ソマチッド新生物学

まだ読書中なんだけど、久しぶりにとてもエキサイティングな本を読んでます。

完全なる治癒―ガストン・ネサンのソマチッド新生物学

この本は、いつぞや癌は代替治療で治るのか?という記事を書いた時に菊の助さんが教えてくれて、読みたい本リストに加えてあったものをやっと今頃読んでいるわけです。

なんと、書いたのは去年の7月だから・・・1年前です。

ガストン・ネサンという人は、自分ですごい顕微鏡を作って血液やら何やら見ていたら、細胞よりもも~~っと小さい生物を見つけます。

酵母みたいに細胞分裂もするし、生殖もするし、煮ても焼いても、放射線を浴びても死なない、という不思議なものです。
ネサン氏はこれを「ソマチッド」と名付けます。

これ、健康な身体の中では、3サイクルまでしか変体しないのに、癌とかリウマチになったら、、16サイクルまで変体するらしい。(16まで進んだらまた1に戻るらしい)

なんでわたしら生き物が生きているのか?というのは生物学の大きな謎なのですが、それを解明するかもしれない!という大発見なんだけれど、これがありとあらゆる学会から異端視され相手にされないどころか、控訴やらなにやら、で大変な目にあいます。

この方が発明した714-Xという製剤は、免疫力を高めるらしい。すると、末期の癌が治る、化学療法の辛さを和らげる、多発性硬化症などの難病も治る・・・

ふむ。

そこで、ちょっと考えてみました。

健康な身体はソマチッドが第三サイクルまでしか変わらないけれど、病気になったらソマチッドがバクテリア形態になったり、色々に変体するらしい。

ってことは、外から入ってくるバクテリアだ、ウイルスだ、と思われていることは実は間違い?って可能性だってある研究みたいです。

そりゃ大変なことなので、このネサン氏、ガリレオにたとえられる訳であります。

さて、他の代替治療、例えばローフードもそうだし、癌治療で有名な、ゲルソン療法、甲田療法もそうですが、食事を変えることによって、免疫が高まって、ソマチッドが第三サイクルまでしか変わらなくなってくるから、名病も治ってくるのかしら?

甲田療法は全ての原因が宿便と背骨の歪みですが、宿便が溜まってたり背骨が曲がってたりすると、血液が汚れたり、リンパがうまく流れなくなったりするので、それがソマチッドサイクルを細菌形態やらなにやらまで進めてしまう、ってことなのかなあ?と考えました。

癌を直す方法でどれも結局同じだなあ、と思うのが「血液をきれいにする」ってところなのだけれど、きれいな血液というのは、ソマチッドが3サイクルで完了する血液、ってことかしら?

そして、生野菜をそのまま食べるということは、生野菜の元気なソマチッドを身体に取り込んで、免疫を高める作用があるのかしら?なんて、そんなことまで妄想してしまいました。

こんな製剤で末期がんやリウマチ系の難病が治るなら、甲田療法やゲルソン療法のようなとても厳しい食事療法をする必要もなく、注射とあといくつか守らなければならないことがあるらしいけれど、とにかく、注射で元の身体に戻るなんて、夢のような話です。
リウマチが治るのなら、アトピーも治るんじゃないかしら?
この製剤は、免疫力を高める働きがあるそうで、その結果エイズや癌などの難病の方が治癒しているらしいです。

有り難いことに、今日本でも、横浜と熊本でこの製剤を使うところがあるそうです。
ダメモトだとしてもいいニュースだわ~。

本はまだやっと半分を過ぎたところです。この本はケベックでのネサン氏の裁判のもようを主に綴った読み物ですが、医学会の何ともヒステリーのような拒否反応、これはやっぱり何かあるのではないか?って思ってしまいます。

本当は人間には素晴らしいパワーがあるんです。病気も不幸も実は幻想なのかもしれません。

菊の助さん、素晴らしいことを教えて下さってありがとうございます。

わたしが読んでいる本はもう絶版みたいですが、広島市の図書館にあります。
地元の図書館や古本でも検索してみてください。

ご興味のある方は下のリンクを見て下さい。
ガストン・ネサンアカデミー

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

運動療法の効果か?!

最近、ローフードブログ村の方やその周辺の方たちで熱心に西式甲田療法を実践されてる方が増えているような気がします。

うーん、みなさん、すごいなあ、素晴らしいなあ。毎日あの単調でヘンテコな体操をよくやるなぁ~・・・

効果のほうはよーく分かってます(頭で)。
この運動をしていると骨盤の歪みも、背骨の歪みも、股関節の亜脱臼も、首が痛いのも、不活発な腸も、頭が悪いのも、運が悪いのも、電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、ゼーンブ解決しちゃいます。

これらの運動を毎日、2回、3回と続けていると、どんどん健康でハッピーになってしまう上に、お金も掛からない、たいして時間も掛からない、という究極の体操。

しずかさんまで木枕さんに平床さんまで揃えて始めるし、病気治療系の藤丸さんnullさんは、本格的に食事療法とセットで増々熱心。そして、コメント下さった方なんか、何と、あの「背腹運動」という西式最高峰の体操を毎日10分もなさっていて、「すごく良いような気がします」と教えて下さるし・・・

やり方全部知ってるし、それなりに出来るけれど、怪我した時とか、ムカデにやられた時とか、食べ過ぎた時にしか運動しないわたしは異端も良いところ。
こんなことじゃお天道様の下を歩いていると石が飛んで来たり、車が寄って来たり、ってことがいずれ起こらないとも限りません。

というわけで、このところ「運動療法強化月間」ということで、毎朝それぞれの運動をきちんとやるようにしています。

背腹運動10分・・・これはすごいです。どうすごいか、って・・・

頭がスッキリして、仕事がしたくなる。昼寝したくならない。
気持ちが前向きになってどんより天気に負けない元気な良い子になります。

なんだ、こんな簡単なことで、こんなに元気になるんだったら、さっさとやれば良かったよ。

西式甲田療法実践者の方のブログを拝見すると、本当に励まされます。毎日コツコツ続ける、というのは容易なことではありませんが、本物は本当にシンプルだってこと、改めて教えてくれる体操です。

というわけで、最近仕事を再開してます。

IMG_1308.jpg

この仕事は本当に退屈で骨の折れる仕事です。
身体もキツいし、うんと気力充実しないと出来ないんだけど、体操のおかげでやっと手がけることが出来ました。ヤレヤレ。

今年はモヘアとウールの混紡でフワフワツヤツヤ系で行きたいと思います。

運動療法がまた甲田先生の生菜食を再開する力を与えてくれますように。

運動療法、食事療法、五観のげがセットで西式甲田療法なのだなあ~と思うのでした。

西式実践者のみなさん、背中を押して下さってありがとうございます。またすぐサボりそうになるので、時々鋭くツッコミ入れて下さい。(あくまで他力本願なわたし・・・)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お野菜ばっかりコース

うふふ。昨夜は優雅で美しく、贅沢で最高に楽しいお食事会をしてきました。

御幸橋のたもとにあるア・ラ・メゾン・オガワに特別メニュー「お野菜ばっかりコース」を注文し、料理教室のレギュラーメンバーのみなさんと一緒に頂きに生きました。

幸い雨にも振られずお店に到着。

さて、今回この店の女性シェフ、どんなお料理を出して下さるでしょうか?なんと、こんなベジ料理の注文は初めてなんだそうで、「とっても緊張します」っておっしゃってるけれど、この方の野菜使いはとってもナチュラルで、ただ「お料理って肉か魚がなくっちゃメインにならない」っていう思い込みがあるだけのような気がします。

この店、前に特別にベジランチを作ってもらった大野町のシェフのお弟子さん。このたびブログ上師弟対決とあいなるわけです。

師匠のベジ料理はこちら↓
とてつもない贅沢!前編後編

師匠のお店のほうが格上なので、師匠には不利ですが、経験や店のスタッフの数から考えたらまあ、飛車角抜きで丁度いい、ってことで、対決のゴングは鳴らされたのです。

チーン。

あれ?

ゴーン。
(銅鑼の音ね)
写真が多くて長いので折り畳みます。
お時間のあるかた、断食中の方、先へお進み下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

続きを読む »

奥様はお買い物。

ふふふ。うふふふ。
グルメの後はお買い物、とは世の習いでございます。

奥様はついに大きな決心をして、お買い物あそばしました。

IMG_1320.jpg

平床です。
桐で出来てます。

今までは畳の上に敷きパットとシーツでした。「畳の上で十分じゃん」と思われることでしょう。または、「あたしはフローリングだもんね!」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが・・・・

身体が鍋なら板は鍋敷き!

この平床はごらんの通りの白木です。白木ですから、体温を奪わない。身体から水分を奪わない。しかし余分な水分は吸い込む、というところが重要です。

畳の上に平床を敷きっぱなしでも畳が腐らないんです。

畳がいけないのは、畳が身体の熱や水分を奪うので、寝ている間に無駄に疲れる。
フローリングは冷た過ぎてこれまたヨロシクない。ようするに熱が伝わっちゃう、というのはいけないわけです。

そして、この厚み!

IMG_1321.jpg

最低15ミリ必要なんだそうな、そうでないと板がたわんでしまってヨロシクないらしい。

賢明な奥様はもちろん夫の分も同時に注文です。だって、ワタクシだけ健康になったら夫に申し訳ないじゃござんせんか?彼だって畳の上に敷きパッドで寝ているのですもの。「オレは板なんかいらね~」とは言わないだろう、と思ったのでございます。
(彼は「あっしの分も買って下さったんですかい?」と申しておりました。当たり前でございますとも。)

平床を購入したからには、仰向けで眠れる人にならなければいけません。
仰向けで朝まで寝るには、胃の中が空っぽでないといけないそうです。出来れば水もない方がよろしいそうで・・・これはなかなか厳しい修行になりそうです。だって、あたくし、スイマグを寝る前に飲んでいるんですもの。

色々注文ついでに、こんなものまで買ってしまいました。

IMG_1319.jpg

半額になっていた甲田先生の本3冊、晒の袋にはいっているトイレットペーペーみたいなものは、脚絆療法の脚絆。

足がダルい時にすごく良いので、巻き方を習って以来欲しくてしょうがなかったんです。長距離ドライブの後とか、よさそ~。
手縫いなんですよ~。

脚絆療法をした後に毛管運動をするとすごく気持ち良いし、上手に出来るんです。

そして・・・

プチプチに包まれているブックエンドのようなものは・・・
「足枠」

ねんざとか、アキレス腱が切れた!なんて時、この足枠に足首を固定して毛管運動をすると早く良くなるんです。なんと、アキレス腱、手術しなくても繋がるんだって・・・・ほんとかな~?

アキレス腱を切るなんてことは御免被りたいけれど、ねんざは時々やるので、ついでだから購入したのでした。

ああ、今夜はついに、板の上に眠るのよ~。
宇宙遊泳してる感じになるかしら?好転反応はあるかしら?
畳の上とは違うかしら~?

そして明日は車の燃費を飛躍的に良くする道具を発明したオジさんにウチの車を見てもらう日・・・・

ああ、ドキドキして眠れないかもしれません。

今日は早く寝よう。

ドキドキ・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

平床レポート

たくさんコメントありがとうございました。
昨日はわたしの古道具ビンテージカーの燃費向上させるための装置の取り付けに1日掛かってしまい、ブログの更新もせず、コメントへのお返事も失礼して、さっさと平床の人になってしまいました。

さて、平床です。
今まで畳ですから、布団から平床に移行した人に比べてかなり平床の人でしたが、今回本格的に平床の人になったわけです。
とはいえ、敷きパッドとシーツは使ってますが、畳と平床ではやはり違います。

平床は真っ平らなの。

すみません、当たり前のことで・・・

身体を起こした後、板を持ち上げて畳を触ってみたら、うっすら温かくはなっているけれど、「体温がしっかり伝わってる」という感じではありません。冬場でさえ布団を上げると畳は温かいので、これはしっかりと鍋敷きの役を果たしている、つまり、身体から体温を奪うことを防いでいる、といえます。

さて、講釈はいいや・・・

身体の感じです。
初日、朝の5時に目が覚めてしまって、一階の座敷に降りて西式体操。(続いてるんだよ~。最近、カエル体操300回してるのよ~)

話は前後しますが、わたし、平床に寝ても腰に隙間が出来ないんです。無理に手を突っ込めば入るけれど、無理無理入れないと入らない程度の狭い隙間しかありません。だから、平床難易度は低いわたしです。

寝起きなので最初は膝立金魚から始めます。

わたしは背骨が固くて、膝を倒すと反対側の肩が上がったんだけれど、これが、上がらない!早速目に見えるすごい効果がありました。(これって地味ですが、すごいことだと思います。)

そして、インドア派のわたしが、珍しく1日外で過ごして、もうグッタリ。さっさと寝てしまいます。

これがまあ、よく寝れること。おまけに長時間寝てても寝疲れるがありません。体温や水分を奪わない、というのがこんなところで地味に良いのかも・・・

仰向けにも寝れるけれど、横向きも板の真っ直ぐな感じが気持ち良いです。
宇宙遊泳な感じは良くわからないのですが、やっぱり畳の上とは違うなあ、と感じたものでした。

ああ、これで、わたしは金魚と背腹をしっかりやって、背骨の柔軟性を取り戻したら人間も柔軟な人になるのでしょうか?夢は膨らみます。

昼寝は相変わらず畳&竹枕ですが、木枕も桐の枕は当りが柔らかくて、良いです。

敷きパッド無しまでまだ時間は掛かりそうだけれど、甲田先生も板の上に毛布&シーツだったそうなので、意地になって板で寝なくてもいいよね、とも思ってます。

今畳やフローリングで敷き布団無し生活をなさってる方、そのまま続けて、お金が出来たら平床を求められると良いと思います。買ったら「ああ、良かった」って、思います。
布団と違って干す必要もないし、ダニも湧かないし、打ち直しもいらないので、一度買えば一生モノです。

ホントに西式は究極に合理的に出来てるんだなあ、と感動してしまいます。木枕だって、落として割ったりしなければ一生モノですもん。

木枕、平床の導入をお考えの方、木枕はなかなか修行が必要ですが、平床、または敷き布団を止める生活はそれほど難易度が高くないので、まずは布団を薄くして、敷き布団を止めて、ボツボツと木枕に慣れて、というプロセスがお薦めです。

わたしは今日抜歯して、その抜いた歯を移植する、という大工事をしてきたので、これからしばらく生菜食で免疫を高める生活です。

歯を抜いたり、歯茎に穴を開けたりしている間「良くなる、善くなる、好くなる」を唱えてました。

ああ、わたしには生菜食や西式があって良かった。痛み止めもきっといらないわ~。
(前使わなかったからいらない、と言って薬を断ったのに、家に帰ったら前回もらった薬をどうやら捨ててしまったみたいで見つからなくて、急に不安になってきた・・・)

ささ、麻酔が切れそうだから、今から傷直しの背腹運動だわ!!

また地味に生菜食始めます。今回は10日。運動療法もしっかりやること、食後水を飲まないことを守るのが目標です。
ご一緒下さる方、またコメントください。

ささ、運動してから、青泥と豆腐を食べよう。
玄米も久しぶりに発芽させてます~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

カイリくんをつける。

ローフードを始めてから2年以上になります。色んな変化があるけれど、たとえば、PMSがなくなった、ストレスに強くなった、根気強くなった、など。まあ、みなさんもお馴染みなご褒美だと思います。
(お肌がきれいとか、スタイルが良くなるとか、若返るとかはまあ、当たり前ですよね!)

車の運転が上手になった!ってのもあります。
車の運転をする時は、機械(動く凶器だ!)を操りながら、路上の状況を常に観察し、判断しながら、機械を操らないといけないので、かなり高度な集中力と判断力を求められます。おまけに、駐車の技術、車幅感覚などの超能力まで求められるのが自動車の運転です。

これが、前みたいに面倒だったり、怖かったりってことがなくなったんですよ。もちろん、車の運転に慣れた、ってのもあるし、車の性能に助けられているところもあるけれど、ほんとに車の運転、状況判断が上手に出来るようになりました。

昨日から甲田療法の生菜食を再開しましたが、これ、とっても燃費が向上する食べ物ですね~。今日など、明日の料理教室の買い物に行って、家に戻ってから、昼食を食べて、映画を見に行って、料理教室のレシピを作って、と一日一善のわたしですが、なんかいくつも仕事を片付けて、まるで働き者の人になったみたいです。
甲田療法の生菜食はホントにすごいです。お尻のほうも栓が抜けたみたいに・・・いや、それほどでもないか・・


さて、(と強引に話題を替えて)燃費向上グッズというのは、怪しいものからほんまかいな~?なものまで色々ございます。

わたしの車は20年前のドイツ車なので、燃費が悪いのが大変お財布に痛うございました。趣味だから、道楽だから、と目を瞑っていたけれど、やっぱり将来のお金の事など考えると「スマートに買い替えよか?」という思いがチラホラ。ブラビス仕様の天井がガバーっと開くやつ・・・
(解説:メルセデス社が日本の軽自動車みたいなサイズの車を作っている、その車種の話です。)
わたしの車は美しい。エンジンもご機嫌だ。最近道路で出会うこともなく注目度も高い。幼稚園児に指差されることもある。
そんな話を先日行き着けの山の中のコーヒー屋さんで、マスターにブツブツつぶやいていたんですね。

すると、マスターが「燃費が良くなったらいいの?」

「そりゃ、普通の道でリッター10キロ走れば良いよねえ~、マスターの車も人の車の燃費のこと言えないじゃないさ~」(マスターの車は30+α歳のメルセデス)

「実はね、うちのお客さんでね、燃費を上げるものを発明した人がいるんよ。それがね、『こんなもの売ってもらっちゃ世の中が大変なことになる』、と長い間販売許可が下りなかったんよ」と話し始めました。

ただね、ちょっと値段が高いんよ、○○万円。 え~、でも、1年くらいですぐガソリン代で元が取れるよ、きっと。

燃費向上グッズ、色々あるけれど、これって本物かも・・・

この時は水を燃やす技術や、空気でシリンダを動かして動力を得る技術(エンジンは同じもの)、エンジンオイルを交換する必要がなくなる添加剤の話など「こんなものが世の中に出回ってはマズい」商品や技術の話でしばらく二人で盛り上がりました。(どんなコーヒー屋さんや?)

そんな話をしてるうちに、マスターが電話を掛けてくれます。

「ウチのお客さんでね、興味がある人がいるんよ。ちょっと車をみてくれん?(広島弁)」
という訳で翌日の午前に車を見てもらうことになりました。

善は急げじゃ!

以下、非常に長くなるし、写真も多いので、車に興味のない方、スルーしてください。

普通食と、生菜食の写真でもどうぞ。
IMG_1332.jpg

普通食は、茄子とピーマンの味噌炒め、金平ゴボウ、豆腐、チンご飯。
生菜食は、青泥、人参と発芽玄米スープ、豆腐、塩。
普通に美味しい生菜食ですが、茄子がたくさんあるのに、食べられないのが辛い・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


続きを読む »

桃タルト

今日は料理教室。木曜日のクラスは、子育て中お母さん中心です。

レシピの説明をしていると、カリカリとメモをとるペンの音がすごい!
みなさん、お勉強も良く出来た方ばかりのご様子で、偉いなあ~、と関心しきりです。

このクラスにはひとり2歳の美少年が参加してくれるのだけれど、この子、キーキー言わないでおとなしく良い子なのです。おまけにグリーンエナジースープも青泥もしっかり食べるの。
一体どんな家庭で育ってるのか、母親の顔が見たい!って、あ、お母さんご一緒でしたね・・・

わたしはへそ曲がりなので、ローフードを教える回でも、ローフード絶賛!はしません。どんな食事法も、どんな健康法も、「絶対!」ってことはない、と思ってるからです。

ただ、納得のできる説明をするだけです。

でも、良いところはいいし、色々な方法を知っておくことも大事だと思います。だって、選択の幅が広がるじゃない?

というわけで、最初の3回はいつも同じお献立。ただ、季節によって野菜や果物が変わります。

今回は甲田療法の青泥、ベジクラウトとツナもどきパテのローラップ、そして、桃のタルトです。

IMG_1333.jpg

ローラップは楽しい食べ物ですよね~。巻き巻き食べにくいけれど、それをお行儀悪く食べるのが楽しい、ってもんです。全部野菜ばっかり!

IMG_1334.jpg

ツナもどきは「ホントにツナみたいですね」ってご感想。

青泥ですが、みなさん「問題なく美味しいです」夏はモロヘイヤとか、ツルムラサキとか、空心菜とか、アクやエグミが少なくて美味しく栄養豊富な菜っ葉が出回るので、これもまた楽しみです。
わたしの最近のお気に入りは、「おかひじき」なんですが、昨日は売ってませんでした・・・

あ、わたしは今生菜食中なので、大きな丼の青泥はわたしのお昼ご飯です。

山盛りレタスとお野菜も、きれいにみなさんお召し上がりになって、わたしも一安心。

さて、デザートです。

IMG_1335.jpg

桃を切ったのはわたしだけれど、盛りつけはどなたかが上手にしてくださいました。ああ、きれいで美味しそう~。

このクラスは今回2回目で、お互いなんとなく様子も分かってちょっとリラックスして出来ました。もう、皆さん質問がすごいすごい!!

わかる範囲で説明しますが、一度や2度で全てをお伝えすることも時間的に出来ないというものです。

8月には、みなさんのご要望で公民館のお部屋を借りて、西式体操の講座、青泥付きという出張講習を予定しています。

また、セサミキッチンさんとのコラボ企画もあるし、夏休みも楽しみが一杯です。

詳しくはセサミキッチンさんのHPへ
http://www.sesamekitchen.com/?page_id=76

今日も遠くから御参加くださって、ありがとうございました。
今日のお料理のどれかひとつでもレパートリーに入れて頂けるとこんなに嬉しいことはありません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

黄アゲハ

ウチの庭にフェネルがあります。これ、5月には、餃子にしたり、スムージーに入れたり、と大活躍。
ウチの土壌に合っているのか、一度苗を買って植えたものが、こぼれ種から増えて、あっちにワサワサ、こっちでショボショボ勝手に生えているんです。

このフェネルに黄アゲハが来る。黄アゲハの幼虫は、緑と黒とオレンジのまだら模様でかなりファンキーな姿をしていて、霞のようなフェネルの葉を食べるのです。

虫に比べたら、わたしのほうがよっぽどフェネルには脅威なんだろう、と思いながら、黄アゲハの幼虫は駆除することなく、なんとなく共存してます。だって、虫ってすぐにアシナガバチとか鳥にやられるらしく、大きくならないんだもん。

ところがです。今年は蜂が少ない。アシナガバチもあまり来なくて、鳥に食べられることもなく、小さなフェネルについた6匹もの芋虫が立派に育って、フェネルの株を丸坊主にしてしまいました。

あれれ、あんたたち、もう餌がないじゃない・・・どうするつもりなのよ??
仕方がないなあ、と大きな株に引っ越しさせました。

引っ越しさせる時、虫は怒ってオレンジ色の角を出して変なニオイを出して、必死に抵抗するんだけれど、まあ、待ちなさい、今引っ越しさせてあげるから、と、枝を切ったり、割り箸でつまんだりして、引っ越し完了。
まあ、虫にコチラの気持ちなんか分かる訳ないよね。

引っ越しさせた後、数日したら、一匹減り、2匹見えなくなり・・・
誰かに食べられたのか、それともどこかで蛹になったのか・・・あちこちフェネルの周りをみてみるけれど、蛹は見当たらず、ずーっと不思議だな~?あんなに大きな芋虫を食べるヤツはいないだろうに・・・でも、まあ、自然のことだから、わたしには関係ないわよね、と忘れておりました。

ああ、前置きが長くなっちゃった。

今朝、夫が出掛けしな、「ねえねえ、見てご覧、黄アゲハの恩返し!」と勝手口で一人大騒ぎしています。

また何言ってるの、この人?と思いながら出ようとすると、「ああ~、そーっとそーっと!!」と叱られる。

「ええ?なんですか?」と彼の指差す方を見てみたら・・・・

IMG_1337.jpg

「羽化したばっかりだよ」

は~。美しい・・・こんな大きな揚羽をこんな近くで見るのは初めてです。
地面から伸びた山芋の蔓につかまって、じーっと動きません。
よく見てみると、山芋の蔓の根元に抜け殻があって、あれまあ、こんなところで蛹になってたなんて!もうビックリです。よくもわたしたちに踏みつぶされなかったものです。
しかし、フェネルの株から勝手口の前まで5メートルくらいあるかしら?こんな遠くまで引っ越して蛹になるなら、大きな芋虫が消えて、蛹も見当たらないわけです。

黄アゲハが恩返しのつもりで勝手口まで移動したのかどうか、それはまったく怪しいものですが、ウチの庭で育った蝶が、無事に羽化したのを確認出来たことは、なんだか神様からとっても素敵なメッセージをもらった気分でした。

蝶よ、美しい姿を間近に見せてくれてありがとう。
また帰って来て、ウチのフェネルに卵を産んでおくれ。仲良くシェアして食べようじゃないの。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

7月の料理教室のご案内

7月の料理教室の予定です。
暑い季節は火を使わない料理がいいですね~。発酵もバンバン・・・

場所はアストラムラインの真ん中あたりです。
バスセンターからアストラムに乗り換え、
高速バスから中筋、または大塚でアストラムに乗り換え、
JRからは可部線大町駅でアストラムに乗り換えになります。
駅までお迎えに上がります。

最低3人より。6人まででお受けしております。

7月08日(木曜日)「どうして生なの 2」 満席
7月10日(土曜日) 創作生料理      若干空席あり(経験者のみ)
7月24日(土曜日)「どうして生なの1or3」 空席あり。

秘密のコメントに、お名前、メールアドレス、どちらからいらっしゃるか、ご記入してお申し込みください。
追って詳細をご連絡いたします。

最新の記事はこの下にあります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

今日の料理教室と、夫の宴会。

今日も楽しい料理教室。
今週、わたしはありえな~いくらいに働いている。
歯を抜いたり、移植をしたり、車を大改造したり、と・・・
って、わたしが働いたわけじゃないか・・・

生菜食の最中でも料理教室です。
今日のクラスは、いつも新しいレシピをやるクラスなのだけれど、試作も試食もままならない状態なので、超能力を使ってレシピを仕上げました。

さて、超能力によって宇宙の波動たっぷりのお料理です。

IMG_1344.jpg

最近流行らしい「食べるラー油」
なんだかお高いそうですが、なんで化学調味料の入ったものを有り難がって1瓶1000円以上も出してみなさん、お求めになるのかしら?作れば簡単じゃない!と作りました。

そして、ラー油を使って「トマト麺」

IMG_1343.jpg

ローフードということで、麺はイエローのズッキーニで中華麺風。
野菜が苦手のN子さんまで「これはヤバい」と大喜びしていただけました。

トマトを絞った汁は、青泥の水分に。
生菜食中のわたしのランチはこちらでした。

IMG_1345.jpg

へ~、人参と玄米がこんなんになるの~~。と驚かれてしまいました。
もちろん、青泥はみなさんにもお裾分け。

ラー油トマト麺、わたしは味見もしませんでしたが、とても美味しかったそうで、この夏の定番料理になりそうな気配でした。毎日ズッキーニでこれを食べたら、ちょっとスリムになるかも。青泥も一緒にお願いね。

そして、今日のデザートは・・・

IMG_1347.jpg

アプリコットチーズタルト。

盛りつけはタミーちゃんがしてくれました。庭からミントをとってきて、あれ、可愛らしいこと!

わたしもすこしタミーちゃんにもらって味見したけれど、美味しく出来て良かったです~。

毎度参加者のみなさん、ありがとうございました。
ラー油楽しんで下さい。またご自分でも作って、友達に自慢してくださいね。
トマト麺もチーズケーキも自慢してくださいね~。

来月は、ついに料理教室で甲田療法をやります。お楽しみに~。




今日の用事はこれだけでは終わりません。
第2ヘッダー、夜の部です。(夫主催の勉強会という名の飲み会です)

写真を取る元気がなくて、申し訳ない。

キュウリとワカメの酢の物
夏野菜のマリネ
クロムツの唐揚げ
カツオのタタキ
小さいジャガイモの丸揚げ
牛すね肉のナバロン
ジャコ紫蘇発芽玄米ご飯

でした。まだ皆さん飲んでるよ。

ご飯も食べずに、お酒も飲まずに、人の飯ばかり作って、なんか自己犠牲の偉い人のような気分です。やっぱり甲田先生の生菜食は魂が鍛えられるのね~。

とはいえ、ジャガイモの丸揚げとか、夏野菜のマリネとか、味見してしまいました。

味見もせずに作る料理ですが、これも超能力のおかげでなんとかツジツマが合ってるみたいです。ヤレヤレ。
明日は遊びにいこ~っと。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生菜食、今回のメニュー。

先週の火曜日から始めている生菜食のメニューについてお話します。

まず、基本のメニューですが、
(一食分)
青菜250g(3~5種類以上)
根菜250g(人参120g 大根100g 山芋30g)
リンゴ半分
生玄米粉50~70g
豆腐200g
塩 4~5g

です、が・・・

多くて一度には食べられないので、豆腐を端折ったり、根菜さんチームを端折ったり、リンゴをやめたり、玄米を減らしたり、とアレンジするんです。
(5月の生菜食は、豆腐抜きで食べてました。)

5月に生菜食を食べた時と違い、リンゴは思いっきり収穫前だし、夏大根は辛い!山芋もない・・・
つまり、根菜さんチームが非常に難しい季節です。


そこで、菜っ葉さんチームはそのまま、リンゴは無しだど、ストレート果汁のリンゴジュースを利用。時々甘味無しでレモン汁。

根菜さんチームは人参と季節の果物と生玄米でムースを作って塩を入れて食べてます。

生菜食にお豆腐がつくと、すごく食卓が豊かになるのは大きな発見でした。

さて、そんな脱線生菜食、天国の甲田先生は何とおっしゃるか分かりませんが、生菜食を食べていると出てくるものが2日目あたりからお出ましになりました。
ほっぺたがプヨプヨになるのはまだしばらく掛かるんでしょう。

うーん、身体ってけなげだわ~。

宿便が出始めると断然生菜食が楽しくなって来て、人のご飯を作っても、お客さんを呼んでも、自分の食べ物からはブレることなく食事が出来ます。

一度目の生菜食を終えて、その後加熱炭水化物にドップリとはまったけれど、それも一ヶ月くらいで治まり、その後は、「またキッカケがあったら生菜食に戻ってもいいわ~」という気分になってました。

生菜食に戻ると、またすぐにお通じが変わってくる、というのに驚きました。

食べるものが決まっている、というのは「ああ、今日は何食べよ」という悩みから解放される、ということでもあり、考えようによっては大きな自由を手に入れる上に、身体も健康になる、というオマケがついている、ってことかもしれません。

不自由になることで自由の幅が増える・・・

禅問答のようですが、案外物事の本質ってのはこの辺りにあるのかもしれません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生菜食中、新月のレバーフラッシュ。

前から気になっていて材料を買ってあったレバーフラッシュ(肝臓洗浄)。

石がザクザク出てくるらしい。

断食をしたり、生菜食を食べてる時に時々トイレに石が浮いていることがあるけれど、そんなものがザクザクでてくるそうな。

一説によると、クレンジングのために飲むオリーブオイルが固まって出て来るだけ、っていう話もあるが、体調が良くなったっていう報告も少なくないし、(メッチャ気持ち悪いから絶対お薦めしません、っていう報告も多数)ちょっとやってみよう!とタイミングを計ってました。

ちょうど生菜食中だから、油物は食べてないし、抜歯や移植をして抗生物質など飲んだので身体も弱っているし、ちくたくさんが新月断食だ、って教えてくれてるし、これはこの機会を逃す手はない!と始めました。

お食事は午後2時までに、ということで、
IMG_1348.jpg

こんなお昼ご飯を食べたら断食体制です。まあ、断食ったって、半日程度です。
甲田療法の生菜食、すごいボリュームでお腹いっぱい。塩豆腐も美味しいし、毎日これでも良いくらい。
お豆腐付きの生菜食はまるで別物です。

食事療法中は、断食のために特別に色々する必要がないので、気楽に出来て便利だわ~。

さて、夕方になってきたので、硫化マグネシウム溶液の準備と、夜に飲むオリーブオイル、どの容器で作ろうかしら?容器に線引いとかなくっちゃ。
このために上等のオリーブオイルを買ってあるのよ~。
グレープフルーツと混ぜると乳化して、ドレッシングみたいになるそうです。

IMG_1349.jpg

エプソムソルト(硫酸マグネシウム)は、大匙1杯と書いてあるけれど、色々検索したら、13gという数字が出て来たので計量することにした。大匙一杯って、まあ、細かいことは気にせずにってことなんでしょうね。13gだったら少なめかもしれません。

IMG_1350.jpg

これを約200ccのストレート果汁リンゴジュースに溶かしたもの(水でもいいがマズいらしい。)を18時、20時、翌朝の6時、8時の四回にわけて飲みます。マグネシウムだから下剤ですね。

そして、今夜、22時になったら、グレープフルーツ一個絞ったジュースにオリーブオイル125cc(ここだけ妙に細かい)を入れてシェイクしたものを立ったまま一気飲みして、そのまま布団に入ってすぐに寝る、というプログラムです。
立ったまま飲むのと、すぐ仰向けで横になる、というのがポイントらしい。

翌日は、6時、8時に残りのマグネシウムを飲んで、10時にフレッシュジュースでブレックファースト、お昼は野菜や果物を軽く食べておく。
夜は普通に食べるのだそうです。

いきなり2日間プログラムでやってもいいけど、できれば一週間前から油抜きのビーガン料理を腹八分目に食べておくと楽にプログラムを終了することができるらしいです。

生菜食中だから、バッチリ!じゃないの。

このプログラム、上手くいかなかった場合2週間後に再度挑戦できるそうです。一ヶ月くらいあけて3回くらいすると、奥に詰まっていた石がだんだんと前に出て来て、肝臓のコレステロールの固まりがきれいになくなるらしいです。

わたしは油っこいものが好きなので、溜まってるんだろうなあ。

レバーフラッシュについては、色々なブログを参照させていただきました。
レバフラ体験ブログを上梓してくださったブロガーのみなさまにお礼申し上げます。

レバフラには、安眠できるサプリなどがついたキットも販売されてますが、マグネシウムとオリーブオイルとグレープフルーツだけあれば良いような気がします。
わたしは濃度を計算し直すのが面倒だったので、エプソムソルトを購入しましたが、下剤なので、スイマグでもマリンマグでも良かったように思います。

ちなみに、甲田療法の生菜食をしていると、胆管が広がって石が勝手に出て来るそうなので、長期の甲田療法実践者はべつにレバフラをする必要はないようです。

さて、新月のちからで石がザクザク出てくるでしょうか?それとも吐き気と戦う一夜になるのでしょうか?明日は歯医者さんがあるけれど、トイレとの兼ね合いはどうするのか?

首尾やいかに・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

レバフラその後と社交の夜。

はい。レバフラです。

オリーブオイルを飲んで、雨の音を聞きながら、お腹がグルグル。腸ではないところもなにやらグルグル言ってる感じがして、「やや!肝臓か?」と思ったり・・・

寝苦しい夜でした。お腹は盛大に鳴っていて、後で寝に来た夫が「お腹の音が気になったほどずーっと鳴っていた」と苦言を呈しておるほどでした。

これがねえ~。気持ち悪かったです。
夜中の3時にトイレに行って、一度出したら(下から)ちょっとスッキリしましたが、かなり気持ち悪かったです。

さて、石がザクザク出て来たのか?ですが・・・

もう朝の2回目ともなると、水しか出ない。水の中にオリーブオイル色の小さな粒が浮いてるけれど、油がなにかの膜で包まれてるだけみたいな感じで、石らしいものが全く浮いていなかったわけじゃないけど、「おお!!石だ!」という感動は無しです。

確かにお腹の中は空っぽになった感じもするし、りんごジュースを飲むのであんまり空腹感もないけど、一晩中微妙な吐き気に苛まれながら寝るってのはちと辛いものがありました。
そして、歯磨きせずに寝るのも気持ち悪いし・・・

寝苦しい思いをしたのに、あんまり石が出てこなくて残念。だけど、あのお腹の鳴りっぷりは素晴らしいものがありました。夫よ、騒がしくして申し訳なかったよ。

人によっては石の排泄は数日続くそうなので、今後に期待してみます。

またやるかどうかは微妙だわ。人生に退屈した時なんか、やってみると楽しいかも知れません。

11時くらいにグレープフルーツの残りを絞ったジュースを飲んで、お昼には青泥で復食。

夕食には、山奥のコーヒー屋さんのマスターにベンガル料理を振る舞う、と約束したので、お料理。
ウチのシャワートイレが水漏れするようになったので、大工のFちゃんにも来てもらって、一緒にお食事。

IMG_1351.jpg

マグロのカマと大根とズッキーニのカレー
鳥レバーとジャガイモのコルマ
チンゲンサイのバジ
ダール
キュウリのサラダ
玄米ご飯。
でした。

コーヒー屋さんは初めてのベンガル料理体験だったのですが、上手に右手で召し上がってくれて、「こんなのは初めてじゃ」と言ってもらいました。
お味の方は・・・夫曰く「辛くないし、塩も足りない料理が多かった」のだそうです。

わたしは、青泥と、人参発芽玄米パイナップル入、という夕食でした。
今回不思議と人の料理を作っても食べたいと思わないのは、やっぱり歯がまだ痛いから?
きっとそうです。

生菜食は順調ですが甲田療法やってたら、わざわざオリーブオイルを飲まなくても良い、ってことも良くわかりました。
(甲田療法中は小指の先くらいも出るが、麦粒大は普通に出てくる。これが胆石なのか、腸にひっかかってた玄米粒なのかは不明)
甲田先生は偉大です、ほんと。

ささ、洗浄便座も新しくなって、ますます生菜食です!!
今度はリモコン付き~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生菜食も9日目だ!

淡々と生菜食を食べていて、今日指折り数えてみたらもう9日目でした。
途中、料理教室が2回もあるし、夫の宴会もあるし、呼ばんでもいいのに人を呼んで食事を振る舞ったり、レバーフラッシュなるものをやってみたり、と盛りだくさんな日々だった。

ついでに言うと、車の改造やら、シャワートイレが壊れて付け替えたりとか、日頃絶対に起こらないような出来事が続いた日々でもありました。
ああ、なんか慌ただしかったわ~。

生菜食ですが、量が多いので、お腹が空くということがありません。根菜さんチームはかなり端折ってますが、豆腐を食べているので、豆腐食べたら根菜さんチームは食べられないし(量が多過ぎ!)生の発芽玄米はしっかり70g計って作ってるので、こちらも大量!その発芽玄米を季節の果物と人参と一緒にブレンダーにかけてペーストにしたものに塩を混ぜて食べているけれど、これがなかなか美味しい。

生菜食を始めた時に抗生物質も飲んでいたのだけれど、生菜食のおかげで薬で弱ることもなく助かっている。
食後になるべく水を飲まないように気をつけているので、今回は口角が切れることもない。
塩は時々ちゃんと5g食べてない時もあるけれど・・・

体重は、好き放題食べてる時に比べて2キロから3キロくらい減った感じだけれど、やつれた感じはなし。なにしろ生菜食Aはとても量が多いんだもん。

スイマグは朝晩15ccくらい飲んでいるのですが、日に4回くらいはお通じがあります。まだ腸麻痺は完全に治ってないみたいです。わたしはどうやらS字結腸あたりの麻痺が強いような気がします。これも時間を掛けて生菜食を続けるといずれ解れてくるのでしょう。

運動療法の効果ですが・・・
なんと!夫が毛管運動と背腹運動を始めました。気になる症状があるみたいです。

nullさんがブログでご紹介下さった「マイナス栄養」のすすめという甲田先生の御著書、この本は甲田先生の朝の講話をまとめたものらしく、図書館で借りてみたらとても素晴らしい内容なのに、もう絶版・・・

古本屋さんで探して取り寄せました。

IMG_1353.jpg

1991年の第4刷だ。新古本みたいなきれいな本でラッキーです。じっくり読むのが楽しみです。

何度も書いてますが、豆腐付きの生菜食は本当に美味しくて、ぜんぜん粗食とか、食養生、って感じがしません。青泥は時々「うう、これ、なくならないよ~」と思いながら食べることもありますが、人参玄米スープも塩で食べる豆腐も本当に美味しくて、お腹いっぱいで、満足満足な食事です。

週末からちょっと実家に戻ります。食べ物がどうなるのか、食べられるのか心配だけれど、実家にもどっているうちはなるべく普通に食べていようと思います。生菜食はまた家に戻ってから再開すればいいのですもの。

前回生菜食を食べた時は本当に一週間くらい経ったら「もういいや、アレも食べたい、これも食べたい」状態になっていたけれど、今回あまりそう思わないのは、豆腐があったからかしら?それともわたしが段々生菜食に慣れてきたからなのかしら?

不思議な変化です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生菜食10日&平床その後

バタバタと慣れない仕事で右往左往していたら、生菜食も10日が過ぎておりました。

明日から実家に戻るので、普通食になってしまうことと、食べ物を噛んで食べられるか試すために今日の夜は青泥&普通食を食べてみました。

ああ、ご飯ってブラケット(歯列矯正用のワイヤーを止める歯に接着してある器具)に引っかかるんだった・・・
久しぶりの加熱食ですが、これといった感慨もなく、普通に食べてしまいました。つまり、今回は食べたい気持ちをあまり我慢することなく淡々と生菜食を食べていた、というわけです。

1年前の今頃は、生菜食も一回食べてみては普通のローフードに戻し、また青泥だけ作ってみては、普通に食べて、ということを繰り返していたことを思い出してみると、なんと進歩したものか、とちょっと自分でも驚いてしまいます。

身体の方は、8日目あたりから、ちょっとやつれた感じがしなくもないけれど、体調のほうは至って元気で、空腹を我慢することもありません。ってことは、宿便は出ていないってことなのかもしれません。

わたしの場合、自分の都合に合わせて一週間だ、10日だ、と短期の生菜食を繰り返してますが、病気直しとなると、この生菜食を最低3ヶ月、半年、3年と続けるのですから、並大抵の気力ではありません。

でも、生菜食も何度か脱線期間を入れつつユルユルと続けていると、生菜食を食べることが普通の生活になってくるのかも、という気がしました。特に夫の食事を整えたり、来客用に準備したり、ということも自分は食べないだけで、別なものだと思えるようになったのは今回の大きな収穫でした。

わたしも別に準備することに慣れたし、夫も別のものを食べることに慣れた,って事だと思います。

さて、平床ですが・・・

ごく当たり前にとても良いものだ、と思います。なかなか朝まで仰向けに眠れませんが、今まで通り右を向いたり、左を向いたり、うつぶせになったりしながら眠ることを楽しんでます。
もしかしたら、夕食の量が多すぎるのかもしれませんが、少食をしていると痩せ過ぎを防ぐために夜は多めに食べることを奨励されているので、まあいいや。

畳の上に寝ていた時に比べて、平床があると、敷きパッドやシーツが動かなくてそれも大変に具合が宜しい感じがします。

ズボラで三日坊主なわたしも朝の西式体操は続いています。背腹運動は本当に気持ちが良く、20分くらいはすぐに過ぎてしまいます。不思議なことに座っている足が痺れる、とかいうことはないのです。
甲田先生の本によると、正座して足が痺れるのはむくみがあるからだ、と書いてありますが、脚のむくみが取れたのかもしれません。

まだまだカエル体操をしっかりして、股関節の歪みや足首の歪みを改善しないといけないのだなあ、と思ってます。

最近毛管運動と背腹運動を始めた夫ですが、毛管運動はだいぶ上手にできるようになりましたが、まだ2分続けてやるのが精一杯みたいです。
背腹運動のほうは・・・なかなか苦労している気配です。それでも運動を始めただけでも大進歩!!

いつもわたしの相談事に厳しくも的確なアドバイスをしてくれて、わたしの混沌とした頭の中を整理する手伝いをしてくれる彼には本当に感謝です。早く背腹運動や金魚運動も上手に出来るように。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

老人とグリーンスムージー

久しぶりに実家に戻っています。
前に戻ったのはブーテンコさんの講演以来なので、2ヶ月ぶりです。こんなに頻繁に訪れて、親孝行だなあ、と自分を褒めてみます。

今回実家にわたしがバイタミックス購入以前に使っていたブレンダーを持ってゆきました。
ダイエットフリーク(つまり、ダイエットに成功した試しがない)の母にグリーンスムージーを飲ませるためです。

大阪へ向かう途中、休憩で止まったサービスエリアで野菜が売られていたので、モロヘイヤ、キュウリ、トマト、間引きの人参などイソイソと購入し、実家に戻ります。

到着したのはもう夕方。ちょうどお腹も空いているので、早速スムージーの準備を始めます。
「なんや、それ?えらいデッカいなぁ~」と父。
「これはねえ、上等のミキサーや。これでお母さんはまたダイエットするねん」とわたし。

家にあった鹿児島産らしいグレープフルーツみたいな柑橘の汁を絞って、冷蔵庫にあったキャベツ、買って来たモロヘイヤ、人参などを入れ、塩を加えて実家で初スムージ~。

「おかあさん、食前のお腹の空いてる時に食べるのよ。ゴクゴク飲まないでちゃんと噛んで食べるようにね」
夫にもグラスで一杯。わたしも小さい鉢に一杯。

母は「ふーん?これを食べたら痩せるの?おかわりもらっていい?お腹いっぱいになったわ!」と、人参葉でゴソゴソのかなり難易度の高い初スムージーを元気に平らげる。
さすが、ほぼ半世紀という歴史と伝統のあるダイエッターであります。マズい方がやる気が出るのでしょうか?

様子を見ていた父が「おまえらいつもそんなもん喰ってるんか?」
わたし:「いや、もっとえげつないもん食べてます」

翌朝。
もうすっかり朝ご飯を食べなくなった夫に母が「朝は何を食べるの?パン?ご飯?素麺?うどん?」

ええ~そんなにたくさんの中から選べるんですか??

「お母さん、朝は野菜ジュースを食べるからいいのよ、お母さんも食べる?」
「うん、あったら食べる」

というので、朝はトマト、キュウリ、キャベツ、モロヘイヤのガスパチョ風スムージー。

IMG_1354.jpg


「あら、おいしいじゃない」

そこに父が降りて来て、「おまえら、そんなもん食うてたらご飯食べられへんやないか」
(君たち、そのようなものをたべていたら、ご飯がたべられなくなるじゃないか)

「ご飯たべんでもええようにコレ飲んでんねん。あんたらご飯食べ過ぎやねん。お父さんも少しどう?」
(ご飯をたべなくてもいいようにこれを飲んでいます。あなた方は日頃ご飯をたくさん召し上がり過ぎなんです。お父さんも少しいかがですか?)

「ワシか?わしはいらん」(わたしですか?わたしは要りません。)

そして夕方・・・
お好み焼きを食べに行くと父が言い出す。
お好み焼きの前にスムージーだ、と準備を始めると、母が明日の野菜がない、と先の心配を始めるので、二人で買い物に行くことにする。

近所のスーパーまで出掛けて野菜や卵を購入。お得になったメロンも買って、メロン入スムージー。

「野菜は何を入れるの?何でも良いの?どれくらい飲んだら良いの?」と母はやる気になってるのか、色々質問を始める。

そして、ついに・・・
「わしもちょっと飲んでみよかなあ」と父。
仕方がない、ちょっと分けて上げよう。
メロン入で甘いバージョンだけれど、人参葉が入ってるからエグミとゴソゴソ感があるが食べるだろうか?
「ふーん、甘いから食べられるなあ、これほうれん草茹でて入れたらええんちゃうんか?これ食べとったら青菜食べんでもええなあ、どれくらいの量食べたらええねん?スプーン一杯じゃあかんのか?」

あれれ?ちなみに父はまだ現役の内科医である。医者というものは酵素の働きとか薬から取れるもの以外興味がないらしい。スプーン一杯というのもお薬っぽい発想だ。食べ物を薬として生活する、などという考え方は相容れないのが良くわかる正直な発言です。

母はスムージーが気に入ったみたいで、わたしが帰ってからも続きそうな気配です。イギリスメーカーのデザイン家電ピカピカブレンダーは結構ツボにはまってくれたのかもしれません。

ともあれ、実家に戻ってもグリーンスムージーが飲めるので、一番喜んでいるのは多分わたしです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

赤ちゃんがやってくる。

このたび、わが一族最大のメインイベントが控えてます。
弟夫婦の赤ちゃんの誕生を待ちわびて、母は待ちくたびれ、弟もソワソワ・・・

何故か両親は昼時に当たるように、うちから素麺や野菜を持って出掛けてゆく。父の運転はちょっとおっかないけれど、大きな車でユルユルと京都に進む。

本当だったらもう産まれている頃なのだけれど、お腹の子供は弟に似ているらしくノンビリしている様子です。

大きなお腹で元気そうな義妹。本当に久しぶりだ。

義妹が設計したキッチンで母、わたし、弟、義妹入り乱れ勝手に料理をするのだから、義妹にとっては迷惑なことだったと思う。「ちょっとヘタ切って」「葱刻みましょ」「お醤油どこですか?」「鉢ください」
絶対迷惑だったに違いない。

IMG_1355.jpg

大騒ぎをして作った料理は、素麺(母作)水茄子のぬか漬け(弟作)茄子と万願寺の炊いたん(わたし作)プチトマト(わたし購入)葱(わたし切る)
陶器の器は義妹の作らしい。

新しい座敷には、赤ちゃん用品が色々と揃えられていて、もうお出ましになるのを待つばかり。

母は「わたしが見たるから、○○さん、しっかり働きや~と言いたいところやけど、20年遅いわ」と盛んに言うが、母はわたしが17年前に結婚した時には「孫の面倒なんか見ないわよ、わたしは忙しいんだから」と言ってた人だった。

70台になって、やっと初孫なのだから、母も父も嬉しさはひとしおだろう。母にはわたしが母から受け継いだミトコンドリアを渡す相手がいなくて本当に申し訳ないと思うけれど、弟よ、きみは偉い。両親は孫を抱くことは諦めていたと思う。
わたしだって、義妹には感謝の気持ちで一杯だ。弟と一緒になってくれてありがとう。赤ちゃんを連れて来てくれてありがとう。

みんなから待ち望まれて産まれてくるあたらしい命。はやく出ておいで。みんな早くあなたに会いたくて待ちきれないのよ!!

赤ん坊が産まれて来る頃にはわたしはまた広島に戻っているだろうけれど、どうかどうか、安産で、と願わずにいられない。

そして、後期高齢者の母よ。どうかあまり張り切らないでおくれ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

編み機の音に起こされる。

今朝、ジャー・ジャー・ジャーとどこからか編み機でも動かしているような騒音が・・・

朝からどうして編み機?何故に編み機??と思っていたら、ジャジャジャジャーと音が連続してきたので、「あれ、これは母がミキサーを回している音だ」と気がついて慌てて起きてゆきました。

なんと、母が父と一緒に食べるためにグリーンスムージーを作っているではありませんか!!
「レタス一個いれちゃったけど多いかなあ?」
「レタスだったら食べにくくないから大丈夫よ」

私たちの分もちゃんと取り分けてくれましたが、昨夜心斎橋で中華料理をたくさん食べたので、グリーンスムージーといえどもとても食べる気にはなれないわたし。
しかし、グリーンスムージーでさえしっかり食べる老人さんチーム・・・
その後には、わたしがお土産に持って来た自家製のライムギパンまでトーストして食べてます。

「わたしら、ちゃんと時間が来たら食べることになってるのよ」だって・・・
すごいパワーです。食べ過ぎの後は食べない、という選択肢は存在しません。こんな強敵ですが、グリーンスムージーは効果を発揮することができるでしょうか・・・

でも、父も食べるみたいなので、寒くなるまでは続くかもしれません。

ともあれ、母が自力で作った初スムージーは、甘夏が種ごと入っていて、かなりゴソゴソとワイルドなお味でした。種は取ろうよ。

夫を仕事先の万博公園まで送る前(今回の帰省も夫の仕事絡み)に「食べたくない」と言ってるお腹に母のスムージーを詰め込んで、夫を車で送ります。
今回は、夫を仕事先まで送るために千里の中をあちこちウロウロ走りましたが、木が大きく育って、知らない建物がいっぱい増えて、地元を離れていた時間の長さを感じます。

夫の仕事が終わったら、迎えに行ってそのまま広島に戻りました。
夫よ、(仕事もプライベートも)大変な3日間、お疲れさまでした。

家まで戻る途中、いつもの産直市で野菜と豆腐を仕入れて、久しぶりに生菜食を丼一杯。

IMG_1357.jpg


玄米を発芽させてないので、トウモロコシで代用。トウモロコシとアスパラガスのスープ、青泥、豆腐、黒豆枝豆のグリル、キュウリの中華ピクルス、夫には素麺チャンプルーでした。

青泥はあんまり美味しいと思わないけれど、なんかホッとします。
脱線生菜食のトウモロコシとアスパラは美味なる食べ物でございました。

今日は歯医者さんで2週間前に移植した歯の抜糸をしてもらいました。うまく付いているそうで、良かった。
生菜食でまったりしていてもいいけれど、歯が痛くないときはガシガシ噛んだ方がいいので、来週の調整日まではこのまま普通食も取り入れて噛むようにしようと思います。どうせ歯が動き出して痛くなったら自動的に生菜食に戻るんですもん。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

塩栽培

大雨の日々が去ったと思ったら・・・
すごい暑さですが、室温33度でも扇風機一個でがんばっているのは、わたしの鈍重肝臓もいくらか改善して暑さにも強くなったからでしょうか・・・
甲田療法恐るべし!です。
ついでに宿便だって出ているんですよ~。うれしいな~。
詳しい話はキタナいのでまた別の機会にでも・・・

ああ、でもどこか避難出来るところがれば、避難したいが、車に乗ると考えるともう溶けそうです・・・

昨夜、夫が時々趣味で買う「現代農業」を読んでたら、面白くて夜中まで読みふけってしまいました。

IMG_1358.jpg
(写真のオジさんは、無肥料、無農薬でブドウを作ってるらしい。こんなブドウならブドウ断食が出来るのに。たべたいな~。)

農家ではなくても、何を読んでも楽しいこの「現代農業」という雑誌ですが、この号に米の塩栽培なるものが載っていました。

ええ~?塩なんか塩焼け起こして作物が死んじゃうんじゃないの?って思うけれど、塩が持っているミネラルはとてもいい養分になるらしい。
(もちろん、塩と言っても塩化ナトリウムではなくて、海水を干したものや岩塩などミネラル分を含むものです。)
また、堆肥と海水を混ぜるといい、なんて話も書いてあります。土着菌が海水や塩のミネラルを栄養として元気に増殖するらしい。

ってことは、ウチのコンポストに塩気の強いものは入れないようにしていたけれど、食べなかった漬け物とか入れてもいいのかも・・・

塩といえば、この暑さです。じーっと何もせずに座っていても汗が流れるのだから、意識して塩をたべないといけません。

特に野菜ばかり食べている人は野菜や果物にはカリウムが豊富なので、カリウム過剰で体調がオカシクなることも考えられます。

塩栽培かあ~。友達の畑が岡山県の児島湾の干拓地にあるのだけれど、そこでとれる野菜はちょっと塩味がするんですよ。植物にも塩って必要なんですねえ。まあ、もとを正せばみんな海の中に住んでいたんだから、本当に海水の成分というのは必要なものなのかもしれません。

塩とカリウムのこと、ブログでまとめよう、と思ってるんですが、「現代農業」が面白いヒントを与えてくれました。

どうかみなさまも熱中症など起こしませんように。

さあ、梅干し柿茶でも飲んでわたしもミネラルを補給します。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

鈍重肝臓、鈍重腎臓

甲田光雄先生の作った(発見した?)病気に鈍重肝臓・鈍重腎臓、というものがあります。

例えば、鈍重肝臓の場合ですが、普通の状態では、血液検査で肝臓の異常なんか認められないし、お酒も問題になるほど飲まないけれど、身体がダルい、寒さ、暑さに弱い、など不定愁訴が色々とあります。検査をしても見つからない・・・そこで心身症とかいわれて精神安定剤とかを処方されてしまうのだそうです。

そんな人が断食をすると、すごくダルくなって来て、血液検査で肝臓の数値が上がってくるらしいです。
断食をしていて、体調が悪くなって来たからと、普通の病院に行って検査をすると「肝臓が弱ってます。即入院」となってしまうそうですが、お医者などに掛からずそのまま断食を続けていたら、健康になるらしい。

つまり、肝臓の数値が上がったり、ダルくなったりするのは鈍重肝臓の好転反応、ってことになるそうです。

まあ、普通自力で長期の断食はできませんが、朝食抜きで甲田療法の生菜食などの養生メニューを続けていると、厳密な断食ではないけれど、断食と同じような効果があるので、ダルくなったり疲れたり、っていう「好転反応」が出る人もいるようです。

鈍重腎臓のほうは、現代医学の検査で腎臓の異常は見当たらないけれど、甲田先生によると慢性疲労症候群などは鈍重腎臓が原因だ、とおっしゃいます。これは足首が悪いから腎臓が弱るらしい・・・

どちらの病気(?)の治療法も運動療法、裸療法、温冷浴、そして、食養生(それぞれの身体によって微妙に内容が違います)

さて、これらのわけのわからない病気ですが、原因は、食べ過ぎ、甘いものの食べ過ぎ、骨格の歪みなどだそうです。

わたしは日頃大食いということはありませんが、よく食べていたし、便秘症だったので、宿便がたまっていたのでしょう、鈍重肝臓も鈍重腎臓も心当たりがあります。現代医学的には健康だけれど、いつも疲れていたし、クヨクヨしていたし、集中力もなかったし、怒りっぽかったし、暑いのも寒いのも苦手でした(その他多数該当)。

わたしがひどい病気にならなかったのは、甘いものとお酒を好まなかったからだということが良くわかります。

5月からユルユルとやっている甲田療法の生菜食Aですが、ちょっと自分でもビックリするほど効果が上がってます。
まず、スイマグはいつも飲んでいるけれど、スイマグを飲み忘れても目覚めのお通じがある身体になった。
連日の暑さがあまり堪えなくて、夕方までエアコン無しで仕事に励めます。(ウールを触るのだから、もう暑い暑い)
洗濯物干しに出るにも虫除けが欠かせなかったけれど、今はタンクトップで出ても平気。(全く刺されないというわけではないが・・・)
汗をかくと身体中チクチク痒くてなにも出来なかったのに、この夏は平気!
ストレスに強くなって、不愉快な出来事にも冷静に対応できるようになっている。
疲れにくくなって、長距離ドライブの後なども普通に活動できる。

甲田先生の本を読んでいて思うのは、貪る気持ちが病気を作るのだなあ、と感じます。甘いものを食べるとか、動物を食べるとか、たくさん腹一杯食べるとか、いろんな書き方をされてますが、結局「もっと、もっと」と欲しがる心の癖を諌めているのだ。運動療法や、食事法などで生活を制限して、その不自由の中から自分の貪る心と向かい合い、その煩悩を昇華することで今まで苦しんでいた難病から解放され、本当の意味でこの世に産まれて来た意義を知り、成すべきことを成しなさい。という行なのだなあ、と思うのでした。

IMG_1360.jpg

いつぞや、コメント欄でこの本を教えて下さった方がいたので、早速図書館で借りて読んでみました。前半の外国の偉人さんチームの話は何やら悪魔教だのなにやら怪しげな話でしたが、後半の日本の偉人さんチームの話はとても面白かったです。

ベジタリアン賛美の本だと思うのですが、日本チームの話になると、とたんに粗食の話になるんです。貪らない、欲しがらない。それを実行することが開運へ、健康へと結びつくと。

私たちは、食べ物の食べ方ばかりにこだわりがちだけれど、食べ物のもつ霊性にまで目を向けて食を精神的な、霊的な向上へと結びつけて考えるヒントになりました。

霊的に向上する、ってのはわたしには良くわからないけれど、甲田療法の食養生をしていると確かに魂まで磨かれるという感じを受けます。これが病気治しでアレも食べたい、これも食べたいを我慢しながらの養生では大変でしょうが、もっと高次元の自分と出会うための食である、これによって病気が治るのはオマケと考えると、甲田療法はとても粗食とも少食とも言えない贅沢な食生活だけれど、日常生活を送りながらも継続可能な素晴らしい方法なのだなあ、と思うのでした。

食事ばかりにスポットライトが当たりがちな甲田療法ですが、運動も温冷浴もみんなセットでやるところに意味があるんですよねえ。お経を唱えたり、座禅を組んだり、滝行をしたり、という浮世離れしなくてもいいんだよ、ってところがミソなんだと思います。

夢を叶えるなら粗食にして、住むところも着るものも贅沢するのを止めればいい。
なんてシンプルなんでしょう!!



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

マダムたちの料理教室

今日は楽しい料理教室!
今日のクラスはすてきなマダムたちが来て下さいました。
年上のベテランを相手の料理教室は、ダメ主婦自慢のわたしにはかなりのプレッシャーですが、まあそこは何とか・・・アワアワと誤摩化しつつ乗り越えようという魂胆であります。

30歳代の人たちの健康への関心も、先の見通せない将来への不安からか、「自分と家族の健康はわたしが守る!!」という決意、情熱、意気込みが感じられて素晴らしいですが、熟年世代となると、今抱えている健康問題を悪化させないぞ!若返るぞ!とこちらもやる気ムンムン!素晴らしいことでございます。

テレビや雑誌、それにインターネットで健康情報は氾濫していて、調べれば調べるほど、知れば知るほどどうしたらいいのか分からなくなる。まるで情報ジャングルで迷子になってしまいそうですが、それらの情報とどう付合えばいいのか?ちょっとでもヒントになったり、疑問にお答えできれば、と思います。

今回はローフードについてはあまりご存じない方ばかりでしたが、さて、「どうして生なの?その1」のお料理、如何だったでしょうか?緑のドロドロは食べられるのか・・・

IMG_1361.jpg

アン・ウィグモア式のグリーンエナジースープ、野菜色々の全粒粉パスタ、胡桃クリームを使ったパフェ。

エナジースープは「満足感が違う」ああ、良かった! 美味しいでしょ!ってわたしだけかな?
パスタは「罪悪感なく楽しめる」 これはラクチンでわたしも好きです。
パフェは「果物だけ食べるのは今イチだけど、これならちゃんとしたデザートになるわ」 フムフム・・・

さすが、ベテラン奥様たちです。勘所を良くお分かり頂いてわたしも嬉しいです。

いつもはカシューナッツで作るナッツクリームですが、胡桃で作るとなんとなく懐かしい味になって楽しいですね。色々なナッツとドライフルーツで作ってみてください。

甘いものを止めるのはなかなか難しいことですが、白砂糖から離れ、乳製品やトランス脂肪からも離れる方法として、ローのスイーツは大変優れいてます。

わたし自身もベジタリアンではありません。肉も魚も頂きますが、毎度食べなくてもいいと思っています。
毎日、朝・昼・晩、動物性食品を食べなくても栄養失調などにはなりません。今日はお野菜ばかりでも「食べ足りない」ということもなかったのではないか、と思います。

年齢が上がれば、習慣を変えることも、積み重なったからだの不調を改善することも時間が掛かりますが、お肌に透明感が出て来たり、お通じが良くなって身体が軽くなるぐらいは、それほど時間が掛かることではありません。是非、今日の話から、日常に取り入れられることから少しずつ始めて下さればと思います。

今日のお料理の中からどれか一つでもレパートリーに加えて頂けたら、これほどの喜びはありません。

来月は8月23日の月曜日の予定です。
またお会い出来ること、楽しみにしております。

今日は本当に暑い中遠いところからありがとうございました。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

最近の腸。

このところ、どういう訳か腸の様子がすごい・・・

腸の話なので、ずばり排泄の話ですから、この手の話が苦手な人はスルーしてください。

今朝は、5時前から自分のお腹の音で起こされる。体制を替えると、あっちでゴロゴロ~、こっちれグルグル~。
あんまり喧しいく、夫を起こしてはいけない、とトイレに行くと「すぽん!」とたっぷりお出ましです。

大阪から戻った次の日でした。今のわたしは実家に行ったからといって便秘になるようなワヤなわたしではありません。実家のトイレも改修して居心地が良くなったし、毎日気持ちよくお出ましししておりました。

しかし・・・広島に帰って、生菜食などをまた楽しく食べた翌日です。

ドブ臭いものがお出ましになりました・・・毎日快調なのに何故?

このニオイは、洗腸器を注文してから、3日便秘をし、ようやく出た日に洗腸器が届いて、早速洗腸をやった時のニオイと同じです。本当にドブのニオイ。花瓶の腐った水と同じニオイのものがお腹から出てくるのだからたいそう驚いたものでした。

それが、毎日出てるのに、何故???

それもその日に3回くらい出ました。

それからです。

なんか、出るものがドボドボと勢いがいい。

このところ生菜食ではなくて普通に食べているのですが、料理教室でリジュベラックやベジクラウト入の青泥を食べたせいか、理由は定かではありませんが、3回も4回も景気良く出ます。

体重を計ったら、ずいぶん少ない・・・

生菜食を休んで普通に食べていると1キロから2キロくらい体重が戻るのですが、普通に食べてるのに生菜食中の体重です。これは溜まっていたものが出て行ったとしか考えられません。

今までのわたしなら、たくさん出た次の日は、控えめにお出ましになるのだけれど、本当に「いったいどこから出てくるのか?」とおもうほどドボボとたくさんお出ましになります。

腸麻痺が本当に改善されつつあるのか、ともうと感慨もひとしおですが、この腸麻痺という病気、なかなかにしつこい、しぶとい病気だったなあ、とも思うのでありました。

ウエストがくびれたり、お肌がピカピカになったり、きれいにスリムになったり、っていうのは、腸麻痺のままでも与えられるご褒美でした。お肌がピカピカになって、宿便が出たのだな、と思っていたけれど、腸麻痺は治らないままだったんです。

生菜食を食べていることも、運動療法をやっていることも良かったと思います。腸麻痺、まだ完治したとは思いませんが、このところのお腹の様子、ローフードを取り入れ始めて2年半、甲田療法を取り入れ始めて1年4ヶ月でやっと甲田先生のおっしゃってることが実感として分かるようになって来た気がします。

わたしもおへその下が固いんですよ~。S字結腸に変形とか癒着があるんじゃないかしら?まだまだこれから身体は変わって行くのだなあ、それにしても甲田療法の食事を続けると身体が本当に変わるんだなあ、と大変に驚いております。

腸麻痺、恐るべしです。
病気治療、腸麻痺改善のために戦っている同士のみなさん!長期戦です。共に励ましながら頑張りましょう!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生柿茶

ウチの庭に柿の木が2本生えてます。一本は実がなるけれど、もう一本は1つしか実がついてない。
「こんな柿の木は切ってしまえ!」とおもっていたのだが・・・毎日柿の葉茶を飲んでいるのです。ティーバック一袋が66円くらい。それを毎日2袋消費しているので、130円。

庭の柿の木はコンポストから勝手に生えて来たのでタダです。

「そうぢゃ、柿の葉茶は夏の暑い時期に収穫するのぢゃった」と思い出したわたしです。
しかし、夏の間に収穫して、刻んで、蒸して、乾燥させて保管しなければいけないのは、ちょっと・・・
買った方が手軽ってもんです。(摘んだものをすぐに蒸さないと酵素の働きでビタミンCが分解してしまうらしい)

しかし、夏の間だけでも摘みたての葉を使えば蒸したり干したりする必要なないし、何よりフレッシュな柿茶が飲めるってもんだ!と思い直しました。

柿の葉をなんとなく12枚摘んで、洗います。(12枚の根拠は特にナシ)

IMG_1362.jpg

真ん中の軸を外して、刻んでお湯を注ぐだけ。

IMG_1363.jpg

やった~!130円稼ぎました。

お味は。グリーンのフレッシュな味に加えて、はっきりした酸味があるのが市販品との違いです。色は薄いけれど、2煎目も酸味があります。市販品より飲みにくいかもしれないけれど、何しろタダってのが嬉しいです!!
ほんと、柿の葉ってのはビタミンCがたくさんあるんですね!!

これから毎朝の仕事に庭に出て柿の葉を摘んでくる、という用事が加わりました。

明日は歯医者さんなので、浮き世の食べ物ともしばらくお別れか?と今日は中広の紺ちゃんまで出掛けてきて、トマトバジルラーメンなるものを食べてきました。
わたしは肉無しで注文したら、ズッキーニを一切れオマケにつけて下さいました。

IMG_1364.jpg

トマトジュレの酸味が効いていて、上等のコンソメ味でした。
ああ、美味しかった。
紺ちゃんのラーメンは本当に化学調味料を使わないラーメン。今日は平日の昼でしたが、駐車場もお店も一杯。紺ちゃんにお客さんが沢山はいっているとわたしも嬉しいです。

紺ちゃんの丁寧な仕事ぶりには本当に頭が下がります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

食べ物と罪悪感

食べ物を食べる時、「あ、これは食べちゃいけない」とか、「これを食べると××になる」などと思いながら食べることがあります。

ロースイーツの売りは「罪悪感なく楽しめる」ってこともあります。

つまり食べ物と罪悪感ってのはセットになってる人って少なくないのかもしれません。

甲田療法に限らず、色んな食事法をしていると、アレダメ、これダメ、理由は○○、とダメダメがたくさんです。ローフードだって、酢はダメとか、塩はどう、とか、加熱炭水化物はどうとか・・・

だけど、食べられる食べ物にしてみれば大きな迷惑。罪悪感を感じるならば食べねば良いのに!って思ってることでしょう。

わたしも今は自分の都合に合わせて甲田療法の生菜食をやっているので、脱線にはちょと胸が痛みます。
「せっかく宿便が出てるのに・・」とか「このまま続けたらもっとすごいのに」とか・・・

だけど、身体の都合(歯の都合?)に合わせて調子の良い時には夫と外食をしたり、食べたいものを食べたりするけれど、なるべく罪悪感を感じず、食べ物にも作ってくれた方にも、一緒に食事をしてくれる人にも感謝を持ってありがたく頂くように心掛けてます。

だって、食べ物って、良いものも悪いものも全部「いのち」なんですもの。

昔は添加物がイカン!とか、化学調味料はイヤ!など難しいことを言って、両親に嫌われましたが、なんと愚かだったことだと深く反省しています。
母にしてみたら、一生懸命に用意していた食事を、頭のイカレた娘がまるで「わたしがこうなっったのはあんたが変なものを食べさせたせいだ」とでも言ってるように思ったのでしょう。
まったく愚かとしか言いようがありません。

添加物の入ったものを食べなければいけない場合でも、罪悪感を感じず、食べ物に、食べ物を作ってくれた人に感謝して、頂くようにしよう、と思うのでした。

でも、化学調味料はやっぱりイヤだなあ。

今日は歯医者さんで四角いワイヤーを入れてもらいました。明日からまた歯が痛くなる予定なので、生菜食に戻る予定です。

ってなわけで、今日は夫と久しぶりにお好み焼きを食べてきました。脱線もまた楽し!です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫と青汁

夫の健康診断の結果が戻ってきました。

腹回りが減っている。尿酸値も減っていて、夫は大喜び。

まあ、ちょっと尿酸値が高めとはいっても問題になるほどでもなく、毎晩欠かさずお酒を飲んでいるけれど、肝臓も正常値。尿酸値が下がって、今年の夏のビールの味はまた格別かもしれません。

しか~し。

彼は赤血球が少ないので「要観察」という結果がここ数年続いている。

これはいかん、と青汁強化をした年の赤血球は、若干数値が戻ったので、青汁効果があるのはわかっていたのでした。詳しくはこちら→貧血考

ところが、この春日本に戻って来てからは、またパンとチーズとジャムと果物のお弁当に戻り、もしかしたら、また赤血球が減ってるんじゃなかろうか・・・と思っていたら・・・

やっぱり減ってました。

まあ、身体は正直です。青泥も飲んでくれるけれど、夜にコップ一杯だけ。以前は朝絞った青汁ジュースを飲んでいたし、青汁強化していた時には、お弁当にもサーモスのマグに青汁を入れて昼にも飲んでもらっていたのです。

今わたしの生菜食率が上がってしまって、朝は本当に水と柿茶になってしまったので、朝の青汁はナシ、自動的にお弁当の青汁もなくて、夫は密かに喜んでいたはずです。だって、青汁をお弁当に持たされるなんて、イヤですよねえ~。

しかし、やはり赤血球が減ってくるのはマズいでしょ。青菜を増やせばいいけれど、青泥はあんまり食べたくないし、やっぱりお弁当に青汁を持っていってもらうしかない・・・とわたしもこころを入れ替え、朝青汁を絞ることにいたしました。

というわけで、久々の青汁弁当です。

IMG_1365.jpg

グラスに入っているものは朝食用です。

青汁がいやなら、粉末を飲めばいいのに、粉はイヤなのだそうな。粉もイヤだろうが、医者に掛かるのはもっとイヤだろう。
仕方がないから、毎朝青汁絞りましょう。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

マクワウリDeデトックス

最近何かと出の良いワタクシの身体であります。
矯正装置のワイヤーを変えたことにもめげず、元気にフィレミニヨンまで食べてしまう豪傑ぶりでございます。
前は牛肉などたくさん食べるととたんに出が悪く、ニオイもクサ~くなったものだけれど、どうしたことか、ドンドン出る。どこから出る?!というくらいドンドン出て行きます。もう羊の一頭くらい食べられそうな勢いでございます。

(すみません。今日も出る方のお話ですので、苦手な方は他の上品なブログへどうぞ。)

そんな飽食のわたしくではありますが、朝は食べません。食べないけれど、夫のために青汁を絞る。果物も切る。

今朝はマクワウリを切りました。ウリなど切ったら種や皮はジュースになります。

ところが、マクワウリの皮は何だか知らないけれど苦いんですよ~。ヘタの部分とか、強烈に苦みがあります。まるでエプソムソルトを飲んでるみたいな苦さです苦瓜だってここまで苦くはないだろう、というくらいの苦さ・・・

そんなマクワウリと、パセリやセロリを絞った今朝の青汁でした・・・

飲んでから1時間くらいして、だんだんムカムカ。夫もムカムカ。朝から買い物に行く予定だったのに、もう起きてられなくて、わたしは横になってしまいました。夫は横にはならないけれど、今日は仕事に行かず自宅でムカムカしながら仕事。

お腹はずーっとグルグル言ってます。ここで戻してしまうか、ピーにでもなれば回復するのだけれど、戻すってのはなかなか苦しいので、出来ることなら下から出て行ってもらいたい、とおもいつつ、寝床に戻ってごろごろ。お腹もゴロゴロ。

結局昼過ぎになって、ムカムカがなんとか治まり、昼食の支度をしに台所に立ったら・・・

あらら、自然が呼ぶではないですか。

今日は朝から2度も大量にお出まししているのに、まだ出るものがあるのか?と思ったら、出ました。固形物の後は、水鉄砲!!

夫もピーピーしておりました。

いや~、マクワウリ恐るべし。もうマクワウリの皮を絞るのは止めます。だって苦しいんだもん。
夫よ、申し訳ないことをしました。出勤しなくてもいい日で良かったです。

この苦しさは、麦の芽ジュースを飲み過ぎた時と同じで、過剰デトックスしてしまう苦しさであります。
デトックス中って、すごく身体がだるくなりませんか?もうゴロゴロするしかない!って感じでゴロゴロ。

それにしても、一体どこから出てくるんだか?あのアレやコレや・・・
それでもおへその下の固さはそのままなんだから、まだまだ溜まっているのでしょう。

メロンやスイカの皮でこんなことはないのだけれど、農薬なんか使ってなさそうなマクワウリ、どうしてこんなに苦いのかしら?
不思議です。

今「ジュリー&ジュリア」を読んでいるせいなのか?言葉使いやブログの内容が下品になってしまいます。
ごめんあそばせ!


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ジュリー&ジュリア そして、アマンダ

歯医者に行った後はまた生菜食!と目論んでいたのに、読んでいる本が悪かった・・・

ジュリー&ジュリア (イソラ文庫)ジュリー&ジュリア (イソラ文庫)
(2009/11/10)
ジュリー パウエル

商品詳細を見る


映画が公開されてた時、わたしはバンコク。ニューヨーカーの気の効いた台詞なんかタイ語の字幕付きで見たくなかったので、ロードショーには行けなかったけれど、翻訳された原作があれば話は別です。

というわけで、遅ればせながら読みました。

いや~。ジュリーさん、ぶっ飛んだ人ですねえ。

料理と性愛をごちゃ混ぜにするところなど、わたしは彼女と似たところがあるけれど、わたしはそれほど台所で毒づきながら料理を作ったりしません。
まあ、ジュリア・チャイルドの料理も作らないけれど・・・
多分ジュリアのレシピを忠実に作ろうとしたら、ジュリーさんみたいにクソとか、畜生!とか言いながら作ることになるでしょう。マヨネーズは3回に一回くらいしか成功しないし・・・

仕事を終えてからラムの脚とか、牛のスネの骨とかを買って来て、料理して、食べるのは夜中とか、失敗してドミのピザの宅配を頼んだり、お連れ合いの寛大さに感動してしまいました。

何しろ、引っ越しの最中からバターとクリームたっぷりのフランス料理を作って食べる、なんてことをただの思いつきで始めてしまうんだもの。

そういえば、最近の日本のフランス料理屋さんでもバターとクリームをこれでもか!って使ったヘヴィーなフランス料理ってお目に掛かれません。ちょっと残念かもしれないけれど、食べるのは本当に大変ですもん。

この本を読んでいると、バターをちょっと使ってみようか?という気になったり、クリームで煮たホウレン草が食べたくなったり、バターたっぷりのパート・シュクレにクレーム・ダマンドの果物タルトが食べたくなったり・・・・でも、タルトを1台作って、二人で食べるってのはホントに大変。

わたしは家では材料代の掛かるややこしい料理を作らないので、本格フランス料理の本も持ってないし、実際作ったこともほとんどないけれど、唯一持っているフレンチの本は、「タイムズのアマンダ・ヘッサー」が書いた本

アマンダの恋のお料理ノート (集英社文庫)アマンダの恋のお料理ノート (集英社文庫)
(2004/06/18)
アマンダ ヘッサー

商品詳細を見る


アマンダは、ジュリーの物語の最後に食事にやってくる「大物」。
ジュリーがアマンダを迎えるために共和党員で、スノッブないけ好かない上司にワインについてお伺いした、といういわく付きの物語。

ジュリーの本から、アマンダの結婚後のことが多少分かるかと期待したけれど、コチラの話は全然出てこず、ちょっと残念。

ともかく、生菜食どころか、油でコテコテのお料理気分になってしまってちょっと困ってます。

このブログの読者の本棚には砂糖や油をたっぷり使った料理本のコレクションはなさそうですが、上記のアマンダの本は読み物としても、レシピの本としてもとても楽しいのでお薦めです。まだ今なら中古でもお手頃価格!

だけど、ホルモンに異常があるのに、ジュリーさん、バターとクリームと砂糖たっぷりの食べ物を止めたら赤ちゃんがやってくるかも・・・と思いながらジュリーさんの本を読んだのは多分わたしだけではないと思います。

この本を読んでも、どうしてフランス料理&ブログなのか結局良くわからないけれど、ジュリア・チャイルドという人はアメリカ人にとって本当に特別な人みたいだ、ということが良くわかりました。
わたしにとってアメリカの料理番組といえば「グラハム・カー 世界の料理ショー」なんだけど・・・

面倒でヤヤコシイ料理を作って食べるのもエンターテイメントではあります。たまには一品作るのに3日くらい掛かる料理を作っても良いかも、と思ったのでした。
アマンダの本から何品か選んで作ってみようかしら?
アマンダの料理はシンプルすぎて話にならないわね、きっと。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

8月の教室



お知らせ遅くなりました。
8月21日、香港在住ローシェフ、清水志摩さんとグリーンスムージー&ロースイーツ付きのロートークイベントをいたします。


上記のイベント、誠に残念ながら、中止になりました。申し込んで下さった方、お声掛け下さった方、ご迷惑おかけいたしました。
ごめんなさい。

以下はそのままです。

7月24日(土曜日)「どうして生なの1」 空席あり。
8月24日(火)府中町で出張講習西式運動療法
8月28日(土)は通常クラスでついに、甲田療法!

そんな今後の予定です。夏休みは甲田療法で健康アップ!
お問い合わせは、コメント欄に秘密のコメントでお名前とメルアドお知らせ下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック