いとこが色々送ってくる。

昨夜、突然LINEで愛知に住むいとこから「荷物送ったよ〜」と連絡が来る。

やった〜、味噌煮込みうどんかな?名古屋といえば味噌煮込みうどんなあたくし。
うどん?と聞いたら違うという。割れるかもしれないけど、溶かして使う食べ物だっていうから、え〜なぞなぞ?なんやろ?チョコレート?でもなんで?カレーのルー?なになに?

と思っていたら、チョコレートだった。
fc2blog_20141101205432823.jpg

料理教室でガトーショコラを作るようにという宿題らしい。オレンジピールのチョコはすぐ食べられるようにという彼女の心遣い。すぐに食べたらどこかのレストランの自家製みたいな美味しさで、生活クラブ生協恐るべし!と思ったのでした。食べ過ぎないように瓶に入れて保存です。

彼女はわたしのブログを読んでくれていて、わたしが色々と新しいことにチャレンジしていると手紙に書いてくれたけれど、日常の出来事を文章にするとそのように見えるだけのような気がする。

誰だって自分の日常はこれといって新しいことも楽しいことも起こらずに淡々と過ぎていくもので、その一部を切り取ったら何かイベントフルに見えるだけなんだと思う。

親の面倒も見ず、子供も育てず図体ばかり大きな子供が2人で暮しているようなわたしたちの生活は、まるで夏のキリギリスの日常のようなものだと思う。人間なので多少は知恵があるから、来るべき冬のために人と関わって、“仕事”と呼ばれるようなことや、そうとは言い切れないようなことをせっせとやっているだけで、家庭と一族と家族の中で自分の居場所をしっかり築き上げて、子供も育てて、家庭と家族の中での役割を果たしているいとこの日常の尊さはきっとわたしの日常とは比較にならないほど密度がある。

自分のことはなにも出来ないと思っているかもしれないけれど、人にはそれぞれ与えられた役割があるのだから、人と自分を比較する意味はあまりない。あんなこともこんなこともやってみたい、と思うのは誰でも同じで、思ったことで実際に出来ることは限られている。きっとその限られた環境の中でどうやってやりたいことを続けるのか、または環境が限られているからこそ本当にやりたいことと出会えるのかもしれない。

考えてみたら、義理の母に手料理を食べさせたことなど数えるほど、実家の父母にもここ数年は正月料理を持って行ったり、実家に戻った時は時々料理を作ったりしているけれど、年寄り夫婦の台所に即席味噌汁などが山積み(そんなものが結構好き)で、「若布か?キノコか?」などと聞かれるとなんとも切なく、ああ、ごはんくらい作ってあげたいと思うものの、遠くに住んでいいるのでそれも叶わないというのも寂しいものです。

義理に久しぶりに会いに行くので、義母の好きなライ麦パンを焼いて持って行く。

fc2blog_201411012127406d4.jpg

大連生まれの大連育ちの義母は大連で食べていたパンと同じだ、とすごく喜んでくれたのです。
遠くはなれていて、最近ではほとんど会うこともないけれど、義母とも心が繋がっている。

結婚ってのは不思議なもので、義父母との関係が義理であっても親子になるところが、ただお付き合いしている人との関係と決定的に違うことで、これは本当にステキなことなのです。こんな事は考えもしなかったんだけどね。

いとこも介護は大変だろうけれど、してあげたくて、出来ることだけやればいいし、手に余ることは人に頼めば良い。完全に出来なくても、完全にしようとして自分に無理がきてやつれるようなら、それは介護を受ける人にも辛いことだと思うのよ。人にどんどん頼めば良いよ、お金はそのためにあるんだもの。

じーさま、ばーさまたちを見送ってから楽しい人生を送れるように、どうか消耗するようなことがないように、と祈ります。

今は大変だろうけど、どうか身体に気をつけて!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

福岡に美術な会合のため日帰りでお出かけする。

バングラデシュの友人アーティスト夫妻が日本で滞在制作をやっている。
彼が1人福岡でトークイベントをやるというので出掛けてきた。

丁度福岡アジア美術館(以下アジ美)では福岡アジアトリエンナーレも開催中で、知り合いの作家も出品しているし、彼もトークをするという。

福岡にはアーティストのグループが運営するアートスペースが何軒かあるそうで、友人夫妻が運営しているダッカーのアーティストグループの運営にとても興味があるのだという。

アジ美は夜8時まで開館しているので、広島から3時頃で掛けて行っても十分間に合うし、イベントにも参加できます。

1人でお出かけはとっても楽しい。新幹線の中で次の作品の構想を練ったり、ブレインストームをするのは日常から離れた空いた時間だからこそ。

トリエンナーレをゆっくり巡って、軽く食事をしてイベントへ。

友達の作品は初期のころからずっと観てるし、インスタレーションをビデオではなく現場で鑑賞したこともあるけれど、作家本人の解説を聞きながら作品をスライドで追うのはまた違っていて、あぁ、あれはこんな意味があったのか、と感じ入ることがたくさん。

fc2blog_20141104205145e8d.jpg

多くの作品はバングラデシュの近代史やそれにまつわる戯曲などからモティーフが取られていて、外国人には何のこっちゃかわからない事柄も、バングラデシュの人にはひと目で分かるメタファーとなっている。

ダッカ市民の憩いの場である国会議事堂の回りに政府が塀を作って市民を中に入れないようにして問題になっている、というニュースがあって、それに対してたくさんの市民が反対運動をしている中で、彼らアーティストのグループも様々なパフォーマンスを行って反対運動を展開していたのは知っていた。

その時のパフォーマンスも写真では観ていたけれど、あまり意味がわからなかった。でもそれは彼らバングラデシュの人が観ればすぐに分かるメッセージで、新聞でも大きく取り上げられて、結局国会議事堂の回りに塀を作って市民を閉め出す、あの美しい国会議事堂(アメリカの建築家、ルイス・カーンの作品)を市民の目から隠すという政府の愚考を市民とアーティストとジャーナリストの力で止めることが出来たんだという。

彼の作品と作品についての物語りを聞いていて、美術や芸術が本来持っているパワーや役割を再発見したようで、ものすごく勇気づけられた。

わたしたちはつい、自分の好きなこと、やりたいこと、可愛いもの、あるいは、自分自身への関心だけで美術の世界に耽溺してしまうのかもしれないけれど、美術家は社会のカナリアであって、危機があったら美しい声で悲しい歌として人々に知らせるのが役割だとすれば、若い美術家の人たちにとってもどれだけ仕事の励みになるだろうか?

だって、自分のことを突き詰めたら、社会や世界の成り立ちと無関係ではいられないのだから。

日常も世界の問題も全てが繋がっているんだもの。社会や世界の矛盾から無関心でいるということは、自分の抱える問題の本質にも無関心でしかないということだと思うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

さいたま市まで友達の展覧会を見に行く。

さて、バングラデシュから滞在製作中の友達、連休を挟んで展覧会をやっていた。せっかく日本に来てるし、作品も見たいし、ちょっと相談することもあるし、夫も時間があるし、義母にも会いたいし、見たい展示会もあるし、ということで、無理矢理時間を作って一泊で出掛けました。

早起きして朝一番の飛行機で東京に。空港までは車だし、早朝だから高速道路も混んでないし、でなかなか良いスタート。

fc2blog_20141104210732ede.jpg

家を出た時はまだ真っ暗だったけど、東に向かってるのでどんどん夜が開けて行く。
羽田空港でリンゴジュースを飲んで、一路さいたま市へ。

展示会は、プラザノースという市民会館のギャラリースペース。この日は夕方からパーティーがあるので、日中は人も少ないからとてもゆっくり話しが出来た。

IMG_6465.jpg
入り口に飾られた作品。ベンガル語で「バロ モンド」good/evilと書いてある。ピンクのスタンプは良の字。

午後には栃木県立美術館のチーフ・キュレーターの方がみえられて、作家と英語で話しをしていたけれど、途中からわたしも加わって、通訳やら、背景の説明やら、英語と日本語とベンガル語が飛び交って、自分でも何語を話してるのか、だんだん分からなくなる。福岡でのイベントの経験から、英語を日本語に置き換えて訳しても背景になる文化的な違いや、感覚の違いまでは伝わらないので、その点はかなり説明が必要だ。彼らは海外でもたくさん活躍しているので、英語も上手だし、説明もかなり上手いのだけど、日本の人には分かりにくい啓示宗教の感覚や、食べ物の禁忌の理由やそれに伴う感覚的なことまではなかなか伝わらない。

美術作品を解説するってのはヤボなようにも思うけれど、聞いてみないと分からないことは多い。
バングラデシュとベンガル人についてはよく知っているつもりでいても、感覚や感情、それに皆に共有されている文学や演劇のことまではなかなか分からない。たぶん、バングラデシュや友人である彼らの内面について深く触れるような気がして感慨があるのかもしれません。

IMG_6468.jpg

同じくまな板から作った作品。料理をする時に野菜を刻みながらアタマでは全然別なこと考えててね、それを作品にしたの、と言ってた。彼女らしいなぁ、と思ったけれど、夫は彼女の作品より連れ合いのモハブブの作品の方が好きらしい。そういえば、わたしはリピの作品を買ったけど、夫はモハブブの作品ばかり買っていたな。

ダッカに行って、彼らに会う時はいつも自宅で食事を振る舞ってくれる。だいたいリピのほうが忙しいのに、リピはいつも手料理でもてなしてくれる。最近は一緒に台所で彼女を手伝いながら四方山話をしつつ一緒に料理を作っているので彼女の作品は彼女の心のこもった料理のように見えた。
ごちそうを作るわけじゃなくて、本当にお惣菜を作ってくれるのです。

あ、結局食べ物の話しになってしまうのだけど、私の知ってる美術家や工芸家は浮世離れした人もいるけれど、料理が上手か、そうでなくても美味しいものをよく知っている人が多く、コンビニ飯など食べていてずっと仕事を続けている人などいない。
料理が上手な人が多いです。美しいものを作り出すには美味しいものを食べないとできないもんな、と妙に納得するのです。

その後、夫実家に寄って久しぶりに皆さんとお会いしてごはんをよばれたのでした。3日分くらいのイベントがぎっちり詰まった1日でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

久々の銀座と金繕いの展覧会

埼玉から夫実家に行って、晩ご飯をよばれてきた。義母も元気そうだし、姪はもう25才になるという。

銀座に新しくできたビルの設計に関わっていたそうで、関係者向けオープニングイベントの話しや、仕事の苦労のことなどを話してくれるけれど、しゃべり方は高校生くらいのころから変わらないのが面白い。

9時過ぎまでノンビリして、ホテルに移動。ホテルはなんと、姪の会社の向かいだ。南銀座が近いとか、京橋からすぐだから乗り換え1回だよ、などという話しになって、結局毎日通っている姪の意見をいれて京橋から行くことにする。

日本のホテルって10時には部屋を出ないといけない。

銀座なんてホントに久しぶりなので、いとうやさんでお買い物。夫の仕事用のノートに皮カバーを買ったり、ハンコを衝動買いしたり。

IMG_6480.jpg

銀座でお昼ご飯。お江戸で食べるならお蕎麦、天ぷら、鰻、寿司、でもあまり予算もないからお蕎麦か天ぷらになるのですが、よさげなお店があったので入ったら、これが予約の人ばっかりで「30分しかないけれど、それでよければ」ということで、天丼を食べたら・・・すごい美味しかったです。いや〜、感激。東京生まれの夫は、「ごはんの固さがなぁ〜、広島じゃこうはいかない」としきりに喜んでおりました。そうなんだよねえ、ごはんの固さがねぇ〜。粒が立ってるんだなぁ。

この後、いつもお世話になっている経堂のギャラリーで金繕いの展。

IMG_6476.jpg

骨董品から作家物まで色々な器を繕ってある。博物館ものまであるから茶碗好きにはたまらない展でした。ちょうど最終日、いいなぁ〜と思うお品には売約済みの印があって、残念ながら何も連れて帰れなかったけれど、展を見れただけでも大満足でした。

久々に夫と関東に行ったけれど、めちゃ充実の2日間でした。
さて、12月の展にむけて、またまたスパートでございます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

身体の中心のコリを解しながら鍛える体操。

最近すっかりご無沙汰している西式健康法。
平床・木枕・スイマグ・柿茶・朝食抜き(黒砂糖とクリーム入りのコーヒー飲んでるけど)だけが細々続いております。西式の体操は怪我した時の毛管運動くらい。

西式の体操は知ってると便利だし、簡単で時間も掛からず、お金も掛からず効果が高い、これほど合理的な運動はこの世にないんじゃないか?というのはよ〜く分かっている。続ければいいのもよ〜く知ってる。

だけど凡人の悲しいところ、良いと分かっていても続かない。んでもって、安くない会費を払ってフィットネスクラブだ。わざわざ出掛けて、お金も使って、バカみたいだ。西式の体操を毎日20分ほどやればフィットネスの会費もいらないのに。いや、水泳はいい。うでをグルグル回すし、水に浮くのが気持ち良いし、水の中の景色も好き。
だけど、西式の体操をやったらべつに水泳に行かなくてもかっこよくクロールが泳げなくても、かっこいいターンが出来なくても健康は保てる。つまり、本当に良いものはお金が掛からないんだなぁということが、西式健康法を知れば知るほど良く分かります。
やっぱり神様って公平なのよね。

着物がご縁でブログを読むようになったたこさん、西式健康法の金魚体操で腹筋が鍛えられてお腹の回りが劇的にスリム化なさったらしい。ブログ記事はこちら→

わたしには弱いところがたくさんあるけれど、腹筋も弱い。脚上げはできるけど、寝た状態から上半身を起こせない。夫はゾンビみたいに起きてくるのに、わたしはアタマしか上がらない。ぺんぎんだから胴体が長いしな。

金魚体操というのは、腰痛防止&腸の働きを良くして宿便が出やすくする体操で、毛管運動と並ぶ西式体操の横綱であります。それが腹筋?6パック?
実は、金魚体操でお腹が割れてきた、という話しは別の人からも聞いたことがあるけれど、この人は足をちょっと上げた状態でやっていた。そりゃ腹筋割れるかも・・・

実は以前西式体操を熱心にやっていた時、金魚体操がお腹に効く感じはしなかった。背骨が緩んで気持ち良い、というくらい。

腹回りが痩せたというたこさんのブログに刺激されて、わたしも金魚体操2分&膝立金魚50回、というのをやってみた。

金魚体操、これは確かにコアに効く感じがします(筋肉痛にはならなかった)。

わたしが「こんなに効いたっけ?っておもうくらい効きました」とコメントしたら、たこさんはわたしが今制作に熱心だから身体の中心が固まってるんじゃないか?と指摘してくださいました。

いや〜、もっと熱中できればいいんだけれど、と穴があったら入りたい気持ちですが、タイでマッサージ師さんにいつも指摘される「アンタ、背中硬いわぁ〜」というのはこれに当たるのかもしれません。
ついでに玄米食も身体の中心が固まるんだそうです。うちは菜食じゃないけど、ずーっと玄米です。玄米だったらおかず少なくていいから便利というのが理由で、健康のためというわけじゃないけれど。

いずれにしても、金魚体操で身体の中心のこわばりも改善されて、お腹スリムになって、体幹も鍛えられて宿便も出て、腰痛にもならないのなら毎日2分の体操が出来ない理由などないのだけれど、昨日久しぶりにやった体操、今日はまだやってません。

毎日地道に続けるということは簡単ではない。これが出来るか出来ないかで人生に差がつくんだというのはこの年になったら良く分かるのです。

さぁ、ブツブツ言ってないで、畳の上に寝転んで金魚体操だ!腹筋が感じられるお腹になるのよ!!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

散々考えて、もう一枚織ることにする。

福岡や東京に行って遊び呆けていたわけじゃない。
今年も某公募展に作品を出した。去年まではどういうわけか締め切りの1日前の朝に「は!」っと思って日付を確認して・・・「間に合うやんか、今日だしたら!」と大慌てで送ったものでしたが、今年は搬入初日に間に合うように作品を送ることができました。

んとね〜、出すのいやだなぁ〜、面倒だなぁ〜、落ちたらイヤだしなぁ〜、という後ろ向きの気持ちが、
「あ、間に合わなかった、まいいや、公募展に出したからってオレの作品の良さがわかるわけでなし」という行動になるのだ。つまり、自信がないから選外になるのが怖いんですね。そんな弱っちいハートでは良い作品などできません。
というわけで、今年は心入れ替えて、公募展も年間スケジュールに組み込んで取り組んでみました。というわけで、やることやったから、あとは天命を待つのみ、というか、選外になっても凹まないのです。

作品を送り終えて、やっぱりもう一枚織ろう。まだ時間はなんとかなりそうだ、と、せっかく織物モードになっているので勢いに乗って織ることにした。

fc2blog_20141107212647eba.jpg

丁度織り機などを扱っている会社が秋のセールをやっていて、消耗してきたボビンやら紙管やらを注文するついでに、織物ノートなども買ってみた。一昨年辺りから組織織りをするようになって、今までの織物ノートでは管理できなくなってきていたのだ。

fc2blog_20141107215356953.jpg

糸を前にしたらまた企画が変わってきて、半日計算して整経を始めたらうまくいかないことがわかって、やり直し。また計算をしなおして、企画を変えて、整経したところで1日が終わった。織物ノートも書いたり消したり。
明日からまた機に向かう日々なのです。明後日には織り始められるかな?
新しい織物にまたワクワクなのです。ほんと、布が好きなのよ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

横川で映画のハシゴ。

芸術の秋だからか、マーフィーの法則だか、何だか知らないけれど展覧会前のこの時期は見たい映画が津波のようにやってくる。しかも、かなりレアな、お客さんの入らなそうな、見逃したらもう二度とみれないような、そんな映画が少なくない。

2回に分けて行くと、往復の時間やら、ご飯の時間が余分に掛かるので、ハシゴするこのにした。

横シネは改装になって初めて行きます。赤いシートに茜色の紬がよく映える。

fc2blog_20141108224719c4d.jpg


「石川文洋を旅する」

サイゴンの戦跡博物館には文洋さんのコーナーがあって、文洋さんの写真がたくさん展示されている。文洋さんは米軍に従軍して写真をとっていたのだけれど、沖縄出身の彼は沖縄戦の写真は米軍が撮ったものしかない。だから写真を残すのだ、という強い意志で撮られたというのがとても印象的だった。それにしてもタフな人だ。だいたい戦場カメラマンというのはあまりの悲惨な状況に精神を病む人が少なくないというのに、もう75才、まだまだ撮っている。


もう1つは「サムソンとデリラ」ギリシャ神話のはなしじゃなくて、現代のアボリジニを扱った映画。

これは見て良かった。なんていうか、現実があまりに悲しくて、悲惨なんだけれど、意志を持った人はとても強い。

変な時間にうどんを食べたので、映画が終わってお腹空いたと、こふじもちで休憩。

fc2blog_20141108224808277.jpg

わたしはお雑煮。おもちが3っつも入っててビックリ、つーか、そんなにたくさんいらないよ。

夫は大福。お店の人が焼いてくれる。

fc2blog_20141108224830c07.jpg

こふじもち、今まで入る機会がなかったけれど、いいなぁ〜。老後は横川にアパート借りて暮すのも良さそうです。

と、シリアスな映画を見て、軽食食べて、家に戻って10時過ぎまで残業したのでした。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

織り機にやっと糸が掛かる。

織り機に経糸を掛ける方法はいくつかある。
まっさらな織り機に新しく糸を掛ける時は、だいたい筬(おさ、櫛のお化けみたいな道具)に糸を通し、糸の通った筬を織り機に取り付けて、綜絖(そうこう、経を上げたり下げたりする道具)に通して、後ろを結びつけて、前から後ろに糸を巻く。
(もちろん、もっと違う方法もありますが、わたしはだいたいこの方法。織り機の仕組みなどによっても変わる)

前の織物と同じものを織る時は、前の織物の糸を残しておいて、それに1本づつ新しい経を結ぶ方法があります。これだと作業を1日分ほど端折れます。

今回は、綜絖は同じだけれど、筬を変えるし、経本数も前の織物より少ないので、ちょっと変則的。
まずは筬の前で前の経と新しい経を機結び(はたむすび)で1本づつ結んで、後ろに巻いてきます。そして、筬を抜いて、今度織る密度の筬に付け替えて、また糸を通します。

IMG_6487.jpg

筬枠を紐でブラブラしないように固定して、1本づつ通します。お尻痛いので、ソルボクッション敷いて座ります。

IMG_6488.jpg

こんな感じで延々通していきます。
結局綜絖通しの作業を端折るだけなんだけど、まぁ、半日くらいの時間は稼いだかと思います。

今回は整経の時にやり直しをしたりして、時間が掛かってしまったけれど、糸巻きから織り付けまで3日くらい。織るのはたぶん一週間くらい。

織物ってのは、経を機に掛けるまでの仕事が80%で、織るのは残りの20%くらいです。

経の準備も終わったので、久しぶりにアラメゾンに。お手入れに出しておいた祖母の紬を着て久しぶりに名古屋帯をお太鼓に結んだけれど、家で半巾ばかり締めているので、帯枕とか、帯締めとか、とっても面倒に感じましたが、服を着替えて、ちょっとオシャレして、お化粧もして出掛ける時間ってのはとっても大事だなぁ。家で仕事しているから余計にそう思うのかもしれません。

IMG_6489.jpg
鱸のキャベツ包み。カボチャのソース。
カボチャソースの魚のロールキャベツってちょっと不思議な感じですが、意外と料理とソースが合ってました。

楽しい時間は一時だけど、これからまた展に向けて制作がんばります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

頂き物でご飯いろいろ。

昨日は晩ご飯の後お風呂も入らずに寝てしまいました。ちょっと風邪気味なのかなぁ?それにしても、中学生みたいによく寝ます。世間の更年期婦人は睡眠障害で薬飲んでるとか聞くけれど、そんな気配はまったくなく・・・なんぼでも眠れます。

先日アラメゾンに行ったら、オヤブンからタイの骨が届いていた。
今までは頭ばかりだけど、今回は背骨から尻尾までついている。尾頭付きの骨だ。わたしのような一般市民はまず買わないような大きな鯛、やっぱりグランメゾンなフレンチレストランは仕入れる魚が違います。「おぉきいなぁ〜、これで何人分くらいの料理やろ?それにしても上手にさばいてあるなぁ。身がついてへん・・・」

お昼は背骨をグリルで塩焼き。
IMG_6490.jpg

オヤブンからはタイをを頂いたけど、めがねさんは新作のパンをくれた。

IMG_6491.jpg

最近、アラメゾンのめがねさんはパンの新作を色々生み出している。このパンは木次のノンホモ牛乳だけでこねて、オレンジピールを入れたパンらしい。

IMG_6492.jpg

おやつに食べないで晩ご飯にした。頭食べなくちゃ。

IMG_6493.jpg

頭が大き過ぎてオーブンで焼くか、土鍋で煮るくらいしか出来ない。切れば良いんだろうけれど、切っちゃったら面白くない。熱湯をかけてウロコを外して、塩胡椒をして、庭のタイバジルとタイムとニンニクでお化粧。

パンを焼くついでに一緒にオーブンに入れておく。

スープには昼食べた骨に昆布を加えて出しをとって、レンコンでポタージュにした。鯛の骨ってほんとに良い出しが出る。鯛を食べて、骨でスープなんて、おウチ料理だから出来ること。

IMG_6494.jpg

鯛の頭に熱中しながら、こんな風に鯛の頭を分けて下さるオヤブン(某高級フレンチレストランのグランシェフ)から食べ手として信頼されているような気がして、ちょっと嬉しかったのです。

バングラデシュの人も魚食いで、彼らはお客さんに魚の頭を差し出すんです。「ささ、頭のところをお取り下さい」と。頭が一番美味しいって知ってるんですね。食べにくいし、上品には食べられないんだけれど、味で言えば頭が一番。カマの肉、ほほの肉など部位による違いも楽しめて、「美味しいねぇ、魚さん、ありがとう。」という気持ちに・・彼らがなってるかどうかはわからないけれど、わたしはそんな気持ちがします。

IMG_6495.jpg

魚が一段落したところで、パンとサラダとレンコンスープ。野菜とクリームだけのポタージュも美味しいけれど、ストックが入るとレストランっぽい味になります。

大変ごちそうさまでした。鯛さん、オヤブン、アラメゾンのみなさん、ありがとうございました。次は土鍋で煮て食べようと思います。(もう1セットあるらしい。うはうは。)


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

「創造的に生きること」これが解決になる。

今日のお仕事のお伴はこちら。
「2013/11/27 【文化】「複雑化したシステムの中心に東大がある」石井紘基氏が調べていた特別会計の闇の源流 ~安冨歩教授の授業」
とこちら
2012/07/12 安冨歩先生の授業「石井紘基氏と特別会計改革」
前のビデオは会員でなくても視聴可能。

日本の国家予算ってほとんど分からないらしい。もしあなたが「なんでこんなに生きにくい?わたしの何がわるいのか?それとも何かがオカシイのか?」と思うならぜひともこのビデオを見てほしい。生きにくい理由は一杯あるけれど、そうか、こんな風になっているのか?!と思うだろう。

日本では本当に息をするだけでもお金が掛かる、お金がないと何も出来ない。稼げば稼いだで税金を持って行かれて、一生懸命働いてお金を稼いで、家を買ったらこれまた税金を持って行かれて、親が死んだらこれまた山のように税金。印紙代だけでもバカにならない。電気代は高いし、交通費もバカ高い。

先月日本で滞在制作していたバングラデシュの友達は、お金がどんどんなくなる!と驚いていた。ほんと、お金がないと何も出来ないけれど、お金を稼げば所得税、お金を使えば消費税。一生懸命節約して貯金したら、それは特別会計でわけのわからないことに使われる。

二つ目のビデオの中で、安富さんは「このシステムから逃れるには創造的に生きることだ」というようなことをおっしゃる。創造的というと創作をしたり、芸術したり、なんて難しいことを考えるかもしれないけれど、まずは毎日のことだと思う。これは日々の生活、暮し方について言ってることで、今までお金を使ってやっていた色々なこと、例えば遊び、暇つぶしをお金を使わない方法にするということじゃないかと思う。

毎日の家事の中で一番創造的なことは料理じゃないか、と思う。これは超少食でもしない限りは誰しも逃れられない。家庭の中で料理を作る係の人は幸せだと思う。毎日クリエイティブな活動が出来るし、その結果が家族の健康だったり、団欒だったり、美味しい思い出だったり、友達と楽しい時間をシェアできる。

また、アルゼンチンみたいに日本の国債がデフォルトして、預金封鎖なんてことになったら。ソ連が崩壊してハイパーインフレになってアパートから追い出されるようなことになった時、どうやって生きていく?外国に逃げられる人は逃げたら良いけれど、ほとんどの人はそんなこと出来ない。

アルゼンチンがデフォルトになって大混乱した時、市民は物々交換でなんとか生活していたらしい。ナニを交換するかだけれど、お金ってのはもう機能していない。だれでもお腹が空くからご飯は食べる。料理が作れたら何よりも強い。

ソビエト崩壊後のロシアで、人々はダーチャと呼ぶ別荘というか、市民菜園みたいな畑付きの小さな土地を持っていて、そこでジャガイモやキャベツを作ってなんとか混乱の数年を生き延びたらしい。

つまり、家庭菜園の技術と料理の技術があればお金はあまりなくてもなんとかなる可能性が高い。農業も料理もとても創造的。それに加えてお金の掛からない健康の知識を持っていたら鬼に金棒だ。

おいしい料理を作る人はそれだけで生きる力が強い。そのおいしい料理が身体を害しない料理だったら尚更だし、食べた人を喜ばせることができるなら、その価値は計り知れない。これこそ創造的な生き方だ。

というわけで、わたしが本業でもないのに料理を教え続けているのは、縁のあるひとが自分の食べたいものを美味しく簡単に作れるように、人に振る舞って喜ばれるような料理も作れるように、何より、おいしい料理を作る自分のことがもっと好きになれるように、そして必要な時が来たら料理を手段として生きる糧が得られるように、と思うのです。

そんなことを言うと「まさかぁ〜、大丈夫よぉ〜」とみんな笑うのですが、笑ってられない。
石井紘基さんがソ連で「この国は崩壊する」と思ったのが1970年代、それから20 年くらいで崩壊した(1991年)。チェルノブイリ事故1986年から4年。
日本は余力があるからその倍くらいは掛かるだろう、という。んじゃバブル崩壊から40年?福島原発事故から8年?どうにかそうならないようにと願うけれど、そうなった時にも生きられるだけのスキルを身につけておきたい。

アラメゾンのチョコスフレが美味しそうだったから、悔しいので自分で作った。
粉の入らないチョコスフレ、すっかり萎んだところだけれど、なるほど、これはなかなか美味しい。(レシピは適当)

IMG_6496.jpg

バローナのクーベルチュールで作ったので激ウマでした。ちょっと酸味があるのよね。
食べたい→家にあるもので作る→美味しい。これって創造的だと思いませんか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

家で着物は気持ち良いけど、晩ご飯の後になったらなぜか脱ぎたくなる。

すっかり秋も深まって、今日は日中もあまり気温が上がらず、このまま明日まで冬の寒さになるそうで、今日は夜になって石油ストーブをつけた。

今年はメダカの水槽を乗せたりしていたのでついにストーブを仕舞わずに、一年中出しっ放しだった。このままズルズルとズボラになって、あれもこれも出しっ放しで生活をするのかもしれませんが、住んでる人たちが気にしてないので別にいいことにしようと思います。そういえば、扇風機も出っぱなしだ。

このところずっと仕事モードで家から出ないし、仕事といっても機織りなので家で着物を着ていることが多いです。家で着るのは単が好きで、絹の紬だったり、木綿の久留米絣だったり。木綿の着物は夏でも秋でもホッコリしていて気持ち良い。木綿ってあったかいんだなあ、と感じる木綿の着物です。
単だし、木綿だったり、紬だったり、ツルツルしない着物なので着崩れにくいところもお家着物に向いているように思います。これから本格的に寒くなってきたら袷を着るのも良いけれど、単の気楽さは格別です。

家で着物を着ていたら、だんだん着物も普通の服になってきて、「家にいるのにわざわざ帯巻くことないよな」ってな感じ。伊達締めで締めただけ(さすがにピンクの紐じゃあんまりだから)その上からチョッキを着ちゃえば帯がなくても平気。

久々に長袖のTシャツなんぞ着たら、腕に布がぴっちりくっついてるのがちょっと気持ち悪いし、圧迫感がある。腕にサラサラと絹が触る感触はとても気持ち良い。

そうやって日中は普通にしていられるのだけれど、不思議なことに晩ご飯を食べて片付けが済んだら着物が脱ぎたくなる。

んでもって、ゴソゴソと紐を外してしまうのでした。

IMG_6497.jpg
この日は紐無し長襦袢を着てたので、長襦袢にも伊達締めしてたから2本とも抜いた。着物は腰紐1本だ。

もう早くお風呂入って寝たいのだ。洋服の時よりも身体が正直に反応するのかもしれないなぁ〜と思うのでした。

着物を着てる人を見るとみんな「窮屈を我慢している」と思うのかなぁ、窮屈なんて我慢できません。ブラジャーだって、ブラトップだって嫌いなんだもの。着物の紐をアンダーバストに締めるけど、ゴムとちがって締まってこないから、紐のほうが窮屈じゃないのよね。

でも、晩ご飯の後になったら「はいはい、もう閉店ですよ。浴衣に着替えて寝ちゃいますからね〜」という気分になるようです。

というわけで、浴衣で寝るようになってそろそろ3ヶ月くらい経つので、浴衣の寝心地についてもレポートしてみようと思います。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

おでんを作ると何もしなくていい。

昨日の晩ご飯におでんを作ったので、今日の昼ご飯はおでんの汁に糸こんにゃくを入れた糸こんおでんヌードル。
晩ご飯は白菜サラダだけ作ってまたおでん。

IMG_6498.jpg

3日以上同じものを食べると飽きるので、明日には終わりにしますが、おでんを作るのは結構手間(練り物はグリーンコープのおでんセットを使うので、練り物まで作らないけど、巾着作ったりはするよ)だけど、仕込んでしまえば身体の温まる食べ物を手軽に食べられて便利です。

おでんパワーに助けられて布が織り上がりました。織り機から降ろして、糸飛びなどを直して、房を作って・・・

IMG_6499.jpg

あぁ〜、ええ布やなぁ。何ヶ月も掛かって紡ぎ貯めた糸がこうやって一枚の布になった時は本当に嬉しいです。この作品はちょっとしたブランケット。これから仕上げをしたら色も冴えて、むっくりした風合いの布になりそうです。

あぁ〜、幸せだなぁ。わたしが酒飲みだったら、今日はこれから一杯やるところですが、お酒飲まないので、お白湯でも飲むことにします。
なんたって、ストーブの上に薬缶が乗ってるんだもの!

明日は布の縮絨。がんばるぞ〜。
料理教室の準備して、買い物して、映画も行きたい。目標くらいはたくさん立てよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

布の仕上げはお風呂場です。

朝起きて、洗濯を済ませたら、お風呂場を仕事場に改造して布の仕上げです。

fc2blog_201411152205043c3.jpg

石けんのお湯を作って、それをジョロで布の上に撒きながら踏む&踏む。この布はちょっと厚みがあるので、足の感触もフカフカしています。

踏んで、お湯撒いて、踏んで、お湯撒いて、踏んで、布の位置を入れ替えて、お湯まいて、踏んで・・・余分な染料を落とし、糸の汚れも落としつつ、地の目を固めます。

この写真を見て、「お風呂の洗い場の大きさに合わせて布の巾を決めるのか?」と聞いてきた友達がいたけれど、たぶん、洗い場のサイズと使いやすい布の大きさがピッタリなんじゃないかしら?

わたしの織り機は120センチまで織れるのですが、90センチ以上の巾で織ることはほとんどない。洋服の生地は90センチから180㎝くらいまでいくつか決まった巾がありますが、洋服を作るにも85センチくらいあればスーツもコートも出来るので、手織で服地を作る場合は、90センチ巾で織って、仕上がりが80センチチョイ、なんて感じで作る人が多いです。
織り機が大きくなったら、緯を通すのも大変になるので、普通の家で織り機を持つなら、手で杼を飛ばせる限界はたぶん120、めちゃくちゃ頑張って150。この辺りが限界だと思います。

考えてみたら、身体の巾だけの布があれば服は出来るのだから、60センチ程度の巾の布が長さ(着丈)の6倍(身頃2枚、袖2枚 見返しや衿など)あれば服になるわけです。布の巾が広くなったら、型紙が色々置けるので、布の無駄が減るのかもしれませんが、一着分作る場合はそれほど重要な問題ではありません。

日本の布が36センチ(最近では38センチで作るらしい)の巾で12mが着物一着分ということになっているけれど、肩幅ほどの巾だと織るのも楽だし、織り機の巾の狭くていいので、部屋の隅に置いたり、何台も持って平行して仕事をしたりできる。

わたしは広幅で慣れてしまっているので、12mもの細長い布の仕上げなどどうしたらいいか、と途方にくれそうになるけれど、細長い布を扱うにはそれなりの道具があれば事足りるのだろう。

話しがすっかり逸れてしまったけれど、布の巾とお風呂場の大きさは偶然かなぁ。お風呂場がもっと広かったら服地の仕上げももっと簡単かなぁと思うのだけど、そんなことを言っても仕方がない。そんなことより、このレトロなタイルのお風呂が布の仕上げに実にピッタリで、今風のユニットバスでなくて良いなぁ〜と思うのでした。

日本の道具の良いところは汎用性があるところだと思うのですが、日本のちょっと古い住宅も汎用性があって、お風呂場は布の仕上げに使えるし、台所は染め場に使えるし、座敷は多目的広場だし、昭和の家もなかなか良いものなのでした。

ということで、布の仕上げはなんとか午前中に終わって、お風呂場も片付いたので、これからお風呂に入ります。
ちゃぽ〜ん。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月16日(日)カボチャプリンと詳細は未定
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

フォカッチャ、リエット、スフレ・オ・ショコラ

今日は楽しい料理教室〜♪
日曜日はほぼ保育園と化している。4ヶ月から4才まで、ベビーシッターがこれまた1才半を連れてくるのでえらい騒ぎ。チビたちが何となく顔見知りになって、お互いに気を遣ったり、こころを通わせたり、気安くしすぎて迷惑かけたりしているのを見ると、小さいながらも人の社会だなぁ、と思います。

迷惑かけられたら、イヤだと言ったり、迷惑かけてゴメンね、ということが迷惑を掛けないようにする以上に大事なことだなぁ、と子供たちを見ていて思います。ま、見てるといっても、迷惑騒動の後、あれ?ちょっとヘンだぞ?と思ってたら迷惑行為があったってのが分かるんですけど・・・

今はお仕事テンパッていて、新しいお料理が出来なかったけれど、10年も教室をやっているとアーカイブスにたくさんのレシピがあるので、そこから選ぶことができます。年末も近いし、みんなフォカッチャ大好きだし、パンをやってない人でも一次発酵だけで焼くパンは入門にピッタリ。パンを焼いている人にも酵母の更新にピッタリな一次発酵だけのパンは便利なのです。焼きたてをホカホカ食べるところもいいですね。

みなさん日頃は肉ニク食べなくても、年末で家族が集まるような時はやっぱり肉にくしい料理もないとイヤミを言われたり、妙な攻撃を受けたりして何かと面倒。どうせ肉を食べるなら、自家製のおいしい料理を食べたいものです。なんたって、自分で作れば原価ですから、とってもお得だし、無添加ですもの。

IMG_6500.jpg

たっぷりサラダにフォカッチャとリエット。

わたしはフォカッチャを割ってサラダとリエットを挟んで食べていたら、皆さん真似して下さって・・・「こうやって食べるのが一番美味しいですね」うん、わたしもそう思います。

自分の好きなことややりたい事を見つけるのは自分の気持ちを押さえ込んで大人になってしまった人にはとても難しいことなのですが、ご飯を作る、食べる、美味しい。好きな食べ物を作る、ということは好きなこと、やりたい事を見つける練習にもなります。自分のために、そのついでに家族や友達も喜んでくれる、というのが料理の良いところです。好きな食べ物はたくさんあるし、美味しい食べ方もいっぱいある。それでいいんです。

さて、ご飯を食べながら焼いていたスフレ。オーブンから出したらすぐに萎んでしまいます。

IMG_6503.jpg

テーブルに持ってきたらもうこんな姿(これでもマシなほう)だけれど、アツアツのフワフワを食べるのは自家製ならではの贅沢です。

スフレの良いところは少人数食べ切りの分量で作れるところ。スフレを食べさせてくれるレストランってほぼない。アラメゾンに注文しておくと作ってくれるから、記念日にアラメゾンに行く時、リクエストすると良いかも知れません。最高の卵、最高のミルクで作ってくれます。

ホームパーティーに、お正月に、ご家族やお友達と楽しい食卓を囲む一品になると嬉しいです。

みなさま、今日も遠いところ貴重な時間をありがとうございました。お付き合い下さる小さい人たち、いつも本当にありがとう。

次回は12月7日、ピタ、ひよこ豆のパテ、地中海風チキンフライなどを予定しております。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
12月7日(日)ピタ、フムスなど
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

昨日の選挙結果と今日の映画「NO」

昨夜Twitterのタイムラインは沖縄の選挙結果で歓びにあふれていた。いや〜、よかった。向かう敵が強大だからこれから大変だろう、どんな圧力があるか目に見えるようだけれど、ノー!と言った声が選挙でカタチになった。

一週間限定で今日しか2人揃って行けないから、ということでガルシア・ベルナルくん主演の映画「NO」を観に行った。
朝からピーカンの良い天気。お出かけ用に縮緬の着物を着て、伊達締めまでしたところで、織り上がった布をプレスしたり、洗濯干したり。
日焼け止めもバッチリ塗って、作品の写真を撮りたくても天気が良過ぎて断念したのに・・・

帯を巻いているとどんどん曇ってきて、家を出る頃には降り出したじゃないか!!夫は「街のほうは大丈夫だよ」と言ってたけれど、雨雲がわたしを離さない!

fc2blog_201411172000208bc.jpg

ま、移動は車だから車から降りてあんまり降ってるようなら、足袋を脱いで尻からげして、わたしのカッコいいタイシルクの裾除けヒラヒラさせて歩く覚悟。

幸い、傘をさすほどの降りではなく、足元は下駄だったし良かった。ちょうど昼時なのに、街中でご飯を食べるほどの時間はないので、○越でお弁当を買って映画館に。折り詰めのお弁当を持って行くなんて、芝居を観に行くような感じだ。

さて、NOはピノチェト独裁時代のチリで、外国の圧力からピノチェトを支持するか、その他の政党を支持するか、、イエスかノーか、という選挙をすることになった。その選挙活動のために深夜時間帯、テレビで一週間それぞれの陣営が15分の番組でキャンペーンをする。
その時にベルナルくん扮するノンポリだった新進気鋭の広告プロデューサー、レネは友人のホセに頼まれてノー陣営の番組制作をすることになる。広告マンだからコカコーラの宣伝みたいな番組を作るのだけど、ピノチェト政権にやられたこと、虐殺、拷問、行方不明、などの事実を折り込みつつも明るい未来と希望を全面に出す番組を作ることで選挙で過半数を取り、独裁者ピノチェトを政権の座から追い落とすことになった。
つまり、広告の手法で独裁者を追い出した。

一週間の番組合戦も後半政権側はノー陣営へのネガティブ・キャンペーンになるし、レネを含むノー陣営の制作側には脅迫などのハラスメントがあるし、ノー陣営の集会では警察が乱入して逮捕者が出るし、開票だってノー陣営が見ているモニターにはノーの票ばかりなのにイエス陣営は半数近い票を得ている事になる。

だけど結局ノー陣営は勝った。これは1988年のことだから、つい最近のことなんだ。

ピノチェト独裁の恐怖をユーモアで溶かし、人々を棄権ではなくノーへ投票するように、世界が注目してるから、意思表示をするように、というメッセージを15分の中に込めたからピノチェトは退陣せざるを得なかった。まさに、非暴力非服従の戦いだ。

ピノチェトのような目に見える暴力や恐怖に晒されているわけじゃないけれど、安富歩さんが“微分化された暴力”という圧力でなんだか重苦しい雰囲気の日本だ(とわたしは感じている)。でも沖縄の人たちはこうやって行動してくれた。総選挙をやるらしい。600億だかの金が掛かるらしい。選挙やるから消費税増税は伸ばしますとか、商品券配りますとか、色々美味しい話しをしてくれる。有り難い事だけどもうありがとう、さようなら、をしよう。

映画の中でチリのアーティストやパフォーマーはみんなノー陣営だから、イエス陣営にはロクな役者もダンサーも集まらなくて苦労するエピソードが出てくるけれど、日本の場合はみんなイエス陣営だから、同じ手法は使えないけれど、メインストリームにいない人たち、自由に思った事を言える人たちは金も権力もないかもしれないけれど自由がある。

日米地位協定も日米原子力協定も、ノーだノー!もうたくさんだ。商品券なんかに騙されないぞ!

映画の後にあちこち買い物に寄って、コーヒー屋さん。

fc2blog_20141117200130ebb.jpg

久しぶりに柔らかい着物を着て、ズルズル着崩れるかしら?と思ったけれど、今日は衿も開かず、きれいに着れていたような気がする。お太鼓完成からちょうど1年。やっと着慣れたかなぁ。それにしてもお太鼓結んで映画2時間は帯枕が背中に当たってちょっと痛かった。
やっぱり映画にはカルタ結びがいいわ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
11月18日(火)パスタの基礎、またはスープの秘密。
2月7日(日) ピタ、フムスなど
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

パスタの基本。

今日は楽しい料理教室〜♡
このクラスでは最近和食の出しの基本を色々やったばかりなので、出しっていう考え方をしないお料理をしてみました。

んで、なんでパスタかというと・・・美味しい料理はシンプルな材料でシンプルに作るのがいい、っていうことを体験してもらうのと、簡単だから外食も減るし、友達が来た時にチョイチョイと作れるし、贅沢に作るのもシンプルに作るのも基本は一緒だし、あれやこれや、1度きっちりやっておくとこれからの家でつくるお料理がどこか根本から変わるレッスンだからです。

麺とソースの組合せもパスタ料理の楽しいところ。
最初はイタリアの塩むすび、アーリオオーリオ。
IMG_6505.jpg

オイルとニンニクのパスタソースは全てのパスタ料理の基本になります。これに材料を足す事でいろんなバリエーションが展開できます。ここから引くものは何もないけれど、足し算は無限。そして、シンプルな料理は美味しい!というのもこの料理から教えられます。

二番目はみんな大好きトマトソース。
フレッシュなトマトから作るとトマトと同じ味のソースが出来るので、料理する前にトマトの味見が欠かせません。酸っぱいもの、香り高いもの、甘いもの、甘くも酸っぱくもないもの、香りのないものなど色々です。当たり前ですが、トマトと同じ味のソースに仕上がるのはちょっと感動です。

IMG_6506.jpg
で、今日はここ数年で一番の出来!というくらい美味しいトマトソースのパスタでした。いや〜、感動的。

最後はカルボナーラ。
IMG_6507.jpg

卵かけ御飯ですね。最近ミルクやクリームの入らないカルボナーラが食べられるお店も増えてきましたが、今日はクリーム入り。ソースの濃度の調整など細かいところを見てもらいます。これはパスタソースの中でも一番難しい料理ですが、たまに食べると美味しいね。ベーコンなんてのは使わないで、自家製パンチェッタです。

写真にはないけれど、サラダはカブのサラダ。手間ひま掛けた、材料と手順の多い料理でないと美味しいものは出来ないと思っている人は少なくないけれど、そんなことはありません。少ない材料で、手間ひまかけなくても美味しいものは美味しいし、マズいものはマズいです。それなら手間ひま掛けずに作りたいものです。だって、わたしたりは料理するための奴隷じゃないんですもの。

料理の味の組み立てについて、何か得るところはあったでしょうか?日本料理の出しの世界とはまったく違いますが、その世界にも同じように美味しい家庭料理の世界があります。

みなさま遠いところありがとうございました。
今日のお料理のどれか1つでもレパートリーに加えて頂けると嬉しいです。

次回、12月はお休み、来年1月13日、お鍋ひとつでスープと野菜料理とメインディッシュを作るお料理をしようと思います。
しばらくお会い出来なくて残念ですが、1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。楽しいホリデーシーズンをお過ごし下さいね。

さて、わたしは今月の教室も無事終わったので、これから展覧会に向けてホントのスパートです。明日からがんばるぞ〜!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


着付け教室最終回が終わって1年経ちました!

着物の着方の講習の最終回が終わったのが去年の11月9日だった。こちら→

秋になってから特に用のない時は朝から着物で過ごす事が多い。着物の上からチョッキを着たり、割烹着を着たり、前掛けをして紐に袂を挟んだり。

前は鏡を見たら衿が開いて面白いことになっていたけど、最近はそんなことも少なくなって、トイレのたびにあちこちギューギュー引っ張ることも減った。

長襦袢の背中に紐をつけたところでかなり着やすくなったのだけど、紐なしの絹の長襦袢を着ても、伊達締め1本締めたら衿はかなり安定するようになった。

着らくの師匠は伊達締め反対派のようだけど、着付師でいつも着物をかっこよく楽にきてらっしゃるきもののきのBettyさんは「絹の襦袢の時は伊達締めします」とおっしゃっていた。

伊達締めで締めてもギューギューに締めなければそれほど大変じゃないが、着らくの師匠がいう「固める」感じは多少ある。

最近の着方は、補正はナシで、うすいTシャツ、裾除け(タイシルクに絣)、絹の長襦袢、伊達締め
、着物、腰紐、伊達締め、というラインアップです。

胸紐を伊達締めにするのは、家では帯をしない、という理由もあるけれど、お端折を一枚降ろしにすると紐よりも伊達締めのほうが内側の衿が出てきにくいような気がするのです。

なにしろ、家の中だから、椅子に登ったり、降りたり、背伸びして高いところのものを取ったり、立ったり座ったり、布団に潜って昼寝してりするのですもの、着られる着物も大変です。

んでもって、最近の自分の着姿を見て思うのですが、この着物の姿は母や祖母が家で着物を着ていた時の姿に似ているような気がします。もう本当に子供のころですが、母も祖母も家で着物を着ていました。

祖母が髪を結うところを見ていたのはよく覚えているし、着物だって着るところを見ていたはずで、補正を巻いたり、着物と襦袢の衿を洗濯バサミで留めたりはせず、使うものは紐と伊達締めと帯板くらいで小さい姿見に写してシュシュシュと着ていたこともおぼろげに覚えています。

fc2blog_2014111923505273c.jpg

伊達締めと紐だけで着物を着て動き回るとこういう着姿になるのだなぁ、自分の着物姿を見て、昔の母や祖母の姿を思い出して懐かしい気持ちがするのです。

着物を着るのもやっと慣れてきたかなぁ?というところ。そういえば、すっかり長襦袢派になって、半襦袢は着なくなりました。替え袖色々作ったのになぁ。

着物のレッスンに誘ってくれたマキコさん、教えてくれたエミコ先生、いつも相談に乗って下さるBettyさん、時々わたしの与太話に付合って下さる着楽の師匠、ありがとうございます!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


時々飲んでる青いドロドロ。

もうすっかり西式健康法も甲田療法も生菜食も怠けているけれど、産直市でジュース用にナイスな野菜が売ってたら、ジュースを絞ったり、青泥用にナイスな野菜が揃っていれば青泥を作ることもあります。

んでもって、ジュースや青泥を食べたら、「あ〜、これはいいものだなぁ。こんなのを毎日食べてたら病気にならないなぁ〜」と思うのです。

考えてみれば、高いジューサーや高いブレンダーを買ったものです。んで、それだけの効果があったか?といえば・・・

大有りでした。ジューサーを買ったのは、石原結實先生の「空腹力」を読んだら猛然とニンジンリンゴジュースが飲みたくなったのです。このジューサーを買ったので、ローフードをやるようになって、西式甲田療法に出会ったのです。

甲田先生の本を読んだのも良かったけれど、そのおかげでわたしは小さい頃からの便秘をなおして、腸麻痺も直したのだから、今はジューサーもブレンダーも毎日使わないけれど十分元は取ったし、機械に払った費用以上の利益があったと思います。

なんたって、便秘のまま50代突入することを考えたら・・・いや〜、良かった。甲田療法と出会っていて良かった、と思います。

甲田療法に限らず、断食などをすると人生が変わるような体験をするけれど、西式甲田療法の素晴らしいところは、本気になったらお金はほとんど掛からない、というところです。

まぁ、西式の運動療法の機械はあるけれど、基本は機械を使わずにするのが運動だし、温冷浴のために浴槽が2つあればいいけれど、別に普通のお風呂でもできるし、板や木枕はいるけれど、1度買えば一生モノだし、たいして高くない。
スイマグ、柿茶は消耗品だけど、普通のサプリやスーパーフードに比べたら別に高くも何ともない。

運動だって、特に病気治療じゃなければ朝晩やればいいわけで、この運動さえやっていたら身体の不調はどんどん良くなる。

西式甲田療法に出会ってわたしが学んだことは、「自分の中にすべてがある。ただ毎日を積み重ねるだけで結果が変わってくる」ということだ。

青いドロドロも時々飲んでます。この後に分量控え目で普通に食べるんですが。

fc2blog_20141120212628fde.jpg


みかん、カボス、柿、セロリにレタス。かなり美味しいです。あ、これは甲田療法の青泥とは違いますが、マインドは甲田療法。
ベタベタに甘くないです。塩は入ってない、は普通のご飯も食べるから。
運動の後にいきなりご飯たべずに青泥食べると身体が楽ですね。クエン酸回路かな?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


夫出張につき、せっせとお仕事。

最近どうしたことか温亀さん袋セットの注文が相次いでいる。

不思議なことに注文をもらう時はガーっとかたまってるし、来ないとこはサッパリ。本当にありがたいことです。

いつもは座敷でいろんな座り方をしてミシンを踏んでいるんだけれど、夫もいないし、台所の作業台でやったら楽かな?と思って台所に移動してみたら・・・めちゃ楽です。スツールに座布団敷いて、機嫌良くパッチワークしていたら、注文以上の袋が出来そうです

IMG_6510.jpg

ハギレをパッチワークした温亀袋はハギレが溜まらないとできないんだけれど、だんだんハギレの方が多くなってきたので一気に大きな布を作ってそこから温亀袋を作ることにした。

ハギレパッチワーク、この布はラオスの、これはタイの絣、これはダッカで買ったもの、などと思い出すのも楽しいですが、何より温亀くんが入りたいような布でないと、亀さんかわいそうだものね。だって、レンチン法だと亀を袋から出すことってほとんどないんだもの。

小さなヒーターで足元温めながら縫い糸の配色なんかも考えながらミシンを踏むのも楽しいのです。縫い物はちっとも上手にならないんですけれど・・・

明日から世間は連休だそうですが、せっかく夫は留守だし、日曜日は1日出掛けるから、明日もせっせと仕事です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

そして今日も1日亀袋。

今日は温かくて、良いお天気で、ドライブ日和だったのに、家から出たのはコンポストにゴミを出しに行っただけ。

今日は裏に貼る布を裁断して、縫う。縫う。縫う。

IMG_6511.jpg

温亀袋もだいぶ出来ました。それほど仕事が進んだ気はしないのに、ボビンを何度も巻いたからやっぱりかなり縫ったんだと思う。

1人なのでご飯も適当、片付けものもまとめてやるだけ。1人でいてわかるのは、わたしは昼ご飯にしっかり食べたいみたい。ただ、食べ過ぎると午後仕事にならないので加減が難しいのですが、上手に食べたら夕方お腹が空いてオヤツとも食事ともつかないようなものを食べるということがない。

で、晩ご飯は軽くて良い。今日は青泥に残りご飯、レンコンの素揚げ、油がちょっと残ったのでカイダーオ(タイ風目玉焼き)をパンに乗せて食べた。

明日のお出かけ何を着ようかちょっと考える。

母にも会うから母の着物、真冬になる前に大島着たいと着物を選ぶと、帯が難しい。
色んな人にきっと会うから綴れ帯にしようかと思う。

IMG_6512.jpg

小物は・・・もうよくわかんないや。帯揚げはインドのスカーフにしておこう。着物が赤すぎるんだよなぁ。遠くからみたら真っ赤だ。

明日は出掛ける前に家を片付けないと、足の踏み場もない。
なんでわたしがなにかしたらそこら中散らかってしまうのかしら?不思議だわぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


綴(つづれ)帯に叱られる。

大阪の歴史博物館でとても興味あるシンポジウムが開催されていたので、日帰りで出掛けてきた。
お天気も良さそうだし、母も来る(晩ご飯一緒に食べよう、という魂胆)というし、季節も良いし、ということで母からもらった大島に、お出かけだからこれまた母からもらった綴れ帯を締めようと準備したのはいいけれど・・・

綴れの帯ってポイント模様。しかもいつもの巻き方と反対側にお腹の模様がくるようになっていて・・・なんか勝手が違うよなぁ〜と思いながらルンルン、お出かけだ〜と帯を締めるのだけど・・・あれれ?あれ?あらら・・なんで?!あっちゃ〜、こりゃあかん、やり直し〜。

着物は結構着慣れても、名古屋帯はほとんど締めないうえに、稀に名古屋帯を締めても柄出しが必要ないタイプのものばかり使っていたから練習が全然足りてなくて大変苦労しました。

もちろん出発時間は大幅に遅れ、断食する気はまったくなかったのに、お昼抜きになってしまいました。ま、普段できない断食が出来たことで結果オーライです。

綴れの帯は滑りが悪いのでお腹に二重に巻いてギューっと引っ張っても引っ張れないから結構キチキチに巻かないといけない上に生地も固いから大変です。巻いてしまえば緩むこともないので面倒はないのですが・・・

綴れ織りは小さい杼をたくさん使って、糸も撚り合わせたりして色を出して、下絵を見ながらチマチマと織っていくのが結構好きで、綴れのタペストリーは2点くらい作っている。綴れを織る人になってもいいなぁと思っていた時期もありましたが、帯を織ろうなんてことは考えませんでした。だって、ほんとに細かい作業なんだもの。

その帯をお腹に巻いて、ついでに着物は大島紬で、この着物はすごく柔らかくて、織りキズがいっぱいある。この柔らかさといい、織りにくさといい、これは無撚りの糸を使ったものじゃないか?と思う。
織った人がどれほど苦労したかが忍ばれる着物。たぶん織りキズや引きつれを見て喜ぶ人はわたしみたいな人以外いないだろうけれど、織り手の方が最後まで一反織り上げた布が本当に嬉しいし、愛しいなぁと思うのです。
大島ってつるっとしているのですが、この着物はフワフワしてるんです。

fc2blog_20141124002534851.jpg

母もわたしが着ている着物を見て、「その着物好きだったわぁ」と言ってたので、やっぱり着やすかったのだろう。

着物を着て、帯に苦労していて、これは大変高度な趣味の世界じゃなかろうか?すごい手のこんだ工芸品を着て歩くのだもの。
柄がうまく出ない綴れ帯に「お前はまだ年季が足りないよ」と叱られたような気がした。

fc2blog_20141124003436e08.jpg

地下鉄の出口を出て歴史博物館。ちょうど地下鉄の降り口で写真を撮っていた台湾かどこかからのツーリストの女性たちが、着物で階段を登ってきたわたしを見て「わぉ〜」と言ってくれた。
バシっとは決まってなくて申し訳ないけれど、着物ってのは歩く博物館だ。

完璧な着こなしには遠かった帯ですが、朝から夜遅くまで1日着物を着ていたし、晩ご飯は両親と一緒に懐石を食べたけど、帯はとっても楽だったのです。

まだ着物着るようになって1年だからね、これからまだまだ修行するから、帯くん、まっててね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

食と農の映画祭・2014

今年もやってきました!「食の農の映画祭・ひろしま」

毎年この展覧会前の忙しい時にやってくれるよ、映画祭。食と農関係の貴重なドキュメンタリーや映画を上映してくれる。毎度気になる作品があるけれど、どれもこれも行く訳にはいかず・・・それでも厳選して1本くらいは観に行く。

fc2blog_2014112421213671f.jpg

というわけで、行ってきたのはパンジャブにあるシク教の本山、ゴールデンテンプルでのご飯の振る舞いを撮ったもの。

fc2blog_201411242122295c9.jpg


ゴールデンテンプルはバックパッカーには有名なところで、何日でも泊めてもらえるし、ご飯もいくらでもただで食べさせてくる。お金が足りなくなったらパンジャブのゴールデンテンプルに行って何日か過ごすのだ。

その寺では毎日10万人の人に食事を振る舞うのだが、料理を作ったり、皿を洗ったり、掃除をするのはすべて信者の奉仕。異教徒だろうが、外国人だろうが、金持ち、貧乏人、分け隔てなく同じ食事を振る舞う。

みんな座り込んで涙流して玉葱むいたり、ニンニクむいたり、生地を千切って丸める人、チャパティーを伸ばす人、生地の団子をホッケーのバーみたいなもので伸ばす人たちに配分する人、バカでかい鉄板でチャパティーを焼いているところは、広島の某大手有名お好み焼きチェーンのランチタイムみたいだ。

これを見てたらギネスに挑戦!一万人分の○○!!なんてのが子供の遊びみたいに見える。毎日毎日10万人にご飯を食べさせるんだもの。

この大量の振る舞いを500年も前からやっているのだから、シク教徒の人たちはすごい。あのインドで、女性、男性区別なく、同じ場所で手を洗い、足を洗い、一緒に座って玉葱をむいて、体力のある若い男性は力仕事を、身体が動かない人はそれなりに、みんなでお寺を綺麗にして、ご飯を作って一緒に座って食べる。

奉仕する人とご飯を食べる人が一緒なのか、ご飯だけ食べに来る人がいるのか、汚れ仕事をする人とそうでない人、仕事の振り分けはどうやるのか?良く分からないところもあったし、顔のアップが多くてちょっとなぁ〜なところもあったけど、毎日10万人にご飯を食べさせる食堂の台所の様子、面白いのでした。

映画の後、猛烈にチャパティーが食べたくなったけれど、紺ちゃんに行く。

fc2blog_2014112421513519f.jpg

柚子味噌しおラーメン。ふろふき大根が絶品ですの。

チャパティーは明日作ることにしよう。野菜もそろそろなくなってきたから買い物も行かなくちゃ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

着物姿をほめられる。

綴れ帯を締めるのに苦労したことに反省し、やっぱり普段も時々名古屋帯を締めよう、と反省。朝から単の紡ぎにウールの名古屋帯を結んでいる。

綴れの帯ではあんなに苦労したのに、この日は帯のかたちが1回でビッシリ決まるし、帯揚げもブカブカしないで決まっている。うーん、やっぱり失敗すると格段と上達するなぁ。

夕方映画に出掛ける時、水玉模様の足袋をタビックスに履き替えて(なんでやねん!)髪をピンで押さえて、チョイチョイとメイクして、寒かったらいかんのでショールを掴んでそのままの格好で出掛けた。

着物は単だし、タビックス&下駄(雨疑惑もあったのでこういう選択。結局降られずでラッキ〜。)という軽装。かばんも普段持ちのままだってバッグの入れ替えって面倒だもん。

映画館のエレベーターから一緒だった方がたまたま隣の席になられて、話しかけられた。

女性:「すごくステキに着物きてらっしゃいますね〜、楽そうで、とってもステキです〜」
ぺんぎん:「着れるようになってまだ1年くらいしか経ってないんですよ」
女性:「え〜、ほんとですか?!すごい慣れてるみたいで、楽そうで、わたし、○本△装に行ったんです、わたしは買わなかったんですが、友達は85万円一式買ったんですよ、で、わたしは買わないのでつれなくて〜・・・・」

え〜、“85万円で一式”の中身がメチャクチャ気になるけれど、この方はお母様のお着物もあるとかで、85万円は払わなかったそうで、なんと賢明な!
わたしが習ったところをご紹介したらとても喜んでおられました。いや、85万円・・・帯に着物に箪笥まで山ほど買えそうです。
エミコ先生はホンモノの着物好きだからわたしが補正を嫌って鞠小路メソッドを追求しなくても、わたしの好きな着姿になることも応援してくださる広い心があるのでオススメしちゃうのです。

着物の着方を習うのにお金を介在させるかどうか?ということが時々問題になるようですが、人から何かを教えてもらうというのは本当にありがたいことで、たくさんの失敗、多大な投資、長年の勉強&経験ををサクっと教えてもらえるのだから、それに対して対価を支払うのは当たり前、お金を払うことで、貸し借りなしで安心して教えてもらえるということでもあります。

というわけで、楽そうで慣れていてステキだと褒められた姿。

IMG_6518.jpg
映画&ラーメンを終え帰宅後の図
長袖Tシャツ、絹の長襦袢、長めのメッシュ衿芯、伊達締め、着物は腰紐&伊達締め。お端折は一枚降ろし。腰回りは、西洋パンツ&タイシルクの裾除け。

この着物、かわいいから好き。単です。黄色い帯も良く似合う。こんな帯、ほんと普段着っぽくていいよねぇ、タビックス&下駄でお出かけしても、この帯ならぜんぜん気になりません。しっかりしているから、帯板も入れてない。

「補正もしてないんですよ」と言ったら、もう1人一緒におられた女性まで驚いておられました。ガッチリ補正して、ギューギューに締め上げて、胴体が動かないようにするのが着物ってわけじゃないのですものね。ついでに着物と帯の値段を言ったらもっと盛り上がったかもしれないけれど、ここは大阪じゃないので我慢しました。


話しかけて下さった女性が着物の着方を覚えたら、その方のお母様の着物はまた袖を通してもらえる訳で、箪笥の中からありがとう〜の声が聞こえたような気がしました。

着物は着なくちゃ!

「あんな風に着れるなら着物着てもいいなぁ〜」って思われるような着方が出来るようになった気がして嬉しかったのでした。これからも楽ちん着物ゲリラ(着物を楽そうに着ていろんなところに出没する活動家)やるぞ!そのうち綴れ帯くんだって落としてみせるわ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


お口がチャパティーになったので、ベンガル料理。

先日観た映画、美味しそうなチャパティーをガンガン焼いているのを見て、すっかりお口がチャパティーになってしまった。

家に石臼挽きの完全粉があったな、とチャパティーにする。粗挽きでごつごつしていて田舎のチャパティみたいだ。

fc2blog_20141127000458bfd.jpg
おかずは、砂肝とレンコンというヘンな組合せ、それにニンジン葉の炒め物とパンダ豆のサブジ。

パンダ豆は産直市で生の豆が売ってたので冷凍しておいたもの。圧力鍋だと料理もすぐ出来る。砂肝ばっかりのカレーはバングラデシュでは食べられないけれど、砂肝って脂がないからあっさりしていて美味しい。

チャパティに一家言持つ連れ合いは、田舎風粗挽き全粒粉の入ったチャパティがお気に召さなかったらしく、粉の配合にご意見下さった。

んで、晩ご飯はまた違うチャパティ。

fc2blog_20141127000702f92.jpg
米粉と強力粉。これはなかなか美味しかった。チャパティも実はいろんな粉で作るので、家にあるヘンな粉も混ぜてしまえば良い。

砂肝&レンコンカレーはたっぷりあったので、今日は赤エンドウを茹でてカレー。

fc2blog_201411270007569ca.jpg

赤エンドウのカレーはまた大量にあるので、明日は別のカレーとか、バジ(炒め物)を作ってベンガル料理を食べることになりそうだ。

結局、もうカレーは当分いいや、と思う頃に終わるのだから丁度いいのかもしれない。
カレーの王様、カリフラワーがあるから、ここはカリフラワーのサブジでしょうか。そうすると、またチャパティを焼いて食べてしまうのだなぁ。

ベンガル料理を作って友達を呼んだり、お届けしなかったら、何日も家でベンガル料理が続くことになります。
これをうちでは無限ベンガル料理運動と呼びます。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。



日常着物運動。「出先で3回くらい帯が落ちたら上手になるわよ」

「習うより慣れろ」というのはどんなことでも同じです。

まだ自分で着物が着れなくて、日本人なのにサリーは着れるけど着物は着れないってのはどうよ?と思っていた頃。
時々着物着るよ、という人に「教えて〜」と言ったことがある。補正などをせずに着る人から教えてもらいたかったのだけど、その当時はそんな普段着着物の着方を教えてくれるようなところなどなかった。

彼女は「慣れたら簡単よ。出先で3回くらい帯が落ちたら上手になるわ」と笑っていたけど、教えてもらうには至らなかった。

その後、きくちいまさんが

着物がくれる とびきりの毎日 (知恵の森文庫)着物がくれる とびきりの毎日 (知恵の森文庫)
(2006/12/05)
きくち いま

商品詳細を見る


を書かれ、昭和30年代まで当たり前だった普段の着物もやっと再び日の目を見るようになったように思います。失われたのは40年以上になるわけです。

親の世代は着物が着れるのは当たり前で、義母(昭和6年生まれ)に「袋帯の結び方を料理教室の生徒さんに教えた」と言ったら、「変わり結びかなにか?」と義母が言ったのです。つまり、義母は袋帯の二重太鼓は結べて当たり前だったのです。

かわって、うちの母(昭和11年生まれ)は、「半幅帯?そんなのうちにないわよ」昔は着物を日常に着ていたのだから、半幅帯や兵児帯も締めていたのでしょうが、家にあるのは広幅の帯ばかり。まぁ、踊りのお稽古でもしてない人は半巾は持ってないかもしれません。

大阪に行った時、ポイント柄の綴れの帯に手こずって、結局模様がきれいに出なかったのですが、出掛けるのがおくれた、という話をすると、母が「それやから着物はイヤやねん。お天気も気にせないかんし、準備時間は読まれへんし・・・」と着物を着たくなり理由を並べていた。

いや、それでも着るよ、わたしは。だって、着物って手織り布なんだもの。

というわけで、習うより慣れろ。出先で帯が落ちたことはまだないけれど、着々と練習。綴れ帯の一件があってから、他の名古屋帯は結構バランス良く締められるようになった。(ような気がする)

IMG_6522.jpg
背中にひも付き襦袢、着物には腰紐&胸紐。つまり、伊達締めなし。名古屋帯だと枕や帯締めがあるので半巾よりも衿元は崩れにくいです。

着物を着るのはいいけれど、どこに行くか、というのは結構問題。それはもう、どこにでも行くくらいの勢いがないと慣れるところまでなかなかいきません。

なにしろ、昔はおギャーと産まれたときから着物なんですから。朝から着物、夜は浴衣。一日中着物を着て動いていた人が大人になって良い着物に良い帯をしたら、そりゃカッコいいですが、ずーっと着物を着ずに育ってしまったのだから、無理矢理でもなんでも着物を着ないと、また良いものを着る時に着物や帯から叱られるもの。

そういえば、サリーだってオケーショナリーに上等のサリーを着ている人は着物に負けているけれど、日頃からサリーの人のサリー姿は本当に優美で、布と着る人が調和しているんです。

最近ちょっと”大きな風呂敷で身体を包む”という感じが分かるようになってきた気がします。お太鼓に慣れたら、違う結び方や、お太鼓でも仮紐法、結ぶ法など試してみようと思います。

今日、紺ちゃんに行ったら、お客さんがいてなくて、珍しく着物の話しになった。「着物箪笥にいっぱいあるのに、着れないの。着ても行くところもないし・・・」と奥さんがおっしゃってたけど、着て行くところは・・・どこでも行くのよ!ラーメン屋さんも映画も着物で行くのよ。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


恥ずかしながら・・・生活苦しくないですか?

消費税が5%から8%に上がって、円安で色々生活物資も値上がりして・・・

コーヒー屋さんやうどん屋さんが消費税値上げによる値上げをして、「ごめんなさい」「すみません」と申し訳なさそうに謝ってくれて、「しょうがないですよ〜、アベノミクスですからぁ〜」とお互い苦笑いしたのも懐かしい話し・・・

ウチは子供もいない気楽な家庭ですが、消費税増税によるさまざまな影響が目に見えて出始めました。
今までと同じように生活しているのに、お金が減る減る。通帳の金額がついにクレジットカードの引き落とし後は大変寂しいことになっている。

いや〜、こんなに露骨に影響があるのだ、と正直驚いている。消費税導入の時は日本にいなかったし、この時は物品税がなくなったので、安くなったものもあったんだ、という話しです。5%に上がった時にもたいした影響もなく暮していたけれど、今回は本当にきてる。

サラリーマン家庭の我が家がこれだけ苦しいということは、わたしが懇意にしている個人商店のみなさんはもっと大変なんじゃないか、と心配になる。個人商店って、ラーメン屋さんとか、レストランとか、個人商店じゃないけどグリーンコープなんかもお客さんも売り上げも減ってるんじゃないか。特にお店をやっている人たちは身体を削るようにして仕事してるんじゃなかろうか?

2014/11/25 【大義なき解散総選挙9】「財政で経済を潰す」に反転したアベノミクス 増税逆噴射で「日本の奈落」を招く財務省と安倍政権の狙いは ~岩上安身が政治経済学者・植草一秀氏に聞

これを聞いていたら、なるほど、ウチだけじゃなくて、世の中大変なことになってるんだと分かる。

IWJのこの植草さんへのインタビュー、12月2日までは会員以外にもオープンにされているのでどうか聞いてほしい。どうしてどんどんお金がなくなるのか、お給料が上がらないのか、みんな苦しいのかよくわかる。

マクロの世界で何が起こっているのかを一応知って、ミクロな存在のわたしたち個人がどう生きるか、というのをかんがえないと仕方がない。

そして、大事なお金は顔の見える関係のところに使って、人とつながるためにお金を使おう。大企業の製品よりも小さいところで作っているもの、ファストファッションよりハンドメイド。安いからとマクロな人たちのためにお金を使っても、儲かっているのは会社だけ、そこで働く人も製品を作る人もその材料もとことん買い叩かれているから安くても会社は利益を出して、広告を打ったり、株主に配当したりできるのだ。

というわけで、ちょっと固い事を書いたけれど、お金の話しは大事だし、お金の使い方はもっと大事。
わたしは着物の着方を覚えたので、洋服を買わなくて良くなった。お洋服でオシャレするような場面には着物を切れば良いからで、着物は主に母から譲ってもらったので、下着や小物だけ買えば良かった。おまけに中古着物市場はとってもステキで、手足の短いわたしは選び放題なのです。

消費を締める時は江戸時代の庶民に見習って、色々なものを中古市場から得ればなかなか楽しい生活があるのだ、ということをわたしは古本屋さん大好きな夫に教えられました。古本屋さんも楽しいし、リサイクルショップも同様に楽しいのです。新品じゃなくてもいいじゃないか、何が問題なんだ!と思うわけです。

次の選挙本当に大事だと思います。不況の後に戦争がやってきてもいいのかどうか、という選挙。不況のまま奴隷のような生活になってもいいのか?という選挙だと思うのです。

岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


「マダム・マロリーと魔法のスパイス」

なぜか展覧会前に見たい映画が押し寄せてくる。マーフィーの法則ってやつかしらん?
夜とか夕方に映画行くぞ!と思うと、日中頑張って仕事ができます。ニンジンが目の前にっていうことですね。

マダム・マロリーと魔法のスパイス」

いや〜、この映画のサイト、ディズニーだからか出来が悪いですね。あのインドの大女優、ジューヒ・チャウラが主人公のお母さん役で出てるのに、サイトにはクレジットされてない。すぐ死んじゃうけどとても重要な役なのに。ひどいな。

料理と食べる事を愛する人にはとても良い映画。お母さんのスパイスボックスが出てくるのだけど、別に珍しいものが入ってるわけじゃない。だいたい、スパイスは使えばなくなるし、粉のものは古くなると香りも減る。だいいち、ターメリック以外は毎日石臼でペーストを作るので、ちゃんと料理する家庭で粉のスパイスを使う事はないはずだが・・・

原題は「Hundred-foot journey」、2軒のレストランを隔てる道路の巾のことを差しているのに、この日本語のタイトルはなんだ! なんで日本の映画配給会社はこんな邦題付けるのかなぁ?1970年代の洋楽じゃあるまいし、って思うのはわたしだけでしょうか?なんか映画を観に行く人をバカにしてるんじゃないか?って時々マジで腹が立つ時がある。

そんな細かいツッコミはおいといても良い映画でした。ウニを満載した籠を頭に乗せた男の後ろを息子の手を引いたジューヒが追う。露店の魚屋に到着して、そこで魚を買いあさる女たちの中で、息子のハッサンはウニを食べて(勝手に食べてええんか?)ウットリする。そこで、魚屋のオッサンは「味の分かる人に売る」と宣言し、無事ウニが買える。

え?ムンバイのムスリムはウニ食べるの?というツッコミもナシだ。

ママはハッサンに料理について語る。味わえ、食べ物は命を奪う事だ、あとなんだったかな?良い話しなの。だけどこのステキなママはすぐ死んじゃう。それで、一家はムンバイを出て、ロンドンに行くのだけれど、野菜の味がない、といって、大陸に来る。

んで、ミシュラン1つ星のレストランの向かいにあった元レストランの家を買ってそこでインド料理屋を始める。この映画でミシュランはバイブルみたいだ。

広島でもミシュランガイドが出たけれど、お好み焼き屋さんなんかも☆をもらっている。ただのグルメガイドだ。アラメゾンには調べにも来ない。来なくて良かったとみんなで言ったものだ。ミシュラン?それがどうした?という感じなんだけど・・・

ハッサンは味覚が鋭く、料理も優れているので、その才能を「伸ばさなければ」と思ったお向かいのレストランのマダム、マロリーが自分のところで修行をさせると、1年でミシュランの2つ☆になる。ってことで、ハッサンはフランス料理の人気シェフとなってパリで活躍するのだけれど、あるとき、店のインド人の子が1人で弁当を夜中に食べている。「妻が作るんです。僕より料理上手なんですよ」というのを分けてもらって食べて泣いてしまう。

このシーンは無理矢理感が強いのだけど、分子料理に革命をもたらした人気シェフがインドの普通の家庭料理を食べて料理の神髄に触れて泣いてしまう、というのはすごく良く分かる。だって、インドの家庭料理っていうのはそういうものだもの。

この脚本を作った人って、料理のハートが分かってる人なんだろうなぁ、と思ったのでした。

というわけで、マダム・ぺんぎんの魔法のスパイス。

fc2blog_20141130234520a0f.jpg
ニラミーシュ(ミックス野菜のサブジ)昨日使ったカリフラワーの軸&葉、庭のさつま芋、大根、ニンジン。何で作っても美味しい。

fc2blog_20141130234602fa1.jpg
グリーンコープのすね肉はカレーにピッタリ。後でジャガイモ入れます。玉葱炒めないよ。

fc2blog_20141130234714d17.jpg

ベンガル料理ってなんでこんなに美味しいんだろう?このところ毎日料理を作り足しては食べる無限ベンガル料理運動に迷い込んでいるので、体重は増えそうだけど、1日に1度しか料理しないから効率がいい。朝作った料理を夜まで食べるってところもベンガル家庭っぽい。

イベントのお知らせ→今年もやってきました「おくりもの展2014」とぺんぎん食堂。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
12月7日 ピタ、フムスなど
1月13日(火)1つの鍋で作るスープからメインまで。
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。