床屋さんの椅子に座る。

義父の三回忌で久しぶりに二人揃って東京に行って来た。
法事のためだけに行くのは飛行機代がもったいないからと、一生懸命他の用事を考えた。

そうだ!髪を切ってもらおう。
わたしにはそれほど友達は多くないけれど、いつもお世話になっている経堂のギャラリーのご縁で、美容師の友達が1人いる。彼女は床屋の奥さんで、以前から髪や眉をどーにかする時は彼女に頼んでいた。

しかし、スポーツクラブに通うようになって、だんだん長い髪も面倒になってきて、抜け毛もひどいし、「1度短くすれば良い」という気になって、前回彼女(以下K美ちゃん)と会った時に髪型の相談をしていたのでした。

「あのね、岩井俊二監督みたいな髪型にしようかなあ。わたしが逆立ちして、髪をぶっつり切ったら、癖が縮んであんな感じにならないかしら?」
「うーん、ぺんちゃんの髪はねぇ~、こーやって、こーして・・・そすると、こーなるから・・・」

本職のK美ちゃんは、真剣なまなざしでわたしの頭を見ながら、ど素人のわたしに自分でカットするためのカット技術の基本をレクチャーしてくれる。

わたしの髪は緩いくせ毛で、直径20センチくらいの輪になるようなスパイラルになっている。だから、癖を考えずに適当にカットされてしまうと、頭が爆発してしまって、どーにも収集がつかないので、ここ30年以上伸ばしっ放しにしていた髪。そのまま白髪のおばあさんになろうと思っていたのだけれど、抜け毛やら、クラブの水質やらで面倒になってしまったのだ。毛が減って、痩せて来たので、今度は切ってもまとまるかもしれないという淡い期待もあった。

白髪で長髪のおばあさんになるには、これ以上髪が抜けるのは避けたい。やっぱり一旦切ろう。

実はこれまでも何度か切った事はあったけど、ただブッツンと切っただけだった。今回はもうちょっとスタイルしてみよう。でもどうすればいいのか、どんなことができるのかわからない。それに、専属美容師さんは東京にいるのだから、数ヶ月はスタイルをキープできる髪型でないといけない。考えてみたらちょっと無茶な注文かもしれないけれど、k美ちゃんは「やらせていただきます~」と言ってくれた。でも「お団子スタイル似合ってたのに、もったいない」とも。

まあ、髪なんて、何年か伸ばしっぱなしにしていたらまた勝手に伸びるのだから、気にせずバッサリ行きましょう、と自分を励ます

羽田空港から直接床屋さんへ向かう。
電車の時間を知らせておいたら、K美ちゃんが表に出て待っていてくれた。「いやいや、どうもどうも、よろしくお願いします」

「先ず荒くカットしてから、癖を見ながら切るね。何か希望ある?」
「全然わかりません。癖のない髪だったらボブにするとこなんだけど」
「ショートのボブみたいのがいいかな、って言ってたのよ」

ふーむ、みんな考える事は同じか。わたしの頭蓋骨がクリクリのきれいな楕円だったら、ベリーショートも良いだろうとおもうのだけど、残念ながらジャガイモ頭のベリーショートはちょっと・・・

カミソリで髪を削っていく。
そのあとハサミに持ち替えて、バランスを見ながら切っていく。わたしは正面の鏡しかみていないので、頭の後ろで何事が起こっているのかはわからないけれど、ヘアカットというのは、髪の毛の彫刻みたいなもんだなあ、と思う。彫刻と違って、髪は伸びて来るし、動くから、それも計算してスタイルを作るのだから、美容師さんというのは大変な技術なのだなぁ、と感激してしまった。

わたしは髪がうーんと減ったと思っていたけれど後頭部など相変わらずかなりのボリュームがあるみたいで、ずいぶんたくさん梳いていた。

シャンプーして髪を流して、ブローしてくれる。「ぺんちゃん、地肌乾かすようにドライヤー掛けてね。櫛入れない方がいいかも。」美容師さんというのはブローでかちっとセットして、髪型を決めるもんだと思っていたけれど、彼女はカットで髪型を決めるので、ブローでスタイルをするのは補助的でしかない。これならわたしにも出来そうだ。髪を洗う度にクルクルブラシでセットするなんて不可能だもん。

カットとシャンプーとブローだけでたっぷり1時間以上掛かった。
切ってもらってから2日経って、自分で髪を洗ってドライヤーも掛けたけど、頭が爆発することもない。
やっぱりこれは彫刻だ。

結局岩井俊二さんの髪型ではなくて、ショートのボブにしてくれた。

頭も軽くなって、洗うのも簡単になって、とってもハッピーなのに、夫のオバさんたちから「前の方が良かった。オバさんっぽくなった」と散々な評判だ。
わたしは普通の人っぽくなって気に入っている。
以前眉のスタイルをしてもらった時に、「この人はすごいなぁ」と思ったけれど、今回しみじみ「カットが上手っていうのは、こーゆーことを言うのだな」、と思ったK美ちゃんの技術でした。

K美ちゃんのお店は
alt="経堂の理容店『ヘアーサロンシルバー』" width="110" height="48" border="0">

です。「奥さんにお願いしたいです」と言えば、相談に乗ってくれます。

床屋さん、なかなかナイスなのです。
K美ちゃん、どうもありがとう~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

EM拡大液で頭を洗う。

クラブにいくようになってからまた抜け毛が増えているわたし。あんなに多毛な中学生だったのに、今は人並みのボリュームになってしまって、これ以上減るのはさすがにマズいんじゃないだろか?と、やや焦っている。

野呂美香さんの講演で、チェルノブイリの子どもたちを保養させる時、 EM 入りのお風呂のお湯で髪を洗ってやると抜け毛が減るとおっしゃっていた。野呂さんがEMを色々とお使いになって、不思議な成果を上げてらっしゃるのは、311以降なんとなくわたしも聞き及んでいたけれど、いつぞや見たご講演のビデオでやっと全貌の一部が明らかになった。

野呂美香さんの宮城講演。「いま子どもたちを守るために」

というわけで、EM-1と糖蜜を購入し、2ℓのペットボトルに100ccづつ購入した怪しげな液体を加え、米のとぎ汁はないから薄力粉をちょこっと入れて(いい加減だな)発酵させる。

発酵するまで待ちきれないので、そのまま風呂に100ccくらいいれて「EM温泉」なども楽しんだりして。

やっと菌も元気に発酵を始め、ペットボトルを破裂ささんばかりになってきたので、最初の目的であった洗髪に使ってみることにする。

家にはお湯シャンの最終兵器と私が呼ぶ「ケアナケア」がある。薄毛が気になる夫が欲しがって購入したのだが、彼は1度しか使わず、私ばかり使っている。確かに、これを使うとお湯シャンのさっぱり感が違う。

このお湯タンクに適宜EM拡大液を入れて、ブーンとしてみた。

その前に、もちろん髪はEM入りのお風呂のお湯でたっぷりと濡らしておく。

日頃は、タンクの水2杯分くらいブーンとするのだが、EM入りだとなんとなく一杯分で良い感じに終わってしまった。EM菌をこのまま地肌や髪の中で培養するのが目的だからリン酢はしない。べつにゴワゴワする感じもきしむ感じもないので必要も感じない。

菌の培養が目的だから、タオルドライで自然乾燥させる。ラクチン。
普通のお湯シャンよりもサッパリする。

さて、問題のクラブの水での洗髪であります。これがねぇ~、抜けるのよ。パウダールームでドライヤーを掛ける時も一目が気になるほど抜けるのです。

最初にシャワーブースで温冷浴をやっつけて、洗面器のあるシャワーへ移動して、髪をまずお湯シャンでしっかり濡らして頭皮を良く洗ってから、洗面器に適宜EM添加して、まず髪をしっかり漬けてから、リンスの要領で頭全体に掛けます。んでもって、また指で全体にモミモミ。
髪をまとめてお仕舞い。

いつもはゴッソリ抜ける髪が抜けない。

公共のバスルームで気になるかな?と思ったけど、それほどにおいもせず、あまり気にならない。気にしてないのは私だけかも知れませんが・・・

ついでだから身体もEM無浴法を参考に石けんを使わない洗い方もやっている。

EM浴はいいけれど、温冷浴とEM浴をどう両立したらいいのか、まだ混乱してます。
身体は石けんを使っていたけれど、頭はお湯シャン歴も長いので、頭のEM無浴法に馴染むのは早そうです。普通の人ときっと逆だろうな。

今日のパウダールームで、抜け毛がホントに少なくてビックリしました。
すごく嬉しかったので、たった2日でレポートしてしまう軽卒なわたし。
このまま抜け毛よさようなら~が出来るとうれしいなぁ。

普通の方はみなさんお掃除などにお使いになっているのですよね。後は畑に撒いたりとか、生ゴミ処理ですよねえ・・・
それをシャンプーに使うわたし・・・

お湯シャンしてるけど、ちょっとイマイチなのよ、っていう方、EM培養してみてください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

塩シャンはなかなかgood

ぺんぎんさん、最近ヘアケアのこと書かないけど、もう挫折してシャンプー使ってんじゃないの?って思ってた?(え?もうそんな古い読者はいない?)
シャンプー買うのが面倒だし、また石けんを頭に塗りたくるのも面倒なので、相変わらずお湯シャンは続いています。

ところが困ったことに・・・6月から新しくメンバーになったクラブの水がどうもあわない。おまけにプールに入ると髪はとても汚れてしまう。

だから、クラブで洗髪する時は、クラブにあるシャンプー剤で髪の部分だけは洗って、頭皮はお湯洗い。仕上げにリンゴ酢を入れたお湯でリン酢というのがパターンです。

この方法、家の水で洗う分にはいいのだけれど、クラブの水だと髪が汚れてきて、手櫛を通すと指が白くなる。これは石けんカスみたいに見えるけど、石けんカスであるわけはなく、なにがしかの脂肪分が固化したものではないか、と思われます。

不快ですので、前に教えて頂いた「飽和食塩水で洗う」というのを試してみたら・・・

これ、いいですね~。

わたしは500ミリリットルのペットボトルに飽和食塩水を作って、風呂場に持って入り、よくリンスした頭皮全体にふりかけ、指でモミモミ洗います。
教えて頂いた通り、ネチネチしてくるのでお湯で流す、という方法です。
塩シャンについては、MIXIのコミュが詳しいです。

わたしは仕上げにまたリン酢するのです。

どういうメカニズムで汚れがとれるのかわからないのですが、これはと~ってもスッキリしますし、洗い上がりの髪の感じもとてもいい。

塩シャン、「今日はオシャレするぞ!」っていう日にお薦めなのです。

しかし、塩と炭で洗濯っていう方法もあるけど、どうして塩で汚れがとれるのでしょうか?デンプンが汚れをとるのはなんとなくわかるんだけど・・・どなたかメカニズムをご存知の方がおいででしたら、教えて下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

真夏のヘアケア

先日、大学時代の友達と集まってお食事をしていた時。
なんだったかなあ?ローフードの話をしたわけじゃないけれど、「色々使わなくなった」という話で、
「もう薬も飲まへんし、化粧品もいらんし、トリートメントもいらんし・・・」と話して、「シャンプーも使わへんし」と言ったところでドン引きされてしまいました。

「ええ!!ご飯止まってしもた!」

「毎日お湯洗いして、ドライヤーで乾かすねん。ニオイもせえへんで」

「自分のニオイってわかれへんねんで~」

「一応夫にチェックしてもらってるもん」・・・なんか形勢不利ですが・・・

お湯シャンのみなさん、いかがお過ごしでしょうか?
髪の話はヘアケアのカテゴリーにまとまってます。

わたしの髪は腰ちかくまで伸びているので、普段お団子にまとめてあるのですが、お風呂屋さんなどで髪を乾かしていると、「見事な黒髪だ!」と時々めちゃくちゃ褒められることがあります。あれこれしないので、髪がきれいなだけなんですが、長い髪をしているだけで、すごくお金と手間を掛けて手入れしてるみたいに勘違いしてくれて、ありがたいことであります。
実はなんにもしてないんだよ~ん。
昔あんなに悩んだ枝毛や切れ毛は何処に行ったのかしら?

さて、わたしのお湯シャンライフ、盛夏の巻きでありますが・・・

食べ物と関係ありますね。揚げ物とか、油っこいものを食べるとやっぱりネトネトしてきます。

以前は、月に1度くらい、タイで買って来たコブミカンの実を丸ごとバイタミックスでガーしたみたいなシャンプー剤を使っていましたが、それを使い終わったので、今はガッスールという粘土の入ったものを使ってます。
一応、界面活性剤は入ってないと書いてありますが、すごい泡立ちするので、最初使った時びっくりしてしまいました。量はほんの少しでいいので、チューブ一本で3年以上使えそうです(中身が腐らなければ・・・)

食べ物もそうですが、お湯シャンを怠けるとやっぱりちょっとネトネトしてきます。

肝心の抜け毛ですが、石けんで3日に1度ほど洗ってた時に比べてやはり減ってると思います。

夫ですが、バンコクにいた間にすっかり寂しくなってしまって、彼も大いにショックを受けていたのですが、わたしに釣られて、石けんで頭を洗うのを止めてから、彼は徹底してお湯シャンの人になりました。

「増えて来た」という感じはしませんが、現状維持が続いてます。
彼が言うには「髪に腰が出て来た気がする」んだそうな・・・

おお!!太くなって来たのですね。すばらしい。もしかしたら、このまま増えてくるってこともあるかもしれません。ともあれ、減らなくなっただけでも大きな成果です。
なにしろ、彼の父方はフサフサ系ですが、母方のおじさん達ときたら・・・・

男性の抜け毛は「まあ仕方がない」と人は言うけれど、本人にしてみれば深刻な問題です。

ともあれ、真夏でもほぼお湯シャンライフで過ごしております。気になる時だけちょっと洗浄剤を使います。まあ、月に1度も使ってません。

茄子の揚げ浸しなど食べずに良い子にしてたらいいのだけれど、茄子の揚げたの、美味しいんだもーん。

髪は腎臓の華なんだそうで、髪のトラブルは腎臓の疲れからきているのだそうです。
ということは、毛管運動でしょうか?!


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お湯シャン、その後

髪のお湯洗いが続いてます。
お湯シャンについてはヘアケアのカテゴリーにまとめてあるので、まだの方は読んでね。
調子はねえ、だんだんシャンプー剤を使う回数が減ってきて、また、毎日お湯洗いしなくて大丈夫な感じになってきました。

お湯だけ洗いだと頭が臭そうですが、案外平気です。お湯洗いをさぼると、頭皮が汚れてきますけれど、お湯でまたしっかり洗うともとに戻ります。

頭皮を洗うのに、シリコンで出来たシャンプー用のブラシを使ってますが、そのブラシがコテコテになることもありません。

また、シャンプーの前にツゲの櫛で髪をよく梳かすのがお約束になってるみたいですが、わたしはそれもしていません。

髪を洗って頭皮を乾かした後に櫛で梳かしますが、今はそれほど櫛も汚れません。

肝心の抜け毛のほうですが、無くなりはしませんが、石けんシャンプーで洗っていた時ほども抜けなくなりました。
これはとても良い兆候。

髪はツヤがあって、以前に比べて、バサバサしなくてまとまりやすい感じです。


グリーン・フォー・ライフグリーン・フォー・ライフ
(2010/05)
ヴィクトリア ブーテンコ

商品詳細を見る


によると、抜け毛も胃酸低下の症状の一つになっているみたいですが(82~84ページ)胃酸がちゃんと出て、食べたものがきちんと吸収、排泄されるようになったら、腎臓の負担も軽くなって、髪が抜けなくなるのかもしれません。

シャンプー剤を全く使わないヘアケア、ズボラなわたしにはなかなか結構です。
ついでですが、夫もすっかりお湯シャンの人になっています。
彼の抜け毛も増えはしないけれど減りもしない、という状態みたいです。素晴らしい!
彼はドライアーを使ってません。短いので必要ないみたいです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お湯洗髪

帰国してから、髪をお湯で洗っている。
今まで2回、バンコクから持ち帰ったコブミカンの洗髪剤を使っただけだ。
あとはお湯洗いのみ。

お湯洗いをしない日もあるけれど、そうすると頭がフケっぽくなる気がする。

以前は石けんで洗ってました。石けんだけだと髪がゴワゴワするので、比較的ナチュラルなトリートメント剤も使ってました。ですが、髪をドライヤーで乾かすということはしていませんでした。

このブログで「髪が抜ける」という話を書いた時、とーってもたくさんのコメントをいただいて、色々なことを教えて頂きました。

それらを読んで考えたこと・・・・

頭皮を乾かさなかったのがいけないのでは・・・と。

それ以来、シャンプー剤を変えたり、お湯洗いの後にも地肌だけドライヤーで乾かすようにしました。
確かにドライヤーを使うと、頭皮のさっぱり感が違います。

バンコクで生活していた時は、クラブのドライヤーを使っていました。
ハイパワーだけれど、なんか髪もパサパサ・・・これだからドライヤーって好かんのよね。

さて、日本に帰ったら、日本のクラブ「お風呂屋さん」で洗髪です。毎日、丹念にシリコンブラシを使って頭皮をマッサージ。汗をかかないせいか、あんまりネトネトしません。

そして、クラブにあるドライヤーはイオンドライヤー。ドライヤーって、わたしの知らないうちに進化してるんですね。

確かに髪がバサバサになりません。

でも、このクラブ、メンテナンスのために2週間お休みになるって。。。。ええ~、帰ってきたばっかりなのに~。会費払ってるのに~~。

でもちょっと古びてきたクラブ、新しくなるのは良いことだ、と我慢して、目下の課題、「ヘアドライヤー」を購入しました。

IMG_1100.jpg

イオンドライヤーで検索したら、なんかこんな変な顔のドライヤーを見つけてしまいました。アマゾンのレビューを読んだら、くせ毛も収まるって・・・ほんと?くせ毛がばさばさにならないなら、わたし、どんなもんだって買うわ!お財布がゆるすならば・・・

この先トリートメント剤もいらない、と思うと、トリートメント剤の料金で1年に3っつぐらいドライヤーが買えますから、試してみても悪くはないでしょう、と思って、一応夫に報告してから、購入しました。


使ってみて・・・・驚いた。
1200ワットくらいなんで、パワーはたいしたことないのです。風も周囲から冷たい風を当てて髪を傷めない(らしい)と書いてあるせいか、ぬるくて、「こんなんで乾くんかいな~?」とおもうのだけれど、髪はしっとりしたまま、頭皮はちゃんと乾いてゆくし、それほど時間も掛からない。

熱風だけのバンコクのハイパワードライヤーに比べて、日本のハイテクドライヤーは(ただのイオンドライヤーも含めて)なんか乾くのが早いような気がします。そして、髪もしっとりしている・・・

日本のクラブに設置してあるリーズナブルな価格帯のイオンドライヤーでも、従来の熱風ボーボードライヤーに比べて髪はしっとりですが、それ以上にこの変な顔したドライヤーはしっとり仕上がります。

私の髪って、天然パーマなんですが、ながーいストロークのたて巻きになってるんです。髪が濡れている間は、たて巻きがバラバラにならなくて、「きれいなウェーブねえ」って言われるんだけれど、乾いちゃうとただのボサボサ頭になります。かといって、タオルドライの状態で一日中キープできないし・・・

それが、3割くらいまとまったまま良い子にしてます。

ドライヤーでそれほど違うのか!  ちょっとビックリしました。

もっと良い製品もあると思うけど、ボサボサ頭や、お湯洗いだけライフを目指す方の強い味方になるドライヤーだと思いました。

(ドライヤーの宣伝じゃなくて、報告です。ドライヤーって電磁波の問題とか色々あるので、メリット・デメリットご自分で判断して下さいね~。)

さて、肝心の抜け毛ですが、石けんシャンプーを止めてから減ったままです。抜け毛の量は、石けんシャンプーで洗っていた時の1/3くらい。バンコクでメチャクチャ抜けまくってた時はすごい抜けてたので、いい感じです。
枕のまわりの落ち毛もほとんどなくなりました。

髪の毛関係の話をヘアケアのカテゴリーにまとめました。コメント欄にもたくさん色々な方法や体験を寄せてもらってますので、ご興味のある方はお読み下さいね~。
コメントで色々教えて下さったみなさん、ありがとうございます!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ナチュラルなシャンプーその後。

バンコクに来てから抜け毛がひどくて、こんなシャンプー買いました、という話を以前書きました。
ナチュラルなシャンプー

約2週間が経ったので、その後の使い心地など報告してみます。

以前、ジンジャーさんのブログアボカドでシャンプーというのが紹介されてました。
チリ出身のお義母さんが「チリでは、シャンプーは高いから、(安い)アボカドでシャンプーする人がいるのよ」と言ってた話を思い出してアボカドシャンプーにトライされる話が出てきます。
(この話は失敗談なのだけど、コメントにお湯洗いのコツなどがコメントされていて、とても参考になります。)
ついでで恐縮ですが、髪が抜けませんか?のコメント欄も情報満載です。

タイではアボカドは輸入物で高く、国産も年中流通しているわけではないので、アボカドは使ってないだろうけれど、なにかトロっとしたものにコブミカンのジュースが入っている、色もグリーンなムース状の物体です。
IMG_1021.jpg


まず、泡の立たないシャンプーってのは初めてなんですが、良く湯洗いした頭にシャンプー剤を頭のあちこちに乗っけて頭皮をよーくよーくマッサージするような感じで使っています。

ちなみに、シャンプー剤を使った洗髪は3日に一回くらいの感じです。あとは湯洗いだったり、湯洗いも無しだったり・・・

思い返してみると、子供の頃は一週間に一回しか洗ってなかったな~。メリットシャンプーの発売はなんか画期的な商品だった、って記憶があります。本当に小さかったときは石けんで洗ってたんじゃないかしら?いつのまに毎朝シャンプーなんてバカな世の中になったんでしょうねえ。あ、資○堂が「シャワー何とか」だか、「コロンシャンプー」だかっていうシャンプーを売り始めてだったっけ?罪なことをするもんです。

話が脱線してしまいました。
頭をモミモミしているうちに、なんとなく油っぽい感じになってきます。これは頭の油なのか、シャンプー剤に油脂が含まれているのか・・・よくわからないけど、シャンプー剤にも若干の油脂はあるんじゃないかしら?

手は油っぽくなるけれど、頭皮は不思議とサッパリします。髪もしっとり、櫛通りも悪くない。

そうやってもみもみを「ああ、もう腕がだるいから、やんぴ」というくらいまで頭皮を洗ったら、髪を巻き上げてそのまま温冷浴やら、身体を洗ったりします。そして、全ての用事が終わったら、髪をすすぎます。これもしーっかりすすぎます。ちょっと置いた方が良いような気がします。気のせいかも知れませんけど・・・

ただ、やっぱり油分が残るらしく、乾くのに時間が掛かる気がします。だから、時間のあるときは頭皮が蒸れないようにドライヤーを時々使ってます。

手櫛を通しながらドライヤーを使うと、洗い立てでも手に白い粉がつくので、これは油の残滓かなにかだと思われます。櫛に付くものと同じです(当たり前か!)

抜け毛は、最初の報告通り、とても少なくなりました。合成洗剤シャンプーよりもまだ少ない感じです。湯洗いの時も抜け毛が少ないので、とっても嬉しい!

髪も指通りがよくて、いままでほとんど髪を梳かすということがなかったのだけれど、最近は時々櫛を入れてます。櫛には何者かが付きますが、石けんシャンプーを使っていたころほど多くはありません。石けんではないので、石けんカスがつくことはないはずです。

お湯洗いは毎日したり、しなかったりですが、3日くらいは痒いとか、臭いとかって感じはありません。今コチラの気温はかなり高く、日中は35度も超えているし、夜も28度をくだらない感じなので、まあ、夏みたいな状況、と思って頂ければ良いと思います。

これまで石けんが長かったとはいえ、界面活性剤(石けんも界面活性剤。ムクロジや豆のサポニンも界面活性剤です)を使って洗髪していたし、2ヶ月くらいとはいえ、合成洗剤も使っていたので、頭モミモミすると油っぽくなる感じは一ヶ月くらいは続くでしょうけれど、まったく洗浄剤をつかわないわけではないので、さっぱり感と安心感が違います。

このまま帰国までこのシャンプーを使って日本に戻ったら、湯洗いにも対応できる頭に変身していると嬉しいなあ、と勝手に期待しております。

日本に戻ったらアボカド&レモンでシャンプーしても良いのだよな、と思ったりしております。塩を入れてもいいかもね~。

そして、目指すところは、「お湯洗いのみ!!」

こんな感じで毎日洗髪しなくてもいい、なかなか素敵な新鮮自然100%のシャンプーです。

ああ、もっと早く出会いたかったよ~。
またアソーク食堂に行って買ってこなくっちゃ!!

わたしの頭よ、がんばれ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


ナチュラルなシャンプー

バンコクに来てから抜け毛がと~っても増えて困ってるので、合成洗剤シャンプーを使ってる、という話を書いたら、色んな方が色んな方法を教えて下さったり、体験談を教えて下さったりしました。

髪が抜けませんか?
その節はありがとうございました。

やっぱりもうちょっとナチュラルなものを、と思い、宗教団体経営の菜食食堂付属の売店で買ったシャンプーは、なんかお皿洗いの洗剤で洗ってるみたいで、髪の脂っ気もすっかり抜けて、夫から「ちょっと油抜け過ぎだから、ココナツオイルでもつけたら?」と言われる始末。
その時の話はこちら→タイ人のためのベジ料理

ワタシの美容問題にはまーったく無関心な彼がそんなこと言うのだから、よほどパサパサしているんでしょう。それに、頭皮のアブラもとれすぎて頭が痒くなるのが早い。はやく皿洗いみたいなシャンプーは止めなくちゃ。


もっといいものないかしら?あの食堂付属の売店では他にも色々売ってたから、今度は違うの試しましょ~。
ちょっと時間が空いてしまったけれども、行ってきました、シャンティ・アソーク食堂。

前回自宅に持ち帰ったサラダやら、麺類やら、前回食べられなくて、でも気になったものを食べました。
あ、今日はそんな話じゃなくって・・・・

食事を終えて、野菜(なかなか良い野菜が売ってるのよ)をちょっと購入し、売店で夫はピーナツを買って、わたしはシャンプーの棚とにらめっこ・・・

なにやら瓶にスムージーみたいなものを詰めたものがある。表記は全部タイ語だから、気合い入れて読まないとシャンプーかコンディショナーか区別がつかない。

2分くらいにらめっこ。シャンプーとは書いてないが・・・
「ちょっとすみません、コレ、シャンプーですか?」と近くにいたおじさんに聞いてみる。
おじさん老眼らしく苦労して読んでくれて、「サッポムだから、シャンプーですね」と教えてくれた。

なーんだ、ほんと、サッポム(洗髪)って書いてある。

蓋を開けてちょっとニオイを嗅いでみて、まあ、ダメモトで買ってみよう。

IMG_1021.jpg

家に戻って落ち着いて読んでみたら、「新鮮!自然100%」と書いてある。中身まで解読しなかったけれど、コブミカンの絵があるので、コブミカンが主成分でしょう。コブミカンとても髪によいものらしい。
新鮮はうそだろう。常温保存だから、防腐剤は沢山はいってると思われます。

どれどれ、と早速使ってみました。

手に取った感じは、アボカドの入ったスムージーみたい。柑橘とその他モロモロの食べ物っぽいにおいがします。

よくお湯洗いした髪につけてみたら、泡は一切立ちません。だから、どれだけ使ったら良いのか良くわからないのだけれど、まあ、頭皮全体に行き渡るような感じで頭にまぶし、よくマッサージします。

泡は立たないけれど、結構気持ち良い。汚れは取れている感じがして、頭皮もすっきりします。

すすいでみたら、髪はきしむこともなく、指通りもよくてとってもいい感じ。きっとシャンプー自体がちょっと酸性なんでしょう。
抜け毛もまあ普通の分量です。なにしろ一本が長いんで、ちょっと抜けても大量にあります。

髪が乾いた今もサラサラといい塩梅です。

やっと合成洗剤から脚を洗えそうでちょっとほっとしました。
しばらく使って様子を見たいと思います。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ヘアケア色々

抜け毛の話を書いたら、とてもたくさんのコメントを頂きました。

コメント欄で埋没させてしまうのは惜しいほど貴重な情報をたくさん頂いたので、改めて記事にしてまとめておきたいと思います。

まず、ローフードを始めて、色々(白髪、抜け毛、髪質の変化、湿疹など)の症状が出る場合もあるのだ、ということがわかります。髪が抜けるのも私だけじゃないのよね。
もちろん、ローフードで良い事ばかりの方もいらっしゃいます。

身体は人それぞれだから、良い事も都合の悪い事も含めて、ローフードがもたらしたものに違いはありません。わたしの先のブログで紹介した断食した人の髪が抜けた話のように、身体はいらないものに毒を移して、身体から切り離しますから、髪を通してデトックスしているのが、抜け毛の原因だと思われます。この場合、毒が出てしまえば、また髪は戻って来ると期待できるわけです。

皆さんの反応は、基本的に「合成洗剤は使わない」という感じでした。
ただし、ノンケミシャンプー、自然派シャンプーというものが、どのような洗浄剤を使っているのかは気になるところです。(すみません、疑り深いんです・・・もちろん、どの商品も、私が今使っているフィットネス備え付けのシャンプーとは比較にならないくらい良いものだと思います)

石けんでは、毛穴の奥がアブラで詰まってしまって、抜けちゃう、というという説明は、何となく実感として納得できます。
アブラで毛穴が詰まって毛が抜けるメカニズムは、elmoさんのブログ
野菜料理日記 抜け毛について~私の場合
に詳しいです。

お湯だけ洗髪については、私自身、自分のブログに本の紹介ついでに一度書いた事があります。
「傷はぜったい消毒するな」

purinさんご紹介のインド系粉シャンプーは、色々なハーブを粉にしたもので髪を洗うというものです。わたしがバングラデシュで使っていたものには豆の粉が入っていて、サポニンで泡が立つものでした。(豆って煮てたら泡が出て来るでしょ、アレです。)
これらはほんとうに自然なもので、石けんカス問題もなく、頭もスッキリします。

これを書いていて、「むくろじ」で洗っても良いのだな、と思いました。むくろじというのは、羽子板の羽に使う種で、この種の外皮は水で揉んだらモワモワと泡が立つんです。
帰ったら一本植えてみようかな?  髪が洗える日は遠いでしょう・・・

面白いのは、「傷はぜったい・・・」の記事にコメントを寄せて下さった、みささんと、先日の記事にコメントくださった、ゆこさんの方法。
みささんの方法は、重曹、塩、酢をお湯に溶いたもので髪を洗う、という方法です。
やってみました。確かにスッキリしますが、後で酢リンスをしないと、ちょっとネトつく。それに、洗面器が必要なので、続きませんでした。
自宅お風呂の方には石けんを使わず、アブラをさっぱりさせる良い方法だと思います。

そして、ゆこさんの方法はもっとシンプル。
飽和食塩水で洗う、というものです。

こちらも教えて頂いたミクシーのコミュニティー(掲示板のようなもの)を読んでみると、塩湯を洗面器に入れて頭を突っ込んでマッサージしていたら、ネトネトとアブラが出て来た、とか面白い話が満載です。
すごくデトックス効果が高いみたいで、髪だけでなく、全身に使えて、サッパリしてとても気持ち良いそうです。

他にも、ふのりで洗う、小豆で洗う、小麦粉をノリみたいにして、それで洗う、パスタやうどんの茹で汁で洗う(小麦粉洗髪と同じ事ですね)という方法もありますが、準備が面倒だし、旅行、外お風呂向けではないですね。

そして、究極の方法は、「お湯だけ」洗い。

maimaiさんがご紹介くださってます。
最初の一ヶ月は、やはりネトネトに悩まされるそうです。
理屈は分かります。今まで定期的に皮脂を落とされていたので、過剰に生産するわけです。
これは合成洗剤から、石けんに替えても最初同じ事が起こります。ただし、まったく洗浄剤を使わないので、ネトネトは我慢したとして、ニオイは大丈夫なのか、とても気になるところです。

なぜなら、わたしは石けん洗髪をしていた頃、石けんを使うのは3日か4日に一度で、普段はお湯洗いをしていたんです。だんだん、「そろそろ洗わないと臭いな?」と自分でも気になったんです。

ただ、「お湯洗い」の場合、どれくらいしっかり頭皮をマッサージして洗うのか、わたしの洗い方は十分ではなかったのかもしれません。

ただ、私はドライヤーを使ってません。ドライヤーで頭皮だけ乾かしていたら違ったのかもしれません。
ドライヤーを使わないから、石けん洗髪の時には髪が抜けた、とミエミーエさんは報告してくれてます。むれるのかなあ?

なんだかの洗浄剤を使いつつ、普段はお湯洗いだけ、というのなら何となく出来そうだけど、一ヶ月、髪質が変わるまで我慢できるかしら?というのが目下の心配事です。

また、アブラで毛穴が詰まって髪が抜けないだろうか?
石けん洗髪の時は、お湯洗いだけの日でもゴッソリと抜けていたのだから、気になるところです。

夏井先生のご著書にもある通り、髪(頭皮)を洗う時も何もつけないのが正解だと思います。
わたしは常々、「世の中はとてもシンプルに出来てるのに、複雑にしてしまうのは私自身だ」という思いがあります。だから、夏井先生もおっしゃってるし、洗髪だって、お湯洗いが正解なのでしょう。


良いとは分かっていても、なかなか実行に移すのは難しいのが世の常であります。

脱合成洗剤オタクだったのに、あっさり転向してしまった情けないわたしですが、シャンプーの回数を減らして、お湯洗髪でどれくらいもつのか、試してみようと思います。
もちろん、シャンプーをした時は、よくよく流します。流しているうちにキシむんだけど、がまんして、しっかり流します。洗髪用のシリコンぶらしも使おう。

幸か不幸か、髪が減ったので、頭をゴシゴシ洗うのも以前ほど大変ではなくなりました。ニオイがきになると、やっぱりシャンプー使うんだろうなぁ。

今回、自然洗髪のことを色々検索していて、「ロングヘアーマガジン」なるサイトを見つけました。わたしは今胸くらいの長さですが、この夏まで腰まであったので、やっぱり長い髪って維持するの大変なのよねえ、と思いました。
手入れの仕方など、掲示板になっていて、色々面白いので、興味のある人は検索してみてください。(リンクフリーじゃないので、リンクを貼れないんです)

暑いバンコクでは挫折しても、寒い日本に帰ってから、一ヶ月くらい、ニオイが出ても帽子を被って世間の目(鼻か?)をごまかして、お湯シャン、塩シャン、やってみます。本当にお湯だけで洗える人になったら、なんて自由になるだろう、と思います。

色々教えて下さったみなさん、悩みを寄せて下さった皆さん、
本当にありがとうございました。

髪の手入れ、悩ましいですねえ。でも、がんばりますよ~。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

髪が抜けませんか?

ローフードを生活に取り入れてからそろそろ2年が経とうとしています。
このブログを書き始めたのは、遡ってみて見ると、2008年12月13日。

何となく、ブログを始めたのは12月26日だと思っていたので、一周年記念記事を書くの、忘れてました。
三日坊主なわたしがよくやってるなあ、と思います。これもひとえに読んで下さる方のおかげです。どうもありがとうございます。

ところで、ローフードを始めてから顕著になった困った事があります。

「髪が抜ける」

もともと毛が多くてスタイルが決まらないので、長く伸ばしていたんです。長いですから、一本が抜けてもたくさんの分量になるので、「こんなもんかなあ」と思ってたんだけど、でも、やっぱり多いような・・・

今年の夏にダッカに行った時には友達から「あんたの頭は薄くなった」と言われる始末。

もちろん、まだ地肌が透けて寂しくなるほどではありませんが、自分の感覚でも1/3くらいは減った感じがしてました。

話は前後しますが、わたしは、脱合成洗剤生活を15年くらい続けていたので、髪を洗うのもトリートメントもテレビや雑誌の宣伝で見掛ける事のない商品を使ってました。特別なものではありません。

つまり、身体を洗う石けんで頭も洗っていたわけです。石けんで洗うのは、3日に一回くらい、後は毎日お湯洗い、という生活を長く続けていました。

使っている石けんは変わらないけれど、ローフードを取り入れてから抜け毛の量が増えて来たんです。

髪が抜けるのは腎臓に問題があるからだ、といいますが、腎臓が悪いという感覚はあまりありません。いや、あるのかもしれないけれど、気がつかない。
こうやって書いていたら、一日の断食で体重が2キロも変わるのは、むくみがあるからで、腎臓はちょっと疲れているのかも、という気がしてきました。

髪が抜けるのは、身体の毒素を出しているからなので、ローフードを取り入れて、毒出しが進んでいるんでしょう。でも、髪があんまり薄くなるのは寂しい・・・

友達で長期の断食をした人はゴッソリと髪が抜けました。その後はもちろん生えて来たのだけれど、「元の状態には戻らない」と言います。

ローフード関連の英語サイトの掲示板で「髪が抜ける」という書き込みを見た事があるので、ローフードで抜け毛が増える、というのは良くある症状なのかもしれません。

さて、バンコクに来てからです。

もうものすごい抜ける。石けんで洗わない日でもわんさか抜ける。

うわー、このままでは本当に禿げそうだ!!と思うくらい抜ける。感覚的には半分になってしまった感じです。

髪が減って、洗うのも楽になっちゃった。乾くのも早い。この調子で抜けて行ったら、本当に地肌が見えるかもしれない、とかなり焦りました。

しかも、日本と水が違うので、石けんで洗うと、ネトネトするんです。水が硬いので、石けんカスが出来ちゃうんでしょう。

話はまた変わりますが、わたしはジムのシャワーで洗髪します。(日本にいた時も同じでした)

ある時、「合成洗剤だけど、これで洗ってみよう」と思ったんです。そう、備え付けの安物シャンプーです。

すると、抜け毛が少ないんです。1/5くらいに減っている。通常の抜け毛の量、っていう感じです。

あれれ?と思ってまた石けんで洗うと、ゴッソリ抜ける。

そんな実験を繰り返してみて、今では、髪を合成洗剤で洗う人になってしまいました。
なるべく頭皮の油を洗い切らないように、頭皮は軽めに洗って、髪のほうは排気ガスなどをとるために泡で良く洗う、という洗い方をしています。

抜け毛の量は減りました。

これは水質のせいなんじゃないか、と思います。硬水だと、水の中のミネラルが石けんと成分とくっついて、石けんカスの量が増えるんじゃないかしら?

だって、旅行中、日本と同じように髪を洗っていても、櫛までコテコテするほど髪がねとついて、困ることがあるんですもん。旅行中の洗髪は、ホントにストレスでした。

日本でも、フィットネスのお湯は、地下水を使っているので、石けんカスが抜け毛の原因の1つだったのかもしれません。(それほどネトネトしなかったように思うけど、地下水と石けんの相性は難しいのかしら?)

重曹洗髪ができればいいのだけれど、洗面器のない状況ではなかなかやりづらいです。

ひとまず、不本意ながらも合成洗剤で髪を洗ってます。
抜け毛も一段落して、ちょっと安心ですが、本気で腎臓の手当も考えなくちゃ行けません。

やっぱりきちんとフルーツ断食を定期的にやって、塩抜きデトックスしないとダメみたいです。

あんなに、多い髪がいやだったのに、減って来ると寂しいもんです。どうか機嫌を直して生えてきておくれ。
私の身体よ、いつも無茶をしてごめんね。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック