On Kame(温亀)さんの使い方

いつぞやチラッとご紹介した亀さんの焼き物。
あれれ、風邪ひいたみたい。
正式名称は「On Kame 温亀」といいます、長いので亀さんと呼ぶことにします。

亀の焼き物を直火で焼いて布に包んで使う、と聞いてもあまりピンとこないので、どうするのかご紹介です。

IMG_2818.jpg
亀さんをガスコンロの小さい火に掛けます。

IMG_2819.jpg
コンロの火は亀さんのお腹に着くか着かないくらい。

どれくらい焼けば良いのか?コンロのカロリーや火の大きさや気温で変わってきますから、時間は何度か試して目安を見つけて下さい。

IMG_2820.jpg
背中は素手で触れられる程度。

IMG_2821.jpg
だけど、このあたりはもう熱くてずーっと触れていられないくらいまで焼くのが目安です。
このコンロの火だったら、5分から8分くらい。焼きすぎると包めなくなる(布が焼ける)ので、タイマーを掛けるなどして忘れないように注意します。

IMG_2791.jpg
わたしはいつも1800kcalの石油ストーブに乗せて焼いています。20分くらい掛かります。

背中は素手で触れても、側面や底はとても熱いので、火傷に注意してタオルで亀さんを持ち上げて裏返します。

IMG_2822.jpg

底面はコンロから下ろしたばかりの土鍋の底と同じですので、タオルが時々焦げたりします。タオルを当てて煙が上がるようなら、亀さんを裏返してたまましばらく放置します。

ここから亀さんを布で包みますが、亀さんは楕円形なので浴用タオル1枚で上手に包むのは難しいです(梱包の魔術師、garage-Bのマダムはとても上手に包まれますがわたしは何度やっても出来ない)。
 不器用なわたしは、浴用タオルを半分に切って、端の始末をしたものを半分折にしたもので、先ず亀さんの底を包みます。

IMG_2823.jpg
この底包み用タオルは消耗品なので、適当なタオルで良いと思います。温泉に行ったらもらえるようなタオルとか、もう雑巾にするようなタオルとか。これもちょっと色が着いているのが分かると思います。
上の写真では亀さんのあたまが手前になってます。

底包み用のタオルで底を包んだら、正方形に近い布で亀さん全体を包みます。わたしはリネンを使ってますが、バスタオルなどを切ったものでも良いと思います。あまり布が多すぎてゴロゴロしても使いにくいです。

IMG_2824.jpg

↓この写真まで、亀さんの底が上になってます。

IMG_2825.jpg

底が何重にも布で覆われていることが分かると思います。
リネンでスッポリ包んだら、布がグチャグチャにならないように袋に入れて
IMG_2826.jpg

口を絞れば出来上がり。胡座座にスッポリの図。
IMG_2827.jpg

追記 温亀さんを600ワットのレンジで5分チンすると、火傷やタオルを焦がすことなく良い温度に仕上がります。是非ともお試し下さい。温亀はマイクロウェーブを食っているんじゃないか?という説が。(2012 2月 3日追記)


ウチは座敷なので、座り仕事をしている時などこれをこのように膝に乗せたり、座禅のお座布団のようにお尻に敷いたりすると、サンラメラだけで十分からだが温かいです。

夜寝る時、夫は湯たんぽのように足元に置いて使っています。わたしはお腹に乗せたり、腸骨を温めたり、胸腺を温めたり、うつぶせに寝て背骨を温めたり、横向きになって胸に抱いたりしているうちに、身体の横に置いて寝てしまいますが不思議と足先までポカポカです。これが育成光線の効果なのでしょう。
湯たんぽはお腹に乗せていても足までポカポカにはなりません。

お酒を飲んで寝る夫は、湯たんぽでは低温火傷してしまうのですが、亀さんならその心配がありません。
神経痛持ちの夫ですが、温亀さんが来てから、少々の体調不良や低気圧や寒波でも「イテテテ」と言わなくなりました。まだ神経痛が出てないだけかもしれませんが、夫の「イテテテ、クソ!」を聞かずに済んでわたしも嬉しいです。

亀さんは直火で温めるものなので、電化キッチンの人は使えません。亀さんは反原発の闘士でもあります。民主化運動家でもある九漢さんの作品らしいなぁ、と思います。

温亀さんは韓国の陶芸家金九漢さんの作品です。
亀さんは型で作ってあるので大きさやスタイルは同じですが、背中の象嵌や顔の表情は全部違います。
わたしの亀さんは寄り目で可愛い。
お値段は18900円(送料別、全国一律420円離島を除く)いつもお世話になっている世田谷のhttp://garage-b.jp2016年9月2日URL変更になりました。でお取り扱いしております。
「ぺんぎんさんのブログで読みました」と言ってもらえると話しが早いです。
直接買いに行くと選べると思いますが、送ってもらう場合は選べません。

九漢作品の亀さんを包む布や巾着は、やっぱり手織りのものが良いですね。
布と巾着のセットは是非ご用命下さい。
今使っている巾着の紐は気に入らないので、近いうちに紐も織ろうと思います。(お値段を付けると誰も買わないだろうから非売品になると思います)

九漢さんの作品や温亀さんのことはまた改めて書こうと思います。
今回は取り急ぎ使い方にて。

(2012年10月3日、10月よりの価格変更のため、価格書き換えました。)


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

ペンギン様
すみません。
お風呂もお灸も(酒の燗以外)熱めの私は、タオルだけで鶴ちゃん(うちの愛称)包んでます。そりゃあリッパなきれいなリネンで勿体無いもの。
シリコンのミトンはめてるから火傷知らずの寒さ知らず。この私が電気毛布も羽毛ソックスもなしでポカポカ。遠赤外線が出てるのではないかとうちの井戸端会議で話題になってます。自伝によるとモンローはCHANEL5とON KAMEで寝てたそうです!

Re: タイトルなし

>ちたりたさま
ええ~、熱くないですか?って、熱いのがお好きなんですねえ。
リネンもったいないって・・明日世界が終わるかもしれないのだから、しまい込んだりしないで。茶碗でも拭いて下さいね。
あの布はかなりしっかりしているので、3ヶ月くらい我慢して使うとやっと馴染んで来ます。

羽毛ソックスって・・・電気毛布は身体に毒です。
電気毛布お使いだったら、亀さん、もとい、鶴ちゃん代はすぐに元がとれますね。
あれはただの遠赤外線やのーて、「育成光線」でんねん。

モンローは亀を抱いて寝てました。亀のジェームズにはシャネルの香りが・・・

No title

ぺんぎん様

 いつも何拍子か遅れたコメントですいませ~ん。
 あの~、温亀さんに乗せられた手はぺんぎんさんの御手ですか?
 シミ一つない手の甲、羨ましいで~す!

Re: No title

> ぐりこ先生~。
そうです、わたしの左手。シミよりも爪の三日月に注目です!!
写真では小指までみえないけど、薬指までははっきり見えるのよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)