Tシャツ展絶賛開催中

恒例のTシャツ展、こんな感じの幕開けでした。

fc2blog_20160504131844bbd.jpg

ギャラリーのオープニングパーティーって乾き物とか、お寿司やサンドが定番ですが、このギャラリーはいつもマダムの手料理。おまけに今回は「なんか作れ」と言われて一品作らせてもらいました。大根おろしとツナのサラダを作った。

なんたって、自分で作ると食べたいものが作れて便利です。疲れた身体に大根おろし!

オープン早々に作品が売れてしまって、こんな感じ。

fc2blog_20160504131812529.jpg

んでもって、こんな感じ

fc2blog_201605041317339df.jpg

ん?あんまり変わってないね。

今年はホームセンターで材料を加工してもらって板締めにして丸い柄が手に入って嬉しい。藍もよく染まって、常温ん染めと加熱染めを取り混ぜていつもの年よりバラエティが増えたように思います。

在廊は3日だけでしたが、たくさんの方に来ていただいて、楽しく旧交を温めて、作家にとって展はお祭りのような日々なのです。

Bettyさんが素敵な記事にしてくださいました!→
Bettyさん、いつもありがとうございます。Bettyさんとの楽しい時間はまた別記事にて。


北海道の出張から戻って羽田から直接来てくださった方が、北海道のアスパラをお土産に下さって、楽しくいただきました。

fc2blog_20160504202752833.jpg

展は明日が最終日、12時から17時までです。世界に1枚のTシャツ探しに来てください。

詳しくはこちら→http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-2504.html

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

賄いはベンガル料理。

展覧会の最中、いつもギャラリーで泊めてもらっています。

このところ滞在が短いのでもうぺんぎん食堂のイベントはできませんが、「なんか作って」と言われたらベンガル料理。

fc2blog_20160504203334eea.jpg

展の最中は食事の時間が色々になるので、温めればいつでも食べられる料理は便利でもあります。

そして、なぜかこのお酒が合いそうにない料理でみなさんお酒飲まれるし、締めにご飯も召し上がる。

fc2blog_20160504203355642.jpg
これは私の晩ご飯。飲まないのでご飯ちゃんと食べますよ。

自分で作って言うのもなんですが、どうしてこんなに美味しいのかさっぱりわかりません。バングラデシュの家庭料理恐るべし!なのです。

ご家族やスタッフのみなさんに喜んで頂けるのも嬉しいです。

GBのみなさま、いつもながらお世話になりました!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

Bettyさんご来店。

Bettyさんという方は、きもののきにっきというブログを書いておられる着付け師さんです。着付け師さんで毎日着物で生活してらっしゃる方で、補正なし、帯はゆるゆるのぜーんぜん頑張らない着物姿で、しかもそれがとても素敵。

わたしはいろんな人に、「最初の一歩はぜひこの方に習ってください」とBettyさんのブログをご紹介しているのですが、「着物ってなんかあんまり好きじゃなかったけれど、あの人のブログ見てから自分でも着たいって思うようになったのよ」と言ってくれる方が現れたり、ほんとうに貴重な方だと思うのです。

普段着着物派にはファンの多いBettyさん、お忙しい方なのに、たいてい展の時には時間を作って寄ってくださる。

今回も午前中にお仕事が終わったそうで、午後の早い時間に来てくださった。リネンの手ぬぐいを買ってくださって着物談義。

Bettyさんはお召しの単に名古屋帯を角だし風に結ばれて、いつもながらの素敵なお姿。

この日、わたしは洋装でしたが、自分の持っている着物や裾除けを自慢したくなって、他にお客さまがいないのをいいことに、スーツケースを開けて今回初おろしの村山大島の単のアンサンブルやら、自慢のガウンから改造した長襦袢やら、カンボジアのシルクの裾除けやらを「ここをこーして、あーして、こーなってるねん」などと嬉しげに説明したのでした。

着物をしまった後、他の作家さんたちと世間話をしている間もBettyさんの美しい衿合わせに目が奪われて、わたしももっと着慣れたらあんな衿合わせになる日が来るのかしら?と思うのでした。

Bettyさんの衿合わせは、衣紋は後ろに反り返るほど抜いてないのに、衿が安定していて、ちゃんと肩に沿っているんだなぁ〜。もちろん、衿元に手をやるなんてことはなくて、まるで身体に張り付いているみたいなのです。

Bettyさん、最近はちょっとフォーマルな場にも筒袖の半襦袢で出かけられるとのこと、後のお手入れ(筒袖半襦袢は洗濯機で丸洗い可)やら、お袖の振り問題やらを考えたら、筒袖でも気楽に着物を着た方がいいよなぁって改めて思うのでした。

筒袖半襦袢にシルクの裾除けで着物の楽しみが増えるのです。

Bettyさんとは、着物談義だけじゃなくて、本や漫画の話しで盛り上がって、とっても楽しいのでした。
遠いところお出かけくださりありがとうございました!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

谷潤に三宅一生。

展覧会は12時からなので、午前中はよくいろんな展を見に行く。

今回はこれ。
耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る~アンティーク着物と挿絵の饗宴~

弥生美術館って、弥生式土器のあの弥生は地名だったのね?と後になって知りました。
fc2blog_20160504211510fda.jpg

この展、谷潤ファンでなくても、アンティーク着物ファンでなくても必見。すごい着物愛溢れる人たちの情熱によって実現した展だと思う。しかも、今できなかったらもう二度とできなかっただろう。よくもまぁ、これだけ着物や帯を探して揃えたものだと思うのです。

fc2blog_20160504211532a54.jpg


わたしは村山大島のアンサンブル生地を単の着物と単の羽織に仕立てたものを初おろしして、ミンサーの半幅帯を締めて出かけました。お客さんにお一人着物のかわいらしい女性がいただけで、皆さん普通にお洋服でした(って当たり前か)
人もそれほど多くなく、好きなだけ着物を眺めて、添えられた文章を読んで、写真を見て楽しみました。
なんか今の時代とはまったく別の贅沢な日常だったんだろうなぁ。その分貧富の差が激しかったわけだけど・・・

そして、翌日は乃木坂へ。経堂から一本で行ける千代田線沿線は大好き。
fc2blog_20160504213128409.jpg

三宅一生展
fc2blog_20160504211556961.jpg

もう10年くらい前になるかなぁ、布を織って服を作っていた頃、東京都現代美術館で三宅一生展があって、プリーツのお洋服がビヨーンビヨーンと上下しながら展示されてるのを見て涙が出るほど感激した。
「ああ、こんなに自由に作ればいいんだ。」と服にする執着を消してくれた展だった。


ちょうどTシャツ展のオープニングパーティーに来てくれた方が三宅一生展の裏話を教えてくれたこともあって、また楽しみに出かけて行った。

和服という平面を纏う衣服の伝統を長く持っていた日本人だから三宅一生や川久保玲が世界に衝撃を与える衣服を提案できたんだと思っていたけれど、三宅一生さんは徹底している。人間を中に入れて動く彫刻だ。こんな服は絶対に西洋人には発想できなかっただろう。

三宅一生展もそれほど人は多くなく、業界人っぽい人が多くて皆さんおしゃれでそちらも眼福でした。ファストファッションやブランドものばっかりじゃなくて、おしゃれしないとね。

この日、わたしは洋装でしたが、自作のマントを着ていたので、ジロジロいろんな方に見ていただきました。いい景色になっていればいいのですが・・・

この後、銀座で三宅一生さんと一緒に仕事をされていらした毛利さんという方のお面の展など見に行って、電車に乗り過ごしたりしながらギャラリーに帰ったのでした。

毎日お出かけ楽しいな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

履物を誂える。

「ぺんぎんさん、今回も品川の下駄やさんに行かれますか?」とたこさんからメールが来た。たこさんは着物友達、ブログ友達、そしてとーってもパワフルな美術家なので、お会いするのが楽しみな方。

展覧会が目白押しで出かける暇などなさそうなのに、わたしが上京するので機会を作ってくださった。
「はいはい、もちろん行きますよ。」

品川の丸屋さんは羽田空港に行く途中に寄るのに都合がいいので、このところ東京に行ったらたいてい寄って下駄や草履を買い足してしまう。

たこさんは下駄の誂えは初めてだそうで、「わけわからないから、着物で行ったほうがいい。色目はだいたい決めておいたほうがいい。」などとアドバイス。着物歴はわたしより長いのでよくご存知だろうけど、台を選べとか、台を渡されて、「花緒選んでください」と言われても訳がわからなかったので、ほかの人もきっと困るだろうなぁ、と思ったのでした。

品川から普通電車で2駅、丸屋さん最寄駅で降りたところで着物美人を発見。一緒に丸屋さんへ。裏道を通るのが楽しく、下駄を作る気分が上がります。

丸屋さんに初めて行ったのは、14年12月だったので、まだ1年半、3回目の訪問です。

たこさんはあらかじめ台は決めておられたようで、鼻緒を選ぶのに悩まれます。

わたしは持って行った下駄の鼻緒のすげ替え。いつぞやオークションで落とした下駄、赤いかわいらしいビニールの細い鼻緒が付いていたのだけれど、あまりに昭和な感じだし、痛そうだ。
夏向きに麻の鼻緒がいいなぁ〜。藤色なんかあったらいいなぁ〜と探したけれど、期望の藤色は見当たらず、こんな感じのものにした。

fc2blog_2016050422375431e.jpg

全然藤色じゃないけど、持ってない色味だし、使いやすそう、涼しそう。台の黄みが強いので、紫はあまり合わなかったというのもある。なるほど台に鼻緒は合わせるもんだ、と納得する。

んで〜、たこさんが南部表の下駄をお誂えになって欲しくなったというわけではない。前からいつか買おうと思っていたのだけれど、Sサイズは最後の一足だ、もう作っていない、とご主人がおっしゃる。

うーん、これ、横柾の上等で、前も「表付きは横柾のがありますが、ちょっと高いです」というのでもっと着物上手になってからにしようと思っていたもの。最後の一足だったら、もう手に入らないかもしれない、と買うことにした。友達と買い物に行くと危険がいっぱいだ。
だいたい、足が小さく履物選びはいつも困るので、サイズがあえば必要はなくとも買っておいて後で困るということは少ない。必要が生じたときに探し回っても買えない場合が多いのだ。

さて、のっぺらぼうの台を渡されて鼻緒を選ぶのだけど・・・藤色藤色と探すも思うような色はなく、博多献上にしようか、あんまり涼しげでいかんか・・・と選びあぐねていたら、奥さんが「これなんかどうですか?」と選んでくれた鼻緒は紫がちょっと入ったダークな色目で、いろんな色が入っていて合わせやすそうな上に上品だ。

fc2blog_20160504223809834.jpg

というわけで、奥さんご推奨の鼻緒がすがった南部表の下駄。

これで二枚歯の下駄が4足になった。ちょっと予定外の出費になってしまったけれど、表の下駄などもう表を編む職人さんがいてないのだ。次は5枚重ねの草履なども欲しいと思うけれどもう叶わないかもしれない。

丸屋さんはしっかりと若旦那が後を継いで、大旦那からきっちり技術を仕込まれて、ネットで発信して全国からお客さんがやってくる。わたしのような履物のことをよく知らない客が押し寄せてご苦労もあるだろうけれど、鼻緒をすげてくれて、歩き方も教えてくれるようなお店は本当に貴重なのです。

二人満足なお買い物をした後、時間があったので、品川に戻ってゆっくりとお昼ご飯。着物の女性がゆっくりご飯を食べるなら和食よね。
fc2blog_20160504225220ed5.jpg

お食事しながらたっぷりおしゃべりを楽しんで、名残惜しくお別れしたのでした。

帰り道、ビッグイシューを求めるたこさん。ビッグイシューを売ってるおじさんが、「おお!着物だ、ダブル着物だ!!着物美人が二人〜!!!」と大興奮してくれたのでした。おじさん、ありがとう。
たこさんは白地の明るい色の生糸の紬、わたしは黒っぽい村山大島で、白黒コンビだったのです。

今回、豆ぶどうさんには行けなかったけど、品川に行けてよかった。

たこさん、おつきあいありがとうございました!また履物買いに行きましょう!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

着物もいいけど、お洋服も必要なのよ。

着物が着られるようになって、お出かけのときのお洋服はもうそんなに必要ないなあ〜と思っていたけれど、生憎そういうわけにもいかないことがわかった。

父の入院や葬儀、そのあとの実家の片付けや相続に関するアレコレ&母のケアのために実家と広島を行ったり来たりしていると、ちょっと着物じゃ大げさ。だいたい、荷物を持っての移動のとき着物だと機動力が落ちることは否めない。もちろん、紬の着物を短めに着てバッグを担いで階段を上がったり降りたりしてもいいのだけれど、自分が着物を着ていると相手の人に遠慮させてしまうことがある。

たとえば、食事のときなど、油ジュージューするのはダメだな、とか、なんかちょっと大げさなのよ。そんなところが連れ合いと映画&ご飯のお出かけとは違うところ。(ってことは、連れ合いの理解って大事なんだって今気がついた!夫よ、ありがとう。)

というわけで、「あんまり着る機会ないけどなぁ〜」と買っておいたお洋服にどれだけ助けられたかわからない。

このところお洋服は神谷デザインスタジオで求めています。

神谷さんがガラージュベーの隣にアトリエを移してから展覧会のたびに夏物、冬物と少しづつ揃えていたので、神谷さんのお洋服で出かけたらもう何の問題もないし、「あら、いいの着てるわね〜」と褒めてもらうことも度々。華美ではなくても上質なものを着るというのはとても大事なことだなぁ、神谷さんのお洋服を買っていて本当に助かったなぁ、としみじみ感謝するのです。

fc2blog_20160509195826609.jpg

神谷さんのお洋服は布の質がとてもよく、その割に手が届かないようなお値段じゃない。たくさん作っていないので神谷さんのアトリエ以外の場所で同じ服を着た人とかぶることがない。

本当に、こんな上質なお洋服をこんなお値段でいいのだろうか?(こんなお値段じゃなきゃ買えないんだけど)と思うようなお洋服で、デパートに行く必要がないのです。神谷さんのお洋服を着てデパートに服を探しに行ったら、店員さんに「それ、どこのブランドですか?」とよく聞かれるのでつい得意げに「こちらは、神谷さんというデザイナーのアトリエのお洋服で、どーでこーで」と話してしまうのです。

神谷さんのお洋服は会員制でもなんでもないので、神谷さんのアトリエに行けば誰でも求められるところが素晴らしいのです。

神谷さんのアトリエはガラージュベーの隣の二階です。温亀購入のついでにぜひアトリエに行ってみてください。
お一人でお仕事なさっているので、お出かけ前にはお電話してご都合を聞いてみてくださいね。
アトリエの場所についてはこちら→http://www.kamiya-designstudio.com/contents/atelier/

神谷さんのアトリエのお洋服、こちらのページから見られます。→

写真からは布の良さがちゃんと伝わらないなぁ〜。いつも神谷さんのアトリエに行ったら、「ぺんぎんちゃん、この布サァ〜、二重織りになってるんだよ。こっちはすごく凝っててさぁ〜、イタリアのプリントなんだけどどーたらこーたらで・・・」と布の話しで盛り上がるのでした。

そうよ、お洋服だって布愛溢れるお洋服でないと着たくないわよ!と思うのです。

あぁ、神谷さんのお洋服が着られる幸せ・・・

というわけで、今回は春夏物のスカートとパンツを求めて、これからまだしばらく続く実家通いの強い味方になってくれるのです。神谷さん、いつも布愛溢れる素晴らしいお洋服ありがとうございます。

本当に良いものは人とのつながりから得られるもので、お金だけでは得られないのだなぁ、と思うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

懐かしい人が来てくださる。

今回のTシャツ展で、懐かしい方がきてくださった。

いつぞや、広島まで料理の個人レッスンにきてくださったOさん。
輝く笑顔の美しい方で、輝く笑顔も美しい佇まいも変わってません。

その時の記事はこちら→カスタムメイドの料理レッスン。

作り置き出しを作って、和食のお惣菜を何種類も練習しました。たった2回のレッスンですが、これで家の料理がうんと楽になったんじゃないでしょうか?

お料理は「しょっちゅうエノキの佃煮作ってますよ〜」とおっしゃってくださいました。ほんと、和食のお惣菜って、普段着着物の着方みたいに、教えて欲しいと思っても教えてくれる人がなかなかいないってもんです。凝った料理ならいくらでもあるのにねぇ。

お連れ合いも一緒に来てくれて、色々と近況報告。
今はお寺がやっている老人介護施設にお勤めなんだそうですが、そこは従業員が子供を連れてきて働ける環境なんだそうです。

で、子供が老人施設にいると入居者の方の表情がぜんぜん違うんだそうです。

子供って、本当に天使ですもんねえ。子供にとっても血が繋がっていなくてもお年寄りと接すること、親や先生以外の大人と接することでコミュニケーション能力が高められて、子供にとっても、大人にとっても良いことばっかり。そんな施設をお寺がやっているというのがとても興味深いなぁ、と思いました。

「今日は着物じゃないんですね」とがっかりさせてしまいましたが、そういえば、教室のときは着物でしたね。
カスタムメイドのレッスンをしたのはもう2年も前だったんですねえ。懐かしいなぁ、ほんとうによく来てくださいました。

IMG_5853.jpg

懐かしい二年前のセッションの写真。漆の盆でご飯を食べるとお正月みたいです。
お連れ合いと末長く楽しく暮らしてくださいね!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「どうしてそんなに心穏やかに自分のペースで毎日過ごせるのですか?」

ご質問いただきました。

どうしてそんなに心穏やかに自分のペースで毎日過ごせるのですか? 私はだめだとわかっていても人とすぐ比べてしまうし、もっとお金があればいいのにと思ってしまいます。今だって十分幸せなはずなのにぺんぎんさんのように人を羨まない心を持ちたいです。



真面目なご質問なのか、冷やかしなのか、嫌味なのか、ネタなのか、釣りなのかさっぱりわからないのですが、真面目に考えてみようと思います。

この方は十分お幸せで、たぶん経済的にも恵まれているのに人と引き比べて自分は劣っているように感じて心穏やかに自分のペースで過ごせないし、お金も足りないと思っておられるようです。

うーん、文面からみてこの方はわたしよりお金持ちなんでしょうねえ。羨ましい限りでございます。「わたしはだめ」な理由がお金が十分にないことのようですが、んじゃぁお金ってどんだけあったら十分なんでしょう?

今日わたしは仕事をしながらパナマ文書とタックスヘブンを論じた岩上さんのインタビューを聞いていました。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/301082

金持ちや大企業が租税回避して本来納めるべき税金を払わないという話で、この話をリークした”名無しのジョン”っていう人は「これは革命だ」と言っているとかなんとか。

つまり、お金なんぞな〜んぼあっても足りないどころか、あればあるほど足りなくなる。人が羨ましくなる。

さて、もう一つの問題、「人を羨まない心を持ちたいです。」

上を見て暮らしていたらきりがない。「上見て暮らすな、下見て暮らせ」という生活訓がありますが、わたしは下の句のほうは余り好きではありません。なぜなら、表面的に優れていたり劣っていたりすることをアレコレ思ったところで、幸せの本質、生きる意味との比較ってほとんど意味がないと思いませんか?

たとえば、わたしは日常のことをブログに書いていますが、悪いことはほぼ書きません。読んでいる人には書かれていることと文や文字の隙間から溢れる雰囲気以外にはわたしの人生の全体は知りようがないのです。

自分のペースで毎日生活しているのは、わたしは自分のペース以外に生存する方法がありませんから、必然的に自分のペースになります。心穏やかかどうかは日によって違いますが、どうにもならないことをアレコレ心配してもどうしようもないので、目の前に降りかかるアレやコレやに煩わされているだけです。

では、どうやって毎日自分のペースで過ごせるか?人と自分を比較して「自分はだめだ」と思わないようになれるか、ちょっと考えてみましょう。

まず、日常茶飯の瑣末な事柄、
朝起きて顔を洗って歯を磨く。
ご飯を作ってご飯を食べて、鍋や茶碗を洗う。
服を着替えて服を洗ったり繕ったり、縫ったり解いたりする。
お風呂を洗ったり、庭を掃いたり、ゴミを出したり。

たぶん、生活のための雑用をすることは福音なんだと思うのです。自由の本質って案外こんなところにあるんじゃなかろうか?とも思います。これらの仕事はお金を生みませんが、お金には変えられない価値があるように思うのです。庭がなければ、庭に葉を落とす木がなければ庭を掃くこともありませんし、着る服に愛着がなければ繕ったり縫ったり解いたり、糸を紡いで布を織ったりすることもないわけです。
顔がなければ顔は洗えないし、歯がなければ磨けません。

わたしは好きな食べ物を聞かれた時に「卵かけ御飯」と答えて失笑を買うのですが、これは3年もバングラデシュで働いていた時に恋しい食べ物No. 1が「卵かけ御飯」だったのです。

美味しい卵かけ御飯を食べるには、いい醤油、いいお米、いい水、いい卵があればいいわけで、ものすごくお金がかかるわけではありません。つまり、お金はそれほど重要な問題じゃなくて、環境こそが問題だということです。(バングラデシュに卵がない、というわけではなく、サルモネラ菌感染の心配のない生食用卵がない、という意味で、バングラで卵かけ御飯を食べていた人もいましたよ。)

今は日本に住んでいるので卵かけ御飯を恋しく思うことはありませんが、最高のご馳走なんてそんなものだと思うのです。

fc2blog_20160511211915882.jpg

菜っ葉さえ食べていれば大丈夫だと思う。しみじみ心も身体も満たされるのです。

自分の世話を焼けるということは、お金を稼ぐことよりも大事なことなんじゃなかろうか?と最近思うのです。自分の世話がちゃんと焼けたら、仕事も出来るし、お金も稼げる。

口から入るものに気をつけていたら、精神や身体の健康を保てて余分なお金が掛からない。幸せだなぁ〜と思っていたら、人のことなどあまり気にならない。

そんなところが「どうしたら・・・」のお答えになるのではないでしょうか?

わたしは好きなことをして暮らしているので、心が満たされているから車も中古車だけど好きな車だし、着物も母のお古&リサイクルだけれど、使い切れないほどお金があったとしても、やっぱりリサイクル着物の発掘を楽しんで、ビンテージカーに乗って故障に悩まされて喜んでいるだろうなぁと思うと、お金だって必要な分はあるんだからいいんだなぁと思うのです。
見栄張ったってつまんないんだもの、上には上がいるしさぁ〜。評価の確定しているもの同士で見栄を張るより、新しい価値を発見したり、クリエイトして楽しむほうが好きなのです。

最近、ご先祖関係の資料が出てきて、それを読んでいるのですが、そこから受け取るメッセージは「家に縛られず自由に生きなさい。必要なお金はちゃんと用意してあげるから。必要以上のお金など持ってみんな苦労したんだから。自由に生きよ!」とサポートされてるんだなぁと真面目に感じているのです。

誰でも、どんな人でも、存在として対等なのだから、人を蔑んだり、羨んだりすることなどまったく必要ないのです。そう思うのは簡単じゃないけど、でもそうだと思います。

「みんな違ってみんないい」ってそういうことなんだと思うのです。

というわけで、お答えになったかどうかわかりませんが、「十分幸せ」なあなたはその幸せを味わって日々を過ごしてくださいね。いつまでこの世にいるんだかわからないんですもの。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

宮川香山展

相変わらず実家通いは続いている。

季節が移ってすっかり初夏。着るものは東京で補充してきたので、早速着ていく。

fc2blog_20160515214147885.jpg

サンダルはまだ早いし、パンプス履いた。いや〜、足痛いね。

最近の用事は書類をチェックして発送するという用事なのでサクサクと済んでしまう。だから美容院に髪を切りに行ったり、美術展に行ったりできる。

パンプスで美術展、年寄りと一緒に歩くにはこちらもガシガシ歩けないのでちょうどいい。ハンディつけてる感じというか・・・いや、疲れました。

行った展はこちら。
「没後100年 宮川香山」

fc2blog_201605152140387ab.jpg

宮川香山をこんなに見れるなんて夢にも思わなかった。あれもこれも目の前のガラスケースに入ってるってのがにわかに信じられない気持ちだった。展はまだ始まったばかりで7月末までやっているし、作品の入れ替えもあるらしい(いつだか書いてないところが親切なんだかなんなんだか・・・)。

本当に焼き物でこんなことができるのか?どうしてここまでやるのか?細かい手書きの装飾も意味がわからないくらいすごい。

江戸末期から明治中期に活躍した方で、作品自体はかなり大きな工房でたくさんの陶工と一緒に作っているのですが、絵付けの職人とか、造形の職人とか、超絶技巧の人たちがたくさん集まって仕事していたんだろうなぁ、と思うとクラクラする。

なんでこんなモティーフを思いつくのか、と思うようなものがある。

fc2blog_201605152222316a9.jpg

蛙武者の合戦。蛙に鎧兜を着せて、幟を持たせて合戦している図(というか、彫刻)がツボにくっついている。こんな壺なんに使うねん?どんなところに置くねん?

思うに、貧富の差が激しかった時代、このような美術品を求めて飾るような豪邸がたくさんあったんだろう。そして、豪邸の持ち主たちはそれぞれにしっかりした審美眼があって、美術品を買い求めたんだろうなぁ。なんか今の金持ちよりも金持ち層の幅が広いというか、懐が深いというか・・・そんな印象を持ったのでした。

だってさぁ、買う人がいないと手の込んだ美術品って存在できないもの。

ものすごいボリュームでお腹いっぱい。母は何度も「もう疲れたから座るわ」といって途中休んでいたけれど、わたしが先に進むとまたついてくる。なんでかなぁ?座ってたらいいのに、と思うのだけど、どうも待たせてはいけないと思うらしい。
いや、そんなの別にいいからさぁ。

お腹いっぱいになって、ぐったりといい感じに疲れてさて、昼ごはん。

母は「なんでもええで〜」という。こんな素晴らしいものを見て余韻を引きずっているのにガチャガチャしたところでご飯食べられない。

ということで、美術館を出たところで電話で空席の確認をして、北浜のポンテベッキオ。

fc2blog_2016051521413006a.jpg

昼だからといって、心の準備をきちんとせずにグランメゾンに行くもんじゃありません。今度はもっとちゃんと心の準備をして行くことにします。

今度はほんとにお腹いっぱいになって、大阪駅で母と別れて広島に戻ったのでした。

いや〜、ええもの見ました。また行ってしまいそうだ。

お昼が遅めで3コースの一番軽い料理だったのに、ずーっとお腹いっぱいで晩ご飯食べられなかったのでした。

中之島って国立国際美術館も引っ越してきてちょいとした大阪の文化中心になってるのね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

安請け合いして縮緬の裾除けを作る。

いつぞや、カンボジアのシルクで裾除けを作る話しを書いたら、たこさんが裾除けってポリしか使ったことないと告白くださった。

ポリの裾除けなんて発電所じゃないか。そりゃステテコが快適なはずだ。

わたしがタイやカンボジアの絹で裾除けを作るようになったのは、タイシルクの腰巻布(下着兼上着というか、一枚でスカートとして着用)はかなり使用感があって(もともと古着)裾(布はただの筒なので、上下裏表の区別がない)がボロけてきているので、裾ボロをカバーするために腰巻(裾除け)にリメイクしたのが始まりです。
ちなみに、この腰巻布は筒に縫ってあるだけの布です。


裾を筒のままにしているので車の乗り降りにもスネがニョキっと出ない安心感、
冬は暖かい、
絹で気持ちいい、
長襦袢を省略しても問題がない
などの使用感の良さにすっかり気をよくしていたのでした。

だいたい、長襦袢や裾除けを下着、見えちゃ恥ずかしいと思うところにいろんな問題が潜んでいるような気がする。

裾除けリメイク上の欠点といえば、もともと筒に縫っただけの布に裏表上下の区別をつけてしまうところくらいしか思いつかない。裾がボロけてきたり、お尻部分がヨレてきたらまた天地を入れ替えて、開いている部分を移動させてお尻部分を移動させればいいだろうけど、まぁタイシルクに関しちゃ布はかなりくたびれるだろうから、まあいいか。


で、話しはたこさんの裾除けデビューに戻ります。
いつぞや裾除けを作ろうとヤフオクで入手した縮緬の羽尺(羽織用の生地)を茜でそめてあったんだ〜、あれ作らなきゃ!と思ってたのでちょうどいいからたこさんの裾除けデビューにプレゼントすることにした。

いいよいいよ〜、作ってあげる〜と安請け合いしたのだから、ほんと、作らなきゃ。こんなことでもないと急を要しないことってできないもんです。

羽織の生地だからずいぶんと重みのあるしっかりした上等な生地で、糸もしっかりしていて素晴らしい。まぁふつう羽織の白生地で腰巻など作らないのだから贅沢なもんです。これも和服を着なくなってただみたいな値段でオークションに出てくるから可能なことで、いい時代っちゃぁいい時代なんですが、ちょっと複雑な気持ち。

fc2blog_20160516094834f0c.jpg

裾まわりの寸法がちょっと小さいかなぁ?ギリギリ大丈夫かなぁ?という微妙なサイズなので、あれこれインストラクションをつけておいた。

話しは変わるけれど、着物ライフの真打ちだとわたしが思っているのは湯文字という膝上丈の腰巻なのですが、これは西洋下着を着ないで着物やじゅばんを汚さないためのアイテムなのです(洗える腰巻なら湯文字なくてもいいように思うけど、心許ないか?)が、ステテコ派の人には無縁のもので、着物生活のキモであるところの脱西洋パンツライフは裾除け(腰巻)という強力なアイテムがあってこそなのです。

というわけで、裾除けデビューを記念して、晒を買ってきて湯文字も一枚作って、ついでだから最近いただいた小千谷縮みのハギレから切り分けた半衿などをセットにして送ったのでした。

たこさん感激してくださって、また別次元へと進化してしまった。
たこさんの感激が伝わる記事はこちら→

着るものと、からだの使い方ってセットになっていて、着るものでからだや心や精神のあり方が変わってきたりする。化学繊維やゴム製品を身につけることでそこから発生する締め付けや静電気がどれだけ精神や身体の機能を阻害してるか知れないと思う。

まぁ、着物でずっと過ごすってのは色々面倒もあるんだけれど、手に入れたあれこれを使いやすくアレンジして、気持ち良く過ごせるように着るもの(和服に限らずね!)や履物とおつきあいしたいなぁと思うのでした。

衣服の問題ってとっても霊的なトピックだと思うのですが、「どう見えるか?」にばかり重点が置かれているようで残念なのです。

んで、たこさんからの提案の「腰巻のブランド化」ですが・・・絹の反物が5メートルほど必要なので、原価が高く商売になりそうにはありませんが、ご希望の方にはご相談に応じようと思います。

反物をいくらで仕入れるかによるけれど、布や切ってもいい着物やじゅばんをほどいた状態で送ってもらうとか、で原価を下げる方法はあるかなぁ?

ご興味のある方はご相談ください。筒裾除け&湯文字作りワークショップはもっといいかも!


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

絽の長襦袢をアレコレする。

正絹の絽の襦袢はとても涼しいから安い反物を見つけたら買っておくように、とさる着物上手なおばさまに教えてもらった。

そうか、絽の襦袢か。反物買って水通しして洗える仕様にして仕立ててもらうといいのか。しかし、お仕立ては一万円超えちゃうから状態のいいサイズの合うものを買って洗って、丈などはお直ししたほうが安いなぁ〜と思っていた。

今年の夏は初盆だし、ブラックフォーマル持ってないし、絽の色無地を買ったらどうだろう?8月は暑いから大変だろうか?いや、暑いのは何を着てても同じだ、などといろんな思いが頭のなかを去来するわけです。実際に色無地って紋が入ってたりしてリサイクルで探すのは簡単じゃないけど、ブラックフォーマルを探すより楽しい。

などと着物を持つ前から長襦袢だ!というわけで、気の狂ったオクサマはかないやさんのセールでついきれいな黄土色の襦袢と、丈が足りないし、ちょっと汚れてるけどあんまり気にせず白の襦袢を一枚お求めになりました。

あんまり気にせずってところがポイントで、自分で洗うのよ。夏の襦袢が自分で洗えないなんて、嫁入り衣裳でもあるまいし・・・世の中どうかしている。断固洗いますとも!

しかし、いくらで買ったものなら駄目元で洗ったり改造できたりするか、というのは難しいところです。

というわけで、まず洗う前に背中心の裾から1メートルのところに糸で印をしておきます。

んでもって、汚れの部分に重曹入りの石鹸を塗りつけて、つけおき。
fc2blog_201605171033117dd.jpg

汚れが気になる部分は結構ゴシゴシしちゃいました。白ぼけたってどうせ白だし、ハイドロハイターで漂白したっていいくらいだ。

fc2blog_20160517103329fae.jpg
脱水して干す。シワを伸ばす程度であまり引っ張らない。

はぁ〜きれいだねぇ。トンボの羽みたいに軽くて薄くて気持ち良さそう。これを着物のしたに着たらどんなに気持ちいいだろう。



アイロンなんぞも当てずにどれくらい縮んだかみてみます。
fc2blog_20160517103351bcc.jpg

あれ、あんまり縮んでないね。

もともと丈が短くて、衿の終わりで半分に切って2部式襦袢にするか、もっと縮んだら腰巻&付け替え袖に改造しようとおもっていたけれど、裾の折り返しが十分あるのと、袖が半分裏付になっていたので、暑そうな袖の裏を外しておくみの足りないところに補充することにした。

着物って裾を解いて丈だしするだけでもすごい複雑な縫い方になっているのがわかる。なんでこんな複雑なことするのかしら?

fc2blog_20160517103425621.jpg

おくみの先を足したところ。(裾は普通に三つ折りで始末しちゃう。ミシン使わないだけでも褒めて欲しいよ)

なんとまぁ不細工な!と思われる方もいらっしゃるでしょうが、パタパタと歩いている時にチラチラ見える襦袢のおくみに、「あ〜ら、継ぎ足してあるわ!」なんて誰が観察してくれるんでしょう?そんなに観察してくれたら感激しちゃうというものです。

ついでなので、衿を広衿に改造(広衿サイズの衿芯を縫い付けるだけ)して、小千谷縮みのハギレで作った半衿を装備した。和裁の知識がないので半日以上かかったけど、結構楽しんだのでした。

絽の長襦袢って5月から10月まで着れるので、これはかなり使えるんじゃなかろうか?

というわけで、暑い季節用の洗える絹の絽の長襦袢ができて嬉しい。
気持ちよく着てザブザブ洗うのだ。

(絽の喪服は2千円くらいでバンバン売られている。なんともったいないことだろう。紋入りなので紋が合わないと買えないけれど、喪服を潰して2部式の長襦袢なんて良さそうだわぁ、などと罰当たりな想像をしちゃいますよ。でも黒の腰巻ってなんかイマイチだな。)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

いろいろ洗う。

今年の5月は雨が多い。雨は多いけど、貴重な晴れ間に家にいるとは限らなくて、冬物が片付かずにちょっと困っていたけれど、昨日と今日の晴れは洗濯日和でした。

というわけで、いろいろ洗った。

fc2blog_201605182157197be.jpg

上等のウロコ模様の長襦袢は袷の着物用。こんな長襦袢を着物に合わせて誂えたいもんですが、誂えたみたいな顔して着ちゃいます。んでもって家で洗う。

長襦袢って着物業界的には下着、洋装で言うところの「スリップorシュミーズ」的なポジションのようですが、長襦袢は衿、袖、裾など見せる要素が多いので、どちらかというと「ブラウス」になるんじゃないか、と思う。
長襦袢がブラウスだと思うようになって着物の楽しみが増えました。だから、下着っぽい色使いの襦袢って残念だなぁと思う。

手前は黄土色の絽の襦袢。夏物は着物自体が透けるので、襦袢の丈が気になるところですが、くるぶし丈ならまぁ大丈夫だろう。この襦袢を作った人はオシャレな女性だろうなぁ。どんなきものに合わせて作ったのかしら?どうして売っちゃったのかしら?

奥の襦袢も、手前の襦袢も作った人のワクワクが伝わってきます。わたしの所に来てくれてありがとう。大事に楽しく着ます。

あんまり天気が良くて、寝巻きにしていた色無地も洗った。

fc2blog_20160518215738c90.jpg

絹は汚れないというか、汗臭くならないので、シーズン中2回くらいしか洗いませんでした。エコだ。今日から寝巻きが綿麻の浴衣(工業製品)になるので、頻繁な洗濯が必要です。それにしても錦紗の袷の着物に比べて浴衣の軽いことといったら・・・着てないみたいですが、絹の肌触りに包まれてないのはやや残念。

寝巻き用に絹の襦袢が欲しい所ですが、襦袢姿ってのはしどけなさすぎるんですよねえ。いいサイズの男物でもあればいいんだけれど・・・

きもののあれこれは楽しいな。
洗い物がたくさん片付いてなんか幸せだなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

実家の畳替えの立会いと森村泰昌展

しばらく天気が良くて冬物洗濯に精を出していたら、日中は初夏を通り越して真夏のような暑さ。さすがにまだ5月だけあって湿度が低くて助かりますが、日中と夜や朝方との気温の差が激しくて着るもの困ります。

実家の畳を入れ替えるので、朝一番のバスに乗って一泊で行ってきた。
「ご飯炊いておくから、なにかおかずを買ってきてね」と母に言われて・・慣れないスーパーで買い物をしたらなんだか疲れてしまった。

家に職人さんが入る時など母一人だとどうにも心配でつい行ってしまう。一人でも大丈夫なんだろうけど、行けるときは行こうと思っている。まぁ、工事を理由に様子を見に行くという感じが近い。

fc2blog_20160521223127378.jpg
畳が新しくなって、座卓を置いたら旅館みたいだ。

というわけで、用事はだいたい一日で済むので、次の日には美術館というのがこのところの定番。幸い大阪の美術館は上野の森のような大変な騒ぎにはならず、幸せなことです。

今回行ったのはこちら。
fc2blog_20160521223038023.jpg
http://morimura2016.com
国立国際美術館、中之島に移ってから初めて行った。
森村さんの展覧会は、京都、熊本、広島と行ってるので一人の作家の個展の4回目だからかなりフリークな感じ。広島では森村さんのアーティストトークにも参加しちゃったので、かなりのファンだ。
大阪出身、大阪在住の森村泰昌さん、大阪での個展は初めてなんだとか。郷土の誇りだ。

なんと、全編写真OKという太っ腹。
fc2blog_20160521224234823.jpg

会場は凝った作りになっていて、部屋ごとにテーマがあって、壁の色が変わっている。んでもって、最後の映像作品でその全てが繋がるという仕組みになっている。

fc2blog_20160521224406cbb.jpg
これは二枚組の映像作品なんだけど、椅子がない。

国立国際美術館、座るところがぜーんぜんない。現代美術は体力だ!年寄りは来るな!ということだろうか?ちょっと母が気の毒になった

母には森村ファンのわたしに付き合わされてちょっと気の毒な感じがしなくもなかったけれど、椅子がないのはわたしのせいじゃなくて、美術館のせいだ。

特別展だけで疲れてしまって、お腹も空いて、建て替えになって初めて行くフェスティバルホールでご飯を食べてわたしは広島へ、母は家に帰ったのでした。

fc2blog_201605212244345ef.jpg

前は中之島って市役所と中央公会堂と東洋陶磁美術館とロイヤルホテルしかなかったのに、大変なことになっていてびっくりしたのでした。フェスティバルホールの建て替えで大フィルの練習場がなくなるからどーたらこーたら、という問題はどうなったんだろう?

ものすごーく疲れて家に帰ったらご飯も食べずに寝てしまいました。きっと母も疲れたことでしょう。一泊二日で用事&美術鑑賞というスケジュールはもう考え直した方がいいかも。きっと変わっちゃった大阪にも疲れたんだろうなぁ。なんだかなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

フェンネルの餃子

庭に生えているフェンネルが「もう食べないと固くなっちゃうからね〜」と言うので、仕方なくお昼は水餃子。

fc2blog_20160522222451d6c.jpg

シーズンに一度は食べたいものですが、皮から作るので気合を入れないとできません。日曜日のランチにはちょうどいい労働ですが、午後は使い物にならなくなる。

「せっかく作るのに、二人で食べるのはもったいないねぇ〜」などと言いながらわたしは皮を伸ばして、連れ合いは餡を包んでくれる。皮から作る餃子は絶対に一人で孤独に作っちゃダメで、食べる人みんなで作らないといけないと思う。

fc2blog_201605222225128ee.jpg

今回、皮が固めで伸ばすのが大変だったけど、モチモチで食べ応え十分。
水餃子は手間がかかるのでサイドディッシュは漬物とか、冷奴くらいでひたすら餃子を食べる。不思議と食べ飽きないけれど、全部食べる前にお腹いっぱいになっちゃった。

残った餃子はごま油を和えて置いて、あとで焼き餃子にして食べる。今年はフェンネルの水餃子はできないかと思ったけど、食べられて良かった。

実家通いが続いているせいか、外食癖がついてしまって夕方の水泳のあと紺ちゃんに行っちゃった。

fc2blog_201605222225269a8.jpg

今回の味噌ラーメン、上に人参と新玉ねぎのピクルスが乗っていて、それがとても美味しかった。

外食癖にはちょっと困った。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

残り物などでいろいろ。

7月の旅行にむけて、朝のウォーキングを再開した。

車の上に大きな鳥、カラスにしちゃ頭が赤いと思ったら、オスのキジがあたりを睥睨していた。
fc2blog_20160523221342673.jpg
日中は暑いけど、朝は気温が低くて気持ちいい。さて、このウォーキング、いつまで続くやら、明日は筋肉痛になるのか?気になるところです。

昨日の晩ご飯に外食してしまったので、明日の教室用に鍋の中身を開けなくては、と残り物であれこれ作る。

水餃子の茹で汁って結構美味しいスープになる。今回は上手に包んで上手に茹でたので、餃子の皮が破れなかったから、でんぷんが溶けた水って感じだけど、小玉の新玉ねぎでスープ。
教室用に買い物に行ったので、アサリを買ってきてスープストックに加えよう。
ついでに、太刀魚の尻尾が50円で売ってるので、それも買って・・・

太刀魚は清蒸、アサリは皿に乗せて蒸して、殻を外してスープと一緒に玉ねぎスープに追加。餃子の残りは蒸して、もやしを庭のスナップエンドウと炒めて・・・

fc2blog_201605232213218dc.jpg
蒸篭が大活躍。

外食癖がついてしまったけれど、やっぱり家のご飯はおいしいなぁ。
お金の掛かってない晩ご飯でしたが、ものすごいご馳走食べた感じがします。
太刀魚の尻尾、骨が多くて身が少ないとはいえ、魚の尻尾はよく動いてるから美味しいのだ。

というわけで、無事に鍋もあいて、レシピも出来て、あとはお掃除をするだけです。明日はウォーキング、行けるかな。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月24日(火)台湾の焼きビーフンを予定。
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

自分を信じて作る焼きビーフン。

今日は楽しい料理教室〜♪

元気な0歳児、だんだんと赤ちゃん顔から子供顔へと変わりつつありますが、それでもかわいい〜。来てくれてありがとう。

この料理教室の一番の特徴は、「化学調味料や化学調味料の入った調味料は使わない。出しやストックは必要な場合その都度作るけど、出し、ストック、ブイヨンなど使わずに美味しい料理を作る」というものです。

な〜んも、そんなに頑張らんでも、鶏がらスープの素とか使えばいいやん、と思われるでしょうが、それ嫌い。
かといって、手間暇かけて、材料費かけてストックを作るのもしない。んじゃどーするんだ?ということをお伝えしています。

薄味、あっさりすぎの料理を我慢して食べるのかといえば、それも違う。ちゃんと美味しい(ハズ)だ。

というわけで、今日は中華料理。
今日のレシピは読んだだけでは「これで食べられるものが出来るのか?」と思うくらい出しっけがない。普段そこまでわたしも頑張らないけれど、教室なのであえてチャレンジしてみます。

まずは、青菜と胸肉のスープ。
fc2blog_20160524161924b7f.jpg

チキンは片栗粉でコーティングしてあるのでパサパサせずにツルンと美味しい。菜っ葉は贅沢に軸のところだけなので食べ易い。そして、味付けは醤油と胡椒だけなのにちゃんと中華スープの味になる。

ズッキーニとミントの和え物。
fc2blog_20160524161906c04.jpg

初夏らしい料理だねぇ。

fc2blog_20160524161942181.jpg
さて、焼きビーフン。
「この中華鍋から出しが出てるんじゃないですか?」と聞かれたけれど、木べらや菜箸からは多少旨味が出るカモしれませんが、鍋はないだろう。

「美味しいって材料と自分を信頼して作るのよ。ちゃんと美味しくできるから。」
要はここなのです。

自分を信頼して、キャベツやニンジンを信頼して料理を作るとちゃんと美味しく出来る。多分そういうことだと思うのです。

しかし、おもった以上に美味しかったな。きっとみなさんも家で同じように、いや、もっと美味しく出来ると思います。もちろんお肉やエビなどを入れてもいいし、乾物から出しを引き出しても美味しくなりますが、あれこれなくても大丈夫!という体験をして欲しかった今日の教室でした。

fc2blog_20160524161848a44.jpg

ビーフンは茹でる手間がないので食べたい時に家にある材料で簡単に出来るから、ぜひ常備してください。

みなさま、今日も遠いところ貴重な時間をありがとうございました。
次回は6月21日。ローフードでラザニアを予定しております。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

近未来小説「亡国記」

恐ろしい小説を読んで、ブログを怠けてしまいました。

「亡国記」(東京新聞の書評に飛ぶよ)
boukokuki,jpg


え〜っとね、ほとんど新聞の書評で取り上げられず、話題になってない。意図的に無視されてる感じ。
「日◯会議の研究」は日本◯議からクレームがついたり、出版元がフジサンケイ系だったり、アマゾンでプレミア値段になったりで何かと話題になってるけれど、「亡国記」はぜーんぜん話題に上がらない。

2017年、東京から京都に移住した家族の奥さんは環境NGOの職員で、島岡原発停止の署名を届けに静岡県に出張したところで大地震にあってしまう。

ちょうどホテルで朝ごはんを食べてたところで、なんとかホテルのダイニングから外にでて島岡原発を見ると、青い光が上がって爆発する。周囲の人たちが崩れ落ちるのを見て自分も崩れ落ちてしまう。


で、京都に残った7歳の娘と夫の脱出行ロードムービーじゃなくて、小説。西へ西へ、最後は南半球を目指せ!と妻の魂に導かれるのですが、イギリスでヘイトにあったり、難民受け入れされたカナダで鉱山で働く辛さを紛らわすためにドラッグに手を出したり、ちょっとしたロマンスがあったりしながらも人と出会えば助け合いながらなんとか生活を立て直す。

よく調べてある。中国は、韓国は、北朝鮮は、ロシアは、と隣国の対応が「きっとそうだろうな」と思わせる。

沖縄は混乱に乗じて独立してしまう。日本政府は札幌に移転するも機能をなさず、九州と北海道に別れた日本は中国とロシアに占領されてしまう。

お金のある人はボートピープル(シリア難民もそうだけどボートに乗るには大金を払うのだ)となって日本海や東シナ海を彷徨う。うまく普通の経路で脱出できたのは地震のすぐ後に行動を起こした人だけだ。

で、比較的汚染の少ない中国地方や四国の山のなかで原始生活みたいに暮らす人たちもいる。

んで、本州は世界の核のゴミ捨て場になる、というのが日本の行く末だと描かれている。
この最後のところ、南海トラフ地震とかなくても近い将来そうなりそうだ。

大地震の後の近未来フィクション(未来のノンフィクションはないか)といえば、「太陽の黙示録」というかわぐちかいじの漫画がありますが、地震で日本が本州が沈没して、富士山も大噴火して、日本が北と南に別れちゃう。んでもって、多くの日本人が難民となってヨーロッパや台湾などに散らばり、ノースエリアとサウスエリアに別れた日本も大国の思惑に翻弄されていく。

こんなことが起こって、自分が地震や津波から運良くだか運悪くだかわからないけど生き残った時わたしはどうするだろう?って考える。子供がいないし、人生も楽しんだから中国山地で芋など育ててひっそりと暮らすような気がします。

原発賛成の人も、放射能は大丈夫の人も、美しい日本が大好きな人も、テンポ良く物語が進んで最後はちょっと救いのある終わり方なので是非読んでね。

明日はアメリカの現役大統領が広島を訪問する歴史的な日になるのねえ、せっかくの金曜日(レディースデイ)なのに、映画に行けないなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

益城から花の苗が届く。


T京N業大学出身の友人のFacebookに「益城町で園芸店をしてる後輩が、地震被害で店舗取り壊しとなり当面通販やってるから興味のある人お知らせください」、というポストがあった。

益城町といえば、グリーンコープの納豆工場があって、ずーっと出荷できなくて、やっと来週だか再来週から出荷のめどが立ったとお知らせがあった。うちはそれほどコアな納豆フリークじゃないけれど、納豆がないといられない人は困っただろう。わたしでさえ納豆工場再開のために募金以外になにか手伝えることはないか、とヤキモキするほどだ。

被害は納豆工場だけじゃないだろう。園芸店だって大変に違いない。

はーい、お花の苗いります〜。1セット送ってください!と手をあげたら早速届いた!

fc2blog_2016052721124943c.jpg

わざわざ箱に感謝!って書いてくれている。いや、ほんと、こっちが感謝です。

fc2blog_20160527211304eab.jpg

丁寧に詰められた花の苗。ちゃんとお花の名前を書いたメモもついていて、伝票にもご丁寧なご挨拶。

fc2blog_20160527211328edf.jpg

早速に寄せ植えにした。久しぶりに玄関が華やかになった。

とても良い苗で、本当にありがたいです。
こちらの花の苗(11〜15個)、ベゴニアの鉢(わたしは買ってないので写真なし)1鉢いずれも千円+送料。
寄せ植えにして送ってくれないの?と聞いたら、とてもそんな手間は掛けてられない状況なんだそうです。

2016年5月28日追記&訂正:花の鉢(1鉢1000円)はベゴニアには限らなくお任せ。花の苗は10~15個で種類おまかせだそうです。送料別。

ご興味のあるかたは、右下のメールフォームからお名前、送り先、電話番号、ベゴニアの鉢or花の苗、個数などお知らせ下されば友人にお繋ぎいたします。
人手が足りなく、発送にお時間がかかるかもしれないそうですが、それでも良ければということです。

お支払いは肥後銀行宛に後払いです。

なんかさぁ、お花も地震怖かっただろうねえ、うちで気持ち良く咲いてね〜という感じがするのです。
園芸店の社長さんは直接存じ上げませんが、友達の友達が窮地の時にこうやってご縁を繋げてうちにお花がやってくるって、同じ花でもホームセンターで買ってくるお花とぜんぜん違うように感じるのです。

ちゃんと育つかなぁ?そして、熊本のみなさんの一日も早く普通の日常を取り戻せるように、と願うのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「美味しくできるハズ!」と思うとちゃんとできた!

先日の料理教室。

fc2blog_20160524161830187.jpg
木綿の着物の季節だね。

レシピをお見せできないのが残念なぐらいシンプルな組み立てのスープをやった。
出しやストックを別に作るわけではなく、調味料は醤油とコショウのみ、というものすごくチャレンジなスープでした。こんなシンプルな料理は自分と材料を信用しないと味が決まらない。自分と材料を信用して作ったらちゃんと出来る。

fc2blog_20160524161924b7f.jpg

脱化学調味料への道はなかなかに険しいのですが、険しくしている原因のひとつが「これだけじゃ美味しくならない」という思い。簡単に言っちゃうと「わたしが作って美味しくできるかしら?無理?」という不安、怖れだと思う。

ちゃんとできるから信じてやってごらん。自分を信じて、材料を信じて安心して作ったら案外できるものですよ、というお話しをしたら、早速に試してくれた方がレポートを送ってくださった。

先日もありがとうございました^ ^
その日の夜にスープを作りました。
味が決まらなくて挫けそうになったのですが、「いや、美味しくできるハズ!」と思ってお醤油を足したら、なんと!
美味しくできました〜♡(旦那さんも美味しいと言ってくれたので、自己暗示じゃないハズ!)鶏がなくて鯛の切り身で作ったから出汁が出やすかったのかな?
どちらにせよ、今まで当たり前に思っていたことが、こんなに簡単に解決するなんて…!調味料もシンプルになったと同時に、なんだか心の中もスッキリしました•*¨*♪
私にもできるんだ!
この魔法は、日々の色々な場面でも使えそうです^ ^



早速作ってくださって、レポートもくださってありがとうございました!
教室では片栗粉をまぶした鶏肉で作ったのですが、鯛って・・よい出しは出るけどアッサリしてるし、昆布出汁もなしだし、何より魚の出しの味はよく知っているわたしたち、昆布出汁もなしで魚だけで美味しいスープを作るのは至難の技。

シンプルな料理のスッキリした味を味わえるようになるとますます外食に満足できなくなり、こだわり系とか、オーガニック系のものでも市販のストック類は使えなくなって、お財布に優しく、台所もスッキリするもんです。

それにしてもまだお会いしたことはないけれど「美味しい」と言ってくれるお連れ合い、いい人ですね。料理は女性の仕事だとは思っていませんが、家族の生活の中心は食べることを通じたコミュニケーションですから、料理担当は家庭の中で一番の権力を握る人でもあります。料理担当という特権を放棄するのはもったいないことです。

自分を信じて、材料を信じて、人を信じて物事に当たったら、生活の全てがシンプルで味わい深いものになるのかもしれません。

自分の芯を信じることができたら、ブレない自分になれて、自分が信じられるから、人も信じられるし、傲慢にも卑屈にも感じる必要はなくなるんだなぁ、ということを最近思ったのですが、自分を信じる練習というのがなかなかできませんが、日々の食べることを通じて練習することも出来るんです。

自分の好みを知ることも大事だし、今自分が何を食べたいか知ることも大事だし、苦痛にならないように食べ物の準備や片付けができることも大事。

「感覚を開く」とわたしは表現するのですが、料理を作って食べることで味覚や官能を通じて自分と出会う練習をするのも料理を通じて可能だと思うのです。

というわけで、明日は楽しい料理教室。今の季節いろんなところから届くジャガイモや小粒の玉ねぎを使った料理です。お楽しみに!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
5月29日(日)じゃがいものパンケーキ
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ポテトパンケーキと新玉ねぎのスープ。

今日は楽しい料理教室〜♪

今の季節、中途半端な大きさのジャガイモや小玉の玉ねぎがゴロゴロといろんなところから届きます。小玉の玉ねぎなど企画に合わない大きさの野菜ってほんとうに申し訳ないくらい安い。

で、ジャガイモの料理をなにか、とリクエスト頂いたので、美味しんぼの2巻に出てくるジャガイモパンケーキとアップルソースという料理を思い出した。

新玉ねぎのスープはこの時期良く作る。ゴロンと玉ねぎが丸ごと入ったスープで、鳥のぶつ切りと一緒に水から煮て塩胡椒で味をつけるだけ。鍋に蓋をして弱火で炊いたら簡単に出来る。

美味しい料理って鍋につきっきりで手間暇かけるだけじゃない。忙しい人ほど煮込み料理は便利です。

パンケーキのお供にアップルソース。
fc2blog_201605291450042ef.jpg

ジャムと違うところは、保存を考えないところかな。甘さ控えめですが、塩が入るので甘みを強く感じます。

fc2blog_201605291446551db.jpg
ドイツのキャベツの漬物、ザワークラウト。キャラウェイが嫌いなのでフェンネルの葉を入れてます。ちょうどいい漬かり加減でと〜っても美味しい。

fc2blog_201605291447169ea.jpg

ソーセージまでは作れなくて、こちらはグリーンコープのこだわりソーセージです。

ジャガイモパンケーキ、ちょっとお好み焼きっぽいし、チヂミみたいな食べ物ですが、りんごとキャベツでちょっと楽しげなメニューになりました。

人数が多いとパンケーキを焼くだけで疲れてしまいますが、たくさんあるジャガイモを食べ飽きた時などにはいいかもしれません。

アクで灰色になるのですが、酸化防止剤などを使わなければ変色するのは自然なことだということがわかるのも手作りの良いところです。

パンケーキミックスで同じことをしても楽しいけれど、甘いんだよねぇ。

とーっても素朴な料理でしたが、ミネラルたっぷりだからか満足感のあるお食事でした。

今日もみなさま、遠いところ貴重な時間をありがとうございました。お家で作る時はバターで焼いたりして、もっと美味しく作って楽しんでくださいね。

次回は6月19日魚丸ごと料理していただきます。お楽しみに!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月19日(日)魚料理
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

久しぶりの勉強会。

連れ合いが久々に勉強会をするという。
個展があって、その後は父の入院に続くドタバタでずーっとお休みになっていたので9月以来か?半年どころじゃない。

料理・・できるのか?と心配したけれど、なんとかなるもんです。

わたしは計画的に物事が進まないタイプなので、だいたいのアウトラインを決めておいて買い物に出かけ、適当に買い物をしたら、材料を並べて手当たり次第に料理を作る。

今日のスターターはへしことイカとわけぎのヌタ。
fc2blog_201605302248180c7.jpg

へしこは塩っぱいので大根でサンド。ちなみに、へしこっていうのは、鯖のぬか漬け。鯖に限らずイワシのへしこもある。なかなか素敵な発酵食品なのです。

fc2blog_201605302248363de.jpg

チヌ(黒鯛)が安かったので1尾買って、フィレはマリネ。

fc2blog_20160530224850505.jpg

豆腐の豆板醤ソース。

fc2blog_20160530224904e71.jpg

フキと揚げと鳥の煮物

fc2blog_20160530224918733.jpg

スティックブロッコリーの花椒炒め

後、写真にないけど、魚の骨と豚肉と野菜のオーブン焼きに豆とあさりのご飯。

あんまり体調がよくなくて、料理もバリバリとはいかなかったけど、なんとか無事終了して良かった。

買い物から戻ってメニューをメモに書いて、それにそって料理を作るのだけど、なぜか違うものができてしまう。不思議だ。

調子が良くてノリノリで料理する時は野菜メニューが多くて、調子が乗らない時には肉や魚の料理が多くなる傾向です。野菜料理ってのはスピリットがいるんだなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月19日(日)魚料理
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

「海よりもまだ深く」年寄りと線香立て。

是枝監督X樹木希林X阿部寛が見たくて出かけてきた。

「海よりもまだ深く」

連れ合いに先立たれて一人暮らしをする母と二人の成人した子供とその家族のお話。
お父さん死んじゃってあれこれ整理が終わった後のちょっとぼんやりしちゃったお母さんって、今のウチみたいだなぁ、とその設定に引き込まれてしまいました。

母に比べたら樹木希林さん扮する淑子さんのほうが若くてシッカリしている。娘のために煮物を作って持たせたり、ちょっとときめく音楽の先生のところに音楽の勉強に行ったり断然元気がいい。

んでもって、阿部寛さん扮する良多は仏壇の引き出しからお香典を持ち出したり、お母さんのヘソクリを盗もうと夜中に天袋を漁ったりするんだけれど、うまくいかなくて線香を立てようとする。

で、お線香が立たなくて、線香立ての掃除を始めたりするんだけれど・・・

わたしも家に帰って親父さまに挨拶する前にすることが線香立ての掃除なんだよなぁ〜。

お線香の燃え残りを取るようにピンセットを置いてあるのに、「うまく取れない」と放置してあるのだ。

映画のシーンに取り上げられるくらいなんだから、きっとどこの家でもそうなんじゃなかろうか?と思った。

親は親でいつまでたっても子供のことが心配なんだろうけどさぁ、いいよいいよ、線香立てくらいいつでも掃除してあげるから。

母は仏壇にコーヒー以外たいしてお供えもしないところも気になるんだけど、なんでコーヒー?
最近になって3日に一度はご飯を炊いてお供えをするようになったのだ、とえらく自慢していた。

映画のテーマ「なりたかった大人になれなかった大人たち」ってのは、大人になるビジョン・夢・希望などを持ってなかったわたしにはピンとこないけど、みなさんそんなに未来に希望や夢をもっていたのだろうか?とちょっと考えてしまったのでした。

是枝監督の映画は役者さんみんな上手でみていて楽しいです。

fc2blog_201605312155478f6.jpg

線香立て、今日も掃除したよ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
6月19日(日)魚料理
6月21日(火)ローラザニア

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。