FC2ブログ

マグネシウムは肌荒れに効く!赤ちゃんでの実験。

昨日の話、「スイマグはただの下剤じゃない」の続きです。

最近読んだ本。

賢い皮膚―思考する最大の“臓器” (ちくま新書)賢い皮膚―思考する最大の“臓器” (ちくま新書)
(2009/07)
傳田 光洋

商品詳細を見る


著者は化粧品会社の研究室の研究員で、皮膚科のお医者さんじゃなくて、分子工学の研究からなぜか資生堂に入った人です。だから、発想がちょっと違うところが面白い。

この本、ちょっと難しいのだけれど、すごく面白いので、皮膚トラブルなどでお悩みの方は是非読んでみると良いと思います。

この本に出てくる目から鱗なお話はすごく沢山あるのだけれど・・・

皮膚って電池になってるらしい・・・??ですね。皮膚が電池なんて。なんでも、皮膚断面の表と裏で電位が違うらしい。おまけに、ストレスなどが掛かるとこの電位差がなくなるそうな・・・

だから、ストレスがかかると胃潰瘍になったりするのかしら?アトピーもカイカイになるよね。

皮膚をセロテープを張って剥がして、角質表面に傷をつける。(こんな方法で肌荒れを作るところが面白い)
すると、イオンが拡散してしまって、電位差がなくなるらしい。
そこに、マグネシウムを塗ったら、皮膚表面がマイナスに帯電するので、また皮膚は電池状態に戻ることができる。そして、傷が早く修復されるらしい。(かいつまみすぎていて正確な記述ではないと思います。)

実際にはもっと難しいことが書いてあるのだけど、肌荒れや傷にはマグネシウムを塗れば良い、ってことはわかりました。

はは~ん、なるほど。これが「マグネシウムは腸壁の傷を治す」ということなのだ。腸壁の傷が治るってことは、お肌の傷も治るわけです。

そういえば、甲田先生は、アトピーのかゆみを抑えるのに、「スイマグとオリーブオイルを混ぜたスイマグオリーブを塗ると良い」とどこかで書いてあるし、スイマグを出している会社は、「スイマグクリーム」なるものも発売しています。

最近、料理教室に赤ちゃんを連れて来てくれる方があるのです。最初に来た時はまだ2ヶ月くらい。今ではもう半年くらいになって、ずいぶん動き回るようになりました。
うちは子供仕様になってないので、普通料理教室への子連れでの参加はお断りしておりますが、この親子の場合、まだ本当に赤ん坊なので、ウロウロしないから来てもらうことにしました。西式健康法のおかげで、教室中でも邪魔にならない、とても良い子に育ってます。それ以上に、お母さんの落ち着いたキャラクターが良いのかも・・・)

お母さんの食事があまり乱れなければ、子供にアトピー症状は出ないのですが、お母さんが色々NGなものを食べてしまうと、子供のおでこにプツプツが出て痒そうにしています。
その方は100%母乳育児です。

前回、子供がおでこに手をやってむずがっていたので、「マグネシウムを塗るとかゆみが取れるらしい」と本の受け売りをして、うちにあったスイマグを塗ってみました。(うるさいなあ、大人しくさせよう!という魂胆です。)

すると、おでこに手をやらなくなって、ニコニコとご機嫌に笑い始めたのです。これにはスイマグを塗ったわたしもビックリ。

ただし、スイマグを塗ると、白くなります。
今はシーズンじゃないけれど、アセモとか、日焼けには抜群に効くんじゃないか、と思います。

西式健康法では、新生児にもスイマグを飲まして、胎便を出すように教えるのですが、いつも美味しいオッパイしか飲まない子供に、いくらリンゴジュースに混ぜてみてもスイマグなんか飲むわけありません。

だけど、お母さんがスイマグを飲むと、子供のお通じも増えるのだそうです。これは、子育て中の人は是非心に留めて欲しいな、と思います。
大人でも1日3回便通があるのがいいのです。赤ん坊ですから、1日に5回くらい出ないようなら、便秘の心配をしたほうが良いと思います。

しかし、ほんとに子供が急にご機嫌に変身したのにはビックリしてしまいました。
わたしも年末のごちそうの後遺症、スイマグを塗ることで対処しております。

皮膚表面で起こっていることは、腸壁でも起こっていることだと思っています。

西勝造先生も、甲田先生も皮膚が電池になってることなんかご存知なかったんじゃないか、と思いますが、マグネシウムの効用は良くご存知で、スキンケアにもご推奨なさっているのですね。

ちなみに、市販のミルマグというものは、わたしは買ったことないのですが、添加物が色々入っているのだそうです。甲田先生は濃度も薄いとおっしゃってます。

通院していて、マグネシウム剤を処方してもらえる人は保険を使って薬を買った方がお安いんじゃないか、と思いますが、そうでない人は、ネット通販でスイマグを買うか、ミルマグを使うか、どれかになると思います。

またまた長くなってしまいました。お次は、スイマグと一酸化炭素を書いてみましょう。

驚くほど元気に成長している、Tくん。おっとり、しっかりお母さんをやっているHちゃん、いつもミラクルをみせてくれてありがとう!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック