修行に行ってました。

え〜、これは趣味かな?趣味ってことにしておこう。

台北親孝行旅行の記事も終わらないうちに、春の修行に出かけていて、またブログの更新が滞ってしまいました。

春の修行は中止になりそうだったけど、なんとか開催に漕ぎ着けたとかで、参加者も少なく(ぎゅーぎゅーじゃない、という程度)、プログラムもゆったりしたもので、春だしうららか〜なハズなのに、うららかなのは初日だけで、あとは寒稽古並みの寒さとなりました。
でも、寒稽古並みの装備を持参してたので、その辺は大丈夫。

この伝統武道は自宅研修ってのがうちの場合できなくて、道場に行けた時だけ練習できる、というもので、なかなか上達しないのですが、お点前?を覚えたので、お点前の一つ一つを確認しながら丁寧にやる、ということができるようになってきました。

え〜、確認しながらできる、ということは、どういうことかというと・・・
コーして、あ〜して、次はえ〜・・これやったかな?んでまた、ここをこーして、こっちにこーして・・・

大体の流れができるようになったら、細部。指の位置とか、角度とか。
え〜、ここで親指はこうで〜、人差し指がこう。んで、右手の親指がこうで〜、中指でこーして〜、しっかり握って〜、左の親指が〜、右の親指は〜・・・
んで、身体の真ん中でえ〜、
ここで一旦止まって〜。
あれ?なんか抜かした?

ってなことをやっていると全然ダメなわけです。一つの動作をしながら「え〜、次はぁ〜」と考えてるので、動作に集中していない、
つまり、「今にいない」わけです。

それが、やっと今やっている動作のなかに居られるようになったというか、動作をしながら次のことを考えなくなったんだな。

次のことを考えてるだけじゃなくて、わたしの暴走気味の脳はいろんなことを次から次へと考えている。

考えてることに気がついて、意識を動作に戻す。そうしているうちにまたすぐ考えてる。雑念が限りなく湧いてきて、雑念の中に入り込んでしまったりしている。

あ〜、この暴走する脳、どうしたらええねん!そうだ。考えられないようにしたらいいんだ。念仏でも唱えよう。

念仏、南無妙法蓮華経でも、南無阿弥陀仏、オームオームとか、ジャイ・グル・デヴァ(先生・神様、万歳!みたいな意味)でもなんでもいいのですが、場所柄やっぱり南無阿弥陀仏か。

次々と湧いてくる雑念、妄念を阿弥陀仏さまのお力を借りて抑えてもらおう、というわけです。

念仏は効果があって、あ、また意識が逃げ出していろんなこと考えてる、と気づけば念仏を頭の中で唱えたら他の考えはとりあえず鎮まって、目の前の動作に集中できる。いや、これ、集中してるって言っていいのかな?

ついでに、人がすくない、時間的にもゆったりした合宿だったので、テクニカルなことを丁寧にアドバイスしてくださる門人の方がおられて、その方のアドバイスはとても効果があって、夏修行以来懸案となり、トラウマになっていた問題も解決したような感じです。

この新しい習い事、型がひと通りできるようになるまでは練習が必要だと師範もおっしゃられてまして、そっから先がいよいよ本番なんだそうで、いや〜、先は遠い。

この道を進んで行く前に自分の寿命が尽きるんじゃなかろうか?
向いてないなら今のうちにハッキリ言って欲しいよ、と泣き言を言ってたら、

「だって、明日死ぬかもしれないじゃないの。それまでにちょっとでも進んでいればいいじゃない」
 とわたしより年配の方がおっしゃられて、それもそうだな、と思ったのでした。

確かにね、明日死ぬかもしれないもの。今しか存在していないのだから、今縁のあることをする以外にはないもないのだな、と思うのでした。

fc2blog_2018032221450086d.jpg

新しく開かれるヨーロッパの某道場のための幕を縫う作務。ここの人たちがやることは何事も心がこもっている。
この幕を受け取ったヨーロッパの門人の方がこの縫い目をご覧になるのだなぁ。

伝統武道の枠を超えて遠いところまで連れて行ってくれる(らしい)この道、ちょっとでもその香りを嗅ぐことができる日が来るのかしら?


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
3月25日(日)ジャークチキン・アイタルシチュー
3月29日(木)春野菜の料理。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

さようなら&こんにちは。

まさか、連れ合いの車が先に買い替えになるとは思わなかった。
年末からラジエーターのサブタンクが割れて付け替えになったのは仕方がないとして、コンピューターのエラーが出て、走りが怪しくなってきたのだ。

コンピューターを交換したら50万円。それでもまた同じ不具合が出ないとは限らない。他にもメインコンピューターもちょっとイカれていて、こっちも一緒に直したら100万円コース。

車に乗っていたら修理代は覚悟の上だけど、こうなったら車両の買い替えも視野に入ってきてしまう。

どうするのかな、と思っていたら、割とあっさり買い替えコースになった。
しかしねえ、予定してない大きな出費になるよ。もちろん新車なんてことはないので、手が出る値段で認定中古車を探すことになったのです。

趣味とは何かとお金が掛かるのであります。


まぁ、予算も車も彼が選ぶんだけどさあ、やれ試乗だなんだという時にはわたしも出動しないといけない。
そうこうするうちに彼の車はますます具合が悪くなり、結局最後は納車までなだめながら乗ってる感じになった。
ああ、もう寿命でおられたのね。長いことありがとう。

fc2blog_2018021921351044d.jpg

車と一緒にキーを渡す。

新しい車は一回り大きくて、なんだかよくわからない機能がたくさんついている。一通り説明を聞いたけど、結局は「これなんやろ?」と思っては取扱説明書を読んで見ることになるんだけれど、連れ合いは活字中毒のくせに自動車の取説だけは絶対に読まない、という変な人だ。

あ〜、なんて面倒なやつなんだ。この人にこの機能は絶対必要ないよな、というような機能のために高い車に乗る気が知れないよ。車のことを考えたら、彼がいかに不条理な人であるか、ということが良くわかるような気がします。

さて、わたしの車の方ですが、御歳30歳くらいになられるのではないでしょうか?機械なので部品さえ変えればいつまでも走りそうですが、最近、車体がミシミシぎしぎしと音を立てるのでございます。

あと3年。3年は走ってくれ〜、そう出ないと買い替え費用がありません。

というわけで、連れ合いの車がやってきました。
こんにちは、どうぞよろしくお願いいたします。

fc2blog_20180219214010fd1.jpg


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
2月22日(木)ベンガル料理
3月25日(日)南インド料理

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

久しぶりの某伝統武道のお稽古。

えっと、これは趣味カテだったっけ、ボディーワークじゃないから、やっぱり趣味かな?

すごく気楽に寒稽古に誘われて、ちょいと珍しいところに旅行に出掛ける感じで「は〜い」と足を突っ込んでしまった某伝統武道、道場は片道250キロ離れているので、そうそう参加できず、すぐ近くの島根で稽古があった時には風邪引きで参加叶わず・・・10月の会(稽古とは違うセレモニー)に出たきりで練習もできず・・・年末年始のセレモニーは、練習もできないのにセレモニーばかり出るのも如何なものか、と言う忸怩たる思いもあり・・・

3ヶ月ぶりの参加となりました。

お点前というか、舞いのようなものはさすがに忘れてなかったけれど、身体がついていきません。あれ?こんなに重かったっけ?内面の力が出てない?

おかしいなぁ、スロージョギングとパワープレートで鍛えてるのに、これ、こんなに力がいったっけ?

稽古の前に何回か練習して、いやはや、泥縄もいいところだけれど、ゼロよりはマシだ。やっとお点前を覚えたので、テクニカルな疑問があれこれ湧いてきた。

門人の方にお聞きしてみたら、師範と違うことをおっしゃるも、「ここをこう、肘でね、肘から動かして・・・手で動いてる。もっと肘をこうね、そうそう・・・肘でね。  あ、また手で動いてる」

ってさぁ、なんで肘から動いてるとか、手で動いてるとかわかるのか、さっぱりわからないんですけど・・・


稽古の後に学習会というのがあって、師範に質問できるので、聞いてみたら・・・

「そこは自分で見つけていかないといけないんです」

そ、そうか・・・

一番最初にゴムで練習したのですが、お点前を覚えるためだと思ってたけど、なんでゴムで練習するのかが腑に落ちました。
今日から毎日ゴムで練習します。

来月はまた寒稽古合宿。一年経って変化があったのか?といえば、この人生でこんなものを触ると想像もしなかった世界に足を踏み込んで、すごい変化でした。

肘から動く・・・・わからん。

fc2blog_20180107222212669.jpg

帰り道、福山で鯛のづけ丼。連休の真ん中なので、家族連れが多い。
片道250キロ運転して、稽古を受けて、作務とかして、また運転して帰ってくるのですがあまり疲れないのは、某伝統武道は余分なことをごちゃごちゃ考えないからか、道場がパワースポットだからか、よくわかりませんが、不思議です。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月21日(日)お出汁とか、おでんをしようかと思います。
1月25日(木)白菜と椎茸の油炊きなどマクロビっぽい料理。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

某伝統武道のお稽古は芳しくなく、夜の部で盛り上がる。

某伝統武道は・・・合宿は短いものを含めても年3回で、日頃は月数回の師範からの稽古が受けられるだけで、自分でコツコツと練習してるのかしら?

私は道具もないので、日々の努力がなにもなく、練習をしてないから稽古に行っても捗々しくなくて、大変に残念。せめて師範からお稽古をつけてもらう前日にでも道場で練習できればいいんだろうが、そうはいかないところが残念。

う〜む、練習できないのは辛いが、練習できる環境だったのして、練習するのか?と言われると・・・きっとしないだろうなぁ。

しかし、作務をして、座禅をしてからの稽古で、順番を間違えるというようなことはないけれど、せっかく稽古をしてもらうのに、練習不足は非常にもったいないと大いに反省。

反省したからか、緊張感が足りないからか、夜の部で一人暮らしの男性の家になぜか皆さんでホットプレートやら食材を持ち込んで、ショールームみたいな台所でワラワラと料理を作って、稽古と違って夜の部は大いに盛り上がったのでした。

fc2blog_201704182113562db.jpg

武道の方は全然ダメだけど、ある材料で何か作れ、と言われたらこちらの方は上手にできる。
いつもお世話になってばかりの門人の皆さんにも喜んでいただけて、楽しい夜なのでした。
持ち寄って、その場で作って食べる楽しさったらないのです。

この道場なのか、この道なのかはよくわからないけれど、道場の行く日の頭痛率が高い。とても精妙なエネルギーに満たされている場という感じがするのです。んで、それに影響されて頭痛が出る、という感じ。別に行きたくないとか、嫌な感じじゃなくて、この場所に行くことで好転反応としての頭痛が出ているように思うのです。

パワースポットってのはあるのだなぁ、と思う場所なのですが、それは門人の皆さんの心が作って維持しているのだなぁと思うのであります。

不思議なエネルギーはまだ身体の中に残っていて、なんだか調子がよくわからないのです。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月23日(日) ナシ族の発酵平焼きパン
4月25日(火) ナシ族の発酵平焼きパン

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

稽古着完成。ついでに角帯も。

最近始めた某伝統武術、袴があっさり買えたので、気を良くして袴の上に着る半着も作ることにした。
袴が買えた話はこちら→

いつぞや北野天満宮の市で購入した麻の着物。その頃はまだ男物の着物と女物の着物の区別もよくわからず、縫い直して何かにしよう、というくらいの気持ちで買ったもの。

汚れもあるので、洗って解いて、そのまま反物みたいに丸めて放置してあったもの。
ああ、解くんじゃなかった、と思いながら一から縫うことになった。よく見るとあちこち生地が傷んでいて、穴や擦り切れを避けて裁断。

着物って、衿つけのところなんかも生地を切らずに衿の中に折りたたんで始末するので、衿つけの線とかよくわからないけど、まぁなんとなく斜めかな?という感じで全てにおいてなんとなく、なんとなく作ったらそれなりに出来たような気がします。

ちなみに、このような麻の男物の着物は誰が着てるのか分からないのですが、これを買った当時のことですが、何枚も出てるんです。次に天神さんの市に行くことがあったら、状態の良さそうなものを探して、夏用稽古着の替えにしよう。まだ売ってるんか?


半着制作と同時に角帯。男物の袴だからね、お尻がプリっと上がるように、角帯をキリっと締めて帯の結び目の上に袴の腰板を乗せたいじゃないですか。

家には父の帯もあるけれど、見てみたらどう考えてもお稽古には上等すぎるので、お稽古用に程よいカジュアルなものを探して、オークションでゲット。

えへへ〜、二本も買っちゃった。一本は藍染の木綿。もう一本は博多織のウールと書いてあったけど、これ、木綿だよ。着物の業者みたいだったけど、いい加減だな。

fc2blog_20170309223351996.jpg


縫い物は上手じゃないし、訳も分からずに作った半着で苦労しました。しかも、夏物。
お稽古は夏まで続くのか?今必要な紬は次のお稽古に間に合うのか?

初心者なのに衣装ばかり立派すぎやしないか?という一抹の不安もありますが・・・

なんか出来合いって嫌なんだもの。(中古ならいいのか?そうなのか?)

なんかよく分からないけど、紬の着物は切っちゃったので、あれも完成させねば。
こうやって裏地と八掛が溜まっていくのだなぁ。
胴裏は次に藍を建てたときに濃く染めて、ペティコートにでもしよう。絹のペティコートは着心地いいんだよ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月の教室は日程調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

某伝統武術のお稽古のための稽古着をあれこれする。

趣味なのか?趣味なんだろうか?なんでこんなことになってるのか正直よくわからないけれど、自分とはあまり関係のない力に連れて行かれる感じの新しい稽古事。

寒稽古の時は続けるつもりもほぼなくて、誘ってくれた方は稽古着を用意してくださったにもかかわらず、「長くて着にくい」と私服で受けたから目立つことこの上なかったのです。
初参加の人は数人いたのに、皆さん、どこでお買いになったの?と不思議なくらいに服装が整っていたのでした。

細々と練習をして、師範の稽古の時には月に一度くらい参加することにして、どこまで行けるか、はたまた行けないか・・・ちょっとやってみようと言う気になって稽古着を整えることにした。

しかし、袴をウールで作ると一ヶ月くらい掛かると言う。んじゃリサイクルで探します〜と言うことで、袴を探した。
袴のサイズとかわからないけど、裾は三つ折りぐけになってるだけみたいだから、長ければ裾上げしたらいいや、と言う洋裁な発想。(ほんとは腰紐のところで丈直しをするらしい)

案外簡単に買えました。

fc2blog_20170301224820ec4.jpg

着てみたらサイズはそのままいけそうです。洗ったら縮むかもしれないけど、それはそれで、稽古着だからちょうどいいかも。
ヒダが消えると面倒なので、ミシンをかけてしまったよ。きっと邪道なんだろうけれど、洗濯もするつもりだから許しておくれ。

男性用の袴は行灯と馬乗りってのがあると初めて知りました。行灯ってのは、スカート型。馬乗りはズボン型。手元にやってきた馬乗り袴をシゲシゲと眺めてみたら、ズボンと言っても、ひざ下くらいから枝分かれしているので、長着をちょいと尻からげしたら履けるようになってるんですね。

あの細い反物からどうやってこんなズボンを作るのか不思議でしょうがないけれど、袴の仕立てってのはとても難しいらしいです。たたみ方も、紐のたたみ方もなんだかすごいし、袴を付けた姿ってすごくかっこいい。帯を結んだ上に板を乗せてお尻の上が跳ね上がるようなスタイルになるところも、日本人の体型を美しく見せると思う。

しかし、トイレどうするんだろうね?皆さん、着たり脱いだりしておられました。

最難関だと思われた袴が簡単に手に入ってしまったので、次は半着。膝丈くらいのばち衿、筒袖の着物。上っ張りみたいにひもで結ぶようになっている。

いつぞや、北野天満宮の縁日で買った麻の着物、洗って解いてあったもので仕立てることに。
fc2blog_20170301224902a0a.jpg


え〜、高校生の時に浴衣を縫って以来の和裁。もちろん、なーんも知らないので、大塚未子大先生の新きもの作り方全書 [ 大塚末子 ]と首っぴき。

解体するんじゃなかったけど、布が生きるし、きっと快適な稽古着になると思われます。真夏もバッチリだ。多分。

紬の無地を胴着にしてらした方もおられたので、紬の無地で安いのを探してこれまた洗濯。
fc2blog_20170301224841600.jpg

え〜?どこが難ありなの〜?と言うくらい綺麗なきもので切るのがもったいない。
こちらは裏を外して、裾を短くして、エリを縫って、お袖を筒そでに改造するだけだから簡単に違いない。

着物って信じられないくらい複雑な縫い方してあるので、解くの楽しいのです。

と言うわけで、稽古着も着々と揃いつつあるのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
3月2日(木)味噌作り
日曜コースは3月はお休みです。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


京都と奈良の中間までお習字を習いに行く。

わたしが苦手なことは星の数ほどあるけれど、字を書くことは片付けと並んで苦手の頂点だと思う。
お習字は子供の頃にも習っていたことがあるけれど、お菓子をもらいに行ってただけで全然上手にならないし、悪筆は大人になってますます酷く、もう自分でも何を書いているのかあとで読めないことがある。
手書き〜と思うだけでI.Qが下がる気がする。

今はパソコンで書けるのでわたしもこうやって文章を書いているけれど、パソコンがなければ文など書くことはなかっただろう、というくらい字を書くのがダメ。

ダメなんだから楽しもう。別にもう先生から「あなたの答案は読めないから点数ナシ!」と叱られることを心配する必要はない。自分の楽しみに筆と紙と墨で文字と戯れたらいい。いい先生いないかなぁ〜と思っていた。

「いろは呼吸書法」というのを教えている前衛書家の山本光輝先生の講座が京都と奈良の境目である。母と出かける予定の前日だしちょうどいいや、と試しに出かけてみた。

fc2blog_201612242147220d1.jpg

京都駅から近鉄に乗り換えるなんて初めてだわ〜。断食デイだからお昼ご飯の心配もなくスイスイと乗り換えて目的地に到着。

ありがたいことに書道道具は貸してくださる。お手本もセットされている。

fc2blog_201612242148253f1.jpg

筆を持つのは何年振りかわからない。筆の持ち方の解説をされて、そのように持ってみるのだけれど、文字を書く時にはポジションが狂っているかも。

とにかく、声を出しながらかなを書いて行くのだけれど、「自分の癖をなくすためにお手本がある」とおっしゃり、お手本を意識しないといかん。でも、だんだん書くスピードが早くなってきて、お手本どころかなんの字だかわからない感じ。

いの字を書く時に「い〜」と声を出して書く。
1行を声を出しながら書く。
2行を声を出しながら一息で書く。
3行、4行、とどんどん増えて、最後はわけがわからなくなる。
息が上がるし、頭は酸欠。お習字なのに体操してるみたいです。

この文字にならない勢いが良いらしい。あれ?お手本はどうなるの?

声を出して文字を書くと肩の力が抜けて筆先まで気が通るんだそうで、そうやって書いた文字には言霊が宿るんだとか。

なんかよくわからないけれど、筆と墨と紙で戯れたのでした。

最後、先生にお名前書いてもらいました。

fc2blog_20161224214853599.jpg

結局、字が下手とかどうとか・・・そういう問題どころじゃないお習字でした。
面白かったので、帰りに墨汁と中筆と文鎮、下敷きを買ったけど、肝心の半紙を買うのは忘れたのでした。
あはは。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
12月、日曜日は25日、羊料理
平日コース28日(水)羊料理

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

車のプチ不調の修理。

車の電気系統がおかしくなったので、ガレージに持って行ったら。。。

fc2blog_201610112224501d7.jpg

でっかいキャデラックが入庫していた。しかも、つっかえ棒!!すご〜!32バルブだって!!プラグの交換だけでもすごい出費だ!と変なことを心配する。こんな車に乗る人はそんなセコイこと考えないんだな。

わたしの車もいつまで乗れるんだろう?買い替えようか、どうしようか、と悩んでいたけれど、とことん修理しながら乗り続けることにする。買い換えるのは簡単だもの。

fc2blog_20161011222543bc3.jpg

燃費がどうとか、ツマラナイ心配をしていたけれど、この車が走ってるだけで街の風景がいいじゃないか、と思うのです。

運転中には愛情のこもった手でハンドルを握ったり、あれこれ話しかけたりして、運転しているわたしはきっと変な人です。
来月はこれで姫路まで行くからね。気合いを入れてしっかり走ろう!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月16日(日)中国料理
10月19日(水)秋刀魚と秋の和食。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


車の車検。

夫の車が不調続きだったのですっかり忘れていた。
いつもお世話になっているガレージから彼の車のその後の調子を聞かれたついでに「奥さんのお車車検どうしますか?」と聞かれてビックリ!
そうか、もう2年経つのか。去年車検してないから今年は車検だ。

どうするもこうするも、最近は調子良いんだからもちろん通すわよ!

ガレージに車を持って行って、ちょっと気になるところをあれこれ。あんまり言うと部品の交換だなんだと面倒なことになるので、走る、止まる、曲がるができれば細かいところは気にしない、というのが車との付き合いというものです。

結局、フュエルエレメントとベルト類をいくつか交換してもらう。もちろんオイルも新しく。車検から戻ってきた車はエンジンの吹きがちょっと良くてアクセルが軽い感じ。おまけにカーステの音質が良くなったような気がします。

車検証を見ていたら初年度登録が平成2年。わたしのところに来たのが平成19年。25年走ってる車。最近はほとんど同じ型の車は見なくなった。

fc2blog_2015041522375986d.jpg
いつぞや雪の時。駐車場に屋根がないので暑さ寒さで塗装がかなり傷んできましたが、それもまた味わいというものです。

あと二年、また宜しくお願いします。必要な手入れはするから、できることならあんまり故障しないでください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月19日(日) 作り置き出し、煮魚、和食のお惣菜
4月21日(火) フェンネルの水餃子
5月19 (火) ファラフェル、ピタまたはベーグル
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

さいたま市まで友達の展覧会を見に行く。

さて、バングラデシュから滞在製作中の友達、連休を挟んで展覧会をやっていた。せっかく日本に来てるし、作品も見たいし、ちょっと相談することもあるし、夫も時間があるし、義母にも会いたいし、見たい展示会もあるし、ということで、無理矢理時間を作って一泊で出掛けました。

早起きして朝一番の飛行機で東京に。空港までは車だし、早朝だから高速道路も混んでないし、でなかなか良いスタート。

fc2blog_20141104210732ede.jpg

家を出た時はまだ真っ暗だったけど、東に向かってるのでどんどん夜が開けて行く。
羽田空港でリンゴジュースを飲んで、一路さいたま市へ。

展示会は、プラザノースという市民会館のギャラリースペース。この日は夕方からパーティーがあるので、日中は人も少ないからとてもゆっくり話しが出来た。

IMG_6465.jpg
入り口に飾られた作品。ベンガル語で「バロ モンド」good/evilと書いてある。ピンクのスタンプは良の字。

午後には栃木県立美術館のチーフ・キュレーターの方がみえられて、作家と英語で話しをしていたけれど、途中からわたしも加わって、通訳やら、背景の説明やら、英語と日本語とベンガル語が飛び交って、自分でも何語を話してるのか、だんだん分からなくなる。福岡でのイベントの経験から、英語を日本語に置き換えて訳しても背景になる文化的な違いや、感覚の違いまでは伝わらないので、その点はかなり説明が必要だ。彼らは海外でもたくさん活躍しているので、英語も上手だし、説明もかなり上手いのだけど、日本の人には分かりにくい啓示宗教の感覚や、食べ物の禁忌の理由やそれに伴う感覚的なことまではなかなか伝わらない。

美術作品を解説するってのはヤボなようにも思うけれど、聞いてみないと分からないことは多い。
バングラデシュとベンガル人についてはよく知っているつもりでいても、感覚や感情、それに皆に共有されている文学や演劇のことまではなかなか分からない。たぶん、バングラデシュや友人である彼らの内面について深く触れるような気がして感慨があるのかもしれません。

IMG_6468.jpg

同じくまな板から作った作品。料理をする時に野菜を刻みながらアタマでは全然別なこと考えててね、それを作品にしたの、と言ってた。彼女らしいなぁ、と思ったけれど、夫は彼女の作品より連れ合いのモハブブの作品の方が好きらしい。そういえば、わたしはリピの作品を買ったけど、夫はモハブブの作品ばかり買っていたな。

ダッカに行って、彼らに会う時はいつも自宅で食事を振る舞ってくれる。だいたいリピのほうが忙しいのに、リピはいつも手料理でもてなしてくれる。最近は一緒に台所で彼女を手伝いながら四方山話をしつつ一緒に料理を作っているので彼女の作品は彼女の心のこもった料理のように見えた。
ごちそうを作るわけじゃなくて、本当にお惣菜を作ってくれるのです。

あ、結局食べ物の話しになってしまうのだけど、私の知ってる美術家や工芸家は浮世離れした人もいるけれど、料理が上手か、そうでなくても美味しいものをよく知っている人が多く、コンビニ飯など食べていてずっと仕事を続けている人などいない。
料理が上手な人が多いです。美しいものを作り出すには美味しいものを食べないとできないもんな、と妙に納得するのです。

その後、夫実家に寄って久しぶりに皆さんとお会いしてごはんをよばれたのでした。3日分くらいのイベントがぎっちり詰まった1日でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。