FC2ブログ

脱テレのススメ、その2

テレビは強力な洗脳ツールです。

たとえば・・・最近はないのかな?ホームドラマ。
幸せそうな家族に問題が起こって、いろいろあるけど、結局うまくいく、というようなストーリーが多くないですか?

うちにはおばあちゃんがおりました。おばあちゃんは一日中テレビを見ていた人でした。ドラマなどもよく見ていたと思います。

うちの家族は特に大きな問題があったわけではありませんが、兄弟喧嘩もするし、親子喧嘩もする普通の家族だったと思います。

ある時祖母が「なんでうちの家族はドラマみたいに仲良く出来ないのか」とボヤいたのです。

そのころわたしは中学生くらいだったかな・・・おばあちゃんは一日中テレビを見ていたけれど、子供にはテレビを見て良い時間が限られていたので、ドラマなんか見たくても見れなかった(見せてもらえなかった)のですが、わたし、「はは~ん」とわかってしまいました。

「テレビって実際には有り得ないことをさもあるように演出するんだ」
ってこと。イヤなガキですね。

おばあちゃんは洗脳されてしまって、「うちは不幸で仲の悪い家族だ」とでも思っていたのでしょう。テレビドラマのような家族なんかあるかもしれないけど、それって気持ち悪くないか?!

そうやって考えたら、「やりがいのある仕事」も「仲良し家族」も作られた幻想なんじゃないかしら?
目標を持つことは悪いことではないけれど、現実なんて、どれも似たようなもの。だって、自分自身が作り上げているんだもの。

テレビの刺激ってすごいです。画面が動くと意識が自然にそちらに行きます。音声と動画で見せられ聞かされたら、まるで自分がそのまま体験しているような錯覚をします。体験してないのに、知ったつもりになりますが、それはすでに意図されたもの、つまり「洗脳」なのです。

そんなわけで、テレビ無し18年の生活をしてみて、テレビってのは無くて良いものだと思うのです。
必要な情報は今インターネットもあるのですから、自宅にいながらかなり調べることができます。もちろん、ネットも問題があるけれど、動画と音声の刺激を受けずに情報集めが出来る。

「○○がいい!」という情報にも、テレビだと洗脳されてしまいますが、テキストだと「ちょっと待てよ」と一歩下がって自分で判断することも出来ます。

自分の感性を守りたい人は、テレビ、要注意です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック