ファラフェルとベーグル

今日は楽しい料理教室〜♡

粉と水だけで作るパン、ベーグルとひよこ豆のコロッケをゴマソースで頂く中東のお料理。中東といえば、今朝は本当に気の滅入るニュースが飛び込んできたけれど、中東の人たちはこんなにハートフルで美味しいお料理を食べる人たちなのに、こんな世界になってしまって・・・

この寒いのにベーグルちゃんと二次発酵できるだろうか、と不安な気持ちで朝早く起きだしてパンの仕込みをしたのだけれど、ちゃんと膨らんでくれました。

ベーグルはユダヤ教徒の食べるパン。彼らは食事の戒律が厳しくて、乳製品は1日に一種類しか食べてはいけない。だから、バターを食べたらその日はヨーグルトは食べられない。ミルクの入ったものもダメ、というわけで、パンは粉と水だけで作られる。この丸い形や生地を茹でるのも何か理由があるのだろうけれど、まだその理由に行き当たったことがありません。どなたかご存知の方、教えて下さい。

で、粉と水だけだから原価は安いのだけど、買うといいお値段ですよねえ。自分で作るとそんなに大変じゃありません。

fc2blog_20150201210230117.jpg

パンの準備が終わったら、久しぶりに美味しい青泥を披露。新しい人も増えたし、新しくない人も季節の青泥、時々復習してポイントを押さえると、また新鮮な気持ちで青泥生活が続けられるというものです。

fc2blog_20150201210306365.jpg
季節の果物と季節の野菜。やっぱりサラダをワシワシ食べるのとは違うような気がするし、スーパーフードを仕込めるところも便利です。

ひよこ豆のコロッケも簡単で美味しい料理。ベジタリアンの人にはおなじみですね。
fc2blog_2015020121040364c.jpg

これにタヒーニのソースを作って、レバノン風のサラダと一緒に。
ベーグルを半分に割って、ソースを塗りつけてサンドにします。

fc2blog_201502012104435b0.jpg

いや〜、たまにはベーグルも美味しいですね。

ひよこ豆が手に入らない場合、他の豆でも試してみてください。美味しくてポンポン食べてしまうのですが、こんな料理は作り方さえ覚えてしまえばアレンジも色々出来て、楽しんでいただけると思います。

今日もみなさま遠いところをありがとうございました。今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えていただけたらこんな嬉しいことはありません。

次回は3月29日、玉子のカレー(ベンガル料理)を予定しております。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月3日 (火) オイスターチャウダー
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


色無地を寝間着にしてます。

このところちょっとバタバタしていておうち着物率が減っているけれど、寝る時は着物です。

母からどっさりもらって来た着物の中に、「お手入れに出したけどとれないわ〜」な汚れの色無地がありました。
これなぁ、どうしよう・・・でもこれじゃ着れないよなぁ、というような汚れ。

fc2blog_20150109233049a63.jpg

ちょうどお尻のところにくるから屈んだらよく分かっちゃう。お手入れに出してダメだったんだから、これ以上は薄くならないだろう。くりまわしをしたところでこの位置じゃ難しそうだ。こんな格調高い着物でなければ気にしないで着れるのに・・・

などと色々考え・・・・
そうだ!どうせ着れないのなら寝間着にしてしまえ!と思いついたのでした。
以来、ゴージャスな色無地着物を寝間着にして一月くらい経ちました。

いや〜、肌にまとわりつく絹の感触はとても素敵です。素肌に着ていますが、衿が汚れるのはやっぱりナンなので、反対向きに折り曲げて・・・

fc2blog_20150202202000d68.jpg
こうやって着ると襟元は韓服みたいです。

わたしは寝相があまり良くなくて布団の中でゴソゴソ動くのですが、絹なので動きやすいところもいいかなぁ。

初めの頃は罪悪感で胸がチクチクしました。だって、こんなに丁寧にぐし縫いしてあるんだもの。
fc2blog_20150202201848698.jpg

だけど、着ないよりは着た方が着物も嬉しいはず。これで十分楽しんだらいずれ襦袢にしたりと思ったけれど、なんだかこのまま秋冬用の寝間着で良いような気がしてきました。

あったかいけど蒸れないのは絹のいいところ。もう西洋寝間着には戻れないのです。

晴れ着って汚しちゃうと潰しが利かなくて困りますね。これも無地だからこうやって寝間着になるけど、刺繍なんぞしてあると・・・繰り回しや柄足しが利かなきゃお手上げかもしれません。

いっそ晴れ着はレンタルがいいのかもな。晴れ着がなくても困らない生活というのも如何なものかという気もしますが、晴れ着はレンタルで着付けしてもらえばいいんだから自分で着物を着れなくても困らないかもしれません。やっぱり着物は普段のお出かけに着るのが良いのです。

え?洗濯どうするのって?
ウールもそうですが、絹もあまり汚れないんです。汚れが気になったら自宅で丸洗いかなぁ。縮んでも裏がかぶっても寝間着だから気にならないです。気になるほど裏と表がずれたなら襦袢に変身かな。

ゴージャスな寝間着、とってもオススメなのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
2月3日 (火) オイスターチャウダー
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


オイスターチャウダーと牡蠣のブルギニオンソースのパスタ。

今日は楽しい料理教室〜♪

このクラスでは今スープ系を色々試しています。ご希望に応じてオイスターチャウダー。牡蠣の季節も本番で値段も下がって味も良くなってますものね。

その前にサラダ代わりに美味しい青泥。青泥もポイントを押さえて作ります。
fc2blog_20150203152507306.jpg
いや、美味しいね、美味しい青泥。青泥を食べてたらとりあえず色々安心なところもいいです。

チャウダーは魚介を使ったトロミの少ないシチューのことです。作り方も具材も色々だけど、赤やら青やら色とりどりにするよりも、白い野菜だけ使った方が好き。
コンソメキューブもホワイトソースの素も使わないで、材料だけで味を組み立てます。特別なことは何もしない、味付けは塩と胡椒だけというシンプルな作り方ですが、本当に滋味なるスープが出来上がります。
この味に慣れてしまったら、無添加のスープの素なども雑味が多くて食べられなくなってしまいます。当たり前に作れば美味しくできる、という経験を繰り返したら、料理がもっと楽しく美味しくなるというものです。

fc2blog_2015020315255379f.jpg

牡蠣をブルギニオンソースで焼いたらとっても素敵なアミューズになるのだけれど、今日はパスタにしてしまう。下ごしらえさえしておけば、オーブンに入れたらすぐに出来るので、お店で出すには便利な料理です。

焼いた牡蠣と茹でた牡蠣の味の違いを楽しんでもらいました。

fc2blog_20150203152630bf4.jpg

缶詰もスープの素も使わないで作るチャウダー、なぜか大受けして、みなさん牡蠣を買って帰られるようです。チャウダーも材料が少ないから作りやすいと思います。もちろん、材料を増やして作るのもいいですね!

今日もみなさん、遠いところありがとうございました。
次回は3月24日、玉子のカレーを作ります。ベンガル料理ですがこれも出しなんかどこからも出ないのに不思議に美味しい料理です。ほんと、不思議。バングラデシュから戻ったばかりなので、何かホットなスパイスも仕入れてきましょう。

さて、今日は節分。船場のごく一部の奇習が全国区になってしまって、いつも恥ずかしい思いをするのですが、今年は久々に祖母を思い出して奇習をやってみようと穴子を煮ています。

fc2blog_20150203152706156.jpg

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

久しぶりに節分行事色々。

節分といえば海苔巻きが世間的に定着してしまいましたが、あの奇習はもともと船場のごく一部でひっそりと行われていたもので、それも「節分に海苔巻きとイワシ」という程度のものだったのが恵方をむいてまるかぶりをするというへんな風習になったものです。
子供にとって海苔巻きを丸ごと食べるのは夢のようですが、まったく間抜けな図であります。

子供のころ、節分に海苔巻きを買いに行かされて、暗くて寒いなかトボトボとお寿司屋さんまで歩いて人数分の上巻きを買って帰ったのに、自分の食べた海苔巻きに穴子が入ってなかったという悲劇がございました。このようなことは一生忘れられるものではございません。ああ、海苔巻き。ああ、わたしの穴子・・・一人トボトボ買いに行ったのはわたしだったのに・・・

このように外から買ってくることは稀で、たいていはおばあちゃんの指揮のもと、家で作っていたように思います。(家で作る海苔巻きに穴子はない。精進海苔巻き。ついでに恵方巻きとは言わず、「節分の海苔巻き」と呼んでいた。)

関東人の夫は「まるかぶりとか、変。間抜け、わたしはまるかぶりなどしません!」と宣言していますが、海苔巻きは食べてくれます。

穴子を煮て
fc2blog_20150203152706156.jpg
高野豆腐、しいたけ、春菊、きゅうり、卵焼き。

fc2blog_20150203192423784.jpg

fc2blog_20150203192509eeb.jpg
ご飯が玄米なので色々とパッとしませんが、食べると美味しいです。作るのは大変だけど、食べるのはあっという間。こういう料理は一度に3合以上作らないと割に合いません。

今年は節分行事用にさるお方がこんなものや
fc2blog_201502031925456d5.jpg
こんなものを
fc2blog_20150203192714234.jpg

送ってくださったので久々に豆まきもしました。
歳の数だけ食べるのもなかなか大変になってきました。

fc2blog_20150203192630713.jpg

穴八幡宮のお札、とっても霊験あらたかなんだそうで、わたしもあやかりたいと思っております。こちらは節分の24時ぴったりに今年の方向に合わせて貼らないといけません。忘れて寝たり、お風呂入ってたりしないように気をつけて・・・

なんとなく、鬼を払って福を招いたような気になった節分だったのです。
たこさん、おかげさまで楽しい節分を過ごしました。たこさんにも益々の福が舞い込みますように。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

試作をしたり、映画に行ったり。

今日から京都ではヒツジパレットが開催されて、たくさんのお客さんで賑わっている様子。
ヒツジパレットについてはこちら→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-2148.html

二回目のヒツジパレットは展示の他に、ワークショップやレクチャーに加えて、マルシェ、モンゴルから人を招いてゲル用のフェルトマット製作の実演など超盛り沢山。企画が多すぎてよく把握できてないけれど、もしかしてこれは今日から京都に行ってた方が良かったかも、とおもえるような内容です。

わたしは明日のワークショップからの参加ですが、ワークショップは1日掛かるので、展示やマルシェを見るのは次の日になってしまう。

家にあったバングラデシュの素材で試作。

fc2blog_2015020521333956d.jpg

ん、あんまりよくくっつかないけれど、出来上がるとなかなかきれいです。刺繍とフェルトをどう見せるか、もうちょっと考えないと。
がんばって試作を仕上げて、夕方から映画。http://100yen-koi.jp

女優さんってすごいね。久しぶりに現代日本映画楽しみました。

映画の後紺ちゃんに寄ったら、映画館に行くところを紺ちゃんの奥さんに目撃されていたことが判明!喧嘩とかしてなくてよかった。

fc2blog_20150205213425e43.jpg

久しぶりの味噌ラーメン、生姜が効いてて、お野菜たっぷりで結構でございました。

明日のワークショップ、新しい技術を学べるのは本当に楽しみなのです。わくわく。
ヒツジパレット、みなさんどうぞお出かけくださいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

ひつじパレット2015,フェルトのワークショップ。

怒涛の関西出張&moreでブログの更新をお休みしてしまいました。

ヒツジパレットは3年ぶり2回目のイベント。
前回のヒツジパレットでは出品しただけでワークショップに参加しなかったけれど、今回は気になる講座があったので応募したところ運良く当選した。

布に手描きで絵を描いてフェルトのミニマフラーを作る講座。講師の先生はもともとプリントをする人なので、シルクスクリーンでプリントした布をフェルトにする作品などをたくさん発表しておられるけれど、うちでシルクスクリーンプリントまでやるのもなぁ、と思って講座を受けたことがなかった。手描きとなったら話は別です。

というわけで、絵を描いて、薄いフェエルトを作った上に乗せて一緒に縮める。

fc2blog_20150209210053d87.jpg

ミニマフラー、使い勝手がいい。出来たてでまだ冷たいのを巻いてみる。
fc2blog_20150209210136588.jpg
家に帰って早速使っている。友達に「かわいいね、自分で作ったの?」と褒められる。

ワークショップなのでわたしは適当に作ったけれど、参加者のみなさんはとっても素敵なマフラー作られて、すでに作品になっているものもちらほら。

fc2blog_201502092102370e3.jpg

新しい技法を習うのはとってもエキサイティング、次の仕事にあれこれアイディアが膨らみます。
薄いフェルトの作り方の違いなど勉強になることも多く、ワークショップでは人の作品やアイディアからもたくさんの刺激を受けて、濃厚だけどとても楽しい1日でした。

時間が来ても作品が仕上がらない人もいなくて、みなさん余裕で完成して、ゆっくり講評会も出来て、わたしはこの後の心斎橋での約束に余裕で間に合ったのでした。

早朝に広島から京都に出かけて、1日フェルトを作って、心斎橋で楽しい集まり。
いつもお世話になっている経堂のギャラリーマダムがわざわざヒツジパレットを観に来てくれて、石の作家さんやお友達と一緒に楽しい夜。

fc2blog_201502092103298ee.jpg

お腹の皮がよじれるほど笑って、いろいろ食べて、あまり遅くならないうちに実家に戻る。
母は「今日は降ったり止んだりであまりちゃんと布団を干せなかった」と言ってたけれど、本当にいつも綺麗な寝具を用意してくれて申し訳ない。夜遊びして遅く帰って、ほんと、申し訳ないのです。

翌日、仕事を早めに切り上げた母と一緒にまた京都に行って、ヒツジパレットの展示のほうを観るのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

「ヒツジパレット」とパーティー。

ヒツジパレットは羊毛を使うという縛りがあるだけで、応募したら審査なしで展示されるアンデパンダンな展。織物、編み物、フェルトに人形、その他造形作品やら、なにやら。ことに最近はフェルトの立体作品が増えていますが、織物も編み物も素晴らしい作品がたくさんあって、いろいろなクラフト展、工芸展を凌ぐエネルギーの渦巻く素晴らしい展覧会なのです。

で、賞というのも一応あって、これが人気投票。この人気投票が、「おお!」と思うようなセレクションで、不思議なことに分野ごとの作品が上位に上手い具合に配置されます。織りの作品なんて地味だろうに、と思うけれど、織りの作品でも編み物の作品でもいいものが入選(?)する。

母も行きたいというので、母の仕事が終わるのを待って、二人で出かけた。
展示やワークショップの他、モンゴルから来た人がゲルのフェルトを作る実演をしているコーナーもある。

fc2blog_20150209210411626.jpg

この角の柄杓(?)で乳清を振りかけてフェルトにするので、会場に乳清のにおいが充満しています。わたしたちは乳清などたっぷりないので石鹸水を振りかけて作るのですが、乳清のほうが毛が傷まないだろうなぁ。だけど日本の気候じゃ後臭いが抜けるまで大変かもしれない、などと思う。

fc2blog_201502092104568bf.jpg

ブランケット色々は椅子に展示されている。読書が進みそうなブランケットがたくさん。

fc2blog_20150209210547292.jpg

布フェルトのお洋服も素敵なものがいっぱい。みなさん、よい仕事していて素晴らしいです。

母は適当な時間に家に帰って、わたしは出品者のパーティーへ。

fc2blog_20150209210637702.jpg

こちらでも色々と旧交を温めて、FBで近況がわかる作家さんたちとも久しぶりにオフラインでお話し。日頃一人でコツコツ仕事をしているので、こんな風にたくさんの人たちの仕事を見せてもらって、話しもできるのは本当に貴重な機会。たくさんの刺激と元気をいただいて、今年はいい仕事たくさんしようと思うのでした。

パーティーが終わって新幹線で家に戻ります。たった一泊しただけだったのに3日くらい家を空けていような気がします。

WSでご一緒したみなさん、パーティーでご一緒したみなさん、またお会いできるの楽しみにしています。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

キモノ・コモノ・マルシェ「広衿ワークショップ」

怒涛の京都から戻った翌日、広島ではエミコ先生主催のキモノマルシェのワークショップ。

長襦袢の衿は広衿にしたら着やすい、身幅の狭い襦袢は広衿にするといい、という話は聞いていたけれど、広衿の襦袢って見たことないし、衿を解いて衿裏つけて広衿にするのは大変そう。でも広衿の長襦袢でふっくらした半襟いいなぁ〜、どこか近くでワークショップないかしら、と思っていたら、エミコ先生、広島に多奈ゑりきもの教室のえりこ先生を招聘してくれました。

はーい、行きます行きます!とすぐに申し込んで、京都に行く前に長襦袢の半襟外して襦袢も衿も洗濯して準備万端。

fc2blog_20150209210748cff.jpg

襦袢を広衿に改造する。これは「5分かからない半襟付け!」みたいなお手軽さはないけれど、広衿襦袢の衿もとは着物初心者の衿もとの悩みをかなり解消してくれます。

WSから戻ったら、夫が私の分まで昼ごはんを作ってくれていた。
fc2blog_20150209210828539.jpg
野菜炒めとお味噌汁。彼はこれに納豆を食べたらしい。日頃わたしが台所を支配しているけれど、彼は一人でもちゃんと料理を作れる困らない人なのです。お味のほうは・・・本人が心配するほどのことはなく、普通に美味しくいただきました。ありがとう。

衿を完成させたものを着て久しぶりに夫とデート。
デートといっても車に乗っていつものアラメゾンにご飯を食べに行くだけで・・・
母の結城紬に誕生日に買ってもらった大島の更紗帯。品川で買った下駄。下駄と帯は初おろしでウキウキです。

fc2blog_201502092109190e6.jpg

人に自慢できるような衿もとじゃないのはよく知ってるけれど、わたし的に格段に美しい衿もとになっているんですよ。補正しないし、コーリンベルトも衣紋抜きも伊達締めも使わないでこれだけの衿になってたら上等だなぁ。

襦袢の衿はプラの襟芯などを入れるので重みがあるのに襟芯まで胸紐で止められないから衿の重みで前後に動いてしまう。それを止めるために背中から引っ張ったり、衿先同士をベルトで固定したり、紐が動かないように補正を入れたりと、かなり窮屈なことをする。それでも窮屈嫌いなゆるい着方だとあちこち緩んでくるものです。

しかし、広衿襦袢にしたら、衿が胸を覆った状態でかなり固定されるので、動きが雑で紐の締め具合もゆるいわたしでもあまり動かず(ちょっとは動く)それなりのところで固定されるようです。これは縫い物が超苦手じゃない人で、衿もとの仕上がりにお悩みの人にはかなりよい方法です。

まだまだ改造の余地はありそうですが、プラ襟芯を入れない、または、メッシュ襟芯を縫い付けてしまう、接着芯で固くして襟芯不要にする、などの改造を加える事でもっと使い勝手が良くなるような気がします。(いずれにしても半衿の取り替えはバチ衿よりも面倒。汚れの目立たない衿にするか。)

襟芯用に買ってあった帯芯で早速他の襦袢も改造したのでありました。出張前の忙しい時に半日衿付けしてしまったのだ。

身幅の狭い襦袢と、改造ガウン襦袢が広衿になって、ついでに洗濯してさっぱりしたのでした。
いつも素敵なイベントを企画してくれるエミコ先生、多奈ゑり先生、ありがとうございました。



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。



美味しいものは宵のうち。

こんな素敵なものをいただいたのです。

fc2blog_201502121433324f8.jpg

祝島のタコの燻製。干しタコはこれまでも何度も食べたけれど、燻製は初めて。これは人気商品で売り出すとすぐに売れてしまう幻の一品だそうな。

う〜、こんな美味しそうなもの、どうやってたべよう。「ダッカに持って行ってみんなで食べる」というと、「冷蔵保存だからダッカは無理です」と言われてしまった。

お客さんも来ないし、仕方がない、二人で食べるか。

出張の前に酵母たちを乾燥させた残りでピタパンも焼いて、ダッカに行ったら食べられない生野菜をワシワシ食べるプランにしました。

fc2blog_20150212143414c32.jpg

ピタはこのところ100%という素晴らしい確率でぷっくら膨れる。こうやって全てがうまくいくと、何が原因でできなかったのかよくわからない。べつに膨れなくてもポケットにならないだけでピタはたべれるんですが、ポケットになってると、中にいろいろ入れて楽しめるものね。

オリーブペースト、タヒニソースなどを塗って、レタス、セロリ、カリフラワー、大根のナムル(なんでや?)を挟んで食べたのでした。

残り物の大根ですが、あれまぁ、これがなんと美味しいこと。きっとひじきでもおからでも、どんなお惣菜でもピタサンドには合うんだと思います。

いや〜、それにしてもタコの燻製、わたしはお酒を飲みませんが、飲む人にはたまらないでしょう。いつまでも干しだこやたこクンを楽しめる歯でいたいものです。

冷蔵庫の中も順調に消費しつつ、荷造りに励むのでした。ウールを10キロ近く持っていくので荷物が大変です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

今年最後のカボス。

秋から春の入り口まで、たっぷり楽しんだ菊の助さんのカボスも最後の一個になりました。

fc2blog_201502121435189fc.jpg

FBでお友達になった三重県の美味しそうな料理やさんに送ったり、うちに来る人に配ったり、もちろん我が家でもサラダにスムージーに大活躍。

山盛り届いた時は「これ、どうしよう・・・」と怯むけれど、正月以降青泥生活再開したので、「あ〜、これが最後か、これからカボスなしライフかぁ」と思うとなんとも心もとない。

カボスが入るのと、入らないのとでは、青泥もスムージーもぜんぜん違う。カボスがないとぬるま湯みたいな青泥でおいしさ半減です。

サラダやポン酢もいいけれど、やっぱり一番いいのは青泥に入れるカボスかな。今シーズンはうちの酢橘があまりできなくて、本当に菊さまカボスにはお世話になりました。来シーズン、うちの酢橘もたくさん実をつけるように、そして、菊さまの農園のカボスも豊作になりますように。

カボスくん、ありがとう。とても美味しかったよ。また秋になったら会いましょう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

長い1日。

もうすでに第三次世界大戦ってのは始まってるのかもしれない、という世界状況だけれど、バングラデシュはイスラム国とは関係なく混乱しています。

だいたい金曜日の礼拝の日はゴタゴタが少ないので金曜日に入国をするためには木曜日の夜中でないと出発できない。んじゃ、関空だ!と久しぶりに関西空港。

夜中の便だから広島の家は夕方出ていけばいい。朝から銀行に行ったり、足りないものを買ったり、家を片付けたりしてから出かけられるってのはちょっと楽です。
最後のカボスで青泥を作って、1日分の青泥を補給することも出来るし。

時間的に晩御飯は新大阪だね、と新幹線側の構内でご飯。出張のサラリーマンの人や観光客が楽しそうにビールを飲みながら串カツやネギ焼きを食べている。こんなところで食べてないで早く家に帰ればいいのに・・・なんで駅の構内で・・・と思うわたしはすっかり田舎者だ。

今井の親子丼。fc2blog_20150214100047608.jpg
あ、お昼も卵食べたから今日は卵食べ過ぎだ。

滋賀で人身事故があったとかで、はるかは遅れている。一本早い電車にしたのに結局最終の電車と大した違いがない時間についてしまった。
送っておいた大きなスーツケースを受け取って、チェックイン。真新しいパスポートにスタンプを押してもらって、夫はハイボール。

fc2blog_20150214100143039.jpg
靴まで脱いで寛いでいる。お酒を飲まないわたしはこんな時飲むものがなくて困るのだけど、この日はホットチョコレートにした。

関空からバンコクまでは6時間弱。軽食にサンドイッチが配られて、小腹がすいて食べてしまう。その後は結構ぐっすりと眠って、夫が何度かトイレに立ったのも知らずに朝ごはんで起こされた。

わたしはいつも西洋ビーガン料理を頼む。下手にベジタリアンを頼んだらチーズと卵でコテコテの料理が出てきて普通の料理にしておけばよかった、と思うことが少なくないのです。ビーガンだったら、茹でただけの野菜などでひどい時には味付けもなかったりするのだけれど、タイ航空はカトラリーに塩胡椒がセットされてるので安心です。

夫はいつもインディアンベジミールを注文します。これはジャイナ教徒のための料理で、どこでだれがつくっているのかわからないけれど、いつもとても心のこもった素晴らしい機内食なのです。料理って食べてみたら「こんなもんでも食っておけ」という料理と、「どうか召し上がってくださいね、ご不便おかけしてごめんなさいね」という料理があるような気がします。西洋ベジミールは「こんなもんでも食っとけ」という料理が少なくないような気がします。

さて、バンコクでは5時間くらいの待ち時間。寝足りないのでベンチで長くなって、少し休みます。タイの空港は親切で、トラッジット客が寝られるようにベンチがたくさん用意されているのです。ほんと、こういう心遣いはありがたい。ベンチに肘掛やら荷物置きの台をつけちゃうどこかの国とはえらい違いです。

起き出してコーヒーを飲んだり、朝ごはんを食べたり。関空も高いなぁと思ったけれど、バンコクの空港もすっかりインターナショナルプライスになっていて、円安日本人には辛いところです。

さて、ダッカについて、無事にホテルに入って、夜は友達の家。

fc2blog_2015021410024953b.jpg

友達は体を悪くして料理ができないので、お手伝いさんが作った料理。彼女の手料理が食べられなくなってずいぶん長くなるけれど、彼女の家でのもてなしはちっとも変わらない。「料理がどんなことになってるのかわからないのよ、ごめんね〜」と言ってるけれど、どんな料理を準備するかは彼女が指示しているのだから、やっぱり彼女のもてなしなのだなぁ、と思うのでした。

帰りのタクシーの中で爆睡して、ホテルに戻ってもよく寝たのでした。

何日過ごして何食たべたのかよく分からないのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

ポヘラ・ファルグンが過ぎて急に気温が上がるダッカ。

日本には四季があります、と得意げに言うと、ベンガル人は「なんだ、4っつしかないのか、こっちは6っこあるぞ」とバカにされます。ホット・ホッター・ホッテストのみっつじゃないの?と突っ込むと、「やれやれ、わからないやつだなぁ」という感じでますますバカにされるので、あまり日本の四季を自慢するのはやめるようになりました。

ちょうど到着した日はポヘラ・ファルグンというファルグン月(旧暦ってわけじゃないけどベンガル暦がある)の初日で、春の到来を黄色いサリーを着て祝う日でした。

どうりで、きれいに着飾った女性を見かけたものです。

空港について外にでてもむっとするような暑さはなく、半袖だとちょっと肌寒いくらいの気温、夜になったら靴下と薄いセーターがないと寒いくらいだったのに、翌日からグイグイと暑くなって、もう半袖で裸足がちょうどいいくらい。

そうそう、これから毎日音を立てるように気温が上がっていって春という名前の乾季高温期へと突入していくのでした。

バングラデシュにはフェルト作品を作りに来ているのだけれど、これから暑さの真っ最中にウールを触るのかと思うとちょっと憂鬱な気持ちになるのでした。

久しぶりにポヘラ・ファルグンにダッカにいるけれど、本当にこの日を境に空気が変わったのには感動したのでありました。

ファルグンには黄色いサリー、翌日のバレンタインデーは赤い服を着てデートの日。そして、来週21日は言語運動の日で白黒の服、と服の色で季節の行事を祝うのもなんだか楽しいのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

突然行ってもご飯を食べさせてもらえるありがたさ。

ちょっと時間ができたので、友達に電話をしたら家に居るという。

去年ダッカに行った時も会ったので1年ぶり。ちょうど村から友達の弟や知り合いの人やらが来ていて、奥さんがスナックを出してくれる。

fc2blog_20150216230710f35.jpg

彼らは東北方面の少数民族で、ニンニク玉ねぎは食べない代わりにニラを使う。村から持ってきたはぜ米をニラで風味付けして炒めたもの。

あ〜、懐かしい。ダッカでは時々しか食べられないけれど、彼らの村に泊めてもらうといつも食べさせてもらえるスナックです。

ご飯食べて行きなさい、と言われてそのまま世間話などしながらご飯ができるのを待ちます。

fc2blog_20150216230838177.jpg

魚と野菜のカレー、村から持ってきたキュウリのツルの炒め物、サラダなど。キュウリのツルとは初めていただきました。何年過ごしても知らない料理が出てくるのだから面白い。魚と野菜のカレーはベンガル人の料理とは違う味付けになっていて、これもこの家でしか頂けない貴重な味です。

この人たちはご飯を最初からてんこ盛りにして出してくれるのですが、こんなに食べられないと、戻しに行くと「減らして盛ってあるのに、まだ減らすの?」と奥さんは不満顔。だって、村の人ならこの3倍くらいは平気で食べるんですもの。てんこ盛りご飯、なかなか食べられません。

近況の報告、お互いの仕事の話、健康の話など、話しは尽きない。まるで遠く離れた親戚のようなものだなぁ、もう20年以上の付き合いになるのだから、やっぱり親戚のようなものかもしれない、と思うのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

材料探しのついでにウロウロ。

仕事につかう材料を探しに、毎日少しづついろんなお店を回っています。

久しぶりに行ったら店のあった場所が工事現場になっていて、お店がない。あれれ?と近所のお店に聞いたら通りの中でやってるよ、というので行ってみる。

木綿のサリーを二枚買って、一階のオーガニック食材店でおやつを購入。
ちょうどそこにグリーンココナツ売りのおじさんが来たので一個購入。

fc2blog_2015021800240273b.jpg
バングラデシュのグリーンココナツは本当に青いうちのものが多い。甘くないほうが好きなのかな?

この後ちょっと時間つぶしに日本のNGOの事務所を表敬訪問、所長さんとしばし歓談。話しが水泳と着物の話題になって、大いに盛り上がる。一時帰国の時には是非Bettyさんにご連絡ください。あ〜、着物の着方を一番最初にBettyさんに教えてもらえるなんて羨ましいわあ〜、お母様の着物もさぞかし喜んでくれることでしょう!!

さて、初日に車で通りかかって見かけたスズキコーヒー。これはタイで日本人が経営している
コーヒーチェーンで、バングラデシュで住んでいた時はタイのスズキコーヒーで豆とペーパーフィルターを半年分仕入れてダッカに来たものです。それがなんとダッカで店を出しているとは!

fc2blog_20150218002444ded.jpg

フレンチフライのついてないサンド。

マネージャーはタイの人で、タイ語で話すとものすごく喜んでくれて、こっちはそれほどタイ語わからないのにずーっとタイ語で話しかけてくれる。いや〜、タイ人だなぁ。たった一人でベンガル人を何人も使って大変だろうなぁ。

fc2blog_20150218002525453.jpg
もち米をココナツミルクで炊いたタイのおやつをサービスしてくれる。

店の兄ちゃんたちはベンガル語とタイ語をしゃべるわたしたちに「こいつら何者?」と怪訝な顔だ。
久しぶりにちゃんとしたコーヒーを飲んで、挽いてもらった豆を買って満足して帰ったのでした。

いや〜、ミルプール・アザドゲートにスズキコーヒーかぁ〜、となんとも言えない気持ちがするのです。
なんだろう、この気持ちは・・・グローバリゼーションってやつかしら。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

ウロウロしてたら道端でおじさんたちが歌ってた。

1日の仕事を終えて、晩ご飯どこで食べよう〜、と夫とウロウロ表通りを歩いていた。

日本人の晩ご飯の時間はこちらの人には夕方のおやつの時間。盛大に揚げ物や肉の塊を食べて小腹を満たすので、小腹では収まらず大腹になってしまうのだけど、食べるものがあって、食べ物が買えて、好きなものを好きなだけ食べられる人生は幸せなのだと思う。日本にはない豊かさの本質をバングラデシュの人には教えられるのです。
(で、夕方にお腹いっぱいおやつを食べて、夜10時過ぎに晩ご飯を食べて寝る、というのがこの国の都会住民の生活です。夕方は友達と社交する時間でもあります。)

で、大腹になる覚悟がないわたしたち、揚げ物タイムにご飯を軽めに済ませたいのでなかなか適当なお店がない。同じ店に行くのも芸がないと表通りに沿って歩いていたら、歌と演奏が聞こえてきた。

あれれ?こんなところで誰か歌ってる。楽器もついてるし、マイク使ってるし、なんだなんだ!!

fc2blog_201502180026460f5.jpg

ここはバングラデシュ屈指のショッピングコンプレックスの向かい。コンプレックスの定休日でいつもはごった返している通りも車と人が少なくて、お茶屋さんの隣でシートまで敷いて車座になっている。

わたしたちがのぞいたら、みなさん場所を空けてくれて、そのうちに椅子まで持ってきてくれて、懐中ものの心配をしていたわたしはちょっと恥ずかしい気持ちがした。

歌はバングラデシュの伝統的な吟遊詩人(としか訳しようがない)、バウルの歌。素朴だけれどバングラデシュの人の魂のメロディーとリズムに乗せてとてもスピリチュアルな内容の歌なのです。

わたしたちにはもう暑くなり始めたバングラだけど、ここの人にはまだ春は始まったばかりで冬の寒さが続いているのかもしれません。この季節は歌の季節だったなぁ、と思い出したのでした。

それにしても、なんで道端でアンプまで用意して歌ってたのか、聞いたらよかった。

お布施が飛び交って、太鼓やハルモニウムのお兄さんたちも歌のおじさんもノリノリで、歌の稽古を続けていたなら飛び入りで一曲歌ってしまいそうな楽しい会でした。夫がバングラから出て一人になったらまた歌の稽古を始めないといけません。

ダウンタウンに泊まることはほとんどないのですが、たまに環境を変えると楽しさもひとしおです。外国人ばかりが集まって住むところに比べて地元の人たちの温かさを感じるのでした。

追記:あれは「バティアリ・ガンだよ」と夫から注意あり。ベンガル特有の労働歌だそうな。最初に歌ってたおじさんはバウルの格好してたし、バウル・ガンだとばっかり思ってましたが、そういえば、歌の最後に”◯◯が言うにはどーんーこーの”、という歌詞がなかったな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

モリンガ、マンゴー、トゥルシ。

友達の家にあそびに行った。空港の先の地域にお住まいなので、一人では行けそうになく、夫のいるうちに一緒に出かけた。

久しぶりにちょっと話しをして、帰り際屋上から自慢のマンゴーの花を見せてもらう。

fc2blog_20150220093342be6.jpg

去年は不作だったけど、今年はこんなに花が咲いていて期待できるんだ、この木のマンゴーはすごく美味しいので楽しみなのよ、と話してくれる。いいなぁ、屋上に上ってマンゴーを取るなんて素敵です。しかも美味しいなんて!
二階建てのマンションのさして広くはない、庭とはいえないような建物と塀の隙間のようなところに生えてるだけなのに、この家にはマンゴーのほかにジャックフルーツやモリンガやジャム(という名前のフルーツ)まで植わっていて去年はジャックフルーツがたくさんできたとか。

fc2blog_20150220093316237.jpg

去年食べさせてもらったモリンガの葉っぱ、今年はちょうど花が咲いていて、実もなっている。「花も食べられるらしいよ。これも薬なんだって」といって一つ摘むと、蜜のほんのりした甘みの後、ピリピリした辛さがありました。
豆科だから豆の花。白にほんのり紫で綺麗な花です。ドラムスティックのほうはまだバニラビーンズくらいの大きさで、食べられるのはしばらく先のようです。

トゥルシもあるんだよ、とベランダの鉢植えを見せてくれた。

fc2blog_20150220093408ac0.jpg

これくらいの育つとヒンドゥーの人はプジャするよねえ。トゥルシは宿根でどんどん育って木みたいになる
不思議なバジルです。バングラデシュでは喉の薬とされているけれど、これも日本ではスーパーフードとして人気ですね。友達も時々タイ料理に使うと行ってました。そういえば鳥のバジル炒め長いこと食べてないな。

友達の家の庭には他にもイチゴ、ミント、種を埋めたマンゴー、ささげ豆などが育てられていて、バングラの土ってすごいねぇ、という話をして次の友達の家へと移動したのでした。

ダッカでは移動が大変で、今住んでいる地域から日本人の友達が住んでいる地域まで遠いので大変です。

貴重な羊羹と美味しい日本茶、ごちそうさまでした。
さて、今日から3日間、ワークショップです。どれだけできるかわからないけれど、しっかりがんばります。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

バングラデシュの現代美術家とフェルトのワークショップ。

今回のバングラデシュは現代美術家の友人たちが作っているグループのレジデンシープログラムで製作をさせてもらっています。

レジデンシーの条件にワークショップをやること、というのがあって、技法や発想を伝えるのです。参加者はほとんどがダッカのアートカレッジ、日本でいうと東京芸大という位置付けの美術学校を大学院まで卒業したひと、一人だけインドのシャンティニケタンという詩聖タゴールが作った総合大学を出ている。

男性の参加者も半分ぐらいあって、こんな人たちがフェルトならってどうするんだろう?という気がするけれど、日本とは違うのかもしれない。

実際に始めてみるとみなさんとても楽しんでフェルトのボールをコロコロ作ってくれる。

fc2blog_20150221100515470.jpg

フェルトのボールって結構難しい。思うようにウールがくっつかなくてビロンとなったり、思うようにいかない。
ボールの次はボロイという果物を中に入れて中空のフェルトボールをつくる。薄いフェルトをつくる練習の第一歩。これもなかなか難しいけれど、さすがみなさん美術家だけあって飲み込みが早く、ちょっとビックリしました。

仕事の進捗が早いのと、開催予定日の中日が国家行事の大事な日だったことで、予定を早めて薄いフェルトのシートを作るところまで進んでしまいます。

fc2blog_20150221100550a7e.jpg

一人一色づつ選んでもらってプレフェルトのシート。ウールを引き抜いて並べることも石鹸をかけて空気を出してこすることも、強すぎず弱すぎずローリングするのも加減があって人によってフェルトにならなかったり、厚みにさが出たりしてしまうけれど、みなさんとっても上手。

紙のようなフェルトシートを作ってこの日は終わり。

こんなこと楽しいのかしら?と心配したけれど、みなさんとても楽しんでくれているようで、初日が終わってわざわざメールをしてくれた人もいる。

ゆーあーそーこみにゅけいぎぃぶ、って・・・ベンガル語で話すことがとても受けているようです。

参加者のみなさん、ありがとうございます。あと1日で素敵なマットを作りましょう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

2月21日

今日、2月21日はバングラデシュ最大のイベント、エクッシュ・フェブラリー、そのまんま2月21日というイベントの日。バングラデシュがパキスタンから独立したのは母語を守るためで、そのきっかけになった事件のあった日だったんじゃないかな。

歌の先生が「博物館で歌うからあなたもいらっしゃい」と誘ってくれたので、先生に言われた時間より早く先生の家に行っちゃったらまだ先生は準備できてなくて失礼してしまいました。

先生の家でのんびり本を読んだり、朝ごはんをちょっと頂いたりして、出演時間が近づいた先生と一緒に出かけます。

先生はすごい有名人なので、いろんな人が挨拶に来たり、写真を撮りに来たり。

先生は独立の翌年にバングラデシュの国土のことを歌った、第二の国歌とも言われる歌を歌った人で、先生のそのヒット曲はもちろん知っているけれど、それそ21日の舞台で聞くのは格別でした。



独立の翌年からバングラデシュはひどい飢饉に見舞われて、40万人が亡くなったとも言われるような時にこの歌がラジオで流れたんだなぁ、メジャーなメロディーの美しい曲で、この歌が独立はしたものの大変な世界を生きなくちゃいけないバングラデシュの人たちをどれほど慰め、励ましたことかわからないなぁ、と思うと、先生の歌を聴きながら涙があふれてきたのでした。

圧倒的な存在感を舞台で放つ先生でした。



ネット環境がイマイチになったので写真が掲載できません。残念。
ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

フェルトのワークショップ、無事終了。

タイに行った夫から「ブログの更新はしたほうがいいよ」とアドバイスをいただきましたが・・・

ネット環境が不安定で、管理画面にログインできなかったりでなかなか思うようになりません。メールのお返事も滞っておりますが、今しばらくご勘弁くださいませ。

さて、フェルトワークショップ、無事終了しました。

fc2blog_201502221031254d7.jpg
薄いフェルトを作ってる時は余裕だったのに、


みんなが帽子とかつくりたい!って言うので、帽子を1日でやったらやっぱりすごい大変でした。

fc2blog_20150224111336471.jpg

版画家の彼タブレットのケースを作ろうとしているのだけれど、せっかく置いたデザインが溶けてしまって(フェルトだから)タブレットケースはやめて帽子にしちゃった。

fc2blog_201502241112306c1.jpg

布なしで薄いベレーを作ってる人たちは苦労してこの状態で夕方5時過ぎ。

fc2blog_20150224111303cb1.jpg

いつも雰囲気のある独自のファッションの彼女はグラフィックのアーティスト。素敵な帽子ができました。彼女も作りたいイメージにできたようで、家に戻って紐を通したりして完成させてくれるそうです。

fc2blog_2015022411161468e.jpg

9時過ぎまで掛かってベレー組も完成。

フェルトは扱いに慣れるまで思うようにくっつかなかったりしますが、粘土みたいにいろいろ造形することもできるし、着ることもできる面白い技法で、皆さんいろいろとイメージを膨らませてくださいました。

参加者のみなさま、どうもありがとうございました。ワークショップでの作品は、帰国前のオープンスタジオで展示することになるそうです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

振袖風の衣装。

21日のイベントでは歌だけでなく、踊りや詩の朗読なども披露されていました。
盛り盛りのヘアとお化粧でそうでなくてもゴージャスなベンガル人女性の一団が歩いていたり、舞台の裾でお化粧していたり。

なんの出し物かわからないけれど、振袖風の衣装の女の子たちが出演準備をしていたので写真を撮らせてもらった。

fc2blog_201502221029025f4.jpg

なんかお袖はちょっと変だな、と思ったら、普通のお袖にペロリンと布が一枚ぶら下がっているだけだったけど、きれいな布がひらひらしてゴージャスに見えます。

fc2blog_20150222102757b5a.jpg

着物風の衣装、なかなか楽しいのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

やっと一枚。

今回、バングラデシュにはアーティストグループが主催するプログラムに応募して一ヶ月の滞在製作をさせてもらっています。
フェルトの作品を家で作るには場所の制約があるため、大きな(といっても、人が着れるような、という程度)作品を作りたくてやってきました。

アトリエは泊まれるようになっていて、アトリエのあるビルから一歩出ると、野菜も果物も売ってるし、仕事に使う塩ビパイプも変えるし、一番近所のメシ屋はなかなか美味しいし、と、遠くまで出かけなくても大抵のものは手に入ります。ただ、面倒なのは、アトリエから出るには着替えないとそのままじゃねぇ、というのがバングラデシュの面倒なところ。まぁ、頭に布を巻いて胸から上を隠せばいいんだけれど、プチ面倒です。

大きな作品ってのはワークショップで習ったときに一枚作っただけだから、勝手を忘れているけれど、とりあえず一枚完成しました。

fc2blog_20150227110933324.jpg

ちょっと作品と呼ぶには未熟だけれど、残りの二週間で思う存分作りたいです。

fc2blog_201502271110546a5.jpg

いつぞやたこさんが着ておられた台湾の生地屋さんで買ったというサークルのマント。着物にピッタリだし、フェルトで作るといいんじゃないか、と思ったの。

ま、これは試作品だわ。

制作三昧というのは学校以来のようなきがするけれど、今回ははっきり目的があるのでとっても楽しませていただいてます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月24日(火) 玉子のカレー(ベンガル料理)
3月29日(日) 玉子のカレー(ベンガル料理)
火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。