FC2ブログ

食べ物とカイカイ

わたしは時々身体があちこち痒くなります。これを「カイカイ」と呼んでます。

例えば、中国を旅行して、家で飼っている豚とその油で調理したものを3日くらい食べた時とか、上海に旅行に行って、名物の豚の角煮をウマウマ食べた時とか、タイを旅行中に、パクパクタイ料理を食べた時などスネや太ももがプツプツ赤くなって、カイ~痒いよ~、となります。堪え性がないので、掻き壊して傷にしてしまいます。血が出ても痒い。


アトピーの一種なんだと思いますが、たいてい旅行中なので、化学調味料とか、使っているオイルが悪いからかな?豚の脂をたくさん食べるとダメなのかしら?と思っていたら・・・

年末、実家に帰った時に、両親がステーキハウスに連れて行ってくれました。目の前の鉄板で野菜やお肉を焼いてくれるアレです。

鉄板にサラダ油を垂らして、バターの固まりをゴロゴロと入れて・・・野菜もシーフードも、もちろんお肉もアブラでジュージュー。

お肉はもちろんサシの入ったものでございます。それをご丁寧に脂で焼くのです。仕上げのご飯ももちろんアブラ炒め。油脂の量は半端じゃないと思われます。

わたしは健啖家ですし、体調が悪いわけでもないのに出されたものを残すようなことはいたしませんから、頂きました。ついでですが、70代半ばの母と80歳手前の父も同じように食べてます。油物がちょいと苦手な夫はかなりしんどそうでした。

それはそれで結構なんですが・・・後からきました、身体が痒い。

そうか、痒くなるのは豚が原因ではなくて、脂が原因だったのだ、と判明しました。冬場ですから、空気が乾燥しているので、痒いシーズンではあります。今までは自宅で自炊を食べていても毎年スネとお腹は痒くなっていたのだけれど、今シーズンは痒くなくて良い感じだったのに、残念なことであります。

ツラツラ考えるに、アブラを急にたくさん取って、肝臓が悲鳴を上げているのではないかしら?アブラが十分に代謝しきれなくて、ナニモノかが皮膚をカイカイにさせているのではないだろうか?

その後、すみやかに青汁断食などをすれば良かったのですが、何かとイベントの多い年末年始、そのままお正月へと突入し、オヤツのぜんざいなどという余分なものを食べながら経過しております。

実家から戻ってしばらくは、カイカイの他にも正座していると足が痺れたり、なんてこともあり、「ああ、むくんでいるのだなあ」とわかります。

カイカイのほうは、お風呂上がりにスイマグを塗ったりして、なんとか収まりつつありますが、やっぱり外食恐るべしでございました。

両親との外食もちょっと考えなければいけません。わたしの両親はサイボーグに違いないのですから、あの人達の好みに合わせていたら、こっちの血管が先に詰まりそうです。

やっぱり、1日くらい青汁断食や澄まし断食などをやってリセットする必要がありそうです。でもな~、食べなけりゃいけないものがまだたくさん・・・

お正月も今日でお仕舞い。明日から夫は出勤。わたしも来年の個展に向けて、がんばらなければいけません。

今日は原毛を洗いました。

IMG_1730.jpg

右がシェットランド、左がポロワス。かわいい~。
お料理してあげるから、待っててね~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック