FC2ブログ

嬉しいお知らせ。

このブログも3年目に突入。料理教室で最初にローフードをやってからもう4年が経ちます。

グリーンスムージーを実践してらっしゃる生徒さんのお父様のポリープが消えたお話は書きましたが・・・
ポリープが消えた
お母様は胃潰瘍があって、ピロリ菌の駆除をしないといけないけどどうしようか、という状態が何年も続いておられたのだそうですが・・・
去年の健康診断では、とっても綺麗な胃だったそうな。
食生活や習慣で変わったところはグリーンスムージーを時々食前に飲むだけ、だそうで、「それは親孝行だったね」と喜んだものでした。
彼女のご両親、壮年は通り越して、高齢者のカテゴリーに入ると思われますが、60代の方にもこんなに効果が表れるのは素晴らしいなあ、と思うのでした。

そして最近、「わたしも、しもやけ出来ません~」とか、「頑固な便秘が治ってきました」というコメントも頂いて、良かった良かった。
そういえば、夜中にトイレに行かなくなりました、っていう嬉しいご報告もありましたっけ。
腎臓のケア

健康情報は本当に氾濫していて、何をどう取り入れたら良いか、真面目な人ほど分からなくなっちゃいます。ローフードだって、すぐに目覚ましい効果がある人もいれば、何だか良くわからない人もいるし、反対に体調が悪くなっちゃう人だっています。

これが絶対!という食事法はとりあえずありません。西式甲田療法では、身体の癖も、体質も乗り越えて治しちゃう究極のメソッドなんだと思います。当然、合わない人には、体質を乗り越えるまで大変な反応(つまり不調)がやってくると考えられます。

大事なことは、自分が身体にやっていることは、必ず良くも悪くも結果を伴います。その結果を引き受ける覚悟で、自分の身体や健康、つまり人生に責任を持って、調べて、勉強して、実践することが大事だと思います。

自分のやったことに責任を持つって、自由への道なんだと思うのです。なかなか簡単ではなし、「あんた、そんな立派なことがよく言えるねえ」と突っ込まれそうですが・・・
はい、理想は高く、自分の人生に責任もって自由を手に入れよう~。

健康は最大の財テクだし、危機管理ですもん。身体さえ健康だったら、どんな苦境も切り抜けられるはずです。
なにやら、肝臓が弱ると、悲観的に考えて、ウツ傾向になるのだそうな。肝臓の健康な人は絶対自殺なんかしないそうです。甲田先生の本のどれかに書いてありました。

健康になったその後に何をするか、そちらの心配もしないといけませんが・・・

肝臓さん、今日もありがとう、とお風呂の中で右の脇腹を優しく撫でよう。そして、明日も楽しく暮そう!

寒いですが、皆さんよい週末を。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック