鴨の他人丼

なんかブログの表示がオカシクなってしまいました。テンプレートを別のやつに変えても変なので、テンプレートの問題じゃないみたい。
iPhoneでの表示には問題ないし、記事によっては普通に表示されるので、何が原因だかわかりません。わたし、変なことしてプログラム壊しちゃった?
追記。ちくたくさんのアドバイスで正常に戻りました。いつも適切なアドバイス、ありがとう~

昨日は食べ過ぎでブログの更新を怠けてしまいました。何でこんなに食べるのか?というくらい昨日は食べてしまいましたが、地震の影響とか、地軸の歪みとか、太陽フレアなどが関係しているのではないか、と思います。

さて、鴨料理でございます。
広島のフレンチを代表するOシェフに野がもの胸肉で丼にすると美味しいんだ、という話しをしたら、「何と言う贅沢!!」とひどく叱られてしまったことがあります。
そりゃ、ローズマリーの風味でローストして、ベリーソースとか、オレンジソースも結構だけど、家庭料理はやっぱりご飯!でしょう。

Oシェフはとても悔しそうになさっていたので、シェフのお弟子さんに鴨を1羽届けておきました。

さて、フレンチの巨匠が身悶えして悔しがる鴨丼。

鴨は油を敷いてないフライパンに皮から中火で焼きます。じっくり。
IMG_2646.jpg
ひっくり返したら、ちょこっと火を入れて、フライパンの上で冷まして肉汁を安定させる。

肉を取り出したフライパンに下仁田葱のスライスをたっぷり。

IMG_2647.jpg

ここで、すき焼きみたいな味に調味します。みりん、醤油、黒砂糖ってな具合ですな。

スライスした鴨を葱に載せる。

IMG_2648.jpg
やっぱり鴨はロゼに仕上げないとね。
卵を掛け回して、ご飯に乗せたら出来上がり。

IMG_2649.jpg

チンゲンサイの豆豉醤炒め、と厚揚げとワカメのお味噌汁。

「1人胸1枚だから、この丼は3500円だ」と言ったら関東人の夫がまた笑った。

日頃の勤労に感謝して、おウチグルメの雨の休日でした。
ごちそうさまでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)