FC2ブログ

必要なことはみんな糸が教えてくれる。

紡ぎ終わった糸は木枠に巻いて染織用の大きな鍋を使って蒸す。熱と蒸気で撚りをセットする。

IMG_5118.jpg

左のボビンは紡ぎ車から降ろしたボビン。これそ右の檜の木枠にふんわりと巻いていく。糸が細いので延々時間が掛かる。糸を巻きながら、ちょっと泣けてきた。織物はわたしにとってどんなに金銀財宝を積み上げても絶対に落ちない美女のようなもだ。

織物をする人で糸から作る人というのはいるけれど、総織物人口から比べたら極わずか。経(たて糸)もぜんぶ紡ぐ人となるともっと減る。それでも糸を紡ぐのは、紡いだ糸でないと出せない風合いがあるからなんだけど、まだ布の風合いの感覚を共有出来る人とは出会ったことがない。
たぶん猫や犬がことばを喋ったら風合いについてなにか面白い話しを語ってくれるんだろうけど。
ホームスパンを床においておくと猫が必ず坐りに来る。

わたしはあまり計画的に作品を作れなくて、とにかく糸を作って、ある程度糸が溜まったらそこから布にする。空想の布を作る為に糸を溜めているようなもので、いざ布にしようと思うとストレスでおかしくなりそうになる。

最後は糸が全部どうすればいいか教えてくれる。
結局材料の言うなりに、なりたいように糸にして、糸の言う通りに布にすると一番良い結果になるような気がします。
わたしの考えることや思いつくことなどタカが知れているというもの。

必要なことはみんな糸が教えてくれるのです。

IMG_5119.jpg

木枠に巻いて一度蒸した糸は、綛上げして長さを測ります。これだったらだいたい1g7メートルくらいの糸かな?
糸を紡いでから布になるまであっちに巻いて、こっちに巻いて、んでまたあっちに巻いて、ということを3〜4回繰り返します。

明日から電卓と鉛筆片手に糸を並べて延々計算して織物の設計です。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月24日(日曜日)さつま芋を使った料理とローアップルパイの予定
12月24日(火曜日)ロー海苔巻き、さつま芋のロースープなどを予定
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。