パソコンは持っていかないで静かなお正月。

あけましておめでとうございます。

今年も大晦日から作った正月料理持参で実家に行きました。パソコンは持たず、本を持っていくのも忘れ、静かなお正月。

大阪では元旦の朝は白みそのお雑煮のはずなのに、母は「何も買ってないから水菜の焼き雑煮でいいやろ?」と言うので、雑煮の出しはわたしが作る。昆布だし&白みそのお雑煮が食べられないのは残念だけど、煮餅が嫌いな夫には幸いだっただろう。父はなにも言わない。

IMG_3993.jpg

持って来た料理を並べる。立派な漆の膳があるはずなのに、出さない。誰も文句言わない。

大阪の重箱は今でも時々骨董市で見かけるけれど、入れ子になった長方形の塗りの箱。正方形の普通の重箱と違い、茶箱をコンパクトにした感じで深さがある。感覚的にはタッパに煮物をゴロゴロ入れる、という風情。

実家で使っていた入れ子の重箱も塗りが剥げて壊れてしまったのか、いつの間にかプラスティックのタッパウェアに代替わりした。だから広島から運んだまま、コンテナの蓋を外して並べても「わ〜い、お正月」な気分になるらしい。写真で見ると残りものを並べて食べているだけみたいだけれど、正月料理というのは残りものばかりを食べるようなものだもの。

新年の挨拶とお雑煮の後、夫は友達とランチをしに難波に出掛けた。わたしはというと、居間のテレビから逃げ出し、半分に折り畳んだ布団にもたれて、好きな音楽を聞きながら久しぶりに本にドップリ。


台湾海峡一九四九台湾海峡一九四九
(2012/06/22)
龍 應台

商品詳細を見る


夕方になって弟たちが来る。またタッパーを並べて、魚をつくって、鯖も切って、賑やかにお正月。
弟の子供は2歳半になって、半年ほど前にわたしのiPhoneで遊んだことを覚えている。Face Bookのお友達のワンコのこまおくんがお気に入りで、こまおを見ては大喜びしている。「こまおが好き」なんだそうな。

穏やかなお正月。わたしたちも両親も弟たちもみんな健康。幸せ。だけど、これは砂上の楼閣なんだ。

今年は皆さまにもよい歳になりますように。いや、良い1年にしましょうね。
そして、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

反原発餅が届く。

かぼすの追加注文をしたら、反原発餅が入ってた。
IMG_3997.jpg

大分のサムライ菊の助さんが反原発稲刈りで刈った米でついたお餅。
しかも、お餅だって反原発だ。
反原発餅つき


これはやっぱり反原発餅だ。放射能をまき散らすものなんかいらない、あんな怖いものはもう動かさんといてくれ、頼むから。なんでもいいからそぉ〜っとしておいてくれ、とお餅が訴える。

IMG_3998.jpg

反原発よもぎ餅もある。ヨモギは春のうちに摘んであったのね、ヨモギのような草は放射能をたくさん吸い込むから、原発嫌よね。

というわけで、お正月ですもん、小豆で餡を作って、お昼は反原発餅ランチ。

IMG_4003.jpg

左のは菊の助さんのきなこ。石臼で挽いたのかしら?きれいで香ばしいきな粉。おもちもちょっぴり塩味、きな粉も塩味。あぁ、美味しい。最高。青菜?なにそれ??なお正月でございます。

お正月に、あこがれの菊の助さんの玄米餅が居ながらにして頂けるなんて・・・玄米なんかどうやって蒸すのかしら?とっても美味しい玄米餅でした。あぁ、幸せ。

三ヶ日最後の日は、パンを焼いて、かぼすポン酢を作り、キムチも作り、小豆餡を炊いて、と、台所で1人しっぽりしていたのでした。今年も美味しいものたくさん作るぞ〜、食べるぞ〜。

しかし、3キロ痩るという1年の計も・・・
正月は無理やわな。

今年は反原発餅つきに参加する、という予定も立てよう。近くに温泉ないかな?
菊の助さん、マコさん、世界最高のお餅、1年かけて丹精したお米や小豆で作ったお餅でお正月を祝えるなんて、今年は最高のお正月でした、ありがとうございました。

さて、明日から平常運転に戻ります。まずは糸紡ぎ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

仕事始めはローフード初め。1年の計も一応書いてみる。

今日から夫もお弁当を持参で会社に出掛けていった。さて、わたしも仕事始め。懸案の縫い物やら外れっぱなしになっていたボタン付けなど普段着のメンテナンス。あ、コレ、仕事じゃない?ただの家事?だけどさぁ、こんな事をする余裕がなかったんだもの。
夫の夏のズボンの裾がほつれてたのを縫い直したり、ついでにミシンに油差したり、ボタン探してボタン付けたり。

あ、今日はこんな話しじゃなかった。
夫が弁当を持っていった(夫のお弁当はいつもパンなので、パンは焼いたけど、ご飯は炊いてない)ので、さて、お昼何しよう。2011年の今頃のブログには断食したって書いてある。このブログの主は一体どちらさん?と思うぐらい今のわたしとは違う人。髪型も、服のサイズも違う。体重も5キロほど少ない。

2011年の3月で世界が変わっちゃった人は少なくないと思います。わたしなど、地面も揺れてないし、放射線の線量も上がってないところに暮していて、地元の野菜を食べてグリーンコープの肉や魚を食べているから、何にも変化してないのに、世の中変わっちゃった。生活も変わっちゃった。なんだか心の糸のようなものがプッツンと切れて、断食だのローフードだの、西式健康法だの、甲田療法だの、「あら、そんなものもございましたわねぇ」という感じ。
続いているのは平床木枕スイマグ柿茶と朝食抜きの半日断食、時々温冷浴くらい。ローフードはほんの趣味として続いている程度で、青泥飲んでたら料理手抜きでいいや、って感じでまるでアリバイ作りのような青泥だ。

そんなわけで、すっかり断食もしなくなったし、体重もナチュハイ前に戻ってしまった。身体は健康だし、仕事も良く出来るのであまり問題は感じてない。気になるのは太ったことくらいだけれど、デブというほどじゃない。若者の9号からマダムの9号に変わった程度で、ガリガリしていた時に着ていた服は着れないけれど、大人のお洋服は中学生のような体型には似合わないので、程よく肉がついていたほうがいい。

睡眠時間はちょっと長くなったように思う。甲田療法関連のことを熱心にやってた頃は睡眠時間が2時間くらい少なかった。でも起きてる時間に二時間分仕事が出来て偉大な業績があったか?といえば・・・ネット見てるだけだったりするわけで・・・それは生菜食じゃなくて、わたしの問題か。

というわけで、今年は3キロ程度落としてみよう、という1年の計を立ててみた。
食養生に熱中しすぎて以前のように本業に障ってはいけないので、ほどほどの食養と仕事のワーク・フード・バランスはこのくらいかな?ということで3キロ。5キロ減ったら中学生みたいな体型になってしまうからまたお洋服が着れなくなる。

ローフード初めは
IMG_4004.jpg

なんちゃって青泥と菊の助さんの人参シュレッド。人参シュレッドを食べるために久しぶりにナッツマヨを作った。なんちゃって青泥というのは、冷凍マンゴー、リンゴ、蜜柑などが入っていて、塩抜き。青山のSkyHighで頂いた青泥が美味しかったので、あんな感じの甘すぎず、酸っぱすぎず、青すぎない、というバランスの青泥ばかり作っている。マンゴー、柿、パパイヤ、ドラゴンフルーツなど、スムージーにとろみが付く材料が入るとぐっと舌触りが良くて美味しくなる。

菊の助さんの人参は、人参くささが全く無い。かといって、まな板がオレンジになるほど色が濃いわけでもない。繊維も柔らかい、とても優しい人参でした。葉っぱがないのが残念。

夜には、菊の助さんが送ってくれた青梗菜と小松菜の掛け合わせのような青菜を炒めたけれど、菜っ葉から水がちょっとしか出なくて驚きました。ちゃんと作ってる野菜って違うんだよな、と改めて思うのでした。

菊さま人参、あと二本あるんだ〜。料理するのはもったいないから生で食べるんだ〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫と買い物。

冬のバーゲン真っ最中、わたしも夫を誘ってデパートへ行ってみる。

スパッツとパンツを買って、夫はかわいいシャツを1枚。彼も結構満足なお買い物が出来たらしい。買い物に行くと機嫌が悪くなっていくのに、機嫌良くお洋服を選んだのにはちょっと驚く。

買い物の途中でお昼ご飯。
野菜と生パスタという看板に惹かれてふらっと入ったお店。サラダとパスタとデザートとドリンクのセットを頼んだら、こんなサラダが出てきてびっくり。

IMG_4005.jpg
前菜のコースは頼んでないぞ!と思ったけれど、これがこの店の”サラダ”のようです。野菜が売りの店はいくつもあるけれど、ランチのサラダにこんなサラダを出す店は初めてです。ベジタリアンの店ではないので、主菜は普通にノンベジです。

買い物の後、一旦家に帰ってから、初クラブ。久々に運動をしにいく。
体重は・・・増えてたよ。どうりでお店の鏡に映る姿がぽってりしているわけです。正月恐るべし!これはやっぱり本格的にダイエットをしなければいけません。

というわけで、晩ご飯には美味しい青泥モドキ&人参とカボチャの焼きビーフンを作ったのでした。
ローフードダイエットリハビリにグリーンスムージー1ℓ作戦でもやってみようかな。そのうちにまた断食したい気分が盛り上がるかもしれません。

あぁ、よく遊んだ1日でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

グリーン・スムージー、もとい、美味しい青泥1ℓ30日再び。

昨日、デパートの鏡に映る己の姿があまりにボテボテだったことはちょっとショックだった。311ショックですべてがどうでも良くなったけれど、もうあれから2年が過ぎようとするのだから、いつまでもどうでも良いような生活を続けているわけにもいかない。年も明けた、誕生日がきたら大台に乗る。このまま婆さんになってしまうのはつまらない。

だけど、前みたいに断食なんかする気にならない。だって、補食を守れる気がしないんだもん。かといって、夫とは別の料理を準備してローフードとか、生菜食って気にもならない。普通の生活にあまり波風たてない良い方法はなかったかしら?としばらく考えた。

そうだそうだ、グリーン・スムージーを毎日1ℓ、30日続けるという方法があったな。グリーン・スムージーは青泥みたいに菜っ葉をたくさん準備しなくていい。緑になってればOK。それに美味しくしてもいい。水も入れてちょっとサラサラにする。

わたしは産直市で買い物している。産直市の産地は広島の山の中で今はもう雪の中。今年は寒くなるのが早かったから野菜が少なくて、白菜と葱しか売ってない。青菜は値段が上がっているから、青泥ほど青菜を揃えなくて良いグリーン・スムージーは都合がいい。

グリーン・スムージーといっても、わたしが作るのは、美味しい青泥、なんちゃって青泥なので、登録商標されているグリーン・スムージーとはやっぱり違うかもしれない。

というわけで、
IMG_4007.jpg

今日から美味しい青泥を空腹時に1日1ℓ食べるプログラム、再開します。映画&外食の時はサーモスのマグに詰めて行こう。今回はダイエットが目的だから、美味しい青泥を食べたら食事はその分減らすように努力しよう。おやつは極力やめるようにしよう。夕方小腹が空いたら美味しい青泥を食べよう。

わたしもお正月ですっかり太ってしまったのよ〜とか、ローフードを増やそうとか、単に興味のある人、ご一緒しませんか?美味しい青泥1ℓを1ヶ月。

お腹凹むかなぁ〜、1度もとの体重に戻ってしまうともう二度と減らないような気がするのでした。目標は大きく5キロ!にしておこう。がんばれ、わたし!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

友達にお昼ご飯を振る舞う。

ダイエット宣言をしてすぐに社交だ。お昼に友達夫婦に来てもらって4人で食事。

友達♂は末期がん。今までだったら「カレーが食べたい」とか、「タイ料理食わせろ」と言ったのに、スパイシーなものはダメ、脂っこいものもだめ。魚とか豆腐がいい。おせち料理が食いたい、とも。いや、おせちはもう終わったよ。「ペンちゃんの料理はなんでも美味しいからなんでもいい」という結論になった。何でも美味しいって言われて自分の好きな唐揚げやらポテトフライやら出されたら困るだろうに・・・

結局、夫と色々相談して和食にした。和食やったら鍋がええんちゃう?鍋はいかにも手抜きやろう、というツッコミも。キビシ〜。

料理の途中に青泥の準備をしていたら二人がやってきた。やぁやぁ、久しぶりだね、黄緑色の顔って聞いたけどそれほど黄緑じゃないやんか。(黄疸が出て顔が黄緑色だと聞いていた)

さて、料理が出来た。おまたせしました!
IMG_4013.jpg

白菜サラダ、鰈の煮付け、手羽元と根菜の炊き合わせ、茎ワカメと椎茸の炒め物、広島菜とお揚げの煮浸し、豆腐の薬念のせ。

「量が食えなくなったんだよなぁ」と言いながら、ちょっとづつ全部食べてくれる。人と一緒に食べると楽しいらしく、「ちょっとでいいよ」と言いながら鶏肉も食べてたし、魚も食べていた。

デザートも用意した。アンコ&草餅か、果物&ローキャラメルソースのどっちが良い?と聞いたら、「果物」というので、ラフランスのキャラメルシース添え。
IMG_4014.jpg

え〜、なに、これ何で出来てるの?デーツ?アフリカで食べたなぁ。そういえばこんな味だったっけ?ナッツとデーツをガーするの?2馬力?普通のミキサーって何馬力なの?・・八万円?!!・・・

2馬力では歓心を買わなかったけれど、8万円でたいていの人は感心するバイタミックスくんです。

やっぱりしんどいのか、他に用事があったのか、2時間ほど滞在して、積もる話は20%くらいなんとか話して、庭で記念写真を撮って二人はバタバタと帰っていった。

青泥や青汁に興味をもったみたいだから、グリーンマグマを、気に入ったら飲む、気に入らなかったら返してね、と渡す。他にもレイシ&番茶ドリンクなども始めたらしい。
食欲がないときは無理にたべなくてもいいよ、とか、朝ご飯食べなくていいよ、とか言っても、薬を飲む関係で食事を抜くのは難しいらしい。そりゃそうだよなぁ。

ともあれ、料理と食事を楽しんでもらって、良かった。たまに出掛けるのも気分転換になっていいようだから、また都合が合えば来てもらおう。わたしのこんな料理で楽しんでくれるならお易い御用だ。

煮物は持って帰るというから、お土産にして、菊さまカボスもお土産にして、んじゃまた今度ね、ターミナルケアに入る前に何度でもご飯一緒に食べよう。

友達たちが帰って、夫は仕事に行って、わたしもコツコツ仕事しながら、おやつ。
IMG_4015.jpg
美味しい青泥だからおやつにぴったり。

晩ご飯はお昼の残りと七草。
IMG_4016.jpg
お正月の鮭ももうお終い。

七草食べたらお正月は終わりだね。良いお正月だった。
美味しい青泥2日目は、まぁなんとか終わりました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

美味しい青泥30日ルール。day3

たくさんの参加表明ありがとうございます。
タイトルにカウント入れました。何日目か忘れないようにね。みなさんもご自分の都合の良いようにカウントしてください。もちろん、帰省や旅行で継続が難しい時は無理せずお休みして後でツジツマ合わせをするといいですよ。わたしも旅行の予定があるので、その時はイスラムのラマダン式で順延いたします。

グリーン・スムージー(登録商標)、グリーン・シェイク、青泥、など緑のドロドロドリンクには色々な名称があります。今回わたしがやっている「美味しい青泥」は甲田療法の青泥を、根性ナシなヤワな人間でも飲みやすく食べやすく、続けやすく、おまけに普通の食事と併用を考えたものでございます。

美味しいということは、甘くて口当たりが良くて、我慢したり頑張らなくても飲める食べ物という意味です。甘さとか、青臭さへの適応度は人によって違うと思いますから、バランスとしては、甘いってほどじゃないけど、青臭さを我慢するほどでもない、という感じを目指して下さい。

わたしが理想としてるのは、青山のskyhighのグリーン・スムージーのもうちょっと甘くない感じです。

水は入れるけれど、寒いから氷は入れません。冷たさは好みがあるので、お好みに合うようにすればいいと思います。

レシピってほどじゃないけれど、わたしが作っている分量。

リンゴ半分
みかん1個
ホウレン草1掴み
小松菜  1掴み
パセリ  3本
セロリ  半分
レタス  3枚
冷凍マンゴー 50g
かぼす汁 大匙4
水100cc

IMG_4017.jpg
くらいかな?野菜や果物は日によって変わります。冷凍マンゴーを入れるのは青泥にとろみをつけるためで、これが入ると分離しにくくなって具合良いです。バナナや柿、アボカドでもいいですよ。
野菜はキャベツや白菜を使うこともあります。野菜の目方は・・・・200gくらいかなぁ?
パセリやセロリはいつもあるわけじゃありませんが、入れると美味しいです。

甲田療法と違って塩抜きです。
なぜなら、普通の食事を併用しているので、カリウム過剰にはならないから。そして、普通の食事でもお野菜たっぷりはいつもの通りです。ご飯のおかわりとか、おやつに煎餅とかは我慢です。

スーパーフードは入れないのですが、気がむいたら花粉とかを更年期対策に入れたくなるかもしれません。そういえば、更年期どっかに行ったなぁ。青菜が高くて・・・と言う場合は、粉末青汁を入れて緑色のドロドロにしてもいいと思います。買い物に行けなかったり、雪に閉ざされたりするかもしれませんものね!

さて、これで3日目です。毎日食べると決めたらなんてことないな、前は当たり前に食べてたんだもんね。

お昼は夫がいないので、菊さま人参ソースでケルプヌードル。
IMG_4018.jpg

このプログラムをやると、なんとなく生ご飯が増えるという地味なメリットがあります。これで他のご飯が減れば結果は出るんだけれど、どうなることやら・・・

IMG_4019.jpg
青泥食べて、糸紡ぎして、とても幸せな気持ちに満たされるのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

かぼすポン酢の作り方 美味しい青泥day4

菊の助さんのかぼすはもう販売終了になってしまって寂しい限り。今年は寒くなるのが早かったから、かぼすは凍っちゃったそうです。カボス販売終了いたしました!

うーん、残念、こんなおいしいカボス、木に成ったまま凍ってしまうなんて・・・力不足にガッカリと膝をついてしまいそうです。つぅか、菊の助さんのカボス園、どれだけ広いねん?!

ぺんぎんさんにそそのかされてカボス買ったはいいけれど、こんなにたくさんどうしよう?と心配している方もいらっしゃるかもしれないので、これは簡単で美味しくてローでリビングなポン酢作りをご紹介しましょう。
(去年も書いたけど、何度でも書くよ。)

カボスはひとつづつ握ってみて皮が柔らかかったり、ブアブアしているものを選んで絞ります。皮がかたく締まっているものはまだまだ日持ちがするから順番に食べると良いですよ。

IMG_4000.jpg
カボスは洗って半分に切って、ボールに種取り用のザルをセットして、木頭村の柚子絞り器で絞る。

IMG_4001.jpg
450ccのカボス汁を量る、(なんで450かというと、入れ物が1ℓだからちょっと控え目にね)

同量の醤油を注ぐ。
IMG_4002.jpg

ここに昆布を10gくらい入れる。好みでカボスの果肉も入れる。一週間くらい置いて味が馴染んだら出来上がり。冷蔵庫保存が望ましいです。

菊さまの完熟カボスは良い具合の甘味を含んでいるので、本当にこれだけで美味しいポン酢になります。もちろん、醤油味ドレッシングのベースとしても使えます。

わたしは白菜の千切りサラダにポン酢を掛けて食べるのが好きで、自分でもよく作るし、お客さんにも平気で出しちゃう。

IMG_4009.jpg

オイルはあってもなくてもいい。フラックスで作るとちょっとお魚フレイバー。右の黒いのが出来たポン酢だよ。オイルをかけてちょっとトスして、

IMG_4010.jpg
ポン酢をかけて再びトス。和食でも中華でも、料理の国籍を選ばないサイドディッシュ。なにしろ、今レタスはないけど白菜はたっぷりあるものね、白菜サラダ大好きよ。

このポン酢は冷蔵庫に入れておけばずーっと大丈夫ですから、保管場所がある方は1年分のポン酢を作っておくのもいいと思います。ほんとになんでポン酢買ってたのかしら?って思うから。

さて、青泥4日目。青泥食べてるので食事は控え目だけど、別に節食してるわけじゃないから体重が減ってるかどうかは確認してません。
青泥デトックスしているのかどうかわからないけれど、昨日から身体が重く、背中は肩がばきばきで頭痛までします。だけど朝は早く目が覚める。お腹は相変わらず快腸。ピーになることもありません。

あぁ〜、頭痛い。シャッキリしない。コーヒー飲んでるのに、なんでやろ?カフェインもっとよこせ、と身体が要求しているのかもしれません。

今日は柿が来たので、明日からしばらく柿入りのスムージーです。嬉しいな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

正月太りはあっさり解消、Day5

我慢しない、食べたいものを食べる。ただ1日1ℓのおいしい青泥を空腹時に飲むだけ、というお気楽養生食、今日で5日目。

ご飯の前のちょいと小腹が空いた時間に青泥食べるので、手っ取り早くその辺にある栄養密度の濃いものに手を出さなくて済むのが良いのかもしれません。青泥で結構お腹が膨れるので、食事の量は自動的に減るのもいいでしょう。我が家の場合はわたしが料理長ですから、青泥で青菜への欲求が満たされるので、晩ご飯は質素になってしまいます。以前もこんなプログラムをすると、ダイエットしてない夫がスルスルと痩せてしまいます。食事の時にわたしの食べる量が減るので、なんとなく彼も一緒になって少食になるのです。だから今回は彼の好物を色々作って理性の力に負けずに食べるように仕向けているのだけれど、どうなることやら。

わたしにとって大事なことは、青泥はあまりお腹が空いてない時に作っておくこと。青泥を作っておけば、「そうだ、コレを先に飲むんだった」と、他のものに手が出る前に青泥食べるから。お腹空き過ぎでは青泥を作る前につい色々食べてしまうので・・・意志の強い人は出来たてを飲むほうが良いんですけれど。

軽い頭痛と背中のだるさが続いていたので、昨日の夜は温亀で背中や肩甲骨を温めて寝たのがよかったのか、朝からクラブに行ってウォーキングしてきたのが良かったのか、今日は背中もスッキリ、頭痛もなくて久しぶりにシャッキリした1日でした。

ロルフィングで教えてもらった、肩甲骨を滑らせるように腕を動かすという方法でせっせと歩いていたら、5分もしないうちに背中の上の方がポカポカしてきたのには驚きました。ロルフィングでは呼吸を背中に入れて肋骨を動かし、骨の動きで身体のコリを解すなんてことをします。歩くことで全身を動かして身体のバランスを統合するのですが、なるほど、こんな風に統合されるのか、と思った次第です。

クラブで体脂肪やら何やら精密に測ってくれる機械に乗ってみました。
体重は・・・正月太り+αの分が解消。食前だったことを考えてもなかなか良い調子だ。実際かがんだ時にお腹の肉がつかえる感じがかなり解消された。ついでに上半身の筋肉がちょっと増えて、上半身と下半身の筋肉のバランスが少ないなりにもとれてきた。

昼間クラブに運動に行ったら午後は疲れてしまうかと思ったけれど、今日はそんなことなく、仕事も地道にできた。一日中家にいて「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ」と思いながらどれも出来ないよりも良いかもしれない。

昼間クラブに行くと、お風呂がそれほど混んでなくて、温冷浴が出来るのもいいんだな。
早速に結果が表れて、気分良いな。この先バースデーディナーやら、色々控えているけれど、あと25日、青泥さん、お世話になります。

なんちゃって青泥の良いところは、本格的な青泥ほど野菜を消費しないところ。青泥を1回250gの菜っ葉で作っていた時や、グリーンジュースを絞って飲んでいた時は、冷蔵庫に入りきらないくらい菜っ葉を買って来てもすぐになくなって、買い物がほんとに大変だったもの。

今日は久しぶりに出掛けたので、セロリ買って来た。今ほんとに青菜が高いね、粉末青汁のお世話になるかもしれないな。
身体も寒くないし、しもやけも出来てない。お腹も快腸。よしよし。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

たくさんのお祝い、ありがとうございます。day6

今日は1年に1度巡ってくる誕生日!朝からたくさんのお祝いメッセージありがとうございます。
お返事書いてるだけで1日が終わってしまいそうです。
今日は歯医者さんでブラケットが外れてから初めての検診。
矯正が終了してもう3ヶ月経つのですね。リテーナーも忘れずに付けているし、先生が驚くほど安定しているようで、よかったよかった。歯磨きもちゃんと出来てるようだし、歯茎も安定している。よかった、よかった。

白状してしまおう、わたしは今日で50歳になりました。ぱちぱちぱち。
自分が40歳になることをイメージできなかったのに、もうそれから10年が過ぎてしまって、なんだか無駄に時間ばかり経ってるような気がするけれど、ふりかえってみたら、40代はものすごく楽しかったです。

20代の頃は自分がナニモノだかもわからなかったし、自分のやりたいことをしていくにはどうすればいいか、も分からなくて、trial & errorをやみくもに繰り返していたような気がします。

30代は、自分がやりたいことが出来る状況になったので、無我夢中で突き進んでいた、という感じ。楽しかったけれど、これでいいんだ、という安心感のようなものはなくて、ダメなりに出来ることを模索しながら、という感じだったように思います。

40代になってねぇ、ほんとに楽しかったんです。織物も技法を深めるというような余裕が出来たし、それと同時に料理を教えるようになってから、自分の料理を言語化して人に伝えることが出来るようになった。断食をやったり、ローフードや生菜食に出会って世界が広がったことは思わぬ収穫だった。織物や料理、それにブログを通じて友達がうんと増えたのも40代のように思います。

20代のころに迷ったことや悩んだこと、考えたことが30代で実践し始めることができて、30代にガムシャラにやっていたことが貯金になって楽しんだ40代だったような気がします。

ローフードや生菜食、西式甲田療法に出会ってから加齢による健康不安からかなり自由になれたのは、ほんとうに大きなことでした。残念ながらブイブイと健康道まっしぐらではなくなったけれど、浮き世の生活をしながらも健康でいられる方法を知ってるのはなんと心強いことでしょう。

少し上の世代の女性に聞くと、50代はもっと楽しいとおっしゃいます。傍から見ていると、60代の人たちはそれ以上に楽しそうにしてらっしゃいます。だからこの先10年、もっとたくさんの楽しみが待ってるんだと思うと嬉しい限りです。

心を耕し、思い込みからもっと解放されて、人を愛する10年にしようと思います。

本当にたくさんのメッセージ、ありがとうございました。

IMG_4021.jpg
誕生日のディナーは・・・焼きそばのキムチ乗せ。仕事で出掛けていて帰りが遅くなってしまったの。もちろん青泥は食べたよ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫休日出勤につき、仕事しながら耳学問。day7

まだくらいうちに目覚ましが鳴って、「寝てても良いよ」と一応言いおいて夫が起き出した。
うちはもう朝ご飯を食べないので、朝の奥さんの仕事は、ない。だけど、早く起きないと自分でコーヒーをいれなくちゃいけないから、わたしも起きる。

土曜日なのに、普通の家のお父さんみたいに仕事に行った。あぁ、今日の時間は朝早くからわたしのもの、何しようかな?何聞こうかな?

というわけで、耳学問しながら糸紡ぎ。

年末のものですが、2012/12/27 高橋哲哉氏(哲学者)インタビュー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/46816
これは3時間くらいあるけれど、内容がすごい。耳学問、と夫が呆れるわけだ。これは昼寝の枕になりそうな本1冊分くらいの内容があるので、この連休のカウチポテトならぬカウチ青泥にもおすすめです。

東海村のシンポジウムもやっと聞いた。
2012/12/24 【茨城】第2回 脱原発サミット in 茨城 (村上達也村長・小出裕章氏・三上元市長)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/46485#more-46485
三上元さんという人の独演会が抱腹絶倒で楽しめる。東海村の村長さんはたいした方であります。

穴蔵のようなアトリエの隅っこにストーブを持ってきて、ぬくぬくにして糸紡ぎ。そうこうするうちに小腹が空いて青泥を作る。

今日は夜食事に出掛けるので、お昼は軽く、夕方も早めに青泥を飲んでしまわないといけない。青泥を飲んでいたら、料理はほとんどしなくていい。玄米ご飯と自然芋と納豆という豪華なお昼を食べてしまった。1人のご飯は気楽でいい。

さて、そろそろ夕方だ。青泥の残りでもやっつけよう。そして、今日の晩ご飯には何を着ていこうかな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

記念日ディナーは思わぬ盛り上がりをみせて、万歳まで飛び出す。day8

青泥1ℓ飲むプログラム真っ最中だけれど、記念日ディナーは記念日ディナーである。

昨日の夜行ってきた。日頃お世話になっているアラメゾン、記念日ディナーくらいはオヤブンの店という思いもないではないが、オヤブンのご意見を取り入れアラメゾンということになった。んじゃ、予約するね、と日にちと料金を告げたのが12月半ばのことだった。その後忘年会をする予定だったのだけど、色々あって忘年会は出来ず・・・

というわけで、新年初アラメゾンは誕生日特別ディナー。何が出てくるかわくわく。といってもブログに食材のことなど書いているので、だいたいの見当はつくのだが・・・結果から言えば、メイン以外の予想はみんな外れたというサプライズでした。

このお店は普段遣いというよりも、自宅のダイニングの延長のように使わせてもらっているので、スッピンで行くことも普段着に毛の生えたような服で行ってしまうことも少なくないけれど、この日はちゃんとオヤブンの店にも行けるような服を着て行った。もちろん、夫もそれなりに(ほとんど変わらないけど)。

テーブルセッティングにちょっとビックリする。
IMG_0506_20130113221316.jpg
おお〜、ナイフとフォークが行列している、シェフの心意気が伝わってきます。カトラリーも食器もアラメゾンになる前、この店がグラン・メゾンだった時のもの。ちょっと懐かしい。

ギャルソンのメガネさんが今日の料理の概要を話してくれる。「最初のアミューズはサプライズです」というから、何が出てくるかと思ったら・・・

IMG_0507_20130113221317.jpg
関西風お好み焼きの牡蠣乗せ。

自然薯とキャベツを焼いたもの。アラメゾンシェフもメガネさんも大阪の料理学校で勉強した人だからか、わたしが大阪人だからか。牡蠣はよく焼けていて味と香りが凝縮している。

IMG_0508_20130113221318.jpg

サラダはアワビを肝と野菜でじっくりと炊いたもの。野菜と肝の香りを吸ったアワビはフランス料理というよりも日本料理のような感じ。そういえば、アワビはオヤブンの得意な食材。フランス料理でアワビを食べると自分たちの結婚式を思い出すと夫が言う。

IMG_0509_20130113221318.jpg

魚料理はオマール海老。付け合わせの野菜はアスパラ菜とアスパラガスの原種。菜の花の苦みと原種のアスパラガスの山菜っぽい風味が春を予感させる。そうか、今は冬の真っ最中で本格的に寒くなるのはこれからだけど、この寒さの次には春が来るのだなぁ、と思う。オマール海老は中が半生の状態で絶妙の火入れになっていた。そしてソースがフュメ・ド・ポアソンとバターのソース。こういう仕事はやっぱりフランス料理だなぁ、と感心。

魚のメインを食べ終わったころにサプライズな人が現れる。「いらっしゃいませ、お料理いかがでしょうか?」
あれれ〜、オヤブン、こんな時間にいいんですかぁ?

さて、メインの蝦夷鹿。
IMG_0510_20130113221319.jpg

赤ワインソースの上にマッシュポテトを座布団に鎮座してるパイ包み。
ナイフを入れると、ジビエ独特の野生の香りが立ち上る。ワイルドな香りを最大限に活かしたお料理に仕上がっている。フランス料理ってすごいなぁ、と感心するのはこんなところ。こんな料理を家で真似しようなんて思わない。家じゃ絶対真似できないような料理を食べるのが料理屋さんの楽しいところ。

アワビだのオマールだの立派にメインを張れる材料をもってきても、充分にメインの貫禄を見せつけたのはシェフの自信の現れなんじゃないか、直美シェフ恐るべし!!

さて、デザートですが何が出てくるやら、冬だからフォンダンショコラなんか出てこないかしら?と思ったけれど・・・

IMG_0513.jpg

シェフが運んでくれたのは、フリジェ。このイチゴが下蒲刈島の渡辺さんという人のイチゴ。全国のイチゴ農家が見学に訪れるというイチゴ名人の水耕栽培のイチゴだそうな。

そして、オヤブンとシェフとメガネさんが今年もお花を・・・

オヤブンの話しによると、フリジェというイチゴショートは3年くらい前に爆発的に流行ったんだそうですが、流行に疎いわたしは知りませんでした。
クレーム・パティシエール(カスタード)にバターを混ぜてあるクリームだそうで、口当たりは軽いけれどカロリーがすごい(めがねさん談)そうです。
これはローフードで作れるね。今度タルト仕立てでやってみよう。


そして歌! なんと、直美シェフのピアノ伴奏付き!!
IMG_0514_20130113221400.jpg
(無許可掲載)

色んなハプニングにオヤブンと皆さん&夫でゲラゲラ笑いながらhappy birth dayを歌ってくれる。ありがとう、うるうる。

この後なぜか、ばんざーい、ばんざーい、とみんなで万歳。
なんだか良く分からないけれどめでたい気分が盛り上がります。

特別に素晴らしいお料理を一ヶ月前から準備してくださって、オヤブンまで駆けつけて下さって、大変におめでたい誕生日ディナーだったのです。

直美シェフはお店のブログで「思い出に残るであろうディナー」と書いておられるけれど、わたしにとっても忘れられない夜になりました。

直美シェフ、メガネさん、オヤブン、ありがとうございます。
「オヤブンまで来てくれて、あんた、すごいよ」と夫が驚くのでありました。わたしはオヤブンの元での10年の厳しい修行の成果を目の当たりにして、直美シェフの実力に深く感動するのでありました。

写真に撮り忘れたけれど、今日のパンは特別に焼いたライ麦パンで、こちらは京都の有名なパン屋さんのパンを越えている出来映えでしたよ、めがねさん。お土産のアンパンも美味しかった〜。

広島の外食業界は今、広島版ミシュランで浮ついているけれど、ガイドブックの評価で料理人の実力など判断できないのです。アラメゾンのファンは「どうかミシュランなんかに載らないで」と思っている人多数なのであります。

そして、美食の翌日は、青泥&少食だったのです。青泥ダイエットは美食とも両立するところがすばらしい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

病院にお見舞い行って、友達夫婦とブラジル料理。day9

昨日の夕方から秋の長雨みたいな雨。シトシト降るのだけれど、春の雨みたいに遠慮がちじゃなくて粒が大きい感じ。雪になるかと思ったけれど、朝になってもシトシト降っていたが、それも昼前には止んでくれた。まわりの山は雪化粧。
昨日から今後の在宅ケアのために緩和ケア病棟に入院した友達を見舞いに出掛ける。彼の好きな甘いものを買って、「こんちわ〜」

緩和ケアの先生は緩和ケアの専門だけあって、薬の調合が違うらしい。鎮痛剤を増やしたら彼は見違えるように元気になって、食欲も戻ったと奥さんのSちゃんから聞いていた。病室の彼はナショナルジオグラフィックを読んでいて、「今までは活字を読む気にもならなかったんだ」と言った。ソファーにはロンリー・プラネットのタイランド(オーストラリア出版の旅行ガイド。こんな事まで書いてあるのか?と思うほど詳しい)が転がっている。

とてもきれいな病院で、部屋は差額ベッド代不要なのに個室。トイレとシャワーもついている。南向きで広いベランダがあって、コンクリむき出しじゃなくて、板が敷いてある。それが広く見えて、「こんなところに入院したら仕事いっぱい出来るで」と夫と話す。

ラウンジに行っておしゃべりしているうちにご飯の時間になるので、部屋に戻って友達がご飯を食べるのに付合う。そうこうするうちにSちゃんもやってくる。寝袋の下に敷くマットを抱えているので、それどーするの?と聞いたら、ベランダで日光浴するのに使うらしい。
入院して、旅行ガイド読みながらベランダで日光浴かぁ。

わたしたちもSちゃんもお昼を食べてないので、4人で近くにあるらしいブラジル料理の店に行ってみることにする。
IMG_4024.jpg

薄く延ばした牛肉をフライにしたものに、トマトソースを塗ってチーズをかけてあるビフカツピザみたいなもの。豆のソースはご飯に掛けて食べるらしいけど、そのままでも食べれるくらいの塩味。ご飯はちょっと味がついていて美味しい。

Sちゃんは魚が良い、と言ったので、こんな料理。
IMG_4023.jpg
さわらみたいな魚に西洋の天ぷら衣をつけて揚げたもの。5切れくらいある。

最後に出てきたのはフェジョアーダ。ソーセージやら豚の耳やらトンソクやらを豆と煮たもの。黒いのは豆の色。
IMG_4028.jpg

キャベツとベーコンを炒めたものやら、麦の粉をスパイスやハーブと一緒に炒ったもの、トマトサルサがついている。

驚いたことに、友達はちょっと食べると言って、結構食べている。
彼は旅人だから、外国の雰囲気が楽しいのだろう。

なんだかお腹の皮がはち切れそうなくらいお腹いっぱい。こんなもん毎日食べてたら太るで。実際みなさん良い体格してらっしゃいます。
お店の人には「全部食べてくれてありがとう」と言われた。日本人は残す人が多いんだろうな、残したら口に合わなかったんじゃないか、と思うのかもしれません。
今度はステーキのセットを頼もう。バーガーも美味しそうだな。

この後Sちゃんたちを病院に送り届けて、買い物したり、お腹いっぱいだからコーヒー飲んだり、運動したりして、家に帰り着いたのは・・・7時過ぎでした。

朝の残りの青泥を食べて、キムチをつまんで、夫はお餅を食べて、わたしもひとつお餅をもらった。
朝から出掛けて、社交して、珍しいもの食べて、たっぷり遊んだのでした。
体重は・・・お昼たくさん食べた割りに増えてはいない。減ってもない。

家に帰ってもお腹が重かったのに、キムチを食べたらすーっと楽になった。発酵&酵素恐るべし!

しかし、入院先で読む本がナショジオとロンプラとは・・・Kちゃん、やっぱりタダものじゃない。わたしたちも見習おう。そして、Kちゃん、またタイに行けるように。きっと。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

パン生地でおやつ。 day10

今日は楽しい料理教室。

パンを復習したい、という方と絶対にパンがやりたい、という方がおられたので、ウチのルヴァンから作る天然酵母のパンの講習をしました。

天然酵母といっても色々あるけれど、わたしが扱っている酵母は、パン生地と同じもの。今日教えてもらった話しによると、塩の入ったものやら、ドロドロってほどじゃないけれど、もっと水分の多い酵母もあるそうな。ドロドロじゃないけどパン生地よりも柔らかいって、扱いにくそう。

酵母に塩を入れるかどうか、わたしは塩入のルヴァンってのは今日聞いたのが初めてなのですが、そんなものもあるんですね。まぁ、どんな天然酵母でもその人の生活にあったものならいいと思います。

まず、酵母の種継ぎから。種継ぎを先にしないと、酵母を全部パンに焼いちゃって、あれれ?そう言えば酵母がないわ、ってことになりかねないので、必ず酵母の種継ぎを先にやります。

んでもって、パン生地を調合して、捏ねて、一次発酵させて・・・整形して二次発酵して焼くわけですが、酵母は時々種継ぎをしてやらないといけません。あんまり老化した酵母は扱いにくいから、パンは焼かなくても酵母の更新だけということが必要な時もある。ので、そんな時のために一次発酵もするやしないや、で焼く平焼きパンも作ってみる。

今回は14時スタートだった。説明したり、パンを捏ねたりして、おやつのローカカオソースを作ったら、丁度なにか飲みたくなって、カカオドリンクで一服。

IMG_4029.jpg

さて、お料理できました。美味しい青泥と、平焼きパンにローカカオソース&バナナのおやつ。
IMG_4030.jpg

今日のカカオソースはナッツもシードも油も入ってないのでとっても軽やか。カカオニブを飾ろうと思って用意してあったのに忘れてしまいました。

IMG_4031.jpg

パンはこんな風。わたしにとってはいつものパンです。焼きたてを切ることはないんだけれど、如何だったでしょうか?

うちの酵母、何年になるのかな?という話しになり、8年くらいじゃなかろうか?と。
そういえば、このところ更新して1日くらいでパンを焼いても美味しく焼けるし、一週間くらい経っていても同じように焼けるという、ちょっとありえないことが出来てます。

粉と水とだけあればパンは膨れるという実は当たり前のことが当たり前に出来る酵母です。

わたしは粉の配合を変えたり、バタールやら食パンやらデニッシュを焼こうと思わないのでチャレンジしたことはないけれど、フワフワ系のパンがお好きな方は挑戦してみてください。

冬のパン焼きは保温の工夫が必要ですが、保温さえ出来れば失敗が少ないです。時間や分量だけでなく、いつもパン生地の様子を見て次の工程を判断して下さい。

パンを買う生活と、パンを焼く生活ってすごく違います。考えてみて下さいよ、家でご飯炊かないで、炊いたご飯をいつも買ってくる、まるでそんな生活です。

酵母くん、名前を付けて、酵母くんが退屈しないように歌を聞かせたり、踊りを見せたり、話しかけたりして、良い子に育てて下さいね。

みなさま、今日も遠いところ、貴重な時間をありがとうございました。今日の料理のどれか1つでもレパートリーに加えていただければ、こんな嬉しいことはありません。

次回は暫定的に12日に決まっております。内容はベジのベンガル料理(加熱)の予定です。

夕方結構なおやつを食べた上に、美味しい青泥ノルマも残っていたので、晩ご飯はおかずをちょっと。

IMG_4032.jpg
カリフラワーをグラタンにして、夫はパンとトマトと青泥をちょっと。グラタンのチーズはペコリーノのスライス。青泥を食べていると、あんまりお腹が空きません。青泥が多いんか!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ロルフィングの体験記 day11

ロルフィングの体験記を書いてみました。
青泥は今日で11日。飲んでいると当たり前の日課みたいになります。食事の量はちょっと減ったけど、減量するぞ!と小鼻を膨らませるほどの気合いが入ってないので、ゆるゆる。もっと減らしてもいいよな、とは思います。わたしは糸紡ぎをしてる時、食べることばかり考えているらしい、ということをやっと自覚しました。こりゃいかんわ!

さて、ロルフィング体験の総括を書いてみました。中山さんというのは、広島のロルファーさんのお名前です。


友達から「ロルフィングって知ってる?」と聞かれ、「ボディーワークでしょ?」と答えたら、驚いたことに広島でロルフィングの施術をしているところがあって、彼女は1回目のセッションを受けてきた、という。
マッサージとは違うの?指圧とも違うの?筋膜を伸ばす?どうやって?痛いの?気持ち良いの?10回?10万円かぁ〜。10回やったら終わり?なにそれ?!

これはもう自分で受けるしかない、と早速翌日に予約を入れた。
お試しワークをしてもらううちに「すみません、もし先生のお時間が許すなら、このまま1回目のワークにしてもらえませんか?」とお願いして先生を戸惑わせてしまった。
1回目のセッションは呼吸に関係する筋肉を緩める。腕や肩周りをワークしてもらって意識が彼岸に飛んでいきそうになったころに起きるように言われ、肋骨をバケツの取っ手のように動かしながら呼吸せよ、と指示される。え?せっかくいい気持ちでトロトロしてるのにそんな難しいこと・・・肋骨を動かすように呼吸だぁ?
手っ取り早く気持ち良くしてほしいのに、ロルフィングはそんなことは許してくれない。自分でケアできる身体になるための手助けで、身体の主体は身体の持ち主なんだぞ、ということらしい。

ロルフィングに通いはじめたころ、人生初の本格的な腰痛に悩まされていた。背中はタイでマッサージを受けると、いつもマッサージ師さんから「背中かたいねぇ、仕事何してるの?」と聞かれるほどかたい。肩も首も子供のころからゴチゴチで長い間肩こりの自覚がなかったほど。仕事は根を詰める細かいて仕事で、身体を緩めるために断食をしてみたり、ヨガを続けてみたり、運動してみたり、色々なマッサージグッズを試してみたり、まぁほとんど健康オタクのように色々やっているけれど背中のかたいのは改善せず、ついに腰までやってきた、という感じだった。
腰が痛いというのは肩こりや頭痛と違って日常生活に支障をきたす。靴下をはいたり、くしゃみをしたり、ずっと座った姿勢かた立ち上がったり、日常のあらゆる場面で腰が「わたしはここですよ」と主張する。

腰痛とロルフィングの関係は、林望先生の体験記に詳しいので、わたしもロルフィングのワークの後にはジムに行ってセッションで注意されたことを思い出しながら呼吸の時に肋骨をバケツの取っ手みたいに動かして、手の甲を前に向けて、顔をあげて遠くの地平線を見るようなつもりで、背中で音をききながら(歩くだけでもこんなに注意が必要)歩く、ということを繰り返すうちに、4回目のワークが終わる頃には腰痛があったことなど忘れてしまった。
ただ、3回目のワークくらいまで、腰痛は若干悪化した。だけど身体が変わっていくという感覚があったので、たいして心配はしなかった。自然療法には好転反応といって、回復期に悪いところの症状が出たり、悪化する、ということが起こるので、本当に悪化しているのか、好転反応なのかの判断というのは常に難しいところです。

後半の背中のワーク、顔のワークは圧巻で、7回目のセッションを終えてから明らかに身体が変わったと思った。腰痛が治ったように、頭痛もすっかり忘れてしまった。

9回目のセッションまでは週1か2週に1度の割合でコンスタントに通っていたけれど、仕事の都合で9回目から最後の1回まで1ヶ月ほど時間が空いてしまった。その間に風邪を引いたり色々あったので、元の身体に戻ってしまったか?と思ったけれど意外とそうでもない。1度リリースされた筋膜はそう簡単に元には戻らないそうで、ワークを受けてから何ヶ月も経って、身体全体が統合してきてより効果が表れる場合も少なくないそうです。そんなところも他のボディーワークと違うところかもしれません。

ワークを受ける前に撮った写真と7回目以降の写真を比べると猿人と現代人ほどの違いがある。わたしは色々な健康法をやっていて、姿勢もそれほど悪くないし、身体の左右のバランスもひどくない方だと思っていたのにこれほど違うのには驚いた。

ロルフィグは手っ取り早く楽にして欲しい人や、お任せして楽にして欲しい人にはむいてないけれど、自分の身体は自分できちんとメンテナンスする、という人には素晴らしいサポートになる。スポーツ選手や理学療法士の人がロルフフィングを受けたり、学んだりなさるというのが良く分かる。たとえば、顔のセッションだけを取り出して小顔コースとか、お腹のセッションだけを取り出してウエストスッキリコースなどという使い方も出来うるボディーワークだけれど、10シリーズにこだわって、全身を整えること、ワークを受けるものにも自分の身体に自覚的であることを求めるところがロルフィングのロルフィングたるゆえんなのだなぁと思うのです。

広めのワンルームに男性と二人っきりで下着のような姿でテーブルと呼ばれるベッドに横になるのは、気恥ずかしいというよりも情けない感じがするけれど、相手はプロだ。中山さんはわたしの身体ではなくて皮膚の内側の筋肉や骨格しか見ていない。だから、若い女性でも、そうでない女性も、ひとに肌を晒すことに抵抗がある人でも、その点あまり気にすることはないので、安心して下さい。
中山さんはとても勉強熱心な人で、ひとつひとつのワークが中山さんにとって研究であり実践であるのか、こちらが申し訳なくなるほど一生懸命ワークしてくれ、ほんとうにその熱心さには感動してしまうほどです。

熱心さ、真面目さは当たり前の資質かもしれませんが、中山さんには特筆する点があります。彼は一般のヒーラーとホンモノのヒーラーを分ける能力に必要な“癒しの手”を持った人だと確信します。
これは彼のワークを受けた人ならきっと分かるでしょうが、ワーク初めの冷たい手から、だんだんと暖まってきて、中盤以降は熱線のようなものが中山さんの掌から照射されるのです。この能力は訓練によっても獲得出来ますが、彼の場合は天性のもので、だから公務員を辞めてロルファーを選ばれたのかな、と思います。

10シリーズを終えて、定期的に中山さんにワークしてもらえないのが寂しい限りですが、ロルフィングを受けたものはこの試練にも耐えなければいけないのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

美味しい青泥1ℓ30日の良いところ。day12

美味しい青泥を毎日1ℓ飲むプログラム、今日でもう1ダース(って日にちをダースで数えない?数えないね)12日目。毎日食べてたらまぁ当たり前の食べ物。
食事に出掛けるならその前に食べる、おやつに手を伸ばす前に青泥、晩ご飯は青泥から、朝?普通の人は朝ご飯の代わりに半分くらいの青泥を食べるのかもしれないけれど、西式健康法のご都合実践者であるところのアタクシは、朝ご飯は食べないでスイマグと柿茶だけなので朝の青泥は特にナシ。

このプログラムの良いところは、青泥さえ食べてたらあとは何を食べても良いので、家族と一緒に食事やおやつが出来ること。うちのように夫婦二人だけで、一緒にご飯を食べることがなんとなく重要なポジションにある関係なので、同じものを食べないというのは彼に大変なストレスを与えてしまうようなところがありますから、同じものを食べるというのは重要です。

だけど、夫と違って青泥をしこたま食べているので、同じだけは食べられないから、主食を控えることになっていて、これがなにげにナチュハイルールに近づいてます。

青泥を食べる分普通の食事が減るのは当たり前かもしれないけれど、もう1つ良いことがあった。冬になってあまり水分を取らなくなるのね。
朝の最大のお仕事であるところの排泄は、ニワカ西式実践であっても起き掛けに済んでしまうので、朝のお仕事のためにカプカプ柿茶を飲む必要がなく、つい、朝のスイマグと最近始めたコーヒーだけで、それ以上は意識しないと水分を取らなくなってしまっていたのですが、青泥が水分補給になっています。冬はお茶など飲まないわりにスープ類を飲むので、塩分過剰になりがちだけど、それも青泥で調整されるところもナイスな感じがいたします。

美味しい青泥は、とろみに果物を使うと甘くて美味しい青泥になって、アボカドを使ったらグルメな感じ(味見した教室生徒さん談)の青泥になります。野菜は高いけど、キャベツの外側の葉っぱとか、カリフラワーの葉っぱも入れて、抗がん青泥なのであります。

んでもって、晩ご飯は普通に煮込みが食べられたりするわけです。

IMG_4033.jpg

キコキコと糸車を回しながら、ストーブではコトコトとポトフ。煮込み料理は何日も同じものが続くのは嫌なので、最近はあまりデカい鍋で作りません。
あったかポトフが控えていたら、食前の青泥も怖くない?!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

親子丼の思い出。day13

と〜っても久しぶりに親子丼を作った。何だか知らないけど、夫は丼ものご飯でテンションが上がる。

IMG_4034.jpg

親子丼を盛りつけながら”2万円の親子丼”を思い出し、「二万円の親子丼やで〜」と言いながら食卓へ持っていった。

祖母が脳梗塞で長期の入院になり、頭もマダラボケ状態になっていた時、わたしは実家にいて、これといって仕事をしていなかったので、お昼に病院に行っておばあちゃんにご飯を食べさせ、洗濯物の交換をするのが日課だった。

ある時から、祖母は「今なぁ、2万円の親子丼注文してん。もうすぐ出前するから待っときや」と言うようになった。母が見舞いに行った時にも「二万円の親子丼」の話しをしたらしい。よっぽど親子丼が食べたいのだろう、と思ったけれど、看護婦さんからは「うどんくらいならご自宅から持ってきてくれてもいいですよ」とは言われていたけれど、親子丼となると、食べられるのかどうか、わたしには判断できなかった。

珍しく弟が家にいた時、夕食に親子丼を作って、祖母の分を小さい鉢に盛りつけ、いつも祖母が座っていた場所に置いて「おばあちゃん、二万円の親子丼やで」と言って、弟と二人で食事をした。

不思議なことに、それ以来祖母は”二万円の親子丼”の話しは一切しなくなった。

「まだ生きてる人に陰膳したのか?」と夫に驚かれた。「そうだよ、あんまり言うんだもん」

夫はしきりに面白がっていたけれど、わたしはどうしておばあちゃんにあの時親子丼を持っていかなかったのか、ちょっと悔やんでいる。

2万円の親子丼というのがおばあちゃんらしい、とその当時家族で笑ったものだったけれど、何で2万円なんやろね?テレビで見たのかしら?バブルの頃はそんな親子丼もあったのかもしれません。

青泥食べてるので、わたしの親子丼は盛りが少ない。こんな小さな積み重ねが体重を減らすに違いない!と思いたい。
青泥食べて脳梗塞なんかならないで元気にポックリいきたいものです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

カピ、蝦醤の基本的な使い方 day14

レシピってほどじゃないけれど、タイのお土産にカピをもらったけれど、どうやって使うの?と相談されました。

良い質問です。これは広く東南アジアから南アジアに掛けて偏愛されているクサい食べ物で、マレーシアに行ったら、このにおいで食堂のありかが分かるというほどのものでございます。

中国語では、蝦醤(シャージャン)と書くもので、エビというよりアミのようなものを塩漬けにして発酵させてたものです。日本のエスニック食材店でもわりと簡単に手に入ります。紫色と灰色の中間くらいの色合いのペーストで、本場に行けば、味噌状からブロック状までいろんな発酵状態の、いろんな水分含有量のものがお味噌屋のようにして売られています。

醤だから、料理の味付けのベースになるものですが、使い方にちょっとしたコツがあります。加熱してから使うのです。

たとえば、ペースト状のものなら、団子にしてフォークに差して、直火でちょっと炙ります。バナナの葉で包んで熾きの中に入れる、というのが本来の方法なのでしょうが、バナナの葉もないし、熾きもありませんから・・・

ひと手間掛けずに、熱したオイルの中で焼いて、そのまま料理する、という方法もあります。

バングラデシュでは、少数民族が使いますが、あちらのカピ(ナッピーと呼ぶ)は砂が入っているので、水で1度溶かしてから上澄みを料理に使う、という方法をとるところもあります。くさいので、炒って使ったほうがマイルドになります。

タイのグリーンカレーやレッドカレーのペーストには、カピを焼いたものに玉葱やらにんにくやら、唐辛子やら入れてペーストを作ります。
わたしが今年の夏に旅行に行けないウップンをぶつけて作りまくっていたのですが、その時のタイ料理のベースになったナムプリックパオという唐辛子ソースにもカピが入ります。

ソースを作るには色々な材料が必要ですから、簡単にできてカピらしいお料理をご紹介しましょう。

カピご飯。
これはたぶん北部の料理だと思います。カピで作る焼き飯にいろんなおかずを混ぜるんです。

だけどおかずを色々揃えるのは面倒だから、炒飯にしてしまう。

鍋に油を熱し、その中に小匙半分ほどのカピを入れて、カピを崩しながら焦げる直前くらいまでカピを炒める。
好みでにんにくやら玉葱のみじん切りやらを入れて、一緒に炒める。
好きな具、ひき肉とか、卵とか、葱とか、人参とか、キャベツとか。水のでない野菜だったらなんでもいいかな、を炒める

ご飯を投入して解しながら炒める。
ナムプラーで味付け。

干しえびとかジャコとか入れても良いね。

たぶん、このカピご飯が日本の台所では一番活躍するでしょう。

唐辛子とにんにくとトマトを焼いたものとペーストにして野菜や魚につけて食べるというソースもございます。どっひゃ〜となるくらい辛いソースにします。
唐辛子、にんにく、ナスを焼いたカピ入りのソースは北タイのソースです。こちらも油断ならないくらい辛い、くさい、おいしい。

カピはアミノ酸たっぷりの発酵調味料なので、色んなものに旨味をプラスすることができるので、クサさが表立ってしまわないように少量を使うと、美味しさアップに貢献します。

たとえば、カピをちょっと炙って、パスタのソースに加えるとか、うどんのだしに入れてみるとか、フライドチキンの下味のマリネ液に加えるとか、カピを入れて加熱する、というのが正統ではないでしょうか?

わたしはカピクサさが全面にフューチャーされたタイ料理や南アジア少数民族の料理も懐かしい食べ物なので、ケーン・リエンなどは自分で作って食べることもあります。

ああ、こうやって書いていたら食べたくなってきた。
ケーンリエンやら、ナッピーの野菜炒め(カピ入りの野菜炒め)作るかな?カピのクサさと青唐辛子の辛さというのはなんとも素晴らしい組み合わせであります。

あんまりカピ料理を作ったら、ご近所から苦情がくるかもしれません。「くさいんですけど、なんとかしてください」って・・・そんな時はごめんなさい、とカピで作ったおいしいお料理をお届けしてしまいましょう。

美味しい青泥はついに二週間!!「あんた、結構たくさん食べてるからかえって痩せないんじゃないの?果物は糖分多いよ」と指摘されますた。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

太刀魚のパイ包み。

今日は楽しい料理教室!

年に1度くらいは作りたい折りたたみパイ。良いバターを使った自家製パイは格別です。
このフィュタージュ生地は本来粉とバターが同量という恐ろしいレシピだし、作り方も滅法難しいのですが、バターを70%にまで減らして、作り方もええ?こんな風に作って出来るの??というような作り方でちゃんと折りパイの生地になります。
4回折るので、4の4乗、1024枚の層になる本格的なものです。だけど作り方は簡単。わたしにも出来る。失敗もしない。

教室の時に一晩寝かした生地がつかえるように、前の夜から仕込みを始めます。
写真
久しぶりだなぁ、こんなことするの。家では日頃はグルメなことしないから、ブリゼ生地を稀に作ることはあっても、フィュタージュ生地を作ることは滅多にないもの。
だけど、冷凍パイシートなんかお話しにならないくらい、家で作ったパイ生地は美味しい。市販品は、バターじゃなくてショートニングだし、おまけに層がホロホロする薬というものがこの世に存在しているらしい。だから、デニッシュとか、クロワッサンなどが好きな人は、ちゃんとしたパン屋さんのモノ以外は気をつけないと、そのデニッシュやクロワッサンはゴキくんも食べないような代物かもしれません。

実習では、粉とバターを合わせるところからちゃんと始まります。全部の工程を1度見たり触ったりしておくと、家に帰って作れるものね。4回畳んだところで、昨日仕込んだ生地のお出まし。

今日は、太刀魚、カリフラワー、あわび茸が中に入ります。

IMG_4036.jpg

ご馳走感満載!写真はオムレツの朝ご飯みたいだけど、パイなんだよ〜ん。

そして、ペカンナッツのミルクで作ったオイスターチャウダー。素直にクリームで作ってもいいけど、ナッツミルク。だってクリームとかミルクってあまり買わないもんね。
IMG_4037.jpg

ナッツの香りで、クリームで作るチャウダーとはまた違った美味しさがあります。

日頃はヘルシーな料理ばかり作っている教室ですが、寒いさなかに1度くらいはパイ生地を折ってみたいものです。
今日は寒かったので、生地がきれいに伸びました。やっぱり冬の食べ物ですね。

お楽しみ頂けたでしょうか?人生初パイ&オイスターを食べた番長、感想は「もっとたべる」でした。
今日の二歳児は、夫の庭仕事を手伝って、かわいいジャンパーとかわいい靴を泥だらけにしてしまいました。pupちゃん、ごめんね。

そして、こんなかわいいもの頂きました。
IMG_4038.jpg
ありがとう、早速使わせてもらいますね。

今日も遠いところ御参加ありがとうございました。今日の料理のどれか1つでもレパートリーに加えて頂けるとこんな嬉しいことはありません。

このクラスには空席が出来ました。
ゆるベジでローも加熱料理も作ります。お料理を作ることも、食べることを楽しむことも、身体に良い食べ物を食べることも、すべて楽しむという欲張りな内容になってます。お料理初心者歓迎ですので、ご興味のある方は右下のメールフォームからお問い合わせ下さい。

次回は、2月24日、ブリゼ生地のタルトとキッシュの予定です。

そして、忘れてませんよ、青泥今日で15日です。こんなもん食べてたら・・・青泥たべてたら、バターたっぷりのパイも安心して食べられる?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

歯ごたえがあって、ポリポリ音がして、塩味のもの。 day16

わたしはだんだんと自分の好みというか、癖のようなものがわかってきました。

塩味で、歯ごたえがあって、ポリポリと音がする食べ物が好きで、食べ始めると止まらない。

今までは、ポテトチップスや煎餅やおかきが好きなんだ、と思っていたのだけれど、別にでんぷんでなくても良いらしい、ということに最近気がつきました。

今白菜が豊富にあるので、12月の料理教室の時にキムチを漬けて以来、月に1度はキムチ薬念を作り、週に1度は白菜を漬ける人になってしまった。

キムチを食べ始めた当初、まぁ出るわ出るわ、たくさんお出ましになることといったら・・・笑いが止まらないほどでございました。発酵&酵素、恐るべしなキムチ効果。

しかし、キムチは漬け物なのだから、それなりに塩分がある。だんだん智慧がついてきた私は、キムチの下漬けの塩分をどんどん減らして、今では最初の頃の半分以下。すると、減塩キムチが出来て、発酵は早いし、たくさん食べられて一石二鳥。熟成しない、という欠点はあるけれど、もともと熟成する前に食べてしまう程度の量しか仕込まないのだから、まぁたいした問題じゃない。

それで、いい気になってポリポリやっているうちに・・・あれ?煎餅食べてる時と一緒で止まらない。頭の中に響き渡るポリポリ音と、歯への刺激とで、だんだんトランス状態になってくる。

ポテトチップスも一袋開けたら、三昧の境地になってきて手が止まらなくなり、胸焼けしてるから、もうホントに止めよう、と強い意志を発動して、最後のちょこっとを残して終わることがよくあるけれど、キムチも結構ハイペースで食べてしまう。

まぁ、ポテチに比べると自家製のキムチはヘルシーなんだけど、ポリポリ音で三昧の境地になって食べてしまうというのは如何なものか、と自分でも思う。

うーん、困ったもんだ。

キムチの素から自作するのですが、うちにはツインギアのジューサーがあるので、これでうにうにうに〜っと作ると大変に具合が良いのです。低温圧搾ジューサーのメーカーはだいたい韓国メーカーですが、なるほどキムチ作りに最適化されているわけです。

だいたい1個のリンゴで、白菜4キロ分くらいのキムチの素を作ります。大根とか、人参とか、葱とか入れて、大変に贅沢で美味しいお漬け物です。

青泥に何の文句もないのだけれど、歯ごたえがない、というのは決定的。
おやつにキムチと相成るわけでございます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

美味しい青泥は果物が多いか?という問題。day17

順調に続いております美味しい青泥。

美味しい青泥を食べて、普通の食事を減らしたら、きっとスルスル痩せるのかもしれませんが、なんか青泥を食べることで満足してしまって、あんまり痩せる方には力が入りません。最初だけやったなぁ〜。遠い目。

夫から「結構果物入ってるから痩せないよ」と指摘されて、気分を害しているのですが、んじゃどれほど果物が多いのか、検証してみました。

わたしが作る美味しい青泥は、1ℓの青泥のうち、果物が
リンゴ半分
みかん2個
冷凍マンゴー 8カット たぶんバナナ1本相当。
時々マンゴーなしでアボカド半分、という時もあります。
カボス 1個(ただし、これは甘くはならない)

野菜はだいたい100から150gくらいかな、時に寄っては200g近く入ることもありますが、それは野菜在庫次第です。

つまり、1日の果物の量が、リンゴ半分と蜜柑2個、マンゴーちょこっとだけなのです。おやつに蜜柑を食べることもないことはないけれど、1ℓプログラムの最中は、青泥を食べないといけないので、おやつにわざわざ蜜柑を食べたりしません。かといって、青泥のお口直しに甘い果物をたべないといけないようなこともなく、青泥でおやつが終わります。

こうやって考えたら、美味しい青泥は結局は果物消費が少なくて済むのではないだろうか?と考えるのですが、どう?
もちろん、青泥の後に食べる食事の内容や量が問題になるのです。

IMG_4022.jpg

お昼に飲む青泥と、夫の青泥と、おやつ&晩ご飯の青泥。
美味しい青泥だと、夫も「いただきます」と食べる。0歳の時から青泥を食べて食傷していた2歳児も美味しい青泥は「もっとちょうだい」と食べる。

だけど、果物の量って、それほど多くないから、もしかしたら甲田療法の青泥が食べにくい人や、ナチュハイの果物を減らしたい人には良い方法かもしれません。

ちょっとのことでずいぶんと青泥の味も変わるものだと思いました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

美味しい青泥はちょっと中休み。温亀さんのお話しを韓国まで聞きに行く。

17日間順調に美味しい青泥1日1ℓ食べていましたが、ちょいと旅行に行くことになりお休みいたします。

今回、念願かなって、韓国まで温亀作者の金九漢(キムクハン)さんにインタビューして温亀の秘密を色々と教えて頂くことになりました。

とはいえ話題が豊富な上に、積もる話がたくさんある九漢さんのことです。どれだけ温亀の話しを九漢さんが酔っぱらう前に聞き出せるかは・・・あんまり自信がありません。

今年の冬は寒いのに、不思議なことにしもやけにならないし、夜足が冷たくて寝付けない、ということもない。ややもすると温亀を忘れて布団に入りそうになるけれど、レンジでチンした温亀と一緒に布団に入って、温亀を抱えているうちに寝てしまう。亀はわたしの身体の横にあって、これなら亀はなくてもいいんじゃないか、って思うくらいだけど、布団に入った時に熱いくらいの温亀を身体のあちこちに温熱療法よろしく当てているのはなんとも気持ちの良いものです。

亀と同衾の話しじゃなくて・・・青泥でした。

入院している友達にカンボジア料理食べに行くか?と誘ってみたら、行きたい、と言うので、奥さんのSちゃんが日程調整してくれて、4人で行ってきた。

カンボジア定食。
IMG_4039.jpg

それほど化学調味料でなくて良かった。カレーはカンボジアと同じ味だって言ってたな。

デザートのバジルシードとバナナをココナツミルクで煮たもの。
IMG_4040.jpg

バジルシードってあのバジル?と聞かれて、そうそう、水につけたらカエルの卵みたいになるねん、と答えたんだけど、実物が出てくるまで想像できなかったみたいだ。

この後店を変えよう、という話しになって、病院の近くのブラジル料理屋さんにコーヒーを飲みに行く。
ついでにプリン。
IMG_4041.jpg

青泥もたべて、ご飯をふつうに食べる上におやつまで食べてお腹パンパン。夜はさすがに軽く済ませたのですが、青泥前半戦は、正月太りを解消しただけに終わってしまいました。
旅行前にちょっと絞って、なんて、大甘納豆だったわ。がっくし。

旅行から戻ったら1日青泥だけの日というのをやろうと思います。出来るやろか?社交があったら無理やろか?あまり自信はないのでした。

んじゃ、ソルロンタンとアグチム、その他美味しいものいっぱい食べに行ってきます。←おい!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

『精神科養生のコツ』「気持ち良い」を信じる

コメント欄で”会陰呼吸”なるものを教えてもらい、なんじゃそれは?どの本に書いてあるの?と聞いたら、ちょっと戸惑いながらも以下の本を教えて下さった。

精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る


タイトルの通り、精神科の患者さんの養生について書いてある本ですが、患者さんとまではいかなくても、日々不安やストレス、心配事などを抱えて心がフラフラしてしまう普通の人にも参考になることがとてもたくさんあったのでご紹介しようと思います。

内容は、患者さん向け、つまり、とても繊細な人向けに書いてあるので、繊細でないわたしには、「そんな細かいことまで分からへんわ」と思うことが多いけれど、病気になってしまう人がどれだけ繊細なのか、ちょっと垣間みるような思いがします。

この本は、治療というのは、結局のところ、生物としての自然治癒力を助けているだけであり、患者自身が自分の内にある自然治癒力と協力し、同時に専門家の助力と協力してゆくことが大切だというと立場から書かれている。食養生などに興味を持っている人には当たり前のことだけれど、それが、とても厄介そうな精神科治療の専門家も同じように考えているというところがとても興味深く、本を読むのが楽しみになる。

最初に、“気持ち良い”という感覚について書いてあります、気持ち良い感覚を思い出すことから話しが始まる。

日々の生活の中で「あぁ、気持ちがいい」と感じる瞬間を探し、その感じに出会ったら、その感じを味わい「この気持ち良さをもっと良くするにはどうしたらいいだろう?」と、気持ち良い感じに浸ってる間にもっと気持ちのいいことの空想を続けるんだそうです。
それで、空想した事柄ですぐに実行できるものがあったら、すぐさま実行してみて、気持ちのいい感じが増えるか、期待はずれだったか、観察する練習をせよ、と。

これは脳の働きにも応用できるらしい。身体の働きが悪いと痛みがあったりするけれど、脳には痛点がないらしく、脳自身は痛みを感じないので、脳の機能はその働きが悪くなった時にしかわからないそうです。だけど、脳の働きが良くなると、頭がさわやか、頭が楽、スイスイ頭に入る、ハッキリ見える、などの感じがあるそうで、脳を除いたからだの他の部分の状態が良くて、脳もスッキリしていたら、「気持ちがいい」という感じが生まれるんだそうです。

うーん、気持ち良いっていう感じはすごく難しいのかもしれませんね。

この練習には、自分を大切にして生きるという練習にもなるそうで、それじゃ、楽にしてストレスをすべて避けて、ダラダラ自堕落にしていればいいのか?というと、それはそうでもないようで、今の状況でどれだけ自分が無理しているのか分かりながら関わって行くとくことが必要なんだそうです。自分に合わないことでも耐えられる範囲でやる分にはそれは鍛錬だ、というわけです。

第一章だけでも大変な内容です。あなた、わたし、という存在は何なのか?ということが問われているようです。この先、気持ち良いための実践のコツが出てきます。

わたしは読んでないけれど、改訂版もあって、内容はかなり違うようです。

精神科養生のコツ 改訂精神科養生のコツ 改訂
(2009/05/01)
神田橋 條治

商品詳細を見る


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

『精神科養生のコツ』好奇心は脳の食欲。

精神科の先生の本など真面目に読んだことがないので、面白い。

精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る


気持ち良いという感覚を手がかりにして、養生して治癒を目指すのですが、気持ち良い感覚に辿り着くまでのことがまどろっこしく書かれています。指圧やマッサージやストレッチ。気持ち良いと感じたら、どうやってその気持ち良さを膨らましていくか考えてみようとか、感覚ですから、味からにおいからすべての身体感覚に意識を向けて「気持ち良い」状態をさがします。
さて、身体の感覚の次は脳になるわけですが、精神科の病気の種類が何であれ、良くなってくると好奇心が出てくるのだそうです。好奇心は行動を増やすこころの働きで、脳へ流入する情報の量が増えるんだそうです。

つまり、好奇心は脳の食欲で、脳が発達する子供の段階では、好奇心がとても活発なんだそうな。

だから、脳のコンディションを測るセンスと、脳の活動を加減するセンスを身につけるには、好奇心に着目するのがコツなんだそうな。

気持ちがいいの先には、充実、自己肯定という言葉が馴染む、その気分はまた芯のところに興奮があり、それを厚みのある静けさが包み込んでいるという感じでもある
難しいことを表現しているけれど、たしかにそういう感じがある。こんなことを言葉で表現するってすごいね。
この境地に達すると、治療と養生の区別も内面と外面の区別も薄れてくるかもしれないそうです。涅槃とか、三昧とか、そんな世界に近いのかもしれません。ここでは良寛さんが例に出されてます。

精神障害は心の病と表現されるけれど、これは正しくないのだそうです。響きはソフトなのだけれど、心の病気とこころの健康の意味がハッキリしないところがよろしくないらしい。抽象表現に騙されちゃいかんよ、ということですね。

養生の目的がはっきりしてこないからどう工夫すればいいのか、よくわからないことになるし、成功してるかどうかもわからないんだそうな。
だから、「脳の病気である」と考えたらもっと整理される。このスッキリした状態は脳にとって気持ち良いことでもあるので、養生のためにすることが明確になってくるわけです。
心は脳の働きの表れであるので、脳の働きが落ちてきたり凸凹してきたら、心も貧しくなったり、まとまりがなくなったりして、病気の症状が現れるのですが、心もまた脳の障害の原因になるそうです。心の働きに脳がひっぱられて、無理をして障害を起こしてしまうという。

障害を受けてしまったら、まずは休息し、その後ゆっくりと素質にあった働きに戻すと回復してくるんだそうです。心は時に脳に無理をさせてしまう。

「心の病」という表現の最大の欠点は、心の方へ注意を向けさせてしまうせいで、病気の人のほぼ半数ができている自分の脳の状態を意識する能力を自分の養生に生かせなくしてしまい、養生の妨げになるんだそうです。
なるほど、脳の病気だと思うか、心の病気だと思うかで、意識のむき方が変わってしまいます。

この後、脳のよい状態を工夫する方法が色々と書かれています。きれいなものを見て「癒されるわ〜」というようなレベルのことから、もっと細かいからだの感覚のことまで、かなり細かく書かれています。

まだまだ続きます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「精神科養生のコツ」自然治癒力を助ける体操色々


精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る

から
自然治癒力はどのように起こってくるか?という説明に話しは続きます。
ウィルスが入ったら発熱してウィルスと戦うとか、お酒を飲みすぎたら吐くとか身体が中に入った毒と戦っている過程で不快な症状が表れるというのは多くの人が知っていることだと思いますが、この自然治癒をみつけて、それに協力するのが養生のコツだ、とおっしゃいます。

ここで、この先生がすごいな、と思うところは、自然治癒というのは、身体にとってかなり不快な症状が続くわけです。熱だって高過ぎたら困るし、下痢や嘔吐もお付き合いするのに限度があります。痛みが伴う場合はなおさらです。そして、自然治癒の作用はすこし遅れて始まり、すこし遅れて終わるそうで、胃の中が空になってもムカムカが続くなんてのはそのせいなんだそうで、そんな時は薬を使えばいい、とはっきり書いてある。つまり、なんとかとハサミは使いようということでしょう。

養生の場合、この自然治癒の困った症状とどれだけ付合うかを自分できめなければいけない、これは精神科に限らず、わたしのような薬や医者が嫌いな人にも深刻な問題です。

そこで、「気持ちがいい」という心身の感覚が一番頼りになる。と書いてらっしゃいます。たとえば、吐いた後にスッキリする場合は吐いた方が良いわけで、吐くものがなくても吐き気が続くなら、白湯に塩を少量加えたものを飲んで吐く中身をつくってやればいい、としごく合理的な助言をなさってます。

熱の場合も、注射で熱を下げてスッキリしたら、熱の仕事は終わっているわけで、解熱は正しかったわけだし、熱を薬で下げた後にけだるさが残る時は、解熱のせいで治癒力をダメにしたかもしれない、というわけです。
なるほど、わたしはどちらも経験があります。こんな風に説明されると、本当に納得出来ます。元気な人なら余分な発熱も癌退治くらいに考えれば良いですが、弱っている時の高熱は本当に堪えかねません。
身体や脳が弱っているときは、この「気持ちがいい」という感覚がとても鋭くなっているそうで、この感覚に従ってゆくのが養生のコツになるそうです。
なんとなく分かるような気がします。

で、具体的にどうするか、というアプローチですが、運動分野と、整理分野にわけて説明されてます。
普通の人に役に立ちそうなのは、
逆をする
右手をたくさん動かしたら左手を振ってみる、家の中での仕事が続いたら散歩してみる。じっとしてたら、運動してみる。

叫ぶ
心に溜まっている悪い気分を発散する方法。
カラオケ、詩吟、腹式呼吸、人のいないところでブツブツ言うのもいいそうです。

破壊
元来大人しい人が病気が悪い時にものを蹴飛ばしたりするそうです。そんな人は何か壊すような作業がいいらしい。たとえば、ボーリングやゴルフの打ちっぱなし、バッティングセンター。昔だったら薪割りもいいそうです。そういえば、薪割りって寡黙な大男が黙々と、っていうイメージがあります。

ミニ断食
ストレスにあうと食欲がなくなる人などは食欲を出そうと薬を飲んだりするより、プチ断食や一日一食などにすると食欲が回復することがあるそうです。
んじゃ、食べ過ぎの人はどうするのか、気になりますが、先生は断食でストレスで押しつぶされない心身の強さがでて来ることもあると書いています。

週末蒸発
プチ家出のことですね。ふらっと何処かに1人で行きたくなることあります。わたしも実行しよう。警察沙汰にならないように連絡はした方が良さそうですね。

のたうちまわる。
のたうち回りたい気分の時はのたうちまわるのがいいそうです。タコの真似がいいそうで、プールの中では七転八倒するのに具合がいいらしいですが、ライフガードに見つかりそうです。
コンニャク踊りみたいなもんでしょうか?

ちょっと死んでみる。
シャバアーサナですね。脱力するとか、緊張を解すとか、リラックスする、っていうのは案外難しいものです。
わたしには難しげなイメージ療法も書かれています。

幽霊になってみる。
「ちょっと死んでみる」の発展形です。この世の未練について考えて、それを言葉に出してみることで、自分の心の中を知る方法ですね。思い残すことといったら・・・家の片付けだろうか?誰かへの感謝かしら?

頭を抱える
頭を抱えるような状況になったら、頭を抱えたほうがいいそうです。


さて、生理的分野ですが、どういうことかと言うと、飲み過ぎて吐くなどは生理的反応で毒を出す、という自然治癒なわけで、自分でコントロールするのは難しいのですね。

たとえば、ストレスが掛かった時に脈が早くなる人は、慢性ストレスの状態にあるのだから、内科的な病気からのドキドキでないならば、脈を早くすることでストレスが軽減されると考えて、エアロビクス運動をすればいい、というわけですって。

慢性ストレスでホットフラッユが起こる人でやはり循環器系に問題のない人なら、サウナで汗をかいたり、お風呂に入って身体をあたためたり、温冷浴をすることでストレス解消が出来るそうです。

面白いのでまだまだ続きます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

『精神科養生のコツ』指テスト、味わうこと。


精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る

から

Oリングテストなどの筋肉反応から身体に合うか合わないかを調べるという方法がありますが、正式なものは1人ではできないのが玉にキズでした。
ところが、この先生は「指タッピング法」という方法を開発されました。1人で片手でコッソリ出来る方法です。難しい理屈は色々あるようですけど、それはおいといて・・・

利き手でピアノを弾くみたいに指をパタパタするだけです。それで、左手で相性を調べたいものを触ったり、心に浮かべたりして、右手の指をパタパタさせると、指の調子が軽くなったり、重くなったりします。不思議ですねえ。
薬だけじゃなくて、服やアクセサリーなどを調べるのは良くOリングテストの本にも書いてあります。

味わう
平たく言ってしまうと、食べ物の好き嫌いです。嫌いな食べ物は飲み込むのに努力が必要で、そんなものは食べない方が身体にはいいそうです。
これは漢方薬を飲む時を念頭に書かれているようです。
苦いものが身体にいいとは限らない、苦いものを身体が必要としている時には、その苦さを美味しい、心地よいと感じるのだ、と。だから、無理して苦いものを我慢して飲むのは必ずしも正しくはないそうです。

食べ物をが食道から胃に落ちていく間に「コレ好き?嫌い?」と身体に聞いてみるとだんだん食べ物と自分の身体の相性が分かる能力が上達するそうです。

ローフードを食べて寒いのに、これがいいんだ、と無理をしてガタガタ震えながらローフードで頑張るのは養生になってない、ってことなわけです。
いずれにしても、食事はゆっくりよく味わって食べよ、ということですね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

『精神科養生のコツ』身体の歪みを治す


精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る

から
いよいよ、身体の話しです。
精神科の患者さんの中には、車で追突などされてないのに首や背中に歪みのある人多いそうで、精神的な苦しみがあると筋肉が緊張しアンバランスになって、自分で骨格を歪めてしまうそうです。
だから、歪みを治すことで精神科の症状も改善するそうです。

背骨の歪みといえば、

背骨のゆがみは万病のもと―やさしい西式健康法背骨のゆがみは万病のもと―やさしい西式健康法
(1996/02)
甲田 光雄

商品詳細を見る

が思い浮かびますが、やっぱりここでも仰向けに寝た時の足のむきについて書いてあります。
んじゃ、金魚体操や、カエル体操をすることで、精神科の症状を楽にできるというのは理のあることのようです。実際、神田橋先生の本でも金魚体操が最初に書かれています。
他に肩甲骨を回す体操や、肩甲骨を剥がすマッサージなど、気持ちの良いことばっかりですね。

足首
足首を調整する方法が書いてありますが、これは気になる人は本を読んで下さい。もしかしたら、これはロルフィングでやってることかもしれません。ロルフィングでは足の調整というのをかなり丹念にやります。変化があったか?ですが、わたしは鈍いのかよくわかりません。

尾てい骨を動かす
これは究極の背骨矯正法だそうです。背骨の歪みが取れた人は背骨回りの筋肉や筋が柔らかくなっているので、尾てい骨を動かすことを毎日するだけで、背骨のバランスが取れるんだそうです。
仙骨の先っちょを摘んで前後左右に揺さぶるって・・・仙骨の先っちょって摘めるのかしら?
コレを毎日していたら、だんだん仙骨に意識が集中できるようになって、尻尾の感覚を取り戻すことができるそうです。
ロルフィングでは、尻尾が生えてるつもりで、尻尾を左右に振りながら歩け、と言われたことがありますが、それは仙骨の先っちょを前後左右に動かしているということのようです。
尻尾をイメージしながら歩くと背骨の動き全体が鞭のようになる、とこの本書かれていますが、ロルフィングでも全く同じことを言われました。

何か動作を始める時にまず尻尾から動かすと良いそうです。呼吸をする時も、息を吸う時は尻尾を後ろに振り、吐く時は尻尾を内側に巻き込むと良いそうです。
呼吸と仙骨が関係しているという話しは、鍼灸の先生から聞いたことがあるので、それは良い方法ですね。
また、いつも尾てい骨に意識を置いていると「気」が下がるんだそうです。気分がダウンじゃなくて、腹が据わってる状態という感じかな、気の中心が丹田にあるようになるそうです。尻尾、おそるべし。

さて、次はお待ちかね、呼吸の話しです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

旅から戻って美味しい青泥再開。day18

1冊の本で間を持たせているあいだに韓国で毎日楽しく遊び暮しておりました。予定していたインタビューも出来て、朝ご飯も食べたり食べなかったり。粉末青汁も飲んだり飲まなかったり、柿茶も飲んだり飲まなかったりという快楽にふける毎日。

わたしはあまり夫以外の人と旅行に行くことはないのだけれど、このメンバーと韓国に行くのはまったく別で、今回は3回目。3人だけで行くのは、11年前に韓国に連れて行ってもらってから2度目。

野菜と発酵食品の多い韓国だけど、食い意地の良さが災いしてやっぱりたくさん食べてしまいます。良い感じで「ちょっと痩せたね」と言われていたのに、元の木阿弥。

帰国初日の昼は青泥だけにしておきました。
(写真はいつも同じなので省略)

久々の青泥は美味しいですね。さすが、美味しい青泥です。美味しいから苦にもならず、ちょうどご飯もパンもないから、加熱炭水化物の誘惑にも負けずに、ちょっとアーモンドなどポリポリしてしまうくらいで←おい! 無事半日断食をクリアしたのでありました。

旅行も楽しいけれど、青泥もおいしいな。
さて、あと12日、1ダース残すのみ。そう思うとちょっと寂しいから、30日が終わってもやっぱり青泥は毎日食べようと思います。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

Fucking rock'n roll nightで踊りまくる. day19

パティ・スミスが広島でライブするというのを知ったのはツイッタだった。え?広島?なんで?しかも、クワトロで。せいぜい300くらいしか入らないだろうに・・・

295441_10151362907388930_1773842091_n.jpg

ライブの前に小倉からやってきたlazytokちゃん&じゃみらくんとアンデルセンで腹ごしらえ。青泥も分けっこする。美味しいと褒めてもらって気分があがります。

どうして広島だったのか?というと、パティのお父さんは軍人で、フィリピンやパプアで日本軍と戦った人で、自分が軍人であることを誇りに思っていたのだけれど、米軍が広島と長崎に原爆を落としたことで大変心を傷めた、という話しをパティが小さい時によく語ったのだそうです。
その時パティは、「わたしが大きくなったら、広島の人にあやまってくるわ」と言ったことを実行するためのライブ。

「原爆は人道に対する罪です。原爆の投下は間違いです。広島のみなさん、ほんとうにごめんなさい」って・・・何度も。パティのお父さんはとっても勇気のある人、謝るなんてことは簡単じゃないもの。

というわけで、小さなライブハウスで古いヒット曲中心に盛大に盛り上がったので、喉がガラガラになってしまいました。

よく聞いてみるとパティ・スミスさんの歌は昔からメッセージソングが多かった。高校生から大学生くらいの頃、女性として生きることの生きづらさをパティの歌で発散させていたことを思い出しました。
ベッドの上で踊ってたなぁ。(当時からベッドは硬かったな)

ニューヨークパンクの女王として大成功した後のパティの人生は悲しみと苦しみに満ちていた。連れ合いに死なれ、息子に死なれるなんて、どうやってその悲しみに耐えたのか、想像もできない。そんなパティが66歳になって歌うグロリアやロックンロールニガーはLPで聞く同じ曲とはまったく違う歌だった。

素晴らしいライブだったよ、パティーは今でもわたしのヒーローだよ。
わたしも昔ベッドの上でパティーのレコード聞きながら踊ってたみたいにタテノリ・ヨコノリ、ろけんろーるしたのでした。

日本は大変なことになっているけれど、わたしらにはパワーがあるんだから、乗り切れるよな、乗り切ろうな!
パティ、ありがとう!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「精神科養生のコツ」身体を二分するイメージ。day20

韓国旅行で中断していた青泥ライフ、今日で20日。青泥はナチュラルにおいしいので、お腹が空きすぎる時間になる前に青泥を作ってしまうと楽勝です。青泥食べてたら献立が簡単なところもいい。台所で料理ばっかりしてられないもんな。

さて、中断してました「精神科養生のコツ」です。

精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る

背中の話しになります。なにやら神秘的。
日光浴というとふつうお日様の方をむくけれど、これを指タッピング法やOリングテストで調べてみると、お日様をむいているよりも、背中にお日様を当てた方が良いという結果が出るらしい。そういえば、お日様の方をむいたって、日焼けがするし、顔ばっかり暑かったりしてあんまり気持ちよくないかも。背中ポカポカのほうがいい。
そして、月光浴となると、身体の表側がいいらしい。

で、身体がたてに、背骨から二つに分かれているイメージ。背骨のところに3センチくらいの隙間がたてに通っているイメージをして、そこに空気を流す。
身体の前側でイメージするのは比較的簡単なんだそうですが、背中が二つに割れていてそこに空気をひゅ〜っと通すイメージというのは難しいですね。で、空気が止まってしまうところ、割れ目のイメージがぼやけてしまうところはその部分の姿勢が悪くて、筋肉の緊張があるので、身体を動かしたり姿勢を変えたりして筋肉の緊張を取ると良いらしい。
身体が二つに分かれているというイメージがはっきりした瞬間がリラックスした姿勢の完成なんだそうです。

次、横割りですが、乳首の高さあたりで輪切りにするんだそうです。輪切りにして、肩甲骨は肋骨から浮いていて自由に動くイメージ。肩甲骨を意識すると、背中を意識しやすくなりますね。

これが身体の中心をリラックスさせる方法で、気功などの基本準備だそうです。

そして、呼吸です。四つん這いになって深呼吸をするコツは背中呼吸だそうです。胸は動かさず、背中を上と左右の3方向に広げて息を吸い、吐く時には背中をすぼめるように空気を出す。
ロルフィングの1回目のセッションで練習する呼吸法はこれのような感じがします。肋骨を立てたり倒したりして呼吸をするってことは、背中を膨らます呼吸だもん。

で、この背中呼吸に下半身の動きを組み合わせる。
肩甲骨を八の字に広げるように息を入れると同時に、腸骨も八の字にひろげるようにするそうです。実際の仙腸関節はふつうは動かないのだけれど、まぁイメージだけでもやってみるといいそうです。このように呼吸すると、肺活量が最大限になるそうです。歌や管楽器をやっている方は練習してみるといいですね。

で、この時に会陰が広がっているんだそうです。だから会陰を拡大するイメージをするとさらに空気を吸うことができるそうな。骨盤の容積が最大になって、そこに内蔵を押し込んで横隔膜を押し下げるそうです。なんか内蔵のマッサージにもなりそうです。
全部一度にやるのは難しいので、ひとつづつ習得していけばいいそうです。これを覚えると日常の心身の養生はもちろん、過呼吸や喘息発作の苦しみを和らげることができるそうです。カラオケにもいいそうな。

背中を実にする、もうひとつのメリットに身体の前面を虚にする、という効果があるそうです。身体の前の部分はなかなか緊張が緩まないそうな。
身体の前側が緊張している理由は、身体の使い方の左右バランスの悪い生活習慣や、対人場面の緊張から前面に気を置いて生活しているので胸の前側がこわばるそうです。車の運転で緊張すると、胸骨がずれるのはそのせいでしょうか?
で、胸骨を掴んでゆすってみる、という方法が書いてあります。
胸が軽くなると書いてあるけれど、わたしには掴んでいるところが痛くなるだけのような・・・

で、背筋を鍛えるのもいいそうですうつぶせになってエビ反り。バッタのポーズみたいなことをやるといいらしい。

そういえば、背中ってあまり意識せずに日頃生活してますが、背中にも意識を置くようにしたら、目先のことにとらわれず、どっしりと構えて生活できるようになるかもしれません。まずは、背中を二つに割って風がひゅ〜っと流れる背中になることからです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック