メインダイニング

もう開き直っている。
お料理を無理して作らないということにしている。

ヨガをやって、夕方帰って来ると、早めの夕食の時間になる。
いつも夫に電話を掛ける。「お夕食どうなさいますか?」

すると、夫が「ちょっと早いけどなあ」と言いながらメインダイニングに出掛けて来る。

わたしはサラダバーで野菜を詰めて、フードコートに行く。夫とは彼がどこかでわたしを見つけて合流する。

フードコートというのは、クーポン食堂とも呼ばれている、タイに良くある食堂の形態です。メニューを見て選ぶのではなく、小さな店が何軒も並んでる中で自分の好きなものをクーポンで支払って食べるというスタイルです。だから、お客はそれぞれ自分の好きなものを食べる事が出来ます。
注文にはあまり言葉もいらないので、外国人にも便利です。
色々ある中で「今日はどの店にしよーかな~」と悩むのがまた楽しいのね。

ここのフードコートに買ったサラダを持ち込んで食器を借りて食べるわけです。

このデパートのサラダバーはとても充実しています。レタスは常に4種類くらい。果物、果菜、紫キャベツの千切り、ニンジンの千切り、そして、野菜のマリネが日によって色々。
お気に入りはお米のマリネなんだけど、いつもある訳じゃないのが残念。
ツナが混ざってるものや、ハムが混ざっているものもあるけれど、そういうものはほとんどチョイスしません。
だって、肉や魚はいつも食べてるから、サラダくらい精進で結構なんです。

問題だったのは、サラダを食べると寒くなる、ということでした。サラダの後になにか温かい食べ物が少し欲しい。スープなんかがいいなあ。野菜たっぷりの。

と思っていたら、そうそう、「スキー」という食べ物があったのでした。

スキーというのはタイスキの簡易版で、丼一杯分のスキーをその場で作ってくれるんです。具は白菜、空心菜、春雨、それに、鳥、豚、エビ、イカを選ぶかミックスにするか。そして、卵を割入れてくれます。

もちろん、肉無しや卵無しの注文も可能です。今度春雨多め、というの頼んでみよかな。

というわけで、こんなサラダを食べて
IMG_0877.jpg

こんなスープを食べるのが

IMG_0878.jpg

最近お気に入りのお夕食です。スキーの写真、だいぶ食べた後で撮ったので、減ってますが、料理の雰囲気はわかるよねえ。

サラダをたくさん食べるので、炭水化物はなるべく抜きたい、でも全く無いというのも寂しいの、というわたしのニーズにバッチリ!です。

日本に帰ってからも食べきりタイスキ、便利メニューになりそうです。

このデパートのフードコートは夕食時など人もそう多くなく、静かでゆったりしていて、おまけに、食器が陶器なんです。同じ系列のもっと高級な店は、いつもごった返しているし、食器がプラスティックなの。

この界隈に住む人のお台所代わりを意識している店作りなんだ、と最近気がつきました。
わたしたち以外にもサラダの持ち込み客は少なくないし、仕事帰りの人が一人で食事をしている姿も良く見掛けます。道端で食べるのは何だし、かといって、レストランも何だし、お酒も飲まないし、という人が食事そする所ですね。バンコク在住者には「ショボーッ!」と笑われそうだけど、生野菜一杯たべられるんだもん。それに、ここのフードコートは美味しいことでバンコキアンにも有名なので、料理の質も高いんです。
というわけで、すっかり店側の策略にハマっています。

悔しいけれども、あのサラダバーにはいつも助けられています。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

金針菜

「ビタミンCが大事なのよね、汗かくしさ」と、常日頃から柿茶を飲んでいるけれど、

そうそう、ビタミンCといえば、金針菜という食べ物があったのだ!と思い出し、購入してありました。
ビタミンC不足になったときの話はこちらです。
発汗と、甘いものと、ビタミンC

中国の船乗りは、ヨーロッパの船乗りと違って長い航海に出ても、壊血病にならなかったのは金針菜を食べていたからだ、っていう話をどこかで読んだ事があるからです。

大航海時代、船乗りにとって、壊血病はとっても怖い病気で原因もよくわからなかったそうです。日本の脚気と同じですね。
歯が全部抜けて、あちこちから血が出て死んじゃうそうで、ようするに、ビタミン不足で血管がボロボロになるということのようです。

航海者―三浦按針の生涯〈上〉 (文春文庫)航海者―三浦按針の生涯〈上〉 (文春文庫)
(2005/04)
白石 一郎

商品詳細を見る
航海者―三浦按針の生涯〈下〉 (文春文庫)航海者―三浦按針の生涯〈下〉 (文春文庫)
(2005/04)
白石 一郎

商品詳細を見る


壊血病の怖い話はこの本がとても詳しく楽しく教えてくれました。

この本には金針菜のことはでてこない。ウィリアム・アダムズの乗ったオランダの船に金針菜はないからです。

ちょこっと汗を余分にかいて、甘いものを余分に食べただけで、歯磨きの時歯茎が痛むのですから、本格的なビタミンC欠乏症がどれほど恐ろしいかは、想像するのも恐ろしい。血管が弱くなるだけではなくて、免疫の低下とか、考えられる不快な症状は山のよう。

さて、頼みの綱の柿茶ですが、こちらは、日本から持ち込んだものを日数を計算しつつ大事に大事に飲んでいますが、手持ちのものでは心もとない、と思っていたところの金針菜でした。

金針菜って、こんなものです。

IMG_0881.jpg

百合のつぼみだそうで、台湾に行ったら新鮮なものを山のように売ってます。鉄分も多いらしくまさにスーパーフードですね。

洗って、ちょっと戻して、普通はスープの具にしたり、煮物に入れたりするんですが、今日は珍しく夫がいないので、残りご飯で焼き飯にしました。

IMG_0883.jpg

トマトとバジルを入れて、カオパット(タイの焼き飯)風。
あんまり美味しそうじゃないって?良いじゃないの、わたしが一人で食べるんだから。
なんたって、金針菜の入った焼き飯です。ご飯はもちろん、ジャスミンライスの玄米ですもん。

思い出した時に、野菜炒めに入れたり、スープに入れたりしています。

あんまりお料理を作らないのですけれど、家ご飯の時はベジメニューばかりです。なんたって、いつ料理するかわからないのに、魚や卵を買っておくことは出来ないもん。
そんなわけで乾物はとても便利なんです。
やっぱり中国人恐るべし。

金針菜には恐れ入るのでありました。

甘いもののお好きな方、汗をかくのが好きな方、金針菜も戸棚に置いて下さいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

またまた質問です。

なんだか急にたくさん質問が来ました。

まず、こちらをお読み下さい。

ご質問いただいてます

残念ながら、IPアドレスなどから推察するに、同じ方が違うハンドルネームを使ってのご質問です。
(もし違っていたらごめんなさい。短い時間に珍しい事もあるものですね!)
まず、お願いですが、このような混乱を招く事はどうかお止め下さい。荒らしととられてもしかたありません。
あまりに無作法だと思われる場合は、コメント拒否させていただくこともありますので、ご了承ください。

ローフード以前に、人にものを尋ねるにはそれなりの作法というものがあるのではないでしょうか?安易に得られた知識などあなたにも何の訳にもたちません。
あなたがわたし以外の他のブロガーさんに発している質問も、本を買わずとも、それぞれのブログをもう少し丹念に読んでいればわかる事ばかりではありませんか?

今回は、ローフードを始めたけれど、なにもかもわからない、という感じが伝わってきますので、今回はお返事いたしますが、わたしも気持ち良くお返事を書きたいと思いますので、お心遣いいただきたく存じます。

さて、ご質問です。

ローフードをやりたいんですけど、
サラダのドレッシングは市販のやつでも大丈夫ですか?
あと、果物は一種類のほうがいいんでしょうか?

生カシューなどローフードに使う食材はどこでかってるんですか?

低体温を直したいんですけど、ローフードで治りますかね?
ローフードをやったら頭痛などがします!
あと便秘もちです



わたしは自分のことしかわかりません。ローフードをやりたいなら、ローフードの本を何冊か読んで、気に入った先生の方法をフォローしてください


何のためにローフードをしたいのかわかりませんが、「食生活を変えて健康になりたい」のなら、ローフードの本ではなくて、ナチュラル・ハイジーン関連の本をお読みになる事をお勧めします。
その上で、本の通りの食事(2週間分のレシピがついている)をとにかく試してみて下さい。
人に聞く前にまず自分で努力しましょう。
本代よりも携帯電話のパケット料のほうがよほど高いと思います。

わたしは医者ではありませんから、○○が治るか?と聞かれても、お答え出来ません。法律に触れます。

では、ご質問に順番にお答えしましょう。 

市販のドレッシングがなににとって大丈夫か?が文面からでは十分にわかりませんが、一般的なローフードでは市販のドレッシングは「食べ物」の範疇にはいりません。わたしも市販のドレッシングはローフードを始める20年も前から使ってません。理由はわたしにとって「食べ物」ではないからです。

果物に関して、これは食べ合わせについての質問でしょうが、これには以前お答えしております。
わたしのブログの右側下に検索窓があるので、そこに「食べ合わせ」と書いて検索すると関連記事を読めるようになってます。

生カシューなどどこで買うか?ですが、わたしは地元の業務用食材店で購入してました。例えば、楽天市場で探せば、製菓材料屋さんなどでたくさん見つかりますので、買いやすい所で求められれば良いと思います。東京の方がどちらでお求めなのかは存じ上げません。

低体温の方が冬にローを始めるのはますます寒くて大変だと思います。

ローで低体温が治るかどうかわかりません。ある人は体温が上がるというし、甲田光雄先生は体温が低めになる、とおっしゃっています。甲田先生の場合は超低栄養のローフードなので、普通のローフードとは違うのかも知れません。

ローフードでわたしは頭痛がしたことはないのでわかりません。
便秘の改善は、まず、繊維を増やす、水を飲む、運動をする。です。

何を召し上がっているのかわかりませんが、白い砂糖、精白された穀物をやめて、野菜中心で調味料も天然醸造のもの、塩もミネラルの失われていない自然塩、肉も魚もケミカルフリー。トランス脂肪の入ったものは避け、油も健康に良いものだけにする。野菜も低農薬または無農薬という食事に変えることができたら、ぴよさんあるいは☆さんの不快な症状はだんだん、あるいは急激な症状とともに軽減するのではないか、と思います。
ただ、そうなると、市販の食べ物は食べられなくなります。コンビニには食べ物は売ってません。

ローフードをしていても、市販の食べ物、レストランの食べ物は食べられなくなります。旅行もだんだんと難しくなるでしょう。だから、どこまでその食事法に付合うかもよく考えなければいけません。
例えばご家族やお友達とのお食事なども食生活を変えると、気楽には楽しめなくなります。

何を食べるのもあなたの自由です。あなたの身体はあなたのものです。
何が良いか悪いか、なんのためにローフードなのか、よく考えて、安易に人に聞かず、ご自分で判断してください。

何を求めてローフードをやりたいのか、こんど教えて下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

航海者

一昨日のブログでご紹介した白石一郎さんの名作

航海者―三浦按針の生涯〈上〉 (文春文庫)航海者―三浦按針の生涯〈上〉 (文春文庫)
(2005/04)
白石 一郎

商品詳細を見る

航海者―三浦按針の生涯〈下〉 (文春文庫)航海者―三浦按針の生涯〈下〉 (文春文庫)
(2005/04)
白石 一郎

商品詳細を見る


三浦按針こと、ウィリアム・アダムズ氏が船大工から航海士になって、日本に漂着し、徳川家康に気に入られてそのままサムライになってしまうのだけど、晩年は故郷が恋しく、日本の家族を残して、故郷イギリスへと戻るまでの大河小説です。

本を読んだのはもう一年以上前で、しかも、本は旅先で友達に上げてしまって手元にはありませんので、細かい所は忘れちゃいましたが、とてつもなく印象に残った話があります。

それは、先日のブログにも書いた壊血病のこと。

アダムスは、どうしても父のような船乗りになりたくて、オランダ船に乗るチャンスを得るんです。もう航海士になっていたのだったかな?
だけど、船長さんた困ったちゃんで、航海の時期に適さない時の出航となり、アフリカのどこだかで船がまったく動かなくなってしまう。
水が腐って船乗りも病気になるし、船長は喉の渇きを酒で癒すという最悪のパターン。

ともあれ、ここは一旦ひきかえしたんだっけ?

その後、太平洋ルート探索の航海に出掛けます。なぜなら、大西洋ルートはスペインに抑えられていたからです。

で、結局喜望峰を回らずに、アルゼンチンの南を回って、アメリカ大陸の西側を登って、ヨレヨレになって日本に到着するのですが、なんと、南極の手前で越冬するんです。船乗りの食料はペンギンだったらしい。あわれ、わたしの同胞、あんまり美味しくなさそうです。棒で殴っていくらでも穫れたらしい。

アダムスは船乗りにしては珍しく野菜を食べる人だったそうで、ここでも、海藻や岩に生えてる藻などを食べて病気を防いでいたらしい。でも他の船乗りは、頑なに草をたべようとはせず、バタバタと壊血病で死んでゆくんです。
草を食べている人は悪くならない、という実例を見ながらもあくまでも「オレは馬や牛じゃないからそんなものは食べない」と勇敢に拒否するんですね。

お話なので、白石氏の脚色もあるかもしれないけれど、誰が何処で何で亡くなったかなどの資料を元に書いているのだから、まったくデタラメとも思えません。

アダムスも生で海藻などたべていたわけではなく、やはりスープにして食べていたようです。

この南極の手前での越冬で、水兵たちは甲板で寝てたらしい。なんか、ヨーロッパの人って、とてつもない冒険を今でもしますが、このころは本当に程度を超えた冒険をしてるんですねえ~。それも東洋の富を奪うために・・・

なんだかロマンティックというのを通り越して、あきれてしまうようなの航海をこの船はするわけです。(この船に限らないようですが・・・)

南極での越冬で全滅しなかった船は、そろりそろりと北米大陸に添って北上します。途中、島があったら、水や食べ物を調達するのですが、襲っても良い先住民と、話し合いをしなければいけない先住民の区別がちゃんとある。
着物を着ている。(裸じゃない)
言葉をしゃべる
文字を持っている

あとなんだっけ?立派な建物だったかな?忘れちゃいました。
とにかく、裸だったら、猿と思って殺して奪ってしまえ!というわけです。メチャクチャですけど、これでアダムスの弟は先住民の攻撃(先行していた船団の一艘から略奪を受けたため、戦闘したわけです)にあって命を落とします。

でまた、嵐にあって、確か3艘あった船団のうちアダムスの乗った船が日本へと流れ着いた、というわけです。アダムスが生き残ったのは、珍しく野菜を食べる習慣が彼にあったからです。

ふー。ご苦労さんでございます。

わたしは以前からヨーロッパの人たちが野菜を食べる姿にかなり無理があるように感じていましたが、(そして、とてもわたしには彼らのように肉を食べる事はできない、とも。)この本を読んで良くわかりました。
野菜を食べるということは後から無理矢理作った文化なのではないか?

ちなみに、江戸時代の日本にはヨーロッパ人からみたらろくな食べ物は無かったらしく、野菜らしいものは大根。あとは小さな魚と米ばかり喰っている、とソテーロだったかな?が書き残しています。そして、驚くほど健康だ、とも。そして、女の子が文字を知ってるというのも驚いたらしい。

確かに日本の大根は立派ですが、菜っ葉もたくさん食べていたはずですが、菜っ葉は彼の目には野菜とは映らなかったのかもしれません。

わたしたちの野菜に対する感覚と、ヨーロッパの人の野菜に対する感覚というのはとても違うように思えてなりません。特に北ヨーロッパでは、一年の半分は氷の世界で、農耕が出来る時期は限られているのですもん。

まあ、そんなわたしの妄想はどうでもいいけど、三浦按針さんの生涯、とても興味深いです。
海外旅行のお供はやっぱり歴史小説よね!!

昔のヨーロッパ人はともかく、わたしはナチュラルに野菜を食べます。
今日は友達が日本から来て、彼のリクエストで海鮮ですから、お出かけ前にスムージー!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

逆立ちと筋肉痛

このところ、ヨガで逆立ちの指導をしてもらっています。
もちろん、頭を腕で支えて立つ、三点倒立、ヘッドスタンドです。

まだ自力でスルスルと上がれないので、先生が足を引っ張り上げてくれます。
とても上手にバランスの良い所まで足を引き上げてくれて、手出しは最低限でバランスをとってくれるんです。

上級者は、このまま足を蓮華に組んだり、あーしたり、こーしたりするんですが、それはまだまだ遠い先の話。わたし、普通に座っていても蓮華座は出来ないの・・・

逆立ち状態で身体を真っ直ぐ支え続けるのって、腹筋も背筋も脇腹筋(?)も使うらしいです。翌日あり得ない所に筋肉痛!!

こんなところに筋肉があるの?っていうところが痛いです。

このところ、腹筋背筋強化のためにマシーンのトレーニングも加えているんだけれど、ヨガでジクジクと鍛えるのとマシントレーニングでガシガシ鍛えるの、質的に全く違う感じがします。マシーンは補助的、表面的な感じです。

ヨガをしない夫は、週に2回くらい、マシンの筋トレは20分くらいしかしてないみたいですが、「肉ついてきた」と裸を見せて、腕やら胸やらムキムキさせて喜んでます。すぐ付く筋肉なんか、すぐ落ちるんよ。

当たり前の話だけど、肋骨と骨盤の間って、脊柱以外に骨がないから、筋肉だけで支えられているんです。だから、普通に姿勢を保つにも、内蔵の位置を保つにも全部筋肉だけなんですよねえ。

この、縦横斜めに走っている筋肉を強くする事で内蔵も同時に正常になるのかなあ?と思います。だって、横行結腸が下に垂れ下がらないでいるのって、考えたら不思議じゃないですか?筋肉も腸の蠕動運動をサポートしてるんじゃないかしら?

足がスルスルと上がるようにするのも腹筋と背筋の力(ヨガ的にはバンダというのかもしれません)。早く自力で上がれるようになりたいけど、逆立ちキープしてるだけで筋肉痛なんだから、先は遠いようです。

今日は脇腹痛いし、体調も今イチだし、宿題もたくさんあるので、ヨガはお休みしましたが、お昼は近所の北方中国料理の店で手打ちそばを食べてきました。うどんみたいで美味しかったです。味の素率も低かったし。

前菜にはもちろん、生!
IMG_0894.jpg

パクチーと唐辛子のサラダ。

外から見たらぜーんぜん美味しそうに見えない店だったけど、いやー、行って良かった。中国系のお客さんが、足の悪いおばあちゃんを伴って家族でお食事に来るような店でした。ラーメン餃子大好きな日本人もたくさん!

大連生まれの義理の母に食べさせたら、どれだけ喜ぶか、と思いました。
近所のお店もまじめに開拓しなくっちゃ。

今夜は、近所の公園でサックスのライブです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

マーガリン地獄

ここ5年くらいでものすごく気になる事があります。

これは、タイに限らず、台湾でもマレーシアでも、もちろん、南アジアでも・・・

巨大に太った人が増えてきました。マレーシアについては一度しか行ってないので分かりませんが、タイ、台湾ではアメリカンサイズに太った人は稀だったんです。日本も同じですが、日本の場合、他の国(タイや台湾)に比べて、アメリカンサイズといえども限度があるように感じますが、日本も太っているか痩せ過ぎの人が多く目に付いて、程よくフィトした体型の人ってあまり見掛けないことないですか?
(以下、「太っている」という表現は、既製服が入らない、股擦れする、という明らかにオーバーサイズの肥満のことを指します。)

南アジアは太っていることは、金持ちの証拠で、文化的に大きな身体に寛容なので、ますます凄いことになってます。だけど子供は太ってなかったのに、今は無惨に太った子がたくさん・・・・

タイはスレンダーな人が多い所だったはずなんです、が・・・巨大に太った人が増えてます。特に子供は可哀想。学校の制服を着た子供が10人ワヤワヤ集まってたら、太った子が中に一人二人混じっている。太ってるって、どの程度か、というと、「あれじゃ股擦れして大変だろうな」という程度ですから、かなりのものだと思います。

実は、前から気になってた事があります。
タイの人はマーガリンが好きで、マーガリンは小振りのバケツ(お酒を飲む時の氷を入れるのにちょうど良いサイズ)に入れられて売ってるんです。不自然な黄色で、いかにも「まがい物」な雰囲気。名前も「偽バター」(商品名じゃなくて、マーガリンのタイ語の日本語訳ね)
もちろん、マーガリンにはトランス脂肪がタップリです!!

例えば、トーストにマーガリンを塗って、白砂糖をパラパラしたオヤツとか、マーガリンを塗った上にジャムなどをコテコテに塗るとか。
トーストならばまだしも、ワッフル!!これが流行っているのだけれど、もちろん、生地にも、ワッフルを焼く時にもマーガリン。そして、マーガリンを載せて、偽メープル(ホンモノは高いから)とか、ジャムとか、分けの分からない甘いソースをベッタリ載せて食べるわけです。

これらの焼きモノは周りにアーティフィシャルな甘ーい匂いをまき散らし、お客さんがお客さんを呼ぶ訳で、大きな身体の子供や大きな身体の大人が食べるんです。

見て下さい、このトランス脂肪の山!!

IMG_0884.jpg

トーストにマーガリンを塗って、ジャムを塗ってくれる店。良く売れてます。大人も子供も食べている。

そして、バターコーンのつもりなんでしょうが、トランス脂肪コーンを作ってくれるところのトランス脂肪の山!

IMG_0885.jpg

隣の鉢に見えるのは白砂糖かな?食べた事が無いのでわからないけれど、コーンを茹でて、トランス脂肪を混ぜて、あれこれしてカップに入れて食べさせてくれる店で、「コーンだから健康に良い」と思って食べるのかしら?

とにかく、この偽バターの山、わたしには背筋の寒くなる光景だけれど、こういうディスプレーをする、ということは「美味しそう」な演出なんでしょう。

もちろん、トランス脂肪は、洋菓子、パン、アイスクリーム、揚げ物に入ってます。

一度デパートで買ったサンドウィッチにマーガリンが塗られていて、「オェ」となったことがあります。まったく気持ちの悪い味です。

トランス脂肪の害が知られてないのか?といえば、まったくそうでは無いようで、から付きピーナツの袋には「保存料、トランス脂肪無添加」と書かれていたり、パンを売るチェーン展開しているカフェではトランス脂肪0%という幟が店の前ではためいています。

日本でも規制されていないトランス脂肪、アメリカの一部の州や、ヨーローッパの一部の国では、心臓病のリスクを高めるから、と規制する動きが進んでいるようで、先進国で売れなくなったものが途上国に流れて来て、もともとあった文化を破壊しながら、その国の人の健康も破壊してゆく、というのはいつもの図式です。

トランス脂肪は食べ物ではなく、食べられるかたちをしたプラスティックです。心臓の周りに、肝臓の周りにべったりと貼付いて、血管を硬くして、代謝されない脂肪として、身体の中で溜まってゆきます。

これはわたしの推測ですが、ナチュラル・ハイジーンの規則を厳格に守れば、グリーンの効果で身体の外に出てゆくだろうと思うけど、ひどい下痢が続いたり、吐き気がしたり、という激しい好転反応を伴うのではないでしょうか?青汁断食なんかをすれば良いけど、そんな情報にもなかなかアクセスできないというものでしょう。
わたしも友人には伝えますが、なかなか実行はしません。残念なことです。

トランス脂肪は食べないに限ります。困った事に何にでも入ってます。食べ物を買う時、食品を裏返してチェックしてください。「ショートニング」と書いてあればそれはトランス脂肪です。

実はタイ語の先生、「マーガリン大好き」なのだそうで、やはり大きな身体をしてらっしゃいます。「あれは食べ物じゃないですよ」とお伝えして、ナチュハイの簡単な方法もお伝えしたけれど、なかなかお食事を変えるまでには至らないようです。またじっくりとタイ語の練習を兼ねてお伝えしてゆきたいです。

タイはものすごい勢いで少子化が進んでいます。その子供達がトランス脂肪で膨らんでしまって、この国の将来も安泰とはいえません。どうか、トランス脂肪、食べないで!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

タイ人と英語

昨日のブログにタイの人も太り始めた、と書きましたが、もう1つ、今回実感している大きな変化があります。

初めてタイに行った20年くらい前、タクシーの運転手も外国人相手の土産物売りの人も数字の123さえ英語を知らなかったんです。だから、こちらがタイ語を一生懸命覚えたり、紙に書いたり、買い物の場合は電卓だったり、で意思の疎通そしてました。

若干の英語ができるのは、本当に英語のできる知識人か、商売で必要な外国人相手の旅行代理店の従業員とホステスさんくらいだったように記憶しています。

まあ、20年前といえばずいぶん昔の話です。

わたしがタイ語の勉強を始めた頃、今から10年前です。
タクシーの運転手さんや売店、食堂の人も数字の英語くらいは出来るように進歩してました。宿のご主人や奥さんも英語が結構出来たかな?でも、わたしの下手なタイ語に付合っておしゃべりしてくれる余裕が人々にあったように記憶しています。

そうそう、バンコクには世界中から旅行者が来るので、ある人は日本人担当だったり、ある人はドイツ人担当だったり、と英語以外の言葉を操るスペシャリストが色々な業界にいるところもバンコクの面白いところです。

話がずれてしまいました。英語の話だった。。。

この2年くらいきがついていたのだけれど・・・
バンコクに「東京ミッド○ウン」みたいなすごいショッピングモールが出来たんですね。そこで下着のワゴンを漁っていた時のことです。

女の子が二人、ペラペラと英語でおしゃべりしながら買い物してます。店員さんに話しかける時はタイ語だし、お顔を拝見してもタイの方です。どうやら、「イングリッシュ・ミディアム」の学校に行ってる子のようです。

イングリッシュ・ミディアムスクールというのは、英語を教える学校ではなくて、学校の授業がすべて英語、という学校のことです。もちろん、保護者への連絡もすべて英語ですので、親も英語がわからなくてはいけません。国語(この場合タイ語ですね)の授業は国語でしますが、算数も理科も社会もぜんぶ英語で教えるんです。カリキュラムはその国のカリキュラムに添ってやるんですけど、英語なんです。

日本で日本人同士が英語で話す図というのはあまりみられませんが、南アジアでは良くある光景でした。女の子の他愛無いおしゃべりも英語、というのは、幼稚園のうちから英語教育学校に通っている子供なわけです。

南アジアはイギリスの植民地だったし、今でも関係が強いので、英語教育学校は私立学校の1つのスタイルとして、昔からありました。高等教育はイギリスで受けられるチャンスもあるわけです。(もちろんお金のある人に限ります)

しかし、タイでも英語教育学校かあ~。

フィットネスのヨガには外国人インストラクターが4人いて、英語でヨガ指導をしています。メンバーさんはもちろんほとんどがタイ人ですが、おじさんもおばさんもしっかり英語を理解してついてきます。時々分かってない人もいるけれど、少ない。

タイ人インストラクターも生徒の中に外国人が混ざっているのが分かると英語に切り替えて指導してくれる先生が何人もいます。

メンバーさんは安くないフィットネスの会費を払える人だから、庶民というよりももうちょっと上の層の人でしょうが、フィットネスの受付で働く人などは庶民の子です。が、だいたい片言の英語はわかります。込み入った話になると、英語の出来る子が出てきますが、かなり込み入った話が出来ます。

翻って日本では・・・
これはわたしが広島のJ○Bのみどりの窓口で新幹線の切符の予約かなにかをしていた時に見掛けたことです。
外国人(ドイツ人らしい)のオジさんが「ホテルの予約はどこで出来ますか?」と聞いているのだけれど、窓口のお姉さんには「booking」がわからない。「ぶっく?本?何?ガイドブック??」ともうトンチンカンもいいところです。
この窓口の他の人はみんな知らんぷり。ドイツ人らしきオジさんがイライラしはじめたところで、やっと唯一英語で対応できる職員がやってきて、事なきを得ました。

しかし、旅行代理店で「ホテルブッキング」という簡単な言葉が分からない職員がいるということにわたしは衝撃を受けました。だって、この会社は昔から就職ランキングの上位にあがる人気企業で、就職するのも難しい、つまり、とても優秀な人たちが集まっている会社なんです。
彼女は「リザベーション」ならば理解出来たのかも知れませんけど、簡単で分かりやすい言葉を使ったのが仇になったのでしょうか?

日本人だけを相手に商売をしているのだなあ、ということにも驚きました。

タイでは就職などに英語は必須という風潮で、その点、日本ではまだ英語ができなくても就職に響かないのかもしれませんが、それにしても、のんきなものです。

若い人が英語を使うのは別に驚きませんが、中年のオジさんやオバさんも英語を使う、ということは・・・この数年の間に英語を勉強して使えるようになった、ということです。

困った事に、タイ語を勉強中のわたしは、わたしの下手なタイ語につきあってくれるヒマそうな人が見つかりません。それに、いつの間にかわたしのタイ語よりタイ人の英語が上手になってしまって、これまた困ったものです。

これもグローバル化の一面なんでしょうが、日本の状況を考えると、薄ら寒いものを感じます。
残念ながら英語は国際共通語になってしまいました。黙っていては何も伝わりません。言いたい事は主張出来る程度の英語力ははやり必要ですよねえ。

だけど、英語以前に日本の若い人を見ていると、コミニュケーション能力に問題がある人が増えてるように思います。内輪だけで話してないで、良く知らない人や年代の違う人ともお話しましょう。そして、人の話も聞きましょう。

やっぱり基本は挨拶ですね。

今日も読んで下さってありがとうございました。
どうか明日も楽しい一日をお過ごし下さいね~。

ついでにコチラもよろしくお願いいたします。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

大変お手数をお掛け致しました。

久々のプチ断食

断食と言っていいのだろうか?ちょっと疑問はあるけれど、久々にプチ断食しました。

理由は、なにかのアレルギーか、鼻がズルズルになったり、道を歩いていて、溶接の現場を通りかかった時に、見上げなくても良いのにわざわざ「ああ、あんな、電気のメーターのそばで溶接やってる~」と見上げてしまったために、目の中に何者かが入って、白目の部分が出血してしまった(たいしたことないけど、鏡で見た時にはビックリしました)、また、長い事普通食を続けていたので、ちょっとここらで一服しようかな、という気になったからでした。

朝は空腹になってから、粉末青汁のポーレングリーンを一袋。

繊維強化のために、サイリウムを大さじ2杯。

飲み物は水と柿茶。

お昼は、パパイヤと白キクラゲと、ロメインレタスのグリーンスムージー、バジルシード添え。

午後にヨガに行って、その後で、麦ジュースをワンショット。久々の麦ジュースです。

お夕食は、夫と合流して、デパートで買ったパパイアとソムオー(タイのザボン)とコーンジュース。

IMG_0895.jpg


断食というのに晩ご飯食べ過ぎ!これじゃ断食っていうか、回復食になっちゃった。
(もちろん全部一人で食べた訳ではなくて、夫にかなり税金を納めましたが、それでもちょっと食べ過ぎたかな?)

ヨガのベンガル人の先生と、毎日顔を会わせたら「ご飯何食べた?」とお互い聞く事になぜかなっています。
今日も聞かれたので、「今日は断食してるのよ。だから、パパイヤにレタスを混ぜたジュースを飲んだだけ」だというと驚かれてしまった。
ヨガの先生って断食するでしょ?と聞いたら「断食はしないなあ」ですって!
「でもお腹いっぱい食べたらヨガできないじゃない?」
「いや、腹一杯は食べないけど断食かあ・・・?  夜はじゃあ、果物とか食べるわけ?」
「そうそう。簡単な断食だから果物食べると思うよ」

な会話を交わしたものでした。インド人のヨガの達人も特に断食はしないみたいです。
彼が今日何を食べたのか聞くの忘れちゃいました。きっとダールとご飯でしょう。

断食をすると不思議にチャクラのポーズで腕が伸びて頭が上がります。断食をしないと腕に力が入らなくて、頭がなかなか上がらないのがとても不思議です。

晩ご飯はローフードではあったけど、断食というにはちと多かった。でも、明日の昼は普通食を食べそうな予感なので、ちょうど良かったかもしれない。

鼻のグズグズも今日の午後から収まったし、目の内出血もそれほど気にならない程度になってきた。

やっぱり断食を知っていると何かと便利だし、ローフードを知ってたら、断食もとても楽です。
それに、何も食べない断食とちがって、回復食も簡単なところが良いです。
身体に過剰なストレスを与えずに、内蔵を休ませることが出来るわけです。

こんな簡単な断食なんだから、もっと頻繁にすれば良いのよね。身体はとっても快適です。
または、普通食は昼か夜だけにして、後はフルーツ断食とか・・・

タイのお坊さんは、火の通ったものは午前中しか召し上がらず、午後から夜までは断食かフルーツだけ、という食事だそうです。

でも、これだと一日2食で、同じか・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

プチ断食といえども

プチ断食といえども、一日消化の楽なものだけを食べていたら、翌日に普通に食べると、身体が重くなります。

一日断食の場合、翌日の昼からは、腹一杯でなければ普通に食べてもいいんです。しかも、わたしのやっている断食は、まったく食べない断食ではないので、食べたからって身体がそれほど驚く訳ではありません。

が、やっぱりお腹が重いです。

わたしはかなり胃腸が丈夫なんだと思います(鈍いという表現もアリかも?)。だから、お腹が痛くなったりすることはないし、日頃も雑食しているので、身体の鈍さは相当なものだと思います。

だけど、重くなる。。。。

先日、ウチに来てくれたお客さん(どちらかというと野菜は苦手なタイプの方)が、インドで3ヶ月くらい菜食生活をして、バンコクに戻って来た時、当然雑食生活に戻る訳ですが、菜食3ヶ月の暮しで、肉や魚を食べたら胃もたれがして仕方なかった、と話しておられました。(インド菜食なので、乳製品有りです。)

もちろん、インドでのお仕事の疲れもあるのでしょうが、わたしはピンときました。
菜食で消化が楽だったのに、急に炭水化物&タンパク質が入って来て胃腸が悲鳴を上げている図が目に見えました。

たった一日のプチ断食の後、普通に食べたら身体が重いんです。これが数日ローフードを食べていて、突然普通食を腹に入れたら、お腹がどれだけビックリして、身体にいろんな障害が現れるかが分かるというものです。

甲田先生の生菜食療法の本には、生菜食療法からの回復食が詳しく書かれてます。
生菜食健康法生菜食健康法
(2006/06)
甲田 光雄

商品詳細を見る


手元に本がないので、引用はできませんが、雰囲気としては、断食が明けてからの回復食みたいなことを一週間くらいかけてやるように記憶しています。

つまり、ローフードばかりを食べていて、普通の食事に戻すには、段階を踏まないといけない、ということです。
(いきなり普通食を食べちゃだめよ、ってことです。クドい?)

ここで教えられる事は、ローフードを食べていたらブンブンと身体の調子が良くなります。お目覚めスッキリ、頭もスッキリ!一日をとても有効に使えて、エラい人になれそうです。

だけど、調子良くローフードを食べていて、お友達や家族とお食事に行って、ちょっと普通のものなど 食べたとします。
すると、身体は大変なことになるわけです。胃もたれくらいで済めば御の字。人によっては大変苦しい思いをされるそうです。

だから、ローフードをがんばるのは良いけれど、ローフードを日頃召し上がっている方は、どうか、普通食を召し上がる時、ベジであっても良く気をつけて、「体調わるくなるかもな」と思いながら召し上がって下さいね。

ご自分のライフスタイルに合わせて「どの程度の食事法にしておくか」を考えるのは大事なことかもしれません。

昨日の一日プチ断食はとても壮快だったので、またこんな感じの軽い断食をしたいと思います。

いつまでも野菜と果物だけでもいいのかもしれないけれど、目の前の食べ物を見ると、好奇心が抑えられないわたしです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ビバ!プチ断食

断食の良いところは、

常に消化、吸収、代謝、排泄、と働き続けている消化器官を完全に休ませる事ができる。

消化、吸収、代謝などに使われるエネルギーを排泄と修理に回すことができる。

胃腸の壁の傷が、食べ物が通らないことで、ゆっくりと修復することができる。

腸に溜まっている、日ごろの過剰な食べ物を断食で交通整理するために、渋滞が緩和される。

栄養を入れない事で、身体の中の余分な栄養が消費される。

飢餓状態になることで、免疫のスイッチが入って免疫力が高くなる(これはプチ断食じゃ無理ですが)

腸の傷が治る事で、肌もきれいになる。

例えば、ちょっと不調だなあ、食欲もないし、という時、断食すると胃腸が休まっていいんです。どうせ食欲もないのだから、食べなきゃ言い訳で、合理的。

例えば、社交続きでちょっと体重も増えて吹き出物まで!という時も断食したら胃腸が休まって、過剰な体重も消費されて、合理的。この場合、腸の交通整理ですね。それから、食べ過ぎのお肌のトラブル(つまり腸壁も同じ状態ってことよ!)も改善が期待されるわけです。

断食って良い事ばかりで、悪い事は何にも無い!だれでもみんな断食すればいいのに、って心から思います。

だけど、難しいのも分かります。

普通の人は「食べないこと」を難しいと考えますが、実際にやってみるとわかるのですが、断食中はそれほど大変じゃありません。むしろ、「意外と平気じゃない!わたしって凄い」と舞い上がるくらい、食べない日は快適。
そりゃ、それまでの食生活や、前日の食べ物、胃腸の荒れ具合によって、反応もさまざまに出ますけど、一日くらい、わりと平気なものです。
ちょっと気合いのはいってる人ならば、3日くらい水だけで過ごせます。(絶対に真似しないでください

だけど、たった一日の断食といえども、回復食になって食べ始めたら、食欲スイッチが入っちゃうらしく、「食べても良い時間」が近づいて来ると、もう・・・アーモンドをつまんだり、デーツをつまんだり、バナナを食べたり・・・・ベターなものを選んではいるけれど、食欲に振り回されるというものです。

わたしも自力断食をやって失敗したことがありました。もちろん、その時は、ローフードも知らなかったし、カフェイン飲料も飲んでたし、断食前の準備食もしなかったので、失敗して当たり前だったのですが。断食って怖いなあ、と思いました。

食欲を押さえつけるのって本当に難しくて、凡人がそんなことやっちゃいけない、というのがわかります。

だけど、一日だけ、それもローフードの少食断食ならば準備食も、回復食もそれほど厳格でなくても良いので、やりやすいです。

つまり、繊維質も食べるので、胃腸を完全には休ませないし、ビタミンやミネラル、それに糖質も身体に入れるんです。

胃腸は休みません。楽はするけど、休まない。消化、吸収、代謝も、休みません。でも、普段よりも量が少ないので、処理が楽です。

何にも食べないでいると、一日のメリハリがないんですけど、ちょっとでも何か口に入れると、食事の準備も一応するわけで、なんとなく、一日の時間に区切りができるところも良いのです。

それに、プチ断食だと、回復食で失敗して「食べちゃった!!」場合でも「やっぱり胃が重いわあ、失敗だわあ」と反省すればいいだけで、腸閉塞などのキケンが少ないわけです。
もちろん、食べちゃった!!にも限度はあるけど、生で食べている分にはナッツばかり良く噛みもせずに食べるなんて事さえ無ければ、たぶん大丈夫でしょう。

つまり、生食の少食断食では、回復食失敗のリスクが少ないんです。

そして、断食すると、断食日と翌日の最低二日は食事のコントロールをしなければいけないので、飲食を含む社交の予定がある日を避けなければいけません。

この予定の調整が、意外と難しいので、やっぱり断食は一日断食の合計2日コースだわ~、となります。

全く初めての人は、ローフードやナチュラル・ハイジーンの本に断食の方法が載っているので、それを参考になるべく本に忠実に試してみて下さい。

もちろん、甲田先生の方法もすばらしいですよ~。

家庭でできる 断食健康法―付・スマシ汁断食体験記家庭でできる 断食健康法―付・スマシ汁断食体験記
(1985/05)
山下 重幸

商品詳細を見る


本格的にやりたい人は。ハワイにでも旅行に行ったと思って、断食施設に行ってみて下さい。

身体の不調や食べ過ぎの調整に、断食は本当に便利です。

断食をするのはやっぱり、無理・・・という方、

半日断食がお薦め

奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
(2001/12)
甲田 光雄

商品詳細を見る


一日2食で、2食分の量を増やさないように気をつければいいんです。
これでも長く続ける事で長期断食と同じ効果があるそうです。

もちろん、一日プチ断食を定期的に行うともっとすばらしいわけです。

食べ過ぎのエクスキューズになったとしても、何もしないよりもプチ断食でもやって調整したほうがいいんです。もちろん、食べ過ぎなければ良いんだけれど、色んな日々があるわけですもの。

胃薬飲むよりスムージーでプチ断食!!
(未確認情報ですが、胃薬にはアルミが沢山はいってる、っていう話も・・・・怖い!!)

丁度宴会シーズンで、その気がなくてもつい食べ過ぎの日々になることですね。
社交は社交で楽しんで、宴会の日と翌日はグリーンスムージーと果物だけ、なんていう過ごし方も良いかも知れません。

日頃からローフードを取り入れていると、断食食も回復食も「あれ食べてれば良いってわけよ」なわけで、簡単なもんです。

でも、生食ばかりで食べていて、ドカンと食べるとまたキケンなわけで・・・

やっぱり食べ物と身体の関係は難しいですねえ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ビサ更新の綱渡り

大変な一週間でした。

タイのビサは外国で取得した場合、90日までしか出ません。

わたしたちのビサも今月の13日(日曜日!)で切れてしまいます。延長をしなければ、オーバーステイの不良外人ということになってしまって、これはマズい。

近隣の国に一度出て、そこでまた90日のビサの取得は可能だけれど、夫は仕事の関係で国外に出る事は許されてません。

夫の仕事先にレターを書いてもらったら、妻の名前が抜けていてまた、レターの書き直し。

具合のわるいことに、こちらでは王様の誕生日や、憲法記念日(?)やらでお休みばかり。
レターもなかなか出来上がりません。

やっとこさ、レターが出来たので、イミグレーションオフィスに行くと、このレターでは更新は出来ない、とのたまう。おまけにわたしたちの結婚証明が必要だとも。

結婚証明って??戸籍謄本は当然日本から送らなければイケナイ・・・

これが、水曜日。木曜は恨めしい事にタイのナショナルホリデー。

イミグレオフィサーは「14日の月曜なら申請可能ですが、15日になったら、2日分の罰金が必要です。また月曜日に書類を揃えて来て下さい。」と教えてくれた。

罰金は一日につき一人500バーツ。

とりあえず、レターの件をやっつけに、夫の仕事関連先に行き、その後日本大使館へ。

タイの日本大使館はルンピニ公園のそばの便利なところにあって、大助かり。書類申請用紙を書いて、窓口の人に相談すると、「戸籍謄本は2週間以内に原本を提出してくれればとりあえずファックスでも良いです」という智慧をさずけてもらう。
だけど、申請から書類を受け取るまで何日掛かるのか聞き忘れてしまいました。(後で家に帰ってネットで調べると、翌営業日発行。つまり水曜に出したら、金曜日。金曜に出したら月曜日。それも朝からもらえるかは不明)

もう夫の年老いた両親に頼むしかありません。
すぐに電話をするけれど、生憎誰も出ない。。。

とりあえず、じゃあ家に戻って、出来れば水曜日中にファックスを送ってもらって、大使館の分だけでもやっつけよう、と目論みました。

結局、病み上がりの義理の父を走り回らせたけれども、大使館のその日の開館時間には間に合わず、断念・・・
(義父はその後本当にヨレヨレになってしまったらしい。ごめんなさい。お義父さん・・・ごめんなさい。)

金曜日。
また書類の不備を指摘されたら、オーバーステイまでの猶予は月曜日のみ!一日の猶予がある分、なんとかこの日のウチに申請に行きたい。夫の仕事関連先からのメールもいつ出来るかわからないけれど、この日の午後あたりには連絡がくる、と期待して、朝から日本大使館へ。

窓口の日本の係員の方に「ビサの申請で必要なんですが、ビザは13日の日曜日までなんです」と訴えてみる。ダメモトでも「じゃあ、今日の午後」とでも言ってもらえるかもしれないもの。

すると、驚いた事に「お急ぎですね、では、この用紙に記入して、しばらくお待ち下さい」
なんと、その場で作ってもらえる。
日本の外務省はなかなかやるではないか!と感動。

おまけですが、この係の女性、このような末端の窓口では大変ストレスフルな職場環境だと思われますが、テキパキして、物腰も声もやわらかく、とても素晴らしい人でした。ありがとうございます。

待つ事30分くらい。
英文で書かれたわたしたちの結婚証明をもらい、とりあえず、一旦家に戻る事にしました。

地下鉄にのって、乗換駅で電車を降りようとしていた、まさにその時!
夫の携帯が鳴りました。

レターが出来たので取りに来い。 

時間は11時。水曜日のうちに出来るとは思ってなかったけど、大急ぎでやってくれたんだ。この日は4時からタイ語の授業があるけれど、うまくすれば、間に合うかもしれません。

夫はそのまま地下鉄の反対ホームから、レターを取りに急ぎ、わたしは家に戻って、申請書類と二人分のタイ語の勉強道具。ついでに外に干した洗濯物の取り入れなどをして、夫と待ち合わせの場所に急ぎます。

バンコク市北部に引っ越ししたイミグレーションオフィスまでスカイトレインとタクシーを乗り継いで約45分。
目的地についた時には丁度昼休み中なので、わたしたちも食事をします。タイではどこでもご飯が食べられて便利!

さて、申請ですが。昼休み明けなので、ものすごい混雑です。午前の部の残りの人、そして、午後の部に押し寄せた申請者の波の中のわたしたち。

タイ語の授業、今日の分はキャンセルになっても、なんとかコレをやっつけなければ。
ジリジリ待ちます。一時間くらい待ったかな、申請の順番が回ってきました。

オフィサーがレターをチェック。結婚証明をチェック。
パンパンとはんこを押したところで、フラフラと身体の力が抜けました。

申請が受理されたら、もうオーバーステイの心配はありません。後はパスポートを返してもらうのを待つだけなのだけど、タイ語のリミットまであと30分・・・

パスポートの順番はなかなかまわってきません。あと30番くらい。
夫は順番を待ちながら、宿題をしています。細かい時間も無駄にしない勉強家!

ところで、これ、何だと思います?
IMG_0903.jpg

なんと、パスポートをもらう順番の番号札です。
IMG_0902.jpg

わしたちのパスポートはモンスターエッグと交換。
なんで、子供が集めるカードを使うのか?タイ政府よ・・・シャレだろうか?


夫が「とりあえず、先生をお待たせしてはいけないから、きみだけでも戻りたまえ」とは言わなかったけど、似たような事を言うので、わたし一人タイ語の教室に戻る事にしました。

結局、夫もわたしから遅れる事30分くらいで戻って来て、実に集中力の欠ける出来の悪い生徒をやりました。

タイ語の先生も「もう、あれは大変よ。係員によって言う事が違うのも当たり前で、一度で用事が済む事がないのよ」とおっしゃってました。2回の出頭で、期限内に間に合って、本当にラッキーでした。

書類作成のために走り回ってくれたたくさんの方、本当にありがとうございました。

でも、まだ問題はあるんです。
わたしたちの帰国の日、タイ航空の福岡便はその曜日のフライトを取りやめてます。
予約は取ってあるのに、どうなるのか?関空へとチケットを買い替えることになるのか・・・・
モンスターエッグとの戦いはいかに・・・

一月になってから、やっつけることにします。

長文を最後まで読んで下さってありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


身体ネトネト

ちょっと気持ち悪いタイトルですみません。

イベントや来客が続くと、「ご馳走」も続きます。

ここでは、家で調理することはほとんどなくて、毎度外食なのだけど、この外食にも普段のお食事とお出かけお食事の区別がなんとなくなります。

色々が続いて、ディナーだけではあるけれど、「お出かけお食事」が続いてしまいました。

まずは、ゲーテ・インスティチュートで無料の弦楽四重奏を聴きに行くついでに、同じ敷地内にあるドイツ料理屋さんで夕食。

サラダを注文し、ソーセージはホームメイドだというので、ソーセージの盛り合わせをオーダー。
夫は白ビールなど飲んでご機嫌です。

わたしはなんでもモリモリ元気よく食べるのが自慢だったのだけど、最近はあんまり肉ばかりをたくさんというのは食べられなくなって来た。
夫は元気にワタシの分まで平らげてくれます。やっぱり男の子は違うなあ。
食べる時は断固食べるぞ!という彼のオトコらしい態度が好きです。
食事の後に注文した、エスプレッソがものすごく美味しかったです。best espresso in BKK!!

この店は肉好きのタイ人に人気があるみたいですが、日本人からはノーチェックなんじゃないかしら?お値段も町中のドイツ料理屋よりも安いし、お料理も素晴らしい。
なぜかピザやスパゲッティ、ハンバーガーもあります。
タイ料理もあります。


翌日。そう、めでたくビサの更新が出来た日。一日中走り回って、空虚な待ち時間を過ごし、仕上げにタイ語の授業を受けた日です。
授業が終わったのは夕方の6時。
安心したし、疲れました。それに何よりおめでたい!!
こんなにめでたいことはありません。誕生日よりももっとお祝いしなくちゃ!!

いつもと違う道を帰り、「確か、このあたりのイタリアンがどーとかこーとか・・・」
「それじゃ、行きましょうか?軽く食べればいいですよね、席あるかしら?」

とあっさり行く事になりました。

運よく席もあり、サラダとシーフードの前菜、それにピッツァマルゲリータを注文。あ、パンもお願い。
お店は満席。予約困難なピッツェリアなのね。

ああ、こんな料理は久しぶりね、と思って良く考えたら、バンコクに来てから、イタリアンは初めて来ましたが、人気があるはずで、お料理、というほどのものは頼んでいないけれど、どれも素晴らしかったです。サラダが大盛りなのが良かった!!

ピッツアってチーズの油が胃もたれするのだけれど、ここのピッツアは食べてても手がギトギトしてこない。
手に油が付かないピッツアなんて初めてかも・・・
なるほど、人気なわけです。

ついデザートも頼んでしまいましたが、量は多かったけど、大変に結構でした。

ふー、喰った喰った。と腹ごなしを兼ねて徒歩で帰宅。次回、デザートは一皿だけの注文にしましょう。

翌日です。カンボジアからの帰りのトランジットで友達が来ました。

一泊して、翌日の夜便で帰る予定だったのだけど、色々ハプニングがあり、この日の夜のフライトで急ぎ日本に戻る事に。

ハプニングはあっても、食事はまた別。肉をほとんど食べない彼のリクエストは「イカ、タコ、エビ!!」

はいはい。シーフードですね。

この彼、ものすごく大きな身体をしている。食べる量もすごいが、そのスピードもすごい。
ビールなんか、350ccの缶など、最初の一息で半分を干してしまう。
そして、合間にしゃべるしゃべる!!

ガハハ・ガハハと笑いながらたくさん食べる姿は、見ていてものすごく面白いが、一緒に食事をすると忙しい。
そして、良く味わいもせず、釣られて一緒に食べてしまう。
しかし、さすがの彼も、40を過ぎて食べる勢いが落ちたようです。それにしても、ほんとに100キロ無いの?

予定では、中華街のシーフードに行く筈だったのだけど、遠くまで出掛けて、ゆっくり食事をする気にもならず、近所のシーフード屋さんに行ったのだけど、ここも大変な人気店で、店から出たら待ってる人が山のようでした。


とまあ、タンパク質をたくさん食べた日(イタリアンの日はそうでもないけど、デザートの脂肪が多いよね)が続いた翌日でした。

なんか、身体がネトネト油っこい。おかしいなあ?ちゃんと石けんで洗ってるのに。

ごたごた続きでちょっと休んでいたホットヨガに行って、「食べ過ぎで身体硬い!!」と思いながらヨガをして、シャワーを浴びたら、一回目の石けんでは泡が立たないほど身体ネトネトになってました。

つまり、タンパク質の食べ過ぎで過剰なものを皮膚からも排泄しているわけです。
身体までネトネトするのだから、腸の中もさぞやネトネトになっていることでしょう。

ヨガのせいか、食べ過ぎと、ビサ関係のドタバタで疲れが出たのか、頭痛までして、ウツラウツラ寝てしまいました。

やっぱり、ご馳走の後はグリーンスムージー!!

普通の方々はご馳走の後でも調整ご飯など召し上がらずに、朝ご飯も召し上がって、暮らしてらっしゃるんですよねえ。
それはそれですごいことです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

バンコク暮らしの収支

バンコクでの生活、一ヶ月の生活費はどれくらい掛かるものだろうか?

日本に比べて物価が安いので、年金生活になったら、リタイアメントビザで、優雅に暮らす、と考えておられる方もいるかもしれません。

3ヶ月ほど暮らしてみての感想です。

まず、わたしが住んでいるところは、日本人が集中的に住んでいる地区で、日本人以外の外国人率も高く、タイでも高級住宅街になります。

だから、物価が高いのはまあ、しょうがないけど、何かと便利です。(誘惑が多いとも・・・)

何も、日本人がたくさん住んでいるところに住む必要はなかったのだけど、電車で移動できて、予算以内のアパートがここにあったのだから仕方ないです。リタイアメントビザで、長期滞在となるばあいは、もっと下町で、ちゃんとしたキッチンのあるところに住めばまた違うかもしれません。

だけど、バンコクにいると、友人知人がホテル代わりに押し寄せて来るのはたぶんあまり変わらないでしょうが・・・

というわけで、食費は時々ぼやいているように、結構高いです。
外食も多い、野菜も高い、飲み屋のビール代も込み、友達が来た時の食事(ほとんど割り勘)も入ってるけれど・・・
日本にいた時とあまり変わりません。

住居費は、どの程度のアパートにするかで変わります。駐在員さんなどは7万バーツ(約20万円)くらいのところでもざらにお住まいのようですが、そんな家賃払いたくない!!

だから、ウチの場合月に6万円くらいのお部屋です。場所柄を考えると大変割安だけど、お家の設備も・・・
それなりです。

ゴルフなどという結構な趣味は持ってないので、娯楽にかかる費用は、タイ語の勉強代と、フィットネスの会費くらい。

便利なところに住んでいるので、交通費は安いです。これは広島での暮しに比べたら大違い。だって、日本では一回ガソリンを満タンにすると8000円超えたりするんだもん!これが月に3回くらいあるのだから、ガソリン代だけでも大変です。

お洋服などは今お買い物モードでないので、買いません。いつ買い物モードになるかはわからないけど、夏服しかいらないので、たいしたことありません。

他に、日本の家の維持費や車にかかるお金などはもちろん別に掛かります。

こうやって考えたら、半年に一回日本に帰国する、などで交通費を使うと、それほど安上がりというわけにはいかないみたいです。

もちろん、タイの庶民のように暮らすという方法もありますが、それが出来るにはタイ語は必須。
バンコクのような大都会は避けて、アユタヤとか、チェンマイなどに暮らすのが良いかも知れません。

食べ物に関して、野菜は断然広島での生活が充実していました。
化学肥料どっちゃり使った野菜。オーガニックのくせにズルけるレタス、水耕栽培のカスカスの野菜。中国製のニンジン。
タイは農業国なのに、意外と輸入野菜も多いんで、まったく油断できません。
もちろん輸入物には燻蒸処理がされてますので、なるべく避けたいところです。

わたしの住んでいる地域でなければ、もっと地物の野菜があるのかもしれませんけれど・・・

果物は悪くないですよ~。ただ、ちょっと品種改良しすぎていて、面白くないです。マンゴーなど年に三回も収穫できるそうですが、バングラデシュの野生のマンゴーに比べたら、ぜーんぜん美味しくない!!食べようとも思いません。
パパイヤ、ココナツが普通にあるのは嬉しいですが、日本には当たり前にあるリンゴや梨は輸入品で高いし、燻蒸、となります。

リタイアメントビザで老後を優雅に過ごすのも悪くないけど、仕事もないのに、毎日何して暮らすのか、そっちの方が問題になると思います。
まあ、今のわたしと同じで毎日タイ語と、ヨガでいいのかもしれません。

ともあれ、激安生活とはなかなか行かないものであります。

こうやってくらしていると、日本でのくらしがどれだけ恵まれているのかがよくわかります。
後3ヶ月でまた日本に戻りますが、日本に戻ったら、半年休んでいる自分の仕事、心機一転再開しなくちゃ!
もちろん、今の暮しも楽しんでますよ~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

タイの納豆。

冬なのに、なんとも蒸し暑い今日この頃のバンコクです。

昨日、珍しく夫が昼に出掛ける。

わたしは放し飼い状態で、自分の好きなものを食べれば良い。もちろん、日頃も自分の好きなものを食べているけれど、それは常に夫の好みも考慮した上での好きなものなので、微妙に違う。
(こうやって書いていて、何が違うのか良くわからないけど、気持ち的に違うのですよ)

断食にしようか、ともおもったけれど、ついポリポリとピーナツなんかつまんでしまったので、断食はやめて、少食に変更。

お昼前のヨガに行って、帰りにスーパーで買い物をする。

レトロな納豆を発見。ムラムラと納豆が食べたくなって来て、昼のメニューは納豆スパに決定。

IMG_0904.jpg

こんな納豆売ってたらつい買っちゃうよねえ。19バーツでした。

納豆を食べる人は多くない。日本人だけを相手に納豆を作る会社がタイには数社ある。もちろん輸出なんかしてないだろうから、販売対象はタイ在住日本人だ。しかも、日本から輸入した納豆も売っているから競争は激しいはずだが、タイでは納豆の会社がいくつかあるのだ・・・
不思議なところです。それだけ日本人がたくさん住んでいるんですねえ。

というわけで、サラダも添えて、納豆スパ。

IMG_0905.jpg

上に載ってる黒いものはこちらの岩のりです。
普通スープに入れるものだけど、なかなか良い香り!

サラダに入ってるスプラウトはアルファルファとニンニクミックスのスプラウトです。
別にニンニクの味がするわけじゃないのね。

外での仕事を終えて家に戻った夫が「納豆の匂いがする」と不思議がっていました。

当たり前です。納豆食べたんだもの。
わたし一人で納豆スパなど食べた事で夫が拗ねるか、と思ったけれど、べつにそんな様子もありませんでした。日本の食べ物にはまったく未練のない不思議な人です。

ところで、タイ産の納豆ですが、なんか豆が良く煮えてない部分があって、ちょっとコツコツしてました。菌も日本の納豆に比べてもう少しワイルドな感じ。
京都の人には食べられないかも、です。

昼ご飯の時間が遅かったので、夜はコーンジュースとパパイアでした。夫の夕食をすこしつまみました。

ワイルドな納豆菌のおかげかどうか、わからないけど、翌朝はたくさんお出ましになりました。

わたしの少食と超健康への最大の敵は食べ物に対する好奇心です。
困ったものです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Rasayana Retreat Rawfood Workshop その1

なんとなく、長い間ご無沙汰していたRasayanaのしまっくすさんが、ワークショップのお知らせを下さいました。

今回はタイ人対象のタイ語だけだから、とおっしゃるけれど、どんな人が集まるのか興味があって、出掛けてきました。もちろん、ワークショップの内容も興味津々。

IMG_0909.jpg

スタッフの人たちはみんなこの缶バッジをつけてます。すごくかわいい。わたしも欲しい。

お客さんは主にラサヤナのお得意さん、そして、雑誌記者らしきプレスの面々、大学生らしき人、モデルさんみたいな人や、やんごとない雰囲気を醸した方など、明らかにセレブリティらしきお嬢様が数人。
(わたしはタイに限らず芸能関係に疎いので、わからなかったけれど、有名歌手とか女優さんとかもいたのかもしれません)

IMG_0908.jpg

いつものラサヤナのダイニングスペースが会食用のセッティングになってます。
手前に見えるのは色々なフルーツをスライスしてドライにしたもの。ドラゴンフルーツのチップス(もう湿気でくたっとしてたけど)をつまんでみると、甘くて驚きました。乾燥させると味が凝縮するんですよね!

ウェルカムドリンクをいただきつつ、ワークショップが始まるのを待ちます。
なんとなく隣に座った奥様とおしゃべり。ラサヤナスパのお客さんか、と思ったら、コロンクレンズは別のところに行ってる、というようなことをおっしゃってました。
そこはもっと高いらしい・・・
彼女の娘はビーガンで、ラサヤナの食べ物しか食べないので高くついて大変だ!とこぼしてました。ご自身はわたしと同じく、「時々肉も食べる」だそうです。
「あなたは健康そうなのに、どうしてこんなところに来てるの」と聞かれてしまいました。
あはは、オタクなんです・・・

さてさて、場所を二階のヨガスタジオに移動してワークショップです。

IMG_0910.jpg

白いブラウスの高校生みたいな方がたぶんここのオーナーで、しまっくすさんとカリフォルニアのローフード学校で一緒だった方。真ん中の美人はしまっくすさん。背の高い痩せたお姉さんはプロの司会。(この方はホンモノの女性だと思います)

ローフードとは何か、という説明、オーナーさんのローフードとの出会いやしまっくすさんのローフード体験などが語られて、デモンストレーションに移ります。

まず、グリーンスムージー。

IMG_0912.jpg

水分にオレンジジュース、そしてイチゴがたっぷりなので、ぜんぜんグリーンじゃないけど、グリーンスムージーなのね。小さなカップに入れられて、試食品が回ってきます。
うん、いちごたっぷり、甘くて美味しい。

実は、目の前でバイタミックスが回っているのをはじめて見ました。

早い!それに出来上がったものはやっぱり滑らかです。うう、欲しい。

この先、ワークショップは、
アーモンドミルク、マリナラソース、アーモンドで作ったナッツパテ、そして、アボカドで作るチョコムース、と進みます。

料理の実演に、順番に怪しい手つきの若い娘が出てきます。しまっくすさんの助けを借りて、材料を順番に入れてマシンを操作し、出来上がったものを手に取って、カメラに向かってニッコリ。

それぞれのお料理の実演をするのは、すっかりお友達になった奥様が教えて下さったところによると、タイの超セレブのお嬢様方なのだそうです。
はは~ぁ、そうですか。ローフード&セレブリティの写真ができあがるわけで、これが雑誌などの紙面を飾るんです。

ナッツミルクは蜂蜜で味付けしてありました。実はナッツミルクも初めて飲みますが、大変に濃厚なドリンクです。贅沢なものですねえ。たくさん食べると太りそうです。

マリナラソースは、レーズンで甘味がつけてあり、アップルサイダーヴィネガーも入っているので、甘酸っぱくて、ケチャップみたいな感じ。わたしはマリナラソースの酢を入れないんだけど、好みの問題ですね。

ズッキーニで作ったパスタは、軽くディハイドレートしているのか、ベタベタしてなくて、良い感じでした。何でカットしてあるのかなあ?スパイローリーみたいに太くないし、サラダッコみたいに細くないです。スパイローリーにも太さ色々なんですね、きっと。食べやすいように適当な長さにカットしてありました。

ちなみに、このデモンストレーション、参加者にレシピが配られる訳ではなくて、手順を見て試食する、という感じでした。この辺りは、「基本的に自炊はしない」バンコクのくらしと関係があるのかも知れません。

ラサヤナではこのようなワークショップを様々に展開していて、今回はセレブ対象、という感じだったけど、ショッピングセンターで一般人相手のワークショップをやったり、ボクシングジムでデモをやったり、と、ローフードの啓蒙に勤めてるんですね。

デモンストレーションの内容からは、ローフードを知ってもらう事がメイン、という印象を受けました。だけど、一般の人、セレブの人にローフードってこんなものですよ~、と知ってもらうのはとっても大切なことです。

人は食べ物で病気になるのだから、病気にならない食べ物を食べたら、病気になる心配がないのだもの。
Rasayanaの地道な活動に頭が下がります。


さて、お次は楽しいブッフェパーティーですが、その2に続きます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Rasayana Retreat Rawfood Workshop その2

さて、デモンストレーションが終わって、ブッフェランチです。
しまっくすさんは「少ししかありません」とおっしゃってましたが、なんのなんの!ラサヤナの人気メニューが並んでいます。

あんまり写真を撮れなかったけど、まあ、こんな感じです。

IMG_0913.jpg

グリーンサラダのドレッシング、2種。
左はマスタード、右は胡麻。
黒いコンテナに入っているのは、トムヤム風味のミックスナッツ。白いコンテナにはドライトマト。グリーンの皿にはタマネギスライスをきちんと晒したもの。

このドライトマトはラサヤナのお料理を注文するといつもとっぴんぐされているおなじみのものです。
ニンジンの入ったタワーの上にグリーンサラダが置かれました。配置も取りやすいように工夫されてます。

IMG_0914.jpg

イエーイ!のり巻き。日本人の誇りですな。野菜バージョンとナッツパテバージョン。お海苔とお醤油の組み合わせってもう最高!!

IMG_0916.jpg

右の小さいのはタコカップ。野菜で作ったカップにサルサソースを詰めて食べます。サクサク美味しいラサヤナの人気メニュー。

トルティーヤと中に詰めるキャベツのハーブミックスサラダ。
トルティーヤの皮にキャベツと、アボカドパテと、チリソースを掛けて巻いて頂きます。

IMG_0915.jpg

パスタソース2種。
どちらも酸味が効いていて、美味しいです。ラサヤナのクリームソース、ナッツ少なめで軽いんです。素晴らしい。

IMG_0918.jpg

輝く笑顔の、美しい人が持つのは、ズッキーニパスタ。ビショビショしてないんですよ。なんでかしら??

それから、写真を取るのをわすれたけれど、トム・カーというタイのスープがあるのですが、それのローフードバージョンが素晴らしくてたくさん食べてしまいました。

ココナツミートを使ってる、とおっしゃってましたが、なんとも濃厚で、ハーブの香りがすばらしく、辛味と酸味と塩味のバランスも絶妙で、本当に感激してしまいました。
また食べに行きます。

デザートは2種類あったけど、1つは撮り忘れちゃいました。

IMG_0917.jpg

チョコタルト。もう1つあったのはレモンパイ。ココナツのたくさんはいった厚めのクラストにタイのライムと、あとなんだか忘れちゃいました。酸っぱくて、濃厚に甘くて、もうお腹パンパン。

このイベントの準備のために一ヶ月ぐらいとても大変だったと、しまっくすさんはおっしゃってました。
しまっくすさんは英語、他のスタッフはタイ語で意思の疎通もなかなかままならなく、何事も思ったように進まないストレスは大変なものだと思います。

すばらしいイベントでした。この日の写真がタイの人が大好きなセレブ雑誌の紙面を飾ったところをまた見たいです。
わたしが見た限り、お客さんたちはみなさんお料理を楽しんで召し上がってました。

来月には通訳を交えた英語バージョンもあるそうですし、クッキングクラスも予定されているみたいで、そちらも本当に楽しみです。

いつもスムージーとサラダと果物ばかりのローフード生活だけど、たまに食べるとやっぱり手の込んだローフードも楽しいなあ、と思い直した一日でした。

しまっくすさん、そしてラサヤナのみなさん、ほんとうにお疲れさまでした。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
またお客さんで行きますので、よろしくお願いします。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「父と暮らせば」

バンコクにある国際交流基金(Japan Foundation)で月に数度日本映画の上映会をやっている。
タイ語の字幕付きで、毎月テーマに合わせて新しいもの、古いもの取り混ぜ色々な日本映画を無料で見せてくれる。

なとなく日本にいると日本映画って見ないもので、見に行きたいな~、と思っているうちに上映期間が終わってしまい見損なっていることが多く、とても重宝しています。
ジャパン・ファンデーション、ありがとう!

残念ながら場所もホールではなく、会議室のようなところにスクリーンをそえつけて、机付きのイスを並べているだけだから、前の人の頭が邪魔になって、スクリーンが全て見えないのが玉にキズだけれど、日本で劇場では見損なった映画を見れるので、ありがたく通っています。(一応映写室はちゃんと別になってるのだけれど、建物の天井が低いので、スクリーンを高い位置にできないのよねえ。残念。)

せっかく字幕までつけているのに、タイ人のお客さんは少なくてとても残念に思うのは私だけではないでしょう。

さて、「父と暮らせば」は宮沢りえさん主演の原爆ものの映画です。なんで今頃原爆映画?なのだけど、12月5日はタイ国王陛下のお誕生日でこちらでは「父の日」なので、父にちなんだ映画を今月は上映しているためのラインアップだそうです。

作品の舞台になった広島には上映初日、宮沢りえさんが舞台挨拶に訪れたり、りえさんの広島弁が「とてもかわいい」と評判になっていたことを思い出します。

物語は原爆投下の3年後、父を原爆でなくしたりえさん扮する美津江のところになくなった「おとうはん」が幽霊になって現れます。
理由は、東北からやってきた物理学者にときめいてしまった自分の気持ちを一生懸命抑えようとしている娘の心を解すためです。

自分よりも幸せになるべき人がピカで死んでいる。父を助けられずに見殺しにしてしまった自分は絶対に幸せになってはいけない、と自分の心を抑える娘。

「お前はなぜにそない強情なのか」と娘の心の痛みに切り込んでゆく。

そこで語られる話は、原爆の悲惨さを物語るもので、(いかに軍都であったとしても)こんな爆弾を落とされるいわれはない、ということを見るものに訴えかける。

「生き残ったおまえだからこそ、語り継がねばいけないのだ!今が無理なら子供に、子供の世代がむりならば、孫におまえのうけた苦しみを伝えなければいけないのだ。こんなむごいことがあってはならないのだ」

と幸せ(つまり結婚なのだけど)になるための背中を押すの。

生きているのは辛い事だ。だけど、生きているのだから、生きなければいけない。生きるのだから幸せにならなければいけないのだ、と。

この映画はきっと原爆被害の生き残りだけでなく、地震や事故や事件からのサバイバーへのエールも込められているのだなあ、もっといえば、生きる事に疲れている人全てへのメッセージではないかと思いました。

幸せになる気持ちを抑える必要はない。だって生きてるんだもの。


この映画、アマゾンのレビューには宮沢りえさんのあまり上手でな広島弁(特に前半)を非難するレビューも見られるけれど、映画を見てみて、広島でとても評判が良かったのが納得できました。


色んな人がモデルになって、こんな風に原爆資料の収集が始まって、被爆体験の語りも始まったのだろうなあ、と思われる、すばらしい作品でした。

広島の人はりえさんに演じてもらってきっと嬉しかっただろうなあ~。
本当にはかなく、そして美しい美津江さんでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「ぐずら」とぺんぎん

今日、家でこんな昼ご飯を食べていた時のことです。

IMG_0923.jpg


ええっと、サラダは、生カリフラワーのマリネとキュウリとレタスとスプラウト。

パスタのほうは全粒粉パスタを

IMG_0922.jpg

ニンニク、タマネギ、オイル、塩、胡椒でクリクリしたところにルッコラ、トマト、バジルをさらに和えて、チーズを載せたものです。


サラダを十分に噛みもせずにどんどん食べるわたしの食べ方に夫が

「もしかして、あなたは昔からあまり噛まなかったの?」と聞きました。

実は、早食いは以前から夫に指摘されていました。
わたしも、少し気にはしていたのだけど、癖ってのはかんたんに治らないもんです。

夫に言われて、記憶がずーっと昔まで飛んでゆきました。

「わたしのあだ名は『ぐずら』だったの。」

わたしが子供の頃にテレビで放映されていたアニメに正式なタイトルは忘れてしまったけれど、「おらぁ~ぐずらだど」というのろまな怪獣が出て来るアニメがあったのです。

「ぐずら」は名前の通りちょっとぐずな怪獣で、ぐずだったわたしは母や祖母から、なにかと「ぐずら」と呼ばれていたことを思い出したのです。

食べるのがいつも遅かった。
一月生まれのわたしは、幼稚園でも他の子に比べて何事も遅かったけど、食べるのだけは小学校に上がってからも遅かったんです。

学校でテーブルクロスを畳むのはいつもわたし。だって、食べ終わるのが最後だから。小学校低学年くらいはいつもそんな感じだったように記憶しています。

一度自宅で、その時は扁桃腺が腫れていたように記憶しているのだけれど、豚肉か何かがいつまでも飲み込めなくて、仕舞いに母が怒り出したこともあったっけ?あれはもう小学校の3年生くらいだったかも。

グズグズ食べないためにいつの間にか早く食べる技、つまり「十分に咀嚼せずに飲み込む」ことを身につけたのでしょう。

不覚にも涙をこぼしてしまいました。


わたしがハンドルネームに「ぺんぎん」を使うのは、自己イメージがペンギンに重なるからです。
今まで手足が短くてよちよち歩く自分の姿とかさねているつもりだったけど、これは小さい頃、家族から「ぐずら」と呼ばれていたことと関係があるのかも、と思い至りました。

娘を「ぐずら」と呼んだ母も、自分の立場にかなりストレスを溜めていたのだと今では分かります。
母だって、嫁と妻と母をすることで必死だったと思うと、余計に切なくなります。


はあ、可哀想な小さなわたし。
「ぐずらと呼ばれていたのよ」と言うわたしの話を聞いた夫は言葉を失っていました。
傷ついていたんだなあ。でももう大丈夫だよ、ちいさいわたしよ。

もう大丈夫だから、食事も時間をかけて良く噛んで食べるようにするよ。

夫よ、いつもそばにいてくれて   ありがとう。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ローフードと虫

ちくたくさんのブログで、「ローフードをしていると回虫のことがきになりませんか?」という問いかけがありました。
カボチャの種で虫下し?

初めてグリーンスムージーを作った時。

グリーンスムージーでは、ふだんサラダでは食べないような菜っ葉も入れます。小松菜とか、水菜とか、ほうれん草、大根葉など。

わたしが菜っ葉を買うのは、地元の産直市ですので、無農薬野菜ばかりとは限りませんが、下肥を使っている賢い農家の方が作ったものもあるかもしれません。

「これを食べてたら確実に虫が入る」と思ったものでした。

だけど、ローフードの本
はじめてみようローフード生活はじめてみようローフード生活
(2005/06/25)
斉木 豊関戸 美穂子

商品詳細を見る



には、「ローフードを食べてたら寄生虫はいなくなる」って書いてある。ちょっと、「ほんまかいな~逆やろ!」とツッコミ入れたくなるような、説明の足りない記述があります。

でも、まあ、虫がはいったところで、虫下しを飲めば出てゆくし、心配するのはお尻が痒くなってからにすればいい、となんとなく考えない事にしてました。

甲田先生の本には甲田先生の生菜食と、それにまつわる寄生虫の話が出てきます。
そのあたりの記述は、nullさんのブログ寄生虫に生玄米が詳しい。

甲田先生も最初は寄生虫に悩まされたわけですが、そのうちに宿便がとれてきて、不思議と寄生虫もなくなった、というわけです。

なるほど、寄生虫も宿便を餌にして育つわけで、お腹に宿便がなくなって、毎日食べたものがスルスルと翌日には出て行くような身体だったら、寄生虫が住む場所もない、という理屈なんでしょう。

宿便があるうちは寄生虫も寄生しているけれど、宿便がなくなると、いなくなる、というのは面白いなあ、と思います。何の本で読んだのか思い出しませんが、甲田先生の本では、「生菜食をしているとマラリアにもなりにくくなる」というようなことが書いてあったように思います。マラリアの話が出て来るなんて、甲田先生が陸軍時代に南方にでもいらしたのでしょうか?

マラリアも血の中の住む寄生虫のようなものです(原虫だから、もっと小ちゃいけど)。

大分の農家、赤峰勝人さんの書いた本には「神虫、神草」という言葉が出て来るんです。普通の人は「害虫・雑草」と呼ぶところをこの方は「神」だとおっしゃる。
人参の奇跡
これは、赤峰氏の観察から得られたもので、「雑草は土のなかの不要な養分を吸って、足りないものを補うために生えている。虫は、植物の中の有害な成分を食べている」
という発見からつけられた名前です。

この考えからすると、回虫がわくのは、腹の中に毒があるから回虫が食べてくれる。マラリア原虫が沸くのは、血液や肝臓の中に原虫の餌になるような不要なものがあるから、となるわけです。

腸の中もきれい、血もきれいだったら、マラリア原虫も、回虫も住めないわけです。

「清い水には魚は住めない」と同じ道理なんですね!きれいな身体には病気は住めない。

だ・け・どぉ~。なかなか清いからだとはいかないわけで、虫のことも時々気になります。

マラリアはともかく、お腹の中にわく虫対策!

私の場合、時々翌日お尻まで辛いほど辛い食べ物を食べるので、ヤワな虫は出て行ってるかもしれません。が、考えてみたら、日常的に唐辛子を食べているバングラデシュの人にも、衛生状態のよくない生活を強いられてる人たちの子供はお腹に虫を飼ってたりするので、虫も唐辛子に日常的に晒されると慣れるのかもしれません。

生玄米とカボチャの種、生菜食には普通の食べ物が、虫下し効果もある、というのはとても面白いです。世の中良くで来ているなあ、と感心したのでした。

ここまで読んで「あれ?じゃあ、なんで甲田先生のお腹には虫が住んでいたの?」と疑問を持った方いらっしゃいますか?そう思われた方、なかなか鋭い!

そのころ、甲田先生の生菜食は西勝造先生の生菜食で、生玄米は食べてらっしゃらなかったのではないでしょうか?生玄米を食べるのは甲田先生のアレンジで、米も食べる事で生菜食でフラフラになるのが防げる、と米と豆腐を追加したようです。

生菜食も進歩するんですねえ。今じゃグルメな「ローフード」まであるんだもん。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ちょっと食べ過ぎの夜は・・・

お昼、外での仕事を終えた夫と合流して、食事をすることになった。
って、いつも昼は食べるもん。

この日、夜8時からゲーテ・インスティチュートでベートーベンのピアノソロリサイタルがある。ゲーテ・インスティチュートとえば、同じ敷地のドイツ料理屋さんだ。肉ニク食べる店。
肉ニク食べた後の話はこちら→「身体ネトネト」

例によって「何食べますか?どのようなものが?」とお互い腹の探り合い。

今日は珍しく彼が提案「普通に屋台飯、どこそこのタイ料理レストラン、どこそこのイタリアンあたりを試してみる」

わたしは家とは反対方向のコリアンか、メキシカンへの襲撃を思い描いていたけれど、「そっち方面は方向が逆だから」という夫のもっともな意見と、選択肢の中にイタリアンが出て来た事で、「それもええなぁ~」と気持ちが揺れる。

なにやら、夫の今日のお出かけには相当な収穫があったらしく、ご機嫌にお祝いモードだ。

何もゲーテ・インスティチュートに行くからと、ドイツ料理屋に行かなくてもよいのよ。夜は家でサラダとパンなんか食べてからベートーベンに行けばいいじゃないか!ビール飲んで、演奏の最中にトイレが近くなる心配もない。

そんじゃ、イタリアンあたり、行きましょう。ソイ33のイタリアンレストラン激戦区へ GO~!

野菜サラダ、野菜グリル、カルボナーラ、ピッツアマルゲリータ、と昼だから、いい加減な注文をする。夫は「ワインなんか飲んじゃう」とご機嫌である。珍しい。

野菜をたくさん食べたけど、漂白小麦もたくさん食べました。漂白小麦は宿便になりやすい食べ物なので、身体に負担です。
でも、この店のカルボナーラ、美味しかった。カルボナーラの美味しい店って滅多にないので、ちょっとビックリ!

食事の時間が遅かったのと、結構ボリュームがあったので、もうお腹いっぱい!!夕方、食事を食べなきゃイケナイ時間になっても、なかなかお腹が空きません。

でも、これで何も食べないでいると、コンサートの後でちょいといい気分になって、「それじゃ、ちょと一軒よって行きましょう」となるのは目に見えている。そして、わたしは油っこいものなど注文してしまうのだ。それは避けなければ。

サラダだけでも、と思ったけれど、サラダを食べる気にもならない。
こんな時は流動食でしょう・・・
実は夫はグリーンスムージーよりは「サラダで食べたい」という人です。でも、スープだと思って食べてもらえばどうだろう?
私が毎朝飲んでいるグリーンスムージーは塩味で、スープみたいなんだもん。

IMG_0927.jpg

スプラウトは混ぜずに浮き実にしてみたりして、如何かしら?

スムージーの中身は、アボカド、トマト、タイの春菊、ロメインレタス、ルッコラ、タイライム、パクチー、それに、青臭みを消すために蜂蜜少々、そして、塩&胡椒です。

鉢に入れて、スプーンを添えたら、グビグビ食べないので、「良く噛む」まではいきませんが、一応数回咀嚼して唾液と混ぜて嚥下することができるのは「良く噛む習慣をつけよう月間」のわたしには大きな発見だった。

夫も普通にスープとして食べている。よしよし、良い子だね。
「オイルをひと垂らししたら、もっと良かった」とおっしゃってたけど、あなた、お昼にあんなに食べて、またオイル召し上がるの?オイル入りはまた別の機会ね。

速攻で片付けて、速攻で着替えて、30分以内に会場に到着。

IMG_0928.jpg

わたしはグスターヴォ・ロメロさんという演奏家のことは何も知らなかったけれども、はぁ~。驚きました。とてもベートーベンのようには聞こえない華麗な演奏でした。
一番驚いたのは、2時間あまりの演奏!おまけに、ご機嫌だったらしく、アンコール2曲も演奏してくれたのに・・・

すべて暗譜だった。

あのガチガチのベートーベンから、いったいどうやって、こんな華麗な解釈になるのか、楽譜と格闘しながらいったいどれほどの練習を重ねているのか。気が遠くなるような努力の積み重ねの結果を見せられたようで、自分を振り返って反省しきりです。

この方、ベートーベンよりもショパンがお得意のようで、レコーディングもあるみたいです。ベートーベンでさえ、あんなに華麗に弾いてしまう方のショパン、どれほどの演奏か、とても興味があります。

感動しちゃった。すごい人が世の中にはいるものです。

演奏会が終わり、会場を出て時計を見たら10時半でした。

家に戻っても興奮は覚めず、iPhoneに入れてきた少ないクラッシックコレクションの中から、バッハやベートーベンを聞きながら、本を読んだり、おしゃべりして、床に入ったのは2時半を過ぎていました。

は~。いいもの聴きました。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「不食の時代」

なんとなく、赤池キョウコさんを検索してみたら、ホームページを運営なさってるんですね。
kyoko's cosmos

赤池さんといえば、>
マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)
(2008/04)
甲田 光雄赤池 キョウコ

商品詳細を見る

の著者です。
ご自分の潰瘍性大腸炎を甲田先生の治療(指導?)で完治なさった方で、途中、「悪性脱毛症」という病気にもなっちゃいます。髪が抜けるの、いやですよねえ。まつげも眉毛もなくなっちゃったそうです。。。ああ、髪が抜ける話は考えたくないよ~。

どちらの病気もすっかり治って、今ではすてきなさらさらヘアーな赤池さん。
なんと、「不食の時代」というドキュメンタリー映画にも少食実践者としてご出演なさるそうです。

このドキュメンタリーは、白鳥哲氏監督で、少食の効能を語る医師達や、少食や断食で病気を克服した人が体験談を語る、という内容で、来年春には公開予定だそうです。

ついに、こんな映画も作られるようになったんですねえ。昔、甲田先生といえば、キワモノ扱いだったのに、感慨深いです。

少食をするには、生で食べる事が欠かせません。生で食べるから少食が可能だ、ともいえるんです。
ローフードだからできる少食なわけですね。
栄養の損失もないけれど、それ以上に食べ物の命も生きたまま頂くからこそ出来る事なんですよね。

大きな映画館では上映されないだろうけど、広島でも見れるかなあ。
横川シネマあたりで上映してくれないかしら・・
横川で映画を見たら、その後は紺ちゃんでラーメンを食べてしまうのだけれど・・・

とても楽しみな映画です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

フルーツ断食再び

またまたパキスタンから友達がトランジットしてゆきました。

アフガニスタンで働く人に言わせたら、「パキスタンは外を歩けるだけ天国」だそうです。
アフガンでは、家と事務所の間を防弾車で移動することしか許されてないそうです。

それに引き換え、バンコクは天国です。

天国のバンコクで、クリスマスイブの夕食を共にして、彼はまた深夜便で日本の家族の元に帰ってゆきました。

さてさて、ディナー食べちゃった後です。夫はご機嫌にワインをボトルで注文して、友達と二人で一本空けてました。わわたしは食べ過ぎ、夫は飲み過ぎ・・・

それに加えて、最近わたしはやたら眠たい 眠り病になってました。勉強にもあまり集中できなくて、宿便が溜まっているのでしょう。

「そろそろ断食したいなあ」

今朝、「今日はフルーツ断食します」宣言をすると、「うーん、夜飲んでもいいなら、僕もやろうかしら?」と珍しく夫が色気を見せる。どうなさったの?あなた?!

結局、昼にパパイヤを食べ、夕方、ココナツを飲んで、夜、わたしはコーンジュース。夫はパッションフルーツとビーツのミックスジュース。

あ、その前に麦ジュースをワンショット飲んだんだった!!だって、フルーツ断食はクロロフィルを食べないもん。やっぱりグリーンがないとチト不安なわたしです。

そして、お夕食は・・・

IMG_0929.jpg

ソムオー(タイのザボン)と、パインアップル。

二人でどれくらい食べるか分からないので、適当に購入するのですが、わたしはもうお腹いっぱいで、ソムオーは家に半分くらい家に持って帰りました。

パインアップル食べると酵素で舌が溶けて痛いです。よほどタンパク質分解酵素が多いんでしょう。繊維も多いし、断食向けの果物かも、です。

フルーツ断食ってすごい楽ですねえ。今はそれほど暑くないので、塩抜きしてもヨレヨレになることもないし、空腹感もまったくないし、普通にヨガや散歩ができます。頭痛もしません。(体調にもよるのでしょうけど)

もちろん食べ物を見たら「食べたいなあ」と思うけれども、お腹が空いて理性が吹っ飛ぶということはありません。
何処に行っても食べ物だらけのバンコクは、断食には厳しい環境です。

明日は断食明けのご馳走に・・・

ドリアン買いました~。

明日の調子をみて、もう一日フルーツ断食を続けるかもしれません。
一日だけでも、ずいぶんと体重が減るのは、余分な水が出てゆくからでしょう。

夫はフルーツ断食の締めに、ブドウジュースを発酵させたもので一日を終わりにするつもりのようです。
お酒が飲める断食ならば彼もお付き合いしてくれるのね。

それにしても、彼は最近どうしたんでしょう・・・
お酒も肉の魚も止める気はないようだけど、ずいぶんとナチュハイ&少食になってます。

単に歳とっただけなのでしょうか?

どうでもいいけど、夫がご機嫌で健康でいてくれるのは素晴らしい事です!

今日はお付き合いありがとう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

髪が抜けませんか?

ローフードを生活に取り入れてからそろそろ2年が経とうとしています。
このブログを書き始めたのは、遡ってみて見ると、2008年12月13日。

何となく、ブログを始めたのは12月26日だと思っていたので、一周年記念記事を書くの、忘れてました。
三日坊主なわたしがよくやってるなあ、と思います。これもひとえに読んで下さる方のおかげです。どうもありがとうございます。

ところで、ローフードを始めてから顕著になった困った事があります。

「髪が抜ける」

もともと毛が多くてスタイルが決まらないので、長く伸ばしていたんです。長いですから、一本が抜けてもたくさんの分量になるので、「こんなもんかなあ」と思ってたんだけど、でも、やっぱり多いような・・・

今年の夏にダッカに行った時には友達から「あんたの頭は薄くなった」と言われる始末。

もちろん、まだ地肌が透けて寂しくなるほどではありませんが、自分の感覚でも1/3くらいは減った感じがしてました。

話は前後しますが、わたしは、脱合成洗剤生活を15年くらい続けていたので、髪を洗うのもトリートメントもテレビや雑誌の宣伝で見掛ける事のない商品を使ってました。特別なものではありません。

つまり、身体を洗う石けんで頭も洗っていたわけです。石けんで洗うのは、3日に一回くらい、後は毎日お湯洗い、という生活を長く続けていました。

使っている石けんは変わらないけれど、ローフードを取り入れてから抜け毛の量が増えて来たんです。

髪が抜けるのは腎臓に問題があるからだ、といいますが、腎臓が悪いという感覚はあまりありません。いや、あるのかもしれないけれど、気がつかない。
こうやって書いていたら、一日の断食で体重が2キロも変わるのは、むくみがあるからで、腎臓はちょっと疲れているのかも、という気がしてきました。

髪が抜けるのは、身体の毒素を出しているからなので、ローフードを取り入れて、毒出しが進んでいるんでしょう。でも、髪があんまり薄くなるのは寂しい・・・

友達で長期の断食をした人はゴッソリと髪が抜けました。その後はもちろん生えて来たのだけれど、「元の状態には戻らない」と言います。

ローフード関連の英語サイトの掲示板で「髪が抜ける」という書き込みを見た事があるので、ローフードで抜け毛が増える、というのは良くある症状なのかもしれません。

さて、バンコクに来てからです。

もうものすごい抜ける。石けんで洗わない日でもわんさか抜ける。

うわー、このままでは本当に禿げそうだ!!と思うくらい抜ける。感覚的には半分になってしまった感じです。

髪が減って、洗うのも楽になっちゃった。乾くのも早い。この調子で抜けて行ったら、本当に地肌が見えるかもしれない、とかなり焦りました。

しかも、日本と水が違うので、石けんで洗うと、ネトネトするんです。水が硬いので、石けんカスが出来ちゃうんでしょう。

話はまた変わりますが、わたしはジムのシャワーで洗髪します。(日本にいた時も同じでした)

ある時、「合成洗剤だけど、これで洗ってみよう」と思ったんです。そう、備え付けの安物シャンプーです。

すると、抜け毛が少ないんです。1/5くらいに減っている。通常の抜け毛の量、っていう感じです。

あれれ?と思ってまた石けんで洗うと、ゴッソリ抜ける。

そんな実験を繰り返してみて、今では、髪を合成洗剤で洗う人になってしまいました。
なるべく頭皮の油を洗い切らないように、頭皮は軽めに洗って、髪のほうは排気ガスなどをとるために泡で良く洗う、という洗い方をしています。

抜け毛の量は減りました。

これは水質のせいなんじゃないか、と思います。硬水だと、水の中のミネラルが石けんと成分とくっついて、石けんカスの量が増えるんじゃないかしら?

だって、旅行中、日本と同じように髪を洗っていても、櫛までコテコテするほど髪がねとついて、困ることがあるんですもん。旅行中の洗髪は、ホントにストレスでした。

日本でも、フィットネスのお湯は、地下水を使っているので、石けんカスが抜け毛の原因の1つだったのかもしれません。(それほどネトネトしなかったように思うけど、地下水と石けんの相性は難しいのかしら?)

重曹洗髪ができればいいのだけれど、洗面器のない状況ではなかなかやりづらいです。

ひとまず、不本意ながらも合成洗剤で髪を洗ってます。
抜け毛も一段落して、ちょっと安心ですが、本気で腎臓の手当も考えなくちゃ行けません。

やっぱりきちんとフルーツ断食を定期的にやって、塩抜きデトックスしないとダメみたいです。

あんなに、多い髪がいやだったのに、減って来ると寂しいもんです。どうか機嫌を直して生えてきておくれ。
私の身体よ、いつも無茶をしてごめんね。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

マコモ風呂

長い間温めていたトピック。
昨日の抜け毛の話で思い出したトピックです。
髪が抜けませんか?

「マコモ風呂」っていうのをやっていた時期があるんです。

これは、「マコモ」という、一種の健康食品なんでしょう・・・
真菰というのは、いわゆるワイルドライスです。
その真菰に住んでいる菌がいるらしくて、それをどうにかしてあるのが、商品の「マコモ」だそうです。

そのマコモをお風呂に入れて、お風呂のお湯をずーっと替えずに毎日沸かし直し続けるお風呂です。
時々テレビで「何年も水を替えないお風呂」が紹介される事があるけれど、それはこの「マコモ風呂」です。
(本来は、お湯に溶いて飲むもので、お風呂用品じゃないです)

ものすごいデトックス効果があって、病気の人とかが入ると、水がすごく汚れるそうです。

そこで、魚の水槽に入れるブクブクなんかで空気を送ってやると、菌が元気になって、また水もきれいに戻るらしい。
皮膚や身体の病気だけでなくて、身体の痛いところなんかにも効果があるらしい・・・

その頃、股関節にとっても違和感があったので、もう、矢も盾もたまらなく、マコモを購入し、お風呂に投入。普段はお風呂に入るために毎日ジム(というより、サウナに)に行ってたのにパタリと行かなくなって、もう「マコモ風呂!」

入った感じがねぇ~、温泉みたいなんですよ。
これ、本当にアトピーや、ジンマシン、乾燥カイカイの人には良いものだと思います。

もちろん、お湯を替えないので、まず、身体を良く洗ってからお湯に浸かります。ゆっくりお湯に使った後は、温泉と一緒で、身体を流さずにそのまま上がります。

さらっとしていて気持ちのいいお湯だったんです。

ところが、このお風呂、夫とはとても相性が悪かった。
「匂いで頭痛がするから、お願いだからやめてくれ」と懇願されて、2週間くらいで流してしまいました。  シクシク・・・
(その頃、丁度ドドドドっとローフードに傾倒していた時期で、彼からみると、わたしは異常だったらしい。確かに食事はサラダ、ケーキは生、お風呂はマコモじゃ堪らなかっただろう。気の毒なことをしました。)

わたしは全然嫌な匂いじゃなかったのだけれど、確かに独特の匂いがするんです。

こうやって書いていて、わたしはまだマコモ風呂に未練タラタラです。

浴槽にだいたい1袋くらい(最初は半分くらいでも)入れるんです。
それで、お湯は減った分は足すけれど、お風呂は流さない。追い炊きのできるお風呂なら、浴槽洗いの手間もなくて、水も節約できて、とても良いです。

追い炊きの出来ないお風呂の場合、電気で追い炊きするマシン(バスヒーターというのかな?)を使っているようです。

マコモは一袋7500円くらいだったかな?一回温泉に行ったと思って、お風呂に投入してみてください。
匂いと、泥色のお風呂に違和感がなかったら、きっと気に入って頂けると思います。

私の場合、劇的にお風呂水の表面に膜が張るとか、すごい臭い匂いがする、とか、楽しい事がなかったけれど、本当に気持ちの良いお風呂だったんです。

お風呂だから、家族全員が使うので、家族の同意って大事ですよねえ。とりあえず、効果などを「マコモ風呂」でグーグルしてみて、ご家族の了解なども取り付けてからにしたほうが良いかと思います。

日本に戻ったら、マコモdeシャンプーしてみようかしら、と思って書いてみました。
ああ、まこもちゃん、まっててね~

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

断食の後のお食事は・・・

さて、今回のフルーツ断食です。

断食といっても、フルーツ食べてるので、全然断食してる感じはありません。

前回と違い、今回はむくみがなかったのでしょう、体重の変化は500gくらいでした。

やはり、お腹の中身が減るので、便通は悪くなります。量は少ないけれど、まあ、出てゆきました。
やっぱり、断食する時に、わたしにはオオバコのようなものが欠かせないみたいです。
だって、断食して、便秘するのって、いやでしょ~。

なんとなく、ユルユルと2日くらいのフルーツ断食を続けて、断食明けのお食事です。
朝から買い物に出掛けて、野菜を仕入れてきました。野菜と一緒にパンも買ってしまった。

IMG_0930.jpg

日本にいる時には絶対に自分じゃ買わないけど、ホールウィートのクロワッサン・・・美味しいねぇ。

スナップエンドウとソムオー(タイのザボン)のマリネ。エンドウは湯通ししてあります。

そして、エンダイブ、キュウリ、トマト、春菊、コリアンダー、スプラウトのサラダ。
いつもサラダはオイルとビネガーで和えてしまうのだけれど、今日は、アボカドのクリームドレッシングを別建てで添えてみました。

これが夫に喜ばれました。珍しく「おいしいねえ」と言いながら食べてます。

最近、顎の調子が戻って来たので、生発芽玄米再開です。久しぶりの生玄米、噛んでいると段々と甘味が出てきます。
夫はちょこっと味見して「なんか、粉っぽいね」だそうです。生玄米、美味しいよねえ。アボカドドレッシングで和えて食べました。

ああ、サラダと玄米でお腹いっぱい!ついでに顎も疲れました。良く噛んで食べて、エラかったぞ、わたし!

さて、朝の野菜とパンのお買い物ですが、これ、400バーツを超えてます。クロワッサンは一個35バーツ。ドイツ料理屋のライ麦パンは半分で60バーツ。

外で食べたら、おかず2品&ご飯が30バーツの世界で、この値段です。もちろん、一回で全て食べる訳じゃないけれど、絶対に外で食べた方が安いんです。

まあ、外ではこんなに野菜は食べられないわけですし、なんとも不条理ではありますが、家ご飯、贅沢なバンコクです。


タイの人にとってはどうなのか?
タイ語の先生に聞いてみたところ、外で食べる(町中の大衆食堂)のと、自炊では出費は同じくらい。ただし、自炊した方が、栄養のバランスが取れて良い、ということでした。

では、外食(お出かけお食事)の場合、どれくらいが普通の出費なのか?

「一人300バーツだったら、まあ、普通。それ以上になると高い」そうです。

わたしたちが普段食事をしている高級デパートのフードコートは、汁ソバ50~70バーツ(町中では25~30)、おかず2品&ご飯で55バーツ(町中では、30)なので、「ちょっと高い」そうです。

どれくらいから「贅沢」となると、一人500バーツ、ってところでしょうか?ただし、タイの人はとても見栄っ張りなので、「贅沢」のハードルはかなり高いと思われます。

こういう「感覚」を知るのって、とても面白いなあ。

というわけで、家での野菜ご飯、「お出かけお食事のまあ普通」クラスにお金が掛かる生活なわけです。

今日のお昼は豆腐丼作ります(作るってほどでもないけど・・・)
私のお腹よ、楽しみにまっておれ。

ささ、その前にタイ語の勉強をしなければ、いつまでたっても話が出来ない。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

豆腐丼

もう御用納めも終わって、お正月一歩手前なんですねえ~
我が家では、今年は年賀状もお休みしてるし、お掃除も、お料理もないし、何より、「冬は何処に行ったの?」というくらい毎日暑いので、ちっとも年末という気がしません。デパートでは、まだクリスマスデコレーション&クリスマスソングが流れてます。

さて、バンコクにとてもおいしい豆腐を作っているところがあります。
日本人経営です。
卯の花

ほんのり塩味がするんで、なんでかなあ?と思ったら、ラオスの岩塩を使っているらしい。普通豆腐って塩を入れて作るのかしら?塩味の豆腐、おいしいです。

それから、水を毎日2トンも濾過して使うらしい。徹底的に軟水化するそうな。軟水にして、でもにがりを打ったら硬水になるけど、、、豆腐を作る水は軟水でないとマズいのか・・・

この豆腐を作っている工房が、実は近所なんです。

そんなわけで、フラフラと買いに行きました。今日のお昼はジャスミンライスの玄米で豆腐丼をするのだ!

出来立てのまだ暖かい木綿豆腐一丁(60バーツ)をぶら下げて、帰り道、オカズ屋さん(大衆食堂)を覗いてみたら、美味しそうな菜っ葉の料理があったので、それも購入。

前日に買ってあった野菜で、色々(っていっても、大した事ナイけど・・・)作って並べてみました。

IMG_0931.jpg

黒い怪しげなものは、四角マメの黒ごま和え。
その隣、タイの春菊のローおひたし。
その下、25バーツで買って来た青菜と椎茸の煮物。
このお菜っ葉、軸のところがちゃんと削ってある。この軸が美味しい!!
こんな値段で、こんなに手間を掛けて、おいしい料理つくってくれるのよねえ。タイの食堂、大好きよ。(この店は、こんな肉魚抜きの料理があって、とても珍しい。)

そして、ご飯の上に豆腐を載せて、葱とコリアンダーをたくさんトッピングしたものに、オイルと醤油を掛けるという絶品豆腐丼!!

この「卯の花」の豆腐は、日本に帰っても懐かしいものになるだろうなあ。ちなみに、豆乳や納豆も売ってます。
日本にもおいしい豆腐はあるけれど、ここの豆腐は、色もクリーム色で、味も濃厚で、本当に美味しい豆腐です。


この後、タイ語の授業に行きましたが、先日の断食の効果か、豆腐&玄米効果か、ずっと集中して授業を受ける事が出来ました。

豆腐丼、今度は塩味で食べよう。葱もコリアンダーも、もっとたくさん山盛りに載せよう。
もっと贅沢して、おぼろ揚げ(おぼろ豆腐の厚揚げ)で丼にしようかしら・・・
おからも買って来て、おからを炊いて、おから丼もいいかも・・・

結局ご飯が好きなわたしです。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ヘアケア色々

抜け毛の話を書いたら、とてもたくさんのコメントを頂きました。

コメント欄で埋没させてしまうのは惜しいほど貴重な情報をたくさん頂いたので、改めて記事にしてまとめておきたいと思います。

まず、ローフードを始めて、色々(白髪、抜け毛、髪質の変化、湿疹など)の症状が出る場合もあるのだ、ということがわかります。髪が抜けるのも私だけじゃないのよね。
もちろん、ローフードで良い事ばかりの方もいらっしゃいます。

身体は人それぞれだから、良い事も都合の悪い事も含めて、ローフードがもたらしたものに違いはありません。わたしの先のブログで紹介した断食した人の髪が抜けた話のように、身体はいらないものに毒を移して、身体から切り離しますから、髪を通してデトックスしているのが、抜け毛の原因だと思われます。この場合、毒が出てしまえば、また髪は戻って来ると期待できるわけです。

皆さんの反応は、基本的に「合成洗剤は使わない」という感じでした。
ただし、ノンケミシャンプー、自然派シャンプーというものが、どのような洗浄剤を使っているのかは気になるところです。(すみません、疑り深いんです・・・もちろん、どの商品も、私が今使っているフィットネス備え付けのシャンプーとは比較にならないくらい良いものだと思います)

石けんでは、毛穴の奥がアブラで詰まってしまって、抜けちゃう、というという説明は、何となく実感として納得できます。
アブラで毛穴が詰まって毛が抜けるメカニズムは、elmoさんのブログ
野菜料理日記 抜け毛について~私の場合
に詳しいです。

お湯だけ洗髪については、私自身、自分のブログに本の紹介ついでに一度書いた事があります。
「傷はぜったい消毒するな」

purinさんご紹介のインド系粉シャンプーは、色々なハーブを粉にしたもので髪を洗うというものです。わたしがバングラデシュで使っていたものには豆の粉が入っていて、サポニンで泡が立つものでした。(豆って煮てたら泡が出て来るでしょ、アレです。)
これらはほんとうに自然なもので、石けんカス問題もなく、頭もスッキリします。

これを書いていて、「むくろじ」で洗っても良いのだな、と思いました。むくろじというのは、羽子板の羽に使う種で、この種の外皮は水で揉んだらモワモワと泡が立つんです。
帰ったら一本植えてみようかな?  髪が洗える日は遠いでしょう・・・

面白いのは、「傷はぜったい・・・」の記事にコメントを寄せて下さった、みささんと、先日の記事にコメントくださった、ゆこさんの方法。
みささんの方法は、重曹、塩、酢をお湯に溶いたもので髪を洗う、という方法です。
やってみました。確かにスッキリしますが、後で酢リンスをしないと、ちょっとネトつく。それに、洗面器が必要なので、続きませんでした。
自宅お風呂の方には石けんを使わず、アブラをさっぱりさせる良い方法だと思います。

そして、ゆこさんの方法はもっとシンプル。
飽和食塩水で洗う、というものです。

こちらも教えて頂いたミクシーのコミュニティー(掲示板のようなもの)を読んでみると、塩湯を洗面器に入れて頭を突っ込んでマッサージしていたら、ネトネトとアブラが出て来た、とか面白い話が満載です。
すごくデトックス効果が高いみたいで、髪だけでなく、全身に使えて、サッパリしてとても気持ち良いそうです。

他にも、ふのりで洗う、小豆で洗う、小麦粉をノリみたいにして、それで洗う、パスタやうどんの茹で汁で洗う(小麦粉洗髪と同じ事ですね)という方法もありますが、準備が面倒だし、旅行、外お風呂向けではないですね。

そして、究極の方法は、「お湯だけ」洗い。

maimaiさんがご紹介くださってます。
最初の一ヶ月は、やはりネトネトに悩まされるそうです。
理屈は分かります。今まで定期的に皮脂を落とされていたので、過剰に生産するわけです。
これは合成洗剤から、石けんに替えても最初同じ事が起こります。ただし、まったく洗浄剤を使わないので、ネトネトは我慢したとして、ニオイは大丈夫なのか、とても気になるところです。

なぜなら、わたしは石けん洗髪をしていた頃、石けんを使うのは3日か4日に一度で、普段はお湯洗いをしていたんです。だんだん、「そろそろ洗わないと臭いな?」と自分でも気になったんです。

ただ、「お湯洗い」の場合、どれくらいしっかり頭皮をマッサージして洗うのか、わたしの洗い方は十分ではなかったのかもしれません。

ただ、私はドライヤーを使ってません。ドライヤーで頭皮だけ乾かしていたら違ったのかもしれません。
ドライヤーを使わないから、石けん洗髪の時には髪が抜けた、とミエミーエさんは報告してくれてます。むれるのかなあ?

なんだかの洗浄剤を使いつつ、普段はお湯洗いだけ、というのなら何となく出来そうだけど、一ヶ月、髪質が変わるまで我慢できるかしら?というのが目下の心配事です。

また、アブラで毛穴が詰まって髪が抜けないだろうか?
石けん洗髪の時は、お湯洗いだけの日でもゴッソリと抜けていたのだから、気になるところです。

夏井先生のご著書にもある通り、髪(頭皮)を洗う時も何もつけないのが正解だと思います。
わたしは常々、「世の中はとてもシンプルに出来てるのに、複雑にしてしまうのは私自身だ」という思いがあります。だから、夏井先生もおっしゃってるし、洗髪だって、お湯洗いが正解なのでしょう。


良いとは分かっていても、なかなか実行に移すのは難しいのが世の常であります。

脱合成洗剤オタクだったのに、あっさり転向してしまった情けないわたしですが、シャンプーの回数を減らして、お湯洗髪でどれくらいもつのか、試してみようと思います。
もちろん、シャンプーをした時は、よくよく流します。流しているうちにキシむんだけど、がまんして、しっかり流します。洗髪用のシリコンぶらしも使おう。

幸か不幸か、髪が減ったので、頭をゴシゴシ洗うのも以前ほど大変ではなくなりました。ニオイがきになると、やっぱりシャンプー使うんだろうなぁ。

今回、自然洗髪のことを色々検索していて、「ロングヘアーマガジン」なるサイトを見つけました。わたしは今胸くらいの長さですが、この夏まで腰まであったので、やっぱり長い髪って維持するの大変なのよねえ、と思いました。
手入れの仕方など、掲示板になっていて、色々面白いので、興味のある人は検索してみてください。(リンクフリーじゃないので、リンクを貼れないんです)

暑いバンコクでは挫折しても、寒い日本に帰ってから、一ヶ月くらい、ニオイが出ても帽子を被って世間の目(鼻か?)をごまかして、お湯シャン、塩シャン、やってみます。本当にお湯だけで洗える人になったら、なんて自由になるだろう、と思います。

色々教えて下さったみなさん、悩みを寄せて下さった皆さん、
本当にありがとうございました。

髪の手入れ、悩ましいですねえ。でも、がんばりますよ~。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生菜食の実践 Y氏の場合 その1

自分ではなかなか実行できない、甲田先生の生菜食です。

おさらいしましょう、(生菜食A)

葉のもの250g、 泥状にする(つまりスムージーですね)
根のもの250g、 すりおろす 
玄米  70g   粉にする
豆腐  半丁

あと、塩、練り胡麻、蜂蜜などがつきます。

飲み物は水と柿茶。コーヒー紅茶はもちろん、ほうじ茶もダメです。

これが一回の分量。甲田療法は朝食抜きの一日2食ですから、昼と夜にこれを食べます。

寒い日も暑い日もこればっかり。お味噌汁なんかを足してはイケナイ・・・

この食事法をきっちりと3ヶ月守ると、身体の変化は素晴らしいそうです。

ただし、ガリガリに痩せる、という話もありますが、もうすでにローフードを取り入れている人はそれほど痩せないかもしれません。

わたしがリアルで知っている生菜食実践者の人は「何にも食べてないのに、一体どこからでてくるんやろ?」というぐらいたくさんお通じがあったそうです。
(彼女は途中から野菜のドロドロを絞ってしまう生菜食Bに変更なので、さらに少食)

子宮筋腫もキレイに消えて、「生まれ変わった」とおっしゃってます。

ただ、この方も、日常的には青泥と生発芽玄米と朝食抜きで菜食の少食をなさっていて、この厳格な「生菜食」で生活しているわけではないようです。

生菜食を実践して闘病している方のもっとリアルな報告はないだろうか?と思っていたら・・・

ありました。
大学教員とシンプルライフと

島根大の先生のブログです。この方、アトピーがひどかったそうです。

中学生のころからステロイドを使い続けて、大学生のころ、怪我を契機にステロイドを止めます。そして、半年、壮絶なリバウンドと戦い、一度は回復し、学業を終えます。そして、社会に出たものの、またまた、仕事のストレスからアトピー再発。仕事を半年で止めて、地元に戻るも仕事はなく、非常勤講師や塾講師などアルバイトで食いつなぐ日々。そして、運良く島根大に招かれ、就職を果たしましたが、またまた過労とストレスでアトピー再発。これがブログが始まる一年半くらい前のことだそうです。
そして、色々と調べまくって、西式健康法や、甲田療法を知ることになります。

この方、空手をやってらして、その空手道場で西式の体操を取り入れていたらしく、馴染みがあったそうです。
合気道の道場で準備体操に西式体操をする、という話は聞いた事があったけど、この空手道場は、もっと本格的で、背腹運動までやってたみたいです。
ブログの主、山本氏によると、背腹運動はとても気持ち良いそうです。うーん、道は遠い。

そして、西式が基本の食養生を実践なさいます。
残念ながら、闘病のための養生食は、ブログを書かれておりませんので、具体的にどのようなものを毎日召し上がっていたのかわかりません。

そうそう、「異物であるタンパク質は取り入れない」ということでビーガンになられます。
もともと大食漢で、甘いものも好き、酒もタバコも、という方だったそうです。
マクロビ的なものだったのか、生菜食だったのか、ちょっとわからないです。
ともかく、ビーガンと腹六分目の少食だったみたいです。

そして、体重が減って、一年で「9割5分」まで回復されたそうです。
そして・・・肝臓が弱くなるんです・・
これ、病気になった、ってほどではなくて、空手で突かれると倒れちゃう、ってことらしい。自分で触っても痛みがある。  この方はお酒を止めたけど甘いものは止めなかったんですね。

そして、肝臓Loveな生活へとチェンジしてゆくところで、このブログを書き始められました。

当初は、お粥やご飯(白米)、味噌汁、野菜のオカズちょこっと、という一汁一菜で過ごされますが、段々と生菜食へと移行してゆきます。

長くなるので、明日に続きます。

今日は大晦日ですねえ。
読んで下さったみなさん、コメント下さった皆さん、面倒な応援のクリックくださった方々、一年間、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

どうか素敵なお正月をお迎え下さい。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック