断食で一番大事なのは、断食の後の食事です。

断食を趣味みたいにしていたことがあったけど、もう自力の断食は止めました。
一日断食だと準備もいらないし、次の日からふつうに食べられるのだけど・・・夕方あたりからナッツをボリボリ食べたり、ちっともコントロールができなくて、ああ、これはダメだ、まだ断食が出来るような力量がない、と知ったのです。

断食をするのは簡単なんです。食べなければ良いだけだから。だけど、断食が終わってからの食事がきちんと守れないならそれはただの食べないことと大食いを繰り返すだけで意味がありません。身体にも精神にも害にはなってもいいとはいえません。

その点、坐禅断食は、明けの食事でたっくさん食べて、宿便も出してから帰してくれる。たぶんこれが大きいんだと思うけれど、おかげで少食になってます。ま、これもだんだんともとに戻るんだろうけれど。

最初の3日は米、イモ、胡麻以外のナッツ、豆、肉、魚は×。玉葱、葱、生姜、わさびはいいけれど、胡椒、唐辛子、にんにく、からしは×。
4日目から4日間は肉、油もの以外は許されるので、日頃の半分くらいに押さえるといっても最初の3日の食べ物だって、ローフードを知ってたら、油とにんにくを抜けばいいから楽勝です。パスタだって油抜きでいくらでもレシピがある。ほんとにふつうに料理してふつうにご飯を食べている感じ。ただ量は控え目にしなければいけませんけど。

というわけで、今回、つまり冬の回復食です。

IMG_5304_20140129224439d6e.jpg

断食から戻った日の晩ご飯。オヤツにパンを食べたので、軽めに。
ザワークラウトの乳酸菌と重ね煮スープうどんがちょっと入ってます。味噌トッピングだけで味付け。
乾麺のうどんや素麺は量を自由に調整出来て便利よね。

IMG_5306.jpg
厳格2日目の晩ご飯
持ち帰ったパン。と重ね煮スープ。ザワークラウトと重ね煮の和えもの。だんだんキャベツが発酵してきて良い感じ。麹と乳酸菌、実行してます。この日も夕方にオヤツ食べたので、ちょっと控え目。

IMG_5307.jpg
さしみこんにゃくは断食明けには欠かせません。豆腐があるとすごくゴージャスな感じ。湯豆腐を生姜醤油で食べようという魂胆です。
夫にはほうれん草と牡蠣のソテーを作って、彼も重ね煮をお野菜として食べています。

わたしが食べるものは油を使わないので、皿洗いも簡単。
夫の料理だけちょっと作り足せばいい、というのも作るのも気楽だし、一緒に食べる夫も自分だけ食べてる感じがしなくてストレスがないようです。
やっぱり気を使わすのは本意ではないですもの。

回復食が乱れない。これは断食以上に大事なことなのです。
3日が終わったら後は簡単、ラーメンや天ぷらうどんは食べられないけれど、魚もご飯もイモも唐辛子も食べられるんですもの。焼き肉屋さんに行っても困りません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(日曜日)ベンガル料理のごはん。
3月11日(火曜日)折りたたみパイ生地。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

今回の断食、収支?報告。

先週の金曜日、朝コーヒーを飲んでからの坐禅断食の回復食が終わりました。

坐禅断食のいいところは、回復食が簡単で守りやすいところと、断食は実質2日なのにゆるい回復食を一週間続けるところがすばらしいと思います。

というわけで、晴れて満願成就!じゃないけれど、回復食も終わり、今日から、酒タバコ、唐揚げ、天ぷらにステーキ。なんでも解禁となります。

絶食のすぐ後に体重を測るときっと舞い上がるような結果が得られ、断食会でも5キロだ7キロだ、と輝かしい結果があったと話して下さる方がおられますが、わたしは回復食の期間も断食期間と考えるので、絶食直後の体重ではなく、回復食が終わった時点での体重でどれだけ減ったかを計算した方がいいと思います。
だってさ、断食中は塩分だって少ない(坐禅断食では塩をなめてもいい)んだから、むくみがとれて2キロ3キロ余分に減って当たり前ですが、塩分で固定されていた水はまた食事を始めるとすぐに戻ってしまうんですもの。

というわけで、今回、断食に行く前と回復食が終わってからの体重の変化ですが・・・

マイナス2キロ

でした。8月の坐禅断食でも2キロ減ったので、まぁこんなもんかな?
ちなみに、前回2キロ減らした後、今回の断食に行く前の体重の差は・・・+1キロ。
つまり、8月に2キロ減らして、1キロ戻ってたっていう感じです。

今回、回復食中もあまりお腹が空かなくて、普段の量くらい食べるとお腹が苦しくて結構大変です。やや大食いが治ったようで喜ばしいことでございます。
このままやや少食を守れると嬉しいのですが、いつまで続くやら。

天ぷらも唐揚げも解禁とはいえ、まだこんなご飯続けています。

IMG_5311.jpg
(表示されない?グリーンサラダとパンとジャガイモ&ゴボウのポタージュ)

さて、体調のほうですが、やっぱり断食すると睡眠時間が減りますね。寒いのであんまり朝早く起きたくないんだけど。
それから、朝一番、水飲む前に朝のお仕事が終わってしまって、その後も何度もおトイレのお世話になるところが違います。

朝何か飲まないと出ない状態になると食べ過ぎてるのね〜という感じで、お通じは食べ過ぎのバロメーターというところでしょうか?

昔は一週間に1度出るか出ないかという便秘さんだったのに、この変化には自分でも感慨無量。わたしが子供の時からの長年の便秘、腸麻痺を治したのは、断食だけではなく、生菜食、ナチュラルハイジーン、ローフード、西式健康法、洗腸、レバーフラッシュなどを続けてきたから今があるのだなぁ、としみじみ思うのです。

あ〜、腸麻痺治して良かったわ。

長年の便秘のみなさん、その便秘は必ず治るから、何年も掛かるけど、きっとあなたにも便意で目覚める朝がやってくるから、どうか腸コンシャスな日々を焦らず一歩づつ送って下さいね。毎日の小さな習慣の積み重ねです。

というわけで、断食の効果は減量だけじゃないのですが、減量するのが一番嬉しいのはなぜかしら?
パツパツになりつつあったパンツがふつうに入って嬉しいのです。←やっぱり痩せると嬉しい。

ぺんぎんさん、断食お疲れさま!と思ったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(日曜日)ベンガル料理のごはん。
3月11日(火曜日)折りたたみパイ生地。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

糸紡ぎの準備。

パソコンを買ったり、確定申告の書類を集めて計算したり、相模原での出張料理教室の材料を買いに行ったり、車のエンジンルームから異音がするのでいつ修理に持って行こうか、はたまた、車は諦めてこちらも買うか?あの車いつまで乗るのか?など日々問題山積、とても創作どころではない毎日ですが、断食効果でしょう。糸紡ぎのための準備も着々と。

ゴットランドという変な名前の羊の毛、クリクリカールですごくかわいいので思わず買ってしまったけれど、すごく張りがあるのにやわからいという変わった羊さん。夏は涼しく冬温かいという便利な羊毛だそうです。

これを100%梳毛に紡いで経糸に使ったところ酷い目にあってしまった。あんまり張りが強くて織り機に結んだ結び目さえ解けてくるという羊は初めてです。

え〜い、こんなコチコチの子はロムニーと混ぜてしまえ!
ロムニーとは、やはり羊の品種で、ちょっとバルキーなの。

IMG_5310.jpg
(ドラムカーダーという機械でカーディング中)

羊毛を解して梳いてブレンドします。

ゴットランドはカーダーに掛からずフワフワとバラバラになってしまうけど、ロムニーと混ぜるとなんとかカーダーにも掛かるようになってくれて、まぁほんと、この子は大変だわ。

糸になって布になるのが楽しみなゴットランド。着心地もぜんぜん違うのだろうなぁ。
さて、どんな糸にして、どんな布にしようか・・・

わたしがヘタに考えるより、羊毛に教えてもらうほうが良いものが出来るように思います。だって、自然のままが一番美しいんですもの。

羊毛を洗ったり、梳いたりしている時がいちばんワクワクするかもしれません。だって、どんな布にでもなれるんですもの!
しみじみと心の奥から幸せがわき上がってくるのです。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(日曜日)ベンガル料理のごはん。
3月11日(火曜日)折りたたみパイ生地。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

温亀3年目の冬

うちで温亀を使いはじめるようになって3年目の冬真っ盛り。
ことしは春みたいに暖かくなったり、真冬の寒さになったり、変な冬です。

わたしはいつも冬になったら足の指がしもやけになってました。水風呂のあるクラブで温冷浴をやっていた時もあしのしもやけはそれ以前のように冬の間は常にしもやけということはなかったけれど、しもやけになったり、治ったりだったなぁ。

140203_152442.jpg
温亀がたくさん入荷したらしい。

温亀一年目の冬はやっぱり時々しもやけになっていた。温亀の使い方も湯たんぽのように足元に置いていたっけ。
温亀2年目から不思議なことにしもやけにならなくなった。亀はお腹の上。おなかの上に乗せても足までポカポカになってよく眠れる。

夫も温亀を使うと夜中のトイレの回数が減るらしいし、神経痛の時に温亀や平板を当てていると神経はジワジワビリビリしているけれど痛みはなくなるらしい。神経痛持ちではないわたしにはよくわからないけれど、痛くないのは良いことだ。そういえば、今年はあまり痛い痛いと言わないなぁ。

さて、わたしの温亀3年目ですが、今年もしもやけはないどころか、パンツの下のババパンやスパッツを今年は履いてない。おまけにフェルトのルームシューズを履かずに家の中(床は冷たい!)をウロウロしていることもよくあります。
ちょっと前には考えられない、冬はいつもシルクのスパッツをはいた上に部屋着のパンツを履いていた。寒波の時には冷凍庫の中で作業する人が着る5分丈パンツをその上に履いて腿やお尻を温めていたものなのに・・・

薄着になるのは嬉しいなぁ〜、なによりあの不快なしもやけがないのも嬉しいのです。

ガラージュベーの温亀はシリアルナンバーでちゃんと管理されていて、アフターサービスバッチリです。
140203_152650.jpg
(シリアルナンバー入りは温亀のみで、平板には入ってません。)

わたしは健康なので、しもやけが出来なくて、身体が普段から温かくなった、っていう程度の変化しかないけれど、この手の育成光線、生育光線、遠赤外線、プラチナダイアモンドフォトン、グッズではお手頃値段でしかもきちんとした工芸品だし、良いものだなぁ、と思うのでした。


育成光線については、こちら→「育成光線」ってなんや?

温亀作者の金九漢さんインタビューはこちらから→温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。その1 青春。から順番に読めます。その5まで。

その他、温亀さん関連は温亀カテゴリーを読んでね。→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-category-34.html
温亀活用法カテもあるよ→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-category-36.html

温亀、温平板は、シリアルナンバーを付けて管理しているガラージュベーからお求め下さいね。
↓↓↓↓ (シリアルナンバー入りは温亀のみで、平板には入ってません。)
http://garage-b.jp2016年9月2日URL変更になりました。

お申し込みすると振込先(三菱東京UFJ銀行or 郵便局)を知らせてくれるので、お振込したら送って下さいます。先払いになっているので、お気をつけ下さい。
ぺんぎんさんのブログで見た、と言って頂くと話しが早いし、優先的に発送してくれるかもしれません。
ガラージュ・ベーに行けば現物を触って選ぶことも出来ます。お電話の上お出掛け下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

永井由里さんのこと

いつもお世話になっているギャラリーのオープニングパーティーに時々バイオリンを持って現れる人がいる。
搬入してたら“今日はゆりさんが来る”とお店の人が話している、その由里さん。
ただのバイオリンを弾く人じゃない。ソリストとして活躍するプロの演奏家だ。

演奏を聴かせるというわけじゃなく、勝手に弾いて勝手に止めてる感じで、気が向いたら弾いているというわけでもない。ギャラリーの人が言うには、家で1人練習するのは面白くないから、こんな場に来て、BGMみたいな感じで練習兼ねて演奏をして帰って行くのだ、と。

もちろん、由里さんが演奏している足元にしゃがみ込んで聴いても良いし、パーティースペースでワイワイやっててもいい。

この由里さんの公開練習、じっくりと聴いていると本当にすばらしい。何でこんな人がこんなところでバイオリン弾いてるのか?
由里さんが言うには、展示作品と音楽が響き合うのだそうです。

IMG_3919.jpg

バイオリンは2才の時から。人生のすべてがバイオリンと音楽で出来ているような人だから、いろんなことを音楽を通じて理解したり、鑑賞したりなさるのだろうと思う。

この週末、東京都の人は選挙があるけれど、投票に行ったら是非相模原に出掛けてほしい。
永井由里さんと武久源造さんのディュオを小さな会場で聴くことが出来ます。

音楽はマイクなしで小さな会場で聴くのがいい。演奏家の息づかいや、演奏家がどのように作曲家と会話しながら音楽を作っているかが聴けるから。

そんな贅沢な演奏会、まだ夜の部は余裕があるそうです。

由里さんはほんとにすごい人なのに、作品に音楽を聴かせて、作品と響き合う音楽を楽しみながら演奏してくださって、作品のバイブレーションが良いから演奏が気持ち良いなんてことを言って下さる。
わたしの織物など、由里さんのバイオリンに比べようもないくらい精進も情熱も愛情も何もかもが遠く及ばないのに。

最近、由里さんに限らず、織物や温亀袋のことでわたしの仕事を励まして下さるようなご感想に出会う事が多くて、本当に感謝しています。孤独な作業だけれど、気持ちはちゃんと届いていると思うと続けていて良かった。これからも続けようと励まされます。

考えてみたら、由里さんのコンサートを聴くのは初めてです。いつも練習を聴いてるだけだから、本番がどれだけスゴいのか、メチャ楽しみでワクワクします。

由里さんからのメッセージ。

どうぞ19歳のシューベルト!30歳のベートーヴェン!味わいにいらしていただければ幸いです。



う〜、19才のシューベルト!!、30才のベートーベン!!
萌え〜てしまいます。

コンサートの詳細はこちら。
↓↓↓
http://yurinagai.exblog.jp/21961135/

ついでに、わたしの相模原出張教室もまだ空席があります。残席少しだけど麻婆の回も空いてます。鋭意レシピ製作中です。
こちらもお申し込みください。
↓↓
http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-1806.html

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

「キューティー&ボクサー」

http://www.cutieandboxer.com

久々に良い映画を見た。これ見たかったんだぁ〜。
篠原有司男・乃り子夫妻を4年に亘って記録したドキュメンタリー。

映画はブロンドともプラチナともいえない色の髪をブラシで梳いているショットから始まる。
最初なんだかわからないけれど、女性が髪を梳いている、あ、これは白髪だ!というのがわかる。1度も染めてない、パーマもあててない、とってもナチュラルな髪。

ブラッシングが終わって三つ編みのお下げに編み上げる時に顔が映る。
柔らかそうな白い肌。皺が少なく白髪ほどの歳ではないように見える。若白髪なのか、それとも苦労の結果なのか・・・

乃り子さんの髪だ。

篠原有司男といえば、日本を代表する前衛芸術家。有名になったり、売れっ子になったりテレビでペラペラ喋ったりしない。

家の中は混沌としていて、芸術家の家というより、物置の中で最低限の生活スペースだけ確保して暮している、という感じ。ガスと電気代を払ったら家賃が残らないけど、どうするの?なんていう会話が交わされる。

もちろん、芸術家のギューちゃん(有司男)は大丈夫大丈夫、作品がガーっと売れるから問題ない!と取り合わない。この家庭はこんなことの繰り返しのままきてるんだ、と知れる。

映画の中で可愛らしいアニメーションが差し込まれるが、このアニメーションは乃り子さんが書いている。
21才の歳の差カップルの馴初め、ギューちゃんのニューヨークでの生活。キューティーの妊娠と子育て。ギューちゃんの相変わらずな生活など、ちょっと勘弁してよ!というような乃り子さんの過去が表現される。

映画の前半、乃り子さんは終始硬い表情をして、わたしはアシスタントじゃないからね。と言ったり、あなたがもっとたくさん稼げば、秘書でもアシスタントでもシェフでも雇えばいいわよ。仕方がないからわたしが全部やっているのよ、タダで!タダで働く人がね、なんてことを言う。

会話は英語と日本語のちゃんぽんで交わされるが、ギューちゃんは英語の単語を時々置き換えてるだけで、基本日本語だ。だから仕事の話しになると乃り子さんに交代して、乃り子さんが交渉事などを引き受けている。つまり、ギューちゃんは社交と芸術をしてるだけで、あとのことは全部乃り子さんが1人で引き受けているってわけだ。

ある時キュレーターが有司男の作品を見にきた時、「わたしの作品はあちらにあります」と乃り子さんが自分のキューティーシリーズを見せる。

「これは別の部屋に展示しましょう」という話しになってから急に乃り子さんの表情が変わる。そして、画材屋に絵の具を買いに行って、彼女は制作の準備に入る。
同時に有司男も制作を始めるが、絵の具の扱い方もとても対照的でそれぞれのキャラクターがよく表れているのが面白い。

有司男の体力は驚異的で、とても80過ぎているとは思えない。眼光も鋭いし、身のこなしも全然年寄り染みてるところがない。どちらかというと中年のギラギラしたところが削げていて、少年に近い感じだ。一方、乃り子さんはまったく性を感じさせない少女のような人。化粧っけのない顔。パーマっ気のない髪。ガリガリじゃないけれど贅肉のない身体。派手さはまったくないけれど、なんとも美しい人なのだ。

映画の最後で2人がボクシングのグローブにスポンジを付けた、ギューちゃん特製ボクシングペインティンググローブをはめて向き合う。

チェロソナタが流れる中、乃り子さんがギューちゃんにパンチを繰り出す。頭でそのパンチを受ける有司男。何度も繰り出すパンチに時々ガードはすれども自分からパンチ出さない有司男。

このシーンにカップルの40年が込められているようで、涙が流れて仕方がなかったです。

映画の後、夫が「最後のボクシングシーンは誰が言い出したのかなぁ?」と聞いてきた。
やっぱり乃り子さんなんじゃないの?
「あなたもそう思った?」

よくまぁ乃り子さんも耐えたと思うし、だいたい引っかかったのがマトモ?な人で良かったよねえ、ああいう風に外国に言ったお嬢さんがどうにかなっちゃって消えちゃう例はいくらでもあるものねえ・・・

などと話しながら帰ったのでした。

映画の中で有司男さんも乃り子さんもヒマさえあればスケッチしているところはとても印象的でした。そうそう、アーティストの日常って、やっぱりスケッチの日々。染織家の日常が糸紡ぎの日々と同じなのよね。

夫婦、と言ってしまうにはやや抵抗があるけれど、人との縁ってナンなんだろう?わたしも縁あって夫と夫婦をやっているけれど、やっぱりどうしようもない縁があって、その結果夫婦をしているんだと思う。

あと20年後、わたしと夫がグローブをはめて向かい合ったらどんなファイトになるのか、そもそもファイトする気力があるのか・・・楽しみにしようと思います。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

「耕せど耕せど」

わたしと夫はかなり趣味が違うのだけど、2人の間で絶大に愛されている作家がいる。

伊藤礼さん。
伊藤整大先生のご子息であらせられるため、大変にご苦労なさったと思われる、複雑な性格を明晰な頭脳で表現される稀な作家だ。

伊藤先生は70過ぎてから自転車にハマられた。
それが
こぐこぐ自転車 (平凡社ライブラリー)こぐこぐ自転車 (平凡社ライブラリー)
(2011/01/08)
伊藤礼

商品詳細を見る
だ。

この本を読んだら人生で1度も自転車など漕いだことがなくてもすぐに自転車屋さんに飛び込んで、半年後には北海道を一周する自転車の旅に出たくなるに違いない。

耕せど耕せど

耕せど耕せど―久我山農場物語耕せど耕せど―久我山農場物語
(2013/06)
伊藤 礼

商品詳細を見る

はそんな先生は農園経営に乗り出された。
もちろん視察の脚は自転車で、近郊のプロフェッショナルの畑の状況を観察に出かけ、ご自身の農場と比較検討し、考察を深められる。

思考することとはこういう事だ、ということを伊藤先生は常に読者にご自身の失敗や成功体験をもって教えて下さるのです。

ウチの農園経営にも大変に参考になるというか、励まされるというか・・・

IMG_5317.jpg
わが農園は冬枯れている。


ぶっちゃけ、何が面白いかって、この本は自然農だの福岡大先生だの、不耕起だの、現実の庭に目を瞑り、頭でっかちな理想ばかりで植物に向かう夫の姿が重なって、抱腹絶倒したのであります。(ちょっと言い過ぎ?ゴメン、でも笑える。)

夫よ、がんばれ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

大雪の相模原出張料理教室 カオマンカイの巻

交通費も出すから出張してください!という熱いエールをいただいて今回企画した出張教室。
金曜日に出掛けて行って、前から気になっていたお店をのぞいたり、髪を切ってもらったり。

「明日は大雪になるそうよ〜、よりによってこんな時に降らなくてもねぇ〜」誰も来なかったらどうしよう・・・相模原で泊まる手配にしておいて良かった。1人でも来てくれたらわたしさえいたら教室は出来るもの。

今回のリクエストはカオマンカイ(海南鷄飯)。最近カオマンカイを出す店が増えているらしいけれど、美味しいところはないそうな。
これは家庭料理というよりは、専門店料理。
まずチキンスープを作って、そのスープでご飯を炊く。ご飯の上に茹でたチキンを乗せて、特製のタレを掛けながら食す料理。チキンスープが美味しく出来ないとご飯も美味しく炊けない。素材の味がそのまま反映する料理です。

さて、案の定止む気配なく雪は降り続いてますが、降り出したのは朝だから、朝のうちの移動は問題ないけれど、帰るころにはどんなことになってるか・・・

3人の方が来てくれて、広島から送った材料が無駄になることもありませんでした。

外は雪でも家の中はタイの香り〜。
IMG_5319.jpg

カオマンカイ、今回は日本ではあまり売ってないタオチャオというタイの味噌のようなものを使ってタレを作り、野菜炒めもタオチャオ炒め。

お料理って分量などのレシピが大事だと思っている方が多いけど、家庭料理で大事なことは味の組み立てやバランスを覚えることです。
お店だったら、2人分も50人分も同じように作れないといけないし、材料に無駄があっては利益が減りますからレシピは大切ですが、家庭ではいつも同じ味になる必要もないし、材料だってレシピ通りに揃っているとは限りません。レシピよりも味の組み立てが大事です。

タレもちょっとバリエーションを覚えたら、後は自在に好きなタレを作れることでしょう。

野菜炒めも同じこと。美味しい菜っ葉を気楽に料理して、食べ飽きない程度のレパートリーがあれば無敵です。

デザートは今回の出張教室のハイライトかな?黒ごまショコラを作りました。
IMG_5323.jpg

クーベルチュールはヴァローナのカカオ65%のチョコを用意したので、と〜っても美味しいガトーショコラになりました。

IMG_5324.jpg

家で食べるものは、つい節約したい気持ちになるかもしれないけれど、家で食べるって、作る人の人件費は掛からないし、場所代は家賃やローンのかたちで払っているから同じこと。家で作る料理こそ良い材料を使ったら外ではとても高くて食べられないようなものが食べられるってものです。
それで家族や友達と楽しい時間を過ごすことが出来たらなんて素敵でしょう。
ヴァローナのチョコレートが高いったって、ふつうのチョコレートの倍するだけ。500円が1000円になるだけです。
他にもオーガニックの美味しいチョコレートもあるので、作るんだったら良い材料で作りましょう。
良い材料はヘンな添加物が入ってなくて結局身体にも良いのですもの。

雪だねぇ〜、もう帰るのは諦めて、ホテル取ったら?なんて言ってたら、朝には空室があったホテルももう満室!

料理教室は試食もするから教室と教室の間にインターバルを置かないといけないのは辛いところ。
お腹が空くまで着物の着方を練習して遊びました。
見学してた人まで大笑いして、着物を着るのって面白いですね。
雪はどんどん降り積もります。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(日曜日)ベンガル料理のごはん。
3月11日(火曜日)折りたたみパイ生地。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

大雪の相模原出張料理教室 麻婆豆腐の巻

わたしの麻婆豆腐は美味しいらしい。麻婆なんて誰が作っても同じような気がするけれど、わたしの麻婆を食べるともう店の麻婆は食べられないらしい。
まぁ、お店の麻婆は油が10倍くらい多くて、それはそれで楽しいんだけど、家で食べるものはやっぱり身体に負担にならないものがいいものね。毎日の小さな積み重ねが身体を作るのですもの。油が浮いてるゴージャスな麻婆はお店でたまに食べたらいいんだと思います。

さて、着物を着たり脱いだりして、初心者さんも帯を巻いてそれっぽい姿にして遊んだ後の料理教室です。
朝から2セッションもやるだけでヨタヨタになるけれど、着物の着方までやったからもうフラフラですが、教室です。

IMG_5326.jpg
こんな寒い日はお粥が嬉しいね。この干し柿はうちで作ったもの。柿の木は実生だから、本当に成るまで8年掛かりました。今シーズンはたくさん実がついて、穫っても穫っても木には柿があったなぁ。

IMG_5325.jpg
麻婆のお伴には青菜のオイスター炒め。
この小松菜、とっても美味しかったわ。
そして、デザートは開口笑という中国ドーナツ。これがまた、食べ出したら止まらない。

この後、もう皆さんお泊まりが決まったので、お茶を飲みながらダラダラとおしゃべり。相模原の教室に集まって下さる方たちとはあまりお会いする機会もないし、お会いする時は教室をやる時だから、お互いにプライベートな話しをすることがありませんが、雪に閉じ込められてお話しできて良かったです。

この後、幹事さん宅にお泊りの人は歯ブラシや下着などを、ホテル泊チームは水などを買いにコンビニに寄って解散となりました。

さて、お料理ですが・・・
「会社の近所の中華屋さんの麻婆がおいしいと思ってたけど、もう行けない」・・・

ごめんね、わたしから料理を習うとどんどん外食ができなくなるの。美味しいものは自分で作るのよ。だって、自分が何を食べたいかなんて、誰にも分からないですもの。

雪のおかげで思わぬ合宿、楽しい夜でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月16日(日曜日)ベンガル料理のごはん。
3月11日(火曜日)折りたたみパイ生地。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

大雪の相模原出張料理教室 塩レモンとひよこ豆の巻。

この相模原での出張料理教室、メニューの選定は台所の主である幹事のりえちゃんの希望を最大限に取り入れる、というのが特徴です。
だって、台所を人に使わせて、知らない人が家にゾロゾロ来るというのは大変なことですもの。出張料理教室も回数を重ねて、りえちゃんちの台所もだんだん自分の台所のように気楽に使えるようになってきました。人の家に上がり込んで勝手に料理を作るというのはちょっとした特技かもしれません。もちろん、作ってもらうのも大好きです。

大雪の中、日曜日だけ参加してくれた人が一生懸命やってきて下さいました。ありがとうございます。

お泊りチームがいたのと、パンを買いに行くにも足元が悪いので、ピタパンも焼いたりして。そりゃ買ってきたパンよりも自家製に限ります。

りえちゃんのリクエストは塩レモンと野菜のオーブン焼きと、ファラフェルというひよこ豆のコロッケ。
コロッケとソース。サラダとピタ。そして、ひよこ豆のパテに野菜とチキンのオーブン焼き。

IMG_5330.jpg

オーブン料理は下準備をしておいたらあとはオーブンに入れて焼くだけだから、メインを焼いている間、料理係りもお客さんと一緒に前菜やサラダを楽しめるところが便利なところ。
奥さんが台所から出てこないでず〜っと料理を作ってる家でもてなされるのって、ちょっと気を遣うものね。

IMG_5328.jpg

人数が多いので土鍋で作ったから鍋料理っぽいけれど、お味は地中海な感じでしょ。チーズを乗せて焼かないところがいいところ。
器の形状によって下にスープが溜まったり、かりっと仕上がったりします。家にある材料で作れるので、お客さんの時に便利でよく作ります。もちろん多めに作ってお弁当のおかずにしても良いですね。

このたびの教室は、こんなお天気で、来たくても来れなかった方もいらっしゃって、ホントに残念でした。
悪天候の中、お泊りまでして参加して下さったみなさん、本当にありがとうございました。
外食が減った、とか、野菜を無駄にしなくなった、とか、嬉しいコメントたくさん頂いております。
食材を西から取り寄せたら、料理の間口を広げておかないと材料が使い切れなかったり、応用が効かなくてお野菜がダメになったり、ってことがあるけれど、レシピに書いてないことをきちんと理解できたら、お料理の幅はどんどん広がって、家にある材料で自分の食べたい料理を作れるようになります。

家で作る料理は自分にしか出来ない特別なものだし、毎日の積み重ねとなる大事なもの。時々身体にいいものを食べるのではなく、家で自分で作って食べる料理はいつでも美味しくて、身体に負担にならなくて、時々人を招いて一緒に楽しめたりする料理なのです。

本当に、御参加下さったみなさん、ありがとうございました。
レシピに書いてあることに囚われず、料理の基本の組み立てを理解したら、あとはご自分の都合の良いようにどんどん応用してレパートリーを広げて頂けたらと思います。

またご質問などあったらお気軽にお聞き下さい。そして、今回参加出来なかった皆さん、また次回是非とも御参加下さいませ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

永井由里さんと武久源造さんのコンサート。日本の底力。

永井由里さんのプロフィールを読むと、こんな人と普通におしゃべりしていいのかしら?と思うような経歴の方です。
コンクール荒らしというか、受賞しまくり。わたしなんぞは公募展に出すのも恐る恐る。入選したら大喜びで、入賞を狙うなんてこれっぽっちも考えられない。

音楽をする人は☆の数ほどいるけれど、その中でソリストになるにはこんな風にコンクールに出て賞をとっていかないとダメなんだから当たり前なのかもしれないけれど、これってオリンピック選手よりも大変なんじゃないかしら?って思う。

由里さんの演奏はいつも練習みたいなのばかり聞いていて、本番を聴くのは初めてだから楽しみにしていた。の・に・・・

大雪でまだ電車に乱れが残る日曜日。選挙に行った由里さんは40分弱遅れて現れた。

共演する武久さんは“こういうことのない人なんですが、それは後で由里さんが来たら吊るし上げるとして・・・”と前置きをしながら、音楽の話しをしてくれた。

今クラッシック界での話題はゴーストライター問題。耳が聞こえるとか、聞こえないとか、誰が書いたとか、そんなことより、音楽が良ければそれでいいじゃないか。そもそも音楽の世界では偽装は当たり前だった。

ベートーベンさんがピアノを弾いたら、ハンマーは飛び散り、弦は切れて、だんだんと鳴る音が減っていき、散らばったピアノの部品をアシスタントが拾って歩いた、なんていう話しが残っているらしい。それほど情熱的な演奏だったという話だけれど、武久さんがどんなに滅茶苦茶一生懸命ピアノを叩いてもピアノは壊れない。あの話しはウソじゃないか、とか、リストはコンサートではご婦人が失神する、というウワサを流し、サクラを使って失神させ、また次のコンサート会場でウワサを流し、サクラを使う、というようなことをしていた、とか。

源造さんが使ったピアノはスクウェアピアノというもので、四角くて蓋を閉めてしまえば机のようになるもので、1800年代にはよく作られたものだそうです。
これを修復する人がいて、皮は鹿革でなくてはならず、弦もそこらへんの弦ではダメで、手で叩いて伸ばしたものでなければいけないそうですが、そんなものが日本では手に入るので修復が可能なんだそうです。
こんな芸当は韓国や中国ではきっと無理。日本の底力はスゴい、というお話しでした。

そういえば、わたしのやっている染織の世界もどうやってご飯食べてるんだかわからないような人がよくやるねぇ〜というような仕事を延々と続けています。わたしもその1人ですが、結婚してるし、夫はサラリーマンなので主婦の趣味のように思われています。
趣味だってなんだって、お金に換算できない値打ちを作り出せるというのは楽しいことでございます。

そんな話しをしているうちに大汗かいた由里さんが到着。コートも脱がず、譜面台に楽譜を出して、バイオリンを持った由里さん。

「先日○○ホールに××さんのコンサートを聞きに行ったのですが、私服のまま演奏なさったので、どうしたのかな?と思ったんですが、遅刻したのかしら。でも演奏は素晴らしかったので、それに負けないように良い演奏をします」
とご挨拶。後から頂いたメールでは、人生で初めてコンサートに遅刻したのだそうです。由里さんの人生初にご一緒できて、ちょっと感激するのでした。

IMG_5331.jpg

大汗かいて、襟巻きも外してコートも脱げば良いのに、と思わなくもないけれど、そんな時間も惜しいとでもいうように先ずはG線上のアリア。
この曲はいろんな演奏法がありますが、由里さんはほんとにG線だけを使って演奏なさってました。
G線上のアリアはスコアをまだ覚えているので、演奏を聴くのも楽しいのです。

残念ながら、わたしは帰りの飛行機に乗り遅れる訳にはいかないので、途中の休憩の後、10分ほどで会場を後にしてしまいましたが、後半の演奏がどれほど素晴らしかったか、と思うと残念なのでした。

武久さんは福山でのコンサートの時とちがって、とてもリラックスして演奏しておられて、小さな会場で、おいしいコーヒーを頂きながらの楽しいコンサートでございました。
ご一緒してくださった、皆さん、ありがとうございました。

こんなそんなで怒濤の相模原出張でした。

IMG_5332.jpg
シャルマ・ドラ・テフテフのロートリュフをお土産に頂いた。1人でこっそり食べてます。
りえちゃん、ありがとう〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

夫の勉強会はこのところ色々でっち上げ料理ばっかり。

この忙しいのに、夫の勉強会である。わたしは忙しいなんてことはないけれど、このところ出張に行ったり、次の教室の日程が近づいていたりであまり余裕がない。夫は出張が近い上に会社の用事(仕事か?)も多いらしく忙しいらしいのに、一月は勉強会をしてないから、今月はやるんだ、と言って、無理矢理開催した。

え〜、大変だなぁ〜。材料もあんまりないけど、冷凍庫の中のものと乾物でどうにかすることにしよう。あ、キムチもたくさん漬けてあるからあれも食べよう。

朝のうちからスネのかたまりをたっぷりの水と一緒に鍋に入れて、大根と塩カボスを入れて水煮にする。ストーブの上に3時間も乗せておくと勝手に柔らかくなる。使い方は自由だ。

午後になって、ブタの軟骨を庭で勝手に出来た冬瓜と一緒にストウブで煮る(ストーブの上に乗せる)ことにする。寒い日の料理は煮込みに限る。ストーブの火を有効利用しているような気がして、良い感じです。

我が農園で出来た冬瓜であるが、もちろん実生、しかも勝手に生えてくる野生のような冬瓜だし、うちの農園は自然すぎる農法なので2月になっても冬瓜は腐らずに美味しいままである。おまけに冬瓜臭さのないとても美味な冬瓜であった。ついでに言うと、今シーズン出来た唐辛子も腐らない唐辛子で、台所に放置してある唐辛子は腐らずにカリカリに乾燥して機嫌良くしている。自然に出来るものというのは本当に腐らないらしい。

豆腐のキムチ乗せ
IMG_5336.jpg
もう酸っぱくなったキムチを刻んで、色々味付けをして豆腐に乗せるだけの手の込んだ料理です。

IMG_5334.jpg
刺身コンニャクの黒ごまソース。
黒ごまに色々混ぜてコクのあるタレを刺身コンニャクにトッピングした恐ろしく手の込んだ料理。

写真はないけど、鰆の小さいのとハマチの小さいのの刺身。

IMG_5337.jpg
スネの水煮と大根のスライスを大変に手の込んだソースを掛けたもの。

IMG_5338.jpg

青梗菜のタオチャオ炒め。

IMG_5339.jpg
軟骨と我が家と冬瓜の煮物。こんな料理はほんとに美味しいよねぇ〜。

IMG_5340.jpg
スネのスープで炊いたひじきご飯。このヒジキは周防大島のヒジキで、柔らかくて美味しい。
アラメゾンシェフからの頂き物でした。ごちそうさま〜。

煮物はストーブさんたちが美味しく料理してくれたので、今回の勉強会料理は簡単だったわ。段取りが良いとワタワタしないのね、ということが分かりました。いつも段取りできれば今頃もっと立派な人になっていたことでしょう。

今月も無事に妻の役割を果たしたのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

割烹着をやっと作る。

最近着物を着ていない。理由は・・・
お袖をいつか燃やしてしまいそうだから。(ぺんぎんさんの家はガスコンロ)
コンロの奥に菜箸やらレードルが立ててあるので、お鍋越しに手を伸ばすことが多い構造の台所になっているのです。

タスキしても袖はブラブラ。水仕事はできても、火の前じゃ危険。お袖をコーリンベルトで留めても、前掛けしても、やっぱりいつかやってしまいそう。いくら着物は母のお古だからといってもお袖を燃やしてしまうのは残念すぎる。

そうだ、着物といえば割烹着だ!しかし、あの白いポリ混の割烹着は着る気がしない。この家の中で真っ白は合わない。なによりわたしが落ち着かない。

柄物も売ってるけれど結構良いお値段。割烹着くらい作れそうだわ、と思って作り方を集めていた。


リメーク小物で楽しむふだんの着物―小物と帯作り、帯結びリメーク小物で楽しむふだんの着物―小物と帯作り、帯結び
(2007/12/09)
鈴木 道子

商品詳細を見る

この本、もう絶版みたいだけれど、人気が高いので図書館で借りてみたら、着物用の反物で作る割烹着が載っている。これはいいぞ。安い木綿の反物を買った方が手芸屋さんで広幅の布を買うより安いはずだし、直線断ちなところもナイス。

東京に行ってリサイクル着物屋さんに行った時、1000円で木綿の反物を一枚購入。

さて、今日こそ作ろう!と作り方をよく見たら4mチョイで出来るらしい。ふ〜む。一反の着尺を切ってしまうのはちょっともったいないような・・・と思ったところでふと思い出した。

そうだった、自分で織った6mくらいの反物があったのだ。着物にはならないし、帯にするにも二部式なら、というハンパな長さ。
これは織物学校で着尺の課題に織ったもの。縦縞の木綿で、縞の設計をして糸の計算もして、自分で染めて織ったもので、あ〜、わたしは着物を織るのはむいてないなぁ、と思いながら織ったのでした。

IMG_5341.jpg

もう25年くらい前になるんだなぁ〜。最後は琉球絣の練習をして、その次にチェックも織ってみたりして遊んだ。ずらしの琉球絣は課題だったな。上手な人は60センチくらい絣を織っていたけれど、わたしは挫折して課題の柄をいくつか織っただけだった。これ以来絣には苦手感と尊敬がないまぜになった気持ちが消えない。絣織る人ってすごいね。

IMG_5342.jpg

裁断。細幅の布で作る割烹着は生地の長さにあわせて断てばいいからほとんど余りが出ない。お袖口が傷んだらお袖を伸ばしてまた袖口にゴムが通せるように裄は長めに断って縫い込んでおいた。割烹着を何年着る気だ?と自分でツッコミ入れたりして。

半日ミシンの前に坐っていたら出来ました。
IMG_5343.jpg

割烹着的には派手かしら?

25年越しでやっと布を使ってあげれてすごく嬉しい。この着尺の講習の時に指導してくださった先生ももう鬼籍に入られて、わたしが自分で着物を着るまでどれだけ長い時間が掛かったのか、と思うとクラクラする。

というわけで、とっても久しぶりに家で着物を着ています。割烹着って暖かいとは聞いていたけど、ほんとに暖かいですね。

別に新しい反物から作らなくても、難ありの着物を解いて割烹着をこしらえてもいいのよね、と思いました。

上にご紹介した本のレシピでは、布幅+16センチくらいなので、やや細身かも。紐はレシピより長めに断ったほうがいいかもしれません。ちなみに、あたくし、ミセスの9号サイズくらいの身体なので、まあなんとか着れます。ミセス11号くらいの人は紐長め、それ以上の人は前身頃(というか前の真ん中の布)をレシピより3㎝とか5センチとか広く取ったらいいでしょう。
帯の上からウエスト回りを測ってよく検討してくださいね。

丁度ポケットをふたつ作る分くらいのハギレが出るので、ポケット付けよう。

わたしはエプロンも前掛けもあまり好きではなかったのですが、これだったら部屋着の延長で着れるので、良かったわ〜。
衿もお袖もお膝もしっかりカバーされるので、カレーうどんでもイカスミパスタでもど〜んと来い!って感じです。

久々に自分のものを縫ったのでした。裁縫は上手じゃないけど嫌いじゃない。
他にも半襟にしようと思っている布やら、ウソツキにしようと思っているタイの絣やらたくさんある。
それよりも割烹着にしようと思って買った反物や、頂いた有松絞りの反物・・・やっぱり和裁のお稽古に行こうかしら?わたしでも出来るかしら?と逡巡したまま半年が過ぎてます。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
1月21日(火曜日)干し柿のお粥とベジ麻婆豆腐。
2月16日(日曜日)ご飯の料理の予定。
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

キチュリ

今日は楽しい料理教室♡

割烹着を作ってご機嫌なわたしは母の紬を着て、久しぶりに名古屋帯を締めました。
すると、なんと、番長を連れたpupちゃん、小紋の着物にきれいな羽織を着て登場してくれました。

着物でベンガル料理を作る料理教室は世界中探してもウチだけでしょう。
割烹着はとても快適で、これを着てたら一日中着物でも全然平気です。スポーツクラブに行く気になりませんけれど。

去年は一年かけて粉で作る層になる生地ものをやりました。今年はご飯でいこう、ということで、わたしが大好きなキチュリという豆入りの炊き込み御飯のようなおじやのようなものを作りました。

IMG_5346.jpg

キチュリといってもいろんな種類があるのですが、わたしが好きなパターンを。他にもリッチなものからお米の収穫前の食べ物がほとんどない時に食べる水で伸ばしてドロドロな糊みたいに作るキチュリまで様々な、とっても懐の深いお料理です。

これね〜、好きなのよ。お米にダールを入れて、野菜をどっさり入れて、スパイス入れて水を適当にドボドボ入れて炊くのです。

わたしが作ると野菜がすごいたくさんになりますが、バングラデシュで働いていた時にはいつもキチュリをお弁当に持って行ってたわ。

IMG_5349.jpg


キチュリのお伴のアチャールですが、バングラデシュのアチャールは材料的にも難しいので、ネパールの大根のアチャール。
IMG_5348.jpg

そして、キチュリといえば、ベグンバジ(揚げ茄子)
IMG_5347.jpg

ついでにベンガルオムレツ。
IMG_5350.jpg

玉葱と唐辛子で普通の卵焼きがベンガル料理になってしまうのです。

IMG_5351.jpg

ちょっと彩りがイマイチだし、作りたてのアチャールは味も馴染んでなくてナンでしたが、久しぶりにキチュリ、美味しかったです。

わたしは普通に唐辛子を入れるので、3歳児番長は時々大泣きしながらもベンガル料理が好きらしく唐辛子に怯まず食べたり、泣いたりしていて面白かったです。え、子供に配慮しないの?って? はい、バングラデシュでは3才くらいになったら大人と同じものを時々泣きながら食べてますもの。

それにしても、番長、どうしてそんなにカレーが好きなの?番長がもうちょっと大きくなったら一緒にバングラデシュに遊びに行こうね。

今日は夫の会社に勤めていた若い人が子供(一歳児)を連れて遊びにきて、番長と一緒に遊んでくれたり、新しい方が着てくれたり、楽しい料理教室でした。

今日のお料理、唐辛子の量はご家庭の都合に合わせて調整して、どうかお楽しみ頂けたらと思います。
みなさま、遠いところありがとうございました。

次回は3月9日です。煮物と一緒に作る炊き込み御飯の予定です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

みんな温亀が大好き。

相模原の料理教室で。
集まった生徒さんたちが温亀の話題で盛り上がっていた。べつにわたしが売ってるわけではないけれど、なぜか全員温亀を愛用しているらしい。あれれ、みなさん温亀のファンだったのね。

IMG_2787.jpg

ある人は、お腹にいつも冷たいカタマリがあったという。それで温亀を使いはじめるとダルさと眠さがハンパなかったらしい。一週間くらいその不調が続いて、不調が治ったな、と思ったら、お腹の冷たいカタマリもなくなっていたらしい。
元気そうな人だけど婦人科系の病気をやったこともあるそうで、冷えが取れてホントに良かったとおっしゃっていた。

他の人も母娘で取り合いしてるとか、もう離せないとか。会社の人にどれだけ良いか話すんだけど、たいてい値段で考えちゃうとか・・・

そうよねえ、使ってみないと2万弱はなかなかお金出せないかもしれないわね〜、でもいいのにね〜、などと盛り上がっていた。

そうそう、湯たんぽと同じようなものだと思ったらとっても高くて手が出ないかもしれないですね。でもねぇ、1度使えば湯たんぽとは違うってこと分かるわよねえ


みなさん、夜はチンした温亀を抱いて寝てるのね、と思うとなんとも不思議な親近感に包まれるのでした。

神経痛で亀を抱く人、
IMG_5162.jpg

夜のおトイレを減らすために亀を抱く人、もっと深刻な身体の痛みのために亀を抱く人などさまざまだけど、みなさん温亀の温かさに等しく癒されるのね。

わたしは何処も悪くないし、冬の手足の冷たいのも治っちゃったけど、寝る時は温亀を5分チンして着替えと一緒に寝室まで運んで・・・

亀を抱いて寝ます。夜中に目が覚めて、身体の横に転がっている温亀を抱き寄せたときのぬくもりにまた感動して、また寝ちゃうのです。

育成光線については、こちら→「育成光線」ってなんや?

温亀作者の金九漢さんインタビューはこちらから→温亀作者、金九漢(キム・クハン)氏に聞く。その1 青春。から順番に読めます。その5まで。

その他、温亀さん関連は温亀カテゴリーを読んでね。→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-category-34.html
温亀活用法カテもあるよ→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-category-36.html

温亀、温平板は、シリアルナンバーを付けて管理しているガラージュベーからお求め下さいね。
↓↓↓↓ (シリアルナンバー入りは温亀のみで、平板には入ってません。)
http://gb.kintsukuroi.com/

お申し込みすると振込先(三菱東京UFJ銀行or 郵便局)を知らせてくれるので、お振込したら送って下さいます。先払いになっているので、お気をつけ下さい。
ぺんぎんさんのブログで見た、と言って頂くと話しが早いし、優先的に発送してくれるかもしれません。
ガラージュ・ベーに行けば現物を触って選ぶことも出来ます。お電話の上お出掛け下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

高円寺の豆ぶどうさんに行ってきた。

ブログやお店のHPを見てると、あ〜、ここは行ってみたいなぁ〜、とグっとくる時がある。

「やっぱり着物はしょせん服です。」っていうタイトルのブログでお店の商品を紹介してらっしゃる豆ぶどうさん。
↓↓↓
http://ameblo.jp/mamebudou/

最初は黄八丈の半幅帯を検索していて見つけたブログでした。その後、きもののきのBettyさんもご紹介なさっていて、おや、これは?と思ったのです。類トモでしょうか?

タイトルもオトコマエですが、黄色の格子の着物に半幅帯をキリっと〆て、衿のゆるい加減もなんとも素敵。籠を持って八百屋さんでトマトを買おうとしてる写真にグっときてしまいました。

あ〜、高円寺かぁ〜。ネット通販しないのかぁ〜。これ衿芯入ってないなぁ。着物はしょせん服だよなぁ〜。

このブログのトップにある写真のなんと饒舌なことでしょう。

先週、東京に出張する時、相模原のりえちゃんも豆ぶどうさんに行きたいと言ったので、飛行機の時間をちょっと早めて高円寺に寄ることにした。もちろん、お店にはその日の営業の確認もしておいた。行ったのにやってなかったから悲しいものね。

なんとなく話しのついでにBettyさんをお誘いしたら、「あ〜、行きたい、ちょっと遅れるけど行けたら行きます〜」のお返事。

まぁ〜、なんという贅沢。Bettyさんと一緒に着物屋さんに行けるなんて!!超初心者のりえちゃんも大喜びです。

高円寺でちょっとウロウロ、タイ食材屋さんを探して撃沈しながらも豆ぶどうさんに無事到着。狭い間口の奥が畳を敷いてあって棚に着物と帯がギッシリ。壁際のハンガーには嬉しいことに長襦袢まであります。

豆ぶどうさんは身体が大きいとおっしゃってるけれど、小柄に見えます。クリんとした髪型がクリクリまなこによく似合っておられて、とても可愛らしい感じの方でした。

Bettyさんが最初にユルユル着物の着方を目の当たりにしたのは、豆ぶどうさんだったんだそうで、師匠のブログに出会うのはその後だった、ということにちょっと驚きました。

色々見ているうちに、Bettyさんもやってきて、作り帯など物色なさったり、豆ぶどうさんと着物のお話しをなさったり。

残念ながらわたしに合う長襦袢は見つけられなかったけれど、超初心者の理恵ちゃんはウールの可愛い着物に半巾帯と名古屋帯、それに長襦袢もゲット。
ポリだけど紐もあって、豆ぶどうさんでは初心者さんでもお手頃価格で必要な小物まで一式揃うようになっています。

わたしは組の帯と白地に青の更紗の帯。そして、ちりめんの黒の更紗まで買っちゃって・・・あ〜、何やってるんだか・・・

リサイクル着物でも趣味の合いそうな人が選んだお店は気合いが入ってしまいます。ああ、こんな帯、わたしが買わずに誰が買う?!
IMG_5345.jpg

東京についてすぐにバッグがパンパンをパンパンに膨らませて、煩悩の重さを噛みしめたのでした。

わざわざ八王子から来て下さったBettyさん、ありがとうございました!

豆ぶどうさんでは着物の着方も教えて下さるので、着物持ってないし、着方も分からないけど着付け教室とか行きたくない、という方で中央線に便利な方にはとってもオススメの着物の師匠であります。
ほとんどゼロから着物ライフを始める人には強い味方です。慣れないうちはネット通販やオークションよりも実物を見て、身体に巻いて選んだほうが無駄がありませんものね。

わたしはこの日豆ぶどうさんがお召しになってた“うわっぱり”に目が釘付けになっていて、「ちょっと失礼」と生地を触らせてもらいました。ウールでね、ちょっとふんわり織ってあって、毛玉になってて、あ〜こんなの家で着たいわぁ〜って思うような布だったのです。
写真はこちら→
あ〜、いいな〜。上っ張りかぁ〜。ホームスパンかしら?
木綿で割烹着もいいけど、ウールの上っ張りもいいわ〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

バンコク状況

わたしのブログを読んでくれている人で旅行が好きな方が三人くらいはいらっしゃるようなので、タイトランジット状況について書いてみようと思います。

皆さんご存知の通り、タイはいまえらい騒ぎ。前回みたいにショッピングモールに火をつけたりはないようだけど、市内中心部はあちこち通行止めになっているようで、観光客も激減しています。

福岡から飛行機に乗るのですが、福岡バンコク便もガラガラ。観光客らしき人はプーケットやチェンマイに直行(バンコク乗り換えで)する方が多いようで、他の人はわたしのようにタイより西を目指す人か、ビジネスの人。あと多いのがタイからの観光客の方でした。

バンコク市内、パラゴンなども営業しているようですが、先に出掛けた夫が言うには、あちこちで道路封鎖しているし、BTSの下はホコ天状態だから、用がなければ行かないほうがいいだろう、ということ。

いつもダッカに飛ぶときのバンコクトランジットでは、安ホテルに泊まったら騒音で眠れなかったり、中級ホテルに泊まったら、これまた何事かで眠れなかったり、というトラブルに見舞われるわたし。早朝の移動も1人というのは気を遣うので、今回は空港送迎付きのホテルにいたしました。

工場や会社が立ち並ぶ何もないようなところにホテルがありますが、送迎付きだから問題なし。

夕方ご飯ついでに出掛けたら、ちょうど工場帰りの庶民の皆さんがゾロゾロと家路に向かう時間で、そんな人を相手にする食堂が営業していて、楽しくタイ飯を頂きました。ホテルのダイニングよりナイスです。

ホテルでは何もすることがないので、プールで無理矢理泳いで(ちょっと寒かったので誰もいなくてナイス)身体を解したらマッサージいらず。プール付きのホテルというのは良いものでございます。

スイスイ泳いで、身体を拭いてサウナで温まりながら読書。

始祖鳥記 (小学館文庫)始祖鳥記 (小学館文庫)
(2002/11)
飯嶋 和一

商品詳細を見る


この本、じっくり読もうと大事にとってあったの。旅行の楽しみはゆっくり読書に浸れるところかもしれません。日常ではじっくり小説が読めないもの。

朝ご飯、夫は早めにホテルを出て空港のスタバやら一階のクーポン食堂やらで朝の時間をお楽しみになったようですが、早く目が覚めてしまったわたしは結局ホテルで朝食をすることにしました。だってさぁ〜、空港のカフェって結構良いお値段だもの。それにこれからダッカに行ったら生野菜のサラダはないし、毎日カレーだし。ベンガル料理は世界一美味しいんだけど、毎日同じってのはダメなわたしなのです。

さて、空港ですが、いつもはごった返しているスワンナプームもそれほどの混雑はありません。
機械チェックインマシンが増えていて場所が変わってます。結構面倒ですが、列に並ぶよりはちょっと早いかな?という感じ。機械はガラガラです。
最後の危険物がかばんに入ってないか?という質問にはイエスで答えないと振り出しに戻ります。

チェックインが終わったら、その先の手荷物検査やイミグレもそれほどの混雑はありません。全行程30分くらいで終わりました。

空港の中は相変わらず、お店だらけです。

IMG_5352.jpg
ボーディングまで1時間くらい時間があるので、カプチーノ飲みながらブログの更新をするのでした。
最近はダッカでもカプチーノが飲めるようになったのですが、こうやって貧富の格差はどんどん広がるんだなぁ、と思うのでした。
わたしが仕事をしていた頃はお金を使うところなんかなくて、サリーを買うのが唯一の楽しみだったわぁ〜。
ダッカでカプチーノ飲みながらインターネットも悪くないけど、ちょっと味気ない気持ちも拭えません。こうやって昔を懐かしむようになったらもうお終いでしょうか?変わったところも変わってないところも楽しんで来ることにいたします。

さて、そろそろゲートに向かいましょうか。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

バパピタ

ダッカでは2日ほど歌の先生の家に居候させてもらいました。
丁度先生の末の息子がダッカに来ているし、お手伝いさんが上手にピタを作るから、ピタを食べさせるわ、と準備してくれた。

ピタというのは、日本で言うとおはぎや団子のように家庭で作るお菓子のことで、だいたいお米の粉で作るようですが、小麦で作るものもあります。米粉はもちろん自家製で、平石の臼で粉にするのでなかなかに手間の掛かるものです。
ふるさとのお袋の味という感じの食べ物です。

ピタと1口に言ってもものすごく種類があるのですが、それほど色々知ってる訳ではありません。

今回ちょうどお手伝いさんがバパピタを作るところを見せてもらいました。

米粉を作るところからやると大変なので、米粉は前日に仕上げて冷蔵庫で保存。

お手伝いさんが来てココナツを割ってるところで、ベッドから出てきてココナツ水をゲット。

IMG_5353.jpg

ココナツの水、久しぶりです。ベンガル語では青いココナツと熟れたココナツでは呼び名が違います。青い水を飲むためのココナツは、ダブ、中身を使うための熟れたココナツはナリケールと言います。ナリケールになったら、ココナツの実の外側の繊維もタワシに使ったり、マットレスの材料にします。
このココナツの繊維でできたマットレスはへたりにくくて、涼しくて、なかなか良いものです。重くて運ぶの大変なんだけど。

米粉に小麦粉をちょっと混ぜて、ミルクで湿り気を与えて、お椀に詰めて、デーツの樹液から作った黒砂糖と削ったココナツを乗せて、その上からまた米粉を振りかけて

IMG_5362.jpg

こんもりさせたところで、こんな蒸し器を作って強火で蒸します。

IMG_5359.jpg
ハリーという名前の鍋にピッタリサイズのピタの蒸し器。蒸気が漏れないように小麦を練って鍋と蒸皿を固定するところが素敵です。

IMG_5358.jpg

こんもりと山形に盛ったお椀に網を被せて上手にひっくり返して、お椀を外して蓋をして蒸します。

10分ほど蒸したら出来上がり。
1つづつ作るのでたくさん作るのは時間が掛かるし、なるほど、これはふるさととお袋の味でございます。

IMG_5360.jpg

お米の白さが目にしみます。甘くてココナツ味のおにぎりみたいな感じかしら?1つたべたらかなりお腹いっぱいですが、お手伝いさんが激しくオススメしてくれて2つ食べてお腹パンパンになってしまいました。朝から・・・

わたしは料理は愛情派ではないけれど、こんな手間が掛かる素朴な料理は、愛情がないと作れないなぁ〜と思うのでした。

先日うちに来たインドでお仕事していた友達がかるかんを「これってババピタよね、ババピタババピタ」と言ってたけれど、そうそう、ババピタ日本でも作れるわ。

ちなみに、わたしも他の日本の人も、ババピタって思ってる人が多いけど、先生の息子にチェックしてもらったら、バパピタ、もしくはドゥピピタだそうです。

米粉で蒸したおにぎりみたいなバパピタ、日本バージョンも色々出来そうです。
自家製の素朴なオヤツってめちゃ渋好みでいいなぁ〜と思える今日この頃です。
リピさん、ありがとう。
先生、ごちそうさまでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

心臓手術を回避する簡単な方法。

友達の家にご飯を食べに行く。友達は家族でアメリカに遊びに行く前日。みんな揃ってご飯が食べられるのはこの日しかないから、ということで無理矢理予定に組み込んでもらいました。
わたしは国際母語デーのコンサートにも誘われていたけれど、友達とのご飯を優先してしまいました。だって、こっちの予定のほうが先に決まってたんだもの。

荷造りしながらまともにゆっくり話しも出来ないけれど、友達が面白い話しを聞かせてくれた。

会社に出入りしているキャノンの代理店の社長さん、昔から友達だったんだけど、すごくコレステロール値が高くて、もう死ぬぞ、と医者から言われていたらしい。

彼はある時インドの民間療法を人から聞いただか、ネットで調べただか、簡単なレシピを見つけてきて、ダメモトで始めたらしい。

そうしたら、一週間で歩くのが楽になり、一ヶ月でコレステロール値も正常に近くなって驚いたそうで、そのレシピを山ほどコピー(コピー機の会社だから、お手の物)して会う人ごとに配り歩いているらしい。

そのレシピというのがこちら

IMG_5380.jpg

手術なしで心臓疾患を予防する方法。

レモン汁 1カップ
生姜汁  1カップ
にんにく汁1カップ
リンゴ酢 1カップ 
これを3カップの分量になるまで煮詰め、3カップの蜂蜜と混ぜる。

毎朝食事の30分前に大匙1杯飲む。

これで心臓の血管をブロックしているもの(コレステロール)がゆっくりと溶けます。これを食べ終えてから検査してみてください。


友達は早速すべて半分の量で作って食べ始めてみたそうですが、アメリカ行く時持って行くの?どうするの?という話しになりました。

彼が言うには、生姜とにんにくが入ってるから美味しいらしいです。にんにくと生姜の汁が1カップってのはかなりたくさんの量が必要になるけれど、煮詰めるからそれほどの刺激もなさそうで、これは試す価値がありそうです。

わたしには必要ありませんが、バングラデシュの友達はみんなおいしいご飯を山ほど食べて幸せな人生を送っているので、友達に知らせてみようと思います。

しかし、昨日見せてもらったこのお薬、味見させてもらえばよかったのに、失敗しました。

「明日から出掛けるから、今日はなんにもないのよ〜、イリッシュ(魚の名前)も小さいのしか買えなくて〜」といいながらもこんなにごちそうが並びます。

IMG_5379.jpg

コレステロールで心臓の血管が詰まり気味の方、どうかインドの秘法試してみて下さい。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

「始祖鳥記」の着物の描写がなんとも素晴らしい!

今回の旅行のお伴に持ってきた本が素晴らしかった。

始祖鳥記 (小学館文庫)始祖鳥記 (小学館文庫)
(2012/10/12)
飯嶋和一

商品詳細を見る


物語りは、江戸時代、今でいえばハンググライダーを竹と紙や絹布で作って空を飛んだ日本人の話し。なんだけど、それだけに留まらない、スーパー舵取りとか、塩問屋とか、旅の砂絵芸人とか、エクストラオーディナリーな人がたくさん出てくるお話しです。

このハンググライダーで飛んだ人は裁判記録とか、ちょっとした覚え書きのようなものが残っていて、それを元に組み立てたノンフィクションの歴史小説です。ノンフィクションといってもどこまでフィクションでどこからノンフィクションなんだかわからないんだけれど、そこがまた楽しいのです。飯嶋和一さんの小説って初めて読んだけど、いや〜、早く違う作品も読みたいものです。

今までも時代小説は読んでいたけれど、自分で着物を着ていなかったので、人物の衣装のところもなんとなく読み飛ばしていたのだけれど、この本は、髪型着物や帯、羽織はもちろん煙草入れから根付けに至るまで細かく表現されていて、まるでバルザックの小説みたいだけれど、それほどイヤミでもクドくもないところがまた素晴らしい。

たとえば、主人公の幸吉が弟の弥作と児島の実家に戻る時の服装はこうだ。

二人とも品のいい麻裏草履をはき、色の浅黒い方は万筋子持縞の、もう1人は菱青海波文の紡ぎ袷を身につけ、本博多の帯には煙草入れを差していた。煙草入れは揃いの品で、萌黄地のオランダ織りに入った縞目だけが片方は朱、色白の方が身につけているのは緑だった。緒締めの赤サンゴ玉は双方同じものだった。どう見ても船待ち茶屋に遊びにきた裕福な町衆だった



こんなシャンとしたなりで里帰りをしたので、向かえにきていた長兄がだれだか分からなかった、という話しになる。

幸吉が捕まる時は、弥作に言われて木綿無地の単衣と普段は使わない平織りの小倉帯を着る。

牢から出てきて、ところ払いになった幸吉は実家の児島に戻るのだが、その幸吉を迎える兄の他に児島一番の金持ち、福部屋のボンの出で立ちはといえば、

その中に1人だけ見慣れぬ大男がいた。船着きに集う人垣から胸より上が丸々飛び出たその大男は、海中から石段を積み上げた雁木の上で1人だけ絽の羽織をまとい、一心に海の方を見つめていた。黒々とした濃い髪をカラ油で輝かせ、真っ白い元結いはもとより、落ち着いた風合いの紺絣もおよそ庶民には手が出ない薩摩絣で、金糸を織り込んだ正絹の博多帯も一際異彩を放っていた。



布の風合いから、でそのお兄さんの体臭まで漂ってきそうな文章です。偉丈夫なんていう安易な表現を使わないところがまた素晴らしい。

こんな調子で主要な登場人物はもちろん、出てくる役人まで細かくどんなものを着ているか書いてあるのです。

男の人には着物の着こなしやコーディネートの参考になること間違いなしな男物着物小説でもあります。

岡山とか、児島とか、下関とか、房総だの浦和だの、駿河だの、縁のある土地が舞台になっているところも楽しい小説、あんまり面白かったので、また読み返しています。

飯嶋和一さん、恐るべし!!次の旅行の本は「雷電本記」に決まりかな?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

ヒンディー語のドラえもん

バングラデシュのテレビのチャンネルは南アジアスタンダード。日本のアニメを英語の吹き替えやヒンディー語の吹き替えで放送していて、子供たちはみんなよく知っている。1度友達の子供たちがポケモンの歌を日本語で歌っていて驚いたことがある。
物語りは吹き替えでも主題歌まで吹き替えがないから、そのまま流れるわけです。

先生の家でテレビを見てたら、ドラえもんがやっていました。
のび太もジャイアンもヒンディーをしゃべってるのもヘンだけど、それをベンガル人から通訳してもらうってのはとっても不思議な感じがして、2人で笑ったのでした。

以前お世話になったレンタカーの運転手さんと再会したら、家にご飯を食べに来い、という話しになりました。ダッカ近郊に引っ越して、そこから通っているそうで、是非来てほしいといって聞きません。

まぁ、丁度人も来るし、普通のバングラデシュの人のご飯を食べさせるのも良い機会だし、庶民の生活を見せるのも良い機会だから、と出掛けてきました。

ご近所を案内してもらったら、幼稚園の壁にこんなペインティングが!!

IMG_5386.jpg

頭が尖っているのは、竹コプターのつもりかな?回転している羽が描かれてないのがやや残念だけど、この壁画を描いた人は上手だねえ。
その隣にはトムとジェリーの絵があって、ドラえもんがこんなに愛されてるんだなぁ〜、とちょっとしみじみしたのでした。

幼稚園のそばの茶屋。
IMG_5389.jpg
ここは雑貨屋を兼ねていて規模が大きいですが、おじさん1人で経営しているようです。

IMG_5388.jpg

茶屋の前にいたワンコ。

もうダッカではこんなのどかな光景みれないので、しみじみしてしまいました。
ご飯のことはまた今度。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

運転手さんの家でごちそうになる。

レンタカーの運転手さんがどうしてこんなに良くしてくれるのか、いくら考えても分からないけれど、彼にとってわたしたちは変わった客だったのだろう。

以前1度奥さんの手料理をごちそうになったのだけど、ナニを食べたのか全く覚えてないどころか、どんな家だったかも記憶が定かではありません。彼の運転でリバーエロージョン(河の浸食)を見に行って、その田舎の家で食べた記憶はあるけれど、あれが運転手さんの家だったのか、奥さんのご実家だったのか、それとも全く別の人の家だったのかも覚えてない。ダッカの彼の家でもごちそうになったはずだけど、それについてはすっかり忘れている。

奥さんの顔には見覚えがあるから、間違いなく彼女の料理を食べさせてもらったんだと思う。

バングラデシュでは、おもてなし料理メニューとお惣菜メニューがまったく別で、お惣菜メニューを食べさせてもらえるようになるにはかなり親しくなる必要がある。おもてなしメニューは油も多くて食べるのが大変なので、家に呼ばれる時にはなるべく白いご飯に野菜のおかずにしてちょうだい、とお願いしておくのです。

今回、お客さんを連れて行くので、おもてなしメニューが並ぶことを覚悟していたけれど、運転手さんも奥さんもわたしたちの好みを覚えていてくれました。

IMG_5392.jpg

グチャグチャしたこんもりしているのは、干し魚の料理。チッタゴンから運んできたものだそうです。奥は夫の好物の苦瓜炒め。イリッシュ(Hilsa)の揚げ物、そして、わたしの好物の揚げ茄子。

苦瓜炒めには小さいエビが入っていて、そのエビの頭の先を全部落としてありました。何とも手間が掛かっています。バングラデシュの女性のこういう細かい仕事には本当に頭が下がります。わたしは料理は愛情だと考えないけれど、こんなエビの下ごしらえはやっぱり食べる人への愛情がないとできません。お金では得られないものがここにあるなぁ、と思います。

IMG_5390.jpg

他にも大きなエビ、鶏のカレーに牛のカレー、そして野菜のカレーや魚と菜っ葉の料理など、運転手さん、おおいに張り込んでくれて、本当に有り難く、また申し訳ないのでした。

日本から着いたばかりのお客さんには、今日のもてなしがどれだけ特別なものか、バングラデシュの料理についてちょっと聞いてもらいながら召し上がって頂きました。

料理を食べたらそうそう、この人の料理、前も食べさせてもらったわ、と思い出しましたが、ダッカの家のことはまったく思い出しませんでした。

本当に何もかも値上がりして、魚だってエビだって、すごい値段だっただろうに、ありがとうございました。

彼の家ではもう1人子供が増えて、彼もちょっとふっくらして(でも太ってない)、みんな幸せそうだったのが何よりのごちそうだったかもしれません。

今回の運転手さん、高血圧であまり食べられない、と言ってたら、晩ご飯を寝る前に食べないで、夕方8時までに食べるようにすればいいんだよ、と彼が説明するのには驚きました。

どうやらこの家族は以前わたしが唱えたナチュラルハイジーンの食事の時間を覚えていて、生活を変えたようです。

う〜ん、この階層の人が生活習慣を変えるというのは大変なことですが、こうやって彼の家族が健康で幸せにしているのを彼の友達や親戚が見習って、生活習慣を変えて病気にならない生活が出来るようになったら、わたしのは何より嬉しいです。

モンスール、奥さん、ごちそうさまでした!
これからもどうかご家族みなさんお幸せに!!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

オールドダッカと念願のハジ・ビリアニ

今回のバングラデシュは、バングラデシュが初めてという人たちと一緒なので、日頃行かないところにも遊びに行きます。

オールドダッカ、道が入り組んでて渋滞もヒドいので、用事がなければ行くことはない地域ですが、古い街なので趣きがあります。

アジアティックソサエティーに車を置かせてもらって、まずは腹ごしらえ。(注:アジアティックソサエティーは駐車場ではありません。良い子のみなさんは決して真似しないように)

オールドダッカといえば、ハジ・ビリアニでしょう。この歴史と伝統のあるビリヤニの専門店、初めて食べます。

IMG_5397.jpg

看板もなにもない。いや、あったのかもしれないけど、ない。

IMG_5396.jpg

巨大なハリ(鍋)を抱えてオッサンがドッシリと坐っている。
店は小さいけど、持ち帰りの客がひっきりなし。

IMG_5395.jpg

しばし待っていたら、出てきました。メニューなんてもちろんなくて、何人前か伝えるだけです。
ビリアニは肉の入った炊き込み御飯ですが、バングラデシュのビリアニはチニグラという小粒の香り米を使うのが特徴です。

ビリアニとライムと唐辛子。この青唐辛子をかじりながら食べるのですが、わたしはそこまで上級者じゃありません。まぁ、お好み次第というところですね。

初ハジ・ビリアニ、ずいぶんシンプルなビリアニだなぁ、というのが感想です。そうか、これがハジ・ビリアニかぁ〜、ちょっとダッカの人のハートに触れた気がしました。

バングラ随一の老舗で腹ごしらえをしたら、リキシャに乗って散策がてらショドル・ガートを目指します。

IMG_5398.jpg

この日はひどい渋滞。いくらオールドダッカでもこれはないんじゃないの?というような渋滞どころか、ピクとも動かない。大学生が暴動を起こしてえらいことになっていた。

渋滞にハマっている間に暴動も治まり、徒歩とリキシャでショドルガート(中央船着き場)に。
船着き場といっても河の船着き場です。バングラデシュの河は瀬戸内海くらいの規模があるので、日本の人に理解してもらうのは難しいのですが、このダッカの南を流れるブリゴンガーは日本の人が“あ〜、雄大な流れだなぁ〜”としみじみ出来る規模です。水は汚いけど。

IMG_5400.jpg


船着き場でフォキール(吟遊詩人)が歌を歌っていた。
IMG_5399.jpg

そういえば、前回来た時は女性のフォキールがいたので、わたしが1曲歌ったら大受けして彼女が首に掛けていたタビーズ(数珠)をもらったんだったわ。
この後、またリキシャと徒歩でアルメニア教会に。
IMG_5408.jpg

前はいつもリキシャに乗ってあちこち行ってたなぁ〜。以前教会の中を案内してくれたマーティンさんは今は病気で臥せっているそうです。まだダッカに9家族ほどのアルメニア人が残っているそうですが、わたしはマーティンさん以外お目に掛かったことはありません。
この教会では、クリスマスには欧米諸国の大使をはじめ在住キリスト教徒が集まって盛大なミサをする以外、日常のミサはないそうです。

またリキシャに乗ってアジアティックソサエティーに戻り、長い散歩は終わったのでした。

たまに人を案内すると、わたしも観光が出来て楽しいのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

ポッダ(ガンジス川)とバングラデシュのリバーエロージョン。

ヒマラヤから流れるガンジス川はバングラデシュに入るとポッダ河と名前を変える。日本の人にこの河の大きさをイメージしてもらうのは難しい。対岸が見えないほどの大河がどんぶらどんぶらと流れるさまは私たちが考える河の規模をはるかに越えている。

今は水の少ない季節なのに、対岸は霞んで見えない。途中に陸地らしいものが見えるのは、中州だったりするのです。

IMG_5417.jpg

この日は、河の浸食で土地がどんどんなくなる、という現場を見に行きました。
今回は、渡しのあるマワというところの浸食が酷く、フェリー乗り場が3度も移動したという。

フェリーだって宮島へ渡るフェリーの5倍くらいの大きさです。
IMG_5411.jpg

フェリーに乗せてもらいました。
IMG_5414.jpg
フェリーのそばに漁民とリバージプシーの舟が見えます。

さて、今の船着き場から前の船着き場に向いて歩いてみましょう。

日本の人は、護岸工事ができないのか?などと簡単に言うけれど、日本の河とは訳が違います。1度わたしの歌の先生が日本に来た時、日本の自然の印象を聞かれて、「新幹線から見た景色の用水路がとても美しい」と言ったのですが、日本の河など所詮バングラデシュの人にしてみたら用水路の規模だということにショックを受けたものでした

さて、世界最高のリバーエロージョン、写真でどれだけお伝え出来るかしら。

IMG_5422.jpg

よく見たらアスファルトだとわかると思います。この先2キロ道があったそうです。

IMG_5421.jpg

崖っぷちに見えますね。

IMG_5423.jpg
家の土台がわかるかと思います。上は浸食が近づいてきたので運べるものは壁のレンガまで持ち出しますが、避難先などはもちろんありません。

IMG_5426.jpg
崖っぷりで佇む人、道路にはヒビが入ってるので、ここが落ちるのも時間の問題です。あまり崖っぷちに立つと危ないよ、とアドバイスしてくれる通行人がありました。

IMG_5427.jpg
崩れたところを上から見たところ。波打ち際に波が立ってるのがわかると思いますが、この大きな河、結構なスピードで流れています。

IMG_5424.jpg

リゾートビーチじゃなくて、河です。この先に前の船着き場がありました。船着き場はもちろんバス停や飯屋などがたくさんあるので、船着き場で商売していた人たちはみんな新しい船着き場にまた小屋掛けして仕事を始めていますが、これは本当に大変なことです。

マワのガートがこんなに崩れてしまうなんて、10年くらい前に見に行ったエロージョンで商店街や銀行が河に落ちていたのもショックだったけど、ほんとになんとか出来るものならなんとかならないか、と思うのですが、河と共に水と共に生活するのがバングラデシュの人々なのだなぁ、とも思うのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

牛乳のチャイや激辛唐辛子の木など、珍しいものに出会う旅でした。

浸食の現場を見てバススタンドに戻ってきたら、運転手さんが「ホンモノのミルクのチャイ飲みませんか?」と言った。
うーん、お茶もいいけど、その前にトイレあるかしら?

トイレの横に小さな菜園があって、茄子や唐辛子を育てている。

IMG_5432.jpg
この葉っぱの大きな唐辛子は、悪魔唐辛子と呼ばれるほおずきのようなカタチの唐辛子で、世界一辛い唐辛子。こんなに何本も植えて、よほど辛いものが好きな人がいるのね。
辛さはもちろんですが、この唐辛子は香りが素晴らしいので一部に熱烈な愛好者がいるようです。

バススタンドに浸食から家ごと避難してきた人が仮住まいしてました。
IMG_5431.jpg

トタンの家なら引っ越しもお手軽ですが、土地が失われたのだからこの先大変です。

さて、お茶。
IMG_5434.jpg
オッサンがカップに温めたミルクを注いで、
IMG_5435.jpg
茶を入れます。

この先のお点前が茶屋の醍醐味ですが写真には写らないので省略。

バングラデシュではインドと違ってそれほどフレッシュミルクが流通してないので、普通の茶屋では粉ミルクとコンデンスミルクを使うのですが、この地域はたくさん牛を飼ってるので、こんな生の牛乳で茶を飲ませる店があるんですね。

デミタスカップ一杯で5タカでした。(1タカ1.3円くらい)

船着き場の店で昼ご飯。
何軒も同じような店が並んでます。
IMG_5437.jpg

さすがに魚の料理ばっかり。ポッダの魚は臭みがなくて美味しいのです。

食後にレンガの竃を散策。
IMG_5438.jpg

遺跡じゃないよ、レンガ焼きも冬の風物です。

IMG_5439.jpg

この辺りは同じベンガル人なのに家の造りが違って、高床式の二階建ての家がたくさんあります。
(普通のベンガル人の家は、土間で平家。壁は経済力によって竹、トタン、レンガ等。雨の多いバングラデシュでは土壁が手入れが面倒なので少ない。)
家の中がどうなってるのか、ちょっと入ってみたい気がします。
IMG_5439.jpg

ポッダはこのマワ船着き場のあたりだけ川幅が狭くなっているので船着き場があるのですが、だからこそ浸食の被害を受けるのです。浸食されても船着き場をどんどん移動させてそのまま生活を続けるのだなぁ。

もう一度ポッダの写真。
IMG_5417.jpg

河といっても瀬戸内海くらいの幅があるのよ、と日本の人に説明するのですが、冗談を言ってるとしか思われません。でも対岸が見えないほど広いのがバングラデシュの河なんですよ。しかも河口ははるか彼方だし。

この河には河イルカもいてフェリーで渡る時には時々会うことができるんですよ。

久しぶりに郊外のショートトリップ、楽しみました。ダッカはすごく変わっているけれど、田舎の風景はまだ昔と同じ。それでも子供たちの服装が良くなっているのを見ると、この国も底上げが進んでいるのだな、と実感します。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。

ルンギーという腰巻き。

腰巻きと一言で言っても色々ある。インドのヒンドゥーの人が着るドーティーも独特なものですが、ルンギーは輪に縫うというところで他の腰巻きとは違う。
ちなみに、日本の腰巻き、紐で縛るタイプは南アジア、東南アジア的にイマイチな感じが拭えないけれど、下着なんだから仕方がないかな、と思うことにしよう。

ルンギーは南アジア全般で広く愛用されている腰巻きであります。主に男性が用います。金持ちから貧乏人まで、民族、宗教に関わらず、愛用されている衣服です。

腰巻きといってもある時はショートパンツに変身することさえするオールマイティーな布です。

インドに行ったら男がスカートはいてる、と勘違いする人が時々いますが、スカートではなく、ルンギーです。

今回撮った写真の中でいろんなルンギー姿が写っているので、ちょっと解説してみようと思います。

IMG_5421.jpg
道行く人。これはバングラデシュでは一般的なルンギーですね。ヒラヒラと裾がなびいているところが美しいです。

IMG_5435.jpg

かまどの前にどかっと座った茶屋のオヤジさん、この方もルンギーです。筒に縫ってあるので、前が割れる心配がないところがナイスです。

IMG_5396.jpg
巨大ハリーの前に坐るビリヤニ屋のお兄さんももちろんルンギーです。

IMG_5397.jpg
ルンギー姿を前から見るとこんな感じで前でプリーツをとって縛ってあります。だから足さばきもいいし、胡座座もできます。

IMG_5399.jpg
波止場の野次馬の中にももちろんルンギーの人。バングラデシュの男性用ルンギーはだいたいこんなチェックです。

ルンギーにランニングだと労働者か寛ぎ過ぎな感じですが、ルンギーの上にシャツを着ると庶民にはちゃんとしたよそ行きスタイルになります。最近オフィスにルンギーで来るひとはもういないようです。

ビルマ国境方面に旅行に行くとお土産にビルマルンギーを買ってきてくれ、と言われることがあります。柄や生地がちょっと違うので、お土産としてとても喜ばれます。

このチェックのルンギーですが、手織なんですよ。
バングラデシュやインドでルンギーの着心地にノックアウトされて日本でも部屋着として愛用している人が日本で手に入る普通の布で作ったけれど、ルンギーの着心地にならないとぼやいていたので、やっぱりルンギーは手織でないといけないようです。

魅惑のヒップラインも楽しめるルンギーですが、もちろんルンギーの下にパンツははきません。風通しも良くて大変衛生的です。

後ろ姿はキリっとタイトで裾つぼまりな柳腰は着物に通じるものがありますが、腰の位置の高さが半端ないバングラデシュの人々です。

ルンギーの結び方には数種類あるし、着こなしも色々楽しめますが、ルンギーの着方教室や着付け教室のようなものはありません。
ルンギーの結び目にお金や煙草を格納するようなことも出来て、ほんとに便利な衣装です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月9日(日)スネの煮込みと炊き込み御飯
3月11日(火)折り畳みパイとパイ包み 
どちらのクラスも新規生徒さん募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
短期集中講座等ご希望はご相談ください。