料理お友達 その1

わたしには、友達のカテゴリーに「料理お友達」というカテがあります。

一緒にご飯を食べて楽しい人、その人の作る料理が好き(だからその人も好き)という、つまり、料理のフィーリングの合う人とお友達になることです。

お料理お友達にはきちんと審査があって、本気で食べることを楽しむ、食べ物と対等に対峙する、食べ物を慈しむ、食べ物を祖末にしない、食べ物に敬意を払う、美味しい(わたしの基準で審査するのだ!)料理を作ることができる、などなどなかなか厳しい基準があって、料理お友達は片手に足りないほどしかまだおりません。

そんな料理お友達、まず筆頭は、ダッカにいるディディ。わたしは彼女の作るベンガル料理で盲を開かれた、という大恩人。きっと彼女に出会ってなかったら、わたしは今みたいに料理を作るようにも、食べることを楽しむようにもならなかったと思います。わたしがベンガル料理を作れるのはディディのおかげ。

彼女から料理も教えてもらったし、なにより、ダッカに行く度に(種類も量も)たくさんの料理でもてなしてくれる。未だに「ボーディーはまだあれを食べてない、コレを食べてない。わたしの頭の中にはイリッシュ(ニシンに似た魚)のレシピが30くらいあるけれど、まだボーディーは食べてない。」(彼女はわたしのことをボーディーと呼ぶのです)
ベンガル料理はダシやストックを使わず、油とスパイスで味付けをするのだけれど、彼女の作る野菜の料理は、いったいどうやったら野菜だけからこんな滋味のある料理が出来るのか!と不思議なくらいに美味しい料理を作る人。もちろん、ムスリムですから、肉も魚もたくさん召し上がるのだけど、彼女の作る野菜料理もまた絶品だし、彼女のつくる野菜料理ほどおいしいベジ料理をわたしは知りません。

最近はすっかりお互いに忙しくなってしまい、また、彼女も身体を悪くしていて、昔のように台所には立てないのだけれど、料理を通じて深まった互いの絆は特別なものがあります。彼女がまだ元気でバリバリ料理を作っていたころを知っているだけでもわたしはラッキーです。(と書いていたらベンガル料理が無性にたべたくなってきました!!)

IMG_0639.jpg

これは去年の夏ディディーの家でご馳走になったご飯。キチュリという豆と野菜の炊き込みご飯に野菜の揚げたものだから、写真的には今イチだけどキチュリはわたしの大好物。残念ながらディディの料理ではなく、作るのは使用人の子。この子はまあ料理が出来る方です。

手料理を食べたり、食べさせたりというのは、自宅を行き来して、台所にも入ってもらって、または入らせてもらって、まさに生活の裏舞台を見せてもらうことなので、なかなか「お料理友達」というのは見つかるものではありません。でも、そんなお友達を見つけた時ってものすごーく嬉しくて舞い上がってしまいます。まるで新しい恋人が出来た時と似てるかも・・・

バンコクのスパ&ローカフェRasayanaでシェフとして働いておられたしまっくすさんがバンコクを離れ、香港に戻られました。

Rasayanaはうちから遠くはないけれど、駅からも遠くわざわざ食事だけに行くにはちょっと不便なところにあります。なので、食事には3回くらい行ったでしょうか?いつもしまっくすさんとおしゃべりするのが楽しみでした。

わたしは、ローフード関係のブログなど書いているけれど、日頃ロー話に花を咲かせるような相手はいないので、お料理を頂いたり、おしゃべりをするのが本当に楽しみでした。

でも、お店でお会いしても彼女にとっては仕事中。わたしのつまらない世間話にお付合いさせては失礼というものです。そのうちプライベートでお会いしましょうね、と言いながらも、なかなか果たせずにおりました。

いよいよ彼女の帰国も迫って来た頃、「それじゃ、どこかでランチでも」とお誘いしたら、お時間を作って下さったので、ベジ料理のあるレストランへお誘いしました。

話が長くなったので次回に続きます

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

料理お友達 その2 しまっくすさんのこと

昨日の記事の続きです。

いや~。話が止まらない止まらない。おしゃべりすることが山のよう!!なんと、しまっくすさんも「こんなローの濃い話をすることがない」と言いながら話は家庭のことから、世界情勢のことまであちこち飛びながらも終わらない。ローシェフとして働いている人もロー話をする相手っていないものなのかしら?バンコクだからかしら??

あんまり楽しかったので、帰国直前にもお誘いしてみたら、またまたお時間作って下さって、2回もランチしてしまいました。まあ、2回目は夫も一緒で3人だったのだけど・・・夫もなぜかベジ料理につきあって、3人でシェアしならが色々食べるのもまた楽しい。
もうわたしの中ではすっかりしまっくすさんを「お料理お友達」の一人にカウントしてしまいました。

しまっくすさんは料理、しかも、ローを仕事にしているだけあって、よく召し上がるし、よく味わって召し上がります。そうそう、料理は味わって頂かないといけません。「ああ、おいし~」だけじゃなんにも言ってないのと同じですもん。
お料理(普通に加熱料理)を頂きながら、「これはそのままローでできそうね~」などと言い合いながら食べるのってとーっても楽しい。だって、そんな風に自分では考えながら食べることもあるけれど、それをその場で言葉にして、共有出来る相手っておりません。

例えば、こんな料理(暗かったものを補正したので、画像が荒くてすみません、しかも、食べかけ)

IMG_1023.jpg

モロッコ風サラダ。クスクスいりのドレッシングが掛かっていて、けっこういけます。「ローでできるますねえ」「そうですねえ」と言いながらかなり味を分析しながら召し上がっています。
ローは切って混ぜるだけだから、甘味、酸味、塩味、油、そして舌触りの配合を再生したらかなり似たものが出来るところが面白いです。

わたしの料理はレストランの料理ではなく、自宅で食べる料理なので、たぶんこんな凝ったドレッシングはつくらないだろうけれど、パテのバージョンとして考えても面白い。「舌触りをとろっとさせるために何か使うだろうけど、そうすると日持ちが悪くなるから、やっぱり日常的には作らないかも、でも料理教室ネタには面白いな」、と考えながら食べるだけだけど、彼女の頭の中にはレシピと盛りつけと、原価計算がピピピと出来上がっているはずです。

一度目のランチでギリシャ料理屋さんで食べた胡桃で作ったデザートを早速しまっくすさんは再現してプレゼントしてくださいました。

IMG_1029.jpg

パイ皮はココナツミートをペーストにして乾燥させたものらしい。なぜか下の皮にはズッキーニをディハイドレートしたものもレイヤーされてました。フィリングはくるみとレーズン。上と下で砕き方を変えてあって、歯ごたえや舌触りがとっても楽しい。甘味は蜂蜜かな?こんな胡桃のお菓子が日本にもあるよねえ、など話ながら夫と頂きました。

今頃は
IMG_1025.jpg
なモロッコ料理のデザートも試作なさったんじゃないでしょうか?

しまっくすさんは香港で早速ローレストランを開業されます。輝くような若さと美しさを持った彼女の素晴らしい未来を祈らずにはおれません。
しまっくすさんのお店はsasame kitchen

しまっくすさんのお料理はしまっくすさんそのもの。
素直で一生懸命で、真っ直ぐで、ピュアで、そしてゴージャスでとーっても美味しいお料理です。Rasayanaでのお料理はあくまでもRasayanaでしたが、これからはしまっくすさんが望む料理を自由に作られるのだから、ものすごーく楽しいお料理が頂けると思います。
食べ物にかなりウルサイわたしが保証しますもん。

香港在住の方、香港旅行を考えておられる方、ぜひとも予定に入れてしまっくすさんのローフード堪能して下さい。

実はわたしは香港にまだ行ったことがないのだけれど、しまっくすさんがいて、おまけにローフードが食べられるレストランが中華世界にあるのだから、これはもう行かないというオプションはないでしょう。
ねえ、夫よ、いつ行きましょうか?

しまっくすさん、バンコクでの7ヶ月、本当にお疲れさまでした。そして、帰国間際の忙しい時に食事におつきあいしてくれて、本当にありがとう!!
これからのご活躍、心からお祈りしております。そして、次はわたしの作る料理も召し上がって下さいね~、お口にあうかしら?ドキドキです!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

タイのレストランの不思議とその考察

バンコクのレストランで戸惑うことがよくあります。
まず、席に案内され、または勝手に好きなところに陣取って、「メニューください」
メニューを持って来てもらったり、勝手にもって来てくれたりします。

そして、メニューを持って来てくれた人はそのままメモとペンを構えてテーブルの横に立ち続けるのです。

しかし、こちらは英語とタイ語を解読しながら、「ねえ、何食べよう」ですから大変です。写真メニューがあれば簡単なんですが、全部写真メニューを揃えている店というのは少ないものです。

段々お店の人がイライラしてくるのが伝わってくる。。。でも、メニューの解読は終わらない。日本でもメニューをじっくり読む癖があるわたしですから、もう大変。お店のお姉さんのイライラに夫まで一緒にイライラ・・・

そのあたりで、「もうちょっと待って下さいな」と言うと店のお姉さんもヤレヤレと去っていくのだけれど、メニューくらいゆっくり読ませてちょうだいよ。って、わたしだけかしら??

バンコクの料理屋はものすごーくメニューが多いんです。西洋料理を出す店でさえ、たいていタイ料理も出すので、ちょっとした個人営業のレストランもまるでファミレスみたいにメニュー豊富なので、読むのも大変です。

タイの人はメニューを見て料理を決めないのだろうか?
どうしてメニューを持って来てまだページを開く前からメモとペンを持って注文取りのスタンバイをするのか?
とりあえず、飲み物だけ注文をとって、いったん姿を消すくらいの配慮をなぜしないのか?
そもそもなんでこんなにたくさん料理があるんだ?
タイの人はもう店に座る前から注文するものを決めてるのだろうか?

バンコクにこのたび長期滞在して、あらためてものすごーく不思議に思ったことを、身近なタイ人、タイ語の先生に聞いてみた。

「先生、なんでタイのレストランでは、メニューを渡すと同時にメモとペンで注文を取るの?タイ人は食べるものが決まってるの?」

すると、先生は「タイ人はいつも同じものばっかり食べてるから、注文するものが決まってるし、それに、店の人が待ってるので、つい「トムヤムクン」とかありきたりな料理を注文してしまうのよ」

と教えてくれました。

そういえば、バンコクではみんな揃って同じ料理を食べることは少なく、それぞれてんでバラバラに好きなものを食べてます。だから、西洋料理を出す店にも普通にタイ料理のメニューがあったりするんです。

もうひとつ面白いなあ、と思うこと。

ちょいとしたレストランだと、何品か注文したら、それが「いっせーのせ!」という感じでまとめて出てくることがあるんです。まず、前菜つまんで、そのうちにサラダを食べて、そしたら、スープが出て来て、スープが終わった頃にアツアツのメイン料理が湯気を立てながら運ばれてくる、ということがなくて、冷たい料理も熱い料理も食べる順番なんか関係なく出て来ちゃう。

それなら、アペタイザーをとりあえず注文して、その後スープやメインを頼めば良いか、といえば、それはそれで今度はいつまで待たされるかわからない、というリスクを取ることになって、これもややこしい。

そういえば、中国料理は超高級店でもなければ、料理が出来たものから運ばれてくることもありますよねえ。ともかく、テーブルにいーっぱい料理を並べて食べるのが好きみたい。
日本も懐石とかでなければお膳にぜーんぶ並んで出てくるから同じことかしら?

そうかもしれません。


ところで、メニューを読む癖のあるわたしですが、最近は「先にメニュを見てから決めます」という台詞がタイ語で言えるようになったので、ちょっと楽になりました。

英語メニューとタイ語メニューの違いが面白くて、ついつい、時間かかっちゃうんですよ~。それに食べたことないもの注文してみたいですし・・・


もちろん、タイ料理屋さんや中国料理屋さんでも前菜、副菜、主菜と言う順序で食べさせてくれるお店もあるけれど、そんなお店はお値段もとーっても結構なのですもん。そしてお料理がどれほど違うか?というと、エビが大きかったりするくらいのもんです。別にでかいエビが食べたいわけじゃないからねえ・・・

来週当たりから来客ラッシュで、ご馳走ラッシュになりそうです。お店の選定はなかなか責任重大!だって、お客さんのバンコクの印象をかなり決定してしまう「美味しくて楽しいご飯の思い出」ですもん。

ご馳走続きになったら一日一食で対応してゆきたいと思います。またパパイアに助けてもらうんだなあ。

こちらでのスムージーはもっぱらパパイアベースです。
夫の朝ご飯もパパイア。いつの間にか彼は朝パンを食べなくなりました。どうしちゃったんでしょうねえ?


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

リラックスする練習

身体の力を抜くというのはなかなか難しい。
わたしは子供のころから運動が嫌いだったし、運動する習慣もないので、身体感覚が鈍く、いつも身体が緊張していて力が抜けるということがないのではないか?という気がし始めたのは30歳を過ぎた頃だった。

もっと若い頃からすごい肩こり。これはもう自覚がないくらいの肩こりだったし、身体はいつもどこか疲れていたし、頭もなんだか霧がかかってるような感覚がずーっとあった。

わたしはもっと自由になれるはずだ!そうだ!まず身体から自由にしよう!!と思ったのが30歳を過ぎてからだったわけです。

今から考えたら、肩こりも身体の疲れも頭の霧も食品添加物と宿便の賜物だったのだなあ、と思う。まあ、過ぎた時間は振り返ってもしょうがない。気がついて生活を変えただけでも  偉いぞわたし!!

そういえば、20代の頃はフェルデンクライス・メソッドとか、その手の本を読んでたっけ。でも実行はしなかったなあ、だって体操がややこしいんだもん。あのころはその手の本をカルロス・カスタネーダの延長で読んでいたような気もします。ミーハーですねえ、ようするに人生に退屈していて、手軽にハイになりたかったのね。

本をいくら読んだところで身体がかわるわけではありません。実際に色々始めたのは結婚した後、つまり30歳を過ぎてからでした。

最初にやってみたのが活元運動これは、身体の自発運動を引き出す体操で、身体が勝手に動くに任せるというヘンな体操です。知らない人が見るとメチャクチャ怪しい。

これをやると確かに身体の力がぬけるのだけれど、自意識が強すぎるのか、まったく身体に全てを任せるということが出来ません。先生のいる活元会だったら、他の人たちの気もたくさん出るし、それらに助けられるのだけれど、自分一人の運動となると、もういつも同じ動きばかり。身体の力は抜けません。

次が操体法。これは身体の力が抜けないと出来ない体操で、わたしには難しい。

ヨガ。緊張と弛緩を繰り返すのだけれど、どちらも中途半端にしかできないのが分かる。

初めてタイマッサージを受けたのは、35歳くらいの時だったかな?何人かで連れ立って恐る恐る1時間やってもらったんだっけ。それからハマってしまった。

人に身体を触られるのは、かなりの緊張を伴うのだけれど、その緊張を乗り越えて身体を任せる、というところが自分でやる体操と違うところです。

旅行中はヒマなので、暇つぶしにマッサージをしてもらうのだけど、これがなかなか力を抜く練習になる。

脚を揉んでもらってると、お尻が緊張している。怖いのだ。触られるのが怖いし、痛いのも怖いということに気がつく。「怖くないから力を抜こうね」とお尻の力をちょっとずつ抜いてみる。ふー。
またしばらくするとお尻が緊張している。たぶんお尻だけじゃなくて、背中とか首とか、他にも色んなところが緊張しているんだろう。自覚しないところの力は抜けない。

今日はマッサージ師さんに「首が硬い」と言われた。木枕を使っているのでかなり改善しているはずなのに、まだ硬いのか・・・もちろん背中は呆れるほど硬いハズだ。

甲田先生の本に「食べ過ぎると身体の筋が硬くなる」という記述がある。
確かに1日断食をするとその日と翌日はクイクイからだがよく曲がる。チャクラのポーズ(ブリッジ)も腕に力が入る感じでヒョイと持ち上がる。食べ過ぎると腕に力がはいらなくて頭まで上がらない。きっと気が通らないのだろう。

わたしの背中が硬いのも、股関節が硬いのも、食べる量が多すぎるのだろう。

身体の力を抜くなんて、簡単そうだけど、何て難しいんだろう、といつも思います。甲田先生の生菜食を3ヶ月やったら身体の堅さも取れるだろうか?頑固なわたしはそれでもダメかしら?

だけど、こうやって振り返ってみると、若い頃に比べて良い身体になったなあ、って思います。身体の力が抜けてない、というところに気がついただけでもすごい成果かも・・・

ヨガでは弛緩と緊張の練習、マッサージでは身体をリラックスさせて施術に身体をゆだねる練習、どちらも簡単ではないけれど、ローフードに助けてもらいながら細々続けます。

身体の硬さも心の硬さもとりさって、もっと自由になりたいです。もっと自由になれると思うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

朝食抜き@先生のお連れ合いの場合。

「健康になるのよ!!」と朝食抜きを始めたタイ語の先生です。
先生の朝食抜き

先生はその後あまり効果を感じられず「全然変わらない」とぼやいてらっしゃいますが、なんと、先生のお連れ合いはウエストが2インチ(約5センチちょい)も減って大喜びしてらっしゃるようです。

先生の減量効果が止まっているのは、朝食抜きだけれども朝食の代わりに「粉末麦若葉青汁@蜂蜜&オリゴ糖入り」を飲まれているからではないかな、と思います。

それでも、先生は「最初の頃は、もうお腹が空いて我慢我慢で大変だったけど、最近はだんだん慣れてきて、身体も楽なのよ」とおっしゃいます。無理せず続くことが大事です。

さて、もう一方、朝食抜きを始めようと決心したとたん、医者から大量に薬を処方されてしまった間の悪いK先生。
K先生、最初のころは普通にご飯と揚げ物などの「朝ご飯」を「薬飲むから」と召し上がったり、ケーキ!!(トランス脂肪がっぷりだぞ!)を「薬飲むから」と食べてらしたのだけれど、先日は、果物と豆乳をたくさん買ってきて、朝豆乳と果物を召し上がってから、お薬を飲まれている様子です。

ふむふむ、ケーキよりは何を食べてもいいよねえ~。

さて、お会いしたことのない先生のお連れ合いですが、ウエストが5センチとはすごい!!わたしは先生のお連れ合いまで朝食抜きをなさってるとは知らなかったのですが、「前はね、コーヒーにお砂糖ターップリ入れて飲んでたし、コークもいつも飲んでたのよ。それを止めたの」というのだから、そりゃすぐ体重減りますよねぇ~。

どんな方が存じ上げませんが、先生の話によると、やはり太ってらっしゃるみたい。でも、お酒もタバコも召し上がらないのだから、甘いものについいっちゃう、ってもんです。

そんな方も無理せず白砂糖の害を知って、「砂糖食べるなら果物」食べてくれたらどれだけ健康になるかわかりません。

ところで、わたしが書いているタイ語の「ナチュハイ入門」は、食べ物の順番、クロロフィルとヘモグロビンの話や、グリーンスムージーの効能などをやっと書き終え、次はいよいよタンパク質と炭水化物の消化について書こうかなあ、というところまでやってきました。

朝食抜きは簡単に実行なさった先生ですが、タンパク質とでんぷんを同時に食べない、というのは、これは難関です。ダイエットとしてのナチュハイも、この、タンパク質とでんぷんを同時に食べない、というお約束で挫折してしまう人が多いのではないか、と思います。あっさりベジタリアンになってしまえると簡単なんだけど、普通の人にはなかなかに難しいというものです。かといって、ここで生玄米を提案して、「ちょっと頭オカシイ」と思われてはいけません。

先生はわたしからナチュハイや甲田療法の知識をすこしづつ仕込んだせいか、ドラッグストアが出している酵素サプリのようなものの広告をわたしに見せながら「これには朝ご飯は大事だって書いてあるけれど、でも基本的にあなたが言ってることと同じことがかいてあるわ~」と見せてくれました。そうです。ドラッグストアも薬局も病院もお医者も、人が本当に健康になってしまったら商売上がったりです。

先生には色んな矛盾した情報からどのように選択してゆくのか、ということも合わせて書いて行かねばならないなあ、と思いました。

まあ、どっちがいいのか、ホントのところは誰にも分からないのかもしれないけれどね!わたしは迷った時には甲田先生についてゆくことにしています。でも、出来もしないことはできないから、甲田療法をガイドラインに、実践出来る範囲でユルユルと改善です。

みんな生菜食で、少食で、病気知らずで、化粧品いらずで、もっと幸せになれますように~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ナチュラルなシャンプーその後。

バンコクに来てから抜け毛がひどくて、こんなシャンプー買いました、という話を以前書きました。
ナチュラルなシャンプー

約2週間が経ったので、その後の使い心地など報告してみます。

以前、ジンジャーさんのブログアボカドでシャンプーというのが紹介されてました。
チリ出身のお義母さんが「チリでは、シャンプーは高いから、(安い)アボカドでシャンプーする人がいるのよ」と言ってた話を思い出してアボカドシャンプーにトライされる話が出てきます。
(この話は失敗談なのだけど、コメントにお湯洗いのコツなどがコメントされていて、とても参考になります。)
ついでで恐縮ですが、髪が抜けませんか?のコメント欄も情報満載です。

タイではアボカドは輸入物で高く、国産も年中流通しているわけではないので、アボカドは使ってないだろうけれど、なにかトロっとしたものにコブミカンのジュースが入っている、色もグリーンなムース状の物体です。
IMG_1021.jpg


まず、泡の立たないシャンプーってのは初めてなんですが、良く湯洗いした頭にシャンプー剤を頭のあちこちに乗っけて頭皮をよーくよーくマッサージするような感じで使っています。

ちなみに、シャンプー剤を使った洗髪は3日に一回くらいの感じです。あとは湯洗いだったり、湯洗いも無しだったり・・・

思い返してみると、子供の頃は一週間に一回しか洗ってなかったな~。メリットシャンプーの発売はなんか画期的な商品だった、って記憶があります。本当に小さかったときは石けんで洗ってたんじゃないかしら?いつのまに毎朝シャンプーなんてバカな世の中になったんでしょうねえ。あ、資○堂が「シャワー何とか」だか、「コロンシャンプー」だかっていうシャンプーを売り始めてだったっけ?罪なことをするもんです。

話が脱線してしまいました。
頭をモミモミしているうちに、なんとなく油っぽい感じになってきます。これは頭の油なのか、シャンプー剤に油脂が含まれているのか・・・よくわからないけど、シャンプー剤にも若干の油脂はあるんじゃないかしら?

手は油っぽくなるけれど、頭皮は不思議とサッパリします。髪もしっとり、櫛通りも悪くない。

そうやってもみもみを「ああ、もう腕がだるいから、やんぴ」というくらいまで頭皮を洗ったら、髪を巻き上げてそのまま温冷浴やら、身体を洗ったりします。そして、全ての用事が終わったら、髪をすすぎます。これもしーっかりすすぎます。ちょっと置いた方が良いような気がします。気のせいかも知れませんけど・・・

ただ、やっぱり油分が残るらしく、乾くのに時間が掛かる気がします。だから、時間のあるときは頭皮が蒸れないようにドライヤーを時々使ってます。

手櫛を通しながらドライヤーを使うと、洗い立てでも手に白い粉がつくので、これは油の残滓かなにかだと思われます。櫛に付くものと同じです(当たり前か!)

抜け毛は、最初の報告通り、とても少なくなりました。合成洗剤シャンプーよりもまだ少ない感じです。湯洗いの時も抜け毛が少ないので、とっても嬉しい!

髪も指通りがよくて、いままでほとんど髪を梳かすということがなかったのだけれど、最近は時々櫛を入れてます。櫛には何者かが付きますが、石けんシャンプーを使っていたころほど多くはありません。石けんではないので、石けんカスがつくことはないはずです。

お湯洗いは毎日したり、しなかったりですが、3日くらいは痒いとか、臭いとかって感じはありません。今コチラの気温はかなり高く、日中は35度も超えているし、夜も28度をくだらない感じなので、まあ、夏みたいな状況、と思って頂ければ良いと思います。

これまで石けんが長かったとはいえ、界面活性剤(石けんも界面活性剤。ムクロジや豆のサポニンも界面活性剤です)を使って洗髪していたし、2ヶ月くらいとはいえ、合成洗剤も使っていたので、頭モミモミすると油っぽくなる感じは一ヶ月くらいは続くでしょうけれど、まったく洗浄剤をつかわないわけではないので、さっぱり感と安心感が違います。

このまま帰国までこのシャンプーを使って日本に戻ったら、湯洗いにも対応できる頭に変身していると嬉しいなあ、と勝手に期待しております。

日本に戻ったらアボカド&レモンでシャンプーしても良いのだよな、と思ったりしております。塩を入れてもいいかもね~。

そして、目指すところは、「お湯洗いのみ!!」

こんな感じで毎日洗髪しなくてもいい、なかなか素敵な新鮮自然100%のシャンプーです。

ああ、もっと早く出会いたかったよ~。
またアソーク食堂に行って買ってこなくっちゃ!!

わたしの頭よ、がんばれ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


顎関節症のこと 1

このところ、何回か顎関節症の方からコメントいただいて、わたしも、そういえば、前に書いたっきりそのまんまだなあ、というのを思い出し、その後について書いてみたいと思います。

最初の記事は、こちら→顎関節症治し中
その後、コメント欄で話題になったのは、こちら→平床にあこがれてみると  こちら→リラックスする練習

わたしは前歯が噛み合ないのです。長年それでやってきたのだけれど、わたしの頑固な背中の硬さや疲れやすさはこの歯の形状からきてるのではないか、と考えたのです。

もちろん、審美的にも治した方がきれいになるのだけれど、昔は「歯並びはべつにいいや、アメリカ人じゃあるまいし」って思ってたのですね。歯をいじるのも不安だったし、料金のこともあるし、きれいな歯並びに審美的な要素しか考慮していなかったわけです。

だけど、この歯並びが原因でつねに顎が緊張しているなら、それは身体中に影響もあるだろうし、ローフードや西式甲田療法を知って身体をリジュビネイト(若返らせる)する具体的な方法も分かったのだから、今のウチにやってしまおう!と思ったのです。

そして、いつもお世話になっている歯医者さんに定期検診の折に相談してみたら、わたしよりも10歳くらい高齢の方でも矯正して治っていること、治療が終わったら器具はすべて外れること、料金や期間のこと、など説明してもらい、精密検査をしてもらいました。

そして判明したこと。
わたしの顎関節の受け(つまり頭蓋骨のほう)は平にすり減っている。

これは、顎が上下する時に上前歯がガイドになって、下あごが上がってくるのだけれど、わたしの場合前歯がガイドにならないので、下あごの動きが一定しないために、骨が平になっている、ということがわかりました。
ちなみに、わたしは通常唇を閉じてます。この状態は身体には不自然で、色んな筋肉が常に緊張した状態です。

はあ、だれでもカクンカクンするもんだ、とおもったのだけど、そんなわけじゃないそうです。

そして、マウスピースをはめていれば顎の位置が安定して、骨(不要なところは削れ、削れないところには再生してくる)のかたちも正常になる、ということでした。

マウスピースというのは、シリコンの歯型(というか歯のカバー)で、上の歯列にぴっちりとかぶせで、それを装着して寝ます。

さて、前回の報告では、右の顎が痛くて生玄米が食べられない、と書いてます。
そういえば、かなり痛かったかも(もう忘れてる。)
それから3ヶ月あまりが過ぎました。

長くなったので、続きます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

顎関節症のこと 2

昨日の記事の続きです。

顎の様子ですが、今(今です。今)大口を開けても関節は鳴りません。つまり顎関節症は治っている。大あくびしても「カコン」と鳴りません。固いものを噛んでいても、顎が「あ、また開かなくなるんじゃないかな」っていう不安がありません。安定した感じです。

ただし、顎の蝶番ですが、なんというかなあ、車の工具についてるプライヤがあるでしょ、蝶番の穴がひょうたん型になっていて、それによって噛み合わせが変わるっていうか・・・
プライヤって何?って方はこちら 画像もあります。

それで、外れのところで噛みあっちゃったら、リラックスした状態で口を閉じると、右奥歯に若干隙間が出来る感じに噛み合う時もありました。

今はかなり安定していますが、寝起きに木枕を外してごろごろしてて、あくびなどすると、また間違ったところに「カコン」とはまって、顎が鳴るようになったりします。

つまり、マウスピース装着するようになってから、5ヶ月くらいでかなり顎の骨も平でなくなってきた様子です。歯医者さんのおっしゃった通り、マウスピースをすることで顎関節症改善するようです。(まだ治癒には至ってないので、控えめな表現にしておきます)

最近、歯が動いているようで、犬歯が痛みます。寝てる間に唇で歯を押してるのかもしれません。

顎の事を考えると、やはり仰向け寝というのは重要です。普通は枕を使いますから、横向きやうつぶせ(顔は横向きでないと窒息しちゃう)寝だと下顎にどうしても圧力がかかってしまいます。
(同じ理由で、頬杖をつくのも顎にはヨロシクありません。)

その点、木枕だと横向きになっても耳の上、つまり顎の関節とは関係ないところで頭と枕が接するので、顎は重力の影響を受けるだけです。

一晩中横向きで寝ていると、どうしても顎も頭蓋骨も歪むだろう、と思います。

下あごって、筋肉でぶら下がってるだけなので、顎が強くないと、下あごが安定しなくて、全身に影響を及ぼすそうです。日本人の姿勢が悪いのも固いものを食べなくなったからだとか。

帰国が近くなってきたということは、すなわち、歯列矯正も近くなってきたのだな、ということで、最近は舌のトレーニングも時々やってます。口角も上がりそうだし、真面目にやろう!!

顎関節症の方、口腔外科または、顎の骨がわかる歯医者さんに行って、相談してみてください。
マウスピースは、噛む力が強い人や、歯ぎしりして歯がすり減っちゃう人から歯を守るためにも処方する一般的なものです。最初は慣れないのでちょっと寝にくいけれど、案外すぐに慣れるもんです。
マウスピースは保険も使えるので、経済的な負担も軽いです。

わたしの歯列矯正もどのように経過するのか、帰国がせまって、ちょっと腰が引けてますが、1日でも早く始めれば、1日早く装置が外れる日も来るというものです。
がんばりまーす。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生菜食と白髪

ローフードと髪の問題、わたしの場合は抜け毛(ローフードが原因ではなく、洗浄剤に問題アリなのかもしれませんが、時々耳にします。)、そして白髪です。

アン・ウィグモアさんは麦ジュースとリジュベラックで白髪が治っちゃったらしい。
甲田光雄先生は、80歳過ぎても髪はまるで染めたみたいに真っ黒だったそうです。

わたしは、年齢のわりには白髪が少ないけれど、これはたぶん父からの遺伝だと思ってます。それでも、まあ人並みに白いものもポツポツ。

前に髪の問題を書いた時にコメント欄に白髪のことを寄せてくれた方が数人いて、生菜食で白髪が増えた?って心配してらっしゃる方もいるようです。

今日、青木淑子さんの「少食日記」を読んでいたら、こんな記述を見つけました。

今日は、とってもお元気で髪が真っ黒(!)の、甲田先生の写真を掲載させていただきます。「先生、その真っ黒な髪に私もなりたいです!! やはり生菜食ですか?」と私が質問しましたら、「そうですな。私は今、玄米粉を80g食べていますが、生菜食を5年続けていたら、こうなりますよ。」と先生が答えてくださいました!!
きゃ~~!! 5年!! でも、5年頑張れば、黒髪が戻って来る!!?
それは素晴らしいことです!!
なんだか益々やる気になってきています!!



2004年4月18日の日記。先生のお写真も!!
つまり、生菜食を5年も続けると白髪はなくなる!

ここで言う生菜食は甲田療法の生菜食ですから、ロースイーツやチョコもないし、果物だって、青汁に入れる蜜柑やりんご位なもんだと思います。
また、甲田先生は、一日一食の生菜食でしたから、超少食でらっしゃいました。

しかし・・・青木さんの日記を読んでいると、甲田療法で病気を克服したら、後は何でも食べられるらしい。つまり、ずーっと少食を続けなくてもよい、という。

ということは、病気でない人は、半日断食をして、砂糖甘いものを日常的に食べず、グリーンスムージーなど食べて、なるべく食べ物は生で、目安としては、1日の摂取カロリーが1700くらいだったら十分ですよ~、何でも楽しんで食べて下さいね~、っていうことです。

甲田先生は晩年、健康な人は半日断食(朝青汁を飲むのはOK)をして、1700Calの少食を続ければ十分だ、とおっしゃってたそうです。

白髪を戻そう、もっと霊感を高めよう、と思うなら、健康な人ももう少しストイックにやるといいですよ、でも、そうでない人は甘いものさえ気をつけたら大丈夫だよ~、ってことじゃないかしら?

というわけで、生菜食を初めて白髪が増えちゃうのは「好転反応」、続けていればまた黒髪に戻る、ということではないかなあ、と思います。

生菜食&少食、生で食べるから少食も可能なわけで、最近の若い人が食事をおにぎり一個とか、菓子パン1つで済ます少食とは訳が違います。

生だからこそ可能な少食。その少食を続けることで細胞からリジュビネイト(若返り)され、感覚も研ぎすまされ、脳もよく働くようになって、予知能力やさまざまなエスパーなことにもなるみたいです。

わたしはまーだまだそんな境地には至らないけれど、生菜食が運んでくれるたびの先にあるものっていうのは、もうまーったくミラクルな世界なのだなあ、と思います。

そんな境地に辿り着く日が来るのかしら?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

食べたものと体重

毎日細かく体重を測ってると色々と面白いことが分かります。

例えば断食しますね。最近は水だけの断食は、回復食のコントロールが面倒なのでやりません。スムージー断食とか、もっと簡単に果物だけ断食です。それも昼までで、夜は軽く普通に食べるっていうこともやります。

一番体重が減るのは、果物断食でもスムージー断食でも、塩を食べない断食です。

わたしはこれで最高、1日に2キロ減ったことがあります。

数字だけ聞くと「ええ~、1日2キロ!!すっごーい」ですが、つまり、身体の中の余分な水が抜けると簡単に体重は落ちるんです。また普通の食事にもどすとすこし戻りますが、1日の断食で2キロも水が出るなんてほうがおかしいわけです。

むくんでだ水分が塩抜きプチ断食で出た、ということです。
言い換えると、2キロや3キロはすぐにむくむ、ってことです。

ちょっと人と食事をして家に戻るとやたらと喉が渇くことがあります。もう、夜になって水をたくさん飲む。だからといって、夜中に何度もトイレに起きるか、というと、そんなこともなく、一回くらい起きるだけ。
だから当然飲んだ水はむくみとなって身体に溜まる訳です。

むくんでいるといっても、太ももを押したら戻らない、とか、目が開かないとか、ってことはないけれど、手をギュっと握るといつもよりぷっくりしてるのがわかる、っていう程度です。
これ、身体はたくさん食べたナトリウムや、色々ヨロシクないものを水で薄めて身体の機能を守っているんだと思います。だからやっぱりそんな日の翌日はその貯めた毒や過剰なナトリウムを出してあげないといけません。

こんな時、断食して身体を休めるとお通じもたくさん出ます。もちろん、たくさん食べたのだし、水もたくさん飲んだのだから出てもらわないと困るんだけど、朝からもう壮快!!っていうくらい出る。

そして、「最近、あんまりたくさん出てないわ~」とうことがあります。特に動物性タンパク質をたくさん食べた後などテキメンに出るものが少なくなる。
出るものが減ったら、当然体重は増えます。

しばらく、繊維を多目にとるようにして、少食を心掛けながら、もとの食事を続けていると、またすぐに戻りますので、1回や2回のご馳走ご飯で増える体重は、脂肪になった、というよりはう○こが溜まってた、っていう感じです。
こちらも1キロ2キロすぐ動きます。

最近たくさん食べたから体重が多いわーとか言う方、その体重のほとんどはむくみとう○こです。
大腸は壁が薄いので風船みたいに膨れるらしい。膨れて出ないものも収納してしまうそうです。そんな状態でまた食べると、ますます大腸を膨れさせてしまいます。膨らんだ大腸は蠕動運動が弱るので、ますます出す力が弱ります。

大腸って、直径20センチくらいまで伸びちゃうそうです。長さは1.5メートルから2メートルだから、それが20センチに膨れたら、一体何キロ溜め込むことができるやら・・・

だから、断食をすると、腸の交通整理が出来て、溜まっていたものも排泄される、というわけです。

身体に余分なものを溜め込んでない人は3日や5日断食しても2キロくらいしか変わらないんです。断食で体重が減るひとは、減った分だけ余分なものを溜め込んでたってことなんですね。

甲田先生は食べ過ぎかどうか、の判断に、「朝起きて手を握ってみる。むくんでいたら食べ過ぎです」と何かの本でおっしゃってました。

今日はあきらかにむくんでます。当たり前です、昨夜あんなに喉が渇いて水を飲んだのだもの。というわけで、塩抜きパパイアプチ断食をします。
断食といっても、会食の予定が多い今日この頃ですから、本格的なものなんかやったら、身体を壊してしまいます。
生食で、甘さ控えめ、栄養たっぷり、ってところでこんなものをお昼に食べました。

IMG_1036.jpg

ココナツミート、パパイア、バジル、レタス、タイライムの汁、そして生玄米粉です。

ココナツミートを入れるとスムージーがクリーミーになってすごい美味しい!玄米粉は普段のスムージーには入れないけれど、ちょっとお食事がわりに入れてみました。最近スムージーはグラスではなく鉢に入れてスプーンですくってひと匙ずつ食べるようにしています。そうでないとゴクゴク飲んでしまうのだもの。
昨日たべすぎたナトリウム、今日はホットヨガもしたし、塩抜き生菜食で排泄されているかしら?

プチ断食もローフードだと塩抜きだって簡単です。ただし、身体にためてるむくみやう○こだけでなく、脂肪も落としたい人は、あんまり甘い果物は止めておいた方が効果があるというものです。

断食ですが、食べないのは簡単なのだけれど、回復食のコントロールは本当に難しいです。
だから、どうか何も食べない水だけの断食とか、果物断食や、スムージー断食でも1日以上は自分の判断でやらないでください。
回復食をきちんとコントロールできなければ、腸捻転や腸閉塞を起こして死亡する場合があります。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ローフードでも痩せませんという方の場合

きのうの断食のお話にちょっと引き続いて、また痩せる話です。

ちなみに、昨日の断食(全然断食じゃないやんか、というツッコミもあるでしょうが)のお話ですが、食べ物からの誘惑の弱さというのは人によってマチマチです。回復食のコントロールが出来る人はどんどんなさればいいけれど、それが出来ない人は出来ないなりのやりかたでやりましょうね、ってところで、ヨロシクお願いします。

以前、個人的に「痩せたいんだけれどなかなか痩せないの、どうしたらいいかしら?」と質問を頂いたことがあります。

その方は、お菓子ボリボリでもないし、ナッツでお腹いっぱいにしちゃうわけでもないし、揚げ物大好きでもないし、普通に召し上がっていてローも上手に取り入れてらっしゃる方です。

運動もしっかりなさっている上に、かなり体力を使うお仕事をされてまます。まあ、直接会ったことはないので、どの程度太ってられるのかはわからないのだだけれど、身長と体重から考えたらそうねえ~、もうちょっと減らしたいって思うかもなあ、と思い考えてみました。

普通に考えたらナチュハイ&ローをなさってるし、甘いものが多い訳でもなさそうなので、スルスル減っても良さそうですが、減らなくて悩んでられるそうです。

ローフードや少食で痩せるのか?という問題について考えてみましょう。

普通は痩せます。少食にしたら、どんどん痩せるはずです。自分では経験できてないので、甲田療法をなさってる方々のことを読んだり聞いたりしたところを総合すると、とりあえずガリガリになってくるそうです。人によってはフラフラにもなるそうです。あんまりフラフラする場合は生菜食を中断して、炊いた玄米を食べたりするみたいです。

そして、腸の状態が良くなってきたら、栄養の吸収が良くなるので、同じ少食でも体重が増えて来る。つまり「甲田カーブ」が現れて来るわけです。

ここで恐ろしい話ですが、そうなってくると、猛烈に食欲が湧いてしまうらしいです。猛烈な食欲、そして、吸収の良い身体となったら悪夢ですよねぇ。その時に気をつけないと食欲に負けて食べてしまうらしい。

やっぱり少食になるには神様の力をお借りして「わたしは愛と慈悲の実行出来る人になりたい」とお祈りするしかないのかもしれません。

話が脱線してしまいました。甲田カーブが現れた身体ですが、じゃあどこまで戻るのでしょう?

それが、だいたい元の体重あたりで落ち着くのだそうです。食べてないのにもとの体重まで増えるってことです。

ダイエット(減量)命!の人にはまったく絶望的な話ですが、甲田療法は病気治療ですから、体重が戻ればまた長期の断食を繰り返してどんどん身体を治してゆくようです。つまり、甲田療法といえどもあんまり体重の少ない人には断食をさせなかったみたいです。「断食の許可が下りない」という悩みを体験に書かれてる方が時々ありますもんね。

わたし自身、自分の色々な断食体験や友達の断食などを見ていると、どうやら健康な身体には自分にお気に入りのサイズ、というのがあるんじゃないか、と思うんです。それで、余分なものが増えて来ると「なんとかしてくれ」と不調になって、さすがのわたしも「ちょっと断食しよ」と思うし、健康だったら、長く断食してもあんまり体重が変わらないみたいなんです。これはどう考えても身体にはお気に入りサイズがあって、そのサイズに近づいてゆくんじゃないか、って思います。

ホメオスタシスじゃないの?って考える方もあると思います。
ホメオスタシスってのは「恒常性」という意味で、もとの状態に戻りたがる性質のことを言いますが、
ホメオスタシスならば、甲田カーブはおかしいんじゃないかなあ?と思うんです。甲田カーブに至までに段階的に体重は減少するでしょうし、その段階的な体重の変化こそホメオスタシスだと思うんです。もちろん、正確なところはわかりません。少食もしてないし、甲田カーブだってもちろん未体験なわたしの言うことです。

そして、究極の少食、青汁一杯で生活している森先生はかなりのぽっちゃりさんです。まだ直接お会いしたことないですが、お写真などで見る限りポヨポヨつついてみたいような柔らかそうなほっぺたしてらっしゃる。

この方の話ではないですが、仙人1号のHさんは、ダイエットを試みて、160日間の断食をなさり、1キロだけ減った、って話を以前、紹介したことがあります。その後は、一週間に一杯青汁を飲まれていたそうです。
少食の行き着くところ

仙人食へ至るには並大抵ではないと思うけれども、「食べる楽しみよりも生きる楽しみ」への強い意志を持てばたぶん誰にでも可能なのだと思います。だけど、青汁一杯しか飲んでないのに「もうちょっと痩せたいわあ」って思うくらいに「太ってしまう」ってのは困ったもんです。でも、それは身体の意思なんです。

だから、見た目ではなく、正しく食べていて、健康だったらいいのだと思います。(納得しないだろうことはわかるけど、それが個性なんでしょうねぇ)

身体ってほんとうに不思議ですね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

出来もしないことはやらないという智慧

ウチの近所のショッピングモールにエルメスやシャネル、ルイ・ヴィトンなどのお店が入ってます。
そんなお店はなんぼ入っていてもわたしにとってはないも同然。

わたしがシャネルでお洋服を買わないのも、シャネルのお洋服を来て出掛けるような生活をしてないからです。だいたい、シャネルでお洋服を買って、靴はどうする?バッグはどうする?髪型は?そもそも、それでどこへ何をしにゆくの?って感じです。
シャネルで服を買うお金で、工芸家の作った世界で一枚の布を着ていたいもん!お金さえ出せば世界中どこでもだれでも買えるものなんか、値札をつけて歩いてるようなもんですもん。

さて、少食や断食ですが、こちらもなかなか出来ることではありません(わたしにとってですよ!)ローフード100%に出来たらもっと違うだろうなあ、と思うけれど、家族との関係などでそれもあんまり出来ません。わたしはもう面倒なのです。人と違うものをわざわざいい訳したり、夫と喧嘩になりながら我を通すのは。健康な人が特殊な食事法をするのは酔狂以外のナニモノでもありません。

例えば断食しよう、と思います。断食はそんなに難しくない。食べないだけです。「がんばってる」感じもするし、ハイになる。(実際かなりハイになります)だけど、断食を終えて、食べ始めてからの食欲のコントロールは本当に難しい。わたしは、回復食だけ面倒みてくれる断食スパがあればいいのに、って本気で思います。それくらい家で回復食のコントロールは難しいです。
しかも、断食期間が長くなれば長くなるほど回復食も時間が掛かります。その間人とお茶も飲めないし、食事も出来ないし、ずーっと食欲をコントロールしながら決まったものを決まった量だけ食べ続けないといけないのです。

その上、回復食が終わっても無罪放免ではなく、「肉抜き、油抜き」などの条件付きお食事が一週間続きます。

つまり、断食を長くすると本当に身体の吸収が良くなってしまうんです。だから、回復食が終わった後も身体の吸収がまた悪くなるまで普通食を制限しないといけないわけです。

マハトマ・ガンジーは一生に2ヶ月の断食を2回した、といいます。彼の普段の食事は野菜や種を食べていただけの生食の少食だったそうです。だから、断食の後の回復食といっても普段の食事と変わらないから出来ることだったのでしょう。断食に入った理由がアンベードカル博士の提案に反対するためとか、大変政治的なわけですが・・・

もう一人の断食聖者バンデージ・シューレイ・ササイ師(インドで一番有名な日本人)は、普段普通に加熱食を召し上がっているみたいです。だから、断食をするとすごいフラフラになる。
詳しくはこちらを読んでね。すごい面白いです。
破天 (光文社新書)破天 (光文社新書)
(2008/10/17)
山際素男

商品詳細を見る


佐々井師は体力気力人並みではない超人ですから、生食でなくても長期の断食ができるのでしょう。いずれも「食べる楽しみより生きる楽しみ」を知った人なのです。

というわけで出来もしないことをやろうとは思わないことにしました。

もちろん、出来る方はやればいいけれど、わたしは誘惑に弱い自分を知ってます。口が痛くて噛めない、なんて状態でなければ、絶対に食べてしまう。夕方にゴソゴソ食べる。

だから夕方にゴソゴソ食べてもいいような断食しかしないことにしてるのです。

断食がきちんとできないわたしはダメな人だ、と考えても仕方ないです。少食のコントロールは難しいけれど、どか食いをつづけるわけでなく、人以上に節制のきいた生活が出来てるのだもの。凡人のわたしには十分じゃないか。

夫だって、人よりは若くて元気でまだ老眼鏡もいらない。わたしもまだ老眼鏡はいらないし、身体も元気。十分じゃないですか!

だから、出来もしない断食や生菜食の少食、あこがれるけれど、無理にやろうとして、また挫折して自己嫌悪になってフテ寝するよりは出来る範囲のことをするってのがいいんだと思ってます。

というわけで、甲田先生の生菜食、食欲なんかどっかに行っちゃうだろう、と思われる歯列矯正に合わせてやってみたいです。がんばりまーす。

自己嫌悪とか、罪悪感ってな感情はなるべく持ちたくないので、そんな風に思わずに済むような生活をするのも1つの智慧だと思いませんか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

口角をクイっと上げる

昨日は中国正月&バレンタインデー&日曜日でした。
お正月はまあ、お正月ですが、バレンタインデー、タイでは、男性が女性に花を贈る日。そして、噂によると女の子が好きな人に処女を捧げる日、だとか・・・とにかく恋人達のイベントデーなんだそうです。
クリスマスイブが恋人達の日になっている日本よりも健全です。

日曜日にビッグなイベントが二つも重なるなんてミラクルです。

さて、バレンタインデーだからかどうかわからないけれど、友達が夕食に誘ってくれました。4、5人集まる、って言ってたけれど、行ってみたら10人くらいの大パーティーでした。

同じテーブルに座ったアメリカ人のオジさんと話をしていて気がついたこと。

口角が下がってない。
そういえば、唇が薄いけど、これって口角が上がってるから唇も中に巻き込まれて無駄に厚くはないんじゃないか?

いったい何見て人と話をしているのか・・・

タイ語は母音が13音あるんです。その中には「イ」の口をして「エ」というとか、「イ」の口をして「ウ」というとか、「イ」の口をして曖昧音とか、日本人苦手な発音が多数。っていうか、日本語はあんまり舌も唇も動かさなくても話せる言語なんですねえ。
タイ語はしっかりと唇を横に引いて、エとかウの発音をしないと通じません。(通じない理由は声調とか、たい気音とか、他にも無数にあるのですが・・・)

そういえば、、、タイ人には口が「へ」の字に曲がったオバさんとか見掛けないような・・・・

つまり普段のおしゃべりでしっかり顔や唇周りの筋肉を鍛錬してるから、口角が下がらないのじゃないかしら?

口角が下がって口がへの字に曲がったら、もう世界中の不満を全身に溜め込んでるようなお顔になっちゃう。老けて見えるのもいやだけど、ハッピーに見えないならば、幸運もやってこないし、どんなにオシャレやお化粧をしてもぜんぜんダメですもんねえ。

というわけで、最近、口角を上げる体操を思い出してはやってます。これは歯列矯正に向けての唇のトレーニングでもありますもん。矯正よりも、美容のほうがモチベーションが上がるのはご愛嬌です。

方法は簡単。誰も見ていない時を狙って、唇を「イ」と「ウ」をすばやく繰り返すんです。「イ」の時はしっかっり首筋に筋がビヨーンと立つくらい横に引きます。そして「ウ」の時にはこぼれそうになったお酒をお迎えに行く感じというか、チューっと唇をすぼめます。

やってみるとなかなか疲れる体操ですが、続けているうちに段々と回数もたくさん出来るようになってきます。

そんな訳で、口角の上がった女にわたしもなるわ~!
口角の気になる方、トレーニングメニューにぜひ加えて下さい。
口角がキリっと上がったら、ますますハッピーも舞い込むというものです!!

もちろん、お食事の時は良く噛んで食べるのも大事なトレーニングです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

グリーンココナツのこと

広島では絶対にありえな~い。

友達がやってくる。やってくる。なんと、生後半年の赤児をご両親に預けてまで「息抜き」に来る人も・・・
「気になって楽しめないでしょ」と言うと「やっぱ、そうですねえ」って・・・
でも、来たんだから楽しんで下さい。

そんなわけで、人が来ると、「じゃ食事を一回くらい一緒に」ってことになり、久々に広島の最近の話題を聞いて、お好み焼き屋さんの話で盛り上がり、バンコクで、超ローカルな話題で盛り上がるのってのも変な感じ。。。

社交外食(二人だけで食事をするのとはやはり違って色々食べ過ぎる傾向があります)対策に、この2月の来客ラッシュ、会食でないお食事は、塩抜きスムージー&玄米粉にしたら、なんとまあ、身体の軽いことでしょう。

それに、先日食べるのが面倒だから、スムージーに入れたら、とても美味しかったココナツミートもお気に入り。

ついにこんなのまで買ってしまいました。

IMG_1037.jpg

ココナツミートは、ジュースを飲んだ後ベロンベロンしたのを食べるのがあまり好きではなかったのだけれど、なるほど、ロー食材として考えたら、とても美味しい材料なんだ、ってことがわかりました。

とってもクリーミーになるんです。味だけでなく、テクスチャーも。これを集めてアイスクリームを作ったら美味しいハズです。他にもスープにも、、また、しまっくすさんみたいにディハイドレートして色々に使っても面白い材料です。

スムージーを作る水分にココナツジュースをつかうのもいいし、これが日常にあると結構楽しめます。スムージーとサラダしかできない今の環境がちょっと残念なくらい楽しい材料。
広島に戻ったらもう普通には売ってないから今のウチに楽しんでおこう。

タイのココナツは、品種改良が進んでるのか、だいたいどれも同じ味で、大きさも揃っている。そして、外側の部分を削ぎ落として流通してるところがすごいなあ、って思います。

でも、熟れ具合は色々で、ミートがたくさんあるとジュースも微妙に甘味が増します。そして、ミートはちょっと固くなる。
ほとんどミートのないのもあるし、ほんと色々です。

というわけで、玄米粉も入れて、しっかり噛んでお腹もいっぱいになるスムージーを食べてたら、会食ご飯も安心して食べられます。

外食がちな方、会食の多い方、会食でない時には、ボリュームたっぷり塩抜きスムージーというお食事、試してみて下さい。

ココナツの割り方上手になったらまた報告します。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

消化力を高める呼吸法

甲田先生のご著書を読みながら、いつも「身体とは不思議なものよのう」と思っております。

同じように食べていても病気になる人もいれば、元気な人もいるわけで、「少食にする必要」なんてことは元気な人には想像もできないわけです。が、食べ過ぎを長年続けていると、脳梗塞になったりボケたりするらしい。これはわたしの家族を見ていて非常に思い当たるので、わたしが食事を変えている大きな動機でもあります。

同じように食べていて、病気になる人とならない人の違いは、「消化能力の違い」なのだそうです。

日頃たくさん食べて胃腸を鍛える!ということは絶対にできないらしく、そんなことしたら身体は弱る一方なんだそうな。

胃腸の弱さに合わせて、食べるものを変えたり、量を変えたり、水の飲み方を変えたりする、というのが甲田先生の処方のようです。

消化能力を上げる方法があれば、良いのだなあ~、とツラツラと考えていたら・・・・

呼吸法ってのがあったことを忘れていました。

最近のヨガで、先生がいろんな呼吸法を教えてくれるのだけれど、その中に「火の呼吸」ってのがあります。日本では日本ではクンダリーニヨーガの火の呼吸が有名ですが、インドにはそれの変法バージョンがいくつかあるようです。

以前汽車汽車シュポシュポ呼吸法とご紹介したものも変法のひとつみたいです。
最近のヨガ

鼻から勢い良く吸ったり吐いたりすると、寒くて空気の乾燥しているところだと、凡人には鼻が乾いて辛いです。

そこで変法のひとつをご紹介します。



正座、または、胡座座、ロータス、半結跏趺坐、どれでも良いです。楽な方法で座って骨盤を立て背筋を伸ばし顎を少し引きます。

鼻から吸う。

口をすぼめて長く、深く吐く。その時にお腹を凹っこめる。お腹を凹めながら、深く長く息を吐きます。
凹めたお腹は、内蔵を肋骨の中に持ち上げるような感覚で凹めます。
ウディアナバンダっていうのかなあ?

この呼吸法は穏やかなので、激しいことが苦手な人にもやりやすいと思います。
お腹を凹めることで腹筋も鍛えられるし、内蔵も刺激されます。
呼吸をすることで、アグニ(火)のパワーを活性化するんです。
アグニは、消化の炎のことなんですね。

毎日5分くらいやることで、普段の呼吸も深くなる、と先生は言ってました。



そんなタルイのは嫌い、という方向けには激しい方を。

胡座座に座って、膝の上に手を乗せます。(掌は下向き)
鼻から勢い良く吸う。
お腹を凹ませながら勢いよく吐く。

これそ20回繰り返したら、「ハッ」と気合いを発し、息を止めたまま、お腹を激しく出し入れします。1分くらい。

こちのほうがアグニが活性化されそうだけど、かなり激しい呼吸法です。

呼吸法は色々あるけれど、いろんなものを混ぜて練習せずに、ふたつぐらいの呼吸法を半年とか、1年とかみっちり練習するほうが効果がある、と先生はおっしゃってました。

胃腸の弱い方、胃下垂の方にも効果があるのではないかと思います。

胃腸の負担にならない食べ方だけじゃなくて、胃腸の機能を高めることができたら、尚良いですよね~。

西式健康法には呼吸はないけれど、ちょっと取り入れても良いかも知れません。
もちろん、頭がスッキリするとか、ストレス発散とか、他の効能もあるんですね!

わたしはとりあえず、穏やかなほうで・・・


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック



パキスタンからお土産!

またまたパキスタンから友達が休暇で来てくれた。
今度はすばらしいお土産付き。

絹のシャルワール・カミュージュ。
刺繍は手刺繍。糸も絹糸みたい。

IMG_1038.jpg

前の開きの部分にこんなふうに刺繍されている。他にも全体にポツポツと刺繍がある。

IMG_1040.jpg

襟元はこんな感じ。それにしても丁寧でとてもきれいな仕事です。

男性からお洋服をプレゼントされるなんて、なんて素敵なんでしょう!どうもありがとう。

薄い絹地に、裏には木綿のモスリンがレイヤーになっていて、冬仕様。パキスタンは冬で結構寒いらしい。
バンコクは真夏の暑さだけれど、このドレスを来てどこか冷房の効いたところにお食事に行きましょう。

爆弾にも当たらず、よくぞ無事でお帰りなさい。
もう3年になるからそろそろパキスタンのお仕事もお役御免になるのかな?
今回は一週間の息抜きです。

街を自由に歩けない。人の集まるところにはキケンで近づけない、そんなところで仕事をするストレスはいかほどかと思います。
もちろん、そのキケンは、そこでは働く外国人だけではなく、その土地に住む人は買い物にも行かなきゃいけない、学校にも行かなきゃいけない。爆弾の危険といつも背中合わせで暮らさなきゃいけない、そんな暮しを強いられている人がこの世にはたくさんいることを忘れてはいけません。


パキスタンの人もアフガニスタンの人も、パレスティナの人もはやく普通に当たり前に暮らせる日が来ますように。


バンコクでリラックスしてください。
というわけで、わたしもご相伴ご馳走が続きます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ココナツを開ける&ココナツ入りのスムージー。

さて、グリーンココナツです。

いつも人に開けてもらうので、自分で開けるのは初めて。
しかも、今使ってる包丁はペラペラのステンレス製だけど、できるかなあ??

タイのココナツは外側を削ってあるので、あとはテッペンに刃を入れて、5角形に開けるだけ。

左手にココナツを持って、勢い良くスコン、スコンの刃を当てますが、包丁の勢いが足りなくてなかなか殻が切れるまで刃が届きませんが、まあ、なんとか開きました。

IMG_1041.jpg

丸く開いていますが、実際には5角形です。
このココナツは近くのスーパーで買ったもので15バーツ。
何度も包丁で斬りつけた傷が痛々しいけど、中華包丁や、出刃でやれば簡単に開きそうです。殻でない部分は柔らかくて、包丁でサクサクと削れます。包丁にパワーがない場合(わたしのように)外側を削ってから、パンパンと包丁を当てたらいいかもしれません。

ココナツウォーターをブレンダーに入れて、白いミートの部分をスプーンでこそげます。
今日のは、ちょうどいい具合だったわ。

IMG_1042.jpg

ココナツが小振りなので、分量もちょっとです。アイスにするには4こ分くらいのココナツミートを集めないといけないかも。水はスムージーを回すのにちょうどいい感じでした。


IMG_1043.jpg

後は、いつものように、パパイアと青菜を詰め込みます。わたしにとって、スムージーはとても大事な食事なので、いつも必ずなにか青いものを入れます。

これをビューンと回したら、ちょっとクリーミーなココナツ入りパパイアスムージーの出来上がりです。

まあ、出来たものはちょっと緑色のドロドロです。
IMG_1036.jpg


グリーンココナツを売ってたら、試してみて下さい。
ココナツジュースは水で作るスムージーとの差をそれほど感じさせませんが、(もちろん、酸化しないし、ミネラルなんかもあるので水よりはうーんといいのだけれど)ココナツミートが入ると、本当にクリーム入り?っていうくらいクリーミーな味わいになります。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

指輪を落としそう!! 先生の半日断食一ヶ月

「わたし、健康になるわ!」と朝食抜きを始めたタイ語の先生です。
過去の経緯は、ナチュハイで変わろう

先生はとてもお忙しい方だし、自炊をしないタイのことです。グリーンスムージーはまだ始めてないし、タンパク質と加熱した炭水化物を一緒に食べない、ということもやってません。

やっていることは、朝食抜き(これは、甲田療法ですが・・・)、そして食前の果物です。サラダを食べてもらえないのもタイの食事事情なわけです。

年齢も高いし、色々と病気もお持ちのようですから、生の青物を食べると好転反応で大変なことになるかもしれないので、丁度いいのかもしれません。

朝食抜きは、そろそろ一ヶ月になります。
「先生、慣れましたか?」
「そうねえ、10時くらいになったら、お腹が空くので、果物を食べたりするけれど、でも最初の頃みたいなひもじい感じはないのよ。

そうそう、前はねえ、食事したら、10分か15分くらいして、トイレに行ってたのよ。それがねえ、このところ食後に急にもよおすことがなくなったの。便秘はしてないのよ、ちゃんと出てるの。良いことよねえ。」

「う・・それはどうだかわからないけど・・・でも、食後にトイレに走るようなのはあんまりねえ。。。」

「それにね、指輪がぐるぐる回ってしまうから、中指にしてるの」
あ、ホントだ!いつも左の薬指にしている指輪が今日は右の中指にはまっている。

「なくしたら大変でしょ。指が細くなったのね!それにね、パンツもちょっと緩くなって、座っていて楽なのよ」

なるほど。。。 生のグリーンを食べてないので、効果は穏やかだけど成果もゆっくりしか現れませんが、確実に効果が出ているようです。

タイ語でナチュハイ入門は、そろそろ15ページを過ぎて、大腸の話や、塩とむくみの話なども書き終え、終盤を迎えています。

先生には、「週に1日、果物だけの日ってのをやってみるといいですよ」とお伝えしました。「果物だけの日」ならば、料理しないタイの人でも出来そうです。
やってくれるかなあ~?

先生の様子を見ていて、つくづく青汁、青泥、グリーンスムージーはお薬なのだなあ~、と思います。
青菜の生を食べてなくても、半日断食と食前の果物でもゆっくりだけど、効果はあるようです。

先生、がんばってください!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

水で走る車

わたしは車が好きです。
車があるので、産直市に行って、籠一杯に野菜を買って、おまけにスイカ一個買って家に戻るという芸当ができます。

もちろん、車はガソリンで走ります。わたしの車は古いドイツ車なので、このところのガソリン価格の高騰は本当に家計直撃!!車は贅沢品です。

今は外国暮らしなので、車に乗ってませんから、車にかかる経費がいかに高かったか、ということもよくわかりますが、自分の意思で、人に頼らず、ほぼ安全に、いつでもどこでも行く自由というは車こそがもたらしてくれるものです。

自動車エンジンが開発された時、最初に水で動かすという方式だった、だけど、その時アメリカは深刻な水不足だったので、足りない水じゃなくて、余っている石油で動かすことになった、という話を読んだのは、ビッグイシューというホームレスの人たちが販売している雑誌でのことでした。

詳しいことはよくわからないけれど、ガソリンを燃やして走る車と基本的な構造はあまり変わらないらしい。車が水で走ったら、水で発電もできるはず。でも、そんなことが実用化されたら、世の中ひっくり返ってしまって、美味しい思いをしている人たちには面白くない筈。

だけど、水で走る車って、実用化されつつあるみたいです。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/02/post_a7a2.html

水からブラウンガスというのを作ってそれを燃やすようです。つまり水を燃やす。水素を積んで水素を燃やす水素自動車だと、水素スタンドが必要だけど、ガソリンタンクに水をいれるだけならば、新しいインフラは必要ありません。
そういえば、アルコールスタンドが一時あったけど、あれは急に補助金カットになって、ぽしゃってしまいましたよね。食べ物燃やして車を走らせるのもどうかとおもうけど、もっとシンプルに水を燃やすという技術があるんです。

もっと技術が明らかになって、わたしの車も水燃料使用に改造できて公道を走れるようになる日が近いかも!!
それに、石油燃料に頼らなくなったら、美しい瀬戸内海には似合わない石油精製プラントも必要なくなって、またきれいな瀬戸内が戻るのね!

なんか「生で食べたら病気にならない」とおなじようなパラダイムシフトが起こりつつあるようです。
生で食べたら化粧品がいらなくなる。車だって、ホントに水で走るんだわ!

環境汚染を起こさない文明、病気にならない食べ物!同じことだと思いませんか?
宇宙はわたし。わたしは宇宙!なのだから同じことなんですよ!!

嬉しくて踊ってしまいました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

上海からお客さん!

今上海からミエミーエさんが来ています。
なんと、一人旅!バンコクは初めてだそうです。

お会いしたくて、お時間を作ってもらってAriya organic cafe で待ち合わせ。

抜けるように白い肌!かわいい髪飾り。無造作な感じでまとめたヘアスタイルもすてき!
いつもシニヨンに結うだけの色気のないわたしとは大違い。
ちょっとテンション高めのかわいい方です。

この方、摂食障害や、買い物依存症という今時の「難病」をローフードで自力克服された方です。

彼女はローフードレストランは初めて!ということで、その日は1日果物だけで過ごされていたそうです。
あら、可哀想。お腹空いたでしょ?

彼女はサラダとアジアンヌードルを召し上がって、わたしはケーキを。
前に行った時、ドリアンケーキがあったのだけど、あれは本当にラッキーだったらしい。今日はチョコケーキと、人参ケーキしかないらしい。

チョコケーキは味が分かってるので、人参を注文しました。

IMG_1045.jpg

例によって過剰な装飾!
人参の上には、たぶんマカダミアナッツで作ったチーズケーキです。この店は人参ケーキもいろんなバージョンを作るのね。

たくさんおしゃべりするので、ミエミーエさんのお食事がはかどりません。色々お話ししたいことも、お聞きしたいこともあるし、それに、バンコクのご案内もちょっとしたいし。お買い物案内もしたいし・・・ああ、もどかしい!!

この日はそのまま、ちょっとお買い物案内などしてから、なんと、ベジベジなミエミーエさんを、ノンベジたちの食事に誘ってしまい、中華街で飲茶しました。
上海から来たのに、なんでバンコクの中華街?!しかも、ミエミーエさんには果物と野菜炒めしか食べるものがないのに?!!

翌日は、罪滅ぼしってわけじゃないけれど、シャンティアソーク食堂へとご案内しました。

IMG_1046.jpg

4人で行ったので、たくさん注文。テーブル一杯にお料理を並べて、あれこれ食べます。
炒め物系は中国でも食べられるだろうけれど、ベジラープはないだろう。それに、東北タイソーセージのベジバージョン!!
写真一番左端のものです。これにはビックリ!!

タイのソーセージは色々あるのだけれど、豚肉と餅米を詰めて発酵させた酸っぱいソーセージがあるのですが、それのベジバージョンです。味も、ちょっと癖のあるニオイもそのまんま~。

いやー驚きました。

わたしたちがあれこれ箸やスプーンを伸ばして色々食べていると、「あの人たち、あんなに食べるわ~」という感じで盛んにわたしたちを観察していた隣のテーブルの女性が、「キノコのサラダです」と一皿差し入れして下さいました!!まあ、ビックリ!
これはタイのベジタリアンから、ミエミーエさんへのプレゼントですね!
ごちそうさまでした。美味しかったです。

この食堂、定番メニューか?と思っていたものが入れ替わっていたり、時々行くと変化があるのねえ~。たくさんで行くと色々味見ができて楽しいです。それに、ベジ料理はお腹いっぱい食べても身体が楽です。
ここの食堂のお料理はどれもとーっても美味しいです。問題は午前中しかやってないのと、遠いこと!

食事の後、夫と友達はガラクタ探し、ミエミーエさんはお買い物。わたしは、暑いので、スゴスゴと家に帰りました。

彼女、今日は朝からアユタヤに行ってるのね。楽しんでいるかしら?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

飛行機が一杯!!

海外で生活している時に一番困るのは肉親の病気など。

義理の父があんまり良くないらしく、夫が急遽帰国しようとしたら、なんと、成田便はどれも満席!ファーストクラスまで満席だ、という。

航空会社だけでも、直行便で3社、経由便だともっとたくさんの会社が飛んでいるバンコクの成田の便が取れないなんて、信じられません。旅行代理店の人も「長年やってますが、この時期にこんなこと初めてです」だって。

一時は夫も帰国を諦めたけれど、あまり様子がヨロシクないので、今度はもっと大きな旅行代理店に行ったところ、ビジネスクラスが1つだけ取れた。きっとキャンセルが出たのだろう。

というわけで、夫は昨日帰国していきましたが、わたしもどうにも気になって、航空会社で空席検索などしていたら、今日の深夜便はビジネスクラスなら空きがある!!

というわけで、ダメモトで夫がチケットを買った旅行代理店に行き、成田便を押さえて、今度は入国管理局に再入国許可をもらいに行き、と朝から一人で大騒ぎしています。

大騒ぎができるのもわたしの足も手も動いて、目も見えて口も聞けるから、というものです。
タイ航空の便で成田に飛べるのも本当にラッキーです。ちょっと出費が痛いけど、大出血ってほどでもありません。

なによりも健康が一番!
昨夜は色々な思いが頭をよぎってなかなか眠れなかったのだけど、今夜もフライトなのであまり眠れそうにありませんが、こんなときこそローパワーです。

ココナツとパパイアと玄米粉と青菜少々のスムージーを頂いて、地図をプリントアウトしたり、必要な連絡先をメモに写したり、あれ?日本円あったっけ?あれ?ない?どうしよう、まあいいか・・・

なんてことをやってます。

こんなわけで、しばらくパソコンともお別れ、ブログの更新もお休みになってしまいますが、わたしはスイマグと粉末青汁で武装して、元気に2月の東京へ行ってきます。

冬用のお洋服がねえ。。。「福岡の空港から家まで帰れればそれでいいや~」っていうようないいかげんなファッションしか持って来てないので、とーってもブルーですが、とりあえず成田から病院に行くくらいは何とか・・・

雨とか雪じゃないことを祈ってます。
歯ブラシ忘れずに持って行かなきゃ!
木枕どうしよう・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

戻ってきました。

雨降りの東京から暑い暑いバンコクに戻ってきました。

結局、出発する日の夕方に夫から亡くなったと連絡が入り、慌てて黒い靴や鞄を買いに行き、バタバタと荷物をまとめタクシーに乗り込みました。

話は全然変わりますが、わたしは足が小さいんです。
なので、靴を買うのはもう大変。

なんとか一足求め、黒い小さいバッグも求め、お念珠はないけれど、まあしょうがない。
服を揃えるヒマはなく、アタフタとまた家に戻ってパパイアをお腹に詰め込んで、の出発でした。

お見舞いに行くつもりだったのがお葬式になっちゃったなんて、シャレになりません。せめてもの救いは、夫が間に合って最後看取ることができたこと。


義父がずっと通っていたお医者さんがガンが本当に末期になるまで見つけられなかったのですが、逆に言うと、末期でどうにもならなくなるまで自宅で普通に生活できた、ともいえますので、何が人にとっていいことか、本当によくわかりません。

最後の展開は早過ぎてちょっとビックリです。
きっと義父は悔いのない人生だったと思います。わたしたちもいつ亡くなるかなんてわからないけれど、悔いのないように毎日生きていかなくては、と思いました。
急な展開、急な葬儀にも関わらず、とてもたくさんの方がお別れに来て下さいました。義父は定年後も友達がたくさんいたんです。

わたしは初めて親を亡くしました。
義理の父といえども、なんともなんとも寂しいです。これが実の親だったらどれほどだろう、といまからちょっと怖くなってしまいました。
いつなくなっても十分長生きしてるので、行かないで~とはいえないけれど、この先親を見送る苦労と寂しさが待ってるのだろうと、本気で覚悟しなくてはいけません。
中年になっても両親が揃っていたのだから、恵まれ過ぎなんですよねえ。

今回はたまたまわたしの両親も東京に来ていたので、久しぶりに会うことも出来たし、夫の親戚に紹介することも出来て、義父は絶妙のタイミングで旅立ったのかもしれません。

お義父さん。長男の嫁らしいことは何も出来なかったけれど、かわいがってくれてありがとう。
一番大事な息子をわたしにくれてありがとう。
わたしはあなたの大事な息子をガンにしたりしないから。
わたしもお義父さんが大好きでした。
もうこの世では会うことは叶わないけれど、どうかどうか、安らかに、安らかに。

わたしのサイボーグな両親は、まだまだ元気で今は小川町にあるカメラ会社のギャラリーで個展中です。
お父さん、お母さん、どうか好きなことをして毎日楽しく暮らして下さい。
お義母さん、慰めの言葉もありません。毎日電話掛けるように気をつけます。

生きてるうちは元気でいられるように、やっぱりローフード!

明日から3月。バンコクでの生活もあと2週間となってしまいました。

いつ死んじゃうかなんてわからないけれど、毎日悔いの無いように精一杯生きましょう!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック