「仕事から帰って料理をするというのがなかなかうまくできません」

料理教室について、というカテゴリーを作って放置してあったことを思い出しました。

教室の生徒さんからの相談です。
この方は食べ物のお仕事をなさっているので、家に戻ってからまた料理というのは大変だと思います。まだお若いし、パートナーの食事の用意をすることも色々と気を使って負担に感じることも多いと思います。

わたしも自分の仕事が忙しい時、料理なんかなにも思いつかないなんてことは少なくありませんでした。今でも冷蔵庫の中身で出来るものと食べたいものが一致しなくて「お好み焼き!」なんてことがあります。

御飯の支度ですが、品数を揃えようとするとなかなか大変です。パートナーにもよるでしょうが、女性は奴隷ではないのだから、彼が料理を作らないなら、あなたが出来る範囲のことをすればいいので、品数や献立的にちょっと変?でも在庫の関係であれこれなる時もあるというものです。料理は数ある家事の一部で、技術に優れた方がそれぞれの特性を生かして担当すればいいのです。

連れ合いとわたしは東西カップルで食文化がかなり違います。最初の3年くらいは本当に苦労しました。その苦労の中には、◯◯でないとダメ!という思い込みも多かったと思います。案外料理を難しくしているのは自分自身だったりするものです。

わたしの料理にはものすごく簡単なものが少なくないですが、簡単な料理が美味しくないというわけではなく、簡単だから素材の味を生かした美味しい料理が出来るのだと思うのです。簡単な料理をたくさん知っていると料理のハードルは下がりますね。

具体的には、ご飯はいつも炊いてある(寝かし玄米は便利)。美味しい味噌がある。漬物がある。
これだけあれば、ご飯、味噌汁、漬物で一応食事になります。
(それじゃお連れ合いが済まないところが問題なんだよね)
わたしはこれに菜っ葉の煮浸しやお浸しがあれば十分ですが、彼のために魚を焼いたり、刺身を並べたり、チキンのボイルを用意すれば、家にある野菜でお味噌汁を作るだけでなんとかならないかしら?

仕事で作る料理はお金をもらう料理で、それは家の料理と違って当たり前なのです。ここはキッチリと区別しないといけません。

食べたいものを家にあるもので作れるようになる、というのがわたしの料理教室の目標ですが、そのためにはまず、自分が何を食べたいか、ということとしっかり向き合わないといけません。
食べたいものがお茶漬けや納豆ご飯だったなら、納豆ご飯やお茶漬けの献立を考えたらいいわけです。

家で作る料理は歯磨きや洗濯のような家事であり、習慣なのだと思います。毎日料理を作っていれば、余りが出たり、材料が残ったりするので、それを使ってまた違う料理を作り足して、とルーティンになればそれなりに出来てくると思います。

fc2blog_20150129225402c7f.jpg
鰈の一夜干しのブルギニオンソース焼き。たくさん届いた若狭の一夜干し、グリルで焼くのに飽きたのでちょっと指向を変えてみた。付け合せ野菜と一緒に皿ごと焼くので手間なしです。料理自体は至極簡単。連れ合いは初めて食べた(当たり前だ、初めて作ったよ)料理に満足してくれて目出度い!

でもまぁ、ほんとに毎日人の口に入るご飯を用意するのは大変なことです。家計と健康に響かない程度に外食を利用しながら二人の好みの食べ物や自分の好きな料理を探しながら生活をしていくのも人と暮らす楽しみだと思います。

家の料理にきちんとした材料を使っていたらだんだん外食が出来なくなってきます。心配しなくても彼との生活に馴染んできたら、料理も大変でなくなってくると思います。どうしても出来ない時は出来ないもんです。「ごめん、今日の晩御飯は納豆御飯!」と宣言してしまう日があってもいいじゃないですか。

料理に苦労していた日々も今となっては懐かしい思い出です。そんな苦労から色々なレシピが生まれて料理教室が出来ているんだなぁ、と思うのです。あなたも楽しんでくださいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月3日 (火) オイスターチャウダー
2月1日 (日) ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。