リネンを織る日々

おお!夫が出張に出掛けたので、1人楽しく機織り仕事に熱中していたら、12時前になっていた。どうりで世間から虫の声しかしないはずだ・・・

日中の暑さは相変わらずで、ウールなど触る気分になれず、リネンばかり織っている。ウールや絹は糸から作る場合がほとんどだけど、リネンは糸を大阪の糸商社から取り寄せる。今主に使っているのは、16番の単糸と双糸。単糸では、温泉用の手ぬぐい(ガムチャ)を作っている。薄くて、軽くて、すぐに乾くけれど、髪も身体もちゃんと拭ける優れもの。携帯性を重視しているので、身体を包むほどの大きさはない。

この布を織るようになったのは、バングラデシュのガムチャという大判の手ぬぐい。この手ぬぐいは、たっぷりと大きくて、薄くてすぐ乾く優れものなのだけど、木綿なので濡れるとベチャベチャになってしまう。これをリネンで織れば半分くらいのサイズで同じ機能のある手ぬぐいが出来ると思って作り始めたもの。
サムライ菊の助さんもご愛用です。→高速田の草取り
そういえば、以前「リネンのトラベルタオル」というタイトルでブログに書いたこともあったっけ。
リネンのトラベルタオル
今年はもうちょっと長く織ってみた。

リネンというのは、新しいうちはガサガサしていて、可愛くないけれど、使い込むうちに色も白くなって、ふんわり柔らかくなってくる。

image.jpeg
これは亀さん包み布や最近作っているお茶碗布巾と同じものです。一番左が新品、真ん中は半年ほど使ったところ、右は2年以上使っているものです。古い方が断然いい。新品の3ヶ月くらいはかなり使いにくいのを我慢して使う感じ。

リネン作品(布巾やタオルなどの実用品ばかり)を作り始めて7年くらいになりますが、長く使えば使うほど、リネンの良さがよくわかります。さすがに5年くらい使ってると布巾もボロくなってくるけど、ボロくても捨てられないのが困りもの。布としてのお役目は十分果たしてくれて、ありがとう。

手織り布を手に入れた人はもったいなくて普段使いがなかなか出来ない人も少なくないようですが、働くために織られた布なのだから、使ってもらえると布だって喜びます。

今日で8月もお終い。夕方から急に秋風が吹き始めて秋の気配がやってきました。明日からもう9月なのね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

久々に今中哲二さんの講演。

今日の福岡はどうしたの?!というくらいホットだった。新幹線に乗ろうかどうしようか、真面目に悩んだくらい。

今中哲二さんの講演会がアクロスであって、夜は小出さんの集会。そして、「春を呼ぶフォーラム」という集会、アメリカ人のお医者さん、ドイツ人のお医者さん、などの講演とシンポジウム。幸いなことに、IWJがどれも中継&録画してくれている。
IWJ_FUKUOKA

冒頭、今中さんは小出さんとの違いをこう語る。
「僕と小出はタイプが違います。小出は直球の豪速球を投げる直球投手。わたしは変化球投手です」
は〜、なるほど。やっぱり今中さんはカープファンでしょうか?
「自分たちが今こんなに忙しいのは30年間言ってることがぶれてないから信頼されているんだと思う」、とも。
今中さんも金曜日は東京、そして、土曜日の今日は福岡というお忙しさ。
確かに、小出さんのお話しと今中さんのお話しはちょっと違うので、今起こっていることへの理解がより多面的に、立体的になる感じがする。そして、今中さんの講演は質疑の時間が楽しい。小出さんはあまり裏の取れてないようなウワサや業界の話しのようなことはおっしゃらないけれど、今中さんはポロポロとしゃべってくれる。はは〜ん、やっぱり、という感じ。

今回の質疑でほうほう、と思ったこと。

3号基の爆発は核爆発だったのか?という問題。
この件は、アメリカのアーニー・ガンダーセンという核技術者がyoutubeで言ってることで、今中さんたちもこの件を何度も検討したそうです。だけどどう考えても核爆発は出来ない、という結論になったそうです。
今ちょうどガンダーセン氏が来日しているので、昨日東京で会ってお話しなさったのだそうです。

そこで、臨界計算をしたか聞いたがしてないというので、やっぱり核爆発ではないだろう。

3号炉は使用済み核燃料がどうなってるかは分からない。この点は今中さんも同意。

1号炉と3号路の爆発の差は建屋の構造の違いだろう。
1号炉はGEが設計して作ったので、建屋の壁が薄いそうで、あんな風に横にボンと爆発したけど、3号炉4号炉は東芝や日立が設計した。東芝の設計技師と話したことがあるが、どうしてGEがあんな薄い設計にしたのかわからない、と言ってるそうです。
(壁の強度が高いので、強度という意味で限界のある上方向に抜けたのだろう)それで上に爆発した。
あそこまでの大きな爆発で黒い煙が上がったのかはいくら考えても分からない。

のだそうです。これについては、小型核による爆発というウワサもありますが、さすがにそんな話しは出てきません。

大飯原発の再稼動については、
「原発を再稼動するということは、福島のようなことがまた起こることを覚悟するということ。野田さんや牧野さんは考えが甘い。」

今中さんはご自身のことを「原子力ムラの窓際」とおっしゃってますが、始末もできない核のゴミを作り続けて、途方もない危険のある原子力など発電のためにするためではない、とおっしゃいます。それでも原子力の電気が欲しいなら、東京に作れ、と。

以前は「わたしは原子力に反対ではない。ただ、作るなら東京につくれ」とおっしゃってたので、ちょっとトーンが変わりましたが、この辺が今中流の変化球なのでしょう。

是非とも、全編(一部切れているようですが)ご視聴ください。IWJ福岡さん、中継ありがとうございます。

1/22/2

夫がいないので、食事の時間も寝る時間も気ままに楽しくやっている。これを自由というのか、自堕落というのかはよくわからない。

お昼は車の給油を兼ねて、アルファルファを持参しモスバーガーで3ページくらい本を読んで、午後暑いし、野菜もないので買い物を兼ねてクラブで軽く運動。inbodyという精緻な体脂肪計が新しくなったのと、夫の留守は生菜食を中心に食べてダイエットに励もう!という野望を抱いているので、久しぶりに計測してみた。

「隠れ肥満」なんだそうな・・・あと筋肉を4キロ増やして、脂肪を3キロ減らさないとダメなんだそうな・・・筋肉って、筋力ないんですがぁ〜。一週間で脂肪は少々減るかもしれないけれど、肉を増やすのは難しそうです。

運動の後の晩ご飯は久しぶりに葉っぱ250gと根菜250g&豆腐の生菜食でした。発芽玄米も作ろう。水茄子を買ったので、茄子のラザニアなんかも作ってみよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

一人暮らしに○○がわく。

機織りばっかりしているので、ブログネタがなんにもありません。

生活時間がかなり無茶苦茶です5時頃起きて、機織りをして、9時頃スイカ(いつもデカイのを買う)を切って、皮はジュースにして、切ったスイカとジュースを冷蔵庫に仕舞ったら、クラブに猫パンチ体操のレッスンに行く。

前日の夜に青泥&根菜泥&豆腐という豪華なディナーを食べたからか、ステップが妙に軽やかで驚く。40分のレッスンを終わって、このまま運動し続けようか?と思ったけれど、機織り仕事があることを思い出して、お風呂で汗を流し、温冷浴をやって帰宅。作っておいたスイカの皮ジュースを飲む。
いや〜、おいしいねえ、スイカの皮。細胞に染み渡ります。

水を飲んだら、胃の中に水が貯まる感じがして、全身に染み渡らないのだけど、フレッシュジュースは本当に身体の隅々にまで水分が染みてゆく感じがします。そういえば、植物も水道水で育てるのと、天水で育てるのと、川の水で育てるのと、井戸水で育てるのと違うみたいですよねえ。水道水をあげても、「ああ、こんな水しかもらえない」と植物が文句言うのが聞こえます。

この後、ナスを食べなくちゃいけないことを思い出し、ナスとトマトのパスタを作って食べたら、どしたん?!と思うほどの大汗をかいてビックリ。運動のせいなのか、スイカの皮ジュースのせいなのか、驚いた。

食事の後しばらく機織りをしていたけれど、増々暑くなってくるので、ちょっとブレイク。エアコンのある部屋に避難して1時間ほどゴロゴロ。
休憩が終わったら、また機織り機織り機織り。夕食の後も機織り。

スイカを切ったのだから、明日はスイカと生発芽玄米のシェイクをお昼ご飯にしよう。きっと。
明日は織り上がるかな?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ナムプリックパオ

昨日は暗い話しの講演など聞いていたせいか、布が織り上がって安心したからか、単に昼間の暑さにバテたからか、コーヒーなどのカフェインを取らなかったからか、雨降りだったからか、良くわからないけれど、晩ご飯の後に頭痛になって、眠くなってしまったので、ブログの更新もせずにとっとと寝てしまいました。

機織りしながらこの数日IWJなどの講演やらインタビューやら対談やらを集中的に聞いていたからか、今日はちょっと消化のために情報断食して静かに過ごすことにする。
織り上がった布の仕上げをしたり、洗濯を終えたものにアイロンを当てたり(リネンの布たちは織り上がった後にもう一度洗濯して毛羽を減らします。それでもまだまだ毛羽が出ますが、買った布巾やタオルはすぐに使いたいでしょ)

料理教室が迫っているので、そちらの試作やレシピの準備も始めなければいけません。

わたしとタイ料理のお付き合いは長いけれど、タイ人がよく使うとは知っていたけれど、どうやって使うのかイマイチよく理解していなかった調味料、ナムプリックパオ。最近やっと使い方を理解したら、タイ料理の幅が素晴らしく広がった。なるほど、日本で住むタイ人の必需品なわけです。

このソース、市販品もあるけれど、自作も出来る。いわば、タイ版の食べるラー油というところです。タイの人はこれが好きでパンに塗って食べたりもするそうです。トッピングとして食べるだけじゃなくて、料理のベース調味料として使うのが本来の用途。

玄米ご飯が食べたいし、冷蔵庫にナスもあるし、ということで、久しぶりにご飯を炊いて自作ナムプリックパオでナス炒めを作った。

IMG_3620.jpg

スプラウトが乗ってて良くわからないかもしれないけれど、油っぽい黒い物体がナムプリックパオ。ナムプリックパオをトッピングにしてナムプリックパオで炒めたナス。ポロポロしているのは、大豆蛋白。庭のバジルも。

ナムプリックパオを使ってヤムも作るし、このように炒め物も作るし、有名なのはアサリの炒め物。トムヤムクンにも必需品です。

というわけで、8日の土曜日にはこのナムプリックパオを作ってサラダや炒め物など作って遊ぼうと思います。自作のナムプリックパオと、夫が先月持ち帰ったベジのナムプリックパオの食べ比べなどもしてみましょう。

ご興味ある方で、ご都合のつく方はお席に余裕がありそうですので、右下のメールフォームからお問い合わせ下さいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

可愛いお客さん。

ずっと教室に親子で通ってくれたpupちゃんが久しぶりに番長を連れて遊びにきてくれた。

せっかくだから、お昼ご一緒にどうぞ、とお誘いしたのは良いけれど、今わたしの頭の中はタイ料理がいっぱいで、番長が食べられそうなものが何も思いつかない。それでもシカクマメをやっと買ったから、シカクマメのヤムは絶対に作りたいし、ご飯もあるし、でも子供には麺類のほうが食べ易いかしら?ま、それはご本人に聞いてみよう、そうしよう、と、シカクマメのヤムを仕上げて、さて、なにしようかな?と考えていたらふたりでやってきた。

あれ〜、いらっしゃい。誰か分かる?覚えてる?久しぶりだねぇ、大きくなったか?ちょっと大きくなったねぇ〜。

ご飯がいい?うどん?ソバ?パスタ?何がいい?
なにしろ、子供がいないから、2歳くらいの子が何を食べたいかよくわからない。「ごはん〜」というので、んじゃ、残りご飯で葱の炒飯という、いかにも!な主婦のお昼ご飯メニューになっちゃった。
いかん、炒飯だけなんて、せっかく来てくれたのに。スープくらい作らなくっちゃ、と思って「スープも食べる?」と聞いたら「はい〜」と言うので、ひとしきり考えて・・・ローのスープにしましょう。

キュウリとアボカドのスープを作る。ローのスープは簡単で美味しくて、ナイスだ。

IMG_3621.jpg

番長はよく食べる。料理中も刻んだキュウリをパクパク食べていた。
スプーンで自分で食べるのも本当に上手になって、大人の1人前と変わらない量の炒飯をパクパクたべて、スープもすくって上手に飲んで、「おいしいねぇ〜、おいしいねぇ〜」。

いい子だねぇ、よく食べるねぇ〜、おいしいかい?そりゃ良かったねぇ〜。

ホントによく食べたね。食べることに集中して、食べ物とあまり遊んだりせずに、よく食べます。おしゃべりも上手になって、会話も続くし、言うこと聞くし、子供はどんどん成長します。

pupちゃんは仕事を始めて、教室とは曜日が合わなくなってしまって今はお休みしているけれど、彼女は2年くらい月に二回ほぼ欠かさず通ってくれた。前は料理を作るのは義務という感じであまり楽しくなかったけれど、今は自分のために料理をするのが楽しくなったし、なによりもレパートリーが増えて、色々と応用が効くようになった、と言ってくれます。

ありがとう、そう言ってもらえると、本当に嬉しいです。

前みたいに定期的には会えないけれど、また番長連れて遊びにきて下さい。

障子の破れ?
はて、いつ破れたんでしょうね? 直しておきました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

水茄子でラザニア

一度ローのラザニアを作ってみたいと思っていた。
直さんの白い本の表紙はとっても美しいラザニアで、こんな料理作ってみたいなぁ〜、と。

ローフード BASICSローフード BASICS
(2012/05/11)
ジェニファー・コーンブリート

商品詳細を見る

直さんの本はホウレン草が入っている。ホウレン草とアボカドとトマトソースとズッキーニのラザニア。

うーん、今はホウレン草がないし、ナッツチーズがいいなぁ〜、と頼まれもしないのに、勝手にアレンジ。
ん?四角い容器に詰める?これかな?
うちのラザニアは最後はチーズ。

IMG_3617.jpg

で、懸案の盛りつけです。

IMG_3618.jpg

ふぅ〜、なんとか出来ました。

さて、試食。水茄子はアクがないので、スライスした後もそれほど色が変わったり、渋みが出たりすることはありません。ナス、トマトソース、ナッツチーズだけなので味はやや単調ですが、ホンモノとラザニアとは言えないけれど、なかなかちょっとしたラザニアじゃないですか。今日のソースには脂が入ってないので、アッサリです。

ローフードはこんなことして遊べて楽しいな、と思うのです。だけど、1人で作って1人で食べるもんじゃない。これなら普通の人の前菜にはちょっと気が利いていると思います。これをメインコースに出したら夫には嫌がられそうです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

水ナスサラダ。

ナスの生って、漬け物とか、塩揉みくらい?だってアクがあるから生で食べるとちょっと渋い。タイには生食用のナスがあって、切っても変色しないし、それほど渋みもない。身は固く締まっていて、日本のナスみたいにスポンジっぽい感じじゃないところもフルーツっぽい。
しかし、水ナスだったら漬けなくてもサクサク美味しく食べられる。

前回買い物に行った時に水茄子が売ってたから嬉しくてラザニアなど作ってみた。昨日石ともさんのブログを読んでいたら、ビストロで水ナスのサラダを食べた、と書いてあったのを読んで、そうだ、サラダにしてもいいんだな、とヒントを頂いた。

切った水ナスは種がよく発達しているけれど、そのまま食べてもサックリと美味しい。油を掛けるといくらでも吸い込んでしまうから、適当なところで辞めておいた方が良さそうだ。石ともさんも書かれている通り、ビネガーはフレッシュな柑橘が必須。うちではカボスでやったけど、柑橘の香りがナスの美味しさを引き立てる。

ウマウマ食べたけれど、途中で飽きてきて(何しろ1人で食べるし、水茄子は結構大きい)後半はトマトや玉葱を加えて、ローカポナータ風のパスタソースにした。

IMG_3624.jpg

パスタはフェデリーニ。細麺のパスタをこんな生のソースで絡めるのは美味しいし、楽しい。

お昼の量が多過ぎて、夜は青泥と豆腐だけでした。
水なす、後1本あるのだけれど、さて、次はどう料理しようかな?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ムラムラとトムヤムスープを作ってしまう。

お留守番症候群という病気があるかどうか、聞いたことないんだけれど、今のわたしの症状はきっと「お留守番症候群」に違いないと思う。

頭の中でタイ料理がぐるぐるぐるぐる。あ〜、その辺の屋台でオバちゃんがベコベコの鍋と中華鍋だけで何でも作っちゃう、そんな料理が食べたくて、わたしも鍋と中華鍋でバーチャルタイ料理を作ってしまう。一緒に食べてくれる人もいないのに・・・

IMG_3625.jpg

トムヤムの中身はキノコと何かがあればいい。トリでも豚でも魚でも烏賊でも、なんでもいい。豆腐でもいい。ナムプリックパオとお決まりのハーブ類、唐辛子を入れて煮るだけ。材料に火が通ればいいから、煮込む必要もない。インスタントラーメンよりも簡単。お決まりのハーブは乾燥ものもあるけれど、冷凍保存が出来るからまとめて買ったら冷凍しておけばいい。

ヘビ瓜が売ってたので、つい買ってしまったのはいいけれど、長くて邪魔なので、ヘビ瓜とモヤシを炒めておかずにする。今日はご飯を炊いたんだった。

わたしは料理を教えているので、料理自慢とか、上手とか、腕がいい、とかと思われているようですが、そんなことありません。手先も器用じゃないし、盛りつけは配色に配慮するような余裕もない。
食べるものはすべてが命。命を頂いて自分の命を長らえるということだけは忘れないので、材料を大事に扱うことと、余分なことをしないことは心掛けている。

あとは、自分が食べて満足がいけばいいので、わたしの料理はわたしにとって美味しい料理でも他の人にとって美味しいかどうかはわからない。でも、そんなことどうでもいいじゃないですか、わたしの料理をその人はきっと食べないんだから。

料理は自己満足の世界だと思います。自分が食べておいしい料理を作れる人は料理の上手な人なんだと思います。自分にとっておいしい料理というのは、料理の本には載ってない、だから自分で探る以外に方法はありません。

でも、どうやって探れば良いか、それを教えることは出来ます。なぜなら、わたしがそうやって探ってきたから。

美味しい料理、身体にやさしい料理を作るのは、30分台所に立つ時間のある人にはきっと難しくないと思います。仕事に疲れてつい総菜を買ってしまいたい気持ちは良く分かるけれど、添加物や化学調味料のことを考えたらわたしには買えません。化学調味料の入ったものが嫌ならば、自分で作るか、大金持ちになって無添加総菜が買えたり、お手伝いを雇える身分になる以外方法はありません。

だから、わたしはついムラムラとトムヤムスープを作ってタイに行きたい気持ちをクールダウン。あれれ、余計に恋しくなってきたかもしれません。う〜ん、我慢我慢。

トムヤムスープ、5分くらいで出来ちゃうの、ほんとよ。屋台のオバちゃんは3分で作るから、わたしの料理の腕なんかまだまだです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ナムプリックパオでタイ料理!

今日は楽しい料理教室。
マイブーム真っ最中のナムプリックパオを作って、それを使ったタイ料理を作るという、超マイブームなセッション。タイ料理は何度も色々な料理のセッションをしているけれども、今回はタイ人のハートに迫るナムプリックパオ。タイの基本調味料を作って、それをベースに料理を作る、しかも、フレッシュなタイハーブを使うという贅沢だか迷惑だか分からないセッション。フレッシュタイハーブ、広島じゃ手に入らないけれど、通販で買えなくもないから、タイ料理にハマってしまった人は取り寄せて冷凍庫保存も良いでしょう。

さてさて、ナムプリックパオです。あ、肝心のナムプリックパオの写真を忘れた!

IMG_3627.jpg

ヤム・トゥアプー(シカクマメのサラダ)今シカクマメが手に入るの。この豆は生で食べてもエグミがないし、星形の切り口がきれいな楽しいサラダ。レモングラスのスライスをたっぷり入れてシカクマメを楽しんでるんだか、レモングラスを楽しんでいるんだか分からない料理。わたしはレモングラスを楽しんでしまうんですが、これもレアだからかしら?
ヤムはスイートチリソースベースでいくつか作りましたが、ナムプリックパオを使ったヤムのパターンも覚えたら、ヤムのレパートリーがとても広がると思います。
黄色い葉巻みたいなのは、オクラの花びら。ピリ辛のヤムをレタスやオクラの花びらと一緒に食べるのが美味しい。

IMG_3626.jpg

こちら、アサリのチリ炒め。パッ・ホイラーイ・ナムプリックパオ。タイに行った時に食べたいんだけれど、名前が覚えられなくて注文出来なかった料理。もういつでも作れます。この料理を作って、パスタと絡めて食べてみたいと狙っているの。またアサリ買ってこよう。庭にバジルがあるうちに何度でも作りたい。もちろん、アサリじゃなくて同じように菜っ葉や野菜を炒めてもいいんですよ。色々試してみて下さいね。

IMG_3628.jpg

トムヤム・ターフー(豆腐のトムヤム)
トムヤムスープにはココナツミルクの入るのと入らないのがあります。家ではトムヤムだけのためにココナツミルクの缶を開けるのはナンだなぁ、と思うので、ココナツミルク無しバージョンばかり作っていたのですが、ココナツミルク無しは以前にやっているので、ミルク入りにしてみました。

わたしの料理の最大の特徴は、化学調味料の入ったものは使わない、スープの元系のものはビーガンだ、無添加だといっても使わない、というところです。んじゃスープなんか作る時は別にストックを取るのか?というと、取る時もあるけれど、ストックは使わずに水だけ、ということがほとんどなんです。このトムヤムもスープじゃなくて水を入れて作ります。

トムヤムはたいていの人がタイ料理屋さんで召し上がっているので、お味など良くご存知ですが、いかがでしたか?ナムプリックパオとタイハーブがあれば、材料は何でも良いし、作るのもとても簡単、時間も掛かりません。食べたくなったらいつでも作れるトムヤムです。そういえば、これに春雨入れたり、ラーメン入れたりして、トムヤムヌードルも出来るんだった、と写真を見ながら思いました。今度トムヤム春雨スープ作ってみよう。

タイの調味料も自分で作ったら辛さの調節が出来るから、市販品でお手軽に作るのもいいけれど、自作も是非やってみてください。
このナムプリックパオをトッピングにしてご飯を食べるのも美味しいんだなぁ〜。

今日のセッション、如何でしたか?お楽しみ頂けたでしょうか?材料を変えて、冷蔵庫にあるお野菜で色々試してみて下さい。

参加者の都合で、次回から土曜日のクラスは日曜日開催になりました。次は10月14日です。内容はまだ決まってないので、リクエストなどあったら、どしどしお寄せください。スタンダードに栗ごはん?中華おこわなんかやってみましょうか?もう秋なんですね〜。

遠いところから参加して下さった方、いつも来て下さるみなさん、貴重な時間をありがとうございました。今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えて頂けると嬉しいです。

お料理の後、みなさん時間があるとおっしゃるので、おしゃべりしながらこんなもの。

IMG_3630.jpg

夫が買って来たビルマのお茶とタイで買って来た月餅を皆さんで分けて頂きました。今日は重陽ですね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

子供とテレビ。

最近なぜかわたしの回りに2歳児がウヨウヨ。
といっても、甥っ子と教室の生徒さんのpupちゃんの子のたっくんだけなんだけど。
この二人は一ヶ月違いでたっくんのほうがお兄ちゃん。だから別に比べるというわけじゃないけれど、甥っ子と会えば義理の妹にたっくんの話しをし、pupちゃんに会えば甥っ子の話しをする。
甥っ子とたっくんは会ったことないけれど、わたしの頭の中では兄弟のような存在。

甥っ子はチビのくせにすごくよくしゃべる。時々独自言語の世界に入ってしまうけれど、標準日本語の大阪地方方言もよく理解していて、「難しい」と「出来ない」を使い分けるなど、高度な会話を展開する。助詞の使い分けも出来るし、色の名前を紫やら茶色まで、正確に区別して言い分けるので驚いた。そろそろベンガル語やタイ語も教えてみようか、という気がムラムラする。

わたしの名前も覚えてるし、わたしが彼にスイカを切ってあげたことを覚えていて、わたしの顔を見たら「スイカ」と言うのも可愛い。前回はスイカじゃなくて桃を切ってあげたので、次に会ったら「桃」と言ってくれるかもしれない。

ぺんぎん:「ケンタロ、よくしゃべるねえ」
ケンタロ母:「ほんとにおしゃべりなんですよ」
ぺ:「こんなにしゃべるもんですか?」
母:「テレビほどんどつけないからじゃないですか?わたしの友達の家は小さいテレビを仕舞ってしまって全然テレビ見ないので、そこの家の子はもっとしゃべりますよ〜」
ぺ:「ほ〜、テレビ見ないと言葉をよく覚えるの?」
母:「なんかそうらしいです〜」

という会話を交わしたという話しを昨日の教室の時にpupちゃんにした。
すると、pupちゃんは
「そうなんですか?うちも天気予報とニュースくらいしかテレビは付けないんですけど、テレビを付けるとすっごい観るんですよ、1度子供向けの番組を見せたら、もう画面に吸い付くように見ていたので怖くなってみせるのやめたんです。ウチもテレビ捨てよかな」
(その間中、たっくんはウチのコンポを夢中になって操作している。危ないので電源は抜いてあるがあちこちのツマミを押したり引いたり回したり・・・)
pup:「戦隊ものを見ると乱暴になるらしいんですよ。」
一同:「ほ〜」
そこで4歳の甥っ子がいる不二子ちゃんが
「うちの甥っ子いつも闘ってますよ。父(じいちゃん)いつも相手してます。あれ、闘いたくなるんでしょうねえ」

は〜、なるほど。そうやってジェンダーというのは刷り込まれるのだ、と思ったのでした。
ボキャブラリーの足りない人は自分の思いを言葉で伝えることができなくて手が出てしまう、という話しは聞いたことあるよ、とか、そんな大人いますねえ、まぁ性格もあるんでしょうけどねえ。
そういえば、たっくんは乱暴はしないねえ。(すごい集中力でCDの箱を開けたり、今中先生の講演のDVDを取り出したりするたっくん)

食べ物の影響も大きいんでしょうけどねぇ〜、

などと料理教室の後にみんなでノンビリお茶飲みながらたっくんの冒険を眺めていた午後でした。

言葉はやっぱり目を見つめ合って、心を通わせて伝えるものなのかもしれません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ソムタム、ロー・トムカー、無花果のタルト

今日は楽しい料理教室。昨日夫が出張から戻ってきて、頼んでおいたタイのフレッシュハーブをもって帰ってくれた。
グリーンパパイヤも。

タイ料理でナチュラルなローフードのソムタムを火曜日のクラスでやってみたかったんだ〜。

というわけで、タイハーブをたっぷり使ったタイ料理、調味料以外ベジバージョンを作ってみました。

ソムタム。
IMG_3632.jpg

トムカースープ
IMG_3633.jpg

ズッキーニライスといっしょに。
IMG_3634.jpg

そして、無花果のタルト。
IMG_3631.jpg

ローフードは見立て料理。今日はカスタードクリームもどきを作ってみた。無花果は今が盛りです。広島は無花果の産地なんですよ。

タイ料理はあまり美味しいと思わなかった、とおっしゃる方が、今日のお料理は美味しかったと言って下さって、嬉しかったです。トムカーは加熱のトムカーとはかなり感じが違いますが、ソムタムはタイ人が食べてもちゃんとソムタムになっていたと思います。
タルト、久しぶりに作りました。最近はカップケーキばかり作っていたのだけれど、やっぱりタルトに組み立てると楽しいですね。ロータルトは初めてという方にもお楽しみ頂けました。

ハーブを少しお持ち帰り頂いたので、冷凍しておいて、トムヤムを作ったり、ケーンを作ったりするのに利用して下さると嬉しいです。

懸案の無花果タルト。
IMG_3635.jpg

今日のクリームは今までで最高の出来だったわ。

お楽しみ頂けたでしょうか?
今日のお料理を再現するのは難しいかもしれませんが、タイ料理屋さんに行ったらまた味わいの楽しみが増えると思います。お料理を作る楽しみを増やすだけではなく、食べる楽しみも増やして頂けたら、こんな嬉しいことはありません。

みなさま、遠いところ貴重なお時間をありがとうございました。次回は10月30日です。このクラスでは新規生徒さん募集中です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


2012年9月の料理教室と温亀価格改定のお知らせ。買うなら今!

9月の料理教室は、
8日(土)ゆるベジ料理。内容未定9日(日)に変更になりました。
11日(火)タイハーブを使ってローなタイ料理。新規生徒さん絶賛募集中。

場所は、広島市の郊外です。アストラムラインまたは駐車4台まで可。
時間:10時から
お問い合わせは、右下のメールフォームから。

遠赤外線やら、育成光線の出る工芸品の温亀さん&消臭ぺんぎんなど、10月より価格改定(値上げ)になるそうです。
詳しくはガラージュ・ベーホームページへ。
在庫分のみモニター価格ですって!だんだん数が減ってます。温亀が気になる人は今がチャンスです。
温亀袋セットも大好評販売中。袋セットは右下のメールフォームからメール下さいね。
最新の記事はこの下にあります。

いったい誰がダイエット中なのか・・・

夫も戻ってきたし、タイハーブをお届けする用事もあったので、久しぶりにアラメゾンに行ってきた。

アラメゾンシェフはダイエット中で夜には豆腐と野菜だけを召し上がっているそうで、ご本人は「ぜんぜん変わりません」とおっしゃいますが、実際少し痩せられました。

この春から急に成長しはじめたアタクシ、夏からダイエットモードになっているのですが、なかなかこれが減らないけれど増えるのは簡単。しかし、以前とちがって顔は大きくならずお尻がでかくなるというのはどういうことか?

まったく未知の事態に泡泡しているのだけれど、夫は「食べなきゃ良いのに、あんなに食べるんだもん」と言って笑うばかり。

夫が居ない間は今回だって毎日青泥を食べて、生菜食も食べていたけれど、「ブログ読んでたら、1人で色々作って食べてたじゃないのさ」あら?そんなに色々食べてたかしら?トムヤム作ったり、料理教室の試作を作ったりはしたけれど・・・でも1日に一度は生だったはずなんだけど・・あ、そうでもないか。

夫が戻ってからは、青泥も食べずに昼も夜も食べている。そのうちにオヤツにおはぎなども食べてしまいそう。「あなたが帰って来たら一緒に食べるからいけないわ〜」などとつぶやくと、「おかわりしなきゃいいじゃないか」と突っ込まれる始末。

ああ、これはもう関節が壊れようがどうしようが、からだを動かすしかないのかも知れません。

K子さんが週に1日青汁断食するっておっしゃってたから、わたしも便乗させてもらおうかしら・・・ああ、どうしてこんなことになっているのやら。
冷蔵庫はパンパンだから料理しないといかんし、作ったらウマウマ食べてしまうし、困ったもんです。
いっそお客さんでも呼ぼうかしら。

お野菜をいっぱい頂いたので、こんなご飯食べたりして・・・

IMG_3636.jpg

茗荷茄子胡麻生姜ごはん、ナスの揚げ浸し、キュウリとワカメの酢の物。

前菜ばっかり並べてご飯食べるの、楽しいですよね。

K子さん、青汁断食誘って〜、直美シェフも一緒にやりましょう〜。(なぜか最近自力で出来ない体質になってしまった青汁断食もみんなでやれば怖くない。)
久しぶりのご馳走で、こんな時間まで起きてブログなんか書いているのでありました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

相変わらずタイ料理ばかり作っている。

相変わらず野菜がたくさんあって、冷蔵庫はパンパンだし、料理教室の時に開けたココナツミルクが残っているので、ケーンペット(レッドカレー)を作った。ご飯はもちろんカオホンマーリーの玄米。夫が色々買って来てくれたので、美味しいうちに頂こうという魂胆。

IMG_3637.jpg

レッドカレーに入っている立派なナスは菊の助さんが送って下さったもの。空心菜炒めの空心菜も菊の助さんの育てたもの。とても大きくて立派なのに軸だって固くない。空心菜には大きくなるタイプと細くて大きくならないものの二種類があるらしいけど、ここまで立派なのは珍しい。

空心菜はスムージーにしても美味しいけど、やっぱりパックブン・ファイ・デーン(空心菜の強火炒め)です。ベンガル料理の炒め物も悪くないけれど、ベンガル料理にするにはモロヘイヤやツルムラサキがいい。空心菜は断然タイ料理!

タイ料理がベンガル料理よりいいところは、腹八分目で食べ終わることが出来るところ。ベンガル料理はお腹120%くらいまで食べる料理なので、腹八分目で止めることは難しいのです。わたしが家であまりベンガル料理を作らないのは、ズバリ!食べ過ぎるからです。

あ〜、夏休みを取らないと、こうやっていつまでも料理を作ってどこかに行った気になることで気をまぎらせるのかしら?
夫が「こんなもの家で食べてたら、店で食べられなくなるな」と言うけれど、いや、ほんと。タイに行ったって化学調味料が入ってるし、油も多いし、高級なところに行けば肉や魚が多くて野菜はちょこっと、ってことになる。ベジ総菜もあるけれど、油が多いの。

気ままに自分の好きな料理を自分の好きな味で食べるというのは贅沢なことなのかしら?誰かが作ってくれたもの食べたいんだけど。

菊さまのお茄子は明日あたりトマトとパスタにしよう。トロトロとおいしいお茄子、ありがとうございます。

ヘビーに食べるのは1日に1度にしておく。あとは青泥と軽く何かに。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

器を買う。

久しぶりにギャラリーで器を買った。山本幸一さんの作品。
彼の作品は焼き締めの片口をひとつだけもっている。一見備前のように見える作品だけど、土は唐津のものなので、備前とは違う。これはお酒に使うから料理は盛らない。

料理を盛る器も欲しい。でも山幸さんらしいちょっとアートっぽい器がひとつ欲しいなぁ〜、と漠然と考えていた。
器を買うのは簡単だけど、出し易いところに収納場所が確保できなければ、結局せっかくの器も使えなかったりするから、ほんとうに器を買うのはだんだん難しくなる。

IMG_3644.jpg

わ〜い、オーバルの器が欲しかったの。煮物を入れてもサラダを入れても、ブドウを入れても良いじゃない。器に入ってるのは菊の助さんのカボス。菊さまのカボスは、生協のカボスと違って皮が柔らかくて、ジューシーで絞りやすい。生協のカボスの4倍くらいジュースがある上にたねが半分という感じですごくお得です。

ギャラリーで頂いたガトーショコラがちょっと胃もたれして、晩ご飯は軽く。新しく我が家に来てもらった器はサラダを盛りつけて歓待する。

IMG_3645.jpg

ピータン豆腐、グリーンサラダ、オクラ。
「サラダの量は普通の4人前くらいかな?」とかいいながら最初にサラダを食べる夫。家でこんなに野菜ばかり食べているのだから、「お野菜たっぷり」とか「野菜が自慢」とかいうお店に行ってもガッカリするばかりなのです。
新しい器、これからお世話になります。家族が増えたみたいで嬉しいな。

ちなみに、お昼はこんなの食べた。

IMG_3643.jpg

ソムタムとトムヤム舌平目、産直市で買った野菜天ぷら。
冷凍庫で変色していた舌平目、やっと食べました←おい! 変色した魚であっても、わたしつくるトムヤムのなんと美味しいことか・・・理由は簡単で、化学調味料が入ってないからです。

ソムタムのためのパパイヤはあと1回分くらいありそうです。ああ、タイで食べる味と同じ。タイに行かなくてもタイ飯。いつまでタイ料理ブームが続くのか・・・まだしばらく続きそうです。

いや、飯ばかり作っていないで、山幸さんの仕事を励みに、わたしも仕事をしよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

試し織り色々

このところブログの内容が・・・と思われてた鋭いあなた!そうなの、このところ頭の中は織物のことで一杯で、まとめたい話しはあるんだけれど、文章にまとめられなくて、ご飯ネタでお茶を濁しておりました。

細々とやっていた試し織り、機から降ろした。

IMG_3650.jpg

こんな図を参照しながら、糸の密度とか、実際の柄行きなんかを試していた。

出来た布はこんなの。

IMG_3649.jpg

普段オーバーショット(糸が飛んでもようを作る)を織らないので、織物学校以来じっくり取り組んだような気がします。さて、概略はわかったから、これを元に作品にしなければ。

しかし、違う柄の試作がしたくなってきた・・・いや、そんなことして遊んでいる暇はない。柄遊びは個展が終わってからじっくりやろう。

次、何作ろう←おい!計画ないんか?

今日はローフードじゃないけれど、織物の本にほ〜と思ったらクリックしてね。
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ケーン・リエンという食べ物

タイ料理ブームはまだ続いていて、留まるところを知らず。

冷蔵庫に瓜があるし、カボチャもあるから、ケーン・リエンを再び作る。
ケーン・リエンというスープはタイ族らしい味わいのスープだと思う。タイ料理といっても、日本人が親しむタイ料理は、ソムタムやラープのような東北タイ料理(ラオ人の料理)の一部の料理やトムヤムを除いたら、南部中国の料理が多いのが実情だと思うのですが、そんな中でケーン・リエンは本当に古いレシピのタイ族らしい料理だと思うのです。
どう古いかというと、このスープには唐辛子が入らなくて、緑の胡椒で辛さを出す。胡椒の房がボロボロ入っている贅沢な料理。
緑の胡椒は、冷凍すると黒くなっちゃう。まあ、家だから色が黒くても味さえ出ればいいんだけれど、緑のままキープできなくて残念。塩漬けにするとか、水に入れて冷凍するといくらか持つらしいけれど、まあ、そこまでしなくても。

胡椒の辛さは清冽な辛さで、唐辛子とも山椒ともわさびとも違う。白胡椒とも黒胡椒とも違って、やっぱりもっとグリーンな感じ。この料理は黒胡椒や白胡椒で代用できないのが本当に残念。色は悪くなるけれど、冷凍保存が出来るから、タイに行く人がいれば頼んでおくと良い。スーパーでも市場でもたいてい売ってるし、たいした荷物にならない。

IMG_3651.jpg

右下に見えているスープがケーン・リエン。カピが入るのでグレーの液体。カボチャと瓜とカボチャの蔓みたいな葉っぱが入る。カボチャの蔓はないので、菊の助さんのモロヘイヤ。

菊の助さんの空心菜と緑の長なすの炒め物。

長なすとバジルの炒め物も空心菜の炒め物もオリジナルは中国料理。どちらももちろん美味しいけれど、ケーン・リエンにはタイ人の魂みたいなものが入ってるような気がします。

タイに行かれる方、タイ料理のお店で是非ケーン・リエンを注文してみてくださいね。

まだ胡椒があるから、また作ろう。パパイヤがまだあるからソムタムもまた作ろう。庭にミントがあるうちにラープも作ろう。
結局食べることばっかりで、料理の合間に織物をしている感じになっている。
いかんいかん。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

林記飯店

夫と映画に行って、そのまま懸案の中華料理屋さんに行ってみる。

香港から来たご夫婦がやってるという中華料理屋さんで、広島ではかなり有名。お二人だけでやっているので、お料理も高級中華じゃなくて、庶民的。お値段も庶民的。盛りが多いので有名。

お昼の日替わり定食を3種類から選ぶようになっているので、
夫は肉団子ラーメン、わたしは牛肉と野菜の炒め物定食を注文。注文してからメニューを読んでいたら、どうやら日替わり定食以外でも注文できたみたいだった。

IMG_3653.jpg

おお!おかずの量がすごい。2人前くらいありそうです。キャベツのサラダと卵スープがついている。
夫のラーメンは彼の好きなタンメン。肉団子も自家製。ご飯とザーサイがついているからラーメンライス定食。

やっぱり化学調味料は入っているけれど、それほど多いわけじゃない。しかし、ラーメンのスープなどスープものに無化調は期待できないのは仕方ない。今度はまた違うもの食べよう、と帰りの車の中で話す。

尖閣問題がえらいことになっているようで、こんな時には在日華人の人たちは不安にしてらっしゃるだろう、と思うと心が痛む。

夜はサラダと空心菜と厚揚げの炒め物。
IMG_3654.jpg

今日の空心菜炒めはいつものタオチャオじゃなくて、味噌で炒めてみた。自分で料理を作るから、料理人さんの作る料理のすごさもわかるけれど、それじゃすごいものをいつも食べたいか?というとまたそれは別の話し。

家で作る料理は料理人の仕事の真似をする必要はない。自分の食べたいものが自分が割けるだけの時間を掛けて作ることができればいいんだと思っている。

最近リンゴもで始まったので、人参リンゴジュースを再開している。もちろん、朝。

IMG_3652.jpg

朝の人参リンゴジュースは格別に美味しいと思う。

痩せる方は・・・まだまだ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

たね蒔きジャーナルは打ち切り決定。今後の予定については後日。

ブログでなんどか紹介していたたね蒔きジャーナル中止の記事
たね蒔きジャーナル打ち切り?!
たね蒔きジャーナルを存続させよう!

本日毎日放送から正式な発表がありました。残念ながら「すきすきたねまきの会」は毎日放送新番組の編成発表記者会見には立ち会えず、IWJの中継も呼びかけ人の発表だけとなりました。



Video streaming by Ustream
(IWJなので、格納される前にご覧下さい。格納されても会員になったらいつでも見れますよ〜。)
わざとなのか、嫌がらせなのか?と勘ぐってしまうけれど、工事やってて非常に聞きづらいですが、まあ、20分ちょいだから。

すきすきたねまきの会では、たね蒔きジャーナル最終回の9月28日の放送時間に各自ラジオ持参で毎日放送前に集まることで最後の集会とし、その場で集まったお金の使いみちや今後のことについての発表があるそうです。

結局、一千万を越える募金が集まり、5000を越える署名が集まったのに、それに対し、番組打ち切りの明確な回答も説明もなかったようで、本当に残念です。
そもそも、最初の話し合いの時に総務部長が出て来ることで、「話し合いの余地無し」の感じはありました。

声明文はこちら。
声明文

小出さんののメッセージを引用します。短いけれど怒りに満ちてます。

「たね蒔きジャーナル」では、昨年3月14日以降、大変お世話になりました。

 国、電力会社などが一体となった原子力の大本営発表のもと、少しでも事実に近い情報を流し続けてくださり、ありがたく思いました。

 そして、私がありがたく思うだけでなく、「坂田記念ジャーナリズム賞」を受賞したことで、業界内部でも評価されました。

 さらに、毎日放送が聞けるエリアだけでなく、世界の多数の視聴者から、これだけ愛された番組もなかったはずと思います。

 それを潰すのであれば、しっかりした説明をしてくれるよう毎日放送にお願いしてきましたが、残念ながら私が納得できる説明は得られませんでした。

 ジャーナリズム、報道の本来の仕事を守ってきた「たね蒔きジャーナル」が潰されたことを心から残念に思います。
2012年9月19日 小出 裕章



小出さんは「もう今はそれほど緊急を要するようなことは起こらない」などといって、お役目を否定なさるけれど、原発関連ニュースの小出裕章さんの解説は、「はぁ、なるほど!そーゆーことか!!」と思うことが少なくないので、どこかのチャンネルで、または独自のチャンネルで、続けてくれたらなぁ、と思います。

なんだかなぁ〜、今日は原子力ムラ規制だか推進だか委員会の委員の記者会見なんかやってて、なんだかなぁ〜、な人たちが雁首並べてのらりくらりとした会見やってるし・・・
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

がっかりがっくりだわ。

しかし、小出さんはおっしゃいました。「絶望してしまったら本当に負けです」

絶望せずに、晩ご飯はちゃんと食べる。

IMG_3656.jpg

生協から大野町のあさりが届いたので、懸案のパッ・ホイラーイ・ナムプリック・パオ・スパゲッティーを作る。
サイドディッシュはシカクマメとレモングラスのヤム。あ〜、このシカクマメのヤムを自分で作って家で食べれるなんて・・・アサリの唐辛子炒めスパは思った通りの美味しさだった。夫は「タイ人のイタリアンシェフはたくさんいるだろうに、なんでバンコクのイタリア料理屋さんにこの料理がないんだろう?」と大真面目で考えていた。
トムヤムパスタは結構あるんだけど、そういえばどうしてボンゴレナムプリックはないんでしょうね?

お昼にはちゃんと青泥食べてます、はい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

三歩進んで二歩下がる。

織物に没頭しておりました。ちょうど良い具合に涼しくなって、ややこしいことをやろう、という気になるというものです。

柄の間に平織りが入るのだけど、糸が細いので平織りの順番を間違えるし、柄も時々間違えて、あれ?なんか変だなあ?おかしいなぁ?と思っているうちに5センチほど織り進んだら、7センチ手前の織り間違えを発見して、あ〜あ、と7センチ戻る。

ふんふん、と調子に乗って織っていたら、あれ?なんか変だな、と思ったら3センチ手前に間違え発見でそこまで戻る。

おお〜、今度は良い感じだぞ〜、と織っていたら、織り密度が違っていて5センチ戻る、

なんて、三歩進んじゃ二歩下がったり、5歩下がったりということを繰り返していたけれど、2日も集中してやっていたので、襟巻き1本織り上がった。

IMG_3655.jpg

極細の絹とカシミア。まだ機からは降ろしてないけれど、これは今までで最高の柔らかさだと思う。絹は茜で染めた薄いピンクで、カシミアはナチュラルなグレー。
いつもは無地が好きで、平織りや綾織りなどのシンプルなものばかり織っていたけれど、たまにこういう遊びをするのも楽しいし、新しい発見もある。ホームスパンでオーバーショットを織る人は多くないけれど、手紡ぎ糸のオーバーショットもなかなか楽しいものだと思ったのでした。

また糸を変えて、柄を変えて織ろう。何しようかなぁ〜。

今日は肌寒いくらいだったので、お昼は鍋焼き汁ビーフン。
IMG_3657.jpg

夜は青泥定食。指宿の友達がくれた大豆と祝島のヒジキを炊いたものと、お味噌汁。夫は青泥なしで魚。
IMG_3658.jpg

青泥を食べる安心感、つーか・・・ご飯食べるなよ、と夫から指摘されるが食べてしまう。

明日はまた楽しい織物の設計だわ〜。うれしいなぁ〜。

お話しは変わりますが、温亀さん、モニター価格分はまだ少し残りがあるようです。28日までの適応なので、購入をお考えの方は急げ〜。
詳細、お問い合わせ、ご連絡はこちらのページを見て下さいね。
ガラージュ・ベー

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

庭にキジ!!

朝、夫が仕事に出掛けようとして、家から出て行ったのに、すぐに戻ってきてわたしを呼ぶ。
「キジが・・・キジキジ」

何言ってるのか、この人は?と思ったけれど、庭にキジがいるから早く見に来い、と言ってるらしい。カメラをもって慌てて出ようとすると、「あ〜、しずかにしずかに・・・」
騒がしいのはどっちや!と言いたい。

IMG_3659.jpg

わかるかなぁ、シルエット。垣根の下でオスのキジが地面を突いてお食事中。狸やイタチはしょっちゅういるけれど、キジを目撃したのは初めて。モリアオガエルが庭にいたこともあったけど、いったいどんなところに住んでるんだ、と思う。

あんまり悠然としているので、カメラを持って追いかけ回したら、上手に飛び立って山に帰って行った。今度は奥さんも一緒に遊びにおいで。

午後、所用で町中まで出掛けるが、仕事に熱中していて出掛けるのが遅くなったので水筒を持つのを忘れてしまい、1人だったので、どこかでお茶やら宇治金時などをすることもなく真っ直ぐ帰宅。

家に戻って柿茶をたっぷり飲んでから、午後のおやつにローカカオシェイク。
本当は今日の直さんのブログで見た桃のスムージーにしたかったのだけれど、
IMG_3660.jpg

カフェインでばっちり決めたい気分だったので、久しぶりにカカオにした。
レシチンを入れると濃厚になるので、お腹にたまる感じ。

夜は軽くサラダとパンとチーズ。
IMG_3661.jpg

カボチャのスープはミルクやクリームの代わりにアーモンド。煮たカボチャをガーする時一緒にアーモンドを入れたら、ミルク入りと同じスープになるので、ミルクや豆乳がなくても、わざわざナッツミルクを作らなくてもいい。

手抜きの晩ご飯でごめんね、と夫に言うと、「パンも酵母も自家製だし、こういうのは手抜きとは言わない」と言ってくれる。今日は朝からキジを見たからか機嫌がいいらしい。元々彼はパンとチーズとサラダという食事が好きで、ちっとも飽きないらしい。たまには違うパンが食べたくならないのか?と思うほどいつも同じパンを飽きずに食べている。わたしがご飯が飽きないのと同じことかも知れません。

中国電力はとうとう上関原発の建設は諦めたらしい。いつまで諦めているか、気は抜けないけれど、たまには良いニュースもなくっちゃね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫の勉強会に色々とでっちあげる。

毎度恒例夫の勉強会、8月には夏休みをしていたので、久しぶりの開催。今回は急な決定で心の準備もなく、当日二人で買い物に出掛け、色々と使いそうな食材を買い込んで、メニューをメモしてみたけれど、出来上がった料理はメモとは違うものが半分以上だった。
今回は4人の参加でこじんまり。わたしを入れて6人で食べるので、あまり作りすぎないようにしないといけない。

広島は長なすの産地らしくて、焼き茄子用の細長い茄子がたくさん売られているので、当然のように購入。
焼き茄子はなぜかタイ料理になってしまう。

IMG_3662.jpg

お次、鶏ガラスープを取ったので、冬瓜を煮た。冬瓜はpupちゃんがくれたもの。これから本格的に冬瓜の季節だな、と思うと嬉しい。なるべく大きな冬瓜を買って何日も掛けて冬瓜を料理して食べるのが楽しい。

IMG_3664.jpg

冬瓜は生でも食べられるので、冬瓜をマカロニに見立てて色々料理するのも楽しい。

IMG_3663.jpg

今日は「広告の品」に釣られて、冷凍の貝柱など買ってしまったので、お刺身は三種盛りという豪華さ。アトランティックサーモン、地物の鯵、貝柱。鯵とサーモンはたくさんあったので、一部は漬けにしてある。鯵は胡麻と一緒に漬けに。うふふ、これを食べるのがまた楽しい。

IMG_3665.jpg

なんだかこのところイカが食べたい気分だったので、剣先イカのぶつ切りを見つけてつい購入。何にしようかちょと考えて、唐揚げにする。爆発するので下茹でしてから揚げるように書いてあるレシピもあるが、そんなことしたらイカの味が抜けてしまう。爆発しようがどうしようが、断固!揚げる。鍋に蓋をすればいいのだけれど、やはりイカはなかなか手強かった。
味は、今日の料理の中で最高だった。また作ろう。

IMG_3666.jpg

ごぼうも唐揚げにしようか、と思ったけれど、そんなに揚げ物ばかりしなくてもいいや、という気分になって、ぜんぶきんぴらにしてみた。残るかな?と思ったのに、みんな食べてしまう。

IMG_3667.jpg

葱がたくさんあるんだな、と思って、最後は麻婆豆腐を作る。初めて麻婆を出した時は驚かれたけれど、二回だからかそれほど「おお〜」という反響もない。

最後は渋皮付きの栗と玄米の炊き込みご飯。

IMG_3668.jpg

鶏ガラスープで炊いたのだけど、栗フェチの夫が「あわないね」と後でポソっと言ってた。他の人は何杯もおかわりして召し上がっていたのに、わたしの夫がいかに食べ物にうるさいか、ということがよくわかります。

「今日は早めに終わるから、料理も早く出してね」と夫が言うので、最後の料理を出したのは8時半過ぎだったのに、お開きになって片付けが終わったら11時・・・結局いつもと同じか遅いくらいの勉強会でした。何をそんなに盛り上がってたんだか。

日頃料理をしない、イカとか貝柱を料理して楽しかったのでした。お刺身三種盛りは楽しんで頂けたかしら?

勉強会の料理の時は、わたしも一緒に着席して食事をしなくてもいいので、料理を作りながらお出しできるから料理人としては楽です。料理を作って一緒に着席する時は、料理の段取りをしておかねばならず、時間差で料理が仕上がるメニューや、作り置きメニューなどの組み立てを考えておかないといけないので、ちょっと面倒。料理の手が空いた時に着席して一緒に頂いてます。律儀な夫がわたしの食べる分を取り分けておいてくれたりします。

はあ、おつかれさま。空心菜の炒め物も作りたかったのだけど、ごぼうのささがきに時間を取られて、空心菜を洗っている余裕がなくて残念でした。空心菜の虫って、葉っぱを閉じて中で潜んでいるので、すべての葉っぱを開いて洗わないといけないのが微妙に面倒です。
でも空心菜は生でも加熱でも美味しいから許す!

次の日はお疲れさま外食!といきたいところだけれど、料理するつもりで溶かしたけど使わなかった鶏肉や漬けにした魚などのお楽しみが食べられるのを待っているので、お疲れさま外食はしばらく先。山奥のコーヒー屋さんくらいは行きたいところです。

ぺんぎんさん、居酒屋のおばちゃん、おつかれさま〜と思った方はクリックしてね。
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


岩上安身@iwakamiyasumiさんへのラブレター。

数週間前にジャーナリストの岩上安身さんとツイッタを交わしていたのをご覧になっていた方もおられたと思います。
あの後、ご多忙の岩上さんとのツイートの応酬はご遠慮しておりますが、中途半端はいけない、と思い直し、ちょっと時間に余裕ができた(余裕はないけれど、1枚織り上がったので、次の作品に掛かるまでのインターバルでボーっとしている)ので、まとめようと思います。

ダイエット中の岩上さんのダイエットの本当の目的は健康だと思われます。お若い頃にマーシャルアーツを色々深めておられた方ですので、行動様式も思考もタフで慎重で、したたかで、それでいて本当に強い人が持つ深い優しさをお持ちの方だとお察ししております。

減量と健康を目指そうと思われた岩上さんは @iwakami_kenkou という別アカウントでレコーディングダイエットのようなことを始められました。

健康のための食事だの、ダイエットだのというとわたしのような人間が、あれがいい、これがいい、と色んな話しを吹き込むだろうと思います。百家争鳴状態で、何がいいのやら分からなくなるので、伝統的なダイエット法、つまり、節食&運動という方法になっておられるようです。

入れたカロリーの分以上に運動して使えば減るというのは道理ですが、身体というのはそんな風にどうやらなっていないみたいで、運動すればご飯が美味しくなって節食が難しくなる、という困った状態になります。実際、職業アスリート以外で節食と運動で痩せたからだをキープしている人は少ないし、年齢が上がると運動によって身体を壊す場合も少なくありません。わたしも肘が痛い。

節食する前に大事なことがあります。
毒を取り込まないこと

そこで、ナチュラル・ハイジーンの教科書、fit for lifeで肥満のメカニズムについて説明している部分があります。
肥満の原因は 血毒症である、と。トランスファットや保存料、香料、着色料などの化学物質は、水で薄めて脂肪でかためて筋肉の中に収納することで身体を毒から守るんだそうで、毒が入ってくる食事をしていれば、節食しようが、運動しようが、なかなか痩せることも健康になることも出来ない、というのがわかります。

ナチュラルハイジーンというのは、色々な科学的医学的研究結果から導きだされた健康のためのライフスタイルの総称だと理解しています。先に紹介したフィットフォーライフがベストセラーになったのは、色々な研究結果をどういう風に生活に取り入れるかを初めて具体的に解説した本だから、だと思います。

岩上さん、もしご興味があれば、フィットフォーライフの他に、こちらの本も参考になると思います。


50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために
(2004/10)
松田 麻美子

商品詳細を見る

(この通りの食生活は実際には簡単ではありませんが、最初のサラダとか、小腹が空いたら果物などを取り入れるだけでかなり違います。)
だから、節食よりも先にするべきことは、カロリー云々するより前に毒になるものは極力避けることが大事だと思います。

そして、次に食べ物の順番です。ナチュラルハイジーンには色々なルールがあります。岩上さんにも朝ご飯抜きは推奨したいところですが、世の中には朝食こそが健康の秘訣!正しい人間は朝ご飯を食べろ!というのが常識なので、強く推奨することはいたしませんが、岩上さんの場合、夜遅くに召し上がったりなさっているようなので、朝から無理して召し上がらなくても、堂々と朝抜きライフをなさるのも1つの解決法だとご提案させて頂きます。

わたしは食べ物を自分で用意するのは生活の自治の基本だと考えているので、自炊が基本ですが、岩上さんのようにご活躍の方には現状ではなかなか難しいのは仕方がないと思います。

そこで、解決法を考えてみました。

まず、基本を押さえましょう。
極力添加物の入らない料理を食べる。
食事の最初にサラダや大根おろしなどを食べる。
食事のサイクルを一応気にする。(個人的な経験から朝食抜きと午前中の水分は重要ですが、トイレ通いが忙しいので、岩上さんには無理かもしれません)

岩上さんはきっと色んな時間に色んな場所で御食事なさるでしょうが、ベースキャンプのような場所がおありだと思います。そんなところに行きつけのお店を何軒か作っておいて、岩上さん好みのダイエットメニューを作ってもらえる店を確保する、というのはいかがでしょうか?

お店で食事する時、御時間に余裕があれば、サラダを単品でご注文なさって、サラダを召し上がってからメインを召し上がると、油とタンパク質と炭水化物のお食事でも、身体へのインパクトがかなり違うのはすぐに体感して頂けると思います。何より、最初にサラダを食べると血糖値の上昇が抑えられます。サラダでお腹が膨れて満足感が高いという効果もあります。ただ、サラダは食べるのに時間が掛かるので、時間のない時には難しいかもしれません。

お蕎麦屋さんなどでは、大根おろしの単品を頼んで、それを食べるといいです。トンカツ屋さんはキャベツお替わり自由だったりしますから、選択肢に入ります。

他に、コリアン系焼き肉屋さんも生野菜メニュー豊富です。サラダバーのある店なども使えるので、サーチしてみてください。

食事の前の生野菜は、おまじないのようですが、食べる順番を変えるだけで驚くほどの効果を感じられると思います。

ナチュラルハイジーンは正確に実行しようとすると、色々細かいルールがあってめんどくさいですが、一般的なカロリー制限のダイエットに比べると大雑把に実行してもかなりの効果があります。何よりも、他のダイエットに比べてひもじくないので、騙されたと思って、一週間だけでもいいので、最初のサラダを試してみて下さい。

できれば、事務所に5000円くらいのミキサーを置いて、果物と菜っ葉をガーしたものを食前に召し上がって頂けるともっと効果が高いんですが、まずは実行可能なところから、と思います。

岩上さん、いつも精力的な活動にあたまが下がります。どうか、お身体に気をつけて、末長いご活躍をお祈りしております。

岩上さんでなくてもご多忙だけど食事をなんとかしなくちゃ、と思っている方、騙されたと思って食前のサラダ、召し上がってみて下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

化学調味料はイヤなのよ。

わたしは化学調味料の入った食べ物が嫌いだ。だからデパートの地下で美味しそうな顔して売られている総菜も買わないし、外食する店もほぼ決まっている。化学調味料を使ってない店。

食べ物を買う時は食品表示を見て「アミノ酸等」と書いてあると買わない。化学調味料だけじゃなくて、亜硝酸塩やPH調整材、着色料に合成の香料も嫌いなので、食材は買っても調理済みのものを買うことはほとんどない。美味しそうに見えても食べたら「あ〜あ、そうそう、化学調味料ってこんな味やった」と思うだけ。

だけど食べたいものは色々あるので、仕方がないから自分で作ることになる。わたしが色々料理をするのは、食べたいからで、料理が好きとか、愛情たっぷりとか、料理が上手というわけでは断じてない。

まず食べたい。だけど、売ってない。売ってても高くてなかなか手が出ない。仕方がないから自分で作ろう、という三段論法でしかたなく作っている。

食べたい気持ちが先にあるので、必要は発明の母、というわけで、結果的に色々な料理を化学調味料の入ったものは使わずに作る、というかなり特殊な技能を身につけてしまいました。

わたしが化学調味料や食品添加物を避けるのは、それらの入った食品を食べなくなってから頭の中も身体自体も大きく変わって、頭の中にずーっと掛かっていた靄とか霧がさ〜っと晴れた、というくらいに頭の中がスッキリしているんです。身体だってもっとしんどかったし、集中力もなかったし、想像力もぜんぜんちがう、一言で言うと人が変わったみたいにわたしという人は穏やかでハッピーな人に変わったのです。

多くの人は、マクロビオティックやローフードなどを始めることで食品添加物と縁が切れて同じような変化を感じられ、その食事法が優れている!!と思うのではないか、と思います。それぞれの食事法はどれも優れているけれど、食事を変える前に食べていた食品添加物の毒が抜けた結果の変化かもしれません。

オーガニックなものにするのは食品の入手先などからすっかり変えないといけないし、野菜の取り寄せをすると、料理の上級者でなければ、届いた野菜で上手に献立を組み立てて野菜を使い切るということは至難の業です。
だから、いきなり特殊な食事法の世界に飛び込むよりも、普通の料理で市販品を使わない方法を身につけたほうが楽じゃないか、と思うけど、そんな料理法を教えてくれるところってないですよねえ。

そんな教室があったら、わたしが通いたかった、と思うので、今でも料理教室を細々と続けています。

家の料理って、自分たちが食べたいものが作れれば、それでいいんだから、何もプロから習う必要なんかない。

というわけで、化学調味料の入ってないトムヤムスープにクイティオ(タイビーフン)を入れて食べました。
IMG_3669.jpg

自分で作る料理は自分の好みの通りに作るから、一番美味しいし食べ飽きないし、何より添加物フリーでわたしの能力を減らしたり奪ったりしないんだもの。

料理を作るのは生活の自治だと思うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

食品添加物で一番避けたいもの。

わたしが食品添加物で身体へのインパクトから一番避けたいものと思っているのは、「亜硝酸塩」というヤツです。結構何にでも入ってます。まず、食肉加工食品はダメ。だから、ハム、ソーセージ、ベーコンは買わない。魚の練り物も亜硝酸塩の入ってない生協のものしか買わない。(生協の食肉加工食品にも入ってないけど、食べたい時は自分で作るので買わない。)

亜硝酸塩という添加物は、食品の色を安定させる効果があるのか、ドライフルーツなどにもたくさん使われているからベジタリアンといえども無縁ではない。
わたしはお酒を飲まないので、忘れていたけれど、ワインの酸化防止剤として使われている。ワインを飲むなら純米酒を飲んだほうがいい。

亜硝酸塩の毒性はこのサイトに詳しく紹介されているので、これを読んだらもう恐ろしくてピンク色のハムやベーコンは食べられないだろう。
怖くない人は読んでみてね→
日本人を狂わせる5つの有害物質 資料 「あぶないコンビニ食」 より 「山田博士さんの説からの採用」  3-(1)亜硝酸塩(発色剤) (自然食品屋さんのサイトなので次のページでは商品の宣伝になっている)

ナチュハイだからサラダを食べなくちゃ、とカット野菜のサラダなんか食べたら、亜硝酸塩のおかげで切り口が茶色くならないレタスなんかが入ってるわけです。

色の変わらないドライフルーツにも使われてるし、ココナツフレークにも使われているから油断できない。

肉類だけでなく、野菜や果物にも使われる亜硝酸塩だけど、リスクの高さからいうとやっぱり食肉加工食品。亜硝酸塩がタンパク質と結合すると発ガン率がぐんと上がるらしいし、食肉加工食品にはわたしの嫌いな化学調味料はもちろん、亜硝酸塩以外の添加物、保存料、着色料などたんまり入っている。

ノンベジの人がハムやベーコンを使うのをやめるのはなかなか難しいが、そんなもの、市販品など買わないで自分で作れば良い。薫製を趣味にするのもいいけれど、そんな難しいことをしなくても、ブロック肉を買って来て、多めの塩をまぶしてポリエチレンの袋に入れて空気を抜いてギューっと絞って冷蔵庫の中で3日から1週間ほど忘れていたらいい。乾燥してない生ハムみたいになるから、これを茹でても良いし、スライスしながら使っても良い。
塩麹で漬けたら粕漬けみたいな味になるので、ハム・ベーコン系を目指すならシンプルに塩漬けがいい。

添加物だらけのハムやベーコンを買うよりも肉のかたまりを買ってくるだけだから断然安上がりだし、味だって比較にならないほど旨いものが出来る。たった3枚程度入った無添加ベーコンを買うのがアホらしくなる。

添加物を避けようとすると、お金をかけて無添加のものを取り寄せるか、自分で作るか、どちらかになるけれど、自分で作るのが難しいか?といえば、それほど難しいわけじゃない。ちゃんと風乾してスモークしたものが食べたければそれは趣味として楽しめば良い。

塩漬け肉が間に合わないけれど、ハムやベーコンの入ったレシピの料理を作る場合は、シンプルに該当のものを省略すれば良いだけの話しで、代替え品に何か入れようなどと考える必要はない。

「添加物が嫌だから、市販のハムやベーコンは食べません」などと言うと、「あんたは暇だから自分で作れる」と反論されるけれど、肉のかたまりに塩を刷り込む時間など、1分も掛からない。簡単なことを自分でやってみようとも思わないだけの話しだ。

去年の3月11日より前は食品添加物の心配さえしていれば良かったけれど、今は放射能の心配までしなくちゃいけないから嫌な世の中になったものです。原料から自分ですべて作ることは無理だけど、訳のわかった材料から自分で加工するのはそれほど難しいことじゃない。もちろん、難しいことまでやりたい人はその工程も含めて楽しめばいいだけだ。

ドライフルーツ買う時はちゃんとラベルチェックしてね。量り売りのものは表示義務がないから要注意です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「The Black Power」

都会の人からは「今頃そんな映画見てるの?」と笑われるかもしれないけれど、広島でこの映画が観れるってのはすごいことだと思う。これも横川シネマの溝口さんが広島にいるからだ。

The Black Power

60年代後半から70年代にかけて、スウェーデンのテレビ局で撮影していた映像を発掘、再編集して1本の映画にまとめたもの。

アンジェラ・デイビスが、マーティン・ルーサー・キング師が、ストークリー・カーマイケルが、どんな演説をして、どんな風にインタビューに答えて、何を語ったか、今までわたしはブラックミュージックの素材として断片的にしか知らなかった伝説の人たちの声を、姿をこの映画で見た。

ブラックパワームーブメントのことは何となく知っているけれど、どうして彼らの運動が下火になっていったのかが良く分からなかったが、その理由がわかった。

麻薬だ。ベトナムからの帰還兵が中毒者として戻ってきた。コミュニティーに蔓延していった。そうやって、人々からパワーを削いで、なんとなくブラックパワームーブメントも下火になった。

しかし、皮肉なことに、ブラックパワーを失速させた麻薬は人種の壁など軽く越えて全国的な問題になってアメリカを悩ませることになる。

アンジェラ・デイビスがスエーデンの記者から闘争的だ、というような指摘をされて、彼女が反論する話しがすごい。彼女がいったいどんな世界で育ったのか?黒人教会に打ち込まれる爆弾、バラバラになった友達。道を歩いていて撃たれる友達。まるでパレスティナかどこかの話しのようだけれど、1950年代のアメリカの話しだ。

登場人物の語りを聞いていると、ブラックの人たちの言い分は真っ当で、マトモで知的だ。それを報道したスエーデンのテレビ局に対し、アメリカは「反米的だ」という記事を雑誌「テレビガイド」に掲載する。
しかし、テレビガイドを読む人たちは、外交の問題などには関心を持たない層。問題なのは、その「テレビガイド」がたくさん売れている雑誌である、という、このアメリカの現状。
結局この問題で一時スエーデンとアメリカは国交断絶する。それほど黒人の問題はアメリカのエスタブリッシュメントを脅かす問題だということだ。
先の麻薬の問題は、故意に広めたのではないか、という疑惑が囁かれるほど、アメリカはブラックパワーを恐れ追いつめられた。

ブラックパワームーブメントで世の中は少しは変わったか?世の中はたいして変わってないかもしれないけれど、人々の意識を変えたということは大きかっただろう。フェミニズムもゲイパワーも先住民の権利もブラックパワームーブメントがなければこれだけ盛り上がらなかったのではなかろうか?と思うと、この時代の黒人解放運動の意味の大きさがわかるような気がする。

1度の鑑賞で十分に理解できるほどの基礎知識を持っていないので、咀嚼しきれないけれど、骨太で柔軟性も持ち合わせたブラックパワームーブメントから学ぶことはまだまだたくさんありそうな気がした映画でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

たね蒔きジャーナル最終回。

たね蒔きジャーナルが今日で終わってしまいました。
最終日にみんなでラジオを持ってMBSの前に集まろう、という集会が、今終わりました。IWJ_osaka2で中継されていたので、大阪までは行けないけれど、自宅参加しておりました。

問題の今後のことです。
番組終了後、キャスターの水野さんや千葉さんが出てくるまで放送作家の石井さんが今後のお話しの説明をされていました。

内容はほぼ以下の通り
すきすきたねまきの会から転載。

2)
その上で、私たちは返金希望でない方たちのご寄付をどうしたら生かすことができるのか、模索してきました。
 現在、ある放送局と「たね蒔きジャーナル」の後継番組を始められないか、交渉中です。週一回の一時間番組で、今回の呼びかけ人の一部がホスト役を務める予定で話を進めています。
たとえばMBSに当分出演しない旨を表明している小出裕章も、この番組には毎週出演し、原発問題をめぐる解説や意見表明を行う予定です。当面、半年間の放送を予定しています。
 私たちは、この番組枠の買取費用および制作経費として、いただいたご寄付を活用したいと考えています。
 ただ、9月19日の打ち切り発表からまだ10日足らずの短期間でもあり、その放送局との話し合いが決着していません。


基本的にAMラジオ、それと同時にポドキャスト、ustやニコニコなどの動画サイト、コミュニティーFMなど色んなメディアで重層的にやっていきたい、と呼びかけ人でジャーナリストの今西憲之さんは説明なさってます。
また、今日のために熊取まで行ってきた今西さんによると、すきすきたねまきの会による新番組には小出さんの協力は取り付けてあるとのことで、小出さんの原発ニュース解説は新番組で引き続き聞く事が出来そうです。

個人的にはデータの小さい音声のみの番組でさくっと作ってくれるといいなぁと思います。だって、ラジオですもんね。

番組が終わって、キャスターの水野さん、千葉さんが出てこられて花束贈呈。
水野さんも千葉さんも「ごめんなさい」と番組が続かなかったことを集まった人たちに謝っておられたのがつても辛かった。こんないい番組が続けられなかったのは、こんな番組を続けられない社会を作っているわたしたちのほうなのに。

番組を作ってくれたすべての方々、録音したものをYouTubeにアップし続けてくれたみなさん、文字起こしして下さった方々、ほんとうにありがとうございます。

この方のチャンネルRamada Vikara2ndでは、番組がCM抜きで全編聞く事ができます。あらためて、たね蒔きジャーナルが本当に小さなニュースを丹念に取り上げて、水野さんの素人目線で解説員の方からニュースの見方を引き出す素晴らしい番組だったことが分かると思います。

本当に残念、悔しい。だけど、本当の意味で発展的にわたしたちが知りたいことを聞ける番組、自分たちで作ろう。
今後の展開は、すきすきたねまきの会のサイトで発表されるそうなので、時々チェックしましょう。
http://www.tanemakifan.net/

たね蒔きジャーナルのスタッフのみなさん、ありがとうございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


紫色のタオルを振り回す。

Jリーグのチケットをもらったので、ちょうど1枚織り上がったところだしサッカー観戦に行ってきた。もらったチケットはSA席。野球で言うところのバックネット裏。すごい。

対面に見えるサポーターズ席はサンフレッチェ首位で盛り上がっている。野球でもそうだけど、スタジアムに足を運ぶのとスポーツニュースで見るのとでは全然違う。

IMG_3678.jpg

おお〜。巨大ユニフォームが広がってゆく。右手では太鼓を叩きながらすべての選手の主題曲みたいなのを歌って盛り上がっている。サポーターズ席に座るには、歌とか、色々な決まり事を学んでからでないと難しそうだ。

今日の対戦は鳥栖。鳥栖のサポーターも結構たくさん来ている。鳥栖から来たのか?まあ、広島なら遠征といっても近いほうだろう。関門海峡の向こうからありがとう〜。
IMG_3680.jpg

試合はサンフレッチェの圧勝だったけれど、鳥栖の闘いは素晴らしかった。パス回しも上手いし、ディフェンスがビシっとしている。失点が一番少ないチームだそうだけど、PK含めて4点もとったし。一点しか失点してない。

テレビで見ると選手の表情とか細かいところはわかるけど、全体がどうなってるのかはよくわからない。だけどスタジアムで見ると全体が見渡せるので、フォーメーションがどうなっていて、選手がどう動いて、ということがわかって、ゲームの流れがよくわかる。これも夫の適切な解説があるからかもしれない。しかし、彼は自分ではスポーツなんかやらないのに、なんで野球でもサッカーでもプロレスでもラグビーでもクリケットでも解説できるのか、男の子ってこんな知識をいつごろ仕入れるのか不思議で仕方がない。

対面のサポーターズ席から聞こえてくる太鼓に合わせて手を叩いたり、紫色のタオルを振り回したりして、久しぶりに外遊びを楽しみました。

曇り空で幸い雨も振らず、快適なサッカー観戦だった。これはなかなか健康的で楽しいレジャーだと思ったのでした。「あなた、こんなにサッカー好きでサンフレッチェが好きなら、年間シート買っていつでも好きな時に観に行けば良いのに」と言うと「いや、でも、仕事もしないといけないし・・・ぶつぶつ」要するにサッカー浸りになるのが怖いらしい。

サッカーリーグの運営と野球は決定的に違う。プロサッカーのクラブは、もちろん企業からの支援を受けているわけだけど、親会社という考えはなくて、クラブになっている。サッカー協会は田舎のクラブにもお金を分配するので、鳥栖とか大分のような人口の少ないところでもプロチームを持つことができる。もちろん、チームの運営や集客は難しいけれど、中央一極集中で、有名選手はみんな首都圏などの大都市のチームだけ、ということは若干はあるけれど、田舎のチームにチャンスがないわけじゃない。それが証拠にこの鳥栖の活躍だ。

今J1のチームの中でダントツに人口が少ない鳥栖がディフェンスの強さを武器にリーグ中程の位置に留まって活躍しているところがすごい。

もう都会に集中して住むなんてことはこの先無理だとわたしは思っている。人材も文化も仕事も、すべての豊かさを都会に集めて発展してきた日本だけれど、もうそんな時代はお終い。鳥栖の活躍はそんなことも教えてくれるような気がする。

今日は小出さん、田中正造さん100周年の記念講演でしたね。
田中正造さんと農民たちの闘いは壮絶なものだけど、それよりもっとひどいことが福島で起こってるんだ、と思うと恐ろしい。
田中正造さんの闘いについては
辛酸―田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫 緑 310-13)辛酸―田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫 緑 310-13)
(1979/05)
城山 三郎

商品詳細を見る


小出さんの講演はここで見られます。
南相馬ちゃんねる

Video streaming by Ustream
小出さんが解説する正造さんの闘いがわかりやすいだけに恐ろしい。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

友遠方より来る。太ったと笑われる。

半年ぶりに大工の友達が出稼ぎ兼ねて泊まりにきた。もちろん、うちの仕事もしてもらうんだけど、泊まるとなると飯も食う。
台風なのでちょっと心配したけれど、岡山あたりでかなり降られたけど、その後は晴れて快適なドライブだったらしい。こちらでも朝は降っていたけれど、昼前には雨も上がり、思っていたより早い時間にジャーマンシェパードを連れて。

ワンコはしばらく庭のあちこちのにおいをかいで、マーキングして、わたしにも挨拶した。「ワンコどこで寝るの?」と聞いたら、車の中だという。車に乗せると車の中から鼻を鳴らして「あそんでくれ〜」と訴える。

友達は飲む人なので、夫も一緒に晩酌モードになる。ご飯炊いたのに、ご飯食べるのはわたしだけ?なんだ、それなら炊かなかったのにぃ。

IMG_3686.jpg

焼き茄子、焼きシシトウ、丹波黒豆の枝豆、豚スペアリブの焼き肉風、小松菜。まぁ、なんと簡単な料理ばっかり。夫は「酒の肴ばっかりだなあ」料理がなくなって、葉唐辛子の佃煮やらかつおの酒盗などでまだ飲んでる。

ああ、酒飲みと一緒にご飯たべたらダラダラ長時間になるから、釣られてたくさん食べてしまう。

わたしは実際にこの半年くらいでとてもふくよかになって、着るものがなくなってしまった。まだまだ成長は続いていて、このさきどこまでいくんやら?と思うほど。

友達は太ったわたしを見て「だれかわからんかったわ」。「それは大げさやろ!実際には5キロも増えてへんねんで」
わたしは彼の連れ合いに青泥を食前に飲むように教えた。彼女はかなり真面目に青泥を食べているようで、彼曰く、「ますますガリガリになってしまった」らしい。もともとガリガリしている人だったんだけど。「でも身体が元気やったらええねんで」「そりゃ、元気やけど、あんなに痩せちゃぁ」どうやらセクシーでない、と言いたいらしい。

たしかに、わたしはいまムチムチしていてセクシーだもん、でも服買い直さないと着るものがない。

夫が「夕方オヤツをたべて、その後普通にご飯たべるんだもの、そりゃ太るさ」と笑いながら暴露する。まあ、いいじゃないの、太ったから月経も再開して、毎月やってくるんだもん。更年期障害の不快な症状もなくなったんだから。今太ってるのも更年期なのよ、きっと。「なんでも人のせいにするんじゃないよ、あれだけ食べてたら太るさ」また笑う。

しかし、この大工の友達はロクなヤツじゃないな、普通思っていてもこんなにハッキリ言わないぞ。いや、良いヤツなのかもしれない。他の人は「え〜、ぜんぜんわからない〜」とか言いながら「あいつ、あんなに太って、何食ったんだ?」と思っているのだろう。

これから夕方のお腹空く時間に1人でとっとと晩飯を済ましてしまって、夫には晩ご飯を1人で寂しく食べてもらおうか?それもいいかもしれない。なんたって、彼はわたしが太るのは正直嫌なんだもん。そうしよう。1人で晩ご飯を食べるからって、文句言うなよ!

というわけで、笑われるほど太っているぺんぎんさんでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック