FC2ブログ

野呂美香さんの宮城講演。「いま子どもたちを守るために」

今日は野呂美香さんの講演を聞きながら仕事していた。
野呂さんは25年先から今のわたしたちに色々なことを教えて下さる貴重な方だ。

ベラルーシの人と日本の人の違いについて、今日の講演でわかったことがある。

人類にとって食品による被曝はチェルノブイリで初めての経験なんだそうです。そこが、広島・長崎ともスリーマイル島とも違うんですね。

ベラルーシではそこに住む人たちはほとんど自給自足のような生活。つまり、汚染された土地で出来た食べ物を食べている。事故以来だから25年間ず~っとだ。
そして何が起こっているかは、チェルノブイリ・ハートを見て頂くとわかります。そんな未来が来るなんて思いたくないですけれども。

だから、野呂さんはベラルーシの子どもを1ヶ月疎開させて、清浄な食べ物を食べさせる活動を20年間続けておられる。
どんな食べ物が良いかというのは「こどもたちを被曝から守るために親ができる30のこと」でご紹介しました。

この講演を聞くまで知らなかったことは、保養に来た子どもたち、最初は「仏さんにお供えするほどしか食べられない」のだそうです。胃腸が放射能でやられて弱っているからです。
その後、バナナばっかり食べます。なぜバナナか?というと、消化が楽なんだそうです。そして、ビタミンやミネラルも豊富なので身体が欲するんでしょう。

そして、思春期になるまでに、1度完全に放射能を排出しておくと、その後が全然違うのだそうです。
ベラルーシの人もキノコやベリー類を食べる人には内部被曝(γ線のみ測定)が多いけれど、食べ物に気をつけて、ベリー類やキノコを食べず、ミルクも飲まない人は少ないんだそうです。

日本とベラルーシの違いは色々あるんだなあ、と思った。ベラルーシよりも日本のほうがひどいことは山のようにあるけれど、そんなことを数えたって仕方がない。いいことを数えよう。

日本では、福島の人も関東の人も、食べ物の産地を選ぶことができる。輸入果物を買うことも出来る。EMもあるし、味噌も漬け物もある。

質疑の部分でEMの詳しい話しがある。養豚場などで家畜にEMを飲ますと糞尿が匂わなくなる。これは腸内環境がよくなるからだ。ちょっと単純すぎる説明のような気がするけれど、腸内環境を整えるのは良いに決まっている。

それに、日本は食べ物が流通しているから、汚染地に住んでいても、マスクをする、肌を露出しない、そして、汚染された食べ物を食べない、に加えて、酵素、有用菌、ビタミンやミネラルの豊富な食事で免疫力を高めることでかなり健康被害を防ぐことが出来そうです。

ベラルーシの子どもは保養に来ても、また国に戻って、汚染された食べ物を食べるのだけど、1度しっかり出してしまうだけで全然違うというのだもの。

先のEMの話しですが、ベラルーシの子どもの保養は日本だけじゃなくて、色んな国で受け入れているのだそうですが、子どもの保養前と保養後の内部被曝量の差が突出して高いのが日本に保養に来た子どもたちだそうです。それが「EM-Xを飲ませているからじゃないか」とおっしゃっている。不思議ですね。ただし、EMの事を言うと色々言われるし、薬事法にも引っかかるから、とも。これはホントに不思議です。パート2の50分くらいからです。

放射能は身体を老化させ、免疫力を奪い、身体の弱いところから症状が色々で出す。ただし、弱いところから色々症状が出ている段階ならば、きれいな環境できれいな食べ物を食べさせたら元に戻すことができる。
放射能は一度取り込んでしまえば出て行かないと言われていたけれど、ちゃんと出て行く。(ただしストロンチウムやプルトニウムについては分からないような気がするけど)

「わたし、関東でなくてよかったわ~」と思っている人は油断してはいけない。汚染された食べ物はたくさん流通しているし、外食、昼食ではどんな材料を使っているか分からない。とにかく測定してあるもの以外はみんなグレーなのだ。この先、ガレキの拡散だけじゃなくて、肥料などでも放射能の拡散が増えるだろうから、今年は大丈夫でも来年どうなるかわからない。「遠いから関係ない」と思っているところは狙われると思って間違いない。

ソ連では人は動かしたけど、物は動かさなかった。日本は逆に人は動かさずに物を動かしてまんべんなく汚染してしまおうという魂胆だ。まんべんなく汚染してしまったら、ますます補償交渉がやりにくくなって、シメシメである。

世の中の動きを今すぐ変えることは難しいけれど、世の中が変わるまで自分は元気でいなければいけない。幸い、放射能の防御とナチュハイは同じことだから、簡単なのが救われる。

野呂さんのお話し、お時間のある時に聞いてみて下さい。

10.25いま子どもたちを守るために 1/2

10.25いま子どもたちを守るために 2/2


なんか、日本人なら放射能に耐えて進化できるような気がしてきた。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


関連記事

コメント

EMのこと

うわーありがとうございます。
何を見たらいいのかいままで判らず、彼女はお名前だけ存じている方。時間があるときに動画拝見させていただきますね。来月大阪府へ講演に来られるので会社休んで行こうか悩んでいたのですが、これを見ておこうっと。
なお、腸内の方へはEM-XでなくEM1(農薬)も併用しておられるはずです。私はヨーグルトにEM1みたいなの(グレイスα)を混ぜて朝ごはんにしています。おかげでお通じで悩むことはなくなりました。
EM-Xがすごいのは皮膚病というかヘルペスになっておくちの周りがボロボロになって売薬も何も効かなかったときに、EM-Xをローション代わりに使って一晩でボロボロが止まったのを実体験したことでしょうか。誰も信じてくれませんが。
放射能汚染の恐ろしさを想像できない人はEMを否定する傾向にあります。頭の柔らかさというか。「ありえない」と申されますね。



でもEMが万物に効くとは思いません。不思議なことにEMは髪染めのヘナとは相性が悪くて、色がとれちゃうんです。へなへなって。。。

Re: EMのこと

>ちたりたさん
そうそう、野呂さんのビデオ、きちんと見れるものが少ないんですよ。わたしもやっと拝見出来て嬉しいです。
EM、色んな使い方があるんですね。飲む方は菌のほうでもいい、とか、培養した方がパワーアップするけど、1日で使わないとダメ、とか、EM-Xは菌が入ってないから、外用や目を洗うのに良いとかおっしゃってました。
EM菌入りのお風呂のお湯の中で髪を洗うと抜け毛が止まるともおっしゃってるので、わたしも試そうか、ちょっと真剣に検討してみます。

ヘルペスのボロボロが一晩で治るなら、5000円は高くないかも。

EMとか、乳酸菌とか、科学者からの批判は多いですよねえ。でも何でも効くならいいじゃないか、と思います。
ムンク商会の会長さんもご愛用になったら面白いですね。

ヘナと相性悪いって・・色素を分解しちゃうんでしょうか?
とりあえず、EMリンスで抜け毛防止だわ。
EM買わなくちゃ。

EM廉価販売サイト

EM-Xは普通のEMと違うんですよ。うちの父の手に瘡蓋というか何かえらいことになりそうなって時に塗ってやりますと、翌日には治ってます。治るというより自然治癒力がますのでしょうかね?目に入れるのはしょっちゅうしてました。花粉症かもしれなくてごんごろごんごろ目の玉がしてる時なんか。白内障の治療にとか。グレイスα(EM1)でやってみて飛び上がりましたが、効き目は同じでした。もうしないけど。
首記の件「びんちょうたん.com」で安く入手できます。4500→4280円が今なら12%引きなので買いだめしておかねば。初回は定価でも次回から最低10%引きが月に2回くらいありますので。
あのーべつに私びんちょうたん.comのまわしものやあらしまへんので。
それから、私は料理下手なのでレシピとか初回は見ます。今までの最高傑作は祝島のタコ飯。5人が5人とも「うまい!」でした。(第3回小出裕章オフ会にて)

No title

こんにちは♪ へナと他ハーブとEM酵素を混ぜたペーストをヘッドケアに施術している者です ペーストに混ぜて使ってい分には発色も変わらず良く、そして髪のしなやかさとつや感は単品のへナの2倍くらいに変化しますよ~ お勧めです♪ お節介を承知で<(_ _)>EM酵素大好きです♪

Re: No title

> 杏ニンさん
ご訪問&コメントありがとう存じます。EM酵素ってなんですか?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)