ベジ仕様の試作と、友達に会いに行く。

昨日むぎむぎで買って来たバケットでバインミーパテの試作その2をやってみる。
肉団子にしようかな、と考えていたけれど、ミンチを解凍するのを忘れてたし、厚揚げがあったので、ベジ仕様にすることにした。
料理を始めてから豆でパテーを作れば良かったと思うけど、豆料理は思い立ってすぐに作れるようなものじゃないので諦める。

バケットはオーブンで少し焼いておく。ホントは七輪に炭で焼きたいところだが、それはそれで準備が必要。ラオスでは、バケットに菜箸をグサッと差して、炭火であぶってくれたっけ。バインミーパテーの屋台も気の利いたところ店はバケットを炙って皮をパリパリにしてくれる。

IMG_3190.jpg

試食してみたが、バケットはかなり歯ごたえのある食べ物なので、豆腐では柔らかくて食感が合わないということがわかった。中華バーガーの時は角煮よりも豆腐の角煮のほうが美味しかったのに、テクスチャーを合わせるというのは重要なんだとわかる。何でも試してみるもんだ。

バインミーの試作は楽しい。もともとサンド好きの上に、アジアンテイストだから食べ飽きないところがすばらしい。今度はパテーもちゃんと使ってやってみよう。試作ばっかりしていて、レシピが出来ないようじゃ困る。

午後は友達に会いに行った。バラ農家の友達にはいつも旅行に行く時にウチの鉢植えを預けてゆく。すると、手入れをされて見違えるように元気になって帰ってくる。ささやかなお礼に旅の土産を持参する。

友達は癌だ。前立腺から先月膵臓に移転してるのがわかって、バラの栽培や販売は3月末で終わりにして、片付けと旅行に専念することにするらしい。

お連れ合いのSさんは、片付けなんか済む前にとっととインドネシアに行け、と言ってるが、彼は彼なりに片付けが気になっているようだ。Sさんは相変わらずの調子だけれど、彼の最後を看取る覚悟をしているらしい。ご高齢のお父さんもいらっしゃるが、それも彼女は1人で面倒みるつもりだ。彼に対して、あれしろ、これしろ、とも言わない。好きなものを食べて好きな事をやりきって死ねば良いと覚悟している。

うーん、わたしにそんな思いきった事出来るだろうか?あーしろ、こーしろ、これ食うな、酒飲むなと言いそうだ。大事な事は本人が満足して生きる事だから、本人の意志を尊重するのが筋なのだ。

毎月届けてもらっていたお花。これで最後だ。

たくさんオマケしてくれて、花だらけ。

IMG_3192.jpg

IMG_3193.jpg

いつも母の日には送ってもらってたけど、5月まではやらないというから、今のうちに早めの母の日のバラを送ってもらった。

これで最後なんだ。来年から母の日には知らない人と作った花を贈らないといけないと思うと、ほんとうに残念。友達は来年の母の日の頃にも元気で「まだ旅行行けそうだから、今度はフィリピンの温泉に行って来るよ」なんて言ってたらいいんだけれど。

寂しいなぁ。でもまだ元気でいるんだから、今のうちに何度も会っておこう。バカな話しをたくさんしよう。
この先、こうやって友達が病気になって、あと何年なんて言われて、それを見守ったり見守られたりすることがどんどん増えるんだと思う。わたしも夫も歳をとって、目がかすむとか、膝が痛いと言いながら、それでもきっと死ぬまでは生きているんだなぁ。
長生きなんかしたくないけど、死ぬまでは自由でありたい。

友達のところで1時間半くらいおしゃべりして、帰りにクラブに寄って泳いできた。最近体調があまり良くないから、これから週に3回くらいは30分くらい泳げばいいのだ、と思う。会費ももったいないもん。

なんだか黄昏れてしまう春のゆうべ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ベトナムへ行く

ベトナムへ行って来た。

今回、出発直前まで料理教室などやっていたので、野菜がたくさん残ってしまった。困った時はジュースに限る!と出発の朝、ちょっと早起きしてジュースを絞った。

飲みきれないのでお弁当にした。

IMG_3039.jpg

うぅ、恐ろしげな光景にしか見えない。こんなものを飲んでまで健康になりたいのか?と言われたらマトモに言い訳出来ないだろう。実際には・・・やっぱりペットボトルに移してちょっと時間の経ったジュースはかなり味も落ちます。エグみが増すというか、なんちゅーか。

だけど、この出発前の大量のジュースのおかげだったかどうかは分からないけれど、出発前は喉が痛かったり、ずーっと頭痛がしてたりしたのに、旅行に出掛けるとなんてことない、とっても元気だった。

さて、恒例の機内食。バンコクまではわたしはビーガンリクエスト、夫は、インディアンベジをリクエスト。インディアンベジには二種類あって、ジェインフードとブラフマンフード。ジェインフードは乳製品とニンニク生姜を使うけど、ブラフマンフードはニンニク生姜玉葱がないんだったかな?逆だったっけ?
ちなみに、ジェインってのは、日本では「ジャイナ教徒」のことです。仏教に似てるけど、徹底的に殺生を嫌う人たちです。神戸にもジャイナ教のお寺がある。

IMG_3040.jpg

ビーガン料理はいつもの野菜のブイヨン煮とご飯。アッサリしているけれど、悪くない。

夫のほうは。
IMG_3041.jpg
ヒヨコ豆のカレーと、ターメリックライスに野菜の煮物。夫は男のくせに豆好きらしく、「わーい、お豆」とか言いながら食べている。野菜の煮物のほうは、わたしの料理のほうが美味しい。

ビーガン料理を頼むのは、ベジタリアンで注文すると、チーズ満載で激しくヘビーな料理になってしまうのと、帰りの朝食がオムレツになってしまうのが嫌でビーガンを注文している。夫がインドベジを頼むのは、豆カレーが美味しいからで、これも時々パニール(インド風のカッテージチーズ)の料理の時はガッカリなんだそうな。
それでも機内食でピザとかラザニアが出て来るよりはパニールのカレーの方がうんといい。

バンコクでトランジット。空港で時間つぶしにフットマッサージ45分と軽食。移動の日は1日が2時間長くなるのだが、食事も何度も食べてしまう。もう既に朝から3食。この後ホーチミン行きの飛行機で一食。

IMG_3042.jpg

2時間弱の短いフライトで上のような食事。これはフードリクエストしなかったので、普通の食事。ビーフンのサラダとチキンフライのタイ風だかベトナム風だか良くわからない料理と、タイのスイーツ。
スイートチリソースで、パクチーが効いていて、すっかり東南アジアに来た感じになる。これ、パクチーがダメな人は食べられないだろう、つーぐらいパクチー臭かった。素晴らしい。

朝の7時にウチを出て、夜の9時にはホーチミンのホテルに入っていた。夫が何か食べると言い、ホテルからご近所探検に出掛けたけれど、結局ホテルの近くの交差点で店を出していたバインミーの屋台でサンドを買って部屋で食べた。わたしも1口もらう。
わたしはとっとと寝てしまい、夫はホテルの前にあったビアホイにビールを飲みに行った。

ビアホイというのは、ベトナムの生ビールを飲ませる飲み屋で、ツマミはピーナツくらいしかないから、持ち込みOKだったりする。お風呂の椅子みたいな背の低い腰掛けとそれに合わせた背の低いテーブルがあって、普通のビールの3倍くらい薄い生ビールを、結構昼間っから飲んでたりするわけです。
夫が言うには、「3杯くらい飲んだらちょっとフワフワするけど決して酔わないビール」なんだそうな。

以前は夫の夜のお酒に付合ってわたしも出掛けていたけれど、出掛けたところでわたしには飲むものがないので、最近は1人で行ってもらう事にしている。だって、寝る前にコーヒーなんか飲めないし、砂糖の入ったものも飲めないし・・・フレッシュジュースのある店ならばつきあってもいいけれど、ほんとに困る。

世の中はどーして酒飲み仕様になっているのか・・・酒のない世界に行きたいもんです。
あ、酒のないイスラム世界はコークとスプライトの世界だった・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

すごいお天気の1日。チベット体操再開。

今朝は大雨の音で目覚めて、お昼過ぎに雨が止んで日が射したと思ったら、夕方までびゅーびゅー大風が吹いていたひどいお天気だった。買い物にいかないと野菜も果物もなくなりそうだけど、今日はもう諦める。切り干し大根でも炊こう。

わたしは低気圧が苦手で、お天気の悪い日はたいてい頭痛で使い物にならないのだけれど、台風の時なんかは妙にドキドキ嬉しくなって、元気にウロウロするのに、今日はなんだか調子が悪い。実は2月の末あたりから肘や膝が痛かったり、腰もしゃっきりしなくて、長い間座っていて立ち上がったらヨロヨロしたりと、急に老化が進んでいる感じがする。

老化するのは仕方のない事だと思うけれど、いつまでも膝や肘が痛いのは困るから、と日曜日に水泳をしたら、膝の違和感はかなり薄れた。肘は相変わらず。

これはやはり運動不足に違いない。いくらクラブで週に二回しっかり身体動かしたって、震災以来西式の体操もチベット体操も時々思い出してやってみたりはしてたけど、止めちゃってたんだもん。

老化にはチベット体操だよな、とおもむろに始めてみる。いきなり15回←おい!
第2の儀式をやっていたら、チャクラが詰まっているのがよくわかる。
ごめんね、わたしの身体。一時は熱心に食養生も体操もやっていたのに、地震や原発事故で未来への展望なんかどこかにすっ飛んじゃって、本当に夢も希望もなくしていたのね。

時々youtubeで体操のチェックをしながら、第5の儀式をやったら、みぞおちのあたりがムカムカしてきた。
もちろん、身体も固くなっているので、踵はつかない。

しばらくシャバーサナで休んでから、毛管運動と金魚体操もやる。

チベット体操は本当に不思議な体操。わたしは身体感覚が鈍いので、あまりよくわからないけれど、チャクラに働きかける体操でこんなにシンプルで直接的な効果がある体操を他に知らない。若返るかどうかはわからないけれど、身体を前屈させる姿勢が多いわたし(多くの人はそうだと思うけど)には、反り返る体操が多いだけでも違いは大きいだろうと思う。

反省して、これからチベット体操と西式体操を再開しよう。水泳も行こう。だって、身体は衰えるばかりだもん。

不思議なチベット体操の参考図書は

若さの泉―5つのチベット体操若さの泉―5つのチベット体操
(2001/12)
ピーター ケルダー

商品詳細を見る

です。図書館で探してみてね。

手っ取り早くはyoutubeに色々あります。シンプルなのは文中にリンクしたものが良いでしょう。
チベット体操実践者の友人は、チベット体操を3日やったら腰痛が治ったそうです。若返りは・・・目尻のしわが消えたくらいだとぼやいていましたが、目尻のしわが消えるってすごいね。

本によると、髪が黒くなったとか、メガネがいらなくなったとか、ウソみたいな体験談がいっぱいですが、3日で腰がシャッキリするだけでも素晴らしいと思うのです。

今日は火曜日。15回やったから、完成形の21回は今月の24日か・・・
実はまだチベト体操21回まで辿り着いた事がない、地道な努力の出来ないわたし。

ああ、体操したら、身体がスッキリした。これからまた仕事しよう、と思ったら、晩ご飯の支度をする時間だ。とほほ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ベトナムの深川飯

サイゴンで一泊して、翌朝フエに飛んだ。
サイゴンの空港で夫が軽食を買う。買い食い大好き。

IMG_3043.jpg
空港の外にあるカフェでもwifiが使える。ベトナムはバンコク以上にwifiが普及していている。便利なんだけど、折角旅行に出てるのに、インターネットも味気ないといえば味気ない。

フエについて、日本から予約しておいたホテルに荷物を置いて、早速にフエ名物(らしい)シジミご飯を食べに行く。
歩くナビゲーションシステムの夫が「こっちだ!」と連れて行ってくれる。

河では貝を洗っている。


名物のシジミかしら?と思ったけど、巻貝だった。シジミも混じってた。

さて、シジミご飯のお店は、同じストリートに数件まとまって並んでいた。食事時を過ぎてるのか、どこも昼寝してるみたいな緩い雰囲気。その中に一軒お客の入ってる店があって、それが彼がガイドブックで見つけた店らしい。



この写真は食事を終えて、散々笑い者になったところで撮った1枚。
HENというのがシジミの意味で左側の矢印が上から、ご飯、米麺、汁飯という感じ。

最初にご飯で頼んだら、汁飯が出て来た。


量が少ないので、違うものも注文する。

こちらはご飯バージョン。
ご飯、シジミ、蝦醤、唐辛子、ハーブ、ピーナツ、豚の皮煎餅などが入っている。あの小さいシジミを全部むき身にしてある。確かにシジミの味がする。

一番美味しかったのは、お茶漬けみたいなシジミご飯だったかな?これってまったく深川飯みたいなのね。人間の考える事はたいして変わらないのかもしれません。

宮廷料理の再現よりも、こんなご飯のほうが好き。何が可笑しいのか、屋台のオバさんたちや他のお客さんがわたしたちの挙動をみて笑っていた。

シジミご飯からの帰り道、自転車に荷車を括り付けた引っ越しらしき荷車の上にファン・ボイ・チャウの彫刻が載っていた。

「日本人よ、フエへようこそ」ってなところだろうか?
ファン・ボイ・チャウのお墓には行かなかった。この人がいなかったら、ラストエンペラーは日本などには来なかったんじゃないか?と思ったりもするけれど、歴史にタラレバはないのだなぁ。

この後、クォン・デが住んでいたであろう宮廷の跡を見学に行った。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

レシピ書きと試作と社交の夜。

明後日の料理教室のためのレシピ書き。ベトナムサンドの中身は盛りだくさんなので、それぞれ手作りしていたら、それだけで2時間が過ぎてしまいそうだ。
市販品を使えば簡単なんだけど、それじゃぁ面白くない。本当はバケットも焼きたいところだけれど、それはあっさりあきらめて、フランス系のパン屋さんに注文するだけにする。

レシピをざっと書いてから、買い物に行く。買い物の前にちょこっと水泳もする。3ストロークでの息継ぎもだんだん慣れて来たような気がするが、まだちょっと泳ぐとゼーゼーになる。身体の力が抜けないのだろう。泳いでいるのか溺れているのか、まだまだ微妙な感じです。

さて、買い物。ハム用の豚のブロックと、鳥レバー。ついでにアボカドも買っておこう。そして、バケットがなくっちゃね。

家に戻ったらもう4時だ。レバーペーストを作って、肉団子の準備をして、大根と人参のピクルスを作って、肉団子スープを作って、野菜を洗って・・・あらら?もう5時半。

バケットに切れ目を入れて、ベトナムサンドを組み立てる。ニョクマムを振りかけて、キッチンペーパーで包んで輪ゴムで留める。
ついでに夫の夕食ににも一本作っておく。うわ~、早く出掛けなくっちゃ。この時間だと1時間半掛かるぞ。
レシピの書き直しはまた後だ。

片付けをして、荷物を持って車に乗ったら、ちょうど夫が帰って来たので、また家に戻って、連絡事項あれこれ。「あなた、やっぱり来ないの?かっちゃんがっかりするよ。」「みなさんによろしくね」「はいはい」

つれない夫を家に残して、iPodを持ってお土産のベトナムサンドと一緒に友達の家に向かう。友達の家まではちょっとしたドライブ。1時間近く車を走らせると、ちょっと走った気になる。

友達のところに来ている雑誌編集者のMさんとも久しぶりに会う。相変わらず年齢不詳の美人だけれど、「あたし、還暦なのよ」だと。どっひゃ~45歳にしか見えません。
「わたしもついに更年期よ」なんて話しをしていたら、「そんな程度ならなんてことないわよ、お肌もピカピカだし、大丈夫大丈夫」と励ましてくれる。これだから年上の友達は大切。

さて、お食事。
IMG_3194.jpg

右に見えてるのがわたしが作っていった試作サンド。これだけ作るのに2時間バッチリ掛かっている。
海苔巻きは、人参、ゴボウ、卵焼き、アナゴ、三つ葉の入った市販品。広島では正月に海苔巻きを食べるところがあるらしく、海苔巻きは隠れた郷土料理なのですが、初めて地元の海苔巻きを食べました。卵焼きが大きくて、さつま芋かと思いましたがとても美味しい海苔巻きでした。大阪の「太巻き」とは全然違いますが、これはこれで素敵なお料理です。

他には、ゴボウのきんぴらやからし菜とチキンのサラダ、肉団子と春雨と筍のスープなど。お父さんも交えて5人での楽しい食事でした。

さて、試作のベトナムサンドですが、大変好評で、お父さんまで「これはウマい」と完食してくださいました。フランスパンサンドなんて固い食べ物・・・見た目は大変なご老人ですが、しゃべる言葉や声はとてもしっかりしていて、お声を聞いたら90近いなんて思えません。父さん、今日もカープ勝って良かったね!

この後、友達夫婦の居間で旅の話し。旅行の話しはやっぱりインドが中心になる。もう何年も行ってないし、このところの変化はすごいらしい。ベナレシはわたしはまだ行った事がないが、ベナレシが一番インドらしいとみんなが口を揃える。
わたしはインドに旅行に行く前に、バングラデシュで住んでしまったので、カルカッタに行って乞食に囲まれてももそれほど衝撃を受けなくて、ずいぶんがっかりしたことがあったけど、ベナレシに行けば今からでも人生が変わるようなショックを受けるかもしれないと、最後の楽しみに置いてある。

今年の正月にベナレシに行った友達によると、贋サドゥ(ニセモノの行者)とか、サドゥの格好をした変な白人旅行者などはいなかったけれど、信じられないようなファッションをした韓国人の中年グループが結構いてビックリしたなどと話していた。それもなかなかな光景だ。

話しは尽きないけれど、作った分量を覚えている間にレシピの書き換えをしないといけないので、家に戻る事にする。Mさん、今度いつお会いできるかしら?お連れ合いのクマさんにもよろしくね。

そして、かっちゃん、Sちゃん置いてあの世に行くのはあと20年くらい待った方が良いと思うよ。え?Sちゃんは次のロマンスをする?

それもええなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

食べ損なったバインミー@ホイアン

バインミーにこだわるにはちょっと悲しい理由がある。

ホイアンという町中が世界遺産の町へ行った。ホテルのそばの商店街(?)の入り口にいつも人だかりがしているバインミー屋さんがあって、すごく美味しそうだった。ただ、ホイアンには美味しいものが多く、バインミーで一食を潰してしまうのがもったいないので、サイゴンに飛ぶ日に空港で食べるようにテイクアウトしよう、という完璧な計画を立てていた。

そのバインミー屋さんはどんな時間でも必ず5,6人のお客さんが群れているので、どれほど美味しいのだろうか?と心ときめかせていたのだった。

最後の日、良い具合に時間を潰して、11時くらいにバインミー屋さんに行ったら・・・
お客さんが誰もいない。あれ?おかしいなぁ。店のお姉さんは座り込んで洗いものをしている。あれれ?

どうやら、午前中の商売が終わったところだったみたいだ。
IMG_3148.jpg

「1時間後に来て下さい」と言われるが、1時間後はもうタクシーの人だ。確か市場の広場にもバインミーがあったはず、と行ってみるけれど・・ない。結局その日のお昼は、ダナンの空港の経済食堂になった。まこれは美味しかったんだけど。

食べそびれたバインミーの恨みは大きい。サイゴンに行って、ドンコイ通り(銀座みたいなとこ)のホテルのカフェがやっているバインミー屋さんで修行した。
IMG_3173.jpg

屋台を裏側からみたところ
IMG_3172.jpg

ふむふむ。

というわけで、明日はリベンジに、研究を重ねたベトナムサンド、肉団子スープ編をやります。パンもちょっと大きいけど、太めのバケットを準備しました。
ピクルスや、パテーや肉団子スープを作っても、出来上がる料理はサンド一本という変則ですが、ま、春だから許して下さい。

お花見スポットの花は・・・まだポチポチしか咲いてないらしいです。
花咲いてなければお花見にはならないから、困ってます。今夜も冷えてるから、満開は来週やなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

渾然一体となるバインミー。

今日は楽しい料理教室。
お花見行きましょう~!と盛り上がっていて、準備もしていたのに、今日は冬型のお天気で時雨れたり、照ったり。気温も低いし、恒例のお花見スポットからは、「桜はチラホラ咲き。レンギョウとオオイヌフグリがきれいに咲いてます」という報告。トンネルの向こう側は良い具合に8分咲きという報告なのに、山1つ越えるとなんという違い。
秘密のお花見スポットの見頃は次の週末になりそうです。

4年ほど前から始めた恒例のお花見料理教室。咲いてなくて花見が中止になるなんて初めてです。今年は寒いのねぇ。

さて、お花見は出来なくても料理は出来る。
作った料理は
ベトナムピクルス(紅白なますとも言う)
パテー(レバーペーストとも言う)
肉団子のトマト煮(肉団子とも言う)
豚ロースのハム(茹でハムとも言う)←無理がある?

そして、サニーレタスと数々のハーブ&トマトとキュウリ。

これを、毘沙門通りにある「gouter(グテ)」というパン屋さん@奥さんはチャキチャキの大阪人のレトロバケットに詰め込む詰め込む。

詰め込んだだけだとポロポロこぼれるので、紙で巻いて、輪ゴムで留める。
もちろん、バケットはオーブンで焼き直すのでパリッパリ。

IMG_3195.jpg

gouterのバケットは半分に割ってみると、中が真っ白じゃない。もう香りもなにも素晴らしい。

食べやすいように半分にしたバケットは、ドンコイ通りのカフェのバインミーに負けてない。
IMG_3198.jpg

お花見に出掛けていたら残りの肉団子スープはみんなわたしの晩ご飯になったところだけれど、悪天候のためにお昼にみなさんで食べる。
IMG_3199.jpg

わざわざ肉団子をトマトスープで煮て、その肉団子だけをサンドの具にするというのは不思議。団子をステンレスのレンゲでぶすぶすと切るのがあまりに素敵で、今回の研修旅行のお土産はステンレスのレンゲになった。どう?このチープな感じ。たまりません。
どうか皆さん、ご愛用下さい。

パン、レバーペースト、なます、肉団子、ハム。どれも単品で食べても美味しいものを、野菜と一緒にパンに詰め込んで、軽く潰してぱくっと頬ばると、それぞれの味が渾然一体となって、新しい美味しさの世界へと連れて行ってくれる。これは、ビビンバの美味しさでもあるし、手で食べる南アジアの料理の美味しさでもある。ピュアネスを重んじる日本の味わいの文化にはない世界でもあると思う。

ベトナムには旅行に行ったという人が2人いて、「懐かしい」と喜んでくれたのも嬉しい。お土産企画の料理教室は楽しいね。

このような手間のかかる料理は、ベトナムでもラオスでも専門店(屋台?)で買って来るものですが、交差点にバインミーの屋台がない日本に住んでいるのだから、気がむいたら盛大に準備をして、ベトナムサンドを楽しむのもマゾっぽくていいですね。

この後、頂き物の超有名店の羊羹を頂きました。
IMG_3201.jpg
さすが、とらやさん。桜の香りもするし、道明寺のポロポロ感が残っていて、素晴らしい桜餅羊羹になってます。

そして、こんなお土産もありました。
ベトナムかき餅
IMG_3203.jpg
これは、晩ご飯の後に夫がストーブで炙っているところ。今日はほんとに寒いねぇ。

今日はお花見は行けなかったけれども、お料理楽しんで頂けたでしょうか?これから本番のお花見に、ピクニックに、彼とのデートに、ベトナムサンドのバインミー、作ってみて下さい。

みなさん、今日はイマイチなお天気の中、遠いところありがとうございました。今日のお料理のひとつでもレパートリに加えて頂けるとこんなに嬉しいことはありません。

次は5月12日です。バインセオをやりましょうか?それともフェネルの餃子をしましょうか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


かっ怪人小出男?!

いや、朝からすごいビデオを見て、今日はもう大変です。

スイシンジャー 異形編


あの衝撃のラスト、どーよ。
世界中にいる1千万小出ファンが黙ってない。少なくともわたしは不満だわ。
尾米タケル之一座のコントが素晴らしいだけに不満です。
(以下ネタバレなので、まだ見てない人は読まないでね)
某非公式ブログにも投稿したけど、表示されるかどうかわからないので、ほぼ同じ内容を先にブログにて公開。

仮にも、極悪非道な「怪人小出男」なのですから、あっさりお縄になってはいけません。

あっさりお縄になって、東電レッドに変身してしまうというストーリーでは満足できません。小出さんの東電レッドコスプレは楽しいけれど、小出さんが宗旨替えをするハズはないからです。
追記:小出さん、コスプレなさったのかと思ったけど、パソコンで見てみたら、東電レッドが小出さんのお面被ってるだけなのね。失礼しました。

そこで、違う結末を考えました。

痴漢えん罪により手錠をかけられる。
あっさりお縄にかかるかと思ったら・・・突然もろ肌脱いで研究室に隠し持っている竹刀で大立ち回りを演じ、気の毒な警察官ブルーを打ちのめし、列車の屋根にすっくと立った怪人小出男は、

「ふっふっふっ、そんなことでわたしが引っかかるとでも思っているのですか?だてに40年も反原発を貫いているわけではないのですよ。あなたたち、まだわからないのですか?あなたたちにはもう未来はないのですよ。よーくその事を考えて下さい」

と言い残し、ヒラリと電車から飛び降り、怪人を従え30段変速の自転車にまたがって颯爽とやりかけの実験の続きをしに管理区域にきえていく。

「クッソ~、怪人小出男め~、タダの学者だと思っていたら、甘かったぜ。次は中電ピンクや関電緑にも応援を頼んで力を合わせてやっつけよう」

という結末で次回に続く。
次回バトルは使用済み核燃料プールの中までもつれ込み、怪人小出男の古式泳法によってまたまたスイシンジャーは苦境の立たされる。かんばれ、スイシンジャー!

わたしは中電ピンクを希望します。「おほほほほ~。祝島の漁民などみんな消えてしまえば良いのよ!」などと大活躍の予定。オーディションとかあるのかしら?
コスチュームは背中に祝島漁協の大漁旗をなぜか背負っているというピンクのつなぎ。どう?

尾米タケル之一座のみなさん、素晴らしいコント、ありがとうございます。続編続々と期待しております。 
三位一体スイシンジャーはトリニティーですね。うふふ、素晴らしい。

怪人の唄というビデオも素敵ですから見てね。


みなさま、どうか楽しい週末をお過ごし下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

映画「311」と生き残ったものの後ろめたさ

昨日夕方から森達也+綿井健陽+松林要樹+安岡卓治共同監督の映画「311」を見に横川シネマに行ってきた。森達也さんのトークもついているお得な会だった。

横川シネマは、JRのガード下というか、ガード隣にある元ピンク映画館で、その古い映画館を溝口さんという男性が1人で、本当に1人で、切符売りからモギリから撮影技師からイベントの司会から、何から何までやっている楽しいハコ。日本の映画やマイナーなドキュメンタリーを掛けてくれるので、とても楽しい。問題は座席が狭く、腰に来ることと、周辺の駐車場があんまり安くないことくらい。

映画については・・・映画としてはぁ~、これが劇場で掛けるような映画と言えるのか、というのが正直な感想で、それは作った方も「映画にするつもりはなかった」と言い訳を散々している。

あまり何も考えずに「とにかく現地に行ってみよう」とオッサン4人で出掛けていって、福島第1原子力発電所を目指す。どんどん上がる線量計。「これ以上はマスク着用だ」など、一応放射能は気にしている。途中、人のいそうなところを訪ねるが、誰も居らず、森さんが車に入った途端にグングン上がる線量計。
途中のホームセンターというか、作業着などを売っている専門店でマスクやタイベック、養生シートなどを買い込み、再び原発サイトを目指すもタイヤがバーストしていまう。
高線量の雨の降る中タイヤ交換をする森さんたち・・・

「準備不足のため、原発取材は諦め津波の被災地へ」と。こんなところがすごくかっこわるい。深く考えずに原発を目指していたのがバレてしまう。

ガレキの壁のようになった道路。海なんかどこにも見えない(海から遠い)津波被災地。両親と死に別れた子どもが多くいるといううわさの避難所で子どもに声を掛けるも、その子のご両親は健在で外す。大川小学校。ずらりと並べられた泥だらけのお揃いの書道箱、ピアニカ(?)、体操服。
棒を持って子どもたちの亡骸を探す親たちや祖父たち。ツキナミな質問。被災者のいらだち。

まんま、そのまんま風の音や不快なノイズも調整も編集もされずに映画になっている。

後のトークで森さんは、「後ろめたさを感じるんです。サバイバーズギルドというのですが、日本ではほとんど論じられてこなかった」とおっしゃる。

IMG_3206.jpg
左が森監督。右でマイクを持っているのは、司会であり映画館の支配人。

例えば、子どもや年寄りを連れて津波から逃げた人が病院で目を覚まし、自分だけ助かって子どもまたは、年寄りを死なせてしまったら、その人はひどく自分を責めて、自分だけ生き残ったことにとても後ろめたさを感じるのだという。取材中、4人全員がこの「うしろめたさ」を感じていた。当事者じゃなくて、ただ見に行ってるだけだもん。だって、当事者になんかなり得ないじゃない、津波に流されてないんだもの。

だけど、福島原発事故では「当事者」だ。東京電力の電気を使う人はみんな当時者。東京電力の電気でなくても、原発を54基も許して来た大人はみんな当事者だ、ともおっしゃる。その通りだ。

たぶん、神戸の震災でも、東京大空襲でも、広島や長崎でも、特攻隊でも、生き残った人は「ナンで自分は生きていて・・・」と自分を責めながらの人生を多かれ少なかれ生きてきたのだろうと思う。そして、この“後ろめたさ”が集団になった時に「絆」とか、「東北を応援しよう」になり、その運動は強いリーダーを求める、という。
震災後、東京都では石原が再選し、大阪でもご覧の通り、ファッショな人をリーダーに求めた。

森さんは、この後ろめたさを集団を作らず、個人として向き合わなければ日本は変わらない、というようなことをおっしゃっていたと思う。それって、小出さんの言う「お一人お一人がみなさんの能力の優れたところを発揮すれば、原子力なんかすぐに止まります」とおっしゃってるのと同じことじゃないか、と思ったのでした。

この映画は、震災のことを扱っているが、「A」「A2」(それぞれ映画予告編のyoutubeに飛びます)の延長にある作品だと思った方がいい。オウム事件によって日本社会がどう変貌し、その十数年後の日本の姿を写している。

情報化が進むと、事実が単純化され、矮小化されるとおっしゃる。確かにそうだ。だからこそ、ドキュメンタリーは報道されない側面から光を当てるのだ、とも。物事は一面では存在しない。色々な角度から見比べてこそ全体に近づける。

個人として大きな物事に向き合うことに日本の人は慣れてない。だから簡単に誘導されてしまう。だけど、今こそ個人としてどう考えるのか?わたしは、あなたはどう思い、どう行動するのか?を問われているのだと思う。
群れるな!ということよね。わたしも群れるのは苦手。
後ろめたさを抱えながら生きるのが人生なのかもしれません。

横シネさん、森さん、素晴らしい機会をありがとうございました。

今日もローフードじゃないけれど、ふーん、と思ったらクリックしてね
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

アイリッシュモス研究ちぅ。

遅まきながら、アイリッシュモスを色々と試している。
試すといっても、青泥に入れたり、青泥に入れたり、青泥に入れたり、イチゴムースを作ってみたり。

砂浜で干した海藻がそのまんま砂も一緒に袋に入ってるという状態でやってきます。これでもLLMPさんが詰め直しているから、かなりお掃除されているんだと推測されます。

加熱せずに、舌触りを損なわずに、ローフードを固める夢の食材、アイリッシュモス。どんなもんやろう?
磯臭いらしい。洗いすぎると粘着性が弱まる。下準備だけで2日くらい掛かる(水に浸けておくだけだけど)など、結構面倒ですが、試してみないと始まらない。東京に住んでいたならワークショップに行って、自分であれこれ試行錯誤する手間もないのだけれど、仕方がない。わたしが試行錯誤して、教室で伝授します。

とりあえず、モスガム(水で戻して、少量の水とブレンドしたもの)まで作ったけれど・・・これ、結構ニオうのですが、こんなもん、プディングに使えるのかしら?磯臭いイチゴムースなんか食べたくない。やり方が違うのかなぁ?

青泥だったら磯臭くても、どーせ青臭いのだからいいや、と青泥を作る。

IMG_3204.jpg

ガムを作ってすぐに作った青泥は、ちょっと磯臭さが気になったけれども、ガムを冷蔵庫に保存(2週間くらい保存できるらしい)して3日くらいすると、だんだん磯臭さが気にならなくなって来た。体調のせいなのか、寝かすと良いのかは不明です。

モス入りの青泥は、分離しにくくて、ちょっとフワフワして食べやすいような気がします。素晴らしいのは、腹持ちがいいこと。青泥って結構お腹いっぱいになりますが、そのお腹いっぱいが持続する感じです。まあ、モスは大変高級な食材ですから、腹持ちもよくないと困ります。海藻ですから、ミネラル豊富というのも嬉しいですね。

青泥&モスでは料理教室の素材にはならないので、イチゴムースにも入れてみたけれど、モスでムースを固めようとすると、かなりモスを入れないといけません。まだ磯臭いのが心配であまりたくさんモスを入れられないのだけれど、まだまだ要研究です。

ムースを作ってみて感じたのだけれど、レシチン&チアシードでも似たような感じになります。カフェ・グラティテュードのスイーツレシピにモスがよく使われているのですが、レシチン、ココナツバターとセットで使われて、モス単品でスイーツを固めるということはないようにも感じます。

スイーツの試作ももうちょっとやりたいんだけれど、二人家族で夫@ローフードは好きくない人だから、ホールのケーキを作るわけにもいかず、チマチマとムースやプッディングの試作をしているのでした。

イチゴムースを味見してもらうと、「うん、これは普通に美味しい」と言ってたので、普通のスイーツの食感に似せてくれるところがモスの効能かもしれません。

まだまだ研究途中ですが、来週の火曜日までには何とかオリジナルなレシピを完成させたいと思います。時節柄イチゴでしょうか?

ベトナムの市場でアイリッシュモスとそっくりの海藻が売ってるのを見たけれど、東シナ海にアイリッシュモスがあるとも思えず買ってこなかったのがちと悔やまれます。考えてみればカリブ海にあるのだから、東シナ海にナイとは言えないよねぇ、買えば良かったよぅ。

明日はアボカド抜きのビーツスープをモスで試そう。そうしよう。わくわく。
次の火曜日、どんな料理になるか、参加者のみなさん、どうか期待せずにお待ち下さい。結局モス入り青泥だったりして・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

朝食抜きの効能、その1

この記事は最近お友達になった、某非公式ブログのコメント欄で大変に著名な素敵なお兄様ご夫妻に捧げるものですが、「朝ご飯食べないなんて・・・・」と思っている人も耳を傾けてみてください。

「朝ご飯こそ健康の源!」「きちんとした生活=朝ご飯!」「たっぷりの朝ご飯こそ豊かな暮し」「生活の余裕、すなわち朝ご飯」というのが世間の常識で、学校などでも「朝ご飯をちゃんと食べてるかどうか?」ということが指導の対象になったりするそうです。

しかし、世の中には朝ご飯を食べない人たちがいます。これは、寝坊して食べられないとか、金がないとか、二日酔いなどという理由ではなく、身体の科学に叶っているし、体調も良い、という理由で朝ご飯を食べない人がいます。

わたしも積極的朝ご飯抜きの生活を始めてもう何年になるかわかりません。ブログを書き始めた頃はもう朝ご飯食べてないので、5年くらいになるかしら?もっとかなぁ。別に「朝は食うな」とは一言も言ってないけれど、夫もいつの間にか朝食べない人になって、職場でお腹が空いたらリンゴをかじったりしているみたいで、パン、ベーコンエッグ、自家製ヨーグルト、夫がいれるこだわりのコーヒーという朝ご飯を食べていた昔がウソみたいです。
なんであんな面倒なことしてたんやろ?それが豊かな生活で、きちんとした暮しだと思っていたわぁ~。

朝ご飯を食べない生活から「朝ご飯絶対主義」みたいな世間を見ると、まるで「原発なければ日本の経済が・・・」とか、「原発がないと、電気が足りない」みたいな話しと同じように思えるのです。

では、どうして朝ご飯を食べないと良いのか、解説してみようと思います。

まず、現代人は何が原因で病気になるか考えてみて下さい。
糖尿病、高血圧、動脈硬化、肥満・・・ひっくるめて「生活習慣病」という呼び方まで出来ました。どんな「生活習慣」から病気になるのか?

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足

というところでしょうか?
人は食べ過ぎで病気になるのに、どうして「栄養、栄養」と言うのか?食べ過ぎなのだから、どこかで一食抜くぐらいで丁度いいじゃないか?とは普通の人は考えない。食べないと目が回るとか、頭が回転しなくなる、とか、そんなことばかり心配する。
食べていないと不安なのです。気持ちは良くわかります。

魚のはらわたでも牛のはらわたでも出してみると分かるけれど、内蔵のほとんどの部分は消化のための器官です。つまり、食べ物を消化するには、内蔵のほとんどをガンガン働かせないと消化できないのです。

食後にちょっと眠くなったり、ぼーっとしたりしますが、これは胃の中に食べ物が一杯入って来たので、血液が胃に集中して、一生懸命食べたものを消化するために身体の他の部分がお留守になります。
よく考えてみればわかりますが、食べた後は頭も身体も動きません。どちらかというと、食べない方が身体も頭もよく働きます。

ナチュラル・ハイジーンという健康法では、1日の中で身体にはサイクルがある、と言います。
朝の4時から12時は排泄のための時間。12時から20時は食べ物を取り入れる時間、20時から4時は代謝と吸収の時間。

なので、朝の排泄の時間に食べ物を食べてしまうと、排泄が止まってしまうという。

「朝食べないと出ないじゃない」という意見もあると思います。これは食べることで胃大腸反応が起こるからですが、ご飯やパンや目玉焼きを食べなくても、水を飲むとこの胃大腸反応は起こります。

寝起きは身体が乾いているので、ちょっと頑張るぐらいに水を飲みます。西式健康法ではビタミンCたっぷりの柿の葉茶を飲みます。1日2ℓの水分を水と柿の葉茶で飲むように、西式健康法では教えます。ナチュラル・ハイジーンでも水や水分たっぷりの果物を取るように言います。

西式健康法では何も食べませんが、ナチュラル・ハイジーンでは水分の多い果物を単品で食べるように指導します。
これは、果物は消化にエネルギーが必要ないので、朝の眠っている胃腸に負担にならないからで、その上「朝に何か食べた」という安心感があり、胃大腸反応も起こりやすいですから、普通の人は朝抜きの半日断食よりも朝は果物のナチュラル・ハイジーンがお勧めです。
一時期流行った「朝バナナダイエット」もナチュラル・ハイジーンの一種ですが、バナナは水分が少ないので、水は別にたっぷり取る必要があります。

ここで排泄というのは単にお通じのことだけを差していないところがポイントです。
朝食べないと本当にトイレばっかり行きます。車で出掛ける時などちょっと困るくらい「ああ~、おしっ○~」となります。「水をたくさん飲むからだろう」と思っていたのですが、それだけではありません。水を控えていてもおトイレばっかり行きます。
つまり、朝抜いていると、身体のむくみが取れるんです。
これは本当に顕著で、たまに旅館やホテルに泊まって朝ご飯を食べると・・・いつもあんなに忙しいトイレ通いがなくなって、移動に支障をきたすようなことはありません。
朝食べないと排尿が多いけど、食べると排尿は明らかに少なくなります。
つまり・・・朝食べたら、むくむってことです。

普通の人はいきなり朝食抜きなどしませんから、朝食を果物に変えたら、あれよあれよと3キロくらいすぐに痩せたりします。これは、お通じのほうも良くなるのですが、それ以上にむくみが取れて来ることが大きな原因だと思います。果物にはカリウムがたくさん含まれているので、余分なナトリウムを身体の中から連れ出してくれることも大きな要因だと思われます。普通の人の食生活では、ナトリウムはたっぷり(塩や化学調味料で)摂取するけれど、十分に野菜を食べないので、カリウムが足りなかったりするもんです。効果が出るのは当たり前だと思います。

長いので、つづきは明日。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

朝食抜きの効能、その2

朝ご飯を食べない効能にもうひとつ。腸壁の傷を直す時間を与える、ということ。
これは西式甲田療法の説ですが、食べ物が腸管を通る時、どうしても微細な傷がつくのだそうです。現代人は四六時中食べているので、この傷が治る暇がない上に、宿便を溜め込んで腸管の中で発酵とか腐敗をして、その毒ガスやら分子の大きなタンパク質やらが腸管から血液の中に溶け出し、アレルギーとか頭痛などの悪さをするんだそうです。

朝食抜きはちょっとした断食です。晩ご飯から昼まで何も食べないとその間消化器官は十分に休むことができ、内蔵のほとんどを占める器官を休ませるということは、消化吸収に必要だったエネルギーを身体の修復に回せます。だから、不調になった時に断食をすると症状が改善したりするのです。風邪ひきで熱のある時など食欲もないので、お粥などを食べるよりも何も食べずに水分だけとってグーグー寝ているほうが予後がいいのはそのせいです。

長期の断食というのは難しいですが、朝食抜きならば習慣にしてしまえばずーっと続けることができます。そして、これは嬉しいことに断食と同じような効果をもたらしてくれます。

忘れてはいけない事は、「朝食べないんだから、昼と夜はガッツリいこう」とはしないようにしてください。朝食べていた時と同じように、昼や夜は食べる(夜食もダメよ)。これだけでも単純に朝食べていた分が入ってこないのだから、スルスルと体重が減ると思います。

朝に断食をするのは、身体のサイクルのこともありますが、普通の人は朝断食が一番簡単だと思われるからです。仕事の都合などで夜が遅くなってしまう人は、夜断食で朝は軽めという方法も悪くないかも知れません。

そして、お通じがよくなって、むくみも取れて、肌のトーンも明るくなることでしょう。
これにナチュラル・ハイジーンの食べ物を食べる順番という技を加えたら、基礎化粧品いらずの人になるのです。

色々と効能やら書きましたが、わたしが一番気に入っているのは、朝ご飯を作ったり、片付けたり、歯磨きしたり、という手間がすっかりなくなったことです。ラクチンが一番。

とはいえ、朝ご飯メニューには少々未練があるので、お昼に納豆ご飯と自家製お味噌のお味噌汁などをこっそり食べたりしています。

一食抜くことで、抜いた一食を何かに捧げるというのも良いものです。良い活動をしている団体に食べなくなった朝ご飯代を寄付することで、朝食を食べないことに意味を持たせることも出来ます。

それでも「朝はやっぱり食べないと・・・」と思う人は、一ヶ月くらい試してみれば良いと思います。慣れないうちは目が回ったりするかもしれませんが、一週間もすると慣れてきます。一ヶ月ぐらい朝食無し、または果物の朝ご飯をやってみて、身体の調子や仕事の効率などの様子をみて、次の一ヶ月はまた以前のように朝ご飯を食べてみるのです。どちらか調子の良い方を選択すれば良いと思います。

去年の暑い夏、原発が止まっていても電気は足りたのだから、朝抜きしても元気が足りるかもしれませんよ。ともかく、身体の事は身体に聞くのが一番良いのです。


参考文献
(図書館などで探してみて下さい。案外揃ってたりします。同じような内容なので、全て読む必要はないので、興味がそそられるような本を手に取ってみて下さい。)


フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!
(2006/04/08)
ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド 他

商品詳細を見る



50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために
(2004/10)
松田 麻美子

商品詳細を見る



女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!
(2007/10/20)
松田 麻美子

商品詳細を見る



フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言
(2005/04)
日本ナチュラルハイジーン普及協会

商品詳細を見る



朝食を抜いたらこうなった朝食を抜いたらこうなった
(2003/05)
甲田 光雄

商品詳細を見る



奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)奇跡が起こる半日断食―朝食抜きで、高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている! (ビタミン文庫)
(2001/12)
甲田 光雄

商品詳細を見る



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

朝食抜きの実際。カフェインどーする?

さて、朝食抜きの効能、を読んで、ん~、理屈はわかったけど、実際どーすんのよ?と思われた方。

最終到達地点は「朝は水だけ」の人になるのが目標です。もっと言っちゃうと、「1日水だけで青汁いっぱい」とか、「ずーっと水だけで生玄米ちょっと」の「不食の人」になるところでゴールですが、別に仙人を目指さなくても、「朝は特に食べない人」になるだけでいいのです。それだって、食べてた頃に比べて少食になるわけですもん。

毎朝、アジの干物と納豆ご飯にワカメの味噌汁とか、ヨーグルトと自家製天然酵母パンと自家製ベーコンと庭の卵などの食事をしていた人が、朝食抜きのゴールを目指すには、やはり段階的、戦略的に攻略する必要があります。

西式甲田療法もナチュラル・ハイジーンのセクトのひとつだと思うのですが、西式甲田療法ではかなり仙人的ライフスタイルに近く、普通の人は「あんなもん食べて健康になるぐらいだったら、病気のほうがマシだ」と思われるだろうから、蠱惑的なナチュハイをお勧めいたします。

朝は果物を好きなだけ。

これ、陰性体質の人は冷えてしょうがないと思います。果物の食べ過ぎは冷えを招くので、その点注意が必要ですが、果物を常温で食べる、果物以外の甘いものは控える、果物を食べるといってもホドホドにしておく、などの注意をすると継続することができます。

投資出来る人は、ジューサーを手に入れて、人参リンゴジュースとか、青汁一杯などをやってみると、本当に細胞に栄養が染み渡るという感覚が分かると思います。

ジューサーでなくても、ミキサー(ブレンダー)があれば、果物色々を水と一緒にミックスして、季節の果物スムージーとか、最近再び話題のグリーンスムージー(は登録商標)を始めてみても良いと思います。
果物たっぷりのミックスジュース(牛乳抜き)はなかなか楽しいドリンクで、「朝ご飯は良い1日の始まりを予感させる」という感じがします。毎日飲んでいたら、良い1日もひどい1日もやってきますが。

しかし、実際始めてみて問題になるのは、食うか食わないか以上にカフェイン飲料です。

カフェインはとても中毒性の強いドラッグで、話しによるとニコチンよりも依存性が強いという合法的ソフトドラッグです。

なので、カフェイン断ちも含む断食をすると、もう頭が割れてどうかなるんじゃないか?と思うような頭痛、眠気、倦怠感などに襲われます。カフェインの禁断症状なんだか、断食の反応なんだかよくわかりません。試しにカフェインの入ったものをとってみて、頭痛が収まればカフェイン中毒。頭が痛いままだったら、断食の反応と判断できます。

ここで論じている「朝食抜きの効能」はゆるゆる断食ではあるけれど、薬物を断つほどの厳格さを考えてません。普通に生活や仕事が出来て、健康にもなる、というのが目的ですから、朝のコーヒー、朝の高山茶、朝のミルクティーは続けると良いと思います。ただし、牛乳の是非については、また別の問題です。

厳密にやりたい人は3日続くひどい頭痛を覚悟して、連休などを利用してカフェイン抜きをすれば良いと思いますが、カフェインを一度抜いてしまうと、次にコーヒー飲んだりチョコレート食べたり、お茶のんだりしたら夜は眠れなくなります。

カフェインの感受性は人それぞれだそうで、わたしは敏感なようですが、夫はまったく平気みたいで毎朝コーヒーを楽しんでおります。わたしは香りだけで、朝のコーヒーの味を美味しいとも思わなくなりました。

ローフードを続けていると外食やら社交やらに支障をきたしますが、カフェイン断ちを続けていても外食や社交に問題を起こすので、今は時々飲むようにしています。
夜眠れなくなった時はもう起きてる、と。

どーして、世の中どこに行ってもコーヒーとかお茶が出て来るんでしょうね?かくいうわたしは中国茶が大好きで、食後の一杯や午後の一杯がたまりませんが毎日飲むわけでもありません。
あ、朝ご飯の話しからずいぶん脱線してしまいました。

今日は大阪から断食合宿のためにお客さまがおみえになります。明日から青泥断食です。
ご到着後、お風呂に入って頂いたら、脚絆療法です。
どんな弥次喜多合宿になるか、お楽しみに~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

断食合宿と宴会というパラドクス。

知り合いの身体の具合があまりにも芳しくないので、「ウチで断食合宿やるか?」と言ってみたら、「行く行く。治したい」という。
「んじゃ、今週末でもいらっしゃい、金曜の仕事が終わってから来て、日曜に帰れば仕事休まずに来れるから」という話しになったのが木曜日。即断即決で、本当に金曜の夜、我が家にやってきた。
その日は・・・夫と一緒にお湯割りを飲んでいた。

その方はむくみのひどい方なので、脚絆療法をやろうと思った。
お風呂に入って頂いて、脚絆を巻いて、脚を上げておく。

そして、脚絆を巻いたまま寝てもらう。足が冷える方だから、脚絆を巻いても暑くて寝られないということはない。

さて、朝です。スイマグを飲んで、柿茶を飲んで・・・さて、どんなスタイルの断食にしようかしら?体調などをお聞きして、ジュース断食にする。

朝のジュース
IMG_3212.jpg

ビーツとリンゴ、春菊、レモンでデトックスしつつ微量栄養素を補給する。

IMG_3213.jpg

ああ、ビーツってホントに飲む血液という感じで、五臓六腑に染み渡ります。ジュースという飲み物は単なる飲み物ではなくて、命の源。エネルギーの泉です。

ランチには・・・

IMG_3214.jpg

買い物に行ったので、青汁に豆腐をつけてみました。
「ええ?お豆腐もつくの?」
「はい。ウチの断食はグルメな断食なんです」

わたしもお付き合いでジュース飲んでますが、ジュースだけでも結構お腹ふくれます。塩抜きが出来るので、週に1日くらいジュース断食をすると良いかもなぁ、と思ったり・・・

お昼の片付けをしてから、ずーっと台所に立っていた。
まずぅ~、筍の下茹でをして、イチゴジャム作ってぇ~、牛の筋を煮て~、サヨリをさばいて・・・
あら?もう4時半だ?!料理はナンにも出来てないのに。

今日は前から友達を呼んで食事をする約束になっていたのだ。だから夜は断食はちょっとお休み、いゃ、断食を続けてもいいんだけど、作ったら食べるわなぁ、そりゃ。

6時に人を呼んでいるのに、4時半になっても料理が出来てないって・・・焦る。サラダの代わりに生春巻きしようとか、手間のかかること考えてたのに、人参のシュレッドが出来てるだけだよ。

アワアワと、ゴボウと筍と牛筋の煮物を作って、わけぎとあさりのヌタを作って、さよりは・・・・刺身はあきらめて、南蛮漬けにしようと思って揚げ始めたら、もうみんな来ちゃった。

ごめんね~、ちょっと待ってね~と男の子たちを待たせて、女の子チームは台所で奮戦。
(注:料理は女性の役割というわけではない。台所はわたしの城なので、余裕のない時に夫がウロウロするのを拒んでいるだけです。)

生春巻きも作って、サヨリは揚げて、山菜天ぷら作ろうと思ったけれど、もうギブアップ。

IMG_3215.jpg

天ぷらあきらめて良かった、作りすぎるところだったよ。断食中が二人いること忘れてた。

IMG_3216.jpg

デザートはローフードでイチゴプディング。アイリッシュ・モスで作るプディングは、ローフード嫌いな夫も文句言わずに「普通に美味しい」と食べる。

さて、断食合宿1日目ですが、クライアントは何度も何度もトイレに行き、「あら?まだ出る?どこから出る?」と大喜びです。小さい方も「身体から水分がなくなりそうなくらい出てる」

うんうん、むくみが取れてるんだよ。むくみがとれたら、冷えも改善するし、身体も軽くなるし、関節の負担も減るし、いいことばっかりなんだよ。

ジュースだけでも支障はなさそうなので、明日もジュースでいってみようと思います。

まったく食べないストイックな断食では、食べたい気持ちがリバウンドを呼んでしまいますが、ひもじくない、宴会料理にもちょっと参加するようなゆるい断食だと断食明けのリバウンドが少ないので、断食の効果には欠けるものもあるでしょうが、反動がないということも大切なことなのです。

山ほど野菜を買ってあるから、明日のジュースも楽しみですね。

ジュースを飲める幸せ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

断食合宿最終日

怒濤の断食合宿も今日の夕方まででした。

昨夜も脚絆を巻いて寝て頂きました。わたしは脚絆を巻いても毛管運動が楽に出来るようになるぐらいの効果しか感じませんが、足首の痛みで悩んでおられた方だから、よほど効果があるかしら?好転反応出るかしら?と思ったけど、好転反応で足が痛くなったりということはなかったみたいです。そのかわりかどうか・・・脚絆を巻いて仰向けに寝ていたら、まぁ、よく寝るよく寝る。お疲れも溜まっておられるのでしょうが、爆睡しておられました。よかった。


朝、脚絆を外して、布団を片付けてしまう前に吸い玉をする。背中を吸って、喘息のツボを吸って、膝の周りはふくらはぎをやってみたら、良く効いたみたい。

夫が「運動に行く」と言うので、青泥を飲んでわたしたちも一緒に泳ぎに行く。

IMG_3217.jpg


足首に激痛!とか言ってた人も水中ウォ-キング。わたしは相変わらずクロールの練習。左右で息継ぎすること。

軽く泳いで、お風呂で温冷浴をやって、家に戻って昼ご飯。

IMG_3218.jpg

お昼には豆腐がつく。

相変わらずおトイレ通いが続いている様子。ご本人はスイマグが効いていると思われているけれど、これは青汁のデトックス効果。頭痛やダルさもないみたいで、お元気そうに、「足が軽い」「腰が主張しない」とおっしゃる。

夕方には、青汁500ccをペットボトルに詰めて、夕食のお弁当に手渡した。
「全部飲むと胸がムカムカしたりするから、半分くらいにして、残りは明日の朝飲むように」と言ったのに、どうやら新幹線の中でチビチビ全部飲んでしまったらしい。

「お腹がまだ渋ってます」って・・・

当たり前でしょ!!

低速ギアジューサーで絞るジュースは本当に格別贅沢なものだなぁ、と強く感じた2日間でした。
普段は粉末青汁を使って、食べ過ぎないように、昼間や夕方からお酒飲まないように、そして、西式の体操を続けて下さい。そして、夜はちゃんと寝るように。

加齢を止めることはできないけれど、自分の身体を健康な状態にメンテナンスすることは、自分の人生を生きているということだと思うのです。身体をちゃんと管理して、その上で成すべきことをナスのです。

遠いところありがとうございました。
どうかお大事に。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「鬼に訊け」

なんか、古い記事にコメント付くけど、どーしたのかしらん?と不思議に思っていたら、ツイッターやらFBでリンクされているみたいだ。アクセス解析をみても、京都の仏教系の大学からたくさんリンクされているけれど、それもなんでそこから来るのかよくわかりません。どーなってるのかしら?話題の記事には追記をつけておきました。できれば、元の雑誌記事をお読み下さいね。

プチ断食にしかならなかった断食合宿ですが、断食つーのは、断食が終わってからもしばらくデトックスが続くみたいで、食べ始めてから宿便がツルっと出たりします。

明日は料理教室で、レシピも完成してないのに、「今日しかいけない!」と夫が言う映画に行って来た。
9時半出発だというから、それまでに何とかレシピを大雑把に仕上げて、買い物リストも作る。試作をしないでレシピを書くには超能力が必要になるので、すごく疲れる。

そうやって無理して見に行った映画

「鬼に訊け」宮大工の西岡常一の遺言

一週間限定で朝の一度だけの上映。平日なのにたくさん人が入っている。メンズデーなのに、女性もたくさん。

檜の命は一千年。一千年続く建築を、と棟梁は言う。
わたしは棟梁の著書を読んだはずだけれど、棟梁が薬師寺を飛鳥の時代そのままに復元したことは知らなかった。現存している東塔を調べて、発掘調査をして、文献を調べて、道具を作って、白鳳の時代そのままの建築を現代によみがえらせた。

白鳳時代の道具を再現してまで使うのは、手仕事道具を使うことで材料である木の性質が良くわかるんだと言う。うん、これは、手で紡ぐとウール固有の性質が良くわかるのと同じだ。紡ぐにしても、紡毛機を使うのと、スピンドルで紡ぐのとで違い、スピンドルで紡いだ糸のほうが断然良いものが出来る。手間を掛けたら良いものが出来るというわけではないけれど、良いものを作るには手間は必要。

たとえば、槍鉋で仕上げた柱は表面のざらつきがうんと少ないんだそうで、雨に当たった時も水が早く流れて材を傷めないらしい。普通の鉋でも槍鉋ほどにはきれいな表面に仕上がらないので、必要な作業なのだという。

手斧(ちょうな)で材を削るのも、手斧を使うと材の性質が良くわかるからだそうで、どんな山でどんな方向に木が生えていたのかがわかるらしい。もうこうなったら超能力の世界だ。

西岡棟梁が法隆寺の棟梁をやめて、薬師寺の棟梁になったのが62歳の時だという。62歳から薬師寺を再建、そう、薬師寺は地震や大風ですっかり荒れ寺で、東塔となんだかを残すだけだったらしい。だから再建といってもほとんど新しく作り直したみたいなもんです。
そういえば、中学の時遠足で薬師寺に行ったけれど、そこここで工事中だった記憶があります。
関西の子どもは子どものころに遠足でお弁当とオヤツ以外に興味もないのに京都や奈良のお寺やお庭や神社に行くので、ちょっと不幸だなぁと思う今日この頃。奈良といえば鹿せんべい!法隆寺よりも鹿せんべい。

62歳といえば、小出さんも62歳。薬師寺を図面もないところから作った人がいるのだから、原発を止めるのも可能な気がしてきました。なんか希望が持てる映画だった。お客さんも多くて嬉しい。

残念だったことは…断食の後遺症で眠くて仕方なかったこと。お昼寝をしたら、ブリっと宿便が出ました。あら、お食事中だった?失礼しました。

夕食の後にガトー・モカ・ショコラ
IMG_3219.jpg

うわぁ~、これは手間の掛かったケーキです。チョコクリームと、モカクリームと、フィロスティングというか、上のチョコは全部別々に作るし、スポンジも。パティシエが作るならわかるけど、これを1人シェフが1人で作っちゃうところがすごい。アラメゾンシェフの直美ちゃんのお料理への愛と情熱を体現したような一切れのケーキですね。

ごちそうさまでした。え?断食明けにこんなもん食べていいのかって?
もちろんいけません。大人が結果を引き受ける覚悟の上でのケーキですからとやかく言わないで下さい。

さ、レシピの仕上げをしなくっちゃ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

香り米の生春巻きとごぼうサラダ。

今日は楽しい料理教室。
ローフードの教室で、今話題のアイリッシュモスで色々遊んでみようと思っていたけれど、断食などをしていて十分に試作も出来ず・・・

デザートだけになっちゃった。もっと本格的にケーキなんかもやってみたいけど、試作はいいけど食べる人がいないからなぁ~と思ったり・・・

あ、今日はそんな話しじゃなくて、今日の教室で作ったお料理の数々。

何と言っても珍しい香り米のライスペーパーがあるから、それを使って、ナッツフリーの生春巻きをくるみソースで。このライスペーパー、すごく薄いのに案外丈夫。薄いから食べやすい。
ベトナムにはいろんなライスペーパーがあるのね。水をつかわなくても使えるライスペーパーもあるんだけれど、どれを買えば良いのか分からなかったの。言葉が出来ない悲しさよ。

IMG_3221.jpg
中に人参サラダが入っていて、これが簡単レシピなのに美味しい。
大葉を載せて、レタスを載せて、生ビーフン(実は大根)載せて、お肉(実は人参)載せて、トマト載せて、アボカド載せて、葱載せて・・・グリグリと巻きます。

ローフードの生春巻きって、素晴らしいよねえ。普通の人には前菜として十分に楽しんで頂けるし、ローではメインを張れる名優だ。海苔巻きよりも作り置きが効くのも素晴らしい。

そして、今が旬でとても美味しいごぼうを使ったローのサラダ。
IMG_3222.jpg

今日のメインはこれだったかな?ごぼうは水にさらしてあく抜きするより切ったらすぐドレッシングと和えてしまうほうが味が抜けなくて美味しいですね。レシピ書き直しておいて下さいね。

そして・・・

IMG_3220.jpg

このかわいいお弁当は、もうすぐ2歳の子のお昼ご飯。大人さんチームが生春巻きを手で食べているのが羨ましいのか、途中でスプーンを放り投げて美味しそうに手で食べていました。たっくん、どんどん大きくなるね。

さて、お待ちかね、モスで作ったイチゴプディング。

IMG_3223.jpg

甘味はこれまたお土産企画のパームシュガーです。パームシュガー、美味しいんだ。蜂蜜の次に好き。
モスは、まだまだ研究するので、また次の機会をお楽しみに。

今日は途中から夕立みたいな雨が降ったりして変なお天気でしたが、お料理お楽しみ頂けましたでしょうか?

今日のお料理のどれかひとつでもレパートリーに加えて頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。
遠いところありがとうございました。

次回は5月22日です。リクエストやご要望などあればお知らせ下さいね。
このクラスでは絶賛募集中です。ローフードにご興味のある方、お野菜を美味しく食べたい方、どうかどしどし御参加お待ちしております。
お問い合わせは、右下のメールフォームからお願いしますね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


ジュースはやっぱり特別なもの。

週末の「地獄の断食合宿」でひさしぶりにジュースを絞って飲んでみたら、ジュースっていいもんだと再確認。

頭が割れるほど悩んで、約7万円のジューサーを買ったのももうはるか昔。ブレンダーで作るスムージーや青泥のほうが手軽で、材料費も掛からないから、だんだんジュースから離れていたけれど、こうやって人に飲ませて自分も飲んでみるとジュースとスムージーはまったく違うものだとわかる。

今菜っ葉はトウが立つ時期で安売りしているので、しばらく青汁を絞ろうと思う。

IMG_3224.jpg

青汁を絞るとつい朝飲んでしまう。朝食抜きにならないんだけど、その後の出方が全然違う。青汁って下剤?!青泥や青汁をたくさん飲んでいたころのお腹のすっきり感が戻ってきました。

暖かくなって来たので、青汁を飲んでも寒くないのがいい。
こんなことも再開しました。

IMG_3225.jpg

これぞ農的生活。アルファルファさん、お久しぶりです。みんな元気で発芽してね。麦若葉も育てよう。

そして、チベット体操も地味に続いてます。昨日から19回。完成形まであと6日!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

朝食抜きの少食でも宿便は出るものなのでしょうか?

ご質問頂きました。

はじめまして。
朝食抜きでひとつお伺いしたいのですが、
生菜食などの特別な食事を実行しなくても、
昼食抜きと野菜中心、なるべく小食。程度の取り組みでも
宿便は出るものなのでしょうか?

初めてのコメントなのにぶしつけですみません。
ずっと気になっている事なので、
もしご存じでしたら、お考えだけでも伺えたらと思います。
どうぞ宜しく御願いします。



まず、宿便の定義からご説明いたします。

甲田光雄先生によりますと、「胃腸の処理能力を超えて、負担をかけ続けた場合、腸管内に渋滞する排泄内容物を総称したもの」となってます。

処理能力を越えて常に食べてしまうわけで、それを軽減するひとつの方法が「朝食抜きの半日断食」です。
ただ、「胃腸の処理能力」というのは人によって、体調によって千差万別で、適量というのが分からないのです。病気になってしまう人はこの「宿便」が溜まっているわけだから、「胃腸の処理能力」を越えてしまっているのですね。処理能力を越えないような食べ物、食べ方をしないといけないということで、実際にはその処方も人それぞれになってくるわけです。

だから、特別な食事をしなくても朝食抜きで少食で宿便が出るかどうか?もひとそれぞれですが、宿便というのは食べている限りはかならずナンかしら溜まるようですが、少食を続けることで、腸の状態も回復し、腸麻痺なども改善するので溜まりにくいようにはなるでしょう。

超少食の人たちの状態を観察すると、腸の中で栄養を製造してしまうからだになるそうで、そうなったら、「青汁一杯、週一断食でも太って来る」というようなことが起こるので、そんな人が普通の人の少食をすると「処理能力」を越えてしまうかもしれません。

宿便のない身体とはどうやら「不食の身体」になるみたいだから、やはり食べてる限りは宿便は存在すると考えた方た良いと思います。

昼抜きというのは、何か理由があるのでしょうが、ブログ記事でもご紹介したように、朝抜きには、身体のリズムに合わせるという理由があります。少食にするには、生菜食が栄養の損失もなく、酵素もあるし、微量栄養素も取れるので、合理的だと思います。
甲田先生の生菜食メニューは長年の実践の上に磨き上げられたものなので、本当に完成されたものだと思います。

なにを目的に宿便を出したいのか、ちょっと気になるところです。

というわけで、答えは、
多少は出るだろうけれど、完全に出てしまうわけではない。
と思われます。

病気治療ならば、言いつけはなるべく守る。出来ればちゃんと西式の先生の指導を仰ぐ。
趣味や興味本位なら色々試して楽しんでみるのが良いでしょう。

わたしは趣味&興味本位でやってます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

朝食抜き提案はあっさり却下されてしまう悲しさよ。

愛情薄いわたしが、珍しく渾身の愛を込めてとあるご夫妻のために書いた「朝食抜きの効能」、その後メールでどうなったかお知らせ下さいました。

朝食抜きのススメについては 僕の専任調理人さやかの談話があります。
彼女は 僕の高血糖を3ヶ月の食事療法で抑えてくれました。
”朝食抜きは 不節制な知的労働者の○子さんには良いかもしてないけど
オトウのような冬眠明けの肉体労働者は お昼前には眼がまわってブッタオレルよ。”
とのことでした。


ソウダッタ、この人の奥方は医療従事者だった。(あら、文体まで似てきちゃったわ)

医療関係者は素晴らしく洗脳が効いている。西洋医学こそが科学の絶対の到達点と思っている。これはもうほとんど信仰なんじゃないか?と思うくらい頑なに西洋医学が大好きだ。(現代栄養学も同様に栄養が大好きで減らすことはほとんど考えない)

暴言を放ちました。
なんでそんな無茶苦茶な発言を平気で書くか、それはわたしの両親が西洋医学の熱烈な信者だからです。父はお医者、母は薬剤師。母は大学では生薬を専攻していたはずだけれど、化学合成の薬への信頼は素晴らしい。自然のものの薬成分は純粋ではなく、化学で抽出されたものや合成されたものこそ純粋で効果が高いと信じている。あの二人を見ていると、自然治癒とか、民間療法に憎しみさえ抱いているように見える。(もちろん、医療従事者の人は素晴らしい人がほとんどです。ほとんどの人が献身的で働き者で人格知力体力素晴らしい人で構成されていることは十分に承知しています)

だけど、内科医である父のやることといえば、病気の診断をして薬を出すだけだ。「風邪だから風邪薬と抗生物質」とか、「扁桃腺が腫れてるから、抗生物質」とか、「湿疹だからリンデロン(ステロイド)」そのうちにお医者の子どもはオヤジサマの診察など受けなくても、「これはカゼであるからして、食後に風邪薬と抗生物質」と自分で判断して引き出し(たいていのお医者の家は普通に薬がゴロゴロしている。睡眠薬も精神安定剤もその気になれば飲み放題だ)から薬を出して飲むようにな子に成長していたものだ。
お肌がブツブツして痒くなったらステロイドの入った軟膏を塗っておくのだ。すぐに治る魔法の薬。
(なぜか父は抗生物質とステロイドが大好きな困った人だ。本当に迷惑した。わたしの身体を返せ!と言いたい。オマケにレントゲンも大好きだった。しくしく)

思春期を迎えるころには、「ウチはちょっと他所の家とは違う」ということにいくらわたしが鈍くても気がつく。
そして、お医者の仕事って・・・診断して薬を処方するだけだ、ということも。

んじゃぁ、人はなんで病気になって、病気はなぜに治るのか?すごく不思議だった。医者が治すのか?いや、お医者は薬を出すだけだ(ウチの父はそうだ)。だからわたしは薬が病気を治すのだと思っていた。

ところが、わたしが結婚した相手は薬を飲まない人だった。わたしがちょっと風邪気味だったり喉が痛かったりするとすぐに抗生物質を飲むのを彼は「おかしい」と言った。(普通の人はちょっとくらいの病気だと薬を飲まないのが普通だ)

驚愕した。
「え?薬を飲まずにどうやって病気を治すの?」

「試しに薬をやめてみたら?」と夫が言うので、新婚の妻は大人しく従った。
そして本当に驚いたことに、風邪は薬を飲まなくても治った。
「ほらね、薬飲まなくても治るでしょ」これはきっとマグレだ。と何度か薬無しで喉が痛いのや、咳が出るのやらを薬を飲まずに放置していたら、どれもこれも治る。

な~んや、薬飲まなくても病気は治るんや。
それなら、病気はどーして治るのか?病気は身体が自分で治しているんじゃないか?ということに気がついた。

わたしは西洋医学を否定するものではない。科学だって結構ですが・・・んじゃ、薬害はどうよ?西洋医学を否定はしないけれど、西洋医学の人たちは代替え療法を目の敵にして「治らない、死んでしまう」と言うのか?それを言うなら西洋医学では全ての病気が治って、死ぬ人など皆無でなければ一方的に代替え療法や民間療法を「あんなもんアカン」と切って捨てられないんじゃないのか?
などとわたしは思うわけです。なんか不公平なのだ。西洋医学だって、薬害もあれば治療ミスもあるじゃないか。

冬眠明けのオトウのような肉体労働者が朝飯抜きで目が回ってブッタオレルかどうか、1日だけ試せばきっと目が回るだろうけれど、たとえば一週間だけ試してみるとかするぐらいのことをやってもいいじゃないか?と思った。
けれど、他所のご家庭のことだもの、お二人が朝ご飯でお幸せだったらそれでいいのだと思い直しました。

わたしは別にこれといった病気はないけれど、食養生などを趣味にしているのは、病気になってお医者に掛かるのが怖いからです。切った張ったの怪我や歯医者はしょうがないけれど、内科の病気にはなるべく罹りたくないのです。

このエントリーは該当の医療関係者の方を批判するものではなくて、かように洗脳というのは強いものなのよ、ということを書きたかったのです。ちょっと原子力と似てるなぁと思うのです。
そして、朝ご飯抜きという桃源郷へお連れ出来ないわたしの非力を嘆くのでした。
そいえば、小出さんも毎朝大体7時には朝ご飯を召し上がられるそうです。原子力には批判的でも現代栄養学には批判的じゃないところがザンネン

さて、冬眠あけの方は奥様からお酒の飲み過ぎをいつも厳しく注意されているようです。わたしの夫も酒好きで1年363日酒を欠かしませんが、本人の努力とわたしの血の滲むような毎日の料理で健康診断に引っかかることもなく、「あんた、いいかげんにしなさい!」と奥さんから叱られることもほとんどなく、妻より好きなお酒を飲んでます。

IMG_3226.jpg
今日の晩ご飯は、筍と茎ワカメの煮物、若竹の吸い物、筍ご飯。厚揚げグリル。筍が本格的に出て来ると、庭の山椒の木が芽吹く不思議さよ。自然は絶妙ね。

年齢的に8年くらい夫の方が若いみたいだけれど、「好きな酒を毎晩飲む」という身体の維持に朝食抜きの半断食は大いに貢献していることを付け加えておきます。←くどい?

最後はみんな死ぬのだから、人は自分の生きたいように生きて、食べたいように食べて、それぞれの人生を全うすればいいのだと思うのですが、朝ご飯抜きはちょっと押し付けがましくお勧めしたいほど、素晴らしいのに残念でございます。

朝食抜きの洗脳に成功した例があるのでご報告しますね。
酒とバラの断食道場(その3)4/15最終日
その2
その1
↑なんで逆やねん?


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Tシャツを染める。青泥も食べる。

来週に迫っているTシャツ展、いつもはオープンの日から数日在廊するのだけれど、今回はギャラリーの都合などで終盤に在廊することになっているので、搬入の日が迫ってるのに迫ってない感じ(なんやそれは?)

このところ絞りで藍染めの作品ばかり出しているが、これが同じものは二度と出来ないし、あれ?これはどうやって絞ったのやら?とどう考えてもわからないようなものが出来てしまったりして、面白い。それほど手間を掛けないので、お値段も低めの設定に出来るところも気に入っている。

今年も色々染めました。
IMG_3232.jpg

もう土曜日。地獄の断食道場から一週間経ったけれど、まだ断食の効果は続いていて身体はデトックスモード。
クライアントのちたりたさんはいたく生春巻きをお気に召したようで、せっせと作っておられるので、わたしも昼に生春巻きを作った。

IMG_3231.jpg

アルファルファが育ってきたので、春巻きに入れてみたりして、ああ、春ね~。スプラウトを育てる喜び。またたくさんスプラウトが育ったら、それを持ってバーガー屋さんに行こう。バーガーにアルファルファたくさん挟んで食べたい。

このところ、お昼の後に眠くなって昼寝してしまう。暖かくなったので、毛布1枚あればゴーゴー眠れるのが嬉しいだけかもしれない。昼に食べ過ぎているのだろう。何しろ胃腸が丈夫なだけで生きているわたしですもの、
丈夫な胃腸に詰め込む→断食で敏感になった身体は消化に集中したがる→眠い→寝る
というようなことが起きているのだ。

昼には寝るほど食べるのに、こんなオヤツまで食べてみたりして。

IMG_3234.jpg

ヒマワリの種とデーツ、バジルシード、レシチンで固めたチョコムース。以前はこんなロースイーツを「あ、いつものブツブツ、いらない」と食べなかった夫だけれど、よほどお腹が空いていたのかあきらめたのか・・・「フワフワだ」と言って食べていた。
レシチンとバジルシードで固めるのはモスで固めるよりもお金が掛からなくてナイス。

夜になってもあまりお腹が空かないので、わたしは青泥たっぷり
IMG_3235.jpg

とミニチャンポン、夫にはミニ青泥とチャンポン。
IMG_3236.jpg
料理しながら青泥食べてみるけれど、料理中って青泥食べられないね。

青泥だけで済ませてもいいのだけれど、彼は自分だけのためにわたしが料理を作るのをとても嫌がる。嫌というか、わたしに悪いと思うらしいが、悪いと思われるのがわたしにはとても負担で、お互いに負担になる。
こうやってちょっと食べると彼の負担も減るようだ。
病気治療の生菜食ではないのだから、完全な食事法よりも家庭円満が大切だ。

わたしの身体はどうやら晩ご飯は4時半とか5時くらいがいいらしい。夕方はお腹が空くことが多く、夕方オヤツとも晩ご飯とも知れないようなものを食べて、また晩ご飯を1人前食べたりしていたものだった。夜は軽く済ませよう。

世田谷のギャラリーでイベントやります。
「ぺんぎんさんの秘密のアジア食堂」お知らせ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夜中の衝撃。

わたしは料理以外にはとくに超能力とか霊感のようなものは無縁なのだけれど、夜中に何事かある時、その前に目が覚める時がある。

阪神大震災の時、もう広島に住んでいたのだけれど、明け方目が覚めて、布団の中でじーっとしていたら、背筋が寒くなってから地鳴りが聞こえて長い地震がやってきた。
あの時はさすがに夫も目が覚めたらしくて、関東人で地震慣れしている彼は、しばらく数を数えて、「これくらいなんてことない」と言いまた寝てしまった。わたしはドキドキしたまま布団の中でじ~っと不安な気持ちでいたことを覚えている。もうその頃から家にはテレビがなかったので、テレビつけようとは思わなかったわ。布団から出ることも考えなかった、寒かったもん。
あの時の地鳴りの音は今でも耳に残っている。

昨夜、といっても、もう日付は変わっていたけれど、一度寝て、夜中に目が覚めた。となりに夫が寝ているのを確認して、雨の音を聞いていた。

ドーン。

雷が落ちたみたいな大きな音がして、家がグラっと揺れた。地震か?と思ったけれど、揺れは一度だけ。強いて言うなら横揺れ一発。何の音やろ?雷?でも光は見えなかった。音の前から起きてたはずだから、雷なら光るはず。爆発みたいだけど、消防車の音はしない。夫はそのまま眠っている。まるでわたしの錯覚だったみたい。
なんだったんだろう?と思ってそのまま朝まで寝てしまった。

朝起きて、ああ、そうだった。夜中のアレはなんだったんだろう?とツイッターを見たら・・
劣化ウラン?核燃料?岩国工場??
ニュースのほうを見てみると、大竹と岩国にまたがる化学工場で爆発だったらしい。
我が家からはかなり遠いところ。どうりで救急車両の音がまったくしないわけだった。夜中とはいえ、距離を考えたら爆発の大きさがわかる。

その後は、放射能やら風向きやら、ツイッターやらフェイスブックの書き込みを見て、放射性物質はやっぱり工場にあって、それはどうやら劣化ウランらしく、しかし、それらの放射能は爆発現場から離れたところにあって放射能は漏れてないらしい、ということまで分かったらもうお昼前になっていた。

ああ、なんていう日曜日。お亡くなりになった22歳の青年は「協力会社社員」だという。若い下請けの深夜勤務の青年が犠牲になった。

放射能だったらどうしよう?広島も汚染されてしまう。線量計もなければまだツユクサも咲いていないので放射能だかどうだか測りようがない。


ほんとうに核廃棄物のドラム缶はそこここにある。今朝のツイッターを見ていた人はきっと見たとおもうけれど、この資料、
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/genshiro_anzenkisei/__icsFiles/afieldfile/2009/09/07/1284216_3.pdf

福島で起きていることは明日ここに起こってもちっと藻不思議じゃない。

本当に核の時代を生きているんだとあらためて確認させられた今回の爆発だった。

内部被曝問題研究会のシンポジウムがあった。肥田先生のスピーチがすばらしい。
http://www.ustream.tv/recorded/22034779

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

断食合宿の成果はすばらしく・・・

ナチュハイで変わろう!というカテゴリーを作ってあったのを思い出した。あれは・・・タイ語の先生にナチュハイを説明するためにタイ語の作文をしてたんだった。タイ語でナチュハイの教科書みたいなものを作って、コピーして配ったんだったなぁ。遠い昔のことです。

タイではあれから赤シャツ騒動があって、それが収まって選挙も終わって・・・と思ったら去年は洪水で大変だった。先生はどうしてるだろうか?お会いしたら「あ~、もう大変だったのよ~。お金も掛かるしど~のこ~の」と弾丸のような早口のタイ語でまくしたてられて、なんだかよくわからないけれど、大変だったのね、ということだけがよくわかるのだろう。

さて、断食合宿からもう一週間が過ぎて、わたしのことを「師匠」と呼んですっかりなついてしまったちたりたさんですが、あれから朝は果物、昼は玄米ご飯のおにぎりと生春巻きなどというパターンで、すっかり菜食っぽい人になってしまった様子です。

1度、グリーンスムージーのようなものを作ろうとしたらしく、ホウレン草をおろし金でおろしたら滅茶苦茶になった、なんてメールがきて、こっちがビックリしました。菜っ葉をおろしがねって・・・

朝ご飯抜きの効能がわかったら、次のステップは、最初に果物、次は生野菜。そして食事の時にはタンパク質と炭水化物を同時に食べない、というのが大雑把なナチュハイルールです。

具体的には、ブレンダーがあったら食事の前に青泥やグリーンスムージー(は登録商標)を食べて、ブレンダがなかったら、たっぷりめのサラダを食べる。

んでもって、鯖のみりん漬けをおかずにたべるなら、大根おろしや菜っ葉のおひたしなどと一緒にたべて、ご飯は食べない。

お酒を召し上がる人ならば炭水化物無しでタンパク質と野菜だけというのは無理のない組み合わせですねえ、そういえば。

ご飯やパスタを食べる時はベジメニュー(ただし、出しやスープは固形物がなければタンパク質も可)。

わたしが
フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!
(2006/04/08)
ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド 他

商品詳細を見る

を初めて読んで、「ほ~、消化が違うのかぁ?」と思って試してみた。
気の毒な夫も付合わされて、最初にサラダを食べさせられて、肉や魚がある時は野菜と一緒。ご飯を食べる時はベジメニューというのを一週間くらいやったら・・・
わたしもスルスルっと痩せたけど、痩せる必要のない夫までスルスル痩せて、すっかり薄っぺらくなってしまった。

それより驚いたことは、食後にゲップが出ない。本では「胃の中で発酵してしまう」と書いてあるのだが、なるほど、ゲップは食べる時に一緒に飲み込んだ空気だけじゃなくて、胃の中で発酵したガスが出るのか、と実感した。ついでに、食後1時間くらいしてから運動してもお腹が軽くて楽なのにも驚いた。

痩せたい人、最近食後のゲップや胸焼けが不快な人は騙されたと思って一週間くらいやってみてください。

フィット・フォー・ライフはダイエット法の本の姿をしているけれど、これはすごい本だなぁと思ったものでした。今でもナチュハイの教科書では一押しの古典的基本文献だと思います。

だから飛行機に乗って長時間ブロイラーのように運ばれる時、普段はベジタリアンでなくてもビーガンリクエストをすると、食事自体はたいして楽しめないけれど、身体は楽です。別にミールのリクエストをしなくてもタンパク質を食べたら炭水化物は食べない、という方法でもいいのでしょうが、食べ物をたくさん残すってのがねぇ~。
もっといいのは移動中は断食するほうがいいのですが、なにしろ退屈ですし、飯くらい・・・

この、タンパク質と炭水化物(正確には、加熱された炭水化物)を同時に取らないという食事を続けようとすると、炭水化物無しというのがなかなか難しく、結局ベジタリアンみたいな食生活になってしまいます。

自宅で食べてる分にはいいけれど、外食や社交の時にはちょっと面倒なので、最初に生野菜をたっぷりと言うルールを守るだけでも身体はずいぶん違うと思います。

ところで、断食合宿後の話しでしたが・・・ジュース断食をしたのだけれど、ちたりたさんはバイタミックスを本日ご注文なさったのだそうです。おろし金で菜っ葉をおろすのがよほど堪えたようですが、それにしても正社員で長年働く独身貴族はやることが違います。

今年はスムージーの年ですね。とりあえずの教科書はやはりこれでしょうか?

グリーン・フォー・ライフグリーン・フォー・ライフ
(2010/05)
ヴィクトリア ブーテンコ

商品詳細を見る

ローフードの世界へようこそ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

チベット体操がやっと21回

昨日は晩ご飯の後歯磨きが終わったらなんだか眠くなってとっとと寝てしまいました。今朝気が向いてジュースで青汁を作ったら・・・まぁ、出ること出るとこ。昨日の眠さは宿便が出る前触れだったのでしょうか?

さて、震災後色んなことが吹っ飛んでしまっていたけれど、食養も体操も吹っ飛んでいた。
いかんいかん、このままではタダのバーさんになって放射能に負けてしまう!と思い直して、若返りなら「若さの泉:チベット体操」でしょう、とおもむろにチベット体操15回から始めたのが3週間前だったかな?うん、3週間だ。すごいお天気の1日。チベット体操再開。

チベット体操というのは、割と簡単な5つの体操を決まった数だけするのだけれど、一週間続けたら2回づつ増やして行って、21回になったらそれ以上増やさず、体調の悪い時はちょっと減らして、体調の良い時も普通の体調の時も21回やり続けるという体操です。
入門では3回から始めるのですが、体力のある人は5回とか7回から始めるといいのだそうです。

わたしは二度ほどトライしたのですが、17回とか19回まで行ってなんらかの理由で続かなくなって21回に到達したことはありませんでした。
今回は、いきなり15回から始めたので、なんとか21回までこぎ着けることができました。ペンちゃんえらい!良くがんばった!だれだ、あんたはどうせ三日坊主と思ったヤツは!

チベット体操を始める前は毎日ひどい頭痛がしていて、カカオドリンクを作って飲んでみたり、濃い目の緑茶を飲んだり、コーヒー飲んだりと、カフェインに頼っていたし、それでも全然スッキリしなかった。更年期のような症状もあって、これは年齢的にもちっとも不思議じゃないから仕方がないというか、この程度ですんでるのは青泥のおかげなんだと思ったり。

再開した時本当にチャクラが詰まった感じがして、運動の後気持ち悪かったのだけど、そんな感覚も一度だけで、後は普通にスイスイ運動が出来る。第1の儀式で頭を上げるのがだんだん辛くなってくるとか、第4の儀式がいいかげんだったり、第5の儀式では踵が床につかなかったりだけど、無事21回まで到達した。

1日だけ体操しそびれた日があった。岩国の工場で爆発があって、劣化ウラン?核廃棄物?でアワアワしていた日は運動を忘れてしまった。

さて、チベット体操ですが、これは効果があったと思います。まず、あんなに毎日頭痛かったのに、体操再開以来頭痛はぱったりしなくなりました。
そして、更年期のような症状(具体的にはこれってホット・フラッシュつーやつ?な感じ)も3日くらいでなくなった。

身体の不調は今は右肘のしつこい痛みだけですがこれは原因も対策も不明。毛管運動をやってもなにをしても治らないので、お付き合いするほかないみたいです。

身体の不調がない状態というのは、実に当たり前な感じがして、「普通の状態」のように感じるけれど、これって本当に有り難いことなのだなぁ、と思うのです。

若さにしがみつくわけじゃないけれど、現状維持をしつつメンテナンスしていけばいいんだなぁ、身体も車みたいなものなのね、部品の交換ってわけにはいかないけれど。

わたしにとってこの先の課題は、食べる量を減らすことだわ。これがなぁ~、丈夫な胃腸が災いしております。

Tシャツ展の作品を発送して、今日はほっと一息。次の展に向けてまた機織りやってます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お料理の予約状況など。

昨日作品を発送して、今日はちょっと一息。

夕方ギャラリーから荷物が着いたことと、料理の予約状況のお知らせがありました。

なんだかバインミーがすごい人気なのか、4日のランチに集中して、残席わずかになってしまいましたが、5日のランチとベンガルナイトはまだまだ余裕があります。

バインミーはまた秋の作品展の時にも作るから、5日のお料理のほうもよろしくお願いします。

さて、お料理ですが、ランチはタイ料理を考えてます。
メニューはギャラリーと相談中で、タイのオーガニックなホーリーバジルを使ったバジル炒めにしようか、屋台飯っぽくパッタイヌードルにしようか、グリーンパパイアを取り寄せてソムタムを作ろうか?などなど考え中です。

タイ料理なんかどこでも食べられるじゃないか、と思われるでしょうが、化学調味料を使わないタイ料理はそうそうありません。そんな料理を食べさせてくれる店があったら、わたしは自分で作らないもん。食べに行く方が楽しくて簡単~。

そして、夜のベンガル料理は・・・
今回は、チニグラという粒の細かいお米が少しあるので、それでポラウを作ろうかしら?
チニグラというのは、「砂糖の粒」という意味で、砂糖ほどは小さくないけれど、大吟醸まで精米したお米くらいに小さい粒のお米なのです。香りが良くて、すばらしくパラパラ。バングラデシュでは最高級のお米です。

IMG_0299.jpg

これはある日のベンガル料理、カレー好きは是非一度食べてみて欲しいベンガルの家庭料理です。
メニューの詳細は、2日に産直市でどんな野菜が「わたしを食べて」と言うかによるのですが、広島から新鮮なお野菜たっぷり送ります。

もちろん、サラダもたっぷりね。

どうか5日もランチ、ディナー共どしどしご予約ください。
予約先は、 postあっとgarage-b.jp(あっとを@に変えてメールしてください)まで。

作品展は28日からやってます。詳細はこちらに
↓↓↓
「ぺんぎんさんの秘密のアジア食堂」お知らせ。

というわけで、午後はちたりたさんが貸して下さった「六ヶ所村ラプソディー」のビデオなどを見て、夜には孫崎享×岩上安身のインタビューを聞きながら機織りと、充実しているのであります。
鎌仲さんの映画は構成が素晴らしいですね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

身体の神秘。

突然足首に激痛がして歩けなくなってしまった小出裕章さんの親衛隊長オスカルじゃなくってちたりたさん。親衛隊長が歩けないのでは、護衛の役目は果たせないから、みんな小出さんがホントに痴漢えん罪で捕まったりしないか心配していたと思います。

あ、そんな話しじゃなくて、歩けなくなったちたりたさんに遠隔気功ならぬ遠隔食事療法を授けていたけれど、やはり遠隔では限界があったので、広島まで断食合宿にきてもらってからそろそろ3週間になります。

元気に歩けるようになって広島から戻ったちたりたさんは行きつけの鍼灸師の先生に1度見てもらうと、「もう来なくて良い。お腹のグリグリがなくなった」と言われたらしく、足首の激痛が恐ろしくて横断歩道を渡るのが命がけだったらしいが、小走り出来たとか、3回お通じありましたとか、楽しいメールを下さっていた。

おまけにバイタミックスをお求めになって、独自レシピの青泥生活をはじめられて、何だか知らないけれど急に健康的な生活。お酒もビールもあまり欲しくないとか、胃が小さくなってあまり食べられないとか、羨ましい限り。

ある時は「ブラがゆるゆるになった。胸から痩せるんや」とクレームが来ましたが、「おかしいなぁ、背中の肉が減るはずやねんけど」と返事したら、「やっぱり背中の肉やった」と返事がきたり。

パンパンだった二の腕がユルユルになっておばあさんみたいな腕になったとか・・・それはどーにも・・・

5キロくらい減ってるやろうか?と思うのですが、これが不思議なことに体重もヘソ回りも変化がないらしい。つい最近お勤め先の健康診断があったので、色々計測されたそうですが、変化無し。ご本人は「中身はかなり変わったはず」とおっしゃっているけれど、不思議なこともあるものです。

だけどこんなものを晩ご飯に召し上がって、

F1010289.jpg

「なんて美味しいの」などとおっしゃって、なんという変化。人はここまで変わるものか?と思うような変わり方です。

ところで、そんなにからだの悪い人に急に青汁やら青泥やら食べさせて、好転反応で大変じゃないか?と心配じゃないかって?それがねえ、わたしも心配して、様子をみながら・・・と思っていたのですが、この方は「抗酸化オタク」で、EM-Xのヘビーユーザーの方なのです。だから、青汁だ青泥だも抗酸化グッズというか、抗酸化ドリンクだから、案外抵抗がなかったのかも知れません。

きっとそのおかげだと思うのですが、ほとんど好転反応らしき反応のないままお通じは良くなって、足首がよく動くようになって痛みもなくなって、お腹のグリグリもなくなって、なんだそうです。

うーん、好転反応の代わりに何かを身体に溜め込んでいるのでしょうか?どーして体重減らない?
ナチュラルハイジーンはダイエット法なのに。

身体の神秘は奥深いのであります。
赤のバイタミックス、いいな~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Tシャツ展スタート!しかし、家では夫の「勉強会」

今日はTシャツ展スタートの日。オープニングパーティーでは、バイオリンの演奏などもあって、賑やかだったみたい。ああ、今回はオープンに参加出来なくて残念。作品もどんな風に展示されているか、気になるし、それ以上に他の作家の方の作品もとっても気になる。

Tシャツ展って、日頃絵を描いてる人や、鞄作ってる人や、わたしみたいに織物してる人なんかがみんなTシャツを作って展示する、という展で、本業じゃないから面白がって色々出来るところが楽しい。お客さんも一点もののTシャツを選ぶ楽しさがあるんだと思います。
わたしの場合、織物の作品は糸を紡ぐところから始まるので、1枚作るだけでも何ヶ月も掛かるから、構想から出来上がりまで遠い遠いのですが、Tシャツは「こんなん作ろ。ハイ出来た!」と出来上がるのが夢みたい。思いついたらカタチになるのが面白いです。

今日は夫の恒例「勉強会」5人のお客さまをお迎え。新しい方がお一人見えられました。汚い家でビックリされたかもしれません。

今日はお料理の段取りが悪かったのか、時間配分を間違えたのか、ずーっと料理ばっかり作っていたのに、なかなか料理が出来上がらなかった。筍の下茹でやら鶏ガラスープはもと早い時間に始めねばなりません。

さて、今日作ったお料理。

IMG_3241.jpg
葉わさびの醤油漬け&若竹。若竹は筍の穂先を生のままワカメと一緒に包丁で叩いたものをポン酢と合えるだけの料理なのです。これも船場の料理だと思うのですが、家以外で食べたことありません。

IMG_3242.jpg
わけぎと揚げのぬた。 好物なのです。なんでこんなものが好きなのかわからないけど、好きなの。
このヌタに使う味噌は、黒大豆と麦糀を九州風の糀の多い配合で作った味噌なのです。黒大豆で造る味噌は味が濃厚な感じがします。そのままポイポイ食べたいくらい美味しいの。

IMG_3243.jpg
キュウリのピクルス。時間が足りなくて十分に漬かっていないけど、ま、いいことにする。

IMG_3244.jpg
うど。春やねぇ。

この辺まで、手間は掛かってるけれど、料理とはいえないものばっかり。みんなお腹空いてるのに、野菜ばっかりでウンザリだろうか?

IMG_3245.jpg
ピータン豆腐。やっと少し料理らしいものが出て来た。わたしが料理を運んで、その場でグリグリと混ぜ始めたら、初めて来た人がビックリしていた。しかし、この料理はグチャグチャにしないと美味しくないのよ。

IMG_3246.jpg
筍の煮物。出しは鶏ガラと鰹と昆布。いや~、美味しいねぇ。え?もうないの?

この後やっと写真はないけど、刺身。今日は鰈と烏賊。

そして、写真はないけど、山菜天ぷら。こごみ、こしあぶら、うど、たらのめ。

豚タンの茹でハムIMG_3247.jpg

夫が「すごいウマい!」となんども強調していた。そんなに美味しい?この辺りでわたしは疲れて来る。

最後はやっぱりこれでしょう。
IMG_3248.jpg
筍ご飯。穂先を別にトッピングしてみた。

連休初日だったからか、最後まで残った人はずいぶんノンビリおしゃべりしておられたけれど、10時半くらいにはお開きにしてもらった。
それから片付けて、お風呂に入って、ブログ書いたらあら、もうこんな時間。
なんだかバタバタ忙しくしていたわりに料理らしいものは出来なかったような気がする。

このところ太陽嵐のせいか、昼ご飯の後昼寝するのが習慣のようになってしまって、今日も昼寝というにはちょっと長過ぎるくらい寝ていた。なんか1日がパート1とパート2に分かれてるみたいだ。

Tシャツ展、盛況になるといいなぁ、5日のランチとディナーもまだまだ募集中です。是非来てね。
詳細はこちら→「ぺんぎんさんの秘密のアジア食堂」お知らせ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

友達を招いてベンガル料理。

連休前半も今日まで。
バラ農園を閉じてしまう友達に今のうちに堆肥をもらっておこうと思った夫は昨夜「堆肥もらいに行きたいけど、いつが都合いい?と電話した。彼は明日行こうと思いついただけで相手の都合なんか何も考えてない。

「明日は雨よ、」と言われ、「そうか、じゃあ、いつがいいかなぁ」わたしが「雨ならベンガル料理食べに来い」と横車を押した。だって、かっちゃんが「カレー食べたい」って言ってたんだもん。インドから帰って来たばっかりなのに、またカレー?

というわけで、雨で農園仕事も出来ないし、遊びに来てくれた。

切ったばっかりだよ、とお花。
IMG_3251.jpg
わ~い、牡丹。きれい。もうバラは整理しちゃったのね。本当に長い間贅沢させてもらった。「どうしていつもバラがあるの?」とウチに来る人は不思議がったものだった。普通バラなんて買わないもんね。

たくさんの人から惜しまれているらしい。当たり前だ、わたしも寂しい。奥さん曰く「かっちゃんの病気がなかったら、80過ぎてヨレヨレになっても止められなかったかもしれないから止めるキッカケになってよかったのよ」ふ~ん、まあそうかもしれない。

さて、ご飯。1時間くらいでバタバタと作ったんだった。

IMG_3249.jpg

ホウレン草のバジ(炒め物)
苦瓜のバジ
ダール(豆のスープ)
カリフラワーとジャガイモのカリー
鰆の骨と大根のカリー
鶏肉とジャガイモのカリー

久しぶりに作ったベンガル料理、勉強会で買い過ぎたり溶かし過ぎたりした食材をやっつけることが出来てめでたし。
鰆の骨(正確にはアラ)は塩麹をまぶしてあったので、ちょっと粕漬けみたいな風味になっている。

ベンガル料理はいつ作っても不思議で仕方がない。
なんで、あれとこれと入れてあーしてこーして煮込んだり炒めたりしたらあんな複雑で美味しいものが出来るのか。ダシもない、ストックもない。トマトを入れると美味しくなるのは当たり前だけれど、トマトを入れなくてもおいしくなる。魚やチキンが美味しくできるのはそりゃ出しがでるからだろうと考えるのだが、んじゃなんで芋とカリフラであんなに複雑な美味になるのかよくわからない。スパイスとオイルの魔法なんだけど、スパイスだって量も種類もたくさん使うわけじゃなくて、至ってシンプルに作るだけなのに。

どうして家であまりベンガル料理を作らないかというと・・・食べ過ぎるのです。ベンガル料理はお腹パンパンに食べる料理なので、どうしてもたくさん食べてしまう。ベンガル料理で腹八分目は無理。食べるか食べられないか、そういう食文化なのです。

ついでにおかずが4品以上ないと寂しいので、食べきれないのを承知で4品くらい作ってしまう。残りを翌日食べたりするのだが、これがまた4品以上ないと寂しいから、おかずを作り足してまた食べる→また残る→おかずを作り足して食べる→残る→以下同文

ずーっと食べ過ぎ状態が続いてしまうので、人でも呼ばない限り作れない料理になってしまった。

ご飯をお腹パンパンに食べて、デザート。

IMG_3254.jpg

マンゴープディングのイチゴソースというロースイーツを思いついて作ってみた。

「おいしい。ドッシリくる」などとコメントいただいた。最近多少上達したのか、普通の人が普通に美味しいと言ってくれるロースイーツが出来るようになったらしい。ロースイーツは簡単だから、デザートを作るのが得意でないわたしでも料理の後のデザートが準備できるのは有り難い。

食事が終わって、チャイを飲みながら3時間くらい4人でおしゃべりしていた。かっちゃんは癌で余命いくばくもないので、従兄弟が2泊3日で遭いに来たという話や、農園の整理が済んだらインドネシアの島の山奥にある温泉に行く(1人で)話しなど、癌の末期を楽しく旅行して過ごすことにしたらしい。飛行機のルートをあ~でもない、こ~でもない、と、世界地図を見ながら話しが盛り上がる。

どう考えてもかっちゃんが数年のうちにあの世に行くとは思えない。でも余命がわかっていて、それまでに好きなことをして暮らすというのはいいなぁ、と思う。だって誰でも最後は死ぬんだもん。3ヶ月東南アジアの温泉をフラフラと旅行するんだ、それも楽しそうじゃないか。
インドネシアに出掛ける前に4人で島根の温泉でも行こうよ、と誘ってみる。
かっちゃんは「河原の露天風呂が好き」なんて言うが、「遠いところは行くだけで疲れるから嫌」とも。河原の露天風呂は岡山やら鳥取やら熊本・・・遠いんですけど。

ベンガル料理の残りはきれいさっぱりお持ち帰り頂いた。
食べ過ぎていつまでも胃が重いので、夕方になってクラブに運動に行き、帰ってからたっぷりのサラダで夕食。

IMG_3255.jpg
レタス3種類、クレソン、新玉葱。トマトとアボカド。そしてスプラウト。ドレッシングは松の実とカボチャの種で作る。
夫はこれにパンを少し食べていた。
スプラウトがたっぷりあるとサラダが充実していて嬉しい。生野菜を食べてやっと落ち着く。

買い物と料理しかしてないような気もしなくはないが、なかなか充実した連休だ。

ベンガル料理、5日の夜に世田谷で食べられますよ~、絶賛予約受付中です。



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック