遠方より知り合い来たる。

昨日は来客のためブログの更新を怠けてしまいました。
人が来て、面白い話をたくさん聞かせてくれるのに、「ちょっと待ってね」とぱたぱたブログの更新するのも野暮ってもんざんすから。

お客さんはN氏。松山に行く途中にウチに寄られた。台風なので、予定より1日早くいらして、今朝のスーパージェットで四国に渡られました。

うーん、夫の友達というのだろうか?知り合い以上、友達未満という関係か?もちろん、わたしも面識があって、何度も一緒に食事してる。
わたしや夫も人から「破天荒な生き方」と言われるが、N氏はもっと徹底して破天荒な人生を送っておられる。若いうちのバカは誰でもやるけれど、そのまま40代を乗り切るのだからただ者ではない。
なんちゅーか、わたしの貧弱な常識では測りきれないスケールがある人なのだが、スケールが大き過ぎて話がどこまでホントなのか良くわからない感じがしなくもない。

台風の影響による雨のなか、京都から車でやってきた。途中50センチくらいの水たまりになっているところが数カ所あったらしい。それでも、我が家の夕食時間には間に合うところがN氏のタダならぬところであります。

「いや~、お久しぶりです。あはは~、Nさん、変わりませんねえ~。何年ぶりかしら?」
「5年くらいかなぁ?」
などと一通り挨拶を交わす。

まあ、お楽にして。お酒飲まれますか?今日はもう天気がわるくなっちゃってビール買ってないんですよ(彼はいつもビールを飲んでいた)。

買い物に行ってないので、ビールどころか野菜も魚も買ってない。冷蔵庫の中にはしなびた大根くらいしかなく、たいした料理は出来ないので、乾物など使って適当にでっち上げる。確か彼はあまり野菜を食べない人だったが・・・

IMG_2464.jpg

お酒はいつぞや野菜を送ったら変身して戻ってきた「五人娘」。蔵つき酵母で作った自然酒。開封して時間が経って、すごくいい味になっている。やっぱり生き物だな、ウチの冷蔵庫の酵母やらと仲良しになったんだろう。かわいいなぁ~。

しなびた大根で作る大根おろしは、作るのは大変だが、水分が出なくて味は良い。シラスを乗せて、菊の助さんのカボスで作ったポン酢をかける。
このポン酢がまためちゃウマなのだが、もうそろそろお仕舞いの気配。そろそろ今年のカボスの収穫が始まってるようだし、ウチの庭のスダチも食べ始めてもよいかもしれない。自然は上手く出来ている。

後は、加茂茄子とバナナピーマンの味噌炒め、切り干し大根の煮物、鯵の胡麻和え(グリーンコープ冷凍品)、鳥モモの塩麹漬けが少しのこっていたので、それをグリルしたものも出す。

切り干しに入れた干し椎茸はキロあたり17ベクレル。古いセシウム汚染。ドイツの基準ではアウトだが、日本の基準ではないも同然。うーん、食べていいんだか、ダメなんだか、わけがわからないが食べる。

こんなものをつまみながら、N氏の311後の話に耳を傾ける。彼は12日から車に食料や軽油、灯油、ガソリンをたっぷり詰め込んで東北に向かったらしい。一週間で涙が枯れ果てたという。

福島ではF1の1.5キロのところまで行ったらしい。
彼曰く、
「僕ねぇ、チェルノブイリの2ヶ月後にウクライナ行ったんですよ。その時は手櫛を通すと髪の毛がたっくさん抜けて、毛も細くなったんですけどねえ、今回髪の毛抜けへんのですよ。ちょっと騒ぎすぎとちゃうかなぁ?」
「それ、ウクライナで免疫できたんとちゃいますか?」
「フラフラしてる人もおりましたわ。人によってちがうんやろか?」
「なんか、放射能の感受性ってすごい個人差があるらしいですよ?」

放射能の話が「あれ、大げさやったねえ」だったらどれだけいいだろう?と心から思う。

先週、台東区での小出先生の講演会で、キヨシローさんのサマー・タイム・ブルースとラブ・ミー・テンダーが紹介されて以来、youtubeでキヨシローのビデオばっかり聞いていた。

明日なき世界

でもよ~、何度でも何度でもオイラに言ってくれよ、世界が破滅するなんでウソだろ?

キヨシロー、ウソだって言ってよ。放射能なんか出てないって・・・
だって、被災地の廃棄物を日本中の自治体で受け入れて燃やすんだってよ、燃やしたら煙になって放射能が飛び散るし、焼却灰には高濃度に濃縮されるのよ。

20110901 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


それを「一般廃棄物」つまり、普通のゴミと一緒に埋め立捨てにする。ゴミ処理場って山の中の水源近くだったりするんだよ。

だからさあ、ウソだって言ってよ、福島に行ったNさんの髪の毛抜けなかったんだからさぁ。(目がチカチカしたらしいけど)

話しは変わるけど、Nさんは「手ぶらで行ったらあかんで」と奥さんからお土産を持たされたそうで、こんなもの頂いた。

IMG_2465.jpg

ああ、饅頭やケーキでなくて良かったが・・・
おかき。1人でボリボリ食べてしまいそうで危険だ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

神保町の思い出。

nullさんのブログにコメントをつけたら、夫が乱入してきて、人のブログのコメント欄で夫婦喧嘩を始めそうになってしまったので、「そんなに盛り上がるなら自分のブログで書くわ!」と啖呵を切った。

話しは「エチオピアのカレー」から。

「エチオピアのカレー?そんなん知らんで」(エチオピアのカレー?存じませんわよ)
「え?そうだっけ?ならボンディーは?」
「神保町でカレーなんか食べたことないで、アンタ、誰と行ってんねん?」(神保町でカレーなど食べたことございませんわ、あなた、どなたと行かれたのでございますか?)
「ボンディはボンディなんだよ。ジャガイモが出てくるんだよ、フフフ。」

夫の自慢は中学生のころから神保町に入り浸って、日本第1号出店のマクドナルドでシェイクを飲んだことがある、とか、「北沢」でギアーツなどを買って、サブちゃんの行列に並びながら読んだとか、サブちゃんが有名になる前からの客だとか、ザック(バックパック)を買うならサカイヤオリジナルだ!とか、そんなことばっかりだ。なぜか神保町の話題になると熱くなる。

結婚前や結婚後数年はよく東京に行ったので、彼に思い出の場所であるらしい、神保町や下北沢を引きづり回された(連れて行ってもらった)。バブルを経て既にずいぶん変わってしまっていて、今はなくなっちゃった店の話も良く聞かされる。

店は渋くて、しかしコーヒーがマズい「李白」。
(あれ?この店は世田谷に移ったんじゃなかったっけ?それもやめたって言ってたかなぁ?李朝陶器のコレクションで有名なところですが、なんであなた、こんな店ご存知なの?)
2軒ともなくなっちゃったジャズ喫茶。
タンメンの店・・・名前を思い出さないなぁ

なくなった店を数えたって虚しいばっかり・・・何年経ってると思ってるのよ。

神保町で喫茶店といえば、「ラドリオ」と「ミロンガ」。
今じゃタバコの煙に追い出されそうだ。あそこはトイレが狭くて、パンツを降ろすにも一苦労する。わたしは神保町に思い入れがないから、救世軍のところにあるドトールで十分。

神保町といえば、「兵六」!オヤジさんいなくなって、息子もいなくなって、ダメだよ、まったく・・・

思い入れなどない、とはいえ、神保町は1日遊べる楽しい街。本を選んで、おいしい料理をお腹いっぱい食べて、喫茶店でお茶をしながら休んで・・・大阪にも古本屋街はあるけれど、神保町みたいなところはない

彼の神保町の話を聞いていて、わたしはそれほど熱く「阪急東通り商店街」を語れるか、久々に大阪に帰った時に再訪したくなったのでした。あの怪しいロック喫茶は・・・そもそも輸入レコード屋さんなんかもう絶滅してるだろう。(神保町の対比で東通り商店街ってのもナンですが・・・)

夫よ、こんど東通り商店街を案内してあげるよ。昔たこ焼きを食べたところよ。オバちゃんが「この蛸はタダの蛸やないで、地中海の蛸や」と自慢して、お釣りを平然と誤摩化したあの店だ。

昔ウロウロしていた街の事を思い出してたら、なんか楽しくなってきました。こんど東京に行ったら、神保町に久々行ってみよう。さて、何を食べるか・・・

やっぱりスイートポーズで餃子かなぁ?
いや、普通盛りでも大盛りのコロッケカレーを食べねば。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

blind

今日ツイッターで見つけて、見てみたショートムービー。

blind from YUKIHIRO SHODA on Vimeo.



電車の中の女子高生のマスクがキラキラですごい。こんな未来が来るとしたら、ガスマスクもケイタイみたいに女の子はきれいに飾って使うのだろうか?

ほんとはもうこんな風に天気予報ならぬ「放射能予報」を聞いて、マスクをして出掛けないといけない世の中なんじゃないだろうか?ホントにナウシカの世界に住んでいるのかもしれない。

クリエーターにこんな映画を作らせて、こんな風にネットで公開される社会は健全なんだろうか?と1日考えてしまいました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫の留守に縮絨する。

夫出張中につき、昨日から気楽に1人で暮しています。
夫がいないので、ご飯の時間も自由。家を散らかしても誰も何も言わない。散らかすはわたしだから、散らかったものにぶつかって痛い思いをしても誰も文句言わない。
何時に起きても、何時に寝ても構わない。

1人だとローフードは簡単で良い。一人暮らしの人がローフードにのめり込むのが良くわかる。何しろ、準備が簡単。わたしのローフードは甲田療法ベースなので、青泥と豆腐とか、青泥と焼きそば(?)とか、青泥とセンベイとにかく簡単だ。

ダッカについた夫が電話してきて、「思う存分ローフード食べてるかい?」と聞いてきた。食べてるよ、簡単でいいわ。

青泥を1日2回食べてたら精神状態も良い。気持ちが前向きになるような気がする。とはいえ、昨日は1日タイで買ったクミンの掃除をしながらボンヤリとインターネットで色んな動画などみて遊んでいただけだが・・・

今日はなんだか朝早く目が覚めたので、とっとと洗濯をして、懸案の服地の仕上げ、縮絨(しゅくじゅう)をすることにした。
毛織物は織り上げた後にちょっと縮めることで風合いを出すのです。この作業でほんとに布に命を吹き込むことになります。

お風呂場を作業場に変身させて、

織り上がった布に石けんをかける。

IMG_2473.jpg

で、上に乗って踏むこと1時間・・・タイマーをセットして、布の上を行ったり来たり。時々布の位置を変えて、全体をまんべんなく踏む。何事も初動が大事だが、布の仕上げもここは大事。

その後、衣装ケースにお湯を張って、その中に布を入れて、お風呂のかき混ぜ棒で布を突くこと40分。
この作業はお風呂の腰掛けに座って出来るのだが、なかなか腕がダルい。この作業で布の風合いが決定してしまうから、ダルーと思いながらも気が抜けない。足りなくてもイケナイし、やりすぎると全てがパァになる。
ある瞬間に風合いが変わる時がくる。
釣りの人がアタリをつけるのと似てるかも。

お湯の中でグチャグチャになった布を経緯(たてよこ)幅を整えながら巻き取ってゆく。
IMG_2476.jpg

ここまで来たらランチブレイク。服地の仕上げはほんとに1日仕事。

これを最後は晒で包んで、ロープで縛って、ロースハムみたいにしたら、お湯をかけて、この上に板を乗せて、板の上にはわたしが乗って、コロコロ転がすことまた1時間。途中何度か巻き直してまたローリングする。
バランスを崩してひっくり返ったら大事になるので、こちらも細心の注意が必要だ。

IMG_2479.jpg

コロコロローリングが終わった(うんざりした)ら、また衣装ケースにお湯を張って、その中で全体をフリフリして、風合いを出す。

そして、また棒に巻いて、立てかけて水切りする。明日外に干して、アイロンかけたら出来上がり。

あ~、疲れた。

ローリングが終わってオヤツに桃とブドウとアサイーのスムージーを食べる。

IMG_2482.jpg

オヤツも1人だから、本読みながらおやつ。

あ~、今日は疲れたのでもう寝ます。
片付けはまた明日。(使った道具はちゃんと乾かさないといけないもんね)

明日は糸でも染めよう。良い感じで織物モードかな?
懸案が済んで嬉しいです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

エセ科学考

今朝面白いツイートを見つけた。いま探してみたのだけれど、見つからない。
こんな内容だった。

1日5500万円掛かけても動かせないもんじゅがエセ科学でないというなら、EMや○○(ごめん、忘れた)のことを非難するな。

1日5500万円も浪費していも、20年近くどーにもならない「核燃サイクル」はエセ科学と呼ばれたって仕方ないだろう。世の中のいわゆるエセ科学と呼ばれてるものにその 1/10でも予算を付けたら、立派な成果があがるものがたくさんあるに違いない。

世の中エセ科学のほうがよっぽど役に立ちそうだ。

こんな人がいる。焼き塩でお馴染みなので、もう色々実践されてる方もいるかもしれない。

20110514飯島秀行さん講演 前半


20110514飯島秀行さん講演 後半


なんかよくわからないけど、微風でも発電できる風車とか、フワフワと蝶のように飛ぶ飛行機とか、浄水器とか、浄化槽とか・・・

これが全て同じ原理でできているらしい。爪や髪が伸びるのと同じことで当たり前に出来るらしい。なんかよくわからないけれど、この方の穏やかな話し振りを聞いていると、「ふーん、そうなのか、試しにいっちょウチにもつけてみようかな?と思えてくる。

飯島秀行さんの浄水器で飯館の水を浄化出来ちゃうらしい。ホントだろうか?しかも、その浄水器はカートリッジの交換が必要ないらしい。
この人の世界は普通の物理学の世界じゃない(飛行機がフワフワ飛ぶとか)ので、放射性物質が無毒化するってことがあるのかもしれない。わざわざ日立の検査場で検査している。ウソかもしれないけど、ホントだったら面白い。話半分にしても、この浄水器をつけて、洗剤いらない生活をするだけでもいい。ついでに放射線核種がなくなればラッキーというものだ。

空気清浄機はすんごく簡単なものだ。ペットボトルに水を入れて、蓋にセットしたチューブを2本入れて、金魚の水槽のブクブクポンプにつなぐ。ペットボトルがパンパンになる。それで空気が浄化されるらしい。訳が分からない。

んでもって、焼き塩です。
塩にエタノールを振りかけて、火をつけて燃やすと強アルカリになるらしい。それを水に溶かして、野菜を漬けたり、野菜を漬けた水に布巾を漬けておくときれいになるらしい。
野菜は清浄になって、鮮度が上がって味が濃くなるそうだ。

フライパンで炒るのとは違うらしい。フライパンで爪楊枝を焼いても炭にはなるけど灰にはならない、と。なるほど。塩を灰にしたものがいいらしい。

なんだかよくわからないけれど、これも微生物なんだそうでう。

焼き塩は無水エタノールさえ買ってきたらすぐに試せるけれど、浄水器や空気清浄機もそんな高いものじゃない。浄水器なんてむしろ安いくらいだ。どうせつけるなら、水道メーターの後ろに付けて家中この水になるタイプが良さそうだけど、それはさすがにややお高い。高いと言っても、ウチの台所にある浄水器より安い(工事代は別に掛かるが)。

風車もいいなぁ。この風車をベランダとか屋根に並べるのも楽しそうです。
しかし、このフワフワ飛ぶ飛行機の実用化って、何に使うのかしら?旅客機も可能なの?戦闘機にはむきそうにないです。

核燃サイクルよりもこっちのほうがよほどマトモな気がするよ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

上関町長選挙

上関町の町長選挙に山戸貞夫さんが立候補された。
原発反対派が立候補表明 山口・上関町長選

貞夫さんは、映画「ミツバチの羽音と地球の回転」にもちょこっと出てくるけれど、この映画の主人公である「孝くん」のお父さんで、祝島の反原発運動を28年間引っ張ってきた方だ。

この映画の中で貞夫さんは「状況が変わるまでどれだけ(原発建設を)長引かせることができるかだよね」とおっしゃっているが、この選挙でホントに状況がかわったかどうかが明らかになるわけです。

広島に住む人は考えてみて欲しい。
祝島の人たちがいなくて、山戸さんがいなかったら、もうと~っくの昔に上関に原発が2基出来ていて、毎秒70トン。いや、2基だから140トンの温排水を瀬戸内に流し続けていたのだよ。
温排水は7℃高い。7℃も高いお風呂に入れるか?熱くて入れないよ。

地御前の牡蠣なんかきっとダメになっていただろう。
宮島のアナゴがウマいのも、地御前の牡蠣やムール貝が絶品なのも、鰆の刺身がウマいのも、広島の人たちがこよなく愛する「地物」のお魚が変わらず食べられるのは、すべては祝島の人たちの28年間の闘いのおかげなのに、広島の人たちはそれがよくわかってないんじゃないだろうか?

広島の人たちは広島が大好きだけれど、その大好きな広島に安心して住んでいられるのは、上関に原発が出来てないからで、それは祝島の人たちが28年も中電さんの嫌がらせに耐えて反対し続けているからなのだよ。

この秋に上関町の町長選挙がある、という話は6月ぐらいから聞いていた。推進側は現職の立候補が決まっていたようで、実際柏原氏が立候補の表明をしているようだ。そして、反対派に誰を立てるかで色々考えていたみたいだが、結局山戸さんが立つことになったわけだ。

こうとなったら、徹底的に応援しよう。わたしに何が出来るかわからないけれど、お金を送ったりするくらいなら出来る。ウグイス嬢はカヤック隊の若い衆がやるだろうからわたしの出番などないだろう。
ここで「山戸さん、応援してるよ」と書いたところで山戸さんが読んで下さるわけはないが、きっとこの気持ちは届くだろう。

来年は「神舞」がある。

どうか、この選挙ですっぱりと決着をつけて、晴れ晴れと神舞を迎えて欲しい、と心から願います。

「これ以上原発はいらないよ」と思っている方、どうか上関町長選を注目してください。

Ima上関


というわけで、ナイスなレゲエナンバーなど聞きながら、選挙の応援です。
「山戸貞夫さん~、祝島、上関の反対派のみなさん~。応援してます。是非とも勝ち取りましょう!!!」

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

上関町長選、その2

昨日のブログに上関町長選のことを書いたら、早速に菊の助さんmogusaさんがブログでご紹介くださった。ありがとう~。

アクセス解析をみていたら、http://iwaijima.jugem.jp/というサイトからのアクセスが多いので、何事か?!と思ったら、urauranewsにウチのリンクが張られていた。わたしの気持ちが届いたらしい。ありがとう~。

ここのサイトに今までの選挙結果が書かれている。なかなか厳しいが善戦してるともいう。なにしろ、投票率がものすごい。
上関町(ザ・選挙)

2007年→柏原重海(当)1999票 山戸孝990(投票率 88.08%)
2003年→加納簾香(当)2001票 山戸貞夫1450 (投票率 91.67%)
※このときの選挙は当選した加納簾香町長の後援会長で現職の町議が買収で逮捕され、
山口地裁で公選法違反(買収など)の罪で有罪判決を受け、連座制が適用さるかって前に町長は辞職。その出直し選挙では柏原重海(当)1988票 山戸貞夫1381票(投票率 89.92%)



小さな町で、30年ちかく賛成と反対でコミュニティーを二分して、傷つけ合ってきた気持ちを福島での悲劇を受けて解きほぐすことが出来るのか、気になるところです。

福島の震災で色々なことが明らかになりました。

原発がやってきても地域は豊かになりません。原発が出来て、一時の交付金で道路が立派になり、役所が立派になり、体育館や老人ホームが出来るかも知れませんが、それらの施設を運営する資金はいずれ尽きてしまいます。

福島の人たちは原発を受け入れることで、「福島が仙台になる」と幻想したそうですが、原発のある福島は絶対に仙台にはなり得ません。なぜなら、原発が立地する場所は「低人口地帯」でなければならないからです。原発があるところは都会にはならないのです。

原発は麻薬です。受け入れ当初の交付金や固定資産税はいずれなくなります。そうなった場合、また原発を求めるようになってしまうのです。
地域の人に就職があるかもしれませんが、それは放射能を浴びる仕事なのかもしれません。

上関町の人たちのこの30年のご苦労は想像することさえ出来ません。反対派の人も賛成派の人もどちらも傷ついておられるのでしょうが、そのような対立も「原子力」がもたらしたものなのです。

原子力はもう時代遅れです。オバマ大統領が就任した時に「核廃絶」を言って、何もしないウチにのノーベル平和賞をもらいました。これはなぜか?
核兵器など時代遅れで、今はもっと効率のいい兵器があるからです。
原子力は儲かるので、まだしばらく原子力を推進するかもしれませんが、そう長くはありません。あと10年もしたら、「原子力なんかまだやってるのか?」という時代がやってきます。その時にあの巨大設備と放射能をどうするのでしょう?

山戸さん、応援してます。そして、上関町のみなさんの勇気ある選択も応援してます。

今日は不屈の山戸さんとみなさんにこんなナンバーをお届けします。

HK & Les Saltimbanks "On lâche rien" (Japanese subtitles) あきらめないぞ!


ちょっと、労働者や移民のプロテストソングだけれど、ハートは同じ、あきらめないぞ!!

どうかどうか、山戸さんが当選しますように、本当に祈るような気持ちです。
(まだ公示もされてないけど・・・)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

自分で考えるということと「世界の手触り」

小出裕章さんのインタビューの中で、一番好きというわけではないが、面白いと思うものがこれ。

神保哲生×宮台真司×小出裕章
第524回マル激トーク・オン・ディマンド(2011年04月30日)
「5金スペシャル・原子力のこれまでとこれからを問う」
ゲスト(PART1):小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)/


宮台さんと小出さんの歯車の噛み合いが他の人のインタビューと違って面白い。
宮台さんは社会学の学者なので、分野は違うがご同業であるから、ジャーナリストと話すのと違うのです。

宮台さんはフィールドワークしたかったのに、数理社会学(なんだかよくわからない)で博士号とっちゃったから、数理社会学者のふりをしていたけれど、講師になった(つまり、就職しちゃった)から好きな研究(宗教と性)の研究を始めたら、色々な人から「君、そんな人々を不安にするような研究などやめたまえ」と「周辺化」されていったらしい。
宮台センセのお話しは「周辺化」など分かるような、実は良くわからない言葉が使われてちと難しい。

宮台さんと、小林武史さんの対談も難しい。
「世界の手触りを失うな」
「日常の自明性」なんていう言葉が出てくる。「自明性」とは、「慣れ親しみ」なのだそうな。
原発は安全ですという世界から311以降「原発はとんでもないものでした」とバレてしまったが、人々はなかなか「日常の自明性」つまり、「原発は安全です」から逃れられなくて、「逃げろ!」という人に「デマを流すな」と怒ったというわけだそうな。今では「放射能のある日常」が「自明性」になってる。これはきっと「パラダイムシフト」というのだろう。

んでもって、そんな社会で、今日本人は個人が自立しなければいけない、という。これは、小出さんもおっしゃる。一人一人の人たちが自立して行動すれば、原子力なんかすぐに止まる、と。

自立せよというのは、「自立していない」というわけだ。
これはなぜか・・・
宮台さんはそれを小林さんとの対談の中で語っている。
「僕たちの依存癖は江戸時代から始まった」統治はすべて5%の武士がやっていた。農民による共同体自治は生産労働の調整とお祭りだけで、ヨーロッパみたいな中世自治都市に由来する領主権力に対抗する共同体自治っていうのはなかった。江戸時代で「お上にお任せ政治」が出来上がってしまって、それが明治以降も引き継がれて現在に至る。

第2次大戦敗戦の時に変わるチャンスがあったのだが、サンフランシスコ講和条約(日本の米国からの独立)以降、冷戦構造の中、国語教育でメディアディテラシーの部分を欠落させてしまい、「モノを考える」ための教育が再びなくなってしまって、そのまま学歴競争に突入してしまった。だから、中学生くらいになって「なんのために勉強するのか?」と考えて、勉強をするか、しないか、という弁証法にすり替わってしまう。(え?それは弁証法じゃない?)
これはわたしは知りませんでした。確かに文学については習うけれど、「それが何を意味しているのか」を考えることは習わなかった。

自分で考えているのか、それとも、どこかで読んだり聞いたりしたことに「洗脳」されているのか?あるいは、「自明性」からの脱却が出来ずパターナリズムに陥っているだけなのか?もし、あなたが退屈しているとしたら、それは「自明性」の中にスッポリとハマっているからだ。自明性に依存しない世界を構築しなければいけない。

あ、だから依存しないで自立せよと言うのか。

与党がだらしないとか言ってるのは誰かが何かをしてくれるのを期待しているわけで、主語を自分にすればいいわけだが、話しがいきなり大きくなってしまうので持て余す。

宮台センセはそこで、スローフードとロハスの違いで説明してくれる。
「ロハスは個人の趣味でライフスタイル。スローフードはソーシャルスタイル」なんだ、と。「ライフスタイルからソーシャルスタイルに転換してゆく」

自治とか、共同とかってのは苦手な分野なのだが、依存しないで自分で考えるんだな、きっと。

ああ、なんだかだんだん面倒になってきた。宮台センセのお言葉は、ロッキンング・オンや美術手帳を読んでるみたいだ。なんでもうちょっと分かりやすく完結に書いてくれないのかな?ちょっと小出先生から習ったら良いんじゃないだろうか?

自立することで「世界の手触り」が感じられるんだそうな。うん、それはちょっと分かる。
最後の方はちょっと夢物語みたいだけれど、小林さんのやっているAPBANKの仕事に合わせてそう言ってるのだろか?
ああ、やっと最後まで読んだ。
宮台センセの博覧強記には圧倒されるけど、理屈をこねくり回さないで、

甲田先生の本を読んで、柿茶とスイマグと青泥を食べる。→トイレに行く。

ってな感じに簡潔にもう少し身体的に説明をしてくれたら分かりやすいのになあ。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

青泥をたべて日常の自明性を打ち壊す。

まだまだ楽しい一人暮らしが続いています。
毎日ガンガンにローフードを食べたり、思う存分断食したりすればいいのだろうが、台風の後、急に肌寒くなったり、また暑くなったり、という気候にふりまわされていることを言い訳にして、どちらもやっていない。

でも、青泥だけはわりと食べている。空心菜があるし、リンゴやナシがあるので、今作る青泥は本当に美味しい。カボスも入れているけれど、冬の間中絞っていたホンノリ甘くてジューシーな菊の助さんのカボスの味とは比べられるわけもない。まだまだ青くて硬いカボスだ。

青泥をたべているといっても、ご飯やパスタも食べてしまうので、一回の量は青菜150gくらいだろうか?面倒なので、お昼に夕食の分も作ってしまう。小腹が空いた時にも青泥が食べられるので、作り置きという裏技は便利だ。

青泥を食べた日と食べてない日で明らかな違いがある。

わたしはいつも夕方4時半を過ぎた頃からなんとなく口寂しくなることが多い。こんな時色々食べてしまうのだ。ポテトチップスの袋なんか開けたら、完食しないと気が済まない性格。妙にマメなところがあるので、わざわざジャガイモをスライスしてポテトチップスを作って食べてしまうこともある。もちろん、自分1人だけの為にです。

こんな風にもう既にオヤツとは言えないボリュームのオヤツを食べた上に夫が家にいるときは夕食まで平らげてしまうのだからタチが悪い。今は1人なので、夕方のオヤツを食べた後は青泥だけで夕食を済ませるということも出来る。

しかし、青泥をお昼に食べると、この夕方の虚しい感じを感じない。晩ご飯もなくていいかも~と思うくらい平常心でいられる。わたしが一日中糸紡ぎなどしていて、夕方オヤツを食べないなんてことはありえないのだが、青泥を食べていると大丈夫なのよ。

ツラツラと考えるに、青泥はビタミン、ミネラル、フラボノイド、抗酸化作用たっぷりの食べ物で、いわゆる「微量栄養素」の宝庫であります。
だから、青泥と玄米ご飯さえ食べていればもう十分なのです。

お腹が空くということは、なんらかの栄養素が足りない身体からのサインです。そこで、ポテチなどボリボリたべてしまったら、デンプンや油を分解するためにますます微量栄養素が足りなくなってまた食べたくなる、という悪循環に陥るのだけれど、青泥を食べていたら、微量栄養素は足りているので、デンプンや油なども欲しくなくなるのです。

こうやって考えると、甲田療法の生菜食Aは合理的な定食だなあ、としみじみ思うのです。なかなか食べ続けられないけれど。

病気治療でないわたしは、完全にはできなくても一部を生活に取り入れることで「日常の自明性」から逃れるのであります。

上関町長選山戸貞夫さんへの応援カンパの振込先です。
(山戸さんのご意向を聞き、11日変更いたしました)

山戸さんからのメッセージ
カンパの件、大変ありがたいです。お気持ちありがとうございますm(_ _)m
祝島島民の会

銀行振込み
ゆうちょ銀行
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
店名:一三九(イチサンキュウ)
当座:0067782

郵便振替
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
口座番号:01390-4-67782

〒742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218
上関原発を建てさせない祝島島民の会
(「祝島島民の会」、あるいは「島民の会」宛でも郵便物は届きます)
iwaishima@gmail.com

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

311から半年。

3月11日の震災から今日で半年になります。
なんか呆然としたまま日々が過ぎてきた感じがします。

原発震災からわたしが一番変わったこと。

新聞を一面から読むようになった。

これまでわたしは新聞は後ろから読む派でした。テレビはないから、テレビ欄は素通りで、いわゆる「三面記事」を読んで、スポーツや経済は飛ばして、国際欄を読む程度。テレビが家にないので、新聞を取る必要もないから、ウチは新聞もとってません。でも時々図書館や喫茶店などで新聞を読む機会がある時は必ず後ろから。

いい歳をして恥ずかしいかぎりですが、政局のニュースを読んでも面白くないし正直よくわからなかった。世の中とわたしはまったく繋がっていなかったわけだ。
原発の問題に感心がなかったわけではなく、昔から原発は嫌いだったし、放射能も嫌いだった。医療被曝もイヤだったし、食品添加物だって今も昔も嫌いなことは変わらない。国内問題も南北格差問題に感心があり、それは人と人とをわける差別や区別、自由への抑圧に深い嫌悪があった。(だけど市民運動は苦手)

多分普通の同年代の女性に比べると社会や世界への感心は高かったと思う。
けれど、「政局」とわたしの間には次元が違うほどの乖離があった。

でも、3月11日を境に世界が変わって、むき出しになった悪意が押し寄せてくる。政局だって、そのむき出しの悪意の現れだから、新聞も読むところが急に増えてしまって一面から目を通すようになった。

こんな事態になって、新聞を一面から読むというのも情けない話しだけれど、自分でもびっくりするほどの変化です。

そして、こんなビデオばっかり見ていることも。
福島原発事故講演会:ガンダーセン氏,ヴァーモント大学7/23

日本語訳はこちら
福島原発事故講演会:ガンダーセン氏,ヴァーモント大学7/23(日本語訳)
ガンダーセンさんは、スリーマイル島の事故の時に収束の指揮をとった技術者だそうです。

日頃小出先生や後藤政志さんの講演で鍛えているので、英語でも怯まない。


上関町長選山戸貞夫さんへの応援カンパの振込先です。
(山戸さんのご意向を聞き、11日変更いたしました)

山戸さんからのメッセージ
カンパの件、大変ありがたいです。お気持ちありがとうございますm(_ _)m
祝島島民の会

銀行振込み
ゆうちょ銀行
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
店名:一三九(イチサンキュウ)
当座:0067782

郵便振替
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
口座番号:01390-4-67782

〒742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218
上関原発を建てさせない祝島島民の会
(「祝島島民の会」、あるいは「島民の会」宛でも郵便物は届きます)
iwaishima@gmail.com


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

車を諦めて実家に戻る。

一人暮らしに飽きて、ってわけじゃないけれど、実家に戻ってきた。
車で来るつもりだったのに、昨日から車の調子が悪い。エンジンは最高なのだが、バッテリーの警告灯が点灯するのだ。

おかしいなぁ?と、電車でも行けるように、荷物を減らして、でもパソコンは詰め込んで(MacBook重いぞ!)ガレージへと向かった。ガレージからはJRの駅まで平地徒歩5分くらいだ。

ガレージに向かっていたら警告灯は消えたので、そのまま大阪に行ってしまおうか、という誘惑に何度も駆られるが、「見てもらってからでも遅くない」と自分を抑える。
エンジンのふき上がりは良いし、サウンドも最高。エアコンだってギンギンなのに。

メカニック息子が電圧を測ってくれる。「電圧が高くなるのがおかしい。ダイナモを変えた方が良い」おいおい~!!

そんなことを言ってるうちにメカニック父が戻ってきて車を見てくれる。この方昭和11年生まれのベテラン。
オルタネーターには電圧を調整する装置が入っているのだが、それがイカれているのだろう、という。

うーん、じゃあ、お願いしますぅ~。とヨロヨロJRの駅に向かったのでありました。

切符を買って、母に電話をし、新幹線で向かうことを伝えると、「新幹線なら安心」と言われてしまう。まあ、母はワタシの運転のことを心配していて車の故障のほうは心配してないのだろうけれど、わたしは自分の運転よりも車の故障が心配だ。

朝から慌てて色々準備したせいで、本も持ってない、MP3プレイヤーは持ってるのに、イヤフォン持ってない、デンタルフロスも忘れる。木枕は持って来れない。

両親に原発状況などを問われるままに解説する。他にも「お茶は3年買うな、まあ、あなたたちはストロンチウム食べて20年後に癌になってもいいだろうけど、わたしは食べるわけにはいかない」「NHKは東電の社債を100億も持ってるので、東電を潰すような報道はしない、出来ない」など。

「よ~知ってるなぁ~、やっぱり若いもんは心配やわなぁ」

さすがに放射能の影響は老人ではなく若い者に出るということは知っているみたいだ。

母が「70歳過ぎが福島に行って働いてきたら良いねん」というから
「あの中は35℃から50℃ほどもあって、めちゃくちゃ暑いねんで」
というと、「あ、そう?!」と絶句していた。
ついでに言うと、ロボットなんか入れても中性子線やらで計器が壊れちゃうから温度を測るとか、線量を測るくらいのことしか出来ないらしい、というと、それにも驚いていた。

原発での労働というのはどういうことか、樋口健二さんの講演がよくわかる。
88年の講演なので樋口さんはまだとても若い。
闇から闇への原発の完全犯罪


10まであるけど順番に見れるようになってます。

クリーンな「コントロールルーム」で数人の人たちが計器を見ながら働いているだけだと思っている人が多いようだけど、実際はちと違う。

「今回は何で帰って来たの?」と母が聞く。そんなこと聞かれたことないので、迷惑だったのか、ちょっと心配になる。珍しく顔を出したと思ったら、放射能がどーのこーのという娘など迷惑以外のナニモノでもないだろうが・・・

「講演会に行くの。すんごい素敵な人なのよ」と目をにして語ると、母はちょっと呆れていた。
明日は小出裕章さんの講演会。

今日は3時過ぎから母と散歩を兼ねて買い物に行ったけど、明日夕方まで何をしよう・・・

フランスの核施設でも爆発があったみたいですね。
フランス南部の核施設で爆発 1人死亡、4人負傷

もうやめようよ、こんなこと。

上関町長選山戸貞夫さんへの応援カンパの振込先です。

山戸さんからのメッセージ
カンパの件、大変ありがたいです。お気持ちありがとうございますm(_ _)m
祝島島民の会

銀行振込み
ゆうちょ銀行
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
店名:一三九(イチサンキュウ)
当座:0067782

郵便振替
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
口座番号:01390-4-67782

〒742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218
上関原発を建てさせない祝島島民の会
(「祝島島民の会」、あるいは「島民の会」宛でも郵便物は届きます)
iwaishima@gmail.com


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ファンクラブの会合に出席する。

用事は夕方からだったのに、何も昨日から大阪に来ることはなかったのだなあ、と、タバコ臭い、テレビの大きい実家で手持ち無沙汰にしていて思ったのだが、寝るだけのために実家を利用するというのもなんだか悪いような気がしたのだが、そんな気遣いはまったく無用だったのかもしれない。

昼のおかずに母の指示で長芋を大根突きで千切りにして、フライパンでチーズを乗せて焼く、という料理を作ろうとして、長芋を突いていたら、右手の親指の角まで一緒に千切りしてしまった orz

「バンソーコーちょうだい」と父に言うが、家は診療所なので、絆創膏といっても色々な種類があるらしく、「どないしてん、何がいるねん、何にするねん」と指先から血を吹き出している素人には答えようもない質問をして絆創膏を出してくれない。

いちいちストレスになるけれど、大人に成長したわたしは、「ああ、このオッサン、わたしとそっくりやわ」と腹を立てるのもアホらしくなるのでした。

あまりの暑さに出掛ける元気もなく、家で静かに週末や来週の料理教室の作戦を考えて時間を過ごす。

夕方になって、水浴びをし、おべべを着替えて、十三まで出掛ける。
十三なんて、何年ぶりだかわからない。高校生のころに北野高校の文化祭で来て以来かもしれない。

今日は小出裕章さんの講演会があったのです。
今井一さんプロデュースの会なので、いつもと違う切り口の小出先生のお話しが聞ける。こんな会のチケットを手に入れることができたのも、ブログを通じて知り合った方がお誘いしてわたしの分のチケットまでお手配下さったからで、人との不思議なご縁に感謝するのです。

講演のレポートはまた後日落ち着いて書くとして、今日は講演の後の二次会。

コアな小出先生ファンばかり、結局8人くらいで居酒屋に行った。
中の数人は他の集会などでお会いしていてご存知のようでしたが、わたしはブログを通じて知り合った方と面識があったり、初対面だったり・・・
とりあえず、自己紹介しましょうよ、と言って、半分くらいまで進んだのだけど、他にも話さなければいけない事が山のようにあって、自己紹介どころじゃない。

尼崎の2児の母の方、お子さんの給食のことで学校と闘っておられる。彼女の話しを聞いていると、世の中の人は放射能で食べ物が汚染されてる、という意味がきっとよくわかってないのだ、と思う。もちろん、わたしも良くわかっているわけじゃないけれど、ダイオキシンとか、発がん性物質っていう汚染とは意味が違うらしい、めっちゃ怖いらしい、という程度には理解しているつもりなのだけど。

牛乳を飲むとか飲まないとか、ナチュハイをやっていたら、牛の乳を、母乳を必要としなくなった人間が飲むことのほうがおかしいのだけれど、学校側(つまり教育委員会ってことだと思うけど)は放射能の測定もしないし、「牛乳を飲め」という。
大変だ。毎日の食事の準備だけでも神経をすり減らしていらっしゃるだろうに、学校という権力とも闘わなければいけない。

ちなみに、西宮市は5台の食品測定器を購入して学校給食の測定を始めたらしい。自治体によって対応が違うのだから、住むところもこれからよく考えなければいけないってことだ。

色んな人とお会いして、上関のカンパもお願いして、ブログだけで知っていた方ともおしゃべりできて、大変楽しい夜をすごしていたのですが、11時前になって母から「バスなくなるで」と電話が掛かってきて、シンデレラは12時前にかぼちゃの馬車じゃなくて、チョコレート色の阪急電車に乗って現実へと戻ったのでした。

家では両親が仲良く並んでソファーに座ってテレビを見ながら不良娘の帰りを待っていてくれました。

小出先生を囲んでの懇親会などというような夢のようなことはありませんでしたが、小出先生を慕って集まった方々とお話しが出来て、どの方も古くからのお友達のように、これからも長くお付き合いできるお友達のように感じたのでした。
こんな人のつながりを作って下さるのも小出効果なのだなあ、と思った夜でした。

上関町長選山戸貞夫さんへの応援カンパの振込先です。
山戸さんからのメッセージ
カンパの件、大変ありがたいです。お気持ちありがとうございますm(_ _)m
祝島島民の会

銀行振込み
ゆうちょ銀行
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
店名:一三九(イチサンキュウ)
当座:0067782

郵便振替
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
口座番号:01390-4-67782

〒742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218
上関原発を建てさせない祝島島民の会
(「祝島島民の会」、あるいは「島民の会」宛でも郵便物は届きます)
iwaishima@gmail.com


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ホームでばったり夫と出会う。

夫が出張から帰って来る前に、わたしは家に着いておきたい、と思って、8時過ぎに実家を出て広島に向かう。

新幹線は1時間ちょっとで広島駅に着く。広島駅の在来線ホームでバスの時刻表の検索などしていたら・・・

「美しい女性がいらっしゃるとおもったら、あなたではないですか?!」と新手のナンパを掛けてくるヤツがいる。朝っぱらから何を言ってるんだ?と顔を上げたら・・・

スーツケースを持って、バングラデシュのミスティー(甘いお菓子)の袋をぶら下げた夫が立っていた。

「僕が帰って来るの待ってたの?そんなわけないよねえ」
当たり前だそんなことするわけないだろ!あまりの偶然に二人で大笑いしてしまう。
久しぶりだね。

電車が来るのを待ちながら、また、電車の中で、彼の今回の出張の苦労話や面白い話しを聞かせてもらう。苦労は多かったが、お釣りが来るほどの収穫もあったらしい。
最寄りJRの駅からタクシーに乗って、タクシーの中でもずっと話しを聞かせてもらう。

おかげで今回の彼の冒険談のほとんどは聞かせてもらった。後は友達編などが残っているだけだ。

「で、小出先生はどうだったの?」
うん、良かったよ。と答えたら、「顔が赤いぞ」と冷やかす。

家に帰って、家中の窓を開けて、荷解きをして、昼食の準備。今日は経産省前でハンストしている若者たちを応援するためにわたしも断食をするつもりだったのだが、広島駅のホームで戻ってきたささやかな日常の前に抗議のハンストなどどこかに飛んで行ってしまった。

冷蔵庫の残っている野菜を使って、青泥を作る。夫も食べる。青泥は黙ってちょっと迷惑そうに食べるだけだが、その後に適当に作ったパスタは「ああ、こんな料理久しぶりだ」と喜んで食べていた。

バンコクから帰って来る便ではほとんど眠れないのだけれど、彼は食事を終えるとブツブツ言いながら、お土産のミスティーを詰め直して会社に出掛けて行った。

わたしは大阪で色々買い求めたDVDを見ながら糸紡ぎ。
森の映画社原発震災・ニューズリール

河田昌東さんのビデオがとても良くて、2度も見た。
汚染の中でどう生きていくのか?

わたしは広島に住んでいて、広島の三次で採れる野菜を食べて、三次のもう一つ山奥で、森の中で作られた原木栽培の干し椎茸はセシウム137が14ベクレル/kg。
そんな環境の野菜を食べて、生きている。

アブラナ科の野菜はセシウムを吸着しやすいが、青菜のメインはアブラナ科。

今回の事故が福島でなくて、島根原発だったら、わたしはどうしただろう?広島の汚染は今の首都圏の西部くらいだっただろうか?逃げただろうか?事故直後はきっと逃げただろうけれど、広島から移住を決意するかどうかは微妙だろう。そして、広島に住んでいたら、そのまま三次の野菜を食べただろう。だって、それがわたしが住んでいる土地の野菜なんだもん。


放射能汚染の現実を超えて放射能汚染の現実を超えて
(2011/05/19)
小出 裕章

商品詳細を見る


の中で、野菜の測定結果が載っている。と言っても、この本で扱われている汚染はチェルノブイリの時のことですが。

で、有機栽培の野菜の数値が高くなるのだ。

有機栽培は、方法は色々だけど、畑の中のものは外に出さない。そして、落ち葉などで作った堆肥を入れるから、セシウムが濃縮されていってしまう。
放射能のことを考えたら化学肥料で野菜を作った方が安全ということになる。

だけど、それで良いのか?何のために今まで有機だ、無農薬だ、循環だ、と一生懸命やってきたのか?

放射能が怖いから、と化学肥料で作った冷蔵庫の中でズルズルになるような野菜が食べたいか?
放射能の汚染っていうのは本当に残酷なものだ。有機野菜を危険野菜にしてしまうのだから。

わたしは、しばらくは粉末青汁などを使ってみるものの、ジタバタしながらも地元の野菜で青泥を作って食べるんだろうな。実際、一時止めていた青泥をまた食べている。

昨日の小出先生の講演のメインは、食品のR指定についてだった。

全てのものは汚染されている。これは福島事故に始まった話しじゃないけど、程度がひどくなっちゃった。
どうすればいいのか?

突き詰めて考えたら、「少食」という結論しか見えてこないが、小出先生は少食までは考えておられない。

小出先生より甲田先生のほうが1枚上をいっている。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫の鼻血と結論の出ない議論。

夫が今朝鼻血を出した。
幸いすぐに止まったようだが、「鼻にティッシュを詰めたままではお茶が飲めない」とティッシュの詰め方を色々工夫して楽しそうにしていた。丁寧に畳まれたティッシュが鼻の穴に入って、鼻が詰まったみたいな声で色々話す彼はとてもチャーミングだ。

夕方仕事から帰って来て・・・
「やっぱり放射能のせいかなあ?きれいな環境から汚れた環境に移ったら出るっていうからなぁ」
うーん、飛行機の隣の人の服についてるとか、新幹線とか・・・

何が原因かわからない。もちろん、放射能は関係ないかもしれないが、とにかく鼻血など結婚以来初めてなので、わたしも驚いたが、本人も驚いていた。

放射能ってのは本当に見えないし、匂いもない。手段をもっていないと、あるかないか、分からない。

大阪までわざわざ行って聞いてきた小出先生の講演会について、たねまきジャーナルで取り上げられた。



今井一さんプロデュースのこの度の講演会は、「ここにいらっしゃる方は小出さんの本も読まれてるし、講演などもよく聞いていらっしゃるので、いつもと違う感じで3部構成でやります。」と。

第一部、前編は、今井さんが撮ってきた女川の写真を小出先生が青春の思い出などと共にご説明くださった。
小出さん達学生は女川の長屋を借りて、そこを拠点とし、「のりひび」という名前のニューズレターをガリ版刷りで発行して、それを女川の漁師さんたちの家を一軒一軒訪ねて配り歩いたそうだ。
他にも援農ならぬ援漁をして、ほとんど役には立たなかったとおっしゃっていたけれど、漁師さんたちから可愛がってもらって、サンマやイワシを沢山もらって、それを仙台の下宿に持って帰って大家さんにあげたとか・・・

小出さんの青春グラフティーの一部をお聞かせ頂いた。

第1部後編は、小出先生のパワーポイントを使った説明。今回は第三部に向けて、放射能の人体への影響について。染色体やDNAの話しなどです。

で、福島原発からいったいどれだけの放射能が出てきたか。

IMG_2500.jpg

なんでこんなことが分かるのか?それはサッパリわからないけれど、2号機からやたらめったらたくさん出ている。
1号機や3号機なんか、2号機に比べたらちょっとだ。ちょっとといってもたいした量だけど。
2号機の建屋は壊れてないのに、こんなにダダ漏れしている。

そして、今も、今後も問題になるセシウムですが、半減期30年の137と、半減期2年の134で人体に対する毒性が違うらしい。

IMG_2502.jpg

バラまかれた量は134のほうが若干多いけれど、セシウム134の毒性は強いんだそうで、人体影響を考えたら、倍近い影響があるらしい。
今はまだ2年経ってないのだから、134もたーぷりアチコチに降り積もっているってわけだ。

そして話しは第2部の討論に入る。

「子どもにはきれいなものを食べさせて、大人には責任があるから、汚染食物を食べるべきだ」という小出先生と、「大人にだって、自分の親にだって汚染食物は食べさせたくない」という人の討論。

小出先生は、86年のチェルノブイリ事故の時にこのことを考えて結論を出しているし、議論も、多分喧嘩も散々やってきているから、どんな問いにも即答だ。

小出先生は線引きをすることにも消極的な感じだが、線引きをしなければ、食品のR指定だって出来ない。汚染された大地を耕して作物をつくる農家の人たちのことを考えたら、やっぱりある程度のところでの線引きは必要なんじゃないか、と思うけど、そこは巧みに避けられている感じがする。

討論を買って出た森氏は、10ベクレル以下のものしか流通させない、させたくない、とおしゃってるけれど、誰がどうやって測るかによってベクレルなんかすぐ変わるような気がする。

今中先生が測って下さったわたしの干し椎茸はセシウム137が14ベクレル検出された。
14ベクレルは多いと思うけど、これを、もし生協が使っている検査機関に出したら、7とか、4とかっていう数値だったかもしれない、と思う。

なぜなら、小出先生は、「放射能の測定はとても難しい」と常におっしゃっているし、「わたしが測ればどんなものからでも検出できます」と断言なさる。実際そうだろうと思う。

そして、農法と放射能の問題もある。
有機農法や、循環の農業など、いわゆる「安全安心」をめざして一生懸命やっている農業では放射能が濃縮してきてしまう。
わたしの干し椎茸ももし、菌床栽培だったら、きっと出なかっただろう。山の中の本当に自然な環境で作られた椎茸だから味も全然違うが、放射能も濃縮してしまう。(しかも、それは30年以上前の放射能だ)
有機農法で作った野菜は化学肥料で作られた野菜よりも数値が高くなる。

放射能を完全に避けるなら、福島の事故がなくても、有機農業の野菜など食べられないという理屈にならないか?
福島事故があって、野菜はハイドロポニカでビルの中で蛍光灯の光で育てたものこそが「安心」っていうことにならないか?

わたしはイヤだ。水耕栽培のレタスなどウンザリだ。野菜を食べたという気がしない、水耕のスカスカの野菜なぞ・・・

それならば、土の匂いのする野菜を食べたい。大地と微生物が作った野菜がいい。
そのためにはやはりある程度の線引きは必要になるだろう。
だけど、線引きのガイドとなる放射線の測定がこれまた同じものを測ってもイロイロってことになるのだろう。

対談の最後に三陸のワカメの話しが出た。
森氏は、「たんぽぽ舎」の測定では出なかったとおっしゃったが、小出先生は「わたしは計測しました」と軽く打ったジャブが、ズボっとテンプルに入ってしまった。

「計測しました」とおっしゃるなら、何がどれくらい出たのか教えて欲しかったけど、それには言及されませんでした。どなたか次の講演会の時にでも質問してみてください。

海藻については、「さすがにわたしも食べたくない。かなり躊躇します」とおっしゃっているので、深刻なのだろう。利尻や羅臼の昆布はどうなのだろうか?とても気になる。

三陸のワカメがダメなら、当然三陸の牡蠣やホタテもダメだろう。ああ~、「森は海の恋人」の畠山さんの牡蠣もダメなんだろうか?60過ぎは良くても、子どもは無理だろうなぁ。

こんなことも測定の手段を持たないわたしたちは断片的な情報から推測するしかない。

きっと小出先生は「すべてきちんと測定して公表しろ」とおっしゃりたいのだと思う。そんなことが可能かどうかもわからないけれど、今ベラルーシでやっているみたいに、小学校ごとに市民測定器があって、市民が自由に気になるものを測定できる、というような制度は是非作って欲しいと思う。

食品をどうするか?この議論はきっと結論なんか出ない。問題なのは、どれだけ汚染されているかの数値がわからないことだもの。

そのためには、小出先生の精度で測定できなくても、「このくらいの測定精度ならまあいいだろう」という「測り方ガイド」のようなものも必要なんじゃないか?と思う。

東電に測らせたいとおっしゃるけれど、東電が測ったらみんな「ND検出限界以下」になるんじゃなかろうか?それも心配だ。

小出先生は1次産業を守りたいとおっしゃるけれど、汚染された土地や海で農業や漁業をしたら、なによりその生産者が一番被曝してしまうのだから、これはある程度は線引きすることも仕方ないし、高齢で「わしや動かん」という人は別にして、代替え地を提供してゆかないとしょうがないんじゃないだろうか?

やっぱりちゃんと全部測って欲しいし、測れる体制を作るようにしないといけないんじゃないか?と思います。
で、食べるかどうかは本人次第で、自分で勉強しなさいよ、ってことになるのかなぁ?


新装版 人間と放射線―医療用X線から原発まで―新装版 人間と放射線―医療用X線から原発まで―
(2011/08/31)
ジョン W・ゴフマン

商品詳細を見る


うーん、これを買って読むのかぁ・・・・・

どこまでリスクを取るか、リスクが嫌なら食うな!ということだ。
麦を育ててジュースに絞って、生玄米を食べて、という食事ならリスクをかなり避けられる。
やっぱり結論は「少食」ってことになってしまう。

IMG_2498.jpg

先生、笑い過ぎです!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「風の会」の研究資料と飯山一郎さんの霞の食い方。

グタグタと結論の出ない話しをこねくり回しても仕方がない。
汚れてしまった地球はもうきれいにはならない。
放射能はその物理的半減期以外に減りようがない。

今日、こんな記事をみつけた。

みやぎ脱原発・風の会 研究資料 【短信:8.5講演会も大盛況、小出裕章さんが“もてる”理由?】

どなたが書いてらっしゃるのか、クレジットがないので分かりませんが、「風の会」の方なのでしょう。
この会は、小出さんが関わった女川原発反対運動のグループの末裔なのではないか、と思われます。
きちんとした知識を持った方がお書きになっているということが文面から良くわかります。

この文章、本文よりも長い追伸がついていて、多分こちらが本論。飯山一郎さんの乳酸菌とか光合成菌の放射能除去について批判されている。

お書きになっていることはモットモで、非常に理解しやすい。
わたしも乳酸菌と光合成菌は違うと思うし、放射線に当たったら菌だって電離されてしまって壊れちゃう。人とホヤを比べるのだから、この方はホヤで一杯やるのがお好きなのだなあ、などと思いながら、明快に飯山理論をぶった切るのは気持ちがいいくらいだ。

だけどなぁ、と思うのです。それじゃ、なんでスリーマイルの格納容器の中で藻が繁殖していたのか?あの人達は放射能で電離されなかったのか?なぜγ線で消毒されなくてオキシフルで消毒されちゃうのか?

世の中分からないことがたくさんあるのだから、悪徳商法でもなんでもない、お金の掛からない方法なんか別にほっておけばいいじゃないか、と思う。

科学で分かっていることは「分かっていること」だけで「分からないこと」だってたくさんあるんだもん。例えば断食で癌が治る、ってのも甲田光雄先生はたくさん臨床してデータをとって科学的に証明しようとしたけれど、科学や医学の世界では「キワモノ」扱いでしかなかった。国家資格を持った医師が臨床してきちんとデータをとったのに、「断食」という治療法が「カガクテキでない」からだ。

そんなもんダメだ、と言わないで測定してくれるとかさぁ~。
測定した上で「ダメですね」とか「なんだかよくわからないけど減ってます」とか返事して欲しいものです。

原子力で科学は完全に負けてるんだから、エセ科学だってトンデモ科学だってなんでも放射能が消えれば良い科学ではないか。毛沢東だか周恩来鄧小平だかが言ったでしょ、

「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕る猫は良い猫だ」

飯山さん、「生玄米少食法」を書かれていらっしゃる。
飯山一郎のLittle HP9月5日 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (4)

これはこれで難しそうです。

その玄米の食べ方を,私は彼女に教えた,というか「お願い」をした.
「生の玄米81粒を,1時間,舌下錠のように口に含んでいてください」
というと,彼女は,素直に,「はい」と言った.
じつに素直な娘だ.
あの『きのこのブログ』の暴言癖(へき)のお転婆娘とは,まるで別人だ.

「30分も経つと,生の玄米が口のなかでふやけていきます.」
 …生の玄米に付着していた乳酸菌や光合成細菌や酵母が,口のなかで
   どんどん増殖します.
 …口のなかは乳酸菌が増殖した唾液で一杯になります.
 …清澄な山の霧(霞=かすみ)を仙人が口中に溜め飲み込む感覚です.
 …その感覚が分かったら,唾液だけをゆっくり飲み込んでください.
 …そうして1時間後,ふやけた玄米を,ゆっくりゆっくり奥歯で噛んで下さい.
 …噛んで,噛んで,噛んで,噛んで,噛みしめて下さい.
 …すると唾液で口の中が一杯になりますから,唾液だけを飲み込みながら,
   噛んで,噛んで,噛んで,噛んで,2時間以上噛みしめて下さい.
 …やがて玄米は,口のなかでドロドロした醪(もろみ)になります.
 …この間に飲み込んだ唾液が180ccを超えた頃,満腹感が出てきます.
 …わずか81粒の玄米(と唾液で),人間は満腹するのです.
 …さらに,噛み砕かれた生玄米と唾液は,腸内で大変身をなしとげます.
 …どんな大変身か?
 …噛み砕かれたナマの玄米と唾液が,膨大な数の微生物に化けるのです!
 …これを腸内フローラと言います.
 …健康な人間の腸内には400種を越える,総数で約100兆個もの腸内細菌が
   バランスよく住みついています.これが腸内フローラ(お花畑)です.



1日に玄米81粒だけだったら、内部被曝の心配は呼吸する空気と水だけ気にしていればいいのだからシンプルだ。これこそ具体的な解決法だと思う。ただ多くの人はそんな食生活が実現可能だと頭から信じてないだけで・・・

少食という生き方も出来るのに、本気で試そうという人はなかなか病気にでもならない限り難しい。
しかし、どうして81粒なのかしら?108粒だったら「煩悩の数だけ」とかって分かりやすいのになぁ。

わたしは欲張りだからこれにウィートグラスジュースを1日2ショット付けたい。
でもこんな生活を始めるのは、もうちょっと事態が深刻になってからにしようと思う。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

大事(おおごと)になる料理。

今日は楽しい料理教室。

台風の影響か、相変わらずの雨模様だけど、今日はタミーちゃんご推奨「カオマンカイ、これは絶対食べるべき!!」の回。
カオマンカイって、タイの屋台料理。鳥を茹でたスープでご飯を炊いたものに「特製」のソースを添えて食べる、お昼ご飯の定番。

いつも最初にレシピの説明をするのですが、カオマンカイの説明が終わったところで、タミーちゃんが「あんまりわたしがイロイロ言ってはいけないのだけど・・・これ、かぼちゃをココナツミルクで煮たもの、大事(おおごと)するよ。ただのかぼちゃとおもったらいかんよ、ホントに!」と熱く語り出す。

「大事する」とは広島的表現で、おおごとの「と」にアクセントがある。
ちょっとニュアンスは違うが「大変なことになる」というような意味だ。あれれ、そんなに美味しかったっけ?簡単なアジアンデザートなんだけど・・・

というわけで、ホットなタミーちゃん(最近助手を頼んでいる)の熱い解説を聞きながら作った料理の数々。

IMG_2505.jpg

カオマンカイは、海南鶏飯とも言いますが、南方中国料理で、海南地方から東南アジアに移住して行った人たちがアジア各地に広めた料理で、タイでは「カオマンカイ」と呼びます。シンガポールでは「ハイナンチキンライス」とか、ただチキンライスと呼んだりします。
日本でチキンライスというと、ケチャップ味の焼き飯のことですが・・・

今日のお米はタイのジャスミンライス。美味しいよなぁ、ジャスミン米は・・・

IMG_2506.jpg

チキンライスに付き物の冬瓜のスープ。

ソース2種と、刻んだ生姜。
IMG_2508.jpg
ボールのままですんません。


そして、大事するというかぼちゃのココナツミルク煮

IMG_2507.jpg

黒糖で作ったので、ちょっとカレーみたいに見えるけど、お味は大変結構でした。
何がそんなに大事するのか?不思議だったのですが、どうやら、「かぼちゃがこんな美味しいスイーツになる?!」というのが良かったみたいです。

「ここの料理教室でグリーンがテーブルに並ばないのは珍しい」とおっしゃる方がおられましたが、今日のウエルカムドリンクは青泥だったから勘弁してちょーだいね。

一通り食べた後・・・
おかわりどうぞ!と鍋ごと出てきちゃいました。
IMG_2509.jpg

調子に乗ってたくさん食べて、「大事した」と口々に言いながら皆さんお帰りになりました。きっと食べ過ぎて後で大事するのでしょう。
屋台飯を家で作って食べるのは、とっても楽しいのです。

今日は雨の中遠いところありがとうございました。今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えて頂ければ、こんな嬉しいことはありません。

次回は10月1日です。
内容は、メンバーの顔ぶれによって、トルコ料理か、イスラエル料理の予定です。

あ!!バングラデシュのスイーツを食べてもらおうと思って・・・忘れておりました。しまった!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

別冊宝島「食品の放射能汚染完全対策マニュアル」

夕方観に行った映画の後、夕食を食べに紺ちゃんに行ったら、紺ちゃんが「あれからなんもない?ワシねえ、鼻血はでないけど、最近目がオカシイんよ」と言う。「紺ちゃん、早くオーストラリアに移住せな」「ほんまよ」と語り合う。

紺ちゃんは英語が得意だから、オーストラリアもいいだろう。わたしたちは英語はそれほど得意じゃないがベンガル語が得意だから、バングラデシュに移住だろうか?あんな人口密度の高いところに新規参入も厳しそうだ。しかも1年の半分はすごく暑いし湿気がすごい。
住むんだったらタイのほうがまだいいなぁ。

IMG_2510.jpg

うめしそ塩ラーメンチャーシュー抜き。
紺ちゃんのラーメンは「ラーメン」の枠からどんどんはみ出しつつある。もうすっかり紺ちゃんオリジナルの「ヌードルスープ」の世界だ。

紺ちゃんの奥さんが、「最近テレビで原発のことやるようになってるんですよ。それだけヤバいってことなんじゃないか、って話してるんですよぅ」とおっしゃる。うちにはテレビがないので、最近のテレビのことも昔のテレビのこともわからないのだけれど、夫の解説では・・・

「前は管政権が悪いといってたけれど、そう簡単に終結するもんじゃない。だから仕方なく言い出したんだ」と言ってた。

なんか8月の末からまたヨウ素が検出されてるって話しもあるし、夫の鼻血や紺ちゃんが目がしょぼしょぼ報告もあるので、どーなんでしょうか?やっぱりこれは来週の木下黄太さんの福山での講演に行かねばならないでしょうか・・・


夫が「奥さんにオマージュ」と本を持って帰って来た。


食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)
(2011/09/16)
不明

商品詳細を見る


週刊誌サイズ。編者は東京海洋大学名誉教授の水口憲哉さんと、ルポライターの明石昇二郎さん。

この本は、今食べ物をどうするか?放射能とこれからどうつきあっていけばいいのか、一般ピープルに、台所を預かる人に、大変簡潔で具体的な考え方や解決方法を教えてくれます。

特に、「一般家庭の献立と外食メニューを実際に測ってみました」のページはちょっと希望が持てるものです。一般家庭(かなり気を遣っている家庭のようですが)の1日の食事からはいずれもゼロベクレル!(1桁まで測るため3時間測定)。

子どもの食べるものに気を遣っているご家庭のお食事は大丈夫みたいです!!産地にこだわることは意味があるようです。

第一章の読み物だけ読んでも勉強になるけれど、その後の食品カードの安全指数、東京市場に入るものから算出されているので、特に首都圏の人にはとても分かりやすいと思います。

とにかく、産地を選ぶこと、これに尽きるようです。
広島は一応非汚染地域なんだけど・・・
広島の干し椎茸、古いセシウムが14ベクレル・・・え?いつまでもしつこいって?!

でもって、セシウムはカリウムと間違えて筋肉に貯めちゃうんだから、カリウムの多いもの(バナナなど)食べたらセシウムが除染されるんじゃないか?という仮説が書かれているが、わたしもそんなことを考えている。
同じ理屈でカルシウムの豊富なものを食べると骨に蓄積したストロンチウムが除染されるってことないかしら?

ローフードはカリウムもカルシウムも多く、吸収がいいのだから、生菜食は放射能対策にもなるんじゃなかろうか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

友達の農園と、夫、久々の休日。

お盆の渋滞のなか友達のところに預けていた子ども達(植木鉢)をやっと今頃取りに行く。タイからのお土産と、バングラデシュからのお土産を携えて。

土手には曼珠沙華が咲いている。すごい残暑なのに、もうそんな季節なのね。

IMG_2511.jpg

友達夫婦とタイから持ち帰った月餅やバングラデシュのスイーツをつまみながら彼女達が導入を決めた太陽光発電の話しなどを聞く。
蓄電池はセットになってないので、夜間電力は電力会社から買わなければいけないらしい。「中国電力と縁を切りたいのだけどできないようになっている」とぼやいていた。

トラック用などのバッテリーの中古を買ってきて繋げば良いんだとか、夫は勝手なことを言っていた。1時間ほど原発などの話しをして、お世話してもらって見違えるように元気になった植木鉢たちを連れて帰る。預けてあったトゥルシもちょっと元気になっていた。
「何でこの鉢だけ花の色が違うの?」と聞くので、「これはクリシュナなの。他のバジルは普通のタイバジルで、クリシュナの化身じゃないの。」と答える。

ちょうど昼時なので、わたち草で久しぶりにウドンを食べる。
ウドンが出て来るまでに新聞を読んでいた。

今日の中国新聞の一面・・・
IMG_2512.jpg

冗談みたいだ。3000万人避難が必要かもしれないような事故があったのに、原発は引き続き必要なんだそうな。まだ「安全」とか言ってるよ。

買い物をして家に戻って、買ってきた紫蘇の穂の醤油漬けを作る準備をする。

IMG_2514.jpg

わたしが紫蘇をしごいていたら、夫は庭の柿の木から柿の実を取ってきてしまった。
「台風で落ちちゃうからもうとっちゃったよ。

IMG_2515.jpg

まだずいぶん青いんだけど、まっいいか、と皮をむく。
もう干し柿を作る季節かぁ~。

夫は出張から戻って、仮眠もせずに仕事に行き、その後も休日出勤が続いて今日やっと休みになった。「休みは必要だよな、ほんと、ひどいよ」とぶちぶち。

あれ?でも2回も映画に行ったじゃないか?と思ったけど、それも仕事に行った後とかだったっけ。いつもどこでも仕事ばっかりしているから、いつが仕事でいつがオフなのか、さっぱりわからない。

夜はクラブに行こうと思ってたのだけど、NHKFMで山下達郎三昧をやっているので、動けなくなってしまった。

友達のところに遊びに行って、庭仕事をちょっとして、青泥を食べて、正しい休日を過ごしたのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

今更だけど、食べる辣油AGAIN

今日は楽しい料理教室。
今回、わたしの営業が功を奏して2名新しい方をお招きすることができました。お一人は有給を使ってお仕事休まれてきて下さり、またもうお一人の方は遠方はるばる高速道路を飛ばしてお越し下さいました。
ありがとうございます。

どこでどうやってこのブログを見つけて下さったのか?お一人は「活元運動」で検索してお越し下さったそうです。もうお一人は・・・あれ?色々話してて忘れちゃった。
とにかく、どちらの方もローフードとかグリーンスムージーで検索かけてお越し下さったわけではないのが面白いです。

色々と説明をしていて、いつもよりも時間が掛かってしまいました。モタモタするのは毎度のことですが。

さて、モタモタしながら作ったお料理。

先ず最初は、初秋の青泥

IMG_2516.jpg

「結構お腹にきますねぇ」、はい、青泥は栄養の爆弾みたいな食べ物なのですよ。
「みなさん、いつもこんなもの召し上がってるんですか?」 
もっとライトなグリーンスムージーを飲んでらっしゃる方もいるし、コアに青泥を食べてる方もいるし、色々です。

8万円のブレンダーにも盛り上がる。
「バカ高いのであまりお勧めしませんが、ハンドバッグを買うよりは良いです、毎日使いますし、うちの夫はこのブレンダーにしてからローをそれほど嫌がらなくなりました。」

食べる辣油(加熱)を作って、冬瓜で作ったローのヌードルの上にトマト&辣油&紫蘇をトッピングした「トマト麺」

IMG_2518.jpg

これは普通の麺を使って作ればローフードが好きじゃない人でも食べてくれます。
冬瓜の生って美味しいんですね、って、冬瓜はどうやっても美味しいんですよ。

そして、今日のデザートは・・・

ローチーズタルト&季節の無花果

IMG_2517.jpg

サイリウムハスクで固めたカシューで作ったチーズ、今日は上手に固まりました。

IMG_2520.jpg

S子ちゃんが上手にカットしてくれました。ありがとう~。

考えてみれば、ローフードのクラス、8月はお休みしたのでお久しぶりでした。ロースイーツもお久しぶり。今日はメインが冬瓜とトマトという軽い組み合わせだったので、ナッツィーなスイーツもそれほどヘビーな感じがしなくて良かったです。

さて、お楽しみ頂けたでしょうか?今日のお料理のどれかひとつでもレーパートリーに加えて頂けたらこれほど嬉しいことはありません。

みなさん、お天気の悪い中、遠いところお越し頂きありがとうございました。次回は10月18日になります。キムチなど醸しましょうか。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ローフード>ナチュハイ>甲田療法の関係

昨日の料理教室で、短い時間に色んな話しを説明したので混乱させてしまったかしら?

ローとナチュハイの違い、ナチュハイと甲田療法の生菜食の関係。
昨日の料理はナチュハイでももちろん甲田療法でもありません。青泥は甲田療法のものですが、甲田療法ではナッツで作ったチーズケーキや食べる辣油など食べないからです。
昨日のお料理はローフードになります。

では、ローフードとナチュハイはどう違うのか?

ローフードってのは、とにかく生で食べるというのが大雑把に言えばローフードです。だからビーガンとは限らず生肉や魚を食べる流派もあれば、果物ばっかりという流派もあるし、欲望のままにスイーツを食べる流派(?)もあります。
一方で、甲田療法より厳しそうな治療系ローフードの流派もあるのです。

ローフードといえども、甘いものやナッツばかりたべていたら痩せるはずが痩せられないってことになるし、間違った方法で果物ばかり食べていたら、健康になるはずが不健康になってしまう場合があります。
また朝ご飯を食べないってなことも考えないので、朝からパンケーキとか、シリアルにナッツミルクなどという美味しそうだけどとってもヘビーな朝ご飯を食べたりします。

ナチュラル・ハイジーンというのは、もっとエビデンスに基づいた食事法で、人間にとってタンパク質の量はどれくらいが適正か?ということをマウスの実験から計算したり、身体のサイクルから排泄の時間とか、食べる時間とかを考えて午前中は食べないか、食べても果物だけ、なんてことをします。
食べ合わせも考えるし、運動しろとか、洗腸しろとかいうのもナチュハイからきています。
ナチュハイの食事は生ばかりとは限らないけれど、70%くらいは生で食べるように、ってことになります。主食は生野菜たっぷりなのです。

ローフードも多くの流派はナチュラル・ハイジーン健康法を元にしているので、ヨガとかエネマがセットになっていたりするのですが、私の印象では、ローフードはちょいと享楽的に、キャッチーに都合良くアレンジされている感じがします。
なので、食べ合わせのことを言う一方で、食べ合わせに合わないメニューを提供したりってことを平気でやります。
病気治療でなければ、別にたいした問題じゃないのです。
たとえば、トンカツ食べて、晩ご飯は揚げ物や焼きそばで一杯飲んだ後、仕上げに夜中のラーメン!なんて食生活をしている人と比べたら食べ合わせが少々おかしかろうとどって事ないどころか、間違いなく健康になるでしょう。

ローフードは生、正確には47℃(一説には46℃)以下の温度で調理されたものであれば、なんでも良いので懐が深いのです。

さて、甲田療法の生菜食ですが、内容からローフードです。そして、さまざまな実験や検証から導き出された食事法で、ナチュラル・ハイジーンの1つの完成されたメソッドです。大変洗練されていて、体操や療法、寝床や枕とセットになっていて、これさえ知っていれば癌になっても怖くない!!という優れたパッケージです。

また、超少食。青汁一杯とか、生玄米を掌に少々だけの生活を目指す人にとっても大変に優れた方法になっていて、たくさんの成功例があります。

著作やCD、ビデオも多く、甲田先生はもうお亡くなりになってしまったけれどもサポートを受けたり、モティベーションをキープするためのアイテムが豊富に揃っているのも特徴で、日本に生まれたことを感謝したいくらいです。

とまあ、簡単に書いてしまうとこんな感じの関係になっておりまして、昨日の料理教室は懐の深いローフードのお料理で、これを食べたら少食になるとか、ガンが治るなんてことはありません。

一気に仙人を目指す人は迷わず甲田療法の生菜食Bから始められたら良いと思いますが、仙人になどなる気のない、普通の生活もしたい方は、日常のお食事の中にちょっとづつナチュハイの技術を取り入れて、悪い習慣を少しずつでもより良い習慣にシフトしていくことが無理なく、長期的にはより健康へと繋がるのではないか、と思うのです。

最近クラブに行っていて思うのですが、スレンダーな体型をキープしている中年女性も少なからずいらっしゃるけれど、お肌は・・・ローフードやナチュハイを知らない方は全然違うなぁ~、とロッカールームで思ったのでありました。

ローフードがもたらしてくれるお肌の輝きってのは、内面、つまり腸壁の輝きでもあるんですよ。

台風が去って気温が下がったので、温かい柿茶が美味しい。
IMG_2521.jpg

お茶を飲みながらキコキコ糸紡ぎ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ローフード>ナチュハイ>甲田療法の関係 ガイドブック編

昨日の続きです。

昨日の記事ローフード>ナチュハイ>甲田療法の関係では、非常にザックリと乱暴に解説したので、「それはちょっと違うやろぅ」とツッコミを入れたい人がたくさんおられたと思います。ごもっともなことです。

だいたいのところをザックリ理解したところで、もうちょっと踏み込みたい方にどんな本を読んだら良いか、ぺんぎんさん的お勧めガイドを書いてみます。

まず、ローフードについて。
最近は本やDVDなど日本語で読めるものが豊富になりハードルが低くなりました。レシピ本は写真もきれいなので、実際のローフードはレシピ本を見れば良いと思いますが、ローフードとはなんぞや?ということを知りたければ、もう絶版になっているけれど、やっぱり一番最初に日本語で出たローフードの本がお勧め。


はじめてみようローフード生活はじめてみようローフード生活
(2005/06/25)
斉木 豊、関戸 美穂子 他

商品詳細を見る


アン・ウィグモア式ロー・リビングフードがしっかりと解説されています。ただし、この本を読んで「さあ、今日から始めよう」というにはちと使いにくいです。

ナチュラル・ハイジーンについては、やっぱりこれかな?基本文献ですね。

フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!
(2006/04/08)
ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド 他

商品詳細を見る


分厚いけど、半分レシピになっていて、「騙されたと思って2週間やってみよう」という気になるかも。

あと、女性にモティベーションが上がる本は・・・やっぱりこの本。

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!
(2007/10/20)
松田 麻美子

商品詳細を見る


そして、甲田光雄先生の本は・・・沢山あるので最初にどれを読んだら良いか、難しいのですが・・・
手っ取り早くナニをどうするのか知りたい人にはコレ!

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)
(2008/04/15)
甲田 光雄

商品詳細を見る


読み物としてはこれは感動的。あれれ?もう絶版なの?!

断食療法50年で見えてきたもの―人類は愛と慈悲の少食へと進化する断食療法50年で見えてきたもの―人類は愛と慈悲の少食へと進化する
(2003/06)
甲田 光雄

商品詳細を見る


生菜食ならやっぱりこれ

生菜食健康法生菜食健康法
(2006/06)
甲田 光雄

商品詳細を見る


後半の体験談がいつも楽しい甲田先生のご著書です。

甲田先生の本でわたしが一番好きなのはコレ。

白砂糖の害は恐ろしい―これを防ぐために (1972年)白砂糖の害は恐ろしい―これを防ぐために (1972年)
(1972)
甲田 光雄

商品詳細を見る


出版社に直接電話したりメールしたら送ってくれます。
この本についてはブログで何度も書いていますが、
まあ、この古いエントリーでもお読み下さい。
白砂糖の害は恐ろしい
他にも色々あるので、このページをクリックしたらこの本関連の記事がズラズラ(三河弁じゃないよ)出てきます。→「白砂糖の害」

この本、タイトルは「白砂糖」となっているけれど、本を読めば白砂糖ではなくて黒砂糖や蜂蜜や果物だったらいいのかどうか?・・・あんまり良くないorz・・・
ってことが分かってしまう残念な本でもあります。だけど、「果物だったら良いんだ」とか、「GI値が低い甘味料ならいいんだ」と思って過ごしてしまい健康を害してから「ああ、シマッタ」ってことにならずに済みます。

病気になってしまったものを元気に戻すのは本当に大変。甲田先生の本に出てくる体験談を読むと本当にそう思うのです。せっかく今は一応健康なのだから、調子に乗ってからだをいじめずにほどほどのところで養生しつつ、それなりだけどず~っと健康ってのが良いじゃないですか!!

うーん、こうやって書いたら、やっぱり甲田先生の本の紹介に力が入ってしまうのでした。

ご紹介した本はお近くの図書館にあるかもしれないので、検索してみて下さい。
広島市の図書館にはありますよ~。

更年期も知りません、化粧水もいりません、ファンデーションなんかつかいません、シミシワ、なにそれ?な中年ライフもこれらの智慧があれば可能なのです。
うーん、安上がり!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「小さな哲学者」

三連休の第1日目。
図書館にまんがを借りに行って、産直市で買い物。まんが「極道めし」に載っていたマカロニサラダが食べたくなって、マカロニサラダとかぼちゃのポタージュとパンという簡単な食事を済ませ、ちょっと横になったら過剰に昼寝してしまった。
畳の上で枕を並べて、ちょっと肌寒いからと、1枚の毛布に二人でくるまって昼寝するのも楽しい。1人で伸び伸び寝るのはもっと楽しい。

その後映画に行った。
「ちいさな哲学者たち」
パリ郊外の幼稚園で園児相手に哲学の授業をするというドキュメンタリー。子どもの哲学・・・メッチャ興味がある。
教育特区みたいなところでどうやら世界で初めての試みらしい。
教育特区というのは、出来のいい子が集まっている上品な地区ではなく、移民の多い教育にも問題のある地区をどうにかしよう、というところだ。

一番最初、「頭の中に何があるの?」から始まる。
答えは「脳」 よく知ってるね!
頭の中でなにをやってるか?
考えている。
その考えはどこから出てくるか?
口から出てくる!!

頭の中のことは言葉になって初めて姿をあらわし、人に伝えることができる。

この「哲学の時間」、一本のろうそくに火を点して、それぞれの頭の中にあることを「お題」を通じて言葉にしていく。
お題はまさに哲学的な命題だ。「愛とはなにか?」「死とは?」「自由とはどういうことか?」

小さな子ども達は本当に自分で考えたことを言葉にしてゆく。愛と友情の違い、恋人と友達の違いをどれだけ言葉にして説明できるだろうか?それを幼稚園児が自分の言葉で語る。

自由については「自分1人で行きたいところに行くことができること」と答える子がいたが、これってまさに自由の核心をついているのではないだろうか?

子ども達は肌の色も違う、アジア系、アラブ系、西アフリカ系、混血と多様。互いの違いを認め、話しを聞いて、理解する、理解などできなくても違いをそのまま違うものとして受け入れる。

小さな女の子が自分の父親の身体的障害について語るシーンがある。彼女は「パパには出来ないこともあるけれど、わたしと同じように何でも出来る」と言う。すると友達が「さっき出来ないっていったじゃないか?」と突っ込むのだけれど、彼女は「出来ないけど何でも出来るんだ」と再び答える。これは本当なんだと思う。彼女のお父さんは障害があるので、一般的な意味で出来ないことがあるのだろうけれど、娘の彼女にとって、そんなことは問題にならない、っていうことなんだろう。

こんなことを言う子もいた。愛についての話しだった。「今のままのパパが好きでパパもそのままの私が好き」ってな感じのこと。4歳か5歳くらいの子どもが親との関係でこんな風に語れることに驚いた。わたしが4歳か5歳の時、もし誰かが親との愛について私に尋ねたとして、わたしは何と答えただろうか?愛なんてことは理解できなかったかもしれない。いまでも良くわかっていないかもしれない。

子どもの可能性は無限だ、と思った映画だった。
自分の頭の中にあることや心の中にあることを言葉にする訓練。こんな訓練を小さい時にやっていたら、きっと人生は違ったものになるだろう。

感動したまま紺ちゃんにラーメンを食べに行く。
店についたら、紺ちゃんが「今日行ったん?」と聞くので、「木下黄太さん?今日は福山だっけ?」と言うと「そうそう、明日わたし行くんよ、行かないの?」と奥さん。

そうか・・・明日だったなぁ。行っても楽しい話しが聞けるわけじゃないよね、すぐにでも荷物まとめて逃げ出したくなる話しだよね、などと言いながら迷う。朝10時半。駐車場はない。でも、紺ちゃんの友達が主宰だそうだし、糸紡ぎ以外に別に用事があるわけでなし・・・紺ちゃん夫人も行くのだから、つられて行くことにする。

IMG_2523.jpg

トマトバジルラーメン、チャーシュー抜き。

大変美味しゅうございました。
さ、明日は早起きだ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

たぶん今一番怖い話し。

早起きをして尾道まで行ってきた。

IMG_2524.jpg
すんごい青空!

広島に来て19年になるけれど、尾道は初めて。尾道のお好み焼きは広島のそれとは違うらしいとは聞いていたが、いつの間にかNHKの朝ドラになってメジャーになっているらしい。おばあちゃんが尾道にいる、という友達は「お好み焼きには餅を入れる」と主張していた。広島の人は「イカ天が最高」と言う。
わたしはまだ尾道のお好み焼きを食べたことがないので、尾道のお好みと広島のお好みがどう違うのか知らない。

あ、今日はお好み焼きを食べに尾道まで行ったわけじゃない。
木下黄太さんの講演会にやってきました。

IMG_2525.jpg
いちおうお顔を隠して・・・議長の札がナイスな公会堂。こんな可愛らしいところで情熱的にお話しされる木下さん。

原発情報などを追っている人にはお馴染みのブログだと思います。
3月4月の頃は、後藤政志さんの格納容器の説明などを聞いて背筋をゾクゾクさせ、小出裕章先生のお話しを聞いて胃の中のものを戻しそうになっていたのに、今ではすっかり慣れてしまい、小出先生のお話しも後藤さんのお話しも冷静に聞けるだけの免疫を身につけてしまったわたしですが、木下さんの話しにはいつまで経っても免疫が出来ないのは、現在進行形の話しがジャンジャン出てくるからかもしれません。
いや、半年経った今、恐れていた色々な事柄が姿を現し始めたというのが正確なのかもしれません。

お話しを聞いて色々メモを取ってきたけれど、正直今日聞いた話しをブログに書くことに躊躇しています。
木下さんは「首都圏から出よ、とハッキリ言ってるのはオレと野呂美香さんだけだ」
とおっしゃっている。

今日聞いてきた話しでプラクティカルにすぐに役立つことを書きましょう。
食品の汚染をどれだけ許容するか、というお話しです。

お前が人間のままでいたければ
大人でも50ベクレル/kg
子どもはその半分。


理由は、コレを越えると中枢神経にくるからだそうな。

西日本はまだ汚染されてない。だから、福島、北関東からはモノを持ち込むな。とくに車と瓦礫。
モノは持ち込まずに新住民をうけいれよう。

わたしもそう思う。福島の人を避難させないのはおかしい。
木下さんは「尾道には文化がある」とおっしゃって断然お勧め移住先にあげてらっしゃる。
確かに尾道には文化があるかもしれないけれど、広島だって空き家もたくさんあるし、地物野菜も瀬戸内の魚も豊富。尾道ほど文化はないかもしれないけれど、とりあえず仕事は・・・ある。
尾道のような「文化」はないけれど、サロンシネマがある。横川シネマもあるし。

実際、この講演会で関東から移住(避難?)してこられた方数人とお話しした。どの方も広島に友達がいたり、ご実家だったり、とやはりご縁のある方だった。一組の方はバックパッカーでラオスで知り合ってご結婚なさったらしい。

バックパッカーならホイホイと逃げ出すはずだ。だって、3日分の荷物があれば、一週間だろうが、一ヶ月だろうがなんとか暮らせるってことを知ってるもん。

ラオスで知り合って埼玉で有機農業をしているご夫婦のことをふと思い出す。どうしていらっしゃるだろうか?
具体的になんのお手伝いも出来ないけれど、気持ちはとっても応援しているよ。お一人の方は千葉で有機農業をしてらした方。是非広島でまた農業を始めて欲しいと願わずにいられない。

木下さんのお話しは「どうしたらいいのか?何を食べて何を食べてはいけないのか」とオロオロしている人には耳障りは非常に悪いけれど、現実的です。

木下さんの講演、来月は熊本、福岡でもあるようですので、ブログで情報をチェックして、電車賃片道5000円くらいの距離で開催されるときは逃さずに是非ご出席なさること、強くお勧めいたします。

講演が終わって、紺ちゃん夫人と一緒にうどん屋さん。
IMG_2526.jpg
往復の電車の中で延々おしゃべりした紺ちゃん夫人のお話しは、木下さんのお話しよりもインパクトや感動がありました。
紺ちゃん夫人、お誘いくださってありがとう。おかげで恐ろしくも楽しい1日でした。

そして、主宰者のみなさん、貴重な機会をありがとうございました。

明日は上関町町長選挙の投票日です。どんな結果になるのか、大変気になります。
明日もうちょっと反芻して続編を書く予定です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

たぶん今一番怖い話し。2

昨日、尾道まで行って聞いてきた木下黄太さんの講演会、「もっと怖い話しをしろ」とのリクエストに答えて・・・
うーん、ホントに怖いんですが・・・知りたいの?  しょうがないなぁ。

木下さんは精力的に各地で講演会などをなさっておりますが、その模様の中継などはほとんどありません。また、講演会に出てみて知ったことですが、録音のネットへの公開もはっきりと拒否なさっておられます。ファイルを人に渡すのも禁止です。(だから昨日のお顔にもぼかしを入れましたが、顔出しは問題なかったかも)

でもどこにでも出掛けられて、講演会をしてくださいます。
わたしもお話しをお聞きして思いましたが、これは直接聞かないと問題もあるだろうと感じました。講演会という場でも、直接お話しを聴くのは、木下さんと聞き手の間である種の信頼関係のようなものが出来た上でのお話しだからだと思います。

さて、その講演会ですが、どんな内容だったか、気になる方も多いと思います。

基本的には、木下さんがブログやツイッターで書いてらっしゃることとまったく同じです。ただ、講演会ではその話しの背景、場所などもお話し下さるので、ブログ記事の内容が映像付きになる、という感じです。
ちなみに、レジュメやパワーポイントのスライドなどはありません。ずっとしゃべりっぱなし。

ほとんどメモんも見ずに色んな数値をあげて説明してくださるそのエネルギーには圧倒されるものがありました。

この先は木下さんのブログをお読みになった上で読みたい人だけ読んで下さいね。
放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」

今日は昨日の講演の中から主に首都圏問題と日本の将来についてまとめます。

首都圏土壌調査のことはみなさんもご存知だと思います。

この大プロジェクトから導き出されたものは・・・
東京はキエフと同じ。

チェルノブイリ事故の時、西ヨーロッパの国々のセシウム汚染状況と比べます。
フランスの平均は30ベクレル/kg
西ドイツ    90ベクレル/kg
イタリア   100ベクレル/kg

フランスで健康被害は出ていない。
西ドイツでは徹底的に防御をし、その防御を守った人には健康被害が出ていない。
イタリアではハッキリと健康被害が出た。

そして、キエフと同じレベルだという東京は・・・

460ベクレル/kg
(ちなみに、前年は1.5ベクレル/kg)
これが木下さんが「首都圏から出よ」という理由だそうです。

さて、それで気になる内部被曝ですが、ドイツに行けばタダでホールボディーカウンターを受けることができるそうです。20ベクレル/kgから検出可能なけっこうキッチリした検査をしてくれるそうです。ただ交通費が掛かります。英語はOK。
ちなみに、放射線影響研究所の検査では300ベクレル/kg以下は測らないそうです。

内部被曝については分からないことが多いのだけど、免疫系が効かなくなってくる。特に、子どもと老人。まだ子どものほうが耐性があるが老人は本当に弱いそうです。ただ「もう歳だったからなあ」で済んでしまうらしい。
ウィルス性髄膜炎のお話しなどはこれの影響だ、ということです。

そして、昨日も書いたけれど、被曝をすると神経系統に障害が出るそうで、これも恐ろしい話しです。水俣のことを思い出しました。

さて、わたしは震災の後大阪から戻って黄色い鼻汁が出ました。夫は今月中頃東南アジアや南西アジアから戻ってきて一晩寝た翌日タラーっと鼻血を出しました。
放射能のせいか?!と心配になりますが、こんな場合どう判断すればいいのでしょうか?

鼻血などひとつの症状から判断するのはちょっと性急で、他にも、例えば疲れやすい、筋肉がダルい、咳が出る、など様々な症状が出るようになってから被曝を疑った方がいい、とおっしゃってました。
結構慎重です。

こんな講演会が東京であります。
11/12(土)レクチャー&トーク 矢ヶ崎克馬先生・五十嵐敬喜先生・木下黄太氏
お近くの人は是非行って下さい~。

さて、首都圏はやっぱりマズいとして・・・どこまでマズいのか?

今のところ関西も含めて西日本では土壌から出ていないそうです。
木下さんの感覚では、愛知東部がボーダーではないか?と。
うーん、ホントに日本半分が危険ってことなんですね。なんてことでしょう。

日本はどうなってしまうのでしょう?
今世界経済は大変なことになってます。わたしも含めて原発問題ですったもんだしている人たちは今のリーマンショック2みたいな状況までフォローしきれていないのではないかと思いますが、そんなお話しもして下さいました。

ファンド関係の仕事をなさっている米国人のお話しとして。
現在は円高で日本を持たせている。多分このまま3年は持つだろうだけどその先が見えてこない。
日本の終焉が見えない。

日本の終焉ねぇ・・・わたしも見えません。
とりあえず、3年はこのままの世界がそれなりに続くようです。もっと早くなるかもしれませんけど。

やっぱり田舎に引っ込んで、畑で芋を作って、少食を身につけて、嵐が去るのを待つのが一番良いのかもしれないなあと思いました。

必要なものは、愛する人と、そこそこ健康な身体と、友達と、良い音楽と良い本少々。
後は雨露がしのげて、凍えない程度に暖まれれば良いのかも知れません。
結局東海アマさんや玉蔵さんやニニギさんが言ってることになるのかしら?
その先はナウシカとかコナンとかアキラの世界がやって来るのかしら?都市が残ったとしてもかなり殺伐とした世界になりそうです。

いつでもロケットストーブが作れるように一斗缶をもらっておきました。

色々心配して考えてみたところで、日本中原発だらけ。
玄海や川内、伊方がシューっとなったら、または、若狭湾のもんじゅがまた何事か起こったりしたら・・・

パスポートは取っておいてください。
海外なんか行けないっていう人が多いけど、身の軽さもサバイバル技術だから、とりあえず韓国や台湾にでも行って練習しておいてください。海外に行ったからってグルメ、観光、買い物などしなくても、ただボーっと本を読んで、散歩して毎日過ごしても良いんです。こんな時こそ哲学するのが良い!
海外移住となるとvisa問題とか色々難しいけど、観光ビザで一ヶ月くらい滞在出来るところはすくなくありません。

というわけで、首都圏状況と日本の未来についてのお話しを中心にまとめてみました。
木下黄太さんの講演予定は木下さんのブログで告知されます。チェックしてみてください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「子羊を食べる会」

暑かったり寒かったりしたせいか、太陽の黒点のせいか、はたまた、放射能にやられているのか、理由はよくわからないけれど、昨日はとっとと寝てしまってブログの更新を怠けてしまいました。
目が腐るんじゃなかろうか?よくこれだけ寝れるなぁ~と自分で感心するほどがんばって、ほとんど意地になって寝たので、今日は元気に糸紡ぎに精を出しました。

日曜日、夫と一緒にアラメゾンのスペシャルメニュー、「子羊の会」に行ってきた。
羊はわたしの商売道具。日頃は毛のほうばかりお世話になっているけれど、食べる方だってバッチリだ。

この会で供される羊は、北広島の牧場で育てられたもので、サフォークという品種であることも分かっている。
suffolk.jpg
http://www.goodslee.com/column050807.htmlより借用。

黒い顔したヤツだ。毛のほうはバルキーでフェルト化しにくい。織物というより編み物向きの毛で、フェルト化しにくいことから、布団綿などに使われる。わたしは自分で買って使わない品種だ。

なんでサフォークなんか飼うのかなぁ?ドーゼットなんか肉用にも毛用にもいいし、丈夫だし、可愛いのに。

sheep218.jpg
http://www.woolmark.jp/knowledge/knowledge023.html#04から借用

ま、利き酒ならぬ利き羊が出来るほど羊の味がわかるわけじゃなし、サフォークでもコリデールでもなんでもいいや。

シェフの「ガッツリいきます」というお言葉の通り、ほんとにガッツリでした。

最初、写真も撮らずに食べてしまった・・・ジャガイモとジロールキノコのクロケット。
「あと10っこ追加~」というほど美味しかった。
なんでアミューズってのは美味しいののちょっとしか出てこないのか?意地悪である。

IMG_2529.jpg

子羊のパテ・ド・カンパーニュ。
サラダが別盛りになっていて、わたしのために生野菜たっぷり仕様にしてくれている。
レタスなど最近食べてないので、パリパリとても美味しかった。今行き着けの産直市ではホウレン草と広島菜と小松菜くらいしか売ってない。
レバーがなかったそうで、チキンのレバーを使ったそうな。そのせいか、とてもあっさりしたパテだった。ワインを飲んでいた夫は、パテだけ食べていたらあまり羊の香りがしないけど、ワインを飲むと羊の香りがしてウマい!と喜んでいる。

IMG_2528.jpg

栗の渋皮煮入りカンパーニュ。
なんて手間をかけるのか?「あんた、アホちゃう?パンにこんなもん入れて」と言いそうになる。
パンと栗は別々に食べてしまう。パンも好きだが栗はもっと好きな夫はメチャクチャ喜んでいるが、パン係のメガネさんも言う通り、お食事用には如何なものか・・・つーか、パンに渋皮煮なんか入れますか?
で、どうだったか?って・・・
美味しかったよ。真似して作ろうとは思わないけれど。

で、メインだす。
IMG_2530.jpg

うわ~、この大皿で1人前@@
茹でハム、広島のラムチョップ、オーストラリアのラムチョップ。
子羊対決ですな。お肉焼くの、上手だなあ、きれいなロゼに上がっている。
茹でハムは、コブミカンの葉が効いていて、唐辛子を振りかけて食べたいようなお味。
ラムラック対決では・・・役者が違う。広島さんチームのほうがだーんぜん美味しい。
ラムと一緒にブルーベリーのソースが美味しい。気分を変えてトマトソースで食べるのもいい。

そして・・・
「スネをコンフィにしました。お味見してみてください」

IMG_2531.jpg

うぁ~。こんなに肉ばっかり食べられるのか・・・ギャートルズの骨つき肉みたいだ。
子羊のスネのコンフィなんて、一本しかないものをわたしたちで食べてしまっていいのだろうか?などと思いながら、夫とムシャムシャ食べてしまった。

コンフィっていう料理は70℃くらいのラードの中でゆっくり煮込んだものをフライパンで焼き目を付けて食べる保存食。油で煮てあるので肉汁が逃げずにしっとり仕上がるのよ。

シェフは「いつも煮込みだと面白くないから、コンフィにしてみました」とおっしゃっていた。

日頃、菜っ葉やカボチャしか食べさせてもらえない夫はガッツリと大好きな羊を食べてかなり満足。
わたしは最近菜っ葉ばっかり食べて軟弱になってしまって、ちょっとヘビーでございましたが、がんばって食べました。

夫もさすがに重かったらしく、チーズはパス。根性のないことで、フランス料理を食べる技能の足りなさに大いに反省。

とっととデザートに行く。

IMG_2532.jpg

わーい、無花果のパフェ。
2種類の無花果と無花果&赤ワインのアイスクリーム。
わーい、わーい、と食べていたら、オヤブンが登場してビックリ!!

わたしは夫の留守に教室の生徒さんたちとオヤブンのお店にお邪魔してお料理を頂いてきたけれど、夫はオヤブンは久しぶり。しばし、ご挨拶をして、おしゃべりする。

うーん、こうやって写真を見ていたら、やっぱり来た広島産のラムのグリルはとっても美味しかったなぁ、コンフィもまたあばらのところと味が違って、良かったなぁ~、茹でハムも良くで来ていたなぁ~、と思い返したのですが、同時にそんなにたくさん肉を食べるのは大変なことだなあ、とも思ったのでした。

昔の私だったら、こんなにたくさんお肉を食べるとしばらくはお通じに苦労したものだったように思いますが、今ではそんな苦労もなく、何事も滞らなかったのでありました。
この変化にはもうビックリ。えっへん!!

翌日の昼は青泥と人参&山芋というプチ生菜食をしたのですが、ガッツリ寝てしまったのでありました。
やっぱりお肉をたくさん食べるには根性が必要です。

肉をたくさん食べたら、青汁をたくさん飲めば良いと甲田先生はおっしゃってるが、たくさんって、一升とかそんな量だ。無理だよ。腸内細菌はまたボチボチ回復させます。

いつも素晴らしいお料理、素晴らしいサービス、ありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

えごまの味噌漬け

菜っ葉がなくなってきたので買い物に出掛けた。

夫が仕事に行く前に「今日は買い物に行く」と言うと、「あ、ずる~い。いいなぁ~」とわたしを非難する。どうして彼は買い物に行くのが好きなんだろう?買い物かごを下げて後ろをついで歩くだけなのに。

今日は夫がいないので、1人伸び伸び買い物だ。最初図書館に寄って、まんがを返して、車屋さんに行って修理代を支払って、産直市。

ブドウやリンゴやナシはたくさん売っている。冬瓜とカボチャと素麺カボチャもたくさん売っているが、菜っ葉はたいしたものがない。ちまたではレタスがすごい値段になっているらしいが、端境期といえ野菜なさ過ぎだ。

それでも今日は空心菜、広島菜、チンゲンサイを買った。ホウレン草は高かった(といっても200円もしないが)ので手が出なかった。
エゴマの葉がたくさん売ってたので、味噌漬けを作ろうと買った。ついでに栗も。

エゴマの葉は紫蘇みたいだけれど紫蘇とは違う。もっと固くて、何よりも色が独特。

IMG_2533.jpg

生姜とニンニクをケンポくんでグニグニし、そうだ、リンゴも入れよう。炒りごまも入れよう。味噌は合わせにして・・・

IMG_2534.jpg

容器の底に味噌を塗って、エゴマの葉を10枚束にして、また味噌を塗って、とエゴマと味噌をレイヤーにする。

上手に出来たら何年も持つが、上手にできないとカビてしまう。
失敗したら味噌がもったいないから、冷蔵庫に入れて過保護に作ろう。

このエゴマの味噌漬けを炊きたてご飯をくるんで食べると・・・

ああ、また食べ過ぎてしまいます。

味噌といえば、天地返ししてない。玄関の戸棚に置いてあるので、玄関に味噌の匂いがする。きっと放射能は驚いて逃げ出すだろう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お茶を飲みながらレシピ書き。

明後日の料理教室のメニューが珍しく早く決まる。
ビーガンのトルコ料理。試作をして夫と食べてみたがなかなか美味しい。ま、トルコ料理なのだから美味しいに決まっているけどさ。(ローじゃないです)

ヨーグルトも順調に発酵中。
IMG_2535.jpg
発芽玄米ヨーグルトを使おうという魂胆。

どんな料理になるか、お楽しみに。カロリーは高いですぞ!


気温が下がってきたので、喫茶の習慣が戻ってきた。

IMG_2536.jpg

レシピを書きながら台湾の高山茶。
この茶壷は弟が中国で買ってくれたもの。
自分で買ったものも色々あるけど、この茶壷が一番好き。
茶葉が古くなってきて味が落ちているがそれもまた味わいのうちです。

明日は買い物に行って、レシピを仕上げて・・・

車のクーラントが漏れるので、夕方ワークショップに入院させにゆかなければいけない。
わたしの車は「もんじゅ」か?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「ハッスイ米袋」のレビューと、お米備蓄効果。

いつぞや告白したわたしの怪しいお買い物。
「ハッスイ米袋」

さて、あの袋を買って、岡山の友達のところに籾摺りしたての「ピカピカの新米@玄米」を買いに行ったのは去年の11月の末。40キロの新米をこの「ハッスイ米袋」に詰めて2階の階段の上の廊下というか、使い道のないスペースにスノコを敷いて積んでおいた。

その後311があって、「宮城県応援」とかいう企画で10年度産を30キロ。5月くらいに09年度産の減農薬栽培のお米をまた30キロと、この袋があるおかげでお米の大人買いをしておりました。

去年のうちにお米の保存袋に目をつけたのは、震災の予感など皆無で、友達のところのお米は梅雨が過ぎたら虫が入って具合わるいので、こんな袋があるなら「ダメモト」で試してみよう、と思ってとりあえず40キロ買ったのです。

というわけで、お米を備蓄すれば、家にはいつもお米が沢山ある状態となります。毎度5キロずつ購入していた時と決定的に違うのは、「いつでもお米がある~」。当たり前ですが、この変化はすごいんです。

わたしは米びつ代わりにペットボトルを愛用しています。ペットボトル2,3本にお米を詰めておくとだいたい5キロ強の当座のお米になります。そのペットボトルが空になってきたら、二階に上がって袋からお米を詰め替えればいいので、「電話しなくちゃ」とか、「配達はいつにしてもらおう」とか、「あ!お米ないやん!!」ってな面倒がありません。

なんだか良くわからないけれど、こんな豊かな気持ちは初めてです。

んでもって、09年産のお米なども買ってしまったので、食べるのは古い米からということで、今はその09年産のお米を食べてますが、なぜかこれが大変美味しい。
今お米の保存技術はとても進んでいて、西日本が世界に誇るグリーンコープの産直米は保存も万全なのでしょう、だれもこれが古い米だとはわからないくらいおいしい玄米なんです。

発芽させても遜色ないし、しっかり発酵してヨーグルトになるし、ほんとに何の問題もありません。

ちなみに、ハッスイ米袋のお約束は、新米を入れることで、冷蔵保存米の詰め替えは不適切なのですが、わたしのところでは何の問題も起きてません。

今まで夏の間陽性の強いお米はあまり食べず、陰性の麦が主食になって、素麺やパスタをよく食べていたのですが、今年は素麺を買わなかったので1度も食べてない。稲庭うどんも数えるほどしか食べてない。
こんなにご飯をよく食べた夏はないんじゃないか?と思うぐらいご飯を食べてました。たぶん、それほど夏場の(梅雨を越した)お米の味が落ちなかったということだと思います。

梅雨が過ぎ、暑い夏が終わって、二階で静かに休んでいたお米さんたちはどうしているだろうか?去年買った新米の袋を開けてみた。

お米の中に手を突っ込んでサラサラとお米を落としてみる。

固まってない。カビもない。お米の良い香り。

ちょっとビックリし、とっても安心しました。
さすがにこんなにたくさんお米を買って、全部ダメにしたらやっぱり凹むもん。

自宅で穀物用冷蔵庫無しでもお米の保存が可能だということが分かったら、もう躊躇はありません。置く場所があれば、3年分でも買って積んでおけば良い。今ならグリンコープで10年度産のお米が売られてます。

色々と調べてみると西日本は土壌調査でも新しいセシウムは出ていない(出ても極微量)ので、お米も問題なさそうです。11年度産の西日本の「自家保有米」を買っておくことも出来ます。
だけど出来る用心ならするに限ると思います。特に妊婦さんや赤ちゃんは。

というわけで、可愛い甥っ子@1歳2ヶ月 のために60キロの10年度産のお米を準備しました。
IMG_2527.jpg
弟の家では月に10キロお米を食べるのだそうで、これでもたったの半年分だ。

去年買った新米、味が変わってないかどうかはまだ食べてないので分かりませんが、新米@水分が多いからカビやすい が虫もカビもなく梅雨と夏を越しただけでもこの袋を買った目的は十分果たせたと思いました。

白米も実は備蓄というわけじゃないけど、この袋に入れて放置していました。
これは台所の隅の床の上だったので、二階ほど温度は高くないけど、湿度は高いという状況。こちらもカビも虫もなし。味のほうは・・・明日食べてみます。
一体どれだけ白米を食べないのか?と自分でも呆れる。

というわけで、我が家的になかなか良い仕事をしてくれた「ハッスイ米袋」でした。
ただ運が良くて虫が沸かなかっただけかもしれないので、強くお勧めするものではありません。
「ダメモトで試してみれば?ウチではとりあえずひと夏越えたよ。値段もそんなに高くないし」という程度でございます。

この袋、ホントに手作業で塗ったり干したりして作られているようで、販売ページのフォームに数字がある袋でも納品が3週間先とかになるようです。
30キロ袋だと家の中での持ち運びが大変だから、わたしは20キロ袋に統一しました。20キロならわたしの力でも袋を抱いて二階に持って上がったり、袋の上下入れ替えたりという事が出来ますが、30キロだと持ち上げることも出来ません。
5キロ袋も便利してます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック