原発住民投票説明会@大阪になぜか出席する。

実家に戻って怒濤の連休を過ごしていて、ブログの更新を怠けておりました。読みにきて下さった方、ごめんなさい。

うち(実家)に無事戻った夜、そうそう、金曜の夜は「探偵ナイトスクープ」があるんだった。たまたま夫@実はテレビ大好き がテレビをつけていて、わたしがお風呂から上がったらちょうど始まるところだったのです。
いや~、「探偵ナイトスクープ」は大阪で見るに限るなぁ。この日の放送はたぶんアタリ。メチャクチャ笑いました。

あ、テレビの話しじゃなくて・・・
翌土曜日です。午後から夫は仕事、両親は法事、とみなさんそれぞれにご多忙だったので、わたしも新しいお友達や新しいお友達にお誘い頂いた「原発住民投票の説明会」のお手伝いに行ってきました。
いや、お手伝いの必要はないのだけれど、せっかく大阪まで来てるのに、誰もいない実家でボーっとしてても世のためにならないもん。

これは「原発国民投票」とは違います。

東京・静岡市・大阪市の3都市で同時に原発をやるのか、止めるのか、住民投票で決めようではないか!という会です。
原発立地自治体での住民投票は巻町、刈羽村、海山町で実施され、それが政策に反映され、原発計画が止まったり、プルサーマル計画が止まったり(刈羽村)という実績があるが、消費地の人たちが原発の電気をどうするか?という投票は行われたことがない。

消費地の人、「電気ないと困るから、原発のあるところには我慢してもらわないといかん。たくさんお金もらってるんだから文句をいうな」と思ってる人もいるだろうし、「電気なんか少々不便してもいいから原発はやっぱり嫌だ」と思ってる人もいるだろうし、「原発やめても電気は足りてるし、原発のおかげで電気代も高いし、長い距離を高圧線で引っ張ってくるのは効率も悪いし電磁波公害も出してるから、原発などいらん」という人もいるだろう。
原発に賛成の人も反対の人も、消費地の人間として、どういう選択をするのか?ということを投票しようじゃないか、という運動です。

電気の消費地の人、大阪市を例にとると、大阪市は関西電力の筆頭株主。つまり、大阪市民は関電の大株主。株主として、関西電力が東電さんみたいに事故を起こしたら、関電の株が紙くずになったら大損だ。
まてよ、東電はあんな事故を起こしても潰れてないじゃないか?そりゃそうだが、株価はガタガタになってしまっただろう。やっぱり株主は損しているのだ。

株主として、電力会社の原子力発電事業について考える。
大阪の電気のために、福井の人たちが背負っているリスクについて考える。(若狭湾から水瓶である琵琶湖まで30キロしか離れていないのだから、考える余地もないように思うけど・・・)

詳しくは、こちらのビデオを。前半、マイク無しなので、ちょっと聞きにくいかな?


わたしは表で本を売っていたので、最初の部分を聞いていないのですが、主宰者の方が「せっかくいらしてるのだから、中に入って下さい。一番前の真ん中が空いてますよ」と教えて下さったので、途中からかぶりつきで今井一さんのお話しを伺ったのでした。

IMG_2552.jpg

前半、原発問題においての間接民主主義と直接民主主義の話し。
間接民主主義ではどうやっても原発反対の民意を反映することは不可能。
住民投票について大まかなお話しを伺った後、大変プラクティカルな話題へと移ります。

これ、12月から法定署名を集めて、市民の2%以上の有効署名を集めたら、議会に「住民投票条例の制定をするかどうか」の提案が掛けられる。
そして、可決されたら住民投票となる。否決される場合も少なくないらしい。

実際に住民投票になるかどうかは難しいところだけれど、この運動、すごく意味が大きいと思います。

実際に関与できるのは静岡市、大阪市、東京都の市民、都民の有権者だけですが、成り行きを見守ってゆきたいと思います。

お誘い下さったちたりたさん、mogusaさん、ありがとうございました。
住民投票の手伝いに行ったのか、小出先生非公式ブログの非公式オフ会に参加しに行ったのかよくわかりませんでしたが、とても楽しく、また大変勉強になった大阪の夜でございました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

ぺんぎんさん、私もこれは気になっているんです。
国民投票については広瀬隆さんのお話を聞いたときに質問が出ました。広瀬さんは、国民投票はまだ早い、この国の知性がちょっと、といようなお考えのようでした。会場もそう、そうという反応でした。

No title

こんにちは。
無事戻られたようで安心安心・・・。
お手伝いも講演も楽しかったですね。
ぺんぎんさんや、ちたりたさんはまさに岩井監督の
「friends after 3.11」です。
お二人が大阪人で良かったです。

それにこの講演内容、またまた上手くまとめちゃってー。
この記事、またそのうち使わせてもらいますね!
そして12月の署名集め、わたし 頑張るでー。
広島からエール送ってねー。

Re: No title

>greenさん
わたしの夫もまったく同じ理由で反対しています。
国民の知性なんか、いつまで待ったら高くなるのか?広瀬さんにお聞きしてみたいです。

>mogusaさん
お手伝い、面白かったです。講演もお聞きしてとても勉強になりました。
住民投票の経験を積んで、次々と策を繰り出すところがとてもエキサイティングでした。

打ち上げではテーブルが違ったので、おしゃべり出来なくて残念でしたが、また次の機会に~。
Friends After 311もそのうちに記事にしようと思っております。

12月、応援しますよ~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)