酒粕パック

そういえば、スキンケアについてブログでほとんど触れたことがなかったけど、青泥食べてたらスキンケア研究しなくても問題が起こらないからそっち方面は全然疎いのです。

ちなみに、私は基礎化粧品は使わないし、日焼け止めも最近は塗らないし、ポイントメイクはするけれど、ファンデは使わない。お化粧を落とすのも洗顔用にず〜っと使っているピュアビで洗うだけ。

ピュアビってのはこれのことです。



これで洗ってそのまんま〜。

4月の末に陶芸家のたこさんとお会いした時、たこさんのお肌がものすご〜くスベスベで、磁器のように見えたのです。小じわもなければ、肌荒れもないし、毛穴も見えない。

どぉ〜したの?とお聞きしたら、

「酒粕パック」とおっしゃった。たこさんも化粧品使わない方で、石鹸などもお使いにならないそうです。

酒粕かぁ〜、そのうちやってみよう!と思っていたら、家に酒粕がやってきた。

fc2blog_2017060822370976a.jpg

伏見の純米酒。顔に塗るのはちょっと勿体無いような、勿体無くないような・・・

fc2blog_201706082237251a5.jpg

水を足して、すり鉢で擦ってパックを作成。朝から酒の匂いが漂う台所〜。

顔に塗って、カピカピになる前に洗うんだそうで、体温で乾いてきちゃうので、5分もパックしません。

一週間ぶんくらい作って瓶に入れて冷蔵庫に入れておいたらいいんだな。
パックを塗る前に髪をきちんと留めるか、ヘアバンドで始末しておかないといけませんが、パックを作っておけば塗って放置して洗うだけなので簡単です。

そして、顔を洗った後のツベツベ感が素晴らしい。顔に塗るついでに手にも塗ってね、日本酒ってお肌にいいんだよな〜と改めて思いました。
たこさんの酒粕パックの記事はこちら→
瞼かぁ〜瞼には塗ってないけど、塗ってみよう。

たこさんがブログでご紹介してくださった酒粕パックのサイト。
http://style-knowledge.com/sakelees/

高いプラセンタとか必要ない。本当に良いものはお金掛からない。神様は公平だなぁ〜と改めて思った酒粕パックでした。

アルコールアレルギーの反応が出るまで続けてみようと思います。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
六月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「腹が据わる」ということ

先日みた映画
fc2blog_2017031621024435a.jpg

でセリの場面が何度も出てくるのだけど、アサッテの方を向いて指で合図を出して競る。
マグロなんか「高級車一台分」というから、一千万とか、そんな商い。
それを電話で本社と相談とかせずに、一人で決める。品定めから値段までひとりで決める。仕事とはいえ大変な商売だ。

セリの場面を見ていて思った。

「この人たち、丹田に気が降りていて、腹が据わっている!!」

ぐちゃぐちゃと迷う時って大抵気が頭に上がっていてお腹はふにゃふにゃになっている。
えいや!って決断するときは気が丹田に落ちて、気持ちも落ち着いている。

そんなことがわかるようになったのも、気功なんかをかじって気が落ちる感覚を知ったからだと思うのです。
気功をやってるところを人に診てもらったら、「おぉ、よぉ落ちてる落ちてる」と言われるのですが、それは“気が落ちてる”という意味で、実際気の落ちた状態で後ろから抱き上げられても体が持ち上がらないのです。

でね〜、気が丹田に集まるのが先か、決断するのが先か?というと、気を腹に落とすのが先なのね。気が落ちてないと決断できないから、自分が魚屋さんになった時に何を買ったらいいかもわからないし、いくらまで競ったらいいかもわからない。

そういえば、日本は定価がデフォルトだから自分が欲しいものに「いくらまで出すか?」と考える場面は少ないけど、ネットオークションなんかに手を染めて、ライバルが現われたりすると、どこまで競るか、幾らまで出して買いたいか、を決めないといかん。

「え〜ん、欲しいよ〜〜」と欲しい気持ちに引っ張られたり、「負けてたまるか!」とつまらない意地を張ったりするとヒートアップしてしまう時がありますが、そんなときは大体お腹ふにゃふにゃになってる。

丹田に気を貯める、ってものすごく抽象的な事のように思っていたけれど、これ、全然抽象的でもなんでもなくて、本当にそうだ、というのが最近わかってきたのでした。

腹に気を貯めるには、気功、合気道などあまり闘争的でない武道、舞踊、声楽などが素人や子供にもわかりやすく気が落ちるんじゃないかと思います。

本当にね、子供の頃からこういうことが分かっていたら全然違ったと思うのよ。
何事も腹が据わらないと大成しないとは思うのですが、日常の様々な事柄も腹が据わってるかどうかで全然違うと思うの。

昔の人は普通に腹が据わってたんだろうねえ。

迷いが多いのは丹田に気が降りてないから。
丹田に気を集めたら迷いも消える。
迷いがあるから不安、心配があって、頭の中もぐちゃぐちゃ。家の中もぐちゃぐちゃ。荷物も多い。

というわけで、お子さんの情操教育に是非丹田に気が溜まる系のお稽古をひとつご検討ください。結果はすごいと思います。
日本舞踊なんかお金が掛かるけど、合気道だったらそれほどお金かからない。子供の太極拳とかあるのかしら?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月の教室は日程調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

風邪引きらしいので、柿茶で断食。

夜中から妙にのどに絡む咳。
のども痛いし、体も寒い〜。これ、風邪かしら?実家に行こうと思ってたのに無理かしらん?

ちょうど断食の金曜日だし、ビタミンCサプリな柿茶をたくさん飲んで断食することにした。

fc2blog_2017012019353351d.jpg

柿の葉茶のビタミンCは熱にも強いんだそうで、風邪には天然のビタミンC。ついでに温かい柿茶でのどを潤し身体を温める。

昼過ぎまで身体が寒いし、喉の違和感も続いていて、何もやる気がしない。眠い。
(不調になったらただひたすらに寝られるタイプ。)

考え事などしながらダラダラと柿茶を飲んではトイレに行く。

3時を過ぎたあたりから身体も温かくなって来て、夕食に大根を昆布出汁で炊いたものを作る。断食明けの水煮の大根みたいなものです。連れ合いの夕食も支度をしているうちに喉の違和感もなくなり、体調も普通になってくる。

休むことも大事だし、断食をして身体を休ませ、水分をたっぷりとって、身体の中を洗い流すのはとても効果があるのだなぁ〜と思った久々の不調でした。

夕方からまたボタボタの雪。せっかく溶けたと思ったのに、また雪です。
皆様もどうか温かくしてお過ごしください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月29日(日)ラザニア
2月平日コースは日程調整中。内容は豆のカレーなど、またベンガル料理かな?


平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

久しぶりの吸い玉。

プチ断食を二日続けてしたからか、はたまた連続大地震のせいか・・・

背中が痛くて、首を回したら腰までズッキーンとくるような痛さ。あんまりこんな痛みはないなぁ、運動不足かなぁ?断食したからかしら?参ったなぁ〜と参っていた。

いや〜、からだって何ともない時は何も思わないのに、不具合があるとほんとうに存在感がありますね。

これはいよいよもうしんどい、どうにかしたい!と思って、ふと吸い玉のセットがあることを思い出した。
吸い玉って家庭で手軽にできる、副作用の心配もないし、難しい理論とか、技術とかいらない療法なのです。数回整体やマッサージに行くお値段で一式買えて、一度買ったらず〜っと使える経済性も素晴らしい。
ずいぶん昔にこんな記事も書いていて、一時の熱狂が伝わってきます。→吸い玉!

そうそう、こんな時こそ吸い玉の出番だ!と連れ合いにお願いして背中につけてもらった。
スポーツクラブを変わって、新しいクラブで背中をボコボコに水玉模様にしてるのはいかがなものか、と思って遠慮したのですが、シリコン製のカッピンググッズが売られてるらしく、一部の人たちの間でサウナでカッピングをするのが流行っているようで、水玉模様の人たちがウロウロするようになったのも良かったのかもしれません。

座ってやるか、寝てやるか、と聞かれて座ってやってもらいました。寝てたらなーんにもできないけど、座ってたら手とか、膝とか、スネとかに自分でカッピングできるもん。

そういえば、最近左の膝も違和感あるのよね〜。背中も左側が痛いしさぁ。前は右側が悪かったように思うけど、最近は左が悪い、と左の脚やら腕やら手のひらやらに吸い玉をつけて遊んでいた。

手の甲を吸うとすごく気持ち良いので、右手の甲も吸ってみたら・・・

fc2blog_20160417221733d50.jpg

あっちゃぁ〜、やっちまった。気持ちよくて吸ったままにしていたら、赤くなってしまった。

だいたい血流の悪いところに色がつくようで、血の巡りに問題がなかったらカップをつけてる時間に関わらず色がでないんだそうです。また、からだが悪すぎると色も出ないという話しもあります。

素晴らしいことに、あんなに痛かった背中や、違和感のあった膝、翌日にはずいぶん楽になって、吸い玉の威力を感じたのでした。

それにしても、地震は収まる気配を見せず、揺れっぱなしの熊本から大分の方のことは心配でなりませんが、こんなに揺れてるのに中央構造線の上の最新鋭の技術の塊の絶対安全なアレ、止めないんですね。愛国心のない人たちはもしかして絶対安全を信じてるんでしょうか?カルトですな。

小さいお子さんのいる方、まだ若くて人生に詰まってないかた、パスポートの準備をして、定期預金の解約や株の売却をして備えたほうがいいかもしれません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
火曜日は日程は月末に決まります。台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ん?得意の食事療法はどうなったの?

父が末期ガンだとわかったわたしは温亀を特製の袋と一緒にプレゼントしただけで、断食しに行こうとか、青泥食べようとか一切言ってません。
弟は「いきいき酵素くん持って行ってジュース飲んでもらう」とか、いろいろ言ってたけれど、さて、どうだろう?

父は医者で、若いころ西勝造先生にも何度か会ったこともあって、趣味で断食(タバコ吸いながら)やったりしていたので、甲田療法のようなことはよ〜く知っている。そして、大嫌い。ついでに丸山ワクチンも大嫌い。「何人もな、患者に頼まれて打ったけどな、みな死によったで」(翻訳:何人もの患者さんに頼まれて施術したけれど、残念ながらみなさまお亡くなりになってしまって効果はみとめられませんでした)

そもそも本人は手のつけようがないガンだということがわかってちょっと安心している気配がある。たぶん、ボケや脳梗塞で寝たきりにならずに済みそうだと安心したのかもしれない。
母のほうがアワアワしている。

肝臓もガンなので抗がん剤はできないし、あちこち転移してるので(そもそもどこが始まりだかもわからない)手術も無理。父は医者だからこそ医療の限界も医者ができることの限界も良くわかっているのだと思う。父の様子を見ていると、「医者は絶対抗がん剤治療はしない」という都市伝説は本当のような気がする。まぁ、80過ぎてるから、がんばって治療しましょう、というドクターもいないわけです。

わたしはここ10年くらい熱心に食事療法のことなど勉強したり、実践したりしていて良くわかったことがある。

どんな人生もその人が選んだ人生で、何をどう食べるかもその人の人生なんだ。

ということ。もちろん、添加物も甘味料もホの字もなーんにも気にせずに食べて「ああ、こんなことになるなんて知らなかった」では困るけれど、いろいろ試して知った上での選択だったら本人の意思が大事だと思うのです。

それを教えてくれたのもかっちゃん。彼には断食も食養生も蜂療法も鍼も指導、施術できる鍼灸師の友達がいるのに、「好きなものも食わないのは嫌だ」と代替療法はまったく興味もなくやらなかったのです。

最後になってわたしがあげた麦若葉など飲んでいたみたいだけれど、気休めだ。

西式甲田療法の本をたくさん読んだらガンを治すのは大変なことだってことがわかります。甲田先生でさえ手術してから断食してほしいと思ってたみたいで、「ガンはほんとうに難しい病気です」とよく書いてらっしゃる。

多分、食事療法ってのは病気にならないために日常生活に取り入れる生活習慣で、病気を治すというよりも、病気にならないための方法だ、というくらいのおつきあいがいいんだと思います。

で、末期ガンの父ですが、青汁の粉末を牛乳に溶いて飲んだりしていて、「それは違う!」と叫びそうになりますが、栄養が足りないほうが恐ろしい世代の人なので仕方がないことなのでしょう。

本人が良いと思ってやることが一番いいのでしょう。だいたい人のいうことなど聞く人じゃありませんから、アレコレ心配して口出ししても「素人はだまっとれ!お前は医学の勉強をしたのか!」とドヤされるのが関の山です。

fc2blog_201511062055424ec.jpg

何を食べるか、ってのはきっととってもパーソナルなことなのよ。最近は青泥をこのグラスに一杯、お昼ご飯の前に食べるだけ。ガンガンに生菜食をやってた時のキレはないけど、今のほうが付き合いやすいと思います。たぶん。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月15日 (日) 簡単参鶏湯。
11月17日 (火) バインミー。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


ダイエットの進捗。

タケノコを食べ過ぎてすっかり太ってしまったアタクシ、着物だったら少々膨れてもカバーしてくれるのでつい油断してしまいます。バングラデシュの民族衣装なんて、マタニティーウェアの代用になるくらいですから、もっと危険です。

そういえば、50代後半でもまだ25歳くらいの体型を保っているファッションデザイナーの神谷さんはいつもタイトなパンツをスッキリと履いてらっしゃる。キツそうだなぁ、と思うのだけど、ご本人は「これ、大事なことなのよ、ここで楽しちゃダメなんだよ」と視線をそらしてボソボソと言っておられた。お優しい方なので「そんな楽な格好してるから身体も緩むんだよ、しっかりしろ!」とは直接おっしゃらないけど、本当は「メンテナンスしなさいよ」とバシっと言いたいのをこらえておられたのだろう。

だけどさぁ、窮屈なのは嫌なんだもの。

細々とダイエット続いてます。ローフードやってたので我慢しないダイエット、得意ですよ。

fc2blog_201506112243120dc.jpg

大根パスタのロートマトソース。そろそろズッキーニも出回っているのでズッキーニヌードルもいい。

タケノコで太ったぶんはもう挽回したんだけれど、ここにきてまた足踏み状態。そろそろ断食を取り入れると良い頃なんだけど、断食する気にまだならない。

体操は続いているので体側が締まっている。体操で鍛えたところは体操を怠けると霜降りの美味しそうなお肉になってしまう。

基本は青泥だけど、大根おろしもよく食べます。わたしの場合お昼に卵ひとつとかちょっとタンパク質を食べておくと夕方の魔の時間にオヤツに手を伸ばさずに済みます。ダイエット中なので、お昼に食べ過ぎて苦しいということもなく快適です(つぅか、子供じゃないんだから、そんなに食べるなよ!という感じ)。

最近追加しているのが発芽玄米を種にして作る豆乳ヨーグルト。

fc2blog_201506142243192b4.jpg

発酵モノは発酵だか腐敗だかよくわからない使っている豆乳はかなり濃い感じのものなので、出来上がった豆乳ヨーグルトはやや酸っぱくなった豆腐みたいな味でちょっとビミョー。

甲田療法では発酵モノは腸の刺激になってよろしくないというけれど、病気じゃないので腸まで届く乳酸菌に活躍してもらおう、豆腐の代わりに豆乳ヨーグルト、というわけです。

腸内細菌に状態を良くするために納豆も食べている。納豆と大根と山芋をミキサーにかけたものを麺や糸こんにゃくに絡めて食べたり、なんてこともやってます。糸こんにゃくで食べてると、がっつりダイエットの人みたいな気分になります。こんにゃくっていいですよねえ。お腹もあまり空きません。

こんなことで、まだまだ想念は食べることばかり考えていて断食まで至らないのだけど、来週は1日断食(朝昼抜いて夜食べる)をやってみよう。やったらわりと簡単に出来るってもんですし、宣言しておくとやりやすい。
というわけで、お仲間募集中。そうだなぁ、火曜日にしようかな。
朝昼抜きのプチ断食しませんか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月21日 (日) 背腹運動、生菜食
6月23日 (火) ピタ、フムス、シュニッツェル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

ホメオスタシス

昨日はパンの仕込みのために早起きしたからなのか、眠くて眠くてしょうがなく、晩ごはんをたべてからとっとと寝てしまいました。

背腹運動を初めたから身体がすこしづつ変わりつつあるのかもしれません。食べる方は劇的には減ってないけど多少減ってると思いますがまだ目に見えるような結果にはなってません(当たり前だ。)

ホメオスタシスというのがあって、身体は少々食べ物が変わったところで元の状態でいたがるのです。だから旅行とかで一時的に体重が増えても、病気で一時的に体重が減ってもまた元の生活に戻ると戻るわけです。

わたしが4年前の3月のショックで青泥やローフードを熱心に食べるのを止めてしまってからも半年くらい身体も体重もかわらなくて、ずーっとこのままなのか?と思ったのはおお甘納豆だったわけですが、半年くらいはホメオスタシスが効いているというのを実感しました。

ダイエットが失敗するのは、痩せたら嬉しくなって生活が元に戻ってしまってホメオスタシスによって体重も元にもどっちゃう、というところじゃないか?と思っています。

ということは・・・半年かけて食生活などを変えて、その生活をずーっとキープしないといけないわけで、ダイエットを始めて一週間で結果が見えて来るなんてことも期待しちゃいけないわけです。いや、それほど頑張ってないんだけどね。

身体の中では徐々に変化が起こっているようで、それはお通じが変わってきたなというのでわかります。そのうちに睡眠時間が減ってきたり、妙に元気だったり、家の中を片付け始めたり、一日断食が普通にできるようになったり、となることでしょう。

なんだかお天気が暑かったり寒くなったりで最後のセーターさんたちの洗濯をちょっと躊躇してるけど、明日あたりはもう洗ってしまおう。

紡いでより止めをした糸を綛(かせ)に上げたり、ボビンに巻いたままだった糸を綛に上げて片付けたりして次の織物の準備も着々。
そろそろ髪も切りに行かなきゃな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月21日 (日) 背腹運動、生菜食
6月23日 (火) ピタ、フムス、シュニッツェル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

青物中毒が治っててよかったと思う。

日本にいたらなんとも思わないだろうけれど、菜っ葉を生でワシワシと食べられる地域というのは世界的にそれほど多くない。水に恵まれたラッキーな地域だけに許される贅沢なのです。

バングラデシュで菜っ葉の生をワシワシ食べようと思ったら、まずは水道水で洗って、次にフィルターを通した水でリンスしてから食べないとお腹壊します。青泥の菜っ葉250gなんて準備するだけでも大変。

一時期生菜食など熱心にしていた頃は粉末青汁を持参して常にグリーンの補給に務めていたものです。タイに半年いた時も半年分の青汁の粉を持参したものでした。

なんだかなぁ、旅行の荷物が増えるってのはスマートじゃないのよね、という忸怩たる気持ちがしたものでした。

青物中毒が治ったなと思ったのは、座禅断食会に参加してから。この断食の回復食は生野菜も食べるけれど加熱のものもたくさん食べるのです。断食があけてからまた青泥食べてもよかったんだけれど、なんだか憑き物が落ちたように青泥を食べなくても体に違和感がなくなったのです。

「ああ、これでまた海外長期滞在できるな」と感じたことを覚えています。青汁、青泥、グリーンスムージーは本当に素晴らしいけれど、どこでも手に入るわけじゃない贅沢な食べ物なんですもの。

というわけで、青泥食べてないし、乳製品をよく食べてますが、生の菜っ葉への渇望みたいなのはあまり起こりません。

fc2blog_20150228134537251.jpg
バナナとパパイヤ(甘くもなんともない)とヨーグルト。

ブログやFBでグリーンジュースの写真などを見ると、あの細胞に染み渡る感じを思い出して羨ましい気持ちがするけれど、手に入らないところではあるもので生活出来る、というのも嬉しい事だなぁ、やっぱり日頃の健康管理が大事なんだなぁ(病気になって青汁で治療なんてことになったら青汁なしでは暮らせませんもの!)と思うのでした。

昨日は久しぶりに日本人の友人に誘ってもらってコリアンレストランであれこれたくさん食べて、たくさん日本語喋って、大笑いしたのでした。楽しい時間をありがとう。Tさん、車使わせてくれてありがとう。また迎えに来てください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

西洋医学とどう付き合うか。

食養生までいかなくても、健康にいい食事とか、体操とか、美容法などをやっていると、西洋医学の問題点も見えて来るというもので、断固医者には行かない!というツワモノから、なるべく行かないという人まで様々ですが、現代医学と代替療法のバランスなどはいつも考えさせられるところだと思います。

わたしは父親が医者なので、お医者に出来ることと出来ないことをわりと客観的に知っているように思います。父は西洋医学大好き、お薬大好き、科学大好きな人で、子供のころからちょっとでも体調がおかしいと(便秘という病気はないので、便秘は問題にされない)すぐに薬だった。

薬を飲まなくても風邪が治るどころか、薬を飲んだら身体がおかしくなることを大人になってから経験して、子供のころからの経験は一体何だったんだ!と衝撃を受けたので、絶対に医者に行かないわけじゃないけれど、医者に行ったら何をされるか、医者に何ができるかを考えて、病院に行くか行かないかの判断をします。

たとえば、怪我など切った張ったは西洋医学の得意分野なので、行くという判断になります。最近(といっても3年くらい前)ではイボ取りしてもらいました。イボとか、シミとか、脱毛とかは西洋医学進んでます。

関節痛など整形の病気の場合、やっぱり病院には行かないなぁ。湿布もらったり、なんかわからない注射されたり、あまり良くなったことがないのです。レントゲンもとられるので、レントゲンで被曝することと、不具合を天秤にかけます。

内科婦人科の病気の場合、生活習慣からくるものは食養生の得意分野なので、食養生をしばらくやってみて、調子がいよいよ悪ければ検査。検査の結果によってどこまで西洋医学に頼って、その先どうするかは一応考えたり、相談相手を見繕っておいたりする。

皮膚の病気は・・・食養生の得意分野ですが、自然療法では時間が掛かるので、そんな時西洋医学は便利です。ステロイドってほんと、よく効くのでつい頼りたくなるのが怖いところですが、必要に応じて上手に使うのは悪くないものです。

事柄が自分のことだったらどうでもいいのですが、小さい子供だったりするとドキドキしてしまうものです。予防注射なんていうお節介もあるし、子供になにかあったらどうしよう、と思うのは当たり前のことですが、カサカサのなかった子がカサカサになったら、やっぱり食べ物がどこかで変わったのが原因で、元に戻せばカサカサは改善するはずです。

カサカサが心配でお医者に行ったらアレルギーテストをして、塗り薬(たいていステロイド入りで効果抜群!)もらって、「◯◯と△は外してください」などと言われてあら大変!何を食べたらいいの?!となるものです。

皮膚に関しては、この記事→やこの記事→☆☆や続きのこの記事→☆☆☆を読んでみてください。懐かしいなぁ、4歳番長がまだ赤ちゃんだったころの記事だわ。

赤ちゃんだった番長もすっかり子供に育って、わんぱくで大変ですが、ご飯を良く食べるいい子で、アトピーも出なくなって、幼稚園の給食やおやつを食べても大丈夫な身体に育って、この子を見ていると、乳児の間のお母さんの食生活とか、離乳食の内容って本当に大事だなぁ、と思うのでした。

何食べさせてたかって?番長は離乳食にハードコアな甲田療法の青泥を食べていたのよ。

食養生を趣味にしていて最近思うことは、必要なものはぜんぶ自分の身体の中にあるんじゃないか?ということです。体調が悪ければ食べずに寝ている。皮膚がかゆい時は洗わずに、食べ物を減らして水分を取ってデトックスする。身体がおかしい時は自分の中心に戻るようにして、そんな時間に余裕のない時、自分じゃ判断つかないけれど、妙に嫌な感じがする時だけ西洋医学の助けを借りる、というスタンスが良いのではないか、と思います。

大人の病気は・・・誰だって最後は死ぬんだから、好きな物を食べて、家族を大事にして、自由にすればいいと思います。わたしは長生きしたいとはちっとも思わないので、ガンで死ねたら本望だわ。治療はきっとしないけど、痛いのは嫌だから、ペインコントロールはお願いしようと思います。(鎮痛剤がまた便秘になるらしい。)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月3日 (火) オイスターチャウダー
2月1日 (日) ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

発熱の後で変わったこと色々。

それにしてもこんな本格的な発熱は久しぶりでした。
体温測った時に8度超えていたのだけれど、車の中でも厚着していた時はもっと高かったかもしれない。だいたい普段体験しないような関節の痛みや軋みがあったので、これはインフルエンザだな、と思った。

実家にいるうちに体調がおかしくならなくて良かった。家だったらタミフル打たれてせっかくの熱が台無しになるところだった。

さて、その熱の効用じゃなくて、風邪の効用です。

体温も戻り始めて頭痛もするのでコーヒーを再開したけれど、クリームや砂糖を入れる気にならずブラックで飲んだコーヒーが美味しくて、それ以来また朝のコーヒーがブラックになりました。

体の歪みのほうですが、このところ悪化していた股関節が若干回復。小食にしてるので身体が柔らかくなっていることも関係あるかもしれませんが、股関節の可動域がちょっと増えて動きやすくなった感じです。

まだちょっとふらつく感じはするけれど、今日はもうちゃんと着物に着替えて普通に過ごしていたら、年末(どころかお片づけブームからも取り残されていた)台所の棚の整理をし始めて、慌てて着物を木綿に着替えて台所の整理をしていたのでした。

ごちゃごちゃだった棚がちょっとスッキリ使いやすくなりましたが、物が減ったというほどは捨てられなかったわ。

断食中に掃除を始めるのはよくありますが、病み上がりに掃除を始めたのは初めてで、これはなかなか良い風邪が引けたなぁ、と嬉しい年明けなのでした。

fc2blog_2015010721341770e.jpg

だんだん食べるものも普通になってきたけれど、青泥はまだ続いている。この日は白菜と凍み豆腐の生姜鍋を菊の助さんのカボスを絞って頂く。アクセントに塩鮭の頭。夫はこれにお餅。正月明けなのにずっとあっさり料理ばかりで申し訳ない。

菊の助さんのカボス、体調のいい時はただ便利に使えるカボスですが、こうやってたまに身体が弱ると本当にカボスの成分、香り、エネルギーがどれほど身体を癒し力をあたえてくれるものかよくわかります。今シーズンの販売は終わりましたが、分けてもらったカボスは常に状態を見ながら弱ったものから使っていけば3月くらいまで使えるのです。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
1月18日(日) 汁クイティオ
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。