歯医者さんに定期検診。

今日は三ヶ月に1度の歯医者さんの定期検診。
秋の検診が来るとあ〜1年経ったなぁ〜、と感慨深い。

歯列矯正を始めたのが春で、2年半ブラケット着装して、ブラケットが外れたのが9月だった。
あれから4年。矯正初めて6年半になるわけです。

今でも寝るときはリテーナーを忘れない。歯の状態も変わりなく、歯槽膿漏も虫歯もないし、詰め物が取れたり、歯が割れたりなんてアクシデントもなく順調に経過していて感謝です。

今日は院長先生の椅子に案内されたので、椅子が良かったからかどうかわからないけれど、歯茎の検査やら、歯石とりなどストレスの多い歯の検査も快適でした。

なんかね、衛生士さんがいい感じにリラックスして、とても集中して気持ちよく作業してくれているのが伝わって、わたしもフワ〜っとα波が出てリラックスして、検査してる人と一体になっていた感じでした。

検査する人が緊張してたら余計な時間が掛かるし、歯茎の検査も痛いし、こちらも緊張して疲れるんですね。

朝一番の診察だったけど、おかげで疲れずに気持ちのいい一日を過ごせたのでした。
歯医者さんの後は大抵使い物にならないんだけど、本当に上手な衛生士さんで助かりました。

いや〜、ありがとう。
そして、いつも思うけど、思い切って歯列矯正して本当に良かった。生きたお金の使い方だったと毎日思うのです。


fc2blog_2016102022315906b.jpg

歯医者さんの待合室に額装で展示されるユニフォーム。
歯医者さんの入り口には優勝おめでとうのプリンタで印刷した手作りバナーがあって、カープ、すごいね、広島。
タイガースと大阪市民みたいなものかと思ってたけど、全然違います。
カープおめでとう!というより、広島のみなさん、おめでとう!!



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
11月27日(日)魚のベンガル料理かな?
平日は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

久々にロースイーツでおやつなど。

今日は歯医者さんで定期検診。歯列矯正が終わって丸二年が経つ。

ズボラなわたしだけれど、不思議なことにリテーナー(歯が戻らないように寝る時にはめておく装置)を忘れて寝ることはほとんどない。1度実家に戻った時に持って行くのを忘れてリテーナーなしで2晩ほど過ごしたけれど、2日くらい忘れてもリテーナーがキツくなることもない。

先生はご満悦で、「状態もいいですね。ちょっとキツくしておきました」とまたリテーナーを調整してくれた。こうやって3ヶ月に1度の検診のたびにリテーナーを締めて矯正の装置によって出来た隙間を埋めるのかなぁ?と思う。

一日一食の話題で盛り上がっているけれど、わたしが少食からどんどん脱線して普通(だけど朝食抜きだけ続いてる)になって、体型も普通にオバちゃんになった理由で思い当たることが二つある。

1つは震災による放射能。生野菜などとても恐ろしくて食べられない、と青泥や青汁を半年ほど止めていた。青物は家で栽培してるモヤシ。野菜は放射能を測定しているグリーンコープ。菜っ葉はなるべく食べない、という生活になってしまったからだ。

その時はまだ矯正中だった。矯正中は装置があるので食べたら丁寧に歯磨きをしないといけない、歯ブラシも3本くらい使って、いろんな歯間ブラシを使うのでかなり面倒。だから1度の食事の量が増えた。それが元々の「お腹いっぱい食べるのが好き」という性格とマッチして、矯正が終わっても「食べる時はお腹いっぱい食べて、お腹空いてなくても食べる!」という快楽にすっかり溺れている。

青泥も時々思い出したように食べるし、良い菜っ葉があれば青汁も作るけれど毎日定期的に食べてる訳じゃない。
だけど超健康になるのが人生の目的でもないのだから、ホドホドにしていればいいのだ。これはわたしの主観であり選択であって、他の人のことは知らない。

そうだそうだ、林檎をたくさん頂いたのだった、と思い出して、久しぶりにカシュークリームを作ってりんごと和えた。林檎のままでもおいしいのだけれど、ちょっとクリームと和えるとオヤツ度アップする。

IMG_6418.jpg

甲田療法などに興味を持つと、甘いものは毒だと知るわけですが、甘いものを止めることができない人は、添加物が少なくて、身体にインパクトの少ないスイーツを適量食べるようにシフトすればいいのです。適量というのが難しいのですが、果物やドライフルーツを際限なく食べるよりはロースイーツやマクロビスイーツのようなもので、あまり甘さ控え目にしてないものをスイーツとして適量食べるのが良いと思います。

果物だけ、ナッツやドライフルーツだけ食べるよりも少量で満足できます。こちょこちょと作って制作の手間を掛けるところもきっと心には大事な時間なんだと思います。

さて、少食になれる日が来るかどうかはわかりませんが、仕事も社交も歯医者さんの定期検診もそれなりに出来た1日だから満足です。

台風が去って急に涼しいどころか、寒くなりました。どうかみなさまも温かくしてお休み下さいね。
さて、お風呂入るか。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
10月19日(日)厚揚げ料理
10月28日(火)天然酵母でフォカッチャなど。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

ブラケット外してから丸一年後の定期検診。

歯のチェックアップに行ったら、最初に写真を撮ると言われ、院長室で撮影された。

そうか、ブラケットが外れたのは9月の中頃だったから、ちょうど一年後のチェックアップなんだ、と気がついた。

矯正終了してから一年経つんだぁ〜。今でも笑顔の作り方とかあまり良く分からないけれど、前みたいに歯を気にせずに普通ににまぁ〜って笑えばいいんだ、って時々思い出す。

歯茎も順調。寝る時にはリテーナーを付けなくちゃいけないけれど、忘れたのはこの一年でほんの数えるほど。我ながらよく続いていると関心するけど、矯正のあの苦労を思ったらリテーナーを付けて寝るくらいのことは何ともない。

歯列矯正して頭痛が減ったような気はするが、肩こりや背中が固いのは相変わらずのようです。顎を緊張させるのは長年のクセになっているのか今でもふと気がついたら顎に力がはいっています。

チェックアップの時に磨き残しもチェックされるのですが、今日はなんと!磨き残し0%!!
そんなこともあるんですね。電動歯ブラシとウォータージェットのおかげです。もちろん、チェックの前にはフロスと歯間ブラシも掛けます。

ブラケットが外れてから一年経つんだぁ〜としみじみ思ったのでした。

先生も「順調順調」と嬉しそうでした。
本当に思い切って良かった歯列矯正。先生に良い資料を提供したことでしょう。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
10月22日(火曜日)皮から作る海鮮水餃子。
10月27日(日曜日)ミスティー・チキンなどベンガル料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

歯医者さんで最終チェック。

ブラケットオフから一週間。今日は型取り、チェックアップ、写真撮影に行ってきた。
なんだか衛生士さんも「いや〜、終わりましたね〜」な雰囲気。

最初に型を取る。上下&噛み合わせの3っつ。
その後久しぶりに歯茎のチェック。衛生士さんが「出血しなくなりましたね」と言われるので、「ウォーターピックを使ってるからじゃないでしょうか?」というと、「効果的に使われているんですね」とおっしゃるので、そうか、あれも効果的に使わないとダメなのかしらん?と思う。いずれにしても、ブラケット生活でも特に虫歯にもならず、歯槽膿漏にもならなかったのはめでたい。

写真撮影のために院長室に久しぶりに入ると、先生が大きなカメラを構えて「いや〜、長く掛かりましたがおわりましたね〜。ずいぶん印象ちがいますよ。すんごい動かしたからなぁ〜」と「すごい動かした」を連発する。「オレがんばったぜ!」という雰囲気で先生は大変満足そうです。
「歯並び悪かったっけ?って言う人が多かったんですよ」と先生に言ったら、「みなさん、そうおっしゃるけれど、実は結構見てるんですよ」って、先生は歯医者さんだから人の口元を見るのが商売だけど、普通の人はそんなに人の口元ばかり見てるとは限らないんやないだろうか?と思いながらも、自分が矯正を始めたら、人の口元がすごく気になるようになったので、そんなものかもしれない。

別の衛生士さんからは「これでどこの国にも行けますね〜」なんて言われて、「はい、アメリカだっていつでも行けます」と答える。
アメリカ人は中産階級以上はみんな歯列矯正をするものだから、アメリカの人が人の歯並びを気にするのは自分が矯正したからじゃないか、と考察してみたりして・・・ホワイトニングした人は人の歯の着色が気になるんだろうなぁ。

「バケットサンドを前歯で噛み切れる」、と先生に言うと、「そうなんですよ、あのままだとどんどん前歯が上に上がってきちゃうんですよ」と。そうだろう、斜め方向に力が掛かるのだから、そういうこともあるだろう。今ならにぎり寿司だって前歯で噛み切れるぞ!

次の検診は3ヶ月後。矯正中は月2回、この半年は月1度歯医者さんに行ってたのに、もうその用事も3ヶ月に1度になる。月々の調整料ももういらない。リメレモの直さんが「やって良かったことのひとつ」とおっしゃっていたけれど、わたしもやってよかった。10年早ければもっと良かっただろうけれど、「もう遅い」と諦めないで良かった。あの歯医者さんに掛かってなければ矯正をしようとも思わなかっただろうと思うので、それも良かった。

受付でお金を払って、来年のカレンダーをもらう。「まぁ、もうそんな時期なんですね、嫌ですね〜」と受付のお姉さんと言葉を交わし、次の予約を入れる。
「次は1月です」
んじゃ、ちょうど3ヶ月後ということで11日。その日は誕生日だ。次の誕生日でちょうど半世紀になるんだなぁ、と思う。時間ばかり過ぎていきますが、わたしだってちょっとづつ変化しつづけているんだ。

さて、10年前(正確には矯正を始める決心をして歯医者さんにカウンセリングを受けた13年前)に矯正を始めた方が良かったどうかですが、あの頃はローフードも甲田療法もバイタミックスも知らなかったので、矯正初期の歯の痛い時に青泥&豆腐とか、青泥&玄米クリームなどという素晴らしい食べ物を食べず、「何も食べられない」と涙目になって、「うどんも噛まれへん」と絶望して、口内炎だらけになって悲惨だったと思います。
もっと若い頃にやってたら、歯磨きを怠けて折角治した前歯が差し歯になっちゃったり、リテーナーを怠けて折角治した上に虫歯にしちゃた歯が元に戻ったり、というコースを辿っていたことだろうと思います。

というわけで、ベストなタイミングで矯正出来て良かったなぁ〜、と幸せを噛みしめるのでした。

歯磨き、携帯用にこんなもの買いました。


ピールデンタルファイバーピールデンタルファイバー
(2003/03/17)
サハラ・インターナショナル

商品詳細を見る


わたしの歯列矯正にたくさんお応援のコメントやお言葉を下さった方、ありがとうございます。どれほど励みになったかわかりません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

歯列矯正は2年半掛かった。

今日のメインイベントは朝の歯医者さん。
先週、バンド(奥歯にはめてあった指輪みたいな装置)を外してもらって、リテーナー(歯が戻らないようにずーっとはめておく器具)を作るための型をとって、「いや〜、もうすぐですね〜、ごくろうさん」という感じだった。

今日はいよいよブラケット(歯についたワイヤーを固定するためのツブツブ。これは強力な接着剤で歯にくっついている)を外して、当然ワイヤーも外れて、歯が長年(といっても二年半だけど)のボンデージ状態から解放される。

バチン、バチン、とやっとこみたいなのでブラケットを無理矢理剥がして、残っている接着剤をキュイーンと削り取って、クリーニングしてもらって、ハイ、お疲れさま。

なんか歯が締まってないので心許ない。上唇の裏側がガサガサしない。外れてしまうと寂しいものがあるし、歯をニーっとむき出して鏡をみたら、歯並び以外のアラが目に付いて、ちょっとなんだかなぁ〜、な気がしなくもない。
結局2年半のブラケット生活だった。先生の予定より半年長かったけれど、わたしの見込みより半年早かった。先生曰く、「通常にないほど動かした」んだそうで、「今だから言えるけど」って・・・傷つきますよ、ちーとは。でも、決断して良かった。

わたしの矯正生活で役に立ったものをメモしておきます。
ジェットウォッシャー。これは絶対にあったほうがいい。据え置き型を自宅で使って、外泊の時には携帯用を使っていたけれど、ジェットウォッシャーで歯を洗わずに寝るなんて考えられない。
おかげでフッ素はつかわなかったけど、虫歯にならなかった。

歯間ブラシ、フロスなどでフルコースでクリーニングしてもジェットウォッシャーを使うと取りきれない食べカスがポロポロ出てくるんだもん。それに、チューブのついた器具の時など、ジェットウォッシャーがあればチューブの中まである程度きれいになるけれど、歯ブラシその他だけではチューブの中は掃除できないので、歯医者さんできれいにしてもらうまで汚れっぱなし。ジェットウォッシャー(ウォーターピック)は買った方が良い。

電動歯ブラシは、結局ほとんど使っていない。口の中でビーンとするのが不快だ、というのが大きな理由だけれど、矯正中は歯ブラシで出来ることは限られている、というのが最大の理由だと思う。
歯茎が緩んできた時にマッサージするのに電動歯ブラシは有効です。

食べ物を食べても、ブラケットの上に麺が乗っかる、ということもない。

さて、無罪放免になったわたしの前歯ですが、基本、夜だけリテーナーを付けていればいいけれど、家に居る時はなるべく食事の時以外はめていて下さい、ということで、はめています。だって、折角2年半も掛けて治したのに、また元に戻ったら悲しいもの。

リテーナーを外して、無花果を食べたら、なんか味がしないの。どうやらリテーナーの樹脂の部分から何やら出ていて、舌の細胞に悪さをしているらしい。歯磨き粉で歯磨きした後に蜜柑とか食べたら味が変になる、あの感じがする。
結局美味しいんだかマズいんだかよくわからないまま青泥と豆腐を食べて、夫に「これ、どんな味?」と味見させたりして、晩ご飯。
IMG_3696.jpg
(夫にはサラダと豆腐、わたしは青泥と豆腐、こんなメニューだとブラケット無しでもアリでもあまり変わらないけど)

さて、ブラケット無しライフに戻ったわけですが、何と言っても歯磨きが楽。矯正用に山形にカットされている歯ブラシはもう使わない。ブラケットがないと普通のフラットな歯ブラシのほうが磨きやすい。ブラケットがあると1本の歯でも上のパートと下のパートを分けて磨かないと磨けないけれど、もうブラケットがないから、たて磨き、よこ磨き、自由自在。歯磨きフルコースのあとの仕上げのジェットウォッシャーで食べカスが全く出てこないのには驚いた。そもそも矯正は歯磨きがきちんと出来るように、という効果も大きいのだ、ということを思い出した。

さて、リテーナーですが、食べ物の味が変わってしまうのは困りもの。リテーナー用の洗浄剤も渡されて(購入して)、毎日これに漬けておくように、と言われたけれど、この手の洗浄剤が身体に悪いのは知っている。

だから、超音波洗浄器を注文した。メガネも洗えるやつにしようか、と考えたけれど、本体170gで携帯性の高い「入れ歯洗浄器」なるものがあるのを見つけて、ちょっと高かったけれどそちらを購入した。


入れ歯洗浄器 ウロハミック シルバー入れ歯洗浄器 ウロハミック シルバー
()
ウロハミック

商品詳細を見る


これで旅行もバッチリ!と言いたいところだけれど、海外対応アダプターにはなってないのが残念。国内はバッチリだ。

さあ、リテーナーを日中もつけて、オヤツ食べないぞ!ジーンズが入るように。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

がっくり。

うーん、順調だと思っていたのに・・・

矯正のために抜いた歯を下の欠損のところに移植してあったのだけど・・・
どうやら炎症を起こしていて、うまく着いていないらしい。

最初のころは自分でも分かるぐらいにがっちりとついていたのだけれど、そのうちに若干グラグラしてきて、「ブラケット付けときましょう」とブラケットつけてもらった。

普通の歯というのは、噛みしめてみるとわかるのですが、ちょっとフワフワした感じで生えている。どういう仕組みになってるのかわからないけれど、歯と顎の骨の間にはショックアブソーバーみたいなのがあるらしい。それが、移植した歯にはショックアブソーバーがなくて、固いものなど噛むとダイレクトに顎の骨にくる感じはあった。それが「がっちりついてる」という感じなのか、とにかく自然に生えている歯というのは、良くで来ているのだなぁ、と関心したのでした。

移植した歯というのは、まれに骨に吸収される、ということが起こるそうで、これは身体が歯を異物と認識して起こるそうで、歯がエメンタールチーズみたいに穴あきになって、そのままにしておくと隣の自然の歯にも害が及ぶ(もともと自分の歯だから材質は同じ)んだそうです。

今日衛生師さんがクリーニングを終えて先生を呼びに行った時に「左が炎症してます」と先生に報告していた。
わたしはぜんぜん自覚症状がない。移植した歯は普通に痛い。この歯で固いものは噛めないけど、何でも食べている。

先生がやってきて、「ああ、化膿してますねえ、これはなぁ、レントゲン撮りましょ」

この部分だけレントゲンを撮る。

「ああ~、溶けてるなぁ。だから化膿するんだなぁ」「僕が移植したなかで、こうなったのはこれが2例目です。やっぱり移植に矯正で動かすというのは刺激になってしまったんでしょうねえ。

この歯の移植にあたって、薬代などの他は特別な料金は払っていないので、先生にしてみれば「ダメモトで試してみましょう」ということだった。まぁ、なんというか・・・最初から「インプラントにしましょう」とならなくて良かったのかもしれない。

とりあえず、3日分の抗生物質を出されて、化膿を止めることになった。だけど、炎症の根本は歯の根っこにあるのだから、今抗生物質で押さえたとしてもまた炎症するんじゃないだろうか?

そんじゃ次の検診のときに抜きましょか?様子見ましょか?

とりあえず、様子を見ることにして、痛み止めの薬も断って、家に戻って来たのだけれど・・・
なんとなく歯は痛いような気もするし、痛くないような気もするが、炎症起こしてると言われると痛いような気がして来た。

不思議なことに、移植した時も抜歯した時も痛み止めを飲まずにすごしていたのです。火傷したみたいな痺れた感じはあったけど、ずきずきするなどという「痛み」の感覚がなかったのです。だから、今回もホントは痛いのに、痺れた感じがしてるだけで痛いと感じてないだけで、ホントは痛い状況なのかもしれない、と思うと・・・

なんだかがっくりきてしまった。

ある人に「インプラントになるんだ」とメールしたら、「総入れ歯にしたほうがインプラントよりマシだから止めた方が良い」とアドバイスを受けた。

うーん、総入れ歯よりインプラントってのはひどいのか。

ならば、せっかく矯正中なんだから、下の歯の欠損のところも矯正で動かすという方法が一番良いような気がして来た。
半年ぐらい治療期間が伸びるかもしれないけれど、インプラントにして、3年後にまたやり直し~なんてなるよりも良いかもしれない。
何よりも、自分の歯でも異物だと思ってしまう免疫の高さ(?)なのだから、インプラントなんか入れない方が良いような気がして来た。

ツラツラとそんなことを考えていて、ひつじパレットの搬入の準備をすっかり忘れていた。ワークショップの申し込みも今日からなのだけど、こちらも「絶対受けたい!」と思うものがないから、どっしようかなぁ~。

抗生物質をまた3日飲む。腸内細菌もヤラレルから、紅茶キノコしっかり飲もう。納豆も食べよう。EMも飲もう。断食とか少食もしたいところだけれど、明日はお誕生日ディナーの予約をしてあるから、少食はまた今度。

頑張れ、わたしの腸内細菌!!
今日は凹んでるので、文章もメチャクチャです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

歯は遅々として進まず。

今年最後の歯医者さんに行って来た。

複雑な装置はもうとっくに終わって、前歯4本を揃えた状態で、パワーチェーンというゴムでじんわりと引っ張って抜歯の後を埋めようとしているのだけど、わたしの前歯の2番は人より小さいらしく、なかなか隙間が埋まらない。

右側はずいぶん埋って、フロスを通す時にも抵抗があるほどだけど、左側はまだスカスカ。
先生は、年内で隙間が閉じると秋頃にはおっしゃっていたけれど、なかなかどうして、3月くらいまで掛かるんじゃなかろうか?

歯の移動が完了してから、半年固定するそうで、まだまだ先は長いということがわかる。

ここ半年くらいは、衛生士さんにクリーニングしてもらって、先生がチェックしてパワーチェーンを架け替えるだけという単純作業だけれど、パワーチェーンを架け替えたら地味に歯が痛むので、すこしづつでも動いているらしい。

東京からの帰りに、新幹線の窓に映った自分の横顔をみて、ずいぶん変わったなあ、と思った。

英語の発音がやりやすくなったとか、下あごの緊張がなくなったとか、木枕で寝ていても口が開かないとか、見た目だけじゃなくて変化は大きい。
もっと早くやれば良かったけど、今やって良かった。

今ラジオでDonny Hathaway のThis Christmasが掛かっている。
クリスマスになにか特別なことはしないけれど、結婚した年の暮れにこの曲を夫がよく歌っていた。
今年も暮れを一緒に過ごして、新しい年を迎えられると思うとありがたい。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

中年からの歯列矯正とローフード

「なんとまあ、思い切ったね!」と言った人もいました。

わたしが「歯列矯正を始めるの」と話すと、です。

子供のころの指しゃぶりが治らなくて、前歯が出てしまった。大きな理由はきっとそれだろうけれど、下あごに比べて、上顎は小さいので歯が並ぶスペースもなかったかもしれません。

子供のころ、幼なじみのKちゃんが歯列矯正を始めたので「いいなあ~」と思って「わたしもやりたい」みたいな話を親にした記憶もあるけれど、「歯並びは悪い方が風通しが良くて歯にはいいのだ」という父(内科医)の一言でわたしの歯列矯正は無しになった。

アメリカでは「歯並びが悪いのは貧乏人の証拠」である、という話を色んなところで読んだり聞いたりしているので、アメリカ人と話すのは苦手。うちは貧乏だったわけじゃないけれど、オヤジさまのポリシーで歯列矯正しなかったんだ。

大人になって、歯医者さんに「治したら?」と勧められたけれど、「もう結婚もしたからいいです」と答えたわたし。その頃は審美的な効果しか考えてなかった。

ところで、わたしは肩こりがひどい。背中も固い。首も痛い。木枕でかなり改善されたけれど、背中はあいかわらず固い。

夫は「あなた、いつも一生懸命口を閉じてるでしょ、だから、首とか肩に負担が掛かってるんじゃないの?治るんなら歯を治してみたら?」と言い始めた。

だって、いつも口を開けてたり、歯を出してたら間抜けじゃないの。ちゃんと仕舞っとかなくっちゃ。でも、下あごはいつも緊張しているかも・・・

普通だったら、もうこんな大人になってから矯正なんか考えなかったと思います。実際30代半ばで先生から言われた時、矯正にかかる期間食事が楽しめないことや、年齢的なことなど考えてやめたのだもん。

でも、今のわたしは違います。なんたって、青泥青汁平床木枕を知っちゃったんだも~ん。

矯正は甲田療法の生菜食をする絶好のチャンス!歯にワイヤーがついていて、痛い、痛い、というわたしと夫は食事を楽しもうとも思わないだろう。食養生をするならば、こんな時でなくっちゃ!!

木枕と平床で背骨を整えて、少食(食欲なんかわかないだろうからね!)で身体を柔らかくして、痛い時は背腹運動で傷を早く治してと、歯列矯正で予想されるあれや、これやの対策もわかりました。

歯医者さんによるとかなり大変な工事になるようだけれど、西式とスムージーがあればなんとか乗り越えられるような気がしました。

先日クリーニングに行ってきて、早速奥歯にスペーサーというのでしょうか?器具をつける場所をあけるためのゴムが歯の間に装着されて、若干の痛みと違和感があります。
本格的に器具がついてきたら、痛みも違和感もこんなもんじゃないだろうけれど、痛い時も痛くないときもスムージーを食べて、ビタミン、ミネラル、を補給するわ!

というわけで、まだ本格的に装置はつかないけれど、電動歯ブラシを購入したり、スーパーなブレンダーを注文したり、ウォーターピックも買おうかなあ、と商品について勉強したり、と気分は盛り上がってます。

不安がないといえばまったくウソ、というか不安だらけだけれど、わたしにはローフードと西式健康法があるから大丈夫という根拠のない確信があります。

次の検診は土曜日。それまでにちょっと緩んでいる奥の歯茎をしっかり締めないといけません。

青泥食べてがんばりまーす。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック