FC2ブログ

『精神科養生のコツ』「気持ち良い」を信じる

コメント欄で”会陰呼吸”なるものを教えてもらい、なんじゃそれは?どの本に書いてあるの?と聞いたら、ちょっと戸惑いながらも以下の本を教えて下さった。

精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る


タイトルの通り、精神科の患者さんの養生について書いてある本ですが、患者さんとまではいかなくても、日々不安やストレス、心配事などを抱えて心がフラフラしてしまう普通の人にも参考になることがとてもたくさんあったのでご紹介しようと思います。

内容は、患者さん向け、つまり、とても繊細な人向けに書いてあるので、繊細でないわたしには、「そんな細かいことまで分からへんわ」と思うことが多いけれど、病気になってしまう人がどれだけ繊細なのか、ちょっと垣間みるような思いがします。

この本は、治療というのは、結局のところ、生物としての自然治癒力を助けているだけであり、患者自身が自分の内にある自然治癒力と協力し、同時に専門家の助力と協力してゆくことが大切だというと立場から書かれている。食養生などに興味を持っている人には当たり前のことだけれど、それが、とても厄介そうな精神科治療の専門家も同じように考えているというところがとても興味深く、本を読むのが楽しみになる。

最初に、“気持ち良い”という感覚について書いてあります、気持ち良い感覚を思い出すことから話しが始まる。

日々の生活の中で「あぁ、気持ちがいい」と感じる瞬間を探し、その感じに出会ったら、その感じを味わい「この気持ち良さをもっと良くするにはどうしたらいいだろう?」と、気持ち良い感じに浸ってる間にもっと気持ちのいいことの空想を続けるんだそうです。
それで、空想した事柄ですぐに実行できるものがあったら、すぐさま実行してみて、気持ちのいい感じが増えるか、期待はずれだったか、観察する練習をせよ、と。

これは脳の働きにも応用できるらしい。身体の働きが悪いと痛みがあったりするけれど、脳には痛点がないらしく、脳自身は痛みを感じないので、脳の機能はその働きが悪くなった時にしかわからないそうです。だけど、脳の働きが良くなると、頭がさわやか、頭が楽、スイスイ頭に入る、ハッキリ見える、などの感じがあるそうで、脳を除いたからだの他の部分の状態が良くて、脳もスッキリしていたら、「気持ちがいい」という感じが生まれるんだそうです。

うーん、気持ち良いっていう感じはすごく難しいのかもしれませんね。

この練習には、自分を大切にして生きるという練習にもなるそうで、それじゃ、楽にしてストレスをすべて避けて、ダラダラ自堕落にしていればいいのか?というと、それはそうでもないようで、今の状況でどれだけ自分が無理しているのか分かりながら関わって行くとくことが必要なんだそうです。自分に合わないことでも耐えられる範囲でやる分にはそれは鍛錬だ、というわけです。

第一章だけでも大変な内容です。あなた、わたし、という存在は何なのか?ということが問われているようです。この先、気持ち良いための実践のコツが出てきます。

わたしは読んでないけれど、改訂版もあって、内容はかなり違うようです。

精神科養生のコツ 改訂精神科養生のコツ 改訂
(2009/05/01)
神田橋 條治

商品詳細を見る


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック