ナポリタンと味噌ラーメンとルイーサ

昨日から夫とふたりでナポリタン食べたい症候群になっていた。
しかし、ベーコンもソーセージもない。ピーマンもない。「ピーマンはいらない」と夫@ピーマン苦手。

ケチャップ炒めのスパゲッティ、何年も食べてない。
豚肉あるからそれにしよう。んで、玉葱と、人参と茄子でどう?
それいいねぇ。
じゃあ、そうしましょう。

午前中クラブに運動に行った帰りの車の中でそんな相談。もうお腹空いてバリバリに食べるモード。途中のお店に寄って食べて帰っても良いんだけれど、311以降食材の産地がきになるので、気軽に外食の自由もない。

IMG_2597.jpg

ナポリタンを作っていて・・・これって、麺がスパゲッティで、キャベツのかわりに茄子になってて、ソースがケチャップになっただけで焼きそばみたいだなぁ、と思った。
食べた感想は、「ずいぶん上品なお味だね。さぼうるのナポリタンはもっとケチャップどっぽりだ」
そうだねえ、ちょっと上品だったねぇ。グリーンコープのケチャップだと上品にしあがってしまう。
グリーンがないので、写真も焼きそばみたい。

午後広島映画サークルが上映する映画を県立美術館まで観に行った。

「ルイーサ」
劇場公開はなかなかされそうにないので行って良かった。
アルゼンチンで家族を失った初老の女性、飼い猫に死なれた日に2つ掛け持ちしていた仕事を失う。30年も働いていたのに退職金ももらえない。給料も遅延していてもらえない。

彼女は地下鉄で物乞いを始める。全然上手くいかない。そこで、時計と交換に松葉杖を手に入れて、障害者のフリをして物乞いするといくらか小銭がもらえる。ところが、ホンモノの障害者の物乞いのオジさんに叱られてしまうので、今度は、松葉杖を白い杖に交換してもらい、視力障害者のフリをして物乞いする。

アルゼンチンは2001年の終わりにデフォルト(債務不履行)して、そのまままだ借金が返せない状態。地下鉄にはスリや物乞いや物売りがワンサカいる。みな失業者。何のセイフティーネットもない破綻した国家。

わたしはアルゼンチンが破綻した時に、いずれ日本もそうなるかもしれない、その時どうやってサバイバルしたらいいかと真剣に考えた。
まず、借金があったらもうダメだから、長期の借金はしない。
アルゼンチンでは食べ物を売る商売を始めてなんとか生活を立てる人が多かった。
これなら私も出来そうだ。サモサを作って売ったり、パンを作って売ったり。そうやって材料を食べ物に変えてそれをお金に変えたら、自分の食べるものと売り物の材料くらいは買えるだろう。その時は夫よ手伝ってね。

もっといいのは、農地を持って自分で芋や菜っ葉くらいは作れるようにすることだ。金などなくても健康で食べ物が作れれば生きてゆけるもの。

友達と、愛する人と、慎ましく食べるだけのものさえあれば。

と、そんなことを思い出した映画だった。
結局、ルイーサの追いつめられた生活は何も解決しないで映画は終わるが、猫と仕事を失った彼女は、心を開くことで友を見つける。

アルゼンチンは破綻したまんまだけれど放射能はないよねえ。日本は国家が破綻するかもしれない上に放射能だし、病気の人ばっかりになるのかなぁ?と夫と話しながらいつもの紺ちゃんに向かう。

IMG_2598.jpg

明日まで限定の味噌ラーメン・柚子の香り。
右は普通バージョン、左は私が注文したチャーシュー抜き。
野菜もたっぷり、葱もたっぷりで、チャーシューありよりもボリュームがあったんじゃないだろうか?
紺ちゃんの味噌ラーメン、久しぶりに楽しみました。
いつもおいしいラーメン、ありがとう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

^^/(菊^――^菊)ヾ\ ← のれん

いつかのれんをくぐって、紺ちゃんラーメンに行きたい菊の助です^^
うちでは、焼きそばはスパゲッティーの麺で作ります^^焼きそばの麺は混ぜ物が多いし、いつでも買い置きがあるわけで無し。だから、ぺんぎんさんの写真を見て、あ!うちと同じ焼きそばだ!と思いました^^
紺ちゃんラーメンの写真を朝一番に見て、おなかがグーグー言っております^^

Re: ^^/(菊^――^菊)ヾ\ ← のれん

> 菊さま
これは焼きそばじゃなくて、ナポリタ~ンなんざんす。
焼きそばはいつもグリーンコープで見かけるとつい買ってしまいます。
なので、2週間に一回くらい焼きそば食べてます。
パスタで焼きそばも美味しそうだから、こんどやってみよう。あ、ソースがない。
焼きそばの麺でナポリタン作ったら顰蹙かしら?

紺ちゃんのラーメン、是非ご馳走したいです。って、前も書いたような・・・
お待ちしております。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)