いろんなことが分かって来るような気がする。

原発関係の事柄を色々と日々見たり聞いたりしていると、なんか色んなことが氷解してくるような気がする。

そうか、世の中ってこうなってたのか?!

世の中の人は原発は必要悪のように思っているのかもしれないけれど、わたしはそれでも「あんなものは無いに越したこと無い」と思っている庶民がほとんどだと感じています。まあ、中には電気が足りなくなったら困る、とか、電気代がこれ以上上がったら困る、とか、上手に騙されてしまっている人もいるようですけど・・・

今日見ていたドキュメンタリーで、世の中の「議会制民主主義」ってのがどんなものかわかってビックリしてしまった。どうりで、いくら署名したって世の中変わらないわけだ。

反古(ホゴ)にされた90万人署名_01 ~北海道"原発議会"の三日間~

2、3、4、

これは、チェルノブイリ事故の後、初めて新規運転される北海道の泊原発の停止にむけて、生活クラブ生協の組合員を中心に、捺印入り署名を90万人分も集めたのですが、なんともあっけなく反古にされてしまうプロセスをドキュメンタリーにまとめたものです。

小学校の時に「民主主義とはこういうものです」と、勉強して、選挙のまねごとをやったり、議会のまねごとをやったりしたことがあって、なんかちょっとウソっぽいなあ、と思った記憶があるけれど、本物の「議会制民主主義」ってのは、「根回し」や「談合」のことらしい。

このビデオの中で、自民党の議員が「直接投票のようなことをされたら、議会の意味がなくなる」というようなことを言っているが、議員さんにしてみれば、選挙で当選してしまえば市民のことなどどうでもいい、ってことらしい。なるほど、大変分かりやすいし、納得できます。

広島では最近県会議員が無免許でずーっと車を運転していたのがバレて首になりそうになってますが、この人は自分は議員だから免許なんかなくても運転できる、と思っていたような節がある。議会は首になりそうなのだが、自分の選挙区で毎日国道の脇に立って通る車に頭を下げて反省しているらしい。まるでマンガだ。頭下げる前に他にやることがあるような気がするのだが・・・

まあ、広島の議員さんのことなどどうでも良いけれど、もっと最近の話しでは・・・
神保哲生さんの番組で、河野太郎さんがゲスト出演なさっている分、大変長いのだけど、政治の世界の話しがよくわかる。
PART2:原子力のこれまでとこれからを問う

part3

このビデオで河野氏が語るところによると、電源三法によって、まるで道路でも作るみたいな感覚で原発を持って来ちゃうようだ。で、原発を引っ張ってくる議員さんは原発のことなんか何にも知らないらしい。「金取って来たらいいんだろ」ってなことらしい。そりゃすごいお金持ってくることになるよねえ。

あと、自民党政権時代にも電気の総量買い取りをやろうとしたことがあったけれど、元東電副社長から議員になった方がことごとく潰したらしい。

とにかく、このビデオはとても長いけど、再処理のこと、高速増殖炉のことなど、何のために何をやろうとして、どう上手くいかずに問題になっているのか、がとても詳しく説明されます。

つまり、もう日本の「再処理」は破綻してるのに、それを認めることも出来ず、破滅への道を進んでいるってことだ。

しかし、これらのシステムを前にして、反原発運動はいままでほとんど失敗してきて、福島での事故の後でさえ伊方や玄海で危険なMOXを入れて再稼動させようとしているわけです。
それも「日本はプルトニウムなんか集めてませんよ~、これはみんな核燃料で、電気を起こすためのお湯を沸かすだけなんですよ~、ちゃんとプルトニウムも燃料にして使ってるからね~」という為なのよ。

まあ、詳しいことはこれらのビデオをご自分で見て色々感じていただければ、と思います。

国民の民度に応じた政府しか持ち得ないことはわたしにも分かるけど、それにしたってあんまりじゃないかしら?原発って、道路とは違うじゃない?

わたしたち、政治の現場ってのはこの程度だ、ってことを良くわかって行動しないといけません。
少なくとも自分の命は自分で守ろう!

アラメゾンさんのブログで、レモンタイムを入れてパンを焼いたっていう話しを読んで真似してみました。

IMG_2198.jpg

切った時には香るけど、食べてるとあまりわかりません。もっとたくさん入れるのかなぁ?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

三五八漬けでひどく酔っぱらう。アラメゾンでディナー。

今日は土曜日なのに、夫は休日出勤。お弁当を持って朝の遅い時間に出掛けていった。
だから、お昼はわたし1人、気楽なもんです。

以前なら、断食などしたところだけれど、このところすっかり身も心も贅肉がまとわりついて・・・「少食?ナニそれ」な感じです。

それでも青どろモドキは時々食べる。
あまり買い物に行かないので、パイナップルの残りとコスレタスでグリーンスムージー風。
この後、玄米ご飯を三五八漬けで食べたら・・・

なんか酔っぱらってしまってドキドキしてくる。
あ、まずい・・・急性アルコールちゅー毒だ。せっかく食べたご飯を吐くのはもったいない(このように関西人は考える)から、なんとか収まれ!と横になってしまいました。

ああ、せっかくの夫のいない土曜日なのに・・・楽しく糸紡ぎなどしようと思っていたのに・・・
ほとんどの時間を昼寝に費やしてしまいました。
三五八漬けは危険な食べ物です。

夕方、ちょっと小腹が空いたので、発芽玄米ヨーグルトマンゴーラッシー。

IMG_2203.jpg

発芽玄米ヨーグルトで作るヨーグルトモノは結構お気に入り。ちょっとコナコナするのは仕方が無いけど、なかなか良いセンいってると思わない?小腹も満たされて、乳酸菌だし、お通じにも良いし、良いことばかり!
ただ、間違っても加熱調理には使わないことですね。糊になっちゃうから。

明日のリハーサルのために小出先生の88年の講演などを聞きながら糸紡ぎをしていたら、夫が帰ってくる。

今日は久しぶり(といっても、記念日ディナーは先週いったばっかりだけど)に夫と食事に出掛ける。なにしろ休日出勤したんだもん、それくらいのご褒美ないとね!(いったい誰へのご褒美なんだかよくわからない)

このところご無沙汰していた千田町のアラ・メゾン
おお!今日は予約で満席なの?そりゃ忙しい時に悪いことしました。
レモンタイム入りのパンが気になっていたし、「野菜とチーズの特別コース」も気になってたんだもん。

お店のレモンタイムのパンはこんなのだった。(食べかけのほう)
IMG_2204.jpg

やはり、「かなりたくさん入れます」っておっしゃってた。「むしるの大変なんですよねえ。わたし、途中でイヤになってしまって、やっぱりちょっと少なかったみたいです」と白状する。
スゴい手間ですよ、これ。1度タイムの葉っぱバラバラにしてごらん、めんどくさいから。

パン焼きはもう1年以上経つのだそうです。早いね。この店はルヴァンで焼いたパンを出してくれるので、ホント、他のお店いかなくなっちゃったよ。だって、お料理が美味しくても、出てくるパンがマズいとイヤなんだもん。
持参ってのもナンですし・・・

アミューズの次は、野菜のプレート。

IMG_2205.jpg

ズッキーニの花の中はマッシュドかぼちゃが入っていて、カリカリの衣にすごい好みの味です。
生と加熱のバランスも良いなあ~。黒いのは、生のキクラゲのフリット。

IMG_2207.jpg

そば粉のガレットが出て、メインはロールキャベツとそら豆のニョッキ、ブルー・ド・メメーのソース。

このそら豆のニョッキってのが、作るの大変な料理です。出来上がったものはただの団子で、そらまめの色はあるけど、風味というと??な食べ物。その手間を思うと・・・ごちそうさまでございました。

ロールキャベツの中は、ポテトとコーンとオカヒジキが入ってる。ブルードメメーのソースが絶品すぎて、すべて霞んでしまったかな。

いずれにしても、どの料理も下ごしらえの大変さが分かるので、丁寧なお仕事に頭が下がるのでありました。

この後にチーズを頂いて、デザート(アイスクリームは作りたてでフワフワだった)も頂いて、なんかたくさんお土産を頂いて、良い心持ちで帰ったのでした。
ダーリン、一週間遅れの結婚記念日、おめでとうさん。

この野菜とチーズのコースは7月10日までです。

明日は小出先生の講演会だわ~、何を着ていこうかな~。
では、ピカピカお肌のために、オヤスミナサイ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

小出裕章さん@広島~。小出先生写真館2

ああ、もう小出さんはわたしの新しい趣味になってしまったので、趣味カテにしてしまう。

(前置きが長いので、とっとと本論に入りたい人は、小出先生のお写真の後からお読み下さい。)

今日は待ちに待った、小出裕章さんの広島ライブ@中国新聞社7階のホールです。
フライヤーはこちら

午後一時半開場、2時開演の予定ですが、事前に得た秘密の情報によると、12時半より入場整理券を配布する、という。柳井で300人、周防大島でさえ400人近くの人が来たのだから、広島ならその倍は集まってもおかしくない。会場キャパは600だという。(大島での講演のレポートはこちら
後ろの方から胡麻粒のような小出先生を拝見するのは悲しいので、しっかり前に座れるように早めに出掛ける。

夫と一緒に11時半に開店時間を迎える紺ちゃんに開店早々「こんちは~」と押し掛ける。

「ああ、今日は行くん?小出さん」
「は~い、バレてますね。」(横で僕は行かないけど、と夫がブツブツ言ってる)
「誰か行く前にウチに来るような気がしてたんよ」
「あはは、図星ですねえ。12時半から整理券配布だそうですよ」と秘密の情報を伝える。

そういえば、店の中に奥さんのお姿が見られない。それぞれ好きなものを注文して、ラーメンの登場を待ちわびていたら、着飾ってきれいにメイクした奥さんが「ねえ、一緒に乗せてって、今すぐ子どもの食事用意するから」
「はいはい、お易いご用です。わたしたちもこれから紺ちゃんのラーメン頂きますから」
道連れが出来てわたしも大喜び!

ランチにおいしいラーメンを頂いて・・・
IMG_2209.jpg
(左は夫が頼んだ醤油ラーメン、右はわたしが頼んだ担々麺~)
紺ちゃん夫人をお借りして、一路中国新聞本社へ~。途中「あれ?どの河越えたとこだっけ?」とウロウロしてしまう。中国新聞は平和公園西側の河の西岸ですた。

新聞社の前で降ろしてもらって、紺ちゃん夫人と7階まで上がる。
あれ、こんなところにこんなホールがあったんですね。広島在住も19年目になるのですが、存じ上げませんでした。

着いたのは12時5分。もうすでに20人ぐらいの方が並んでおられたので、最後尾に並ぶ。
チケットの配布と共に12時半過ぎには開場してくれたので、とっとと一番前に座る。そのうちに、pupちゃんもやってくるので、すぐ後ろの席に座ってもらう。よく来たねえ。

pupちゃんとか、紺ちゃん夫人と色んな話しをしながら開演を待ちます。主催者の方が早く開場してくださったので、待つのはちっとも苦になりませんでした。

隣に座っていた青年とちょっとお話しすると、なんと!驚いたことに埼玉から来たのだそうです。
「ええ~?東日本でも講演あるやんか~」「いえ、あまりありません」
うーん、八戸のほうが広島より近いと思うのだけど・・・
なにやら、その青年は、6月11日の100万人アクションの時に広島に来たのだそうで、広島を気に入ってるのだそうです。
「ならもう引っ越してくればいいじゃない、空き家いっぱいあるよ」
「仕事はないよ、時給は安いよ、紺ちゃんのラーメン、美味しいよ。」
など、紺ちゃん夫人と一緒になって、勝手なことをいって誘う。
実際今西日本には空き家がある。仕事はないけど、時給は安い。

紺ちゃん夫人は「ぺんぎんさんのブログが小出先生ファンを増やしてると思うよ」と冷やかしてくれる。
もしわたしのブログを読んで小出先生のファンになってくれる方がいたとしたら、こんな嬉しいことはない。本気で原発を止めたい人を増やすことに貢献できてる、ってことだもの。

香山リカよ、小出先生に熱を上げているのは、ヒッキー男だけではない。奥様達もかなりいるのだ。ネットを駆使して、スピルリナやペクチンをアメリカから取り寄せ、乳酸菌を培養するような高学歴、頭脳明晰、リアルな世界に生きて、経済もそれなりの女性達だ!リカちゃん、メガネ買い替えた方がいいんじゃないの?かなり曇ってるよ。
リカちゃん発言についてはまた書きます。7日追記。アホらしいので相手するのは止めます。

そんな風に待っているうちに、小出先生が到着されて、セットされていたパソコンの動作確認をなさる。
今日は舞台の上なので、よく見えるけどやや遠い。高さが違うと存在感も遠くなるようだ。

なんか前置きがメチャクチャ長くなってしまいました。
ちゃっちゃと行きます。

先生、マイクの位置を直すの図。
IMG_2212.jpg

7日追記。録画アップしました。hakunamatataTJさん、ありがとうございます。
小出裕章さん広島講演 2011.7.3


今日の講演は広島ということで、やはりお話しは広島の話しから。

「広島はわたしの原点です。」

先生が中学・高校の多感な時代に東京で「広島・長崎展」というのをよくやっていて、何度も観に行ったのだそうです。
「核兵器とはなんと恐ろしいものよ」。はい、だれでもそう思いますよね。
そして、世は核の平和利用推進の時代。原子力は夢のエネルギーだという宣伝を信じてしまった裕章少年は、原子力の研究の道へと進むのでした。

広島の原爆と、先生が生まれ育った東京の下町の「東京大空襲」を飛んで来た飛行機の数、爆弾の数とトン数で対比してゆきます。
町が壊滅して、人々がたくさん殺されたのはどちらも同じですが、東京を焼いた爆弾は1685t。メモをとってないので、正確な数字は忘れてしまったけれど、366機(?)の飛行機がその1685tの爆弾を落として東京の下町を焼き付くしました。
翻って、広島はたった一機の飛行機が、一発の爆弾を落とした。
その量は、16キロトン。たった一発の爆弾で、なんと!10倍の威力です。
(先生のお話しの中にはなかってけれど、広島の町は原爆用に温存されていたらしく、空襲というものがなかったらしい)

灯油と火薬のエネルギーの比較とそのメカニズムを説明した上で、核分裂とはどういうことか、を説明して下さいます。
つまり、核分裂ってのはそもそもが爆弾向けってことを。

IMG_2217.jpg

そして、話しは原子力発電所のしくみや、チェルノブイリの事故の話しへと移ります。
福島での避難区域のお話し、それによって失われるものについて。

福島の地図と、上関を中心にした西日本の地図を重ね合わせて見せて下さいます。
飯館村などに当たるところは、下松とか光市。広島市だってちょうど100キロ。
つまり、ほんの「裏庭」にあたるわけです。

上関で何事か起これば、広島だって、「放射線管理区域並み」になってしまって、「年間20ミリシーベルトまで我慢しなさいよ」と言われ、放置されるってことです。

上関に原発がまだ出来ないで済んでいるのは、祝島の人たちが29年間も反対し続けてくれているからで、もし彼らがいなければ、もうとっくに上関に原発が出来ていたことを突きつけられます。

広島の人が「反核平和」と言ってる間もずーっと祝島の人たちが頑張って頑張って闘って来ておられたから原発が出来ないのです。


核も原子力も同じもの。そもそも核分裂というのは、爆弾向けなのです。それを無理矢理「平和利用」しているだけで、やってることは同じなのです。

ならば、反核平和を唱えるなら、「原子力」だってとうてい受け入れられない、という感性を持つべきなのだ、という、かなり痛いところを突かれて、お話しが終わります。

「安らかに眠ってください、過ちは繰り返しませんから」
という原爆死没者慰霊碑に掘られている文字で締めくくられました。

このエピタフ、実は色々問題が多い。
誰がどんな過ちを繰り返さないのか、何とでも取れるのだ。
「主語がなくても文章が成り立つ」という日本語の不思議を上手に利用した碑文である。

そこまで小出先生が意識されてこの碑文で締めくくったのかどうか、わたしは分からないけれど、誰がやったどのような過ちなのか、一人一人胸に手を当てて考えなければいけません。

IMG_2224.jpg

中国電力は原爆で本社を焼かれた。しかし、平和利用ならばいい、と、原発を作っている。わたしは広島に来た時に、市民活動家の知り合いから「『被爆者の人が平和利用ならいいのだ』と言う」という話しを聞いて愕然としたことを思い出します。でも、これが多くの広島の人の感覚だったのだと思います。

外から見たら、被爆地広島にある中国電力が、原子力発電所を地元の反対を押し切って、無理矢理建てようとしているのがどうにも理解出来ません。その違和感を多くの市民は持たずに暮している、ということにもまったく驚いてしまうのです。(もちろん、違和感を持って暮している人もいるけれど、残念ながら多いとはいえません。今日の会を共催している友人も、福島であんなことがあったから、こんなにたくさん集まってくれたけど、毎年人集めに苦労する、というようなことをおっしゃってました。)

でも、もう福島で起こったことで明らかになりました。原子力発電所だって、事故を起こしたら、みんな被曝してしまうのです。放射能にすべて汚されるのです。遺伝子をズタズタにされるのです。
そして、原子力安全委員会は、東海村の臨界事故で、「原子力安全神話なんかない」と白状しているのだ。
1度事故を起こしたら、もうその周辺には人は住めない。
ほんの800g程度のウランが燃えた原爆とは程度が違うんだ。

広島市民にとって、「核の廃絶」は間違いなく総意だけれど、「原子力の廃絶」となると、「なにがいかんの?」という話しになってしまう、という矛盾を突いている。
核も原子力も英語で書けば「nuclear」なのに、です。

だから、広島の人、眼を覚まそう。

質疑応答が終わって、主催者の方がご挨拶なさいました。
これがとても良い話しでした。

広島の人は被曝という問題を抱えて、何か体調が悪くなると「原爆で被曝したせいではないか」と心配しながら暮している。これからは福島などの人たちもそうやって心配しながら暮さないといけない。

他にもたくさんふーん、と思うお話しがあったけれど、わたしも最後の方は集中力が切れてブログにまとめるほど正確に思い出せません。

今日の小出先生のお話しも、大変に問題の本質を突く「恐ろしいお話」でありました。
だけど、この「本質」の部分に眼を背けていては今までと同じなのですもん。
眼を覚まそう。そして、行動を変えよう。
核廃絶というなら、原子力だって廃絶だ!

小出先生は本当にお話が上手で、この記事をまとめながら先生の明晰さにまたクラクラするのでした。

小出先生、いつも素晴らしいお話しありがとうございました。
そして、主催者の方、広島ならではの先生のお話し、本当に素晴らしかったです。貴重な会をありがとうございました。
小出先生の増々のご活躍と、ご健康、お祈りしております。

関連記事
気の毒な夫と、小出先生の余韻。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

気の毒な夫と、小出先生の余韻。

今日、夫は「健康診断」だったので、昨夜は禁酒をし、朝から絶食(コーヒーはなぜか飲む)して出掛けてゆきました。あ、朝コーヒーだけってのはいつもと一緒ですね。

帰って来てからもダルそう。バリウムを飲まされるので、下剤も飲むからお腹は張るし、下るし(出てもらわないと大変ですが)。

彼は何度も職場に健康診断の拒否を掛け合っているのだが、どうにも認められない。「結核の検査なら必要は理解できるが、わたしが仮に胃がんになっても業務に支障はないはずだから、ほっておいてくれ」と言っても受け入れられないのだそうな。

お気の毒さまでございます。バリウムなんか、洗腸してとっとと出せば良いのに、洗腸はイヤなんだそうです。
今日のお酒はさぞかし美味しいことでしょう。(夫は年に数日禁酒するのが自慢である。大変意志の強い人だ。我が夫ながら、すばらしい~。)
わたしは気楽な染織家なので、広島市が毎年送ってくれるがん検診も無視。夫の会社経由で送ってくる『メタボ診断」も無視です。

今日はそんな気の毒な夫の話しではなくて、昨日の講演の余韻のお話しでございます。

一晩寝てから考え直すと・・・

小出先生は、上関原発計画への広島市民の無関心を暗に非難されたのだと思うのです。

29年も祝島の人たちの反対運動にいったいどれほどのシンパシーを持っていたのか?祝島の人たちががんばってくれているおかげで、アナゴ飯(宮島の名物)だって食べれるのに、それを広島市民はわかっていないんじゃないか?って。

先日、中国電力の本社前を通行人を装って、島の人たちの座り込みの様子を見て来た時に右翼の街宣車が来ていた、と書きました。

何を街宣していたのか、映像を見つけました。



ほうほう、ずいぶん古典的な主張なのね。天皇陛下のための那須の牧場が放射能で汚染されたことはどうでも良いみたいだ、この人達。オヤブンに怒られないかねえ、と心配になる。

通りかかる市民はほんとうに無関心で「なにやってるの?」ってなもんです。でも、この人達ががんばっているから、広島から100キロしかないところに原発が建たないでいるのに。
瀬戸内の自然がかろうじて守られているのに。


広島の人でもないのに、被爆者でもないのに、こんな問題に口を挟むってのはすごく勇気のいること。
はっきり言ってタブーな話題をあっさり言っちゃうところが、小出先生の小出先生たるゆえんであります。

わたしは広島在住なので、広島の矛盾にウンザリしているけれど、小出先生がその矛盾を良くご存知で、あのような講演を今回なさったことに大変驚いたと共に感銘を受けたのです。

昨日の記事に、最後の主催者のお話しがとても素晴らしかった、と書きましたが、小出先生とは20年来のお付き合いだそうで、頭髪を指して、「同じ歳、僕の方が1年年上、いや、生まれた年は同じなのだけど、僕は1月、小出さんは8月で・・・彼は色々と苦労が多いから、あんなになってしまった」とおっしゃるほどの親しさなので、小出先生は広島的事情もこの方から良く聞いてらっしゃるのかもしれません。

会場に脚を運んだ人は600人弱くらいだったそうです。100万都市広島という人口規模を考えたら、600人の入場者はいかにも少なかったように思い残念です。わたしは1000人ぐらいは来るかと思ったのですが。
裏を返せば、広島市民は原発問題にそれほど関心がない、ということかもしれません。

広島は地元率が高いので、ネイティブ広島人が多かったんじゃないかと思うけど、小出先生の指摘をどのように受け止められたのか、是非聞いてみたいと思います。

もちろん、もともとこれらの問題に関心の高い人は、広島的矛盾についても良くご存知で、「軍都広島なのよ」とおっしゃるのですけど。

たった600人ほどの入場者で、もともと原爆問題にも関心を持っていた人相手だったなら、ちょっと残念な講演会でした。普通の広島人にこそ聞いて欲しかった、と残念な気持ちになっているのでした。

ともあれ、主催者の方は、小出先生の負担にならないように、質問は休憩時間にまとめられ、司会の進行でテキパキと進められたし(コアな小出先生ファンにはお答えの判りきった毎度お馴染みの質問が多かったけど)、「小出先生は大変お忙しくてすぐに大阪に戻られるから、個人的な質問などはご遠慮下さい」とアナウンスなさったのも好感が持てました。

八戸で酷使されたので、「こりゃたまらん」と、小出先生が「サインとか無しにしてください」ってお願いしたのかも、って勘ぐってしまいました。

中継の予定はあったみたいですが、中継はされなかったようですね。録画される、とおっしゃってた方はどうしたでしょうか?最後の主催者の方のお話しも是非編集せずにそのまま流してくださったら、と思います。

わたしはやっぱり、被曝した都市に本社があって、建物も社員も焼かれた中国電力が、どうして原発推進し続けるのか、理解できません。「核と原子力は違うのよ」とか、「平和利用だからいいのよ」という言い訳をずいぶん聞いたように思いますが、どこが違うのか、なんで平和だったら良いのか、ずーっと理解できませんでした。

わたしの頭がよほど悪いのか、と心配になったこともありましたが、昨日の小出先生の講演で、わたしの理解が正しかったことがわかり、ちょっと安心したのでした。

(7月7日映像アップしました。)
「核と原子力は同じ」 小出裕章さん広島講演 2011.7.3



さて、来週は、今中哲二先生が広島にいらっしゃるのですが・・・当たるかな?結果がわかるのは明日の生協の配達の時。
当たったら干し椎茸を持っていってみよう。測定器なんか持ってこないかしら?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

もう刹那的に生きてやるのだ。

もう泥沼にはまっている。一体この先どうなるのだろうか?

そうよ、玄海、また動かすんだってね、しかも、プルサーマルだよ。

プルサーマルってのは、本来はウランを燃やすように設計されている原子炉で、10%のプルトニウムを加えた燃料を入れて燃やすっていうことです。

これを一番最初に九電に押し付けた。
以下のビデオはいつどこで撮影されたものか分からないのですが、小出先生がプルサーマルについて説明なさてます。


(なんかこんなのどかな集まりがあったんですね。いつなんでしょう?)

13分くらいのビデオなので観た頂くとよくわかりますが・・・

というわけで、プルトニウムは「燃料」として使わなくっちゃいけないので、最初に玄海に押し付けたのですね。
だからかどうか、わたしにはわからないけど、今回も九電さんはババを掴まされるのでしょうか。

しかし、そのババを引かされるのは老朽原発。
中性子線に洗われて柔軟性を失い、ガラスのように脆くなった鋼鉄の「原子炉圧力容器」なのです。



月曜日のたねまきジャーナル。一体どんな原子炉で燃やそうとしているのか、小出先生が分かりやすく説明してくれる。

しかも、再稼動したとしても・・・3年しか動かせないらしい。使用済み核燃料の置き場がないらしい。
西日本新聞原発ごみも難題 再稼働で3年後にも満杯 玄海3号機

っていうことは、「使用済み核燃料プール」ってのにはもうパンパンに入ってるのだ。それが、またなんか次の事故なんてことがあっちゃったりして、吹き飛んじゃったりすると・・・・

みなさん、どうもお世話になりました。楽しい人生でした。今度はあの世でお会いしましょう。

というご挨拶をしなければいけないことになります。
日本は緩慢な自殺をしているのか、と思うと、もう刹那的に生きていこう!という気になります。

そうか、明日のことなど考えても仕方がない。刹那的に生きるのも良いかもしれない。

今日は1日広瀬隆さんが福島の子ども達を守る会で講演したビデオを観てました。あんまり長いので、仕事しながら。
IMG_2229.jpg

広瀬さんのお話しはテキストが多いので、パソコンを持って来て、スピーカーに繋いで糸車を回しながら拝見する。途中何度も手を止めて涙ぐむ。

と~っても長いけれど、渾身の講演です。
広瀬隆さん学習会「福島原発事故の本質-いまそこにある危険-」in 福島大学
広瀬隆さん学習会「福島原発事故の本質-いまそこにある危険-」in 福島大学 後半

お仕事中お耳の空いている方は是非どうぞ。

今日は、先週注文した車の部品が届いた。
ブレーキブースター。
IMG_2228.jpg

泥沼といえば、わたしと車の関係こそ泥沼だ。21歳のBMW、いったいいつまで乗れるのか・・・
わたしは車の趣味などなかったのですが、なぜかアメリカやドイツに部品の注文をする人になってしまった。

配達のフェデックスのお兄さん、人の眼を見て話す人だった。そんな教育されているのかしら?珍しいわ。

これで車が戻って来たらまた刹那的に生きるのよ。
燃費がどうした?石油なんか掘り尽くしてやる!
ああ、早くあたしのダーリン戻ってこないかしら。ブレーキ治ったらどこに行こかな~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

地震の心配とローでリビングな晩ご飯。

昨日心配していた玄海は、頓挫しそうな雲行きになってきたけれど、まだまだ安心できません。
世論なんか簡単に騙しちゃうもんね~ってのがばれたらしい。
原発説明番組で九電やらせ 運転再開支持の意見要請

いろんなことをしてどうやっても原発やりたい、プルトニウムを燃やしたいらしいけど、ボロボロと出てくるところがフクイチの放射能みたいだ。

玄海が頓挫しても、世間の目を盗んで伊方でやろうとしている。四国電力みたいな弱小電力会社、大丈夫なのだろうか?ババを押し付けられるだけなんじゃなかろうか?広島的に最悪のシナリオです。(住民エゴですが、なにか?)

しかし、あの人達、事故など起こらないと思ってるのだろうか?自分は放射能大丈夫だと思ってるのだろうか?それとも火星へ移住できるとでも思っているのだろうか?火星で住みたいか?
あたしゃ嫌だよ、地球がいいよ。

グレイという宇宙人のスタイルがありますが、あれは未来から来た地球人だ、という話しを何かで読んだことがあります。
「ほう、そんなもんかい、しかし何じゃあの姿は?」と思ったのですが、もしかしたら、放射能のせいであのような頭でっかちになってしまって、防護服にメガネをしていないと暮せないのであんなスタイルなのかも、というような夢想をする今日この頃でございます。
人というのは人種、性別を問わず、大変に美しいのに、あんな風になっちゃうの?残念だわ。

昨日和歌山で、関西的に言えば「大地震」が起こりました。広島でも市内は揺れたのだそうですが、わたしたちは食事中でしたがまったくわかりませんでした。ボロ屋ですがミシリとも言わないので、きっと揺れなかったんだと思います。

怖いですね、和歌山で地震。「すわ!東南海地震か?!」とビビりました。巨大地震の前には小さい地震があるんだそうです。どうか伊方でプルサーマルの再開なんてことはなんとしても止めて頂きたいです。

磁場のせいなのか、HAARPのせいか?大気のせいなのか、今日の午後はなんだかダルくて頭がぼんやりして、ゴロゴロと過ごしてしまいました。
中央構造線がズルズルと動き出すなんて事にならなければ良いのですが・・・

さて、新しいブレーキブースターを装着したわたしの車ですが・・・戻って参りました。
そうそう、この車のブレーキ、こんな感じだったわ~。

夫から「ちょっと変だって思ったらすぐに点検してもらわないと、ブレーキなんか大変じゃないか!」と叱られてしまいました。
いや、まあ、そうです、はい。あなたのおっしゃることはいつも120%正しい。あなたに乗ってもらわなかったら、「なんか変やなあ~」と思いながら破れたブースターのまま乗ってたでしょう。

事故などになる前で良かったです。部品もだいぶ安く買えて良かった。しかし、これで夏のバーゲンなのにお洋服が買えないわ。(ぺんぎんさんは着道楽~)

磁場のせいか、電磁波のせいか、大気のせいか、太陽フレアのせいか、わたしには良くわかりませんが、つまらないことで喧嘩をして、「今日は夕食を作らない」という暴挙に出てしまいました。奥様、無茶苦茶でございます。
気の毒な夫は、お餅とか大根とかで食べていたみたいです。
彼は更年期障害だと思っているようですが、それを口に出したら・・・あかんやろ!

わたしは、発芽玄米ヨーグルト&人参のスープと、ズッキーニ&スプラウトにアーモンドラッキョソース

IMG_2230.jpg

山盛りのスプラウトの上からソースをボトボト掛けたら、スプラウトがひっくり返ってしまって・・・残念な盛りつけになってしまいましたが、食べたら一緒です。

更年期障害にはローフードだ。ということで、久々にローばっかりの夕食でした。
晩ご飯にローフードってのはいいなあ。昼はどうしてもデンプン食べたくなるのよねぇ~。

ああ、久々にロー&リビングなブログ記事が書けました。
(え?ローフードの人はもう誰も読んでないって?!)

まあ、そんなことおっしゃらずに、ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

グリーンコープの残留放射能検査結果と広島の干し椎茸。

以前グリーンコープの牛肉から11ベクレル/kg(以下全部単位はキロあたり)のセシウムが検出された、とブログに書きました。今日の勉強

この時にお肉の産地が九州か岡山と書きましたが、これは福島県産だったようです。お肉は群馬、栃木、宮城産のものから検出されています。出ているもので5ベクレル程度。まったく検出されてない製品もありますので、全てから出るわけではありません。

検査対象は3月11日以降に生産、製造、保管されていたものだということです。

心配な海産物ですが、銚子産のさんま、さば、大葉イワシからはまだ検出されていません。

さて、心配な食材、干し椎茸です。大分県産でセシウム137が7ベクレル出ています。セシウム134は検出されていないので、古い汚染がまだ椎茸から出ているとも考えられます。(セシウム134の半減期は2年)

生椎茸は宮崎産の原木しいたけ、福岡県産のほだ木から、検出されてませんが、これらは検査日が3月24日、26日なので今後も注意が必要だと思われます。

国の基準は、飲料、牛乳乳製品が200ベクレル、それ以外の肉や野菜が500ベクレルとなっています。

確か、チェルノブイリの時のロシアでの基準は50ベクレルとかその程度だったんじゃないか、と記憶していますが、日本の基準はあまりに高すぎるように思います。これは汚れすぎていて、このような基準にしないと出荷出来るものが極端に少なくなるっていうこのなのではないか、とわたしは疑ってます。

しかし、この「基準」とやら、無茶苦茶ですね。
小出先生は「一般の人はまだこの恐怖を肌で感じてない」とあるインタビューでおっしゃってますが、「500ベクレル以下の食べ物を我慢して食べないと食べるものがない」という現実。そして、そこから受ける内部被曝による将来でてくるであろう健康被害について一般の人は分かってない、っていうことなのかもしれません。

わたしは春に収穫され原木栽培の干し椎茸を大量に購入したのですが、これを食べるかどうか、迷っています。少しは食べているのですが、「うーん、どうしたものかなぁ~」と思いながら食べてしまいます。

わらび採りに連れて行ってもらった時に購入したもので、
生産者の方に「この椎茸、地震の後に育ったの?」とは聞けませんでした。
蕗とわらび
3月はまだ寒かったので、当然震災の後に育った椎茸でしょう。
「春の椎茸だったら買いません」とも言えませんでした。この農家のお父さんは福島の放射能なんか関係あるわけない、と思っている感じですもん。それに、東日本の椎茸に比べるとうんときれいな椎茸のはずなのですもん。ちょっと迷ったけれど、購入したのです。たくさんあるので人にあげれば良い。でも子どものいる人にはあげられない。

IMG_2062.jpg

椎茸は特にセシウムを吸着しやすいのだそうです。原木栽培、本当に山の中にほだ木を組んで自然栽培されるとっても美味しい椎茸なのです。

頭では、干し椎茸にはものすごい量のセシウムが溜まってると知っている。チェルノブイリの後も何年もグリーンコープの干し椎茸からセシウムが検出されてたことも知ってる。もう大人なのだから、少々は食べても構わないと知っているけれど、どの程度のセシウムを食べているかぐらいは知っておきたいような気もする。

小出先生は、88年の講演の質疑のところで椎茸について語っている。
「干し椎茸は一旦干してしまうので、ものすごいセシウムが出てくる。戻し汁を絞っても半分にしかならない。しいたけ、美味しいですよね。美味しいので子どもにも食べさせたいと思うけど、食べさせられない。僕やかみさんは食べるけど、子どもには食べさせない」
とおっしゃっていた。これは8000キロ離れたウクライナから飛んで来たセシウムのお話しだから、この春の広島の椎茸はどんなことになっているのか・・・

だれか、わたしの干し椎茸測定してくれないかしら。
享楽的に刹那的に暮すことに決めたんだから、椎茸のセシウムなんかも心配するのは止めよう。とても美味しい干し椎茸なんだもん。

食品の放射能の測定というのは、とても難しいのだそうで、きちんと測れる装置は何百万円もするのだそうです。こうやってグリーンコープが自分のところで扱う食品の数値を発表してくれるのは本当に有り難いのです。
わたしは、わたしが食べる食べ物が499ベクレルであっても知りたいと思います。

やっぱり原発さんには止まってもらわないと。玄海は頓挫しそうですが、川内も伊方も油断できない。許さないぞ!

ほんと、嫌な世の中になったわね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

九電さん、Good Job! よくやった!

九電さん、よくやった!いつもの通り「再開支持」やらせメールをやってくれてありがとう!
 
おなじみ、たねまきジャーナルの昨夜放送で小出先生が「いつものことなんですが、どうして急に問題になるのか、それが不思議です」っておっしゃってる。


つまり、一般市民は知らないだけで、電力会社は慣習的にやらせによって世論を作って来たのだですね。だから、今回も例のごとくにやらせメールの指示を出したら、バレちゃった。そんでもって、社長の首が飛んだ!(いや、飛びそうだ。)

コレで困ったのが「経済産業省」。
さっきの7時のニュースで、困ったと言っていた。
玄海原発の再開が当面出来なくなっただけではなくて、ストレステストもやることになっちゃったから、この夏の再開どころかどこの原発も「ストレステスト」が終わらなくっちゃ再開できなくなってしまった。
マジで経産省は困ってるんだろう。

わたしは知ってるよ、電力会社、最初は原発なんかやりたくなかったのだけど、色々条件(免責とか、儲けて良いよ、とか)つけられて手をつけることになっちゃったってこと。当時の通産省に押し切られたんだよね、お気の毒だったねえ。
ホントは原発なんかやりたくないんだよね。

九電さん、ありがとう~。よくやったよ、ほんと。

九電に経産省から天下りしてくださった執行得役員のKさん、あなたが指示してくださったのでしょうか?ほんとうにありがとう!!
IMG_2233.jpg

アエラの今週号に経産省からの天下りリストが載ってる。お役人さま、定年後もお勤めご苦労様でございます。

IMG_2235.jpg

玄海の再開は分水嶺だったのね。そういえば、こっそり10日から稼動させようとしていた伊方も諦めそうな気配。なんたって、ストレステストやらなくちゃいけないもんね。もうお年寄りなんだから、お休みしてもらわないとお気の毒てもんです。

玄海も止まるし、伊方も止まるし、他の原発もストレステストやらないと再開できないってことになって、ほっと一息。

歯医者さんの帰りに広島市が世界に誇る「まんが図書館」でまんがを借りて来ました。
週末夫は出張なので、まんがでも読んで過ごそう。

IMG_2232.jpg

家に戻ったら、今中哲二先生の講演会の参加券が届いてた。
IMG_2231.jpg

わーい。今中先生の講演当たった~。グリーンコープさん、ありがとう~。

今日は良いことばっかりだから、今から遊びにいって来ます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

1人でお留守番と久々の断食

うーん、断食カテに入れるか、ローフードカテに入れるか、甲田療法カテに入れるか・・・難しいところだけれど、わたし的には「断食」なので、断食カテにしておきます。

今日は夫が出張でひとりのびのび楽しい週末です。夫を駅まで送ったら、あとはもうわたし1人。何をするのも、何を食べるのもひとりだから気楽なもんです。

このところというか、震災以来時間が止まったみたいになっていて、食べることだけ1人前。体操もボディーワークもいろんなことが疎かになっていた。

とうぜん身体に結果が表れる。

お腹が出て来た。体力がなくなってきた、二の腕が太くなってる。顔の輪郭もぼやけている。

この程度で済んでいるのは、長年の便秘をすっかり直したので、そちらが滞ることがないのと、朝食抜きが効いているからだと思いますが、運動してないとほんとにすぐ弱りますね。もう30代とは違うのですもん。現状維持するだけでもかなりがんばらないといけないお年頃なのに・・・

実は昨日の夕方から頭痛がしていて、それがだんだんひどくなって、朝起きてもまだ頭痛の種が頭の中で残っていたのです。

この頭痛はホルモンのせいなのか?太陽フレアのせいなのか?彗星が接近しているせいなのか?はたまた電磁波攻撃か?大地震の予兆か?

よくわからないけど、不快だから断食しよう。ちょうど夫も留守だ。

断食と言っても、ま~ったく何も食べない断食はめんどくさいし回復食で乱れがちなので、軽く食べる断食です。プチ断食というか、少食の日というか・・・

朝起きて、西式体操を30分ほどやったら、スイマグを飲んで、柿茶を飲んで・・・

お昼。
IMG_2237.jpg

トールグラスには・・・
ポーレングリーン(粉末青汁)とローマカ、アサイー、スプラウト、紅茶キノコ、塩の入ったスーパーフード青汁ドリンク。紅茶キノコの炭酸でビールみたいな泡が立つ。
ショートグラスは、発芽玄米、キュウリ、紅茶キノコ、塩。

ん?甲田療法は影もカタチもない。

午後は機嫌良く織物などをバタバタやって、夕方オヤツ。
バナナ、カカオ、ローマカドリンク。つまりチョコバナナです。これを食べてクラブに出掛ける。

ヨガのクラスに出て、その後マシンをちょこっとやる。
クラブを移って新しいクラブは家から遠くなってお風呂だけ気楽に行く、という距離ではなくなってしまったけれど、スタジオプログラムもマシンルームも充実している。

断食をしたり、運動に出掛けたり、やっと自分の身体とも向き合う気になってきたのかなあ?と思う。自分に向き合えないってことは、きちんと現実と向き合えてないってことだ。なにしろものすごい現実なのだから、仕方なかったとも思います。

身体を動かした後、バンコクに居た頃、毎日クラブに通って帰りにスイカを食べていたことを思い出し、スイカを買って帰る。

夕食は種ごとスイカスムージーと発芽玄米&人参スープ。

うーっ、やっぱり甲田療法は影もカタチもない・・・

お腹が空くこともないし、スイカは良く効くのでお通じも素晴らしいし、やっぱり断食はいいなあ~と思うのでした。
もっと自分自身と向き合わねば、と反省した1日でした。
昨日からの頭痛は、ヨガが終わるころにはすっかり治っておりました。

今日は、こんな楽しいものを送って頂きました。
IMG_2236.jpg

わーい、缶バッチかわいい~。携帯お塩も嬉しいです。最近ブログ関係の方から色々頂き物をします。なんか申し訳ないけど嬉しいです。
Tさん、ありがとう~。

さあ、楽しい夜の時間、まんがでも読んで過ごそう。
美内すずえさんの「アマテラス」って、メチャクチャ難しいことが書いてあるんですけど、こんなまんが中学生とかが読んで理解出来るのだろうか?わたしには難しい。

今日のブログはちょっとローフードっぽかったですね。
明日のお昼もこんな調子で行きたいと思います。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

断食明けと「さくら」

目の前で、パソコンを開いた夫が頭を抱えて叫んでいる・・・
サンフレッチェが負けたらしい。

午後に夫が電話してきた。「○時○○分のさくらで帰るから」「さくら??」「うん。鹿児島行き。パソコンで時間調べて駅まで迎えにきてね」「鹿児島?!」(毎日放送の水野さん風に素っ頓狂なリアクション)

彼は携帯を持ってないので、新大阪から電車に乗る前に電車の時間を知らせて来た。でも、さくらって・・・そうか、新幹線は今鹿児島まで行くんだ。すごいね!!

夫が帰って来るまで原子力資料情報室の「公開フォーラム、福島原発の真実」のライブを見ていた。夫がいないと結局こんなビデオや中継ばっかり見てしまうので、たいして読書が捗るわけでもないのが悲しい。

久々断食(あれは断食とはいわない、というご意見もあるかと思いますが、わたし的にはあれでも断食なのよ!)の後、今日はスイマグと柿茶。朝はスピルリナ。

お昼には、このようなものを食べました。
IMG_2238.jpg

久しぶりにサラダッコを出して来て、ズッキーニをクリクリ。わたしは茄子とトマトのソースが大好きなので、茄子とトマトのソースのローバージョン。トッピングにスプラウトをたっぷりと載せてあるので、ソースが見えないけど・・・フツーに美味しいです。
明後日の教室で作るので、お楽しみに。

お昼はデンプンの誘惑に打ち勝って、生ですごしたよ、エラいぞ!わたし。生玄米も食べなかったわ、そういえば。

しかし、このあとあまりの暑さにマンゴームースを作ってオヤツしてしまいました。まあ、このくらいの脱線は許そう。

して、久々の断食(断食なのよ!!)の成果ですが・・・お通じがかなりありました。1日胃腸をちょっとだけ休めると違うみたいです。やっぱりローフードの少食はとても気持ちいいです。

せめて夫のいないお昼ご飯の時だけでもこんな風に食べられたらいいのですが、どうやらわたしはデンプン中毒になっているのでしょう。まあ、酒もタバコも麻薬もやらないのだから、デンプンに中毒しているくらいが良いのかも知れません。

ここまでは良かったのですが・・・

夕方夫を迎えにいって、そのままぶい~んと山奥のコーヒー屋さんに行ったら・・・
IMG_2239.jpg

後から来たお客さんの差し入れのシュークリームを頂きました。
食べかけ&ピンぼけでごめんなさい。この美しい指は夫の指でございます。

ああ、断食明けにこんなものを・・・しかもコーヒーも(って、コーヒー屋さんにはコーヒーしかないのよ。)
ちゃんとバニラビーンズを使ったカスタードで、大変美味しゅうございました。なんかこのところ頂き物が多いのはどうしてかしら?不思議だわ~。

断食明けでいきなりコーヒー&シュークリームでちょっと胃がもたれたのですが、夕食は焼きビーフンを作って食べたのでした。

何にも食べない断食と違って、ローの少食断食はラクチン&効果あり!なのです。

話しは変わりますが、上関原発反対運動、今盛り上がってます。
100万人署名も集計に入っていて、100万人にやや足りない、というところなんだそうです。
一筆だけでもご協力下さい。
上関原発計画の中止を求める全国署名、集約中です

これからわたしに会う人は、署名用紙をつきつけられるので、覚悟ください。わたしと会わない人は署名を広めて集めてくださいね。どうぞよろしく~。

資源エネルギー庁と保安院が素晴らしい連携をしているそうです。わたしたちも負けずに連携しましょう。
東奥日報エネ庁と保安院「連携」に批判も

保安院も安全委員会も全然機能していない、というか、正体表して活動しているというか・・・
レンホーさん、仕分けしてくださいよ。

原発問題って、人間の本性が表れると思いませんか?ほんとに、世の中の矛盾、差別、不条理の全てを煮詰めてエキスにしたものが原発&核なんでしょうね。

みんな断食して宿便だしたらいいのにねぇ。
誰にも虐げられたくないし、誰のことも虐げたくないわ。
気の毒なのはわたしの夫だけで十分よ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

断食明けのトイレ掃除と、20年先からみた4ヶ月目の今日。

断食のあとはおトイレを念入りにお掃除。
いつもお世話になっております。ウチにはトイレがあっていいなぁ~。
原発ってのはトイレのないマンションみたいなものなんだそうですよ。どんなにすごいピカピカマンションでもトイレがないので、おまるを使って、朝になったら窓からポイでしょうか?
原発ってベルサイユ九電宮殿みたいなものかしら?廃炉のあとは文化遺産?!

断食も無事終わり、今日は夫もいるのでお昼に普通に食べました。アタシは胃腸が丈夫なので、すぐに普通に食べても平気なのですが、やっぱり食べるとお通じは減る感じがします。前日たいして食べてないのによく出るので、食べ始めると溜まるのかなあ、と思いますけど、食べないほうが身体はきれいになるのだな、ということがわかります。(単に食べ過ぎるわたしがいけないのだわ、きっと。)

久しぶりに買い物に行ったら、産直市の野菜も、スーパーの果物売り場もすっかり夏のものに変わっていました。

山形や山梨のサクランボ、いつも高くて手が出ないのに、妙にお安いお値段で売られているのが気になりました。

サクランボの奇形の話しをちょくちょく聞きますが、チェルノブイリの時、キノコと共にベリー類も汚染が強かったってこと、思い出してください。食べる場合はそれを分かって手を出してね。

わたしがアメリカ産のオレンジを買おうとしたら、「イマザリル(防カビ剤)使ってるよ」と夫がけん制するのだけれど、放射能と防カビ剤・・・どっちが怖いか?
放射能だろう。

産直市のお野菜は、特に無農薬ってわけではない。(無農薬で作っている人もいるけれど、表記がなかったりするのでわからない)それでも以前から楽しいので買っていた。今でも買い続けているが、スプラウトをつくるようになり、青泥を食べなくなって以前に比べて買い物の回数が減った。
青汁が食べたい時は粉末を使っている。スイカを買った時など皮を絞るついでに家にある野菜を絞ることもある。

植物の新芽や花のカタチを気にして見ているけれど、こちらではおかしいということはない。鼻血が出たって話しも聞いたことがない。

鼻血が出る、ということを小出先生は「わからない」とおっしゃる。



4分10秒くらいから。
放射線に被曝をして鼻血がでるということは、かなり大量に被曝しないと放射線では起こらないと思う。お医者さんが言うには、放射性物質が鼻の粘膜についた時に化学的な作用で鼻の粘膜を傷つけるときいたことがあるので、その作用で鼻血が出るのかもしれない。
ってことで、良くわからないのだそうな。

しかし、藤原新也がブログで線量の高いところに行ったら助手がいきなり鼻血を出したとか、「放射線が鼻腔奥の非常に繊細な毛細血管を傷つけ、鼻血を出す」とか書いてらっしゃる。

うーん・・・小出先生が鼻血の話しはよくわからないとおっしゃるのは、ちょっと恐ろしいような気もします。

アイリーン・スミスさんのインタビュー


ユージン・スミスさんのお連れ合いで水俣の写真を撮られた方。
ユージンさんはもうお亡くなりになったけど、本当によくこんな写真が撮れるもんだ!とおもうような写真を撮った人。反対運動にも関わって、暴行を受けて片目を失明するような大けがをさせられたこともある。

今福島で起こっていることと、昭和のはじめから水俣で起こったことをシンクロして考える人はたくさんいらっしゃると思います。

このインタビューの中で、アイリーンさんは「まだ4ヶ月だって考えて欲しい。20年先からみたら4ヶ月の今出来ることは沢山あるはずだ」とおっしゃっている。

これは将来の裁判なののためかもしれないし、もっと単純に自分たちの健康を守るためなのかもしれません。たとえば、へその緒をとっておくとか、乳歯をとっておくとか、頭髪をとっておくとか。

水俣で起こったこと、水俣の人の戦いから学べることがたくさんある。

新装版 苦海浄土 (講談社文庫)新装版 苦海浄土 (講談社文庫)
(2004/07/15)
石牟礼 道子

商品詳細を見る


石牟礼道子さんは驚いたことにインタビュー中メモも録音もしないのだそうで、熊本弁で語られる漁師の言葉はほとんど石牟礼さんの創作なのだそうです。この物語はルポではなくて本当に小説なのですが、水俣のことが一番良くわかる名作です。わたしはどこだかの駅のホームでこの本を読んでいて、トリップしたことがありましたが本を読んでトリップしたのは後にも先にも石牟道子さんの作品だけです。
ガルシア・マルケスで飛びそうになったことはあったけど。

石牟礼さん、福島のこと何か書いてくれないかなぁ、読みたいよぅ。


下下戦記 (文春文庫)下下戦記 (文春文庫)
(1991/09)
吉田 司

商品詳細を見る


こちらは打って変わって若者患者さんと支援者たちの生々しい世界。

沖縄に基地を押し付けるのも、チッソが垂れ流した有機水銀も、電力会社の原発も放射性廃棄物の問題も・・・
全部根っこは同じものなのだと思います。
電力の問題はだれにでも身近な問題。原発から200キロ以内に住んでいる人にとっては当事者として原発事故の可能性をかんがえなくっちゃいけない。
地震は日本中どこでもありえる。

水俣も薬害エイズも同じ問題と戦っているのだと思うと、今そこから学べることはなんでも学べば良い。
今動いている原発を仮に全部止めることができたとしても、使用済み核燃料は冷やし続けなければいけないし、放射能は閉じ込め続けなければいけない。100万年もお守りをしないといけないもの、どうするっていうのかしら?
もうこれ以上増やすのはやめよう。

まだ四ヶ月なのか、もう四ヶ月なのか・・・
季節は巡って真夏の太陽が照りつける7月11日でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

紅茶キノコレシピ

今日は楽しい料理教室。

火曜日にやるクラスは結構大変だ。生協の配達があるのだが、それがだんだん時間がずれて、いまじゃ9時50分くらいにやってくる。配達の人がオジサンになってから遅くなったのだ。文句を言ってみたけど「遅くない」と言われちゃうし、なにしろ、生協はお兄さんが配達してくれるから楽しいのに、オジサンなんて、楽しみ半減だわ~。

あらら、いきなり何の関係もないグチになってしまいました。

今日は楽しい料理教室の日だったのです。残念ながらお休みが多くて・・・このところホットな話題の紅茶キノコレシピをやることにしました。

先月の土曜日クラスでやったものとほとんど同じですが、パスタはロー。だって、このクラスは一応ローフードのクラスってことになっているんだもん。

IMG_2240.jpg

というわけで、モヒート。さわやかドリンクですよねえ。みなさんも「美味しい」と喜んでくださいました。庭のミントが大活躍です。

小さい人がいるのは、お熱だったんだそうです。今日は参加者が少なかったので、「連れて来てウチで寝かせておこう」という魂胆だったのですが、ウチに来たら元気になっちゃったのは、ローフードのおかげかな?!
大人に囲まれてちょっと緊張ぎみだけど、我慢して参加してくれました。ありがとう。

IMG_2243.jpg

発芽玄米ヨーグルトで作るジョジャッグ。今日はキュウリも一緒にブレンドしました。ほんとにこれはおいしいスープですよねえ。要するに発酵させたライスミルクですから、腹持ちもいいし、腸まで行ったら善玉菌さんたちの餌になってお通じもいいし、良いことばっかり。
わたしはしょっちゅう自分用に作ってます。(夫にはまだ出してない)

IMG_2242.jpg

トマトと茄子のパスタ。
黄色いズッキーニを使うと中華麺みたいな感じになるのです。野菜麺はズッキーニが歯触りが柔らかくて一番美味しいかな。

小さい人はブドウばっかり食べてたけど、「すぱげっちーも」と食べてくれる。今日のは唐辛子入ってないからね。IMG_2245.jpg

子どもはほんとにかわいいですねえ。なんとしても守らねば!健康に育てねば!と思います。

今日のデザートはマチェドニア

IMG_2241.jpg

フルーツ単独で食べるのも美味しいけど、カクテルになってると甘いものは甘いなり、酸っぱいものは酸っぱいなり、味のないものもそれなりで渾然一体となって新しい美味しさになる感じがします。え~、ナチュハイ的にはNGなんですけどね。

平日にやっているクラスは、日頃「お母さん」や「奥さん」や「○○ちゃんのお母さん」だったりという人ばかりですが、ウチに来て頂いてる時間は素の「わたし」に戻って頂く時間。
いろんな役割を脱ぎ捨てて、自分のために料理を作るんです。

今日はみなさんお暑い中ありがとうございました。参加してくれたYちゃん、大変だったね、おつきあいありがとう。また来てね。

そして、遠いところ御参加くださったTさん、御参加いただいた甲斐があったでしょうか?

今日のお料理のどれか一品でもレパートリーに加えて頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。

次回8月はお休みです。9月の日程については、お盆開けくらいにみなさんのご都合をすりあわせたいと思います。

どうかみなさま、楽しい夏休みをお過ごし下さいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


放射能と西式健康法。

ロシアで西式健康法がよく知られているというウワサは聞いた事があります。

西式健康法は、お金が掛からなくて、時間も掛からなくて、簡単なで、だけどホントに健康になってしまう優れたメソッドなので、ロシア人受けするのかも・・・と思ったりしていました。

昨日中継されたらしい野呂美香さんの講演を部分的に聞いていたら、チェルノブイリの患者さんに、西式健康法を被曝者の人に広めたんだそうです。(20分くらいのところ。この後は音声が悪くてとても聞けません、残念。)

動物性のものを食べないて、酵素が大事だとか。

で、お話しに出てくる20歳の女性は一時免疫力が落ちていたのだけれど、回復したらしい。

西式健康法がロシアで流行ったのが、チェルノブイリの前なのか後なのかはこのお話しの中からではよくわかりませんが、これってすごくない?

西式健康法は、骨格の歪みをなおして、皮膚を鍛え皮膚呼吸を盛んにし、生菜食で酵素をたっぷりとって、スイマグでマグネシウムを補給しつつ宿便を排泄し、柿茶でビタミンCを補う。朝食は抜いて、午前中は排泄に集中する、というものです。

被曝の障害のひとつに皮膚に痣ができるってのがあるそうですが、それにはビタミンC(血管を強くする)と裸療法や温冷浴で皮膚を鍛えるというのが効くでしょう。宿便を出すことで有害物質の排泄を促すでしょう。

放射能は身体を酸化させる、フリーラジカルを大量につくるんだそうで、放射能に被曝すると老化が早まるらしい。

ということは、アンチエイジングに有効な事柄は放射能の害を中和すると考えられます。

フリーラジカルを減らすには、ビタミンCをたくさんとったほうがいい。

放射能にやられて遺伝子が傷ついて、それを修復するほうにエネルギーを使って身体は疲れてしまうのだから、ならば酵素を食べ物から摂って、消化吸収のエネルギーを省エネすると身体はとっても楽になる。

放射性物質は重金属だったりアルカリ金属だったりするので、それらニセモノのミネラルを摂らなくても済むように、身体にはたっぷりと放射性じゃないミネラルを摂れば良い。

なるほど、秋月先生が自然塩をたっぷり、とおっしゃる意味が良くわかる。

例えばセシウムはナトリウムやカリウムと良く似た挙動をとるという。

ならば、セシウムがあまり沈着しないようにナトリウムとカリウムもたくさん摂ってしまえばいい、ってわけだ。
その上で玄米のフィチン酸で排泄しちゃおう、という作戦なわけだ。

甘いもの厳禁なのは、フリーラジカルを増やしてしまうからだろう。なるほど、理にかなっている。

放射能、正しく恐れましょう。放射能は身体を錆びさせるんです。それで老化が進んでしまう。
シワになるし、シミになるし、高血圧やコレステロールが高くなったり白内障になってしまったりするらしい。単に癌が増えるだけでなく、癌になる前に色々なことになるってことがわかってきているようです。

今日は崎山比早子さんのインタビューも行われました。
なんか尻切れとんぼで終わっちゃったけど、崎山先生のお話しは被曝するということをよく教えてくださいます。
(この件に関してはご専門だから小出先生のお話しよりもうーんと詳しい)
110713 崎山比早子氏インタビュー 1/3
110713 崎山比早子氏インタビュー 2/3
110713 崎山比早子氏インタビュー 3/3

セシウムは筋肉に溜まるといわれているけれど、実際に調べてみたら甲状腺にたくさん溜まっている。他に胸腺とか、副腎とか、腎臓とかにもたくさん溜まっているらしい。放射能を出すので、その溜まった器官は大量に被曝するわけで、まだまだ分からないことがたくさんあるんだそうな。

なのに、日本の基準は甘すぎる。汚泥の肥料がもう流通してしまったことを岩上さんから聞いて崎山先生は絶句なさってました。

どうやら政府は汚染の薄いところもまんべんなく、平等に、汚染を広めたいのかもしれません。もう家庭菜園用の土とか、肥料なんか買えなくなっちゃいました。

西式健康法でどれだけ放射能の害を防げるのか、良くわかりませんが、これはちょっと希望のある話しだなあ、と野呂美香さんの講演の一部分を聞いて思ったのでした。

だって、西式健康法ならやり方知ってるも~ん。

ローフードもいいってことだ。ただし、甘いのは控えた方が良さそうだ。

明日は今中哲二先生の講演会だわ~。何を着ていこうかしら。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

今中哲二先生の講演と、格闘するわたし。

反骨の核物理学者に熱く萌える今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

行って来ました!今中哲二先生の講演会。
すごく暑い日の午前中をちょっと寒いぐらいの安芸区民文化センタースタジオでホットな時間を過ごして参りました。

今中先生といえば、小出裕章先生のご同僚であり、お仲間であり、木村真三さんの師匠であり、震災の後はすぐにチームを作って文科省よりも早く福島県の汚染線量を測定なさった方でいらっしゃいます。

大変にダンディーで、男性からも女性からも人気の小出先生ばかりが何かと取り上げられがちですが、それもこれも、今中先生の地道なご研究の成果があってのことでもあるのです。(きっと)


その今中先生、ふるさとは広島ですので、里帰り講演ということですが、グリーンコープの組合員対象という限られた会でのお話し。今中先生の講演はあまり録画されていないので、どんなお話しを聞かせてくださるのか、申し込んだ時からワクワクドキドキ、楽しみにしておりました。

IMG_2247.jpg

しょっぱな、め~っちゃベタな広島弁でご挨拶なさいます。
広島弁で通したいところだけれど、出来ないと、普通にちょっと広島弁と関西弁と標準語ミックスでお話し下さいました。 あんな調子で広島弁でやられたら、わたし聞き取れないところでした。良かった~。

講演のタイトルは、「原子力発電を考える」です。
まず、自己紹介を日本の原子力発電所の数と併せてご説明下さいます。
先生は、南千田町のお生まれ。わたしたちがいつもお世話になっている「ア・ラ・メゾン」のすぐ近くです。

そこから国泰寺高校、大阪大学原子力工学科へと進まれます。国泰寺高校は中電本社の裏にあって、県立の名門です。大阪でいうところの北野高校みたいなもんでしょうか?
ちなみに小出先生は、開成高校。

この当時原子力は花形だったので、成績良かったんだろうなあ~。そんな頭のいい青年、大学院のころに「原子力って胡散臭い」と思うようになりました。

核分裂の説明や、原子力発電のしくみなどを簡単にお話し下さって、チェルノブイリのお話しになります。チェルノブイリの原発は冷却系に黒鉛を使っていたのだそうで、爆発して10日火災が続いた後鎮火したんだそうです。10日でその黒鉛が燃え尽きたってことなんだそうな。
ふーん、それは知りませんでした。

こんな感じでチェルノブイリのお話しがしばらく続きます。実際に何度も現地に脚を運ばれるだけじゃなく、ロシア語(?)まで習得されて、物理学者というよりも、文化人類学の人みたい。

何度も先生が強調されていたのは、「地域がまるごとなくなる」ということでした。大阪府以上の範囲で誰も住めなくなるっていうことの意味が、話しを聞いているものにはなかなか実感が出来ないのだ、ということを今日の講演で強く思いました。

先生は実際にその誰もいなくなった広大な元「都市」であったり、「農村」であったりしたところを歩かれて、「放射線被曝は健康影響の原因の1つに過ぎない。健康影響は被害全体の一部に過ぎない」
と強調されます。地域が消滅して、人々がその土地から引きはがされて、ご近所も友達もバラバラにされて、二度と戻れなくて、新しい土地で、生活も根こそぎ植え替えられて・・・・・

そうですね。ほんとうに途方もないこと。放射能で癌になるとか、エイジングが進むとかってことよりも切実な問題。そして、放射能汚染を起こすという原発事故でなければ、こんな広大な地域から人を引きはがすような災害など、「日本沈没」なんて事態でもなければ、ありえないのです。

あまりに途方もなさすぎて、その事態を実感として感じることが出来ません。人の不幸もスケールが大き過ぎたらもう想像力が働かなくなるのかしら?わたしだけかなぁ?みなさん、実感出来ます?

そんな危険な原子力、最初のころに手がけた学者達には「危機感」があったと先生はおっしゃいます。
東海1号炉が事故を起こした場合の損害賠償金の試算が一兆円。その当時の国家予算は一兆五千万円。

こりゃまずいと、国は原発事故から電力会社を「原子力損害賠償法」を作って上限を設けます。つまり、事故を起こしても1200億円(現在)まで出せば足りない分は国が払うからね、ってことです。

住宅の火災保険も原発事故は免責になっていると、先生が加入なさっている火災保険からご説明下さいます。あれれ、原発事故は火災保険効かないのね。

そして、「電源三法」。田中角さん時代に出来たらしい。
新潟日報「揺らぐ安全神話柏崎刈羽原発」

この法律で「特別会計」なるものが電気代に上乗せされることになった。

IMG_2251.jpg

見て頂戴、グラフの上の白い部分。これ、わたし達、電気代を余分に払わされているのよ!!
今なんか2/3も特会じゃないさ!!ってことは、9000円電気代を払ってるとして、ホントは3000円しか使ってないのに割高になってるってことよ~。

んでもって、この「特別会計」4000億から5000億くらいあるそうですが、何に使われてるかっていうと

まず、もんじゅ。95年に試運転したらナトリウムが漏れちゃって、それ以来止まっているけど、毎年100億から200億掛かってる。さすが「西のどら息子」使いっぷりが違います。

六ヶ所村の再処理施設。これも事故続きで回ってない。

この二つは「核燃料再処理」になくてはならないものなのに、これがまあ、どいつもこいつも、使えないったらありゃしない。

そして、最後、高レベル廃棄物処分場。例えば調査に手を挙げただけで20億だか50億だかくれるらしい。
うちの裏庭にいかが~? 20億あったら、海外移住で悠々自適が出来そう。え?もっと広くないとダメなの?

東電会長の交際費が億単位なんて報道も最近見掛けたけど、一億や5億なんてハナクソみたいなもんですね。

先生の作られたスライドのタイトル通り、ホント誰のための原子力なんでしょう?まるで原子力のための原子力みたいです。

この二つの法律がなくなれば原子力は止まる!

誰のためにもならない。余分な電気代を払わされて、事故が起これば税金で補填して。電力会社も、原子力村のセンセたちも、経産省のお役人も、保安院も、原子力安全委員会も、み~んな頬っかむりなんだ。

この後、被曝のお話しもあったし、質問の時間にはわたしも椎茸の質問をさせて頂いて、色々と考えるところもありましたが、今日は「法律変えたらええねん!!」というところまでにしておきます。

続きは明日ね。

夜はクラブの格闘技エクササイズに行ってきました。
空手の型のまねっこをして、蹴りを入れたり、正拳突きをやったり、エア瓦割りをやったり。最後は蹴りやら肘鉄やら。
トーとか、ヤーとか、大声出して、
あぁ、わたし戦うわ~。負けないわ~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

今中哲二先生の講演と、先生に原木栽培の干し椎茸を献上する。

反骨の核物理学者に萌えて、暑いんだか寒いんだかよくわからない日を過ごした昨日の続きです。
今中哲二先生の講演と、格闘するわたし。

昨日の記事には主に法律かえたらええねん!というお話しをフューチャーして書きました。1時間半にわたるお話しは本当に奥は深いし、内容は多岐にわたるもので、簡単にブログでおまとめってわけにはゆきません。
今日は、個人的な関心事である「被曝」についての問題を書いてみます。

IMG_2252.jpg
講演を終えて、質疑の時間。先生、メガネを外してリラックス?

今中先生のお考えでは、自然放射能(宇宙線、ラドンの吸入、地殻由来つまりラジウム石とか、カリウム40による体内被曝)も人口の放射能同様に危険なものである、というお考えで、小出先生も同じように考えておられるようです。

そして、生物は太古から「強い」自然放射線に囲まれて進化してきた、と。

例えば、ガンマー線を1ミリシーベルト被曝したら、各細胞に平均して一本の飛跡が通る。また、DNAに放射線が当たると、4%の細胞で2本の鎖断絶が起きる。(DNAのアミノ酸のハシゴが2本壊れるってこと)

だから、生物は放射線による細胞の損傷や、DNAの破断を修復する力を持っている。

外部被曝も内部被曝ももちろんしないに越したことはないけれど、どこまでの被曝をがまんするのか?受け入れるのか?は一般的な答えはない。つまり、自分で考え(選択し)なさい、というのが今中先生のお考えです。
人生はひとそれぞれなのだから、こうしなさい、とは言えないということです。

自分の生き方や価値観と向き合わなければ放射能とも向き合えないってことですね。

そこで参考にするのが、一般人の年間1ミリシーベルト。緊急事態の年間20ミリシーベルト。

この1ミリシーベルトというのは、自然放射線による被曝の量なんだそうです。ちょっと疑問に思ったのだけれど、広島は花崗岩地帯なので、この「地殻由来」の放射線が高いところです。

例えば、現代美術館やまんが図書館や、今中先生のお父様の墓所がある比治山では、0.1マイクロシーベルト。ちなみに、大阪では0.06マイクロだそうです。1桁違うんですねえ。空間線量なのか、地面の線量なのか、聞き忘れました。

その上に、福島印の放射能が飛んで来て、食べ物で内部被曝してってなったら、1ミリシーベルトを越えちゃうんじゃないか?でも今は非常時だから20まで我慢するのか?大人は我慢するとして、子どもや妊婦さんはどうする??
お話しを聞いていてちょっと疑問に思ったのでした。

この話題、先生も知識のない一般人に説明するのが広島的な表現で言いますと「やねこい」感じを感じておられることが伝わってきました。先生がおっしゃろうとすることが、なかなかわたしにもストレートに伝わりません。

やたらと怖がっていてもしょうがないよ、ってことなんだと思います。
そこで、先生は、ご自分が放射線被曝に対して、どのような感じでお付き合いなさってるのか、教えてくださいました。

1マイクロSv(時間ごと)は気にしない
10マイクロ受けたら ちょっと気にする。
100マイクロ受けたら、 結構気にする
1000マイクロ(1ミリ)受けたら始末書を書かされる。

福島の牛肉からキロ当り2000ベクレルの放射能が検出された件で、先生は、仮にこの肉を1キロ食べたとしたら、40マイクロシーベルトの被曝になるので、それほど気にすることはない、っておっしゃってました。まあ、肉1キロも食べられないけど・・・でも、そんなもんなのかしら?

先生はチェルノブイリの現場をつぶさに歩かれて、地域社会の崩壊(消滅?)の恐ろしさを肌で感じてらっしゃる方です。なので、人々が生きる場をすっかり失う被害の大きさと被曝による健康被害を天秤にかけてこのようにおっしゃるのかもしれません。

さて、質問の時間になって、わたしもコッソリと手を上げて5月に買った干し椎茸の話しを聞いてみました。

すると、先生は、福島由来のものはないだろう、とおっしゃった。
あれ?でもドイツの汚染解析で時々こちらもべた~っと黄色くなったんだけど、大丈夫なの?ホントに飛んで来てないの?

「なんなら測りましょか?」「お願いします」
わーい、やった~。測ってもらおう。

お返事が来たら、広島の山の中でどれだけセシウムが舞っていたのかが解明されます。
これはとても個人的な小さな事柄を問題にしているだけのように思われるかも知れませんが、汚染が特に強く残るものをきちんと測定して頂くことから導き出されることは、大変大きいと思うのです。たとえば、広島のブルーベリーはどうか?今年の松茸が安売りされていたら買うかどうか?椎茸はやっぱり我慢するべきかどうか?飲み水はどうなのか?

枝葉末節にこだわって、木を見て森を見ないという愚に陥ってはいけませんが、途方もなく大きな問題に向き合っているわたしたち、今こそ、地球規模で考えて、地元で行動しよう!ということが大事です。毎日をきちんと暮す。自分の仕事をしっかりとやる。それが原発を廃絶する力になるんです。

今中先生は、クールな小出先生とは対照的に、言葉よりも先に感情が出てくるようなお話し方をなさいます。
地域社会の消滅というような途方もないこと、わたしは昨日から考え続けてますが、まだ実感として想像することすらできません。小出先生はある意味素人にも分かりやすく余分な感情や細かい情報を整理してシンプルに伝えてくださいますが、今中先生のお話しは、先生の抱える葛藤や悩みも含めてドーンと投げかけるようなお話しでした。

生協の組合員というまったくの素人相手のお話しなど、本当に何から説明したら良いのか、分からないんじゃなかったか、と思いますが、放射能による健康被害でさえ「被害のほんの一部」だとおっしゃるような、「共同体の喪失」について、これからも考え続けようと思います。

何かと露出の多い小出先生や、広瀬隆さんのお話しばかり視聴していたわたしには、今中先生のお話しはまたまったく違う角度から問題に光を当ててくださり、また原子力なんかいらない!という理解が深まりました。

会が終わって、先生に椎茸を献上し、メールアドレスと名前をお渡しいたしました。ついでに握手をして頂いきました。
今中先生は、温かく、ふっくらと柔らかい手をしてらっしゃいました。

椎茸の結果を先生がお知らせ下さったら、またブログでシェアしたいと思います。
また、この講演を録音しましたが、録音のアップの方法がよくわからなくて放置してあります。もしアップできることがあったらまたお知らせしますね。

貴重な会を主宰してくださったグリーンコープの係りのみなさま、そして今中先生、ありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

バングラデシュのチキンカリー

今日は楽しい料理教室。
狭い我が家にギューギュー詰めの会となりました。

今日のお題は「ベンガル料理やりたい~」
はい、夏はカレーですね。「Dancyu」だっていつもこの季節はカレーと決まっている。

世間の皆さんは、たくさんスパイスを使うと本格的な美味しいカレーが出来ると思っているようだけど、それは間違い。今日の料理で使ったドライスパイスは4種類だけ。ガラムマサラもマンゴーチャツネも無し。玉葱だってオニオングラタンスープみたいには炒めない。ビックリするぐらいさっぱりと作ってしまう。

バングラデシュの人にとって、スパイスを使うことは、日本の人が、醤油、酒、みりんなどを使って料理をするのと似ているのです。

今日は夫が「いいな~、トルカリ(ベンガル語でオカズとか野菜の意味)いいな~」と言いながら家を追い出されて職場に避難してゆきました。料理教室のある日、彼はいつも難民となってお弁当を持って職場に追いやられます。別に家にいててもいいんだけど、居づらいらしい。
毎度ご協力感謝です。

さて、気の毒な夫が食べそびれた今日のベンガル料理。

IMG_2254.jpg

今朝スイカを切ったので、スイカの皮とビーツの葉っぱのジュースをみなさんと。
今日のお料理はローじゃないので、酵素を補給です。

IMG_2256.jpg

チキンとジャガイモのカレー、がんもどき入り。
ベンガル揚げ茄子。
モロヘイアの炒め物。
キュウリのサラダ。

チキンを食べない方もいるだろうから、冷凍庫にあったがんもどきを入れたら、これがメチャウマでした。

IMG_2255.jpg

ベンガル揚げ茄子、わたしの好きな茄子料理ベスト3に入る茄子料理の王様。
わたしがマクロビに興味ないのは、茄子を食べちゃイカンなんてことをあの人達は言うからです。

茄子を食べたら陰性になるだぁ~ だからなんなのさ

モロヘイヤの炒め物はバングラデシュで過ごした日々を思い出します。この時期になったら、近所の農民がジュートの若葉を束にして家々を回って売りにくる人がいました。ジュートの若葉やツルムラサキなど、栄養はあるけどちょっとたべにくい、「雑草のようなものしかないなあ」、なんて思いながら食べたものでした。でも、これらの野菜ってものすごく栄養豊富なんですよね。
ツルムラサキともども懐かしい菜っ葉です。

IMG_2257.jpg

チキンカリーはこんな風にシャブシャブ。ほんとにお惣菜仕様ですが、これが美味しいんだなぁ。

タイの黒米入りの玄米ご飯と一緒に食べました。
さて、食べ方ですが、みなさん指で召し上がって下さいました。初めての人もとってもお上手。初めての手食、いかがでしたか?手で食べると味が良くわかって、ついつい食べ過ぎちゃうのが玉にキズです。

みんなでご飯に指をつっこんで食べていたら、1歳1ヶ月のTくんまでご飯やモロヘイヤに手を突っ込んで口に運んでいます。あれれ?唐辛子入ってるけど食べるのかい?

そのうちご飯を投げたりして、狼藉を働くのでした。みんなご飯に手を突っ込んで楽しそうにしているので、彼も参加していたのだろうけれど・・・お作法があるのでございます。

彼が楽しそうにご飯に手を突っ込む姿を見ていて、食べ物を手で食べるというのはと~っても本能に根ざしたものなのかもしれない、と思ったのでした。あと2年もしたら、Tくんも上手に手で食べられるようになるからね。

しかし、これで食べ物を手づかみで食べること覚えちゃったかしら?もし変な癖がついたらごめんね・・・
ウチに来たら、お姉さん達からいじめられるし、突かれるし、妙な食べ物が出てくるし・・・
大変なのであります。

若いハンサムさんにみんな夢中なんですよ。わたしだって60過ぎの物理学者にばかり萌えてるわけじゃないの。若い人だって好きよ。

さて、ベンガル料理、いかがでしたか?
これ以上ないほどシンプルなレシピで作ってもこんな風になります。
チキンカレーだけでもレシピは50通りくらいは軽くありますけど、まずはシンプルなものを知って頂きたかったです。
お料理も足し算するのは簡単ですが、複雑な料理から引き算をしてシンプルで美味しいものを作るってのはなかなか出来ないんです。

今日のレシピをベースに、色んなアレンジでお好みのカレーを楽しんで頂ければ、これ以上の喜びはありません。バングラデシュに住む人たちが少し身近に感じられたでしょうか?

みなさん、今日は本当に暑い中、ありがとうございました。
次回は27日です。何作りましょうね?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「ショージとタカオ」

昨日はブログの更新もせずに爆睡してしまいました。夫が「あんた、よく寝るね~」と羨ましそう。朝起きた時、寝過ぎで腰が痛かったのですが、今日もまた寝られそうな予感・・・

この眠さは巨大台風のせいでしょうか?わたしもセシウムでやられているのか?地軸がゆがんだからか、電磁波のせいか・・・よくわからないけど、よく眠れます。

このところ映画三昧。昨日は夫に連れられて
「ショージとタカオ」
えん罪で29年も刑務所に入れられたこのお二人。裁判で「やってません」と言わなければ多分30歳過ぎには出てこられただろうに、不条理だ、と語る。

この二人、事件のあった日にたまたま東京に出ていたので、アリバイの証明が出来なかった。
たまたま「やってない」と裁判で言ったので、拘束がながびいてしまった。

そして、この映画を撮った監督、もともとは映像の編集などを仕事にしていた人だけど、「たまたま」知り合いから撮影してくれ、と頼まれて、あるコンサートの撮影をしたのが、この二人に関わる、映画を作るきっかけになった。

このコンサートというのが、ショージが獄中で作った歌のリサイタル。ショージとタカオは仮出獄して初めて自分の歌を聞くことになる。

人の才能はどのように開花するのかわからない。ショージはその後、司法制度を告発する活動家となる。

わたしだって、あなただって、何かの運命のイタズラでえん罪の犯人にされてしまうかもしれない。だれにだって降り掛かる可能性のある不条理を感じずにはいられない。
そして、検察と戦うことの難しさも教えてくれる。

広瀬隆さんが「健康管理アドバイザー」としてご活躍なさった山下氏などを刑事告発した。



この先色々な局面で辛い裁判が起こるだろう。だけど裁判できちんと何が問題で誰に責任があるのかを明らかにしていかないと、いけないのだと思う。

ショージとタカオはわたしだ。再審のための戦いは自由と名誉のための戦いだ。水俣の戦いも、この先の福島の人たちの戦いも、わたしの戦いなんだと思う。

そんな思いに包まれて、映画の後に紺屋さんでバジルトマト塩ラーメンを食べる。

写真
紺ちゃんに「昨日のブログを見てたらヨダレが出てきたよ」とからかわれる。紺ちゃんも忙しくてなかなか遊びにきてもらえないから、いつか出前しましょうね。


「腹が減っては戦はできぬ」と、今日もソウル・フード。
IMG_2258.jpg

夫がベンガル料理を食べたそうにしていたので、家にある材料で作る。砂肝とポテトのカレー、鮭のハラミと大根と茄子と乾燥アスパラのカレー、大根葉と苦瓜の炒め物。

昨日からECRR議長クリス・バズビー氏の講演が中継されている。
これも福島での裁判のための来てくれたつよい助っ人。原発は差別と抑圧のシンボルみたいな存在だ。
バズビー氏の日々の講演や対談と、女子サッカー日本チームのワールドカップ優勝は象徴的だと思いませんか?

夜明けの前が一番暗いっていうじゃない。
わたしにはわたしの世界でがんばるわ。
デモに行ったり集会に行ったりするだけが運動じゃない。色々なことに思いを馳せて、毎日をきちんと暮らすこともとっても大事な運動なんだって、わたしは思うのです。コンビニ弁当食べての運動だったら続かないもん!

ところで、台風心配ですね。
ちょっと野菜を買いに行って、地味に台風に備えるのでありました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「ダンシング・チャップリン」

映画三昧。

夫が珍しくバレエの映画に行こう、と誘う。「赤い靴のリマスターと、ダンシング・チャップリンとどっちか観に行こう」
あれ、あなた踊りなんか好きだったかしら?
わたしは「赤い靴」を見てないので、どっちでも良いけど、と言うと、「赤い靴は何度も観たからチャップリンに行こう」ということになった。

ダンシング・チャップリン

7月10日に亡くなったローラン・プティ振り付けのバレエを、周防正行監督が妻である草刈民代さんのダンスを記録に留めるために撮った映画。

前半は「メイキング」。 そして後半一気に13幕を見せてくれる。

ため息がこぼれる。
これほど美しいものを見たのはどれほど久しぶりだろう。
毎日、格納容器損傷だの、放射能だの、なんと荒々しい日々をすごしていたことか。

壊れてしまった原発はほとんど手の施し用がないまま、未だに放射能をまき散らしている。今牛肉で大騒ぎだけれど、牛肉が取り上げられているだけで、豚肉も卵も菜っ葉も魚も調べてるんだか調べてないんだか・・・報道されないだけで不公平だ。焼き肉屋さんが気の毒だ。魚なんか公表したら、お寿司屋さんがみな廃業になるだろう。

そんな日常からちょっと離脱して、美の世界に逃避しておりました。逃避ついでに夫と食事。

アラメゾンさんに以前ホロホロ鳥のモミジを料理したものや、タルトタタンを頂戴してしまったので、お返しに映画の前にベンガル料理をお届けする。シェフの貞広さんはご飯を炊いて、お昼を食べずにカレーが届くのを待っていてくれたらしい。
材料はホントに家にあったもので適当に作ったのだけど、わたしは家庭料理というものはそのようなものだ、と思っているので、何を恥ずかしがることがあろう!素人の料理とプロの料理は全く違うものなのです。
プロに素人の料理は作れないのだ。そして、素人の料理はお金を出しても食べられない貴重なものなのであります。

というわけで、素人には作れないプロのお料理を楽しんで来ました。映画の余韻を引っ張って、素敵な店内で丁寧に作られた素敵なお料理。

IMG_2259.jpg
紫ジャガイモのビシソワーズ。「サンフレッチェカラーです」
ふーん、ギャルソンのメガネくん。彼も試合のあった日は飛び上がったり、頭を抱えたりしていそうな気配だ。

IMG_2261.jpg

ウチのパンとは親戚関係のここのパン。最近カンパーニュを焼き始めたらしい。全粒粉入りのプチパンも美味。
おいしいパンが出てきて嬉しい。好みのパンと一緒に美味しいお料理が食べられて幸せですが、なんか単に自分の好みを店に押し付けているだけのような気がしてきた。

IMG_2262.jpg

ズッキーニのフリット。花の中にはチーズとかぼちゃのマッシュが入っている。

IMG_2263.jpg

ハモとズッキーニのパスタ。ハモは初物だわ。7月なんだから、ハモと鯖をたべなくては。そういえば、もうすぐ天神祭ね。

IMG_2264.jpg

岩手の牛のバラのステーキ。バラのステーキって珍しい。こんなお料理もビストロっぽくていいですね。

IMG_2265.jpg

パニエからチーズを2種類選んで・・・名前を覚えられないんだけど、シェフお薦めのチーズ、素晴らしかったです。チーズを見ると「うひょひょ」と声が出るのはなぜかしら?

IMG_2266.jpg

デザートに、ブラマンジュとフルーツの盛り合わせ。赤いのはアセロラ

このようなお料理を頂きながら、映画の話しを反芻したのでした。
そして話題は、草刈さんは家事をするんだろうか?とか、話題はどーでもいいようなことへと・・・

食事の後は、しばし、お店の方とカレーの話しで盛り上がり・・・
美味しく召し上がって下さったのだそうです。バングラデシュの家庭料理なんか珍しいですもんね。また違う料理を作ったら出前しましょう。

いつも素晴らしいお料理、素晴らしいサービス、ありがとうございます。
今度お休みの時にもうちょっとちゃんと作ったベンガル料理、食べにきてください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫からのプレゼント、柿みたいなトマト。

今日はもう映画はなし。だって、夫は仕事に出掛けたから。
わたしも暑い家の中で仕事。リネンを織り上げる。やれやれ。
明日は煮たり洗濯したりする。アイロン当てがまた暑い。
ヘビーデューティーで使う布巾がだんだん薄くなってきたので、糸の密度を上げて、組織も変えてみる。相変わらず生成りの無地。
どうしてもわたしは無地が好きです。

夫が「奥さんにオマージュー」と言って、本を買って帰ってきた。

IMG_2270.jpg

小出先生の最新刊、別に買ってくれとリクエストしたわけではないけれど、職場にある本屋さんで見掛けたらしくて、本を買うのが趣味な彼はつい買ってしまったらしい。ありがとう。

本屋さんって、売れるとみたらとたんに本出すんだから、商売とはいえ阿漕なものです。もちろん、小出先生には新たに書き下ろすようなお時間はありませんから、いろんなインタビューや、ラジオ番組での発言やら、講演やらを編集者の方が継ぎ合わせてまとめたものを先生が手を入れたものなのだそうです。

「原発のうそ」
原発のウソ (扶桑社新書)原発のウソ (扶桑社新書)
(2011/06/01)
小出 裕章

商品詳細を見る


は70万部を越えるベストセラーになったのだそうですが、こうして小出先生のお考えを一般の人に広く読まれることは大きな変化なのだと思います。

本を読んだ人がみんな「そうよ、原発なんかいらないわ。差別も区別も、するのもされるのも真っ平ゴメンよ」と思うといいんだけど。

しかし、夫は、自分の女房がよそのご亭主にこんなにのぼせ上がっているのに、わざわざ小出先生の本を買ってくるなんて、お人好しというか・・・何にも考えてないのでしょうね。

 youtubeなどで毎度色々なお話しや講演を聞いているので、本を読むほどのこともないと思うのだけど、活字になっているものはまた何とも良いものなのでございます。

今は鋭意こちらを読書中。

放射能汚染の現実を超えて放射能汚染の現実を超えて
(2011/05/19)
小出 裕章

商品詳細を見る

この本はファンにはかなり楽しいです。ぐふふ~。

しかし、今わたしが一番楽しみにしているこの手の本は・・・

原発を終わらせる (岩波新書)原発を終わらせる (岩波新書)
(2011/07/21)
石橋 克彦

商品詳細を見る

石橋克彦編 田中三彦 後藤政志 鎌田遵 上澤千尋 井野博満 今中哲二 吉岡斉 伊藤久雄 田窪雅文 飯田哲也 清水修二 諸富徹 山口幸夫
という豪華な顔ぶれです。なんといっても石橋先生が素敵~
本日発売です。夫よ、見掛けたら買ってきてね。

今日は柿みたいなトマトを切ってみた。

IMG_2268.jpg

切り口もトロンとした感じでやっぱり柿みたい。お味のほうは・・・甘くも酸っぱくもない根性の足りないトマトでした。
スプラウトはこの暑さの中まだ栽培出来てます。わたしも根性だしているけど、モヤシさんたちも根性出して頑張っている。

台風の吹き返しが吹いていて、福島からの放射能がたーっぷり入ってることも知っているけれど、窓を開けて暮している。
放射能は怖いけど、普通に暮らす。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「赤い靴」、今更東電OL事件

映画三昧。
今日はマイケル・パウエル監督、マーティン・スコセッシによるデジタルリマスターの「赤い靴」

1948年の映画。夫が見た時は色なんかほとんどついてなくて、靴だけ赤かったと言ってた。
SFXもコンピューターもない時代にいったいどうやってこんな撮影したのかしら?
映画好きな人がマイケル・パウエル監督の事を延々と語るわけです。

映画の前にビッグイシューを購入。

IMG_2271.jpg

映画館は八丁座。今日本で一番注目されている映画館。座席はあのマルニ工房が作った。わたしにはちょっとシートが柔らかい感じだけれど、座席はゆったりしてる。

バレエは全て一流の踊り手によるもの。主役のモイラ・シアラーはバレエのプリマから女優に転向した人だから、草刈さんみたいなものですね。

今日は驚くようなニュースがあった。
東電OL事件、再審の可能性…別人DNA検出

犯人にされているのはネパール人の青年。外国に働きにきて、こんな事件に巻き込まれて、今更別人DNAだ。
この事件、なんでいまごろこんな話しが出てくるんだろう?
うーん、また佐野眞一さんの本を再読しなければ・・・


東電OL殺人事件 (新潮文庫)東電OL殺人事件 (新潮文庫)
(2003/08)
佐野 眞一

商品詳細を見る


この事件の被害者はお父さんも東電幹部社員。ご自身もキャリア入社で、反原発の論文を書いて賞をとったりしている人らしい。
東電OL事件の被害者は、反原発で論文を書いて賞までもらっていた

なんだかもんのすごく変な事件だった。東大出の一流企業OLが夜は娼婦をしていた、ということばかりが取り上げられていた。つまり、東京電力さんってのはそんな変な会社だってことだ。
佐野さんの本、読まなくちゃ。そして、ゴビンダさんを早く自由にしなくては!!
この事件も原発関連事件なのかもしれないよ。

今月のデイズジャパン、小出先生ファンには必携です。

DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2011年 08月号 [雑誌]DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/20)
不明

商品詳細を見る


小出先生と広河隆一さんのコラボ記事。
実は・・・小出先生のお話しはコアなファンならいつも聞いているお話なんですが・・・
広河隆一さんの今月号からの連載、「チェルノブイリの謎の雨」という記事がすごいです。そういえば、関東でも黄色いホコリや黄色い水たまりの話しがあったような気がして恐ろしい・・・

現状は何も改善していない。ドロドロに溶けて地面にめり込んでいるのは、核燃料だけじゃないのかもしれません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

反省ローフード。

世間は夏休みなので、暑い中子ども達が道路で遊ぶ声が聞こえる。

ずーっとボンヤリ暮しているので、この夏は久しぶりに暑苦しむっちりした身体をしている。このままでは50キロをまた突破してしまうとマズいなぁ、とちょっと反省。

今ズッキーニが出盛りだから、お昼に夫が家にいない時はローフードを食べておこう、とちょっとこころを入れ替えた。
IMG_2273.jpg

ピンク色のものは、昨日作ったビーツのスープ。ナッツは入ってなくて、発芽玄米ヨーグルトが入っている。水分は紅茶キノコ、塩味は塩麹という発酵3兄弟のスープ。

発酵ものをいれないでスープを作ると、翌日にはちょっと味が劣化するのだけれど、発酵さんたちを使ったら、発酵するけど劣化はしないので、お味も長持ちして便利です。

ズッキーニは大根突きで細切りにして、トマトソースを載せてスプラウトをトッピング。グリーンはスプラウトの双葉だけという寂しさよ。

ローの食事をして思うのだけど、ガッツリグリーンがないとなんかちょっと食べ足りない感じが残るのです。これはきっと粉末青汁でもいいのかもしれない。でも、やっぱり青泥のドッシリ感が恋しいなぁ~。

また青泥始めようか。あれを食べていると肌の透明感が違うのです。
やっぱり青泥はローフードのエンペラーだわ~。

今日は歯医者さんの帰りにコンビニでお金を降ろしたついでに週刊現代を買った。

ほんとに週刊現代は金曜日みたいになってる。
呆れた記事は、
「税金で国民洗脳マニュアルを作っていた」という記事。
サラリーマンのお父さん相手には、電気の30%が原子力!というのが効くらしい。
でもって、主婦相手には・・・

<「原子力はいらないが、停電は困る」という虫のいい人たちに正面から原子力の安全性を聞いてもらうのは難しい。ややオブラートに包んだ話し方なら聞きやすい、>とした上で、

自分の周りに原子力発電所がなければ他人事としか受け取っていない。 (中略) ただし、その一方で主婦は<反対派の主張に共感しやすい>とした上で、その大きな理由を「食品の安全性」に対する関心の高さを上げ、その点に脅威を感じている。(中略)<環境、自然食品などエコロジーの関心の強い女性は、地域消費者センターのような所を頼りにしている><そういったところのオピニオンリーダーを理解者側に取り込めたら強い味方になる>(中略)そして、女性を中心に、「信頼ある学者や文化人」などに弱い大衆をコントロールするため力を注ぐべきは識者・有名人・そしてマスコミへの広報活動だとしている



なんだそうな。
わたしたち女性は、原発はイヤだけど停電も困る虫の良い人たちで、地元に原発がなかったら興味ないし、食品の安全性には消費者センターを当てにしていて、簡単に有名人や識者に籠絡させられているらしい。

やっぱり小出先生には頑張って頂こう。
みなさん簡単に籠絡させられてしまうわ~。

というわけで、こんなこと妄想してみました。

バンドの名前 No Nukes
(追記しました)

プロデューサー  小林武史

ギター、ボーカル 小出裕章 (言わずと知れた小出先生。ギターは渋くギブソン)
リードギター   木村真三 (脱原発界のヨンさま。ギターはストラトキャスターを弾きまくる)
ドラムス     今中哲二 (小出先生の同僚。チェルノブイリで長年調査をしている)
ベース      後藤政志 (元東芝技術者原子炉の解説で有名)
キーボード    田中三彦 (元原子炉設計者)
ハモンドオルガン 矢ケ崎克馬 (琉球大学名誉教授 内部被曝に詳しい。)

ターンテーブル  大島堅一 (立命館大助教授 電気の発電別原価計算をしてくれた人。)

ゲスト
テナーサックス  石橋克彦  (地震研究者ナマズ付き原発のイラストで一躍有名。)
クラリネット   沢田昭二  (内部被曝の研究をして、国を相手に28連勝中。)
カスタネット&バックボーカル  広瀬隆(ジャーナリスト、テレビに向かってしょっちゅう叫んでる美声の持ち主)

PV撮影      広河隆一   (写真家)

あの世から特別出演
コンセプト    水戸巌    (小出先生が唯一師と仰ぐ物理学者)
リリクス     高木仁三郎  (わたしでも知ってる市民科学者) 
プログラミング  瀬尾健    (小出先生の元同僚。被害シュミレーションを作った人)


このバンドで、オトーさんや奥さんが群がって、マービン・ゲイやマイケル・ボルトンみたいな失神者続出するような熱いステージをやるのだ。



この人忘れてるよ、というご意見があれば、教えてください。
あ、キヨシローさんですか?彼は参加しないの。Timers で忙しいから。



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

昨夜の「勉強会」と、世間の人は放射能のことなんか気にしてないらしいということ。

昨日は夫の「勉強会」でした。お客さんがみなさんお帰りになって片付けが済んだら11時半。
てなわけで、ブログの更新はサボってしまいました。

ブログの更新はサボったけれど、料理の写真は全部とった。あ、最後のご飯と漬け物はとり忘れた。あ、ヨリエビのフリットも撮ってない・・・

このところまたテンションの上がらない日々を過ごしているので、料理も思いつきません。とりあえず、買い物に行ってアレコレ使えそうなものを買ってくる。スイカも買ってしまったし、冷蔵庫に入りきらない とりあえず、葉ものだけ冷蔵庫に詰め込んで・・・しっかり料理してたくさん食べて頂こう。

料理の構成がなかなかイメージできないけど、適当に作り始める。

最初は、キュウリのピーナツ&味噌ソース。
IMG_2274.jpg
夫同僚はフツーの人たちなので、味噌だけ添えたものだと一本くらいしか食べそうにないからソースのスタイルにした。夫が報告するには、フツーの人たちは一回とったらそれ以上手を伸ばさないらしい。夫はパクパク食べたらしい。

甘長唐辛子を焼いて砂糖醤油マリネにしたもの。
IMG_2276.jpg

これ、簡単で好きなのよ~。時々辛い唐辛子があったりして、もう最高なのです。世間の評判は・・知らない。

葱豆腐
IMG_2277.jpg

ぺんぎんさんの豆腐料理は、葱豆腐かピータン豆腐ばっかりじゃないか!と思われるでしょうが、葱豆腐美味しいんだよ。葱たくさん食べたら頭良くなるし。
中国人恐るべしな豆腐料理なのであります。

最後のヒジキご飯のために祝島のヒジキを戻す。
IMG_2275.jpg

今年の祝島のヒジキは長いものがズルズル~っと混ざっている。ヒジキを戻しながら、今年のヒジキの収穫時期にあの島の人たちに中国電力が何をやったのか思い出す。

のんびりしてたら、祝島が大変!!
↑のブログ記事を書いていた頃、ヒジキの収穫だったのだそうで、この時島のみなさん、反対行動で海に出なければいけなかったので、ヒジキの収穫が遅れたんです。それで、写真みたいな長いヒジキがたっぷり混じっている。ここ4年くらいいつも祝島のヒジキを頂いているけれど、こんな長いヒジキは初めてなのです。

ヒジキを刻みながら島の人たちに想いを馳せてみる。
ところで、上のブログ記事を書いたのは、2月24日なんですね。それから2週間ちょっとで福島でシューっとなったのね。コメント欄も読み返すと面白いというか、時代がホントに変わっちゃったんだな、と思います。コメント下さったみなさん、ありがとうございました。

でもって、このヒジキは、人参、干し椎茸と一緒にご飯に炊き込まれました。

お刺身。魚はキハダの小さいのと、青森産の天然ハマチ。
IMG_2278.jpg

「青森か。微妙~」と言いながら買う。大根がなかったので、人参とズッキーニでツマにする。妙にカラフルなお刺身盛りになった。

苦瓜炒め。
IMG_2279.jpg

干し茄子の揚げ煮
IMG_2280.jpg

一切れしか口に入らなかったよぅ~。これも中国料理なんですが、美味しいんだなぁ~。

ヨリエビのフリットと、メバルのフリット。
IMG_2282.jpg

この魚に粉をまぶして揚げた料理がメチャクチャ受ける。作り方まで聞かれる。
「それで、ウチのヨメさん作ってくれるでしょうか?」「さあ~、どうでしょう?」
そんなことまでわたしは知らないよ。自分で作る気はないのか?

塩麹漬けの豚のモモとキャベツの煮物。
IMG_2281.jpg

「何時間くらい煮たらこんなに柔らかくなるんですか?」「そんなに煮てませんけど、豚は5日くらい塩麹に漬けてます」「それ、どこで買えるんですか?」「自分で作るんです。簡単ですよ」

そして、最後は祝島のひじきご飯と、三五八漬けでした。

とまあ、こんなお料理を、壷に入れて10年くらいウチで寝かした泡盛と一緒に食べたり飲んだりしていたのでした。

食べ物の話しをすると、どうしても放射能の話しになってしまうわたしたち・・・イヤな性格ですねえ。参加者の方から「美味しく頂いて、最後はいつも怖い話しになるんだから~」とやんわり嫌がられる。

何を言ってるんだよ、上関に原発がないのは、祝島の人たちが28年も反対闘争をやっているからなのに・・・もっとひじきを噛みしめろよ!!

いいのだ、わたしたちは子どもがいないから。しかし、あなたたちには子どもがいるのに、そんな程度の意識で平気なのか?
西日本は関係ないとでも思っているのか・・・西日本にもたくさん東北から野菜や魚が運ばれて売られているって話しなのに、ホントに何も気にしていないんだ。

とっても不思議なのでした。いや、やっぱりわたしがおかしいのだろうか?
まあ、いいや、他所のお宅のことは・・・

というわけで、たっぷりと働いた次の日は、リメレモの直さんのツイッターにインスパイアされて、午前中クラブに行って、わたしもクロールの練習をしてきました。

今日泳いでみて分かったこと。
根本的に筋力と体力が足りない・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

五人娘で一献。

最近頂き物ばっかりだ。
ある方が、「五人娘」酒粕やら、色々な珍しいものを送ってくださった。

わたしは、いつも買い物をする産直市で買った野菜をちょいと送っただけだったのに・・・こりゃ頂き過ぎである。

わたしはお酒は飲めないけれど、味くらいわかる。夫が「せっかく頂いたのだから、今夜飲んでみよう」とのたまうので、イソイソとお酒の肴を準備する。

わたしの料理が終わって、着席しないうちには箸を付けない人だったのだが、「待たれるのはウザイからさっさと食べとくれ」と何度もリクエストしたらやっと先に1人で始めてくれるようになった。

一品づつ出来たものからサーブしながら、わたしは料理の合間に青泥をグビグビ。

わたしが料理を終えて席についたら・・・
IMG_2285.jpg

ご丁寧にきっちり半分残してある。
料理ったって・・・キュウリに味噌を添えたり、トマトを切って、スプラウトを載せてオイルと塩を振りかけたり、豆腐に塩を掛けたり、ピーマンを焼いてアガベと醤油でマリネしたり、ツルムラサキのニンニク唐辛子炒めだったり、苦瓜のサラダだったり・・・
ピンク色の明太みたいに見えるのは、これまた頂き物。満一才のお祝いのお餅を揚げ餅にしたもの。みんなくっついちゃった orz...

お酒の味見もさせてしまう。吟醸香に加えて強烈な発酵臭のあるお酒。これは面白い。でも、今日のお料理は・・・酒に負けてたかもなぁ~。

こんな野菜ばっかり、しかもほとんど生!な肴でお酒を飲める夫は、一般人とはかなり違うのだろうなぁ。でも本音のところでは、「魚はどうした?」と思っているのかもしれない。

酒粕、スムージーに入れて頂きます。他にも胡桃のお菓子とか、黒米とか、楽しいものをたくさん頂きました。どうもありがとう~。

ところで、こんな寂しい晩ご飯しか出してもらえない気の毒な夫ですが・・・今年の健康診断、尿酸値は下がってるし、貧血の数値も改善していて、超健康だというのが判明いたしました。

超健康なんだからさぁ~、報奨金とか、健康保険の割引とか、なんかご褒美ちょうだいよぅ~。

お酒は次、もっとガッツリした肴を用意してまた楽しみます。
本当に珍しいお酒、ありがとうございました!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

小山薫堂氏の朝食はグリーンスムージーだそうな。

先日、山奥のコーヒー屋さんでDancyuを読んでいたら・・・

小山薫堂さんのページで、「最近朝食にグリーンスムージーを飲んでいる」と書いてあった。

IMG_2284.jpg

グリーンスムージーという名称は商標登録されているので、勝手に使ってはいけないことを小山氏もご存知なのか、きちんと記事の中にブーテンコさんの名前が出てるし、グリーンスムージーの内容は、

グレープフルーツ、オレンジ、バナナ、リンゴ、キウイ、そして、ホウレン草

なのだそうな。ふむふむ、朝から美味しそうです。そりゃ美味しさにはまるだろう。
来年の人間ドックまでの辛抱なのだそうだが、小山氏もうちの夫のような超健康体になるといいですね。酒飲みたるもの、酒を飲むための健康管理を怠ってはいけません。

同じ雑誌に

IMG_2283.jpg

こんな記事も載っているよ。
セシウムや放射性ヨウ素のベクレル→シーベルト換算。
食べ物の汚染とエックス線被曝との換算・・・あれ?外部被曝と内部被曝はまったく違うんじゃなかったっけ?

まあ、細かいことは各自勉強した上で、「自分が頼りたい説」を元にして自分やご家族を守って下さい。
わたしはダンチューにこんな記事が載ってることにビックリしてしまいました。

もう逃れようがない。海へ流れた汚染水の濃度の単位が”京”だというじゃないですか。もうそんな数値はほとんど思想とか哲学とか禅とかって世界の数字、わたしのような凡人には想像することすら想像することが難しい。

そのうちに海産物の汚染も明らかになる時が来るのだろうけど、明らかにされたときにわたしはどうするのだろう?チェルノブイリの退避勧告地区に住む農民のように「今何も食べずに飢え死にするより、何年か後に癌になることを選ぶ」といって食べるのだろうなあ。
だけど、放射能は子どもの命から奪っていくのだから本当に残酷。

そんなわけで、微かな抵抗を止めることができず、スピルリナを飲んだり、スプラウトを作り続けている。

IMG_2286.jpg

今日は一次発酵中のパン生地をちょっと失敬して、フライパンでピタを焼いてサンドにしてみた。ババガヌーシュ(茄子パテ)まで作ったりして、1人のランチには手間掛け過ぎか?!

こんなもん、一ヶ月もあれば出来るわ、と取りかかった服地。いったい何ヶ月掛かってることやら・・・
やっと整経(経糸の準備)にまでこぎ着けた。紡ぐだけでも3ヶ月?
IMG_2287.jpg
いつになったら服ができるのだろう・・・

なんか原発のことや放射能の話しばっかり書いてるような気がしてます。ブログ村の読まれている記事ランキングに顔をだすこともすっかりなくなって・・・と思ってたら、久しぶりにわたしの記事も顔を出していました。(今はもうないけど)。
ありがとうございます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

中継三昧の1日。No Nukes 大活躍?!

最近あまり会社にいかない夫(失業してるわけじゃないです。家で仕事してるだけなの)、「町に行く用事はないか?寿司でもたべにいきたいなぁ~」などと言い出す。お寿司ですか?いつでもお付き合いいたしますが・・・今日はなんかあったよーな・・・

ツイッターを見てたら、衆議院の厚生労働委員会に今中哲二先生が参考人として証言されるらしい。ついでに沢田昭二先生もいらっしゃる・・・あ、9時からだ、もう始まってるよ~・・・と、お寿司は今中先生と沢田先生の前に吹っ飛んでしまいました。
衆議院ビデオライブラリー
↑のページから、2011年7月27日。
委員会名に「厚生労働委員会」を選択したら録画のページに飛びます。

証言者は、アチラ側3名、コチラ側3名。質問者もアチラ側コチラ側バランス良く配置されておりましたが・・・
福島選出の自民議員のジーさん、元厚生労働大臣のジーサンの質問や発言とそれのお答えを聞いてみて下さい。これらジーさん方、いったい世の中どーしたいのか。自分たちはもう死んでしまうから良いんだろうが、子や孫は可愛くないのか?想像力がないのか?ホントに大丈夫だと思ってるのか???

内部被曝は考えない。牛乳を買うときに棚の後ろから取るのは日本の主婦の教育がなってないからだ。
食品の安全基準を決める食品衛生審議会のオジさんは、まるで放射能による健康被害と細菌による健康被害をゴチャゴチャにして煙に巻くような説明。日頃から勉強してないとすっかり騙されてしまいそうでアブナイ。

一体沢田先生の話しを聞いていたのか?きっと聞いていないんだろう。

ビデオのほうは発言者、質問、それぞれ細切れで視聴出来るようになってるので、お時間のあるときにでも聞いてみて下さい。一番のお薦めは・・・
東京大学アイソトープ総合センターの児玉龍彦先生です。素晴らしい熱弁!東京大学にもまだこんな先生いらっしゃるんですね。東大の人も一安心?プルトニウム飲んでも大丈夫教授を批判してました。

ちなみに、長瀧重信っていう人は、Mr.100ミリシーベルトのお仲間で、なにやら、広島長崎の被爆者やチェルノブイリの子どもに放射性ヨウ素を投与して実験したけど、内部被曝は認められなかった、なんて発言をしているが・・・これって人体実験よねえ。こんなことしたの?ほんと?(どっかの質問の答えだった)

なんとなく、本人もシレっと言ってるし、もう世には広く知られていることなのかしら・・・まあ、聞いてみて下さい。

委員会が終わったのが1時前。お昼の準備が遅れて、夫は大いに迷惑したのでした。

夕方には、大島堅一先生がエネシフジャパンで講演。
http://www.ustream.tv/recorded/16267569
http://www.ustream.tv/recorded/16267869

この方、有価証券報告書などから、原発の電気は安くない!を計算してくれた方です。わたし、経済学者なのかなと思ってたら、社会学の勉強をなさった方なんですね~。びっくり。
電気料金の秘密とか、原子力とお金の関係のことを詳しく教えてくれます。質疑のところも分かりやすい。なにより男前なので見ていて楽しい。


再生可能エネルギーの政治経済学再生可能エネルギーの政治経済学
(2010/02/26)
大島 堅一

商品詳細を見る


この本、ホントは「原子力と再生可能エネルギーの政治経済学」というタイトルにしたかったのだけど、震災前だったので、「原子力は売れないから」とタイトルから「原子力」を落されたんだそうで、先生は大変悔やんでおられました。大島先生のファンの方は是非お求め下さい。

大島先生は、29日9時から参議院の経済産業委員会で証言なさるそうです。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
昨日電話掛かってきたんだそうで、国会の委員会の証人ってのは暇な人対象なのか、万難を排してでもだれでも来ると思ってるのか・・・面白いですね。

国会のビデオは、たとえばサファリでは見ることができません。だからわたしはFireFoxで見てます。上手く視聴出来ない方は、ブラウザを変えてトライしてみて下さい。

話しは全然変わりますが、脱原発系の論者は男前が多いのはどうしてでしょう?当たり前のことを言う人は男前ってことかしら?原発問題は人間の本性を晒してしまうので、今日の厚生労働委員会で証言していたアチラ側の先生方、立派な顔に立派な身なりをしてらっしゃるのに、魂が清浄でないのが見えてしまって、とてもいい男には見えないのよね。唐木氏なんか年配モデルみたいな人だけど、沢田先生なんかと並ぶと、オーラが違うので、しょぼくれて見えてしまうのであります。

人間の値打ちについて考えさせられるのです。生きるからには正直に面白く生きよう!!

No Nukesのメンバーは大活躍なのです。
ギンギンのロックを聞かせて下さい。
脱原発のためにやらなければいけない事は色々あるけれど、国民投票やりましょう!という運動も盛り上がってます。
みんなの未来をみんなで決めよう

電力から金もらってる議員やマスコミの好き勝手にはさせないぞ!!ホーシャノーどうするねん!

とまあ、そんなビデオ中継を見ていたので、夕食の支度も遅くなってしまったのでした。


今日はちーっともローフードじゃないけど・・・
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニックランキングに参加しております。

というわけで、金曜日は9時から参議院ね。

自然放射能は健康にいいのかどうか・・・

今日はなんか用事に追われて、小出先生の昨日のラジオ放送も聞いてない・・・明日の楽しみにしておこう。

悩ましい問題。ラジウム石が健康にいいとか、自然放射線は人口の放射線とは違うとか、「放射能はあらゆる意味で危険です」(小出先生談)とか・・・どっちやねん?!

昨日の「厚生労働委員会」でも質問の時間に質問されていました。

どうやら、実のところよくわからないらしい。
小出先生はラジウム温泉のことを聞かれて、
ウラン残土レンガと放射能の基礎知識
↑動画が見られます。
レジュメはこちら→ウラン残土市民会議 2008年11月22日(土) ウラン残土レンガと放射能の基礎知識 京都大学・原子炉実験所 小出 裕章

「温泉はきっと身体にいいけれど、放射能は良くない」とおっしゃってる。ちなみに、先生も三朝温泉は大好きなんだそうですが、日本一の放射能温泉なのだが・・・

そして、昨日の「衆議院厚生労働委員会」で「ホルミンシス効果」についての質問が出ました。
どの先生方も一応「放射能の被曝にしきい値はない」という考えだったみたいですが、今中先生が「生物は自然放射線を浴びながら進化してきた。だから良くわからない部分も多い。例えば、ゾウリムシを自然放射線から完全に遮蔽してしまうと行動が不活発になる。これがゾウリムシにとって良いことなのか、悪いことなのか、それも良くわからない」とおっしゃっていた。

つまり、良くわからない。でも、ラドンの被曝でたくさんの労働者が肺がんで亡くなっていることは確かなんだそうな。

わたしは首が痛い時にラジウム石を痛いところに当ててたら痛みが引くなどの経験はしているけれど、実のところ肌身離さず持っていることがいいのかどうか、良くわかりません。でも石からは自然放射能だけではなく、もっと違うものも出ているだろうから、それが作用するってことはあると思います。

つまり、科学で分かっていることはほんの少しで、分からないことも多いはずだけど、その「分からない部分」ってのを「迷信」とか「妄想」とかでなきことにしてしまうのもちょっと違うと思うのです。

ただ、妄信してそればっかりになるのはどーかな?
例えば、「ラドンが良い」と信じて、ラドン発生器みたいなものをわざわざ導入するとか、ラドン温泉に過剰に通うとか・・・

あ、これって食事療法とも通じますね。妄信せずに、身体のお答えを聞きながら色々試したり、考えたりするのが楽しいのです。

んでもって、放射能どーするのか?ですが・・・

藻にはきっと現代科学ではまだ解明されてない不思議な力があると思います。

スリーマイル島の事故から7年だか10年だか経った後、原子炉の蓋を開けてみたら・・・・モワーンと何かが原子炉の中でうごめいたらしい。

その中はまだ人間は入ったら即死しそうな放射能なのだけど、藻やワカメみたいなものが繁殖していて、作業を妨げたんだそうな・・・

なんだか魂消る話しです。このエピソード

放射能汚染の現実を超えて放射能汚染の現実を超えて
(2011/05/19)
小出 裕章

商品詳細を見る

に載ってます。

そうか、この話しから、バクテリアや藻が放射能を食べるっていう話しが出てきたんだな、きっと。
ちなみに、ある種のバクテリアや藻は放射能を抱き込むだけで無害化するわけではない、という話しもある。
地球の生物の進化の過程を考えたら、バクテリアや藻のようなものが放射能の多い環境で最初に発生して進化したのだから、自然なことだ、って書いてある。不思議ですね。面白いな。

つまり、良くわからないらしい。

世の中不思議で一杯ですが、なんか魔法のような方法があって、「色々あったけど、もう大丈夫だからね!」ってことにならないかしら?と夢想するのでありました。

結局お気楽な楽天家の結論なんかそんなもの。

IMG_2306.jpg

夕食、時間がなくて、稲庭うどんにトマトとタマネギの塩麹和え、スプラウト載せ&ババガヌーシュのトッピングでバクバクっと食べたのでした。

今日はトマトをすごくたくさん頂いた。
美味しく頂いてます、ありがとう~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

野菜が届く。

岡山の友達が「ボーラパーとバイカパオがあるで~、茄子もあるで~」と知らせてくれたので、注文した。

ホーラパーはタイバジル。バイカパオはタイのトゥルシー。スープに浮かべたり、チキンと炒めたりして食べる。

「届いたら水に漬けてシャッキリさせて活けておいたら根が出てくるから、土に植え替えろ」と教えてくれたので・・・
IMG_2308.jpg

水に浸けてみる。かわいいなぁ~。
ペーパータオルで包んでくれていたけれど、常温で届いたので、中の方が蒸れている。生き返るかな?

ホーラパーもトゥルシもどっちがどっちかよくわからない。ちょっと赤みのあるのがトゥルシなんだけど・・・花の咲いてるのがきっとそう。もう面倒だから混ぜて使っちゃう。

他には・・・
IMG_2307.jpg

加熱用のトマトとか、ミニトマト、青唐辛子~。これはベンガル料理を作らねばいけないけれど、バジル炒めご飯もつくらないといけない・・・1日2食しか食べないからなかなかに忙しいのだ。

この可愛らしいコーンは「スイートコーンじゃないから、水から入れて20分沸騰させてから食べろ」と書いてあった。「甘くはないけど噛みしめると穀物の旨味がある」と。
皮をむいて試しに一粒生で食べてみたら・・・あ、こりゃ消化不良起こすわ。

というわけで、早速茹でてみた。

IMG_2309.jpg

かわいいな~。なんでこんなにかわいいのだろうか?野菜ってほんとに可愛い。食べてしまうのだけど・・・

コーンの一部は、ポリポリと昼食前のオヤツにお腹の中に収まってしまいました。これ、モチ種のコーンかしら?

茹でてもまだ結構な歯ごたえなので、夕食の野菜のトマト煮(このところ色んなところから毎日トマトた届けられるので冷蔵庫がトマトだらけ・・・)に入れて頂きました。

ミニトマトも沢山あるし、ピーマンもお茄子もたくさんあって嬉しいなぁ~。
やっぱりこれはベンガル料理作らねば・・しかし、明日夫は休日出勤で夜は宴会。

こんなヘンテコ素敵な有機栽培の野菜にご興味ある方は、右下のメールフォームからご連絡下さい。生産者の連絡先お知らせいたします。お米(朝日米)も美味しいよ。

話変わりますが、ちくたくさんから頂いたトゥルシ、一応成長してるんだけど・・・
今年はトゥルシに限らずバジルさん達の成長が芳しくないのです。どーしたんでしょう。でも料理にちょこっと使うくらいは出来るけど、バジル炒めを作るほどのトゥルシはまだありません。

こんなに虫がつくこともなかったし、こんなに育たないことも初めてで・・・バジルくん達がんばれ~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

NHKとリニアと原発の関係。

2012/04/16追記:ご訪問ありがとうございます。この記事は2011年7月30日のエントリーです。手元にその時の金曜日がありませんので、表記について正確でないところがあるかもしれません。リニアに関しては、投稿者である「リニア・市民ネット」にお問い合わせください。出典は7月29日発売、857号です。バックナンバーも販売しているようです。図書館なども当たってみて下さい。
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/backnum_index.php#backnum_chumon


今週の週間金曜日はすごい。
特集、「放射能とお魚」はもちろん気になるが、そんなのはまあ当たり前の話です。

NHKは100億円超の東電債を持ってるらしい。
記事はジャーナリストの丸山昇さん。
IMG_2311.jpg
(この記事について、岩上安身さんが今日ツイッターで「スクープだ」と言ってたよ)

ということは~、NHKにとっては東電がトーサンなんてことにならなくても、社債の価値が下がると困るわけです。ならばツゴーの悪い報道はできないことになる。

おまけに、NHKの保有する債券は東電だけでなく、上位5位がすべて電力会社で占められている。

つまり、NHKも「原子力ムラ」のお仲間だってことなんだそうな。

なるほど、それを知ってしまうと色々納得がゆく。
中には骨のある番組制作者がいらっしゃって、とても良いドキュメンタリーを作るけど、こと原発関係の話となると、放送時間が夜中だったり、それも突然放送時間が遅れたり~(タイマー録画しにくいように)再放送してくれなかったり~、youtubeに流れたものがせっせと消えたりするわけです。

しかし、わたしの両親のような善良な市民は、「NHKのニュースは公平だ」と頭から信じて疑わない。わたしなんぞもうすっかりやさぐれた不良になってしまったので、テレビは家にないどころか・・・最近はラジオのニュースさえ聞かなくなってしまいました。なので、新潟で大変なことになってるってことも良くわかりません。

しかし、なんでNHKはこんなに社債を買ってるのか?健全経営のための云々という言い訳を書いているけれど、国民から受信料を取って、税金も大量に投入されて、それで「健全経営」もなにもあるんだろうか?と素朴な疑問が沸いてくる。

んでもって、リニアであります。
IMG_2312.jpg

この「論争」というコラムは投稿欄で、一般市民もジャーナリストも関係なく掲載される。この記事を書いた方は、「リニア・市民ネット」代表、川村さん

JR東日本は「原発推進派」どころか、「原発は維持してもらわなければ困る」派なんだそうな。
リニアの消費エネルギーってのがスゴいらしい。

東京~名古屋間の場合、所要時間40分、ピーク5本、消費電力27万kW/時
東京~大阪間の場合、所要時間67分、ピーク時8本、消費電力74万kW/時

で、これを元にこの人が計算したら、東京名古屋間の1日の消費エネルギーは、388万kW/時
東京大阪間では、999万kW/時

となるらしい。ちなみに、東京電力の1日の最大給電力は焼く5000万kWなんだそうな。

しかも、リニアが超動・加速時に必要とする瞬時ピーク電力(この時に一番電気を喰う)は不明なんだそうな。

ってことは・・・東京と大阪を走ると74万だけど加速の時にどんだけ掛かるか分からないから、100万なんか軽く越えるってことよね。
平均的な原発の発電量は100万kW/時だから、リニア一台に原発一個とかって世界なのかもしれません。

しかし、原発ってのは地震がなくても、福島の事故がなくても、定期点検やら故障やら不具合やらでしょっちゅう止まる。そんなものをあてにしないとリニア計画ってのはできないわけね。

つまり、リニア計画ってのは、原発あってのものなんだ。

オマケに言うと、リニアってもんのすごい電磁波が出る。新幹線に長時間乗っても具合悪くなるのに、リニアなんか最悪かも・・・

政治家の先生やら、大企業のエラいさんやらは京都に住んで毎日東京まで通ってるなんてウワサも耳にする。そんな人には東京まで1時間で行けるリニアは便利だろうが、リニア通勤なんかしたら、電磁波でヤラれるよ。リニアなんか止めようよ。東京一極集中はどう考えてももう無理じゃない。

原発が続いてもらわないと困る人たちについてのお勉強でした。それぞれに都合があるんだろうけど、わたし、リニアなんか作ってくれなくても困らないわ。そんな面倒なものなら欲しくないからもう止めて。

今日は夫が休日出勤。夜の部までついていたのでプチ出張みたいなもんだ。1人気楽な晩ご飯は好きなものを作って食べる気楽さよ。

IMG_2310.jpg
茄子とトマトの組み合わせはゴールデンコンビ!

残り野菜や果物で青泥作って、サラダの残りをスープに変身させたり、残り物で気楽に食べるご飯って結構美味しい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

昼寝して、プールに行く。

今日は腸内清掃じゃなくて・・・町内清掃の日。なぜだか「こう言う用事は僕の仕事」と早起き苦手な夫が一生懸命早起きして出てくれるのはいいけれど、大変そうにするのはやめてくれないだろうか?大変だったらわたしが出るからいいんだけど・・・

我が家はイスラームの国の人とのお付き合いが長いので、色んなところでイスラーム化しているのでこんなことになるようです。ついでに言えばやたら買い物に行きたがるのもイスラム的。奥さんの下着までは買いませんが・・・
(イスラームでは買い物は夫の仕事。奥さんの下着をご主人が買うのもとても自然なこと。だから、バンコクで観光中の中東のオトーさんが下着売り場をウロウロしている場面をよく見かけます。)

お昼ご飯に焼き茄子のヤム(タイ風サラダ)と、鳥のバジル炒めご飯を作ったら・・・

「ああ~、こういうの食べたら夏~って感じがするよ」としみじみ夫がつぶやく。昨日土曜日なのに一日中働かされた上に、早起きして掃除に出掛けたので疲れているようだ。可哀想に・・・・

食後、彼が珍しくごろごろしてるので、わたしも一緒にゴロゴロしたら、わたし1人グーグー寝てしまった。
夢の中で・・・・クラブに行くのだけれど、シューズを忘れている。水着は持ってるけど帽子がない、どうしよう・・・と更衣室でひどく困る夢を見る。

トマトと茄子とピーマンと唐辛子はたくさんあるけど、葉野菜が何もないので、買い物に出掛けてついでにリアルの世界でクラブに行く。今度は水着も帽子もゴーグルも忘れてない。

クロールで泳ぐ技術ではなく体力の問題だ、と気がついたので、最初はビート板でバタ足をして下半身を鍛える。仕上げに3ストローク息継ぎの練習。今日は水も飲まずに泳げたけど、まだ25メートル泳ぐとゼーゼーする。
前を背泳ぎ(バタ足のみ)で泳ぐ年配の男性は、ゆっくりだけど休まず泳いでおられる。

週に2回くらい泳いだってダメなのよね。もうちょっとせっせと通わないといけないわ。
なんの被害も受けてないのに、震災でショックを受けて、増々引きこもっていたらすっかり身体がなまっている。体重も増えてるし、ローフードも甲田療法もどこかにすっ飛んでいってしまった。

今になって調整中なんだけど・・・青泥食べるとお通じが違うね~、やっぱり。

でも、今日は夫がいるので青泥&フツーのご飯で食べてしまうのでありました。
夕方ショッピングコンプレックスにあるクラブから、買い物もせず、食べ物屋にも寄らず、真っ直ぐ家に帰ってご飯を作るわたしはエラい!と自分で褒めてしまうのでした。

25メートルプールを4往復くらい出来るようになりたいです。(って、どんだけ体力ないねん?!)

今日は産直市で巨大スイカを買った。
スイカ~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック