FC2ブログ

6月のおウチごはん集中講座のことについて。

駅から近いすてきなマンションに住んでいる方がわたしの出張教室の幹事をしてくださってます。彼女は一度わたしの教室に来てくれた時に「身体に悪い簡単料理の本はたくさんあるのに、身体にいい簡単料理の本がないから、ぺんぎんさん、是非出して下さいよ」と言ってくれた。

料理教室はたくさんあるけれど、わざわざ簡単な料理を教えるところはあまりない。化学調味料を使わないところはたくさんあるけれど、どんな料理でも化学調味料やスープの素なしで作ってしまうところもあまりない。

お料理の基本って包丁の持ち方だったり、野菜の扱いだったりダシのとり方だったりなのかもしれないけれど、包丁が苦手なら趣味として練習しながら、実際の料理の時は皮むき器、スライサー、ブレンダーなどを使って包丁で切らない料理にしておく、という方法はある。

家で食べる料理は自分の食べたいものが作れるようになればいい。
わたしが目指すところは、家にある材料で自分の食べたいものが作れるようになることです。

だから、レシピをあまり重要には考えません。わたしの教室でもレシピは一応ちゃんと書くけれど、レシピにあって家にないものは彩りだったり、ちょっとした風味付けだったりで他のもので代用出来たり、省略することは何の問題もない場合が多いのです。
もっと言っちゃうと、親子丼を作る時にチキンがなかったら厚揚げで代用してゆるベジにすることだって出来るんです。(そんなことはちょっと料理のセンスのある人はみんなやってるし、そういう応用が出来る事が自炊を助けます)

そうやってレシピがアレンジできるようになったら、家にある材料からその日の気分の食べたい料理を作れるようになります。

今回のセッションでは3回バラバラな内容ですが、それぞれ系統の違う料理のツボの部分をみっちりと練習します。ツボさえ分かればあとはちょっと練習したら材料を変えて、配合を変えて、自分の好みにあった料理が出来るようになります。(実はこれを化学調味料や既製の料理の素を使わずに作るのは簡単じゃない。だれも教えてくれないから。)

料理を習う時も自分はどうしたいのか?どんなものが食べたいのか?という明確なビジョンを持っていたら、料理を作ることがもっと楽しくなります。

生きている限り食べる事から逃れる事はできません。それならば自分の食べたいものが作れるということは幸せなことだと思うのです。

人に食べさせて喜んでもらったり、「あ〜、こんな美味しいものが出来るなんて、わたしって天才!」という自己肯定感に浸ったり、というオマケもついてきます。

そんな日々の第一歩のための講座なんです。
参加者の方はせっかくの機会なので、日頃のお料理で悩んでいることや苦手なところなど教えて下さると解決のお手伝いができるかもしれません。

もっと自由でハッピーになるためのおウチごはんです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

水泳教室2回目。母も中年になってから水泳に通っていたな、と思う。

今日は水泳教室お試しの2回目でした。

前回の教室の後一度だけ自主連をしたけれど、上手くなってる感じはなく・・・相変わらずクロールは泳いでるんだか溺れてるんだか・・・

さて、今回はどうだろう?今日はちょっと身体が重いしついていけるだろうか?

このクラスでは最初に25メートルを6本泳ぐ。行きはクロール、帰りはその他(犬かきはなし)
だから帰り道は背泳ぎしてみたり、平泳ぎを練習したり。

今日は前回より1人少なかったので、向こう岸に到着したら、ゼイゼイやってる間に自分の順番が来てしまう。
25メートルを3往復って、せいぜい150メートル泳ぐだけなんだけど。

結局一時間のレッスンで何往復泳ぐのか?6往復か7往復くらいかな?300メートルくらいのもんか、と思う。

母が丁度40代半ばくらいのころ、椎間板ヘルニアを煩って、手術をせずに病院で寝たきり安静にすることでヘルニアを直し、退院後水泳を始めた。
海の近くで育った母に水泳は楽しかったらしくて、「今日は10本泳いだ」とか、「1500メートル泳いだ」とか、「バタフライの練習してる」などと言ってたことを思い出した。

今日、レッスンが終わってからクロールを泳いでみたら、なんと、スイスイ泳げるじゃないのさ、あんまりぜいぜいしないじゃないのさ。

フォームと同時に身体の力の抜き方がポイントなんだ、とわかる。腕やら余分なところに力が入ってたら進まないし疲れてしまう。相変わらず息継ぎは大変だけどなんとなくいつも横目で見ていた「いいな〜、あんなにスイスイ楽そうに泳いで、楽しそうだなぁ〜」というフォームに近いものが出来てきたような気がする。気のせいかもしれないけれど・・・

運動は市民運動も含めて苦手だしあまり好きじゃないし、もちろん運動の習慣もないのだけれど、水泳教室は継続することにした。まだレッスンが終わって家に戻ったらくたびれてしまうけれど、これも慣れるだろう、きっと。自主連ももっと楽しくなるだろう。水泳だったら旅行先でも楽しめるし、スイスイ泳げるようになったらうれしいなぁ。
次の目標はレッスンの日もあんまりくたびれないようにすることかな。ダイエットはその先だ。←おい!

来月はバタフライの練習だそうで、やったことないんだけれど、あんな激しい運動が出来るとは思えないのだけれど・・・どうなることやら。今からイモムシの動きを研究することにしよう。

体操の後の青泥は格別なのでR。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック