ローコンシャスな外食

バンコクで一番楽しいショッピングモールであるところのマーボン・クローン(略してMBK)というところ、スカイトレイン直結で、東急デパートも付いている。

ここは開店当初から、6階のフードコートが地元の人にも旅行者にも人気の場所なので、タイに旅行で訪れた人には馴染みの場所だとおもいます。もう開店してから20年くらいになるんじゃないかなあ?

もちろん、わたくしも以前から懇意にしておりました。電話の改造とか、変なTシャツとかが、エアコン環境でお買い物出来る素敵なところです。

このショッピングモールの人気の秘密は、フードコート以外にも食べ物屋さんが充実しているところではないでしょうか?リーズナブルなお値段で、色んな食事が楽しめる。フードコートだって、普通バージョンと高級バージョンの2種類あって、高級バージョンはいつ覗いても  かんさ~ん  としています。

ちなみにベジ料理屋(中華ベジ系)のお店がそれぞれのフードコートに入っている上に、なんと!2階にはローフードカフェまである。フードコートにベジ屋さんがあるのはわたしの知る限りココだけです。(ベジばかりではないけれど、レバノン料理とかインド料理系でベジの選択も可なので、旅行者に人気なのですね~)

夫が珍しく買い物に行くというので、イソイソと出掛けてゆきました。時間も丁度お昼時。

「ねえ、ローフードのカフェがあるんだよ、グリーンスムージー飲めるから行ってみよう」とさりげなく誘ってみます。
「ええ?ローフードですかぁ?」とあくまでも気が乗らない夫。
「いや、食事までしなくても、スムージーだけ食べてさあ、後は好きなものを食べよう」
と再び強引に誘います。

渋る夫を引きずって、お店に行くと!なんと今日は営業していない。。。

しょぼーん。

にこやかに慰めてくれる優しい夫。夫よ、優しくしなくてもいいよ、昼のローフードを免れてそんなに嬉しいんだね。

ま、そんなことはどうでもいいや、お昼何処にしましょう?
この辺りは、このショッピングモールだけでなくて、他にもいっぱい同じようなビルがあって、食べ物屋さんも山のように色々あります。

「野菜がたべたきゃさぁ、あの59バーツの店、行ってみようよ」と慰めついでに建設的な提案をする夫。

MBKの5階に、カノムチンという米で作った生麺に、いわゆるタイのカレーを掛けて、キャベツやもやしや高菜の古漬けなどを山盛りにして食べる料理の、食べ放題があるのです。あそこだったら、生野菜が自動的に食べ放題!

「行きましょう。行きましょう。」
本当に59バーツなんだろうか?

IMG_0760.jpg

バイキングのポットにはカレーが6種類くらい温められて、一応英語でも、甘いとか、ちょと辛いとか、トッピングはキャベツがオススメ、などと書いてある。
その周りには、野菜やバーブが山盛り。別のコーナーには、ニンニクの揚げたもの、生姜の刻んだもの、唐辛子、タイのライム、生ニンニク、砂糖、などの調味料系も充実。

お野菜の中には、ディルやバナナの花などというレアものもある。

まず、ハーブ系のお野菜は別盛りにして~、麺はちょっとでお野菜たっぷりに、ソースを掛けて、調味料もトッピングして、

IMG_0758.jpg

こんな感じで一皿目。
左手前がハーブのお皿。軽く茹でた苦瓜とか、四角マメとか。
もやしみたいに見えるのが、バナナの花、少し苦みがあります。

わたしも夫も、麺よりも野菜が多い。これをクリクリ混ぜて、ハーブも混ぜてスプーンとフォークで頂きます。

ソース自体はベジーじゃないけれど、厳格ベジの人でなければ、具無しのソースを選べば生野菜がたくさん食べられるナイスなお食事です。

なんと、デザートもついている。

IMG_0759.jpg

なんか、ちょっと酸っぱくなった甘酒みたいなものに、砂糖をドッポリ入れて、バナナを煮たものでした。
タイの温かいスイーツ、好きなんだけど、これはわたしには甘過ぎ。夫が助けてくれました。

生野菜がたくさん食べられる外食は貴重です。

二人で、水一本頼んで、135バーツでした。本当にデザート付きで59バーツだった・・・

ますます、自炊が虚しくなるわたしでありました・・・
ああ、お腹いっぱい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ドリアンを食べる日々

バンコクといえば、ドリアン!って人結構いると思います。

タイは実に良いところで、果物を丸ごと買わなくても、小分けにして売っているので、旅行者でも、少人数家族でも、気楽に巨大果物が楽しめる。

ローフード関係のビデオをYou Tubeで探すと、結構ドリアンの話題が出て来るんです。
どうやら、デビット・ウルフ氏と、マットなんとか氏(アンジェラ・ストークさんの彼)はドリアン大好きらしくて、このお二人、ドリアン早食(大食い?)い競争などいうビデオまで公開していらっしゃる。
http://www.youtube.com/watch?v=_U2S4yHJg3M&feature=channel_page

↑ご興味のある方はどうぞ。笑えます。

何も早食いしなくてもいいと思うんだけど、ドリアンには理性を失わせる魔力があるような気もします。

どうやら、とても栄養密度が高いので、ある意味スーパーフードなんでしょう。
日本では、ニオイの事ばかり取りざたされる傾向にあるドリアンですが、ねっとりとまるでカスタードのようで、本当に、果物の王様の名に値するとわたしも思います。

そんなわけで、時々ドリアンを買って来て、食前に頂いてます。

IMG_0762.jpg

こんな風にきれいに実だけにして売ってるの。あとは手でつまんでねっとりと食べるだけです。
はぁ~、ドリアン、おいしいな~、と機嫌良く食べていたら、今朝夫が「ねえ、ちょっとお腹でてきたんじゃない?」と鋭い指摘。

ローフードといえども、ドリアンは太るぞ。
ちょっと気をつけます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

不調・・・

昨日の夜、スーパーの総菜で買ったアルー・マタール(ジャガイモとエンドウ豆のカレー)がどうも良くなかったらしい。

朝起きて、水を飲んだら、水が身体に浸透してゆく感じがなく、胃が重い。

それでもお通じも普通以上にあるし、元気にホットヨガに出掛けて行った。

なんだか力が入らない。汗がスゴくたくさん出る。ちょっとムカムカしてくる。
あれ?おかしいな。
そのうちに、昨夜の食べ物のニオイが胃の中から上がって来る。

やと胃の重い理由がわかった。昨夜の食事がまだこなれずにお腹に残ってるんだ。油が悪かったのかなあ、昨夜食べた時には何ともなかったのに。夫は何も言ってないので、たぶん何ともないのだろう。

もうひとクラスヨガをするつもりだったけれど(ワンセッション1時間なの)ヨレヨレになってしまったので、シャワーを浴びてスゴスゴと家に引き返す。

こんな体調だ。幸い出張で夫は留守。いつもの麦ジューススタンドで麦ジュースを飲み、デトックス効果の高いビーツルートのジュースと、グアバのジュース、それに、スイカ、パパイヤ、ドラゴンフルーツを買って家に帰る。
体調悪いのに、大荷物になって家に戻ったらますますヨレヨレになってしまった。
改めて、果物って重いんだなあ、と実感する。

家では、グアバのジュースにサイリウム(オオバコ)を混ぜて飲もうとするが、身体が受け付けないので、ジュースは冷蔵庫にしまって、先に休むことにした。

結局、夜になってもお腹も空かず、ジュース断食と相成りました。

昼と違って、夜になったら、ジュースを飲んでも胃が重いということもないので、いくらか回復しているのでしょう。

ホットヨガで塩抜けしてるので、夜のビーツジュースには塩を加えました。食いしん坊なのに、何かつまもうという気も起こらない不思議な1日です。明日には復調しているかしら?

わたしの食事はしょっちゅう乱れているけれど、ローフードの知識があれば、不調にも冷静に対処できて便利です。
友達家族が来て、たくさん食べた後の不調について最近も書きましたが、悪いものを食べた後の身体の反応がやたらと早いなあ、と感じます。
ちょっと不便なんだけど、ま、いいか。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

明日の体調をみて、必要ならばジュース断食、ちょっと元気になっているようならば、果物断食で過ごしたいと思います。

不調の翌日

たぶん、新生活の緊張からの疲れもあったのでしょう。いったい何を緊張してたのかわからないけれど、食生活をどうしたらいいのか、というのは悩んでたかもしれません。

だって、外でオカズを一皿買って来るのと、菜っ葉一束が同じ値段だとしたら、悩みませんか?

そんなわけで、夫も留守なのを良い事に、ジュース断食明けの身体でヨガに行ってみました。

1発目、普通ヨガ。
「お腹空いた」ということもなく、ふらつきもなく、普通にクリア~。
2発目、ホットヨガ。
ちょっとお腹が空いた感じはするものの、まあ、普通にクリア~。

不思議なことに、アレコレ食べたいとか、猛烈な空腹感というのはやってきません。まだ本調子ではないのかな。

バンコクに来てから顕著なのだけど、ジューサーがないので、朝の青汁は省略しているので、本当に半日断食になってます。
断食のままヨガに行ったりしていますが、「腹へって死にそう~」な感じにあまりなりません。
帰り道(もちろん、行きも)、タイの路上には誘惑が一杯なんだけど、アレコレ買い食いもせずに家に戻って、食事の用意などしている自分がとっても不思議。
まあ、家に着いてから、果物バクバク食べる日もあるけれど・・・

そんなわけで、プチ断食後ですが、昼と夕方に昨日買っておいたスイカを食べて、夜はパパイヤという、どちらもデトックス系の果物のお世話になってます。
果物ご飯だと、準備も片付けも簡単(果物はもう切ってある)でカップラーメンよりも簡単です。

せっかく果物断食なのだから、食べ合わせにも気をつけて、果物の種類を混ぜずに食べてます。

わたしは慢性便秘だったために、たぶん腸がふくれていると思うのですが、断食などをすると、お通じ悪くなります。だから、食べない日にはサイリウムなどで繊維を補ってやらないといけません。
なかなか一筋縄ではいかない身体、食生活を変えずにいたら、今頃色々な病気になってたんじゃないかな~と思うのです。

せっかくバンコクに住んでいるのに、朝ご飯も食べず、買い食いもせず、ちょっとつまんない気もします。
来週あたり、夫を誘って朝のお粥屋さんに行ってみようかなあ。。。
身体が重くなるだろうな~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

プチ断食の効能とRasayanaでランチ

毎日行ってるヨガです。
股関節も肩関節も背中も硬いし、ぺんぎんなので腕脚は短いというヨガ不適体型ですが、まあ、出来る範囲でやれば良いのがヨガのよいところ。
運動の習慣のないわたし。特に広島に来てからは歩く事さえなくなっていたので、画期的、まさにセンセーショナルな毎日です。

相変わらず、たいして上手にはなりませんが、おお!!っと思う日があるんです。
そう、断食の後。
昔3日間の本断食(水だけ飲む断食)をした後、身体がクイクイ曲がるのが面白かったっけ。。。

今日、産まれて初めて、いや、大人になってから初めてブリッジで頭が浮きました。(後屈も苦手。ラクダとか・・・)
食あたりも悪い事ばかりじゃありません。

甲田先生の本に、食べ過ぎると筋が硬くなる、と書いてありますが、これは本当かもしれません。わたしは、単に肉が減るゆえ障害物が減って曲がるようになるのかなあ?と考えていたけれど、そればかりじゃないみたいです。

うれしいな~。

そんなわけで、不調からもしっかり回復し、夫の出張中を良い事に、一人優雅にRasayanaでランチをしてきました。
Rasayanaへ行く途中、ココナッツ水を売っているお兄さんがいたので、一杯所望します。20バーツ。もうプラのコップに、水と果肉のこそげたヤツがはいって、氷でキンキンに冷えている。
ヨガで良い具合に脱水した身体に、ココナツ水がしみわたる~。本当に、細胞に吸い込まれる感じです。ハイドレーションにはコレに限る!

このところ少食だったので、果肉まで食べたら、結構お腹いっぱいになったけど、そんなことには動じません。夜を減らせば良いだけの話です。

やっとラサヤナに到着(結構歩くのよ)。
今日は、サマー・トマト・スープと椎茸バーガーを注文しました。

まず、トマトスープ

IMG_0766.jpg

お料理が運ばれてくるまで、掲示板の広告などを眺めているうちに、しまっくすさんが出て来てくれて、おしゃべりしている間に、スープが運ばれたすぐ後、メインディッシュも運ばれてきました。

慌てて頂きます。
やはり、まずはスープから。上にパラパラ掛かっているのはダルスでしょう。初でございます。ちょっとスパイスが効いていて、アボカドでクリーミーなスープです。量がたっぷりあるので、少食の人はこれとデザートでも良いかも。
運動の後の身体に染み渡ります。

椎茸バーガー

IMG_0767.jpg

黒いのが椎茸で作ったバーガーですね。マリネして乾燥させてあるので、かなりの量のキノコが使われていると思われます。白いソースは、たぶんマカダミアナッツ。ニンニクが効いていて、好みの味です。
ローのバーガーって、手でもって食べるわけにはゆかないのよねえ。ちゃんと、それぞれの山の下に何者かで作られたパンズというかクラッカーが敷かれているのだけれど、お料理が早く出てくるので、スープを頂いた後、メインに取りかかる頃には上のトマトが滑り落ち、パンズもちょっとしっとりしておりました。
ニンジンの千切りの山のほうはトマトソースで、これは前回頂いたサルサとはまた別のフォーミュラになっていて、なかなか美味しいトマトソースでした。トマトソース、ブレンダーで回してしまうより、ダイスに切ったほうがいいかもな~、と思いながら頂きます。
丁寧なお仕事、本当に感謝です。

バーガーのディテールはこんな感じ

IMG_0768.jpg

「お味見してください」とフラックスシードと胡麻で作ったクラッカーを頂きました。

IMG_0769.jpg

コブミカンの葉でタイのフレーバー。黒いのは岩のりが入ってる。黒ごまバージョンのほうはニンジンジュースとニンジンパルプがちょっとはいっているらしいけど、味はほとんどわからない。
海苔入りのほうは、海苔の香りと、コブミカンの葉のコンビネーションが不思議な感じでした。

食後にはいつも温かいハーブティーが出されます。
今日は生姜だった。もちろん、甘くない。健康スパとしてよく考えてあるなあ、とおもいます。

というわけで、今日はデザートまで辿り着きませんでした。

蚊の襲撃も強まって来たので、早々に退散いたしました。
ラサヤナへは昼間でも蚊対策をしてゆく事が必要であります。

そして、コーススタイルでゆっくり食事を楽しみたい方は、前菜、スープ、メイン、とその都度注文したらいいかもしれません。
他のお客さんを見ていると、ドリンクとメインくらいしか召し上がってないので、お店の方はレストランスタイルのサーブには慣れていないものと思われます。

まあ、ここはレストランではなく、カフェですし、コロンクレンズのスパがメインのRasayanaです。こんな素晴らしいローフードが、しかも、こんなにたくさんのメニューが食べられるだけでありがたいな~、と思うのであります。
全メニュー制覇はまだ遠い先です。

Rasayanaのみなさん、ごちそうさまでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ご質問いただきました。

今日はダルいからお休みしようか、と思いながら、パソコンを開いたら、「毎日スッゴク楽しみにしています」というコメントを頂いたので、怠けられなくなりました。

こんな雑な文章でも楽しみにして下さる方がいるなんて、幸せなことでございます。

今日はねえ、昨日のお昼にガッツリローフードを頂いたので、すっかり満腹して、
晩ご飯も食べず、元気に勉強したり、本を読んだりと過ごしていたんです。
今朝も元気に目が覚めて、ゴロゴロと本など読んでいるうちに、ヨガの時間になってしまい、何も食べないままジムに行ったら、なんかヨロヨロしてきてしまった。。。

でもヨロヨロながらもヨガを2クラスして、麦ジュースを飲んで韓国のり巻きを衝動買いして、家に戻って、パパイヤスムージーに韓国のり巻きというキケンな断食明けをしてしまいました。
久しぶりにお腹が空いたんで、喜んで食べてしまいました。美味しかった。

ホットヨガは大汗かくので、塩分補給しないと塩抜けしてだるくなります。今も塩を舐めながら柿茶飲んで、元気になりました。

さて、ご質問の内容ですが、ドライタイプの発芽玄米は水につけて食べられるのか?
というものです。

答えは、
食べられるか、食べられないか、で答えたら「食べられる」になります。
しかし・・・

わたしも、市販の発芽玄米を粉にして食べたら楽だなあ、と考えない事もないんですが、市販の発芽玄米は、発芽してるけど、その後乾燥してるので、また水に漬けたらそのまま育つか?というとたぶん育たないと思います。

つまり、もう命はない。

死んでいるので、水の中で成長は続けませんから、早く食べないと腐っちゃうか発酵しちゃうと思います。市販の発芽玄米はミルで粉にした方がよいんじゃないかしら?

炊いてしまえば死んでしまうので、白米に混ぜたりして炊く分には、市販の発芽玄米も良いものだと思います。
粉にして食べるのも、生玄米に比べると、発芽抑制物質はとれているし、それはそれでよいのではないか、と思います。
ちなみに、甲田療法の方の発芽玄米はどちらを差すのかよくわかりません。わたしが直接知る人は、自作発芽玄米を召し上がっているようでした。

わたしは、食べ物って生命力を頂く事だと思っているんです。
だから、玄米は1粒が2000粒の米を産む生命力のある食べ物だけど、白米はもう何も産まない、と考えるんです。

玄米を水に漬けて発芽させたものとは別物じゃないかなあ、と考えています。
生きた発芽玄米は本当に米の踊り食い!っていう感じです。

というわけで、ジャスミンライスの踊り食い。

IMG_0765.jpg

お供は、タイ産のアボカドです。お醤油を買ってないので、ナンプラーを使いましたが、それもまたオツな味でした。

生の発芽玄米、とても美味しい食べ物です。
生きている、そのままを頂くのがロー・リビングフードだと思うんです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫が出張から戻って来て・・・

夫が出張から戻って来て、なんとなく無理して自炊するの諦めちゃいました。

それに、勉強するにも、家だとつい、パソコンで遊んでしまったり、暑いし、で集中力も続かないから、どこか涼しいところでドリンクなど飲みながら勉強した方がよさそうだし。。。

今日は丁度夫と昼の予定が会わなかったので、外勉強第一弾、ということで、ヨガの帰りに近所のデパートのフードコート(ここは仕事や勉強している人がたくさんいるのをチェック済み!)

まz、腹ごしらえ。不調からも回復して、お腹空いたから、今日は加熱。

IMG_0770.jpg

キャベツのスープ、こんな料理、わたしも良く作りました。
カボチャの蔓の炒め物に、鶏肉と生のキクラゲ、生姜の炒め物と赤米ミックスのご飯。

ああ、なんか久しぶりに普通の食事をしています。

しかし、ヨガの後、加熱料理を食べてから勉強したら、1時間くらいで眠くなって来たので、スゴスゴと退散。
わたしのテーブルの前に座っていた日本の方と思われる女性は、サラダバーのサラダを持ち込んで、それだけを召し上がっていた気配なので、次回はわたしも真似してみよう。どうも、同じデパート内とはいえ、フードコートの中のモノを何か食べないといけないような気がしていたけれど、べつにどうでも良いみたい。
タイって柔軟でよいわ~。

やっぱり勉強には生食のほうが良さそうです。

ちなみに、このフードコートでの勉強は、冷房も効きすぎず、悪くはないのですが、お店の中に流れる宣伝が結構耳につく。食事中は気にならないのだけれど、集中力の差が出るのだろうか・・・

また別の勉強場所を開拓してみよう。

夕食は、「無化調の汁ソバ屋さん」を目指して行ったのだけど、お休みだったので、台湾系菜食料理を試してみた。

メニューは豊富なのだけど、夫が水餃子に引っかかったので、餃子とあうメニューということで、わたしはお粥、夫は苦瓜蕎麦を注文。

IMG_0771.jpg

火腿とキノコのお粥というメニュー。中華ハムもどきは豆腐なのかなあ?ピンク色していて、歯ごたえも味も「安もんのハム!!」

IMG_0772.jpg

このソバは、美味しかったです。苦瓜はマリネして焼いてある。他に豆腐、麩で作った肉モドキ、もやしなどが入っています。

写真はとりませんでしたが、餃子は蒸し餃子を頼んだのに、揚げたのが出てきました。中身は、キャベツとポロポロの豆腐でした。まあ、そんなもんかな。

わたしたちがメニューを選ぶのに苦労していた(すごくたくさん書いてあるので、どれにしようか迷っていたんです)ので、帰りにメニューを「これ、お持ち下さい」とくれました。

清潔で程よく冷房が効いていて、良かったです。しかし、そんなに肉モドキを食べるなら、肉たべればいいじゃん、って中華系菜食を食べると思います。
今度はもっと菜っ葉なもの食べよう。

近所に菜食料理屋さんが一軒あると便利です。

さあ、明日の昼はどこで勉強しよう。。。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

楽しく食べる。

「野菜が足りないし自炊しなくちゃ」、という義務感から解放されると、なんか楽になってしまいました。せっかくバンコクにいるのだから、バンコクを楽しもう。

というわけで、夫が早起きをしたので、毎朝ジムに通う道すがら、とっても気になっていたお粥屋さんに二人で出掛けてきました。
タイの朝はジョグ(粥)でしょう。ドロドロに炊いたお粥に肉団子とか入っている。卵を入れてもらうのがお約束。
ジョグ屋さんってあんまりないので、すごーく気になっていたの。しかも、11時くらいに通ると、もう店は跡形もない。本当に朝しかやってないお店なの。

IMG_0773.jpg

わーい、久しぶりの朝ご飯、美味しそう・・・
朝から大汗かいて頂きました。ヨガのクラスが始まるまで1時間半あるから、何とかなるだろう。

フィットネスクラブに行って、空いているテーブルを占拠して、ヨガの時間まで1時間くらい勉強。やっぱり勉強は朝のほうが進みます。

ヨガを終えて、さあ、お昼は何処でサラダを食べよう・・・
結局、芸はないけれど、いつものショッピングモールに戻り、サラダバーのサラダを購入。
フードコートでニンジンリンゴジュース(絞りたて!)を注文して、お昼ご飯。

IMG_0774.jpg

サラダをたべているうちに仕事で出掛けていた夫が合流。彼もここで食事をし、二人で楽しくおしゃべりしているうちに、デート気分になってくる。勉強はもう朝したからいいや、と、イタリアの豆でコーヒーを飲ませる喫茶店に移動。デートを続ける。

IMG_0775.jpg

ちなみに、ここのコーヒー1杯は、昼わたしが買ったサラダよりも高い。メニューを見るとお食事メニューも目ん玉が飛び出そうな値段。下手すると日本より高いかも・・・
でも、結構みなさん召し上がっているんです。
バンコクっていうところは本当に不思議なところです。いったいどうなっているのか、バンコクのお金持ちは、底が知れません。

久しぶりに朝ガッツリ(といってもお粥だけど)食べた夫の感想は、「いや、美味しいけど、身体が重くなるからもういいや。」でした。
あなた、いったいどうなさったの???

ちなみに、夫は最近急速にナチュハイな人になりつつあります。
食事の前にフレッシュジュースを屋台でお求めになったり、わたしが作るスムージーのおかわりをお求めになったり、です。
出張中、ホテルで出される食事も朝はジュースとサラダだけしか召し上がらなかったとか・・・しかも、ドレッシングは掛けなかったとか・・・
出された弁当は半分残した、とか・・・

朝のお粥が重いから、もういい、とか・・・・

食後のコーヒー、とっても良く効きます。わたしはシャキーンとして、元気になっちゃいました。毎朝のコーヒーを欠かさない夫は、「うー眠くなっちゃった。このままだと寝ちゃいそうだから、トレーニングにでも行くか」というので、「そんじゃ、あたしも」と再びジムへ。
コーヒーの効果も常習者にはあまりないようです。

結局、一日楽しくデートして日が暮れました。

スムージーとサラダで野菜を補給し、食べ過ぎないように気をつけながら、暮らせば良いようです。タイ料理は一人前の盛りが小さいことですし。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


パパイアダイエット

バンコクには日本人が推定でも5万人くらいは住んでいるらしいです。
旅行者や出張者も来るので、日本人人口はいったいどれくらいになるのやら。。。

そんなところなので、日本語情報誌も色々あります。
今日、なんとなく、そんな情報誌のひとつ、「ばんこくguide」10月号を読んでいたら、面白い記事を見つけました。

DJクミのバンコクウォッチング 第32回 タイDE美ダイエット
というコラム。

ほっそりした人の多いタイ女性の、この国ならではのダイエット法、

「パパイアダイエット」

タイでは屋台でカット果物が買えるんです。大きさとかにもよりますが、だいたい10バーツから20バーツで、適宜カットして、袋に入れて、竹串を一本または2本(人数による)つけてくれうので、そのまま歩きながら食べたり、家にもって帰って食べたり。
ラインアップは、パイナップル、スイカ、パパイア、グアバ、酸っぱいマンゴーなど、たいてい国産のものが扱われています。

わたしもよくお世話になっているけれど、この果物屋台のパパイア(熟したパパイア)だけを毎日ひたすら食べる、というものらしいです。
パパイアには腸にこびりついている脂肪を洗い流して掃除する作用があるらしい、と書かれています。確かに、パパイアはタンパク質分解酵素が豊富で、デトックスな果物。宿便取りに効果的なんですね。

筆者(DJクミさん)のお友達が3日ほど試したところ、他のものを食べたい、という欲求はあるものの、空腹感はなく、胃も腸もすっきりして、肌の調子もよくなったとか。

タイにはソムタムという有名な青いパパイア(未熟。野菜として食べる)でつくったサラダがありますが、この「ソムタムダイエット」が数年前から流行しているそうです。

そういえば、馴染みのフードコートでも、餅米は食べずに、ソムタムだけ食べている女性を見掛けます。ローフーディストじゃなくて、ダイエットの人だったんだ。知りませんでした。

ソムタムには、ココナツシュガーがはいって、かなり甘い。そして、生の唐辛子も沢山はいるので、かなり辛い(まあ、タイの人は平気ですね)。マナーオというタイのライムが入るのでいい感じに酸っぱい。ナンプラーや干しえびが入っているので、ビーガンじゃない。
語学力のある人はエビ抜きの注文はできるでしょうが、たぶん醤油の用意はないので、ナンプラー抜きは難しいかも。

パパイアの酵素とビタミン&ミネラル、パームシュガーのミネラル&ビタミン、それに、唐辛子のカプサイシンとビタミンC、マナーオのビタミンC。

おまけに、ラーメン屋台のないようなところでも、ソムタムの屋台だけはバンコクの町中、何処に行ってもあります。もちろん、ソムタムの食べられないフードコートなどありません。
わたしたちのアパートの前でも毎日売ってます。
ですから、食料調達のために特別なことをする必要も無し!!しかも、安い。(屋台のソムタムだったら、20バーツも出せば買えるはず)

グリーンサラダのために、サラダバーのあるスーパーに行ってるけれど、ソムタムだったら、何処にでもある上に経済だし、美味しい。何よりも国産材料というところが嬉しい。

難しいのは、唐辛子の量をどの程度で注文するか、なのよね~。

やっぱりタイのローフードの王者はソムタム(パパイアサラダ)です。
しかし、ソムタムダイエットは本当に知りませんでした。タイ人、頭良いね。

ちなみに、普通のソムタムの食べ方は、鶏の炭焼きや、豚や牛のタイ風BBQに餅米を組みあ併せて食べます。飲む人にはたまらない、って感じの組み合わせですね。

ああ、なんかこんな事書いてたら食べたくなって来た。明日の昼はわたしもソムタムにしてみよう。

何かと役に立つ日本語情報誌です。たいてい詳しい地図もついているので、旅行者にも超便利ですから、バンコクに来た時は探してみて下さい。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

腸観 上

わたしは子供の時から便秘でした。
でも太っていた事はありません。が、いつもお腹がみぞおちから下腹部まで美しいアーチを描いて、ポコンと出ていました。

子供のうちは普通にそんなもんでしょうが、娘になっても子供体型のままでした。

毎日トイレに行かないとダメ、ということを知りませんでした。親は医者なのに、自分の子供の排便にはたいして興味がなかったのか、便秘はイカン、という意識もなかったのでしょう。
ちなみに母も便秘で、センナやアロエなど愛用しておりました。今はコーヒーに入れる牛乳とヨーグルト、時々マグネシウム剤のお世話になっているようです。

子供の時はそうでもなかったと思うけど、思春期以降、よく食べました。
よく食べるけど太らない。でも便秘・・
(といっても一週間がリミットなので、それほど重症ではないところが問題意識を遠ざけていたのです)

専門家の指導を受けて、自宅で断食をしたのが、確か6年くらい前の春。3日間の本断食でした。宿便が出た、という感じはなかったし、むしろ便秘していたのだけれど、断食のコースが全部終わるころには、ウエストにクビレができていて驚きました。
中年になって、女性らしい身体のカーブを手に入れた、というところでしょうか。

この断食で多少の宿便は出たのでしょう。ウエストのクビレもそのままです。

ローフードのようなことを始めたり、ナチュラル・ハイジーンを取り入れたり、甲田療法も取り入れたりして、スイマグを飲み、野菜主食で定期的に断食をしていたころから、便が細くなって、気持ち良く出なくなって来たのです。
これはかなり不快で、トイレに行く度にちょっとずつ出るけれど、ちょっとしか出ない・・・・
この症状は3ヶ月くらい続きました。

ポリープでも育っているのか、と思って、検査をするけど、陰性。母には「あんた、ご飯あんまり食べないで、菜っ葉ばっかり食べてるから繊維が足りないのよ」といわれ、生サツマイモケーキなどをメニューに加えてみても、たいして改善しない。断食もやめてみたけど、今イチ・・・

ついに、わたしは医者に見てもらう決心をして、ネットで良さそうなところを探し、車を走らせました。
結果は・・・「何もないですよ。繊維の多いものを食べて、便の嵩を増やして下さい。マグネシウム剤と、腸の中で膨れるお薬出しておきます」

つまり、便の量が足りないので、気持ちよく出ない。

わたしの腸は、長年の便秘と大食いで風船のように膨れていたのです。スイマグと生菜食、定期的な断食で、腸の中がスカスカになって、うまく出口へと運搬されなくなっていたんです。

つづく。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

腸観 下

不思議なことは、この症状が、どうしてニンジンリンゴジュースやナチュハイを始めた時には出なかったのか?です。
あの頃は、もう、「何て気持ち良いの~」と朝から天にも昇るようなものがお出ましになっていたのです。

しかし、それは、食べたものと同じ色。ジュースのときはニンジン色。グリーンスムージーだとそのまま緑。
ほうれん草のおひたしをたくさん食べた翌日は、よく黒っぽいのが出て、「ああ、ほうれん草」と思ったものでしたが、生の場合はグリーンのままなので、それがとっても新鮮でした。ローフードってすごいなあ、と思ったものでした。

食べたものと同じ色で出て来るというのは、たいして消化も吸収もされず、そのまま上滑りしてる、ということだと後になって知りました。

症状が出始めたのは、ナチュハイを取り入れて、9ヶ月、ジュースを飲み始めてから、丁度1年くらい経った頃でした。

結局、ローフードを少し減らし、繊維質の多い食べ物を増やし、断食を止めると便の状態は普通に戻りました。つまり、腸の内容物が足りないと蠕動運動できない、ということなのです。

そんなこんなで、色々と腸について考えていた頃、面白い本を読みました。写真満載!とても良くわかるので、腸に自信のない人はぜひ手に取られたら良いと思います。わたしも、この本のおかげで自分の腸の様子をビジュアルとして想像できるようになりました。
汚れた腸が病気をつくる

今でも、不調などで少食と断食などすると、便は出なくなりますから、まだ風船状態は改善されていないのだと思います。しかし、昔と違うところは、食べ物が食べたものの色のまま出てこなくなったことです。

これら一連の出来事で分かった事は、ローフードを食べると、加熱食に比べて、嵩の高い割に実際の量はかなり少なくなる、ということです。食べ物の量が減るのに身体は満足。ここがローフードのスゴいところだと思っています。
だけど、腸の容量には繊維質が足りなくなっちゃう(わたしの場合)。

食べ物の量が減るのは悪い事ではありません。消化吸収に使うエネルギーも入って来るものが少なければ、効率よく回るわけです。ただ、膨れた腸のために繊維は必要だな、ということなのです。

だから、少食や、サラダが主食の食事をしている時には、腸のための食べ物を意識的にとるようにして、便を貯めないよう注意してます。

風船ですから、腸の内容物を溜め込まないように気をつけて、また、繊維がたりなくならないように気をつけて、ある程度の体積をもってズンズンと進みやすい状態を作る事が重要かな、と思い、最近オオバコが売られているのを発見したので、それを飲んでます。

腸の容積に食べ物の内容も合わせないといけないのだなあ、と思うのです。

これじゃ、太い腸はいつまで経っても細くならないんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、腸の中身も後ろから順繰りに前へと進んでゆく事が重要だと思うのです。過食を慎み、宿便を生産しないように、そして、中身はちゃんとある、という状態。

時間は掛かると思うけど、なるべく正しい食生活と運動。そして、規則的なお通じで人並みの腸にいつか戻るんじゃないか、と期待してます。

明日は番外編、オオバコ写真館です。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

腸観 番外編、オオバコ写真館

ローフードのデザートを固めるのにも使われるサイリウムです。オオバコの実の皮を集めたもの。漢方でいう「車前子」です。

漢方薬局にもあると思います。オオバコダイエットというのが流行ったこともあったそうです。これ、南アジアではよく使う便秘のサプリ。お値段も安いものです。
バンコクではスーパーマーケットのシリアル強化材料(小麦胚芽だけとか売ってました)の棚で見つけました。オーストラリア産のオーガニックで、お値段は高かったです。

袋には、「水かジュースに混ぜて飲んで、その後もう一杯水飲んどくといいよ」と書いてあります。

こんな感じです。マクロ撮影です。

IMG_0786.jpg

日本ではきれいに精製して粉末にしたものが売られていて、わたしはロースイーツ用にそれを使っています。
こちらは色々自然のものが混ざっていてとってもナチュラル。

スプーンに2杯、グラスに入れます。
IMG_0788.jpg

大きさ、わかるかしら?大きさ比較のための旅行用目覚まし時計。

水を注ぎます。
IMG_0789.jpg

なぜか必ず2層に別れる。粉だとダマになって厄介なので、水で飲む場合はハスクがよろしいかと存じます。南アジアでは砂糖を入れての飲む人が多いですが、わたしはもちろん、水だけ。

しばらく放置して、オオバコが水を吸うのを待ちます。もちろん、待たずに飲んでも構いません。

IMG_0790.jpg

膨れてるの、分かりますか?

すくってみると
IMG_0791.jpg

こんな~の。
車前子の皮がそれぞれふくれているだけなので、スプーンでクリクリしてあげると、水と混ざって、グイグイ飲めます。
味はねえ、ないわけじゃないけれど、ある、ってほどでもありません。

このドロ~ンが水を保ったまま腸へと移動してくれるのだなあ、と腸の中の様子を色々に想像してみるんです。

オオバコは良いものですが、寒天や、バジルの種でも同じだと思います。

食事の量が減っている時、断食している時、便が細っている時、保水性の食物繊維があることを思い出してみてください。

膨れてしまった腸の観察、まだまだ続きますが、この連載はひとまずここまで。
お付き合いありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Ariya Organic Cafe

バンコクにもうひとつあるローフードカフェ Ariya Organic Cafeに行ってみました。

IMG_0792.jpg

といっても、夕方、夫と一緒だったのでジュースを飲んだだけですが・・・

前に行ってみたけど、シャッターが降りてたので、何か買うのは今回が初めて。

タイ人にしては背の高い、眉毛の薄いお兄さんが、マスクと青い手術用のゴム手袋姿でメニューを差し出してくれます。

なんか、妙な迫力に圧倒され、怖くて帰りたくなるけれど、生が飲める貴重な機会。ぐっとこらえて、踏み止まる。

メニューを見ると、とりあえず、ドリンクメニューしかないみたい。ジュース、スムージー、どちらもフルーツベースで甘くて美味しい系なので、ちょっとガッカリ。家で飲んでた青汁みたいなのが飲みたかったんだけど、無理よねえ。

日本はケールの青汁がスタンドで飲めるから、日本って実はスゴいところかもしれません。

とりあえず、グリーンナントカというジュース。中身はほうれん草、青リンゴ、リンゴだったかな?リンゴばっかりやんか!
を注文する。

すると、頼んだメニューの上に書いてあったものらしきものを出される。つまり、あおりんご、りんご、生姜。早速間違えている。まあ、いいや。

おまけにジューサーは低温圧搾じゃなくて、ディスク式。

なんだ、コレなら、毎日行くジムの下にあるジューススタンドと一緒だし、あそこなら
値段は半分だ!!

お客さんははっきり言って少ない。私たちが買う前にスムージーをテイクアウトした白人のオバさんが一人いただけ。
覗きに来る人はいるけれど、たいていメニューを見て、踵を返す。

だって、ジューススタンドで飲めるジュースの倍以上するんだもん。麦ジュースがあるわけでなし。麦ジュースミックスの低温圧搾ジュースは高級スーパーで売ってるし、お値段だってもっと安い。

ともあれ、オーガニックだということなので、有り難く頂く。
リンゴ、輸入もんだよ。寒いところの果物だよ。なんで国産のものを使わないの?リンゴでなくてもいいじゃない!

それでもっと適正価格に出来れば、身体にいいローフードももっと共感してもらえるかもしれないのに。(輸入物はとても高いのよ)


そんなことを思いながら、店に置かれていた日本語情報誌を見ながら夫と少し盛り上がる。(高価なジュースは夫と半分こ)

ひとしきり、雑誌も読んで、立ち上がり、会計をするときに「売れてる?」とタイ語で聞いてみたら、わたしがタイ語を話した事に驚かれる。
ちょっと迫力のあるお兄さんも笑えば普通に優しいタイ人スマイルなんだけど、よほどお客さんに振られてばかりで腐っていたのかもしれない。ちょっと見る限り、どう考えてもこの店、テナント料を払うのも四苦八苦だろう。

食事も出来るのか聞いてみたら「出来ます。生ですよ、生」と言っていた。お客さんにローフードの説明をするのにいつも苦労している様子が垣間みられる。

値段は書いてなかったけれども、ショーケースの後ろに料理の名前が色々書いてあって、生とか、ベジとかマークがしてあるので、ローフードばかりではないみたいだった。

Rasayanaはコロンクレンズのスパだけど、Ariyaはウェルネスセンターが母体らしい。こちらのほうが、より医学的なのかもしれない。MBKにカフェを出しているのは、生食の宣伝と啓蒙を兼ねてのことなのだろう。

だから、なおの事、欧米のローフーディストがよく使うリンゴじゃなくて、熱帯の素晴らしい果物と野菜をメインに使ってほしいなあ、と強く思いました。

なかなかAriyaのあるMBKまで行かないけれど、一人であっち方面でご飯時間になったら、こっそりと行ってみよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

1ヶ月アニバーサリー

バンコクでの生活が今日でちょうど1ヶ月になりました。
日本と違って日々外食しているけれど、それは外食も家ご飯も経費が変わらないか、家ご飯が高くつくから・・・もちろん、家ご飯よりも高いレストランだってたくさんあります。

でも、せっかく美食の都に住んでいるのだから、たまには芸の肥やしに出掛けましょう、と夫と1ヶ月記念ディナーしてきました。

お店は例によって無料情報誌に頼って探すんですが・・・

夫はわたしがもうお肉肉なお料理は食べないと思っているようだけど、いつもお肉肉じゃなければ大丈夫ですよ。夫だって、そんなに肉肉食べる人ではありませんが、レストランとなると、肉や魚は避けられない・・・タイ料理って、以外と野菜は添え物なんですよ。なにしろ、お坊さままでノンベジなお国柄です。(一部厳格な菜食の一派があるけれど、少数派)

タイ料理って、高級なところでも、道端や、フードコートで食べても同じようなものだと思っていたけれど、なかなかどして、奥の深いものがある、というのが最近分かってきました。あまり高級なところには行かないのだけれど、ただエビが大きいとか言うだけじゃない。道端のお店では食べられないようなものを食べさせてくれるので、食べた事ないものを注文します。

行ったところは、雑誌の紹介によると、業界人に人気のビストロが場所を移した、ということ。内容はタイ料理で、ワインも豊富だとか。売り物はドイツ料理のアイスバインのタイ風アレンジ。これが絶妙らしい。

食べ切らなかったら、お持ち帰りしたらいいや、と気楽に行きました。

お食事の前にジムに行って、普通ヨガ、その後一時間ドレッドミルなど、お次、ホットヨガをまた一時間、と食欲全開になるように体調を調整。
もちろん、お昼ご飯は生野菜中心でおウチご飯を食べました。(バケット買って来て、サラダを詰め込んで、アボカドパテも入れて、というサブマリン!)こういう料理(?)はレストランで頼むと高いので、家で作った方がお得かも。しかし、パン一本でスープ付きのご飯が食べれちゃうお値段。ローカルな安いご飯と比べたらダメですねえ。。。

夫と久しぶりのデートです。ホットヨガの汗をシャワーで流し、ワンピースに着替えて、お化粧などもちょっとしたりして・・・といっても、わたしがお化粧したって、彼は別に喜ばないのだけれども・・・なんで女は化粧するんでしょうねえ?
話が横道に逸れてばっかりです。すみません。

通勤帰りの人で混雑する高架電車に乗って、お店のある近くの駅までほんの2駅。
「結構遠いねえ」と言いながらくらい道を目指すレストランに向けて歩きます。

やってるかなあ?
席あるかしら? 
店の名前何だっけ?
え!覚えてないの???

あっさり店も見つかって、「そうそう、こんな名前」って、いったいどんな記憶力!?

メニューを読んで、ウェイトレスさんにお薦め料理を聞いて、ナスのサラダ、エビとレモングラスのサラダ、胡椒のスープ、それにタイ風アイスバインの「カー・ムー・ユーロ・マン」を注文。どのテーブルにもこの料理が乗っている。

夫は赤ワインを注文している。ナスのサラダなどを食べてワインを一口「ワインの味が分からない!!」とビールを注文。まあ、ワインはアイスバインと飲めば良いよね。
「やっぱりタイ料理にはビールだなあ」だそうです。

IMG_0797.jpg

タイ料理や中華料理って、料理がバンバン来ちゃうのよね。
あっという間にテーブルが一杯になってしまいました。

左に見えるのが、レモングラスサラダ。レモングラスを薄く輪切りにしたものが沢山はいってます。それと、何か分からない甘いそぼろのようなもの、干しえび、タマネギ、その他色々を混ぜたものをキンマの葉で巻いて頂くの。
このレモングラスの一杯入ったサラダは何度か食べたけど、キンマの葉で巻いて食べるのは初めて。キンマの葉と何者かが一緒に売られているのは見た事あったけど、こんな料理になるんですね。

奥に見える半分以上食べてしまったのは、ナスのヤム。ナスは焼きナスにしてある。まあ、こんなもんです。
右に見える大きいのがアイスバイン。食べやすいように捌いてあります。タイの揚げ物の技術ってすごいなあ、と思うんです。魚をスポンジ状に揚げたり、いったいどうやるのか自分でやってみようとは思わないけれど、どうやって作っているのか一度見てみたいもんです。いつか機会があるといいな~。

手前に見えるスープは、胡椒のスープ。タイに唐辛子が入ってくる前はこのような胡椒で味付けされたスープを飲んでいたというのを最近また例によって無料情報誌で勉強したので、とても興味があったのだけど、今日発見しました。知っていたら結構どこにでもあるスープかもしれません。

いや~これ、美味しかったです。野菜が一杯入っていたし、わたしはスープばっかり食べていました。

小皿に盛られているのが奥から、ザワークラウト、タイ風のタレ、中華風の野菜ピクルスです。アイスバインのタレにはタイ風の他、ケチャップとマスタードもやってきました。
ワインと食べている夫は、マスタードで召し上がり、ワインを干されてから、タイ風のタレへと移行しておりました。唐辛子と赤ワインの相性は今イチなのか?

デザートはさすがに止めておいて、エスプレッソを頂いて、お勘定。

楽しみました。夫よ、忙しい時間をやりくりして、わたしと一緒に時間を過ごしてくれてありがとう。またどこか違う店にも行きましょう。

こんな生活をしていて、半年後また日本に戻った時、パンを焼いたり、毎日料理を作ったりという生活に戻れるのか、わたしも心配だけど、夫も少し心配しているみたいです。まあ、ナチュハイ生活だったら、野菜を洗って混ぜるだけなんですけどね~。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


なつめやし(デーツ)

いつも通っているフィットネスクラブに行く途中、駅からビルまでの歩道橋からナツメヤシが実をつけているのがよく見えます。
ナツメヤシって、ローフードの甘味付けでおなじみのデーツです。

ナツメヤシの樹って、ココヤシ(ココナツ)の樹みたいに大きくならないんです。この歩道橋はビルの2階の高さで樹よりも高いので、どんな感じか分かってもらえるかしら・・・

IMG_0794.jpg

黄色くつぶつぶ見えているのが実です

近寄ってみましょう。

IMG_0793.jpg

とても大きな交差点の、ビルのエントランス広場に植えられたナツメヤシがこんなに実をつけるなんて!だれか収穫するのかしら?

バンコクが豊潤の土地なのか、ナツメヤシの生命力が強いのか。
素敵でしょ。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Rasayanaのイチゴショートケーキ

家の近所に日本人シェフのいるローフードレストランがあるって何て素敵!!

アーモンドと何やらでイチゴショート作りました、とお知らせを頂いて、行ってきました。

最近、タイ語のクラスが始まって、2時間のレッスンを受けた後は、もう脳みそからプスプスと湯気があがるような状態。
頭がぼんやりしないように、クラスの前には軽くしか食べないけれど、発音の練習もたくさんする(とっても大事!!)ので、やっぱりフラフラしてきちゃう。かといって、食べたら眠くなるのも困るし・・・

勉強が終わるともうダメ。一歩町に出ると串焼きが、ソーセージが、焼き鳥が、汁ソバが、手ぐすね引いて待っているキケンな都。

今日はあらゆる誘惑を振り切って、ラサヤナに直行!!

ああ、お腹空いた。
まずサラダ。前から気になっていたソムオー(ざぼん)のサラダ。

ソムオーは大好きで、よく買ってオヤツに食べているの。タイ料理にもソムオーサラダがあるけれど、ラサヤナのはどんな感じ?

IMG_0800.jpg

おお!!思っていたのとはずいぶん違いました。このミモザ色のドレッシングが謎です。たべてみたけど分からない。酸味は控えめでとってもクリーミーでした。

そして、ケーキです。まずイチゴショート。

IMG_0801.jpg

興奮して手元が狂ったのか、ちょっとピンぼけ。きれいにレイヤーになっていて、美しい。
白い部分がアーモンドミルクのパルプなのだそうな。皮付きで、茶色いツブツブが見えているのが嬉しい。

アーモンドの皮をむいちゃうのはもったいないよ。この部分に繊維もミネラルもポリフェノールもたくさんあるんだから。

このパルプでできたスポンジを食べてわたしは悟ってしまった。
バイタミックスがほしい!!
全然違う、というのが良くわかりました。

なんというのか、ツブツブした感じがまったくないんです。

ラサヤナのスイーツが嬉しいのは、油で固めていないところ。だから、身体に優しいの。

さて、脳みそを使った後なので、こんな程度では足りません。
もう一品オヤツ。

IMG_0802.jpg

アボカドで作ったキーライムパイ。

パイといってもクラストがない。だから、アボカドと生蜂蜜とライムの汁を混ぜて冷凍しただけなの。
上にパラパラ乗っているのは、リンゴを干したもの。ソースはイチゴとマンゴーかな?
なんかケチャップとマスタードみたいに見えなくもないですね。

このアボカドのケーキ、とても美味しかったです。ローフードが好きじゃない夫もせっせと食べていたのは、ただお腹が空いていたからではなくて、美味しかったからでしょう。
緑色をしたチーズケーキみたいな感じでしょうか?でもナッツで作ってないので、とっても軽いんです。

今、タイ産のアボカドが手に入ります。これは、ちょっと大きくて、熟しても黒くならないの。そして、冷蔵庫に入れておくと、種が乾燥して縮んで来る。
とっても瑞々しいアボカドなんです。
いつまで買えるのかなあ、タイのアボカド。
日本でもアボカド作ると良いのにね。

ラサヤナのみなさん、そして、ローフードのおやつに付合ってくれたダーリン、ありがとうございました。

しまっくすさん、また新作楽しみにしています。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

週末の楽しみ

近所にある高級デパート、エンポリアムの食品売り場の上。

シネコンがあるのは知っていたけれど、デザインセンターなるものがある、というのは不覚にも知りませんでした。

ラウンジ風の喫茶、レストラン、カフェ、それに会員制の図書館まである。図書館にはデザイン系の本が充実していて、ネットも使えるらしい。

実は昨日、夕食の買い物に出掛けたのですが、お出かけついでに探検しているうちに、ジャズの生演奏が聞こえて来る。

音楽に導かれて足を向けると、とてもハイセンスな広い空間に、図書館らしきところが見えて来て、真ん中に案内のカウンターがあったりして。
その左側に落ち着いた感じのカフェがあって、ジャズの生演奏をやっている。

IMG_0803.jpg

比較的スタンダードだけどちょっとクールなナンバーを結構上手に演奏している、ギター2本のカルテット。

座らない手はありません。
カフェのカウンターに並んである食べ物を見たら、サラダにサンドウィッチ。ローストベジタブルのサンドも残っている。

まだ6時にはならないけれど、夕食はいつも早めなわたしたち。もう食べちゃう事にします。

IMG_0804.jpg

ニンジンと紫キャベツとコリアンダーリーフのサラダ。胡麻が一杯掛かってて、結構いける。
コリアンダーリーフは身体の中に溜まった重金属を出す作用が強いらしい。そうか、サラダにもバンバン入れればいいのよね。

IMG_0805.jpg

ファルファレのサラダにはオリーブとバジルが。

ジャズに身体を揺らしながら、野菜を食べるのはとっても幸せ。
夫は「大学のジャズ研のノリだな、ジャズ研よりも上手だけど」とご機嫌。彼は丁度どこかにライブに行きたい気分だったらしい。

バンドは途中ベーシストを入れ替えて、2ステージ演奏してくれました。
顔立ちからすると華人系の青年たち、一体どんな家庭から、こんな青年が育つんだろう?演奏からは音楽への愛があふれていました。
タイの人たちの世界、早くもっと分かるようになりたいです。

そのためにはタイ語、早く思い出して、覚えなくっちゃ!!

このライブは毎週末行われているそうです。もちろんライブフィーはないんですよ~。
エンポリアムの食品売り場の上にこんな大人の空間があったなんて、不覚でございました。
これから勉強にはこちらを利用させていただきます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

発汗と、甘いものと、ビタミンC

甲田先生の本を読んでいると、甘いものの害についてくどくどと書かれています。まあ、害については色々あるけれど、ビタミンCをたくさん消費するらしい。

また、汗をかいたらビタミンCが失われるから補給しないとイケナイ、とも書いてあります。

ビタミンCが不足してくると、血管がもろくなるので、内出血を起こしたり、歯茎が緩くなったりするので分かるらしい。

ということを本で読んで知ってはいました。

バンコクに来てから、ヒマにあかせて、毎日ホットヨガなどに通って、汗をかいてます。もちろん、柿茶を飲んだり、果物を食べたりして、ビタミンCの補給には気をつけておりました。

つい最近のことです。夫と一緒にトレーニングに行った帰り、彼が「甘いものが食べたい!!」と決然と言い放ちます。「はいはい、喫茶店ですね、行きましょう、行きましょう。」

つまらないことにスターバックスに入って、ケーキとコーヒー。わたしは紅茶。小麦粉でできたスナックもつまみます。

翌日、勉強の帰り、「甘いものがほしい」と決然と言い放つ夫。「はいはい、行きましょう」と素直に従うわたし。

またまた結局スタバに行って、二人で甘いものとコーヒーを食べました。

その夜のことです。歯磨きをしていると、歯茎にブラシがあたって痛い。

こんなことは初めてでした。

つまり、こういうことです。発汗するので、ビタミンは不足気味だけど、なんとかバランスを保っていた。
しかし、そこに甘いもの2連ちゃんが続いたので、決定的にビタミンCが不足してしまった。

ふーむ、甲田先生のおっしゃっていることは本当だったわ。。。
ほんと、白砂糖の害は恐ろしい・・・

実は甘いもの2連ちゃんと平行して、ソーセージ&串焼き三連ちゃんというのもやっていて、吹き出物まで作っていたのでした。
ちょっとだからいいや、キャベツ(串焼きやソーセージにはキャベツと生姜と唐辛子がもれなくついてくる)もたくさん食べてるからいいやと思ったけど、やっぱり控えます。

そして、ビタミンCと汗で流れた塩分の補給に気をつけて、パパイア強化週間を実施中です。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

フェジタリアン・フェスティバル

タイでは今月の18日から26日まで、キン・チェー(ベジタリアン・フェスティバル)というのをやっています。
直訳すると斎(チェー)を食べる一週間、ということで、華人系のタイ人の間で盛り上がるようです。

これが、詳しい事はよくわからないんだけれど、どうやら、九皇大帝の誕生日を祝うもので、この期間、精進潔斎して、信者は信仰の証に色んな事をするパレードなんかもあり、そちらのほうが一部では有名かもしれませんん。

というわけで、町のあちこちで「斎」の文字を書いた黄色い旗がパタパタと翻っていて、それが、果物屋台だったり、揚げバナナの屋台だったり・・・確かに菜食です。

普段のオカズ屋さんにもチェーのコーナーと普通のコーナーがあって、チェーのほうは割高にも関わらず盛り上がっています。

というわけで、スーパーにもチェーコーナーがあって、チェーな食品(肉モドキ)が色々に売られています。キノコや野菜のコーナーもいつもより元気。
スーパーの総菜コーナーもチェーコーナーが設けられ、チェーのラープ、チェーのカリー、など見た目はほとんど普通のタイ料理と変わらない。

ちょっとお金持ちそうな奥様がお買い物していたりして、チェーにはハイソな香りも少し・・・

使われている食品は、キノコ、麩、湯葉、豆腐や厚揚げ、それに、麩と豆腐をどうにかした詳細不明のもの、など、何で出来ているか分からない食べ物も多数。他にはカシューやピーナツなどナッツを使った料理もよくあります。

中華焼きそばも人気で、屋台でも、フードコートでも売られている。

というわけで、ある日の夕食。
例によってフードコートでございます。

IMG_0806.jpg

左から、湯葉と干し椎茸の煮物、えんどう豆とベビーコーンと厚揚げの炒め物。
奥は、テンペ(かな?)にピーナツを混ぜて、スライスして揚げたものと、ベジ春巻き。すごく甘いタレにピーナツの粉と唐辛子を混ぜたものをつけて食べるんだけど、わたしはお醤油で食べる方が好みだわー。
そして、捧げ豆と厚揚げの炒め物、野菜と麩でつくった肉モドキと、カシューの炒め物です。

などを食べてみました。肉モドキはさまざまなのだけれど、ベジだからといって、無添加とは限らないので、あんまり得体の知れないものは食べないの。

ほんとに、ベーコンみたいなのとかあるんですが、絶対に着色もしているし、どの料理も化学調味料は使ってある。

ともあれ、肉モドキの入った菜食料理を食べる機会もそうないので、毎度面白がって食べてます。中国人経営の店でもチェーをしてないところもあるし、道端のオカズ屋さんでチェーを売ってるところもあり、近所に思わぬ人気店を発見したり、と楽しいです。

ところで、チェーメニューは、普通のメニューよりも10バーツ(もっとかな?)くらい割高です。

タイの人はこの一週間、チェーを食べるのはいいけれど、揚げ物が多くてかえって太る人が多いそうです。その辺は、イスラームのラマダーンと同じですね。

26日までの間に、一度くらい高級な店でチェーなど食べてみても良いなあ、と思ってるんだけど、どうかしら?
なんちゃってアワビとか、なんちゃってフカヒレなど、肉モドキ度が高くなるだけかもしれません。

中華街にも足を伸ばしてみたいなあ、と思いながらも、毎日の良く降る雨に遠出を躊躇してしまいます。

タイで普通に食べていると、かなり動物性食品が多くなってしまうのですが、チェーを食べていれば、加熱でもナチュハイルールから外れないので、身体が楽です。

このチェーのおかげで、生野菜をナムプリックという唐辛子で作ったペーストにつけて食べる東北タイ料理のことを思い出しました。
こちらは、お手軽ローフード。これから先もお世話になることにします。
(あくまでもタイ料理を食べていたいっていうのが自分でもオカシイです。)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック




健康のための食生活は、修行僧のような食べ物なのか?

わたしの年代って丁度ミドルエイジクライシス真っ盛りなお年頃。

お友達でもあっちこっち手術をしたり、ガンが見つかったり、って話は話題になるけど、脂肪肝、高血圧や低血糖、コレステロールや高脂血症なんてことは話題にもならない。

友達で一人、定期的に会う人。以前から大きな身体をしていたけれど、今もそのままで、婦人科系の病気はもう切った後。その後も意味不明な不調に悩まされている人がいる。

コンタクトがあるので、やっぱりアドバイスしてしまう。まったく大きなお世話だ。

最初っから甲田療法を勧めたりはしません。
あれは「健康=この世の楽しみとはさようなら」みたいですもの。
柿茶とスイマグは良いよね。薬的、サプリ的なものは受け入れられやすいし。

健康と日常の楽しみが矛盾しない素晴らしい方法として、ナチュラル・ハイジーンの手法をガイドするわけです。
つまり、朝は果物。たくさん食べていいよ。追加して食べて良いよ。と。

そして、食前のサラダ。出来ればグリーンスムージー。
後は普通に食べて良いけど、トランス脂肪の入ったものと甘いドリンクはやめようね、という程度だ。

わたしは太っていなかったし、何か病気があったけど、それをナチュハイで改善したわけじゃない。でも、食品添加物の入ったものを普通に食べていた頃に比べると、身体のダルさが違う。
ナチュハイを取り入れてからは、ものすごくハッピーだし、頭はクリアーだし、睡眠時間は短いし、体重も減るし、化粧品もいらないし、こんなブログなんか書いちゃったりして、ナチュハイ以前とそれ以降では全く別人。自分でも信じられない変化があった。

しかも、なんにも我慢しない。無駄にお腹も空かない。サラダも果物も美味しいし、グリーンスムージーはわたしに幸せをもたらす素晴らしい食べ物。修行というよりは、以前の食事よりもわたしに快楽をもたらしてくれる。
まさに、幸せを運ぶ食生活だ!!

これは、このブログを読んでくれている人にはおなじみの感覚だと思います。

だけどねえ~。「修行僧のような食生活はできそうにない」と言われちゃったよ。

あたしの伝え方が良くないのよね。言いたい事いっぱい書いちゃうから悪いのね。
でもさあ、もしこれを読んでたら、朝果物食べ放題。そして、できればグリーンスムージーを食べてみて。無農薬とかでなくてもいいから。緑色になる程度の菜っ葉を入れるだけでも良いから。

身体にいい食べ物は、快楽を与えてくれるのよ。普通に美味しいし、また食べたくなるし、ないと寂しい食べ物なのよ。

わたしの夫をみてごらん。酒とコーヒーと本とジャズを愛する彼は、ローフードのような「カルト」は嫌いだけれど、スムージーがあれ飲むし、空腹でフラフラしている時は、麦ジュースを飲んだりするし、お食事は生野菜からスタートしている。
これは、そのほうが気持ち良いからそうしているのよ、きっと。本人はナチュハイしている感覚じゃなくて、普通の食べ物だけど、野菜は多いかな?くらいの感じだと思います。

それでも同年代よりもとても若いし、元気で、健康診断では鉄不足気味と言われるだけです。

だからさあ、もっとハッピーになれる簡単な方法なんだよ、わたしの言う事信じてほしい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

炊飯器

このところ、菜食週間だし、珍しいもの(菜食のタイ料理)が食べられるから、と気がつけば、毎晩、近所の高級デパートのフードコートで食事しておりました。

でも、化学調味料は入ってるし、ご飯は白い。いつもこのフードコートになってしまうのは、マーケットエリアのサラダバーで買ったサラダを持ち込んで、最初にサラダを食べられるからです。

バンコクでしばらく生活してみると、道端のお店やフードコート程度の場所でのお食事は、外食という感じじゃなくて、日常の普通のご飯。
化学調味料とか、油の量とか気になるけれど、タイではポーションが小さいので、それほど負担じゃない。旅行中とちがって、サラダを食べたり、朝にスムージーを飲んだりしているので、ジンマシンに悩まされることもない。

特に体重も増えてないので、一食が少なめというのは、たとえ普通食であっても身体への負担は少ないようです。

でも、やっぱり・・・ご飯が白いのはイヤ!!

たった6ヶ月だから、と。
電気クッカーで玄米ご飯も炊けるから、と・・・
炊飯器をこの一ヶ月買わずにいたけれど、みなさんのブログで玄米ご飯がホクホク美味しそうにしているのをみたりすると、やっぱり玄米ご飯が食べたくて、炊飯器を購入してしまいました。

お釜がテフロンとなると、一気にお値段が高くなるのだけれど、お釜を洗う度にご飯粒を拾う手間(流しちゃうと詰まりそう)と、タイマー予約でご飯が炊けていた方がやっぱり便利、ということで、1900バーツくらいのものを購入してしまいました。

安いものだと450バーツくらいからあります。ものすごくキッチュでかわいいくて、日本に持って帰りたいくらいだけど、日本では電圧が違うから使えない・・・

IMG_0807.jpg

こちらは、そのキッチュでかわいい450バーツじゃないけれど、3合炊きでとってもかわいい。
これで、オカズは買って来たものでも、ご飯はオーガニックの玄米が食べられる。野菜炒め一品くらい作るかもしれない。

丁度お米もなくなったので、今回は赤米を買ってみました。

IMG_0808.jpg

おウチご飯にすると、食べ放題状態になっちゃうから、食べ過ぎないように注意しなくっちゃ!!

というわけで、初!炊飯器ご飯でおうちランチです。

IMG_0810.jpg

今日は花ニラを買って来て、冷蔵庫のもやしと、キクラゲと生姜で炒めました。赤いのは、スーパーで買ったチェーのお惣菜。肉っぽく見えているのは、湯葉で作ってあるのかな?原材料不明な肉モドキと冬瓜のレッドカレーです。
ご飯がミックスなのは別の日に炊いて残った玄米を混ぜたから。
炊飯器、買ってよかった~!
自炊してもタイ料理な我が家です。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

菜食週間

今日は久しぶりに大好きなマーボンクローン・ショッピングセンター(以下MBK)に行ってきました。

わたしが住んでいる実のところ猥雑で、そのうえお高くとまっているスクンヴィット界隈とちがって、ここはもうちょっと健康にディープな雰囲気。
アラブ系や南アジア系の旅行者もたくさん買い物をしていて、混沌の世界がとても楽しい。
わたしも旅行中の気分になるから楽しいのかなあ?

このショッピングセンターの中には数件有名な中華料理屋さんが入っています。もう食事は済ませてしまったのだけれど、菜食週間(キン・チェー)をやっているかリサーチしてみたら、なんと、やってました。
うーん、悔しい。キン・チェーは26日までだから、また日を改めて攻める事にしましょう。

このショッピングセンターが楽しいのは、小さな露店みたいなお店がギューギュー詰めに入っているのです。
そこで、コピー商品やら、違法コピーソフトやら、化粧品やら、衣類に雑貨に土産物に食べ物から金製品。とにかくスゴく色んなものが売っているのです。そして、食堂もレストランから安食堂まであるし、床屋に美容院。マッサージ屋さんまで入ってる。売ってないのはペットくらいのものかしら?

最近のこのショッピングセンターの目玉はなんと言っても4階の電話屋さん。
携帯電話の新品、中古品、わけのわからないもの、電話の付属品、電話の改造から何から何まで、ケータイについて様々なサービスを提供する店が、これまたギューギューにひしめき合っているんです。

このケータイ売り場の店の人が例によって、いつも誰かが何かを食べている。いったいどこから運んで来るのだろう?5階のフードコートだろうか?と長年不思議に思っていたら、このフロアーに小さいけれどもレベルの高いフードコートが入ってるのでした。

チェー(菜食)をやってるか見に行こう、と見学に出掛けたら・・・

IMG_0812.jpg

おお!!やってるやん!
いつものオカズ屋さんが菜食料理を提供している。しかも、スクンヴィット界隈より安いぞ!!美味しそう。

IMG_0811.jpg

こんな感じでバットにズラズラとオカズが陳列されているんです。12品くらいあったかしら?
お料理を良く見てみると、怪しげな肉モドキはあまり目に付かなくて、豆腐とか、麩を揚げたものなどが肉や魚の代わりに入っているところが好感持てます。しかも、安いだけに、野菜率が高い!油も少ない。


時間は3時前。夕食まで時間を潰すには早すぎるし、帰ってタイ語の宿題もしなくっちゃ。そうだ、今は旅行中じゃないんだから、お持ち帰りという技がある!!
全部味見できないのが残念だけど、スープを含めて3品だけ選びます。

というわけで、スープとオカズを袋に入れてもらってお持ち帰りしました。
一袋50バーツ。3っつで150バーツの晩ご飯。たぶん明日の昼ご飯にも・・・

家に戻って、玄米ご飯を仕込み、いただきました。

さて、炊飯器ですが・・・
ああ~。買って良かった!!
電気クッカーと違って、ちゃんと炊けるので、消化が良いのです。

ちなみに、きちんと炊けてない玄米ご飯は身体にヨロシクないのです。消化が大変で、下手すると胃や腸の壁を荒らしてしまうんです。

甲田先生は玄米粥はとても便通を良くするとおっしゃっているのだけれど、本当だ!!とても良く出ます。感動的~~!!

ケチらずに買ってよかった炊飯器!!

(食べる話と出る話が同じですみません・・・)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ローフードは怠けてばかり

炊飯器を買って、玄米ご飯と菜食のオカズでまったりと暮らしていたら、ローフードは怠けてばかりです。

でも、朝ヨガの前のスムージーだけはかろうじて続いています。

最近はタイハーブ入りで、スムージーなんだけど、薬みたいな味・・・

IMG_0809.jpg

こちら、赤いドラゴンフルーツと、白キクラゲ、それに生姜とカランガ(生姜みたいだけど、もっと硬くて、辛いもの。生姜と間違えて購入してしまいました・・)アリバイ作りにキャベツを入れたものです。

生姜はともかく、カランガは入れすぎると大変です。
今度レモングラスも入れてみよう。

ドラゴンフルーツはそのまま食べても、それほど甘くも酸っぱくもないのでたいして美味しくないのですが、スムージーにするとほどよくクリーミーでなかなかよろしい。ミネラルタップリの種も粉砕されて、尚ヨロシイ。

ちなみに、赤いドラゴンフルーツは小さいくせに白いドラゴンフルーツよりも高いです。

他にもパパイヤベースとか、パパイヤとアボカドのネットリコンビとか、ほとんど食事の代わりのようなスムージーです。(みんな薬味)

今日、ジムのある駅の近くにある市場を探検に行ってきました。
まるで梅新東交差点(関西の人ならわかってくれるよねえ)に青物市場があるような立地なのですが、なかなか普通に市場で、お野菜もスーパーで買うのに比べて激安だったし、質も悪くなかったので、そこで小松菜のような菜っ葉や、豆の蔓など購入してもっと緑のスムージーに移行してゆきたいです。

やっぱり、土のついているようなお野菜はかわいいな~。
市場、暑くて清潔とはいえないけど、圧倒的に楽しいです!!

玄米ご飯でマッタリしていたら、体重が増え始めました。
ジムにはお相撲さんの入門テストや、ボクシングの選手が計量に使うような体重計があって、かなり細かく測れるのです。
毎日錘りを「もうちょっと?あれ?行き過ぎ?」などやりながら遊んでいます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

質問いただいてます。

色々とご質問をいただいていて、お答えしようとおもっているのですが、なかなか時間がとれなくて、まとまっておりません。

ご質問へのお答えですが、わたしはローフードも、ナチュラルハイジーンも自分で本(ほとんど日本語媒体)などを読んだ範囲でしか知りません。ですから、勘違いや、思い違い、思い込みなど色々あると思います。

医学的に正確な事がお知りになりたい場合は、それぞれの専門家にご質問なさるようにお願いします。わたしは、自分はこうだった、とか、これこれの本に××と書いてあるのを読んだような気がする、という風にしかお答えできません。

それでもわたしに聞いてみたい事がある方は、
「これこれこうで、自分はこうしているのだけれど、それについて○○の部分が良くわからない。」

などという風に、お書き頂けたら、と思います。(状況がわからなければ、お返事のしようもないというものです)

また、ご質問は他の方にも参考になり、皆さんでシェア出来る事も少なくないと思います。ブログを読んで下さっている他の実践者の方から別のアドバイスが頂けるかもしれません。特別プライバシーを曝す内容でない場合は、なるべく公開コメントにしていただけたら、と思います。

人の身体や、性格、それに、食べて来た歴史は皆同じではありません。ローフードやナチュラルハイジーンへの取り組みも人それぞれ、これが正解ということはないと思います。

わたしはアンドリュー・ワイル先生の「これが完全という食事法はない」という意見をいつも大事にしながら、日々を暮らしています。

何を目的にローフードをしているのか、人によって色々です。でもローフードは楽しく毎日を暮らすための手段であって、目的ではありません。
ローフードをすることが目的化してしまうのは、本末転倒だと常に考えています。

排便などのことは過去ログにわたしの経験をたくさん書いてあります。ブログの右下に検索窓があるので、そこに適当な言葉をいれるとブログ内検索ができますので、参考にしてみてください。

このブログのような稚拙なブログを頼って下さる方があることに、大変恐縮していますが、わたしも読んで下さっている多くの皆さんと同じ「素人」です。
毎日が模索です(しかも、最近は脱線ばかり)。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

SPAなるものに行ってみました。

食事が乱れている今日この頃です。
半年限定の非常事態のようなものですから、家庭内円満を優先して、あまり気にしないことにしているのであります。まあ、幸いからだは健康ですし、南国の直射日光にもスッピンでフラフラ出歩いても大きなシミなど今のところ出来ず、柿茶と果物のおかげと感謝しております。

しかし、生理の前半はしんどかった・・・・
タイ語の勉強で慣れない鉛筆(シャーペンだけど)を持ってカリカリと可愛らしいタイ文字を書く練習をしているからか・・・

頭痛がして、背中(特に胸椎と右の肩甲骨の間)が痛い。硬い。もうカチカチ・・・

この部分(胸椎のことね)が硬いのは知っていました。日本で習っていたヨガの先生に指摘されたし、木枕を始めた頃、好転反応でこの硬い部分から肩にかけて結構な痛みが出ていたのです。

硬い、動きが悪いのは相変わらずで、バンコクでのヨガ三昧でまたまた好転反応か?痛みが出てはいたんです、が・・・・

もう堪え難いくらいの違和感。背中にゴルフボールくらいの大きさのしこりがある感じ・・・
きっと胸のチャクラが堅く閉じているんでしょう。この違和感、タイマッサージで改善しないことは何度も経験済みです。

身体もダルいし。首も背中も痛いよ~、と朝からソファーでゴロゴロしながら、なんとなくフリーペーパーを眺めていたら、スパの広告に目が釘付けになってしまいました。
10月一杯全メニュー半額!!って、半額でも十分高いよ!
でも半額!

タラソテレラピー4時間・・・海の泥で身体をパック・・・泥が背中のしごりを吸い出すような気がしてしょうがない。

夫に言うと、「行っておいでよ、ええ!!4時間!?まあ、お好きにどうぞ」

というわけで、ホットヨガに行ってから、4時間コースに行ってきました。なんで4時間コースにしたか、というとしばらく前にちょと話題になった経済学の本のタイトルが頭に浮かんだからです。
「スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学」
スタバでグランデなら、スパなら4時間だろう!と、経済してみたのです。(この本を読んだ訳ではありません)

結局、2時半の予約が取れた。このスケジュールだと、終わったら、晩ご飯の時間を過ぎてしまう・・・でもいいや、月経中だもん。どうせ家にいても勉強だって出来る訳がない。小人閑居して愚善を為す、である。

スパの前にヨガをして、喫茶店で新聞など読みながら時間を潰して、行ってきました。

マッサージは何度も行っているけれど、スパは初めて。いや、結婚の前にブライダルエステなるものをやったので、しばらくぶりともいえます。着ているものを脱いで、用意された不織布の下着に履き替えて、なんか、心もとない感じです。

最初はスクラブ。身体を洗って、お次は泥を塗って、ビニールで包まれて20分。
またまた身体を洗って、何やらクリームで全身マッサージ。
そして、ハーブとなんかの入った熱いのを身体に押し付けるマッサージ。

最後の一時間はお顔のお手入れだったけど、どうやらわたしはフェイシャルには興味がないみたい。「ああ、暗くなって来た。何時かなあ?もう早く帰りたいよ~」という気分になってきてしまいました。

最後、顔を冷たいタオルで冷やして、身体を熱いタオルで拭いてもらって、「今日は身体を洗わないで下さい」と言われます。
ナントカクリームが浸透するらしい。痒くならないか、心配・・・

結果ですが、背中の強張りは見事になくなりました。きっと泥で吸われたのだろう。

泥がスゴいという話は聞いていたけれど、本当でした。
茶碗一杯の泥を身体に塗るだけでなかなかの効果です。砂浜で砂に埋まると、一体どれほどの効果があるのか、ますます気になる砂療法なのでした。

そして、毎日のヨガで、胸のチャクラは開くのだろうか??
身体のことは不思議が一杯です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


ヨガ三昧、1ヶ月

バンコクに来てからのヨガ三昧です。

身体がグニグニに柔らかくなったとか、あんなこや、こんなことがほーらほら、なーんてことには一向になる気配もありません。

相変わらず、肩関節は堅い。胸のチャクラは堅く閉じている。股関節はやっぱり開かない。後ろに反るのが苦手。三角のポーズでも手が床に届かない。ねじりのポーズも牛の顔も手が繋げない。

つまり、ほとんど変化はありません。まあ、そうよね、そんなもんよね。

だけど、体幹が鍛えられるっていう感じがあります。最近、あれ?っとおもうような事が色々あるんです。

これ、何と表現したらいいのかしら?体の底の括約筋関係なんですけれども、腹筋も奥の方といいますか・・・

ただ言われたポーズをウンウン唸りながら、何とかこなしているだけなんですけれど・・・

便秘の人は腹筋を鍛えろ、と良く言われますよね。
確かに、わたしは腹筋が弱くて、立て膝をして上体がヒョイヒョイ上がる人ではありません。今でも無理だわ。仰向けに寝て、上体をスイスイと起こせない。

だけど、変化があるみたいで、尾籠な話で恐縮ですが、おトイレでがんばる時ですねえ、なんか、腹筋の力で腸の中身を動かしている感じがこの数日するんです。

意識をして動かせるような筋肉ではないように思うのだけれど、今までと違う感じがします。

筋肉というには不思議なもので、ストレッチに必ず呼吸を合わせるのは、筋肉が伸びる時、酸素を必要とするのだそうです。これは、わたしの断食グルに教えてもらった話なのです。

だから、呼吸をしながら「sweet little pain」を感じながら伸ばします。真剣にやっていると汗が出て来る。

つまり、伸ばす事でも筋力を鍛えることができるんです。ウェイトを使ってワシワシ運動するだけが筋トレじゃないらしい。

それに、ヨガでは自分の体重を使って色々な負荷を掛けてポーズを維持するので、それでももちろん筋力アップになっている。

ジムでのヨガはワンセッション一時間だけだし、それほど丁寧にポーズのポイントを教えてくれる訳でないけれど、前に広島で習っていた先生は、とても丁寧に重要なポーズのポイントを教えてくれたので、骨盤の向きとか、優先する体の動きなどを思い出しながらポーズをとることが出来ていて、それも良かったんだと思います。

とにかく、骨盤の向き、肩の方向のちょっとしたことで、筋の伸び方が全然違って来るもんです。

それにしても、色んなところが堅いなあ、と発見の毎日。

後屈が苦手なのは、胸椎が堅いだけじゃなくて、下腹の筋が伸びないから、とか、三角のポーズが取れないのは股関節が堅いだけじゃなくて、骨盤の横から、脇腹の筋が堅いから、とか、後ろのあばら骨の上の肉が縮んでるとか、色んな事がわかります。

毎日行けるわけじゃないけれど、なるべく毎日行くように心掛けてます。最近は、普通ヨガよりもホットヨガに良く行ってます。ホットのほうがやっぱり体が良く伸びる感じがするからです。それに普通ヨガのお部屋は寒いんだもん・・・

今習っている先生(インド人)は、「腹筋と背筋が全てだ」と言います。

ヨガの不思議なポーズの色々も腹筋と背筋のパワーとバランスで動かすのだそうです。
まあ、超絶技巧などは一生できなくても構わないけれど、今感じている縮んで固まっているあんなところやこんなところをバンコクにいる間に伸ばしてあげたいなあ、と思います。今までの体の使い方がいかにヨロシクないか、良くわかるのでした。

毎日暑いので、ノースリーブを良く着ているのですが、鏡に映った姿を見ると、肩周りとか、二の腕がスッキリしていて、見苦しくないので助かってます。

やっぱり見た目がアップするのがなにげに嬉しいです。
このまま、腹筋と背筋の奥のほうをヨガで鍛えられて、腸の状態もアップするといいな~。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

顎関節症治し中

顎関節症があるんです。
口を開けると、顎がカクンカクン鳴る。景気よく鳴る。

ストレスから、口が開かなくなった事もあります。もう20年以上前、京都の山奥の学校の寮に住んでいたんです。

ある時、一種の失恋をしたのです。
寝起きの頃に、うつぶせになってゴロゴロしていた拍子に、顎がずれちゃった。
一センチくらいしか開かなくなっちゃった。あくびもできない。くしゃみしたら激痛!!

歯医者に行ってもだめ。整形外科に行ったら注射されたけど、改善せず。
結局一ヶ月くらい口が開かないままでした。友達からは「閉じないよりもいいじゃない」と慰められたけど。一生このままかとおもって心配になったものでした。
相部屋の友達が、リンゴをわたしのために薄く切ってくれたりして、友達の優しさにどれだけ助けられたか分かりません。

そんなわけで、わたしの顎関節症は古い!

その後、堅いものを沢山噛んだ後などでなければ、特にトラブルはなく、カクカク鳴る顎は普通にこんなもんだと思いながら暮らしてました。

歯列矯正をしよう、と思い、検査をしてもらった時です。

わたしの顎の関節の受け(上顎の部分)が平らになっている、とレントゲン写真を見せながらドクターが説明してくれました。

これは直さないとイケナイらしい。「カクカク鳴るでしょ?」
「誰でも鳴るんじゃないですか?」などトボケた口答えをするわたし。

「あーで、こーで、マウスピースを付けたら、顎の位置が正常に戻って、カクカクいわなくなります」
「はあ、マウスピースですか。分かりました。何なりと、先生のおっしゃる通りにいたします」

というわけで、バンコクに来る前にマウスピースを作ってもらって、きちんと毎晩忘れずに使っています。(ワタシ、エラいぞ!)

マウスピースを始めて、一週間くらいしてから、噛み合わせの位置が変わって来た。
右の顎が痛い。でも、確かにかくかく鳴らない。
うーん、不思議だ。

一時、流動食にしようか、と思うくらい痛かったけれども、最近痛みは若干薄らいで来たみたい。一月半くらい経つのだから、この先痛みも消えるのだろうか?

バンコクに来て、ジャスミンライスの発芽玄米を楽しもうと思っていたけれども、生の発芽玄米は顎イタのためお休みです。ちょっと残念。

このところのヨガといい、歯列矯正への準備といい、まるでサイボーグ化しているみたいです。

ワタシの体って右側ばっかり悪いんですねぇ。
やっぱり毛管運動やらなくちゃ・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

タイでもハロウィーン

10月に入ってからも、一日に数回、激しい雷雨が降って、いったいいつになったら雨期
が終わるのか、とおもっていたけれど、ここ数日雨もなく、やっと雨期も明けたのか、今日は爽やかな空気の一日でした。
10月になってもあんなに雨が降るなんて、タイでも異常気象だそうです。

毎日通っているジムで、先週あたりから、カウンターに綿で作った蜘蛛の巣が巡らしてあったり、血がタラーンって流れているようなシールが窓に貼ってあったり・・・
メンバーズカードをパソコンに通すと「ケケケケケ~」と不気味な笑い声が響いたり・・・

日本でも数年前から10月の末になったら、あちこちにカボチャがならんで、「クリスマスの次はハロウィーンですかぁ?」と思っていたけれど、タイの盛り上がり方は半端じゃありません。

まず、デパートの催し物フロアーが仮装グッズ売り場になってて、東○ハンズみたい。
スーパーでは、先日まで菜食の総菜を売っていたところで、カボチャ食品売り場に・・・・

そして、31日の今日、ジムの受付にいるお姉さんたち

制服の女の子達も、地味~にお化けメイク。

IMG_0815.jpg


羽を背負った大柄なお姉さん(元男性とみた)は、どうやらイベント用に呼ばれたプロ?

IMG_0816.jpg

おてもやんに変身したお姉さん(こちらはスタッフ)まで・・・

IMG_0817.jpg

地味に暮らしているわたしたちは、パーティーには出ずに、麦ジュースを飲んで家に帰ってから、地味にご飯を食べました。

どういうわけか、タイの人はグロいのが大好き(理由はよくわからないけど、好きらしいです)なので、ハロウィーンは独特の盛り上がりをするのでしょう。

異様な熱気に包まれた今日のフィットネスクラブでした。今日は土曜だし、そこら中でクレイジーなパーティーをやっているんだろうなぁ。

10月31日はハロウィーンで、11月2日はローイ・カトゥーン(灯籠流し)と大きなお祭りが続きます。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック