FC2ブログ

ご質問いただきました。

久しぶりにご質問いただきました。メールフォームからのご質問ですが、お返事はブログから差し上げます。
まず、毎度のことではありますが、ご質問は、Q&Aのカテゴリーに眼を通してからお願いします。
ご質問頂いてます。もガイドラインとしてお読み下さい。

いきなり質問されても、わたしには質問者さんがどんな人だかまったくわかりません。年齢も、性別も、身長、体重、今までどんな生活をしてきたか、何も分かりません。「教えて下さい」と言われても、あなたがどんな人だかわからないのですから、教えて差し上げることはできませんが、文面から判断してわかる範囲で書いてみます。

さて、ご質問です。プライバシーには何も触れてないので、そのまま引用します。

私事ですが、昨年体調不良でたおれ難病疑いということで、西式甲田療法をしています。以前は、玄米菜食で運動も定期的にして健康的に生活していたのに、こんなことになってしまい、そして西式甲田療法に出会って、食事や生活などいろいろと見直しをしている最中なのですが、大きな疑問が出てきて、失礼とは思いましたがメールさせていただきました。

質問というのは、甲田療法で必要な栄養が補給でき健康的な生活が送れるなら、玄米菜食やマクロビなど食事自体の意味は何になるのかなと言う思います。家族・友人とすごすときの食事時間は充実して、食事を介してよりよい時間にもなりますが、それ以外にもあるのでしょうか?料理教室をされていて、いろいろと造形が深く、また西式甲田療法を実践されているペンギンさんのご意見をお聞かせいただきたいと思います。ぶしつけで、勝手ではございますがよろしくお願いします。



西式甲田療法にはいろいろなパターンがあります。どれをなさってるのかわかりませんが、甲田療法を続けることは本当に大変なことだと思います。修行です。

甲田先生のご著書を何冊か読まれているのではないかと推測しますが、ご自分がどうして病気になったのか、本を読んで思い当たるところがあるでしょうか?甲田先生は、西勝三先生に出会って、ご自分がどうして病気になったのか、どうしたら病気が治るのか、分かったと書いてらっしゃいます。医学生のころのお話です。
もし、まったく思い当たらないなら、甲田療法は合わないので止めた方が良いと思います。

自然療法や民間療法はたくさんあります。「あ、私が病気になったのは、これだ!」と思えた方法を試すのが良いとおもいます。

マクロビと甲田療法は全く違うものです。また食事療法も甲田療法はひとつのやり方で、他にも色々あります。
甲田療法で必要な栄養が補給できるかどうかは、甲田療法には色々なメニューがありますので、どのメニューについておっしゃっているのかよくわかりません。
生メニューと加熱メニューでも全く違います。ただの玄米菜食のようなメニュー(魚やレバーを食べるものも)だって甲田療法の中にはあります。

食養を続けて、宿便を出して、腸の状態がよくなってきたら、栄養の吸収がよくなってきます。そうなれば、極端な話、森美智代先生のように青汁一杯で生活することができるようになります。

>家族・友人とすごすときの食事時間は充実して、食事を介してよりよい時間にもなりますが、それ以外にもあるのでしょうか?

うーん、この部分、一番お聞きになりたいところなのでしょうが、申し訳ないけど、ご質問の趣旨がよくわかりません。どなたか、分かる方、解説してください。

森美智代さんの本に出てくる甲田先生のお言葉ですが、「食べる楽しみよりも生きる楽しみを見つける」とおっしゃってます。甲田療法の食事法を厳しく守れば、旅行も外食も、友達との会食も、バレンタインのチョコレートも、記念日のフランス料理も無しです。

森さんは生菜食Aを食べていた高校生の時にお弁当に大根や山芋や人参をおろし金持参で持って行って、友達がお弁当を食べてるところでスリスリしていた、というようなことをどこかで書いてらっしゃいました。森さんはたいして気にならなかったそうですし、お友達も「森さんはこんな人」と思っててきっと気にしてなかったんじゃないか、と書いてらっしゃいます。
これなら、友達と一緒に食事の時間を楽しんでいたとなりますね。

ご病気ということですが、甲田療法は本当に厳しいものだと思います。ご自分で判断なさらず、甲田療法をやるのであれば、久留米の愛康医院にでも行かれると良いと思います。

西式健康法の掲示板には、病気を甲田療法で治している人がたくさん意見交換なさってます。温かい雰囲気ですので、同じように病気と戦っている人からの助言が受けられると思います。ただし、かなり過去まで遡って、過去記事を読んでから参加なさってください。(過去記事は読んで参加する、という暗黙のルールになってるそうな)

玄米菜食だからといって、健康だとは限りません。東城百合子先生は「病気になるのは根性が悪いからだ」なんてことをおっしゃいますが、わたしもご病気になられる方はどこか頑なな心や、心の底に恨みつらみのようなものを抱えてらっしゃるようにお見受けします。

東城先生式に言うと「根性を入れ直す」必要があるし、甲田先生的な言い方ならば、「心の宿便を出してしまわないと、身体の宿便は出ませんよ」というお話になります。

心と身体は繋がっています。食べ物も運動も、どちらも同じく大切です。身体を変えるには精神修養を、心を変えるには身体修養をするのがいいそうです。

という具合に限られた情報の範囲で精一杯お答えしてみました。
次からメールではなく、コメント欄になるべく公開でコメント下さいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック