友遠方より来る。めちゃくちゃ楽しい。

今日はなぜかお客さんの多い日。

午前中、フレンチの巨匠、Oシェフが夫が持ち帰ったタイハーブを取りに来て下さった。
ソースの香りづけにレモングラスやコブミカンの葉をお使いになるそうで、ちょうどタイからもどってくる夫に持って帰ってきてもらった。

シェフはお花とワインを持って来て下さったのに、お渡ししたタイハーブのお値段なんて、総額でもせいぜい千円程度のものだけど・・・

Oシェフにはタイのお菓子と中国茶をお出しした。タイのお菓子の味をあれこれ言って、話しは最近の日本のお菓子の話しになる。日本では、甘くないほど美味しいとされる、その風潮がおかしい、と、おっしゃってた。

午後は、東京から友達が、「泊めてくれ~」とやってきた。
わたしの展覧会にはいつも来てくれる人だけど、夫と合うのは久しぶりなのに、肝心の夫は午後から仕事にいっちゃった。

友達は「ベンガル料理が食べたい」という。2010年産のとっておきのサンマを解凍してあったので、サンマはベンガル料理にしてしまう。

夫が帰って来たら、「さあ、飲もう飲もう」と二人で飲み始める。出来た料理を出したら、それを肴に「おお~、ウマい」とかなんとか言いながら飲んでいる。

酒のさかなと、ご飯のおかずが同じ、というのはビルマ式の飲み方。

お米は、バングラデシュのビリヤニ米でなんちゃってビリヤニを作って、レバーのカレー、広島菜の炒め物。

IMG_2944.jpg

久々にベンガル料理作ったので、どーかと思ったけれど、「辛すぎなくて酒に合う」のだそうだ。

今でも飲みながらしゃべっているけれど、いや~、声がデカイぞ、酔っぱらいどもが。

というわけで、楽しい夜は深けていくのでした。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)