあるので、タイムやオレガノなどのハーブも追加です。
え〜、こんなんで、ちゃんと火が通るの?あさりが固くなっちゃうんじゃないの?

かき回さなくてもちゃんと上まで火が通るし、魚はパサパサになりません。そして、あさりと魚から素晴らしいエキスが出て、イタリア煮魚の出来上がり。

fc2blog_20170611153124ed3.jpg

豪華ですが簡単で、材料費だってそんなに掛かりません。家ご飯は本当に美味しいよね〜。今日の料理はどれもワインが進みそうなものばかりですが、火にかけたらお鍋についてなくても適当に出来上がるので、お手軽料理でもあります。

う〜、食後はちょっと油で胃がもたつきましたが、油で煮る、という調理法への理解が深まったかと思います。

今日も貴重な時間をありがとうございました。今日の料理のどれか一つでもレパートリーに加えていただけると何よりの喜びです。

次回はまた日程調整中です。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
6月26日(月) ニンニクのプレザーブとアクアパッツア
7月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

作り置きだしで初夏の煮物

今日は楽しい料理教室〜。

新しい生徒さんがきてくれて、あんまり自炊しないけど、自炊ができるようになりたい、と言う。

そ〜なのよ、自炊は生活の自治。自分が何を食べたいか、自分に聞いて、自分のために作って、自分と一緒に食べる。家のご飯は家にある材料で、自分の食べたいものを作って、お皿を洗うときに「美味しかった〜」と思えればいい。

自炊は1時間後の自分をイメージして、その望みを叶えるための毎日の練習のようなものかもしれません。

面倒かもしれませんが、自炊することで自分のからだに入れるものを管理することができて、それは20年後の自分のための投資でもある。20年後も健康で幸福でいられるならば、今日の自炊がそれほどたいへんだと言うことはないだろう。

と言うわけで、自炊の基本。わたしは「作り置きだし」を作っておけば、和食の惣菜&moreを簡単で短時間に美味しく(失敗なく)つくれると思うので、新しく来る人には必ずやってもらいたいものなのです。

一番出し、二番だしを作って、佃煮。

二番だしでフキと揚げの炊き合わせ。
一番だしで、淡竹のメンマ風、エノキの佃煮、五目豆。

fc2blog_20170525192033956.jpg

五目豆、は大豆を蒸して作るので、まめの味が濃くて美味しいのです。自炊初心者は豆など煮ないでしょうが、同じ味のだしで全然違う味の料理になるでしょ?和食の不思議なところです。

もちろん、料理に合わせてだしを変えてもいいけれど、少人数の家庭でそんなことしてられません。自分の能力や時間、経済、台所のスペックに合わせて、自分が無理なく続けられるように工夫するのも自炊ライフの大切なポイントです。

fc2blog_20170525192052dce.jpg

野菜ばっかりですが、結構満足感があります。たけのこは一晩で何メートルも伸びる生命力を、フキは脳に良いらしいので、ふきの季節にはたくさん食べたいお野菜です。

化学調味料や色々な化学物質を食べ物から取らないように気をつけるようになって、わたしは頭のなかの霧が晴れて、身体のなんとも言えないダルさや神経の苛立ちなどから解放されました。

美味しそうなお惣菜が簡単に買えますが、自分で作ることは自分の未来を選択することです。もちろん、何を食べても構いません。ただ、その結果を自分の身体で引き受けるだけのことなのです。

できればね、幸せで楽しく暮らしていたいですものね。

「レシピはあるけど自分の都合でどんどん変えるように」と言う変な料理教室ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
六月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ナシババ2

今日は楽しい料理教室〜♪

火曜日も先日と同じメニューですが着物は違う。

fc2blog_20170425194712e1b.jpg

木綿もいいけど、大島もいいね〜。このツルツルした感じがたまりません。軽いところも素晴らしい。大島を普段着にするなんて、贅沢すぎますね。5マルキくらいの大島をカジュアルなお出かけにサラっと着るのは粋な感じです。華美じゃないけどしなやかでエレガントなんですね。

いや〜、着物、楽しいね。

あ、着物じゃなくて料理ね。
fc2blog_2017042519473316a.jpg

ナシババ、本当に危険な食べ物で美味しいですねえ。案外冷めても大丈夫なんです。

fc2blog_20170425194827ec6.jpg

菜花の雲南炒め。野菜炒めのレパートリーが広がります。

fc2blog_20170425194810278.jpg

胸肉の茹でたの。手間いらずで簡単でしっとり美味しい。おまけに極上のスープもできる。

fc2blog_20170425194857bb9.jpg

そして、ブロッコリのペスト。

fc2blog_20170425194843b91.jpg

なんでこんなソースを考えたのか、今となってはわかりませんが、これは美味しいので、もっと頻繁に作ろうと思いました。

15年も前のレシピだからレシピを作った時に何を考えてたのか覚えてないのね。
今日は久しぶりにYさんも来てくださって、しばらく見ないうちにすっかりお痩せになって可愛くなっていて、アッチャ〜ヤラレタ!という感じ。そういえば、最近復活して下さったCさんもすっかり痩せて可愛くなって・・・

激動の人生の波を超えたらみんないい女になるのかしら?わたしも激動してるんだけど・・・

みなさま、今日も遠くから貴重なお時間をありがとうございました。
今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えていただけると嬉しいです。

次回5月は日程調整しましょうね。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
5月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

10年前に行った虎跳峡のご飯。

今日は楽しい料理教室〜♪

空がすっかり明るくなって、半襦袢を着て久留米絣に袖を通して見たら、木綿の着物の心地よさはまた格別です。単で軽いし、一日中着物でも平気な感じ。

fc2blog_20170423221254b40.jpg
長襦袢で着る着物もエレガントでいいけれど、半襦袢で軽快に着る着物は自由な感じがします。

10年前に旅行で雲南省の虎跳峡に行ったのです。色々楽しかったのだけど、一番印象に残っているのはニーハオトイレ。
あ、今日はそっちの思い出じゃなくて、ナシ族の宿で泊まった時、宿の人が友達だったと言うこともあって、台所であれこれ遊ばせていただいた。

私たちは小麦を練って発酵させる食べ物の伝統がないので、やれ天然酵母だ、なんだかんだ、と大げさに考えてしまいますが、虎跳峡では台所に常に練った小麦が常備されていて、それが勝手に発酵しているのです。試しにカンパーニュを焼いて見たら美味しくできて、な〜んだ、ルヴァンだなんだと大騒ぎしなくても小麦と言うのは水で捏ねて放置したら発酵するものなのだ、と教えられたのでした。

そこでは二次発酵まではしなくて、一次発酵だけで蒸しパンにしたり、ババを焼いたり。

と言うことで、ナシ族のババ。漢字で書いたら巴巴だったと思う。

fc2blog_201704232213331be.jpg

はっきり言ってこれは危険な食べ物です。美味しすぎるのよ。
虎跳峡は高地だし、アップダウンが厳しい地域なのであちらの人は毎日がトレッキングだからこんなハイカロリーな食べ物を食べても平気なんでしょうが、トレッキンギどころかウォーキングもしないわたしがこんなものをばくばく食べたら大変です。

fc2blog_20170423221316628.jpg

ゆで鶏を作って、菜っ葉の雲南風炒めとなぜかブロッコリのペスト。

どの料理も単品で色々な献立に組み合わせることができます。
今日の料理のどれか一つでもレパートリーに加えていただけると嬉しいです。

みなさま、遠いところありがとうございました。

次回はまだ調整中です。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月25日(火) ナシ族の発酵平焼きパン
5月の日曜コースは日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「味噌作りの最難関は・・・かび!!」

今日は楽しい料理教室〜♫。

「味噌やってない〜」と言うご意見でお味噌。

え〜、私、お味噌いつ仕込んだっけ?3年前?天地返ししてないからどんなことになっているのやら・・・恐ろしいものがございます。

味噌作りって冬になるとプチブームになる人がおられます。「え〜、簡単なの?あ〜美味しい〜!!こんなの作れるの?簡単?え〜おしえておしえて〜」と盛り上がる光景がそこここでこの冬も繰り広げられたと思います。

しか〜し、「味噌は手前味噌に限る!」とか、「毎年仕込みは欠かせません」と言う人は少なくて、なんでだろう?なんでみんな味噌作らないんだろう?とず〜っと謎でした。

お豆を煮るのは1日掛りだけど、味噌作りがイベントだと思えばなんてことはない。自家製で作れば海人の藻塩だって、粟國の塩だって、どんな塩で仕込むこともできる。自然栽培の豆とか、蔵付き菌の自然麹なんて言う麹を使っても大した値段にはならない。それで一年ぶん、うちなんて豆2キロ仕込んだら4年くらいある。今食べてる味噌は、2011年の仕込みだった。6年もの?古すぎ?

玄米酵母は3年以上寝かした方が美味しい。そういえば、この味噌は黒大豆で仕込んだもので、新しいうちは味噌汁が紫色をしてたっけ。

こんなに楽しい味噌ライフ、1日頑張れば3年先まで菌の生きた美味しい味噌が約束されているのに、なんでみんな作らないんだろう?

原因はこれだ。

fc2blog_201703022120150a5.jpg
恐る恐る蓋を開けて重しを外してみたら・・・あら、それほどでもないわ。

お味噌を仕込んで、三ヶ月後、「お味噌さ〜ん、ご機嫌いかがですかぁ〜?」と蓋を外すと・・・そこはカビのパラダイスになっていたりするわけです。

そもそも、麹さんたちもカビなので、パラダイスを形成するカビさんたちが麹くんと仲間たちなのか、得体の知れない人たちなのか・・・判断がつかないのです。

それで「あ〜。これは危険だろ?子供が食べて病気になったらどうする?やばくない?やばいよね、これ・・・あんなに高いお塩で仕込んだのにぃ〜」

と泣く泣くこっそり処分しちゃうんじゃなかろうか?そうなったらもう次の味噌作りはない。

だいたい、世の味噌教室はまずこの「味噌を寝かしている間に形成されるかびのパラダイス」から入るべきじゃないかしら?と心から思うのです。

うちはパンを焼いているから酵母菌環境なので、味噌も少々アルコール発酵するけれど、納豆好きの家は納豆菌も侵入するだろう。除菌大好き清潔家族の家だと・・・どんなことになるかわからない。

味噌はカビが作るのだ。かびくんたちの中に都合の悪い人たちが混じって繁殖しちゃう場合はあるけれど、それはその部分だけ外せばいい。全体から考えたらほんの少しなのです。

というところをしっかり押さえて、お味噌。

fc2blog_2017030221203149a.jpg

仕事のメインは豆を煮るところですね。1キロくらいの豆ならば大したことありません。
教室では人数がいるので、豆を潰すのも交代でやれば簡単。

出来上がりは4キロ弱。ジブロックに入れて持って帰ってもらいます。天地返しして夏を過ぎてから本格的に美味しくなる予定ですよ〜。


さて、味噌だけ作って解散と行かないところが料理教室。料理はもちろん味噌の味見と味噌料理。

fc2blog_2017030221212681a.jpg

きゅうりに味噌をつける、ただそれだけのことだけど、なんて美味しいんでしょうね?もちろん、味噌は手間暇掛かった良いものですが、きゅうりを切って味噌を添えただけのものでも立派な料理。お客さまにもお出しできます。
お味噌の味見にもぴったりです。

そして、春はねぎの季節。葉玉ねぎと揚げのぬた。
fc2blog_20170302212111919.jpg

今日はわけぎが準備できなくて残念でしたが、葉玉ねぎも美味しいね。味噌が古いのでヌタも黒いですが、そのぶん酵素たっぷり。

fc2blog_20170302212142c52.jpg

ご飯になめ味噌。これは材料を刻んで味噌と混ぜるだけ。

これをお椀に入れてお湯を注げば即席味噌汁。

fc2blog_2017030221205599c.jpg

この即席味噌汁は寒稽古の時に重宝しました。外食が続くときにはミネラル補給に手前味噌。常温保存ができて、お湯で溶けば即席スープになり、そのままでもご飯のおかずになる。

こんな芸当ができるのも、味噌がちゃんと発酵したものだからです。

かびパラダイスに怯まず、家の菌環境を整えて、お味噌を作って毎日食べたらどれだけ健康に良いかわかりません。

お味噌といえば、今日こんな記事を読みました。

長崎で被爆した秋月先生とそのチームや患者さんたちが、たまたま避難していた蔵の中にあった味噌と玄米を食べていたら原爆症になった人がいなかった、と言う話から味噌の効用について。一日に味噌汁二杯飲んでればいいんだって。

http://lrandcom.com/mini/miso

うちの味噌も2011年に仕込んだものはいよいよ終わり。次は海人の藻塩で仕込んだ麦麹のお味噌です。

麹を変えたり、豆を変えたり、塩を変えたり、麹と豆の配合を変えたり、仕込むたびに楽しみます。

そうそう。同じ時に仕込んだ味噌も、ホーロー容器で寝かしたものと陶器の甕で寝かしたものでは、陶器の方が味にコクがあるんですよ。陶器の小さい隙間に菌たちが住んでるんですね。

善玉も悪玉も、いろいろいらっしゃって、悪い菌だからと嫌わずに、きっと、悪い菌も隠し味になって、人生の味わいを深くしてくれるんだと思うのです。

菌の世界は奥が深く、あまり神経質になると扱いきれるものではありませんが、「みんな違うからみんないい!」の精神でおつきあいしたら、菌たちも大らかにあれこれ醸してくれるのではないかと思います。

今日は生味噌をたくさん食べたからお腹の調子が良いわ。

みなさん、遠いところ貴重な時間をありがとうございました。
次回の予定は3月下旬に相談しようと思います。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月の教室は日程調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

今日も楽しい料理教室〜。

更新を怠けたら、料理教室の日がやってきて、しかも、同じメニュ〜なので同じ料理。

なぜか今回はお話が弾んで弾んで、火星の先まで飛んで行って、大変なことになってしまいまして、面白かったのか、なんなのかよくわかりません。

さて、おしゃべりは置いておいて、お料理。
器を変えてみましたよ。

fc2blog_2017022121351330a.jpg

今回は子供仕様を考えなくてよかったので、ちゃんと最初から手順を変えずに作ったので、一層美味しかったです。

fc2blog_201702212134538ac.jpg

こうなっちゃうと一緒だけど、今日のポロタはなんだかとても美味しかったわ。この手のものはどれくらいの厚さに伸ばすか悩ましいところです。厚すぎても美味しくないし、薄すぎても美味しくない。そんなことも何度かやっているうちに上手になります。

家族がたくさんいてて、全員のぶんを作るのは大変ですが、一人や二人・・・3人くらいまでなら「ご飯ないし〜、じゃ、ルティでも焼くか。ポロタにしようか。」と出来なくもありません。

ちなみさんから長い間借りていたヨガナンダの本の話や、最近読んでいる仏教アップデートの話。経験しないとわからない、形式主義ではない、目には見えない部分のことや、心の扱い方の話など、超オタクな話題で盛り上がったのでした。

料理だってレシピじゃなくて、レシピに書いてないこと、レシピには書き表せないことを伝えるにはやっぱり教室のスタイルで一緒に作って食べてみないと何もわからないのです。
あ、もちろん、レシピを見たら再現できるようにはなってるんだけどね。

そして、おまけの気功。蛾眉内功養生功はトントンと3っつめ、腎臓のケアまで進みました。

なんだかね〜、人生次々と色々なことが起こって、荒波に翻弄されるけれど、荒波がやってこない時には「あ〜、私の人生つまんな〜い」と思っていて、実はそれがどれだけハッピーだかわからずにいたりするわけです。

そうやって考えたら人は安定よりも荒波・幸せよりも不幸が好きなのかもしれませんが、わたしは安定はどうかわからないけど、不幸よりも幸せが好きだわ。

子供も連れ合いも爺さん婆さんも、一緒に暮らす人たちは実際には存在しない“世間並み”の幸せなぞに焦点を合わせず、自身を知って、自分が求める幸せを追求すれば、社会がどんなに変わろうとなんの心配もないんじゃないかしら?と思うのです。

どんなことが起こっても、自分の食べたいものを自分で作れたら大丈夫でしょ。

さて、このクラスでは味噌をやってなかったらしい・・・ということで、次回は味噌!
3月2日の予定です。

今日もみなさま、遠いところ、貴重な時間をありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
3月2日(木) 味噌作り。
週末コースは日程調整中


平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

豆カレーとポロタとペンギンクッキー

今日は楽しい料理教室〜♫

年度末が近づいて生活の変化がある時期、心が乱れることも少なくないけれど、そんな時こそ頭の中の雑念や妄想と自分自身を分けて観察するには良い季節、今日はマインドフルネス、瞑想の方法などについて簡単に説明にながら豆とカリフラワーのカレーにポロタを作りました。

カリフラワーとカボスのカレー。
fc2blog_2017021923383154f.jpg

南アジア料理は酸味と合うものが少なくありません。前に魚とレモンのカレーを作りましたが、今度は野菜バージョン。

fc2blog_20170219233854035.jpg
先月は豆のミートソースをしたけれど、今月はカレー。同じような材料でも国籍が変わるとぜんぜん違うものになるところが面白いです。

そして、ポロタ。折りたたみ方は色々あるけど、お店でよくやる丸めるタイプをやって見ました。家庭料理なので一度折りたたむだけ。

fc2blog_201702192339487ff.jpg


6歳番長は日本の子なので大人と同じ辛さのカレーは無理なので、別に作ってあげたけど、普通に一人前食べるのね〜。
fc2blog_20170219233916aaf.jpg

ベンガル料理の回の時は東京から参加してくれる方が可愛いクッキーを持ってきてくださった。

fc2blog_201702192340081b5.jpg

ペンギン〜。
fc2blog_201702192340305f1.jpg

料理、お茶の後、蛾眉内功養生功を二番目までやりました。

気功は気を操りながら雑念&妄想から離れる技術。座って静かに呼吸と思考を観察する瞑想は子供には難しいけれど、気功だったら魔法使いになる訓練だよ〜と(これは冗談ではなく、本当だ)、気に集中しながら頭や心に湧き上がる思考の嵐も観察する術が小さいうちから身につけられるんじゃないかしら?ま、個性があるから向き不向きはあるだろうけれど。

私はもっと若いうちに雑念&妄想が自分とは違うと知っていたらもっと違う人生を送っていただろうに、と残念に思うのですが、今がそれを知るタイミングだったし、そのことについて知っただけでも良かったなぁ〜と思うのです。

雑念&妄想について書いた記事はこちらです。→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-2707.html

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
2月21日(火)豆のカレー、ポロタ。
3月の週末クラスについては日程調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

豆のミートソースと手打ちのラザニア

今日は楽しい料理教室〜♪。
久しぶりにコーちゃんも来てくれて、天使だね〜、可愛いね〜。喋るようになってまた格別の可愛らしさです。

番長は電車好き、コーちゃんは車好き。子供って色々で面白いですね。
(うちの料理教室は子供お断りです。生まれる子供は大歓迎ですけど。)

メニューは今月の平日コースと一緒ですが、今日は6歳番長がスープの人参と牛蒡を切ってくれました。
素晴らしい集中力で野菜を切る番長、すごいね、こんなことが出来るようになったんだね。
スープをバイタミックスでポタージュにしちゃう時に「あ〜、ドロドロになっちゃう〜」って抵抗したけれど、一生懸命切ってくれた姿がなくなるのは残念だったね。でも、ポタージュになると美味しさも格別でしょ。

fc2blog_20170129204152413.jpg

毎度書くけれど、簡単に炒めて水で煮て作るポタージュ。どうしてこんなに美味しいのかわかりません。野菜だけのスープって本当に細胞が喜ぶような美味しさなのです。作るのも簡単、材料も簡単。寒い時に温かいスープがあるだけで元気になる気がします。

そして、手打ち麺のラザニア。パスタマシーンは推奨しませんが、ラザニアは絶対手打ちに限ります。
この料理は普段の食事にはちょっと面倒ですが、人を呼んだ時や、記念日家ご飯の時には気分が上がる一品です。
ミートソースで作るのもいいですが、豆ソース、「肉なくてもいいやん!」って感じですね。
もちろん、豆を茹でるよりはミンチを買って来る方が簡単ですけど、豆なら買い置きもできますもんね。

fc2blog_20170129204214473.jpg

今日はpupちゃんが春菊を持って来てくれたので、春菊のサラダを添えて。

fc2blog_20170129204229a25.jpg

パスタマシーンで作ると四角い容器に具合がいい。土鍋などで作る場合は麺棒で伸ばした方がいいよね。

休みの日にワイワイと手打ち麺を楽しむのも豊かな日曜日の過ごし方です。来客の時はソースの仕込みを前日にしておいて、ラザニアの組み立てまではお客様がいらっしゃるまでに済ませて、サラダや乾き物を食べているうちにオーブンに入れておけば、良いタイミングでグツグツのラザニアが魔法のように出て来ます。

うーん、やっぱり普段の家庭料理の出番はありそうにないですが、豆ソースや野菜のポタージュはいつでも出番がありそうです。
お料理の付け合わせや、サンドの中身にも使えそうな豆ソースです。

みなさま、今日も遠いところ、貴重な時間をありがとうございました。今日のお料理のどれか一品でもレパートリーに加えていただけると嬉しいです。

寝起きでご機嫌ナナメのコーちゃん、お付き合いありがとうね。
すっかりお兄ちゃんになった番長、ありがとうね。包丁上手になっててびっくりしたよ。

次回は2月19日です。豆料理ついでに豆カレーとポロタを作ります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
2月21日(火)豆のカレー、ポロタ。
2月19日(日)豆のカレー、ポロタ。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

手打ちラザニア

今日は楽しい料理教室〜♪
乾麺のラザニアを茹でてラザニアを作るのはとっても大変何です。
まず麺を茹でるとベロンベロンになる。ベロンベロンで熱い麺を水切りして、くっつかないようにどうにかしないといけない。
そうして、ソースと重ねるのですが、そんなことしてるうちに麺はくっつくし、破れるし・・・

乾麺のラザニアを買うとどれほどの小麦粉が買えるか・・・粉で買えば安いのに。そして、生麺でラザニアを作ると茹でなくてもいい。

手打ちにしない理由がわからない。

ラザニアのソースはまぁ、ミートソースなのですが、豆でミートソースもどきにすると美味しいんだよ。


最近料理にバターを使うようになった。バターの香りをなくさないように、ちょっとした工夫が必要だ。香りを活かすので、高級バターを使うと料理が一段と美味しくなる。

fc2blog_20170119165735a53.jpg

と言うわけで、豆ソースのラザニア。
fc2blog_2017011916571873e.jpg

チーズはレイヤーの中にゴルゴンゾーラ。表面にはマリボー。

付け合わせには先日ブログでご紹介した人参とごぼうのポタージュ。

fc2blog_2017011916561496a.jpg

野菜だけのポタージュは本当に優しい味で、身体の弱っている人や、歯の治療中の人にも喜んでいただけるだろう。ストックも作らない、本当に生の野菜から作るポタージュです。

fc2blog_201701191656419ba.jpg

ラザニアを普段の晩ご飯に作ったりはしないでしょうけれど、ソースを前日に作っておいて、麺を打って耐熱容器にラザニアを組み立てて、食事に時間にオーブンで焼けばいいのだから、誕生日やおもてなしなどちょっと特別な時には気分の上がるメインディッシュになると思います。

今日は久しぶりにCさんが来てくれて、積もる話をしているうちにズルズルと時間が長くなって、わたしが時間に追われる雑用をしているうちに解散となってしまい、お見送りできなくて失礼いたしました。

そして、最近の恒例、料理教室付属、気功の練習。今日は蛾眉内功養生功の二番目まで進みました。次は天の気を取り入れます。

豆美味しいね、と言うことで、来月は豆カレーを予定しております。
日程はまた月末にみなさんの予定を合わせます。

みなさん、今日も遠いところ、貴重なお時間をありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月29日(日)ラザニア
2月平日コースは日程調整中。


平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。