夏バテらしい。生菜食ウィークのお誘い。

わたしともあろう者が・・・わたしのような胃袋の持ち主が・・・

このところ「食欲不振」なる症状を抱えていて、ちょっと嬉しい。いや、狂喜乱舞したい気分だ、が、しかし・・・

夫は出張前で家でガンガンに仕事している。仕事の楽しみはもちろん「今日のご飯な何かな〜」だろう。聞いたことはない。だけど、わたしはガンガンdutyに打ち込んでいる時はご褒美ご飯の事しか考えてない、考えられないのだから、夫も同じに違いない、と勝手に想像してしまう。あんなに仕事してるんだから、ご飯は青泥なんてわけにいかないよな・・・と頼まれもしないのに色々作ってしまう。

お昼はなんとか付合って一緒に食べるけど、夜になるともう正直食べたくない。午後も柿茶を氷でちょっと冷やして飲んだりしているのがいけないのかもしれない。とにかく胃が止まってる感じ。

思いのほか汗をかいていて塩抜けしてるのか?と思って塩をなめてみたりするけれど、効果は変わらず。ついに頭痛まで始まる始末。身体も重くてなんか重力が6倍に増えたみたい。

これはきっと夏バテに違いない、という結論になった。冷房のないアトリエで扇風機の風だけで細かい仕事をやっていた。あまりの暑さに経糸も切れるというものである。夏は仕事休まないかんのに、今年は公募展やら個展やらが控えているから恒例の旅行にも行かずに機織り三昧。糸在庫を空にするまで織るぞ!

あ、そんな話しじゃなくて、食欲不振なの。お腹あんまり空かないの。こんな時は少食にすればいいのよ。
IMG_3555.jpg

オクラのサブジと苦瓜と厚揚げのバジ、キュウリのサラダ。夫はご飯と一緒に食べるけれど、わたしはアルファルファをご飯のかわりにして食べる。ご飯大好きなわたしがご飯なしでベンガル料理を食べるだなんて・・・

夫が出張に行ったら即生菜食をしたいところだけれど、料理教室が控えている。ベンガル料理をリクエストして食べる気満々のゲストの予定もある。とりあえず、生菜食は6日以降だけれど、夫の留守中に甲田療法再開するわ!お腹凹めるわ!出張から戻って来た夫を驚かせるわ!

というわけで、プチ断食、生菜食一週間やります!!つきましては、お友達募集中です。自宅に居ながら合宿気分で生菜食に浸りましょう〜。

ルールは・・・
過剰に甘くならなければいいけど、青菜最低3種類は食べる。
ローフードもいいけれど、ナッツやオイルは控え目にする。
カフェインはドラッグとわきまえて、出来ることなら取らない。カカオも同じ。
1日ジュース断食の日を設ける(ジューサー持ってる人のみ)
会食など社交の予定がある時は生菜食をお休みするが、自分から社交は誘わない。

んな感じでユルユルやりませう。
参加ご希望の方は、コメント下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

バンコクに行こうか行くまいか・・・

ご質問頂きました。

メール下さる方にお願いですが、メールにはお名前名乗って下さい。コメント欄でのやり取りなどがない方に直接お返事を差し上げることは料理教室の問い合わせ以外にはいたしません。ご質問にはブログ記事でお答えいたします。

というわけでご質問というか、ご相談です。いってみましょう。

ぺんぎん様

はじめまして。
いつもお料理の事、原発の事など参考にさせていただいています。
有難うございます。

バンコク暮らしについて、実際に暮らしていらっしゃった経験と、
現在の日本の放射能事情をふまえて
ぺんぎんさんのご意見を伺いたくメールいたしました。

年末から約1年間ですが、夫がバンコクに赴任する予定です。

私は関東在住のため、以前は、もし夫に海外赴任の機会があれば
帯同しようと思っていたのですが、
タイの水害、食事の事などを考えると、
日本で気を付けて生活していた方が
被害を少なくできるのではないか?とも思い、
渡タイする事を迷っています。
(日本の汚染食材が輸出されているような不安もあるし)

小学生と未就学児の2人の子供がいるのですが、
たった1年だと、学校にも慣れておしまい…となりそうで
子供たちにとってもストレスかな?
だったら、1年間という短い期間だし、
日本で母子3人、気を付けて暮らしていた方が
心身ともに健康でいられるのでは??

…とグルグル悩み始めています。
タイの汚染状況や、現地での生活が全く分からないですし。。。

それと、私自身、現在正社員で働いており、
仕事をやめてまでバンコクに行くべきか、
でも子供の健康を考えたら、やはり今は1年でも日本を離れた方が良いのか、
疎開情報などをみながらため息をついています。

また、私は海外生活経験ゼロ、英語もタイ語も全くできません…。
そういう不安もとてもあります。

原発問題にもバンコク暮らしにも精通していらっしゃるぺんぎんさんに
日本とバンコクとを比べて、良い点、悪い点、
もしバンコクで子連れ生活した場合の気を付ける点などを
ご教示いただけると、とても嬉しいです。

長くなってしまい申し訳ございません。
お忙しい中恐れ入りますが、ご意見うかがえると助かります!
どうぞ宜しくお願い致します。



ふ〜む、1年というのが中途半端ですねえ。この方はもう答えが出てるみたいですね。

お子さんのことを心配なさってるのでしょう、まず、色々と誤解があります。
タイの水害は稀にみるような大変な事態だったので、毎年あのようになるわけではありません。駐在日本人が住んでるエリアは水に漬からなかったので、住んでる人(工場などが漬かった働く人は別ですが)には水害よりも赤シャツの暴動の時のほうが大変だったと思います。
水害の時も暴動の時も仕事にならないから、と駐在員とその家族は日本に帰国していた人が多いみたいです。

タイに輸出されている日本の米や日本の食べ物が怪しいものが多いらしいというのは聞いた事がありますが、タイにいるのだから別に日本のものを食べなくてもタイのものを食べればいいだけだと思います。わたしは日本食レストランも稀にいきましたが、つまらない定食もイタリアンも値段が変わらないのだから、アホらしくてほとんど行きませんでした。ご飯もタイのお米が美味しいので日本米は食べなかったし、農家の友達が「米持って行こか?」と言ってくれた時も「カオホンマーリーの玄米食べてるからいらん」と断りました。
輸入食品はとても高いですし、地元のものを食べているのが結局安くて美味しいです。

なので、タイで日本食を食べなければ安心して色々食べられます。日本の食べ物はないもんだと思って暮せば何でもないことです。

海外経験がないとか、タイ語はそうでしょうけれど、英語が全く出来ないということはないでしょう。中学の時から英語は習っているのだから、それなりに出来るはずです。ただ使い方が分からないだけでしょう。バンコクでは日本語だけで生活している人も少なくないですから、言葉の問題はそれほど深刻に考えることではありません。

この方の相談でわたしが難しいな、と感じるのは、多言語環境、異文化環境に飛び込もう、という意志がまるで感じられないところです。例えば1年間の赴任先がバンコクじゃなくて広島でも言葉も違えば習慣も違うし文化もかなり違います。それを受け入れるというか、楽しむというような姿勢は絶対に必要な資質だと思うのですが、今までと同じ生活か、もっと素敵なものを期待しているような感じがします。
311以降、今日と同じ明日などありません。タイに行こうがどこに行こうが、住んでいるのは人間なのだから、1人の人としてきちんと向かい合えば良いだけのことです。

海外の日本人学校は悪くないですよ、バンコクの日本人学校は規模がとても大きいのでそれほどではないかもしれませんが、幼稚園はスクンビットのソイ46あたりだったと思いますが、もう20年以上続いている日タイ混合教育の良い幼稚園があります。

駐在員の奥さん達は仕事も出来ない(許可されない)から、お稽古に打ち込む以外、奥さん友達とゴルフ、ランチ、買い物、お茶をするくらいしか楽しみも暇つぶしもありません。いずれもお金が掛かることで、見栄の張り合いになりがちです。駐在してて貯金を食いつぶしてしまうような人も中に入るので、それでは何のための駐在かわかりません。
わたしも暇でしたので、タイ語の勉強以外の時間はスポーツクラブでヨガばかりやってました。

正社員でお勤めなのだから、たった1年のために仕事を止めるというのはもったいないと思います。休職できるなら、駐在生活を楽しまれるのもいいでしょうが、そうでなければ、海外移住の練習とか、大学院に入って勉強するとか、子供はこれを機会に海外に逃がす、などもっと明確な強い意志と目的が必要だと思います。

ご家族が日本に残られた場合、これは難しいですね。
バンコクは男性天国です。どのような会社のどのような駐在で1年行かれるのかわかりませんし、お連れ合いがどのような方かもわかりませんけれど、男性を1人バンコクで放し飼いにするにはそれなりの覚悟なり、諦めなりは必要ではないかと思います。外食も日本食を召し上がるでしょうから、放射能も召し上がるでしょう。現地の女性に入れ込んで・・・とか、一昔前はご主人が持って帰って来たエイズを奥さんにうつしちゃった・・・などという話しはいくらでも転がってます。

ブログにも書きましたが、バンコクでの生活はかなり金が掛かります。家探しも前任者から引き継げるなら面倒はありませんが、無駄に豪華でハイコストな家かもしれません。それでも1から揃えるよりは簡単です。会社がどれだけ出してくれるかによって全然違いますが、1年だけの駐在なので、会社から支給される範囲で持ち出さないように暮そうとすれば、かなり質素な、ハッキリ言って格落ちな感じを持たれるかもしれません。

日本にいてては分かりませんが、海外に出ると日本人にも二種類あります。

本国雇いと現地雇いです。

本国雇いでは、住居手当、家族の交通費、保険、車、運転手など会社持ちだったりします。おまけに現地手当と本棒は別に出たりするようですが(最近はそんな会社も減ってきたらしいけど)、現地雇いは地元タイ人よりちょっと良いくらいのお給料しか出さずにこき使ったりします。同じ日本人でこのような差別待遇が当たり前に行われていて、当然暮しぶりが違いますから、日本人同士で何かにつけて差が現れます。
このような環境は人間の心を壊します。嫌ですねえ、ほんとに嫌です。

わたしはこんなあからさまな差別と関わりたくないので、どこで暮している時でも仕事上必要のある時以外はお付き合いをしませんでした。だけど駐在員の家族として子連れで生活となればお付き合いしないわけにはいかないでしょう。

まぁ、こんな世相を勉強してくるのも良い勉強になると思います。

というわけで、結論ですが、
日本食をたべなければ放射能の心配はほぼ無し。
治安や水害は心配ない。日本の放射能のほうがハイリスク。
言葉は日本語でOK
金はかなり掛かる。
子供はこれを機会にインターに入れて海外に出してしまう準備にするには良い機会と考える。
そのためには稼ぐ必要があるので、仕事をやめずにすむ方策を考える。
男1人バンコクに放し飼いにするのは内部被曝的にも家庭問題的にも相当のリスクを覚悟し、対策すべし。
駐妻をする場合は自分をしっかり持って、勉強や趣味に打ち込むこと。

タイ語の勉強ですが、1年しっかりやればかなり出来るようになります。読み書きは2ヶ月も真剣にやれば出来ます。文字を覚えるだけなら一週間です。文字が読めるようになると面白いですよ。辞書もすぐに引けるようになります。片言でもタイ語をしゃべると楽しいです。

やっぱりタイの楽しさ、タイの美味しさを知ってるのはタイ人ですから、是非タイ語も勉強してください。海外で生活する経験というのは、「どこでも生きて行ける」という自信に繋がるのかもしれません。
タイ料理の教室ですが、良いところはなかったですねえ。もっとタイ語を勉強して地元の人と仲良くならないと、と思いました。

毎日パパイヤ食べてた日々が懐かしいです。ココナツも割ってたなぁ〜。

というわけでご参考になさってください。いいな〜、バンコクに1年〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ナスのバジル炒めとレッドカレー。

今日は楽しい料理教室。

なぜか今回は大阪からお一人、東京からお一人参加してくださいました。どちらの方も体調不良で、なぜかわたしの料理を食べると元気になるそうです。ごめんね、わたしが遠くに住んでて、いつも力になってあげられなくて。

さて、そんなこんなでいつもより賑やかに作ったタイ料理、今庭のバジルがとても元気なので、バジルをたくさん使ったお料理にしました。ナムプラーを使うからビーガンじゃないけれど、調味料以外は野菜ばっかりです。もちろん、お肉や海老、ミックスシーフードなどを使って同じように作っても良いですよ。

IMG_3557.jpg

色がきれいでテーブルの上はとても華やか。ご飯はボーイフレンドのいっちゃん@小出裕章さんのご学友が作る日本の香り米を混ぜたものなので、料理を作っている間中炊飯器から馥郁とした芳香が・・・食欲をそそります、ああ、困った。

タイのカレーといえば、グリーンカレーばかり贔屓にされるけれど、レッドカレーだって美味しい。カボチャのカレーにしたけれど、レシピに書いてないナスやキノコまで入れてすごいことになってしまいました。

IMG_3559.jpg

そして、今日の教室のメインは、ナスのバジル炒め。これはたぶん南部中国料理なんだと思います。普通は鶏肉などが入るのですが、今日は厚揚げで。

IMG_3560.jpg
この大皿は温亀の作者、金九漢さんの作。我が家の宝物です。

緑色の長なすはこの料理のためにこの世に存在します。緑色の長なすがこの世にあるから、この料理があるとも言えます。緑の長なす、最高!


IMG_3558.jpg

タイの和えもの、ヤムはオイルフリーなサラダ。今日はヌーベルタイ料理で、アボカドのヤム。バジル乗せ過ぎてどんな料理だかよくわかりません。

IMG_3561.jpg

わたしのプレートはどーしても盛り過ぎたバイキングみたいになっちゃう。食べる気満々っていう感じ。

みんな黙々と食べてるので、「どうですか?」と聞いたら、「食べるのに熱中してました」だそうです。ありがとうございます。ちょっと特別の材料も使ったけれど、ないものはパスして、カレーペーストとココナツミルクさえあれば家にある材料でホイホイと作れるのがタイカレーの良いところ。材料に火が入れば出来上がりなので、長時間炒めたり、煮込んだりする必要もありません。

暑い日々にホットなバンコクのことを思い浮かべてヒーヒー食べるタイ料理、友達を呼んでパーティーをしたり、ニンニク控え目に作ってお弁当のおかずにしたりと、楽しんで頂ければ嬉しいです。

遠くから御参加下さったみなさん、本当にありがとうございました。また機会がありましたら、別の用事を作って広島までお出掛け下さい。

そして、いつも御参加下さる皆さん、ありがとうございました。今日の料理のどれか1つでもレパートリーに加えて頂ければこんなに嬉しいことはありません。

次回は9月8日です。暑い日々が続きそうですが、どうかお元気でお過ごし下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

生菜食を前にして

今日は夫はいないけれど、大阪から来た人がうちに居続けしている。身体が悪いくせにビールなんか飲んだりするから、イヤミを言ってやった。酒を飲むのは構わないけれど、酒が飲めるように健康管理ができなければいけないし、わたしの前では酔っぱらうな!と。

酒が好きならば泉重千代さんを見習って酒のおかげで長生きが出来るような飲み方をしなければいけないのに、勘違いしている人が多過ぎて、きっと酒の神様は嘆いておられることでしょう。

あ、そんな話しじゃなかった。
料理教室も終わったので、朝から運動に行って、その間客人は県立美術館に行くという。その後紺ちゃんに行くというので、タクシーで行けよ、と思っていたけれど、フラフラと運動の帰りに県美まで迎えに行って一緒に紺ちゃんに行ってしまった。

IMG_3563.jpg
だって、日曜日だし、トマトバジル塩ラーメンなんだもの。奢ってもらったけれど、タクシー代のほうがうんと高い。ま、いいや、紺ちゃんのラーメンが食べられたんだから。

客人にはマンガを与えて、わたしは仕事に精を出す。個展を控えた染織家には土曜も日曜も夏休みもない。客人が「ユノヤマオンセン・クアハウス」とつぶやくけれど、そんなものにお付き合いなど出来る道理がない。

生菜食を始めるからには、食べてしまわないといけないものを食べないといけない。
客人がいても晩ご飯は残りものや生菜食にむかない野菜などの料理だ。

IMG_3564.jpg

わたしはエスニック料理を人に振る舞ったり、教えたりするので、いつもエスニックなものを食べている、と勘違いされるけれど、日頃はわりと質素な和食を食べていたりする。今日は万願寺を焼いてたれに漬けたものとキュウリとワカメの酢の物に葱を消費するための葱豆腐。

ベンガル料理の残りやタイ料理の残りも若干あったけれど、これは明日の昼の客人の時にお出ししてしまおう。わたしが1人で食べてもいい。

残りものご飯を食べて、またビル・エバンスを聞きながら仕事。

細い糸は暑いと切れるらしい(え、暑さは関係ない?)ので、細々シリーズはちょっとお休みして、リネンでバスタオルを織ることにした。リネンのバスタオルは良いんだよ〜、薄くて軽くて、水を良く吸って、早く乾くの。洗面所のタオルなんかに使うのもいいんだ〜。
そういえば、うちのタオルをそのうちみんなリネンに替えてしまおう、と思っていたけれど、作品だからなかなか自家用になりません。

だから、まだ洗面所のタオルだけリネン。

明日は香り米を作ってるいっちゃんがご家族ひきつれてウチにベンガル料理を食べにくる。香り米でベンガル料理を食べるとどれだけ美味しいか、楽しんでもらえるとうれしいな。といっても、今日は仕事に打ち込んでしまったので、買い物に行くのを忘れてたから、生菜食にむかない食材をすべてベンガル料理にしてしまおう。

ご飯を食べたら、小出さんの集会だ!

冷静になって考えてみたら、いっちゃんという人は小出さんのお友達という資源を最大限に活かしている人だ。わたしのような彼女も出来るし、その上一家総出で飯まで食いにくる・・・
あ、ホームステイの男の子連れてご飯食べさせてもらったのはわたしが先か・・・タダより高いものはないということですね。

明日の試練を乗り越えたら、火曜日から生菜食がんばりま〜す。
参加表明ありがとうございます。無理せず、冷蔵庫のトマトやアボカドなんかは参加させて、ユルユルやりましょう。
生菜食の時は運動もやってね。西式でも、チベットでも、ヨガでも、猫パンチでも。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

いっちゃんご夫妻にベンガル料理を振る舞う。

毎日暑いけれど、雨は一滴も降らず。今日は暑い上湿度が高くてまるでダッカの夏みたい。庭のオレガノまでカラカラになってきて、いったい何週間雨が降ってないのか?と思う。前回雨が降ったのは記憶の彼方。

昨日は素晴らしくイベントフルで、3日分くらいのイベントが1日にギューっとつまったみたいな日だった。

8月6日平和のイベントに小出裕章さんが呼ばれて講演なさるというので、早くから予約をしていたら、大阪やら山口からも「行く」というので、5人の大所帯になった。山口からの客人はもちろん小出さんのご学友のいっちゃん。ご家族で来るという。集会の前にうちで昼ご飯を食べる、ベンガル料理がいい、魚が食べたい。

集会のためには3時までに会場に着かないといけない。そのためには2時にはウチを出なければいけない。12時くらいを目指してウチに来るといういっちゃんに、もっと早く来ないと素麺に変更するぞ!とメールしたら、素麺なんか食べたくないから、早く行く、といって、素直に11時くらいに到着された。

わたしはちょうど料理が終わって、シャワーを浴びてる最中に近所まで来た、と電話が入る。あわあわ、慌てて身体を拭いて服を着る。ああ、着るものを選んでおいて良かった。太ったからだには民族衣装が良く似あう、バングラデシュのチュニックにスパッツという軽装。

いっちゃんはお土産にご近所の方が作ったというスイカを2つ持って来て下さった。これでわたしの生菜食はスイカ断食に決定してしまう。ああ、甲田先生ごめんなさい。

生菜食前の昼食会。残った料理をお持ち帰り頂くように、タッパーと保冷剤とクーラーボックスを持って来るようにお願いしておいた。いっちゃんとは友達なのだから、それくらいの失礼は許してもらう。

さて、大事なボーイフレンドとその奥様のために作ったお料理。
IMG_3565.jpg
大事なお客さまだから、ランチョンマットも使ってみる。グラスだってちょっと良いのを出す。お皿を伏せてセッティングもベンガル風。

IMG_3567.jpg
魚のバジ

IMG_3569.jpg
カボチャのサブジ

IMG_3568.jpg
魚のアラのカレー。ズッキーニ、トマト、ナスが入ってる。

IMG_3570.jpg
コロラバジ(苦瓜炒め)、これは夫の大好物。

IMG_3571.jpg
ベグンバジ(ベンガル揚げ茄子)はわたしの大好物。

他にキュウリのサラダと、オクラの芥子煮と、ダールがあった。

デザートにはマンゴークルフィー。
IMG_3572.jpg
わたしがデザートまで準備するのは珍しい。いかに大事なお客さまだったか、ということが分かる。

たぶんいっちゃんは日本のカレーみたいなものを想像して来たんだと思う。いや、わたしのブログは読んでいるらしいから、日本のカレーとは違うのは知っていたかもしれないけれど、なんだかとても驚いていた。

「いっちゃん」というのは、彼のハンドルネームなので、そのまま「いっちゃん」と呼ばせて頂いているけれど、いっちゃんによると小学校の友達だけが「いっちゃん」と呼んでいたそうで、中学以降の友達は「いっちゃん」とは呼ばないらしい。んじゃどーして小出さんは「いっちゃん」と呼ぶの?と聞いたら、小出さんの幼友達にいっちゃんがいたからいっちゃんなんだ、ということだそうな。良くわからないけれど、小学校の友達だけにいっちゃんと呼ばれたいなら、いっちゃんなどというハンドルネームを使わなければ良いのに。

いっちゃんの奥様はとても素敵な方で、グチとも惚気ともつかない話しを色々と聞かせて下さる。ご結婚40年だそうで、こんな仲の良いご夫婦を見ていると、とても参考になる。
いっちゃんはとても優しい人なのに、いかんせん女性に愛情表現をするのがヘタなのか、奥様のことが好き過ぎて奥様を前にすると口が凍り付いてしまうのか、理由は定かではないけれど、無口なんだそうだけれど、奥様の横で必死に威厳を保とうとしている姿がなんとも可愛らしい。いっちゃんによると、この日はわたしのおかげで1年分の会話をしたそうです。どれだけしゃべらないのか?もう老後なのだから、小出さんに弟子入りして、奥方への愛情表現などを学ぶように、と進言している。

後から頂いたメールでは、手で食べるのが楽しかったんだそうだ。「不思議な爽快感があった」とコメント下さった。ん〜、そうか。手で食べるにしても、それなりのお作法があるのが南アジアの文化の高さなのだけれど、そんなことよりお料理を楽しんで頂けて良かった。奥様はとても上手に食べておられたし、オクラや苦瓜やナスの調理の仕方に色々と関心して下さった。
こんな時に料理という芸があることが有り難いと思う。豪華な家でもなければ、高価な食材を使う訳でもないけれど、大事な人に寛いで楽しんでもらえるのはとても嬉しい。

この日は残念ながらお嬢さんは体調不良でお留守番になってしまったけれど、クーラーボックスいっぱいに持ち帰って頂いたお料理は完食なさったそうです。いっちゃんも冷えたビールで再び楽しんで下さったらしい。

バタバタと片付けをして、わたしは洗濯物も取り込んで、いっちゃんの車の助手席に座らせてもらって、一路八丁堀、小出さんの集会です。

いっちゃん達には駐車券のために東急ハンズやら三越やらヤマダ電機やらでお買い物をしてもらって、わたしは早めに会場に行って、いっちゃんご夫妻の分も席取りをする。
そのうちに小出さんがお出ましになる。客席を見回して、一礼なさって、左側の最前列の用意されたお席に着かれた。
「いっちゃん夫妻のために最前列の席を取っておきました。」とご挨拶する。
「え、嫌だなぁ」
「小出さんが元気になるように、”敵”です。今駐車券の割引のためにハンズやら三越にご夫婦でお買い物に行かれてます」
「あいつ、そんなセコいことしてるのか?」
「あ、それはわたしの入れ知恵です。駐車場代バカにならないんですよ、高いですから」
ちゃんといっちゃんの名誉を守ったのでした。
大阪にお住まいの小出さんは、東急ハンズなど珍しくもないだろうけれど、ハンズはどこにでもあるわけじゃないんですもの、折角広島まで来たからにはハンズくらい行かなくちゃね。

結局いっちゃん夫妻はデモに阻まれてホールに来るのが遅れたけれど、小出さんの出番にはきちんと間に合って、神田香織さんの講談が始まる前に山口に帰って行きました。
なにか話しでもするか?と思ったけれど、ヨっと右手を揚げただけ。
男同士などたいして話しもないらしいです。

いっちゃんご夫妻、小出さんの集会にかこつけて、わざわざ遠いところお出かけ下さってありがとうございました。大変楽しい時間を過ごしました。今度は夫も在宅している時にお嬢様も一緒にお出掛け下さい。

集会のもようや、懇親会のことなどはまた明日、スイカ食べながらアップする予定です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 三代目春駒さん

広島に来てから19回目の夏を迎えます。なるべく8月6日には広島に居ないようにしていました。理由は広島の人なら分かって頂けるだろうけれど、広島以外の人にはなかなか分かりにくいんじゃないかしら、と思うので、省略します。知りたい人は

写らなかった戦後 ヒロシマの嘘写らなかった戦後 ヒロシマの嘘
(2003/07)
福島 菊次郎

商品詳細を見る

読んでみて下さい。菊次郎さんは映画も今八丁座で絶賛上映中ですね。夫が帰ってから観に行きます。

仕事のスケジュールなどで去年、今年と続けて広島にいる。去年はこんな人が広島に来たので会いに行ったのだっけ。

今年は河野先生という全国区で著名な産婦人科の先生が主宰するイベントに小出裕章さんが呼ばれてお話しをすると小出さんから聞いていたので、イベントの詳細が明らかになったら早速予約をして楽しみにしていたのでした。

プログラムを見ると、歌はあるし、神田香織さんの講談はあるし、被爆者の証言まであるという盛りだくさんなイベント。これじゃまるで祭りじゃないか・・・そんなイベントはどーでもいいから、小出さんのお話しをたっぷり聞きたい、とまったく期待していなかった。

最初に三代目春駒という変な名前のお兄さんがウクレレを抱えて舞台に上がり、お祖父さんが被爆者でお祖父さんの手記を元に作った歌を歌い始めた。
あら、ビックリ!かっこいいじゃないのさ。
「その男ヨシオ」


原爆の歌というとその悲惨さを歌にしたものが多いけれど、この方の歌は「生きたるんじゃ!」という前向きなメッセージに溢れている。実際ヨシオさんはそうやって生きていたんだろう。
懇親会で春駒さんに伺ったところ、ヨシオさんはハワイ移民から戻って来た人だそうで、とてもタフな人だったらしい。

広島の男性はラテン気質だ、という話しがある。ラテン気質というよりはただの粗野なマッチョじゃないか、と思っていたけれど、なるほどヨシオさんはラテンな男だったに違いない。

この後、「ひかりのうた」という歌を歌って、最後に主宰者の河野先生のリクエストで歌って下さった「上をむいて歩こう」の替え歌、「横を向いて歩こう」がまた良かった。



この歌は2011年2月に友達がお母様を亡くされて、えらく落胆しているのを見て作られたらしい。その後震災があり、被災者に向けて「上を向いて歩こう」を歌う風潮を作者の永六輔さんが「これは自分に向けて歌う歌で人に向けて歌う歌ではない」と言ってたのをテレビで見て「そうだよな」と思われたらしい。

幸せは命あること、今ここにあなたがいること



素敵な歌だ。仲間と肩組むかどうかはちょっとわからないけれど、命があって、あなたがここにいるだけで幸せ、つまり存在しているだけでいいんだ。どんな人だってしょーもない人なんかいないもん。生きてるだけで丸儲け!

わたしはこの人が広島の人だと思わなかった。だって、広島の男性はマッチョで「オレについて来い」みたいな人が多いのに、この人の歌は「一緒に歩こう」という感じだったから。友達のために作った歌だと聞いてちょっと納得した。しかし、この人の歌はなんだかパワフルな太い声で歌われる優しい歌が多い。

IMG_3581.jpg
懇親会で歌われる春駒さん。春駒さんのブログはこちら→屈折日報小出さんとのツーショットがドアップですてき。

こんな素敵なシンガーがいること、上っ面な優しさを押し売りしない本当に優しい歌を作る人がいるなんて知らなかった。たまには地元のイベントに行ってみるもんだ、と反省したのでした。

わたしには今日本の政府が着々と進めているアレヤコレヤ、福島に、福島に限らず放射線管理区域相当かそれ以上の場所に人が住み続けていること、農作物やガレキやモノが流通していること、この先の事故の収束作業の作業員をどうするか?などの問題を考えたら、あまりに重たい予測される未来に逃げ出したくなるけれど、ヨシオさんのような方が67年前のあの地獄の中にも何人もおられて、今の広島があるのだと少し希望を持つようにしようと思う。いや、わたしたち一人一人がヨシオさんのように生きればいい、ってことなんだ。

三代目春駒さん、素晴らしい歌をありがとうございました。とても声に力があると思ったら、武道家でもいらっしゃるんですね、広島の男性をカッコいいと思ったの、初めてです。タクローもハマショーもタイプじゃないの。

関連記事
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 小出裕章さん
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 近藤紘子さんとABCC
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 神田香織さんの講談と懇親会で小出さんにナチュラルハイジーンを伝授する。

さて、わたしの生菜食ですが、時々ツイッターでつぶやいてます。スイカが沢山あるのでスイカ中心に食べてますが、今夜は青菜もたっぷりの青泥を食べました。で、お昼は・・・冷蔵庫の中のモヤシと焼きそばが「早く食べないと腐るぞ!」と脅すので、脅しに屈してしまいました。
しか〜し、でるでるよくでるスイカ効果なのです。あぁ、この感じだったわ!と思い出した。
明日は根菜さんチームも参加させようと思います。がんばれ、わたし。玄米ご飯がちょっと残ってるのは食べてしまいそうです。

明後日辺り久々にレバーフラッシュなどしてみようか、と思います。レバフラしてみたい方、エプソムソルトを実費でお分け出来ますので、右下のメールフォームからメール下さいね。メルアドご存知の方は直接メールください。

広島平和の夕べの報告も細々続きます。織物の方もモタモタと進んでおります。つまり、生菜食と織物以外何事も起こらないということです。今日は生協から野菜が届いたのでしばらく籠城できます。個展に向けて〜暑さに負けて〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー小出裕章さん

このイベントのメインはやっぱり小出さんのお話しだろう。8月6日に広島で小出さん1時間のうちにどんな話しをなさるのか、楽しみにしていた。

タイトルは「核兵器反対と原子力発電反対」
原子力発電とずっと向き合ってきた小出さんが原子力発電と核兵器に焦点を当てて話して下さる。
最初の原爆はポツダム会談の日に炸裂させた。

トリニティーが爆発したことで、トルーマンはチャーチルに「戦後世界は俺たちのモノだ」と耳打ちした。
そして、その千の太陽よりも明るい火の玉を広島と長崎で炸裂させたのが67年前の8月。

広島原爆はウラニウム型、長崎原爆はプルトニウム型。
天然ウランには燃えるウランは0.7%しか含まれてない残りの99.3%は燃えないウラン。
ウランの中から燃えるウランと燃えないウランを分別するには、同位体分離という特殊なやり方で“ウラン濃縮”をしなくちゃいけない。しかし、それにはものすごいエネルギーが必要になる。
16キロトンの広島原爆をつくるために50キロトンの爆弾相当のエネルギーが必要だった。

一方、燃えないウラン、ウラン238にに中性子を当てると、中性子を捕まえてウラン239になる。このウランはβ崩壊しながらネプツニウム239に代わり、それがまたβ崩壊してプルトニウム239になる。
こうした方が手っ取り早い。これらの作業をするのに必要なものが原子炉であり、プルトニウムを分離するのが再処理だ。

オマケだけれど、広島型原爆の材料の濃縮ウランを作ったカスは劣化ウラン、長崎型原爆で再処理してプルトニウムを取り出した後に残るのが減損ウランでこれらはどれも劣化ウラン弾の材料にされる。猛毒、すごい放射能のゴミを爆弾にしてアフガンやイラクに捨てている。

広島の上空で燃えたウランは800g。たった800gのウランが爆発して広島の街は一瞬でなくなってしまった。それほどの破壊力。後々の放射能の影響だって無視できるものじゃない。それは800gのウランから出た800gの死の灰だった。

一方、100万kWの原子力発電所が1年運転すると1トンのウランが必要で、1トンの核分裂生成物、つまり死の灰が出来る。

福島ではついにこの死の灰が環境に出て来てしまった。政府発表で広島原爆の168発分。現実にはその3倍は出ているんじゃないかと言われている。
しかも、原爆とちがって、環境に漏れた放射能は風に乗って、地面をなめるように環境を汚染し、雪や雨で地面に落ちてその土地を汚した。

核と原子力は全く同じもので、軍事利用なら核、平時利用なら原子力と言い換えて来た。日本は核保有国ではないのに、原子炉も再処理もウラン濃縮もロケット技術も、核の軍事利用に必要な全ての技術を持っている稀な国。

原爆死没者慰霊碑には「安らかに眠ってください。過ちはくりかえしませんから」と書いてあるけれど、福島は過ちではなかったのか?よく考えないといけない。
軍事利用はダメで平和利用ならいいというのなら、それは間違いだ。

去年の広島での講演では、小出さんは上関原発計画について触れられたけれど、今年は上関の話しはでてこなかったけれど、原子力と核はまったく同じものなのだ、ということは何度も強調されていた。

広島の原爆では、熱と爆風による被害がすざまじかったが、同時に放射能による被害だって膨大だった。だけど、その放射能は福島事故から漏れだした放射能とは比較にならないくらいの少しの量なわけだ。わたしは頭がクラクラする。放射線管理区域相当に汚れた土地が福島を中心にして東北、北関東、千葉や東京の一部にまで広がっている。そしてそこで人々は普通に生活している。

一般公衆の被曝限度量は1年間1ミリシーベルトだったのに、福島では今子供も含めて20ミリシーベルトまで許されている。福島の人は急に放射能に強くなったのか?そんなわけない。これから起こる健康被害、4つの壊れた原子炉を収束させるための作業員の手当、外国から巨額の補償を求められるかもしれない。あの広大なソビエトでさえチェルノブイリの事故の重みに耐えかねて崩壊してしまったというなら、日本はいったいどうなってしまうのだろうか?日本はほんとに壊れた原子炉ごと日本海溝に沈んでしまうのかもしれない。

小出さんはそんな先のことまでお話し下さらないけれど、小出さんのお話しを丹念に聞いていたら、本当に途方もない事が進行していて、人類が経験していないような事態になっていることがわかる。
あまりの事態の深刻さに国家は思考停止状態になっていて、また原発を動かしている。伊方も動かしたいらしい。地図で見てもわかるような活断層の真上にある、あの伊方原発を動かしたいらしい。だって、福島でも地震では原子炉は壊れなかったことになっているから。

小出さんは「いつも同じ話しですみません」と複数回小出さんの集会にくる人に謝られるが、世の中だって何も変わってない。あれだけの事故があったのに、まるで嘘を100回ついたらホントになるとでも言わんばかりに、誰も死んでないの、健康被害は確認されないの、と言い続けて、再稼動してしまうし、原発を止める気なんかさらさらない。
あんな事故があったのに、何も変わらない。やっぱり頭がクラクラする。

IMG_3578.jpg

小出さん、絶望したら本当の負けだ、とおっしゃるけれど、わたしは絶望しそうになる。こんな世界を相手に40年も闘い続けてこられた人にこんなことを言うと笑われるだろうけれど、あまりの出来事の大きさに、わたしの頭もパンクしそうでどう理解したらいいのか分からない事だらけです。だから東電本店や政府の連中の「臭いものには蓋」な態度が理解できる。良くわからないから、なかったことにしよう。大した事ないということにしておこう。そのうち誰かが何とかしてくれる。

誰も何とも出来ないのがメルトダウンじゃないか。

小出さん、いつも心のこもったすばらしいお話し、ありがとうございます。小出さんのお姿を拝見するといつも勇気をもらいます。そして、わたしもわたしに出来ることをやるしかないのだ、と、ある種の開き直りのような心持ちになるのです。

この後、ドイツの緑の党の人のお話し、被爆者のお話し、神田香織さんの講談、とイベントは続いたのでした。はぁ、盛りだくさん。
そして懇親会もあったのです。すごい1日でした。懇親会の話しもまた。

関連記事
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 三代目春駒さん
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 近藤紘子さんとABCC
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 神田香織さんの講談と懇親会で小出さんにナチュラルハイジーンを伝授する。

今日の生菜食は、朝、産直市で買った巨大スイカを半分に割って、スイカの皮ジュース。お昼は青泥、山芋おろしにアルファルファ、豆腐。夜は青泥、大根おろし&アルファルファをプリック・ナムプラーで食べました。あ、おやつに煎餅3枚をポリポリ。
毎日脱線してる。明日もスイカを食べる。レバーフラッシュは明日にしようか、明後日にしようか・・・グレープフルーツ買ってこなくっちゃ。
 
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 近藤紘子さんとABCC

本当に盛りだくさんのイベントだった。小出さんのお話しの後にドイツ緑の党の方がスピーチをされた。
ドイツも日本と同じように原子力ムラがメディアや経済、政治を牛耳っていたけれど、市民の力でそれを変えることができたのだから、日本だってきっと出来る!という力強いお話しだったが・・・そんな風に言われて、明日にでも世の中が変わるなんて思えない。ドイツは原爆落とされなかったじゃないさ、とちょっと冷めた頭で聞いていた。

ドイツ人のゴツいオバちゃんの後に演台に立ったのは、最前列のわたしからは演台の影に隠れて顔が半分くらいしか見えない小柄な女性だった。わたしは正直被爆者の体験談なんかあまり聞きたくない。戦争はいけない、核兵器はけしからん、というのは当たり前のことだもの。

まるで落合恵子さんのような語り口。この方は生後8ヶ月で被爆なさったのだから、原爆の日の話しはされない。子供の時に髪を梳いてくれて優しくしてくれたお姉さん(自宅の教会に出入りしていた被爆者)たちの異形、原爆を落としたパイロットへの恨み。

わたしは被爆者にABCC(現放射線影響研究所)が何をしたのかということを、小出さんの講演では、「治療は一切せずに調査だけした」と語られ、肥田瞬太郎さんの映画「核の傷」で語られ、福島菊次郎さんの写真、郷地秀夫さんのお話しでは、被爆死したものの80%を解剖してサンプルを取ったという話しを聞き知っているだけで、実際にABCCでの検査に通っていたという話しを初めて聞いた。

近藤さんはあの日のことを忘れようとしていた。
ABCCからは毎年呼び出しがある。特に子供のデータが欲しかったらしい。ABCCに行くと着ているものを全部脱いで、ふんどしのような下着に木綿のガウンのようなものに着替えさせられる。名前を呼ばれて元気良く返事をしすると、こっちへ来いと呼ばれる。そこは講堂のような大きな部屋で、人がたくさん集まっているのは分かる。だがステージの上にいる近藤さんには強いライトに照らされて観客の様子はわからないが、各国の言葉が聞こえるので、世界中の“お医者様”が集まっておられるのだろうと思った。舞台の真ん中に立って服を脱げと命令される。彼女の後ろには10センチ方眼のボードがあり、その前に立たされる。
膨らみかけた胸を隠すことも出来ず涙を落とす。

「あの日広島にいただけなのに、どうしてわたしはこんな目にあわなければいけないの?」

それほど長い時間じゃなかったかもしれない、とおっしゃる。だけどこの経験から彼女は広島を逃げ出すことになる。高校は東京に、大学はアメリカに。

彼女のデータは30センチほどの厚さがあったらしい。チェルノブイリ事故の後にそのデータがかの地で治療に活かされた、と語っておられた。

ICRP(国際放射線防護委員会)は原発推進側が作った組織だと言われているが、日本政府もICRPの勧告に従って一般公衆の被爆限度は年間1ミリシーベルトと決めている(た?)。緩いと言われるICRPの基準はどこから得られたデータかというと、ABCCが広島や長崎の被爆者を一切の治療もせずに毎年呼び出して放射線を当てたり、何だりと検査だけし、被爆死した人の80%を解剖して得られたデータだ。

だって他にこんなに分かり易く放射線に当たった人が大量にいるところなんかないんだもの。世界で初めて落ちたウラニウム型の原爆は広島で、世界で一番最初に落ちたプルトニウム型の原爆が長崎なんだから。

こんな風に少女の心に深い傷を残し、死者を冒涜して得られたデータ、一般公衆の被爆限度量というのは、なんとしても死守しなければいけないんじゃないか?福島の人は子供も含めて20ミリまで何の問題もないですよ、と言いながら癌の病院を建てるだの、なんだの、オカシな話しじゃないか?広島のABCCにモルモットにされた人たちはどうして声をあげないんだろう?

チェルノブイリの時に本当に近藤さんの資料は活かされたんだろうか?と疑問に思う。だって、チェルノブイリに国連の代表として広島から重松だかなんだかという人が出掛けて行って、「放射線の影響はみられない」とかなんとか報告したというではないか。実際に調べて問題提起をしているのは市民グループだったんじゃなかろうか?

福島の20ミリというのは、除染したとしてもこれ以上下げるのは無理だから20にしておこう、ということらしいと何かで読んだ。田中俊一の発言かなにかだったと思う。正直でよろしい。だけど、20ミリというのは放射線業務従事者の限度量だろう。子供はそもそも無理じゃないか。

1年間1ミリシーベルトを守れ!と言われると政府は困るらしい。なぜなら大量に移住させなければいけないから。ならば移住させればいいじゃないか、補償すればいいじゃないか。東日本を諦めるのが嫌なのと、人を再びモルモットにするのとは話しが違うと思う。
考えてみてほしい、一般公衆の被爆限度量の年間1ミリシーベルトという数字がどうやって得られたものか、広島と長崎のたくさんの被爆者の苦しみ、悲しみ、恥辱という犠牲の上に得られたもので、研究室の電卓ではじき出されたものじゃないってこと。

近藤さん、貴重なお話しありがとうございました。

関連記事
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 三代目春駒さん
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 小出裕章さん
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 神田香織さんの講談と懇親会で小出さんにナチュラルハイジーンを伝授する。

今日の生菜食、
お昼にはパン種の更新のためにピタを焼いたので、ついピタサンドを作ってしまうがマヨネーズはナシでアボカドパテにしてオイルフリー。晩ご飯は青泥、大根おろし&アルファルファ、山芋&アルファルファ、豆腐。体重は減らないなぁ、明日はグレープフルーツを買って来てレバフラしようと思います。午後2時から絶食でエプソムソルトを飲むんだったな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 神田香織さんの講談と懇親会で小出さんにナチュラルハイジーンを伝授する。

近藤さんの悲しい悲しいお話しの後は、神田香織さんだ。神田香織さんといえば、7月16日の代々木公園の集会のメインステージであの暑い中キリっと着物をお召になって、素晴らしい司会進行をなさったことが記憶に新しい。

講談師の話しを生で聞くのは初めてだ。最初、たね蒔きジャーナルでなどで色々勉強させてもらった、と小出さんにご挨拶。小出さんも頭を下げておられた。
最初から張り扇をパンパンはたいてお話しなさるのか?と思ったら、神田さんが講談師に弟子入りする過程の話しだったり、いわき弁の話しだったり、滑舌の話しだったりで、発声練習を一緒にやったりして、結構面白い。普段いかに口をきちんと動かさずにモゴモゴとしゃべってるのかがわかる。
そして、「チェルノブイリの祈り」「はだしのゲン」などを講談に仕立てるに至ったお話しも少し聞かせて下さる。
そして「はだしのゲン」を少しだけ。

照明や音響がついているので驚いた。「Bが飛んでいる、空襲警報もないのにね」、ゲンが立ち話しているところから、お母さんが子供を産むところまでだった。作者の中沢啓治さんが会場に来られていた。こんな経験をして生き続けるのはどれほど辛いことだろう?だけど、みんな「なにくそ、生きぬいちゃる!」と生きて来たのだろう。

驚いたことに、神田さんと中沢さんは初めてお会いするらしい。ロビーでしばらくお話しされていた。

さて、懇親会。お昼にベンガル料理をたくさん食べたのでお腹が空かない、と料理を取りに行かなかったら、アッという間に料理はきれいサッパリなくなって、追加なんか出てこなかった。

春駒さんにお話しを伺ったり、ギターを見せて頂いたり。小出さんと神田さんがお話しなさってるところを写真に取ったり。小出さんのまわりは質問の人で黒山の人だかり、ってほどじゃないけれど、次々とご挨拶やらお話しに来られる人に丁寧に対応されている。
わたしは近づく人が居ないタイミングに神田さんにご挨拶する。神田さんの講談をピーターバラカンさんのラジオ番組のポドキャスト(2011年9月23日の番組)で聞いたけど、後半が切られてるといったら、ちょっと驚いておられた。「わたし、言いたいこと言っちゃいましたから、そのせいかしら?」などとおっしゃってた。このポドキャストは是非聞いてみて下さい。「チェルノブイリの祈り」をほんの一分ほど講談なさってます。すごい迫力です。

なかなか地方にいると講談など聞く機会もないけれど、是非ともきちんとお聞きしてみたい神田香織さんの講談です。

さて、だんだんと人も少なくなってきて、小出さんのまわりにも誰もいなくなったので、なんだか隣に座り込んでお話しする体制になってしまった。いっちゃんちに遊びに行った時の話し、なぜか夫の仕事の話し、小出さんの奥様のお話し、最近太って前代未聞の体重になっているわたしの腹回りの話しなど、取留めのないことばかり。つまらない話しをしてるのだから、だれか小出さんと話したい人や質問したい人があればすぐにでも席を譲ろうと思っていたのに、だれも近寄ってこないから、どんどんお話しする。

腹回りの話しからだったか、小出さんが「どういう食べ方をすれば身体にいいのですか?」とご質問なさった。
ぺ:「最初にサラダを食べるんです。生のものを。生の果物や野菜にはそれ自体を分解してしまう酵素があるので、自前の消化酵素を使わなくて良いから、身体は代謝や免疫を上げることに酵素を作る能力を回せるんです。ただ、酵素なんかタンパク質だから、胃の中で消化されてしまう、という説もあります。」
小:「どっちがホントなんですか?」
ぺ:「わかりませんが、最初に生を食べていると身体は確かに楽です。痩せなくても良い夫がスルスルと痩せて薄っぺらくなってしまいました」

ナチュラルハイジーンの話しならタイ語でテキストを書いたくらいに諳んじている。この後、朝ご飯は何を食べたらいいのか?という話になって、
ぺ:「朝は必要ないなら何も食べないか、食べるとしたら果物だけにしておくのがいいんです。」
小:「でも、トーストは・・・」
ぺ:「加熱のものは消化に負担が掛かるので、食べない方がいいんですよ。うちの夫もしばらくパン食べてましたけど、今では会社にリンゴとかバナナとか持って行って、小腹が空いたら食べてるみたいです。コーヒーは止めませんけど。」
この後夫の弁当の中身などをご質問される。なんでそんなことに興味持ったんでしょうね?

小出さんは痩せる必要なんかなさそうですが、ナチュラルハイジーンは消化の負担を軽くする食べ方なので、小出夫人もご一緒にナチュラルハイジーンを生活に取り入れられると嬉しいです。

小出さんの言葉の端々に奥様への畏怖や愛情が滲み出ています。小出さんのお話しからわかった小出夫人像は思った通りの女傑でらっしゃいます。父ちゃんの数倍は肝っ玉の座った母ちゃんでないと、反原発を40年も小出さんが貫けたはずがありませんもの。

実は放射能のことでお聞きしたいこともあったのに、つまらない雑談で和んでしまったのでした。小出さん、貴重なお時間をありがとうございました。奥様にお会い出来る事があったら、延々と夫のことをしゃべってしまいそうです。

この後、小出さんの新幹線の時間になってきたので、広島駅方面にいかれる方をタクシーに詰め込んで、わたしは真っ直ぐ誰も待ってない家に戻ったのでした。
はぁ、長い1日でした。

小出さん、どうもありがとうございました。いつか敬愛する奥様にお会い出来ること、楽しみにしております。

関連記事
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 三代目春駒さん
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 小出裕章さん
8.6ヒロシマー広島・平和の夕べー 近藤紘子さんとABCC
番外編
いっちゃんご夫妻にベンガル料理を振る舞う。

さて、今日は午後から断食をして、レバーフラッシュをやっている。2回のエプソムソルトでずいぶんトイレに通った。もうすぐグレープフルーツを絞ってオイルとシェイクしてゴクゴク飲んだらコテっと寝ます。エプソムソルトを飲むのにリンゴジュースを使っているからかどうかわからないけれど、お腹はぜんぜん空きません。
明日の首尾やいかに・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

久々のレバーフラッシュ

生菜食を久々にわりとちゃんとやっている(最近のわたしにしては見上げたもんだ!)ので、”そうだ!レバーフラッシュなる遊びがあった!”と思い出した。一番必要なエプソムソルトなるマズいものは豆腐屋が開業できそうなくらい買ってある。以前レバーフラッシュをやった時のブログを見ると2010年の7月だった。
もう2年も経ってるのね、あの頃は夫の食事とは別に自分だけ生菜食を食べていたらしい。一体誰のことか?と思う。あの頃は後ろから見たら中学生みたいな体型をしていて、手持ちの服がみんなブカブカになって困っていたのだった。しかし、今ではどうだろう、手持ちの服がみんなぴちぴちになってしまった。しかも、ヒップが・・・大人の女性の体型になるのはなぜだ!今頃??
身体の神秘は奥が深いのです。

以下、テーマがテーマだけに閲覧注意です。自己責任でどうぞ。

あ、お尻の話しじゃなくて・・・前回のレバフラは甲田療法の生菜食をかなり真面目にやっていた時期で、あまり出た感じもしなかった(甲田療法の生菜食を食べてるとプカプカと石が出てくる)し、オリーブオイルを飲んだ後はムカムカして寝苦しかったのだけど、今回は甲田療法をちゃんとやってないし、中学生が大人の女になるほどの体型の変化があったのだから、石もザクザク出てくるに違いない、出て来たら楽しいなぁ〜、出てこないかなぁ〜、という気持ちでやってみた。

ちなみに、レバーフラッシュは二時間ごとにイベントがあって結構忙しい。

初日、午後2時以降は断食。夕方クラブに行って軽くジョグし、温冷浴をする。帰宅して、18時、20時にリンゴジュースに溶かしたエプソムソルトを飲む。

18時のエプソムソルト(リンゴジュースに溶かしてもひどい味)を飲んだ後からフラッシュが始まる。水や柿茶を飲む度にトイレへ行く感じだけれど、お腹はぜんぜん痛くない。ついでだけど、リンゴジュースで誤摩化したマズいものを飲むので全然お腹は減りません。どっちかというと、“え?また飲むの?・・・ウップ!”という感じなので、断食に慣れてない人←今のわたしだ! でも心配ありません。

今回はフラッシュが激しいので、エネマはパス(必要ないと判断)し、10時になる前にグレープフルーツを絞り始め、「この繊維はどうするんだっけ?入れるんだっけ?なるべくジュースだけにしておこう」などと思いながら、新しく封を切ったスペイン産オリーブオイル125ccと混ぜてシェイクしたものを一気飲みして(コレを飲むのはそんなに大変じゃない)口だけすすいで、シェイカーは翌朝洗うように冷蔵庫に保存して、平床に直行。仰向けになってお腹がグルグルと鳴る音を子守唄に眠りにつきます。

今回は前回のような吐き気はほとんどなく、朝4時くらいまで熟睡。1度起きだして柿茶を飲んでまた板の上に。6時まで二度寝しておりました。

ちょっと気持ち悪いけれど・・・アレを飲む。あの〜、リンゴジュースに溶かした13gのエプソムソルト。

レバフラというのは不思議なもので、グレープフルーツとオリーブオイルの混合液を飲んだ後はフラッシュしない。つまり、眠れる。そしてまたエプソムソルトを飲むとフラッシュが始まる。

夜のフラッシュは食べたもの(プルーンの皮とか)が浮いているのは見えるが、石は浮いてない。朝のフラッシュから石が浮き始める。

今回もおお〜!!と写真を取りたくなるような石は浮かなかったけれど、米粒大や米粒X2くらいの大きさのは結構出た。せっかくだからどんなもんか?と箸を持ってきて摘んでみたり潰してみたりしたら、コレステロールのかたまりだ、ということが分かる。箸で摘むことはできるけれど、チョイチョイと突くとホロホロと崩れる。色はうす黄色くらいで緑やら黒いのは出ていない。

レバフラで水に浮くものは前夜飲んだオリーブオイルが固まったものだ、という説もあるようだけれど、今日の観察ではオイルの固まったものではなく脂肪のかたまりのようなものだ。

以前、胆石の手術をした友達が身体から取り出した胆石を見せてくれたことがあった。大きさは直径3センチくらいのごつごつした物体で、色は黄色く変色していた。彼女曰く、最初は白かったんだそうで、「これ、脂のかたまりなのよ、コレステロールがかたまったものなの。こんなのが入ってるのね、痛いはずだわ」と。

それと同じような質感のものだったので、コレステロールの固まりのように見えた。

しかし、前回と同じくゴロゴロザクザクと石が出てくるわけでもなく、「ま、こんなものかしら?」という感じだった。

デトックスプログラムをやると家の掃除をしたくなる人は少なくないようで、わたしも来客予定があるので半年ほど放置していた二階の片付けを、汗をぽたぽた垂らしながら、トイレに通いながら遂行した。部屋を片付けて、ついでに寝室の掃除もして、階段の掃除もして、お腹も二階もきれいになって気持ち良い。

多少脱水するらしく、口(喉じゃなくて)は渇くがお腹はタプタプという状態がすこし辛い。このプログラムはやはり内蔵が健康な人でないと脱水の危険があるかもしれない、と思う。

6時8時とエプソムソルトを飲んで、トイレに通って、10時に回復食のグレープフルーツジュースオイル抜きを飲むと不思議なことにフラッシュはぴたっと収まった。
(実際には自宅ではちょびちょびまだ続いたけれど外出や買い物は大丈夫)

この後、夫を迎えに行ったり、買い物に行ったりするうちに段々と空腹感を感じるようになって、昼は遅めに青泥とサラダとピタを少し、という食事をしてレバーフラッシュは終了したのでした。

2年ぶりのレバーフラッシュを終えた感想ですが・・・
エプソムソルトはトラウマになりそうなくらいマズい。
お腹がスッキリして気持ち良い。
体重はそれほど変わらなくてつまんない。
また生菜食を一週間くらいやる時があればレバフラをしてもいいなぁ、とも思う。エプソムソルトもたっぷりあるし。

でした〜。

お酒や薬を飲んでいない人なら一週間軽めのローフードを食べていれば、いつでも出来るイベントなので、興味のある人はご自分で色々と調べて、自己責任でお楽しみ下さい。

デトックスプログラムの効果は数日続くので、お肌の状態などの変化を楽しみにしていようと思います。

長文最後まで読んで下さってありがとうございました〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫が色々持ち帰る。

一週間の楽しい出張から夫が戻って来た。旅先でもブログを読んでいるらしくて、わたしが毎日何をやってるのかよく知っているらしい。しかし、わたしの日常はブログに書いていないことのほうが多いから甘くみてはいけない。

大きなザックと小さいトランクとスーパーの袋をぶら下げて「頼まれてたもの買って来たよ」と。あれ?そんなにたくさん頼んだっけ?と思ってたら、頼んでないものまでたくさん買って来てくれた。

IMG_3587.jpg

真ん中の白い袋の中は椰子砂糖。ビルマの屋台飯屋にお茶請けとして置いてあるんだそうで、食後にちょっと摘むものらしい。どこの店にあるわけでもないそうな。
黄色い可愛いパッケージはビルマのお茶。その右の妖しいものは、タイローカルのデーツ。その上は通りかかった地方の特産の野菜チップスの詰め合わせ。
わたしの好きなお米スナックにバナナチップス。

あの〜、わたし断食明けなんですが・・・バナナチップスですか?しかも、知る人ぞ知るお店なんだそうで・・・
難波のたこ焼き屋みたいに同じ店が並んでいるんだけれど、この店一軒だけがウマいらしい。作り方をみていると、煮えている油の上に特製の野菜スライサーを設置して、グリーンバナナをピーラーでむいて(固いから手でむけない)しゅしゅしゅ〜とスライスして、切れたものは油の中にじゅわ〜。
そして、油の中に塩水!を入れるらしい。塩水の濃度と油の温度に秘密があって、油が跳ねないんだそうな。で、チップスに微妙な塩味がついて、これがバナナのほのかな甘さとあいまって、絶妙なんだそうで、食べてみたらほんとに止まらないやんか!!どーしてくれるねん、こんなもの買って来て!と、ぶちまけたくなりそうなほどの美味しさでした。

頼んだお土産は、中東のデーツやら、タイハーブのフレッシュやら、ベジタリアン用ナムプリックパオやらでして、またこれで料理を作るのが楽しいのだけれど・・・断食明けなんですが。
楽しいお土産たくさんありがとうございます。この買いっぷり、どれだけあなたがわたしと離れて寂しくしていたか、というのがわかりました。

断食明けといえば、イード・モバロック!イスラムの断食もそろそろ明けるころですね。こんなに日の長い時期の断食、皆さんお疲れさまでした。
イスラムの断食、水のんで良いんだったらわたしもやりたいけれど、水もダメつーのがなぁ・・・しかも揚げ物たっぷり食べるし、美味しいけど。
イスラム教徒もそうでない人もみんなでやれば結構断食は楽しいですね。回復食、ほんと難しいので、イスラム式の日の出てない間は普段よりご馳走を食べる、という断食は悪くないのかもしれません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


生菜食の後のお客さんご飯。

今日は夕方から夫の同業他社で、台湾でお仕事されてる方が夫に何やら相談だかお話しだかがある、ということでウチにいらっしゃることになっている。

でもさぁ、映画行こうよぅ〜、アンタ帰ってくるの待ってたんだからさぁ〜、ということで午前中は大雨のなか車を走らせて映画を観に行った。
映画が終わったら、雨も上がって、寿司食いてぃ、という夫に付合って三越の地下のスタンドのようなお寿司屋さんでわたしはチラシ、夫はにぎりを頼む。驚いたことににぎりは食事の進み方をみながらタイミングを見計らって握って下さる。まぁお値段もお好み焼きのスタンドとはちがって寿司屋さん値段なんだけど、ちょっとビックリした。野菜の買い物して帰宅。

夫はお客さんには歓待しなくていい、という。だけど久しぶりに日本に戻って来ているのだから、日本の普通のお惣菜も召し上がって頂きたい、と料理を始めようとすると、夫が「昼寝したほうがいいよ」とうるさいからちょっと横になってみたけれど、眠れそうにないので昨日織り上がったリネンのバスタオルの仕上げをすることにする。
(夫がわたしに休め休めというのは、思いやりというよりは、疲れたわたしが機嫌悪くなるのを恐れてのことである)

そのうちに電話が掛かって来て来客到着。
さて、お客さんは鹿児島経由だったそうで、鹿児島の”つけやき”というのをお土産にお持ち下さった。
わ〜、本場のつけやき、実は初めてです。鹿児島、きちんと行ってみたいわ〜、温泉もいいし、夫は焼酎を100本くらい買いそう。

というわけで、お客さんが来てから料理を作った。
とりあえず、枝豆を茹でたものを摘んでもらって、お酒は冷蔵庫の中で眠っていた獺祭の大吟醸。「いや〜、日本酒いいですねえ」うんうん、日本酒はいいねえ。

夏野菜は焼くだけとか、切るだけで美味しいから料理が簡単でいい。

IMG_3588.jpg

焼きナス、万願寺の焼き浸し、蕗と厚揚げのたきあわせ、お土産のつけあげに豚の軟骨と糸こんにゃくとナスの煮物を菊の助さんの柚子ごしょうで。

わたしはどうやらちょっと胃が小さくなったらしい。お昼の穴子ちらしは上品な分量だったけれどお腹いっぱいになったし、晩にはおかずだけでご飯を食べなかったけれど満足してしまった。このわたしがご飯食べないなんて・・・
雨が降る訳だ。

このお客さんがわたしが料理する人だと覚えていてくれたけど、わたしは彼に会った時には色んな人に同時に会ったので、誰が誰だかわからなくなっていて、失礼ながら全く記憶にない。

ある材料で適当に作った料理だってけれどもどれも台湾では食べられない味だったと思います。お酒と一緒にとても楽しんで下さいました。気持ち良くたくさん召し上がってくださるお客さん、大好き。

しばらく夫と仕事の話しをしていたようだったけれど、後は酒の話しやら、音楽の話しやら・・・今はカメラの話しをしている。

台湾もしばらく行ってないけどまた行きたいね、是非いらしてください。・・・
こうやって世界中に友達が増えていく。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック



最近のお気に入り。

以前買って一時期個人的に大ブームになっていた吸い玉セット。

前のクラブは会員さんの数も少なく、わたしが変人だ、ということが知れ渡っていたので、背中が水玉模様だろうがなんだろうが、「ああ、またあの人は変わったことしてる」程度に思われていたので気にせず吸い玉三昧を楽しんでいたけれど、今のクラブはもっと大規模なところで、背中や肩に赤黒い痣を作って運動したり、お風呂に入ったりするのはちょっと気が引ける。

だから吸い玉は遠慮していた。だけど、ポイズンリムーバーのように使えば良いんだ!ということに思い至った。だって、ちょっと庭に出たら脚とか腕とかブツブツに刺されるんだもの。


IMG_3590.jpg

ということで、蚊に刺されてプッツリとなったら吸い玉の一番小さいのをポッコリと吸い付けて毒液を吸い出す。

IMG_3592.jpg
夫の腕を吸い出し中の図

存分に吸い出したら、枇杷の種を焼酎につけたものをチョイチョイと塗っておけば良い。またかゆみがでてきたら吸い玉。         

まぁ、家にあるんだから道具は有効につかわねば。

お昼はお客さんもいたので、台湾ではこれまた「なんちゃって」なものしかないパスタを作った。そういえば台湾にはサラダ類もないなぁ。

IMG_3589.jpg

お客さんが帰った後なんだかたくさん寝てしまいました。夢までみた。ふだんも平床で寝てるので、どこでもゴロンと横になったらグーグー寝られるのは良いことなんだかどうだか良くわからない。台所の床も冷たくて気持ち良く寝られる。

生菜食はすっかり終わって、青泥は1日1回、スイカはたくさん食べてます。あまりお腹も空かなくて、食事の量も以前に比べて少なめ。お通じは何回もたっぷりでまだまだデトックス効果は続いているもようです。昔とくらべて体重が落ちなくなったのはなんでやろ?昨日からの眠さも身体が変化しているのだと思われます。
                   
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック         

生菜食ウイークの感想

細々と夫の留守に再開していた生菜食、かなり真面目にお付き合いして下さった方が感想を送って下さいました。


生菜食は食べてもいいこと、しかもかなりお腹いっぱい食べられるのが、私には向いているかなと思いました。何も食べない断食は、私はこの3-4年の間、何度もやったのですが、そうすると、普段の生活がかなり乱れても断食すればいいや、となってしまう傾向がありました。断食期間の反動のようなものもあり、かなり生活が乱れ、しかも食べ過ぎてしまっていました。

ですが、今回は、食べられるというのが、満足感を私に与えてくれ、生菜食はしかも、なかなかおいしく、私自身意外な発見をしたようでした。玄米は1-2日水に浸したものに、タヒニを少し混ぜたり、はちみつも加えたりすると、本当にナッツを食べているような感じで、たくさん噛むことにも不思議な満足感がありました。私もペンギンさんのように、一日少なくとも一食生菜食という形で続けられればと強く思いました。

ペンギンさんも普段の生活に戻られるようなので、今回でとりあえず生菜食週間のご報告は終わりとさせていただければと思います。

ご一緒に、生菜食に取り組ませていただき、とても励ましになり、また、適切なコメントもいただき、無理をせずにゆったりと取り組むことができました。いつも記事を楽しく読ませていただいているのですが、これまで以上に、身近に感じながら、読ませていただけるような気がしています。ありがとうございました!


こちらこそ、ありがとうございました。
この方も断食マニアなんですね〜。断食って食べない時はテンション上がって「わたしってすごい〜」と陶酔するのだけれど、回復食がつい乱れたり、「また断食すればいいや」となりがちで、断食の上に胡座を書いてしまうような状態になると要注意、食べ過ぎリセットの断食は有効ではあるけれど、食べ過ぎと断食の繰り返しは身体にはとても負担を与えてしまうのだから、そんなことなら断食もしない方がマシ、ってことになります。

わたしも5年くらい前は断食マニアでブイブイいわせておりましたが、回復食のコントロールが出来ないような断食ならしないほうがマシ!と大いに反省し、その後も反省しっぱなしであります。

甲田療法の生菜食の優れているところは、甘いものがない、というところだと思います。わたしはローフードといえども果物やドライフルーツの多食は、健康のためや病気治療のためにはあまり好ましくないと思うからです。そして、メニューがきちっと決まっている、というのも良いですね。分量まで決まっているので言いつけに従っていれば間違いはないのです。なにより分量が多い、というところも素晴らしい。食べているので途中に社交があっても素知らぬ顔で普通の人に混ざってご飯を食べたり、ということも出来ます。生菜食は断食と違って思いついた時に始めて思いついた時に終了したり中断することができるし、ストイックにしないことで生菜食を止めた後の反動も少なく済むような気がします。

この方は本断食を1日なさったようですが、生菜食の最中なら補食も簡単ですから、気が向けば断食もできるし、わたしがしたようにレバフラをプログラムに組み込んだりも出来ます。

お付き合いどうもありがとうございました。また夫が一週間ほど出張に出掛ける気配なので、その時は発芽玄米付きの生菜食をやってみようと思います。お米は砕くけど・・・

断食に脚を突っ込んでからナチュハイ、ローフード、そして甲田療法に辿り着き、未だに甲田療法の周辺を彗星のような軌道を描きながらウロウロしているけれど、いつか立派な大人(?)になって心の宿便も出し切って、甲田療法の人になれるように、と願っています。

このコメントを下さった方は英国在住だそうで、こんなイベントをご紹介くださいました。あれ?この週末じゃないですか!

お近くのかた、ご興味のある方は是非どうぞ。和合さんの詩をご紹介なさるんですね〜。
SilentPrayerofPoetry

イベントの企画、運営ってホントに大変だと思います。どうか盛会になりますように。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「にっぽんの嘘」

やっと行ってきた、「ニッポンの嘘」

福島菊次郎さんの作品ときちんと対面したのは、何と、ダッカだった。ダンモンディーというところに写真専門のギャラリーがあって、そこで開催された写真展をたまたま見た、という話しを映画の後の車の中で夫に聞かされて、きれいサッパリ忘れていたことにビックリする。そういえば、ダッカで広島の写真を見たことがあったけど、あれが菊次郎さんの写真だったんだ。

菊次郎さんといえば、広島ではかなり身近な存在。わたしはお会いしたことはないけれど、無人島に1人で住んでる、とか、昆虫のジュエリーを作る人とか、わたしは縁がないけれど、わたしの周りの人は菊次郎さんに会いに行ったことがある人が何人もいる。

映画の中ではほとんど触れられないけれど、菊次郎さんの指輪やペンダントは菊次郎さんの作品で、とても素敵な昆虫のジュエリーを作られる。無年金の生活を支えたのはジュエリーの売り上げが主なものだと思う。

菊次郎さんはお一人で無人島におられたんだと思ったけれど、パートナーの女性が一緒だった。無人島の暮しはほんの数年で警察から島の持ち主というか、大家(っていうのか?)に圧力が掛かって、自身の健康問題もあって柳井に住まいを移す。

ABCCの大理石の解剖台、胴体が乗るところには鉄で作った格子の台が置いてあって、解剖台は中心に水の流れ出る穴があいていて、それに向かって放射状に溝を掘ってある。2台の解剖台で1日に何十人もの被爆者の遺体を切り開いて臓器のサンプルを取っていた。

菊次郎さんの言葉の端々に国家への不信感が滲み出ている。年金も30年払ったけれども受け取り拒否。国の世話にはなりたくない。年金なんかもらったところでせいぜいカツカツの生活が出来る程度、死にはしないけれど文化的な生活など送れないような年金なんか、国の世話にはなるものか。

そうやって90歳で老犬と一緒に静かに暮す。

映画の中で菊次郎さんは「ピカドン ある原爆被災者の記録」は中村杉松さんとの共同作業だった、と語っている。結局この本が評価されて、菊次郎さんは東京へ行き報道写真家として活躍する。「わしの敵をとってくれ」と言われて撮り始めた中村さんの写真、結局中村さんのカタキなどとれなくて、菊次郎さんはその恨みを国家による犯罪へと向けていく。

中に入らなければ写真は撮れない、とコミュニティーの中へスッポリと入り込んでそこから写真を撮ってゆく。だからどんな報道写真家が撮るよりも迫力のある写真が出来上がる。

これは何かのインタビューで読んだものだけれど、普通雑誌のグラビアページというのは事前に決まっていて注文を受けた写真家が注文にあうような絵を撮ってくるものらしい。しかし、菊次郎さんは自分がとった写真を持ち込んでグラビアの企画を変えさせてしまう、というやり方をしていたらしい。それだけ有無を言わさないような迫力が写真にあるから出来ること。そんな破天荒な投稿のしかたも菊次郎さんらしい。

菊次郎さんは映画の最後のところで中村さんの墓参りに行く。なんとも悲しく切ないエンディングだった。

機会があれば是非見てほしい。
(頭が織物モードになっていて、あんまりスパっと書けませんでした。でも映画は見てね)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ローフード3ヶ月、生理が止まっちゃいました。

ご質問頂きました。

ご質問の方にお願いですが、病気のことはお医者に掛かってくださいね。
そして、Q&Aカテゴリーを一通り目を通して下さるとありがたいです。
ご質問のガイドラインのようなものはこちらご質問いただいてます

こちらはご質問者年齢もどんなローフードを食べているかもまったくわかりませんから、トンチンカンなお返事になるかもしれませんが、たいてい質問者の方は自分には都合の悪い重要な情報というのは隠しているものです。
まあ、そんなことはさておいて、わかる範囲でお答えしてみましょう。

始めまして。いつも楽しく読ませて頂いております。私も甲田療法の少食とナチュラルハイジーンを取り入れ、朝はスムージーのみ昼と夜はローフードをこの3ヶ月続けました。胃腸の調子が悪い時や外食した後は食事をしなかったり、スムージーで済ませました。ところが、最近生理が不順になり、量も減りました。今まではきちんと毎月来ていました。先月は2日で終わってしまい、今月はまだ来ていません。看護婦さんからはカロリーが少ないからだと言われ、たしかに、体重も減り、痩せ過ぎになりました。私はお腹も緩く、軟便になりやすいので、あまり脂っこいものは食べれません。ポテチやピザは無理です。胃腸のためには少食が必要ですが、生理も来て欲しい。やはり頻繁に食べるべきでしょうか?家で勉強してることが多く、特にストレスなどはありません。何か良いアドバイスがあれば、教えて下さい。



はいはい、いつも楽しく読んでるとしても最近のお話しだというのはこのご質問の内容からわかります。
昼、夜ローフードの、その中身がわからないけれど、この方はもともと胃腸の弱い軟便傾向な人のようです。

ローフードやらナチュラルハイジーンを厳格にやっていると月経が止まることがあります。この人の場合はかなり痩せてしまっているようなので、痩せ過ぎからの月経停止だと思われます。「女性のためのナチュラルハイジーン」という本によれば、月経の出血は浄化のためのもので、身体の中がナチュハイできれいになれば生理も軽くなる、または回数が減る、というように書いてあったと思います。

さて、どうすればいいか?心配ならば婦人科に行って月経停止の原因を調べてもらえば良いと思います。痩せてるそうなので、無理なダイエットをしたと思われるかもしれませんけど。

ホルモンの原料はコレステロールなので、やはり極端な食事法はホルモンの分泌も減らしてしまいます。

この人は何を目的にローフードを食べているのかまったく分かりません。生理が始まってほしいなら毎月生理があった時の食事に戻せばいいのではないか?と思います。

お聞きになりたいことは、ローフードをやっていて体重もへっちゃったから頻繁に食べるべきか?というところでしょうか?食事の回数を増やすのはどうか?という意味ですね。
食事の回数が増えるのは好ましくありません。だいたい胃腸の悪い人が食事を何度も食べたらずーっと胃腸は働き続けなければいけません。それよりも、普段食べている(何食べてるか知らんけど)ものにきちんと炊いた玄米ご飯や玄米クリームを付けるなどするほうがいいんじゃないか?と思います。

甲田療法の少食はそれほど少食ではありません。この人が“少食”といってるのはどれくらいのボリュームのことなのか、これもまったく曖昧模糊としていて、人に伝える意志があるとは思えませんが、甲田療法の少食は1200Calくらいあります。甲田先生は1700Calくらいに押さえろ、と言ってますが、これが甲田療法の“少食”です。

3ヶ月前から始めたローフードなんですねえ。厳格にやってたら今頃ちょうどバリバリに色んな症状が出るころだと思います。お会いしたこともないし、何を食べてるのか全く分からない(ローフードといっても内容は様々なので説明になってない)のでアドバイスと言われてもねえ・・・

それでもどうしてもローフードをやりたいなら、それなりの先生の指導を仰いで自己流は止めることをオススメします。
広島まで来てくれたら指導します。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

プレゼント頂きました。

いつぞや、行きつけのアラメゾンに大阪からご夫婦でご予約されたのに、奥様のほうが体調不良になっちゃって・・ということがあって、たまたまわたしたちも映画の後に食事に出掛けていたものだから、「あら、お気の毒」とお店のパンをお土産に差し上げたら・・・

そのご夫婦は夏休みにリベンジディナーにいらっしゃって、その時お店にお土産を置いていかれた。

IMG_3593.jpg

わ〜、い、お茶だ。八宝茶なんか自分で買わないし、プーアール?身茶なんて、始めて。ロンジンケーキ。

杭州にはご旅行で行かれたのか、お仕事で行かれたのかわからないけれど、杭州はわたしも行った。ちょうどロンジンの新茶が解禁になった時期で、お茶好きなわたしには楽しい旅行だったなぁ、杭州また行きたいし、その時に行った蘇州も今度は天気のいい時に行きたいなぁ〜。
江南の春紀行。杭州食べ物編

杭州のHot Fishというお店、まだあるかしら?あの店も忘れられないお店だわ〜と、楽しかった旅の記憶が巡ったのでした。

広島なんて用事のないところ、それを食事のためにわざわざ来て頂けるなんて、広島市長に代わってお礼申し上げます。
そして、懐かしい杭州のお土産、ありがとう。実家に変えるのでそのままお土産にして家で飲もうと思います。

それにしても、仲のいいご夫婦というのは、歳を召されたご夫婦が素晴らしいのはもちろんですが、お若いご夫婦もなんとも良いものですねえ、人生色んなことが起こりますが、どうか末永くお幸せに〜。

(と言ってる先からケンカを始めそうなわたしたち・・・がお〜。)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

周年放牧牛のヤム・ヌア(牛肉サラダ)

夫にタイから買って来てもらったハーブや生のスパイスをアラメゾンにお届けしたら、お肉に化けて帰って来た。

以下、肉ニクしい話しなので、肉苦手な人は閲覧注意です。

このお肉がただモンじゃない。お店ではこんな感じでサーブされてる。

このお肉、なんと!国産の周年放牧の黒毛和牛なんだそうな。周年放牧の牛なんて、バングラデシュの牛は100%周年放牧だけど、黒毛和牛じゃない。どこに肉があるねん?というような痩せ牛だ。しかし、この牛はなんと、青草とサイレージと焼酎カスだけで育てられているらしい。お店のメガネさんは「香りがちょっと羊に似てる」と言ってた。もっと草の香りがするか、と思ったけれどそれほどじゃない。この牛のミルクは草の香りがしてすごく美味しいだろうな。

頂いたのはカイノミというバラの付け根の部分。サシが入ってるけれどギトギトしてない。よく熟成しているけれど普通にステーキや焼き肉で食べるにはやや固いところが歯列矯正中の身というか歯には少々辛い。

この肉の香りや硬さはタイハーブでマリネして、ヤムヌアで食べるのがよかろう、と思って作ってみた。
まずは、カイノミにレモングラスとバイマックルーとニンニク、唐辛子などでマリネする。
お肉はグリルでロゼに焼いて、あら熱が取れるまで待ってから、スライス。
ヤムのソースを作って、家にあった野菜やら庭のバジルと混ぜる。

IMG_3598.jpg

彩りがきれいなのはタイ料理だからです。うーん、こんな料理が家で食べられるなんて・・・ヤム・ヌアなんか作ったことないのに、最高に美味しいヤム・ヌアだった。

お肉の硬さ、お肉の香りと味、これがヤムにした方がステーキで食べるよりも断然良かった。あまりの美味しさにアラメゾンに出前に行こうか、と思ったくらいだけれど、今日は定休日だったのでした。

というわけで、豪華なお昼ご飯だったのでした。

IMG_3599.jpg
キャベツのヤム、ヤム・ヌア、小松菜ファイ・デーン、赤米入りカーオ・ホン・マーリの玄米。

大変に貴重なこのお肉は、試しに一頭だけ精肉したものだったのだそうです。詳しくは
やまけんの食い倒れ日記の記事をどうぞ→この肉を食べずして、肉好きといっていいのか?というほどの衝撃!熊本で100%周年放牧されている黒毛和種をみて、同じ手法で育てられたくまもとあか牛を食した!
というわけで、かな〜り変人な料理人さんから分けて頂いて、変人奥さんも料理してみたのでした。

大変貴重なもの、ありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

アイスカフェラテ

朝早くから機織り機にしがみついて機織りをしていたら、午後の遅い時間にはもう堪え難くなってくる。暑い!バングラデシュの機織り小屋だってもうちょっと涼しいぞ、というくらい暑くなる。もちろん、扇風機は回ってるけどぬるい空気をグルグルかき回すだけ。機織り部屋にエアコンはない。やせ我慢してるわけじゃないんだけど、なんとなく買いそびれてしまって・・・

4時過ぎたら「も〜、やんぴやんぴ!」な気分満載になってくる。どっか涼しいところに行きたい〜!北極とか・・・
実際に北極などに行ける訳もなく、最近お気に入りのアイスカフェラテなどガーっとつくってレンゲですくって飲んだり。

IMG_3556.jpg

つべたくて、ちょっと甘くておいしぃ〜。

夫お気に入りのコーヒー豆屋さんが夏の間だけ作っているアイスコーヒー、かなり濃い目のドリップになっているので、ナッツとデーツとレシチンと氷でガーしたら、暑さでふやけて朦朧とした身体にとてもナイスなドリンクが出来る。
夫はコーヒーは豆しか買わないので、「ちょいとコーヒーを飲みたいな」と思ったら、夫に「ねぇ〜、コーヒー飲まへん?」とおねだりするか、自分でカリカリ始めるしか方法がなかったのだけれど、紙パックコーヒーは便利。

デーツは夫がタイの田舎からローカルデーツを買って来てくれたものを今は使っている。小粒だけれど、けっこういける。一袋500gくらい入っていて30バーツ(1バーツ約2.5円)だったらしい。

しかし、コーヒー飲まなくなっていたのに、コーヒーを飲んでいた頃もアイスなんて飲まなかったし、ミルク入りで甘いコーヒーなんて・・・飲まなかったのに、人の嗜好というのは変わるものです。

毎日飲んでる訳じゃないけれど、飲まない日に頭痛がしたり、飲んだら眠れなくなったり、ということはありません。焦げる寸前まで焙煎してあるからかもしれません。

食欲不振だの夏バテだのと言ってたけれど、一週間ほど生菜食をしたせいか、夏バテはどこへやら、またご飯を美味しく食べてます。

ナッツミルク、美味しいですね。アイスコーヒーにするくらいのナッツミルクは5粒もあれば十分です。
レシチンを入れると乳化するので、ナッツのツブツブが残りにくくてナイスです。もちろんなくても美味しく出来ます。甘味はデーツがなければ蜂蜜などの甘味料を使っても良いけどデーツのほうが繊維のおかげでクリーミーな感じになります。アイリッシュモスの準備があれば尚よろしい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

熱中症ってやっぱり怖いのね。

アウトドアな友人が熱中症体験を教えてくれた。

僕も一昨年軽い熱中症に罹った。
水分補給のため3Lの麦茶を午前中飲み続けたのだが 
ヘトヘト感が尋常でないので 家に帰って水シャワーを浴びた。
エアコンの冷房を最強にして 横になっていた。
すると 身体じゅうの筋肉が痙攣を起こし始めた。
全身こむらがえし状態である。どんな姿勢をとってもダメであった。
這って廊下にでると痙攣が弱まってきたので 思い切って屋外に出てみた。
そうすると 全身こむらがえしは収まってきた。
 オッカーいわく 水分だけのとりすぎで血液中のNa,Kの濃度が薄くなり急激に身体を冷やすと筋肉は収縮するので痙攣を起こすのは当たり前だそうだ。



ひえ〜、全身こむらがえり状態って・・・恐ろしいですねえ。暑いところに行くと収まるというのもビックリです。オッカーと呼ばれる奥様は看護士なので、ナトリウムとカリウムが薄くなって云々という話しは医学的常識なのだというのが分かります。何よりも、ご無事で良かった!

熱中症で水分を取らないと身体の中に熱が貯まり過ぎて具合悪くなるので水分を取るように、ということになるのですが、水分ばかりとったら体液が薄くなってしまうので、そこで身体を冷やすと全身こむら返りということになるようです。

塩断ちや塩不足になると身体がとてもだるくなります。これは、細かいことは忘れてしまったけれど、肝臓がグリコーゲン(だったかな?)をブドウ糖に変えられなくなるからだそうで、疲れた時に塩をなめると元気が沸いてくるのはそのせいだと思います。脂肪をエネルギーに変えるには塩が必要なんですね。
(塩の善し悪しには色々あるようですが、塩断ち生活をすると身体が塩を外に出さない仕組みに変わることだ出来るんだけど、そうなるまでにしばらく修行が必要だそうな)

だから、暑い時は水やお茶じゃなくてスポーツドリンク、となるわけですが、スポーツドリンクってのは糖分が多すぎるんだそうで、同じ市販品を飲むのなら、経口補水液を飲んだ方がいいそうです。薬局にはかならず有るので、急激な下痢の時などにも有効なので覚えておくといいでしょう。スポーツドリンクよりも塩味が強いそうです。

糖分が悪いなら塩水を飲んだらええやないか、と思いがちですが、塩水だと腸を素通りして下ってしまうので塩は水やお茶に溶かすだけじゃダメらしい。(砂糖と一緒なら素通りしないのか、ちょっと気になるところです。自家製保水液を作る場合はレモンを絞ったりします。)

市販品なんていや!というわたしのようなへそ曲がりは・・・

だから夏には瓜という食べ物があるわけよ、とスイカジュース。
IMG_3606.jpg

これに塩を足すと滅茶苦茶美味しい。オッカーの指摘通り、カリウムだって薄くなっちゃうんだから、砂糖と塩の水溶液を飲むよりもミネラルたっぷりのスイカジュース。
スイカの赤いところは食べるとして、皮はジュースにして、塩を入れて空腹時に飲む。いや〜、うまい。おまけにデトックス効果まである。

だけど、スイカジュースなんか山に持って行けないって、そりゃそうだ。
麦茶3ℓがぶ飲みするばっかりじゃなくて、味噌でも持って行ってなめるといいよ。ついでにキュウリなんかあったりしたら、麦茶じゃなくてビールが欲しくなるかも知れませんが・・・
瓜の天然の水分とお味噌のミネラル、最高じゃないですか。

というわけで、炎天下激しく身体を動かす大事な友達には、「歳考えてほどほどにしぃや〜」という励ましの言葉と共に、お味噌とキュウリをおすすめいたします。

残暑厳しゅうございますが、みなさまもどうかご無理なさらずに、わたしも無理せずスイカジュースです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ヤム・ヤム・ヤム

今日も厳しい残暑、一滴の雨も降りません。これじゃ農家の方は大変です。うちの庭の植物も大変。
あんまり暑いのに、どこにも行かず、バンコクにも行かず、家で麻のホコリにまみれているからかどうかわからないけれど、夫がタイからハーブやスパイスを持って帰って来てくれたので、ヤムばっかり作って食べている。

ヤムというのは混ぜるという意味で、タイ風のサラダのことを差す。ザボンのヤムとか、四角マメのヤムとか、有名なところではヤムウンセン(春雨サラダ)。あ、春雨サラダと書いていたら春雨サラダが食べたくなってしまいましたが、そんなオーセンティックな料理にならないのがわたしの困ったところ。

ヤム・サーモンの腹身を作った。
IMG_3607.jpg

夫が庭の唐辛子を取ってきたので2本入れたらとんでもなく美味しいヤムになってしまいまして・・・タイに行ってないのに行ったような気がいたしました。

最近は、いろんなヤムの他にも、レッドカレーペーストとナムプリックパオを使った炒め物とか、超タイっぽいご飯ばっかり作ってしまうのは・・・

バンコクの禁断症状かもしれません。

あ、ぁ〜。がまんするんだ、わたし〜。耐えろ〜。

バンコクは行かないけれど、ちょっと近場でどっか行こう。1人でも行こう。
(お留守番シンドロームなんて病気があるのかしら?)

また夫が出張に行ったら、生菜食を楽しもう。今度は生玄米も食べよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ブルーライトカットフィルム

携帯電話やパソコンの液晶画面からはブルーライトという波長の短い光が出ていて、それが網膜を直接刺激するからブルーライトを軽減するメガネを使った方が良い、というのは話しには聞いていた。

パソコン画面や携帯の画面には虫は寄ってこないのは、ブルーライトが原因だとか、どうとか・・・そういえば、パソコンには虫寄ってこないね、蛍光灯には寄ってくるのに、不思議です。わたし、蛍光灯の光も苦手。茶目なので、強い光には弱いのかもしれません。
だけどさぁ、パソコンやケータイ見る時に専用メガネなんて、面倒だからいいや、って思ってたんだけど、ディスプレイに直接貼るようなものはないのか?と思って探したら、やっぱりあった。

とりあえず、携帯用に1枚買って見る。

IMG_3583.jpg

写真じゃよくわからないかもしれないけれど、正面から見たら黄色く見えるので、張ったフィルムが黄変してるみたいに見えなくもない。貼り方は簡単で、付属の汚れとりクロスで拭いて、ホコリ取りの糊付きテープでホコリを取って、フィルムを貼るだけ。前使ってたフィルムには気泡もホコリも入ってたので、今度はきれいに貼れて嬉しい。

さて、使ってみての感想だけれど・・・
目の奥への刺激はちょっと軽減するような気がします。携帯の画面はどうしても凝視してしまうので、かなり助かります。

気を良くして、パソコン用のフィルムも買った。楽天で安いところを探して買ったので、届くまでかなり時間が掛かったけれど、これも明日元気になったら貼付けてみようと思います。

フィルムでは15%くらいのブルーライトをカットするそうですが、メガネだともっとたくさんカットする商品が色々あるので、気になる方、パソコン仕事で目の疲れが気になる方はちょっと調べてみて下さい。

普通の液晶保護フィルムなんかより高いんです。

話しは変わりますが、温亀さんの正式名称は、「コブグィ」(亀ちゃん)だそうです。ホントに10月から値上げになっちゃうのね、消臭ぺんぎんやらも値上げだそうです。
そういえば、うちのぺんぎんやらふくろうもガス焼きのシーズンのはずだわ。焼いたらまた使える消臭ぺんぎん。
在庫分は今までのお値段だそうです、お問い合わせ下さいね。
ガラージュ・ベー

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

六ヶ所再処理工場と参鶏湯。

昨日のブログで公開したわたしのケータイの待ち受け画面が密かに受けてます。まったく、他所のお宅のご主人の写真を待ち受けにするなんて、アホ丸出しですが、夫も知ってるから良いことにしよう。(ご本人には見せてないけれど、奥様にお会いする機会があれば、正直に白状します。)

夫といえば、ついさいきんこんな本を買って来て、ほ〜、知ってた?うへ〜、やめてくれ〜!などとつぶやきながらせっせと線を引いて、本を線だらけにしておりました。(というわけで、妻の携帯の待ち受けが小出さんでもあまり気にしていないもよう。)

「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 (集英社新書)「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 (集英社新書)
(2012/08/17)
小出 裕章、渡辺 満久 他

商品詳細を見る


小出裕章さんのご著書は、311以降雨後の筍のように出版されているけれど、ほとんどが過去の講演の内容を編集の方が本にしたもので、小出さんご自身は前書きとあとがきだけを書かれているのですが、この本の小出さんのパートは書き下ろしです。いったいどんな風に時間を作って書かれたのか・・・それにしても、小出さんの文章はタイトに引き締まっていていいなぁ。

最初の部分もすごくいいけれど、最後の部分もすばらしいです。何より、再処理がどういうものか、というのをやっぱりちゃんと知っておかないとまた騙されてしまいます。
共著者の明石さんはジャーナリスト、渡辺さんは地震学者です。
再処理工場の下に断層だって…冗談やめてほしい。

そして、小出さんは文章もなかなか良いというのが、うちの夫婦の総意だということも明らかになった。

暑い日が続いてるからか、夏風邪が流行っているのか、単に疲れてるだけなのか、よくわからないけれど、夫が不調。わたしも不調。夫は珍しくやや熱まで出していて、暑いのに熱で大変だ、とボヤいている。可哀想に。

そうだ、こんな時にピッタリな料理があったなあ、鳥もあるし、玉葱もあるし、作るしかない!と思いついて作りました。

IMG_3610.jpg

これはいつもお世話になっているギャラリー、ガラージュ・ベーのマダムから昔々教わったもの。朝鮮人参が1本入っている。この人参は台湾で買ったんだったな。あと2本しか残ってないからまた人参を買いに行かねば。

作り始めたのが11時過ぎだったから、お昼には間に合わないか?と思ったけれど、土鍋だと早く煮得るのか、暑いからすぐ煮えるのか、とにかく間に合ったので食べることにした。

IMG_3609.jpg

スプラウトだらけのは冷や麦のゴマだれ和え。フェイスブックで友達が自慢してたので、真似して作ってみた。

朝からダラダラと調子悪そうにしていた夫もわたしも、人参効果かどうか知らないけれど、午後にはすっかり元気になって、運動に行って予定にはない激しい運動などしてしまいました。

参鶏湯恐るべし!

鶏のスープは、中国料理でも元気のない時や病み上がりの時に飲むが、こちらは干し椎茸と骨付きチキン。山芋の干したのや、なんかの木の皮、クコに松の実などが入るバージョンもある醤油味。この鶏スープも美味しい料理だったなぁとこの記事を書きながら思い出した。

今日使った鶏は、大分の下郷農協のもの。先月の大雨災害で大打撃を受けてしまったところ。カンパを送るくらいのことしかできないけれど、早い復興を祈ってます。
ごちそうさまでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

就活中の人に、胸いっぱいの愛とエールを贈ります。

今日、姪から叔父である夫宛に宅配が来た。夫が仕事から戻ってから荷物をみて、「そういえば妹がなんだか送るって言ってた」と言いながら包みを開けたら、わたしと夫、それぞれにハンカチを送ってくれた。ハンカチ1枚が過剰に梱包されていて・・・「ハンカチよりも包みのほうが高そうだねえ」などと言いながら・・・

IMG_3613.jpg

ハンカチなんかメール便で送れば良いのに、などと合理主義にかんがえてしまうわたしは夢のないつまらない女だ。きっとこのブランドは働き始めた彼女にとってあこがれのブランドで、自分ならこんなハンカチが欲しいと思って一生懸命選んでくれたんだろう、と思う。いかにも、紺色のスーツを着たフレッシュマンが持つと似合いそうなハンカチ。

彼女はこの三月に大学を卒業して、4月から働き始めた。
添えられていた手紙には。試用期間も無事に終えて正社員になった、「今とても幸せです。これからも頑張っていきます」と。

姪は比較的早い段階で内定が決まっていた。勤め先は神奈川の支店のはずだった。遠いけれど自宅から通える距離ではある。交通費はいくらか自腹になるかもしれないが一人暮らしよりばいい。
何度も研修があって、彼女はすっかりその会社で働くつもりになっていた。同期の友達も出来てたみたいだった。しかし、年が明ける頃に突然会社から「大阪の営業所勤務」という話しになってきたので騒動になった。

支度金のようなものは出ないらしい。家賃補助は多少あったにしても就職にあたって家探しから始めないといけないという状況。姪は1人で生活したことなどないから、1人暮らしにどれだけのお金が掛かるかなんてことは考えたこともない。貯金なども無い上に奨学金の返済もある。

2月の中頃、夫とわたしが義父の法事のために夫実家に行った時、姪の大阪問題で実際の金額を計算して生活出来るかどうかを議論している時だった。姪と母親は感情がこんがらがって険悪になっている。

最初、わたしたちは姪が大阪に行くことを好ましく思っていた。親元を離れるのも良いことだし、関東を離れるのも良いことだ、と。しかし、よくよく聞いてみると、姪の就職しようとしている会社はブラックとまではいわないけれど、社員の離職率の高い会社であった。

姪や姪の母親と色々と話しているうちに色んなことが分かってきた。100人チョイの社員しかいない会社で新入社員を45人も採るという。しかも全員が営業。

つまり、言い方は悪いが「使い捨て」するつもりだ。残るヤツだけが残ればいい、と。

就活は大変だ。手っ取り早く内定をもらえたところに決めてしまいたい気持ちは良くわかる。姪だってそうだった。かつてのわたしもそうだった。

だけど、何か特殊な技能や才能、コネなどがない普通の人間にとって、新卒の時にどんな会社に入るかで残りの人生がほとんど決まってしまうと言っても言い過ぎじゃない。

その夜、姪、夫、わたしの三人で朝の4時くらいまで話しをした。
世の中がどんなに不公平に出来ているか、お金は稼ぐのがどれだけ大変で使うのはどんなに簡単か、水商売なるお仕事はどういう仕組みになっているか?早い話しが世の中の現実はババ抜き。間抜けなヤツがババを引くようになっている。

例えば給料、基本給とその他手当の割合が、マトモな会社なら基本給がほとんどでその他手当が“手当”程度だけど、小さな会社では、求人用に給料の金額はソレなりの金額にはなっているが、その内訳は基本給が半分くらいで残りはその他手当となっている事が多い。
その場合、まず最初に響くのはボーナスの金額。ボーナスは基本給の○ヶ月分になっているからここで差が出る。その上、手当は手当なのだから会社の都合でいつでも減らせる。給料の内訳は要チェックだ。

世の中にはそういうカラクリがある。

まだ2月。卒業までにあと一ヶ月ある。友達との卒業旅行はキャンセルして、すぐに大学の就職課に行け、今からだってまだマトモな会社が求人しているから、と。

翌日の法事の日、夫の弟もやってきて家族会議のようになる。彼は夫よりも社会経験も長く、マトモな会社員をやっているので、経験値も高い。彼も最初は「今更就活?」と言ってたけれど、姪が内定している会社を調べるうちに「うーん、これは・・・」という話しになって、彼の会社の周辺の会社と働く人の実態について色々と語ってくれた。

結局姪は3月になって東京のあまり大きくはない設計事務所に就職した。面接の時に「どうして今頃求人を出すのか?」と聞いたらしい。すると、会社の人は「ウチのような小さい会社は早い時期に求人を出しても来てくれないでしょ」と。

3ヶ月の試用期間を無事終了し、姪は今「とても幸せ」と書いてくる。あの時に必死でわたしのことを考えてくれて、と。

さっき電話してみたら、最初に内定が決まっていた会社の同期はほとんど離職してしまったらしい。



就職を考える時に具体的にやりたいことが見えてる人なんか極わずかだと思います。そういう人は何がやりたいか、何が出来るかもわからないまま闇雲に就職活動をすることになって、疲労困憊すると思います。

適当なところで手を打ってしまいたくなる気持ちも良くわかるけれど、新卒というカードはプラチナカードなのだから、適当なところでこのカードを切ってしまったら、もう後はありません。なにか特殊でリスクの高いこと(わたしの場合は青年海外協力隊で出稼ぎ)にでも手を出さないと逆転ホームランはありません。

まだ内定が決まってない人も、内定の決まった就職先に不安がある人も、どうか卒業まで諦めないで、自分自身とよく向き合って、何が出来て何が出来ないのか、何が向いていて何に向いてないのか、10年後の30代にどんな風に暮していたいのかをイメージしてみて、よく調べて、よく考えて、先輩の話しなども聞いてみて、最後まで諦めないで、卒業まで踏ん張って、粘れ!

人生を自分の手で掴み取れ!

今は辛いかもしれないけれど、人生で踏ん張りどころはそう何回もありません。そして、今は最大の踏ん張りどころなんだからね。妥協するなよ!

何でこんなこと書くかというと、わたしがあの時に何も考えずに適当なことをしたので、その後の人生がとっても大変だったからです。就職の時は地獄かもしれないけれど、そこで手を抜くと未来永劫イバラの道を歩ことになります。

だから、今はがんばれ!

だってこの世は Wild World なんだもん。

歌詞の訳はこちらのサイトでもご参照ください。→

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

たね蒔きジャーナルを存続させよう!

昨日の夕方、毎日放送ですきすきたね蒔きの呼びかけ人と賛同人が集まって、毎日放送と折衝する会があった。実際の交渉の場に行けたのは代表の湯浅誠さんはじめ小出裕章さん、今西憲之さんなど呼びかけ人の方達数人だけでした。

ネットメディアの取材も許されなかったけれど、中継がありました。
http://www.ustream.tv/recorded/24995734


2時間くらいあるし、ちょっと増長だからお急ぎの方はこちらに書き起こしがあります。
「日本のジャーナリズムがどういうものかという事への試金石になる」小出裕章氏・たね蒔きジャーナル存続の陳情8/27MBS(動画・内容書き出し)
もっと手っ取り早くはこちらからどうぞ→すきすきたねまきの会のご報告

たね蒔きジャーナル打ち切りのウワサが出たのは7月末だったかな?たね蒔きジャーナル打ち切り?!
打ち切り反対の署名が立ち上がって、8月に入ってからは番組存続のための募金まで始まった。詳しくはこちらをご参照ください→すきすきたねまきの会

対応したのは主に毎日放送総務部の部長。
この日の会合で、用意したお金210万円は受け取ってもらえなかった。
しかし、存続がきまっているわけではないが、廃止が決まっているというわけでもない宙ぶらりんな状態で、10月以降の番組編成は9月19日に発表される。番組編成に関しては制作局が決めることだと総務部長が言ったそうだが、それならなんで制作局の管理職が出てこないのか?と疑問に思う。

たね蒔きジャーナルが終了したとしても、発展的解消であり云々、という言葉が総務部長の口から何度も出たらしいが、これは、ジャーナリストからの質問に答えて今西氏が言うようになんとでも取れる答えだから全く油断はできない。しかし、代表の湯浅氏は「まだきまってるわけではなく、どちらでもない」と楽観的に構えているように見える。

小出さんはというと・・・番組存続の可能性については慎重に答えを避けているけれど、「発展的解消」の連発には疑念を感じているようで、このような念押しをされている。

「もし、たね蒔きジャーナルを止めるのであれば、
これだけ多くの人がそれぞれの意思を毎日放送に届けているわけですから、
それに対する答えをちゃんと説明して下さい」とい事をお願いしたのが一つです。
それから、
「これだけのみなさんからの支持を集める番組というのは、
毎日放送の社員であるたね蒔きジャーナルのスタッフの人達がつくり上げて支えてきたのであるから、
この人達の意見というものをしっかりと受け止めて下さい」という事をお願いしてきました。

きーこさんの文字起こしより抜粋

たね蒔きジャーナルの終了が決まったわけではないけれど、まだ存続も決まってない。
好意的に考えて、たね蒔きジャーナルからスプラウトジャーナル(sproutって、日本語にしたら萌え〜?)へのバージョンアップとも考えられる。
時間も30分延長して、タイガースの試合が延長になっても番組が短くなることもなく、番組はポドキャストでいつでもどこでもネット環境さえあればすぐに聞く事が出来る、なんていいな〜。

まったくどうなるか分からないけれど、市民スポンサーとして番組を応援しよう、というのは面白い試みではないか、と思うので、わたしもスポンサーの1人になってみようと思う。目標額は1000万円で今200万ちょい集まっているらしい。
募金は市民スポンサーに応じてもらえなかった場合は返金してもらうことも可能だし、返金を希望しない場合は、震災被災地のコミュニティーラジオへ寄付される。
賛同人については、たね蒔き出演者または過去にマスメディアに出演したことのある人対象のようなので、わたしのような無名の市民はお呼びじゃなさそうだけど、有名な人は是非賛同人に名を連ねてほしい。

たね蒔きジャーナルをなくしちゃいけない。毎日放送はどうか賢明な選択をしてほしいと願います。
どうかみなさんもほーほーと思ったら、ブログ、ツイッター、FBなどのメディアで拡散してください。ニュースの種を見逃さない番組がなくなったらわたしたちは視力を奪われてしまいます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

映画「かぞくのくに」とスーツケース。

「かぞくのくに」という映画を観た。

帰国事業で北朝鮮に16歳で渡った兄が病気治療のために日本に一時帰国(訪問か?)する。帰国の翌日、妹と一緒に買い物に出掛け、スーツケースのショールームに入る。店に飾られているリモワのスーツケースを見て、兄は妹に「おまえ、こんなスーツケース持って世界中、色んな国を旅行しろ」と言う。二人で値札の桁を一、十、百、千、万、と読み上げる。観客にはいくらかわからないけれど、読み上げられる桁数は10万だ。
「お兄ちゃん、ホントにこの鞄気に入ったんだね」と妹が笑って、二人は手ぶらで店から出る。

同窓会、病気の検査と診断、治療のために同級生の夫に頼んで腕のいいお医者を紹介してもらう。経過観察などもあるから、3ヶ月を半年に延長できるかもしれない。

しかし、3ヶ月の予定だったはずなのに、一週間もしないうちに突然明日帰れと国から指令がくる。
病気の治療のために戻ってきたはずなのに、そのために家族や親戚はものすごい金額を”祖国”に寄付しているのに、だ。

帰国の前夜、兄は妹にこう語る。「あの国では何も考えないんだ。考えちゃいけないんだ。ただ考えることは、どうやって生き延びるか、それだけなんだ」「だけど、お前はいっぱい考えろ。いっぱい考えて自由に生きろ」

そう言い残して彼は北朝鮮に帰っていく。

母は息子とその家族に仕送りするためにコツコツと貯めていた貯金をはたいて、同行した監視人のために衣装一式を新調した上にたくさんの土産まで与え、後々息子や家族の不利にならないようにと願う。

兄が帰っていったその日、妹は兄と見たあのスーツケースを引きずって怒りと不条理で爆発しそうな顔をして繁華街を歩くシーンで映画は終わる。


この映画は監督が自分の家族のことをフィクションに仕立てた映画だそうです。監督が9歳の時に16歳のお兄さんは北朝鮮に渡った。病気(映画の中では脳腫瘍)になり、北では治療は困難なことから25年ぶり日本に帰ってきたけれど、映画のような経緯で結局治療は受けられず、その後北朝鮮で亡くなったそうです。
わたしとほとんど同世代の監督のこんな生き方。彼女は自分の家族を撮った「ディア・ピョンヤン」で北朝鮮に入国できなくなっているらしい。

映画の中で自由の象徴として描かれるスーツケース、わたしは日本が自由な国なのかどうか、正直よくわからない。311以降、北朝鮮や中国のことをアレコレ言えるほどの国なのか、ますます良くわからなくなってきたけれど、日本のパスポートは色んな国に比較的自由に行けるのは確かだ。
だけど、よく考えろ、考えて考えて、考え抜かないと、自由の姿をしたナニモノかに足元を掬われる。

話しはとつぜん変わるけど、スーツケースの修理をしてくれるところが広島にある。
第一ボデーもちろん、持ち込みだけではなく、メールで相談して宅配で送って直してくれる。

リモワの変形を叩くのはお手のもの、鍵やキャスター、ハンドルの取り替え、内張りのやりかえなど、たいていの修理が出来るらしい。海外購入のリモワも問題なく直してくれる。楽器のケースも直してくれるらしい。

今日夫のスーツケースを取りに行ってきた。すごく対応が丁寧でちょっとビックリ。
写真
車の修理工場の一部でやってるのか?と思ったら、スーツケース専門の工房&事務所でした。航空会社からの持ち込みが多いみたいです。
確かに、板金やら鍵の付け替え、車輪の取り替え、内張りの張り替えなど、車のリペアと同じ技術だから車のボディー屋さんがやってるのはわかるけど、それなら日本中の板金屋さんでスーツケースの修理をしそうだけれど、この会社の社長とか、息子がスーツケースマニアなんでしょうか?

夫のかばんはへこみなどは無視して、鍵の付け替えだけで8400円でした。かばんの元の値段を考えたら、これくらいの修理はなんでもない、本を詰め込むことの多い夫には、四角いリモワは荷造りしやすいスーツケースです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「脱原発は自動的に実現される」というマクロ経済のお話し。

「週間ダイアモンド」の野口悠紀雄さんの『「超」整理日記』という連載、によると、産業構造の転換やら人口減によって自動的に原発なんかいらなくなるそうです。

国家戦略会議が発表した日本再生戦略によると、これから製造業よりもサービス業(医療、福祉、観光など)にシフトしてゆくらしい。このトレンドは、1990年代初めから続いていたので、そのまま将来に引き続く、ということらしい。
で、製造業に比べてサービス業は生産性が低いので、所得(介護職などは低賃金でそれは介護保険の枠内で抑えられていることが原因であるからその規制を撤廃すべきであると主張)が低下し、経済が縮小する。

サービス業は製造業みたいに電気を使わない。だからGDPの総額が変わらなくても製造業の比率が減ると電気の使用料は減ることになる。その後何やら経済学の難しげな計算がしてあるけれど、09年から20年の製造業が10.1%減るそうです。(就業者ベースでの計算らしい)
たとえば、東京電力の場合、家庭用は全体の34%、残りの66%は産業、製造業用だそうな。家庭用は変わらないと仮定すれば、製造業の電力消費は6%減ることになるわけだから、火力を増やす必要もなく、製造業の減少だけで原発を止められる、という理屈らしい。

以上、マクロ経済と原発のお話しでした。
なんにしても、原発の電気が無くなることは、余分な核のゴミを作らずに済むのだから良いことだけど、フクイチの後始末はどうするんだろう?どうなるんだろう?誰がやるんだろうか?と思うと暗澹たる気持ちになる。

(週間ダイアモンドの2012年8月25日号を参照してね。)


夫は相変わらずの不調だけれど、寝込むわけでもなく、「熱っぽい」といいながら飯も食えば酒も飲んで元気にしている。
参鶏湯でも完治しないなら、次は胡椒だ!とおもったわけじゃなくて、ペパーコーンとカボチャがあれば作れるんだよな、あのスープはバンコクでもメニューに載せてる店は少ないし、ああ、食べたい、と思って作った。

IMG_3615.jpg

夫はバンコクで注文したかったんだけど、名前を忘れて注文できなかったらしい。でも、彼の行った店には置いてないと思うよ。
干し魚の唐揚げとか海老を入れるんだけど、そんなもんないから、雑魚天と冷凍庫で変色していた牡蠣をいれた。青い胡椒の辛さというのは、山椒とも唐辛子とも、黒胡椒とも違って、なんとも鮮烈な風味があって、すごく美味しい。暑い季節にクールな辛さなんだなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック