タイハーブで鯛を釣る。

夫がタイから戻る度にタイハーブを持ち帰ってもらう。グリーンの胡椒とか、レモングラス、コブミカンの葉っぱなど、あちらではごく当たり前のハーブ、日本ではなかなか手に入らない。
懇意にしてくださっている広島のフレンチの巨匠、通称オヤブンへの貢ぎ物であります。

ハーブ代といっても請求するほどの金額ではないので、お代をを頂かないから、オヤブンからはお花を頂いたりして逆に気を遣わせてしまって心苦しい・・・

今回もお届けに上がったら・・・鯛の頭を3尾分も下さった。きれいに処理してあって、もちろん、半分に割ってある。どれだけ大きい鯛やねん!というくらい大きな頭。あんまり大きいのでオーブンに入れてタイハーブをまぶして焼いてみた。

焼く前にすべての頭をお湯に潜らせて霜降りにし鱗を外す。今日食べる分だけと思ったけれど、1度には食べきれないのとりあえずすべて霜降りにして鱗を取るだけはとっておこう。鯛を潜らせたお湯でスープが出来る。

霜降りにして、塩胡椒し、レモングラスとバイマックルーを刻んだものを振りかけて、ちょっと油を振りかけて、オーブンで焼くこと20分。

IMG_4170.jpg

23センチのお皿からはみ出しそうなこのカシラ。お魚好きは頭のところが一番美味しいのを知っている。だからオヤブンはお店のまかないで食べてしまわないでわたしたちに分けて下さったんだと思うと美味しさもひとしおです。

鯛の頭のオーブン焼きを食べながら、魚の焼き加減についてアレコレ言うようになったのはいつからか?という話になった。昔は火さえ通っていればいいと思っていた。バサバサしたもんだ、と思っていたけれど、火の入れ加減というのが料理の味を決定的にするんだ、ということを知ったのは・・・オヤブンの料理を食べてからだったなぁ、ということに気がついた。

こうやって食べてみると、世界中のグランメゾンで多用されている低温真空調理というのは、大量の調理を失敗なく同じ加減に仕上げるには都合の良い技術なのね。もちろん、1℃単位で温度管理のできるオーブンという道具があってこそ、です。

鯛の頭はあんまりたくさんあるので、ご近所の方でお魚好きそうなご夫婦に差し上げたり、明日は友達のところに持って行きます。一切れを2人で食べるくらいがちょうどいいほど大きかったわ。

それにしても、こんな大きな天然の鯛を3尾も(もっとか?)・・・大きなレストランの使う材料はなんとまぁスケールの大きなこと!と驚いたのでした。

オヤブンのお料理は、美食とはいい材料を心を込めて丁寧に扱うことだと教えて下さいます。いつもありがとうございます。そして、メッセンジャーしてくれるアラメゾンのお二人、今日はコーヒーとフィナンシェをありがとうございました。少しですがタイのお土産楽しんで下さると嬉しいです。

というわけで、タイハーブで鯛を釣って、タイハーブをまぶして料理したお話しでした。ごちそうさま!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

温亀の寿命は?

ご質問いただきました。
なかなか確信を突いた話題で、コメント欄に埋もれさせるには惜しいのでアップしてみましょう。

温亀の耐久年数ってどれくらいでしょうか?落として割れたりしなければずっと使えそうですが。



耐久年数って考えたこともなかったけれど、どうなんでしょ?割れても素材の持ってる性質には変わりがないけど、あの陶器はサイズが小さくなると蓄熱時間が短くなるので、何かの理由でパコっと二つに割れたものはそれぞれ別の用途に使わないとだめだろうなぁと思います。

さて、ご質問の温亀の耐久年数ですが、わたしも1人のユーザーなのでお答えして良いものやどうや、定かではございません。わたしの観察では、温亀もせいぜい3歳か4歳くらいですので、どうなんでしょうか・・・

わたしが使っていて思うのは、直火のほうが亀は長持ちすると思います。
レンジを使うと中から膨張します。チンの後によく見ると細くヒビが入っています。これは冷めている時は閉じるのでわかりません。

ただ、レンジのほうがお手軽で火傷の心配がないことと、あの“内部がマグマのようになっている”という、中から放射する熱の効果とで、ガラージュベーではレンジでの加熱を推奨しているのだと思います。
しかし、レンチン法が発明されたのは、わたしのブログの追記があるころのことで、もともとは直火で焼いて使っていたのです。(これは、タオルが焼けたり、焼き過ぎて包めなかったり、面倒がたくさん。レンチン法によって温亀はブレイクしたとも言えます。)

というわけで、レンジで使っていてもヒビが大きくなるようなことはないと思いますが、衝撃には弱くなるのは仕方がないことと思います。

余談ですが、3個の亀を使っておられる方からお聞きしたのですが、同じ時間チンしても、触れないほど熱くなる子もいれば、ちょうど良い温度になる子もいるそうで、個性があるようです。

というわけで、耐久年数は・・・落下などの強い衝撃を受けて割れるまでは大丈夫だそうです。輸入販売しているガラージュベーのお返事は

鶴は千年、亀は万年です。
粉々にならない限り、温亀のエネルギーはいつまでも続きます!



仮に亀が割れたとしても、脱臭剤、電磁波防止、静電気防止、水の浄化、大きさによっては温亀と同じように温石として使うことは可能だと思います。

日本で一番最初に温亀を使い始めたガラージュベーでもヘビーユーズしてますよ。お客さんに抱かせたり、スタッフが抱いていたりと、朝から晩まで大活躍しているようです。

個人的には亀が割れることよりも、温亀につまづいて怪我したり、亀を足の上に落っことして痛い思いをするほうが心配です。

温亀は脱臭効果もあるのでそういえば朝の寝室が夫の酒臭い息がこもってクサいということがありません。毎度チンするので吸い込んだにおいはそこで発散してるから、亀がクサくなることもないし、亀を抱いて寝ると静電気を吸ってくれるのでパチパチしないし、良いことばかりなのです。

それにしても、コメント下さる皆さん、温亀の愛し方がハンパないんですが、亀も大事にしてもらって幸せ者です。九漢さんも作家冥利につきるんじゃないでしょうか?

温亀を使うようになって夜中のトイレの回数が少なくなって熟眠できる、というご報告は良く効きます。冷えが取れるのはもちろんですが、お腹に乗せることで腎臓もケアされているのかもしれません。

夜中のおトイレは腎臓が弱っている証拠だから、夜おトイレに行くのをなんとかしたい、と思っている方は、こちらの記事もご参照ください。
腎臓のケア

しかし・・・温亀と相思相愛はいいけれど、亀とだけシッポリするのもいかがなものか、と思わないこともありません。さて、そろそろ亀をチンして寝よっと。

温亀が出す不思議な熱線についてはこちらをお読み下さい。
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。最終回 温亀の素材の不思議。

作者の九漢さんについてはこちら↓
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。その1 青春 順番に5回まで読めるようになってます。

温亀の使い方はこちら
On Kame(温亀)さんの使い方

温亀談義はこちらへ
On Kame(温亀)のふしぎ!

温亀のご購入は作者金九漢さんとは20年来のお付き合い、ギャラリー・ガラージュ・ベーのホームページをご覧の上、必要事項を記入してガラージュ・ベーまでメールを送って下さい。
http://garage-b.jp2016年9月2日URL変更になりました。
ぺんぎんさんのブログで見た、と言って頂くと話しが早いし、優先的に発送してくれるかもしれません。

温亀袋はギャラリーでも取り扱いがありますが、ぺんぎんさんは相変わらず温亀袋セットを制作販売しています。温亀が包まれたい布、亀さんが入りたいような布で作っているので、右下のメールフォームからお問い合わせください。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

台湾から戻って来た友達を見舞いに行く。

休みの日のお昼はこんなもの食べたりして
IMG_4171.jpg

末期がんの友達が冥土の土産の台湾旅行から戻って来た。だからキッシュを焼いてすこしお裾分け。

電話したら彼が出て、「うんうん、大丈夫だよ、ちゃんと生きて戻って来たよ」って・・・そりゃ生きてるやろ。

彼は筋金入りのバックパッカー。病気になっても年に1度の旅行は欠かさなかった。前立腺がんがわかって、最初はホルモン療法。次に放射線。そして抗がん剤をちょっとやったけど嫌でわりとすぐ止めてしまった。
治療中も仕事は続けていて、うちにもお花を配達に来てくられた時には10分くらいいつも立ち話をしたものだった。「おれ、余命いくばくもないからさ」と言うので、「何言ってるのよ、Sちゃん残して行っちゃうわけ?」と冗談を言ってたのに。

検査入院していた時に病室に転がっていた本は、ロンリープラネットのタイランドだった。この人、こんな黄色い顔してまだタイに行く気だ、と驚いたものです。

結局タイは福岡まで行ってそこから5時間のフライトはとても耐えられないということで、渡航先を台湾に変更した。奥さんのSさん1人のアテンドだと彼女の負担が大きすぎるから、だれも一緒に行かないならわたしが自分で行くつもりにしていたけれど、結局男性アテンドが見つかって、3人で行って来た。

旅行は楽しかったらしい。ただ、食べたいけれどむかつきがあって食べられないことが辛かった、と言ってた。後はSさんから旅行の話しを聞く。まぁまぁ、よく帰って来たよ、大変だったね。

そうそう、お昼にキッシュ焼いたから持って来たよ。おかずの足しにしてね。大きな鯛の頭も持って来たよ。とても美味しいから魚焼きで焼いて食べると良いよ。

だれでもいつかはあの世にいくのは当たり前のことだけど、あの世に行くまでにやりたいことをやり切る!という彼の姿、そして、それを実現させるために出来ることは何でもするという連れ合いのSさんの生き方に、なぜだかこちらがすごく励まされる。

わたしには晩ご飯のおかずの足しになるようなものを差し入れるくらいのことしかできないけど、「んじゃ帰るね、また来るね」といって帰って来た。

旅先で野垂れ死になんてことを言ったりやったりしない良識に救われてるのかなぁ?
花見が出来るやろうか?花見もしてからあっちにいけばいいと思う。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

キルティング亀袋を作っていたらこんな時間!!

ラオスの手紡ぎ糸で織で織られた布で作った温亀袋、布に惚れて作ったんだけれど、温亀は重い。布は繊細。こりゃいかん、ということで、お買い上げ下さった方には代替品を発送し、それでもあのラオスの布を気に入って選んで下さった方にはやっぱり申し訳ないので、裏に別の生地をキルティングにして保温性も高めた袋を作るサービスをやってます。

これがさぁ、楽しいんだ〜、ご希望があればお名前の刺繍を入れたりして(アルファベット刺繍の性能はイマイチ)、糸の色を変えたり、キルティングの縫い糸の色も変えたりして、楽しく亀袋を縫っていたらこんな時間になってしまった。

ところで、新しいミシンだけれど、前のミシンに比べて縫い直しが少ないので仕事が早い。

IMG_4172.jpg

いや〜、楽しいなぁ。なんか縫い物が上手になったような気がします。
調子に乗って、夫がバンコクで買って来たズボンの裾上げまでやっつけてしまいました。段差もスイスイ糸飛びしないで縫えるので気持ち良い。

キルティング亀袋は昼間とか、布団の中でない時に使うと温亀の温かさが長持ちして良いような気がします。綿まで入れるとどんなもんだろう?と思わなくもないですが、レンチン使用だったら綿入りキルトの袋だけでいいかもしれない。しかし、ポリ綿だと熱で溶かないかやや心配。そもそも温亀とポリエステルは如何なものか?と思う。

個人的にはあのモコモコしたキルティングがあまり好きでないのですが、真綿を開いて重ねた真綿入りの温亀キルト袋は良いかもしれません。

ラオスの手紡ぎ糸キルト温亀袋は完売しました。ありがとうございます。
ご注文下さった方、今しばらく到着までお待ち下さいね。

ラオスて紡ぎ糸キルトの温亀袋はもうないけれど、温亀袋セットは鋭意販売中です。
リネンの生成りは最後の1枚です。糸を注文したので、また布巾サイズ共々作ります。
新しい組織で織ろうかな、と今日は本を見たり計算したりしていたら1日が終わったのでした。

織物が出来て、それが誰かに使ってもらえて、在庫がなくなってまた織るというのはものすごく幸せです。布巾や温亀袋セットを使って下さってる方、ありがとうございます。
買って下さる方がいるので、わたしも織物が続けられます。

今夜もまたひまし油を腹に巻いて寝よう。その前にお風呂!

バカボンパパの腹巻きの中に温亀を入れると、朝まで温亀が肝臓を温めていて、ひまし油的にいいのかどうかわかりません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

税金を取り戻しに行ってくる。

3月の声を聞くと、ああ、あそこに行かなくちゃ、と思うようになった。
医療費、寄付金など、申告したら税金を返してくれる還付申告。歯医者にお金が掛かったのは去年までだから、医療費控除を受けられるのはこれでしばらくはないだろう。これは10万円を越えたものについて税金が控除される。

多くの人に案外該当しそうなのが寄付金。これは2000円を越える寄付金はいくらか戻ってくる。東日本大震災関連の寄付は戻って来る率が違う。

どこかの公益法人やら社団法人、NPOに寄付をしている人は2000円越えてるんじゃないでしょうか?たいてい領収書が送られて来て、税金が云々と書いた紙が一緒に入っていたはずです。

私の場合だと、シャプラニールやビッグイシュー基金などのNPO、もっと一般的には、赤十字や共同募金に送ったお金は還付の対象になります。

去年の日付の領収書を探して源泉徴収票を持って税金申告会場に行くと、長い時間待たされるけれど係りの人が書き方を教えてくれて、お金が戻ってきます。何年かやれば要領が分かってくるので、待ち時間の短いパソコンでセルフ申告というのが出来るようになるやもしれません。

医療費控除の必要がこれまでなかったので、寄付金の控除も受けてこなかったのですが、こんなに戻ってくるならやればよかった、と大いに反省です。半日潰れるけれど、わたしが稼げる時給など安いのだから、還付申告に行った方がパフォーマンスがいいんですもの。

税務署の人は案外親切に色々と教えてくれます。(パートタイムの人もたくさんいるので、分かる人が出てくるまでわからないところは食い下がった方が良い。たいていは分かる人を連れて来てくれるけれど、自分が知らないことを「出来ない」と突っぱねるバイトさんもいるので油断なりません)

これをやってるうちに分かって来たことは、世の中西洋医学とオカミ(政府)がいいよ、と認定したお金の使い方に有利に出来てるということです。

たとえば、わたしが断食道場に行って30万円使って断食をして健康を取り戻したとしても、これに掛かった費用は控除対象にはなりません。
ところが、病院に入院して30万円払ったら、控除対象になります。

ロルフィングに行って腰痛を治して10万円掛かっても還付対象にはならないけれど、整形外科に行って「すべり症です」とか「ヘルニアです」とか診断されて、レントゲンだのCTだので被曝し、手術やら入院やらリハビリやらをして20万円掛かったらこれは控除の対象になるわけで、お金的にどちらが良いか?といえば保険も使えるし、税金も戻ってくるし、整形で色々やられるほうが良いのです。
身体的にはどちらがいいかは・・・わからないよねぇ。

ということで、税金というシステムにも世の中の成り立ちがよくわかるのでありました。

寄付でいえば、結構色々な団体で控除対象になるのですが、IWJは公益じゃないとかなんとかの理由で控除対象になりません。つまり、不利なわけです。

さぁ、みなさんも領収書をかき集めて、申告会場へ行こう!

2時間半も掛かって申告を終わらせて・・・
IMG_4173.jpg

デパートのテナントのレストランなら2時過ぎてもご飯食べられるだろうと、イタリアンの店に入って、や〜れやれ。目はしょぼしょぼだし、足は棒のよう。あの申告会場で働いてる方達も大変でしょうが、申告したわたしも大変でした。大変だけど税金は取り戻した方が良い。絶対に行った方が良いよ。

今日はよくがんばった!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

身体と心の力を抜く。

30歳をちょっと過ぎた頃、リラックスすることが出来てないのに気がついてボディーワークをに興味を持つようになった。身体の緊張が解れなければ心の緊張も解れないと思ったのです。

そういえば、人に触れられるのもあまり好きじゃなくて、マッサージや鍼なども以前は行かなかった。それは今ではマッサージ大好きになってしまって、マッサージされてるうちにくーっと寝てしまったり。知らない人に身体をゆだねたまま寝てしまうなんて、リラックスし過ぎ!

最初にやったのは活元運動(ここから入るか?という声が・・・)。これは不思議な体操で、いまだに良く分からないけど活元運動のセッションの後にはだる〜ん、となって、次の日から3日くらいやたら身体の調子がいい。

これは、自動運動というか、自発運動を起こして身体が動くままにまかせてうごく体操で、1人でやってるとまるで酔っぱらいが舟を漕いでいるような動きしか出ないのだけど、活元会に行ってみんなでやると人の動きに釣られて1人の時とは違った動きが出るので、月に1度の活元会は楽しみでした。先生のお話しも良かったし、お金が掛からない(会費は300円だった)ところもとても良い。整体協会に入らなくても活元会だけ参加できるので、大変におすすめするします。

身体を緩めないと自発運動もできないので、ああ、わたしって身体が緊張してるんだわ、心も緊張してるわ〜、と思いながらくらんくらんと動いていたものでした。

次にやったのが、操体法。これはいろんな健康法から身体の緊張を緩めるメソッドを良いとこ取りして組み合わせたような体操で、金魚運動もするし、動きやすい方に身体を動かすことによって、動きにくい方を緩める、というような方法。他にもこの会ではOリングテストをやっていた。

Oリングテストは1人では上手く出来ないので、神田橋先生の指タッピング法は優れている。わたしはあまりこの筋肉反応を使ったテストを日常生活に取り入れてないけれど、調子の悪い時とか、迷って決められない時には筋肉にどっちが良いか聞いてみるのは良い方法かもしれません。

これらの体操から身体の力を抜いて色々なものに身をゆだねる練習が始まったんじゃないか、と思います。この後、バンコクでタイマッサージを受けるようになって、マッサージ大好き、マッサージが旅行の楽しみとなったのでした。

この後だいぶ経ってからヨガですが、ヨガの基本は屍のポーズ。いかに身体の緊張を解いて死体のようにしずかになるか、というのは熟練を要します。

マッサージなどの手技を受けるにしても、身体の緊張が抜けなければ効きません。わたしの父は鍼も打つのですが、父から鍼を打ってもらう時、ものすごく緊張して身体が硬くなってるところに鍼を打たれるので、ちっとも効きません。鍼と相性が悪い人は、「鍼を打たれる」と思うだけで施術者の手が触れているところが緊張してしまってダメなんじゃないか、と思います。
ともあれ、手技を受けるにしても手技に身をゆだねることは大前提で、リラックスしないえれば手技もあまり効果が現れないのかなぁと思ったりします。

こうやって考えたら、自分にあった治療というのは、施術者の前に鎧を外した身を投げ出して無防備でいても緊張しない、という治療なんじゃないだろうか?と思い至った。

同じ治療でも施術する人によって効果が違って当たり前だし、だから相性は大事なんだなぁ。
一緒にいて心の力が抜ける、というのも大事なんだなぁ。

IMG_4174.jpg
力の抜けた晩ご飯。人参とセロリとケルプヌードルの和えものと、汁クイティオ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

買い物すれども勉強が追いつかない。

あぁ、先週はイラストレーターで絵を描こうと思って・・・1日掛かって挫折して、ちくたくさんに本を教えてもらって本を取り寄せたのだった。

本が届いて安心したのか、今度は次の織物の設計を始めたら・・・手書きは大変。

半日掛かって書いたドラフト(疲れたので途中で放り投げる)
IMG_4175.jpg

こんな事はパソコンさんが得意な分野。もちろん織物ソフトなるものがあるけれど、わたしのパソコンはMacなのでフリーソフトがない。幸いなことに有料のソフトならMac用もある。proweaveやっぱりあったほうがいいよなぁ、最近組織も織るし、結構楽しいもんなぁ。
以前サンプル版を使ったことがあるんだけれど、イマイチよくわからなかった。
今回久々にサイトを見てたら、ティュートリアルを兼ねた宣伝ビデオがある。
This video demonstrates how to use the New Draft command to quickly create a weave draft.

ビデオを見たら自分でもできそうな気がしてついダウンロードしたのだった。
これで手書きで始めたドラフト(組織図)がすぐにできるか?と思いきや・・・あれれ?よくわからないぞ

ビデオを見てまたやり直したり、質問メールを英語でポチポチと書いたりしているうちに1日が終わってしまった手書きで書こうとしていた組織図は出来た。都合2日掛かりだ。

IMG_4176.jpg

うーん、手書きだとどの足を踏んだら、どの糸が上がってどんな組織になるか実体験として分かるんだけど、パソコンでやったら自動的に組織が描けちゃうからあんまりピンとこないかも。

ところで、こんなややこしい織物、誰が織るんや?

こんな難しいのじゃなくて、リネンの温亀包み布を綾のボーダー柄で織ろうか、昼夜織りで織ろうか、ってことも考えてたのに、新しいオモチャがきたら当初の目的からどんどん離れたところで時間を消費してしまいます。

うーん、やっぱり良いんだか悪いんだか。
ともあれ、織物ソフトは元が取れるようにしっかり仕事しなければ。

イラストレーターのほうはどうなったんや?って聞かないで。

今日は織物ソフトにもてあそばれて1日が終わってしまいました。きがつけば庭でウグイスがケキョケキョ鳴いてます。

今日もぜんぜんローフードじゃないけれど、織物の設計ってこんなんやねん!って思った人はクリックしてね。
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

イラストレーターの練習もする。

昨日から急激にパソコンの練習が進んでいる。
織物ソフトはビデオを見ながら同じドラフトを作ったり、これから織るリネンクロスのドラフトを書いてみたり。昔はあまり地模様のある織物は好きじゃなかったけれど、去年からオーバーショットを織るようになって、組織織りの面白さを思い出した、というのもある。
もちろん、訳のわからないこともいっぱいあるけれど、以前体験ダウンロードした時にはほとんど何もできなかったのだから大きな進歩だ。

織物の設計と共に懸案のイラストレーター。
買った本の最初の教材をやっつけた。

IMG_4179.jpg
これがお手本。

わたしがやったらこんなになった。
IMG_4180.jpg
ギザギザもなみなみもちゃんと教科書通りに色指定してるはずなのにグレーになるのはなぜかしら?細かいことはいいけれど、わたしもやっとイラストレーターでイラストが描けました。
しかし、自分が描きたいイラストを描くのはまだ遠い道のりのようで、もう少し本を参考に練習してみます。はぁ、やれやれ。

やれやれといえば、お昼に親子丼などを作って食べたら、
IMG_4177.jpg

あまりお腹が空かなくて、(お昼を食べる時にもあまりお腹が空いてなかった)
晩ご飯には久々の青泥定食。
IMG_4178.jpg

青泥はやっぱりいいもんです。青泥(塩なし)と味噌汁とご飯ちょっと、というのはなかなかナイスな晩ご飯。

パソコンソフトの練習ってまともにやったことがなかったのですが、織物設計ソフトとイラストレーターを同時に勉強(ってほどじゃないけど)していると、←ポインターの使い方がやっとわかりました。

明日は青泥たべて、ペンギンイラストやっつけよう!お〜!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

糸を染めたり、モヤシご飯を食べたり。

空が明るくて温かいと用事がはかどるような気がする。黄砂は飛んでくるけれど空気はよく乾燥してるので、久々に藍を建てる。

IMG_4182.jpg
藍染めってグツグツはしないけど、染めてる時の姿は魔女っぽい。

お昼ご飯にコンナムルパフ。
IMG_4181.jpg

ご飯には小粒の黒豆を炒ったものを一緒に炊いた。モヤシとそぼろを乗せて混ぜて頂くコンナムルクッパ(韓国モヤシご飯)。そぼろ抜きでも美味しい。お味噌汁がキャベツの味噌汁なので、とてつもなく安上がりな定食になった。
真ん中の黒いのは、アラメという海藻を人参と干し椎茸で炊いたもの。
モヤシご飯は簡単で、安上がりで栄養満点でしかも美味しい、素晴らしいご飯だわ。本来は小さい大豆で作ったモヤシで作るものだけれど、小粒大豆モヤシは手に入らない。緑豆モヤシでもそれなりにできて美味しい。

糸はそれなりに染まった。
IMG_4183.jpg

リネンは膠質がついていて、少々精錬したくらいではなかなかきれいな色に染まってくれないが、これもリネンの味わいです。
今回また5キロの糸を買ったので、これはちょっとしっかり目に苛性ソーダでソーピングしてから織ろうと思います。

糸を染めたり、イラストレーターの教科書の次の章をやっつけたりしたけれど、なんか実際の仕事が進んでいるという手応えがまるでない。
黒い矢印の使い方やペンツール、グラテーションやら文字のアウトライン化はわかったけれど、わたしが描きたい絵にするのはどうしたらいいのか、投げ縄ツールってなにするの?まだまだ勉強が足りないけれど、白い画面を前にして何をしたら良いのか分からなかった頃に比べたら格段に進歩してるのかもしれません。

ひまし油湿布は地味に続いてます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

がらくたからたから

わたしのブログはこのところ毎日更新してるらしくて、ついに双葉山の連勝記録を抜いているんだそうな。物好きなのかヒマなのか、数を数えるのが好きな人というのはいるもので、大変お疲れさまでございます。

しかし、そんなこと言われたら休まないわけにいかなくて・・・

夫がこんな本買って来た。

がらくた から たから: 古道具屋――新たなネウチを生む仕事がらくた から たから: 古道具屋――新たなネウチを生む仕事
(2012/12/15)
マンタム

商品詳細を見る


わたしは関東に住んでないのでこんな古道具屋さんは知らなかったけれど、古道具屋さんは大好きで、一体どんな人がこの商売やってるんだろう、と以前から興味があったから、この忙しいのに読み始めたら止まらない。

この著者も色々な、失礼ながらあまり真っ当ではない仕事を転々として古道具屋さんになられた。
ある仕事でアンティークの時計を探していて・・・とある古道具屋にふらりと入ったら、そこのオヤジさんにヤラてれしまう。その店のディスプレーというかお店の中の雰囲気が著者の部屋の雰囲気によく似ていたらしい。

そういえば、わたしは結婚してから自分の部屋というのを持ってない。夫も自分の部屋というのを作らなくて、なんだか中途半端な感じがする。
わたしの仕事道具が大きいので機織り機の部屋はあるけれど、あれは機織り機の部屋で自分の部屋じゃない。台所も部屋みたいなもんだけど、あれも自分の部屋という感じじゃなくて、やっぱり台所。寝室はほんとに寝るだけだし、家中が自分の部屋であって自分だけの部屋じゃない、という不思議な状態に気がつきました。これが独身時代と結婚後の最大の差だったのか!!

部屋といえば、友達(さとちゃんのことだよ)が結婚後も自分の部屋を持っていて、その部屋を覗いたら彼が以前ダッカで住んでいた部屋とソックリで笑ってしまったことがあったけれど、部屋というのはその人の脳内世界というか内面世界を具現化したもなのかもしれません。あな、おそろしや。

わたしも夫も古道具屋が結構好きで、京都や大阪の有名な骨董市の日に合わせて関西に行くこともあるし、海外へ出掛けた時の最高の楽しみは古道具屋でダマされることだ。古道具とも骨董ともつかないものをあれこれ眺めて茶碗や皿や、髪が長かった時はかんざしを買っていたものだったわ。

だから、売る側の都合というか、世界にとても興味があった。暑い時も寒い時も雨の日も骨董市の日にはたいてい出ているお店の人ってどんな人?値段ってどうやってつけるの?仕入れはどうしてるの?道具の勉強ってどうやるの?

味わいのある楽しい話しが満載で、骨董市の好きな人にはたまらない。きっと関東の骨董市好きの人なら、「あ、あの店や!」とわかるだろうからもっと楽しいだろう。

いや〜、それにしても変な本買って来て、あの人古道具屋にでもなろうと企んでいるのではなかろうか?ヤツが読む前に読んでしまって対策を考えよう。

今日もローフードじゃないけれど、骨董市の好きな人はクリックしてね。
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

温亀使用で好転反応が起こることもあるらしい。

わたしは癌患者の友達に温亀をプレゼントしたことがある。
彼の前立腺がんが膵臓に転移したことが分かったから仕事を片付ける、という話しを聞いて温亀を贈りました。シクシク痛いとも言うので、お腹を温めてもらおうと思ったのです。

しばらくして彼に「使ってる?」と聞いたら、「あれを使うとムカムカするから使ってない」と言うので、そのままなにも言いませんでした。本人が具合悪くなっているのに、「好転反応だから頑張って続けて」とは言えないもの。ただ、温亀は好転反応を伴うんだ、というのを彼の話しを聞いて知りました。

わたしがデトックスの女王と名付けて尊敬しているちくたくさんがブログで温亀のことを書いている。

温亀さんをだっこする日々
↑クリックするとちくたくさんのブログに飛ぶので、読んでね。

湯たんぽがあるから温亀は別にいいよなぁ、と思っている人は多いと思います。わたしも紹介されて、実際に同衾してから半年は「銅の湯たんぽあるし、別にいらない」と思ってたけど、使ってみると違うことがわかった。
岩盤浴ってのは行ったことがないんだけれど、岩盤浴に似ているというのはその通りだと思います。

温亀を使って好転反応、なんちゃってひまし油湿布をしたらまたデトックス。最中は大変にちがいないのに、読んでいて「わ〜、いいな〜、うらやましいわ〜」と思ってしまう。
わたしは残念ながらひまし油をして排泄が良くなったり、朝早く目が覚めるようになっただけで、これといって何もなかったのでちょっとつまらない。

タオルが茶色くなるのは焦げてるわけじゃなくて、亀汁なんでしょうか?わたしはレンチン法が発明されるまでストーブで温めていたので、タオルは焦げたんだけど、タオルが焦げると良いにおいがするので「あ、焦げてる」とわかります。
焦げじゃないのかなぁ?温亀が熱い時に良いにおいがしたらタオルが焦げてるんだから、レンジの時間をちょっと短くして下さい。
直火で亀を温めると普通にタオルは焦げるので、捨てても良いようなタオルで包まなければもったいないです。

私の場合レンジで温めてタオルが焦げることなないので、亀袋のままチンしています。

ガウンの紐で身体に結びつけたり、ひまし油を直接肌に塗ってパジャマを着てひまし油パックしたり、その独創性には頭が下がるのです。

バカボンパパの腹巻きを服の上から巻いて、腹巻きと服の間に温亀を入れたら座った状態で温亀をお腹や背中で固定することができます。重いので背中に固定したら背筋が伸びて姿勢が良くなります。背中を温めるとなんともいえず気持ち良いですね。
とってもシュールなコスプレになるので、たとえ宅配便が来ても出られませんから夜限定です。
温亀固定ベルトを作ったらいいんやな。

ちくたくさんはいつも展覧会に来て下さって、珍しい美味しいものを持って来て下さったりして、頂くばっかりだったので、小さなコースターをオマケにお付けしたら、えらく喜んで下さったけれど、お礼を言うのはこちらのほうです。



ちくたくさんにはいつもいつもお世話になって、色々教えてもらうばかりです。こちらこそ、ほんとうにありがとうございます。袋も気に入ってもらえて、温亀もよく働いてくれて、そんなことでちょっとでもお返しできてると嬉しいです。

温亀が湯たんぽとは違う不思議な熱線を出す件についてはこちらをお読み下さい。
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。最終回 温亀の素材の不思議。

作者の九漢さんについてはこちら↓
温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。その1 青春 順番に5回まで読めるようになってます。

温亀の使い方はこちら
On Kame(温亀)さんの使い方

温亀談義はこちらへ
On Kame(温亀)のふしぎ!

温亀のご購入は作者金九漢さんとは20年来のお付き合い、ギャラリー・ガラージュ・ベーのホームページをご覧の上、必要事項を記入してガラージュ・ベーまでメールを送って下さい。
http://garage-b.jp2016年9月2日URL変更になりました。
ぺんぎんさんのブログで見た、と言って頂くと話しが早いし、優先的に発送してくれるかもしれません。

温亀袋はギャラリーでも取り扱いがありますが、ぺんぎんさんは相変わらず温亀袋セットを制作販売しています。温亀が包まれたい布、亀さんが入りたいような布で作っているので、右下のメールフォームからお問い合わせください。


ところで、今日はあの日から2年が経つ日。
起こったことの重さを知るのはまだまだこれからなんだ、と思う災害っていったいなんだろうって思います。
考えてみたらあれ以来ずっと夢見ているみたいな感じが続いています。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

ケルプヌードル

今日は楽しい料理教室。

ケルプヌードルを使ってココナツベースのソースで和えたアジアンなヌードルをつくってみました。ケルプって、ビタミンミネラル、繊維が豊富で、その上ローカロリー。ニオイも味もないから何にでも合うという優れもの。ダイエット食材としても理想的なのに、どうして日本では普及しないのかしらね?

ケルプは扱い方によって食感が変わります。今日はそんなことも説明しつつ、実際に触ったり食べたりしてもらいながらヌードル楽しみました。

わたしのローフードは、ローフードの人にはメインディッシュになるけれど、一般の人にも「このサラダおいしいね」と言って頂けるローフードなので、お家に帰ってご家族にイヤな顔されないで、みんなおいしいサラダで健康になる、というところを目指しています。なにしろ、わたしの夫はローフードが嫌いですから・・・

IMG_4186.jpg

今日のスープは、ドロドロしてないスープ。
IMG_4188.jpg
レモンとセロリのスープです。白濁しているのは乳化しているから。口当たりもお味もとてもサッパリしていて、「お漱ぎ」という感じがぴったりするスープです。

そして、メインのケルプヌードル。
IMG_4187.jpg
ココナツとタヒニのソース。ケルプで作るサラダの良いところは、作ってすぐ食べない方がおいしいところ。ソースとよくマリネしておいたほうが味も食感もよくなるので、硬めの野菜と和えるのが好き。

デザートには、アサイーパウダーを使ってプディング。ポリフェノールとカロチンたっぷりで、このところ酷使している目を休めよう、という魂胆。

IMG_4189.jpg
こういうデザートはベタベタしてなくて軽くて美味しいなぁ、と思います。食後にちょっとあると食事として完結する感じがします。

ケルプを使ったお料理は、お腹に軽く、腸にも優しいので、ちょっと疲れている時に軽く食事をするのに丁度いいですね。もちろんダイエット強化週間にも便利ですが、単なるダイエット食材にしてしまうには惜しいほど、ナイスなケルプヌードルです。

お楽しみいただけましたでしょうか?普通に手に入らないのがネックですが、今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えて頂けたら嬉しいです。
今日も遠いところ貴重な時間をありがとうございました。

次回は、4月9日、加熱のタイ料理、ベジなグリーンカレーを予定しております。
このクラスは新規募集中です。ご興味のある方は、右下のメールフォームよりお問い合わせくださいませ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

夫の社交に付合ってグルメする。

夫がお世話になったイギリス人のB氏が退職してイギリスに戻るというので、食事に招いた。家でおもてなししても良かったのですが、その方が指定してきた日が料理教室の前日だったから、外で会うことにしてもらった。しかし、この日は行きつけの店はうどん屋さんに至まで定休日。どっかやってなかったっけ?そうだ、小山さんの店はどうだろう?新しくなってから行ってないし、広島ミシュランでは絶対に星が付くだろうから、そうなったら行けなくなってしまう。

ランチの予約の電話をしてみたら、予約が取れた。(こういうところが広島の良いところ!)

たぶんこのレストランは広島で一番人気のフレンチだと思う。わざわざ遠くから食べに来る人も多いと聞く。移転してますますガーデンレストランとして、ほんとうにフランスやスペインの三ツ星みたいな感じになっている。久しぶりの小山さんのお料理、とっても楽しみだ。なにしろ、アラメゾンが出来てから、ビストロなお値段で、あれこれ注文を付けて、アラカルトで好きなものを頼んで食べてるという贅沢ばかりしていて、ついほかの店から遠のいていた。なにしろ原発マネーとは縁がないのでグルメをするといってもたかが知れている。

道を間違えたりして、約束の時間に微妙に遅れて到着したら、シェフ自らドアをあけて向かえてくれる。先に到着してバーで待っていてくれたB氏はこの店は初めてだそうで、「素敵なところだねぇ、知らなかったよこんなところは」と連発している。いや〜、わたしらも初めてなんですよ。移転する前は何度も来てるんですけどねえ。

ちょいとしゃれたレストランのお昼は女性客ばかり、というのが普通だけれど、さすがにここは女性だけで男性客は夫だけ、なんてことはない。隣にはビシっとスーツを着た男性のお一人様までいらっしゃって、お料理を楽しんでおられる。

昼だし、軽めに一番安いコースにしておく。小山さんのサラダはフランス式にしっかりトスされてしっとりしたサラダでとても美味しい。

料理は魚を選択。沖ボラのポアレ。
IMG_4184.jpg
魚のポアレが野菜スープの上に載ってる料理なんて初めてです。スープもいいし、ボラもいい。

小山さんの料理は久しぶりだけれど、この人は大化けしたみたい。もともとモダンなセンスの人だけれど、ますます洗練されている。やっぱり時々食べにこないとダメだなぁ、と大いに反省。

デザートにフォンダンショコラ。そうそうこの店にはこれがあったんだった。そんなことも忘れてた。

IMG_4185.jpg

お話しも弾んで、B氏がザンビアだけじゃなくて、ケニアやらサウジでも住んでいた、という話しを聞いて、お料理も美味しくて、他のお客さんもオシャレで、楽しい時間を過ごしたのでした。

帰り際、長らくの不義理をシェフに詫びて、ミシュランが出版される前に再訪することを約束して、B氏から手作りのママレード(彼はママレード作りが趣味らしい)を頂いて、チョコレートでパンパンになったお腹をさすりながら家に戻ったのでありました。

お天気も素晴らしい、楽しいグルメな午後でした。
また行こう、予約がとれたら・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

オーダーメイドの温亀袋。

温亀をご購入される方が時々温亀さん袋セットをわたしにご注文下さいます。

温亀は普通に家にあるタオルで包めば良いし、市販の湯たんぽ袋や、そうでなくても大きさのあう巾着袋に入れて使えばいいのに、わざわざ、安くもない、わたしが半分趣味で集めている布を使って作った袋を求めて下さいます。

申し訳ないので、ご注文下さった方には、ご希望を聞いてお名前の刺繍を入れたりするようになりました。だってミシンにそんな機能がついているんだも〜ん。

わたしの温亀うんちくを読んで、闘病中のお友達へのプレゼントとして温亀を買われた方が袋だけご注文下さいました。お友達にすぐ使ってもらいたいから、ということ。

お名前とか入れなくて良いか?とお聞きしても、とくにない、とおっしゃるので、ちょっとでも袋をかわいくするように刺繍しました。

だって、針目には祈りがこもるって言うじゃないですか。あれは手縫いだけですか?ミシンじゃダメかしらん?

IMG_4192.jpg

夫がチェンマイの市場で探してくれたモン族のヘンプの布。このオレンジはどうしてくれよう?と思うような色だけど、刺繍をしたらかわいいじゃないですか。ミシンを買い替えたのだから、新しいミシンには仕事をしてもらわねばいけません。葉っぱや♡など、生命力のありそうな柄を選びました。

そしてもうお一方。この方は電気代を節約するために家の中でコートを着てらっしゃるという反原発の闘士でらっしゃるようで、シックなのがお好きな方には刺繍もちょっとだけ。

IMG_4191.jpg

これも夫がチェンマイの市場で買ってくれたモンのヘンプだけれど、あと2枚分くらいしか残ってないわ。

刺繍が出来るようになって作品の幅が広がって、お客さまにも喜んでいただけて、嬉しいです。さて、ミシン代を稼ぐにはまだまだお仕事しなければいけません。

温亀さん袋セット、ご注文下さった方にはお名前などの刺繍をお入れすることができます。注文してね!

亀さん包み布、リネンの手織り作品。生成り(残り1枚)4000円、藍または茜4500円
亀さん袋   3500円〜
亀さんの底を包むタオル付き。袋は色々あるので選んで頂けます。

ご注文・お問い合わせは右下のメールフォームより。写真の画像&パソコンアドレスを受信するメルアドをお知らせ下さいね。お名前もお願いします。もちろん、わたしも名乗ります。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

友達を見送る。

末期がんの友人、かっちゃんが逝った。

自宅での最後を希望して、薬の調整のためにホスピスに入院したのはいつだったっけ?ウチにご飯を食べに来て数日後だったから、1月の始めだ。

ホスピスに入院しながら在宅介護の準備を整え、結局三週間くらいホスピスにいて家に帰った。旅行好きな彼はどうしても旅行に行きたくて2月の中頃に台湾に行ったけれど、その時は車椅子での移動だったらしい。

かっちゃんも東京下町出身の人で、夫は「なんとなく感覚が合うんだよなぁ〜」とかっちゃんを慕っていた。温泉が好きなかっちゃんを連れて2度ほど2人で近郊の温泉に日帰りドライブをして、奥さん連中のいないところでずいぶん色んな話しをしたらしい。

連れ合いのSちゃんがお葬式の挨拶で言ってたけれど、旅行している時のかっちゃんは、本当にリラックスしていて楽しそうだったらしい。

台湾旅行から帰って来て、二週間チョイだった。
お見舞いをくれた人に律儀にお土産を買って来て、手書きのカードを添えて配ったらしい。旅行から帰ってから見舞いに行った時はまだコタツに座っていたけれど、次に行った時はベッドの上だった。帰り際、Sちゃんが「写真撮ろう」と言ったら、満面の笑みを浮かべて身体を起こそうとし、身体を起こした彼と三人で写真を撮った。

「また来るね」と言ったら「バイバイ」と言って毛布の中でゴソゴソ手を振ってくれた。帰りの車の中で夫は「あれはかっちゃんの別れの言葉だ」と言ってたのがその通りになった。

「もう思い残すことはない。やりたいことはすべてやった。あとは静かに死ぬだけだ」と彼は言っていたらしい。最後の日、彼は日頃言ったこともないことをSちゃんに大きな声で言ったそうだ。

「ありがとよ!」

夕食の後にSちゃんがふと口をついて出た歌を聞きながら亡くなったそうだ。いつ死んだのかわからなかった、と彼女は言っていた。

かっちゃんは2人だけの世界で、自分の家の居間で静かにあの世へ旅立った。

点滴もしてないし、いろうもしてない。トイレにも自分で行っていたらしい。嚥下困難になって、食事と薬を飲むのが苦行のようだったらしい。だけど、点滴などをしなかったから、自然な最後だったんだと思う。彼らしい。

桜には届かなかったけれど、梅が満開で、空は青くてこんな良い天気に彼は荼毘に付されてこの世から消えていった。

いつも花を配達してくれて、玄関先でスネを蚊に喰われながら立ち話したよ。かっちゃんはいつも夫のことを聞いて、「そんなに働き過ぎたらうつ病になるぞ、タイにでも行って何もしないでのんびりしたらいいのに」としつこいぐらい言ってた。彼は本気で夫のことを心配してたんだと今にしてわかる。

最晩年のかっちゃんは温亀を愛用していて、「ぺんぎんさんのあれ」とか「亀」とか言って2分くらいチンしては足元などに置いていつも身体を温めていたらしい。

かっちゃん、ありがとう。TPPやら放射能やらの世界にわたし達を残して行っちゃうのは正直ずるい、と思う。

ありがとう、かっちゃん。あの世の楽しいところを開拓して、あとから行く私らを案内してちょうだい。

今頃はロンリー・プラネットの“あの世”を手に取って、今日泊まる宿でも探しているんだろうか?それとももう宿など必要ないのかしら?

バイバイ、またね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

それでも日常は淡々と続く。

友達は煙となってあの世へいってしまったけれど、まだこの世のカルマを終わらせることができないわたしと夫は、家に戻って黒い服をまたハンガーに吊るしその日の仕事に戻る。

悲しいか?というと、寂しいけれどあまり悲しいとは思わない。63歳だからやや早いけれどあれは大往生だと思うから。

残されたSちゃんのことは気になるけれど、あと二週間くらいしたら様子を聞いてみよう。前に夫が買ってくれた本を彼女に貸しておいたから、必要なことは本が教えてくれるだろう。

<他人に聞けない>夫が死んだときに読む本<他人に聞けない>夫が死んだときに読む本
(2005/01/20)
豊田 眞弓、小川 千尋 他

商品詳細を見る
(おや、驚いた。この本はまだ販売されているのね。)

Sちゃんは余命が分かったらどうやって死ぬか、というのを決めている。断食するんだそうです。

彼女は2週間の本断食をやったことがあって、その時ものすごくハイな状態を経験したんだそうで、「即身成仏というのはこのように気持ちのいい状態であの世に行くのか」と思ったんだそうな。

わたしは最初の3日の本断食ですっかり断食趣味の人になって、その後週一断食などを続けていたけれど、Sちゃんは二週間の断食の後キッパリ断食はしなくなった。最後の楽しみに取ってあるのだろう。

わたしは二週間も断食したことはないけれど、断食したらハイになる、というのは良く分かります。断食したまま死んじゃうのだから回復食の心配をする必要がないので即身成仏という方法は良い方法かもしれません。理解してくれる担当医を見つければ可能です。

ターミナルケアというのはなかなか手厚くて、自宅で亡くなりたいというかっちゃんの希望をホスピスで相談すると、「一人暮らしの人でもご自宅で亡くなった方もいらっしゃいますから、奥さんにその覚悟がおありなら十分出来ますよ」と言われて、自宅近くの医師やケアセンターなどとの連携を作ってくれたらしい。

往診に来てくれるお医者さんは旅の好きな人で、結構話しがあったんだ、なんてことも言ってた。Sちゃんの道を切り開くエネルギーはすごい。彼女は「役所ってのは自分の方からはなにも教えてくれないけれど、こちらから色々聞いたらやっと教えてくれる」と言っていた。

心の置き場がまだ定まらないけれど、日常は淡々と続く。
残されたものに無念な思いをさせないのも彼なりの優しさなんだ、と今気がついた。

夫は京都に出張。わたしは明日の教室の準備。

IMG_4194.jpg

練習で作ったパイ。パイってのはおにぎりみたいな食べ物。主食と副菜が一緒になってて、持ち運びできて手で食べられる。

さて、明日は早いからもう寝よう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

パート・フィロ

今日は楽しい料理教室。

1月から続けているパイ生地のバリエーション、いよいよフィロの皮です。
冷凍物をネットで購入することはできるけれど、手打ちも出来ます。パイ皮やタルト生地はそれなりに手間の掛かるものですが、この薄紙のような生地もそれほどの手間なく手作りできます。油脂が少ないので軽い食感なのも嬉しいです。

フィロの皮の伸ばし方は色々あるけれど、油を挟む方法と、後で1枚づつに分ける方法を練習します。家で作っても生地を透かして新聞が読めるぐらいの薄さに伸ばすことが出来ます。

さて、あまり日本では馴染みのないフィロですが、どうかな?

オーブンから出て来たパイはこんな感じ。
IMG_4198.jpg

こちらはデザートのチョコバナナ。
IMG_4197.jpg
春巻きみたいだけど中身はクーベルチュールチョコとバナナなの。

IMG_4196.jpg
ギリシャ風サラダ。


IMG_4199.jpg

パイの中身はほうれん草とチーズとソーセージ。パイ皮を自家製にするのは、やっぱり小麦の味を味わうためだと思います。皮が一番美味しいんですもの。

デザートはバターの香りのチョコバナナ。
IMG_4200.jpg

バナナがトロッとして、チョコがとろ〜り。
フィロの皮は油がないので水気の少ない材料を包むのに向いてます。

ギトギトしないパイ皮、如何だったでしょうか?皮を作るのはちょっと難しいかもしれませんが、生地を伸ばすのは慣れてしまえばそれほど手間ではありません。気温に関係なくサクサクパイが出来るので、お天気の良い日にでも気が向いたら練習してみて下さいね。

フィロの皮は焼くだけでなく包んで揚げることも出来ますので、お料理の楽しみが増えます。

さて、お楽しみ頂けたでしょうか?今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えて頂けたら、こんな嬉しいことはありません。
参加者のみなさん、貴重な時間をありがとうございました。

次回で生地もの特集はとりあえず最終回となります。次はもうちょっと簡単に液体の油で作る層になるパイ生地を練習します。4月21日です。

こちらのクラスは新規募集中です。ご興味のある方、右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


バタバタと旅行の準備。

ここしばらく夫と一緒に旅行に出掛けずっと家で留守番していたので、わたしがすねていると思ったのかどうか・・・
夫が旅行に行くからどこに行きたいか考えておけ、と言っていた。
え〜、どこって・・・いつ行くねん?あんたは忙しいし、旅行に行っても仕事やし、べつに行かなくて良い。わたしもやること一杯ある。と突っぱねていた。

かっちゃんの台湾旅行に半分ついて行く気になっていたけれど、結局わたしの分の飛行機が取れなくて、台湾から戻った かっちゃんは冥土へ旅立ってしまったので、それじゃ台湾行こうか。

バタバタとチケットを取って、ホテルは・・・台北のホテルって高いねぇ。3月は台湾旅行が多いそうで、飛行機も一杯、ホテルも満杯。

ホテル予約サイトでなんとか勘弁出来る程度の値段でホテルを取って、最初の二泊は予定も入れず、ホテルも取らず、空港に行ってから考えることにする。

かっちゃんを偲んで彼が最後の旅で過ごした温泉に行ってもいいし、大好きな台南に行ってもいい。台湾の西側は新幹線があるから思いつきでホイホイ移動できる。

最後に行った時には新幹線が開通していて、台中から台北まで新幹線に乗ったっけ。まだ101は出来てなかった。

台湾は楽しい旅行先なのだけど、どうしても我慢できないことがある。

箸。あのお箸では食事が楽しめない。先が合わないのだ。だから、台湾に行く時は今度こそマイ箸持参。
IMG_4202.jpg
無くしても惜しくない塗り箸を天麩羅紙の箸袋に入れて持って行く。麺類は食べにくいかもしれないけれど、先の合わない箸よりもまし。食べにくいお箸で食べたら美味しさ半減ですもの。
これで今回はあの竹の割り箸でイライラしなくて済むだろう。

地下鉄やバスに乗れるICカードも持っているけれど、これは5年以上経ってるから使えないかもしれない。保証金を返してもらって次のカードを買わなくては。

前回台湾に行ってから5年以上経ってるんだなぁ、と思う。あのころはお茶狂いしていたなぁ、と懐かしく思い出す。今でも台湾のお茶は大好き。だけど以前ほどお茶も飲まなくなったので、今回は台湾産のプーアールだけ買ってくることにする。

このところ胃腸が弱っているのか、口の中がちょっと腫れている感じがする。こんな状態で旅行に行くのは心配な気がしなくもないけれど、明日の昼に軽く断食でもしてちょっと様子を見てみよう。

1日の食事の回数がオヤツを入れて3回に減ってしまって、旅行の楽しみは半減だ。食べること以外の楽しみといえば、マッサージくらいしかないけれど、台湾の足マッサージは痛いのなんの・・・
台北駅の地下で中華包丁でからだじゅうをとんとん叩くマッサージを受けたことを思い出した。あれは気持ちよかったなぁ。気持ちがよかったのでショップカードを取ってあるけれど、まだ営業してるだろうか?(おお〜、これだこれだ、なんでも検索してみるもんです。)
そういえば、変な占いもやっていた。占いと包丁マッサージはどういう関係があるんだろう?

今回台北で泊まるところは、夫の両親とおじさんを連れて行ったたびで泊まったエリア。義父はあの時とてもしんどそうだった。大連育ちの義母とおじさんはとても楽しそうで、昔の話しをたくさん聞かせてくれたっけ。また台湾に行ったら義父のことを色々と思い出すだろう。

久しぶりの台湾は、亡き人を偲ぶ旅になりそうです。

なんとなく色々在庫整理のご飯。
IMG_4201.jpg

鮭は甘塩を買うと安い。甘塩の良い鮭を見つけたら、家で塩をして熟成させると、美味しい塩鮭になる。
わたしはお茶漬け、夫はそのまま食べる。関東人は鮭でお茶漬けなどしないらしい。

明日の昼はなんとなく青泥断食しよう。いや、昼はご飯食べて夜だけ青泥にしようか、どっちでもいいけど、ちょっとセーブして身体の在庫整理。荷造りもあれこれしなくては。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

頭痛がいたい。

午後から頭痛。背中がゴリゴリになってる感じで背中に温亀をくくりつけてあっためたりしたけれど、晩ご飯の後には堪え難くなってきて、歯磨きをしてとっとと寝てしまう。

たいていこういう場合11時過ぎくらいに目が覚めるのがお約束。
予定通り、11時半に起きて、いつものように機嫌良くお酒を飲んでる夫に挨拶してからお風呂に入る。

うーん、まだ頭痛は去ってない。困ったなぁ、月のものがいらっしゃるのかもしれない。

背中のバキバキ感はハンパ無い感じで、早く台湾に行って背中をゴリゴリ押したり引いたりしてもらいたい気分です。

お風呂も入って、洗濯も干して、あとは荷造りを完了するだけなんですが、パソコンで遊んでないで荷造りしなくては。

ブログは2つほど記事を書いたけれど、その後は更新お休みになりますが、面白いマッサージを受けたらレポートしたいと思います。

うーん、連続更新記録が途切れるのは残念ざんす。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

うちの2歳児

わたしの教室にやって来る2歳児、生後二ヶ月からうちに通ってきて、料理教室という儀式を毎月見学しながら育っているからきっと変わった子なんだろう。

赤ちゃんの時は湿疹があって、ちょっとアクの強いものなど食べたらすぐにおでこや背中が赤くなってぐずっていたけれど、だいぶ成長してカイカイはほとんど出なくなって来た。そういえば最近は母さんに甘えてお乳を飲んだり、ということもなくなった。

いつもお弁当持参で来てくれるのだけど、最近は教室が始まる前にお弁当を食べちゃって、試食の時には大人と同じものを食べたがるので、彼の分も少し分けてやる。
どうやらウチにくるとお腹が空いてたくさん食べるモードになるらしい。時々お腹がパンパンに膨れていて、「お腹出してみせて〜」とからかわれて恥ずかしそうにしている。

わたしの料理教室ではしょっちゅう味見をするのだけれど、真っ先に手を出すのは彼だ。あと半年もしたら味見の意味がわかって、これは美味しいとか、塩味が足りない、とか言い出すかもしれない。

2歳児なのにブルーチーズを食べたり、太刀魚のパイ包みなども召し上がって、そんな様子を見守りながら「こんな子はどんな大人に育つのかね?」とみんなから言われてる。

母親が料理教室に来たくて、彼は連れてこられているだけなのだけど、彼は本当にちびのうちから教室に参加しているのが面白い。そのせいか料理に興味があるらしくて、珍しい作業をしていると近寄って来て真剣に見ている。生地を捏ねたり、伸ばしたり。バナナを切ったり、パイ皮で包んだり。

最近はレタスを千切ったり、ミニトマトのヘタを外すのを手伝ってもらうと、ちゃんと仕事をしてくれる。

家でも料理を作っていると見たがるらしい。ご飯をよく食べるので、オヤツはあまり上げないの?と聞いたら、「オヤツはほとんど食べない」と言う。食事パイは皮が好きで皮ばかり食べたがる。もちろん中身のほうれん草も食べるけど、とくに皮が気に入ってるみたい。

pupちゃんが言うには、オヤツばかり食べる子は顔がデカいらしい。そういえばうちの番長は小顔でオトコマエだ。身体も引き締まっていて筋肉質。

仙人にでもならないのなら、生きているうちは食べることから逃れられないのだから、美味しいものは自分で作る、というわりと当たり前のことをこんな小さいうちから常識として育つ子の将来は楽しみだ。

母のpupちゃんの素晴らしいところは子供の機嫌をとったり、媚びたりしないところで、子供の召使いにも支配者にもならないところ。だから教室という大人の世界に連れて来ても子供はあまり邪魔にならない。本人も教室に参加してくれる。

面白いのは、彼は彼なりにわたしのことを信頼しているようで、「一目置く存在」と思ってるようだ。フィロの生地を伸ばすのは魔法に見えたかもしれないね。

食べ物が出来る過程を見て、それを食べていたらちゃんと地面に足のついた人生が送れるだろう。小さい頃から添加物の入ってない当たり前の食べ物の味を知ってたら、まがい物の食べ物が「これはちょっとヘン」ということが分かるだろう。

マクドナルドの田社長が「三歳までに味を覚えさせろ」という戦略をやっていた、というのを本で読んだことがある。ならば三歳までにホンモノの味を、その料理が出来る課程から覚えると、その先の人生は全く違ったものになるだろう。

月に一度、お母さんより年上のきれいなオネーさんたちにいじられる時間は彼にとってどんな思い出になるのか、大きくなった時に聞いてみたいような気もする。

2歳児番長もあと数ヶ月で3歳。3歳になったら包丁握ったり、餃子の皮を伸ばしたり、ブレンダーのスイッチを入れてみたりしようね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

「余命半年 満ち足りた人生の終わり方」

わたしはまだ読んでないけれど、この本で身近な人たちの最後がどれほど豊かだったかわからない。


余命半年 満ち足りた人生の終わり方 (ソフトバンク新書 96)余命半年 満ち足りた人生の終わり方 (ソフトバンク新書 96)
(2009/02/17)
大津 秀一

商品詳細を見る


なにを考えたのかしらないけれど、夫が買ってまず彼が読んだ。まだ義父が生きていた頃で、なんか調子良くないと言いながらも好きなことだけやっていた頃だ。もちろん、癌の再発のことなんか誰も知らない。

義父に癌の再発が分かった時はわたし達夫婦はバンコクにいてたんだと思う。
夫は義父が胃がんだったことが分かった時、同居している妹にまずこの本を読めと言ったらしい。この頃夫はバンコクにいるのに、色々調べまくって、在京の自分の兄弟姉妹にあれこれ指令を飛ばしていたらしい。

義妹は「まったく本の通りに進んでいる。ただスピードが倍くらい早い」と言ったらしい。

義父がこの本を読んだかどうかはわからないけれど、義妹には心の準備や覚悟をするための助けになったに違いない。亡くなる3日前まで好きな写真を撮りに行って、2日くらい入院して、家族に囲まれて亡くなった義父だった。義父を見舞いに帰った夫はそのままお葬式になった。間に合ったと言って良いのかどうか、いまだに良く分からないけれど、義父はやっぱり息子が戻るのを待っていたんだろうと思う。

義父の場合は緩和ケアもなにもなかった。分かった時にはもう手がつけられない状態という感じ。結局ヘタに治療して苦しむこともなく、好きなことだけやったのだから良かったんだと思う。

「緩和ケアの病院をあと二週間くらいしたらボチボチ探す」と言ってたSちゃんには「早くした方が良いよ。急に悪くなったからって、すぐに病院に入れてくれる訳じゃないから」と夫がアドバイスして、すぐに病院の見学に行き、お世話になる病院を決め、薬の調整のための入院を決めた前の晩、かっちゃんは夜中に痛みで七転八倒したらしい。朝に行く病院が決まってたから耐えられたけれど、そうでなかったらどうなってたかわからない、と本人も言っていた。

ホスピスでは鎮痛剤(麻薬)の量を3倍に増やして、他にも薬を調整し、痛みがうんと減ったかっちゃんは食欲が戻っり、ちょっとは食べることを楽しんだんだと思う。

ホスピスから出る時には、「肝臓の数値がありえないくらい悪いから、すぐに戻ってくることになるでしょう」と言われたらしいけれど、結局彼は念願の旅行にもそれなりに行って、自宅で亡くなった。

考えてみたら、この本を読むように言ってから、3ヶ月だった。義父の時と同じだ。
Sちゃんには夫のアドバイスや彼が勧める本はとても的確だったらしい。

「なんであなたそんなに詳しいの?お父さんの最後の時なんて、前の晩に行っただけで、ずーっとバンコクにいたじゃない」と彼に言ったら、「アンタは知らないけれど、わたしはずっと指令を出していたんだ。だから詳しくなったんだ」
だそうな。

死を考える、ということは普通避けるだろうし、健康法に関心のある人は死のことは避けて考えるのかもしれないけれど、最後はみんな平等に死ぬのだから、死ぬ時の事ってのは知っておいた方が良い。

Sちゃんからこの本が戻って来たらわたしも読もうと思います。
そういえば、わたしの父も肺と胃に癌の疑いがあるらしい。
彼は医者なので、検査して癌がわかったら何をされるかよく知っているから、放ったらかしにしてある。80過ぎているのだから良いではないか、と思う。
あ、実家に電話しなくちゃ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

お風呂好きが管理する最高の露天風呂

台北のホテルはさすがにインターネットがサクサク繋がるので、夫のPCを借りて更新記録更新することにしました!

台湾行への航空券を買って、最初の2日はホテルも決めず、空港に行ってから適当に決めよう、と日本を出発。
まったく当てがなかったわけじゃないけれど、中国語がわからないのに日本から電話で予約するのも無謀な気がして、空港の旅行相談窓口で聞いてみよう、という作戦。あっさり電話をかけてもらって、ホテルが空いていることも確認してバスを教えてもらう。楽勝だ!

行先は烏来(ウーライ)。台北郊外の山の中の温泉地。河原にお湯を引いた河原で露天風呂が楽しめる三朝温泉みたいなところですが、素晴らしい山の中なんです。ここには、夫の両親と叔父さんを連れて一度日帰りで行ったことがあって、素敵なところだったのでかっちゃんの最後の旅行におすすめしたら、かっちゃんたちは空港でホテルに電話してもらう、という裏ワザで泊まりに行ったのです。

わたしたちもかっちゃんが最後に泊まったホテルに行った。かっちゃんが聞いていた水音を聞き、鳥の声を聴き、お風呂に入った。

久しぶりの台湾、二度目の烏来は楽しかった。
前回入れなかった河原の露天風呂はまったくの無料で、地元の温泉好きの人たちによって自主管理されている。見ていたら常連さんのような人たちが挨拶しながらお風呂に入っている。浴槽の掃除もお湯の温度管理も地元のお風呂好きの人が適宜管理しているようだった。

荷物置き場も「各自自主管理してちょーだい」と書いてあるだけで、棚やフックは用意されているけれど、ロッカーなんかなくって、置いておくだけ。着替える場所は幕を張ったところがあるにはあるけれど・・・

ともあれ、水着に着替えてコンクリートと石で造られた浴槽に足を流してから「にーはお」と挨拶しながら浸からせてもらう。お湯の温度は浴槽によっていろいろ。川のすぐ横の浴槽はとても熱くて、「あつ!熱いわ、」と言ったら、先客に大うけしてしまう。台湾の人は日本語の出来る人が少なくないので、色々話しかけられたりする。川では泳いでいる人もいる。
大自然の中の温冷浴という贅沢ができるとは思わなかった。烏来の川の水はエメラルドグリーンで、ちょっと神秘的な色をしている。
蒸気が出ているところが数か所あって、幕を張って湿式サウナみたいになっているところもある。滅茶苦茶熱そうなので入らなかったけど、常連さんの様子をみていると、中で水を被ったりして作法があるようだった。

IMG_4213.jpg

露天風呂に入るには、水着を中に着込んで、心配なものは何も持たずに、スカートか腰巻を持って行くのがいい。

荷物は誰も触らないけれど、観光客もたくさん来るところだから絶対という保証はない。私たちの泊まったホテルは安いところだからもちろん金庫など部屋についてないので、どこに置いてもリスクがあったけれど、結局大丈夫だった。

あのお風呂好きの人たちはよくもまぁ観光客にまであのお風呂をタダで使わせてくれるものだ。ドネーションボックスでも置いてあればお金を入れたのに、そんなものも置いてない。

二度目にお風呂に行った時は、温冷浴で川に浸かっている時に目の前をアヒルが泳いでいたりした。

切り立つように立った山に挟まれた渓谷で、上を見上げればどこまでも青い空、エメラルドグリーンの川面、お風呂好きの善男善女が集まる素敵なところでした。

IMG_4219.jpg
(ロープウェイの上から烏来を一望。かわの曲がった先に露天風呂がある)


烏来にはリゾートホテルもボツボツできているようですが、安ホテル&露天風呂というのが良いのでした。
(写真は帰国後に乗せる予定。よていです。きっと。たぶん。)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

故宮博物院で人酔いする。

台湾といえば故宮だ。蒋介石が故宮の文物を貨車にどれだけだかわからないくらい台湾に運んだものを展示してある。

本物の故宮はといえば、文化大革命のときにかなり破壊されたらしいけれど、重要なものは周恩来が命じて隠してあったから無事だった、という話をどこかで読んだことがある。いったい中国の皇帝はどれほど蓄えていたのか、と驚く。

故宮は二度目、前回は改修中でグランドオープンになってからやっと出かけた。

何とまぁひとの多いこと。団体さんはみな音声ガイドを付けていて、おまけにガイドが旗を持って案内しながら説明するのだけれど、元々声の大きい華人のみなさんがヘッドフォンをつけてるのでますます大きな声になって、中には怒鳴り出す人までいたりして・・・

一階は目玉商品が飾ってないので団体さんがいないから一階から見るけれど早速疲れてしまって4階でお茶休憩。気を取り直して、3階に行ってみるがスゴイ行列しているので3階に避難。こちらは陶器の展示。やっぱり宋代の焼き物はいいなぁ、明の茶碗もいいなぁ。茶碗の展示は何度見てもいいけれど、皆さん、もう少し静かにしていただけないかしら・・・

2回をウロウロしていたら上の階から名前を呼ばれる。夫の会社の若い子が4階の行列に並んでいるところだった。食事をいっしょにどうかしら?と提案したけれど、彼女たちにも楽しい予定があるようなので、んじゃね、と別れて、また2階。3階に上がって玉の展示だけ何とか見て、入口でまだ行列している彫刻の展示はもうあきらめて帰る。

故宮の文物をみると、これを運ぶのにいったいどれだけの兵隊が犠牲になったのか、と考えたり、大陸の中国人はこれをみてどう思うんだろう?と思ったり。

あの文物もすごいけれど、あれをコレクションする歴代皇帝のみなさんや、それをごっそり運んできちゃった国民党の皆さん、ゴッソリ持って行かれ、破壊されてもまだまだ残っていて北京の故宮がある、ということなど、日本人にはとても考えられないスケールなのだわ、と思うのでした。

はぁ~疲れます。故宮はすばらし博物館ですが、体力、集中力、忍耐、辛抱が必要です。

明日は現代美術でも見に行ってちょっとホッコリしよう。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

大事なものを忘れてくる。

今回の旅行ではありえないものを忘れてきてしまってちょっと困った。

下着の入ったポーチをどうやら家の座敷にコロンと置いて来てしまったみたいだ。靴下も含めた下着がない、というのは致命的ではないけれどちょっと困る。しかも、最初の二泊は山奥の温泉、困ったなぁ、台北に行くまで裏表して使うしかないか、参ったなぁ・・・と困っていたら、「どこかに売ってるよ。お店を見てみよう」と夫は言うのだが、露天風呂用の水着は売っていてもパンツや靴下、ましてやブラなんか売ってる店は皆無。町の皆さんはきっと15元(1元約3円)でバスに乗って新店まで行ってそのようなものはお買いものするのだろう。

水着かぁ、300元も払うのかぁ、と参っていたら、コンビニにあるかもしれない、と夫が言い出す。コンビニなら山奥にもあるぞ!

使い捨ての紙パンツでもあれば御の字と思っていたのに、木綿の使い捨てパンツが4枚入り80元で売っていた。これぞ本当の便利商店だ。

この使い捨ての下着は大変に便利なものでありました。薄いところがいい。締め付けないのもいい。ものによっては洗えそうなものもあったけれど、穿いているうちにバラバラになるんじゃないか?という気になるものもなくはないけれど、実際にバラバラになることはなかった。今回の旅行は4泊だけだから洗わずに使い捨てにしてしまっているけれど、これは薄くて早く乾くだろうから、もうちょっと長い旅行でも使い捨てせずにバラバラになったら捨てることにして10日くらいの旅行のお供はしてくれそうです。

下はそれで問題解決したけれど、上のほうは残念ながら解決しません。台北について、無印を探して、お店に行ったら無印ってブラは売ってないのね。木綿とレーヨン混のカップ付タンクトップがあったのでそれを買う。
日本で買うより割高ですが、日本と同じものを売ってます。(冬なんかろくにないバンコクの無印も日本と同じ品ぞろえで売っている)

その後ユニクロも発見しましたが、あと2日だけなのでブラはもういいことにする。

下着って着心地がとっても重要だから、パスポート、チケット、クレジットカード、化粧品に次ぐ旅行必需品だと思っていましたが、旅先によっては忘れても日本と同じものが手に入るという便利な時代というか、旅の楽しみに欠けるというか・・・

んで、靴下はどうしたかって?サンダル履いてたので靴下は一足で足りました。

無印さん、セブンイレブンさん、ありがとうございます。

教訓。旅行の荷物を鞄に詰めたら、周囲を見回して入れ忘れたポーチがないか確認すること。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

買い物に出掛けて青汁を絞る。

飽食の台湾旅行から帰ってきた。
台北にいた時はホテルで朝ご飯まで食べていた。夫はコーヒーとフルーツだけ、といういつものペースを崩さないけれど、わたしは崩れっぱなし。朝からフレンチトーストやらフライドポテトやらつまむ。

家の冷蔵庫にはキャベツしかないので、産直市に買い物に行く。
籠一杯に青菜を買っても1500円もしない。今回は素敵なことに葉っぱ付きの人参があった。人参の葉っぱの青汁は素晴らしいのです。

家に戻って久しぶりにジューサーを出してきてジュースを絞って青汁を飲む。夫も飲む。

今ではすっかり断食もしなくなったし、スムージーも毎日飲む訳じゃないし、まして材料がたくさん必要で準備も片付けも面倒なジュースはすっかりご無沙汰になったけれど、旅の後に青汁を絞って飲むということを知っているだけでローフードを知っていて良かったなぁ、と思うのでした。

青汁を飲むと身体の細胞が喜んでるのがわかるわ。

青汁の写真なんか載せてもしょうがないから、晩ご飯の写真。
IMG_4255.jpg

黒豆入りの玄米ご飯と葉タマネギの味噌炒め。これは台湾で買って来た「天下第一辣」という名前の豆板醤をちょっと入れた。名前の通りガリガリに辛い。ちょっと品のない辛さです。
もう右側は中国野菜の煮浸し。花椒風味。豆腐にはお塩で頂きます。ピータン豆腐にしようと思ったけれど、ピータンが見当たらなかった。また買ってこよう、こちらは広島でも手に入ります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

廃核救台!

三月のはじめに台湾でとても大きな反原発集会があった。20万人だっけかな?ものすごくたくさんの人が平和なデモンストレーションを楽しんだ、という報告や写真をツイッターなどで拝見しておりました。

タクシーで台北駅前を通ったら、三越の隣のビルの前に緑色のテントがあって、例の△マークが書いてある。あ、テントだ!

最終日、ちょっと時間があったので、テントに応援に出掛けた。ほんとは三越でちょっと買い物しようと思ったんだけど開店は11時・・・
IMG_4245.jpg

あれれ?おじさんがテントの紐を結び直してるだけだ。
まだ早いのかなぁ?

この後、お昼を食べに龍山寺まで散歩してたら、こんなところに出張してました。

IMG_4248.jpg

台湾では原子力って言わないでちゃんと核って言ってるんですね。
台北は台湾の原子力発電所からたったの20キロですもん、台湾の地形を考えたらやっぱり北の端に置くしか無いだろうけれど、台北に近すぎるよね。もちろん、沖縄は風下。

IMG_4250.jpg


この車では署名をあつめたりしているようでした。全部漢字だし、色使いが日本と違うのでなんかオドロオドロしているけれど、グリーンは自然を表す色なんでしょうね。

お参りしてお寺から出て来たら、トラックの後ろに人垣ができていて、お金のやり取りをしていたり、どこかに乗って行こうとしていたり、よくわからないけれど盛んに活動しておりました。

トラックの写真をバシャバシャとっている不審な日本人中年旅行者には何の関心も持たなかったのか、こちらもどなたが廃核の人だかわからなくて、話しかけることもなく、話しかけられることもなく、写真だけとって、たくさんのご支援ありがとう、日本のマスコミは何も伝えないし、お金が何に使われたかもわからないんだよ、とブツブツ言ったのでした。ぶつぶつ。

アジアの脱原発をまず台湾からできないだろうか?。あのすばらしいウーロン茶を守るためにも

廃核

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

旅行やら出張の合間に夫の勉強会で妻の義務を果たす。

夫は今月も勉強会をすると言う。わたしが留守でも自分で料理を作るから問題ないという。
日程の調整をしたら、「シェフが不在の勉強会は不可」という参加者のみなさんのご希望で昨日の夜に開催された。

そりゃそうだよな、参ったなぁ、ま、なるようになるか、いつもそうだし。

という低めのテンションで買い物に行ったら魚屋さんでは烏賊くらいしかない。烏賊の刺身を作ったら自動的に塩辛が出来てしまう。今回は水なし塩糀の1年もので糀入り塩辛。唐辛子も入れて国籍不明の料理になる。

IMG_4256.jpg

刺身コンニャクには黒ごま味噌ソース。世界一辛い豆板醤がちょっと入っている。黒いのは塩辛ね。もちろん墨も無駄にしません。これ、熟成したら美味しいやろなぁ。

冷や奴やら烏賊といなだの刺身、揚げとわけぎのからし酢みそ和えも出す。春にウチに来ると葱ばっかり食べさせられることになる。頭良くなるようにね。

IMG_4257.jpg

芽キャベツのフリット。産直市には葉っぱのちょっと広がった、カタチもまん丸じゃない芽キャベツが安くで売られているので嬉しい。

IMG_4258.jpg

野菜とブタロースのオーブン焼き。これは塩カボスで味付けしてあってほろ苦く大人の味です。オーブン料理は煮込みと違ってコンロを塞がないのでお客さんの時に便利。

ご飯はえんどう豆と蓮の実の中華おこわ。
IMG_4259.jpg
湯気でレンズが雲ってしまいますた。

最後にはデザートにトマト。
IMG_4260.jpg

年度末だから職場の人事の話しなどで盛り上がった勉強会でした。

さぁて、明日からは京都のど真ん中でフェルトのワークショップに参加してきます。明け方になぜかベンガル語の先生がワークショップをすることになっていたり、スタッフの人と話しをする変な夢見ました。

日本を代表するフェルトの作家さんです。この方とはお互い面識もあるのですが、ワークショップの受講は実は初めて。10人の募集に20人応募したそうで、当たらないだろうと思っていたら当選しました。
フェルトはわたしにとってサブカテゴリーの創作分野ですが、織物とは違う表現方法。
しっかり勉強してきます。久しぶりにエキサイトしていますよ〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

中華航空のベジミール二種。日本人客室乗務員から中国語で話しかけられる。

広島から台湾に行くのは今回で二度目。広島空港から出入りできると近くて便利です。
チケットを買ったのも直前だったのですが、ベジミールのリクエスト。わたしは中国ベジ、夫はジェインミール(インド料理ベジ)を注文したのに、彼の分は西洋ベジになってたみたい。幸いなことにチーズでギトギトでなくて良かった。

行きは昼ご飯。
IMG_4205.jpg
わたしは揚げの甘酢あんかけご飯。厚揚げに甘酢あんとは考えたこともないけれど、これは美味しいです。サラダとフルーツは嬉しいけれど、わけのわからないオレンジ色の寒天寄せは・・・お腹の中までオレンジになりそうだから食べませんでした。ばやり○おれんじを固めたみたいな・・・

夫は
IMG_4206.jpg
イモと豆。「わ〜い、お豆さん」と喜んでいる。豆はトマトソースでからめてある。主食はジャガイモのオーブン焼き。悪くないね。

この時、飲み物を聞きに来た客室乗務員のお姉さんが”小姐”とわたしに話しかけた。中国人を見慣れてる日本人から中国語で話しかけられて考え込んでしまいました。うーん、そんなにわたしの顔は中国っぽいのかしらん?それともファッション?中国人の奥様が翡翠も金も身につけてないなんてことありえないんですけれど・・・
貧乏人に見えたのか?貧乏には違いないが。

さて、気を取り直して帰りの飛行機。
IMG_4254.jpg

わーい、肉なし肉そぼろご飯、デザートは夫が替えてくれと言ったので替えてあげたベリーの寒天寄せ。
夫には
IMG_4253.jpg

ラタトゥイユご飯。デザートはわたしのところについていた茶色い色の寒天寄せ。中には白キクラゲやクコの実が入ってる。食べてみたら・・・

と〜っても仏教なお味のする漢方ゼリーでした。身体に良さそうですが、お口直しに甘いものが欲しくなります。

チャイナエアラインは中国料理を食べるには最高のエアラインじゃないでしょうか?素食(スーシー精進の意)はたぶんベストです。
ローフードも野菜中心と果物中心でリクエストできるようですが野菜中心のローミールはカボチャがゴロゴロしてたりするので胃に悪いからもう注文するのは止めたのです。どなたさまにもあまり野菜中心ローミールはおすすめしません。牛みたいに反芻する人にだけお勧めします。

チャイナエアの帰国便はチェックインで非常に混み合いますから、早めに空港に行く方が良いです。事前に座席指定もしてしまって自動チェックイン(教えてくれる人が1人いる。日本語も堪能です。機械は5台くらいあるから、人だかりがしててお兄さんが他の人を相手していても自力で問題なくできます)をしてから専用窓口で荷物を預けるという方法で行列から脱出しました。

この後もイミグレですごい行列ですので、時間に余裕を持って空港に出掛けましょう。リムジンも混んでるから早めにね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

春巻きの皮

このところ料理教室でタルトの皮のバリエーションを色々やっているけれど、米食民族のわたしには小麦民族の人たちのやることが魔法のように思えてなりません。
麦ってのは粉にしないと使いにくいから、粉にしたものをいろんなことして食べる訳で、グルテンの量がどうこうとか、発酵させて云々とか、バリエーションが豊富。

フィロの皮も面白いんですが、春巻きの皮の作り方ってのがこれまたすごいんです。春巻きの皮ってでんぷんがα化してるから焼いてあるらしいけれど、どうやってこんなに薄く焼くのか?ずーっと謎だったの。

春巻きの皮の作り方を初めて目撃したのはタイのアユタヤ。砂糖を糸みたいにした、綿菓子のようなものを包むために砂糖の糸とセットで売ってるのですが、皮はその場で作りながら売ってました。丸い鉄板の上にちょっと緩めのパン生地みたいなのをクルクルと円を描いてなすり付けたら薄い膜が鉄板の上に出来て、表面が乾いたら出来上がり。

アユタヤの名物らしくて、連れて行ってくれた友達が自宅のお土産用に買うついでにわたし達にも食べさせてくれた。飴が好きじゃないので、砂糖菓子全般にちょっと苦手なんですが、これは春巻きの皮のおかげですんごく美味しくて、さすが、彼がわざわざ車を停めて買うだけのおかしだ、と思ったものでした。

台湾の市場で久々に春巻きの皮をやいているところを見た。

IMG_4241.jpg

こちらが生地。配合などはわかりませんが粉と水だけかしら?ここから1つかみ生地を持ち上げて鉄板になすりつけます。

IMG_4240.jpg

ここは市場の中なので、三枚の鉄板で順番に次々焼いていて生地でベタベタになった右手が空くことはありません。

ああ、こんな皮で春巻き作って食べたら美味しいだろうなぁ。春巻きじゃなくても果物包んで食べても良いよなぁ。チャパティーだとどうしても厚みがあるけれど、これはほんとうに薄いので、色んなものを包んでたくさん食べられて良さそうです。

春巻きの皮の作り方はネットで調べたらクレープを焼くようなものしか出てきませんがクレープとは明らかに違います。生地の厚さ(薄さ?)もぜんぜん違う。

薄くてそれでいて具を包んでも破れない強さが必要なのだから、これはまさに加熱のフィロみたいですね。
今度練習してみようかしら?

市場では持ち帰りの惣菜も山のように売ってるし、
IMG_4242.jpg

饅頭やチマキもあります。生麺とか買って帰りたかったわ。

南門市場は中正記念堂駅からすぐで、大きすぎないけど何でも売ってる楽しい市場。ガイドさんに連れられた日本人ツーリストも買い物に来てました。
わたしも調味料とかたくさん買ってしまったのだ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

台湾旅行のお供ブックス。

正月にこれを読んでからずーっと台湾に行きたくて仕方なかった。

台湾海峡一九四九台湾海峡一九四九
(2012/06/22)
龍 應台

商品詳細を見る


中国本土と台湾はホントに同じ華人なのか?とおもうくらいに雰囲気が違います。大陸と違ってがつがつしてない。譲り合うし、親切。露天風呂には泥棒もいない。電車に乗る時も行列してるし、お年寄りには席を譲る。

タイのバンコクにも華人は多いけど、台湾の人のたおやかさってなんだろう?半分は大陸から来た人だろうに。過酷な現代史を歩んできたのに。

「台湾海峡」を読んで国民党と一緒に台湾に渡って来た人たちについていくらか良く分かったような気がする。烏来と新店を往復するバスに乗ると年配の方がほとんどなのですが、この人たちもそれぞれの戦中戦後の時代を生きてこられたんだろうなぁ、名も無い1人の庶民の人生のどれだけドラマに溢れていることか、と思う。

この本も台湾と関係のある本だった。

ナツコ 沖縄密貿易の女王 (文春文庫)ナツコ 沖縄密貿易の女王 (文春文庫)
(2007/10)
奥野 修司

商品詳細を見る


これは面白い本で、こちらも夢中になって読んでしまいました。冒険譚としてもエキサイティングだけれど、鉄の暴風のあとの沖縄のことがよくわかる。廃墟の沖縄に突如現れた「うちなー世」を生きたなつこさんの物語り。なんとも物悲しいエンディング。沖縄問題の計り知れない奥深さを垣間みることができる。

奥野修二さんの沖縄関連では、こんな本もある。

ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年 (文春文庫)ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年 (文春文庫)
(2002/10)
奥野 修司

商品詳細を見る


これは沖縄というよりは、親と子の関係の本。“氏より育ち”という言葉があるけれど、それを証明しているようなお話し。この人の取材力ってすごいです。

まだ読みかけだけど、ずーっと楽しみにとってあった本。

安閑園の食卓 私の台南物語 (集英社文庫)安閑園の食卓 私の台南物語 (集英社文庫)
(2010/06/25)
辛 永清

商品詳細を見る


まだ最初の部分しか読んでないけれど、台南のお金持ちの家族の生活が食べ物を中心に語られる。お話しに出てくる料理のレシピも載っている。わたしは料理の本とは違う読み物からレシピを拾い上げて試しに作ってみたり、味を想像してみたりして料理の世界を広げています。旅先で似た料理を見つけたら注文してみることも出来る場合があったりします。

この本は味わい深いので、まだしばらくゆったりした時間にボチボチ読もうと思います。


台湾 好吃大全 (とんぼの本)台湾 好吃大全 (とんぼの本)
(2005/11)
平野 久美子

商品詳細を見る


これはガイドブックですが、お店の名物を紹介するだけじゃなくって、ちゃんとその背景とか周辺のことも書いてあるし、ひとつひとつのお店の紹介がきちんと物語りになってます。この本にもレシピが載っていて、自分で作ることが出来るの。台湾旅行の前に読んでおくと旅が楽しくなりますのでおすすめです。

IMG_4246.jpg
平野さんの本に載っていた原汁排骨大王でスープと肉そぼろご飯。青菜に卵で台湾最後の昼ご飯。“しんちゃん”もまだお元気そうで、店に立っておられました。

台湾にまつわる本を読んだらまた台湾に行きたくなる。台湾って日本と関係が深いですもの、まだまだ読む本はたくさんありそうです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック