FC2ブログ

「神と人をつなぐ宇宙の大法則」のビックリをまとめる試み。

保江邦夫先生の本は結構好きで図書館にあるものをほとんど読んでいる。
時代が下るにつれて、新しい発見があって内容がアップデートされるし、断片的に紹介されるエピソードも何冊か読むと話が繋がって、ハァ、あれはそういう話か、と概略がわかるようになる。

クライマックスは「空間は空っぽじゃなくて素領域でできている」という説明。http://penguinkitchen.blog54.fc2.com/blog-entry-2693.html

これを読んで以来、私の周囲の空間も全部意識があって、わたしの望みを叶えてくれる、わたしのために存在してくれる、と具合よく思うようになったのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神と人をつなぐ宇宙の大法則 理論物理学vs仏教哲学 [ 保江邦夫 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)




この本は、不食の元裁判官、稲葉耶季(やすえ)さんとの対談。
自分は1日2食しかできないけど、不食の人に大変興味があって、稲葉先生もその1人。残念ながら今年の1月に肉体を脱いでしまわれました。

稲葉先生が聞き役となって、保江先生の話が展開します。

まず、物質化とか、テレポテーションの理屈。

私たちは3次元に住んでいるので、三次元以上、5次元とか6次元なんてなったら理解不能なのですが、これを保江先生は、例えば、6次元は3次元が二つある、と説明されます(二次元と四次元の組み合わせでもいいらしい)

で、6次元に入る方法を知っていれば、Aという3次元の場所から、6次元に入って、次のBという三次元に出てきたら、テレポテーションという現象になるらしい。

同じように物質化も6次元にアクセスして、別の三次元から持ってくる、という理屈らしい。
それじゃ、誰かの金のネックレスが盗まれちゃうとか、そんなこともあるような気がするんだけれど、それについては書いてない。

【個性と霊魂】
人間の生命力は、肉体を動かしているエネルギーで、個性というのはそのエネルギーにくっついている。個性と霊魂は本来関係ない。そして、霊魂に肉体が宿る。
(受精卵が生まれて分割していくのは、すでに素領域に素粒子というエネルギーが入ってからで、モノが後らしい。)

この個性と霊魂とエネルギーの関係はよくわからないのですが、霊魂は、例えば、ぺんぎんの霊魂っていうひな形の素領域があるんだそうです。

で、これが一番上の神智学でいうところのコーザル体に当たるらしい。
その内側がメンタル体と、霊魂自体が層になってるらしい。
肉体をエネルギーが覆っているわけではなくて、霊魂が層になってるんだそうな。

ひな形としてエネルギー(個性)を受け入れるのがエーテル体、その周りの素領域に順次素粒子を分布していってそうになるんだそうな。

で、人間の感性が形成される、エーテル体まで埋まっていた光子(素粒子)がアストラル体まで入ってきて人間の感性、感情が形成されるらしい。

で、思春期にメンタル体まで入っていって、最後に自我体。

うーん、なんかこの辺の話はよくわからないけど、「わたし」という個性ってのはそれほど重要じゃないということのような・・・

【アカシックレコードは完全調和に記録される】

完全調和ってのは、宇宙の始まり。神の意識。これが完全に調和しているので、ものすご〜く退屈なんだそうな。で、退屈だから、調和が自分で破れを作る。それが宇宙の始まりだ、という話があって・・・


アカシックレコードはその完全調和に記録されているらしい。それにアクセスする方法があるらしい。ヒラメキなどはそこから来るとか。
 

これが一番ビックリ。
【波動や振動数は存在しない】

え〜波動とか、波長とか、周波数が合うとか、あれは、素粒子論から見るとないらしい。
全くナンセンス、思想汚染、思い込みなんだそうな。

【輪廻転生はない】
ぺんぎんが肉体を脱いで霊魂となったら、それはたちまち「全体」に吸収されて、個性は失ってしまうらしい。言葉を変えると、「全体」がぺんぎんという現れ方をした。だから、わたしもあなたも「全体」の別の現れ。
ぺんぎんという現れ方をした「全体」がぺんぎんの視点で見ているらしい。だから、ぺんぎんの肉体がなくなっても全体であることには変わらないんだそうな。

んじゃ前世の記憶とかは?ということになるのですが、個別の前世の記憶ってのはなくて、全体の中に残っている「ぺんぎん」の目を通した記憶があるだけらしい。

だから釈尊は輪廻転生に触れていないのは魂に個別性はないと認識していたからかもしれません。

とまぁ、この調子で驚くべき話しが素粒子、素領域で説明されて展開するのですが、要するに、楽しく毎日暮らしていたらいい、ということが書いてあるのでした。

スピリチュアルなことや、不思議なことを全面否定するってわけじゃなくて、物理で説明するとこうなりますよ、という話と保江先生のぶっ飛び体験が同じ地平で語れれて、やっぱり狐につままれた気分になるのです。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
4月29日(日)ルヴァンで作るカンパーニュ、コンフィ
5月1日(火)筍、魚の煮付け 

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。