わたしは東京、夫は大連でした。

長いことブログをお休みしていたのは、お留守だったからです。
29日から作品展やワークショップのために上京して、今日戻ってきました。なんだかすごく遊んだというか、働いたというか・・・
日頃、家の中でひとり静かにブツブツ独り言を言ったり、外れた調子で歌を歌ったりしている静かな生活から一変して、たくさん人にお会いして、たくさんおしゃべりして、たくさんお料理作り、たくさんの皿や茶碗を洗いました。

東京滞在中のお話はまたボツボツ書こうと思います。

とりあえず、キャッシュを空にするために今日の出来事など。

帰りの羽田空港のラウンジでお茶を頂きながらあちこちにお礼のメールを携帯でピコピコしていたら、いきなり肩を叩かれて、心臓が飛び出そうなほどにビックリして振り向いたら夫が「そんなに驚かないでよ」と苦笑いしていました。

久しぶりに見る夫の顔は・・・やっぱりいつもと同じ。
彼は、同じ飛行機で東京に来て、お母さんと一緒に義母の生まれ育った大連へ行ってたのでした。
義母はツアーで何度か大連に行ってるけれど、自由旅行をするのは初めて。探偵みたいになんでも探し当てる息子をお供に今回は、小学校や女学校、昔住んでいたあたり、よく遊んだお友達の家を探して歩いたそうです。

再開発の進んでいる大連の町で、奇跡的に残っていた一角に義母とよく遊んだ女の子の家がそのまま残っていて、その日お願いしていた通訳さんに尋ねてもらうと、記憶の少女と良く似た中年の女性が出て来たらしい。

そこで「○○さんのご家族ではないですか?」と聞いてもらうと、「それは父のお姉さんに当たる人です。よく日本の女の子と遊んだと聞かされましたよ。まあ、その方が尋ねてくるなんて!!」ということで、記念写真を一緒に撮ったりしたらしい。残念ながら、「女の子」は、大連には居らず、体調もすぐれないので直接に会うことは叶わなかったそうな。

義母の家族は、敗戦後、2年間中国の人たちに匿ってもらい、その後引き上げて来たらしい。途中幼い兄弟を2人亡くす逃避行、着の身着のままでお祖母さんの実家に転がり込んで、義母はしばらくその土地の郵便局で働いたりもしたらしい。

義母にとっては楽しくも悲しい思い出の土地。

広島に戻って「無事着いたよ」と電話を掛けたら、わざわざ私を電話口に呼んで、「とても楽しかったのよ」と話してくれました。あまり楽しいとか嬉しいと言わない義母にしたら珍しいことですが、長男と二人だけで懐かしい土地を歩き回ったのだから、楽しくなかったはずはないですね。

一緒に行けなくてちょっと残念ですが、夫にどんなものを食べたのか聞きながら、一緒に食べたかったような・・・・食べなくて良かったような・・・

複雑な気持ちになったのでした。

広島に着いて車に乗ったら、珍しく夫が私の手を握って「久しぶりだね」とちょっと恥ずかしそうに言った。

野菜を買って帰って、荷物と野菜だけ置いたら、今度は夫の車に乗って、山奥のコーヒー屋さんに行って、残り少ない連休を一生懸命楽しむのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

秘密の食堂。

連休最後の日は映画に行こうと思っていたのに・・・
一日中寝てしまいました。
というわけで、謀らずとも久々のプチ断食。お昼は、青菜を洗う元気もなく、かといって、夫は青泥など作ってくれるはずもなく・・・甘夏を絞ってバナナと粉末青汁、というスムージ。
粉末青汁は元気のない時にも便利ですね。

奥さんとデートの予定が吹っ飛んでしまったので、夫は種まきの準備などしておりました。「あ、種まくんだったら、トゥルシもお願い」と去年の展の時にちくたくさんが届けて下さったトゥルシの種もまいてもらう。

さて、Tシャツ展にはわたしが滞在中にもたくさんの方にお越し下さいました。Tシャツを染めるのは、わたし本来の仕事ではありませんが、普段やっている糸紡ぎや織物は一点出来るまで膨大な時間が掛かりますが、Tシャツを染めるのは、1日にいくつも出来てしまうので、それはまた楽しいことであります。

このたびは久々に数日滞在したので、恒例の「秘密の食堂」が復活。
最初の夜は、ベンガル料理、翌日のランチは、タイ料理の「カオマンカイ」というチキンライスでした。

ベンガル料理は、nullさんのブログに大変詳しくご紹介頂きました。

お料理は、チャナチュール(インドのスナック)ペアージュ(レンズ豆と玉葱の揚げ団子)人参炒め、小松菜炒め、新キャベツのサラダ、タラのスパイス風味揚げ、ミックス野菜のドライカリー、チキンカリー、ダール、タピオカ、スイカ、チャーイ
でした。最後お茶でお腹チャポチャポになりました。

nullさんはニンニクが苦手とブログに書いてらしたので、ちょっと控えめにしたけど、あまり関係なかったかな?
震災以来料理を作る気分でないことと、ローフードなど始めてからあまりガッツリ料理を作らなくなっているので、ベンガルディナーをきちんと作れるか、あまり自信がなかったのですが、何とかなって良かったです。

テーブルが二つに別れていたので、あっちやこっちと、バタバタしてしまい、お手伝いして頂くわけにも行かず、不手際はいつものことですが、落ち着いてお食事していただけたかどうか、ちょっと心配しておりましたが、にし式体操のデモを食事の合間にやってくださったりして、どちらのテーブルも大いに盛り上がって、楽しい夜を過ごして頂けたようです。

手食もチャレンジいていただきました。これねえ、危険が危ない食事法です。指先でまず味わって、それからお口で味わうという、なんとも欲張りな方法です。そういえば、良い箸を使うと、箸先でもちょっと味わうことができますが、指で食べるともっとよく味が分かります。
食べるぎるので要注意ですが、食べる時は存分に楽しまなければいけません。

くまさんご夫妻、nullさん母娘、どうもありがとうございました。

翌日のカオマンカイランチ。
チキンを茹でて、そのスープで炊いたご飯に茹でたチキンと特製ソースで頂くお料理です。あらかじめスープを作らないとご飯が炊けないので、家庭で作るというよりも、専門店で食べるお料理です。

IMG_1995.jpg

中学の同級生が友達を誘って来てくれたり、クリスタリウムのしづかさんも来て下さって、ゆっくりとお楽しみ頂きました。しづかさんにはもっとお話をお聞きしたかったのに、わたしは料理の仕事が忙しくて、あまりゆっくりお話できませんでしたが、お互い持っているパワーストーンを交換したりして、楽しかったです。

ランチの仕事が一段落して、ほっとしていたら、石ともさんが来て下さったり、ランチの前にはみっきねぇさんが来て下さったり、ちくたくさんが2度も来て下さったり、色々な方が来て下さるのでした。

ありがとうございます。わたしはもう広島に戻りましたが、展のほうは日曜日までやっております。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

早速「勉強会」

そうだった、今日は勉強会の日だった。
昨日は1日寝ていたけど、今日の体調はわからない。

お昼は、青泥と玄米クリームを食べたのだが、やっぱり胃が重くなってしまたので、買い物に行くのは諦めて、小出先生のビデオを見ながら寝てしまう。
冷蔵庫にホウレン草がたくさんあるから、それでなんとかしよう。なんとかなるだろう、多分。

というわけで、4時頃ゴソゴソと起き出して、大根をふろふきにする。
炊き物をひとつ作っておくとちょっと便利。

うどの皮むきをして、中身はスライスして、ポン酢。

IMG_2039.jpg

葉の部分は天ぷらにしたけれど、皮は金平。
在庫豊富だったホウレン草は、ピータンを乗せて、テンメンジャンのソース。
友達にもらって冷蔵庫で出番を待っていた、鮒のなれ鮨も大根の千切りと一緒に出してみる。

ウドの皮の金平は美味しいねぇ~。歯に絡まるけど・・・

IMG_2038.jpg

天ぷらは、庭の柿の葉、ウドの葉、こしあぶら、たらの芽。

マグロのカマがあったので、これはグリルにしてレモンと塩のタレを掛ける。

チキンを塩麹でまぶしてグリルし、大根の煮汁で炊いたご飯に混ぜる
自称、「焼きカオマンカイ」

菜の花と人参と大根の三五八漬け

あれ?もっと作ったような気がするけど、まあいいや。

お客さんにはきっと買い物に行ってないことはバレてないだろうな。これも昨日体調が悪くてわたしが何も料理をしなかったおかげだ。
ちなみに、夫は一人で、昼は納豆と卵、夜はチキンのミンチとホウレン草を炒めて食べたらしい。何しろホウレン草はたくさんあるのだった。

明日は晴れて買い物に行こう。そろそろ山菜天ぷらでうどんを食べるシーズンだ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ウーニンさんのアトリエで西式体操。

ご報告が遅くなりました。

5月2日、ウーニンさんのアトリエで、西式体操のワークショップをやりました。

これらの体操はとっても変な体操で、オシャレとか、トレンドとか、を超越した、ほとんど宇宙人的体操なのですが、その宇宙のエネルギーが入るのかどうなのか・・・よくわからないけど、簡単でお金は掛からないけれど、とっても効果が高いのです。

大地震があったり、原発が水蒸気爆発したり、と大変な毎日ですが、こんな時だからこそやっぱり身体は労ろう!身体の歪みを治して、関節を正しい位置にはめて、自力で元気になりましょう!というのが西式の体操なのであります。

変な体操ですが、別に人に見せるわけじゃないから、と細々と続けていましたが、人に見せる羽目になってしまいました。恥ずかしいですねぇ~。でも、恥ずかしい体操も、みんなでやれば怖くないのでした。

というわけで、とってもオシャレなウーニンさんのアトリエ。

IMG_2008.jpg

レジュメ、R.A.W.のパンフ、Tシャツ展のDMがハイセンスに並べられてお客さまをお待ちします。お花がきれい。

IMG_2009.jpg

お花の横には、青泥用のお野菜が出番を待ってます。秤がないので適当に洗ったけど、ちょっと少ないかも。

IMG_2010.jpg

お土産のローチョコはウーニンさん作。わたし、ローチョコは初めてです。材料はあるし、温度計も買ったから、やっぱり作ってみよう。

2時間のセッションを2回、たくさんの方に来て頂きました。人の身体はそれぞれ違います。今の身体があるのは、今までの人生の積み重ねがあるからです。いきなり都合良くピカっとは変わりませんが、今までの人生を肯定しながら改善するのだ、という気の長さが自力で身体を治す良さだと思うのです。

頑固なわたしはなかなか体操で身体が変わってくれはしませんが、気長に気長に、継続は力なり、の西式体操です。本当に必要な物はすべて揃っているのです。チルチルミチルの青い鳥でも、オズの魔法使いでも宝物は全部自分が持っていたんだよ!というオチになりますが、健康や幸せだって同じことだと思うのです。

御参加くださったブロガーさんがとても素敵に報告してくださってます。

みっきねぇさんつばめさんマツコさん

ちょっと褒め過ぎ~な感じですが、どうもありがとうございます。大阪や仙台など遠方からもおいで下さいました。
有料のワークショップということで、内容以外のことはお願いされてもお断りしなければいけませんでしたが、このような有料のプログラムの性格上しかたなかったと、御了承いただければ、と思います。
ほんとにごめんなさい。

食事法と同じく、ボディーワークも色々あります。ご自分に合った方法で少しでも身体の状態や生きることが楽になればな、と思います。その点西式はとてつもなく合理的でものぐさで運動の嫌いなわたしにはピッタリなのでした。

御参加くださったみなさん、何かご質問や身体の変化などありましたら、メール下さいませ。

このような素晴らしいワークショップを企画してくださったウーニンさんにあらためて感謝です。そして、すばらしい参加者のみなさまにも、ありがとうございました。

また機会を頂けましたら、このような出張ワークショップを開催できれば、と思います。
ほんとにありがとう~。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Tシャツ展2011 ありがとうございました。

Tシャツ展も今日まででした。
たくさんの方においでいただき、色々とお土産も頂きました。ありがとうございます。

IMG_1998.jpg


日頃広島で引きこもっているので、ブログを読ませて頂いたり、コメントでおしゃべりさせて頂いている方とお会い出来るのは、本当に嬉し恥ずかしではありますが、とても嬉しく楽しいことです。

外泊などして、帰ってこなくてお待たせしてしまったり、せっかくお越し頂いたのに、お会い出来なかったり、ゆっくりお話できなかったり、と失礼なこともたくさんあったかと思いますが、作品に免じてお許し下さい。

今年は男性用のTシャツが良かった(今年のユニクロのメンズのTは買いですよ!)せいか、ベストドレッサーも男の子でした。

IMG_1994.jpg

ゴルフを早めに切り上げてベンガルディナーに間に合って下さったクマさんご夫妻。
ご覧下さい、この貫禄。まるで肌に張り付いているみたいです。

そして、女性用のLサイズを着こなしてくれたVANさん

IMG_2006.jpg

細身の男の子が女性用のTシャツを着るのも素敵です。

IMG_2024.jpg

ちくたくさんが池袋から買って来て下さったシュニッツェルと

IMG_2026.jpg

玄米の味無しセンベイ。
あ、これ断食明けに良いですねえ。しかし、一般人には「味がない」とイマイチ。わたし1人喜んでました。

しかし、作品展に食べ物もって来てもらっても・・・

IMG_2028.jpg

作家には餌を与えないで下さい~。



次は12月のおくりもの展の予定です。織物作品を中心に展示させて頂く予定です。

本当にありがとうございました。お買い上げ頂けると、何よりの励みになります。
また次の作品展に向けて、制作に励みます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

リジュベラックと紅茶キノコ

ウーニンさんに分けてもらった紅茶キノコ、最近やっと温かくなって来た(つーか、冬が終わったらいきなり夏?!)ので、株も成長してきました。

ウチの台所はオリーブオイルが固まって使えなくなっちゃうくらい寒いので、最初の3ヶ月ぐらい変化なかったのですよ~。

紅茶キノコ、わたしが子供の頃世間では一世を風靡しておりましたが、わたしの母は作っていなかったので、どんなものか知らなかったのです。まあ、子供ですから、美容や健康にはまったく興味がないわけです。
美容とか、健康なんて、ダサイ!と思ってるのが子供ってもんです。

わたしが紅茶キノコブームの再来を知ったのは、4年ほど前にうちに来た35歳のアリゾナ州立大学の学生さん(元グリーンベレーのオッサン)からでした。

「コンブチャって知ってる?」
「ナニそれ?」
「カビつーか、キノコみたいなもんで、紅茶の中で増えるの。ロシア原産の健康飲料だよ」
「あ~、知ってるよ。子供のころ流行ってた。飲んだことないけど」
「また流行ってるんだよ」

と教えてくれたので、ローフードの人たちが紅茶キノコを育て始めたのを見て「やっぱりあのオッサンが言ってたことはホントだったのだ、しかし、なんで昆布茶?」と確認したわけです。


でもね~、これ良いですね。
まず製造が簡単。
お味もマズくない。
ドンドン増える。
ゴミは茶殻くらい。
お通じが素晴らしい~。

紅茶キノコを青泥の混ぜる水分に入れたり、清涼飲料として飲んだり、ソースやスープの水分に使ったり、しっかり酢酸発酵させて、ドレッシングの酢に使ったりも出来ます。これ、ほんとすごいね。

リジュベラックだと、麦や玄米を発芽させて、放置して、あ、紅糀菌が繁殖してる・・・と赤くなったところを外したり、作ったは良いけど・・・「やれやれ、飲むか」と、ちょっと飲むのに気合いがいるお味。
腐ってるのか、発酵してるのか、常に微妙な存在なのです。

手間暇、お味、お手軽さ、使い勝手、どれをとっても紅茶キノコの軍配が上がります。

作り方は紅茶でも緑茶でもいいらしいので、わたしは中国で買った緑茶を使ってますが、今日から紅茶バージョンも仕込みました。だって、株が増えて来たんだも~ん。

オーストラリアの紅茶キノコのサイトにレシピが載っていました。
このサイトは英語ですが、自作紅茶キノコについて一番詳しいです。
kombucha 
株も送料だけで送ってくれます。3000円くらいみたいです。

水4ℓ、ティーバッグ4~6個、砂糖300g、株一個、紅茶きのこ水400cc

なるほど、紅茶キノコ水を入れることでphを酸性にして、雑菌の繁殖を抑えるわけですね。
フレーバーティーでつくるとフレーバー紅茶キノコドリンクが出来るらしい。
どっかにアップルティーがあったような・・・

うちのキノコはまだ炭酸発酵するほどではありませんが、これから温かくなって期待できるのであります。

鋭意培養しているので、次回料理教室でお分け出来ますよ。ご希望の方は瓶持参してね。

IMG_2042.jpg

右はバングラデシュの紅茶、左は雲南省の大理に行った時、イ族の女性から買った緑茶。ピクルスの瓶で1度に1ℓくらい作ります。更新する時は瓶を変えて洗ってます。ちょっとマメ。

これ、DNAの損傷を治すってな話もあるので、今の時代マストアイテムではないか、と思ったりするのでした。キノコが増殖しないようなら、逃げるしかないよ。

最近、リジュベラックについてご質問頂きましたが、右下の検索窓でリジュベラックを入れて検索を掛けると過去記事が出てきますので、そちらを参照してください。
栄養的なことは、調べてないのでわたしは知りません。

んで、わたし?
もうリジュベラックは作らないよ。キノコがあるもん。簡単で美味しい~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

こんなカード頂きました~。

ありがとう~。

作品展に来て下さった方が、こんな素敵なカードを描いて下さいました。

IMG_2044.jpg

嬉しいねえ~、作家冥利に尽きるというものです。
わたしは若い頃絵を描いてましたが、あまりの下手さに嫌気が差して、今ではすっかり落書きも書かない詰まらない大人になってしまいましたが、この絵を見ていて、老後の楽しみに絵を再開するのも楽しそうだな、と思いました。
指で塗ってあるんですよ。

Gさん、どうもありがとう。きっとご自分で思われる以上によくお似合いなのだと思いますよ。是非うちにも遊びにいらして下さいね。

東京から帰ったら、世間では筍が盛りを迎えていました。
だからわたしも筍を買って・・・

IMG_2041.jpg

こんなご飯ばかり食べてます。
真ん中の変な物は、筍の穂先とワカメの和え物。先だけは生で食べられます。

たらの芽、こしあぶら、筍、初夏ですね。

しかし、なぜに台風?!5月らしくない雨ばかりのお天気です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

エコロジック・ウールウォッシュ

道具というよりは・・・洗剤なのですが。

毎日雨ですが、衣替えのシーズン、そろそろ冬の間お世話になったセーターやコートなどを洗う季節です。わたしはもちろんクリーニングになど出さず、自分で洗います。だって、クリーニングって溶剤で洗うから、水溶性の汚れって取れないんだもん。環境にも良くないし、金も掛かる。

わたしは染織の知識があるので、たいていの物は自分で洗ってしまうので、ずいぶん色々な方法を試しました。

ある時、「これはすすぎがいらない」という洗剤を教えてもらって、早速飛びつきました。
洗剤というよりは、ユーカリオイルで油の汚れも溶かすし、水で水溶性の汚れも溶かすという・・・

コアラちゃんのエコロジック・ウールウォッシュ。

IMG_2045.jpg

5ℓのぬるま湯に5cc溶かして使いますので、一本あればかなり長持ち。わたしもやっと2本目を購入してところです。一本で数年持ちます。

これねえ、良いんですよ。濯ぎ不要なので、生地が傷まない。香りが良い。ユーカリオイルのおかげで風合いもふっくら仕上がります。んでもって、ちゃんときれいになる。
絹だって、カシミヤだって、ウールだって、ダウンだって、なんだって洗ってしまうのです。

洗濯機に湯を張って、この洗剤を40ccとか溶かして色分けした洗濯物を漬けて、15分ほど経ったら、脱水を3分くらい軽く掛けて出来上がり!
これで竿一杯の洗濯物が洗い上がるのです。

すすぎがいらないから手間も半分だけど、水も半分!
おまけに、洗濯の終わった水でトイレやお風呂場をゴシゴシしたら、スッキリきれいになるの。

このたび、送料を稼ぐために2本余分に買ったので、料理教室御参加の方でご希望の方は実費でお分けしますね~。
(先着2名様)

以前は楽天でも一店舗しか取り扱いがなかったけれど、今回はもうちょっと取り扱いが増えていたので、ポイントの高いお店や、他の買い物がありそうなお店を選んで買われるといいですよ。

「カドリーコアラのエコロジック・ウールウォッシュ」です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

5月料理教室のご案内

今月の料理教室のお知らせです。

5月14日(土曜日)ルヴァンでカンパーニュ 満席。ルヴァンナチュレお分けします。
5月17日(火曜日)スプラウト  都合によりキャンセルになりました。


ご希望の方に紅茶キノコの株お分けしますので、瓶をご持参くださいね。

遠方の方。広島市内に安くて女性でも安心して泊まれるホテルがあります。
http://www.reinoinn.com/
ウチの最寄り駅までは本通駅からアストラムラインで25分です。

今年から、初めての人からは、入会金を頂くことになりました。
一回のセッションでお伝え出来ることはほんのわずかしかありませんので、継続的に参加する意志のある方だけを対象にしております。ご了承ください。
(お試ししないとわからない、と思う方もいらっしゃるでしょうが、雰囲気は、料理教室のカテゴリからお汲み下さい。)
これまでに継続的に御参加頂いている方は入会金免除ですのでご安心下さい。

場所は広島市高架電車のある駅から徒歩10分。駅までお迎えに上がります。
いずれも10時から13時過ぎまでです。
駐車場もあります。先着4台(車種によるけど)

詳細のお問い合わせ・お申し込みは、右下のメールフォームより、お名前、どちらからいらっしゃるか、をお知らせ下さい。
追ってお返事差し上げます。

最新の記事はこの下にあります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

いい男考。

よく「男の顔は履歴書」なんて言い方をする。
女性の美しさは若さ基準で評価されるが、男性の美しさは若さ基準になっているわけではない。ちょっと不公平だが、女性は「若さ」という誰にでも平等にある機会があるのに対し、男性は魅力的な中年男性にならなければいけないのだから、ハードルが高いのかもしれない。

そんなことをツラツラと考えながら、ジャーナリストや学者先生の顔を見るのが結構楽しい。

平凡な顔だけどこの10年くらい、いい顔だなあ~と思う人は
斎藤貴男さん。書いてるものもいいけれど、顔も良い。一緒に食事しても楽しそう。

そして、震災以来女性の心を鷲掴み、最高にモテまくっているのが京都大学の小出裕章先生だ。

菊の助さんがこんなコメントを下さった。

今、日本で一番いい男ではないでしょうか!清廉潔白。質実剛健。質素倹約。有言実行。寝癖毛髪。小出先生のお蔭で、原発反対やる気が沸いてきます


ミクシーのつぶやきへ頂いたコメントですが、埋もれさせるのはもったいないので、こちらでもご紹介。ほんと、その通り、四文字熟語的小出先生なのであります。

30代のころの小出先生のお顔は、「秀才だけど、ちょっと頑固そうだな」
別に醜男ではないが、美形というわけではない。平凡な秀才の顔。

こちら、1988年に名古屋で行われた公演のビデオ


プレゼンの機器はOHPですが、今のスタイルとほとんど同じ。先生、お若いですね。昔からお痩せになってたのですねえ。
このお話はチェルノブイリ後のお話で、母乳から放射能が検出されているけどどうしたらいいか、というような問いにも小出先生は丁寧にお答えになってます。
ご心配の方も多いと思います。ちょっと長いけど、聞いてみて下さい。


それが、今になって、なんかいい顔しているのよ。髪型もまったく変わらない、ずいぶん白くなってるけど。

チェルノブイリの後の講演のビデオと、今話されている内容は、25年近く経ってるのに、まったく変わらない。ぶれない。OHPがパワーポイントになったくらいで、同じことを言い続けるのは大変なことだと思います。(しかも、迫害を受けつつだ!)普通だったら、いいかげんイヤになる。宗旨替えはしなくても、ジャンルを変えたくなるところだが、反原発一筋だ。25年前はポツポツしかいない聴衆を前に、素人にも分かりやすい説明をしている。

4月29日の明治大学での広瀬隆さんとの対談では、会場に入りきれなかった聴衆の前に出て来て、ご挨拶なさっている。



かっこいいな~。最高にかっこいいですね。ロックな感じがします。

こんなビデオなど見ていると、小出先生は、エレベーターやエスカレーターには乗らない人で、仕事場でエアコンや電気を使わない人で、四葉牛乳を飲んで、無農薬野菜を食べている人なのだ、ということが分かります。

わたしはまだ読んでないのですが、小出先生のご著書、後半はスローライフの話になるのだそうです。スローライフと脱原発は同じなんですよね、当たり前ですが。

話は変わりますが、小出先生、ついに5月12日、テレビ朝日のモーニングバードという番組にご出演なさったそうですね。こんな事態にならなければ取り上げられないというのは本当に不本意なことでしょう。
オマケですが、女性自身にもご出演(?)だそうです。
原発なしでも停電必要なし 『女性自身』に小出裕章氏
『コジェネ』が救世主に――京大の権威が緊急解析
今夏、原発なくても停電の必要なし!

というタイトル記事だそうな。
すばらしいモテっぷりですが、あれだけいい男なのだから当然でしょう。

それに引き換え、「プルトニウムは安全ですよ」などと九州の市民や漁民相手に「まったく、素人はこれだからなあ~」という態度丸出しの東大の大橋弘忠先生。金回りは良さそうですが、お顔に品がありません。



1から8まである長いビデオです。

あれれ?リンクが切れいているので、こちらでご賞味ください。(6月8日追記)


男の顔が履歴書なら、女の顔だって履歴書だ。
若さを越えたところのミリキがムンムンするいい女になりたいものです。

そのためには、清廉潔白、質実剛健、質素倹約。有言実行。寝癖毛髪。ですね!
アンチエイジングの先にあるものって、つまりは生き方が問われているってことなのかもしれません。
一度きりの人生ですもの。楽しみたいと思います。

そして、若い娘達よ!出来上がった良い男など面白くないのだから、良い男候補者をしっかりと見つけ、良い男に育てるのですよ!


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


ルヴァンでカンパーニュ

今日は楽しい料理教室!!雨も上がって5月らしい爽やかに朝となりました。
早速セーターの残りを洗濯して・・・お部屋もブイーンとお掃除。夫よ、いつも協力してくれてありがとう~。

さて、今日のお題は、「カンパーニュが焼きたい!!」
え?いきなりですか?うちはもうイーストを置いてないので、ルヴァンになるんですが。ま、いいか、やりましょう!

というわけで、前日の夜にパンの仕込みを忘れずに・・・

ルヴァンでパンを焼くのは、古くからの生徒さんでもうすっかり達人になっている方も御参加くださるので、お料理のほうはまったく新しいメニュにしました。

先ず、一次発酵させておいた生地を成形して2次発酵させながら、細かい説明をします。
なにしろ時間が掛かるのが天然酵母です。

そして、酵母の種継ぎと、パン生地作りです。
粉から起こした天然酵母は、種継ぎさえ続けていれば、とても安定したパンが焼けるし、粉さえあればいいので、大変安上がりです。

安上がりであることと、安定していることは、とても大切なことだと思うのです。

ここまでやったら、パンのことは忘れて~。

今日のメニューは、

イチゴとセロリのスープ。

IMG_2047.jpg

ローのスープが美味しい季節ですね。ピンクで可愛い感じのスープにしてみました。イチゴもラストスパート!

グリーンサラダのマンゴードレッシング。

IMG_2048.jpg

「サラダの量がスゴい!!」と皆さんおっしゃるけど、結局ペロリと食べてしまうのですよね。ローのドレッシングのいいところは、サラダボウルに残ったスープがまた美味なこと!!これを捨ててはいけません。
いや、美味しかったですね。ご家庭でも是非どうぞ。

そして、今日のメインディッシュは・・・

筍とたらの芽のトマト煮。
IMG_2046.jpg

筍、今が出盛りなのに、そろそろ食傷するころ。だけど筍を人からもらうのはちょうど今頃。たらの芽の天ぷらもそろそろ食べ飽きるころですが・・・トマトで煮るとまだまだいけます。

「ほう、こんな食べ方があったのか!」と喜んで頂けました。
わたし、まだまだ筍はカモーンですよ。

IMG_2049.jpg

ローフードって、やっぱりサラダが一番美味しいと思うのです。日頃はシンプルなフレンチドレッシングしか使いませんが、こんな風にサラダクリームを作って頂くのも良いものなのです。

焼き立てのパンって切りにくくて、ずいぶん崩れてしまいましたが、お楽しみ頂けたでしょうか?ルヴァンをお持ち帰りになった方、どうか末永く種継ぎ続けて自家製パンライフを楽しんで下さい。
パンを焼くのは発酵のための時間が掛かるだけでとても簡単です。
おいしいパン屋さんもいいけれど、おウチパンに勝るものってそうそう無いのです。

今日は、パン種の他に、紅茶キノコもお分けしました。こちらも楽しんで醸造してくださいね。
5月は発酵に最適な季節。最高だわ~。

御参加下さった皆さん、どうもありがとうございました。
ブログ記事にパスワードを掛けて、細かい説明を、と思ったのですが、うまくいきません。
個別にメール差し上げることにします。ご希望のメルアドがあったら、いつもメールアドレスにメール下さい。

何かご質問や困ったことなどございましたら、ご遠慮なくお電話くださいね。

次回は、6月18日、紅茶キノコを使ったお料理などを予定しております。
そして、6月21日(火曜日)は、ローでリビングなラッキョウ漬けとスプラウトの予定です。こちらは空席がありますので、お問い合わせ下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

発酵環境に生きる。

飯山一郎さんという人が、米のとぎ汁で乳酸菌を培養して、それをミストにして吸い込んだら翌日茶色いタンが一杯出て肺の中の放射性物質を出す、なんてことをおっしゃって、米のとぎ汁乳酸菌なるものを布教なさっている。

作り方は、米のとぎ汁と塩1つまみをペットボトルに入れて、一週間放置するのだそうな。酸っぱい匂いがしたら成功、臭くなったら失敗、というシンプルなもの。(ま、発酵ってのはみんなシンプルですが)
他にも、牛乳入りバージョンとか、ヨモギとかレベルや好みによって色々なレシピがあるらしい。

これを先に書いたようにミストにして吸い込んだり、部屋にシュッシュと霧吹きをすると、部屋が乳酸菌で一杯になって、「発酵環境」になるんだそうな。

発酵環境というのは、どういうことかというと、長崎の原爆で被曝しながらも玄米と塩とワカメの味噌汁で原爆症(つまり急性被曝症状)も出ずに90歳以上まで長生きされた、秋月先生の被爆後の環境のことを言ってるわけです。
その病院となったところは、味噌や玄米がたくさん保存されていて、部屋全体が「発酵環境」だったらしい。そんな部屋で味噌と玄米を食べていたので原爆症が出なかった、と。

で、なんで発酵が良いのか?というと、免疫力というのはマクロファージの元気のことを言うらしい。マクロファージが元気なら、がん細胞も最近もワシワシと食べてしまって病気など出る暇がないのだが、いかんせん、このマクロファージは放射能にとんと弱い。

しかし、乳酸菌は放射能に強いらしい。放射能をバリバリ食べるそうな(ホントなのか?ちょっと怪しい気もするが。)

ツイッターで最近この飯山氏と東海アマ氏が喧嘩をしていたけど、東海アマ氏はEM菌が良いという主張。
ま、どっちでもいいじゃないか。EMはお金で買わなければいけないが、米のとぎ汁乳酸菌ならお金は掛からない。安い方が良いに決まっている。

ウソかホントかわからないけれど、「発酵環境」が良いのなら、話は簡単だ。そうでなくても家中発酵だらけですもん。酵母もいるし、味噌だって作ってる。塩麹だって醸してるし、三五八漬けも、紅茶キノコも、リジュベラックも、発芽玄米ヨーグルトも、ほとんど失敗することなく培養出来る家というのはまさに発酵環境だ!

こんな世の中、ニュースを聞いていたら、比喩でなくて胸がムカムカしてきて、吐き気がしてくる。世の中イヤなことは多々あったけれど、こんな嫌な世の中は前代未聞、想定外だ。
沖縄あたりまで行けば少しは安心できるのかもしれないけれど、広島にいるわたしだって「これだけ離れてるんだから大丈夫だわ」なんて思えない。雨が降ったら濡れないように気をつける(結局いっぱい濡れるけど)し、菜っ葉を食べるのも、「雨降ったよなあ」と思いながら食べている。水だって太田川の水だ。報道されないけれど、線量計があったらなにがしかの高めの数値が出るに違いないのだ。

眼に見えない放射能、内部被曝が危険なことは重々承知しているけれど、それを出す方法が少しでも、可能性があるのなら、やってみようじゃないの。
ボトル入りの水と乾物と粉末青汁で何ヶ月も頑張るなんて、わたしには無理ですもん。

というわけで、発酵もので家の中も身体の中も満たしましょう。菌を培養することができるということは、菌はちゃんとDNAのコピーが出来ているということなのですもの。

発酵ものならローフードの人たちは得意ですよね。希望を持って元気な菌を育てましょう。菌を育てたら、菌達は勝手に家の中の好き勝手なところにお住まいになります。有用菌でいっぱいになっていたら、悪玉菌たちは住めないのです。(ただし、菌が苦手な消臭とか除菌、合成の香料などの化学薬品は使わないようにね)

しかし、この薩摩人の飯山さんという方・・・怪人です。ツイッターも何か良くわからないけど、面白い。
@iiyama16
興味のある人は飯山さんのHPやツイッターで勉強して戦線に参加してみてください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

蕗とわらび

昨日、ブログの更新もせずにさっさと寝てしまい、メールのお返事も、コメント欄のお世話もあれもこれも怠けていたのは・・・

お風呂屋さんのメンバーさんに誘われて、元比婆郡口和町というところまで蕗とわらびを取りに行ってたのでした。

パン屋さんの駐車場で待ち合わせして、お弁当にパンを買ってから行くというので、お弁当を作る。

IMG_2055.jpg

パンを買ったらワカモレとスプラウトでサンドにしようという魂胆。もちろん青泥もどきも持ってゆくが、今冷蔵庫に野菜がないので、リンゴ、パセリ、セロリの葉、スプラウトという組み合わせ。

プールのオバさん(お風呂屋さんのことは「プール」とも呼ぶ。誘ってくれた方や他に参加したお二人は・・・やっぱりオバさんでしょう。)たちは、また興味津々に「それは何だ」「飲む?」「いや、いらない、でも味見だけ」とか言うのだ。
「あんた、いつもこんなもん食べとるんね?」とか、「スプラウトってなんね?」とか聞くのだ。あげくの果てに「あんたかわっとるね」でお仕舞いになる。「わたしら、ハァ、出来んわね」とかなんとか言うのだ。痩せてみたいといいつつ・・・
お姉様方、大丈夫だよ胃腸が丈夫そうだから。

いや、面白かった。何がって・・・プールのオバさんの話に、車の中で爆笑しっぱなし。なにしろ、地元の方々ですから、地元選出議員のあんな話やこんな話。大規模開発されたところがご実家の方に色々話しを振ってみると、出るわ出るわ、色んな話が・・・

そんな風に社会勉強をしていたら、蕗スポットに到着。
ひとしきり蕗を収穫し、案内してくれた方(我が家では「お姉さん」と呼んでいる)のご実家に到着。そこはお母様がお亡くなりになった後無人になっているので、時々帰っているのだそうな。

それぞれが買ったパンでお昼にする。
案の定、冒頭の会話となる。親切なわたしはちゃんと味見もさせてあげる。
もちろん、オバさん達、食事を変える気などサラサラない。
草餅なども頂いて、歯磨きさせて頂いて、いざ!わらびの待つ山奥へ。

IMG_2056.jpg

お姉さんの案内で、地元の方から「よう生えてるスポット」を教えてもらう。

いやすごい。
IMG_2058.jpg
わらびだらけ。30分も摘んだらすぐに袋が一杯になる。

きちんと挨拶してから摘ませて頂くので、気分も良い。

蕨を摘んだ後お宅に寄ると「お茶でものんでいきんさい」。
その家のご主人が出て来て、「コゴミもあるけ、とりんさい」

IMG_2060.jpg

こごみの葉っぱってジュラ紀みたいな感じがしませんか?色といい姿といいとてもきれい。

わざわざ蕨を摘んで炊いていて下さった。

IMG_2063.jpg

お姉様方がその家の奥さんを肌がきれいだ、とか、蕨が美味しい、などさかんによいしょしながら作り方を聞き出す。
さすがの社交テクニックで大変勉強になる。

そのお宅は椎茸栽培をなさっている。

IMG_2062.jpg

干し椎茸を分けて頂く。残念ながら、この春収穫した分なので、フレッシュなセシウムとか入ってるだろう。

お姉さんはこの家の作る原木椎茸しか食べないのだそうで、カレーにでもなんにでも椎茸を入れるらしい。カレーに椎茸かぁ。

解散場所に着いたらもう6時過ぎ。それぞれのお宅のご主人がお迎えに来ている。どなたもプールで会う方ばかり。「さぼらんとちゃんと来るんよ」と釘を刺されて、家で簡単な夕食を取った後今日の収穫物は冷蔵庫に入れてプールで温冷浴。

戻ってから。一気にやる。

IMG_2064.jpg

いやはや、スゴい量だ。調理法や保存法もたっぷり聞いて来たので、(蕨のアク取り用の灰まで頂いて来た!)
夫にも手伝ってもらって灰汁抜きまでやっつけました。

はぁ~、ブログを書いたらもう明日になってしまった。

なんだか良くわからないけど楽しい1日を過ごしたのでした。

お姉さんが「わらび採りにに友達連れて来たんよ」、と色々な方にご紹介くださるのを聞いて、「そうか、わたしも友達なのか」と不思議な感じがする。不思議だけれど、ちょっと嬉しい気持ちもしました。

ご案内くださったお姉さん、どうもありがとうございました。
明日は煮なくては。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

石ともさんの会計セミナー。その1

先日上京した折に石塚ともさんから会計セミナー個人レッスンをしていただきました。

話は2年前のTシャツ展の時に遡ります。Tシャツ展に来て下さったともさんは、「椿山荘」でローフードの人の集まりがあるので、よければ御参加ください、とお誘い下さって、その集まりに参加したのです。

雑談の中で、お話は「現代女子の必須科目」になりました。
それは、

ローフード、英語、会計

というものでした。
なるほど、そのころともさんはローフードのお姉さんでしたが、今ではご本人が「寺子屋」と呼んでらっしゃるコーチングへと繋がっているのです。なんか感慨深いなあ~。

勉強が嫌い、学校も嫌いだったわたし、必須科目と聞くだけでジンマシンが出てきそうですが、確かに身体によい食べ物や食べ方を知るだけで生きるのが楽になる(病気にならない、ってだけでも楽)だし、英語(英語に限らず母語以外の言葉)ができれば思考が膨らむだけじゃなくて、入って来る情報も幅広くなる。

そして、会計だ。

ある時、「らくナチュラル通信」という通販会社のニューズレターでまた石ともさんが会計について書いておられるのを読みました。その記事は、「弥生会計を使うと、生活のお金も仕事のお金もすべて把握できるようになる」と。

フーム、そんなことならわたしもちょっと知ってみたい。家計簿はつけてるけど、お金の出入りが把握できてるか、というとそれはまた違うのだもの・・・

わたしは結婚以来ずーっと家計簿をつけています。
最初はノート式のもの。計算が面倒で、よく大晦日に電卓叩いてたっけ。
そのうちにパソコンでフリーのソフトを使ってつけるようになり、マイクロソフトの家計簿ソフトで投資から保険から一括管理できるものを導入したり、データが飛んだり・・・
今はMacを使ってるので、Mac用の家計簿ソフトでもうちょっと簡単な家計簿をつけてます。

ウチは夫の給与所得で生活しているサラリーマン家庭です。わたしはほとんどお金を稼がないので、生活を支えてくれる夫への、家計簿をつけるということは義務だと思って続けています。

わたしの母は家計簿をつけてなくて、なんども試みては3ヶ月で挫折したそうです。なんでも「こんなにお金が出て行ってる」というのが怖くなってしまうので続かなかったそうな。
わたしが母を越えている唯一の点は家計簿をつけることだ、とも思ってます。えっへん!


ずーっと続いてるけど活用しているとは言いがたい。まあ、ざっとどれくらいのお金があって、借金もどれくらい、というのは把握しています。今月は税金の支払いがあるから・・あ、普通貯金が危機だ!とか、知ってる。

家計簿をつけていてホントに良かったなぁ~、と思ったのは家を買った時だった。

普段は漫然とつけているただの記録としての家計簿ですが、漫然と生活していて、実際のどれだけお金が掛かってるのか、ということがすぐに判ったことは助かりました。

住宅購入の予算というのは、頭金をいくら準備できて、何年ローンを払い続けられる見込みがあって、月々いくらまで払えるか、ということがわからないとわかりません。

頭金と月々の支払い可能額*年数で予算が決まったら、どの場所にどれくらいの家が買えるか、というのがわかります。で、新築するとか、中古にしておく、とか、手の届く範囲での選択の幅も広がるわけです。

というわけで、家計簿のおかげでずぼらなわたしも家を買うことができ、狭いながらも楽しい我が家ライフを満喫しているわけであります。
壁に穴をあけようが、窓を付け替えようが、庭に何を植えようが自由なのだ。

家を買えたのは家計簿のおかげだった、と本気で思います。それをもう一歩踏み込んでみようと赤坂の交差点を目指したのでした。

続く。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

石ともさんの会計セミナー。その2

石ともさんの会計セミナーその1からつづき

というわけで、初!石ともさんちにおじゃましました。
野暮用を先に済ませて、さて、本題。

まず、資産と負債について、身体と食べ物や排泄に置き換えて説明してくださいます。ふむふむ、わかるよ。

そして、簿記の形式と税金の控除の関係について教えて下さる。
白色申告、青色申告という言葉くらいは知っているよ。でも青色申告に単式の簿記と複式簿記で税金の控除(っていうのかな?)額が違ってるというのはビックリ!
だから弥生会計なのだ!ということがわかりました。
なにしろ、お金や税金に関しては、幼稚園児ほどの知識もないのだから、何を聞いてもへ~ほ~ふ~ん、と感心しっぱなしなのです。


お次、実際の伝票とお金を使って、出金や入金、振替伝票の書き方などを教えて下さいます。ふーん、振替伝票ってこんなんなのだ。初めて見たよ、その使い方を・・・

これって、お料理のレシピみたいなものかしら。そうやって、お金の流れと伝票(帳簿?)との関係を理解したら、いよいよパソコンを使って、弥生会計を動かしてみます。

新しいファイルを作ってもらって、費目設定。
ああ、これ家計簿ソフトでもやるよ。難しいんだよね、あんまり細かく作るとあとが大変だし、大雑把すぎると役に立たない。この辺り、もうちょっと会計の基礎知識がないとなかなか設定もままならないだろう。なにしろ、わたしはスキルも経験も極端に低いのだもの。

これから先は、実際にソフトを購入して、試しでも何でも自分でやってみなければ始らないなぁ、と思いながら判ってるんだか、わかんないんだか、それもよくわからない、ふがいない生徒であったのでした。

石ともさん、教えがいなかっただろうなあ。お金儲けに関して、すご~くヘタレなあたくしを、ともさんは一生懸命励まして下さるのです。

わたしの、この「お金を稼ぐこと」への苦手感というか、「(お勤めも含めて)出来るわけない」な感じがいったいどこから出てくるのか。。。自分でもとても不思議に思った時間でありました。

お金を稼ぐことへの罪悪感があるわけではないのですよ。わたしは食べることにもま~ったく罪悪感など感じないのですもの。「肉がどうした、ありがたく頂くために殺生して何が悪い」くらいのモラルしか持ち合わせてないのですから、お金を稼ぐことに罪悪感など感じることなど断固ないのだが・・・

確かに、会計は必須科目だわ。
家計簿は、入って来たもの(夫の給料だ)と出てゆくものを書いてるだけで、予算とか目標がないわたしにはただの日記のようなものだけど、ともさんのおっしゃってる会計は、自分がやっているいろんな活動をすべて「金額」というかたちで可視化するってことだ。
可視化できれば、新しい視野が開けるに違いない。いや、きっとそうだ。

もしかしたら、これはわたしが今までの人生で一番避けて、目を瞑っていたことではないかしら?お金が稼げるとか稼げないというようなことを越えたところに「会計」の世界はあるのだわ。

まずはわたしの持つ「苦手感」の原因を究明するのはどうでもいいけど、なんとか克服しないことには、このまま中途半端なヘタレ人生を続けることになってしまいそうです。

なんとか会計も練習をして、お金とわたしの関係を修復しなければ、と課題を与えて頂いた良い機会でした。

わたしにとってはと~っても難しいお話が終わった後ともさんがだしてくださったデザート。
ナッツミルクに漬かったチアシードを頂きながらしばし雑談。

IMG_2012.jpg

お次、神楽坂に行くお約束をしてしまっていたので、楽しい雑談も早々に切り上げて、また夜の都会をさまようのでした。

ともかく、ソフトを買って出来そうなことからやってみなくては・・・と思いながらもなかなか重い腰が上がらない、それほどお金の問題というのはわたしにとって根が深いのだ。
なんか先祖代々の祟りでもあるんじゃないか、と思うほどお金の話となると腰が引けるのであります。

パソコンというツールが、字が下手なわたしに文字表現の自由を与えてくれたみたいに、弥生会計というソフトが新しい自由を与えてくれるだろうか・・・

とりあえず、図書館で見つけた「起業しよう」コーナーに行ってみようか・・・いや、「青色申告」を買うのが先だ!
結局グズグズしているのでした。

ともさん、教えがいのない生徒でごめんなさい。
大変に貴重な時間をありがとうございました。
今度ゆっくりと雑談しましょう。
次にお会いするまでには、「青色申告」買っておきます。←おい!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

長財布とわたし。

お金の話が妙に受けたので、温めて来た話題。

長財布にしてみました~。

春にバンコクに行った時、懸案だった財布の買い替えをしたのです。
もちろん、わたしは財布の5倍が年収になる、なんてことは信じてないけど、石ともさんがいつぞや書いてらした「折財布は小銭コンシャスになるけど、長財布はお札コンシャスになる」という話を、ほぅ、そんなもんかいな?
と思ったので試してみたくなったのです。

結果・・・鞄の中身が増えてしまった。(財布がデカイのだから当たり前なのだが・・・)
なんかね、財布だけ手にもって出掛けるって習慣がないので、財布はやっぱり鞄の中なの。
財布がデカイので、鞄の中で行方不明にはならないけれど、荷物が微妙に増えてしまったのは、ちと気になる。
小銭が出しにくいけど、まあ許そう。
料理教室の後など前のお財布ではパンパンになってしまって困ったものでしたが、財布の容量が大きくなったので、あまり困らなくなった。
カード類は結局全部入らないので、別にカード入れを持ち歩くのは同じだった。

お札を折らずに入れられるというのは良いものです。長財布は昔使っていたけど、そうそう、お札がスッと入るのよね。

まだわたしは
稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
(2010/12/02)
亀田 潤一郎

商品詳細を見る
を読んでないので、長財布とお金の関係を語る資格はないけれど、買うほどの本ではなさそうだし、図書館では予約待ちが長過ぎて予約を入れる気にもならない。

うーん、こうやって書いてたら、やっぱりお金に対して腰が引けている自分を発見したのでした。

高い財布を持ってる人はたくさん知ってるけど、その人達が財布の5倍は絶対に稼いでないことも知ってる。下手したら、その財布をローンで買っていたりするのだから本末転倒もいいところだ。財布の値段よりも中身のほうが少ないようじゃしょうがない。

まぁ、人のことはどうでもいいや。要するに、高い財布を買えば収入が増えるなんて、おめでたいことをかんがえているわけじゃないってことです。

で、お札コンシャスになったかどうか?ですが・・・

うーん、確かに、一万円札が何枚あって、それ以外がどれくらいあるか、ってのはすぐにわかりますねぇ~。

でも、それと予算とか、計画とか、どうとか、こうとかには結びつかないのでした。


やっぱり、財布が長くなったからといって、お金に対する感覚はそう簡単に変わらないのでした。

なんか、今日の話はつまらないオチになってしまいました。
今日からホームステイのアンドリューくんがアリゾナから来てくれました。
お土産に、「つまらないものですが」とプエブロインディアンのお人形とドリームキャッチャーを頂きました。
ありがとう、アンドリュー。日本語勉強してくれてありがとう。でも、もっと勉強しないと、とても通じないよ~。
一ヶ月のジャパンセミナー、楽しんで下さいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ぺんぎん meets ペンギン

ホームステイのアンドリューくんを連れて中国山地を越えて日本海側の浜田まで行ってきました。

そこにはアクアスという水族館があって、ペンギンが飼育されているのです。

前から気になってたんだけど、なかなか行く機会がなかったのですが、ホームステイさんが来てるのに、どこにも行かないというのもナンだし、なんだかお天気も怪しいし、水族館ならたとえ雨でもちょうどいい。

アリゾナから来ている彼も「山より海がいい」というから、アッサリ行くことになりました。

この辺りでおいしそうな洋食屋さんを夫がネットで発見していたので、そこに行ってみるが、お店が変わっていて、お昼ご飯を食べるところの見当が外れてしまった。うーん、プランBも真剣に考えておくべきだったのだが・・・

結局水族館に付属する食堂でちょいと高くて妙に量の少ないお食事をして・・・ああ、残念。(食事を外すってのはすご~く辛いのです。なにしろ、食べることだけが人生の楽しみなのですから・・・)

でも、気を取り直して水族館に。

楽しいですね、水族館。魚屋さんで見慣れた魚が泳いでいる。しかも、生け簀とはまた違った趣きなのです。クエのデカイのなどがノッタリと泳いでいるのを見ると、「ああ、あの唇、セクシーだわ~」とウットリしてしまうのであります。

ウツボとか、アナゴとか、サンショウウオとか、オオカミウオなどに感激しながら、いよいよペンギン館へ。

IMG_2072.jpg

おお~、本家にお会いするのは何年ぶりでしょうか?こちらはフンボルトペンギンさん。小振りでかわいい。

そして、

IMG_2081.jpg

換羽中のオオサマペンギン。換羽中のペンギンを見られるのは今だけなんだそうな。1羽だけがこの姿。時々胴震いをすると羽根がフワフワと散ります。むしらせて頂きたい、いや、やさしくコームさせて頂きたいのだけれど、自然に任せるのですね。
う~。指がウズウズするのでした。

この後、白イルカとか、アシカとアザラシのショー(アザラシはマイペースでほとんど何もしない)などを見学して、浜まで散歩し、また一路広島に戻ったのでした。

水族館も海の匂いも本当に久しぶりだったのです。

その後山奥のコーヒー屋さんで車オタクのアンドリューくんをマスターに紹介して、ひとしきり車の話題で盛り上がり、家に戻って、たっぷりサラダとパスタの夕食を食べたのでした。

うーん、生野菜を食べると癒される~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

いのちと放射能。

24日15時、動画追加しました。
このところブログでもミクシーでも原発関係の話しは避けていました。だって、あまりにひどいんだもの。ひどすぎる。とても現実のものとは思えない。

わたしは線量計を持ってないので、自分がどれだけ内部被曝しているのか知らない。だって、食べ物や水を量ることができないんだもん。

知ることは怖いことですが、まず知って、自分に何が出来るのか考えましょう。例えば「諦める」というのも選択のひとつですが、「どうなるか知ってて諦める」ほうがわたしは気分がいいのです。だから、やっぱり書きます。
このブログを読んでくれてるだれか一人でも行動を変えて、自分や家族のリスクを減らすことが出来るかもしれないから。

だから、怖い話を知りたくない人は読まないでね。わたしが広島にいるからといって、安全なところにいるってわけじゃないんです。放射能の飛散の濃淡なんて、目くそ鼻くそ程度の違いです。

菊の助さんのブログの中で、大分でも放射性ヨウ素が観測されたという記述がある。当たり前だ。8000キロ離れたチェルノブイリの事故の時だって、一週間で日本まで放射能が届いたのだもの。

そらを舞っている放射能は、雨に当たれば地面に注ぐ。葉野菜はもちろん汚染されている。「基準値以下だから」と国家は国民を安心させようと躍起になっているが、その「基準値」を都合に合わせて上げてしまうのだから、お粗末もいいところだ。

放射能で汚れたものを食べたら、「内部被曝」を起こす。外部被曝ならシャワーで洗えば防除できるが、身体に入った放射性物質は、身体の中で放射能を出すのだ。肺で、胃で、腸でせっせと放射能を出しているわけだ。

内部被曝を起こすものに関しては、基準値もへったくれもない。本来ゼロでなければいけないのだ。

「いのちと放射能」という本をだいぶ前に読んだ。

いのちと放射能 (ちくま文庫)いのちと放射能 (ちくま文庫)
(2007/09/10)
柳澤 桂子

商品詳細を見る

著者の柳沢桂子さんは生命科学者で、放射能が命にどのような影響を与えているかを研究されている方です。

放射能の話は、反原発ジャーナリスト、放射線の研究者、原発の技術者から発信されるものが多いですが、命の研究の方の視点での「いのちと放射能」です。

「微量の放射能が癌を引き起こす」のだそうです。

大量の放射能は必要ない。微量でも癌になるのだ。「直ちに問題はない」というけど直ちに問題があるほど浴びたら大変なことです。
子どもの疎開が進まないのも「まだ誰も死者が出てないから」だそうですが、死者が出たら大変なことです。なにしろ微量な放射能が癌を引き起こすのです。

内部被曝について勉強する最高の本です。大きな文字で書かれていて、わたしたちがどうすればいいのか教えて下さいます。(ちょっと文学的な本です。)

今日、午後はユーストリウム

を聞いていて終わってしまいましたが、国会の参議院行政監視委員会に呼ばれた小出先生は、内部被曝は外部被曝の10倍になるという。

同じ委員会の参考人に呼ばれた孫正義さんは、ご自身はいつも4台の線量計をお持ちで、その数値は政府発表の倍の数値になるらしい。それは、政府発表はガンマー線のデータだけで、孫氏の線量計はアルファー線、ベータ線、ガンマー線の総量になっているものなのだそうだ。

だから簡単に計算して、政府発表の線量の2倍、その空気を吸い込んだら10倍。子どもへのインパクトはそのまた10倍(実際にはもっと多いかも)ってことになる。

空気も水も野菜も魚もです。食べたら内部被曝をする。
魚や肉や牛乳は内部被曝が生体濃縮しちゃうので、すごいことになるわけです。それを食べたらまた内部被曝する。

小出先生3月の15日、東京の空気を量ったら、1立方メートル中の放射性物質が、チェルノブイリの事故の時の1000倍あったらしい。
こちらを参照。13ページ目。
これは、内部被曝換算で20ミリシーベルトになるという。

こんな話を書いたら、またいい加減な知識で書くなとか、色々なコメントを頂きそうですが、行動はまず情報を分析することから始るのです。今どんなところに住んでいるのか、やっぱり認識しよう。

認識した上で、出来ることを考えようよ。ローフードを知ってる人だから出来ることがたくさんあるのです。ローフードを知ってて良かった、ってわたしは心から思うのです。

参議院行政監視委員会が終わった後、福島の子ども達を守ろう、という岩上さんの3チャンネルを見てました。福島の子ども達、運動会なんかもやられてるらしい。お母さんが泣きながら話してました。文科省はだれも出てこなくて、建物の中にも入れず、この冷たい雨の中、福島から来たお母さん達へのひどい仕打ちに涙がこぼれる。


この後の報告会に、参議院での仕事を終えた小出先生が登場(49分ごろ)、みなさんを励まされます。まるでマイケルジャクソンでも出て来たみたいな盛り上がりになる会場。


ウーニンさんのアトリエでのワークショップで頂いたお金、「つなぐ光」に寄付させていただきました。
このプロジェクトは、福島から移住を希望する家族を沖縄で受け入れる活動をしています。きくちゆみさんも関わっておられるプロジェクトです。
わずかな金額ですが、ローフード関係で頂いたお金、ローフード関係の方のプロジェクトで使って欲しかったのです。

自分の命を守るのは自分だけです。国や電力会社はなにもしてくれません。
仕事がある、持ち家がある、病人がいる。。。色々理由はあると思います。残るにしても「国の指示がないので必要ない」からではなく、リスクを知った上で残って下さい。病気になるのは自分なのです。

なんか話がバラバラになってしまいました。

行動するにも勇気がいるけど、行動するも、行動しないも、どちらも勇気をもって選択したいとおもいます。
わたしは南半球に移住したりしないけど、わたしに出来ることをやるよ。

これからまたちょっと原発関連の話を書くと思います。
ということで、お手柔らかに。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

何を食べたらいいのか・・・今こそスプラウティング

昨日の委員会でのお話で、質疑応答の時間に小出先生が3月15日に東京で測定した数値。

http://twitpic.com/51e73h

1日あたり、210マイクロシーベルト。

だったそうです。これが京都大学原子炉実験所所長さんから「公表するな」と言われたデータです。
(結局公表してるんですけど)

東京ということは、200キロ離れてるところでの数値というわけです。8000キロ離れたチェルノブイリの事故の時にもミルクは、野菜は!と大騒ぎになったのだから、数百キロしかない日本国内で大きな数値が出ないわけが無い。

3月15日のデータです。3号機の爆発が14日、2号機が15日でしたので、特に数値が多かったのではないか、とも思いますが、このように通常ありえない高い濃度の放射能が飛んで来たのです。

空を飛んでくる放射能は、雨が降ったら地面に落ちる。雨を受けた葉野菜を汚染する。地面に落ちた放射能を植物は、例えばセシウムはカリウムと間違えて吸収してしまう。つまり、野菜の中に蓄積する、ってことです。

わたしは中年だし、子どもを産む予定もない。だから野菜だって食べるけれど、子どもを産む予定のある人、まだ若い人、子どもはよく考えた方が良い。

ただ、方法はあります。

自分で栽培すればいい。栄養の高いものを。

ローフードはリビングフード、リビングフードはライフスタイルですね。
わたしはこの部分が大好きなのです。生きたものを食べる。食べ物と自分は同等なのです。ライフスタイルなので、発酵ものを育てたり、発芽させたり、体操をしたり、そんなことをするのがローフードというライフスタイルです。

そのライフスタイルの中に大事なものが2つあると思っています。

プロバイオティクスとスプラウティング。
それを自分で育てることを生活の中に取り込むのです。
自分で作るってところが好きなの。買ってきて食べるというのと根本的に違う。
責任を取る、平等に扱う、っていう感じがするのです。


プロバイオティクスというのは、有用菌とでも訳すかなあ、リジュベラック、発芽玄米ヨーグルト、紅茶キノコ、米のとぎ汁乳酸菌、最近ちまたで流行っている「酵母」などなど、色々ございます。お好みの方法、お好みの菌を培養するのです。

どれもたいした材料代を掛けず、自分で培養する。もちろん、腐敗のリスクはあるけど、失敗してお腹下したからって、どってことないでしょ?そして、出来た菌をそのまま飲んだり、料理に使ったり、チーズのスターターにしたり、風呂に入れたり、顔に塗ったり、とまさに「菌との共生」ライフスタイルです。

そして、もうひとつのライフスタイル、スプラウティング。
スプラウト用の種を半日水に漬けて、後は水切りをし、暗いところで発芽。1日に数回水洗いするだけで、勝手にモシャモシャ育ったところを、1日ほど台所の邪魔にならないところに転がしておいたら・・・
ちゃんと緑化して、クロロフィールを作ってくれる。

育った野菜に比べて、クロロフィールの量は少ないかもしれないけれど、育った野菜と比べ物にならないほど、ビタミンやミネラルが豊富です。

スプラウトの栽培に水が必要ですが、リンスした水も種をソークした水も飲用できます。なので、購入した貴重な水で種やスプラウトをリンスしても、水は無駄にならないのです。

スプラウト栽培の実際は、こちら
スプラウトの竹ザル栽培

これで青菜への不安は解決します。なかなか栽培が消費に追いつかない、ってこともあるでしょう。
そんな場合、市販の青汁粉末を使えば良いのです。
青泥は食べたいけれど・・・という場合も青汁の粉を使えばいいのです。

乳酸菌が放射能を排出する、なんて話もあります。わたしにはホントかどうかわかりませんが、発酵環境に生きるにも書きましたが、お金が掛からなくて、可能性のあることは、何でも試してみれば良いと思います。

お金は掛かるけど、良さそうなものもあります。
被曝対策にも書きましたが、ゼオライトのサプリはちょいと良さそうです。

もちろん、玄米のフィチン酸とお味噌、塩のミネラル。

このまま汚染環境で生きて行かなければいけないのですから、出来ることはやってみると良いと思います。これからは被曝対策もライフスタイルのひとつに入るのですが、ロー・リビング・ライフスタイルとあまり変わりはないのです。

くれぐれも小さいお子さんには、気をつけて下さい。

2号機、3号機もメルトダウンしてたんですね。まだまだ気は抜けません。
万が一、ドカンとなったら、3日は旅行にでも行って下さい。最初の3日が濃厚なのだそうです。
パスポートは取っておきましょう。ビザ無しで行けるところに行けば良いんです。
安ホテルに泊まって、プールにでも浸かってるほうが、放射能を吸ってるよりマシです。
ペットがいるかもしれませんが、ペットと子どもの命とどちらが大事か考えましょう。
動けない人は、子どもだけを逃がす方法など、友達の棚卸しをして、色々考えておきましょうね。

スプラウト、育てましょう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

奇跡だった「行政監視委員会」。

一昨日の委員会は、奇跡だったのだなあ、とこれを聞いて思いました。



おなじみ、毎日放送のたねまきジャーナルです。この録音の前に小出裕章さんの電話インタビューがあります。
小出先生のコメントは、こちらから聞いてね。
http://youtu.be/JhhwFdCufUM
http://youtu.be/K-oh8Yq6iMA
小出先生の「今まで感じて来た絶望」のお話、じっくりお聞きしたいです。

この記者のお話では、この委員会は日頃閑古鳥が鳴いてる寂しい委員会なのだけど、この日は傍聴人が多くて、参議院の中継もアクセスが集中して、サーバーダウンだったそうです。わたしも最初アクセスできなくて、結局ustreamで視聴しました。ustだけで最後には、17000人ほどがこの中継を見ていたようなので、委員会始って以来のことだったようです。

このような、行政監視委員会に反原発の小出さん、後藤さんなどの人を呼べたのは、委員会の理事に電力関係とのしがらみが無い人ばかりだったからだそうです。それでも、自民党の議員が「なんであんなのを呼んだのだ」と後から文句を言われたり、民主の理事は「官邸からストップが掛かるかもわからないよ」と言われていたのだそうです。

理事の中に1人でも電力関係の人がいればアウトだったし、官邸からストップが掛かってもアウトだった。逆に言うと、それほど小出さんや後藤さんが国会で話すということは「ありえない」事なのです。
ついでに地震学者の先生、いい味だしてますね~。いやー、良い伯父さんだなあ~。

ふーむ、この期に及んで、まだ反原発はタブーなのか、と慄然としてしまいます。浜岡がドッカーンとなって、東京でも急性被曝で病院が満員!なんてことにでもならないと原子力は止められないでしょうか?
若狭湾で、今盛大にトラブっている「もんじゅ」が、ナトリウム漏れとか、ナトリウム火災とかを起こして「京都、大阪、東海もやばいで!」とならないと止まらないのでしょうか?

そんなに国土を放射能で汚して、国民を被曝させて、いったい国家って何なんでしょう?国土も国民も居ない国家?!

なんでそこまでして原子力をやりたいのでしょうねえ、原爆を作りたいなら、もう十分すぎるほどのプルトニウムはあるでしょうにねぇ、と不思議に思うのです。

ところで、急性被曝ですが・・・鼻血が出たり喉の下のほうが痛かったりしませんか?

福島から高知に避難して来た元東電の技師の方、福島第一から15キロま西にお住まいだったそうです。


26日追記。なんと!消されています。しかし、テキスト発見。こちらを読んで下さい。
【驚愕】元東電社員の内部告発

29日追記こちらで見られます。http://youtu.be/CTsgfWde6EQ

もうご覧になった方も多いと思います。
地震があって、津波が来たときに、家は大丈夫だったのですが、即避難開始なさいました。知識があるから、「地震、津波、炉心溶融」と予測してのことでした。結果は、全くその通りになるわけです。

すぐに原発から遠くに移動始めたにも関わらず、「急性放射能障害」が出たと語っておられます。大量の鼻水、鼻血、全身の倦怠感、風邪のような症状。

この方は、知識があったし、サーフィン友達がいるので、早い時期に高知まで逃げて来てます。そこで、「東電ってどんな会社か」という話を語ってるのです。退職金を850万円上乗せされて、副社長から「木村くん、わかってるだろうね」と言われ、よくわからないままに「はい、分かってます」と答えたんだ、なんて、楽しいお話を色々語ってくれるのですが、そんな楽しいお話よりも大事なお話。

放射性セシウムの話です。

セシウムは(タウリンと間違えて)筋肉に溜まる。男性は筋肉量が多いから、結果全身に行き渡って(と言うと変だが)薄まる。
ところが、女性の場合、乳腺と子宮に溜まる。だから、女性と子どもは早く遠くへ!とおっしゃっている。

そして、セシウムは何と!髪の毛からたくさん吸収されるらしい

それは初耳です。帽子をかぶった方が良いのは、髪に放射能のチリがつかないようにだと思っていたけれど、髪の毛から吸収するなんて・・・

だから、髪を晒さないように。つまり、イスラム教徒も女性みたいに、髪をかくせ、ってことです。

ものすごい現実の世界をわたしたちは生きてます。
そして、小出さんが国会で証言するように、世の中も変わっているところなのかもしれません。

わたしはどう考えても放射能を出すようなものでわざわざ湯を沸かす理由がわかりません。もうこんなバカなことは本当にお仕舞いにしなければ。

今すぐ制御棒を入れて発電を止めたって、「燃料棒」やら「使用済み核燃料」ってものは冷やし続けないと「崩壊熱」を出して、「炉心溶融」だの「メルトダウン」だの「再臨界」だのしてしまうのです。

そして、肝心の冷却装置は、電気がなくっちゃ動かないし、冷却のための配管は、大きな地震が来たら、ガチャガチャになって外れてしまうのです。

今になって、「実は配管は地震でこわれてました」なんて話がボロボロ出てくるのです。津波がなくても、電源喪失してなくても、冷却装置は壊れていたのです。

運転を止めたって、ちっとも安心できないんです。

いやだねぇ~、ほんと、原子力ってのはイヤなもんです。
わたしは嫌いよ、あんなもの。

放射能を取り込みやすい食べ物、取り込みにくい食べ物の表を見つけました。
地球と7代先の子ども達を元気にしてゆく情報発信サイト

このサイト、役に立ちますね。風向きも毎日チェック出来ます。
今日は広島にも放射能が飛んで来たみたいです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お風呂屋さんがメルトダウン?!

東京電力福島第一原子力発電所や、「常陽」や「もんじゅ」が大変な状態になっていて、世の中大変なのですが、お風呂屋さんも大変なことになっています。

今日は雨の中夕方から「団交」をやっていた。

事の始まりは、先週の週末に突然「来月から、毎週日曜休みで、夜は1時間繰り上げの9時閉店にする(つまり8時までに入れってこと」)とぶち上げた。月末までたった2週間ない、というタイミングだった。

当然、夜の常連さんは怒った。わたしたちだって、行けなくなるじゃないか。

手紙を読んで、すぐにマネージャーに電話をしたが、マネージャーは不在だという。では、お電話頂戴ね、と言ったのだが、もちろん、2日待っても電話なんか掛かってこない。
仕方が無いからこちらから掛けた。
長い間待たされて、マネージャーがやっと電話口に出て、長々と言い訳をする。夫が上手に「働いている人にはもう止めてもらっても良いということで、理解するが、それでいいか?」との問いに「はい、そういうことになります」という回答を得る。

そんな電話でのやり取りをした翌日、プール(お風呂屋さん)に行くと、まあ、皆さん、この話で持ち切り(当たり前だけど)

そんなこんなで、団交と相成ったわけです。
普通、もうちょっと時間を置くなり、説明をした上で変更すればいいものを、いきなり年間トータル60日もの営業時間の短縮をするのだから、わたしでなくても頭に来る。説明の時間は夜しか来れない人は来られない時間だし・・・

しかも、規約では、退会は月の10日までに申告しないと翌月の会費を引き落とす」となっているのだ。

東電さんにもあきれかえるが、お風呂屋さんにもあきれかえるのだ。まったく、世の中どうなっているのだろう。

団交の結果、来月一ヶ月はとりあえず従来通り、ということになり、その後は「検討します」ということになっているらしい。しかし、今日の団交にも決定権のある社員は出てこず、マネージャー(はっきり言ってただのオバさん)しか出てこなかったというので、「止めたい人はやめて頂戴」ということなのだろう。

10年以上も通い続けて、他のメンバーさんともお友達になって、わらび採りなどに誘ってもらえるようになったのに、残念なことです。

お風呂屋さんで仲良くして下さった皆さん、お世話になりました。わたしは他所のクラブに移りますが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。(って、誰も読んでないけど)
新しいクラブに水風呂はあるだろうか・・・見学してこなくっちゃ。

残念な話といえば、昨日のブログにアップした元東電技師の木村さんのお話、消されてますね。それほどマズい話だったのでしょうか?
でも、ご安心ください。テキスト発見しました。
【驚愕】元東電社員の内部告発
29日追記コピー見つけました。やっぱり画像付きがいい!http://youtu.be/CTsgfWde6EQ

なかなか味のある素敵な人ですね。やめて良かったよ、そうでなかったら、今頃発電所の中で缶詰にされているところだ。

こちらも消されるといけないので、早めにお読み下さいね。

今日はローフードともオーガニックライフとも関係ない話でしたが、お風呂屋さんの横暴をひどいと思う人はクリックしてね。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

原子力発電所で働くということ。

隠された被曝労働~日本の原発労働者~



良いビデオ見つけました。樋口健二さんの傑作です。25分ほどの番組です。
英語の勉強もできます。樋口さん、英語お上手ですね。

結局原子力発電所ってものは、このような労働者の働き無しには動かない。危険な仕事をさせられるのは「協力会社」と呼ばれる下請けの労働者。小泉改革以降は、派遣という名の使い捨てが進んだわけです。

ほんの割のいいアルバイトが、被曝というとんでもないお土産をつけてくれるのです。
地元の高校生が「協力会社」に就職して、若くして白血病で亡くなってゆくのです。ひどく苦しみながら・・・

原発ジプシーというのは、今は原発で働く派遣労働者のことを差すようですが、これは

原発ジプシー (講談社文庫)
という本のタイトルからきているように思います。
本の著者、堀江邦夫さんは、一介の派遣労働者として原発の中に入り込みます。そして、その体験を本にしたのです。この本の後、このノンフィクション作家の著作も、雑誌などへの投稿も見かけなくなったので干されたのだろうか、それとも、病気にでもなってしまったのだろうか?と心配したものでした。

今やノンフィクション作家の大御所である鎌田慧さんは、トヨタ自動車の労働者としてトヨタのラインで労働し、素晴らしいルポを書かれました。その仕事は人間性をはぎ取る過酷なものですが、遺伝子や染色体まで破壊するには及びません。
ところが、原発労働者は、健康や未来をはぎ取られてしまうのです、放射能のせいで。

原発事故が起こって、環境の中に放射能がゾロゾロ出て来ている今、わたしたちは原発労働者と同じように日々被曝しながら、そのことを実のところ良くわからずに生活することを強いられているのです。

おまけに、子どもに福島の野菜を食べろとか、牛乳を飲めとか・・・

堀江邦夫さんの本が講談社から再刊されました。


原発労働記 (講談社文庫)原発労働記 (講談社文庫)
(2011/05/13)
堀江 邦夫

商品詳細を見る


再刊にあたって、「跋にかえて」という文が加えられてます。その中でご自身の闘病について簡単に述べられていますが、それはちょっと想像を絶するものです。ほんの1年原発労働者をやっただけなのに・・・・

原発の中の原子炉内の危険な作業は、ほとんどが「協力会社」と呼ばれる下請けの労働者にゆだねられているのです。そして、上のビデオにあるように、辞めたら白紙の小切手をもらってお金で口封じされてしまう。寄せ場から集めた労働者なら、口封じの必要もないわけです。また元に住所不定無職に戻るわけですもん。保証の必要も治療費の心配もいらないんです。だって、どこの誰かもわからないのだから、追跡してまで「お加減如何ですか」なんてことはやらないんです。

小泉改革ってのはよくしたものでしたね。単純労働者の派遣労働を認めたのですから。
わたしはあのオッサン大嫌いでしたが。

わたしは、反原発の活動家ではありません。今でもそうです。昔っから「原発は嫌い。放射能もイヤ」というだけの人です。今だって活動してるわけじゃない。ただ、「原発は○○だからイヤ。放射能は××だから嫌い。そんなもんやめてちょーだい」と思ってるだけでです。
運動ってのはどうも苦手なの、西式の運動が精一杯です。

イヤですね、原発。なんで原子炉を使ってお湯を沸かさないといけないのでしょうね?あんなもん、仮に「安全に運転できた」としても、イヤですよ。だって、被曝労働とセットでないと絶対動かないんだもん。ロボットなんて、放射能で壊れてしまって、すぐ使えなくなるらしいです。人間はすぐには壊れないので、結局線量の高いところは人間は入って作業することになるんです。

今だって、線量の高いところに入ってるのは、社員さんじゃなくて、「協力会社」の人なんだと思います。

再刊されたこの本、是非とも読んでみて下さい。原子力発電所が安全だなんて、安全に管理なんてことは、絶対にありえないんです。

たとえ、原子炉の中の危険な作業を牛や馬を訓練すれば出来るとしても、イヤですね。
蠅が蚊やゴキブリを訓練して原子炉内の定期点検とか配管工事が出来たとしても・・・イヤですね。

ああ、イヤダイヤだ。

ちょっとお口直しに、こんな歌などお楽しみ下さい。(you tubeに飛びます。)

東電に入ろう

味わいありますねえ。オリジナルは、もちろん高田渡さんの「自衛隊に入ろう」です。
どなたが歌ってるかご存知の方、教えて下さい。

おまけ、その2
http://www.youtube.com/watch?v=puPQvxDxiZs
ミクシーで教えて頂いたテレビのニュース番組。
どこの局でしょう?。消される前にどうぞ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

行ってきました周防大島!(小出先生写真館?)

今日は朝から雨。時々強く降るが、風はない。雨でも朝から行かねばならないところがあった。

山口県の周防大島の橘総合センターホール、小出裕章先生の講演があるのだ。

その情報を見つけたのは昨日、岩上安身さんのツイッター

iwakamiyasumi 岩上安身
【IWJ・UST】5月28日(土)、小出裕章氏講演会が14時からCh9です。Ch9→ http://bit.ly/jnSwdC 詳細URL:http://amba.to/liRets



うちから周防大島は、車で1時間半くらい。ちょこっとお出かけするのに良い距離で、山陰方面に行けない冬ドライブコースです。美しい瀬戸内に浮かぶ大きな島。ここは「歩く巨人」宮本常一さんご出身の島として大変有名です。そして、この風光明媚な島は、わたしたちの移住先リストのひとつでもあります。

その大島に小出さんがいらっしゃる。しかも、入場無料、予約もいらないという。

これはもう行くしか無い。大雨で高速道路が通行止めにでもならない限りは行くぞ!

というわけで、雨にも負けずに行って来ました。
(明日は小出先生の講演会だ!とミクシーに書いたら、少なからぬ方から「いいな~」とご声援?頂きました。hugもチューもシャツの第2ボタンも無しですが。小出先生、関心高いですね。)

IMG_2103.jpg

最前列が空いていたので、もちろんキープ。真ん中はビデオやカメラの人だったので、ちょっと中心を外して左側に。
29日追記画像アップされました。

2 http://youtu.be/Egojk5iJ844
3 http://youtu.be/JN3rf5vuyMA
4 http://youtu.be/X0tWrH60q1A

周防大島という、橋で繋がっているとはいえちょいと僻地(失礼)ですが、300人の会場、ほとんど一杯です。最後には、300人以上入ったのではないでしょうか?

開演前にもう先生はお出ましになって、機材のチェックなど。

IMG_2105.jpg
わたしの中ではスーパースターなんですが、ご本人はまったくその自覚はなさそうです。

最初に主催者のご挨拶。島で農業をなさっている青年です。南へ45キロ下れば愛媛県の伊方原発が運転中(ぺんぎん註:プルサーマルだし)、西30キロには上関原発が計画中だ。福島の原発事故をきっかけに、島の人にも原子力発電所について考えて欲しいと、お忙しい小出先生に来て頂いた、と語っています。

この美しい瀬戸内に浮かぶ、民俗学の巨人を産み育んだ大島のすぐそばに原発があるんです。
そうだ、伊方があったんだ。上関に原発が出来なくても、伊方が止まらないと移住地候補にはならないなあ、やぱり原発さんには止まってもらわなければ。
あ、移住の話じゃないですね。

注意。ここから先はちょっと恐ろしいお話になります。覚悟の無い人は読まないで下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

続きを読む »

原子力発電所ってのは小回りが効きません、という話とわたしたちの日常

毎日怖い話でごめんなさい。
昨夜は2時過ぎまでネットを徘徊して、ぽろぽろ泣いたり大笑いしたりして、やっと落ち着いて2時半頃に寝床に入りました。はい、板の上です。

昨日のブログ記事が、小出先生の非公式まとめでご紹介されたため、このブログのアクセス数が前代未聞な状態です。
こんなところでも「人類始って以来の経験」をしているわけです。

大島の方からコメントを頂いたり、メールを頂いたりして、とても嬉しいです。晴れて移住する段には、色々とお世話してください。

さて、こちらも温めていた話題です。もしかして原発と関係あるのかな?と漠然と思っていた事柄、やっぱりそうです。

小出先生は、「原子力発電所というものは、小回りが効きません。100キロワットの原発だったら、昼も夜も、ずーっと100キロワットで発電を続けます。ところが、電気というものは貯めておくことができません」

とおっしゃいます。この話は「揚水発電」というヘンテコな発電の説明でよく話されますが、もっと身近に「昼も夜も夏も冬も電気を使う」ものがある。

例えば、コンビニ。セブンイレブンも昔は朝の7時から夜の11時までの営業で「コンビニエント」なお店でしたが、いつのまにか7-11ではなく、24時間営業になり、他のコンビニチェーンも24時間営業が当たり前です。

例えば、電化住宅。しかも電熱器にしておきゃいいのに、「電磁調理器」これ、めーっちゃ電磁波を出す。料理ってのは、コンロの前でやるので、料理人は強烈に被曝する。しかも腹部だ。
これが若夫婦の家なんかにあって、奥さんが妊娠して・・・って考えたら恐ろしいですね。電磁波も放射能も似たようなものです。
電磁波は発生源の電気を止めれば止まるけど、放射能は・・・イヤですねえ。

「割安」な、夜間電力でお湯を沸かす電気給湯器。お客さんなんかが来た時、夜最後にお風呂に入ったら、髪を洗っていたら水になったよ~、なんてことありました。お湯は使う分ずつ沸かせばいいじゃないですか。

だいたい、電気を作るには、お湯を沸かすのです。その電気を送電線で運んで来て(ロスが出る)またその電気で湯を沸かすってのは、非常に効率が悪いのに、そんなことは中学生でも分かるのに、それが「文化的な生活」なんだそうです。

例えば、電気自動車。内燃機関という芸術がこの世にあるのに、なんで自動車を走らせるのにコンセントに繋いで充電して、電気の残りを気にしながら走らにゃならん。これも電気をたくさん使ってもらわないと余って困っているからだ。
しかも、小型バッテリーってのは、レアアースを使う。これがまた資源の奪い合いで素朴で優しい人たちを苦しめている。

例えば、自動販売機。屋外にあるドリンクの自販機は、一機で住宅と同じだけの電気を食うらしい。そんなもんがまちの至る所にある必要などない。だいたい、自販機なんてもんは日本にしかない。あんなものを外に出しておいたら、他所の国じゃだれかが持って行ってしまうのだ。コンビニがあるのに、なんで自販機で飲み物を買わないといかんのか?これも電気を使わせる装置だ。

わたしが子どもの頃は、自販機はあったけど、コンビニってのはなかった。その自販機だって、あんなにそこここにはなかった。電気自動車ってのは、パビリオンの中とか、空港の中とか、極めて限られたところでブーンと走ってるものだった。

アレもコレも原子力政策とセットなんだよ。特に電化住宅はひどいです。それで、「電気がなくなったら困るだろ、だから原子力は必要だ」と言うのだ。マッチポンプもいいところだ。

電気自動車のほうがエンジンで走る自動車よりも環境にいいかどうかは怪しいものだ。エンジンだって、なにもガソリンを燃やすと限ったことではない。戦時中は木炭で走ってたそうではないか!水を燃やす技術だってあるそうじゃないか。

原子力なんて、今回みたいにひとたび事故れば、とんでもないことになってしまうのだ。人も住めないような土地を生んで、人々を病気にして、何が「文化的な生活」だ!コンビニなんてのが夜中まで営業しているから、青少年が夜中に徘徊するのだ。

コンビニ、場所によっては、7-11で十分じゃないの?夜中は店を閉めようよ。それに、あんなに店内が明るくなくてもいいんじゃないの?
(コンビニ店の経営者には決裁権がないのです。親会社の指導の通りにやらなければいけないので、バイトが工面出来ない時は、48時間ぶっ通しで働き続けたり、子どもや親のお葬式もまともに出せなかったり、なんてことがあるのが、コンビニ店経営者なのです。)

コンビニが便利だ、なんて喜んでられないんです。コンビニの抱える問題と、原発の問題と、フランチャイズというスタイルの持つさまざまな問題、全部根は一緒ってことです。

なにも発電を1年のうち数日の数時間だけしかないピークに併せて発電しなくてもいいよね。そのために使わなくても良い電気まで使わさせられているってのじゃ、本末転倒です。

しかも、その電気代は世界一高いし、発電会社を選ぶことは出来ないし、放射能までついてくるんだもの。

陰影礼賛という美しい小随筆を生んだ国なのだから、陰影、礼賛しましょうよ。

ブルーな気持ちの日曜日でしたが、昨日、カリフラワーを頂いたので、久しぶりにベンガル料理を作りました。

IMG_2127.jpg

買い物に行ってないから、ジャガイモ無しのちょっと寂しいベンガル料理でしたが、悪夢のような現実の中でも、ちゃんと作って美味しく食べるのだ!

青泥はちょっと休んでます。その代わりにスピルリナを飲んでいる。そして、スプラウト。
IMG_2100.jpg

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

空は晴れたのに、気分は晴れない・・・

台風が去って、久々にお日様が顔を出して、溜まっていた洗濯物を仕上げたのに・・・
なんか気分は晴れません。なんでやろぅ?

きっと、東北で雨が降っていて被害が出てるからだわ。5号機の水温が上がってるのに、半日も公表しないからだわ!
明日「コンピューター監視法」を強行採決するからだわ!モンサントの遺伝子組み換え作物の作付け、流通、輸入等を承認しようとしているからだわ!

なんか、人が原発の行く末や、福島の子どもたちの心配をしていると思って、コッソリこんなことやってるよ。

なんだかなあ~、なんでこーなっちゃうのかしら?

農水省にはご意見出来ます。
遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について

遺伝子組み換えって、モンサントの除草剤とセットで使わないと効かないんですよ。

楽天の社長が経団連を脱会したニュースは大きかった。だって、経団連って、電力会社が牛耳ってるんだもん。

わたしはauの携帯を使っておりましたが、KDDIと東電のベッタリぶりを知ってしまったので、電話会社を変えようと思ってます。
近日中に変えます、アドレス帳の引っ越しが心配ですが。

わたしが電話を変えるのは本当に小さなことだけど、もしauユーザーの半分が「KDDI嫌い!、孫さん、頑張れ!」と電話の乗り換えに動けば、KDDIだって「ちとマズい」と思うはずだ。

今はガタガタしているけれど、ホントに世の中が変わるかもしれない、いや、変えないといけない。だって、命掛かってるんだもん。

アラビアの革命、ツイッターやフェイスブックが機動力になった、という。わたしも今ツイッターやustreamや、youtubeで情報を集めている。そして、ブログを書いていて、ビックリするほどの人がアクセスしてくる。

政府は規制したいのだろう。「安全です」と言いたいのだろうが、そうはいかない。「何かヘンだぞ」と思う人が増えている。「行動しなくちゃ」と思う人が増えている。「そんなことは知らなかった」という人が増えている。今までのやり方は通じないよ、オジさん達よ。

頭に来るけど、夜明けの前が一番暗いっていうじゃぁないさ。明日は明日の風が吹くのよ。今日も美味しいものを食べて暮そう。

なんかまとまりません。天気なのに、家で岩上さんが今中さんにインタビューしている番組を聞いている。今中先生は、京都大学原子炉実験所、つまり、小出先生の同僚で、「熊取6人衆」のお一人です。



次のビデオ(http://www.ustream.tv/recorded/15032334)で、移住の基準について今中先生がお話になっている。

音声が悪いし、映像は途切れるし、でなかなか聞きにくいけど、今中先生のお話をまとまって聞く貴重なビデオです。

IMG_2096.jpg

人参とヒマワリの種クリームのカップケーキ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
バニラビーンズを使ったからか、珍しく夫が食べた。あ、だから台風が来たのか?!


電話も変える。お風呂屋さんを辞める。

今日はバタバタした1日でした。

携帯電話を解約して、新しい電話会社にしました。やっぱりiPhoneになっちゃったよ。

「普通の電話よりスマフォのほうが安い」という噂は聞いていたけれど、ほんとにそうだったので、ちょっとビックリしました。つい、「何だ、変わらないなら、iPhoneにしよう、使い方知ってるし~」ってなってしまって、しっかりと罠にハマっている自分に苦笑い。

IMG_2128.jpg

なんだか設定が上手くいかなくて、メルアド変更のメールがちゃんと送れません。またじっくり色んな設定をしなくっちゃ・・・

小出先生の写真など、前の電話に入っている写真を引っ越しさせるために、カードリーダーを買ったり、電話のケースを買ったり、なかなかの散財でありました。

料理教室の連絡もiPhoneからになるので、パソコンからのメールを受け付けない設定になってる方、このアドレスは受け付けるようにしておいてください。そうでないと連絡できません。

ソフトバンクで機種のSAR値を聞いたら、お店のお姉さん、「電磁波は人体に影響がない、ということになっております」などとのたまいました。「ちょっと、お姉さん、もう少し勉強したほうがいいですよ」といらぬお説教。

なんかどっかで聞いた話ですね。そう、iPhone4はSAR値が公表されてないのですよねえ。でも、買っちゃいました。

電話の契約を色々とやって、待ち時間に週刊現代を買いました。

週刊現代、さいきんはすっかり週間金曜日みたいになっちゃってます。そのうちに週間金曜日もヘアヌードなど載せたりして、と悪い冗談が浮かびます。こんな報道も、「安全神話」の行き届いている人には届かないのかもしれません。

週間金曜日といえば、今週号(848号)には、佐高信さんの連載、「抵抗人名録」に小出先生が取り上げられています。とても良い文章なので、小出先生のファンの方は図書館などで読んでみて下さい。イラストも良いですねえ、寝癖っぽいところが・・・

IMG_2130-1.jpg

なんだか、こんなことで携帯電話の会社を変えなきゃいけない(いや、別に変えなくても良いのだけれど、何かアクションしないといられない)なんてって、なんだか釈然としないものがあります。

新しい電話に慰めてもらおう。

釈然としない、といえば、今日でお風呂屋さんを辞めました。13年くらい通っていて、駐車場に止まっている車を見たらどなたがいらしてるのか、分かるぐらい他のメンバーさんとは親しくなっていたのに、まったく残念なことです。
来月からは、だいぶ遠くなるけれどもっと大手のいわゆる「フィットネスクラブ」に行くことになります。
せっかくだから、水泳を習おう、とか、ヨガのクラスに出よう、とか、ベリーダンスも楽しそう~、なんてスケジュールを眺めていますが、サウナは浴室にあるので、サウナの中で夫と色んな話をしたり、という時間がなくなるのは残念なことです。
これからは、二人別々で行くことが多くなりそうです。

色々なことが「こんにちは、さようなら」の1日でした。

人参のカップケーキは夫が食べたので、気を良くして、人参チョコカップケーキを作ったら、これも「お!チョコだ!!」と言って夫はオヤツに食べていました。

夫がローのケーキを食べるなんて・・・また台風が来そうです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック