FC2ブログ

美味しい青泥1ℓ30日の良いところ。day12

美味しい青泥を毎日1ℓ飲むプログラム、今日でもう1ダース(って日にちをダースで数えない?数えないね)12日目。毎日食べてたらまぁ当たり前の食べ物。
食事に出掛けるならその前に食べる、おやつに手を伸ばす前に青泥、晩ご飯は青泥から、朝?普通の人は朝ご飯の代わりに半分くらいの青泥を食べるのかもしれないけれど、西式健康法のご都合実践者であるところのアタクシは、朝ご飯は食べないでスイマグと柿茶だけなので朝の青泥は特にナシ。

このプログラムの良いところは、青泥さえ食べてたらあとは何を食べても良いので、家族と一緒に食事やおやつが出来ること。うちのように夫婦二人だけで、一緒にご飯を食べることがなんとなく重要なポジションにある関係なので、同じものを食べないというのは彼に大変なストレスを与えてしまうようなところがありますから、同じものを食べるというのは重要です。

だけど、夫と違って青泥をしこたま食べているので、同じだけは食べられないから、主食を控えることになっていて、これがなにげにナチュハイルールに近づいてます。

青泥を食べる分普通の食事が減るのは当たり前かもしれないけれど、もう1つ良いことがあった。冬になってあまり水分を取らなくなるのね。
朝の最大のお仕事であるところの排泄は、ニワカ西式実践であっても起き掛けに済んでしまうので、朝のお仕事のためにカプカプ柿茶を飲む必要がなく、つい、朝のスイマグと最近始めたコーヒーだけで、それ以上は意識しないと水分を取らなくなってしまっていたのですが、青泥が水分補給になっています。冬はお茶など飲まないわりにスープ類を飲むので、塩分過剰になりがちだけど、それも青泥で調整されるところもナイスな感じがいたします。

美味しい青泥は、とろみに果物を使うと甘くて美味しい青泥になって、アボカドを使ったらグルメな感じ(味見した教室生徒さん談)の青泥になります。野菜は高いけど、キャベツの外側の葉っぱとか、カリフラワーの葉っぱも入れて、抗がん青泥なのであります。

んでもって、晩ご飯は普通に煮込みが食べられたりするわけです。

IMG_4033.jpg

キコキコと糸車を回しながら、ストーブではコトコトとポトフ。煮込み料理は何日も同じものが続くのは嫌なので、最近はあまりデカい鍋で作りません。
あったかポトフが控えていたら、食前の青泥も怖くない?!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック