FC2ブログ

瞑想の初期は潜在意識の垢が表面にあらわれるらしい。

すっかりご無沙汰しているめいそうカテゴリー、久しぶりに色々と思うところがあったので書いてみようと思います。

え〜、週刊金曜日と言う雑誌がございまして、それに今、相田和弘監督のヴィパッサナー瞑想体験記が連載されております。
7回目くらいまで進んだのかな?

ヴィパッサナー瞑想というのは、10日間の合宿で、合宿の間喋らない。アイコンタクトも取らず、食事は1日2食でベジタリアン。一回一時間の瞑想を10回くらい続ける毎日を送るのだそうです。

瞑想は最初ただ鼻の穴の空気の出入りを観察するだけ。数を数えたりせず、ただ呼吸を観察する。
それがちょっと観察の範囲が広がって、次には全身、頭の天辺から足の先までカラダの感覚をスキャンする、というふうに進化していって、10日間が終わるんだそうです。

で、想田監督といえども雑念とカラダの痛みに苦しめられるのですが、次々と湧いてくる雑念もカラダの痛みも潜在意識の中に溜め込まれている心の垢のようなものなのだそうな、というような話が体験記に結構詳しく書かれています。

私たちは怒りとか、嫉妬とか、喜びとか、愛しい気持ちとか、いろんな感情が日々湧き起こって、スッタモンダな日常を送るわけです。感情の嵐に常に吹き飛ばされて右往左往している、という感じです。
しかし、その感情というのもカラダの感覚しかないのだそうで、カラダの感覚がまず起こって、それに怒りとか、喜びとか感情がくっついて現われるらしい。

そういえば、怒りの感情が湧く時、不安な感情が沸き起こるとき、いつも特定の場所に体感があって、その体幹が情動を呼び起こすような気もします。

例えば、わたしは時々何の脈略もなく幸福感に包まれるのですが、それはいつもハートがポカンと広がって温かくなる感覚があって、そこから幸福感が湧き上がってくる、という感じです。

というわけで、日頃振り回されている「感情」というものは実は実態がなくて、カラダの感覚だけがあるんだそうです。

まぁ、そうかもしれないなぁ。

某伝統武道の長期修行の時、この伝統武道は待ち時間が長く、立ったり座ったりして順番待ちをするのも修行の一環なのです。待ってる間に何をしろ、というような案内はなくて、まあ言えば何のガイダンスもない瞑想の時間のようなものです。

その時間にどういうわけかエロティックな妄想やビジョンに悩まされた時期があったのです。
なんでエロいこと考えてるんだろ、おかしいな。と自分でも不思議でしょうがなかったし、誰にも言えないし、そもそも某伝統武道とは何の関係もないし・・・なんだろう、これは?と。
(もちろん、修行中ずっとエロい妄想ばかりしていたわけじゃなく、亡くなった親族と意識で交流したり、っていう不思議なこともありました)

そして、今は何故かエロい妄想が沸き起こることはなく、何考えてるのかよくわかりませんが、割と幸せな気持ちで待っていることが多いような気がします。

あれは心の垢やったんやな。いろんな想念が湧いてはそれを追いかけずにただ観察する。また次の想念が湧いたら、観察する。カラダの痛みも観察する。

某伝統武道は「瞑想するぞ!」と取り組むわけじゃなくて、待ってる時間が自動的に瞑想の時間になるので、“瞑想しよう”としないのでかえって良い瞑想ができてる時があるような気がします。

某伝統武道の修行があるのでヴィパッサナーの10日合宿には行かないと思いますが、潜在意識の中で起こっている出来事は似たようなものなのだなぁ、と想田監督のレポートを読んであれこれと思い当たるのでありました。

1日十時間も座るのは逃げ出したくなりそうですが、「聖なる沈黙」ってのは良いなぁ。

新年の修行から帰って、ちゃんぽん作って食べる。

fc2blog_20200107200907ef2.jpg

野菜の量がすごいねん。

いつも応援ありがとうございます。
新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月日程調整中 豆板醤を使った料理あれこれ
1月土曜クラスは日程調整中

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。