修理いろいろ。

わたしも夫もだんだんガタガタ。手首がいたいとか、肩が痛いとか、いっこも痩せへんとか・・・まぁそんな程度で薬も飲まずに、医者にもかからずに彼は毎日好きなお酒を飲んでるし、わたしも好きなご飯を食べているのだから上等だ。

わたしらが歳をとると日常で使う道具もあちこち壊れてくる。アイロンのコードの付け根が立ち上がってないとこんなに使いにくいとは知らなかった。

fc2blog_2015073115103659d.jpg

もう劣化していてビニールテープで固定しておいてもその先からボロボロ。コードだけ交換してもらおうと問い合わせたら製造中止でダメだとさ。

愛用のスタンドミキサーのコードも、これくるくると収納できる優れものなのだけど、1周目の皮膜が切れちゃった。
fc2blog_20150731151015607.jpg

こちらも修理の問い合わせをすると、本体買い替えになるとのこと。

え〜い!!ちゃぶ台ぶん投げたくなるぞ。仕方ないからこちらもビニールテープで巻いて使うたびに胸がシクシク。

シリコンラバーみたいな修理グッズがあるのをFacebookで知ったのは2年くらい前かな?その時は2500円くらいするので”高いなぁ〜”と買わずにいたら、円安になって3000円を超えてしまった。あぁ、あの時に買っておけばアイロン使うたびにイライラしなくてもすんだのに、ケチったばっかりに余計にお金が掛かるわい。

少々のお金をケチってしょぼい生活をするような心がけはやめよう、とやっと購入。

fc2blog_201507311509523a9.jpg

ね、こんな粘土みたいなのに3000円も払って家電なんかの修理をしようとは思わないでしょ。でもね、ビニールテープってなんかすごい悲しい感じがするのよ。だんだん剥がれてきて汚れてさぁ。「おまえにはこんな程度がお似合いだ!」と言われてるみたいじゃない。そんな程度かもしれないけどさぁ、それじゃあんまりかわいそう。

さて、中身はこんなの。8gづつパックになっていて使い切らないといけない。
fc2blog_201507311511060fe.jpg

まずは手をよく洗って、修理する部分もよく拭いてきれいにします。
んでもって。。。

fc2blog_20150731152511970.jpg

白い輪っかは捨てちゃおうかと思ったけれど、輪っかごとsugruで固める。青の8gはこれで使い切ってしまったので、スタンドミキサーのコードは黄色でやる。

fc2blog_20150731151126f08.jpg

白でやってもいいんだけれど、赤青黄は2パックづつ入ってるのに、白と黒は1パックしか入ってないからなんか出し惜しみしてしまいました。

黄色が余ったので、スマホの4角にバンパーを作って落としてもガラスが割れないようにした。iPhoneのクールなデザインは台無しだけど、すでに電磁波防止グッズがついていて十分デザインを損ねている。そんなことよりガラスの破損は避けたいでしょ。

24時間硬化させたら完了。

もしかして、これで物干し竿もなおるんじゃないだろうか?ステンレスの物干し竿のエクステンション部分のプラスチックが割れて短いまま使っていたのだ。

fc2blog_20150731151156e0e.jpg

反対側のまだなんとか使える方もヒビが入って壊れかけてるから補修して・・・

fc2blog_20150731151218bab.jpg
やった〜!フルサイズで復活。外れた部分を捨てずによかったぞ、わたし!

ちょっと余った分は、物置の鍵を勝手口のそばに吊るせるように壁に小さいフックを作った。

修理だけでなく、戸棚の裏にフックをつけて鍋の蓋などを格納できるようにしたり、いろんなことができる。高いけれど、楽しく気持ちよく修理が出来て、結構満足なのでした。

使い方のアイディアとかホームページに載ってて楽しいのだ。
https://sugru.com

なんか直すものないかなぁ〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

羽織の裏も染める。

胴裏は羽二重だし、地紋もないシンプルな生地なのでフェルトにも使えるし、服にすることだってできるけど、ピンクで超和風な地紋の入った羽織の裏ってあんまり使い道がない。

たくさん頂いたものの中にはひどくアクで汚れているものもある。ハイドロで炊いてみてもきれいにならない。
濃い色に染めたらまあなんとかなるかな?腰紐にしてもいいなぁ、と羽織の身頃を一枚紺色に染めたら案外可愛くなって、これなら着るものにしても良いかもしれないともっと染めることにした。

fc2blog_201507311704524e7.jpg

フェルトにするわけじゃないので酸性染料で染める。絹染め用の染料なので簡単だし、だいたい予定の色に仕上がるところも先日の反応染料とは違っていい。

昔染料の色だしはデータと職人さんのカンに頼ってやっていたけれど、今はもう100%コンピューターによる解析だろう。25年くらい前から試験的に使われていたけれど、もう今はきっとぜんぶコンピューターだろうなぁ。

染める時間も酸性染料は煮沸15分。反応染料の場合は80度で40分とか、時間も長くかかる。
酸性染料を染めるのも久しぶり。染料は結構色々買ってあって、昔のデータを見ながら染料の配合を考える。

fc2blog_20150731151218bab.jpg

直したばっかりの竿に干してご機嫌。

fc2blog_201507311705259f1.jpg

羽織の裏が濃い色になるとなかなかいいでしょ。

色々染めたもの。
fc2blog_20150731170621dcd.jpg
右側は反応染料で染めた羽二重、左は酸性染料で染めた羽裏。

羽裏で腰紐にしたらいいだろうと思って染めたけれど、服にしても良さそうな気がしてハサミを入れられません。
紺は予定どおり紐にしようかしら。紐が2本擦り切れてきたし、生地がしっかりしてるので芯なしでも良さそうだもの。
葡萄色はブラウスにでもしようと考えてるの。地紋があるから肌にべったりつかなくて気持ちのいいブラウスになりそうですもん。

このところリペアー・リユースばっかりやってるけれど、家事を苦役のように考えなかったらなんと想像的で楽しい毎日だろうって思うわ。お金にはならないけれど、お金以上のものをきっと作ってるんだと思うのです。本来生活っていうのはそういうものなんだろうな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


暑い時は暑い国の食べ物。

旅先で食べたものを再現するのはこれまた旅行の楽しみだ。

20年くらい前までバンコクのカオサンロードはツーリストのための静かな安宿街だった。すぐ近くに大きな郵便局があって、郵便局の裏側に飯屋が集まっているところがあり、そこでよく朝ごはんを食べた。

連れ合いは安宿ライフをわたしに紹介するのが嬉しいらしくて、「ここの◯◯がうまいんだ」と案内してくれる。悔しいことにほんとに美味しい。

で、その食堂が集まった一角で、イスラム教とのタイ人がおかずやさん(バットに並んだおかずとご飯を売る定食屋)で時々牛のスネとトマトのスープがある。「これで二日酔いがすっきりするんだ」あなたねぇ、一人で二日酔いするほど飲むわけ?唐辛子がたっぷり入っていて、時々飲めないほど辛い。この辛くてギトギトして、トマトでさっぱりした不思議なスープを朝から飲むと、汗まみれになって妙な清涼感がある。

そのあと、郵便局が建て替えになったりしてお店も入れ替わってしまってあのムスリムの女性たちがやっていた食堂がどうなったのかわからないけれど、暑気あたりしそうな暑さが続くと時々作る。

fc2blog_20150802160209038.jpg

唐辛子いっぱい入れないとダメなんだけど、それは食べる時に入れることにする。

暑いからって食欲が減るわけじゃないんだけれど、料理を作ってくれた人たちの顔まではっきり思い出すわ。朝から大鍋にグツグツと煮えていて、大きなおたまですくってくれた。

タイでもミャンマーでも料理にはスープがつきもので、暑いからこそ熱いスープでしっかりミネラルと塩分を補給するんだろうな。

実際、この季節は日本からタイに行ったら涼しくてホッとするほど日本の夏は暑いんだけど、暑い時には暑い国の料理を食べて身体をいたわるのが良いようです。

20年前はまだリュック担いで旅行してたなぁ。今では彼も安宿に泊まる元気はないんだそうで、”年取ったなぁ”と言ってます。

fc2blog_20150802160228c3b.jpg

牛のスジとトマトのスープとナスのヤム。このスジスープはあの屋台でしか食べたことがない、とても珍しいマレー系じゃないタイ人ムスリムの料理なんだろうなぁ。

どうかみなさま、この暑さです。たっぷりと熱いスープで暑気払いして、元気にお過ごしくださいね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

円空・木喰展! 岡山良いとこ食べ物編。

名古屋の荒子観音に行った時に招待券を頂いた岡山県立美術館での円空・木喰展に行ってきた。

fc2blog_20150802155955d25.jpg

着物で出かけたいけれど、もうこの暑さに諦めた。だって部屋を冷やして着物に着替えてたら出かけるの遅くなるんだもん(部屋を冷やさないとお出かけ着物着れない根性なし)。

突然思い立って出てきたのでお昼ご飯を食べるところも考えてないし、岡山の友達に連絡するも、その日は予定があって会えず。もっと計画的に動けよ!と自分に突っ込む。

夏休みで週末だったけど高速道路はそれほど混んでずに快適。夫の車はエアコンは良く効くけど、CDは不具合でラジオしか聞けない。わたしの車はカセットアダプタ&iPod shuffleで音楽はバッチリだけど、エアコンがダメ。どの車も一長一短でありますが、もちろんエアコンの効く車、運転手さんつきで出かけた。

岡山県立美術館って駐車場がタダなのよ。しかも地下だから車が焼けなくてラッキー。ゆっくりごらんになってくださいね〜という気持ちが伝わる美術館です。

駐車場に車を入れさせてもらって、ボランティアの方に「このへんでどこかお昼食べるところ・・・」と聞いたら、地図を渡してくださった。

美術館にどうしてボランティアの方が座っているのかよくわからないけれど、地図がいただけてラッキーです。
地図には、懐石料理やら、高級系なレストランの案内。そんな高級なご飯を食べたら美術館所できないだろう。あ、観た後に行くんか・・・
岡山市の地理はなーんにもわかってないけれど、この界隈は中心部に近いっぽい。シンフォニービルとか、岡山の交響楽団は自前のホールを持ってるんだろうか?そういえば、友達は市民オーケストラやってたような・・・


んで、車の中でスマホで調べたお店に行ってみようと歩き出したら、地下道で道路を渡った先はなんだか楽しいところでした。


fc2blog_2015080216013913b.jpg

禁酒会館!夫がおののく。

一本裏道に入ったら、石畳のちょいと素敵な通りになっていて、美味しそうなお店がいろいろ。ハンバーグもええなぁ、寿司もええなぁ、ピザもええなぁ〜とウロウロしてたらピザ屋さんの角を曲がったところに目当てのうどん屋さん。

四国は言うに及ばずですが、山口も岡山もうどんが美味しい。なのに、広島はどうして美味しいうどん屋さんがないんだろう?美味しい店はないことはないけれど、肩に力が入ってて、値段が高くて盛りが少ない。うどんはさぁ、もうちょっと肩の力をぬかないと美味しくないんだよ。

fc2blog_20150802160020d0e.jpg
夫は珍しく天ざる。

わたしはかき揚げおろしぶっかけ
fc2blog_20150802160038a69.jpg

うわぁ〜、おいしい。この店はつゆが甘いんだけど、それがおいしい。うどんそのものもすごくおいしい。お腹いっぱいになってとってもうれしい。やっぱりうどんはこうでなくっちゃ!

お祭りらしく、顔にペイントして派手な衣装を着た人たちがグループで歩いてる。なーんにも知らずに来たけれど、この日は夜に花火大会もあったし、翌日は”桃太郎祭り”で市内中心部は通行止めになって難民化するところだった。

岡山、いつも友達の家に直行するくらいでウロウロしたのは初めてですが、広島と比べて平坦地が広いからか、晴れの日が多いからかどこかマッタリしていて、実は文化度も高いという感じのする街なのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

円空・木喰展!

さて、円空・木喰です。
fc2blog_20150802160107746.jpg

円空は数年前に飛騨高山まで見に行って随分親しんでいるけれど、木喰さんは初めて。この方60歳から仏像を作り始めて93歳まで全国行脚しながら仏像を彫った。

木食修行というのは、五穀を絶って、草や木の実などだけを食べる修行で、いわばローフードの原型のような修行です。これが木喰さんの長寿と創造のエネルギーになったのかどうかはわからないけれど、何事かを成すために元気で長生きをするというのはとても意味のあることだなぁ、と展示を見て思った。

60歳で会社を定年になったとして、90歳まで30年あるのだから、新しいことを始めてもそれなりのことが成せると思うと、年寄りだ、隠居だ、などとは言ってられない。


円空さんも木喰さんも仏師ではなく自分の修行のために仏像を作った。
木喰さんの像で子供のそり遊びに使われて、顔面がツルツルになったものが一体あったけれど、その像からはなんとも暖かいオーラのようなものが出ていて、木喰さん自身が子供と一緒に楽しんだような、そんな感じがするものだった。

円空仏の展示の中で、千光寺のもので、村人が病気などになったらお寺から円空仏を借りてきて、病人の枕元などに置いて快癒を祈願するのに使われた仏像が3体展示されていた。これは別になんてことない円空仏なのだけど、この像を使った人たちの念のようなものが伝わってきて、しばらく像の前から動けなかった。

円空さんも木喰さんも◯◯体彫る!と願掛けをして、無心に彫った。円空仏と木喰仏のタイプはまったく違うけれど、
像からはヤッツケではなく、一体一体を楽しんで彫ったのがわかる。とくに木喰さんの彫刻は老人特有の開き直りのようなあっけらかんとしたところもある。

生きること=作ること=祈ること、という生活、わたしもそういう生き方がしたいと思っているけれど、日常の雑事につい絡め取られてしまう。作品が売れるとか、売れないとか、公募展に入るとかどうとか、そんなことは考えずに、日常の家事や用事も苦役と思わずに、1日1日を過ごしていこう、と思った岡山でした。

展示を見てくたびれてカフェでちょっと座ってから常設展を観に行ったら、特別展示室の方から尺八の音色が聴こえてくる。

ちょうど演奏の奉納をしていたところで、再入場させてもらってしばし聞き入った。
帰りに倉敷のアウトレットでゴディバのチョコソフトとかバカなことを考えていたけれど、演奏でいい気分になってそのまま帰ってきたのでした。


円空・木喰展、岡山県立美術館で8月23日までです。
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

久々の洋裁。

洋裁とタイトルに打ち込んで、和裁に対して洋裁なのはわかるけれど、洋裁が輸入されるまでは和裁という言葉はないはずなわけで、「お針」「縫い物」「裁縫」などと呼んでいたのだろう。で、「裁縫」じゃ洋裁か和裁かわからないから、和洋の区別がついたんだろう。かように洋装と和装は製作段階ではっきりした区別があると知れます。

あ、暑いので妙に理屈っぽくて暑苦しいね。

羽織の裏やら、胴裏やらを染めていたら、「これで服にしたら夏物買わんでええやん!絹やしええで〜!」とひらめいた。胴裏の生地は羽二重だから、ブラウスにええなぁ〜。羽裏は生地がしっかりしてるから、スカートやパンツにもなるけど、分量が半端だなぁ。

手元の洋裁の本を見たりして良さそうなパターンを探すけど、あんまり適当なのがないので、ネットで探すことにした。結局丁寧な作り方付きのパターンを購入してしまって、安上がりというわけにはいかずに残念。

ワンピース、ブラウス、ジャンパースカートのパターンを買って、布の準備をしたけれど、あれれ?足りない?微妙?な感じで仕切り直し。そういえば、使ってない絹の布がいっぱいあったことも思い出してそれらを水通ししたりして、この布はこのパーターンで、これはこーして・・・

綿密な計画を立てたつもりでも、全然計画通りにならない上に、ワンピースを作るはずがブラウスから作り始めてしまった。

fc2blog_201508072103226cd.jpg

薄地だから、針を変えるところから始まるのもプチ面倒。結局構想3日で一枚完成。

fc2blog_20150807210416768.jpg
胴裏を染めた布からブラウス。

薄くて軽くて、タンクトップの上に羽織れるブラウス。絹はあまり汚れないし、洗うのも簡単、乾くのも早いから旅行にぴったり。

型紙さえあればすぐ出来ると甘く考えていたけれど、2日たっぷりかかった。生地がふわふわしていて裁断しにくいってのはいいわけで、ちっとも上手にならないなぁ、縫い物。
普段は縫うといってもざっくりしたホームスパンばかりなので、久々に羽二重などを縫ってドキドキしたのでした。

胴裏とか、羽裏とか、染めたら普通に洋服に出来る。シミやアクもちょっとハイドロで炊いて漂白してから濃色に染めてしまえば気にならない。
着物を切り刻むのと違ってあまり罪悪感がありません。胴裏でペティコートとかアンダードレスとか作るといいですよ。素肌には絹が一番ですもん。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

暑いから作り置きいろいろ。

ついに家の中でも33℃とか、すごい暑さで蛇口からお湯が出る。こんなに暑いと料理なんかなるべくまとめてやってしまいたい、ということで、作り置き。

産直市にいったらトマトが山盛りで売られていてつい買ってしまう。
半分は皮をむいて生のままマリネ。
残りの半分は、先日クロワッサンで見かけたトマトのロースト。

トマトの芯を抜いて耐熱容器に並べて、オイルをかけて塩を振って、タイムの枝を散らして、皮が弾けるまでオーブンで焼く。オーブンで焼くときにはついでになすとか、ビーツとか、一緒に焼いてしまう。オーブン使うと部屋の暑さもすごいけど、炒め物とちがって火の前にいないでいいからまだ楽かな。

fc2blog_20150807213549611.jpg

焼いたトマトを茹でたパスタの上に乗せて、丸ごとトマトソース。けっこういけます。もちろん、焼きトマトをそのまま食べてもいいし、ご飯に乗せて焼きトマト丼もなかなかよろしかったです。

まぁ、暑いからねぇ、料理は3日に一回くらいまとめて作って、あとは冷蔵庫から出して並べるだけ、っていうのがいいなぁ。

みなさまもどうかご自愛くださいませ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。



旅行準備

夏休みの旅行の計画。

fc2blog_2015080216025713a.jpg

インドに旅行に行くのは何年ぶりかわからないくらい。なんでインドか?というと、「長いこといってないから」というのが理由。
「あんまり気が進まないよう、トイレすごいし、タクシーとか大変だし、ハラ立つこと多いし、疲れるもん」と言うと、「南は全然違うらしいよ」と簡単にまるめこまれてしまった。

ガイドを見だすと一気に旅行気分が盛り上がって旅行用の服など作ってしまうお調子者。

fc2blog_20150807210416768.jpg

インドのビザは最近電子申請で領事館まで行かなくていいけれど、めちゃくちゃ面倒。これもなんとかクリアー。

fc2blog_20150802160820195.jpg

ビザですよ〜というメールが来るので、そのメールのプリントアウトを持っていくとアライバルビザがもらえるらしい。本当に大丈夫なのか心配だけど、ハイテクインドだから大丈夫なのかもしれません。

チケット買って、ヴィサも取ったらあとはどこに行って何するか考えるだけなんだけど、ガイドブック読んでたらどこもかしこもヒンドゥ寺院ばっかりだ。信仰してないお寺っていってもあんまり面白くないんだよなぁ、と思うのは年をとった証拠でしょうか?

暑いんだろうなぁ〜と昼間はエアコンなしで旅行に備えてトレーニング積んでます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


母の色無地

弟の嫁さんが着物着る気満々な気配。

母の着物をぜんぶわたしがもらっているけれど、彼女が着るなら彼女にもちょっとは分けないとなぁ、でもサイズがちょっと違うしなぁ・・・とシカトしていたけれど、一年半後には甥も小学校だし、彼女は着物で行きたい気配。

そうだ!子供もいないし、フォーマルなお出かけはほぼないわたしには不要な着物がいっぱいあるじゃないか!紋付の色無地とかさぁ!

というわけで義理の妹に分けることにした。

まだ浴衣を着るくらいで着物には慣れてないから、夏のうちからとりあえず正月目指して練習すれば、そのうちに袋帯を結んで出かけることもできるだろう。

ターゲットは入学式ということでコーディネートしてみる。

fc2blog_20150807215646563.jpg

これでどうだ?

こっちはどうかしら?
fc2blog_2015080721571576a.jpg

やっぱり白い帯だねぇ、ということになった。

このピンクの色無地は裾のほうには刺繍が入っていてとても良いものです。紋が入ってなきゃもっと着やすいのになぁって思ってたのでちょうどよかった。

彼女はもっと細長体系なのでサイズは合わないけれど、今からなら仕立て直しも間に合う。
母の着物を義妹に分けるというのはなんともいい心持ちがするのです。

持って行って着てもらったら、わー、長さは全然足りない。内揚げがあるから仕立て直せばなんとかなるだろうか?おくみの縫込みが足りるかどうか心もとない。裄も全然足りなくて、ツンツルテンでわらっちゃう。
どうかなぁ?

まぁしばらくリサイクルで適当な着物を買って、着方の好みやサイズ感がわかってくるまで着物と馴染んで、それから母の色無地も仕立て直しが可能かどうか考えるんだなぁ。

着物はねぇ、着れば本当に値打ちのある衣装だけれど、着なければただのタンスの肥やし。
着物は着物のかたちで使ってこそ布の命があるのだと思うのです。

がんばれ、義妹!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


志村ふくみ展

先日、岡山の美術館に行ったら、伊丹市美術館で浮世絵の企画展のポスターを見た。本格的なお盆休みの前にちょいと行ってくるか、と予定を組んでいたら、滋賀県では志村ふくみ展があるではないか!

志村ふくみさんの作品をまとめてたくさん見たことはない。ついでといってはなんだけど、広島から出かけるなら、実家を通り過ぎて滋賀まで行ってもたいして違わない、ということで行ってきた。

fc2blog_20150811192946ab6.jpg

初日だし混んでるかしら?と思ったけれどそんな心配もなくとても静かに見れました。この人がいなかったら紬の着物なんて消えていたかもしれないって真面目に思う。志村ふくみさんが文章を書かれる方で、彼女の文章で着物と出会った人も少なくないんじゃないかと思う。

だけどさぁ、伝統工芸展でも思うのだけど、仕立てられて衣桁にかけられてまるで腹開きにされた魚のようにガラスのむこうに展示されている布は美しいけれど憐れだ。美術館に所蔵されて、大事にしまわれて、誰の身体も包まず、どこにも出かけず、話に参加しないでガラスのむこうでライトを浴びるのは布にとっては辛いだろう。

このポスターになっている着物は熨斗目という着物で男性用なのだけど、熨斗目をお侍さんが着て、着流しじゃないだろうから、袴などを履いて二本差ししている姿が想像できない。わたしの中で熨斗目は腹開きになって衣桁にかけられた着物の姿をしたオブジェだ。

掛け衿のところはどの柄が出てるのかな?などと考えるけれど、残念ながら見えない。せっかくなのだから、裏側も見える展示にを工夫してほしいなぁと思ったのでした。

わたしがバングラデシュの民族衣装を着てたからかどうかわからないけれど、◯売新聞の方に作品の鑑賞をしているところを写真に撮られましたが、ネットでは該当の記事を見つけられずプチ残念。

結構ゆっくり見て、常設展も見て、お茶で一服。

fc2blog_201508111930092e2.jpg

お天気が怪しかったので、早々に実家に戻ってしまったけれど、関西は夕立があって気温が下がって過ごし易い夜でした。
広島はぜ〜んぜん降らへん。

料理作る気ゼロの母と父を誘って夕食はお好み焼き。

fc2blog_201508111930365d3.jpg

「久しぶりで美味しかったわぁ〜」と何度も言ってた。そりゃよかったね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


母の手料理、わたしの料理。

志村ふくみ展の次は浮世絵だ。

実家に帰ると母は食事のことが心配でしょうがないらしく、「あんたら、朝はいらんねんな?なんにもいらんの?お昼はどうするねん?」と聞いてくるので、「お茄子炊いてよ。あれ食べたい」とリクエストしてみた。

浮世絵を見て。
fc2blog_20150811193055685.jpg

時計を見たらもう12時半。もう食べて帰ろうか?という気になって家に電話してみたら、いろいろ作ったし、ご飯も炊いたというので、先に食べてもらってわたしたちも帰ることにした。

母の茄子の煮物はわたしの茄子好きの原点かもしれないと最近思う。同じように作るのだけど同じ味にならないのは砂糖の入れ方に気合が足りないからだ。

実家から戻って家でご飯。
fc2blog_2015081119313631e.jpg

甘さに気合が足りないわたしの料理。夫は母の茄子の煮物は甘すぎると言うのだけれど。

そういえば、以前どなたかからおばあさんのお料理がとても好きだけど、ものすごく砂糖を使う、とおっしゃってたことを聞いたことがある。実際和食の惣菜は甘辛味が少なくない。

おふくろの味って思い切ってたくさん入れる砂糖の甘さなのかなぁと思った母の茄子料理でした。

今回は食べられなかったけれど、母の作る茄子の油炊きも美味しい。わたしが作ると甘さが足りないちょっと間抜けな味になる。

他に母の手料理であれが食べたいというのは、茄子以外に何があるか考えてみたけれど、あまり思いつかない。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

裁縫の夏休み。

いやー、暑いねぇ、やっと雨が降って庭の植物たちも一息ついて、気温も少し下がりました。

着物を着るようになってあまり洋服は買わなくなったのだけど、真夏はやっぱり服が楽。ワンピースとかほしいよなぁ。それに、旅行用のブラウス、実家に行った時に母が欲しがったのであげてしまったからこれも作らなくちゃ。

今回の裁縫には型紙を購入したので楽チンです。だってさぁ、直線を真っ直ぐ引けないし、直角も描けないんだもん、パターンを引くのってほんとに大変。

楽チンなワンピースが欲しいのだけど、ワンピースというとどこかカチっとしていて気に入らない。素材は絹がいい。洗うのも簡単だしすぐ乾くから真夏の絹はなかなか悪くないのだ。

母や叔母に着物をたくさんもらった時になぜか絹の服地があった。あれらも使ってしまおう。

ということで、叔母からもらったタイシルクらしい生地でワンピース。

fc2blog_20150812230913867.jpg

広幅なので型紙を置くのも楽チン。

fc2blog_2015081223093282b.jpg

1日半くらいで縫いあがった。後ろスカートの表と裏を間違えたらしく、タックの方向が予定と反対になってしまったのはご愛敬、ポケットを付けるのはかなり面倒ですが、型紙についてる解説を見ればわたしにも袋ポケットができました。

ワンピースでお出かけの予定はないけれど、旅行用のブラウス作らなくちゃ。

これは羽織の裏を染めたもので作ることにする。

fc2blog_20150812230950c97.jpg

羽裏ってのはなんという贅沢な布だろう、と思う。この布は、胴裏と一緒にたくさん頂いたもので、かなり茶色いアクで汚れていたので濃色染めにしたものです。最初は腰紐&仮紐にするつもりだったけど、染めてみたらもったいなくて服にしちゃった。

見る人が見たら羽織の裏だってわかるけど、濃色染めの羽織の裏、なかなか良くない?
fc2blog_201508122310345f3.jpg

これはえりをつけたり、ギャザーを寄せたりが手間ですが、二枚目なので1日で完成。習うより慣れろ!だな。
さて、明日は何を作ろう。布から直断ちするインドパンツにするか、ワンピース(ジャンバースカート?)第二弾にするか悩み中。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


「きもの草子」

きものの学者さんといえば、なんといっても鶴見和子先生。お家柄といい、お育ちといい、フルブライト留学生というゴージャスな感じといい、わたしにとってのセレブ中のセレブでございます。あまりに高嶺の花というか、現実感がなさすぎて、ご著書を読んで憧れるだけで自分が着物を着るということさえ考えもしませんでした。

着物を着るようになった今でも鶴見先生のご著書、「きもの自在」はやっぱりあこがれの世界。なんといってもお家柄といい、お育ちといい、頭の出来といい、子供の頃から日本舞踊で着物に親しんでいらした着物キャリアといい、自分と引き比べるなんてとんでもございません。

着物の学者といえばもうお一人。
法政大学総長、田中優子先生は江戸文化がご専門。田中先生の着物姿はわりときっちりしてらっしゃる。この本を読んでも補正をちゃんとすると書いておられる。

fc2blog_20150813221201219.jpg

ブラをせずに洋服を着るとどこかだらしない感じになるのと同じだとおっしゃって、特に和装ブラで胸を押さえるのは必須だと思っておられるようで、本の中で補正道具を忘れてきて腰紐の縫い目をほどいて胸に巻きつけてことなきを得た、なんてことを書かれている。

確かに田中先生の着物姿はカチッとしているのですが、ご本人は着物教室のようなところに通ったわけではなく、ごく自然に覚えたのだそうです。

おばあさまが横浜でお茶屋を経営しておられたというのだから貴族ご出身の鶴見先生とは違う庶民系。鶴見先生はどこに行くにも、いつでも着物だったそうですが、田中先生は普段の仕事は洋服、着物は講演やインタビュー、テレビ出演などの時だそうです。

この本は12ヶ月を俳句の季語をテーマにご自身の着物や帯について語っておられて、合間にコラムが挟まれていてこれが着物を着る人には面白い。

たとえば、着物を着るからアップにできるように、と髪を長くしていたのだけれど、ある時バッサリ切ってしまったら着物を着る機会も増えて、アップ時代よりも若く見えて良いことづくめだったそうな。
アップの時はいつも決まった美容師さんのところで結ってもらっていたので、髪結いに行けない時は着物が着られなかったけれど、ショートにしたら美容院に行かなくても着物が着れるようになったのだそうです。

う〜ん、なるほど。それはいえてる

着物の手入れについては、衿と袖口をベンジンで拭くことと、畳む時に汚れがないかちゃんとチェックすることが肝心だと書いておられる。また、衿にファンデをつけてしまわないように、乗り物に乗ったら手ぬぐいで衿をカバーしてうたた寝しても着物を汚さないようにするとか。

着物の紹介も楽しいのですが、いいなぁ〜と思ったのは、十日市紬の花織。

fc2blog_201508132251319b3.jpg

いいなぁ〜、こんな着物欲しいわぁ、ってほんとにどんだけ織りの着物好きやねん!

本の表紙になってりる輝くような黄色の着物はもともと黄色の色無地だったそうで、田中先生はお友達の結婚式やらなにやら、よくお召しになったそうですが、ある時似合わなくなってきたので蝶の柄を染めたそうです。これが派手になってきたら、もうちょっと濃い色に染めかえて、最後は蝶と同じ色の色無地にするとか。

本の冒頭で

わたしは着物をとっかえひっかえ買っては捨てる商品としてではなく、いつの間にか一緒に暮らす生き物のごとく思うようになった。であるから私がこの『きもの草子』という本に込めた想いは、「いい着物をたくさん買って贅沢しましょう」でもなければ、「私はこんないい着物を持っています。素敵でしょう」でもない。むしろ着物を「布」という基本に戻して、その生命を味わってみませんか、という想いである。



と書かれている。糸を紡いで布を織っているわたしにとって、まさに布は一緒に暮らす生き物だ。布ととことん付き合うには着物のかたちが一番いい。着物を着るのが一番いいというのは、着物が着れずに20年以上織物をやっていたわたしの心からの結論です。

布を味わうこととファッションがバラバラにされてしまったけれど、着物を着れば簡単なことだったのだなぁ、と思うのです。

鶴見先生の本も布への愛が溢れているし、美しい布で身を包む喜びにも溢れている。田中先生のご本も布愛に溢れていて、そうそう、布っていいよねぇ、かわいいよねぇ、とニマニマするのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

感覚を開く練習。映画「イマジン」

とても美しい映画をみた。
イマジン」



視覚障害者のイアンがリスボンの修道院にある盲学校に先生として赴任してくる。
このイアンは杖を使わないで、音の反響などを利用して(一見)普通に歩いている。この方法を子供達に伝えようとする。

ほとんど建物の中から出ず、修道院の庭にさえ出なかった子供達を庭に連れ出し、音を聞くことで見るという体験の練習をする。

ピッチャーからグラスに水を注ぐという練習もする。このシーンは二回出てくるのですが、二回目には見違えるほどみんな上達している。子供達はそれぞれ自分の方法で水やグラスやピッチャーを感じて扱うのですが、それぞれのやり方がその人にとってのベストな方法なんだと知れる。

杖を使わない、いわば、杖に頼る代わりに視覚以外の刺激へのセンサーを全開にして町を歩き回るイアンに施設の管理者たちは驚異を感じてまぁ早い話が嫌がらせをしてイアンは学校から追い出される。

映画はイアンと部屋に引きこもりになっているドイツ系の患者さんのラブストーリーなのですが、わたしは感覚を開いて見えないものを見ることと、それを恐れる管理者たちという別のテーマがとても心に残りました。

患者や学生が杖を持たずに晴眼者のように歩道を歩いたり、車道を渡ったり、カフェでお茶やワインを楽しんだら困る管理者って、まるで自分たちのパワーに気がついて、政府やメディアのごまかしに気がついちゃった市民と権力者の関係みたいだ。

で、ラブストーリーですが、主人公たちはどうやって恋に落ちたか、ベランダに訪れる鳥が二人の仲を取り持ったのかな。リスボンの町も、視覚障害者の子供達も、主演俳優のお二人も美しく、映像美に浸っているうちに自分の感覚まで開かれるような映画でした。

あんまり映画が素敵だったので、映画の帰りに路地の古本と飲み物のお店でちょっと一服したのでした。

fc2blog_201508142344370c9.jpg


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

サマーパーティー。

久しぶりに料理教室の生徒さんたちとランチに出かけた。夏休みなので家族連れ。うちからは連れ合いもつきあってくれました。

久しぶりに着物も着た。
fc2blog_20150816205927e04.jpg

いやー、夏帯ってボコボコしてるからギューっと引っ張っても帯が締まらなくて帯短めになっちゃいます。麻着物が着れるのももうちょっとね。

スターターはトウモロコシのババロアにトウモロコシのスープを乗せて二層に仕立てたもの。

fc2blog_201508162059517f4.jpg

こういうのがちょっと出てくるところがレストランの楽しみよね。

5歳児番長には特別プレート。
fc2blog_20150816210129083.jpg

ニッカニカの笑顔をお見せできないのが残念です。彼は今日のご馳走のために朝ごはんを食べずに来たんだそうで、どんだけ気合入ってるねん?!

大人たちにはラタトゥイユの卵焼き。
fc2blog_2015081621015060f.jpg

あれまぁ、美味しいじゃない。

メインはチキンの胸をスープで茹でたものに野菜がたっぷり添えてある。
結構お腹いっぱいになったけど、みんなチーズ食べる気満々でチーズも注文。

で、デザート。
fc2blog_20150816210208e01.jpg

スイカシャーベットの上にバジルのアイスクリーム。色のコントラストが素晴らしいです。

やる気満々の5歳児番長がいるとどうしても番長中心になってしまいますが、番長にも良い経験になったかな?

番長ママのママにもお会いできて、台湾から戻った方の旅のお話も聞けて、楽しい時間を過ごしました。アラメゾンさん、美味しいお料理と心のこもったサービス、いつもありがとうございます。

いや〜、面白かったですね、番長が。
みなさま、お疲れさまでした。また時々遊びに行きましょう。
そして、台湾の土産もありがとうございました!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


カルサン袴の原型だというトルコパンツを作る。

夏休み裁縫週間、まだまだ続いています。

バングラデシュの衣装でシャルワール・カミュージュというツーピースタイプのものがあります。ダボダボパンツとワンピースがセットになったもので、このパンツが楽チンだけど、おへその下15センチくらいのところに切り替えがあるのでイージーパンツの代用にするにはトップスに気を使う。

シャルワール(ズボン)の作り方を検索していたら、エコノミーなトルコパンツ、というのを見つけた。そういえば、トルコ式ダボダボパンツはカルサン袴の原型になったものだというのをこちらのサイトで読みました。
http://yoko-ungen.digi2.jp/kosode/calcao/calcao.html

ほうほう、そうか。蒸し暑い日本にぴったりじゃないか。袴とトルコパンツの違いは、わきを開けて前後で紐を縛るようになってるか、そうでないかで、袴の場合脇を開けることで、余った布はプリーツにするのでちょっとすっきりしたシルエットになる。

トルコパンツは布幅いっぱいがウエストになって、紐かゴムを通してしめるのでギャザーになるからよりフンワリしたシルエットになる。

検索したパターンを布に線を引いて型紙なしで断つという、南アジア的洋裁をする。布は藍染にした胴裏。着物の幅なので、パンツの丈×4枚必要です。三角に切り取ったところが腿と股の分量になるので、座るのが楽。そういえば、トルコもお座敷生活ですものね。

fc2blog_20150816210424794.jpg

ウエストを折り返してゴムを入れるとギャザーの分量が多すぎて気に入らないので、ゴムを通す部分を別にして、余りはタックで始末して、ついでにポケットも付けた。
前後の差がないパンツなので、パンツ自体前も後ろもないから、前後を決めずに着たら布が長持ちしそうだ。(実際にはポケットの向きがある。余分なことしたかな?)

fc2blog_201508162104481d6.jpg

三角に飛び出している部分がお尻の余裕になります。これだけたっぷりあるので、ヨガでも太極拳でも昼寝でもなんでも来いです。

着てみたらこんな感じ。
fc2blog_20150816210305d96.jpg

ふん、格好はバングラデシュのシャルワールのほうがいいけど、これはこれで楽な部屋着が出来ました。羽二重で作ってあるのでまるで着てないみたいに軽いし、肌触りも最高です。

結構透けるので、外に着ていくにはステテコを中に着ないとダメですが、家の中でウロウロする分には平気です。

なるほど、これなら袴の中に半着を着ても、馬に乗っても自転車やバイクに乗るのも大丈夫です。それにしても、トルコのシャルワールがカルサン袴になったのかと思うと楽しいですね。

羽二重で作る服の良いところは軽くてたたむと小さくなるのに暖かいってことかしら。旅行にピッタリじゃないですか!ほんとに素敵な羽二重です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


ベンガル料理のデリバリー。

知り合いのカップルがやっと結婚することになった。いや〜、遅い!じゃなくて、おめでとう。
お祝いはなにがいい?と聞いたら、

「カレーがいいですぅ〜」

ほぅ!結婚祝いにカレーとは嬉しいご注文。お盆で市場がお休みになる前に魚を仕入れて料理をした。
なんといっても結婚式のお祝いといえば魚に決まっている。豊穣のシンボル、子孫繁栄のシンボルですもん。

お祝いだからやっぱりポラオ。ポラオに合わせてショリーシャ・イリーシュ、イリーシュという魚の代用にイナダを使うんだけど、辛子のカレー。辛子でカレーを作るのはベンガル料理の特徴。これがまた美味しいし、ペルシャ料理起源のポラオにもよく合うご馳走料理。

オクラのサブジとレバーのカレー、それに苦瓜・茄子・魚の香味揚げ。

fc2blog_20150817215810e70.jpg

魚のカレーを食べてもらうのは初めてかもしれません。器に入れてカゴに入れてお届けしたのでした。
ちょっと量が多かったかな?

で、うちでもお相伴。

fc2blog_20150817215840895.jpg

辛子のカレー、久しぶりです。個人的にはこのようなご馳走料理が好きでないのでほとんど作りませんが、たまに作るとほんとうに美味しいなぁ、と思います。

レバーのカレーはやっぱりルティ(チャパティ)で食べたいな。

fc2blog_201508172159155d1.jpg

ひよこ豆のカレーなど作り足してまた食べる。
fc2blog_20150817215943c9d.jpg

ポラオにあうカレー、ルティにあうカレー、普通のご飯にあうカレーなどカレーと主食の組み合わせもいろいろあって、お客さんが来てたくさん料理を作るときは白いご飯とポラオを用意して、好きなもので食べるなんてこともするバングラデシュのおうちのご馳走なのでした。

ポラオを炊いておもてなしって、日本だとさしずめお寿司をつくるっていう感じかしら。バングラデシュの家庭料理の中にお客さんおもてなし料理カテゴリーがちゃんとあるのですが、最近はおもてなし料理の中に中華風のおかずなども参加するようになって、グローバリゼーションはバングラデシュの食卓も無関係ではありません。

リッチでヘヴィーなおもてなし料理関係はあまり好きではなく研究が進んでいない分野ですが、こちら方面も研究をしていきたいと思います。

お届けしたお祝いの料理は喜んでいただけたみたいで嬉しい限りです。
どうか末長くお幸せに!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

スイカ!

お盆の前から急に秋めいてきたけれど、また雨が降り出したら今度は梅雨みたいに蒸し暑い。雨の降りかたも梅雨時の雨みたい。

夏も終わりだなぁ、と産直市でスイカを買ってくる。

ひとつ一気に切ってしまって、皮と美味しいところを分離して、皮の緑のところは削ってジュースにするとピンクのきれいなジュースができる。

fc2blog_20150819233214743.jpg

スイカのほうはこれでいつでも食べられる。たくさん絞ったジュースは、瓶に入れて冷蔵庫にいれておけばいつでもミネラルたっぷりスイカの皮ジュースが飲める。

fc2blog_20150819233236899.jpg

スイカだけを食べるスイカ断食という断食の方法がありますが、スイカをたくさん食べるとお通じがとても良くなって、人によっては”お腹下した!”と心配になる人もいるかも。それくらいデトックス効果が高いスイカです。

今年もまぁまぁ食べたかなぁ。断食まではしないけど、お昼はスイカだけのスイカプチ断食は時々やってます。こうやってジュースとスイカを準備しておけば、いつでもスイカ断食できる。

スイカって甘すぎないところもいいんだな。
スイカの皮ジュースにちょっとお塩を入れて飲むのも美味しいです。ミネラル大事ですもん。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

北ラオス料理。

夫が買ってきてくれた本、表紙の料理がササゲの和え物ですごく美味しそうなので、ササゲを買ってきて作ろう作ろうと思っていた。

IMG_6611.jpg

にんにくやら生姜を焼いて潰して茹でた豆と混ぜる。ハーブを加えるというシンプルな料理ですごく美味しそう。どうやらアカ族の料理らしいけど、ずいぶん洗練されてるぞ!

というわけで、やっと作った。

fc2blog_20150819234255e85.jpg

ササゲの和え物に空芯菜炒め、鳥と苦瓜のスープ。ご飯はタイのもち米に先日頂いた枸杞(クコ)を入れて気分は薬膳。
ササゲの料理はなかなか美味しかった。これは普通に定番料理になってもいいくらいの美味しさで、料理本の表紙を飾るだけのことがあります。

いや〜、知らない料理を作るのは楽しいな。
ちょっと夏休みにラオスまでお出かけした気分になるのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。



着物の底力「あとかたの街」

着物は細長い生地を長方形のパーツに切り分けて一着の服に仕立てる。裏地をつけたりするけれど、それも長方形の組み合わせで、不要な部分は縫いこんで布は長方形のまま使う。
こんな服の作り方はものすごく珍しい。私が知る限り、日本の反物のような幅で布を織る地域でも服に仕立てるときは不要な部分(襟ぐりや裾の丸みなど)は断ち落としてしまう。またはトルコパンツのように布を三角に切ったりもする。(日本の袴は布を三角に断つし、足袋も布をカーブに切るから日本の服の全てが長方形の組み合わせというわけではない)

解いて繋げばまた元の反物に戻るように作るのは、布を資産として、いろんなものに作り変えられる保険のような使い方だなぁ、と思う。

「あとかたの街」
fc2blog_20150820222127977.jpg

おざわゆきさんがお母様の戦争体験を描いたまんが。
戦争中に起こった東南海地震の被害や名古屋の空襲のお話。2巻まで読んで名古屋の軍需工場が空爆されて市民生活がきびしくなってきたところ。

この本の中で主人公が高校に進学するとき、お母さんが袋帯を解いて帯芯で通学鞄を縫う話や、岐阜に一人で疎開する妹のために主人公とその姉が二人で何か服を新しく作ってあげようと母のタンスを開けるけどどの引き出しも空になっていて、あの着物は布団に、あれは何に、と着物がいろんな必需品に姿を変えてしまって妹のために縫い直す着物が残ってない、という悲しいエピソードが出てくる。

着物ってほんとうに財産だったんだなぁ。着物の底力は困窮したときにこそ発揮されたんだなぁ。それにしても、戦争は誰も幸せにしない。庶民は苦しいばっかりだ。娘達がお姫様ごっこをしたお母さんのきれいな着物が布団になっちゃうなんて悲しすぎるじゃないか。

ともあれ、解けば長方形の組み合わせになる着物だからこそできる技で、今のわたしたちの生活の中でタンスや押入れにぎゅーぎゅーになってる洋服たちは逆立ちしても布団皮にはなれない。
着物だったら子供の洋服にもなるし、別のサイズの着物に縫い直すことも、いろんなことが可能です。

基本長方形の組み合わせなんだけど、道行やコートという着物の上着で衿が四角く開いたものがあります。これは切り落としてしまうので長方形の組み合わせに戻らない。

fc2blog_20150820213038f65.jpg

葡萄色に染めてあるのは羽織の裏で、これは着物と一緒で肩開きに横方向に切れ込みが入ってるだけだけど、道行衿は切り落としてしまう。羽織から道行は作れるけれど、道行は羽織にならないのは切り落としてしまうから。贅沢な作りだから羽織や道中着よりも高級な位置付けなのかなぁ、母の着物にも羽織よりも道行が多くてちょっと困っている。

羽織ならば前が開いてるので帯や懐がポケットとして機能するけれど、道行は帯にちょっと切符を挟んだり、ってことができない。つまらない。

道行の裏も使い道限られるよなぁ、と思ってたらふと閃いた。

ズボンの型紙に似てるやんか!

fc2blog_201508202130572b4.jpg

というわけで、ステテコになりましたとさ!

fc2blog_20150820213115e34.jpg

腰回りは結構タイトだけどワタリ(おへそから真っ直ぐ降りてお股を通ってお尻を通り過ぎてウエストまでの長さ)がたっぷりあるので大丈夫!

パジャマのパンツにもナイスだ。
ポケット付けたりタックをとったりなんて余分なことをしなければすぐ縫い上がる。
裏地まで絹。羽織の裏となったらちりめんや繻子、錦紗の紋織り。なんとまぁ贅沢な作りだろう。シャネルやアルマーニのスーツやコートの裏地が絹の繻子なんてことはオートクチュールくらいじゃなかろうか?それを、絹の裏地をつけて庶民が誂えて着ていたのだから、なんと豊かな衣生活だったんだろう。
やっぱり着物は着るものだわ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


着物の底力、旅行服編

着物を着るようになって絹って素晴らしいなぁ、と再確認している。
身体を包むには最高の繊維だ。軽くて暖かいし汗は吸うし、吸った汗はすぐに発散するのでべたつかない。暑い時も寒い時も絹は素晴らしい。

着物を解いて服にリメイクなさる方が使い道がないからと、胴裏や羽織の裏をたくさん下さったものをシミ抜きして染めてフェルトにしようと試したけれど、一部フェルトに向かない布があったり、布があんまりきれいで、旅行の服にしようと服を縫い始めて・・・
(ちなみに、わたしは着れる着物を切り刻んで服にするのは個人的にはあまり好きじゃありません。着物の美しさを超える服ってほとんどないもの)

夏休み普段着強化月間でほぼ8月は縫い物ばかりやっていた。

旅行の服っていつも悩ましいのですが、乗り物に乗る時わたしは化繊のものは着ないのです。だって、火事に巻き込まれた時に化繊の服を着ていたら大火傷しちゃうでしょ。天然繊維だったら着ていた服が燃えて溶けて肌に張り付いて・・・ということは避けられる。

寒いところに行く場合は防寒を考えて下着の替えを持っていけばいいけれど、暑いところでは洗濯&乾きやすさを考えないといけない。その点絹は洗うのも簡単だし、乾くのも早い。

ついでに言えば、絹は汚れない。

Tシャツなんぞはすぐに臭くなって洗濯してしっかり乾かさないと着られないけれど、絹はアカで汚れることはあっても汗臭くて着られない、ってことがない。

薄くても暖かいし紫外線は防ぐし、ひらひらしてるので涼しい。

たたむと小さくなるし、軽いし、カジュアルな服でも絹だとちょとエレガント!といいことばかり。
こんなにたくさん絹があるんだからこれで旅行の服を作らない手はない。

最初に作ったブラウスは母にあげてしまったけれど、胴裏ブラウスはなかなか良かったので気を良くした。
fc2blog_20150807210416768.jpg

次はワンピース。こちらは着物じゃなくて普通の広幅の布で作ったもの。
(モデルは無駄にスリムな9号ボディーさん)

fc2blog_201508202339020ce.jpg

光沢があるのでずいぶん良さげなワンピースができてしまった。
脇の開きも適度で一枚で着れる(ペティコートは必要)
fc2blog_201508202339256bc.jpg

旅行にはもったいないような素敵なドレスだけれど、これにカーディガンかショールがあればどんな所でも出かけられる。飛行機に乗る時はスパッツ履いたら防寒もバッチリ。(緑の服って持ってないねんけど、布が緑だったからしょうがない。)

旅行用ブラウス第二弾は羽裏で作った。

fc2blog_20150820233945af4.jpg
(実際は葡萄色)
こちらのほうが生地がしっかりしていて上着らしい。葡萄色というのが微妙に色合わせが難しい。着物の幅3枚つなげると身頃が2枚取れる。着丈X6枚で一着分。

fc2blog_201508202340062dc.jpg

トルコパンツを作って遊んだりして
fc2blog_20150816210305d96.jpg
(透けるので一枚では着て歩けない。かといってステテコ履いたらせっかくの涼しさも半減!)
これはズボン丈X4枚でできる。脇に縫い目がくるので、着物で無理に作ってる感じがない。

fc2blog_20150820234021916.jpg

”丁寧に作る大人のワードローブ”だという服。

脇がめっちゃ開いてる。
fc2blog_20150820234043907.jpg

背中もこんなん。これってジャンバースカートやろ。
fc2blog_2015082023410302f.jpg
(薄いので裏をつけたりして、縫うのは確かにかなり丁寧だった。)

でも旅行の時はこんな服が着やすい。特に飛行機に乗る時はこんな服がいい。

寒さ対策にブラウスを羽織ったところ
fc2blog_201508202341235bb.jpg

インナーに絹のブラウスを着て
fc2blog_20150820234148d29.jpg

旅行にはスカートが便利。トイレでズボンの裾を気にしなくていいし、長時間座ってる時もスカートが楽。絹だからフワフサしていて服の重量を感じないところも楽。もちろん、洗濯も簡単だし、すぐ乾きそうだし、丸めたら小さくなるところもナイスでしょ。

着物の裏地で旅行の服、めっちゃおすすめなので、着物をほどいても裏地捨てないで使おうね。
今回の洋裁は、rick rackさんから型紙を購入しました。
安くはないけど、一枚の型紙で3枚くらい縫えば元取れるかな。電話サポートなしでもっとお安くしてくれたらいいのになぁ。
購入型紙のレビューはまた別の機会にしてみましょう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


「小さき声のカノン」監督&二階堂和美さんトークショー

映画の公開が旅行期間と重なっていけそうにないなぁ、と思っていたら、監督トークショー付き先行上映会があったので出かけてきた。

小さき声のカノン
fc2blog_2015082219571462c.jpg

福島に残る選択をした人たちとチェルノブイリの人たちを行ったり来たりして被曝地で生きる家族とそれを支援する保養の世話をする人たちを中心に話がすすむ。

わたしはどこか人生は長い旅行のようなものだと思っているので、住み続けなければいけない人の気持ちにはなかなか寄り添えない。でも子供どうするの?仲間がいるから福島で住んでいられるって、なにもそんなにしなくても、とやっぱりどこかで思っている。

映画の中でベラルーシの保養プログラムが紹介される。バナナ食べて、マッサージしてもらって、サウナみたいなのに入って、ディスコで踊る。
10歳くらいの子供がおとなしくマッサージを受けてる姿や韓国のよもぎ蒸しみたいなサウナみたいなのに入って顔だけ出してぼーっとしてる男の子の姿は”なんかおかしい!”と思わせる。だって、子供ってマッサージ受けたって気持ちよくないし、サウナみたいなのに入ってじーっとなんてしてられない。

だけど、保養が必要な子供達には”はぁ〜、極楽極楽”という感じで気持ちよさそうなのだ。チェルノブイリの事故から25年以上経っていて、その子供達は初期被曝をしたわけじゃなくて、汚染地で生活して外部被曝と内部被曝でそんなことになっている。

ベラルーシでは国家が予算をとって子供の保養をやっているけれど日本は”そんなもの必要ない”という感じで、保養はどれも民間のグループや個人で細々と行われている。

日本ってどうしてこんな国なんだろう?みんな教養があってお金もあるのに弱者へのシンパシーってのが本当に育たない。すぐに自己責任だの風評被害だの、本質とは関係ないところへと話をもっていってみんなそれに同調しちゃう。

福島や関東の人は気の毒だけど、ウチは関係ない、という雰囲気だけど、川内原発が再稼働されちゃったからもう福島や関東の人だけの問題じゃない。汚染されたらどうする?私どうする?着物はどうする?どこで住むの?外国に行く?どうやって?仕事はどうするの?織物は?

川内原発が桜島の噴火で穴があいてから考えることにしよう。(それじゃ遅いわなぁ)

なんか被曝して病気になって死んでもしゃぁないなぁと思っているのかもしれない。これも一億火の玉で玉砕と同じかも。

だけど、その手には乗らないわよ!という人たちが主人公の映画なのです。そして、保養はかなり効果があるから被曝したって子供だったら放射能が出せるというのも希望のある話しなのです。

映画の後のトーク。

fc2blog_20150822195738b50.jpg

ニカちゃんが歌うのかと思ったけれど、歌はなかった。鎌仲監督のお話しは主に保養のためにいろんなことが個人でもできるというお話しでした。

なんかねぇ、20mSvくらいは本気で戻すつもりらしい。国際的にも”ほら、案外平気でしょ、20ミリくらい大丈夫だよ”という雰囲気を作りたいらしい。

だけどさぁ、一般人年間1mSvっていう被曝の基準って、広島と長崎の被爆者を治療は一切せず人体実験して”やっぱこれくらいでないとマズイよなあ”と作られた基準だったはずだ。

もっと怒らんといかん。

被曝の話しってなにかと避けられるけれど、見えないし、匂いもないからって、だからこそ想像力を働かしてきちんと向き合わないと命を取られてしまう。

映画の中でベラルーシの小児科医のお医者さんのおばあさんの声を武藤類子さんが吹き替えているようですが、なんとも味わいがあってすごくいいのです。他の声優さんはみなさんプロの俳優さんなのですが、いかにも!な感じで、武藤さんの吹き替えが本当にいいんですよ。これを聞くだけでもこの映画は値打ちがあるなぁと思ったのでした。

広島では9月1日から横川シネマで公開です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


着物のお手入れ。

着物を着だして3年目の夏もそろそろおしまい。
わたしの着物は母のお古がほとんどで、母はそれほどきちんと手入れをしていたわけじゃないから、よく着ていた着物かどうかは袖口を見ればわかる。

ワイシャツの袖口みたいに汚れている。これを着物のお手入れに出したら別料金が掛かって高いんだよなぁ。だけど襦袢を着ていても着物の袖口は肌と接触してしかも動くので腕を着物の袖口でゴシゴシしてるようなもので、汚れないわけがない。

そうだ!テープを縫いつけたら袖口の汚れやスレは防げるぞ!とちょうど手芸洋品店のセールもやってるので試しに買ってきた。

仕立上りの単の村山大島。まだ試着しかしてないから汚れないうちにテープだ!

fc2blog_201508222126515e7.jpg

いや、テープが生成りと真っ白しかなくてさぁ。染めたらまたそれは手間がかかるし、色落ちして着物を汚すリスクもあるわけでぇ・・・

着物上級者の人から白い目で見られそうな改造だけど、わたしはべつにこの着物でお茶会にいくわけでもなく、ごく私的なお出かけで着るだけだもの。袖口から白いレースが見えててなにが具合わるいことがあるかしら?

テープは試しに2本買った。もう一本は・・・やっぱり単の着物かな。

fc2blog_201508222127111a3.jpg

これはリサイクルで買った着物で、薄地の紬で家の普段着に着やすくて気に入っている。染めは茜だろう。機音が聞こえてきそうな本当によい紬。技巧に走ってないところが素晴らしい。これは白い縞が入っているからか全く違和感がないわ。

これで着物の袖口問題はプチ解決したけれど、手芸洋品店でもっと丹念に見たらいろんな色のレースがあるのかしら?
合わせの着物の袖口にもつけたいくらいだけれど、フキ(裏地をちょっと表から見えるように出してぬいつけてある)の下にくるから色があわないとおかしいのよね。

もうすぐ着物がきやすい季節がやってくるわぁ、着物の着方は大して上達しないけど楽しみだなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


着物クリーニングから戻ってきた。

なにかとお金の掛かる母の着物。元がタダなのにお手入れにお金が掛かるってなんか割りに合わない感じがしなくもないけれど、布は宝石のように美しく素晴らしいものだから、元手がかかってないからといってお手入れをケチるのは着物に失礼だなぁと思い直すことにしている。

着物のお手入れに決まったお店はなくて、いろんなところで試している段階。今回今年試しているお店からやっと着物が戻ってきた。

fc2blog_20150822214124f32.jpg

ぜんぶ袷でどの着物も母がよく着ていた着物。紺色の色無地は八掛がとても汚れていた上にカビまで出ていたけれど表はなんともない。洗ってシミ抜きもしてもらったけれど、八掛はあまりきれいになってない。でも着物はきれいになったし、ニオイも抜けたのでこのままあと数年着て洗い張りに出そう。

縞と絣の着物はすっきりピカピカになって戻ってきた。長い間洗ってもらってない着物をクリーニングに出したらピカピカになって戻るので感激してしまいます。

この店は丸洗い自体はそれほど高くないのですが、エリ袖口の汚れ落としは別料金なのでまぁそれなりのお値段になります。

一番上は手描き友禅の訪問着の紬で小さいアクやシミがたくさんあって、おまけに裏地はアクだらけ。これも丸洗いとシミ抜きだけにしておこうかとおもったけれど、裏地の汚れはお袖の振りから見えてしまうので洗い張りすることにしたのです。
初洗い張りですが、着物のほうはびっくりするほどきれいになって帰ってきました。柄もハッキリしたような気がします。

ちょっと丈も短かったのできやすい丈で作り直してもらう予定。

着物を買うのは今は安いけれど、やっぱりそれなりにメンテナンスにはお金と手間が掛かるから、あんまり安いと喜んでホイホイ買うのは考えものだなぁ、とお手入れに出すたびに思うのですが、着物のサイトを徘徊するのは精神安定剤になっているというこの矛盾・・・

でもさぁ、ネットで頼んで宅配便で送って着物がきれいになって帰ってきてくれるんだから、ありがたいことです。こうやって手間暇お金をかけることで母の着物もだんだんとわたしの着物になるのよね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


着物は布資産

田中優子先生はご著書の中で布は宝石のようにすばらしいものだから、と書いておられたけれど、ほんとうにそうだ。

その布が着物のかたちであればいろんなものに変身して用の役に立つという着物の能力のは戦時中という非人間的な環境に置かれた時にこそ発揮する。

着物って布資産だったんだ、と漫画「あとかたの街」を読んで強く感じました。

そうか、布資産だと思って着物を見たら・・・昔ブラウスでも作ろうと骨董市で買った麻の着物、男物で対丈なので結局着物として着そうにない。これは服にしてもいいんじゃないかしら?と思った。

だいたい真夏の着物はあんまり着ないんだもの。クロワッサンの着物の時間で内田春菊さんが「真夏以外はほぼ着物」とおっしゃってたので、わたしも真夏はあまり頑張ってきものを着るのをやめた。家の中で腕に布がまとわりつくのは暑いもの。

解いてみたら驚いた。縫い糸まで麻を使っている。よく見たら肩当のサラシは手紡ぎ糸みたいだし、衿の中からとてもきれいな藍染されたサラシがでてきた。

fc2blog_2015082221415265a.jpg

いや〜、きれいだなぁ。ほんとうに宝石だよ、これは。

麻の布は素材はなんだろう?ヘンプかラミーかどちらかだけど、ラミーだともうちょっと透明感があるような気がするからもしかしたらヘンプかもしれません。

このような麻の無地の男着物は骨董市でよく売られていて、お坊さんでも着るのかしらん?などと思います。

着物の肩が一枚だけ擦れて穴があきそうになっているのでカバンでもかけたんじゃないかしら?

長方形の布が身頃2枚、お袖2枚、衿2枚、おくみ2枚、いしき当て1枚、袖口の布2枚の計11枚出来ました。

実際には袖口やお袖と身頃の縫い合わせの角など生地が傷んだところがあるけれど、さて、これでボックス型のワンピースなんか作ったら涼しそうでしょ。ブラウスでもいいかなぁ。

どれだけできるかわかりませんが、また夏の楽しみが増えるというものです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


「体内静電気を抜けば病気はこわくない!」

このところ堀泰典先生の本を続けて読んだ。

いっこめはなんだっけ?「最後は免疫力があなたを救う!」という本だった。

この方、パニック障害を患っておられて、何を思ったのか忘れてしまったけれど身体の痛いところを揉みまくったらしい。
股関節も悪かったらしくて、とにかく1年だったか3年だったか忘れちゃったけれど、揉みまくっていたら、ある時プツンと音がして「これで病気が治ったな」と自分でわかったそうです。

もともと歯科医でいらっしゃって、顎関節症は足首の不具合が原因である、と足首に施術をして何人もの顎関節症患者さんを治療して、学会発表したらすごいバカにされたけれど、実際にビデオなどを見せたら「おぉ〜、ほんまに治ってる!」ということになって今では顎関節症治療の権威でもあられる。

なんかとても変わった方で、病気やボケは身体の中で落雷が起こってるからで、体内静電気を抜いたら病気は治る、とか、水はどうとか、ちょっとした奇人です。

さて、この体内静電気ですが、血液が血管の中を通る摩擦で起こるそうで、これがたまると身体の中で雷が落ちて細胞に傷がついたり、神経がやられたりするそうです。

静電気を抜けばいいわけで、その方法は、
塩水を庭にまいてその上を裸足で歩く。
ミネラル分をたっぷり摂る。
手を洗う
夜寝てる時は塩をひと舐めして水を飲んで手を洗う。
海藻を焼いて灰にしたものをクエン酸で溶いて飲む。(ミネラルの補給ということらしい)

え〜っと、手を洗うだけでもいいのならお風呂や水泳じゃダメなの?
確かに裸足で土の上を歩くのは気持ちいいけど、畳の上や木の床はダメなの?導体じゃん。

なんかよくわからないけれど、皮底の靴や下駄がラバーソールの靴よりも気持ちいいのとか、家に帰って靴と靴下脱いだらさっぱりするとか、足を洗うと気持ちいいとか、お風呂やプールに浸かると身体の疲れが抜けるような気持ち良さがあるのは静電気が抜けるからかもしれません。

この体内静電気っていうのは測定はできないんだそうで、冬に車のドアを触ると電気がバチっと飛ぶのとかとはあまり関係ないらしいところもよくわかりません。

静電気といえば、温亀を使うようになってから冬のバチバチがまったくなくなったので、温亀を抱いて寝るのは体内静電気を抜くのにも効果があるのかもしれません。
温亀については温亀カテゴリーを見てね→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-category-34.html

体内静電気、なんだかよくわからないけれど、そんなこともあるかもしれないなぁ、と思った堀先生のご著書でございます。
fc2blog_201508231544418d4.jpg

グッズや堀先生ご開発の化粧品やお水などもございますが、ネットで調べると結構な良いお値段でございます。ご興味のある方は先生のお名前から検索してみてくださいね。

わたし、亀でいいや。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

詳しい作り方付き型紙を使った感想。

服ってもう大分前から買った方が作るより安い。既製服が着れるなら作るのなんかバカみたい。
だけどさぁ、やっぱりファストファッションは素材が良くなくて身体を包んで気持ち良くないし、ほんとに欲しい服ってのはやっぱり売ってないか、あっても高い。

布はあるけどパターン引くのがなぁ〜と、手持ちの本をパラパラめくったりしながら考えていた。
そうだ!パターンをネットでダウンロードするってのもできるよな。

探してみたら、たくさんあるのは子供用。大人用のは紙が20枚いるとか、それも面倒だなぁ・・・とあれこれサーフィンしていたら、あらら、よさげな服があるじゃない。ん?有料なん?送ってくるのね。作り方付き、電話サポートも!

いや、電話サポートはいらないし、作り方もべつになくても出来ると思うが・・・まぁ作り方があったほうが何かと便利にはちがいない。

というわけで、型紙&作り方が1200円とか、1400円くらいするので結構なお値段ですが、届いた型紙は縫い代付きで線に合わせて切り取るだけだからこれはなかなか素晴らしい。

fc2blog_2015082315482193d.jpg

こんな感じでクリアファイルに入ってくる。

型紙を出して切る。で、布の上に置いてみて・・・(普通は型紙にあわせて布を買ってくるんだけど)

作り方は本当に丁寧です。型紙もそうだけど、工業縫製のすごく合理的な作り方が基本になっていて、縫う順番も合理的になっている。この辺りは伝統的な洋裁とは違うので、縫いしろが1センチとか、7ミリとか、裾は3センチで折り返すから都合1.5センチくらいになる。母が見たらひっくり返るだろう。縫いしろが少ないケチな洋裁は既製服みたいでいやだというひともいるだろう。

作り方はこんな感じで写真付き
fc2blog_20150823154923b53.jpg

これはブラウスの襟のギャザーの部分ですが、2本荒く縫って縮める寸法がちゃんと書いてある。こんなところは自分でパターンを作るとすごく面倒で、ギャザーなんかなしなし!って端折るところだ。

もちろん、ポケットもつい端折ってしまうところだけれど、丁寧な作り方ガイドに励まされて左右ポケットつけることもできました。

わたしの縫い物技術は素人に毛が生えた程度で、自分でデザインからパターンを起こすこともできないし、部分縫いの本がないと前立てとか、袖のカフスとか、ポケットとかはいつまでたっても作れない。

最近の手作りの本でも親切な解説があるけれど、1点づつというわけではないから、なかなかここまで丁寧な解説はない。
個人的に良かったな、と思ったのは、縫いしろの倒す方向や、脇などをダ〜っと縫った後、縫いしろをミシンで抑えておくといいよ、というガイドなどは「ほうほう、なるほど」とうなづくすっきり仕上がるポイントだったところです。

ん?なところは、前立てや衿に芯を貼らないんです。え?ええのん?とちょっと心配。わたしはボタンホールを開ける前立てや薄い生地の襟には接着芯を貼ったけど、なくてもいいのかなぁ?あったほうが服はしゃっきりするような気がします。
でも、必要なところには伸びどめテープを貼ったりするので、なくてもいいのかもしれません。

パターン代で服買えそうだけど、手持ちの布で作るなら悪くないかもしれません。わたしはボックス型のワンピースが好きなので、好きなシルエットの服を絹で作れて結構満足です。

fc2blog_201508202339020ce.jpg

同じ型の服、何枚も作らないかもしれないけれど、夏の楽しいレジャーでした。
(って、夏の服作って出来上がりはお盆開けという間抜けさよ)

で、誰でも綺麗に作れるかどうかですが・・・
「簡単なものなら縫ったことがあるけれど、ポケットとか、襟付けとか自信ないけどやってみたいわぁ〜」という方ならきっと出来ると思います。電話サポートもあるし。

ご興味ある方はこちらです。→http://rick-rack.com/category/PATTERN/

服を自分で作れると楽しいよ。普段着にこそ良い布を着ないとね!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

藤原新也選「インド読本」

インドに旅行に行くんだ〜、久しぶりだなあ〜、インド。
もう長いこと行ってない。前に行ったのはいつだったっけ?というくらい。
だいたいインドと一言でいうけれど、めちゃくちゃ広い。西ヨーロッパと同じくらいの面積があるのだから、一つの国という理解ではぜーんぜん、盲人の群れ象をなでる である。

これまでのインド旅行はバングラデシュの周辺を旅行して面白がっていた。北インドみたいに旅行者ずれしてないし、ベンガル語通じるし、仏教寺院に行けばおなじみの少数民族の人たちとか、タイ系の人たちがいるので東南アジアの延長な雰囲気もあったりする。今回もセブンシスターズ(インド東北部7州)も考えたのですが、いつも同じところばかりも芸がないということで、ドーンと南に行くことにした。

南インドといえば、インド亜大陸の先っちょ、コモリン岬。ベンガル湾、インド洋、アラビア海という3っつの波濤で洗われるコモリン岬!ね、旅の気分が盛り上がるでしょ。

コモリン岬!ケープコモリン!世界一の朝日&夕日などと騒いでいたら、夫が「田村隆一のエッセーがあったよなぁ〜」と探してきた。

fc2blog_20150823212807e21.jpg

あら〜、日本ペンクラブ編○◯読本のインド編は藤原新也さんが選者だったのね。

この中に日本のタゴール、田村隆一さんのエッセーがあった。なんてことない、マドラス(チェンナイ)からマドライまで電車で行って、マドライでミナークシー寺院などを見学し、ガイドを引き連れてチャーターしたアンバサダー(車の名前)でコモリン岬を目指すだけの話しなんだけど、田村隆一さんの文章はやっぱり詩人だなぁと思ったのでした。

インドはこの数年でものすごく変わったと聞いています。バングラデシュのこの10年の変化を考えたらそりゃそうだろうと思いますが、変わったところ、変わってないところなど楽しんでこようと思います。

あ〜、しみじみ楽しみだなぁ。インド亜大陸のさきっちょまで行くんだよ。さきっちょ!紀伊半島の先っちょの串本もいいけれど、それとはわけが違うのよ。わくわく。

この大陸がズンズンと北に進んでドーンとユーラシアとぶつかってヒマラヤが出来て、ヒマラヤから流れる川が作った巨大なデルタがバングラデシュなのよねえ。

というわけで、その先っちょ、行きます。(くどい?ごめん。)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
9月29日 (火) 煮魚と秋の和食。
9月27日 (日) イリコのベンガル料理。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。