「3日食べなきゃ7割治る!」

船瀬俊介さんの断食本。1日1食本に続き図書館に予約しておいて、やっと順番が回ってきた。

3日食べなきゃ、7割治る! [ 船瀬俊介 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




断食がいいのはよくわかってるんだけど、時々断食本を読まないとやる気が出ないので、こうやって書き続けて下さるのは本当にありがたい。船瀬さんの本、なんだか最近内容が濃いような気がします。

断食といえば甲田先生ですが、甲田先生の本からの引用を軸に、新しい情報がいい感じで盛り込まれています。驚いたのは、「脂肪毒」なんと、脂肪から老化ホルモンみたいなのが出るんだそうな。わたしも老化ホルモン浴びてる。

透析しないとダメですよ、と言われた患者さんが、断食の先生(熱海断食道場)を訪ねたら、3日、7日断食でよくなる方向に行くんだそうな。一度透析になってしまうともう抜け出せないので、腎臓の悪い人は透析と言われたら、「ちょっと待ってくれ」と断食道場に入院するのが良さそうです。治ればめっけモノ、治らなかっても透析があります。

怖いなぁと思ったのは疥癬。あのかゆい皮膚病ですが、「断食を繰り返し、食事療法と暖めて汗を出し、漢方と併用したらほぼ全員治る」らしい。ダメもとで断食をしてみたらいい。まぁ、なんでも慢性病は断食をしてみてから西洋医学を考えたらいいと思いますが、最近は医師がやっている断食道場増えているんですね。断食をすると好転反応が出るので、やっぱり免許を持っているお医者さんのいるところで出来るのが理想です。

断食をして、酵素の多い食べ物を食べて、適度な運動をすればいいのはわかりますが、これに加えて「長息法」やり方を検索してみるとヨガの難しそうな長息法などもあるようですが、丹田を意識しながら丹田を緩めながら鼻から吸って、丹田を締めながら鼻から出す。これを息を数えながら行うというもので、深呼吸を繰り返すので身体に酸素が行きわたって体温が上がったり、末端冷え性が治ったりするそうです。

呼吸法ってなんでも基本だよねえ。呼吸法も瞑想もなかなか毎日は続かないけれど、呼吸をコントロールして、心を整えることって魔法なんだなぁと思う。お金も掛からないし、特殊な道具もいらないし、1日の中のちょっとした時間を使うだけでどれだけ毎日が豊かになるかしれないのに、簡単なことって続けるのが難しい。きっとその辺が魔法の魔法たる所以かもしれません。

少食や断食をして、深い呼吸をして、よく笑って、次は運動。
筋肉を使うとカオマンカイじゃなくて、マイオカインという若返りホルモンが出るんだそうで、世のアクションスターや登山家のみなさんの異常な若さはどうやらこれが原因らしい。

ロッキーやターミネーターみたいにジムでバーベルを上げなくても、「アイソメトリクス」という簡単な筋トレを毎日5分続ければいい。それで船瀬さんはムキムキで若々しい(実際あんまり変わらないですよねえ)んだそうです。

70歳過ぎて、1日入院して寝ていたら1年分衰えるんだそうで、高齢になったら床から立つとか、ベッドでなくて布団(床の高さ)で寝る、二階に行ったり来たりする、などの日常の動作が重要なようです。

わたしの母は特に歩いたり、運動したりしないし、ほぼ一日中座っている生活ですが、床生活、寝室は二階にしているだけでどれだけ運動になっているかわかりません。展覧会などに連れ出すと喜んでついてきてくれるので、本当に助かります。母には好きなことをして楽しい毎日を送ってほしいと願うのです。

こうやって日常の動作の重要性を考えたら、和式トイレ時代はどれほど鍛錬になってたかしれません。

足腰ねぇ、ほんとわたしも歩かないので、時々ウォーキングしてるんですが、なんかとてもとても・・・トイレでしゃがむか・・・
今日はプールに行ってこよう。

fc2blog_20160630120208117.jpg
散歩先のお宮さん。お参りする人に会ったことない。

クロールする時に息を吐きながら丹田を引き締めると長く伸びるような気がします。長息と筋トレ水泳。なんかさぁ、運動のためにわざわざ歩いたり、水泳に出かけたり、バカみたいだなぁと思わなくもない。

食べ物はいつも豊富にあって、買い物に行かなくてもなんらか料理をして好きなものを好きなだけ食べられるわたしの状況って、常に腹一杯食べているラットやアカゲザルみたいなもんだなぁと思ったのでした。

よし、今日は久しぶりに空腹を楽しもう。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

足腰鍛えに幸せの国へ行く。

母は旅行のパンフレットを見るのが好きで「はァ〜、早く落ち着いてどっか行きたいわぁ〜」と言っていた。

もう家の中の片付けもだいたい済んだ(一階に限るけど)んだし、相続関係のことは時間待ちだし、用事済んだんだからいつでもいけばいいじゃないか、と思っていたが自分から動く気配がない。

ある時、Facebookでブータン旅行がちょっと割安になっている、と見つけた。なんでもブータンの航空会社が割引運賃なんだそうだ。日程的にもちょうどいい。

「お母さん、ブータン行かへん?こんなツアーがあるねん。」と誘ってみた。
「そんな田舎いや!」というかと思ったら、「へぇ〜!ブータン、行きたい行きたい。そんなとこ行かれへんやん。」ととっても乗り気だ。久しぶりに晴れ晴れした母の顔。

ブータン旅行ってすごくお金が掛かる。政府に払うお金がオフシーズンで1日200ドル。高いのだ。これはブータンが外国人観光客の入国制限(このお値段で制限されちゃう)してることや、外国人が泊まれる宿や食べ物を別に用意しないと無理だしぃ〜ということで、超高級ホテルでなければこの200ドルにお宿と3食分の食費が込みになっているらしい。この200ドルの中には政府が観光客から受け取る税金みたいなのが65ドル含まれているとか・・・とにかく幸せの国の幸せに貢献するようになっている。

例外はSAARC(南アジア地域協力連合)で、SAARC同士だとこの政府に払うお金がいらないようで、バングラデシュ人でブータンいったよ、あそこは酷いね、酒ばっかり飲んでさぁ〜など言ってるのを聞いたことがある。あそこはお金掛かるでしょ、というと、「SAARCだからいいんだ。陸路で行ってきた」とか、なんか羨ましいのです。実際トリップアドバイザのレビューもインド人の投稿多数。

あ、そんな話じゃなかった。
母を元気付けるために、母の旅行行きたいと、わたしのブータンならツアーでもいい、の気持ちがバッチリとあったので、行ってきます。

というわけで、このところ下のお宮まで散歩をして体を鍛えていたのだけれど、いろいろ調べてみるととてもそんな程度で足りそうにない。

沢庵寺院タクツァン寺院という三朝温泉にある投げ込み堂みたいなお寺に行くんだそうで、標高3100メートル。
http://saiyu.co.jp/special/bhutan/midokoro/taktshang/index.html

しかも、13時から14時はお坊さんの食事時間でお寺には入れないから、なんとしても13時までに寺院に入らないといけない。登りはロバだか馬も使えるみたいだけど、行けるのか?お寺の展望台から一旦谷に下りてまた登るとか・・・

昔ネパールのポカラに行った時、郊外のちょっとした丘に登って下りてきただけで翌日カニ歩きしかできない惨状になって参ったことがありましたが、ポカラには同じようなカニ歩き観光客がたくさんいてて、自分がカニ歩き派に合流して理由をよく理解したってことがありましたが、あの時はまだ20代。あれから四半世紀を超えてどんなことになるのか、生還できるのか、母はどうするのか・・・

わたしのタイ航空のマイルで母のバンコクからの帰国便をビジネスクラスにアップグレードするくらいのことしかできません。これが精一杯の親孝行。

親孝行になるのか、老人虐待になるのか・・・楽しみでなりません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ただいま〜。

ただいま〜。
無事ブータンから戻ってきました。
出発した日の未明、ダッカでの襲撃事件があって、旅行中はWiFiが使えるところでは情報収集するという気持ちが落ち着かないスタートでしたが、わたしがヤキモキしたところで状況がどうなるわけでなく、悲惨な状況が飛び込んでくるばかり。

14人のツアーメンバーのうち母は最高齢でしたが、大変達者でガイドのペマさんを驚かすほど。
幸いに尿路結石の痛みもでなければ、高山病もなく、捻挫などの怪我もなく母は旅行を楽しみ、帰る頃にはちょっとシャッキリしたような・・・

ツアーのメンバーはみなさん何がしかに精通された素晴らしい人ばかりで、ブータン旅行よりもそちらのほうの収穫のほうが多かったかもしれません。

乗り換えのバンコクでみなさまのお別れして、母とふたり関空に帰り着き、家についたのは10時前。荷ほどきをして、銀行の用事をし、帰国を祝ってお蕎麦の昼ごはん。

fc2blog_20160709222846290.jpg

この日は実家に泊まろうか、と思ったけれど台風の雨が強くなる前に帰ったほうがいいということで、広島に戻ったのでした。

新幹線で寝過ごさないように広島終点の電車にする。

fc2blog_20160709222910a50.jpg

結局あまり眠れず、家に帰って1時間半ほど仮眠をし、連れ合いの会社のコンパに帰りの運転手として参加したのでした。

fc2blog_201607092239493b7.jpg

浴衣初おろし。絞りの浴衣は気持ちがいいねぇ。
なんか長い長い1日でしたが、素晴らしい旅だったのでした。母も楽しんでくれたので一安心。これから自分のために残りの日々を好きなことをして楽しく過ごしてほしいのです。

というわけで、ブータン報告はボツボツ書いていきます。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ブータンでホームパーティー。

旅行の楽しみはなんといってもその土地の食べ物。しかし、ブータンというところ、唐辛子を野菜としてバクバク食べる特殊な土地柄、外国人が旅行に来たって食べる物ないよ、どーしよう・・・というのもあの高い公定レートの理由の一つ。

さて、そのブータン料理、到着初日にガイドさんのご自宅でホームパーティーに招かれました。ブータンは中国とインドに挟まれたチベット文化の国なので、中国とインドとチベットの食文化と、ブータン独自の食文化が混じっているようです。ブータンと一言でいっても地域によって言葉も習慣も家族関係も違うので、正確にはこのお宅の食文化というか、外国人が知っている普通のブータン料理という感じなんだと思います。
ほんとうは松茸料理の予定だったのですが、松茸が取れなかったとかで、ブータン料理となったのです。

盛りだくさんでした。

fc2blog_201607112345408b2.jpg

手前に見えるのがチベット風のチョウメン、焼きそば。ブロッコリと炒めに野生のアスパラガス炒め。野生のアスパラガスは日本では高級食材ですが、ここでは小松菜のように使われます。ちょうど季節なんでしょうか?

fc2blog_201607112346090cd.jpg
牛肉と大根と唐辛子の山椒風味煮物。醤油味だったと思います。これとよく似た料理の豚肉バージョンもどこかで食べました。

fc2blog_20160711234647417.jpg

野草のチーズ煮。このチーズ煮は唐辛子のチーズ煮やキノコ、などいろいろなバリエーションがありブータン料理の代表的なものです。

fc2blog_201607112347143a3.jpg

じゃがいものチーズ煮、唐辛子のチーズ煮などの他に、パニールマサラやダールなどのインド料理と一緒にキャベツの醤油炒めや八宝菜のようなミックス野菜炒めなど中華風のお料理も並びます。

唐辛子を偏愛する地域は少なくありませんが、ブータンのように唐辛子を野菜として食べるところはそう多くなく、またブータンの唐辛子は万願寺唐辛子が辛いという感じで、味、香りとも素晴らしく、辛さもそれほどヘビーではなく、野菜として愛されているのがよく分かる唐辛子だったのです。

もっといろんな唐辛子を使い分けるのか?と思っていたけれど、市場などをみてみてもインド産の見慣れた唐辛子とブータンの大きな唐辛子以外にあれこれ売っているわけではなく、またロードサイドのマーケットなどをみていても唐辛子がメインで、あとはナスやトマト、きゅうりなど「こんなんもあるけどね。」という感じでサブ的に売られているだけなのでした。

さて、旅行者のブータンご飯ですが、ホテルや食堂でブッフェ形式になっていて、半分くらいインド料理だったり、化学調味料たっぷりの中華風料理だったりで、「外国人何食べるか分からへんから適当に出しとけ」という料理が少なくなく、ある時などガイドさんが食べてる料理を見て、厨房までブータン人ご飯をもらいに行ったことがありました。

いや、これはおいしかったよ。ブータンに行って化学調味料が苦手な人はご飯やおかゆがあるので、何かおかずを持参するといいかと思います。

しかしなぁ、唐辛子をチーズで煮るって、どういう発想だろう?と思う。ちなみに、じゃがいものチーズ煮はよくある料理で、味は・・・肉なしのクリームシチューにちょっと唐辛子が入っているという感じです。

山の料理なのですが、特殊な方向に洗練されているブータン料理なのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

早速ブータンでお買い物。

旅行にいったらその土地の織物を買う。こういう人をテキスタイルハンターと呼ぶらしい。わたしは旅行って織物を買いに行くもんだと思っていたのでテキスタイルハンターといわれるとなんかちょっと違うつぅか、旅行にほかの目的ってあったの?という感じ。

どうやらそうじゃないらしい、と知ったのは最近のことでして、織物を買ったり、織ってる現場を見る以外に旅行って巡礼くらいしか思いつかない。

というわけで、ブータンについたばかりで買い物タイム。まずは普段着の民族衣装を買える店。

fc2blog_20160712205329701.jpg

おばちゃんと一緒に猫が店番。入った時に店はガラガラだったのに、なぜか急にお客さんが増えて、私たち、福の神?

男性用衣装、ゴを着たおじさんが三人でお買い物。
fc2blog_2016071220535904b.jpg

ゴ服のおじさんはなんか堂々としていてかっこいいのだ。

fc2blog_20160712205504d69.jpg

ツアーの通訳をしてくれたTさん、早速にゴ服をご購入。和服とちがってお袖は折り返して着用するので、既製品でも特殊体系でなければ問題なく着れるところが合理的です。

fc2blog_20160712205534088.jpg
着付け出来上がり。

Tさんはこのままほぼゴ服で過ごされ東京まで帰っていかれました。

わたしもハーフキラ(ロングスカート)を買って着用しておりましたが、着方が難しく、ブータンの人たちに笑いを提供して、ホテルの従業員や食堂のお姉さんがいつも直してくれました。なんかね、腕三本ないと着れないよ、これ。

この店の後、石ケンや仏画や絵葉書など売っているお店をみて、手織物の店。

この店の奥さんが織りの名手で、日本にも来たことがあるそうな。手織りのいいものはやはり値が張りますが、織物はホント、うっとりします。

fc2blog_20160712205605c76.jpg

店の隅に織り機があって、実演もしてくださいました。ブータンの紋織りはすくい織りで裏面に糸が渡らない手の込んだタイプです。この店には紬やイラクサの織物、草木染めなど良いものがたくさんあったのです。

fc2blog_20160712210827bd5.jpg

イラクサの織物など初めてなのでついご購入。半分に折ったら細帯サイズになって、貝の口を結ぶ帯にちょうどいい。イラクサを布にするなんてどうしてだろう?カラムシとかは生えないところなんでしょうか?ブータンのハートに触れる織物のように感じます。

いや〜、織物いいなぁ。民族衣装万歳!なのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

伝統治療院見学。

今回の旅行は「医食同源ツアー」ということで、なんだかよくわからないけれど、伝統治療院を見学に行きます。

fc2blog_201607122128214ce.jpg


先生が一時間くらい丁寧にレクチャーしてくれて、伝統治療と西洋医学についてや、人々がどうやって治療を選ぶかなど結構根ほり葉ほり聞きます。

fc2blog_20160712212921dad.jpg

ドクターは英語で話して、Tさんが通訳してくれるのですが、南アジア訛りの上に専門用語がたくさんで、並みの通訳ではとても務まりそうにありません。

レクチャーの後、院内を見学させてくださいます。
珍しいなぁと思ったのが、金の針セラピー。

fc2blog_20160712213120536.jpg

えっと、リフトアップとか、シワ取りとかのあれ?かと思ったら、頭に刺して精神疾患などによく効くそうです。

どんな針かと思ったら、こんなすごいデカイのだ。

fc2blog_2016071221301759c.jpg

消毒薬の中に金の針と銀の針が静かに眠っています。鍵のかかるロッカーに入っていたけれど、そんな管理で大丈夫なのか?と心配になる。この針を特定のツボにブスっとやるそうですが、これ刺さるのか?

ハーブによるマッサージやシロダーラみたいな療法や、断食やエネマなどいろいろな療法を組み合わせて治療するのだそうです。

伝統治療も西洋医学もどちらも選べて、病気によっては伝統治療と西洋医学の混合治療もあるそうです。西洋医学と伝統医学は得意分野が違うから、どちらも必要だし対立するものじゃないのだよなぁ、と妙に納得するのでした。

治療院を見学した後は、治療院の中にある博物館(?)で実際の薬草などのサンプルを見て治療院を後にしたのでした。

説明してくださった先生、なんだか矢作直樹先生に雰囲気が似てらして面白かったのです。
貴重なお時間をありがとうございました。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ティンプーと大仏。

ブータンの首都、ティンプーは小ぶりな街ですが、郊外にはたくさんアパートが建設中で、ここも都市一極集中の気配を漂わせています。

もちろん自動車も増えていて市内は渋滞ですが、信号は相変わらず一箇所だけの様子。

fc2blog_2016071221560844b.jpg

まだまだのどかなもんですが、あと2年もしたら収拾つかなくなるでしょう。

ホテルの窓からの風景。




山にたなびく雲海が幻想的です。私たちが来る前の日から雨が降り始めたとかで、降ったり止んだりのお天気。峠にいっても景色は雲海に沈んでヒマラヤを臨むことはできませんでしたが、雨と霧のしっとりした景色も良いものです。ブータンの雨ってシトシトと優しく降るのでした。

fc2blog_201607122156562fb.jpg

ちょっと時間があったらしく、市内郊外にある大仏見物。まだあちこち建設中。世界有数の大きさだそうで、実際大きすぎてわけがわかりません。
ティンプーで自由時間があったのは到着した日曜日のみで、この日は織物博物館がお休みとのことで、博物館に行けなくて実に残念だったのです。いや、また次に来ればいいさ。ね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

プナカ宮殿と棚田の風景。

ブータンってどこにいっても桃源郷みたいな風景が広がっているのですが、これはきっと人口密度が低くて、よく手入れされた自然の中に家がポツポツとあるからじゃなかろうか?と思うのです。

fc2blog_20160712221506d46.jpg

だって、自然が美しいといっても人の気配のしない自然って、美しいっていうのとはちょっと違う。やっぱり人と自然が関わりあって出来上がっている風景が美しい。たぶん、その中に自分自身を置いても生活できる可能性があるからじゃないだろうか?人間がいられないほどの自然ってのは美しいには違いないけどなんか寄せ付けられない感じがあるのかなぁ、と思った。

ティンプーから中部の都市、かつては行政的にも冬の首都、今は宗教界のみ冬の首都になっているプナカへ。

二つの川が交わるところ、数年前に水害があって住民は移動したらしい。
fc2blog_20160712222131ac0.jpg

とてもそんな災害があったようには見えない。

宮殿に入るには、民族衣装の場合は正装しなければいけません。男性はショール着用ですが、この巻き方がまた独特。

fc2blog_20160712221240d96.jpg

通訳Tさんも運転手さんやガイドさんに巻きつけてもらっていました。
宮殿は水害も無事だったそうで、橋も健在。

fc2blog_201607122213054d2.jpg
こんな橋、ベトナムのホイアンでも渡ったような気がしますが、ここの橋は入り口が結界になっていました。

橋を渡って、宮殿。
fc2blog_20160712221340f54.jpg

なんかさぁ、豊かさってこれだよね、という手の込んだ造り。この建物は一度火事で焼けて再建されたものだとか。

お寺の中は撮影禁止ですが、内部を見せてくださいました。お参りをして、聖水を頂いて、ジャータカを見る。わたしも仏教徒なのでお寺って心が落ち着きます。

fc2blog_20160712221406128.jpg

お寺の入り口にある曼荼羅。これは珍しいものだそうです。織物の柄に見えてしかたありません。

宮殿を後にして、次の目的地に向かう途中、棚田の風景が美しい。

fc2blog_201607122216245c4.jpg

日本人の西岡さんがブータンで農業指導をする前は水稲は作ってなかったというから、この棚田の風景も西岡さん以来なのかしら?
人の手の入った自然のまったりした優しさったらない。この風景を作っている人は景色を作るなんてことは考えてないだろうけれど、この美しさといったらどうだろう?人の営みってこのように美しいものなのだなぁ、と思うのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

タクツァン寺院への道、乗馬編

プナカゾン(宮殿)は確かに一見の価値のあるすばらしいところでした。何よりプナカがすばらしいところで、バジェット旅行が許されるなら沈没してしまうに違いないところでした。

さて、プナカの後はまた空港のあった街、パロに戻ります。4時間半のドライブ。またまた3100メートルの峠を通りますが、前回は雨でしたが、今回もがっつり曇り。
お天気がよければヒマラヤの峰々が見えるのに、ちょっと残念。

今回高地の旅行なので頭痛など高山病にならないか心配したけれど、高山病もなく、寒くもなく、体調が良かったのは助かりました。3100メートルの峠にはきれいなカフェがあって、さすが、公定料金の国だなぁ、と感心。

そして、パロに戻ったら、ブータン最高の聖地、タクツァンゴンパへの参詣です。

これが山登りから始まり、一旦カフェテリアまで登ったら、しばらく登って、一度谷を下ってからゴンパに登る、という心が折れそうなルート。日本人だったら橋を掛けたり、ロープウェイをつけたりするだろうけど、石段があるだけ。

カフェテリアまでは馬もあるので、ツアーコーディネーターはあまりお勧めしなかったけど、迷わず馬!母も馬!
母は「あんたも一緒に乗るんでしょ?え?一緒じゃないの?」って、一人で乗るんだよ、馬がかわいそうじゃないか。

馬といってもポニーですが、やっぱり乗ると視線が高くなります。これらの馬でカフェテリアやお寺に荷物を運ぶんだなぁ。馬に乗るのは、中国の虎跳峡に行った時以来です。あの時は帰り道に馬が余ってたので半額でいいから乗らないか?と言われて、上り坂の途中から乗せてもらったのでした。馬だと楽チン。

さて、馬にとって動かない荷物を運ぶより、動いたりビビったり興奮する人間を乗せるほうが難しいに違いない。しかし、わたしは日頃安富先生のホースセラピーのビデオなどを見て経験を積んでいたので、その知識を活かす時が来たのだ。

馬を引いて馬とこころを通わしてから乗せてもらう、という儀式は省略だけど、馬に乗せてもらったら、馬を撫でて「どうぞよろしくお願いします」とご挨拶。

そして、内腿で馬を挟んで、骨盤をしっかり立てて、上体の緊張を解いて自由にする。慣れてないとつい鞍にしがみついたり、と体重を前にかけてしまうけど、そうすると馬が歩きにくいはずだ。実際に馬に乗っていて、馬が止まってしまった時には腿を締めて、体重を軽く前にかけて馬を促すようにすると馬は歩き始める。

面白いなぁと思ったのは、馬も日向を歩くのは暑いらしく、日陰を選んで歩くのだけど、それが崖のギリギリだったりする。馬と車が違うのは、車は自分の意思で動かないけれど、馬は自分で考えて足を運ぶ。これには本当に驚いた。わたしが手綱で操って右だ左だ、としなければ、馬は自分の歩きやすいルートを選んで足を運んでいく。馬方に導かれたら仕方なくそのルートを行くけれど、馬には馬の考えがあるようだった。

前を行く母の馬は自由な馬で、馬方が手を抜いたら道草を食ってしまったりするのだけれど、わたしの馬は賢い馬で黙々と歩いて、母の馬が前に進まない時は後ろでじっと待っている。

fc2blog_20160716205817484.jpg

途中まで馬方が馬を引いてくれていたけれど、わたしが馬に乗れるとわかったのか、このお兄さんは途中でわたしに手綱を預けて帰ってしまった。

他の馬は馬方に引っ張られたり、お尻叩かれたり。馬だって手綱を無理に引っ張られたり、お尻を叩かれたりして歩きたくないだろうに、乗り手が姿勢を崩してしまうと明らかに馬は歩きにくそうにしていたのでした。

fc2blog_20160716205841e65.jpg

コースの途中に馬用の水飲み場が整備されている。母の馬は疲れるんだろう、すかさず水場に行って水を飲み始める。わたしの馬も一緒にちょっと休んでもらいます。

母の前にはインド人の奥さん、わたしの後ろには日本人の奥さんという4頭のキャラバン。馬は勝手に前の馬を追い抜かないようにしつけられているようでした。

途中の絶景。パロ市街が見えます。
fc2blog_2016071620592174d.jpg


道は粘土質の土がむき出しになった斜面で、所々傾斜が急なところがあり、急なところで粘土の土のところは馬でも滑るようで、他の馬をみていると、滑って膝をついてしまう馬もいて気の毒でしたが、わたしの馬は時々滑ることはあっても、膝をつくようなこともなく上手に歩いてくれました。

難所では馬を励まして、上手に歩けたら褒めて、首を撫でて心を通わせていると、馬はちゃんとわかってくれるんだなぁ、ということがわかった乗馬体験、とっても楽しかったのでした。

馬はカフェテリアの手前まで。
馬から降りて記念撮影。

fc2blog_20160716211927e75.jpg

こんな大きな動物がわたしを優しく山の上まで運んでくれるなんて、奇跡みたいだ。わたしが馬を信頼したら、馬もわたしを信頼して背中に乗せてくれるのだ。馬はわたしを厄介な荷物ではなく、人として乗せてくれた。お馬さん、どうもありがとう。

カフェテリアの手前広場にはマニ車がある。ペットボトルの風車マニが並んでいるのが笑える。
fc2blog_201607162121202ed.jpg

カフェテリアでお茶とビスケットで休憩。ここにはトイレもある。
遠くにゴンパが見えてきた。

fc2blog_20160716205956387.jpg

鳥取の投込堂みたいですが、もっと規模が大きい。それにしてもどうしてこんなところに?この場所で修行したグル・リンポチェ1代目は虎に乗ってやってきたそうで、(8世紀の話)その生まれ変わりのグル・リンポチェが13世紀にこの場所にお寺を作ったのだとか。これが10年前くらいに火事で焼けてまた立て直したとか、ご本尊などは焼けなかったとか、不思議な話。

ということで、ゴンパへの道は遠いのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

タクツァン寺院への道、徒歩編

馬を降りて、広場から門を通るとまっすぐカフェテリアに行くのに、人の後をついて門ではなく上り坂の方へ行ったら、そのまま登山道につながってしまって、カフェテリアが下に見えたので、慌てて引き返す。

カフェテリアでお手洗いを使い、お茶とビスケットを食べて一服しているうちにメンバーが揃います。他のメンバーはこのトレッキングをゴミ拾いトレッキングにしていて、それぞれ袋にゴミを入れておられました。

丘といっても結構急なところもあるし、上り坂。70代の方もちゃんと歩いて登ってこられて頭が下がります。
ところで、この辺りで気がついたのですが、ブータンって喫煙者がいません。こんな絶景の中山登りで一服の場面でタバコを吸う人が誰もいない。観光客はインド人、中国系、フランス人など結構喫煙文化の人たちが少なくないのにこれには驚いた。いや〜、いいね、タバコの副流煙が流れてこない環境、素晴らしい!
なんでもブータンは2004年からタバコの販売禁止なんだそうで、タバコ吸いたい人は海外から持ち込まないとダメらしい。しかも200%の関税がかかるので、喫煙者はわざわざ来ないということのようです。

ゴンパ(寺院)までの道をサブガイドのニイちゃんが「20分だよ、すぐ近くだ。ちゃんと階段になってて、一回降ったところに滝があるんだよ。そんなに大変じゃないよ」と言うので母もその気になって歩き始めるが、早々にリタイアし、カフェテリアに戻ってしまう。

ガイドのニイちゃんがちゃんとカフェテリアまで母を送って、その後すぐ合流してくれる。ふと見たら、運転手のお兄さんも一緒にあるいている。もしツアーのメンバーが捻挫などで歩けなくなった時にこの若い二人が交代で担ぎ降ろすつもりなんだろう。普通運転手は車を離れないんですもの。タクツァン寺院トレッキングはブータン観光局にもリスクの高いコースなんだなぁ、と思いました。

しばらく山道を登ったら、石で整備された降り階段を降りていきます。結構段が高いし、どこまで降りたらいいのか見当もつかず、先のことを考えずに今の一歩だけを考える瞑想のようです。ところどころ絶景ポイントが踊り場になっていて、休めます(売店等はなし)

fc2blog_20160718064704ea7.jpg

ゴンパが同じ高さに見える。

階段の途中にこんな岩棚。
fc2blog_20160718064631c2c.jpg
ご遺体は火葬してしまったら遺灰は水に流してしまって墓を作らないんだそうですが、この円錐形のものは、遺灰と土を混ぜて作ったものだそうで、参拝者が置いていくんだそうな。

無事下り切ったら滝がありました。
fc2blog_2016071806480901b.jpg

滝の下でしばし気功の真似事をして英気を養います。ここからゴンパまで登り階段。旅行前に読んだブータン関連のブログなどで「こんなことだと知っていればお寺まで登らなかった」というコメントを見ていたのでどうなることか、とおもったけれど、「聖地にいくのはあまり疲れない」という話しもあり、聖地の力を信じて登ることにする。先を考えずに一歩一歩足を運ぶだけだ。母は・・・来なくてよかった。

fc2blog_20160718064853c39.jpg

タルチョー(祈祷旗)の下に整備された参道(?)が見えるかな?わたしらは遊びなので自分の飲む水だけ持ってこの道を歩けばいいけど、お寺で働く人たちは食べ物や水に祈祷用のあれこれや僧侶たちの生活の世話全般をこの道を通じてされているのだなぁ。荷物を持ち上げるのも、ゴミを持って降りるのもこの道を通るんだ。
ヨタヨタで抱きかかえられるように道を歩く人もいて、どうやら病気の祈願のためにゴンパへ登る病人なんだとか・・・ああ、大変。日本だったら絶対にロープウェイとか付けちゃうだろう。

一歩一歩の瞑想のおかげで運動しないわたしも無事にゴンパの入り口に到着。
fc2blog_201607180649265d3.jpg

ここで荷物を預けて寺院の中を参拝させていただきます。(寺院内撮影禁止)
グル・リンポチェが瞑想したという洞窟の前に僧侶がおられて、お賽銭を置いて、聖水をいただきます。この僧侶は英語が堪能な方でちょっと観光地の観光客相手をするようなお坊さんには見えなかった。

別のお堂に移って、仏像その他にお参り。大変な道のりだったけど、あまり疲れを感じません。普通キャパ以上に身体を着使うとひどく頭痛がしたり、鼻水が出たりするのですが、ちょっと鼻水が出たくらいで頭痛もなし。こんな高地なのに信じられません。これもきっと聖地の力なんんだろうなぁ。

参拝を済ませ、お寺の中を見物。バタールームというのがあるので、何かと思ったら、バターの灯明をたくさん灯している部屋があった。なんでも、バターの灯明だけがあの世を明るく照らすんだそうで、ここでたくさんの灯明を灯して供養しているんです。そりゃ火事になるわなぁ。こんなところに信仰心と信仰を支える豊かさが垣間見えるのです。

さて、お参りが終わったら荷物をもらってまた来た道を帰ります。
この帰り道でちょっと不思議な方と会うのでした。

つづく。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー
スイカ断食料理、ブータン料理(8月)など計画中。


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ツアー参加者限定記事。カムタム(かぼちゃ炒め)の作り方

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

タクツァン寺院への道、帰り道編

あの道をまた帰るのかぁ〜と思うと心が折れる人がいるかもしれない、そう思うようなコース。もちろん道はよく整備されていて階段になっている。手すりもついている。鎖場やハシゴなんていう危険なところは皆無。だけど、延々と石段を下ってまた同じ距離かそれ以上を登らないとカフェテリアに行き着かない。カフェテリアまで行ったところでその先があるし、帰り道に馬はいない(下りの乗馬はなれない人には危険)。つまり、全行程を自力で駐車場まで行かねばならない。

わたしは不思議なことに元気でした。聖地のパワーとしかいいようがない。ここにあのミラレパも来たんだ〜!グル・リンポチェ最高〜!と喜んで、帰り道も楽しく歩いておりました。

途中休憩スポットまで来たらメンバーのチエさんが白人の老婦人に飴を分けてあげてます。「これがハニー、これはミルクよ」などと。見たら老婦人、母と同じお年頃の方。母はカフェテリアから5分くらい登って諦めて戻ってしまったのに・・・

ぺんぎん:まぁ、わたしの母は80歳でカフェテリアで待っているのに、あなたはなんと素晴らしい!!
ご婦人: まあ、そうなの?!あなたはわたしの娘だわ!こんなに大変だと知っていたら来なかったのに
ぺ:・・・(え?この人もガイドに20分だよ、たいしたことない、という言葉を鵜呑みにして登っちゃったのか?)

ご婦人、感極まって涙を流さんばかりに「わたしたち、みんな家族、兄弟姉妹よ。ああ、わたしの娘よ。あなたのお母さんにキスをさせてちょうだい」

フランス人らしいこの女性、この年齢で英語を上手に話されて珍しい。フランスではパリ凄惨なテロがあって、つい最近もニースでひどいテロがあって、フランスの方がどれだけ世界や人間に絶望しておられるのか、絶望の中からなんとか希望をみつけよう、としているのか、この方のハグやキスから伝わってきたのでした。

なんかさぁ、これが聖地じゃなくてただのハイキングコースだったらこんなことをこの方も思わなかったと思うのです。ただ、「こんなしんどいなんて、死んでしまう。もう無理よ。おぶってちょうだい!」くらい言いそうなのに、この方はガイドの腕にすがりながらもご自分で歩かれていた。
そして、「あれ、わたしの母は80で、カフェテリアで待ってるのよ登りも馬だったし。おばちゃんすごい元気ねぇ〜!!」という東洋人にワンネスを感じてしまって「人類皆兄弟」と泣かれたのだもの。

後でお聞きすると目が悪くて「わたしもうすぐ失明するのよ」とおっしゃっていた。さぞや大変だっただろう。

わたしたちはカフェテリアまで降りて、そこでお昼ご飯を頂いて、たっぷり休憩してから駐車場まで下っていったのでした。
fc2blog_20160718091046489.jpg
人間運びのアルバイトから解放されて、荷物を運ぶ馬とすれ違う。毎日大量の観光客をこんな高地で捌ききるには馬がないと無理。ゴミなどはきっと観光客が帰った後に下まで降ろすんだろう。

母はTさんに腕をとってもらって、サブガイドのお兄さんに荷物を持ってもらって、ヘロヘロになりながら降りてきます。

fc2blog_20160718091146fdd.jpg

ヘロヘロながらもすごい嬉しそう。父が生きてたらこんなことは絶対に許されなかっただろう。オヤジ様の魂もかなり浄化が進んでいるらしくヤキモチ焼いて邪魔をする、なんてこともしませんでした。これも聖地の力かな?

フランス人ご婦人御一行はカフェテリアにこないなぁ、ご無事かなぁ、と思っていたら、お昼を食べずに下山していたみたいで途中でお会いする。母を紹介することもできた。ご飯を食べたら身体のパフォーマンスが落ちるので、食べずに下山するのが正解だ。わたしは唐辛子のチーズフォンデュ(現地仕様の味付け)を取りすぎて、ダールごご飯をおかわりしないと食べきれず、ちょっと食べ過ぎでしんどかったよ。
ちなみに、このカフェテリアのご飯は美味しかったのです。これも聖地の力?

怪我する人もなく、全員無事下山。母を無事に降ろしてくれたTさん、ガイドのお兄さん、ありがとうございました。世界にグル・リンポチェの霊験が届いて平和になりますように。

さて、タクツァン寺院ですが、ブータン旅行をすれば必ず行くところではありますが・・・ここは行ったほうがいいと思います。わたしはあんまりパワースポットとか聖地のありがたみとか分からないのですが、ここは間違いなくパワースポットだと感じました。こんなに信心のない人間が押しかけるのに、ぜーんぜん俗っぽくならないって、すごいパワーなのだと思うのです。世界中のチベット系の人からも巡礼地になっているのがよくわかりました。

というわけで、タクツァン寺院編はこれにてお終いです。

タシデレ!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
7月17日(日)スイカかトマト(調整中)
7月19日(火)ベンガル料理のチキンカリー


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

こんなに美味しいバングラデシュの家庭料理!

今日、じゃなくて、昨日は楽しい料理教室〜♪

今日はとっても基本のチキンカレー。こんなシンプルな作り方でも絶品のチキンカレーになる、というレシピです。
このレシピを習うだけでもう満足しちゃいそうですが、チキンのカレーもまだまだ奥深く、未知なる美味の世界が延々と広がるところがバングラデシュ料理の恐ろしいところです。

今日のカレーはほんとうにバングラデシュの人が「おばあちゃんの料理」と呼ぶ、日本的な言い方だと「おふくろの味」みたいな料理です。バングラデシュの人たちはこんな美味しい料理を作って食べている。ホーリー・アーティザン・ベーカリーの事件で一番ショックを受けているのはバングラデシュの人たちだろうって思うとほんとうに心が痛む。もちろん、お亡くなりになったすべての方々の無念には言葉もない。

バングラデシュデジタルニュースというウェブサイトがある。そこに最近投稿されたコラムがダッカ市民の気持ちを表していると思う。事件のあったレストランには行ったことがないけれど、このあたりのレストランにはあちこちお世話になっている。
お時間と興味のある方は読んでね。日本語で読めます。無邪気なダッカの終わり
事件を起こした青年たちはわたしが日頃付き合っている階層よりももっとリッチなお宅のおぼっちゃまたちだ。そんなおぼっちゃまはこんな「おばあちゃんの料理」を知らなかったのかもしれない、という思いが頭をよぎる。

さて、バングラデシュの人たちに心を寄せて、おばあちゃんの料理、作ってみましょう。

fc2blog_20160719180046ef7.jpg

チキンとジャガイモのカレー。これは玉ねぎもゴリゴリ炒めないし、ガラムマサラさんたちも入らない。トマトも入れない。今日は鶏が良かったのと、鶏を入れた後上手に炒めてもらったのでものすごく美味しくできました。

fc2blog_2016071918010444d.jpg

バングラデシュではプイシャークと呼ぶツルムラサキの炒め物。この泥臭い野菜もベンガル料理にすると最高にバングラデシュの味がする。雨の音まで聞こえてきそうです。ツルムラサキと小エビをカレーにしたものもバングラのトタン屋根に落ちる雨粒の音と土の匂いが蘇るような料理ですが、それはまたいつか。

fc2blog_201607191801223c6.jpg
夏だ!ナスだ!ベグンバジだ!

というわけで、わたし的にナスの最高に危険な調理法。これもびっくりするような作り方ですが、食べたらその美味しさにさらに驚く料理です。

バングラデシュのあたりは茄子の原産地で茄子料理はいろいろあるけど、この料理を超えるものはなかなかない。食べ過ぎ注意なのです。

炊きたての玄米ご飯におかずを乗せてぇ〜

fc2blog_20160719180138dc2.jpg

いただきま〜す。

さて、ベンガル料理は右手で食べるのですが、手で食べると美味しくて食べ過ぎてしまいます。また、スプーンで食べるより味も良くわかるし、断然美味しい。もうひとつ、手で食べると指で味がわかるようになってくる(ような気がします)んです。だから、味見しなくてもなんとなくどんな味になってるかわかる。

ベンガル人はあまり味見をしませんが、香りの確認はします。味見の仕方も文化によっていろいろなんだなぁ、と味見だかつまみ食いだかわからないような味見をしてしまうわたしは大いに反省するのでした。

さて、バングラデシュの普段のお料理、お楽しみいただけたでしょうか?食べ過ぎて危ないのであまりお勧めはしませんが、時々作っていただけると嬉しいです。

次回に日程はまだ決まりませんが、中華の茄子の絶品料理を作ろうと思います。茄子の季節は茄子だなぁ。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
教室は日程調整中。


火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

農家訪問&青物市場でお買い物。

タクツァンゴンパの後、もうホテル帰ろうよ、という気分だけれど、ツアーというのは容赦ない。地元の農家訪問。
ここは豪農で、西岡さんから直接指導を受けて素晴らしく生活改善したというところ。伝統的な建物で、一階部分は牛を入れておくことで冬場の暖房を兼ねるんだそうな。

バター茶とビスケットやポップコーンでもてなしてくれるけれど、あまり話しもはずまず、西岡氏から指導してもらって何年かはとてもよくできたけれど、ここ数年収量が減ってしまった。同じやり方をしているのに理由がわからない、と悩んでおられた。

表の納屋には大きな農業機械が何台もある。さぞかしお金がかかったことだろう。ブータンと大規模農業、あまり似つかわしくないけれど、この地域は比較的平地が多いので実験農場としてうまくいったのだろう。

あれこれ理由を考えるに、農業機械を使ったことで地盤が固まってしまったのが原因ではなかろうか?と思ったがどうだろう?

「みなさん、わたしのような年寄りにならないでくださいね」と最後におっしゃっていたけれど、なんだかちょっと切ない農家訪問でした。

農村開発って農業の技術指導と共に家政・公衆衛生・教育などがセットでないとうまくいかないものかもしれない。伝統的な家の納屋に農業機械が仕舞われている、ちょっとミスマッチな光景が目に焼き付いている。

近代化ってなんだろう?もちろん、近代化したおかげでわたしが飛行機に乗ってブータンに遊びに行けるし、光ファイバーで快適にインターネットできるし、パソコンだってスマホだってステレオだって使えて豊かな文明生活(と思い込んでいるもの)を楽しめるのだけど、いつも人間の幸せってなんだろう?って考えてしまう。

さて、もう帰ろうよぉ〜という気持ちは抑えて、次はお買い物。

お土産やさんに一軒寄るも、もうお金がなくて買い物できず、雨の夕方の青物市場はなんだか切ない。

fc2blog_20160722222155250.jpg

唐辛子〜。これがなければ始まらないブータンの台所。

山椒と唐辛子粉をだけ買ったのでした。
他の方はお線香など買っておられたけれど、うちは今お線香売るほどあるからね。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月は日程調整中

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ホテルの売店のお姉さんにラックをいただく。

空港のある町、タクツァンゴンパのある町パロには2泊しました。

ホテルの食堂の下の廊下に小さな売店があって、土産物が売ってます。このホテルでは部屋ではWiFiできないので、食事が終わってからスマホを持ってまたレセプション棟に戻ってきたら、ツアーのみなさんがお土産物屋さんに集まってワイワイやってます。

「このお店の人すごい親切で、いろいろ教えてくれるんですよ〜」と言いながらお土産を選んでます。ホテルの土産物屋の売店の姉さんが親切なんてことは普通ありえないのですが、織物の話しをしてたら、彼女は北部の出身でウールの織物を織るとかで、あれこれ見せてもらいました。(もうお金ないし、荷物もパンパンで買えない。一枚くらい買えばよかった・・・)

染料の話しになって・・・彼女が「うちにあるのを差し上げるわ。明日もお泊まりなんでしょ?」と信じられないような提案をしてくださる。

話しがよく通じてなくて、ラックの話しなのか、茜の話しなのかよくわからないけど、なんか染料をいただける。よく分からないけど嬉しい。

さて、ゴンパトレッキング、農家見学、市場で買い物という超ハードな1日を終えて、ホテルの夕食はなぜかインド料理ばっかり。「なんでインド料理ばっかりやねん」とボーイさんに文句を言うと、「インド人のお客さんが多いから」だと。「あんなぁ、日本人はどうなるねん!」と一応毒づいてみるが、日本人の文句より、インド人からに厳しい文句のほうがややこしいに違いない。

しかし、並んでたインド料理、ダール以外美味しいものはなーんもなかった。インド人たちもテーブルでスナック菓子を回して食べている始末だ。

食事が終わって、お土産やさん。
やっぱりラックを下さった。今ではもうラックは作ってないとか。染め方わかる?と聞くので、一応教えて、と言うと、仕事が終わったら部屋まで行くわ、とわざわざ来てくださった。

お礼に自分で織ったリネンの手ぬぐいを差し上げ、ついでに荷物になるけど着そうにはないブータンスカートやら何やら差し上げる。

ラックというのは、ラックカイガラムシの巣で、染料になる色素とラッカーの元である樹脂部分からなる不思議な虫の作るものです。カイガラムシは南米のコチニールも染料に使いますが、これは虫そのものが染料になります。その点ラックは虫の家を使うし、染料よりも樹脂のほうが利用価値が高かったようで、バングラデシュでは樹脂ばかり使われていて染料部分は捨てられていたという話しを聞いたことがある。

ラックの染料成分だけだったら使うのは簡単なのですが、このう◯こみたいな、これ、どないするねん?煮出したら樹脂が溶けてエライことになりそうな・・・と手が出なかったのでした。

fc2blog_2016072321443511e.jpg
以前ある方から分けていただいたタイだかカンボジアのラック。どーするねん?と長年放置していた。

売店のお姉さんに「そのまま煮て、布で漉すのよ」と教えてもらってやっとラックを染める気になったのでした。

家に戻って一週間くらいして、宿題を思い出す。

fc2blog_201607232144565c5.jpg

何度か煮出す。濃い染液が取れる。まだ色が出そう。

fc2blog_20160723214514899.jpg

これはブータンのラックじゃなくて、前にいただいていたラックですが、やっと染めることができました。コチニールとも違う赤。やっぱりどこかアジアぽいというか、旧大陸の色だなぁ。

今回の旅行、ブータンの文化や風景はもちろんですが、それ以上に人との出会いが何よりの収穫でした。この売店のお姉さんとはFacebookでお友達になって、帰国後も連絡が続いているのです。なんか不思議〜。

ブータンでウールを織っている北部地域もいつか行ってみたいなぁ〜。きっと行ける!

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月の教室は日程調整中

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

ブータン旅行の収穫いろいろ・気功を習う。

旅行はいつでも楽しいのだけれど、今回の旅行はなんだか格別だった。
だいたい、団体旅行ってしないのですが、ツアーだったら、ご一緒する人たちとん出会いが楽しいって初めてだなぁ。それほど素晴らしい人たちが集まっていたツアーだった。

ツアーの案内に参加者の名簿と一言自己紹介が書かれていた中に、気功や太極拳をやってます、と書いた方がいて、お名前もどこかで拝見したような・・・(調べろよ!)

最初の自己紹介のときに「本何冊も書いてらっしゃいますか?」とお聞きしたら、「はい、DVD付きの気功の本を」とおっしゃってました。

で、伝統治療院に行ったとき、説明してくれたドクターが妙に矢作直樹先生ににてらっしゃっいましたね、なんてえ話しかけたら「矢作先生と対談したことあるんですよ」っておっしゃって・・・なんか健康雑誌の対談かなぁ、などと思っていた。

プナカの朝から朝の気功教室を開催してくださって、遠くまで散歩に行く習慣もないので参加したら、これがなかなか楽しい!プロの方にタダで教えていただいて申し訳ないけどラッキー!と思っていた。
プナカは本当に気持ちのいいところで、川に向かって気功(の真似事)をしていると涙が溢れてきて、「涙でちゃいます〜」というと「結構敏感なんですね〜」と褒めていただいたりして・・・

それから最後の日まで3回にわたって気功教室をしてくださった。
「ぜひ続けてください」というお言葉を宿題だと思って、家に戻ってからも覚えている範囲で続けていた。

股関節を緩める体操というのを教えてもらって、それを何度かやっていたら、あぐら座が楽にできるようになってビックリ。いや〜、うれしい。

ご著書を検索したら・・・矢作直樹先生との対談本はもう読んだ本だった。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

人は死なない。では、どうする? [ 矢作直樹 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)




これは確かに読んでいる。中先生の写真もたくさん載っているというのに、どうして気がつかないんだ、わたし。「こんな偉い気功の先生など自分の人生には関係ない」とでも思っていたのだろう。また借り直して読み直す。

さて、DVDですが、ヨガのビデオとか、続いた試しがないけれど、それほどお高くないし、なにより3回もレッスンしてもらったんだもの、本くらい買わないと申し訳ない、と購入。

fc2blog_2016072621074813a.jpg

本に載っているコラムも楽しいし、説明も親切。どちらの本も違う気功が紹介されていて、毎日交代でやってもいいし、一週間交代でやってもいい。また、気に入った気功をセレクトして夜の部で使ってもいい。

なんというか、こんな人だとは知らずにツアーでご一緒して、普通にお話して、気功を教えていただいて・・・その佇まいから只者じゃないなぁ、なんかすごい人だなぁ、と思っていたら、やっぱり素晴らしい。DVDからもいい気が流れている感じがする。

いつもニコニコしてらして、偉ぶることなく、自然体というか、みなさんと歓談するときは歓談なさって、お一人になりたいときには上手に人の輪から離れてご自分のお仕事をなさったり、1人静かに座っておられるところをお見かけして、ひとの有り様を学んだような気がします。

気功のDVD、母も欲しいというので、母にも2冊購入し、毎日練習するように言っておいた。

fc2blog_20160726211406359.jpg

DVDを見ながら気功の練習をする母上さま。

母も旅行中の気功やらお話やらで色々と感じるところがあったようで、これも旅行に誘ってよかったなぁと思うのでした。

中健次郎先生の気功のDVD、ほんとオススメです。

一冊目はこちら。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

病気が治る「気功入門」 [ 中健次郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)




去年出版された2冊目はこちら
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

病気にならず長生きできる気功DVDブック [ 中健次郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/7/26時点)




中先生の気功教室は全国で行われています。スケジュールのご確認は中先生のブログへどうぞ。
中健次郎公式ブログ

わたし自身もう一歩前に進むためのメソッドをさがしているところだった。そして、母にも残りの人生を元気で楽しく幸せに過ごしてもらうために自覚的に生きる方法や考え方を知って欲しいと思っていた。そしてツアーに参加さたらこんな方と出会ってしまった。こんな出会いは活かさねば!というわけで、三日坊主のわたしも続けている。毎朝DVDに合わせて1時間、寝る前に気に入ったものを30分。

なんだかね、一歩先に行ける感じがするんだな。
身体がどうとか、超能力がこうというだけじゃない、魂の成長もサポートしてくれる中先生の気功なのです。

中さんがこんな偉い人だとは誰も知らずにツアーをご一緒して、普通におしゃべりして、しかも、気功教室までしてもらって、「中先生と巡るブータンの旅」という夢のような贅沢な旅行、しかも、中さんも一般参加者としてお楽しみになられて、ほんと、良い旅でした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月29日(月) なす料理 火曜日じゃないけど、平日クラスです。
日曜クラスは日程調整中

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

恐るべし、気功!すごい。

実は気功は前にやっていたことがある。

断食の指導もしてくれた友達の鍼灸師、くまさんの健康教室で気功もレッスン内容に入っていた。今から思えばくまさんのカリキュラムもシンプルで体全体を整える優れたプログラムになってたなぁ。

くまさんは気功が使える人で、くまさんに気を当ててもらうとカイロでも当てられたみたいにその部分が発熱したものでした。

さて、中先生の気功DVDです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

病気が治る「気功入門」 [ 中健次郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/7/28時点)



この中に食道から直腸まで気を当てて悪いものを出す!みたいな「龍門派治疾法」という気功と背骨を手廻しドリルみたいに回転させる撼天柱(かんてんちゅう)という気功が紹介されているのですが、このお腹をきれいにする系のエクササイズ、お〜、これは良さそうだぞ、期待できるぞ〜と思っていたら・・・

本を図書館で借りてきて、実践初めて2日目くらいから常ならざるものがお出ましになって、断食などをすっかり怠けている身に久々の感動を味わったのでした。

撼天柱は背骨を動かすからかちょっと背腹運動のような感じもして(もっとゆっくりですが)西式の体操ではあえて気にしない気を意識してからだと向き合うことは、なんか大きな助っ人を得たような感じがするのでした。

他にも、達磨静座法という呼吸法&座禅みたいなエクササイズがあって、邪念の多い人間は途中で眠たくなったりするとか、わたしはもちろん眠たくなるわけですが、途中で寝ずに4っつのエクササイズを終わらせないといけない、というもので、耐え難く眠くなるところに素晴らしい効果を感じる(え?効果を感じるポイントが違う?)のです。

この本は電子ブックにもなってるようで、気功入門の名著なのだなぁ、と改めて思ったのでした。



DVDにはないけれど、本の最後に「祝福の気功」というのが紹介されていて、心のわだかまりを解きほぐす秘法が紹介されています。わたしはわだかまりが多いので読んだだけで実行してないのですが、これを実行しようという気になったもうちょっと成長するんだろうなぁ。
いや、わだかまってないでやってみよう。案ずるより産むが易しだ!

本当に必要なことはお金も掛からないし、難しくない。ただ、コツコツと続けるだけなんだけど、その簡単なことがなかなかできないところが凡人の悲しさだなぁ。と改めて思ったのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

〜〜料理教室のご案内〜〜
8月29日(月)ナス料理
日曜コースはたぶん8月おやすみ

火曜日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。