FC2ブログ

親子丼の思い出。day13

と〜っても久しぶりに親子丼を作った。何だか知らないけど、夫は丼ものご飯でテンションが上がる。

IMG_4034.jpg

親子丼を盛りつけながら”2万円の親子丼”を思い出し、「二万円の親子丼やで〜」と言いながら食卓へ持っていった。

祖母が脳梗塞で長期の入院になり、頭もマダラボケ状態になっていた時、わたしは実家にいて、これといって仕事をしていなかったので、お昼に病院に行っておばあちゃんにご飯を食べさせ、洗濯物の交換をするのが日課だった。

ある時から、祖母は「今なぁ、2万円の親子丼注文してん。もうすぐ出前するから待っときや」と言うようになった。母が見舞いに行った時にも「二万円の親子丼」の話しをしたらしい。よっぽど親子丼が食べたいのだろう、と思ったけれど、看護婦さんからは「うどんくらいならご自宅から持ってきてくれてもいいですよ」とは言われていたけれど、親子丼となると、食べられるのかどうか、わたしには判断できなかった。

珍しく弟が家にいた時、夕食に親子丼を作って、祖母の分を小さい鉢に盛りつけ、いつも祖母が座っていた場所に置いて「おばあちゃん、二万円の親子丼やで」と言って、弟と二人で食事をした。

不思議なことに、それ以来祖母は”二万円の親子丼”の話しは一切しなくなった。

「まだ生きてる人に陰膳したのか?」と夫に驚かれた。「そうだよ、あんまり言うんだもん」

夫はしきりに面白がっていたけれど、わたしはどうしておばあちゃんにあの時親子丼を持っていかなかったのか、ちょっと悔やんでいる。

2万円の親子丼というのがおばあちゃんらしい、とその当時家族で笑ったものだったけれど、何で2万円なんやろね?テレビで見たのかしら?バブルの頃はそんな親子丼もあったのかもしれません。

青泥食べてるので、わたしの親子丼は盛りが少ない。こんな小さな積み重ねが体重を減らすに違いない!と思いたい。
青泥食べて脳梗塞なんかならないで元気にポックリいきたいものです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック