不思議なこといろいろ2。母を叱るとバチが当たる。

不思議なことがいろいろあるや、「三名さま」でご案内される。で不思議体験らしいことをしているけれど、わたくし、どちらかというと霊感とかはないほうです。お骨の置いてある部屋で寝てても別に平気だし、これまでも実家に戻った時はその部屋で寝てたので、お骨や仏壇のほうが後から来たんだから、わたしがお骨や仏壇になにか遠慮するようなこともない。

父の遺品を整理していて、「あ〜、お父さん、ほんとにお母さんのこと好きだったんだなぁ〜」と思う。しかし、父の愛情表現はちょっと独特で、きっと母はそれに気がついていない。親父さまは親父さまなりに母に気を使ってこころを砕いていたのに、そりゃあんた、そんな方法じゃ伝わらないよ!
母は愚痴ばかりで、父の心遣いや優しさの表現は母には届いていない。母も想像力が足りないけれど、父も伝える能力に欠けている。どっちもどっちだと思う。

遺品整理や遺産整理の場面で、母にしっかり念押しをしたり、言質を取ったりする場面がある。プライドは高いけど、父に押さえつけられて(いたのか?それとももともとなのかは謎)自分で判断することを封印していたらしい母は、判断するということが苦手で、しかながないので、わたしが母の意向を汲んで判断の代行をしているため時々厳しく母を詰問するようになってしまう。

そうすると、持っていたお茶がこぼれたり、階段を降りていてなぜかブーツの踵が引っかかってすっ転んだりする。

まるで父が「おまえ、お母さんいじめるなよ。」とわたしに仕返ししているようだ。しかし、ちょっと待ってよ!あんたが身辺整理しないであの世に行ったから仕方なくわたしが手伝ってるんじゃないのさ。

なんとも割りの悪い役回りだけれど、親父さまはきっと気まずいのだ。あれこれ片付けると言っていたのに、その大事なアレコレを片付けずに入院して、その後も方法はあったのにそのまま放置したから、わたしがその片付けを手伝っているのだ。
気まずいからってひとを転ばすことはないじゃないか、そんな狭い了見では成仏できないぞ!まったく呆れたもんだ。

お茶をこぼすとか、階段で転ぶとか、ちょっとわたしに恥をかかせようという感じなのよ。転んだときもゆっくり転んで服も破れないし、怪我もちょっと手に擦り傷が出来たくらいなのです。

どうしてこんなに実家の手伝いをしなくちゃいけないのかわからないけれど、女の子だからなのかなぁ?他の兄弟に比べてなんか因縁が深いのかもしれません。

出張から戻った連れ合いご所望のパスタ。そうそう、南アジアに長くいるとパスタ食べたくなるよねえ。

fc2blog_20160229233626cb5.jpg

「こんな料理は店じゃ食べられない。外で出てくるのはひどいもんだ!」と言ってくれる夫よ、ありがとう。pupちゃんのほうれん草にアラメゾンのベーコンだもの、美味しく作らないと本当にバチが当たるわ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

「消えた声が、その名を呼ぶ」

久しぶりの映画だぁ〜。映画行きたかったよぉ〜。映画って観たい映画は立て続けにやってきて、映画観たいときに見たいものが掛からなかったりするのですが、今日は上映時間といい、タイミングといい、連れ合いの都合といい、バッチリだ。

「消えた声が、その名を呼ぶ」

たぶん劇場映画で初めてアルメニア人大虐殺を主題にした映画で、しかも監督はトルコ系のファティ・アキン。第一次大戦中にトルコで起こった事件。未だにトルコ政府はアルメニア人弾圧について「そんな事実はありません」と否定している。
アルメニア人虐殺や、死の行進についてはハフポストの記事がわかりやすいかな?
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/24/armenian-genocide-controversy_n_7140572.html

「第一次大戦の昔の話しだよね」と思って見てられたらいいのだけれど、人間ってずっとこんなこと繰り返してる。日本人だって満州から死の行進をして日本に引き上げてきたのだから他人事じゃない。

なんか人間ってずーっと同じことを繰り返すどころか、ますます悪くなってる感じがする。
普通の生活が普通に続いてるっていうのはなんと愛しいことだろう。

映画は一種のロードムービーになっていて、登場人物もトルコ人、アルメニア人、ベルベル、アラブ人、キューバにアメリカといろいろで、どこにでもいい人もいれば悪い人もいるし、主人公もいい人じゃない。

娘を探して難民キャンプにたどり着いた主人公は義理の姉を見つけるが、瀕死の彼女は「らくにしてちょうだい」となんども主人公に頼んで、彼はためらいながらも義理の姉の首を絞めるシーンがとても辛かった。自分だったら・・・きっとキャンプにも到達せずさっさと野垂れ死してるような気がする。

長く重いテーマの映画だったけど、とてもいい映画だった。夫と久しぶりに見るにふさわしい作品でした。残念なのはお天気がイマイチで、きものを着れなかったこと。

映画の後はいつものお店。

fc2blog_20160302233732701.jpg

ゆでたブロッコリをタルタルて食べたり、

fc2blog_201603022337508cb.jpg

モンドールのオムレツなど頼んだり、夫は最初から赤ワインでリラックスしておりました。
いや〜、いい映画と美味しい料理、ご飯を食べながら映画の話しやトルコの話しで盛り上がったのでありました。

いつも素晴らしいお料理、ありがとうございます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

試作は楽しい。

油条が成功して気を良くしたわたくし、これは是非とも皮蛋のお粥と一緒に食べたいと欲が出てきます。
ほんと、人間の欲望ってキリがない。

え〜っとスープで砕いた米を煮るんだよね。スープスープ・・・

茹で鷄作って、鶏は四川風のやつにして・・・スープに玄米を粉にしたもの・・あれ?玄米クリームじゃん。

fc2blog_201603030739356d1.jpg

お粥ができたら皮蛋乗せて、出来上がり。

わぉ〜、すごい美味しい。こんな粥が家で食べられるなんて、なんという幸せ。しかも簡単だ。

連れ合いがいたら試作できるし、いろいろご講評いただけて、助かるのです。何より、一緒に食べるのが楽しいもんね。
次の料理教室は、油条とお粥です。お楽しみに!!

さて、忘れないうちにレシピ書こう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


亡父の後片付けから見えてくる国家の意図。


この度の父亡き後の後片付けをしていてよ〜くわかったことは、世の中お金持ちはそれなりに経費はかかるけれど、その経費は大銀行、証券会社、生命保険会社の間でお金が回っているっていうこと。

お金や土地など持ってない貧乏人は税金対策もできないけれど、そもそも払う税金がない。問題になるのは、お金はないけど、土地建物がある場合。

これ、去年から相続税の非課税分が引き下げられてこの先大問題になるだろう。家はあるのに相続税が払えなくて、家を売らなきゃいけない。売れたらいいけど住むところがない。売れない場合は住むところもなく、税金も払えないっていう
人が出てくるだろうなぁ。

誰も住んでない田舎の大きな家なんて、相続もできないし、売れないし、税金も払えないってことは具体的に出てきそうだ。なんか財産なんかいっそキッパリないほうがいいんじゃないかという気がする。

とことん税金でむしり取ろうという国家の意図がよくわかる。それなら、稼がない・使わないという生活をやってやろうじゃないの。

だけどねぇ、日本って移動するのにとてもお金がかかるのよね。高速道路は高いし、だいたいガソリンも高い。なんてところに住んでるんだろう?

この世で一番の財テクは健康だ。健康になるためには、食を慎んで、身体を動かし、よく笑って暮らすことでそれにはお金は掛からない。
健康になるためにはお金は掛からないし、健康だったらお金は掛からない。往復でお得だ。

ついでに着物を着たら、着物は今は安いし、絹だし、素敵に見えるし、こんなお金の掛からないハイファッション、素晴らしい工芸品を着ない手はない。

国家は貧乏人からもむしり取って住むところさえ奪おうというつもりだろうが、そうは問屋が卸すものか、上に政策あれば、下に対策アリだ。

お金を使う時には友達に仕事を発注し、同じお金を使うなら大企業より個人商店。助け合ってゆるく温かい関係を結び、健康で毎日笑って楽しく暮らせば、どんな権力も人の幸せを奪うことなんかできない。

fc2blog_20160306235829bc2.jpg

毎日座敷がこうなって、これを片付けないと布団が敷けない。

父の机の中のアレコレと向き合うのは、素の父と出会う感じです。見られたくないものもたくさんあっただろうけれど、母じゃなくて、わたしが片付けてよかったでしょ。

つぅかさぁ〜、もう先が長くないって分かってたなら、引き出しくらい片付けてようよ!
とんだ貧乏くじだよ、まったく。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。



蝸牛の歩みでも片付いていく。

このところずーっと父死亡関連の記事が続いていて、更新も滞っているのに、ブログ村のランキングが変わらないってのは、いつも読んでくださる方が記事の更新もないのにブログ村のバナーをクリックしてくださる方が少なからずいらっしゃるわけで、「ファンが待ってるんだからブログ更新しなさいよ」といつも連れ合いに激励されています。

ほんとにこのような拙いブログを読んでくださってありがとう。

だいたい木曜日に大阪に来て、日曜日とか、月曜日に家に戻りながらお金関係の片付けと家の中の片付けをやっている。

週末に一人でいるのはとても寂しいことなのに、連れ合いはず〜っとがまんしてくれている。12月からこんな調子だから、もう4ヶ月くらいになるわけです。

お金関連や契約関連の片付けは平日でないと何もできないので、平日の午前中は主に問い合わせや確認。そして、ランチを兼ねて金融機関の集まっているところに出向いて、アチコチ用事を済ませ、ご飯を食べて買い物をして帰ってきて、郵便物の確認をして問い合わせ、という感じでこの2ヶ月くらいを過ごしてきて、今日になってやっと母が「やっと片付いてきたね。ありがとう」と言ってくれた。

契約関連の片付けもそうだけど、父の仕事場や事務所の片付けもだんだん進んできて、デスクの引き出しもほぼ空にできた。もちろん片付けのほうはこういう助っ人が来るから片付くわけです。

fc2blog_20160221000336b85.jpg

人形劇なんかしてくれたりして・・・

物が片付いてきたら、頭の中もだんだんスッキリしてくるような気がします。
それにしても、ほんとに終活じゃないけど片付けって大事だわ。

母はなかなか何が重要で何が重要でないか判断できないし、優先順位を決めるのも苦手だけど、片付けが進んできたら多少いらない物はわかり始めた感じです。

なんかなぁ〜、だれも整理術とかメモの取り方とか教えなかったんだろうなぁ。母はなんでもかんでも記憶する人だったからそんなテクニックは必要なかったのかもしれないけど、やっぱり大量の情報を扱う時にはノートの取り方や整理術って必要なんだなぁ、などと思ったのでした。

どんなに進歩が見えなくても、一つづつかたづけていけばいずれ終わりが見えて来るのね〜。家の片付けも仕事場オンリーだけど、わたしはお金関連と仕事場関連の片付けが終わったらもう力尽きてしまいそうです。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

弱ったときにはなんでも頼る。

不眠とは縁のないあたくし、ピンチになったら布団をかぶって寝るという得意技さえある。このアタクシが夜中に目が覚めて眠れないという症状が出てきた。

どうやら、実家の片付け関連が大きく負担になっているらしい。
モノの片付けや書類の片付けだったらいいのよ。シュレッダーしちゃった必要書類は再発行を依頼したらいいし、モノなんかいざとなったら全部捨てたらいいのよ。そうでなくても、母がごちゃごちゃの家で生活するのに困ることってないから、そのままにしておけばいい。

問題はお金のあれこれ。

お金って縁がないから付き合い方もわからない。そもそもわたしのお金じゃないのに、なんでこんなたくさんのお金についてあれこれ采配しないといけないのか?慣れないことは疲れる。悩んだってしょうがないことであれこれ心配で眠れない。心配したってしょうがないんだけど、慣れないことはほんとうに「ま、いいか!」と思えないらしい。

そうだ、弱った時は他力に頼ろう。

fc2blog_2016030422215720a.jpg

ヒスイとか、瑪瑙とか、黒曜石。持ってるものをぜんぶ身につけてみた。なんかアホっぽい?でもいいじゃん、これで「大丈夫」って思えるならばさ。

ついでに、ルネサンス時代のイタリア貴族の健康法を書いた本も読んでいる。

著者の話はシンプルなのだけど、解説がちょっと無理やりベジの少食をお勧めしているところに無理があるような気がしないわけじゃないけど、昔の人の養生の本、なかなか面白いのです。

えっとね、少しのパンと、卵の黄身。お肉ちょっとにスープとワインもちょっと、1日2回に分けて食べるんだそうです。

そういえば、少食にしたら開運するって話もあったなぁ。
http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-517.html

少食気分には相変わらずならないのですが、とりあえずパワーストーンを使ってみるのでした。

他力万歳!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


久しぶりに着物。

実家から戻って、夜は連れ合いの会社のコンパに出席。
出かける時間まで2時間あるし、ちょっと昼寝して〜って毛布を被ったら・・・出発時間まで30分となってしまった。

あれ?1時間半も寝てたんや。パワーストーンのおかげか、自宅の力かわかりませんが、実家に比べたら小屋みたいな我が家ですが、実家よりこの家が好き。ここがわたしのパワースポット!

自宅〜、いつも帰ってきたら家全体で「おかえり〜」って言ってくれるの。ありがとう、大好きな家。

アワアワと着替えるも、最近着物をあまり着てないからあれ?あれ?なことが多い。
特に、名古屋帯。
一度やってみて、連れ合いに直してもらってもなんかうまくいかなくて、またやり直し。連れ合いにちょっとひっぱってもらったら、ビリっていうし・・・

なんとかかんとか形にして出かけた。

デザートは作りたてのアイスクリーム。ふわふわで美味しいのだ。

fc2blog_20160309161155c45.jpg
別に行かなくてもいいんだけど、連れ合いが一緒に行きたかったらしい。一人家で留守番させられて寂しいんだろうな、ごめんよ、夫。

あ!帰りの運転手?
車を運転して帰ってきたら「今日はまだ写真とってないでしょ!撮ってあげる」というので撮ってもらった。

fc2blog_20160309161125218.jpg

総絞りの鹿の子の着物に塩瀬の染帯。帯揚げは白の絞の帯揚げを自分で藍染した水色のものに、水色の帯締め。

名古屋帯、びしっと決まる時もあるけれど、だいたい決まらない。なぜか出かけない時にはきれいに結べるのに、出発時間が迫る時にはうまく決まらず巻き直すんだなぁ〜、なんでやろ?

父のゴタゴタがある前は家でもずっと着物着てたのに、すっかり着物着なくなっちゃって寂しいばかりです。
今度から大阪に行く時着物にしようかなぁ?パソコンの入ったバッグを手に持って移動するので、着物を傷めてしまいそうで気になるのよね。コロコロの小さいのでも買おうかしら?


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


母のケータイ、契約見直し

父の携帯を解約してなくて、カードや銀行口座は解約したので、引き落としができなくなって催促がきた。

あっちゃあ~、まだ契約してたんかい!!

催促がきたところに電話をして聞いてみたら、解約はdショップに行ってくれという。
晩御飯ついでに出かけて行ったら、戸籍謄本やら母の住所がわかる写真付きの証明書やら、が必要だ。2時間待ちだ、というので、別の日に出直すことにした。

やっぱ平日だよね~と行ったけど、1時間待ち。携帯のショップって混んでるのねぇ~。びっくりしました。

支払いが溜まっていた分(3ヶ月も!もったいないことした)を支払ってみたら、一人頭2500円くらいの契約になってる。あれ、意外とちゃん契約の見直ししてたのね!

で、父の電話を解約して、父に紐付けになってた母は自分の契約になって・・・

「あの~、随分前から携帯は持ってるんですが、メールってぜんぜん使わないんですよ。打たないし、見ないの 本当に電話しか使わないので、電話だけの契約にしていただけますか?」
とiモードを解約。
キャッチフォンとか、あれこれも解約。
水没とか壊れた時の保障(¥300/M)も解約。
通話の量を調べて、一番少ないパックにしてもらったら、電話の基本料金が千円になった。

いろいろ解約したけど、明細は郵送してもらうことにしている。母はネットで支払い明細を見に行ったりしないし、通知が来ればあとに残るので、母に何かあった時どこで何の契約をしていたかわかる。

わたしは昔のまんま一人六千円くらいの基本料金払ってるのか、と思ったけれど、父は案外ケチというか、そういうところはマメだった。ついでにポイント大好きで、カードや通帳も大好きで、おかげでわたしが苦労することになるんですが・・・

わたし自身は色んな口座や契約をネットで管理しているけれど、わたしに何かあったら解約もできないわけで、新しく契約したものは書類で残し、解約したものは書類を破棄。ついでにパソコンのパスワードは誰かに知らせておかないといけないなぁって思ったのでした。

あとに残るものは困るわ、ほんま。

長い手続きの間、窓口のデスクに置いてある宣伝がわたしの神経を刺激する。
fc2blog_201603101407369e2.jpg
なんや、女子力高めるとか?!喧嘩売ってるんか?!カラダのキモチだぁ~?サポートアプリだぁ~?

じゃっかましいわい!大きなお世話ぢゃ!



ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

名古屋帯の練習。

先日、久々の着物お出かけで、名古屋帯のお太鼓結びが決まらなくて往生したので、ちょっと練習する。

fc2blog_20160311075427351.jpg

もう三月も終わりだから、袷の紬なんかすぐ着れなくなっちゃう。クリーニングに出してツヤツヤになって戻っていたおばあちゃんの紬。ちょっと紫でなかなかオシャレだけど、掛襟などがシミで変色している。帯は叔母がたくさんくれた着物の中にあった反物で、カビになってたので一度洗った。クタクタになって締めやすい。

わたしが習った鞠小路メソッドだとわたしのやり方が悪いんだろうけど、お太鼓の下線が決まらなくてブワっとしちゃうのが課題。手先や帯の長さもいつもマチマチでどうも具合が悪い。たぶん、帯を巻いて締めるときに手先が動いてしまって決まらないんだろうなぁ。

今日は朝起きて爽やかな気分だったので、家にある本のやり方を試してみようという気になった。

fc2blog_20160311204031fbc.jpg

どれどれ・・・え〜っと・・・(わたし、おりがみの作り方の本を見てできた試しがないので、帯結びの本もだいたい役に立たない)あれれ?手先がどっかいっちゃった。あれれ?なんかへん。などと試行錯誤。

この帯の結び方のキモはこの部分。

fc2blog_20160311204048231.jpg

クリップで留める。んで、上に三角に飛び出した部分は内側(帯と背中の間)に折り込む〜のはわかるけど、ちゃんと三角にならないのできれいに折込めない。ともかく、この折り込んだ上に枕を乗せる。

んで、仮ひもでお太鼓の下線を決めて、手を通して帯締めで締める。んん?帯が落ちる・・・

とにかく、読解力に問題があるのか本を見てやってうまくいく試しはないのだけれど、2回失敗して、3回目には上の三角を折り込むところはなんかへんだったけど出来た気がする。

fc2blog_2016031120394411f.jpg
いつぞやオークションで買った紬。どう?できてる?

fc2blog_201603112040125aa.jpg

こんな感じで・・・どうかしら?

この方法、帯を結びもねじりもしないので、手も垂れも長さに余裕があって、小肥りさんに優しいというか、「あら?帯がえらい回るわ。痩せたのかしら?」という気になる。クリップは残したままなのですが、映画館で二時間座ってても結び目 orねじり目のゴロゴロがないので、いつもより楽なくらいでした。

問題は〜、背中で上にできる三角を折り込むところかな?腕が上がらないと無理だし、そもそも写真みたいなきれいな三角にならないのはナゼ?
帯結び、大変だわ。これ、慣れたとしても、高齢になって腕が上がらなくなったら着物着るの嫌になるだろうな。その点半幅帯はいいわぁ〜。

本には柄を合わせる方法とか、お太鼓の下線をビシっと決める方法とか、小技もいろいろ解説されているけれど、わたしの理解力では一通りお太鼓を作るところまでで精一杯。お腹の模様を出すのは無理やり締め上げるとか、背中の模様は出たとこ勝負とか、まだまだそんなレベルなのであります。

お太鼓完成から3年と4ヶ月くらい経ちましたが、今になって「あれれ?もうちょっとここがなんとか・・・」と気になるポイントが出てくるもんですね。

それにしても、着物でお出かけは映画だろうが、ラーメン屋さんだろうが、楽しいです。うふふ。

着物を着ている人のことをアレコレ言う方が未だにいらっしゃるようですが、楽しく着て出かける、というのが一番いいんじゃないでしょうか?アレコレ言う方も本当は羨ましいだけなんですよ。

あたくし、あまりアレコレ言われたことはありませんが、アレコレ言いたそうな目つきでジロジロ見られることはありますが、ニッコリ笑って差し上げるのですよ。
だって、楽しく着てるだけですもの。おほほ〜。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

油条とお粥

今日は楽しい料理教室~♪
生徒さんの車が外の水栓を破壊してしまって水が使えないという異例の料理教室。水なしでどうしよう?!と思ったのも一瞬、元栓をあけてバケツに水を汲んでそれを使えばいいや、ということになりました。まぁ、洗い物とか不便だけど蛇口から水がでないくらいのこと、バングラデシュでの生活を思ったらなんということはありません。

水道工事の人を呼んだり、工事の人の相手をしながら料理教室はなかなかスリリング。一番喜んだのは5歳児番長。ちょうど連れ合いも家にいてくれて、連れ合いと番長が工事の人の邪魔というか、工事見てるの楽しいよね〜。

さて、お料理も今日は運良くあまり水を使わない料理。なんたって、あの日本じゃ食べられないと諦めていた油条を作って食べようという企画。油と火さえあれば出来る。

fc2blog_201603132116133aa.jpg

油条を作るところを写真に撮るのは忘れたけれど、案外出来るもんで、この甘くない揚げパン、もっと日本の食卓に参加しても良いような気がします。生地を重ねたり、お箸で押したりすることで火の通りが良くなるんです。すごい知恵だなぁと感動してしまうのです。タイにいるとき、油条の屋台の前でずーっと眺めてたことがあったわぁ。

さて、油条のお供のお粥を作るには何かストックが必要ということで、茹で鶏。

fc2blog_20160313211457669.jpg

四川風に口水鶏。わたしの料理は簡単なものばかりですが、ほんと、簡単で美味しいです。

さて、油条のお供のお粥というか、お米のポタージュ。

fc2blog_20160313211517202.jpg

お米から作るお粥は美味しいのですが、玄米クリームだから滋味が違います。簡単に出来るので、「あら、ご飯がないから、今日はうどんかお素麺」という時に「それとも中華粥?」という選択肢も増えるというもの。

お家で作る時は他にもお野菜のお料理を足したらすばらしいご馳走になるでしょう。

油条、子供たちに大受けしてましたが、甘くないからといって、あんまりたくさん食べたら胸焼けしますよ!

今日はアクシデントがあってご不便お掛け致しましたが、お楽しみいただけたでしょうか?今日の料理のどれかひとつでもレパートリーに加えていただけたら嬉しいです。

みなさま、遠いところ貴重な時間をありがとうございました。そして、車の運転は気をつけましょう。

次回は4月3日の予定です。お花見できたらいいですね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)
4月3日(日)油条の応用。お花見軽食弁当。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


「放射線を浴びたX年後2」

広島でのお楽しみは映画。
3月の初めには想田監督監督が舞台挨拶をする牡蠣工場の先行上映なんて素敵な企画があったのに行けなかったし、大阪に通っている間にいろいろ見逃している。

だけど、ちゃんと来たからね〜。
放射線を浴びたX年後2
fc2blog_20160312212637135.jpg
http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-1376.htmlの続編で、主人公はマグロ漁師の娘さんが「お父さんはお酒の飲み過ぎで死んだんじゃない!」と当時のことを調べる。

川口さんは12歳のときにお父さんを亡くされる。そのあと、バイトをしながら高校を卒業し、バイトで貯めたお金でお父さんのお墓を建てて、そうして東京に出てくる。お父さんが亡くなられた時まだ小さい妹さんがいてて、まだ子供なのに一家離散にならないように必死だったんだろう。そんな健気な子供に「よぉけお酒飲んでたからねえ、お酒の飲み過ぎじゃ」と心ない言葉をかける大人。「うちの店で働け」と仕事をくれる大人。

前作をきっかけに父親の死因に疑問を持った川口さんは帰郷のたびにマグロ漁船に乗っていた元漁師たちを訪ねてインタビューする。

三回も水爆実験を見た人、被爆後に生まれた息子をガンで亡くした人。「いっちゃん大事なものもっていかれた」と唇をふるわせる。

当時、魚が売れなくなる、結婚やらに響くから、と被曝のことは箝口令が敷かれていた。実験が行なわれた年の船員手帳のページが破られていたり、自分たちは被害にあっているのに、被害のことを口にできず、全身がガンみたいになって、普通じゃない亡くなり方をする元漁師。

福竜丸だけじゃない、たくさんのマグロ漁船。
急性被曝症状が出るほどの被曝をした船員さんがたくさんおられたわけだ。

なんだか放射能ってのはいつもこうだ。「なんともないことにしないとあんたが困るんだ」と口を噤まされる。「たいしたことないですよ〜」って放射線管理区域みたいなところに人々を返そうとしている。

40年前からなーんにも変わってない。

最後に、川口さんがお父さんの航海日誌の入った箱を見つけられる。その中に「全身が燃えるように熱い」と被曝のあとの症状を書いた文章が見つかる。
なんでもないような段ボール箱に入れられたノート。書いてあることの意味がわかるまでじっと姿を隠していたみたいだ。隠しようがない被曝の証言。

たしか、マグロ漁船員の被曝を認める判決が出たんじゃなかったかな?

一本の映画が遺族を動かし、漫画家を動かし、“なかったこと”なってた事実を当事者が関わることで掘り起こしたんだなぁ。

この映画では、漁船員だけじゃなくて、日本列島の被曝についても調べている。当たり前だけど相当の被曝をしている。わたしなど大阪で生まれ育ったので、琵琶湖というか、淀川の水を飲んでいたのだから、放射能もたっぷり入った水で育っているわけです。

井戸水で育った人と天水で育った人で全然違うだろうなぁ。

映画の中で漁師のおっちゃんから魚を分けてもらうシーンがあった。新しい鯖で、「獲れたてだから刺身になるよ」。きれいな鯖2本が頭の中にあったんだろうな。

今日買い物に行ったら鯖があったので、シメサバを作ってしまいました。

fc2blog_2016031221265918f.jpg

わたしが鯖と格闘していたら、夫はイソイソとお酒など買いに行って、珍しく晩酌。

fc2blog_20160312212720249.jpg

家で飲んだら安いよねぇ〜。魚だって500円でシメサバが2本出来るんだから。家メシ最高!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。



「みんなのための資本論」

映画だ映画。今はもう自分の仕事は諦めているから、料理教室と家事の合間に出かけるのだ!

この日の映画はこちら。

fc2blog_20160313211708856.jpg
みんなのための資本論

経済学者ロバート・ライシュがカリフォルニア・バークレー校での最後の授業を中心に組み立てたドキュメンタリー。先進国の格差社会の到来をクリントン政権のころから問題にしていた人。

そうかぁ〜、1970年代から労働者の人件費は抑えられ、利益は経営者や投資家に集中していって今の社会になっていたのか。オキュパイ運動の背景やバーニー・サンダーズの活躍の背景にはライシュの研究や発言も大きな影響を与えたんだなぁ〜。そして、ちょっと遅れて日本でも学生さんたちが演説したり、それに学者が一緒に応援したり、共同で講演会をやったり、という運動があって、知ってる人は知っているけど、われらが安倍政権は情報操作が巧みでらっしゃるので、テレビばっかりみている層はなーんも知らんかったりするわけです。

アメリカが反共だってのは知ってたけれど、80年代になって労働組合の弾圧なんかしたってのは知らなかった。
ライシュの話では、国家の活力は消費で、その消費の中心を担うのは、高額所得者ではなく、中産階級。まぁ、考えてみたら当たり前のことなのですが、賃金が上がらない中産階級は主婦が仕事をすることで賃金の不足を補っていたけれど、サブプライムローンの破綻でその中産階級をアメリカは没落させてしまって景気低迷しているんだそうです。

日本も「女性の活躍」とか、「一億総活躍時代」とか、人頭を取る気か?とおもうようなことを現政権が言ってるけれど、上がらない給料で働いてもっと消費せよ!と言われているわけです。

なんだか閉塞感満載の未来だけれど、どうすればいいのか?という処方がこの映画の中にある。私が変われば世界は変えられる。本気になったらきっと出来る。

格差の大きな社会というのをわたしは知っている。人間に二種類あるのです。人に指図されるだけの人と、人を指図する人。
お茶を飲むにも自分では立たず、人を使う。なかなか面倒です。お茶くらい自分で好きにいれたいし、家の中で人を管理するなんて面倒なことはゴメンです。
便器を自分で磨かなくてはいけなくても、それは便器を磨く自由を持っているということですもの。わたしは掃除や片付けが嫌いだけれど、家に使用人がいなくてちょっと恥ずかしいと思わなくもないけれど、使用人がいない自由を満喫しているのです。

たまたま教室のときに、お金を持ってる量じゃなくて、みんなそれぞれ、だれでも必要なものは全て持っているのよ、という話しをしたけれど、必要なものはすべて持っているのだから自由で格差の少ない世の中を作ることはきっと出来ると思うのです。

経済の話しなんかわかるだろうか?と思ったけれど、この経済学者を突き動かす経験というのに背筋が凍った。遺伝子の病気で身長が伸びないライシュは子供のころからイジメられていた。そこで、年上の子供と仲良くすることで、いじめっ子から守られるという戦略に出たのだけれど、この親友がどこだったかデモに出かけたら警察に捕まって拷問されて殺されてしまった。そこでライシュは本物のいじめっ子の正体を知ったんだとか。

なんとも悲劇的な経験ですが、左手(の指)が生まれつきない憲法学者の小林節先生の現在のご活躍となにか重なるものを感じたのでした。

明確な目的を持って仕事する能力のある人のお話ってとても心に響いて難しい話しもわかりやすいのです。そういえば、小出裕章さんもそんな方だわ。学問に血が通うというか、本来学問って血の通うものなのよね。


夕方から雨の予報だったので、久しぶりに木綿の着物に木綿の半幅。

fc2blog_2016031321173687e.jpg

映画を見て、ご飯を食べて帰ってきてから撮ってもらった。木綿着物久しぶりに着たけれど、着心地いいわぁ。雨でなくてももっとお出かけにも着よう。久留米絣かわいいよ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
3月13日(日)油条とピータンのお粥。
3月15日(火)キチュリ(ベンガル料理)

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


キチュリとバジ!

今日は楽しい料理教室〜♪から3日も経ってしまいました。
せっかく参加してくださったのに、ブログ記事が遅れて申し訳ございません。

着物はおばあちゃんの紬に琉球絣の紬の帯で織り織りな組み合わせ。

fc2blog_20160318205610a42.jpg
名古屋帯も毎日締めてるとだんだん慣れるというものです。お料理は割烹着を着ると問題なし。冬場は暖かくてちょうどいいくらいです!

教室は何が楽しいって、わたしの好物を人に教えて「おぉ〜!これは美味しい!」と思ってもらえるところ(え?そうでもない?そうですか・・・)

日本人の好きなベンガル料理ベストスリーに入るキチュリをわたしの好きなバージョンで作りました。キチュリの付け合わせはベグニにマーツバジだよな。キチュリには揚げ物。

fc2blog_201603182056377f0.jpg


キチュリとは、豆と野菜の炊き込み御飯のことですが、肉入りやポラオみたいな油ご飯、はたまた1日分のお米を一週間分に伸ばして食べる糊のようなキチュリまでなどいろんなバージョンがありますが、わたしが好きなバージョンです。

簡単な料理で、これと漬物さえあればなーんもいらん、という食べ物。
fc2blog_20160318205656925.jpg
混ぜる前なのでご飯が見えません。

fc2blog_20160318205752f9e.jpg

ナスのてんぷら。衣はサクっと、ナスはとろ〜っとしているところがいいんだなぁ。ナス最高!

fc2blog_201603182057324e8.jpg

そして、魚はカレイを一人一枚。贅沢ですね〜。春ですね〜。

fc2blog_2016031820581560d.jpg

なんかすごい豪華だなぁ。ご自宅では、野菜炒めと一緒に食べたり、ベンガル料理のカレーの残りをお供にしても美味しいですよ。簡単に作るには、普通にカレー粉を使ってもいいと思います。

みなさま、お楽しみいただけたでしょうか?今日の料理がどれかひとつでもレパートリーに加えていただけると嬉しいです。

次回はまだ日程調整中です。メンバーの方にはまたメール差し上げますので、今からでも都合の悪い日がわかっている方はお知らせください。
お料理もリクエストお待ちしております。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
日曜、火曜、どちらも日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。

すれ違いの連れ合いにベンガル料理。

一週間のうち4日くらい実家に行ってると、連れ合いのご飯のお世話ができなくて申し訳ない。

彼はわたしが料理を作らなくても困らない。お好み焼きを食べて帰るということはあっても、コンビニ弁当を買ってくるなんてことはなくて、家にあるもので楽しく料理を作って食べている。「なんか作っておこうか?」と聞いても「面倒だからいらない。」という。食べなくちゃいけないものがあるのは負担なんだそうな。
なーんだ、奥さんいらないじゃないか?って、そんなことはないですよ、奥さんは飯炊き女とは違いますものね。

しかし、ベンガル料理となると話は別かな。教室でキチュリを作ってカレイのバジが美味しかったという話をしたら、「わたしにも下さいな」。はいはい、もちろんお作りいたします。あなたとわたしは入れ違いですが、美味しいところを残しましょう。

なーんて思っていたら生協で骨つきのブツが届いた。
fc2blog_20160318213648c47.jpg

これが全身で「カレーにしてくれ〜!」と呼びかける。え〜い、凍ったまま料理してしまえ!

なんか久しぶりだなぁ〜、早く食べたいなぁ〜。

fc2blog_201603182137085fa.jpg
ああ、なんという芳しい香り、なんという美しい光景!

fc2blog_201603182137321e5.jpg
春キャベツの炒め物と、カレイの下半身。美味しい上半身はもちろん連れ合いに差し出します。

申し訳ないけれど、先にたべさせてもらうよ。そして、わたしの留守にベンガル料理楽しんでね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月はどちらのクラスも日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


あれこれと期日ギリギリ。

父のお金関連の雑用、印鑑証明や謄本類の賞味期限が迫ってきて、後回しにしていたアレコレを慌てて片付けるために走り回る。

谷町に出かけたら、公園はすっかり春。
fc2blog_20160318220455787.jpg

気になっていた大阪での用事を済ませ、梅田で母の靴とわたしの長靴を購入した。母の靴が買えてちょっと安心。だって、なんかボロボロになってるんだもの。気にしないにしてもさぁ、足元見るんだよ、人は。母は美しい人なのですが、身なりの気にしない部分があちこちあって、顔は眉毛が引いてあったらいいとか、服はネックレスが首からぶら下がってたらいいとか、いいかげんなのだ。

母の不思議といえば、仏壇。
お線香はあげるけど、灰の中にお線香の燃え残りがザクザク残っていても気にしない。お水は時々あげるけど、ご飯はあげない。とにかく、気にするところ以外は気にならないらしい。まぁ、そんなもんか。

書類がそろったので、京都の金融機関に提出に行ったら、印鑑証明の賞味期限がギリギリのものがあった。京都は遠いからまた今度にしよう、などと言ってる場合じゃなかったのだ。

用事が済んで、時間があるね、どうする?美術館でも行く?と聞いたら、行きたいという。母が美術館に行きたがるなんてびっくりした。すっかりそんな意欲や興味は失っているのかと思っていた。

fc2blog_20160318220544e83.jpg

志村ふくみさんの作品展、とても評判が良かったので、見れて良かった。これも期日ギリギリだ。
近美の展示なので、いい展示だったけれど、どうもわたしは着物が干物みたいに展示されているのが好きじゃない。着物の美しさのほんの一部しか表現できない。

展示の中に茜染めの紬があった。普通茜は茶味を抑えて赤がよく出るように染めるのだけど、茶色い茜色でわたしが染める茜に似ていた。なんだか「茜を染めなさい」というメッセージを受け取ったような気がする。

志村さんとわたしとは、能力の努力も根性も比べようがないけれど、今の雑用の日々が終わったら、また織り物に向かおう。美しい布を作ろう。

美術館の4階の常設展も良かったし、なにより、近美の4階から見た平安神宮の鳥居にびっくり。

fc2blog_20160318220604063.jpg

美術館のカフェで休憩。
fc2blog_201603182206300b7.jpg

チーズケーキに挑みかかる母であった。下手に四条にも取らずに美術館でお茶にして良かったのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月分、日程調整中です。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


萩に行って1万人アートプロジェクトに参加する。

12月からずーっとバラバラ生活が続いていた夫と一泊旅行に出かけた。

なんかさぁ〜、大変だよぉ。大変だけど大変なこともほぼ終わりが見えてきて、わたしも普通の生活に戻る準備をしなくっちゃ。

父の遺品の整理をしていたら、父が母のことをどれほど愛していたかが分かるのだけど、母には全然通じてないってことも良く知っている。父の愛情表現はもちろん通じるわけがないけれど、母ももうちょっとわかってあげても良かったんじゃなかろうか?と父が気の毒になる。
はて、わたしと連れ合いではどうだろう?お互いに精一杯の愛情表現が実は全然通じてなくて、ってなこときっとたくさんあるに違いない。彼と一緒に過ごす時間をもっと大事に楽しもう。夫よ、そばにいてくれてありがとう。

そういえばよくこの時期に萩に行くような。お昼は山口でバーガー。

fc2blog_2016032321055504c.jpg
なんか、お肉屋さんが経営しているバーガーだそうで、店の掲示板に肉牛の個体番号が書いてある。わたしはベーコンレタスバーガー、連れ合いはダブルバーガー。どないして食べるねん?という高さです。

着物にバーガーよく似合う。
fc2blog_20160323210531c67.jpg

着物を着始めた頃に買った大島のアンサンブル。帯は鹿児島大島の無地に型染めをしたもの。結婚後初めて購入した新品。去年の誕生日プレゼントだったなぁ。ありがとう、夫。

萩のの美術館、今回は特別展はなくて、常設をゆっくり。人が少なくて具合がいい。ここは浦上さんという人が個人で集めた陶磁器や浮世絵を寄贈してできた美術館なので、常設展も粒ぞろいでバカにできない。お金持ちはいいなぁ〜というより、こんなん相続大変やで〜、とそんなことばかり気になる小心者です。

売店の前にこんな楽しい企画があった。

fc2blog_201603232106190bc.jpg

ウンウン唸りながら夫は頭を、わたしはたぬきをひとつ選んで大事に包んで持ち帰る。

fc2blog_20160323210642bb6.jpg

家に戻って早速に投稿したのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月3日(日)油条を使ったスナック
火曜日は日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


萩で一泊。

これまで日帰りで来ていたところに泊まるってなんかちょっとドキドキする。広島からどこか温泉というと島根か岡山か山口になる。気分が一番上がるのは島根県の温泉なのですが、今回はちょっと違うところにしよう。萩はいつも美術館しか行かないから、萩に泊まろうっていうことになった。

温泉自体は長門やら俵山温泉のほうが良さそうだけど、今回は旅メインということで。

旅館の前は川。
fc2blog_20160323212653c67.jpg
白魚が獲れる。川に漁船が係留してあったりして、なんとも和む風景です。

fc2blog_20160323212723b4c.jpg

松下村塾。江戸末期はすごい天才を何人も殺してしまって、ほんとうに残念な近代日本の幕開けだったと思うのです。
萩は世界遺産に登録されたそうで、去年の大河ドラマでは吉田松陰の妹を主人公にした番組をやってたとかで、そこらじゅう鼻息の荒さを感じてややウンザリ。


松陰神社で吉田松陰の家など見て旅館に戻り、お風呂を頂いて晩御飯。

fc2blog_20160323212742015.jpg

着物は久留米絣に半幅帯に着替えてお食事です。最近旅館でも部屋出しじゃなくてレストランで食べるスタイルが少なくないですが、旅館の浴衣を着てみなさんお揃いという図がどうも苦手。ま、誰も気にしてないんでしょうが。パブリックな場所で旅館の浴衣はどうもね。

お料理に瓦そばは余分だったけど、白魚が食べられるとは思わなかった。中居さんによると、卵とじにしたり、炊き込み御飯にするんだそうで、確かにとてもよく出しが出るし、泥臭さが一切なく環境がいいんだなぁと思ったのでした。そういえば、萩にも原発を作る計画があるんだよなあ、アホなことは止めないと。

お部屋の電気を消してフォーレのピアノソナタなどを聞きながら川面に映る灯や空をゆく飛行機の明かりを眺めてしまって、持っていった本など全然読めず、な〜んにもしないことを楽しんだのでした。

旅館ってご飯食べてちょっと酔っ払っても、帰らなくていいから結構悪くないなぁと最近思うのです。夫よ、ありがとう。また行こうね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月3日(日)油条を使ったスナック
火曜日は日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


お雛様と萩焼

萩は旧暦でひな祭りを祝うんだそうで、あちこちでお雛様の展示をしていた。

お屋敷大好きなので、お屋敷見物がてら一軒寄ってみる。お屋敷には着物だよね〜。着物で行くと旅の楽しみも一層深まります。(写真はバーガーの時に撮っただけで割愛)

古いものから最近のものまで。家に保管しきれなくてここで飾ってもらっているという風情のお雛様がすくなくありませんが、すごいものもあるところが戦災にあってない都市の強みです。

fc2blog_20160325212232e2b.jpg

江戸時代のお雛様。なんかふっくらしていて中に餡子がたっぷり詰まっていそうです。

ふと霊感が舞い降りて、萩焼のお店もせっせとのぞいて探し物。土産物屋さんのようなところから、作家もの中心に扱っているところまで萩焼屋さんも玉石混淆。

それでも霊感(そんなものあるんか?)の命ずるままに買い物をして、しーまーとという漁協が経営してる感じの道の駅でしらすづくしの定食を食べて春の日本海を眺めながら帰路についたのでした。

fc2blog_201603252133144ab.jpg

出かけて良かった〜。本当に久々にゆっくりしました。夫よ、ありがとう。ありがとう。
また楽天のポイント貯めて一泊旅行行きましょう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月3日(日)油条を使ったスナック
火曜日は日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


霊感に導かれて買い物をする。

「おまえ、萩で蓋つきの入れ物探せや。それに骨わけて置いておいたらええやろ」

と言ったかどうかは知らないけれど、萩美術館で展示を見終わった時「あ、お骨分けとく入れ物買おう」と閃いた。

いや、蓋つきの陶器の手頃な大きさの壺はウチにもあるけれど、あれは私のコレクションだから父の骨など入れるわけにはいかない。でも父のお骨は分けて実家の仏壇に置いておきたい。なんたって、まだ母は健在なんだから。もちろん、骨などただの骨でそこに何かが宿っているわけではないけれど、父の実体の一部でも残っていたらいくらか母の慰めになるかもしれない。

実のところ母は「納骨もしなければ!」と義務感に追い立てられてるようで、そばに置いておくなんて考えてないみたいだけれど、きっと喜ぶだろう。

蓋つきの壺〜、手のひらで包めるくらいの大きさでぇ〜と探しても不思議なくらい壺がない。急須じゃなんですし、壺ってないなぁ、と何軒もの店を見て歩いた。

壺はないけど、香合はよく見かける。干支の香合がある。干支だったら羊だなぁ〜、しかし、壺ないんかな?

作家ものの高いものやらいろいろな香合に出会うけれど、どれも今ひとつ。もう壺は諦めて香合で探そうと思っているのになかなか良いものに出会わない。

観光地なので、土産物屋さんが焼き物を扱っている店がほとんどだけど、中には焼き物専門に扱う店もあって、だんだんこちらも店を見る目が肥えてくる。

不思議と「きっと出会いがある。しかも、手頃な値段で買える」という確信があった。

壺ってなさそうやなぁ〜と壺はすっかり諦めた頃、羊の香合が目に入った。
お、羊や。小さいなぁ、骨ちょっとしか入らへん。でもま、ええか。羊やし。

値段が書いてないのでお店の人に聞いたら箱はついてないか?というので、箱もないみたいですよ、と答えたら・・・

ほな、箱代引いて4500円。んじゃ、それ頂きます。

で、お店の人が裏の銘を一生懸命見ている。「今日メガネ忘れて・・・奥さんこれなんて書いてあるか読めます?」

「瑞雲ってかいてあるみたいですよ」

「・・・・・これ、店主の持ち物で・・ちょっと待ってください」

と奥から奥さんを呼び出した。あっちゃぁ〜、買えないんかな?高かったらなしだな・・・

店主夫人が出てこられて、これはこれこれこーゆー作家のもので、どーたらこーたら。でも、そのお値段でいいですよ。

え??実は暮に父がなくなりまして、次の日曜日に納骨するので、かくかくしかじかで父は未年なので羊の香合にしようと思って・・大事にさせていただきます。

と頂いてきた。

fc2blog_2016032521130335e.jpg

なんか味わいあるなぁ〜と思ったのよ。

実家に持って行ったら、母はわたしがお骨を広島に持って帰ると思ったらしいが、ウチじゃないよ、あなたのために買ったんだよ、っていうのがあんまり良くわかってない。

父の骨壷を開けて、歯や指の骨を拾い出して少しだけ香合に納めた。

母は父に先立たれた気持ちをどう整理したらいいのかわからないらしい。仏壇に向かって「どうして先にいっちゃたのよ」というんだそうだけど、そんなこと言われても父だって困るだろう。

介護の苦労もなく、病苦に苛まれる姿を見ることもなく、たっぷりお世話させてもらって見送れたのだ。おかげでお金も減らさずに母に残してくれたのだ。

母は「あなたがいなくて寂しいわ〜」とか、「楽しい人生だったわね〜」などと父に話しかければいいのだ。なんでこんなことをわたしが解説しなくちゃいけないんだ?

「不思議なことがいろいろある」で書いたけれど、彼の世の人たちはすりガラスのむこうからこっちの世界を見てあれこれ声援を送っているらしいけれど、こちらがその声を聞こうと思ったらいろんな方法で意思を伝えてくれるっていうのは本当かも、と思う今日この頃です。

親しい人を亡くして寂しい想いをしている方、極く若い頃に親を亡くされた方も心を開いて問いかけたらきっと存在がわかっていろいろと教えてくれるし、助けてくれるんじゃないかとおもいます。

そういえば、バングラデシュの大事な友達が最近亡くなったのだけど、亡くなったという知らせを聞いた次の日にごく近くにその人の存在を感じて、アァ、お別れに来てくれたんだなぁ、と思ったのでした。

この世でもう会えないのは残念だけど、友達だってこうやって会いに来てくれるんだなぁ。きっといつも呼びかけたらそばに来てくれるんだろうなぁ。

さて、亡くなった方への供養ですが、父のことに関してしかわかりませんが、父はお線香と蝋燭は供えて欲しいみたいです。ご飯やお水はいいけれど、コーヒーは供えて欲しいようです。
お花もあったら嬉しいみたいで、いつも誰かがお花を持ってきてくれて、それがまた長持ちしてお花が絶えることがありません。蝋燭や線香を欲しがるのは、寂しいからだと思います。
わたしは火遊びが好きなので、蝋燭とお線香、いくらでもサービスいたします。

fc2blog_201603252236315b1.jpg

診察室から持ってきたピンセットでお線香のお世話。
お線香で喜んでくれるならお安い御用です。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月3日(日)油条を使ったスナック
火曜日は日程調整中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。


法要と納骨。

日曜日、ちょっと前倒しで百箇日の法要と納骨をしました。
お墓に行くから、いつぞや求めた実家の女紋が入った色無地着てみた。

fc2blog_20160330225747925.jpg

このところ、名古屋帯練習中なんだけど、全然上手になる気配がない。背中の三角を入れ込む難所と、枕を入れて持ち上げた時に鏡を見てないと手先も一緒に持ち上げて変わったデザインのお太鼓結びになってしまうというのが難所。

お骨や写真や位牌などを車に積み込んで、一路大阪市内へ。日曜の谷町はお彼岸過ぎたこともあって人も車も少ない。
本堂で法要をしてから、墓所に行く。

この日は午後からお天気が荒れる予報だった。せめて納骨の時間までお天気もってくれるといいなぁ〜と思っていたら、なんもこんなに晴れんでも!というくらいのお天気。

fc2blog_20160330225913b11.jpg

日蓮宗なのにうちわの太鼓使わないんだな〜と思っていたら、お外ではうちわ太鼓でした。日本山妙法寺みたいでうれしい。

お墓の中には戒名が書かれた骨壷がいくつも入っている。父の骨壷にも名前書かないとわからなくなっちゃうけどどうしましょう?と聞いたら「ほな、一周忌の時に名前入れましょう」とお上人。骨壷あけてみることはないだろうけど、ほかの骨壷に名前が書いてあるんだから、書いておかないと「これ、だれや?」ってことになるもんね。

お寺の桜はまだチラホラ咲きだった。
fc2blog_20160330225937e95.jpg

弟一家とゆっくりお茶。甥っ子が変顔してくれるけど、これじゃオッサンじゃないか。
fc2blog_201603302300074de.jpg

診察室や事務室もだいぶ片付いたし、遺産関係の名義変更などの手続きもほぼ終わり。あとはプロに頼むので、わたしが手伝えることもおしまいだ。

100日なんてあっという間だな、と思ったけど、考えてみたら12月の初めからずーっとこの騒ぎだったのよね。ハンコがいる書類もこれで終わりかぁ〜、って思ったらなんかよく頑張ったなぁ、と思うのでした。

骨壷がなくなって、また父の気配がちょっと遠くなった感じです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
4月3日(日)油条を使ったスナック、春餅となんちゃってローストダックでお花見。
4月12日(火)内容相談中。

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。