FC2ブログ

『精神科養生のコツ』身体の歪みを治す


精神科養生のコツ精神科養生のコツ
(1999/05)
神田橋 條治

商品詳細を見る

から
いよいよ、身体の話しです。
精神科の患者さんの中には、車で追突などされてないのに首や背中に歪みのある人多いそうで、精神的な苦しみがあると筋肉が緊張しアンバランスになって、自分で骨格を歪めてしまうそうです。
だから、歪みを治すことで精神科の症状も改善するそうです。

背骨の歪みといえば、

背骨のゆがみは万病のもと―やさしい西式健康法背骨のゆがみは万病のもと―やさしい西式健康法
(1996/02)
甲田 光雄

商品詳細を見る

が思い浮かびますが、やっぱりここでも仰向けに寝た時の足のむきについて書いてあります。
んじゃ、金魚体操や、カエル体操をすることで、精神科の症状を楽にできるというのは理のあることのようです。実際、神田橋先生の本でも金魚体操が最初に書かれています。
他に肩甲骨を回す体操や、肩甲骨を剥がすマッサージなど、気持ちの良いことばっかりですね。

足首
足首を調整する方法が書いてありますが、これは気になる人は本を読んで下さい。もしかしたら、これはロルフィングでやってることかもしれません。ロルフィングでは足の調整というのをかなり丹念にやります。変化があったか?ですが、わたしは鈍いのかよくわかりません。

尾てい骨を動かす
これは究極の背骨矯正法だそうです。背骨の歪みが取れた人は背骨回りの筋肉や筋が柔らかくなっているので、尾てい骨を動かすことを毎日するだけで、背骨のバランスが取れるんだそうです。
仙骨の先っちょを摘んで前後左右に揺さぶるって・・・仙骨の先っちょって摘めるのかしら?
コレを毎日していたら、だんだん仙骨に意識が集中できるようになって、尻尾の感覚を取り戻すことができるそうです。
ロルフィングでは、尻尾が生えてるつもりで、尻尾を左右に振りながら歩け、と言われたことがありますが、それは仙骨の先っちょを前後左右に動かしているということのようです。
尻尾をイメージしながら歩くと背骨の動き全体が鞭のようになる、とこの本書かれていますが、ロルフィングでも全く同じことを言われました。

何か動作を始める時にまず尻尾から動かすと良いそうです。呼吸をする時も、息を吸う時は尻尾を後ろに振り、吐く時は尻尾を内側に巻き込むと良いそうです。
呼吸と仙骨が関係しているという話しは、鍼灸の先生から聞いたことがあるので、それは良い方法ですね。
また、いつも尾てい骨に意識を置いていると「気」が下がるんだそうです。気分がダウンじゃなくて、腹が据わってる状態という感じかな、気の中心が丹田にあるようになるそうです。尻尾、おそるべし。

さて、次はお待ちかね、呼吸の話しです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック