「暴走する原発」

ブルース・スプリングスティーンのアルバムタイトルではありません。
広河隆一さんの「暴走する原発」を読んだ。この人も25年先から今を見つめている人の1人。


暴走する原発  チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと暴走する原発  チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと
(2011/05/20)
広河 隆一

商品詳細を見る

チェルノブイリとはフォトジャーナリストとして、市民運動活動家としてずっと関わっておられる。
また、日本が世界に誇るフォトジャーラリズム月刊誌「DAYS Japan」の編集長でもあらせられる。ジャーナリストの広瀬隆さんと名前が似ていてヤヤコシイけど、写真を撮るのが広河さんです。

広河さんの文章は硬質だ。写真家だから、見てきたことがそのまま文章になっている感じです。
この本の副題は「チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと」と書かれている。
冒頭でチェルノブイリを訪れた時の線量の紹介がある。そして、3月12日に森住卓さんらと福島へ向かいます。13日から取材を開始しますが、3台持っていった線量計のすべてが振り切れてしまうほどの高線量に驚愕する。
チェルノブイリへ行ったのは事故から3年くらい後の話しだから、事故直後と安易に比較するわけにはいかないけれど、タダならない状態に福島の人たちは何の情報もないまま放置されていたことだけはわたしにもわかる。

そして、本編、チェルノブイリ事故の後の話しが続く。
情報を隠した政府。
基準値を上げることで節約した政府。
そして、人々の間に起こったこと。それはこれから日本でそっくり同じことが起こるのだと覚悟する必要のあるわたしたちの近い未来。
ドイツへの取材、イタリア、フィンランド。チェルノブイリの放射能は広くヨーロッパを汚染した。

汚染された食べ物。肉の加工場で工員の手がボロボロになることから発覚する肉の汚染。

いちおうロシアでは汚染されたものは幼稚園の給食には回らないようになっているらしいが、家庭の中には入ってくる。

広河さんがいつも雇うモスクワ在住の通訳の方、大変に放射能を恐れている人なので、取材中も線量の高いところでは車の中から絶対に出ないくらいに気を遣っている。
なので、通訳氏よりも広河さんのほうが被曝が多いよね、と二人とも思っていたらしい。
ある時、ホールボディーカウンターを受ける機会があったので、ふたりとも検査を受けてみた。

放射能に気をつけているモスクワ在住の通訳氏のほうがはるかに線量が高かった。

食品による内部被曝のせいだ。日本もこうなるんだとわかる。

この本を読むと、政府が何をして、人々はどうなったのか?というのがそっくりそのまま良くわかる。日本の政府も同じことをして、チェルノブイリの人と同じような不幸がわたしたちにもやってくるのだとわかる。

先の事が見えているならば、今から未来を変えれば良い。

「原発いらない福島の女たち」経産省交渉


1時間くらいの動画ですが福島の女性たちが未来を変えようと立ち上がっている。電源三法、発送電分離、避難の保証。そして、被曝労働なしには動かない原子力発電の廃止。

広河さんの本はデータも豊富でとてもわかりやすい原発本。これを読んで、こんな未来が来ないように出来ることをしようと思うのでありました。

といっても、個人的には抗酸化青泥を飲むくらい。
昨日のテルルのニュースでかなりガックリ来てしまった。
テルル129はヨウ素129になるが、このヨウ素129ってのは非常に半減期が14000年と長いらしい。半減期8日のヨウ素131とはわけが違う。おまけにヨウ素だから水溶性。水にとけて地中深く潜る。海に流れたら海藻にどっぽり溜まる。身体に入ったらしっかり吸収されて甲状腺からホルモンならぬ放射線を出し続ける。という話しを今日の崎山先生の講演で聴いて怖くなってしまった。
守ろう子どもたち 知ろう放射線 郡山で暮らすために」 崎山比早子さん講演会in郡山

10分くらいのところからテルルの話し。

日本は狭い。今は産地にきをつけていればある程度内部被曝を防ぐことも可能だろうけれど、この先飲料水も含めて食品の汚染は広がっていくのだろうと思う。
なんか逆転ホームランみたいな方法はないのだろうか?
やっぱり飯島秀行さんだろうか?

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 鍵コメさん
ほんと、放射能はがれきだけじゃないんですよねえ。この先ジワジワと拡散していくんだと思います。
耕す女、いいですねえ。植物を世話する喜びってのはまた格別です。わたしはヘタクソだけど。
来年ってすぐやないですか?!おめでとう~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)