ホントに野菜がないらしい・・・

野菜在庫がなくなったので、いつもの産直市に野菜を仕入れに行ったのだけど・・・

今ホントにお野菜ないんですね~。

日照り続きといえば、ウチのあたりは昨日文字通りパラパラと降っただけで雨雲は他所にそれてしまって空振り・・・
大工のFさんのところは一昨日も一昨々日も夕立があったっていうけれど、ウチのほうにはなーんにも・・・
どこかで大雨雷警報が出てたのに、ウチの辺りは関係ない。

産直市の産地の三次(みよし)あたりも降ってないのか、どうなのか・・・

お野菜もピーマン、苦瓜、茄子、キュウリそしてカボチャ&かぼちゃ。あとはもうほとんどありません。
そんな中でも青泥用にモロへイヤ、チシャ、サラダ白菜、梨、スイカ、ブドウ・・・あれ?青泥用じゃないか、これは・・・
などを購入。
ああ、夏はホントに成りものを食べる季節なんだなあ、と思うのでした。

そうそう、何にもない、って言ってるけれど、実はビーツなんかも密かに売っていたりするので、まったく油断できません。お茄子だって色々種類があって、やっぱり楽しい産直市です。

あまりの暑さで大工のFさんへばってしまいました。
何もしてないわたしまで、なんだかヘロヘロになってしまいました。

あんまり暑いので、映画館に避難してしまいました。

それにしても異常な日照り、異常な暑さです。洗濯物だけはよく乾きます。

みなさんもどうぞご自愛ください。

生野菜で乗り切ろう~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

バジルを収穫

家の工事をしているので、なんとなく落ち着かなくて、今日はニラの収穫のついでにバジルも収穫しました。

ほったらかしなので花芽がびゅんびゅん伸びて、一部は日照りでヘロヘロになってるので、バジルペーストにでもしようかなあ、と思ったのでした。

今年夫が育苗したバジルは2種類あって、レモンの香りのするものと、普通にバジルの香りのもの。

これはホーラパーというタイのバジルなのですが、このバジルのことをわたしはずーっとトゥルシだと思っていたのですが、ちょっと違うみたいです。

トゥルシってのは葉の裏が紫色なんですって!!
ちくたくさんが鋭意栽培中~。

でもバジルの香りがするらしいので、カプラオとはやっぱり違うみたいです。あ、カプラオっていうのは、「鶏とバジルの炒め物」というよくあるタイ料理に使われる葉っぱのことです。ガパオとか、クラパオと呼ぶ人もいますがタイ語で書くとカプラオになります。

レモンの香りのバジルと、普通のバジル、見た目では区別がつかないので匂ってみないとわからないのですが、匂うために指でさわると指がレモンの香りになってしまって、どれがレモンでどれが普通のものだか、やっぱりわかりません。

花芽が紫色になるものが普通のバジルのような気がしますが、混ぜて使うのがまた楽しい・・・

例えば、ニンニクと唐辛子を臼で搗いておいて、それを油で炒めたところに茄子のスライスとバジルを入れて、タオチャオというタイの味噌とナンプラーで味付けしたものなんか、とーっても美味しいので何度も作ってしまいます。

それに、カプラオがなくても、普通にバジルで代用して作る鶏や豚のバジル炒めも気分が凹んでいる時に元気が出るメニューです。

IMG_1415.jpg

こうやって収穫したのはいいけれど・・・バジルペーストにしようか、葉っぱのまま冷凍保存にしようか・・・

悩ましいのであります。

生食的にはバジルペーストですね。
スイートバジルとは違うタイのバジルのバジルペースト、香りが強くてこれがまた良いののなのです。
問題は、作って冷凍庫に入れてしまうと頭の中からすっかり消えてしまって使うのを忘れること・・・

困ったものです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

バジルペースト

昨日のバジル、一晩なんとなく乾かして、半分はジブロックに詰めてそのまま冷凍庫に。

冷凍しておくと、いつでもフレッシュ風バジルが楽しめるので、タイ料理に使ったり、トマト料理に使ったり、スムージーに入れてもいいですね~。

そして、お馴染みのバジルペースト。

IMG_1423.jpg

ペストにするだけのバジルリーフをプロセッサに入れます。
松の実、タイのニンニク(小粒なのでむくのが大変ですから皮ごと使うのよ~。ニオイも少なく、生でもそれほど辛くないのです)、庭の唐辛子、塩を入れて

ガーしてからオイルを加えます。オリーブオイルでもいいけれど、今回はこめ油とオリーブオイルをミックスしました。こめ油は酸化しないので、ラー油にも大活躍!

IMG_1424.jpg

作り立てはオイルとナッツで乳化してるけど、置いておくと分離します。しっかり塩味を効かせて、保存性も高めるのです。

友達にあげる分、すぐに食べずに冷凍する分を瓶に入れて、あとはパスタに和えたり、ラタトゥイユに和えたり、茹でたジャガイモに付けたり、パンに付けたり、サラダに入れたり、じゃんじゃん食べよう~。

ブレンダーで作っても良いけれど、ボツボツした感じの方が好きなので、プロセッサーで作るのでした。
チーズを入れなければ、カビも生えずに結構日持ちしますが、安全のために冷凍保存がお薦めです。

夏の香りを瓶の中に閉じ込めるのね。

さて、大工さんと毎日出勤してくれるタイガーのショット。

IMG_1426.jpg

遊んでもらいたくてしかたないので、写真用のポーズが出来ないタイガー。こんな愛想のいいジャーマンシェパードは珍しいかも・・・。
写真で見るとシェパードというよりも柴犬みたい。あ、耳が違うね!
タイガーも毎日暑いのに、ご出勤お疲れさまです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

最近の食事と体調。

この一週間、昼、夜と、ガッツリ加熱食が続きました。
昼は、大工さんと夫の3人でランチですから、和食ですが、おかずも3品4品作ったりして結構豪華。なんたって、大工さんは一人コツコツ仕事をするのだから、ゴハンくらい楽しく食べてほしいもん。

しかもご飯は、玄米ではなく、白米と発芽玄米を半分づつ混ぜたもの。だって、白米たくさん頂いたし、某健康食品や化粧品を作っているメーカーの発芽玄米もたくさん頂いたのだもの。それに、大工さんは胃を切ってるので、玄米が負担になってはいけないし・・・

そして、大工さんには休憩してもらわないといけないので、3時のオヤツも準備します。こちらは、フルーツで作ったムースやカットフルーツをお出しするのですが、カットフルーツは食べるのが面倒みたいなので、ムースや凍らせた果物とナッツを混ぜてガーなんちゃってアイスなどを食べて頂いてます。

これ、わたしも一緒に食べちゃうんですよね~。だって、一緒に座っておしゃべりしてるのに、自分だけ食べないってわけにいかないじゃない。

そんなわけですから、夜は夫と二人で青泥付きですが、青泥も量は少なめ、食事はやっぱり加熱食で夫と一緒に食べてます。

こんなことをしていたら体重がモリモリ回復してしまうぞ!ほれ、吹き出物が出てるし・・・と思ってるのに、体重は全然増えてこない。

お通じの方は、たくさん出る日があるかと思えば、「ああ、やっぱりこんな食事をしていたら、出が悪くなるよね~」な日もある。

今日のデトックスジュースはすごかったです。ビーツ、スイカの皮、セロリ。味もすごくて、大工のFさんは飲めなかったし、ワンコのタイガーもちょっと味見して、プイって横向いちゃった代物。
味もすごいが、効果もすごかった・・・まるで「断食中ですか~?」みたいなものが色々とお出まししました。

デトックスジュースはさておき、食べているのに体重はあまり変わらないどころか減っている、ってのはどう解釈したらいいのかしら?排泄が続いていると解釈するのか、吸収が悪くなってると解釈するのか?それとも、朝食抜きの半日断食というのは普通食を食べていてもこのようなものなのか・・・

どうなのかしら?
ちなみに、普段とちがってお客さんを意識したランチですから、普段以上に肉魚率が高めです。例えば、万願寺唐辛子の味噌煮を作るのにジャコを加えたり、とか。
もちろん、野菜はたくさんですが・・・

さて、肝心の家の工事のほうですが、外壁が7割がた片付いて、窓も付きました。本当に40℃近い暑さのなか仕事してもらって申し訳なくて、わたしも今日は窓を運んだり(ヨロヨロしてしまうよ)板を支えたり、ワンコの毛を梳いたりしてお手伝いしました。

タイガーの毛を梳いて、梳いた毛でボールを作ったら、こんなの出来ました。

IMG_1427.jpg

大きさはゴルフボールくらい。
ボール大好きのタイガーくんは、「オレのニオイがする球だ!!」と興味津々。でもタイガーに渡したら無茶苦茶にしてしまいそうだから、大工さんに渡しておきました。

大工さんは「帽子作ってよ」なんて言うけれど、犬の帽子なんて、温かいだろうな~。
毛を貯めておいて下さい。70gくらいあれば帽子が出来ますけど、太いチクチクの毛は痒いぞ!
あ、そういえば、彼は帽子大好きな人だった。

ほんと、タイガーって真っ黒なのね。変なシェパード。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

質問のお答え。ドライフルーツ、ナッツとの組み合わせ

ご質問頂きました。
何度も書いておりますが、初めてコメント下さる方にいきなり質問されても、どんな食生活をしてるのか、どんな身体なのか、ローフードを食べてどうしたいのか、何もわからないのできちんとお答えできません。
とはいえ、始めたものの良くわからないところが多いのもローフードです。

また、ご質問下さる方、できるだけ公開コメントでご質問下さい。こっそり訪ねられてもブログですからコッソリお答えできません。ご質問は歓迎するわけではありませんが、多くの方の参考にもなるものですから、特別プライバシーを晒す内容でなければ(99%の秘密のコメントへのご質問は、別に秘密にする必要などなさそうなものばかりです)公開コメントでお願いします。

ご質問なさる前にご自分で調べて、わたしのブログに質問をするならばせめてQ&Aのカテゴリーを読んでからにしてください。

今日は機嫌が良いので、ちょっとお答えしてみようと思います。

果物は食前に、というのは理解できるんですけど
ドライフルーツはどうなのでしょう?
消化が遅そうだから、ほかの果物とは一緒に考えるべきじゃない気がするんです。

だから、普通に食後のデザートとして食べても問題ないのかなって・・・

あとは、ナッツとの組み合わせをよく見かけますが
余計に消化が悪くなるのではありませんか?




はい。
ローフードとナチュラル・ハイジーンがゴチャゴチャになっている様子です。

ナチュラル・ハイジーンは新しい生理学、栄養学を元にした食事法の体系だと理解しています。
それに対して、ローフードは「生で食べれば病気にならない」という趣旨の食事法です。

だからナチュハイでは、朝は果物と言うけれど、ローフードはナッツミルクでフルーツ入りのシリアルを食べたりします。果物も穀物もナッツもゴチャゴチャです。しかも、朝・・・

消化?悪いと思いますが、ベーコンとトーストと卵とコーヒーの朝食に比べると消化は良いんです。つまり、何と比較して良いか悪いかを論じないとまったく意味がありません。質問にお答えできないのはその基準を何も書かずに質問だけ投げかけられるからです。

この件そしてローフードの食べ合わせについては以前書きましたので、お読み頂ければと思います。
ローフードの食べ合わせ
食べ合わせ、学校ではどう教えているのだろう?


食べても問題があるかどうか?というのは自分で調べて自分で決めなければいけません。

市販のケーキよりベルシーだから、と果物や、マクロビスイーツやロースイーツをたっぷり楽しむ方がいらっしゃいますが、甲田療法的には「問題あり」になります。でも、ご本人がそれで身体の状態も含めて満足しているのならば「問題ナシ」です。
コンビニのおにぎりやスナック菓子で食事を済ませている人もご本人が「問題ナシ」だと思っていれば問題ないわけです。だから自分が素晴らしい食生活をして夢のような身体を手に入れたからと言って、聞かれもしないのに、他の人の食生活にアレコレ口出しするのは大変傲慢で思いやりに欠けるのではないか、と最近考えてます。

もちろん、家族などには口出ししてしまいますが、熱があるのに酒を飲みたい!などというようなことでもなければ強く否定したりしません。

何をどう食べるかという問題は「人生をどう生きるか」という問題と同じです。どんな人と恋をして、どんな仕事について、どんな音楽を聞いて、どんな服を着て、どんなところに遊びに行って・・・以下延々続く・・・

という日々の小さな選択の積み重ねがその人を作ります。

わたしの身体はわたしの身体、あたたの身体はあなたの身体です。ご自分で選択してください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

自然農の在来種のお米を使った回転寿司屋さん


木村秋則と自然栽培の世界木村秋則と自然栽培の世界
(2010/06/25)
木村 秋則

商品詳細を見る

を読んだら、最後のほうに回転寿司屋さんの社長さんの話が出て来た。

店の名前をみると、あれ?どっか近所にあったよなあ。

というわけで、試しに行ってみました。

お店のホームページを見ると、米は在来種の朝日米だと書いてあるけれど、自然農だとは特に書いてないので、全量自然農の米を使えているのではないかもしれないし、そこまでいちいち説明してないだけかもしれません。
そして、お酢と醤油も無添加だと・・・

わたし、お寿司は好きなのですが、白砂糖と化学調味料が寿司飯にドッポリ入ってるのが段々と負担になってきて、最近はお寿司屋さんに行かなくなってしまったのです。
でも、時々食べたいのがお寿司っていう食べ物です。

朝日米というのは、岡山県で作っている在来種で、あのあたりはビール麦との2毛作をしてるので、田植えは6月、収穫は11月というお米です。これがおいしいお米で、コシヒカリとかあきたこまちの親になってるお米でもあります。わたしは岡山の友達からお米を買ってるのですが、彼が作っているのもやはりこの「朝日米」玄米で食べてもホントに美味しいご飯です。在来種なので、種籾も自家採取してるんですよ~。

さて、そんなお米にこだわった回転寿司、ご飯は人肌の温度で出すのが売りだそうです。

残念ながら、野菜メニューは、カッパ巻きとシンコ巻きくらいで回転寿司にありがちなポテトサラダとか軟弱なメニューはありませんから、家で青泥を飲んでから臨みます。

昼に行ったのですが、店内はがらーん。そりゃ住宅地だもん、昼から主婦のグループが回転寿司なんか行かないよねえ。ちなみに向かいになるパスタや洋食を食べさせるファミレスみたいな店は車がいっぱい停まってた。

さて、回転寿司なんぞ行かないわが夫にお茶を作ってあげると「あなた、詳しいねえ、どこで勉強してるの?」とひどく感激されてしまいました。あなたが知らないだけで、わたしだって回転寿司くらい行ったことあるのよ。

お味噌汁を注文して、クルクル回る寿司をいただきます。あれ、ホントに化学調味料入ってないわ。お醤油も変な味しないけど、わさびは今イチ。いつも行ってたお寿司屋さんみたいに、サメの皮でクリクリと卸してくれるわさびと比べちゃいけません。

さて、お魚だって、悪くなかったです。食べた後に口の中が妙に生臭くて気分悪いこともなく、ふーむ、回転寿司もなかなか侮れないのだなあ、と思った午後でした。

問題はねえ、つい食べ過ぎちゃいます~。

岡山の会社で、中四国の瀬戸内沿岸に支店を展開しているみたいです。広島にも4店舗
すし遊館

お店によってネタが違うみたいですので、瀬戸内沿岸にお住まいのかた、1度試してみて下さい。
ちょっとお寿司食べたいのよね、って時、値段だけのことはありますが、それほど悪くなかったです。

しかし、自然農の本を読んで回転寿司を食べに行くことになるとは、ちょと想像できない展開でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

怪しい買い物。

前に「怪しい製品」でご紹介した波動商品。

こんなものを買うなどと告白する事自体、かなり憚られます。だって、怪しいんだもん、波動商品。高いし。
こんなものを買うなんて、まるでわたしはちょっと頭の弱い人みたいです。まあ、実際それほど立派な頭はないけれど・・・
だけど、電磁波でパソコンを使うと頭がいたかったlazytokさんが、このコンセントを使うとピタっと頭痛がしなくなる、っておっしゃるし、そういわれてみれば、壊れそうな冷蔵庫、あれからずーっと生き長らえている。
冷蔵庫の古いものは電気を食うので、あのまま壊れてもらって、新しい冷蔵庫を買っていた方が家計には絶対にプラスになっていたはずだが、物を大事に使える、ということのほうに重点を置いてしまうふるい人間なのよ、わたしは。

というわけで、ポイント16倍につられて、テーブルタップタイプの商品を追加購入してしまいました。
だって~、居間の延長コードで、電話もパソコンも、扇風機も何でも使ってるんだもん~。

というわけで、今パソコンの充電と、扇風機の電源に使われていますが扇風機は機嫌良く回ってる。パソコンも機嫌良く動いてます。

さて、効果のほどですが・・・わたしは鈍いのでよくわからないです。

色々検索したら、この商品、面白いサイトを見つけました。

「怪しいぞ」と思いながらもいくつも買って実験してしまった方の報告です。
結局「効果はわからないけれど、愛着が出てしまったので使っている」というなんとも素敵な方です。うん、気持ちは分かります。わたしもつい買ってしまったもの。でもめっちゃ怪しい。
http://abcdefg.jpn.org/makafushigi/synmtechno/cc.html

そして、このサイトのことかなあ?オーディオマニアに人気がある、というのは・・・

これ、ビックリするほどたくさん使って「生音な感じ」を出すんだそうな。しかも、この人はこの製品をチューンアップして販売している。販売してる人のサイトなので、鵜呑みに出来ないけれど、オーディオマニアの人が買うのだから、それなりの効果はあるのかしら???
面白いので、お時間のある時にでも探検してみてください。
http://atelier-sasaki.seesaa.net/article/100376373.html
中古品の販売も時々あるみたいです。

そして、本家のサイト
http://www.alphagenius.jp/
こちらも中古品の販売がありますが品切れ多数。

わたしが購入した会社でも社員さんによって、効果を感じる方とまったく感じない方がいらっしゃるようです。
実のところどうなんでしょう??
オーディオの電源に使ってラジオを聞いてみたけれど、わたしには違いがわかりませんでした。
オーディオの音をどうこう言えるような家でもないけど・・・

イワシの頭も信心からなのか、ホントに効果があるのか、やっぱりわかりません。
でも、車に付けるタイプのやつはまだ気になってます。臨時収入ないかしら?

このような商品、他にも色々あるのですね。Bhadoなるものも発見しました。こちらはもう少しお安くて、お手軽かもしれません。アルミのカードに何やら波動を刷り込んであるんだそうな。
うーん、アルミのカードも「なんや、それ?」ですが、ただのコンセントも・・・怪しい~。
これならば車一台に2枚あればいいから、お値段は1/3だわ~。

色々あるんですね。
波動を刷り込むなら、わたしの作る料理とか、作品とかもわたしの波動が刷り込まれて・・・
怪しいことになっているのかもしれません。それも良いかも?!



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

好転反応ってどんなもの?

質問にお答えシリーズです。

秘密のコメントに「これは好転反応なんだろうか?」というご質問を頂きました。

ちょっと内容的に??だったので、違うだろう、とお答えしましたが、さて、好転反応ってどんなもんなんでしょう?最近、ホメオパシーで治療を受けていた癌の患者さんがお亡くなりになったことを取り上げてホメオバッシングみたいな新聞記事を目にしましたが、具合がわるくなったのを「好転反応だから」と耐えるのか、本当に具合が悪いのか、見極めはとても難しい問題で、自然療法で自分の健康を管理しようという人は常に気をつけなければいけない問題だと思います。

さて、シンプルに好転反応とはどんなものでしょうか?

一番わたしがわかりやすいな~と思うのは、包丁で指を切った時・・・
毛管運動をします。切った手を上にあげてブルブル震わすんです。
すると、すぐに傷口が痛くなってきます。「おお痛い。好転反応じゃ!」

これが好転反応です。切ったのはさっきだし、療法をするとすぐに痛みがやってくる。原因と結果がとても分かりやすいわけです。

つまり、好転反応というのは、悪くなったところが治る過程でまた悪い症状が出てくる、これが好転反応というもののようです。

指を切って手をあげて振ったら痛い、というなら命に関わらないし、痛いといっても「おお!ホントだ、痛くなったぞ、これが好転反応か!!」と思う程度の痛さなので大した事ないですが、これが内蔵の病気なんかだったらば厄介なわけです。

例えば、甲田先生の本を読んでいると、断食をすると肝臓が悪くない人でも、肝臓の数値(血液検査の結果という意味ね)が悪化して来る人があるらしい。
当然、身体のほうもダルくなるし、断食だし、しんどい訳です。
それで現代医学の病院に行って、検査したら「肝臓がエラいこと!!即入院!」になってしまって、肝臓の治療(つまり栄養を与えて安静にしている)をされてしまう。
ところが、「これは好転反応で肝臓の隠れた病気が出てきましたよ、我慢していれば良くなります」と頑張って断食やら少食やらを続けていると、また数値が好転してくる、つまり治ってくるそうです。

肝臓病のある人が肝臓の数値が上がって来て「好転反応」というならわかるけれど、鈍重肝臓で西洋医学的な症状がなかった場合、「鈍重肝臓というまだ知られていない病気がある」という知識がなければ、どうして肝臓の数値が上がってくるのか理解出来ずに「断食などするから病気になってしまった!!!」と思うかもしれません。


好転反応というのは、悪いところが完全に良くなる過程で悪い症状が一旦出ることを言います。

なので、ご飯の後に下腹がポッコリ出るのは多分好転反応のようなものではなくて、胃が下垂しているのではないかな?と思います。

好転反応とどう向き合えば良いのか?これこそが自然療法最大のテーマじゃないか?と思います。どういう治療法を選択するのか、どう生きるのか?というのはどう死ぬのか?と同じ問題です。

命に関わることだから、しっかりと自分で調べて、自分で責任を持って、「わたしはこのようにします」と納得して向き合うことが大事なんだと思います。
色んな可能性があるので、1つの方法、一人の先生に依存してしまうのは危険だと思います。どうすれば良いのかわからないよ、と悩むと思うけれど、誰でも最後はあの世に行くのだから、自分の納得した方法を試して、それであの世に行くのならいいじゃないか?と思うのです。

最近のホメオバッシングの記事を読んでそんな風に思います。

不公平ですよね。西洋医学で全く事故やミスがないなら代替治療批判も仕方がないのかもしれないけれど、どうして代替治療で死人が出たり事故があったら、バッシングされて、「やっぱり現代医学でなくっちゃ危ないわよね~」という雰囲気が作られるのかしら?
裏があるに違いない・・・とちょっと疑心暗鬼になるわたしでした。

医療事故に合わないには病院に行かないのが一番!!
自分の身体は自分で管理しよう!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

丸山ワクチンの話

懐かしい名前、最近聞きませんねえ。

丸山ワクチンというのは、癌の薬として認可されないけれど、今でも細々と使われているワクチンみたいです。
wikipediaにジャンプ

癌の代替治療として一番有名なんじゃないかしら?

民間療法や自然療法、自然治癒に感心のある人ならお聞きになったことがあると思います。

このワクチンについて、内科医の父から面白い話を聞きました。ちなみに、父は西洋医学大好き、製薬会社大好き、新薬大好きタイプのお医者です。

父が大きな公立病院で働いていた時、ちょうど丸山ワクチンが流行っていた時代でもありました。
内科ですので、癌の患者さんもたくさん入院なさってたと思います。

ある時、社会派で有名な作家さんのお父様が癌の末期で入院なさいました。
患者さんの息子である作家さんが「父の治療に丸山ワクチンを使ってほしい」と担当医であったわたしの父に懇願しました。
父は、「あんなもん効かへんで。うちの医局にぎょうさん転がってるけど、どうしても打ちたいんやったら打ったるから、薬持っておいで」と答えました。(大阪弁なので、こんな表現でも普通の会話です。)

作家さんは薬を手に入れて、医局へ持ってきました。そして、ワクチンを打ったけれど、一週間後にそのお父さんはお亡くなりになったのだそうです。
もちろん、打ち方や量などが適切でなかった可能性もあるだろうし、もうワクチンでどうなる段階でなかったのかも知れませんが、とにかく西洋医学の治療よりも早くお亡くなりになった、ということのようです。

父の話は「丸山ワクチンなんか効かへん。すぐに患者さんは死んでしまう」という話の代表としてわたしに話してくれたのだと思います。

この話、色々考えさせられます。
父には「でも本人がそれで満足なら、一週間で死んでも良かったんじゃないの?」と言うと、「本人はどうか分からへん。息子は満足やったと思うで」と答えてました。

家族が満足、納得ならば半分いいのかもしれないですが、患者さんご本人の意思というのはわからないので、父も後味の悪い思いをしたのかもしれません。

甲田療法についても、友人の乳がん患者が「(患者仲間で)甲田療法、やってた人いてたわ~。その方亡くなったけど」と教えてくれました。彼女は手術も化学療法も、放射線もやって、また仕事に復帰している人です。
彼女の言葉のニュアンスからは「甲田療法やったって、あの人は死んでしまった。甲田療法なんか効かない」という感じでした。
だけど、そのご本人はご自分で納得して甲田療法に取り組まれたのではないか?と想像するのです。化学療法でヨレヨレになるよりも甲田療法でヨレヨレになることを選んだんだと思うのです。

自分で納得して取り組むのならそれは良い人生だと思うんです。

人生なんて、死に向かう旅みたいなもんです。どんな人でも、どんな人生でも、終着駅は「死」です。

義理の父は、亡くなる3ヶ月前まで末期の癌がわからなくて、癌だとわかった時にはもう手のつけられない状態で、半年は持つと言われたのに、結局みんなの予想を裏切って、多分自分でもビックリするぐらい早くあの世に行ってしまったのです。
だけど、治療なんか出来ない状態だったので、治療をせずに普通の生活をする最後でした。好きなものを食べて、好きな写真を撮りに行って、入院したのは最後の2日だけ。

わたしは、まだお義父さんに伝えたいことが沢山あったのに、わたしがお義父さんのところに行くのは間に合わなかったし、決して本人も納得の死ではなかったと思うし、家族も十分看取る時間さえ与えられなかったけれど、本当にお義父らしい最後だなあ、と今でも思い返します。

ただ、自分は、体調の不良を抱えて、トンチンカンなお医者に「どこも悪くないですよ」などと言われて、何の対策も出来ずにいるのはちょっとイヤだなあ、と思うのです。
それは多分、わたしが癌になる家系ではなく、脳梗塞なんかで長患いするお家柄だからだと思います。

脳梗塞も、ボケも避けたいでしょ!
本当にローフードや甲田療法に出会うことが出来て、わたしはラッキーです。
だって、なんで脳梗塞になるのか、今は知ってるんですもの!

自分の人生、自分で選択できるだけの賢明さが欲しいなあといつも思います。
悔いのない毎日を積み重ねることしか出来ないのよね。

食事をコントロールすることで、自分の人生をしっかりと握れるような気がするのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

日本人は陰性体質が多いのかしら?

8月の始めに昔の友達が集まった時のことです。

6人ほど集まったのですが、一人はちょっと問題?くらいに太ってしまい、年齢的に健康そうな体型(つまりそれほどひどくない中年太りでマダム向けの既製服が良くに合いそうな体型)は一人だけ。わたしは痩せてるけれど健康。
後の3人は痩せていて、明らかに陰性体質。子宮筋腫持ちも2人。
そのうちの一人は昔からそんな感じだったけれど、後の二人は学生のころは陽性体質さんだったのに、今ではすっかり陰性さんになってしまっている。

あ、陰性とか、陽性とか、これはわたしの目視判断です。

陰性さんは少食です。胃があまり丈夫じゃないので、たくさん食べられません。少食だけれど、消化能力も十分じゃないので、具合悪い訳です。

なんで彼女達が陰性さんになってしまったのか?もちろん、ストレスもあるけれど、若い頃は陽性さんだった二人に共通していることは、甘いものが好きってことです。

二人とも、一人で食事をする時には、クッキーとか菓子パンとかで簡単に食事を済ませてしまうんじゃないか?と聞いたら、「けっこうそんな時もあるかも~」と答えます。

甘いものの食べ過ぎは西式甲田療法では厳禁です。どんな健康な人でも、甘いものの過食は病気になってしまう。陰性体質になってしまうんだそうな。

甘いもので胃が弱くなるのは、糖がお手軽に入ってくるので、胃腸が働かなくても栄養(カロリー)が簡単に採れてしまうので、胃腸の消化吸収機能が「廃用萎縮」してしまうからではないか?とわたしは疑ってます。他にも白砂糖はビタミンとミネラルの泥棒だから、とか、色々な理由があるようだけど、とにかく甘いもので食事の代用にしてしまうのはマズいんです。

8月に友達にあった時以来、色々と気をつけて色んな人を見てますが、本当に日本には陰性さん、胃弱さんが多いなあ、と思います。その点、インド人でもアメリカ人でも胃弱で虚弱な人って、日本ほど見掛けません。
だから、日本の胃弱さんがローフードなどなさると不具合が色々出て大変なんじゃないかしら?とちょっと心配になってしまいます。

これは、日本人の庶民は、玄米や雑穀を主食として、繊維の多いセミベジタリアンのような生活を長い間していたので,腸が他の国の人に比べて1メートルくらい長い、という話と関係があるのかもしれません。腸といってもこの場合、小腸が長いんだと思うけど・・・
腸の長さと胃弱は関係ないか?


陰性さん、ローフードが向かない人については、8月1日から4日に掛けて、記事をアップしているので、ご参照ください。
2010年8月のアーカイブ

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

旅行と、朝ご飯と、歯列矯正。

ちょっと旅に出ておりました。コメントをたくさん頂いたのに、お返事が出来なくてすみません。またボツボツと書かせて頂こうと思いますので、コメントお寄せ下さったかた、気長にお待ち下さい。

旅といっても行き先はバンコク。夫は仕事なので、旅行っていう感じでもないかなあ。

歯列矯正の装置がついてから本格的な旅行です。

さて、冷蔵庫の中に残った桃と空心菜などの野菜で青泥のお弁当を作って朝早く家を出ました。

IMG_1432.jpg

福岡へ向かう新幹線の中、おもむろに鞄からマヨネーズの瓶(グリーンコープのマヨネーズは瓶入り!)を取り出す。
空心菜とモロヘイヤが入ってるので糸を引くようなドロドロの青泥。

もちろん、普段は朝食に青泥など食べないのだけれど、移動をするとお腹が妙に空くし、空港の保安検査場より中へは液体は持ち込めないので、新幹線の中で食べてしまう。

青泥ともしばらくお別れ、と思うと寂しい・・・わたし、青泥が好きみたいです。
この日の青泥は桃入りでとっても美味しかったし・・

周囲の人は見て見ぬ振り。世の中には変な人が少なくないので、緑のドロドロを食べる女などたいしたことないのだろう。

お食事を終えて、洗面所に口をすすぎに行ったら、唇の周りが緑色になっていた。やっぱり食後は鏡でチェックしないとね!

というわけで、青泥からスタートした今回の旅行ですが、珍しくちょいと良いホテルに泊まったのです。しかも、朝食付き。

もちろん、食べました。山盛りサラダだけで済ませば良いのに、他にも鶏のお粥やら、クロワッサンやら、野菜饅やら、グリルしたジャガイモやら・・・
山盛りサラダを食べている図は、やっぱりダイエット中の人みたいです。
別にダイエット中ってわけじゃないんだけれど、旅行中に生野菜が食べられるのは嬉しいです!

世間の人々は朝から卵やベーコンやソーセージやマフィンや色々たくさんがっつりと召し上がるのだなあ、と改めて思いました。
そして、食後の果物も・・・

朝食べるから、昼は食べない。せっかくバンコクにいるのに昼食べないのはもったいないけれど、朝食べたら昼は食べられない。ちょとにしておくという選択肢もない。だって、昼食べて歯磨きしにホテルに戻るってこともないもん。なにしろ歯列矯正中なので、食後の歯磨きのできないお食事はないのだ。

朝のバイキングで上品な量しか食べない夫のお昼につきあって、スイカジュースなど飲んでいるのもやっぱり「ダイエット中」の人みたいです。ダイエットじゃなくて、朝食べ過ぎて食べられないだけなんですが・・・

さて、4日ほど朝ご飯を食べた結果です・・・

むくみます。
足がパンパン。手もなんかプックリしている。体重ももちろん多い。
そういえば、昔はこんなちょっとぷくっとした足してたわ~。あれってむくみなのね。

甲田先生は朝食抜くとおしっこも良く出てむくみが取れるとおっしゃってるけれど、「ほんまやわ~。朝ご飯食べたらテキメンむくみます~」と実証してしまいました。

そして、「食べ過ぎるとアキレス腱が縮む」とも・・・

確かに、脚の裏が伸びない感じがします。アキレス腱縮んでるわ~。

面白いね。

さて、旅行のお供。

IMG_1436.jpg

粉末のマグネシウム、粉末青汁、シェイカー、そして白い楕円のものは、ジェットウオッシャー。水をピューっと出して歯の汚れを取るものです。

今回、ホテルの朝食でレタスを食べたので、粉末青汁は2回くらいしか飲まなかったけれど、マグネシウムはどんな時でもお通じをちゃと出してくれるので、やっぱり便利。

ああ、早く青泥が飲みたい~。

明日買い物に行って、昼には青泥食べたいと思います。

早いウチに調整のための断食もしたいですが、スケジュール的にどうだろうか・・・

アキレス腱、縮んでるわ~。
やっぱりシノゴノ言ってないで、断食しなくちゃ!!
青泥断食だわ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

調整断食

家に帰った翌日です。
たいしてお腹も空かないので、そのまま断食することにしました。

断食といっても、水だけの断食は面倒なのでやらないの。
今回は、昼に粉末青汁。奮発して、ピュアシナジーを久しぶりに飲んだのですが、これって酸っぱいよねえ。

わたしはとても鈍いらしく、ピュアシナジーのありがたみってのがまったく感じられないのです。普段飲んでるポーレングリーンのほうがちょっと甘くて美味なのよ~。なのにこのお値段の違いは何?と思ってしまうひねくれ者であります。

午後歯医者さんの後に産直市に買い出しに行き、早生リンゴのつがるをゲット。他にも空心菜、モロへイヤ、茄子、水茄子、ヘチマ、苦瓜、かぼちゃなど購入。
夕食はヘチマと厚揚げの味噌炒めバジル風味に決定!
わたしも青泥の後に少しだけ頂きました。ヘチマ~。美味しいです!!

久しぶりに玄米を炊いて、自分用には青泥を作って、夫にもちょっとお裾分け。リンゴは半分だけ青泥に入れて、残りの半分はそのまま頂く。シャキっと瑞々しくて美味しいです。
やっぱり古くなってボケた味のリンゴよりも旬のものが美味しいわよね~。

旅の疲れというよりも、深夜便による移動の疲れでグーグー寝てしまいました。
断食が効いたのか、良く寝たのが良かったのか・・・

足の甲の血管がまた見えるようになりました。ヤレヤレ。

さて、むくみが来たから腎臓が弱ってるのか?といえばそうでもないらしいです。
なぜなら、夜中にトイレに起きないから。

夜中によくトイレに行くのは、腎臓は身体が横になるとよく働けるからだそうな。腎臓が弱ってくると、起きてる時にはあまり働けないので、横になって寝ている時にせっせと働くのでオシッコに行きたくなるらしい。
腎臓が元気な人は、起きてる時も腎臓がしっかり働くので、寝てる時にトイレに行きたくなることはないそうな。

腎臓も沈黙の臓器なので、気をつけてケアしないといけません。

そういえば、日頃粗食で暮していて、たまに色々たくさんごちそうなど食べると、尿が白濁するんです。そこで、ちょっと一食抜いたり、普段の粗食に戻すときれいな尿に戻るの。

もちろん、たくさん食べたりしなきゃいいんだけれど、浮き世暮らしをしていると、そんな風にもゆきません。調整断食なんて邪道なのは十分承知しているけれど、調整しないよりはした方がいいと思います。

家に戻って、青泥食べて、板の上に寝て・・・とても幸せ~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

腎臓のケア

腎臓病になったことがある人はご存知だと思います。

腎臓のケアには1に安静、2に安静、3、4がなくて5に安静、ってな感じで安静が大事というか、安静にして栄養を取るしかないらしいです。

塩はダメ、カリウムの多いものもダメ、おまけに糖尿病から腎臓にくる人が結構多いので、そんな人はもちろん糖分もダメ。「何を食べろというのだ!」というのが腎臓病のややこしいところです。

ところで、腎臓というのはどこにあるか?ですが、腎臓って、背骨にはりつくみたいにしてくっついてるんです。
魚の腎臓は背骨にくっついてる血合いみたいにみえるあれがそうです。あら炊きを作る時、この腎臓を骨から外して調理すると、イヤなニオイがしなくて美味しく出来ます。
鶏の腎臓もやっぱり背骨にくっついて左右ふたつあります。鶏がらスープを作る時には腎臓を剥がしてから料理します。
鶏や魚を捌く時、心臓と肝臓が一緒にくっついてるとか、腸がどうなってるとか、骨と筋肉と筋の関係とか、観察しながら料理するのは楽しいものです。
(またベジタリアンの人からコメントがくるかしら?内蔵食べて、骨までしゃぶって何がいけないの?)

そんなわけで、魚の腎臓が骨にくっついているなら、人間の腎臓も背骨にくっついているんだと思います。

腎臓の弱い人は、うつぶせに寝るらしい。これは弱った腎臓を労るために自然と身体がそうするのでしょう。

というわけで、腎臓のケア、わたしの知ってる方法をお知らせしましょう。

わたしが友達の鍼灸師さんから習った方法は、「朝起きたら、腎臓の上を歳の数だけ優しく両手でこする」という方法で、まあ一種のおまじないのようなお手当です。

腎臓というのは、背中の肋骨の下あたりに、脊柱に貼付くようにして左右ふたつあるので、寝間着をめくり上げて、背中に手を当てて、やさしくこすります。

毎朝これをやると腎臓も機嫌良く働くらしい。

これは実際にとても気持ちがいいので、腎臓の悪くない人でも「腎臓さん、いつもありがとう。今日もよろしくね」という気持ちをこめて、習慣にすると良いと思います。
年齢が上がれば、腕の筋トレにもなるし・・・

もう1つ。
ヨガの先生に習った方法。
半月のポーズ。
真っ直ぐ立って、両手をあげて掌を合わせて、左へグーっと身体をねじらないように曲げる。お次は反対。

これで腎臓がマッサージされるらしい。確かに、腎臓は骨にくっついているのだから、骨を左右に曲げるとストレッチされるだろう。

さて、最後、西式健康法です。
やっぱり西式って独特よねえ。「腎臓が悪いのは足首に故障があるからだ!」って、いったいどんな関係が・・・

というわけで、腎臓の悪い人には毛管運動を一日11回(一回3分)とか処方されます。おまけに脚絆療法も一日2回(一回2時間かかるのに?!)
するらしい。
もちろん、甲田療法は温冷浴も裸療法も、食事療法もセットです。

甲田先生の

腎臓病と甲田療法―現代医学で治らぬ人のために腎臓病と甲田療法―現代医学で治らぬ人のために
(2002/01)
甲田 光雄

商品詳細を見る


によると、やっぱり少食の青泥とか青汁とかお粥と豆腐などの食事で治すみたいです。

面白いなあ、と思うのが、現代医学では、腎臓と足首の関係を考えないので、安静にするばかりなのですが、安静を破ってウロウロすると確かに腎臓が悪化するらしいんです。で、「やはり安静にしないといかんのだ」ということになるのだけれど、西式では、「ウロウロしたので悪い足首がまた悪くなった」と考えるのだそうな。

だから、足首に負担をかけないウロウロだったら腎臓は悪化しないらしい。

西式健康法の優れているところは、療法をしながら筋力もつけることです。

毛管運動をしていると、筋力が落ちない、しかも足首の怪我が治る。

すごい方法です。

ところで、今ウォーキングとか、ジョギングが流行ってますが、これで足首を悪くして、腎臓に来てしまう人が増えている、と甲田光雄は上にあげた本の中で心配なさってました。

ウチの近所のオジさん、とても健康そうな人だったのに、慣れないことに病院の階段を登ったり降りたりした後、足が痛くなったといって、せっせと整形外科に通っていたのに、足の痛みはちっとも治らず、大きな病院で色々検査したのに何も分からず、あれよあれよ、という間にどんどん悪くなって、気がついた時には「透析」になってしまった人がおりました。

その方、何が悪かったのか、結局何もわからないまま、2年の闘病の後にお亡くなりになっていまいました。

奥様を亡くされて、その後、どのような食生活をなさっていたのかもわかりませんが、あんなに元気そうな人が、あっというまに原因もわからずに腎臓が透析しなくちゃいけないほどに弱ってしまった、そのキッカケは近所の人のお見舞いに行った時に階段を登ったり降りたりして足が痛くなったのが全ての始まりだったのです。

腎臓と足首、ホントに大変な相関があるのかもしれません。

わたしも時々足首をねんざしたり、ねんざまでいかなくてもグネったりするので、しっかりと毛管運動をしてケアしなければいけません。

腎臓を悪くして、「ナトリウムもカリウムもダメですよ」なんてことになったら、生菜食だってやりにくくなってしまいますもん。

さて、上で紹介した本の中で、甲田先生が腎臓の方にどのような食事法を指導されるか気になるところですが、根性のある患者さんには生菜食をご指導なさったみたいです。

カリウムもナトリウムも、甲田先生のレシピを守って食べられるなら、それは最高の養生食になるみたいです。
結局、食べ過ぎが万病の元ってわけですね。

腎臓さん、いつもありがとう!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

家の工事も着々と・・・

家の工事が始ってから、3週間。途中わたしが旅行に出掛けたりして中断したけれど、一人コツコツと仕事する大工んのFちゃんは順調に内装の壁を張っている。

カーテンを選んだり、照明を選んだり、とホームセンターや電気屋さんなどウロウロしたり、慌ただしい毎日。
もちろん、ランチとオヤツも準備しないといけないので、買い物もダラダラしてられない。

家のことって、知らないことばかり。照明ひとつにしても何も知らないので、トンチンカンな買い物をして来て、結局、Fちゃんと一緒に再度返品やら買い物に出掛けることになったりして、全く役に立たない施主だ。

工事を始める前は、たいして楽しみでもなく、「仕事が捗らないのだから仕方がない」くらいに思っていたけれど、外壁が出来た頃から、急にワクワクしはじめた。わたしの仕事場、ちょっと広くなって、窓も2重サッシになって、これでもうすこし効率よく仕事ができるようになる(予定)。

IMG_1449.jpg

こんな感じで半間だけ出しているのです。

部屋に比べて織り機が大きく使い勝手が悪いのをいつか広いアトリエが持てる時を夢みて我慢していたのだ。
その我慢も限界にきて、織り機を買い替えるか、部屋を広げるか、と考えて、部屋を広げることにした。

今年は工事やら何やらでまだ仕事のほうはアイドリングも出来てないけれど、更なる30年に向けて、部屋を広げる工事に踏み切ったのは良かった。なによりFちゃんはもう引っ越ししてしまうので、気楽に色々お願いできるわけにいかない。それに、彼にもちょいと仕事をしてもらうことで餞別にもなるというものだ。

というわけで、心をこめてお昼とオヤツを用意しているので、わたしも一緒に食べ過ぎ傾向です。

最近はバンコクで買って来た月餅も3人で分けて毎日日替わりで味見してます。

IMG_1450.jpg

今日のは胡麻餡。卵入り。卵はお月様なのよ。まるで月餅を買うためにバンコクに行ったみたい。まだドリアンとか、ナツメ、蓮の実が残っている。うふふ。

お昼はガッツリ系の加熱食だけれど、オヤツには果物とナッツをガーしたロースイーツを毎日日替わりで食べてもらってます。

オヤツのスイーツは食べてくれるけど、青泥も青汁もダメでした~。あはは~。

一緒についてくるシェパードのタイガーとはすっかり仲良しになったので、工事が終わってタイガーに会えなくなるのはちょっと寂しいかも。


そんなわけで、ブログの更新やコメントへのお返事が滞っておりますが、わたしは相変わらずで元気にしております。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

母の青泥、弟の赤ちゃん、街路樹のナツメヤシ。

一泊で実家に戻ってました。

前々回帰省した時にブレンダーとグリーンスムージーのような青泥のようなものの作り方を伝授したのですが、その後どうなってるのでしょう・・・
老人とグリーン・スムージー

「お父さんが食べないので、何となく作らなくなったけれど、そのかわりコレ(サンスターの缶入り青汁)を飲むことにしている」そうだ。

うーむ、思った通りの展開。父は母が自分と違うことをするのが気に食わないのだ。まあ、そんな細かいことは夫婦の問題なので、家を出たわたしが今さらとやかく言うことではないので、「やっぱりね」で済ますことにする。

わたしが「作ったら飲む?」と聞いたところ「のむわよ、作って」と乗り気なので、夕食に出掛ける前、そして朝食に青泥とグリーン・スムージーの折衷版を作って食べる。

実家に戻っても青泥が食べられるようにちゃんと果物と野菜を高速に乗る途中、産直市で仕入れておいたのだ。お土産を兼ねて、自分の食料も確保するという作戦であります。

ああ、実家に戻っても青泥が食べられるのはとても嬉しい。コレさえ食べていれば後は何を食べていても安心!という感じがするけれど、母も青泥をスプーンで掬いながら「これを食べてると安心感があるわねえ」と、まったく同じことを言うので面白い。

私たちが青泥を食べていたら、父が「昔卵入れたりしてそんなもん作って食べてたなあ~。おまえらも同じようなことしとんねんな(しているんだね)」と父が不思議そうに言う。

父は西勝三先生とも面識のあった人なのに、なんで青泥に卵や牛乳が入るのだろう?父の頭の中で勝手に栄養たっぷり翻訳されてしまうのだろう。

今日は弟の赤ちゃんを突きに弟の家に行って来た。もちろん、ブドウやリンゴや庭のバジルで作ったバジルペーストや、自家製食べるラー油を持って行く。
母は弟の家にある圧力鍋で煮るために沖縄で買って来たソーキ(豚のあばら)を持って「これを煮るの」と張り切っている。
夫は初のお目見えだ。赤ちゃんを抱いて「おじさんですよ~、べろべろばー」とやっている

弟の子供はやっと2ヶ月。義妹のお父さんによく似ているらしくて、義妹母は「お父さんをだっこしてるみたい~」と大笑いしたらしい。それも楽しい~。

居心地のいい弟の家で囲む5人の食卓。
IMG_1456.jpg

トマトとオクラ入りのもずく、冷や奴、ソーキとキャベツ、それに弟自慢のぬか漬けのキュウリ。
母が沖縄の人から習ったというソーキは、本当に沖縄の味だった。

義妹は本当に一滴の水も飲まさず、母乳100%で子供を育てている。母乳以外に与えないようにと指導されているそうだ、ふーん、そんな流派もあるのだなあ?と思うけれど、水やリンゴジュースや柿茶を飲ませようと思えば哺乳瓶が必要なので、「母乳のみ」というのはとても自然なことかもしれない。

わたしが滞在中の短い間に2回もウンチをしてくれる。ウンチが出たら赤ちゃんも気持ちよくなるのか、とてもご機嫌になるので、排便はやっぱり大事なんだと思う。
赤ん坊への金魚運動やら、カエル体操やらをやってあげると、坊やはカエル体操が気に入ったみたい。
ちょっとお腹もポッコリしてるので、金魚体操でガスがもっとスムーズに出るといいね。
おならもげっぷも盛大にやっておくれ。

話は全然変わりますが、実家のちかくの道路の中央分離帯にナツメヤシが植えられているのですが、それがたくさん実をつけていた。車から降りて写真を撮ったり、現物を確認したりしなかったのだけれど、ふーん、大阪でもナツメヤシが実をつけるのか、とちょっとビックリしてしまいました。

北摂在住の方でご興味がある方は秘密のコメントにメールアドレスを書いてください。場所をお知らせいたします。

高速道路は行きも帰りも事故渋滞。行きは巻き込まれて7キロの距離を一時間半も掛かってしまったけれど、帰りは智慧がついたので、渋滞の前に高速を降りて久々に中国山地の中を走ってきました。
こんな時、1度でも走ったことがあるところだったら土地勘が出来て便利です。

出掛ける時はやっぱり地図を持たないといけません。

みなさんもくれぐれも事故などにはお気をつけて、楽しい秋の休日をお過ごし下さいね~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

蝦で鯛を釣る

昨日、家に帰って郵便受けを見ると、宅配の不在票が入っている。
「はて、わたしは知らぬ間にまた何かお買い物などしたかしら?」と思って差出人を見ると、なんと、九州のさる篤農家の方ではありませんか!!

あわあわ、コレは大変なことになってしまった。腎臓のケアのことを受け売りしてアレコレ書いたところ、疑うことを知らないその心の美しい方がたは、そのまま実行したところ、すっかり調子が良くなってしまったらしく、どうやらそのお礼を送って下さったようだ。
恐縮して身が縮んでしまう。

確かに、腎臓など悪くしてそれの治療となったら、これはもう大事なのだけれど、ちょいとしたおまじないや変な体操をするだけで改善してしまうのだから、お喜びになったのも当たり前かもしれません。

何よりわたし自身、「あれま、そんな簡単に効果が出ちゃうわけですか?」と驚いてしまったのです。
これは、わたしの書いたことが良いのではなくて、実践したことが素晴らしいんです。
あれこれ吹聴するのは本など読んで知識を仕入れれば出来ることですが、それを実践することはまったく次元が違うんです。実践ほど尊いことはありません。

これは本当ならば、わたしの方がお礼しないといけないところですが、嬉しい気持ちを表現してくださったのだから、ここは気持ち良く頂戴することにいたしました。

うふふ~。みてください、この元気なお野菜!!配送会社の冷蔵庫に2日も余分にいたのに、このみずみずしさ!!
IMG_1459.jpg

時期柄、成りものばかりだけれど、わたしの青泥用にちゃんとモロヘイヤも入れてくれるというこの気配りに涙がこぼれそう。(新聞に大事に包まれているので、写真には参加していないけど)

穂紫蘇なんか、生け花みたい。

IMG_1460.jpg

この紫蘇、裏が紫で表が緑なの。日本のトゥルシーかしら?(トゥルシーの記事はちくたくさんのこちら


さて、これで今日は大工さんと私たち夫婦の3人のランチ。

IMG_1461.jpg

なにやらドロドロの怪しげなものは、もずくとオクラとミニトマト。味付けはカボスとお醤油~。
焼き茄子を大葉味噌辛口で和えたものに穂紫蘇を加えたもの。
可愛いトマト。ミニトマトのくせに皮があんまり硬くないのは品種のせい?それとも栽培技術?矯正中でもポンポン食べてしまいます。
そして、鰻のひつまぶし~。

夕食には、
ピーマンといえば、チンジャオロースーでしょう、と
IMG_1463.jpg

大工さんの夕食のお弁当(一人暮らしの大工さん、家に戻ってもすぐにおかずが一品あるように、帰りにはお弁当をサービスしている施主なのよ~)に作った残り。
残りご飯と、残りドライカレーで炒飯、冷蔵庫にあったピタパン。
炒飯にはタイ風にカボスを絞って食べる。うーん、とても残り物とは思えません!!

話は全然変わりますが、わたしはついに冷蔵庫を買い替えたのです。今日はその搬入があって、おまけに家は工事中で、朝からてんやわんやの大騒ぎでした。(だから。夕ご飯は残り物?!)

IMG_1462.jpg

棺桶じゃないよ。新しい冷蔵庫を縁側から家に入れているところ。
野菜室が大きくなったのはいいけれど、使い忘れが出ないように気をつけなくちゃ!
冷蔵庫の買い替えって初めてなんですが、まるで引っ越しみたい。

わたしのいい加減なブログに書いたことを早速実践して、素晴らしい効果をあげられて、それをお知らせくださっただけでも嬉しいのに、こんなに良くして頂いて恐縮でございます。

送って頂いたお野菜は、本当に作った方の人柄がにじみ出ています。大事に美味しくいただきます。
いわゆる「栄養」以上の科学では表せない色々なものがこのお野菜たちは食べる人に与えてくれそうです。
お野菜に元気を頂いて、やっと完成した仕事場の片付けと、仕事の段取りをします。

お礼に次の小品、送るので気長にお待ち下さいね、菊の助さん!

本当にありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック







脚絆療法はめんどうだけど・・・

脚絆療法ってのは、西式健康法の中でも甲田先生も認める「奇異な療法」だそうな。
脚に晒で作った脚絆を巻いて、2時間くらい40センチくらいの高さにあげておく。
いや、腹筋を使うんじゃなくて、積み上げた本なんかの上に乗せておくんですけど・・・

脚絆療法の効果は、足首を治し血行を良くする、というものだそうで、足の疲れ、むくみ、ダルさの他、静脈瘤、腎臓病、高血圧、喉の病気などにも効果があるらしい。とにかく、足に降りて溜まっている血液を心臓に返すお手伝いをしてくれるらしいです。

これ、脚絆を巻くのも面倒だし、脚に巻いた脚絆をまたもとの形に巻き取るのもかなり面倒なのですが、やってみるととても効果があるんです。
そんなわけで、久しぶりに脚絆療法をやってみました。

IMG_1464.jpg

脚絆が青いのは、わたしが染めたからですが、こんな感じでグルグル巻き、わたしは脚が短いので、太ももまで巻き上がります。

これを雑誌などが積み上がっているところの上に座布団を乗せて、その上に、よっこらしょ、と足を乗せて仰向けになります。クッションを敷いておかないと踵が痛くなるのよ。

2回目に巻いた時、ちょっと右の足首が痛くなって、「やや・・わたし足首が悪いよ」と思いました。

これね、2時間も退屈だわ~と思って寝転がって本など読み始めたら、ウトウトとよく眠れるので、2時間なんかすぐに過ぎてしまいそうですが、夫が「寝てるなら布団に行きなさい」と起こしてくれるので、なかなか2時間をクリアーしません。

この面倒な脚絆療法ですが、効果はすごいんです。

一度目に脚絆を巻いて一時間くらい足を上げていた翌日。お尻の静脈瘤が痛かったんです。最近は座り仕事もあまりやってないので、出てこないわ~、ローフードと甲田療法で治ったのかしら?と思っていたのに、お出ましになった・・・これは好転反応に違いありません。
お尻の静脈瘤、一時期は本気で手術か?と考えたのだけれど、座り仕事を減らすという方針に変えたら、長時間飛行機に乗った時くらいしか出てこなくなったので、放置してあるものです。
ほんと、最近は存在すら忘れておりましたが、これでまだいらっしゃるのね、ということがわかりました~。

ちなみに、ふくらはぎなどの静脈瘤にもとても効果があるそうです。手術なんかしなくても大丈夫なのよ、きっと。

2回目は足首に痛みが出たけれど、それ以外特に変化なし。

そして、昨夜、三回目です。

脚絆を外すと喉が痛くなってきた。そうそう、足首が悪い人は扁桃腺が腫れたりするらしいってこと、思い出しました。わたしの場合、腎臓はなんともなさそうだけど、喉は弱いわ~。子供の頃からよく扁桃腺を腫らして熱を出してたし、大人になってからだって、ひどく疲れると扁桃腺が腫れたりするもん。足首が悪いのね~。
というわけで、扁桃腺が腫れるほどではないけれど、喉が痛いのは、工事のホコリを吸ったからか、疲れてるので風邪を引いたか、それとも好転反応か・・・
とにかく、喉痛いよ~。エホエホ

わたしはこの半年くらい、自分にはありえないくらい真面目に毎朝西式の4っつの体操をやってますから、足首も良くなっているはずですが、脚絆を巻くってのはまた違った効果をもたらしてくれるみたいです。

これねえ、面倒なのよ。時間も掛かるし、うたた寝してしまうし・・・あ、うたた寝するのは気持ち良いけど。

脚絆を巻くとトイレが近くなる、と言うのだけれど、わたしはそんなことないです。風呂上がりで水分が抜けてるからかもしれません。とにかく、脚絆を巻く前にトイレに行った方がいいらしいです。

早めにお風呂に入った日など、ちょいと脚絆を巻いてみるのもいいなあ、と思うのでした。
脚絆は、「少食サポートさくら」で購入できますが、巻き方は1度どこかで習わないとわかりません。
さくらでも教えてくれると思いますが、後は西会や甲田療法の指導をしているところに行かれると良いと思います。
脚絆を持ってきてくれたら、ウチでも教えて差し上げますよ~。(あんまり上手に巻けないけど・・・)

面倒だけど、ちょっと楽しい脚絆療法です。

関連記事
脚絆を染める
腎臓のケア

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

教室の準備

家の改装でアワアワしていたら、料理教室の予定が迫ってきてしまった・・・

なんだっけ?あ、タイ料理するって言ってたんだった。
ケップ・ムー(豚の皮をカールみたいに揚げたもの)を買ってきたから、ナムプリック(臭くて辛いディップ)を作ろう、とレシピを色々調べていたら、ロー・ヴィーガンバージョンのナムプリックが出来ちゃった。

IMG_1471.jpg

豚の皮も食べるんだから、ローでもヴィーガンでもなくていいんだけれど、まあ、何にでも動物性タンパク質を使う必要もないわけで・・・

家にあるもので試作したので、ちょいと見た目ショボイけれど、本番ではもっと美味しそうになる予定です。

歯列矯正を始めてからというもの、甲田療法の生菜食と果物とナッツをブレンドしたムース類は食べるけれど、ファンシーなローフードはもうすっかりご無沙汰しているので、アイディアなんか浮かぶかしら??と思っていたけれど、何て事ない、案ずるより産むが易しであります。

他のお料理は何にしようか、こんなことを考えるのも楽しいです。ディップやソースを自在に作れると、お料理のレパートリーがぐんと広がります。

土曜日、楽しみにね~。

「新しいレシピの組み立て方」なんてクラスも始められたら楽しかろうな~と思ったりしております。ご希望あるかしら??

25日はまだ若干の余裕があります。「わたしもタイ料理を作って食べたい~」という広島在住の方、秘密のコメントおまちしております。
ロー・ヴィーガンのナムプリックのレシピって見たことないよ。当たり前か・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

青泥もこうなったら・・・

今回はちょっと泥縄?メニューが決まって、買い物を済ませたら力つきそう・・・こんな時間になってもまだレシピは書けてなくて、その前にブログのアップなんてやってます。順番逆だよねえ・・・

お昼にちょっと出来心で作ってしまった。
トムヤム風味の青泥・・・

IMG_1473.jpg

こうなったらもう青泥っていうよりもなんかのソースみたいなので、ズッキーニでパスタを作って、トムヤムヌードルにしてしまいました。

IMG_1474.jpg

見た目じゃわからないけれど、なんかすごい料理でした。あはは~。だれも味見してないのが残念。ブログの写真じゃ味や香りまで伝わらないもんねえ。タイ料理が好きな人ならきっと喜ぶはず。(でも、これは明日のお料理じゃなくて、わたしの昼ご飯)
こんな青泥、甲田先生は何とおっしゃるかしら・・・

買い物でヨレヨレになっても夫は晩ご飯には家に帰ってくる。
あ、トムヤム青泥、夫に味見してもらえば良かった、と今になって思いました。シマッタ!

IMG_1476.jpg

最近お気に入りのモズク+オクラ+トマト。ナムプリックの試作品、今日は焼き茄子に乗せてみた。
そして、プロフーズで見つけた台湾の美味しいピータンを使って、ピータン豆腐~。
台湾のピータンが広島でも買えるなんて、うれしいな~。


家の片付けもボツボツと・・・

工事の終わった仕事場に紡ぎ車を持って行った。小さい方の織り機も運ぶ予定だけれど、そうしたらまた狭苦しくなってしまうが仕方ないよねえ・・・

IMG_1475.jpg

早く仕事も始められるようにしないといけないけれど、工事のほうもまだ第2段が控えてます。あ、歯医者も・・・

そんなわけで、ウチの中もあいかわらずガタガタ、わたしもガタガタですが、明日のお料理はとても楽しいものになりそうです。
元気なお野菜と一緒にお待ちしてますね~。

さあ、レシピを書かなくちゃ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ローでヴィーガンのナム・プリック

今日は楽しい料理教室。

新しい方も迎えての会、しかも・・・ナム・プリック・カピ・・・
タイ北部のお料理からのアレンジです。

さて、どうなることでしょう?

IMG_1477.jpg

こうなりました。

オレンジ色のソースはナム・プリック・カピ・チェー(斎の蝦醤入り唐辛子ソース)
お野菜は、白菜、キュウリ、四角マメ、オクラ、茄子、パプリカ、苦瓜、オクラの花などでした。野菜をディップにつけてポリポリ食べます。
苦瓜美味しかったわ~。

IMG_1480.jpg

冬瓜と厚揚げと椎茸のグリーンカレー。
タイのカレー、前回はフレッシュハーブから作ったので「再現できないから、再現できるカレーをお願い」とリクエストされたので、市販のカレーペーストを使いました。
最近バンコクで食べるタイカレーはとても甘いのですが、あんまり甘くない方が美味しいなあ、と思いました。
今日はバンコクから持ち帰ったジャスミン米と黒米を混ぜたご飯。

ジャスミン米を炊いてる時の香りって素晴らしい~。一日中ジャスミンライスの良い香りが台所に漂ってます。

デザートはローフードにしてみました。

IMG_1483.jpg

なんちゃってパンプキン・パイ。
かぼちゃ味になったでしょ!

今日は特に珍しいお料理でしたが、楽しんで頂けたでしょうか?
お子様のいらっしゃるご家庭で、このような辛いお料理は難しいかもしれませんが、大人だけでお食事されるような時にでも作って頂けると嬉しいです。

どれか一品でもレパートリーに加えて頂けると嬉しいです。

お野菜を洗ったり刻んだり、皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

来月は10月23日です。さて、何をしましょうか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お客さんの多い日。

日曜日、午前中、大工のFちゃんがお連れ合いのMちゃんと二人で来てくれた。大阪のご両親の介護でほとんど実家に戻りっぱなしの彼女と会うのは本当に久しぶり。

Fちゃんが建て増ししてくれた仕事場を見せたり、近況を報告し合ったり、アトピーの彼女のために西式の体操を教えたり、青泥を一緒に作ったり・・・あ、おしゃべりばっかりしてないで、お昼ご飯も作らなくちゃ。

IMG_1484.jpg

Mちゃんが「ぺんぎんさんのカレーが食べたい」と言ってたらしい。本当はベンガル料理がご所望なんだろうけれど、ベンガル料理を食べると歯の装置が黄色くなってしまうので、タイ料理に勝手に変更。ベンガル料理はまた次に来た時にしましょうね。

買い物に行ってないのでありあわせですが・・・ジャガイモとモヤシの炒め物、鮭と茄子のレッドカレー、キャベツとルッコラと水菜のサラダ、ケップ・ムー。そして、残り物のイタリア風煮豆。

本当はもっと4人でおしゃべりしていたいところだけれど、お二人ももう一軒用事があるらしいし、ウチも夜の部が控えているので、食事の後のお茶を終えた二人を見送る。

さて、夜は夫がいつも主宰する「勉強会」という名前の飲み会。

今回は料理のイメージが全然浮かばない。しかも、買い物も行ってない。冷蔵庫にあるもので何とかするしかないのだけれど、さあて、何を作ろうか・・・・ま、いいや、適当で。

適当に作りました。

IMG_1486.jpg

かぼちゃサラダ。これはポテトサラダみたいに作るんですが、これを食べると、「やめられない、とまらない」状態になってしまう危険な食べ物。甘さと酸味と玉葱の香りと塩味がいいのかしら?わたしにとってはほとんどドラッグという危険な食べ物です。
1度にたくさん作って、お客さんには半分お出しして、あとはチビチビバクバク食べるのだ。ああ、いけない。

IMG_1485.jpg

豆腐とピータンと生姜さえあれば美味しい一品ができてしまうピータン豆腐。
豆腐料理の逸品でございます。中国人恐るべし。

後は、ハマチの骨やら頭やらを塩焼きにしてカボスを絞ったり、大分からやってきたピリカラのシシトウでチンジャオロースーを作ったり、冬瓜のあんかけ、残りご飯で高菜炒飯、といういい加減なラインアップでしたが、いつも紳士な夫の同僚たちは、楽しく食べて飲んで、大いに盛り上がっておりました。
どんな料理でもウマウマと食べてくれる良いお客さんです。

お開きになったのは11時。お客さんを最寄り駅まで車で送って帰って来て、車庫入れしていると、なんと2度もエンストするではありませんか・・・わたしの車どうしちゃったの?!

というわけで、珍しく一日中社交に明け暮れていた日曜日でございました。
このところ食べ過ぎなので、ちょっと調整しなければ・・・

食べ過ぎてはいるが、わたしが色々料理をするから、ウチには人が集まって来てくれるというものです。

人が集まって、楽しい時間を過ごすと、家の中の気がとても良くなるんですよ。それに人を呼ぶと嫌でも片付けて掃除をしないといけないので、それなりに家の中がきれい(それなりですよ、そ・れ・な・り)になるし、運気は上がるし、友情は深まるし、良いことばっかり!!

わたしにとって、料理は数少ない、多少は人の役に立つ芸なのですもの。いつも夫と二人じゃつまんないってもんです。

はあ、よく働いたので、ブログの更新が送れてしまいました。あはは~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ピータン豆腐

中国料理の食材には不思議なものが少なくないけれど、ピータンってのもその1つ。黒い色といい、卵に土をまぶして瓶に入れておくという作り方といい、殻をむいた時にツンと鼻を刺すアンモニア臭といい、話だけ聞いたら「ええ?そ、それはちょっと・・・」とドン引き必至の食べ物であります。

だけど、これが食べ方を覚えると美味しいのです。わたしが初めてピータンと出会ったのは、中学1年の時の調理自習。なぜか中華のオードブルを作る、という不思議な会で、そこでピータンに出会いました。食べ方はクシ切りにしてからし醤油で食べるというものでした。
土を洗って、見慣れた鶏の卵よりも一回り大きく、灰色のぶあつい殻をコンコンと割ったら、黒いゼリーみたいな白身と木星の縞模様みたいな黄身が出て来て、わたしら生徒は大騒ぎしながら料理したことを思い出します。
家に帰って母に「今日ピータンってのを食べたよ。変な食べ物、お母さん知ってる?」と聞いてみたら「知ってるわよ。美味しいのよ」と言ったのでまたまたビックリしたっけ。

そんなわたしもいつのまにか、ピータンのお粥やら、ピータンの豆腐などを愛好する大人になってしまいました。

ピータンって、アヒルの卵をアルカリで固めてあるだけなので、生なのよね。

というわけで、お手軽豆腐料理の絶品は色々あるけれど、味の濃厚さと満足度と意外性ではダントツのお料理です。

豆腐は木綿でも絹でも、お好みで。しっかりと水を切っておきます。

ピータンは、豆腐一丁につき2つ、というのが基本ですが、わたしは来客の時でもなければ、豆腐一丁に卵も1つにしています。そりゃ2つ使ったほうが美味しいですが、1つでも美味しいですし、ピータンなど安いものですから、ケチったところで知れてるのですが、栄養とり過ぎるんでね、普段は1つ。

忘れてはいけないのは、生姜。これは欠かせません。葱はあってもなくても。ニンニクもお好みで。

タレですが、醤油、黒酢、砂糖少々、塩少々、胡椒。 これは基本の味付け。干しえびや干し貝柱を刻んでタレに入れてもいいです。そして、ごま油も。
タレの調合が面倒な人はポン酢でやってもいいかもしれません。(試したことないけど)

IMG_1485.jpg

こうやって、豆腐とピータンを丼に入れて、生姜を散らして、タレを掛けたら、グチャグチャに混ぜてしまいます。グチャグチャに混ぜれば混ぜるほど美味しくなります。くれぐれも上品に豆腐とピータンを別につまんで食べたりしないように。

どう?お酒にもご飯にも合います。
試してないけれど、ピータン豆腐を野菜と一緒に食べても美味しいかも・・・今度やってみよう。ピータン豆腐ディップ・・・うん、美味しそうです。

もし手に入ったら台湾のピータンで是非~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

世界の野菜レシピ

夫が「はい、プレゼント」とこんな本を買って来た。

ええ~、また本ですかぁ~?置き場所がないんだけれど・・・
でもありがとう。


からだにおいしい野菜の便利帳 世界の野菜レシピからだにおいしい野菜の便利帳 世界の野菜レシピ
(2010/04/27)
高橋書店編集部

商品詳細を見る


中身はこんな感じ

IMG_1489.jpg

野菜だけでなく、果物やハーブまであって楽しい上に、紹介されているレシピはレストラン料理ではなくて、家庭料理だ。

ベジタリアンの本ではないから、卵やお肉も出てくるけれど、ほとんど「野菜がメイン」なお料理ばかり。

ヘンテコな品種の野菜を買うのが好きな人はきっと楽しいだろう。わたしも「あ、これはこんな名前だったんだ!」という発見もたくさん。

図鑑としては、ちょっと物足りないかもしれないけれど、各国料理が好きな人には貴重なレシピ集みたいです。

料理の本を見ながら、ローへのアレンジを考えたりするのも楽しいし、「かぼちゃの新しい食べ方ないかしら?」などとパラパラ読むのも楽しい本です。

夫よ、いつも気に掛けてくれてありがとう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

このところの無茶苦茶と反省・・・

9月入って、タイに行ったり、急に涼しくなっちゃったりして、素晴らしい食欲が続いております。

身体の方は・・・そうねえ、やっぱり食べ過ぎ傾向にあると身体のキレが悪くなってきます。夏の暑い時期の昼寝の習慣をまだ引きずっているわりに、夜もしっかり眠れるわたしは眠り病?
でも、朝は7時前(遅い?ワタシ的には早いんだけど・・・)にはシャキっと起き出して体操を欠かさないのだから、これでもずいぶん成長したんですよ。

しか~し、こんなに食べていてはいけない。天高く、馬は肥えてもわたしが肥えてどうする。痩せていた時に買ったパンツ、ちょっとカッコ良くて「これはブカブカになってしまった皮パンの代用になる」と大切に仕舞ってあったのに、シーズンが来たらパツパツなんてのはみっともない。

12月の展示会に向けて、仕事の能率も上げなくちゃイケナイし、いつまでもダラダラしているわけにはゆきません。というわけで、明日から10月になることだし、野菜も充実してきたことですから、また生菜食に戻ろうと思います。生菜食といっても、まだ茄子もかぼちゃもあるので、かなりのユルユルになりそうだけど、青泥、生玄米、根菜泥、豆腐の順列組み合わせ、寒い日は炊いた玄米、ってな感じで再開です。

根菜さんチームにはかぼちゃやさつまいもも参加することにします。外食する時はきちんと楽しみます。途中久々に断食やらレバーフラッシュやらを織り交ぜつつ、また粛々と生菜食始めます。

ローフードから甲田療法にユルユルとシフトして、一番恩恵を感じるのは、シンプルなこと。そして、本当にお金が掛からないこと。

ナッツもいらないし、アボカドやスプラウトもいらない。
買い物は産直市だけで済んでしまうし、取り寄せが必要なものは、スイマグと柿茶だけ。これらは日持ちがするので、買い置きが出来る。冷蔵庫に保存する必要もないので、押し入れの中にでも入れておけば良い。

西式の体操をきちんとするようになってから、ヨガに通う必要がなくなって、これまた節約に貢献。

敷き布団は必要なくなったので、客用の2枚を残して処分してしまい、押し入れはスッキリ。

お料理のレパートリーがなくなるのは、やはり辛いものがあるけれど、生菜食を食べている最中は、「なんであんなに色々食べていたのかしら?」という気分になってくるから不思議です。でも1度生菜食を離れると、また生菜食に戻るのは至難の業で、体力気力充実してこなければ、始められないところがあります。

だけど、また戻ってきました。これで自宅3回目の生菜食です。厳密にはやらないけれど、間食ナシを目指します。最近夕方黄昏れてくると口寂しくてパリパリしたものが食べたくなるのよねぇ~。いけないわ~。

お布団を整理したのだから、腹の周りの肉もまた整理しよう。あ、ダイエット目的じゃありません。あくまでも目的は魂の向上ですよ~。
生菜食ばんざーい。
さあ、お米を水に浸そう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック