スロージョギングの教科書「ランニングする前に読む本」

走ったこともない人が、いきなり毎日30分も走ってるなんて、走らない人には信じられないことと思います。

実は私もそうでした。走るなんて考えられないよ・・・

ところが、スロージョギングは違う。走るっていうイメージが全然違うけど、走るのと同じくらい筋肉が鍛えられるし、カロリーも消費するけど、しんどくないから誰でも、何の準備もなく、筋トレも柔軟体操も、ストレッチも、上等なシューズも必要なくて、すぐに始められる。

だって、スロージョギングは誰でも自然にできるとてもナチュラルな運動だからなんだって。

んでもって、驚いたことにスロージョギングを3ヶ月続けたらフルマラソンに出場できるらしい。

いや〜、マラソン?そんな〜カンベンだわ。この人何を言ってるの?って感じだけれど、この本を読んだら「なるほど、そうか。そうなのか!!」と、その気にはならないけれど、その気になっちゃう人もいるだろう。

fc2blog_201709092231555ec.jpg

スロージョギングの肝は、一緒に走る人とおしゃべりしながら走れるペース。

つまり、エアロビクスで心拍数上げて〜ってんじゃなくて、息が上がらない程度のスピード。だから歩くよりも遅いくらいで足の付け根で着地する。

息が上がらないスピードというのは、乳酸が筋肉に貯まらない程度の負荷なんだそうで、乳酸が筋肉に溜まるとミトコンドリアが酸素を使って乳酸を分解してまたこれをエネルギーに使うんだそうです。

だから酸素供給と乳酸の生産が同じくらいだったら、乳酸が貯まらずに乳酸もエネルギーにしながら長く走れるということらしい。

で、踵からの着地ではなくて、足指の付け根(フォアフット)からの着地だと、足の裏とアキレス腱のバネを使うことができて、膝に負担をかけずにバネの力で推進力を得られるので無駄がないらしい。

だから、シューズは薄い方がいいんだって。ランニング用の踵にエアーのクッションが入ってるような底の厚いシューズはフォアフットでの着地がうまくいかなくて、つま先着地になっちゃったりするらしい。

そもそも、その場でジャンプするときはフォアフットで着地するし、フォアフットで着地するからぴょんぴょん飛べるわけで、なるほどなぁ〜と思ったのでした。

で、何でウォーキングじゃなくてジョギングなのか?というところですが、座業で歩かない、運動しない人は全身の筋力が均等に衰えるんじゃなくて、衰える筋肉とあんまり衰えない筋肉があるんだそうです。

で、衰えない筋肉というのは、普段の生活で立ったり座ったり、家のなかを歩いたりするのに使うから衰えないんですが、走るために必要な筋肉は使わないから衰えちゃうらしい。

だから、歩くようなスピードでジョギングすると、その使わない筋肉を使うし、股関節周りの筋やら肉やらも動くのでいいのだそうです。

そうか〜、だから誰でも始められるんだ。

で、スロージョグを続けていたら、筋肉が鍛えられて、それにつれて心肺機能やらミトコンドリア機能とかも上がってきて、「隣の人とおしゃべりしながら走れるスピード」が早くなってくるらしい。

で、ランナーになる気はなくて、体調維持やら痩身に興味があるワタクシ。ダイエット効果はウォーキングの2倍。歩くのと同じスピードでジョグしてもジョギングと同じくらいのカロリー消費があるんだそうです。

そりゃ、歩くのと違ってぴょんぴょんするわけだから、多少の違いはあるでしょうが、そんなに違うんですね。
まだ10日やそこらなので体重の変化などはございませんが、図書館の階段を登ったり、クラブの螺旋階段を上る時にとても楽に上がれるようになりまして、連れ合いからは歩くスピードも随分早くなって、身体の動きが良くなったと言われております。

本はまだ半分しか読んでないけれど、後半はフルマラソンに向けてのアレコレを書いてあるらしいので、ちょっとどうかな?

とりあえず、ダイエット目的、健康維持目的のスロージョグは1日6キロくらいを目指せば良いようです。まだまだスピードも遅いし時間が短くて距離は届きませんが、別に身体を休める日を作る必要もなさそうなので、1ヶ月が過ぎる頃には3キロくらいスロージョグできるようになろうかと思います。

リアル路上を走れるように、今日は角度をつけてスロージョグしてみました。何しろ、うちの周りは坂だらけだから、坂を上れないと家に帰れないからね。




ウォーキングしてるけど、ちっとも痩せないって人も、何事も理屈から入る人も、運動生理学の理屈を料理教室に活かしたい人も、おすすめです。まだ半分しか読んでないけどね。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
9月10日(日)天然酵母でピザ&色々享楽的なご飯。
10月の平日コースは木曜日で調整中。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


児島㐮さんの太平洋戦争。

修行に出ていて、更新が滞ってしまいました。世間は広島忌と長崎忌を過ぎてお盆に突入。
そこで色々と思い出したり、考えたりしたことを書いてみよう。

わたしの行っていた大学で、うちの学科は人数が少なく、チューターでひとクラスという感じのこじんまりした集団だった。
そこで、チューター担当の教授が、何を考えたのかわからないけれど、毎週一冊指定の本を読ませて“解説”を書くという課題を出した。
あれは何かの授業だったのかもしれない。大学生といっても高校生の延長みたいなものだから、先生に出された課題は単位になろうがなんだろうがやるべきだ、みたいなところがあって、結構大変だったことを覚えている。

とにかく、読んだこともないような分野の本には面食らった。本を買うだけでも大変なのに、それを1週間のうちに読んで、感想文じゃなくて、解説をかかないといけない。
解説って本の後ろに書いてあるアレみたいなもんでしょ?予備知識も一般教養もないのに書けるわけない。だから、解説文から丸写ししていた人も少なくなかった。当時は手書きなのでコピペもできないからね。なかなか大変だった。

書く方も大変だけど、読まされる方はもっと大変だろう。文章に繋がりがなかったりするんだから。

最初にずーっと課題になっていたのが、児島㐮さんの第二次大戦関連の著作。

今アマゾンで検索したけれど、太平洋戦争上下の他に南洋での戦闘とかの本も読んだような気がする。4冊くらいは児島先生の本を読まされた(まさに、読まされたわけですよ!)ように記憶しているけれど、定かではありません。

18歳の女の子に戦記物を読ませる先生ってなんか悪趣味な気がしたけれど、児島㐮さんの本はただ淡々と戦史に基づいて書かれている。事実だと思われるものだけで構成された本だった。

読むのは本当にしんどかった。
単純に、字を読むのがしんどいし、話の内容は訳が分からない。起こることに整合性が感じられない。なんでこんなことやってるんだ?これ、歴史やで?ナンジャコリャ?

わたしはどちらかといえば右寄り、保守。ゴリゴリのフェミニスト。愛国者であり、コスモポリタン。自国の文化があるから世界に出ていける。日本語がわかるから、外国語が学べる。

しかしね、個人の上に国家があるわけじゃない。わたしという人間と日本人としてのわたしと、日本国というシステムは同等の関係でわたしの上に日本国というシステムが存在するとは思えない。なぜなら国というシステムはいつも国民を守るとは限らないから。

それは「太平洋戦争」を読めばよくわかる。国を守るための戦争が、ただ戦争を続けるだけのための戦争へとすり替わっていくのが克明に記録されている。

大学で何を学んだか?大学に行ってなんになる?という話がよくあるけれど、わたしはこの単位にならない1000本ノックみたいな読書&解説書きのおかげで“考える”とはどういうことか?ということを学んだように思う。

そのことを大学の教員をしている知人に話したら、「それがわかれば十二分に大学に行った価値はある」と慰めてもらった。

しかし、どうして課題図書の最初が「太平洋戦争」だったんだろう?やっぱり現代日本を考える上であの戦争が実際何だったのか?イデオロギーや情を排して知る必要があると、あの京大山岳部の教授は考えたんだろうか?

毎週一冊ってわけじゃなかったかな?でも一ヶ月はなかったから、2週間くらいだったかな?文学部でもないのに本を読むのは大変だったし、本の内容はほとんど覚えてないけれど、本に書いてあるエッセンスみたいなものはわたしの人間の芯にしっかりと残っている。

学校嫌いだったけど、思い返せば良い経験させてもらったなぁ。両親にも学費の値打ちがあってよかった。
同窓会にも出ないけど、友達が集まってもあまりこの読書&解説書きの課題の話題は出ないなぁ。他の人にはどんな経験だったんだろう?

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
8月27日(日)ザワークラウトと菌活料理。
平日コースは日程調整中。お盆休み以降だね。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」ミニマリストから色々と学ぶ。

わたしの家を知っている人は笑うだろう。モノが多い。おまけに片付けができない。だから掃除も人が来るときしかしない。

いつぞや、こんまりさんのお片づけの本を読んで、服をたくさん処分したのはいいけれど、その後着物ブームがやってきて、実家から持ってきた着物に加えて、和箪笥をヤフオクで買ってしまい、染織家の特技を活かして?リサイクル着物で大変上手にお買い物なさったりして、オクサマったら、減らした洋服の3倍じゃ効かないくらい布資源を増やしてしまった上に、ハギレや裏地の絹が捨てられずに、どんどん増える増える。

もう完全に管理のキャパをオーバーしているけれど、どーする?

というわけで、週刊金曜日にミニマリストの佐々木典士さんが連載をしていて、ミニマルな生き方とやらにもちょいと興味持った。

だってさぁ、わたしだってこんなにモノどーするの?って思うのよ。父が亡くなってつくづく思ったけれど、あの世には何も持っていけない。どんなにこだわりのコレクションだって、残されたものには迷惑以外のナニモノでもない。

生命保険金ってのは、相続経費(税金や税理士費用)とゴミの処分代みたいなもんで、残された家族の安心になんかぜーんぜんならないってこともよぉ〜く分かった。

ミニマルになれるか?という興味から図書館に予約して借りた本。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 [ 佐々木典士 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)




面白いなぁ、と思ったのは、わたしらの脳は5万年前のOSで、バージョンは全然変わらないのに、アプリやら何やらがものすごく増えてしまってフリーズしちゃってる状態だ、という例え。
確かに!それはごもっとも。
増えていくモノや情報や面倒な人間関係ですっかりヘロヘロになっている上に、モノや情報や人間関係のメンテナンスにますますメモリやエネルギーを奪われている。
わたしの場合、人間関係は勤め人じゃないのでそれほど面倒じゃないけれど、モノはどうよ?情報はどうよ?もう日々のお金の管理だけでもあっぷあっぷじゃないですか。モノに至っては、洗濯物を仕舞うのが時々で、畳んだ洗濯物がその辺に積んであって、お風呂のときに“収穫”して着替え&タオルを持っていく感じ。

服だって、あれほど、一枚買ったら一枚捨てるをやっていたのに、捨てられない服とか、もうちょっと痩せたら着れる服とか、やっぱり捨てられなくてケースの中で場所塞ぎになっている。

もういいや、もう痩せないんだから捨てよう。痩せたらまた買えばいい。既製品なんだもの。

あ、わたしの個人的な情けない話はどうでもいい。

著者は、ものを減らすことで、ものから伝わる無言の情報が減って疲れなくなるという。
積んである本、やってない英語教材が「早くやれよ!いつやるんだ?」と語りかける。うちの場合、積んである洗濯物が「いつ仕舞うねん?」と主張しているわけです。
パッと目にやりかけでほったらかしにしてあるアレコレが目に入ってやる気を奪う。本当にそうよ。さっさと片付ければいいのに、何から手をつけていいかわからないの。
「とりあえず、ご飯食べよか〜」となる。

ものを減らすことで、自分がどういう人間か、モノに語らせていただけで、本来の自分ではない自分をせっせと演出しているためにものを持っていた、ということがわかるらしい。

確かに、それは納得できます。だからって、お洋服を白シャツと黒パンツだけにするなんて・・・わたしには無理〜。

人と比べなくなる。
もともとわたしは変人なので、人とは比べないけれど、まぁ、「人並みのふり」をするために持っているものはあるような気がする。

刺激ってのは差が生まれることで感じるのだそうで、新しいお洋服やお茶碗を買うと嬉しいのは、持ってないものを持ったのでその差から刺激を受けるんだそうですが、刺激ってすぐ慣れちゃうので、あんなに欲しかったものもすぐに飽きてしまって別のものが欲しくなるらしい。
んで、ものを減らしてものへの感謝が自然と溢れてくるようになると、この「飽き」が来なくなって長く同じものと付き合えるらしい。

わたしはそれほどモノがほしぃ〜とは思わないけど、モノじゃないものは欲しくて欲しくて仕方ない時がある。なんだろね?何が欲しいんだろう?こうやって書いていてよくわからない。

結局、ものを減らすことで、自分自身と向き合って、自分と出会うという物語がものとの関係で語られる、ある意味とてもスピリチュアルな本なのです。

で、もののない茶室みたいな部屋で、ものからの雑音がない環境で、座禅をなさるんだそうです。

う〜ん、結局今の世の中はこっち方向に行くみたいです。

必要なものだけで、管理できる範囲のものだけで過ごせたらどれだけいいだろう?と思って、今日は服少々と、食品棚から少々減らしたのでした。

まずは明らかなごみから捨てる、とこのほんにアドバイスされてるんだもの。

ミニマリストにはなれないだろうけれど、余計なものは処分しよう。あの世には持っていけないんだものね。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
五月の教室は日程調整中です。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ものをどうやって減らしたか、というと、デジタル化とクラウドの利用。思い出の品も写真に撮ってさようなら。

考えてみたら、そんなにたくさん使ってるわけじゃないから、要らないものに押しつぶされそうになって暮らしているのです。

「田園回帰」6新規就農・就林への道

最近、農業やりたい、興味ある、という人によく会う。

農業でお金大丈夫だろうか?とか、心配なことも色々あるだろうけれど、会社勤め、パート、契約で働いていても厳しいのは同じこと。
農業だったら、少なくとも食べるだけは出来るし、子供だって伸び伸びと育てられるし、通勤電車に乗る必要もない。

わたしも地方都市に暮らして長いけれど、大都市にはない地方の良さが最近しみじみと感じるのです。光回線さえあれば、情報だけは世界中どこにいてても得られるし、欲しいものは通販で買える。

都会の劣悪なアパート暮らしで、家賃と食費でカツカツの生活をする理由は正直よくわからない。

連れ合いが愛読している「季刊地域」のシリーズ「田園回帰6」を買ってきた。

44歳以下の新規就農者で農家以外の出身がもう4割を占めているらしい。若い人で農業を始める人って確実に増えているようです。

新規就農といえば、地域協力隊で上手くいかない例などもあったけれど、地方にしてみたら、もう贅沢、メンツやら何やら言ってられない状況が差し迫ってるので、しばらく前の移住促進、でも村のルールに従ってね〜みたいな面倒は減っているみたいです。

5年経つと80歳が85歳になるのだから、状況はどんどん変わるのね。

新規就農といっても、町営住宅かなんかを借りて、2年くらい補助金もらいながら仕事覚えて、っていうだけじゃないらしい。
その形態ですが、実に様々。

「第三者経営継承」
これは、養子縁組などせずに農家に研修生として入って、その後その家の仕事を引き継ぐ。

「女性就農」
農業って家族経営か?と思ってたけど、女性で農業したい人って多いのよね。だけど、田舎のお嫁さん対策は嫌、という女性向き就農支援もある。

農業で自分で売っていくのは大変という人には、「農業法人の社員」という道もある。
この辺も一つ山を越えたあたりは、個人所有の田んぼが大規模回収されて、農業法人になった。そうでもしないと村の田んぼが存続しないほど後継者不足なわけです。まぁ、あの辺りの人はみんな広島に働きに行ってるので、田んぼを作ってたおじいちゃんがやめちゃったら終わり。

いろんな道を経験者に丁寧に取材して、実際の交付金やら用語解説までついていて、「田舎で農業憧れるんだよなぁ〜」という人が手に取りやすい本になっている。

広島なんか、通勤圏でも農地がたくさん売りに出ている。広島に住んで、農業をしに「通勤」するのだってありなわけです。

考えてみたら、ものすごく豊かな森がうちの裏山にも広がっていて、産直市で季節の野菜が安く買えて、なんだか豊かで質の高い生活だなぁ、と心から思う今日この頃。

農業してみたいのよね〜と思っていて、今の給与所得者生活の先が見えているならば、やってみたい気持ちを大事に飛び込んでみるのも悪くないかもしれません。

農業は定年ないからね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
2月21日(火)豆のカレー、ポロタ。
2月19日(日)豆のカレー、ポロタ。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと」

お正月に読んだ本。



著者の本田晃一さんはワクワク系のビジネスセミナーみたいなことをやっている方でファンも多いことと思います。その方が師匠と崇める愛知の菓子メーカーの社長(?)さんで、日本のウォーレン・バフェットと呼ばれる竹田和平さんから学んだことを一冊にまとめた本。

お金とか、投資とかカンケーないわ!という人も読んでみるといい。
「徳を積みなさい」という話しが延々と出てくる。聞き手の本田さんは性格の良い普通のお兄さんなので、「え〜、でもぉ〜」と悶々としながらも師匠のハートに「そっか、できるかも!」と思わせられていく。

お金の使い方だけじゃなくて、気持ちの使い方や心の使い方まで教えてもらえる感じがします。

ご飯食べながらの話とかも少なくないけれど、行き先はファミレスだったり、ごく普通のところで「なんでも好きなもの頼みなさい」と言われる。

う〜ん、私ファミレス行かないんだけど、ファミレスかぁ。

あるいは、和平さんがご飯を作りながら本田さんが話しを聞いたり。

経営者に限らず、トップって自分一人で最後は決定しないといけないからとても孤独だし、ストレスも多いものだと思うのですが、この竹田さんにはそれがない。そのココロは、「徳があるかないか」を基準に物事を判断しているからのようです。

投資先が株を下げたら、「あんたところの仕事は世の中の役に立っている」と社長を励ます。すると、事業が回復して株もまた戻る。和平さんの話を聞いた後の社長の顔を見て、株を持ち続けるか、損きりするか決めるとか、会社の前でタムロしていた暴走族のニイちゃんたちを「1時間だけワシの話を聞け」社長室に招いて一人づつ名前を聞いて、名前の由来を語り、不良のニイちゃんたちも親から愛を受けて名前をつけてもらった、ということを聞かせたりするところなんか、このほんのクライマックスだ。

うーん、お金や投資には縁はなさそうだけど、「徳を積む。その仕事は社会、世界人類の役に立つか?」ということを基準に考えたら、自分の小さな世界もうまく動き出すのかもしれないなぁ〜と思ったのでした。

いや〜、軽い書き方で一気に読めた。結局、仕事もお金儲けも「天と繋がっていて、そこには愛があるか?」ということがポイントみたいです。

和平さんからもらった偉人メダル一式を持って新婚旅行に行った話も面白いけど、本田さんが猛烈に結婚したくなって結婚相手を探すところも面白い。
婚活してる人にもきっと役に立つなぁ。

広島市の図書館に蔵書してます。広島市、ありがとう〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月19日(木)ラザニア
1月29日(日)ラザニア


平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「老後ひとりぼっち」と「年収90万円で東京ハッピーライフ」

いつぞや、中国新聞でこんな記事があった。

fc2blog_201611032117319c0.jpg

え〜!年収90万円の時代ですか?しかも東京?

と言うわけで読んでみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/3時点)





ふ〜ん、わたしも引きこもり系なのでこの人の暮らし方は何となく理解できなくない。彼は家事が大好き、ご飯作るのも大好き。野草料理なんか研究して、食費を切り詰めてると言うか、楽しんでる。冷蔵庫がないので肉や魚を料理しなくなって何となくベジタリアンになって性格も穏やかと言うか脂っ気が抜けてると言うか・・・

面倒な人付き合いもしないし、人付き合いがないから交際費も掛からない。

この人は図書館で本を読みまくっているそうで、図書館&引きこもりは最高だ、ウンウン、と納得。

そして、この本も読んだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

老後ひとりぼっち [ 松原 惇子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/11/4時点)




まさに母は父に先立たれて晴れてひとりになられたけれど、「車の鍵が見つからない」とか、どうでもいいような理由でわたしを広島から呼びつけて、ひとりで暮らす、ひとりで死ぬと言う覚悟みたいなものはな〜んにもない。

わたしの方はといえば、子供はいないので、母の歳になった時おひとりさまだろうが、連れ合いが元気でいようが、頼り二なる若い者は自前で手当しないといけない。

子供がいたところでアテにナルトは限らないどころか足枷二なる場合も少なくない。人生の最晩年に何を準備するべきか、と言う問題を考えさせられる。

国、行政は全くアテにならない。折もおり、TPP採決しちゃった?ほんと?何てことになっていて、現実のSF化は止まる所を知らないのです。アパートを借りるにも保証人。老人ホームに入るにも保証人。入院するにも保証人。手術するにも保証人。保証人を連れてこなければ入院もできない。お金があってもダメだ。

病院についての保証人は遠からぬうちに不要になるかもしれないけれど、お金があっても老人ホームには入れないとは驚いた。
保証人が立てられない人相手におひとりさま村みたいなのを作って楽しく暮らすという商売はいいかもしれない。

二つの本を読みながら思った。

友達を大事にして、自分より若い人とも分け隔てなく付き合って、健康に留意するように、食べ物を気をつけて、お金を使わず、家事を楽しんで、趣味を楽しんで友達を作って、身の回りを清潔にして、明るい色の服を着て笑顔で老いる。

ふむ・・・なんか税金払うの嫌になってきたけど、安寧な生活にかまけて人権とか、民主主義とか、平等などの
現代社会の抽象的な基本概念を社会のコンセンサスとして理解できなかったツケみたいなものかもしれない。

うーむ・・・年収90万円の老後おひとりさま、やってみたらきっと楽しいに違いない。

ひとりで倒れたらどうする?という問題があるけれど、松原さんの本に素晴らしい解決方法が書いてあった。

這えるなら、玄関まで這っていき、ドアから半身を出して倒れる。

こうすれば行政がどうにかしてくれるらしい。素晴らしい知恵ではないか!

そのうち中世の京の都みたいに朱雀大路に死体がゴロゴロ捨ててある、なんていう社会になるかもしれない。
シュールな未来だなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
11月27日(日)魚のベンガル料理かな?
平日は11月お休みです。御免なさい。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

さながらベンガル人神秘家列伝!「あるヨギの自叙伝」やっと読んだ。

分厚い本でありました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あるヨギの自叙伝 [ パラマハンサ・ヨガナンダ ]
価格:4536円(税込、送料無料) (2016/10/12時点)




いや〜、長かった。面白かった。
分厚くて重たいので持ち歩けないからなかなか読み進みませんでした。

ヨガナンダ師が子供の頃からアメリカに渡って、協会を作って、ヨーロッパ経由でインドに帰国してからまたアメリカに帰るまでのお話しですが、聖者というか、超能力者というか、そんな人がゾロゾロ出てくるのです。
行者好きなわたしはもうワクワクしっぱなし。著者のヨガナンダもその師匠のシュリ・ユクテスワジーもベンガル人でそのまた師匠のラヒリ・マハサヤもベンガル人。
その他にも話しに出てくる行者や聖者の皆さん、ほとんどベンガル人。これには驚いた。

もちろん、ベンガル人にはヒンドゥだけじゃなくてムスリムもいるから、ヒンドゥの聖者や行者と同じくらいムスリムにもそんな人が居てたんだと思う。
そういえば、バングラデシュには聖者信仰が盛んで、あちこちにお廟があって信仰を集めている。もちろん、イスラム的には聖者なんてのはいけないので、世間的には「教育のない人たちが頼りにするもの」ってな感じの位置付けでしたが、みんなコッソリ信仰してる雰囲気がありました。

ってことは、ベンガル(分離独立以来東西に分かれてるけど、武蔵野の東京側と埼玉側みたいな感じといえばわかるかしら?)は聖者の大産地なんだなぁ〜。

不思議な話のあれこれも、パラマハンサと師匠のシュリ・ユクテスワの師弟愛関係もふむふむ、そうだよねえ〜、そんな人いてるよなぁ〜と思いながら読んだのでした。

最近はどうか知らないけれど、わたしがバングラデシュで仕事していた25年くらい前まではダッカ市内でも全裸の行者が歩いているところを見かけたり、つぎはぎの服を着たドルベーシュと呼ばれてる行者が歩いていたなぁ。行者だか乞食だかわからないのですが、そんな人たちの中にも本当の神通力を持った聖者がいたのかもしれません。

シュリ・ユクテスワの僧院の雰囲気とか、行ったことはないけれど、土の匂いから、雨の音から、空気の匂いにご飯の味まで感じながら読んだのでした。

毎晩、ちょっとづつ読み進めるのは至福の時間だったなぁ〜、まさにアノンドなのです。

本のクライマックスは、マハ・サマーディーに入った(つまり亡くなった)シュリ・ユクテスワが肉体を伴ってパラマハンサのところに現れて語る魂の成長の段階の所じゃないかと思うのですが、そんなに成長していないわたしにはなんのことだかさっぱり分からないのでした。

ベンガル人に馴染みのない人には読みにくいだろうと思います。
師弟愛とか神への愛が日本人からするとちょっと??でしょうけど、南アジア的には師弟愛や神への愛の表現ってあんな感じなんです。別に実際にアレコレがある訳じゃないんですよ〜。聖者とか、超能力とか、好きな人には楽しめると思います。

師匠とは出会うべくして出会うんだなぁ。わたしのグルもそうだもの。最近はご無沙汰していて申し訳ない恋しいグルなのです。

しかし、良い本なのに重くて残念。この本はスティーブ・ジョブズのiPhoneに唯一入っていた本だと言われてるけど、愛読するには電子化が必須だと思うのでした。

ほんと、分厚いんだから。

fc2blog_201608302231197b5.jpg

電子化してくれたらKindleのペーパーホワイトを買ってもいいとマジで思う。

本を貸してくださったちなみさん、貴重なものをありがとうございます。次回教室にきてくださった時にお返しいたしますが、それまでまだまだ撫でたりさすったりして楽しませていただきます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
10月16日(日)中国料理
10月19日(水)秋刀魚と秋の和食。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


天使の人の本を読んだ。「ほら 起きて!目醒し時計が鳴ってるよ」

スピなんだか、読書なんだかどっちに分類したらいいかわからないけど、本の話しなので読書カテに分類してみた。

いや〜、広島市の図書館、どうしてこんなに素晴らしいんでしょ?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ほら起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ [ 並木良和 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/9/9時点)



蔵書している。広島市ありがとう〜。
並木良和先生の1冊目の本。

わたしは日本の霊能者の本を読むようになったのは宜保愛子先生の本が流行っていた時以来なので、最近の霊能者事情についてはまったく知らなかったのですが、すごい人出てきたね。

これはもちろん、YouTubeで講演を聞いてどんな人か興味を持ったのでした。

自分がこういう本を読んで今までの自分と違うなぁ〜と思うのは、わたしが自分の体験を通じて考えるようになったことを本を読みながら確認している、という感じなんです。

今までは「ほ〜、そんなことがあるのか?魔法みたいなもんだ」という感じで、自分の世界とは懸け離れたと感じていたし、多少お金があってセミナーとかに行ってたらどっぷり依存していただろうと思う。そうなると今の自分はないだろう。

この本は「統合」について書かれた本です。「統合」というのは、善悪、男女など二元に分離していた世界を統合する、ということについて書かれている。もちろん、自我と宇宙を統合するのだけれど、100%統合する覚悟を決めないと、中途半端はもうダメですよ、と厳しいことが書いてある。

天使がわたしの雑用(雨とか、駐車場とか、安全運転とか、家の留守を守るとか)を手伝ってくれるのも、「そんなことは天使に任せて、自分しか出来ないことを早くやれ」ということなんだそうな。

うーん、100%かぁ〜。厳しいなぁ。

それにしても、今の社会状況、本当に「起きろ起きろ!もう他に道はない」と無理やり生き方、世界の見方を変えざるを得ないような状況。先なんか見えないからお金を貯めてもあんまり意味がなさそうだ。田舎に土地を買って引きこもろうにも原発はあちこち再稼働するし、地震はグラグラ、台風で北海道なんて大変なことになってる。でもほとんど報道されなくて、国のボスは楽しく外遊して大金をばら撒いている。

どう考えても「目覚めなさい!」と日本政府から言われているようにしか思えない時にこんな先生の本を読んだのでした。

講演ではちょっと聞き取りにくいくらいの早口で、とても濃い内容をお話しなさるし、本だって、真面目にやれば効くだろうな、というワークが何種類も載っていて、日々のワークが好きな人はきっと買うと楽しいだろう。

本を読むとわかるけれど、能力のある人は楽しそうだけど苦悩の深さも凡人のそれとは比較にならないほど深そうだ。とても並みの精神力では乗り越えられないし、実際精神を病んでしまう人も多いと聞く。

時間は掛かるだろうけれど、通常の生活を送りながら何年も掛けて自分で制限を取り除いて自己を統合していくのもアリなんだろうな。恐れを手放し、心配することをやめて、自分を愛し、大事にして、善悪で物事を判断するのをやめて、感覚を開いて、心の命ずる道を歩む。

ついでに天使にお願いしたり、感情が起こった時、小生命体が暴れ出した時には講演で教えてくれた方法やら、本に載っている方法で対応しながら登っていけばいい。

この本の序文は「誰でも必ず幸せになれます」というタイトルになっているのだけれど、わたしは相当幸せな生活をしているのです。でも、100%覚醒したら宇宙とつながる幸せってのは想像もできないくらい幸せなんだそうで、なんとも想像がつかない世界なのです。

というわけで、想像できないので100%の覚醒はまだまだ遠い先のようですが、どうやら、我をなくさないと未来はないようです。
我をなくすって・・・やっぱり経験のないことはこわいし、できそうな気もしないけど、やってみたら案外出来るようになるのかもしれない。小生命体を毎日箱に入れてボンっとやって(ビデオに出てくるワークのことです)、また天使の箱に入れて統合してもらって、ってことを地道にやればいいのかなぁ。

天使がひとまとめに統合してくれないかしら?

先生の個人史とか、霊能者の修行とか、天使ってホンマやったら姿を見せろ!といった時のお話しとか、ハワイのどこやらに光の柱を立てに行くとか、常人にはうかがい知れない世界のお話しなど結構楽しめるのでした。

なんかさ、中性的なルックスといい、ゴツくない佇まいといい、若さ(かといって若すぎない)といい、普通の人っぽい感じといい、今までの日本の霊能者の常識を超えているのに、日本の伝統的な修行もしておられる。なんとも新しい人だなぁと思うのでした。

連れ合い無事帰宅ランチ。

fc2blog_201609092144445d3.jpg

栗ご飯に水ナスの和え物、きゅうりとれんこん天の酢の物、最近話題の無限シシトウ地獄。ナイトフライトの後だし、午後には会社に行かないといけないので、軽めにね。

無事のご帰宅慶賀の至りでございます。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
9月11日(日)ブータン料理!!
9月28日(水)魚のベンガル料理かも
日曜クラスは調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「3日食べなきゃ7割治る!」

船瀬俊介さんの断食本。1日1食本に続き図書館に予約しておいて、やっと順番が回ってきた。

3日食べなきゃ、7割治る! [ 船瀬俊介 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




断食がいいのはよくわかってるんだけど、時々断食本を読まないとやる気が出ないので、こうやって書き続けて下さるのは本当にありがたい。船瀬さんの本、なんだか最近内容が濃いような気がします。

断食といえば甲田先生ですが、甲田先生の本からの引用を軸に、新しい情報がいい感じで盛り込まれています。驚いたのは、「脂肪毒」なんと、脂肪から老化ホルモンみたいなのが出るんだそうな。わたしも老化ホルモン浴びてる。

透析しないとダメですよ、と言われた患者さんが、断食の先生(熱海断食道場)を訪ねたら、3日、7日断食でよくなる方向に行くんだそうな。一度透析になってしまうともう抜け出せないので、腎臓の悪い人は透析と言われたら、「ちょっと待ってくれ」と断食道場に入院するのが良さそうです。治ればめっけモノ、治らなかっても透析があります。

怖いなぁと思ったのは疥癬。あのかゆい皮膚病ですが、「断食を繰り返し、食事療法と暖めて汗を出し、漢方と併用したらほぼ全員治る」らしい。ダメもとで断食をしてみたらいい。まぁ、なんでも慢性病は断食をしてみてから西洋医学を考えたらいいと思いますが、最近は医師がやっている断食道場増えているんですね。断食をすると好転反応が出るので、やっぱり免許を持っているお医者さんのいるところで出来るのが理想です。

断食をして、酵素の多い食べ物を食べて、適度な運動をすればいいのはわかりますが、これに加えて「長息法」やり方を検索してみるとヨガの難しそうな長息法などもあるようですが、丹田を意識しながら丹田を緩めながら鼻から吸って、丹田を締めながら鼻から出す。これを息を数えながら行うというもので、深呼吸を繰り返すので身体に酸素が行きわたって体温が上がったり、末端冷え性が治ったりするそうです。

呼吸法ってなんでも基本だよねえ。呼吸法も瞑想もなかなか毎日は続かないけれど、呼吸をコントロールして、心を整えることって魔法なんだなぁと思う。お金も掛からないし、特殊な道具もいらないし、1日の中のちょっとした時間を使うだけでどれだけ毎日が豊かになるかしれないのに、簡単なことって続けるのが難しい。きっとその辺が魔法の魔法たる所以かもしれません。

少食や断食をして、深い呼吸をして、よく笑って、次は運動。
筋肉を使うとカオマンカイじゃなくて、マイオカインという若返りホルモンが出るんだそうで、世のアクションスターや登山家のみなさんの異常な若さはどうやらこれが原因らしい。

ロッキーやターミネーターみたいにジムでバーベルを上げなくても、「アイソメトリクス」という簡単な筋トレを毎日5分続ければいい。それで船瀬さんはムキムキで若々しい(実際あんまり変わらないですよねえ)んだそうです。

70歳過ぎて、1日入院して寝ていたら1年分衰えるんだそうで、高齢になったら床から立つとか、ベッドでなくて布団(床の高さ)で寝る、二階に行ったり来たりする、などの日常の動作が重要なようです。

わたしの母は特に歩いたり、運動したりしないし、ほぼ一日中座っている生活ですが、床生活、寝室は二階にしているだけでどれだけ運動になっているかわかりません。展覧会などに連れ出すと喜んでついてきてくれるので、本当に助かります。母には好きなことをして楽しい毎日を送ってほしいと願うのです。

こうやって日常の動作の重要性を考えたら、和式トイレ時代はどれほど鍛錬になってたかしれません。

足腰ねぇ、ほんとわたしも歩かないので、時々ウォーキングしてるんですが、なんかとてもとても・・・トイレでしゃがむか・・・
今日はプールに行ってこよう。

fc2blog_20160630120208117.jpg
散歩先のお宮さん。お参りする人に会ったことない。

クロールする時に息を吐きながら丹田を引き締めると長く伸びるような気がします。長息と筋トレ水泳。なんかさぁ、運動のためにわざわざ歩いたり、水泳に出かけたり、バカみたいだなぁと思わなくもない。

食べ物はいつも豊富にあって、買い物に行かなくてもなんらか料理をして好きなものを好きなだけ食べられるわたしの状況って、常に腹一杯食べているラットやアカゲザルみたいなもんだなぁと思ったのでした。

よし、今日は久しぶりに空腹を楽しもう。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「ヤオイズム」瞑想のすすめ。

UFOとか超常現象のテレビ番組をたくさん作ったおじさんの自伝。

ヤオイズム [ 矢追純一 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




思いの外面白かった。
矢追さんは満州の新京生まれの新京(満州国の首都、現在の長春)育ち。お父さんは建築家でお母さんは東京の大きな本屋のお嬢さんだった人で新京建設時代の仮住まいのころから満州国を作った人らしい。
満州国の研究家でもある安富歩先生によると満州国建設には当時の日本の国家予算の60%をつぎ込んだんだそうで、満州国時代の鉄道や建物、インフラが今でもちゃんと使われている。

お母さんは破天荒な人で、純一少年は病弱で不登校で気の弱い子供だったらしい。それが敗戦で壮麗な家を追い出され(建築家のお父さんは敗戦前に病死)有閑マダムのお母さんと10歳の純一少年と6歳、4歳の二人の妹は引き上げまでの2年間をあの混沌の中でサバイバルするのですが、有閑マダムが突然女傑に変身する。

敗戦後の満州に残った日本人の惨状は
ボクの満州 [ 中国引揚げ漫画家の会 ]
を読んでもなんとなくわかるけど、矢追さんの体験もなかなかに壮絶ですが、死が普通の時代なのでそんなものかもしれません。

というわけで、この本は矢追さんが恐怖をまったく感じない、という話しから始まります。満州国の話しは「特異な体験」の例として出てくるんだけど、なんかこの人恐怖を超えちゃってるようで、まったく感じなくて、ワクワクしちゃうそうです。かといって無鉄砲とは違うとご自分でも書いておられます。

で、集中力が半端じゃない。女傑のお母さんは勉強しちゃいけないけど、成績は良くないとダメ。家に帰ってきたら外で遊んで来いと家から追い出されるので勉強ができないから、勉強は学校にいるときに集中してやるそうな。
で、高校は妹たちを養うためにほとんどバイト生活だったので学校には通わず、教科書を読むだけで試験を受けて突破していたらしい。大学受験もそんな感じでなんで中央大学法学部に受かるのかよくわかりません。

この辺りからこの本を真に受けると大変なことになるぞ、ということがわかります。

恐怖の克服って「ドンファンの教え」



でドンファンの「4つの敵」の最初の敵が恐怖。これを一度克服してしまうともう2度と恐怖は感じないらしい。そのあとの敵は「明晰さ」・「力」・「老い」。

簡単に言ってしまうと矢追流引き寄せの法則を書いた本なのですが、他の引き寄せ本と違うところは、「執着を手放す」と言ってること。目標をはっきりとイメージしない、とも。

普通の引き寄せは明確にイメージしてそれが手に入ったところを想像する、と執着しっぱなし。矢追さんはテレビのでレクター時代も細部を決めずにとにかく行ってみる。行ったら流れに身をまかせると次から次へとキーパーソンに出会って思いもしない面白い番組が出来上がるんだそうで、確かに矢追さんの番組は仕込みにしては手が込んでいて、昔のテレビはずいぶんちゃんと準備して大掛かりに作ってたんだなぁ、と思ったらほんとに仕込みナシだからあの面白さがあったんだ。

わたしはまだ小学生で8時以降のテレビ禁止だったので大ブームになったユリゲラーのスプーン曲げもオンタイムでテレビで見てなかったけれど、スプーン曲がったとか、時計が動いたとか言ってたなぁ。あのユリゲラーを日本に紹介したのも矢追さんで、ユリと会うのもすごい偶然というか、引き寄せというか、不思議な話しなのです。

後半、いよいよ「ヤオイズム」の話しになるのですが、これがまずは自分というものがちゃんと分かっていないとついていけない(というか、正確に理解するのが難しい)そして、考えずに感覚に身を委ねる。うーん、書くと簡単だけどやるのは難しい。

そのために瞑想がいいという。思考から解放されるには瞑想が一番いいらしい。そして瞑想で「本当の自分に出会って欲しい」本当の自分が何をもとめているかわからないと何をしたいかわからないと楽な生き方はできない。
・・・・・って当たり前だよな。

つまり、最後は好きに生きれば楽に、幸せになってなんの努力も必要ないということだ。
なんかわたしもそんな風に生きてるような気がするし、たいして苦労も努力もせず、毎日楽しく暮らしてるような気がしてきた。

なんかもっとオカルト楽しい本かと思ったけど、とってもマトモな本でした。



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月は日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。