アラブの息子とベンガル料理。

おっさんに着物の値踏みをされた気分の良さで話が飛んでしまいました。

アラブの息子と楽しくお出かけして、お昼にはピッツェリアでランチして、
fc2blog_2017060312281515c.jpg
若いアラブ人は美形です。

美術館では音楽コンサートなんかもやってて、サティーとかドビュッシーとか聴きながら程よくウトウト。
fc2blog_20170603122910470.jpg

そして、家に帰ったらベンガル料理です。
彼は「魚は値段が高いので、週に一度、金曜日に食べます」というので、んじゃ、塩サバのカレーにしよう、とサバカレー。

fc2blog_201706031229347f8.jpg

ビリヤニの残りや、キチュリ(豆と野菜の炊き込みご飯)に、カリフラワーとホワイトアスパラのパコラ(インド天ぷら)を添えて食べたのでした。

fc2blog_20170603122957f24.jpg

残り物&作り足したおかずでご飯にするなんて、家庭料理っぽくてアラブの息子はすっかりうちの息子になっていたホームステイでした。

食べ物の威力は素晴らしいのです。
彼がカタールで食べるカレーとわたしが作るバングラデシュ料理のカレーでは同じわけはないのですが、バングラデシュ料理はどうしようもなく美味しいので、インド料理好きの心を虜にするのだなぁと妙に納得したのでした。

「レストランやらないんですか?すごく美味しいです」

いや〜、そう言ってくれる人はたくさんいるんだけど、そんなに働きたくないのよ。
わたしと縁のある人だけが食べられる料理なのです。

アラブの息子よ、君が帰国するまでにまた玄米のバスマティでビリヤニパーティーしようね。

今日はビリヤニ記念日!

趣味のホームステイ受け入れ。
今年は、なんと!アメリカの大学からカタール人の青年が我が家の息子に来てくれました。
本物のアラブ人と親しくさせてもらうのは初めてで、とてもエキサイティング。

カタールってどこだったっけ?アルジャジーラや、ドーハの悲劇、こんな断片的な知識しかありませんがサウジから盲腸みたいに飛び出した半島なのね。

うちに来た最初の夜は、お互い慣れないし、ご飯も何食べるかわからないからいろんなものを適当に作っただけで、食べ物の話になった。

カタールってイランに近いからペルシャ料理食べるのかしら?それともレバノン料理みたいなのかしら?と思ったら、なんと!インド料理を良く食べるそうで、パンよりご飯。ビリヤニ大好きだという。

へ〜、カレーも辛いの食べるの?
「はい。辛いの大丈夫。」

ビリヤニか〜、作ったことないけど、ご飯たいて、肉のカレー作って、混ぜて鍋を密封して焼くんでしょ?

「そそそ。お母さん作ります。大好き。」

へ〜。ビリヤニって店の料理であんまり家庭で作らないと思ってたよぉ〜。んじゃ作ってみようか

「だいじょぶです。普通の料理いいです」

でももうみんなお口がビリヤニになっちゃった。料理の本の作り方に忠実に作るのは難しいし材料も揃わないので、固めのご飯と肉のカレーを混ぜて密封して焼く、というビリヤニの基本だけ抑えることにしてあとは適当にある材料でやってみる。

お米はいつぞや買ったオーガニックのバスマティライスの玄米。こんなときウチには玄米しかないのがちょっとナニだなあと思わなくもない。

肉は鳥の胸。骨なしで残念だけどまぁしょうがない。とにかくちゃんとできるかどうか全く自信がない。玄米のビリヤニを食べたことがないし、本にも玄米については書いてない。香りだけが頼りだ。

ビリヤニのお供にキュウリのライタとサラダ。おまけでカリフラワーのサブジ。

fc2blog_20170527204730ed0.jpg

お〜!なんかビリヤニっぽいぞ。香りも悪くないぞ!

お皿に盛って

fc2blog_20170527204751037.jpg

いただきま〜す。

ホームステイくん、
fc2blog_20170527204853af3.jpg

「フラッシュバックしました。レストランやらないんですか?」

こんなにドキドキしながら作る料理は久しぶり。新しい料理を手探りで作るのもまた楽し。

今日は素敵なビリヤニ記念日となったのでした。
今回はお試しなので実に適当な材料で作ったけれど、次回は骨つきの肉とか、羊とかで作ってみよう。ついにビリヤニまで作ってしまった。嬉しいな。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
六月は日程調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

日本人のバングラデシュ料理研究。

食べ過ぎ注意なので、あまり研究できないバングラデシュ料理。
いや、食べ過ぎなきゃいいんだけどね、美味しすぎるので、食べ過ぎてしまうのです。対策といえば、品数を控えること。

ダールのスープや揚げ物、練り物系は省略しなければいけないところが悲しい。

先日、夕方買い物に行ったら、マゴチの切り身が半額になっていた。食べる予定はなかったけれど、コチが半額なら買いだろう。

普通に小麦粉を叩いて焼こうと思っていたけれど、ムラムラと研究心が起こってしまいました。

久しぶりのバングラデシュ料理研究。

野菜のミックスカレーに、マゴチとニンニクの芽とトマトのカレー。小松菜炒め。

fc2blog_20170521212029786.jpg

バングラデシュの人たちも魚食いですが、彼らにとって魚といえば淡水魚。
日本人が日本でバングラデシュ料理を研究するならば、海の魚でいかに作るか?ということになるのですが、正直なところ、バングラデシュの人たちが海の魚の美味しさを知って食べ始めたら、日本人の口に入らなくなるんじゃないか、心配。

彼らが海の魚を食べないのは「くさい」からだそうな。流通の問題もあると思いますが、確かに魚の香りは淡水魚と海の魚では違います。日本人には海の魚の方が美味しいけれど、ベンガル料理らしさというと、微妙かもしれません。

しかし、試しに作ったマゴチのカレー

fc2blog_20170521212051a29.jpg

なんでもうひとパック買わなかったんだ!と自分を責めるほどの美味しさでした。

晩ご飯は菜っ葉炒めにサラダを足して。
庭のドニヤパタ(パクチーというタイ語で日本に定着しちゃいましたね)もトッピング。

fc2blog_2017052121210882d.jpg

いや、いかん。ご飯を食べすぎる。この美味しさはなんだろう?いつも不思議に思うのですが、どうしてこんなに美味しいんだかさっぱりわかりません。

今日の研究。
マゴチのカレーは素晴らしい。ナマズに匹敵します。日本人、なんでナマズ食べないのかしらね?

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
5月25日(木) 春の野菜の和食のお惣菜。
日曜コースはお休みです。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

久々にベンガル料理

あまり熱心に研究しないことにしているのだ。

だって・・・食べすぎるんだもの。美味しいんだもの。困るんだ。

だけど、某稽古の後の宴会で人参の葉があって、スパイスがなぜか揃っていたのでバジを作ったらもうあかん。バジだけじゃ嫌だ。生協の砂肝が冷凍庫にあったはずだ。砂肝のカレーは脂が全然ない純粋な筋肉だから美味しいんだぁ〜。

fc2blog_20170420222945d3f.jpg

茄子の季節じゃないのが残念ですが、新ジャガで根菜ミックスカレーも久しぶり。大根の葉のバジはワンアンドオンリーな美味しさ。

今は恒例Tシャツ展の前でハガキの発送作業をしたり、色々と忙しいのだけど、ベンガル料理の作り方もどんどんシンプルになってそれほど大変でなく作れるようになってきた。これを手抜きと言う人もいらっしゃるだろうけれど、それは断固違う。余分な手間を省いているだけの話だ。

と言うわけで、ご飯食べすぎるベンガル料理なのです。

ベンガル料理は作れるのだけれど、何度作ってもこれだけの材料でどうして美味しくなるのかわからない。どんどんシンプルにして作り方も材料も減らしてもやっぱり別次元に美味しい。

fc2blog_20170420223004c05.jpg


ベンガル料理最大の謎はこの美味しさなのですが、その全容は謎に包まれているのです。

世の中にこんな美味しい食べ物はないと断言できる。ベンガル料理おそるべし!!

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月23日(日) ナシ族の発酵平焼きパン
4月25日(火) ナシ族の発酵平焼きパン

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

シメサバを作ったら魚の骨でベンガル料理。

買い物に行ったら、鯖が売っていた。「シメサバできる?」と聞いたら、「できますよ〜」とおっしゃるので、
んじゃ、お腹出しで二本ちょうだい、と頼んだら、「え?お腹出しだけでいいの?」と聞かれたので、「んじゃ、三枚おろしで、アラつけておいてね。頭も。」

やっぱ卸してもらうと家で魚を作るの楽だな。

鯖を一本買ったら、シメサバがもれなく2枚できてとってもお得。鯖二本でシメサバ4枚〜。

早速一枚はその日の晩ご飯。
fc2blog_2017013021130963e.jpg

おでんの出汁でお豆腐を温めて、巨大白菜は刻んでサラダ。そして、鯖。
手間が掛かってるんだか、掛かってないんだかわからない晩ご飯。

骨の部分は洗って、塩をして、料理するまで冷凍保存。

結局魚を買ってから2日くらいで料理したので、冷凍せずに冷蔵庫で熟成させればよかったけれど、骨はやっぱりベンガル料理でしょう。

fc2blog_2017013021134264f.jpg

大根の葉っぱ、人参炒めを添えて、魚の骨カレー。
なんで日本では中骨ばかりのカレーになるんやろ?と考えたら、三枚おろしにするからで、バングラデシュではよほど大きな魚でない限り背越しに切るので、中骨だけってことがないのでした。

この骨のカレーは手で食べないと食べられないし、お客さんに出すこともできないし、料理教室もリクエストがあればやってもいいけど、骨のカレー、やりたい人いるかしら?
とーってもシークレットなお料理です。

なんだかね、私が大阪人だからかどうかわからないけれど、骨はオマケみたいなものですが、この骨をベンガル料理にしよう、と思って魚を買うとすごく得した気分なのです。

ブリや鯛のアラを買って料理するより、断然鯖の骨です。

fc2blog_20170130211400f31.jpg

いかん、美味しすぎる。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
2月21日(火)豆のカレー、ポロタ。
2月19日(日)豆のカレー、ポロタ。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

お煮しめ作り。お昼はなぜかベンガル料理。

うちでは正月料理のことを「おにし」と呼んでいた。つまり、正月料理は煮しめのことで、ハムや蒲鉾、塩焼きの鯛やその他お刺身や肉料理系は「おにし」の付属品で、煮しめ、黒豆、数の子、ごまめ(田作り)が正月料理、という感じだった。

だから、正月料理の準備といえば、煮しめを作ること。一品づつ別に煮る。
おばあちゃんが指揮をして母に作らせていた料理では下茹でをしていなかったように思うけど、下茹でした方が色々簡単なので下茹で法に変更している。伝統も好みとか、作る人の都合で変化するわけよ。

fc2blog_20161231200145317.jpg

今年は分量を減らしたので昼前にはほぼ煮しめが終わったので、お刺身用の鰤をすぐに刺身にできるように、骨を外したり、皮を剥いだりして、骨&皮でベンガル料理。カリフラワーとカレー(日本のカレー)の残りがあったので、それらも参加してお昼ご飯。

fc2blog_201612312002062de.jpg

なんかお煮しめ作る時にベンガル料理のお昼ご飯ってパターンになってないか?魚のカレーにカリフラワーのサブジで一年最後の午後に向けて英気を養うのでありました。

いや〜、さすがに鰤はアラも皮も美味しいな。イナダやハマチとは違う大人の貫禄があります。

今年もご愛読ありがとうございました。
父の遺品や遺産の片付けで大変だったけれど、新しい展覧会もできて、人間関係も広がって、わたしの宇宙が広がりました。
お付き合いいただいた皆様、ありがとうございます。

というわけで、夜は普通にお蕎麦ですよ〜。

fc2blog_20161231202216218.jpg

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月19日(木)ラザニア
1月29日(日)ラザニア


平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。



レモンと魚のベンガル料理。

今日の料理教室はベンガル料理研究会。

日頃の研究を教室で皆様にご披露いたします。スパイスのベールに隠れたベンガル料理の真髄、ベンガル人のハートに触れる料理を作って食べて、バングラデシュの人たちの叡智を学ぼうという会。

本格カレーといえば、スパイスを何種類も使って、とても手順の多い複雑な料理のように思われがちですが、さらっと作った日本のお惣菜が美味しいのと同じように、ベンガル料理もそんなカレーがございます。

今柑橘が美味しい季節ですから、いろんな柑橘を使って皮の苦味や渋みと酸味、辛さとスパイスの風味溢れる魚の料理を作ってみました。

魚はサゴシ(サワラの小さいの)。身が柔らかく香り高い美味しい魚。青魚の女王様。

fc2blog_20161127152122250.jpg

fc2blog_20161127152102251.jpg

人参のバジ。人参の甘みとからし油の香りと青唐辛子の香りと唐辛子の辛さのコンビネーションが素晴らしいのです。人参の美味しい食べ方ベスト3に入る。

fc2blog_2016112715215383c.jpg
魚のレモン煮は辛くないバージョンと

fc2blog_2016112715213765a.jpg
辛いバージョンを作ったのに、みんな辛いバージョンばっかり食べるんかい?庭の唐辛子を8本くらい入れてあって、唐辛子の香りが素晴らしい。

fc2blog_20161127152213923.jpg
人参と

fc2blog_20161127152230b86.jpg

カブのサラダ。今カブが美味しいねぇ〜。このサラダでご飯がお茶碗一杯食べられます。

今日は圧力鍋で白米をあっという間に炊く、というおまけレシピも。ご飯がない!でも圧力鍋なら本当にすぐ炊けちゃいます。知っておくと便利だよね。

fc2blog_20161127152245916.jpg

さて、庭の香り高い青唐辛子を齧りながらいただくベンガル料理は最高に美味しいのです。

皆様、魚とレモンのカレー、いろんなレモン、いろんな魚で作ってみてください。背越しに切るので魚も無駄なく食べられて、お魚ありがとう〜美味しく食べるよ〜美味しいよ〜なのです。

今日はからし油を取り寄せて、ベンガル度アップいたしましたがいかがだったでしょうか?
ご参加くださった皆様、遠いところ、貴重なお時間をありがとうございました。
今日の料理が一つでもレパートリーに加えていただいて、日々の生活の潤いになれば幸いです。

12月は25日のみ可能です。教室じゃなくて羊で忘年会でもいいかもしれません。ご意見ご希望ありましたらお知らせください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


鶏皮でベンガル料理。

新潟の白米をいただいたので、このところキチュリブームが続いています。
キチュリとは、豆とご飯を一緒に炊いたものですが、いろんなバージョンがあります。
わたしは野菜がいっぱい入ってるバージョンが大好きで、作るときはこればっかり。この手のキチュリってあんまりお店で食べられない、本当に家庭料理じゃないかしら?と思います。

キチュリはそれだけで完全食なので、別に添え物のおかずが必要ではありませんが、なんにもないと寂しいので、バジ(野菜炒め)とか、バジ(揚げ物)、トルカリ(野菜の意味ですが、転じておかず、つまり、カレーということ。)そういえば、カレーという英語はトルカリのカリをとったもので、東インド会社で働くイギリス人がムスリムのベンガル人コック(牛をを食べないと居られないイギリス人がインドで雇ったコックはムスリムかクリスチャンです)に「これはなんという料理だ?」と聞かれて「おかずです」と「トルカリと申します〜、サー」と答えたのがカレーになったのだと思われます。

で、炊き上がったキチュリ。
fc2blog_20160916220028259.jpg

これに、解凍してしまった鶏皮とたくさん買ってしまった茄子でトルカリを作ったら・・・

fc2blog_20160916220046e8b.jpg

すごく美味しいんだけど、ん?待てよ?皮ばっかりのトルカリってさぁ〜、都市低所得者の人たちが家で作って食べている料理だなぁ〜。

バングラデシュでは、生きた鶏が普通に売っていて、それを買って自分でさばいて食べるのですが、日本の魚屋さんと一緒で市場で「落として、皮外してね。頭もいらん」などと注文すると注文通りのお肉にしてくれる。ぶつ切りにしてね、なんていうと鶏が減っちゃう危険があるので、ぶつ切り注文はしませんが・・

で、このはずした皮や手羽先や頭を格安でまとめて売ってるところがあるらしく、そのような需要があるわけです。

なんか皮ばっかりで肉のないカレーを食べていて、そういえばわたしは魚をアラばっかり好んで買うけど、マインドは都市低所得者住民と同じだわ、と思うとちょっと嬉しくなったのでした。

魚のアラとちがって、鶏の皮など丁寧に羽を毟って食べられるようにするのは大変な手間だと思うけど、家族のため、自分のために工夫して作るんだよなあ。皮じゃなくて肉が食べたいと思うのか、皮でも食べられるだけいいと思うのか、どっちなんだろう?

神は細部に宿り給うというではないですか!鶏皮のカレー、ゼラチンコッテリで美味しいのでまた作ろう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
9月28日(水)魚のベンガル料理
10月16日(日)中国料理

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

夫出張中で一人ご飯。

広島に戻ると連れ合いは出張中。一人伸び伸び思う存分好きなことをしている。

好きなことったって、糸紡ぎやら糸巻きだけど。

fc2blog_20160907225121b9f.jpg
紡ぎ終わった糸は一度枠に巻いて枠ごと蒸して撚り止めをします。

一人の時のご飯は楽しみなんだか苦行なんだかわからないけど、わたしは生活も仕事も、日常生活こそ人生の大部分を占める大事な部分だから楽しむことに決めた。

楽しむったって、手間ひまかけるわけじゃない。食べたいものを作って食べるだけ。食べたいものったって、一人手打ちうどんみたいなバカなことは滅多にしない。たいていは手間いらずで、作り置きが出来て、3回くらい食べたら満足できて、おかずが少なくてもいいような、そんな料理。

というわけで、キチュリ。豆とご飯と野菜の炊き込みご飯。これは材料を入れて、味付けをして、適当に水加減をして、あとはコンロの炊飯機能を使用。

fc2blog_20160907225655120.jpg

炊きあがったら火が消えているので、手が空いた時にかき混ぜる。

昨日買い物に行ったら立派は葉っぱ付きの大根が売ってたので、大根の葉の炒め物をおかずにする。

fc2blog_2016090722582048e.jpg

大根葉の歯ごたえが素晴らしいアクセントになる。

fc2blog_20160907225957a7f.jpg

えへへ。好物を作って気ままに食べる嬉しさよ。一人の時はあれこれおかずを作りすぎないこともいい。

キチュリはたくさん出来たので、用事がてらこんちゃんに配達に行って、今日で終わりの冬瓜あんかけまぜそばを食べたのでした。

fc2blog_20160907230243584.jpg

巨大冬瓜と、苦瓜をたくさん頂いて、エビ鯛の気分。

キチュリ、最高だな。どう作っても美味しいし、いろんなタイプがあるけれど、わたしは野菜いろいろ入ったギーを使わないものが好きです。家庭料理の安心な味、我が家の味。我が家ったって、バングラデシュで働いていた時に、使用人のジェリーが作るキチュリの味なんですけどね。

明日はキチュリの残りに苦瓜炒めで食べよう。あぁ、もう幸せだ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
9月11日(日)ブータン料理!!
9月28日(水)魚のベンガル料理かも
日曜クラスは調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。



カレー気分。

大阪から戻ったらなんだかモヤモヤとカレーな気分。
買い物に行ってないから材料はやや心もとない。必需品の玉ねぎもちょっとしかない。

さて、ご飯を炊こうと思ったら、なぜかキチュリ(豆と米と野菜の炊き込みご飯)になっちゃったので、キチュリに合うようにシャケの腹身の香味揚げと野菜のバジ(炒め物)

fc2blog_20160617212537ac0.jpg

キチュリ大好きなのです。どうしてこんなに美味しいのか?と思うくらい美味しい。

翌日は手羽先と残り野菜。玉ねぎないので青ネギを代用してみる。玉ねぎなしでベンガル料理を作るのは初めてだわ。

fc2blog_201606172125561d1.jpg

トルカリ(ベンガル語で野菜とか、おかずの意味。ドライではないカレーを指す場合もある)は煮物だなぁと思う。

fc2blog_20160617212613a51.jpg

小松菜と揚げのトルカリはお揚げが「早く食べないとオレもうだめかも・・・」と弱気なことを言うので料理した。

バングラデシュの料理の美味しさは普通じゃないくらいに美味しいので、食べ過ぎ注意なのです。

時々日本のカレーを食べたくなって作ることもありますが、日本のカレーもなかなか良いものです。しかし、バングラデシュの家庭料理はまた別格なのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月19日(日)魚料理
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。